Updated on 2021/05/06

写真a

 
K.Fujishima
 
Organization
University Hospital, Medical and Dental Sciences Area University Hospital Clinical Center Developmental Dentistry Center Assistant Professor
Title
Assistant Professor

Degree

  • 博士(歯学) ( 2013.3   鹿児島大学 )

Research Interests

  • 口腔細菌

  • 誤嚥性肺炎

Research History

  • Kagoshima University   Medical and Dental Hospital, Medical and Dental Sciences Area Medical and Dental Hospital Clinical Center Developmental Dentistry Center   Assistant Professor

    2019.4

  • Kagoshima University   Research Field in Dentistry, Medical and Dental Sciences Area Graduate School of Medical and Dental Sciences Advanced Therapeutics Course   Assistant Professor

    2003.4 - 2019.3

Professional Memberships

  • 日本細菌学会

    2015.10

 

Papers

  • Junko Obata, Kei Fujishima, Emi Nagata, Takahiko Oho .  Pathogenic mechanisms of cariogenic Propionibacterium acidifaciens .  Archives of Oral Biology   2019.6Pathogenic mechanisms of cariogenic Propionibacterium acidifaciensReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Murakami M, Fujishima K, Nishi Y, Nishimura M. .  Impact of Type Duration of Application of Commercially Available Oral Moisturizers on Their Antifungal Effects. .  Journal of prosthodontics   2018.1Impact of Type Duration of Application of Commercially Available Oral Moisturizers on Their Antifungal Effects.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Murakami M, Nishi Y, Fujisima K, Nishimura M. .  Impact of types of moisturizer and humidity on the residual weight and visosity of liquid and gel oral moisturizers. .  journal of prosthodontics   2016.10Impact of types of moisturizer and humidity on the residual weight and visosity of liquid and gel oral moisturizers.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • K. Fujishima, M. Kawada-Matsuo, Y. Oogai, M. Tokuda, M. Torii, H. Komatsuzawa*. .  dpr and sod in Streptococcus mutans Are Involved in Coexistence with S. sanguinis, and PerR Is Associated with Resistance to H2O2 .  Appl Environ Microbiol.79   1436 - 1443   2013.1dpr and sod in Streptococcus mutans Are Involved in Coexistence with S. sanguinis, and PerR Is Associated with Resistance to H2O2Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

MISC

  • チェアサイドQ&A 予防歯科の疑問[第24回] 妊娠中&授乳中のエックス線検査は、子どもにどんな影響を及ぼす?

    藤島 慶, 於保 孝彦

    歯科衛生士   43 ( 12 )   27 - 27   2019.12

     More details

    Publisher:クインテッセンス出版(株)  

Presentations

  • 「藤島 慶,於保孝彦」   異なる口腔環境から採取したCandida albicans が示す性状と口腔環境との関連性  

    第41回 九州口腔衛生学会総会 

     More details

    Event date: 2019.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶,村上 格,西 恭宏,西村正宏   義歯装着患者より採取したCandida albicans 臨床分離株の病原性評価について  

    日本義歯ケア学会 

     More details

    Event date: 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   異なる口腔環境から採取した採取したCandida albicans 病原性発現解析について  

    日本義歯ケア学会学術大会 

     More details

    Event date: 2018.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   義歯粘膜面より採取したCandida albicans Candida glabrata 共培養時の病原性発現について  

    日本歯科補綴学会 九州支部会 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   Candida albicans, Candida glabrata 共培養時における病原性発現検証  

    日本義歯ケア学会 

     More details

    Event date: 2017.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶, 村上 格, 末廣 史雄, 西 恭宏, 西村正宏   形態の異なる義歯に付着するCandida albicansの抗真菌性能の違い  

    第125回 日本歯科補綴学会 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:石川県金沢市  

  • 藤島 慶 「他」   義歯形態からみたCandida albicans臨床分離株における病原性因子発現解析について  

    日本補綴歯科学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶,徳田 雅行,鳥居 光男   全身疾患に影響を及ぼすStreptococcus mutans 新規病原性因子の解析  

    日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会 

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 藤島慶,末廣史雄,橋口千琴,西恭宏,西村正宏   デンタルプラーク細菌叢の性状解析からみた支台歯管理の重要性について  

    日本補綴歯科学会九州支部会  日本補綴歯科学会九州支部会

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 末廣 史雄, 藤島 慶, 益崎 与泰, 原田 佳枝, 柳澤 嵩大, 西村 正宏   顎骨再生を目的とした顎骨骨髄間質細胞培養法の開発  

    日本補綴歯科学会誌  2017.6  (公社)日本補綴歯科学会

  • 梶原 武弘, 松下 幸誠, 藤島 慶, 吉村 卓也, 藤田 愛弓[田島], 川上 克子   重度の歯根内部吸収歯の保存を試みた1症例  

    日本歯内療法学会学術大会プログラム・抄録集  2019.6  日本歯内療法学会

  • 鶴田 実穂, 藤島 慶, 西山 毅, 長田 恵美, 山口 泰平, 石田 真子, 森 ひかる, 瀬戸口 大介, 於保 孝彦, 夏越 祥次, 伊地知 徹也   胃がん患者に対する周術期口腔機能管理の効果  

    口腔衛生学会雑誌  2020.3  (一社)日本口腔衛生学会

  • 藤島 慶, 於保 孝彦   異なる口腔環境より採取したCandida albicansが示す性状と口腔環境との関連性  

    口腔衛生学会雑誌  2020.4  (一社)日本口腔衛生学会

  • 藤島 慶, 於保 孝彦   口腔環境構成因子である義歯より採取したCandida albicansの性状解析について  

    口腔衛生学会雑誌  2020.3  (一社)日本口腔衛生学会

  • 村上 格, 藤島 慶, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏   口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響  

    日本補綴歯科学会誌  2018.6  (公社)日本補綴歯科学会

  • 下田平 直大, 末廣 史雄, 藤島 慶, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 西 恭宏, 西村 正宏   口腔インプラント専門外来におけるインプラントオーバーデンチャーの経過報告について  

    日本口腔インプラント学会誌  2017.9  (公社)日本口腔インプラント学会

▼display all

Awards

  • 第41回 九州口腔衛生学会総会 優秀発表賞

    2019.9   九州口腔衛生学会  

    藤島 慶

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 日本歯科保存学会奨励賞

    2015.6   特定非営利活動法人 日本歯科保存学会   Streptococcus mutans の酸化ストレス耐性機構の解析

    藤島 慶

     More details

    Country:Japan

  • 鹿児島大学大学院医歯学奨励賞

    2013.3   鹿児島大学  

    藤島 慶

     More details

    Country:Japan

Research Projects

  • 異なる口腔環境から採取したカンジダ菌の性状解析に基づく新規誤嚥性肺炎予防法の開発

    2020.4

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • インプラント体周囲組織再生部のin situ bacteriologyの融合

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 口腔カンジダ症発症抑制に関する研究

    2014.10 - 2016.3

    GSK グラクソ・スミスクライン株式会社  グラクソ・スミスクライン研究助成金 

      More details

    Grant type:Competitive

  • 全身疾患をもたらすStreptococcus mutans 新規病原性因子の同定

    2014.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

    全身疾患をもたらすStreptococcus mutans 新規病原性因子の同定