2022/01/18 更新

写真a

コバヤシ ヒロアキ
小林 裕明
Hiroaki Kobayashi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 教授
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 女性診療センター 副部門科長
職名
教授

学位

  • 医学博士 ( 1991年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • ロボット手術

  • QOLに配慮した婦人科がん治療

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 生殖病態生理学   教授

    2016年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   副部門科長

    2003年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 生殖病態生理学   准教授

    2003年4月 - 2016年3月

所属学協会

  • 日本婦人科腫瘍学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本産科婦人科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本癌治療学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本医師会学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本ロボット外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本癌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本産婦人科手術学会

    2015年10月 - 現在

  • International Gynecologic Cancer Society (IGCS)

    2015年10月 - 現在

  • American Society of Clinical Oncology (ASCO)

    2015年10月 - 現在

  • 日本産婦人科乳腺医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床細胞学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Togami S, Ushiwaka T, Fukuda M, Mizuno M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Comparison of radio-isotope method with 99m technetium and near-infrared fluorescent imaging with indocyanine green for sentinel lymph node detection in endometrial cancer. .  Japanese journal of clinical oncology52 ( 1 ) 24 - 28   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jjco/hyab172

    PubMed

  • Akahane T, Kitazono I, Kobayashi Y, Nishida-Kirita Y, Yamaguchi T, Yanazume S, Tabata K, Kobayashi H, Tanimoto A .  Direct next-generation sequencing analysis using endometrial liquid-based cytology specimens for rapid cancer genomic profiling. .  Diagnostic cytopathology49 ( 9 ) 1078 - 1085   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/dc.24841

    PubMed

  • Yanazume S, Ushiwaka T, Fukuda M, Togami S, Kamio M, Kobayashi H .  The use of bevacizumab is correlated with improved post-progression survival in advanced recurrent ovarian cancer. .  Japanese journal of clinical oncology   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1093/jjco/hyab105

    PubMed

  • Orita Y, Hamada T, Togami S, Douchi T, Kobayashi H .  The Optimal Cutoff Level of D-Dimer during Pregnancy to Exclude Deep Vein Thrombosis, and the Association between D-Dimer and Postpartum Hemorrhage in Cesarean Section Patients. .  The Kurume medical journal66 ( 2 ) 107 - 114   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2739/kurumemedj.MS662003

    PubMed

  • Wakamatsu M, Nakamura M, Douchi T, Kasugai M, Kodama S, Sano A, Kobayashi H .  Predicting postpartum depression by evaluating temperament during pregnancy. .  Journal of affective disorders292   720 - 724   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jad.2021.05.106

    PubMed

  • Ishikawa M, Shibata T, Iwata T, Nishio S, Takada T, Suzuki S, Horie K, Kudaka W, Kagabu M, Tanikawa M, Kitagawa R, Takekuma M, Kobayashi H, Yaegashi N, Japan Clinical Oncology Group. .  A randomized phase II/III trial of conventional paclitaxel and carboplatin with or without bevacizumab versus dose-dense paclitaxel and carboplatin with or without bevacizumab, in stage IVB, recurrent, or persistent cervical carcinoma (JCOG1311): Primary analysis. .  Gynecologic oncology   2021年5月

     詳細を見る

  • Togami S, Kobayashi H, Niikura H, Shimada M, Susumu N, Tanaka T, Terai Y, Nagai T, Baba T, Yahata H, Yamagami W, Yamaguchi K, Yamashita T, Yaegashi N, Katabuchi H, Aoki D .  Survey of the clinical practice pattern of using sentinel lymph node biopsy in patients with gynecological cancers in Japan: the Japan Society of Gynecologic Oncology study. .  International journal of clinical oncology26 ( 5 ) 971 - 979   2021年5月

     詳細を見る

  • Iwata T, Machida H, Matsuo K, Okugawa K, Saito T, Tanaka K, Morishige K, Kobayashi H, Yoshino K, Tokunaga H, Ikeda T, Shozu M, Yaegashi N, Enomoto T, Mikami M .  The validity of the subsequent pregnancy index score for fertility-sparing trachelectomy in early-stage cervical cancer. .  Fertility and sterility115 ( 5 ) 1250 - 1258   2021年5月

  • Nagano A, Onishi S, Tazaki Y, Kobayashi H, Ieiri S .  Fetal intestinal volvulus without malrotation detected on prenatal ultrasound. .  Pediatrics international : official journal of the Japan Pediatric Society63 ( 7 ) 845 - 846   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/ped.14550

    PubMed

  • Kitazono I, Akahane T, Sakihama M, Yanazume S, Matsushita M, Tabata K, Kobayashi Y, Kobayashi H, Umekita Y, Tanimoto A .  Human Papilloma Virus 18-Positive Submucosal Small Cell Neuroendocrine Carcinoma of the Vagina: An Immunohistochemical and Genomic Study. .  International journal of surgical pathology29 ( 8 ) 10668969211007569 - 876   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1177/10668969211007569

    PubMed

  • Onigahara M, Yanazume S, Ushiwaka T, Togami S, Kamio M, Kobayashi H .  Importance of Cervical Elongation Assessment for Laparoscopic Sacrocolpopexy. .  Gynecology and minimally invasive therapy10 ( 2 ) 127 - 131   2021年4月

     詳細を見る

  • 大田 俊一郎, 牧瀬 裕恵, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明 .  高齢(75歳以上)子宮体癌症例に関する臨床病理学的検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌39 ( 2 ) 557 - 564   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    対象と方法 当センターで治療した子宮体癌症例のうち75歳以上を高齢と定義し対象とした。以下を後方視的に検討した。(1)治療前臨床事項、(2)同時期に治療した75歳未満の症例との進行期と病理組織型(type 1とtype 2)の比較、(3)進行期I期19例の臨床病理学的事項(年齢・生活背景・病理組織型(type 1とtype 2)、治療、Grade3以上の有害事象、予後)、(4)II期以上12例の臨床病理学的事項 結果(1)主訴は不正性器出血が多く、合併症を全例に認めた。生活背景は独居あるいは高齢の配偶者と二人暮らしが21/31例(68%)であった。(2)75歳未満の症例に比較してtype 2が18/31例(58%)と多かった。(3)進行期I期はtype 1が10/19例(52%)であった。治療法は手術療法、手術療法と化学療法、手術療法と放射線療法、化学療法、放射線療法であった。16例が臨床的無病状態である。(4)進行期II期以上はtype 2が8/12例(67%)であった。治療法は手術療法、手術療法と化学療法、手術療法と放射線療法、子宮動脈塞栓術、緩和療法であった。2例が臨床的無病状態である。結語 高齢者の子宮体癌治療では社会的背景が影響している可能性が示唆された。忍容可能な治療を提供するためには症例の蓄積と後方視的な検討が必要である。(著者抄録)

  • Nakajo M, Jinguji M, Tani A, Kikuno H, Hirahara D, Togami S, Kobayashi H, Yoshiura T .  Application of a Machine Learning Approach for the Analysis of Clinical and Radiomic Features of Pretreatment [<sup>18</sup>F]-FDG PET/CT to Predict Prognosis of Patients with Endometrial Cancer. .  Molecular imaging and biology   2021年3月

     詳細を見る

  • 古謝 将鷹, 簗詰 伸太郎, 松本 純, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  TC療法により致死的なアレルギー様症状を起こした一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌29   79 - 84   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例は73歳女性で、原発性卵巣癌術後に初回のパクリタキセル(PTX)+カルボプラチン療法を行った。アレルギー歴に関する特記事項はなく、入院の上でデキサメタゾン静注、抗ヒスタミン剤内服等の前投与下にPTXを開始したが、投与開始3分後に気分不良、嘔気を訴え、軽症から中等症の過敏症反応(HSR)が疑われた。しかし、アレルギー反応に特徴的な蕁麻疹や皮膚紅潮、気管支喘息様症状は認めず、ステロイドやアドレナリンによる初期治療に抵抗性であり、PTX中止後も進行性に意識障害をきたして呼吸停止、心停止を確認した。ICU搬入後に循環作動薬への反応が回復し、バイタルサインが正常化するも蘇生後脳症から多臓器不全をきたして永眠された。PTXはいつでもHSRが起こり得る薬剤であり、事前に患者・家族への十分な説明を行うとともに、適切な対応の準備、厳重な監視下で使用することが大切である。

  • 古園 希, 戸上 真一, 福田 美香, 小林 裕明 .  子宮漿膜下筋腫内に発生した明細胞癌の1例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌29   71 - 73   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例は46歳2妊2産で、左下腹部腫瘤感を主訴とした。子宮漿膜下筋腫、左卵巣子宮内膜症性嚢胞の精査加療目的で初診し、子宮腟部と子宮内膜の細胞診、組織診で悪性所見は認めなかった。子宮漿膜下筋腫、左卵巣子宮内膜症性嚢胞の術前診断で腹腔鏡下単純子宮全摘術、左付属器切除術、右卵管切除術、腹腔内洗浄細胞診を行い、術後の病理組織所見では子宮内膜や左卵巣腫瘍に腺癌成分はみられなかったが、核出された筋腫核内に明細胞癌成分を確認したほか、核出部付近の子宮筋層に異所性子宮内膜腺と間質を認め、子宮筋腫内に存在した異所性子宮内膜から明細胞癌が発生したと考えられた。後日、腹腔鏡下右卵巣摘出術、大網部分切除術、虫垂切除術、後腹膜リンパ節郭清を行い、最終病理学的診断は明細胞癌、手術進行期IB期(pT1bN0M0)であった。術後化学療法を6コース行い、現在まで明らかな再発なく経過している。

  • 萬浮 帆波, 太崎 友紀子, 新原 有一朗, 田代 英史, 折田 有史, 新谷 光央, 小林 裕明 .  妊娠中に発症したS状結腸軸捻転症の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌29   61 - 66   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例は39歳1妊0産で、妊娠32週3日に突然の下腹部痛を自覚し、強い便意を訴えるも排便はなく、発症2時間後に前医を受診した。直腸診では便塊を触れず、発症6時間後より胆汁性嘔吐を認めたため、消化管疾患を疑い発症13時間後に腹部単純CT検査を行った。S状結腸間膜の捻転、捻転部位から口側腸管の拡張と肛門側の腸管虚脱を認めた。発症17時間後の下部消化管内視鏡検査では腸管粘膜の虚血所見を認め、S状結腸軸捻転症と診断して拡張腸管の減圧を行い、発症24時間後に開腹手術を開始した。妊娠子宮により視野展開が困難なため、緊急帝王切開術の後にS状結腸軸捻転症根治術を行い、結果的にS状結腸を20cm切除したが、母児ともに救命できた。

  • 神尾 真樹, 牛若 昂志, 永野 大河, 大塚 祥子, 萬浮 帆波, 内田 那津子, 福田 美香, 水野 美香, 小林 裕明 .  卵巣腫瘍における腫瘍マーカーHE4の有用性 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌29   21 - 27   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    卵巣腫瘍における新規腫瘍マーカーHE4(human epididymis protein 4)の有用性について検討した。原発性上皮性卵巣癌81例における治療開始前の腫瘍マーカーについて、単独の陽性率はCA125 81.5%、CA19-9 37.0%、CEA 9.9%であったが、これらの組み合わせによる陽性率は85.2%であった。組織型別では明細胞癌と粘液性癌の陽性率は60%程度であり、進行期別では進行とともに陽性率が上昇し、III期とIV期の陽性率は100%であった。HE4は感度が低いものの特異度は高く、最も効果的に悪性腫瘍を判定できる組み合わせの検討では、CA125、HE4、CEAが感度・特異度のバランスが良い組み合わせであった(感度94.1%・特異度75.0%)。今回、HE4やROMA指数の有用性は示されなかったが、CA125の低い特異性を補う可能性が示唆された。

  • Kamio M, Yanazume S, Togami S, Kobayashi H .  Association Between Positive Human Papillomavirus Status After Conization and Disease Recurrence in Patients with Cervical Intraepithelial Neoplasia Grade 3. .  Journal of obstetrics and gynaecology of India71 ( 1 ) 66 - 71   2021年2月

     詳細を見る

  • Okugawa K, Yahata H, Sonoda K, Kodama K, Yagi H, Ohgami T, Yasunaga M, Onoyama I, Kaneki E, Asanoma K, Kobayashi H, Kato K .  Evaluation of adjuvant chemotherapy after abdominal trachelectomy for cervical cancer: a single-institution experience. .  International journal of clinical oncology26 ( 1 ) 216 - 224   2021年1月

     詳細を見る

  • Kobayashi Y, Kitazono I, Akahane T, Yanazume S, Kamio M, Togami S, Nohara S, Sakamoto I, Yokoyama S, Tabata K, Kobayashi H, Tanimoto A .  Molecular Evaluation of Endometrial Dedifferentiated Carcinoma, Endometrioid Carcinoma, Carcinosarcoma, and Serous Carcinoma Using a Custom-Made Small Cancer Panel. .  Pathology oncology research : POR27   1610013   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/pore.2021.1610013

    PubMed

  • Takekuma M, Takahashi F, Mabuchi S, Kudaka W, Horie K, Ikeda M, Shikama A, Mitsuhashi A, Nagao S, Suzuki S, Mizuno M, Nishio S, Tokunaga H, Ota Y, Kasamatsu T, Kitagawa R, Toita T, Kobayashi H, Ishikawa M, Yaegashi N .  Propensity score-matched analysis of systemic chemotherapy versus salvage hysterectomy for persistent cervical cancer after definitive radiotherapy/concurrent chemoradiotherapy. .  BMC cancer20 ( 1 ) 1169   2020年11月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Comparison of survival outcomes between laparoscopic and open surgery in patients with low-risk endometrial cancer. .  Japanese journal of clinical oncology50 ( 11 ) 1261 - 1264   2020年10月

     詳細を見る

  • Tajima M, Yanazume S, Orita Y, Tazaki Y, Shinya M, Kobayashi H .  Cervical pessary plus vaginal progesterone versus long-term tocolysis for the prevention of preterm birth: An observational retrospective study. .  International journal of gynaecology and obstetrics: the official organ of the International Federation of Gynaecology and Obstetrics150 ( 2 ) 206 - 212   2020年8月

     詳細を見る

  • Akahane T, Kitazono I, Yanazume S, Kamio M, Togami S, Sakamoto I, Nohara S, Yokoyama S, Kobayashi H, Hiraki T, Suzuki S, Ueno S, Tanimoto A .  Next-generation sequencing analysis of endometrial screening liquid-based cytology specimens: a comparative study to tissue specimens. .  BMC medical genomics13 ( 1 ) 101   2020年7月

     詳細を見る

  • Yanazume S, Togami S, Kamio M, Kitazono I, Hiraki T, Tanimoto A, Kobayashi H .  Bulky cervical tumour showing mixed unique cell clusters in cervical cytology. .  Cytopathology : official journal of the British Society for Clinical Cytology31 ( 4 ) 345 - 347   2020年7月

     詳細を見る

  • Togami S, Kubo R, Kawamura T, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Comparison of lymphatic complications between sentinel node navigation surgery and pelvic lymphadenectomy in patients with cervical cancer. .  Japanese journal of clinical oncology50 ( 5 ) 543 - 547   2020年5月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Comparison of lymphoscintigraphy and single photon emission computed tomography with computed tomography (SPECT/CT) for sentinel lymph node detection in endometrial cancer. .  International journal of gynecological cancer : official journal of the International Gynecological Cancer Society30 ( 5 ) 626 - 630   2020年5月

     詳細を見る

  • Togami S, Kubo R, Kawamura T, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Risk factors for lymphatic complications following lymphadenectomy in patients with endometrial cancer. .  Taiwanese journal of obstetrics & gynecology59 ( 3 ) 420 - 424   2020年5月

     詳細を見る

  • Onda T, Satoh T, Ogawa G, Saito T, Kasamatsu T, Nakanishi T, Mizutani T, Takehara K, Okamoto A, Ushijima K, Kobayashi H, Kawana K, Yokota H, Takano M, Kanao H, Watanabe Y, Yamamoto K, Yaegashi N, Kamura T, Yoshikawa H, Japan Clinical Oncology Group. .  Comparison of survival between primary debulking surgery and neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal and peritoneal cancers in phase III randomised trial. .  European journal of cancer (Oxford, England : 1990)130   114 - 125   2020年5月

     詳細を見る

  • 鮫島 浩継, 林 久雄, 牛若 昂志, 松本 純, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  Bevacizumab投与後7日目に腟瘻を形成した再発卵巣癌の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   49 - 56   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例は47歳1妊1産で、卵巣癌の初回治療として卵巣癌根治術、Conventional paclitaxel、Carbopulatin(TC)療法およびBevacizumab(Bev)療法とBev維持療法を行った。その後は経過観察されていたが、TC療法終了後4年1ヵ月に多発骨盤内再発を認めた。内診では腟断端に鶏卵大の腫瘤を触知し、腟鏡診でも再発腫瘤が露出しており、針生検よりプラチナ感受性再発卵巣癌と診断してTC+Bev療法を開始したが、1コース目のday7に便臭を伴う褐色帯下と下腹部の圧痛が出現し、造影CT、小腸造影検査にて回腸腟瘻と診断された。腹腔鏡下回腸上行結腸吻合術を行い、術後はTC療法6コースを完遂してComplete Responseが得られた。

  • 内田 那津子, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 小林 裕明 .  当院における妊孕性温存を目的とした医学的適応の精子凍結保存の現状 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   15 - 19   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    医学的適応の妊孕性温存の目的で紹介された男性52症例について検討した。原疾患は血液腫瘍、精巣腫瘍、脳腫瘍が多く、精子凍結を希望した48例(平均年齢27±8歳)のうち28例が未婚であった。手術前後の精液所見および化学療法前の原疾患別の精液所見に有意差はなかったが、化学療法開始後は化学療法前に比して精子濃度、運動率が有意に低く、乏精子症あるいは精子無力症の割合が高かった。また、精子凍結後の原病死は5例(10%)で、凍結精子による顕微授精を行った6例(12%)中2例(33%)が妊娠成立し生児を得ており、原疾患治療後の自然妊娠も2例あった。

  • 田代 英史, 折田 有史, 内木場 美知子, 濱田 朋紀, 横峯 大策, 新谷 光央, 小林 裕明 .  鹿児島県における先天性サイトメガロウイルス感染症の動向 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   11 - 14   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    4.5年間の鹿児島県における先天性サイトメガロウイルス感染症(CCMVI)の動向を報告した。CCMVI疑いでCMV抗原検査を行った128例のうち、出生後3週間以内の尿を用いた12例と出生前に羊水を用いた1例が陽性であり、CCMVIが疑われた症状は胎児発育不全(FGR)(50.0%)、神経学的徴候(33.6%)、難聴(9.4%)、母体CMV-IgM陽性(18.8%)などであった。CCMVI児の症状は神経学的徴候(53.8%)、FGR(46.2%)、難聴(15.4%)などであり、13例中早産児が8例(61.5%)で、特に後期早産が多い傾向にあった。

  • 徳留 明夫, 折田 有史, 河村 俊彦, 小林 裕明 .  婦人科がん治療の血管拡張能に与える影響からがんサバイバーのフォローアップを考える 自験例と最近の知見 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   30 - 34   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    婦人科がん13例に対し、治療前後と治療後1ヵ月にReactive Hyperemia Peripheral Arterial Tonometry(RH-PAT)を用いて血管拡張能を評価した。治療は化学療法7例(化学療法群)、同時化学放射線療法6例(CCRT群)であり、両群の反応性充血指数(RHI)の変化を比較した。その結果、化学療法群では治療前、治療終了時、治療後1ヵ月で有意差を認めなかったが、CCRT群では治療後に低下傾向を示した。また、平均50ヵ月の観察期間において心血管疾患(CVD)を発症した症例はなく、CCRT群は無病生存5例、再発1例、化学療法群は無病生存5例、死亡2例であった。がんサイバーはCVD発症リスクが高いことを意識してフォローアップを行うことが重要であり、RH-PATは婦人科がん治療の血管拡張能の評価にも有用である可能性が示された。

  • 福田 美香, 牛若 昂志, 松本 純, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当科におけるオラパリブ投与症例の臨床的検討 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   24 - 29   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    2018年5月から2019年11月にオラパリブを投与した再発卵巣癌16例(年齢中央値57歳、投与期間中央値134日)の患者背景と有害事象について後方視的に検討した。組織型は漿液性癌12例、明細胞癌3例、癌肉腫1例で、進行期はIIIC期が10例と最も多く、オラパリブ投与前の治療効果はCR(完全寛解)1例、PR(部分奏功)15例であった。オラパリブの治療効果はPR 1例、SD 7例で中止例はPD(増悪)による6例と副作用による2例であり、多く認められた副作用は嘔気(50%)、貧血(50%)、倦怠感(37.5%)であった。オラパリブの維持療法によりQOLを保ちながらプラチナフリー期間を延長し、さらに一部の症例ではPR、CRが得られる可能性が示された。

  • 松本 純, 戸上 真一, 牛若 昂志, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  高度肥満症例に対する子宮体癌ロボット手術の後方視的検討 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   35 - 38   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    子宮体癌ロボット手術症例を後方視的に検討し、BMI 35以上の高度肥満症例に対する有用性・安全性を検証した。単純子宮全摘、両側付属器摘出、センチネルリンパ節生検を行った子宮体癌35例(高度肥満群7例、対照群28例)の手術時間、コンソール時間、出血量、術後在院日数、手術合併症を比較した。その結果、手術時間、コンソール時間、出血量、在院日数に有意な群間差は認めなかった。また、手術合併症は対照群の7例で術後感染3例、腟断端離開、大腿神経障害、尿管狭窄、腸閉塞各1例を認めたが、高度肥満群ではClavien-Dindo分類のグレード2以上の合併症は認めなかった。子宮筋腫の有無や子宮の大きさなど手術に影響を与える因子を検討する必要があるが、ロボット手術では高度肥満症例においてもスムーズな骨盤深部の手術操作が可能であることが示された。

  • Shimada M, Tokunaga H, Kobayashi H, Ishikawa M, Yaegashi N .  Perioperative treatments for stage IB-IIB uterine cervical cancer. .  Japanese journal of clinical oncology50 ( 2 ) 99 - 103   2020年2月

     詳細を見る

  • Machida H, Iwata T, Okugawa K, Matsuo K, Saito T, Tanaka K, Morishige K, Kobayashi H, Yoshino K, Tokunaga H, Ikeda T, Shozu M, Yaegashi N, Enomoto T, Mikami M .  Fertility-sparing trachelectomy for early-stage cervical cancer: A proposal of an ideal candidate. .  Gynecologic oncology156 ( 2 ) 341 - 348   2020年2月

     詳細を見る

  • Yamagami W, Mikami M, Nagase S, Tabata T, Kobayashi Y, Kaneuchi M, Kobayashi H, Yamada H, Hasegawa K, Fujiwara H, Katabuchi H, Aoki D .  Japan Society of Gynecologic Oncology 2018 guidelines for treatment of uterine body neoplasms. .  Journal of gynecologic oncology31 ( 1 ) e18   2020年1月

     詳細を見る

  • Yanazume S, Dozono H, Ota S, Orita Y, Nakamura T, Togami S, Kamio M, Kobayashi H .  Examined Generalization of the Mohs' Paste for Genital Symptoms in Gynecological Cancer. .  Journal of palliative medicine23 ( 1 ) 10 - 11   2020年1月

     詳細を見る

  • 折田 有史, 小林 裕明 .  シミュレーション教育は僻地での母体救命率向上に寄与する 救命できた心停止2例の経験から .  産婦人科の実際69 ( 1 ) 69 - 75   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    <文献概要>近年,産科領域でも母体急変対応時のシミュレーションコースが盛んに開催されるようになってきた。それぞれのコースに特徴があり,多くの施設でプロバイダーを養成し日常診療に生かしている。医療資源が乏しく,医療圏の広い僻地においては,病院前救急,病院間連携,院内連携のすべてが母体救命のために欠かすことができず,これらをシームレスにつなぐためにシミュレーションコースが活躍する。シミュレーションコースを活用し鹿屋医療センターを中心に展開した医療体制,その結果救命できたと考えられる心停止2例の経験を報告する。

  • 神尾 真樹, 小林 裕明 .  保険適応となった婦人科ロボット手術 .  日本コンピュータ外科学会誌22 ( 1 ) 49 - 53   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本コンピュータ外科学会  

    DOI: 10.5759/jscas.22.49

  • 劉 水策, 折田 有史, 岩元 一朗, 崎濱 ミカ, 戸上 真一, 堂地 勉, 小林 裕明 .  エストロゲン依存性疾患、外科的去勢および抗がん剤の肌年齢に及ぼす影響(日本人女性での検討)(Influences of Estrogen-dependent Diseases, Premature Oophorectomy and Anti-cancer Chemotherapy on Skin Age in Japanese Women) .  鹿児島大学医学雑誌71 ( 1-3 ) 23 - 35   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:鹿児島大学医学会  

    目的:皮膚にはエストロゲン(E)レセプターが存在し、Eが複数の細胞に作用しヒアルロン酸などの生成を促進し、潤いや張りを与える。肌の老化(菲薄化、乾燥、皴の増加、弾力性の低下)には加齢、放射線療法、抗癌剤投与などが関与するが、閉経や外科的去勢でも起こる。しかし、低E状態による肌の老化はあまり研究されていない。我々はBioelectrical Impedance Analysis(BIA)で肌年齢、肌の健康状態の客観的評価が可能であることに着目し、E依存性疾患、外科的去勢および抗がん剤の肌年齢に及ぼす影響について検討した。方法:2016年7月から2018年5月までに当科を受診した患者68例を対象にした。Informed consentの後、肌年齢、肌加齢度(肌年齢-暦年齢)をWellup社製の肌年齢測定器(Well-Beauty、BIA法)で測定した。(1)有経女性でE依存性疾患患者(主に子宮筋腫や子宮体癌、n=19)とE非依存性疾患患者(主に子宮頸癌、n=38)の肌年齢や肌加齢度を比較した。(2)有経女性で外科的去勢(n=15)による肌年齢、肌加齢度の推移を卵巣温存群(n=11)と比較した。(3)閉経女性で婦人科悪性腫瘍の標準手術(含:卵巣摘出術)と化学療法を受けた患者(n=6)と標準手術のみを受けた患者(対照、n=5)で肌年齢、肌加齢度の推移を比較した。有意差検定はStudent t-test、χ2検定で適宜行った。結果:1)E依存性疾患患者ではE非依存性疾患患者に比較して肌が有意に若かった(肌加齢度:-1.0±1.4歳vs.+2.5±0.6歳、p<0.01)。2)去勢後6ヵ月で肌年齢は有意に悪化したが、卵巣温存群では変化しなかった(肌加齢度の推移:+3.5±1.4歳vs.-0.2±0.8歳、p<0.05)。3)化学療法群の化学療法終了12ヵ月後の肌年齢は、対照に比較して有意に悪化した(肌加齢度の推移:+10.5±3.3歳vs.-3.8±3.4歳、p<0.05)。化学療法により、肌年齢が5歳以上若い女性の割合も有意に減少した(5/6から1/6、p<0.05)。結論:E依存性疾患患者では肌年齢が若く、外科的去勢による低E状態は肌年齢にも悪い影響を及ぼす。一方、卵巣温存群では肌年齢は悪化しなかったため、有経期女性の予防的卵巣摘出術には慎重であるべきである。また、化学療法はより高度に肌年齢を悪化させることが判明したため、治療中のケアは重要である。(著者抄録)

  • Yanazume S, Tokudome A, Fukuda M, Togami S, Kamio M, Ota S, Kobayashi H .  Clostridium difficile infection in fever patients with gynecological malignancies. .  Cancer reports (Hoboken, N.J.)2 ( 5 ) e1200   2019年10月

     詳細を見る

  • Sho T, Yanazume S, Fukuda M, Togami S, Kamio M, Kobayashi H .  Impact of taxane plus bevacizumab for ovarian sex cord tumor with annular tubules. .  The journal of obstetrics and gynaecology research45 ( 7 ) 1423 - 1428   2019年7月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Learning curve and surgical outcomes for laparoscopic surgery, including pelvic lymphadenectomy, for early stage endometrial cancer. .  Japanese journal of clinical oncology49 ( 6 ) 521 - 524   2019年6月

     詳細を見る

  • 沖 利通, 河村 俊彦, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 小林 裕明, 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 山口 孝二郎, 浅川 明弘 .  月経痛からみた婦人科良性疾患の漢方医学的特徴 .  産婦人科漢方研究のあゆみ ( 36 ) 54 - 60   2019年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:産婦人科漢方研究会  

    【目的】チョコレート嚢胞は血の異常をベースとして、月経痛の重症度と冷えの頻度は逆相関になることを報告してきた。子宮腺筋症(A群)、チョコレート嚢胞(C群)と子宮筋腫(M群)の月経痛の詳細を漢方医学的に検討した。【方法】当科で経験したA群28例、C群84例、M群52例である。月経痛の程度を、なし、軽度(鎮痛剤が不要)、中等度(鎮痛剤が必要だが日常生活に支障なし)、重度(鎮痛剤が必要で日常生活に支障が有り)と定義し、三群間で比較した。原則として、治療前と治療後1ヵ月、3ヵ月と6ヵ月後に、問診・切診・腹診の所見を記録した。【成績】各疾患群間で患者背景に差は無かった。月経痛が重度の割合はA:57.1%、C:51.8%、M:36.5%とMが低く、月経痛の程度が月経周期間で異なる割合は、A:0%、C:81.0%、M:5.7%とCで高かった。Aをびまん型(5例)局在型(19例)粘膜下型(4例)に分けると、重度月経痛の割合が20.0%、68.4%、25.0%で、局在型で高かった。Mを漿膜下(5例)筋層内(18例)粘膜下(29例)に分けると、重度月経痛の割合が20.0%、16:7%、51.7%と粘膜下で高く、1〜2ヵ月で急激に月経痛が悪化した例は粘膜下の23例(79.3%)だけにみられた。子宮腺筋症は熱が、チョコレート嚢胞は冷えが、月経痛の重症度と密接に関係していた。筋層内筋腫と粘膜下筋腫では、月経痛が重度な症例に実証が多く、筋層内筋腫で実証の率が高く、粘膜下筋腫では冷えがやや高い傾向がみられた。治療後は、実証が多くなり、気(特に粘膜下筋腫)と血の異常が改善され、冷えが少なくなる特徴があった。【結論】今回の研究で、漢方医学的には良性疾患によりそれぞれの特徴を持ち、西洋学的治療も漢方医学的所見の改善をすることが明らかになった。(著者抄録)

  • Nishio S, Mikami Y, Tokunaga H, Yaegashi N, Satoh T, Saito M, Okamoto A, Kasamatsu T, Miyamoto T, Shiozawa T, Yoshioka Y, Mandai M, Kojima A, Takehara K, Kaneki E, Kobayashi H, Kaku T, Ushijima K, Kamura T .  Analysis of gastric-type mucinous carcinoma of the uterine cervix - An aggressive tumor with a poor prognosis: A multi-institutional study. .  Gynecologic oncology153 ( 1 ) 13 - 19   2019年4月

     詳細を見る

  • 税所 篤志, 簗詰 伸太郎, 古謝 将鷹, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当科におけるベバシズマブ投与の臨床的検討 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌27   18 - 24   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    過去5年間に当科でベバシズマブ(Bev)投与を行った88例について検討した。内訳は卵巣癌が65例、子宮頸癌が23例であった。卵巣癌でのBev投与の傾向としては、主にIII-IV期で投与されており、I-II期で投与されている症例の理由としては高リスク組織型である明細胞癌のためであった。当科でのIII-IV期のMedian PFSは21ヵ月、3年生存率は80%であった。子宮頸癌については進行または再発例で投与され、主要評価項目のOSは、Bev投与群で化学療法単独群に比べ3.5ヵ月の延長が認められた。全体の12例は副作用によりBev投与が中止となっていたが、内訳では腎障害に伴う中止が8例と最も多かった。

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  通常と異なる妊娠経過のため診断に苦慮したART後の異所性妊娠の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌27   29 - 35   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    39歳(未経妊)。原発性不妊症に対しICSI-ETを行い、妊娠4週0日の時点で血中hCG値の低値、多量の月経様出血があり、生化学的妊娠と診断された。妊娠6週1日目の経腹超音波では、右子宮角付近に直径2mmのGSを認め、子宮鏡所見より右子宮角に着床した稽留流産と診断され、子宮鏡下に切除した。病理学的に遺残絨毛の存在も否定できず、EP(エストロゲン・プロゲスチンデポー剤)を追加投与した。その後、妊娠9週0日目のMRIで右卵管間質部に着床の首座があり、一部の組織が右卵管口から子宮内腔へと突出している異所性妊娠の可能性が高いと判断された。治療は外科的に完全切除は難しく、血中hCGが高値で血流も豊富であることからMTX(メトトレキサート)の投与を2回行われたが、投与後、血流や血中hCGの低下がみられ、外科的処置による出血のリスクは低いと判断し、再度子宮鏡が行われた。所見では右子宮角にポリープ様の絨毛組織が認められ、子宮鏡下にこれを摘出したところ、病理学的に絨毛であることが確認された。以後、2回目の手術から3週間経過で完治が得られ、血中hCG値が陰性化した2ヵ月目より患者は不妊治療を再開、ホルモン補充周期の凍結胚盤胞移植で妊娠成立し、現在は妊娠継続中である。

  • 庄 隆成, 簗詰 伸太郎, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  術前化学療法後に腹式広汎子宮頸部摘出術を行った一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌27   85 - 89   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    33歳(未妊)。不正性器出血を主訴に、精査の結果、子宮頸癌IB1期と診断された。妊孕性温存を強く希望したため、術前化学療法後に摘出術を行う方針とした。本症例では術前化学療法としてTC療法(paclitaxel+carboplatin)を2コース行ったところ、著明な腫瘍縮小を認めた。以後、ART(腹式広汎子宮頸部摘出術)および骨盤リンパ節郭清術を施行し、術後はTC療法を4コース追加した。その結果、最終化学療法から5ヵ月経過現在、再発はみられていない。

  • 神尾 真樹, 古謝 将鷹, 唐木田 智子, 崎濱 ミカ, 小林 裕明 .  流産後に発症した後天性子宮動静脈奇形の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌27   68 - 72   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    37歳(3妊1産)。自然流産約1ヵ月後より性器出血が出現し、前医のMRIにて子宮動静脈奇形(U-AVM)を疑われ、当科へ紹介となった。経腟超音波では子宮後壁右寄りに最大径3.5cmの腫瘤が認められ、カラードップラーでは同部位に豊富な血流を認めた。以上より、前医のMRI所見と併せてU-AVMと診断され、患者の妊孕性温存の希望より動脈塞栓術が行われた。その結果、術後5日目の経腟超音波では子宮後壁の腫瘤の大きさ、血流に変化はみられなかったものの、性器出血は認められなかったため、術後6日目に退院とした。退院翌日よりは月経が再開し、退院から40日後の超音波・MRIでは病変の消失が確認された。

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Quantitative RT-PCR Assay for Detecting Lymph Node Metastasis in Endometrial Cancer: A Preliminary Study. .  Oncology96 ( 4 ) 179 - 182   2019年

     詳細を見る

  • Ishikawa M, Nakamura K, Shibata T, Tanaka K, Kitagawa R, Kobayashi H, Yaegashi N, Gynecologic Cancer Study Group of the Japan Clinical Oncology Group. .  A randomized phase II/III trial of conventional paclitaxel and carboplatin with or without bevacizumab vs dose-dense paclitaxel and carboplatin with or without bevacizumab, in stage IVB, recurrent or persistent cervical carcinoma: Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG1311). .  Japanese journal of clinical oncology48 ( 12 ) 1096 - 1100   2018年12月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Risk factors for lymphatic complications following lymphadenectomy in patients with cervical cancer. .  Japanese journal of clinical oncology48 ( 12 ) 1036 - 1040   2018年12月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Prospective study of sentinel lymph node mapping for endometrial cancer. .  International journal of gynaecology and obstetrics: the official organ of the International Federation of Gynaecology and Obstetrics143 ( 3 ) 313 - 318   2018年12月

     詳細を見る

  • Yahata H, Kobayashi H, Sonoda K, Kodama K, Yagi H, Yasunaga M, Ohgami T, Onoyama I, Kaneki E, Okugawa K, Baba S, Isoda T, Ohishi Y, Oda Y, Kato K .  Prognostic outcome and complications of sentinel lymph node navigation surgery for early-stage cervical cancer. .  International journal of clinical oncology23 ( 6 ) 1167 - 1172   2018年12月

     詳細を見る

  • 牧瀬 裕恵, 松口 一道, 濱地 勝弘, 山崎 英樹, 大塚 博文, 小林 裕明 .  腹腔鏡下に片側子宮を摘出した子宮奇形の2症例 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌34 ( 2 ) 296 - 300   2018年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本産科婦人科内視鏡学会  

    症例1は27歳(未経妊)で、月経困難症が増悪して前医受診し、経腟超音波断層法で内腔を伴う子宮を2個認めた。骨盤部造影MRIでは単角子宮と留血腫を伴う左副角子宮、両側卵巣内膜症性嚢胞を認め、子宮卵管造影(HSG)で左副角子宮は描出されず、非交通性左副角子宮と診断された。GnRH agonist 6回投与後に月経困難症は軽減したが、低用量エストロゲン・プロゲステロン製剤(LEP)に変更後に再燃し、更に一旦縮小した留血腫および嚢腫も再増大したため当科紹介となった。腹腔鏡下左副角子宮摘出術、左卵管摘出術、両側卵巣嚢腫摘出術を施行し、術後経過は良好で、現在LEP療法を継続しているが、症状は消失し、卵巣内膜症性嚢胞の再発は認めていない。なお、術中の尿路造影検査で左腎欠損が確認された。症例2は35歳(未経妊)で、5年前に月経困難症にて前医受診し、骨盤造影MRIおよびHSGで子宮筋腫を伴う単角子宮、非交通性右副角子宮、右腎欠損と診断された。今回、挙児希望のため手術療法目的で当科紹介となり、腹腔鏡下右副角子宮摘出術、右卵管摘出術、子宮筋腫核出術を施行した。術後経過は良好で、月経困難症、子宮筋腫の再発はなく、不妊治療中である。

  • Yanazume S, Karakida N, Higashi R, Fukuda M, Togami S, Kamio M, Ota S, Kobayashi H .  Tumor bleeding requiring intervention and the correlation with anemia in uterine cervical cancer for definitive radiotherapy. .  Japanese journal of clinical oncology48 ( 10 ) 892 - 899   2018年10月

     詳細を見る

  • Yanazume S, Togami S, Fukuda M, Kawamura T, Kamio M, Ota S, Kobayashi H .  New Continuous Barbed Suture Device with Stratafix for the Vaginal Stump in Laparoscopic Hysterectomy. .  Gynecology and minimally invasive therapy7 ( 4 ) 167 - 171   2018年10月

     詳細を見る

  • Nishio S, Aihara S, Shimokawa M, Fujishita A, Taniguchi S, Hachisuga T, Yanazume S, Kobayashi H, Murakami F, Numa F, Kotera K, Okura N, Toki N, Yokoyama M, Ushijima K .  Efficacy of palonosetron plus dexamethasone in preventing chemotherapy-induced nausea and emesis in patients receiving carboplatin-based chemotherapy for gynecologic cancers: a phase II study by the West Japan Gynecologic Oncology Group (WJGOG 131). .  Journal of gynecologic oncology29 ( 5 ) e77   2018年9月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Clinical management of uterine cervical mullerian adenosarcoma: A clinicopathological study of six cases and review of the literature. .  Taiwanese journal of obstetrics & gynecology57 ( 4 ) 479 - 482   2018年8月

     詳細を見る

  • Togami S, Kawamura T, Fukuda M, Yanazume S, Kamio M, Kobayashi H .  Initial Report of Sentinel Lymph Node Identification During Laparoscopic Radical Hysterectomy Using a New Gamma Probe Technology. .  Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A28 ( 7 ) 864 - 866   2018年7月

     詳細を見る

  • Kamio M, Nagata C, Sameshima H, Togami S, Kobayashi H .  Obstructed hemivagina and ipsilateral renal anomaly (OHVIRA) syndrome with septic shock: A case report. .  The journal of obstetrics and gynaecology research44 ( 7 ) 1326 - 1329   2018年7月

     詳細を見る

  • 牛嶋 公生, 片渕 秀隆, 小林 裕明, 田代 浩徳, 三上 幹男, 宮本 新吾, 柳井 広之, 遠隔再発、遠隔転移を来した子宮間葉系腫瘍の臨床病理学的検討に関する小委員会 .  日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会プロジェクト(パート1) 性成熟期の女性に発症する疾患の発症と臨床的対応 転移、再発を来した子宮筋腫症例の検討 臨床的事項を中心に .  日本婦人科腫瘍学会雑誌36 ( 2 ) 177 - 180   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本婦人科腫瘍学会  

    子宮筋腫の診断で治療されたが、その後に臨床的に再発、転移をきたした症例を調査対象とした。45施設より臨床情報が得られ、うち適格症例は67例であった。平均年齢は39.6歳で、6割が未産婦であった。84%の症例に術前MRIを施行した。初回手術の術式は、腹腔鏡下子宮筋腫核出術が29例(43%)を占め、うち23例(79%)にモルセレーターが使用された。子宮全摘術は24例に施行され、うち22例が開腹手術であった。47例(70%)は割面の肉眼所見を良性と判断され、病理組織切片も5枚以内であったものが35例(52%)であった。初回術後病理診断はいずれも平滑筋腫であった。再発形式は47例(70%)が多発性で、子宮内を含む腹腔内に病変が存在する例が50例(74.6%)を占めた。腹腔内再発の66%は多発病変で、モルセレーター使用例は全例腹腔内再発であった。悪性腫瘍(平滑筋肉腫、子宮内膜間質肉腫)は合わせて10例であった。再発時の治療は60例(89.6%)に手術療法がおこなわれ、術後に化学療法が追加された例が13例あった。再発症例の予後については10例が現病死し、生存55例中41例は無病であった。

  • 岩元 一朗, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 沖 知恵, 小林 裕明 .  FSH投与中に自然排卵し妊娠・分娩に至ったクロミフェン抵抗性の多嚢胞性卵巣症候群の1例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   25 - 28   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    32歳。主訴は挙児希望であった。不妊期間は約3年で、超音波検査で左卵巣が多嚢胞性卵巣であり、血中黄体ホルモンが高くインスリン抵抗性肥満であった。クロミフェン+メトロフミン療法で排卵せず、メトフォルミン+リコンビナントFSH(rFSH)療法の4回目で妊娠したが、子宮内胎児死亡であった。流産後の5回目の排卵誘発中day 25の首席卵胞径は8mmであり、患者の都合により卵巣刺激を隔日に下げday34まで経腟超音波検査で発育卵胞を全く観察できなかった。rFSH投与を続行し続け、day 46の血中プロゲステロン値(P4)高値のためFSHをヒト絨毛性ゴナドトロピンへ切り替え、day 53にP4高値が持続し妊娠が判明し、頭臀長からday 33を排卵日と推定した。その後の妊娠24週から妊娠糖尿病のためインスリン療法を開始し、分娩停止のため帝王切開分娩であったが、2532gの生児を得ることができた。

  • 濱田 朋紀, 岩元 一朗, 永田 真子, 下大薗 文野, 森 まり絵, 新谷 光央, 小林 裕明 .  当科における経腹的頸管縫縮術の工夫 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   10 - 12   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例1は42歳、妊娠12週であった。5年前に子宮頸癌IA1期に対し円錐切除および追加切除を行い、3年前に妊娠14週で経腟的頸管縫縮術を行ったが28週で前期破水し緊急帝王切開で児を娩出していた。症例2は34歳、妊娠12週で、2年前に妊娠15週で子宮頸癌IA1期に対し円錐切除を行ったが破水し、妊娠帰結後に追加切除を行っていた。両症例とも子宮腟部および腟円蓋部が消失し経腟的頸管縫縮術は困難であったため、妊娠14週に経腹的頸管縫縮術を行った。経腹エコーを使用して縫縮位置を設定し、プロリーン糸を用いて子宮峡部筋層を貫通させ直腸側で縫縮し、さらに5mm上方で追加縫縮した。症例1は妊娠37週で選択的帝王切開術を行ってプロリーン糸を抜去し、症例2は妊娠希望があるため抜糸しなかった。

  • 太崎 友紀子, 北代 祐三, 住江 正大, 中並 尚幸, 小林 裕明, 月森 清巳 .  黄体化過剰反応による卵巣腫大と診断し、手術を回避し得た単胎妊娠の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   17 - 21   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    23歳(2妊0産)。妊娠28週1日に切迫早産のため入院管理となった。妊娠30週6日の経腟超音波断層法でダグラス窩に径10.0×7.4×6.0cmの多房性腫瘤を認め、充実性の部分はなくドプラ画像で隔壁に血流は認めなかった。妊娠31週5日のMRI検査で右卵巣は超音波所見と同様の多房性であり、左卵巣は同定できなかったが積極的に悪性を疑う所見はなく、切迫早産の経過も良好で妊娠33週3日に退院した。妊娠37週1日の健診時に子宮の左側頭側に径10cm大の多房性腫瘤を認め両測卵巣腫瘤と診断し、血中ヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)とテストステロンの上昇と、問診により妊娠第3三半期頃からの多毛・ざ瘡などが判明したため、黄体化過剰反応(HL)を疑った。妊娠39週4日に陣痛が発来し、3098gの女児を分娩した。産褥2週間には血中hCG・テストステロンは低下し、多毛やざ瘡も軽快し、産褥2ヵ月には右卵巣41×27mm、左卵巣40×23mmと正常化した。

  • 福岡 美咲, 濱田 朋紀, 永田 真子, 新谷 光央, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  妊娠が原因と考えられた脂質異常症(重度の高中性脂肪血症)合併妊婦の1例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   22 - 24   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    27歳。妊娠38週0日の帝王切開術前検査にて血液が乳び血漿であり、総コレステロール(TC)1038mg/dL、中性脂肪(TG)8106mg/dLと異常高値で、凝固系は測定不能であった。前回妊娠時に分娩停止で緊急帝王切開の既往があり、その際の術前検査でもTC異常高値と乳び血漿を認めたが、その後のフォローはされていなかった。肝機能、腎機能、血小板および出血時間は正常範囲で、血糖値、アミラーゼ値や甲状腺機能も正常範囲であった。循環器内科検査でも異常なく、妊娠による脂質異常症(高中性脂肪血症)が疑われた。39週0日に選択的帝王切開を施行し、児は3492gの女児で異常を認めなかった。術後5日目の採血ではTC・TGともに術前と比べ低下し、経過順調で翌日退院した。1ヵ月検診時のTCは236mg/dLで正常範囲、TGは354mg/dLと高値ではあるが術前より著明に低下していた。

  • 神尾 真樹, 鮫島 浩継, 福岡 美咲, 永田 真子, 小林 裕明 .  リンパ節転移陽性の外陰部基底細胞癌の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   53 - 57   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    78歳(2妊2産)。主訴は外陰部腫瘤であった。両側大陰唇および小陰唇におよぶ最大径8cmの不整形、黒色調の硬い隆起性病変であり、腟入り口部右側まで及び、生検にて基底細胞癌と診断した。全身麻酔下に全周性に5mm以上のマージンをとり局所切除術を行い、会陰大腿皮弁および菱形皮弁を形成した。術後7日目に創離開を認め、完全に創閉鎖に至ったのは術後50日目であった。術後34日目に8mm大の左浅鼠径リンパ節2個を生検し、病理組織学的に転移を認め、最終的に外陰癌IIIB期と診断した。術後67日目より両側鼠径部を含めた骨盤部へ外照射を追加して行った。

  • 永田 真子, 福岡 美咲, 鮫島 浩継, 田平 満里奈, 福田 美香, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  虫垂杯細胞カルチノイド原発のKrukenberg腫瘍の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   58 - 63   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    67歳(1妊1産)。下腹部腫瘤感を主訴に他院を受診した。MRIで骨盤内に占拠する最大径14cmの多房性嚢胞性腫瘍を認め一部充実部分があり、拡散強調画像で信号の上昇、ADCの低下を認めたため、紹介受診した。初診より約1ヵ月後に卵巣癌の疑いで開腹術を行い、術中迅速病理検査にてKrukenberg腫瘍が疑われた。腹腔内に多数の播種病変をびまん性に認めたため一部を生検し、虫垂は肉眼的には正常大であったが触診で非常に硬かったため虫垂根部から摘出を行った。病理組織学的に虫垂先端の壁内の7×6mmの範囲において杯細胞に類似した異型細胞が小集塊状・小腺管状ないし個細胞性に増殖し、右側卵巣腫瘍、左卵巣、大網、生検した腹膜にも同様の異型細胞が線維化間質を背景にびまん性に増殖していた。最終的に虫垂原発杯細胞カルチノイドIV期と診断し、外科に転科し緩和ケアの方針となった。

  • Karakida N, Yanazume S, Mori M, Uchida N, Tokudome A, Kobayashi H .  Genital bleeding hemostasis in gynecologic neoplasm with balloon tamponade: New treatment option. .  The journal of obstetrics and gynaecology research43 ( 6 ) 1084 - 1088   2017年6月

     詳細を見る

  • Okugawa K, Kobayashi H, Sonoda K, Kaneki E, Kawano Y, Hidaka N, Egashira K, Fujita Y, Yahata H, Kato K .  Oncologic and obstetric outcomes and complications during pregnancy after fertility-sparing abdominal trachelectomy for cervical cancer: a retrospective review. .  International journal of clinical oncology22 ( 2 ) 340 - 346   2017年4月

     詳細を見る

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 福田 美香, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術の導入と先進医療認定 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌25   27 - 30   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    2015年12月から子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術(TLRH)が先進医療に認定され、当科でも早期子宮頸癌に対してTLRHを導入し先進医療承認を得たので、同手術の有用性と安全性を評価し報告した。臨床試験として行った3症例と施設承認後に先進医療として治療を行った7症例(年齢30〜52、平均46歳)を対象に、手術時間、出血量、合併症、術後退院期間などについて検討した。その結果、10症例の手術時間は207〜418分(平均306分)、術中出血量は5〜570ml(平均155ml)であった。術中・術後合併症は認めず、術後退院期間は全例7日目であった。

  • 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 田畑 亜希子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 小林 裕明 .  骨粗鬆症を伴った10代の早発卵巣不全(premature ovarian insufficiency:POI)の2症例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌25   35 - 38   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    症例1は18歳で、16歳時に無月経を主訴に前医を受診し、続発性無月経と診断され、エストロゲンとプロゲステロンのデポー製剤を投与された。その後、自然と2ヵ月に1回の月経を認めたが、1年後に再び5ヵ月ほどの続発性無月経を認めたため紹介された。腹部エコーでは子宮・卵巣に異常は認めず、骨密度検査で腰椎はYAM値62%、大腿骨近位部は67%と著明に低下していた。FSHは71.9mlU/mlと高値であり、E2は13pg/mlと低値であったため早発卵巣不全(POI)と診断された。Kaufmann療法を開始し、15ヵ月後の骨密度検査ではYAM値が65%と改善傾向を認めたが低値であった。ビタミンDの内服を追加したが、21ヵ月後にも骨密度増加が得られず、ビタミンK2内服も追加したが、内服のコンプライアンス不良で、経過観察中である。症例2は18歳で、6ヵ月以上の無月経と血液検査からPOIと診断された。また、骨密度検査ではYAM値62%と著明に低下しており、骨粗鬆症と診断された。内服でのKaufmann療法を開始し、経過観察中である。

  • 神尾 真樹, 吉永 光裕, 堂地 勉, 小林 裕明 .  静脈麻酔下での子宮内膜組織診の有用性に関する検討 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌25   22 - 26   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    静脈麻酔下で子宮内膜組織診を行った135症例を対象にその有用性について検討した。対象を、子宮癌検診で内膜細胞診まで希望した症状のない68例(A群)、経腟エコーで子宮内膜厚が4mm以上の症例35例(B群)、不整出血があった症例11例(C群)、内膜肥厚と不整出血を認めた21例(D群)の4群に分けた。その内、細胞診陽性の11例、B・C・D群の細胞診陰性14例、疼痛のため内膜細胞診が施行できなかった48例中24例計49例に対して、プロポフォール静脈麻酔下に内膜組織診を施行した。その結果、病理学的に内膜増殖症が20例、体癌が12例診断され、この32例中子宮内膜細胞診が陽性であったのは11例であった。残る21例は細胞診不可能であった14例と陰性で症状があったために内膜組織診を行った7例であった。細胞診施行不可能であった24例中4例で体癌が発見された。

  • Yamamoto A, Okada AA, Nakayama M, Yoshida Y, Kobayashi H .  One-Year Outcomes of a Treat-and-Extend Regimen of Aflibercept for Exudative Age-Related Macular Degeneration. .  Ophthalmologica. Journal international d'ophtalmologie. International journal of ophthalmology. Zeitschrift fur Augenheilkunde237 ( 3 ) 139 - 144   2017年

     詳細を見る

  • Satoh T, Aoki Yo, Kasamatsu T, Ochiai K, Takano M, Watanabe Y, Kikkawa F, Takeshima N, Hatae M, Yokota H, Saito T, Yaegashi N, Kobayashi H, Baba T, Kodama S, Saito T, Sakuragi N, Sumi T, Kamura T, Yoshikawa H .  Administration of standard-dose BEP regimen(bleomycin + etoposide + cisplatin) is essential for treatment of ovarian yolk sac tumour. .  Eur J Cancer51 ( 3 ) 340 - 351   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  妊孕性温存を希望する子宮頸癌患者に対する腹式子宮頸部摘出術の外科的有用性の検討:早期子宮頸がんに対する機能温存低侵襲手術の確立に関する研究(H26-革新的がん-一般-049) .  厚生労働科学研究委託費 革新的がん医療実用化研究事業平成26年度 総括分担研究報告書   79 - 83   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Dozono H, Yanazume S, Nakamura H, Etrych T, Chytil P, Ulbrich K, Fang J, Arimura T, Douchi T, Kobayashi H, Ikoma M, Maeda H .  HPMA copolymer-conjugated pirarubicin in multimodal treatment of a patient with stageIV prostate cancer and extensive lung and bone metastases. .  Targ Oncolin press   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagai S, Kobayashi H, Nagata T, Hiwatashi S, Kawamura T, Yokomine D, Orita Y, Oki T, Yoshinaga M, Douchi T .  Clinical usefulness of Bakri balloon tamponade in the treatment of massive postpartum uterine hemorrhage. .  Krume Medical Jin press   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eto T, Saito T, Shimokawa M, Hatae M, Takeshima N, Kobayashi H, Kasamatsu T, Yoshikawa H, Kamura T, Konishi I .  Status of treatment for the overall population of patients with stage IVb endometrial cancer, and evaluation of the role of preoperative chemotherapy: a retrospective multi-institutional study of 426 patients in Japan .  Gynecol Oncol131 ( 3 ) 574 - 580   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li D, Takao T, Tsunematsu R, Morokuma S, Fukushima K, Kobayashi H, Saito T, Furue M, Wake N, Asanoma K .  Inhibition of AHR transcription by NF1C is affected by a single nucleotide polymorphism, and is involved in suppression of human uterine endometrial cancer .  Oncogene32 ( 41 ) 4950 - 4959   2013年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeuchi T, Ohishi Y, Imamura H, Aman M, Shida K, Kobayashi H, Kato K, Oda Y .  Ovarian transitional cell carcinoma represents a poorly differentiated form of high-grade serous or endometrioid adenocarcinoma .  Am J Surg Pathol37 ( 7 ) 1091 - 1099   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsumata N, Yoshikawa H, Kobayashi H, Saito T, Kuzuya K, Nakanishi T, Yasugi T, Yaegashi N, Yokota H, Kodama S, Mizunoe T, Hiura M, Kasamatsu T, Shibata T, Kamura T .  Phase III randomized controlled trial of neoadjuvant chemotherapy plus radical surgery vsradical surgery alone for stages IB2, IIA2, and IIB cervical cancer: a Japan Clinical OncologyGroup trial .  Br J Cancer108 ( 10 ) 1957 - 1963   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto T, Hiura M, Baba T, Ishiko O, Shiozawa T, Yaegashi N, Kobayashi H, Yoshikawa H, Kawamura N, Kaku T .  Clinical management of atypical polypoid adenomyoma of the uterus. A clinicopathological review of 29 cases .  Gynecol Oncol129 ( 1 ) 54 - 57   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • onoda K, Kobayashi H, Wake N .  Cervical Carcinoma Surveillance Counterpoint: Japan .  Patient Surveillance After Cancer Treatment,ed, Humana Press   335 - 340   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  化学療法先行治療を進行卵巣がんの標準治療とするための研究(H22 -がん臨床-一般-020):癌の浸潤、転移を制御する CXCR4 シグナル経路の解析 .  厚生労働科学研究費補助金 がん臨床研究事業平成24年度 総括研究報告書   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Hagiwara T, Kaku T, Kobayashi H, Wake N, Saito T .  Well-differentiated villoglandular adenocarcinoma of the uterine cervix: assessment of cytological features by histological subtypes .  Acta Cytol57 ( 1 ) 61 - 68   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohishi Y, Kurihara S, Aman M, Takeuchi T, Imamura H, Kaku T, Kobayashi H, Wake N, Oda Y .  "Piling up" clear cells in mullerian-type mucinous and mixed cell-type borderline tumor do not represent concomitant clear cell neoplasms .  Hum Pathol43 ( 10 ) 1618 - 1626   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohishi Y, Kurihara S, Takeuchi T, Aman M, Kaku T, Kobayashi H, Wake N, Oda Y .  E-cadherin nuclear staining is useful for the diagnosis of ovarian adult granulosacell tumor .  Hum Pathol43 ( 6 ) 808 - 817   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  化学療法先行治療を進行卵巣がんの標準治療とするための研究(H22 -がん臨床-一般-020):三次元培養系における細胞集塊を用いたヒト卵巣癌が産生する血管新生因子に関する研究 .  厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業平成23年度総括研究報告書 分担研究報告書   36 - 38   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ohishi Y, Oda Y, Kurihara S, Kaku T, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Nuclear localization of E-cadherin but not beta-catenin in human ovarian granulosa cell tumors and normal ovarian follicles and ovarian stroma .  Histopathology 58 ( 3 ) 423 - 432   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishimura I, Ohishi Y, Oda Y, Kishimoto J, Yasunaga M, Okuma E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Expression and localization of E-cadherin and s-catenin in uterine carcinosarcoma .  Virchows Arch 458 ( 1 ) 85 - 94   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  化学療法先行治療を進行卵巣がんの標準治療とするための研究(H22 -がん臨床-一般-020):三次元培養系における細胞集塊を用いたヒト卵巣癌が産生する血管新生因子に関する研究 .  厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業平成22年度総括研究報告書 分担研究報告書   43 - 45   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Okuma E, Ohishi Y, Oda Y, Aishima S, Kurihara S, Nishimura I, Yasunaga M, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Cytoplasmic and stromal expression of laminin γ2 chain correlates with infiltrative invasion in ovarian mucinous neoplasms of gastro-intestinal type .  Oncol Rep24 ( 6 ) 1569 - 1576   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagase S, Katabuchi H, Hiura M, Sakuragi N, Aoki Y, Kigawa J, Saito T, Hachisuga T, Ito K, Uno T, Katsumata N, Komiyama S, Susumu N, Emoto M, Kobayashi H, and others .  Evidence-based guidelines for treatment of uterine body neoplasm in Japan: Japan Society of Gynecologic Oncology (JSGO) 2009 edition .  Int J Clin Oncol15 ( 6 ) 531 - 542   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaneki E, Kobayashi H, Hirakawa T, Matsuda T, Kato H, Wake N .  Incidence of postmolar gestational trophoblastic disease in androgenetic moles and the morphological features associated with low risk postmolar gestational trophoblastic disease .  Cancer Sci101 ( 7 ) 1717 - 1721   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohgami T, Kato K, Kobayashi H, Sonoda K, Inoue T, Yamaguchi S, Yoneda T, Wake N .  Low-dose mithramycin exerts its anticancer effect via the p53 signaling pathway and synergizes with nutlin-3 in gynecologic cancers .  Cancer Sci101 ( 6 ) 1387 - 1395   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara S, Oda Y, Ohishi Y, Kaneki E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi .  Coincident expression of beta-catenin and cyclin D1 in endometrial stromal tumors and related high-grade sarcomas .  Mod Pathol23 ( 2 ) 225 - 234   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogawa S, Kobayashi H, Amada S, Yahata H, Sonoda K, Abe K, Baba S, Sasaki M, Kaku T, Wake N .  Sentinel node detection with (99m)Tc phytate alone is satisfactory for cervical cancer patients undergoing radical hysterectomy and pelvic lymphadenectomy .  Int J Clin Oncol 15 ( 1 ) 52 - 58   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoh T, Hatae M, Watanabe Y, Yaegashi N, Ishiko O, Kodama S, Yamaguchi S, Ochiai K, Takano M, Yokota H, Kawakami Y, Kobayashi H, Nishimura S, Ogishima D, Nakagawa S, Shiozawa T, Nakanishi T, Kamura T, Konishi I, Yoshikawa H .  Outcomes of Fertility-Sparing Surgery for Stage I Epithelial Ovarian Cancer: A Proposal for Patient Selection .  J Clin Oncol28 ( 10 ) 1727 - 1732   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  進行卵巣がんにおける化学療法先行治療の確立に関する研究(H19 -がん臨床-一般-028):卵巣癌腹膜播種に対するアクチン結合蛋白質カルポニンh1 に着目した遺伝子治療に関する研究 .  厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業平成21年度総括研究報告書 分担研究報告書   51 - 54   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Nakamura I, Ichimura E, Kobayashi H, Mashiba H, Nagai D, Ebara K, Hayashi H, Okamoto K, Wake N, Nishikawa K .    .  Comparative study of peripheral neurotoxicity after injection of two different paclitaxel formulations in rats60 ( 4 ) 205 - 209   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukushima K, Ogawa S, Tsukimori K, Kobayashi H, Wake N .  Can we diagnose invasive cervical cancer during pregnancy as precise as in nonpregnant women?: maternal and perinatal outcome in pregnancies complicated with cervical cancers .  Int J Gynecol Cancer19 ( 8 ) 1439 - 1445   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sonoda, K, Miyamoto S, Kobayashi H, Ogawa S, Okugawa K, Taniguchi S, Wake N .  The Level of RCAS1 Expression Is Inversely Correlated With the Number of Vitamin-Positive Stromal Cells in Epithelial Ovarian Cancer .  Int J Gynecol Cancer 19 ( 5 ) 838 - 843   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasunaga M, Ohishi Y, Oda Y, Misumi M, Iwasa A, Kurihara S, Nishimura I, Okuma E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Immunohistochemical characterization of mullerian mucinous borderline tumors: possible histogenetic link with serous borderline tumors and low-grade endometrioid tumors .  Human Pathol40 ( 7 ) 965 - 974   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Onda T, Kobayashi H, Nakanishi T, Masayuki H, Iwasaka T, Konishi I, Shibata T, Fukuda H,Kamura T, Yoshikawa H .  Feasibility study of neoadjuvant chemotherapy followed by interval debulking surgery for stage III/IV ovarian, tubal, and peritoneal cancers: Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0206 .  Gynecol Oncol 113 ( 1 ) 57 - 62   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohishi Y, Oda Y, Kurihara S, Kaku T, Yasunaga M, Nishimura I, Okuma E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Hobnail-like cells in serous borderline tumor do not represent concomitant incipient clear cell neoplasms .  Hum Pathol40 ( 8 ) 1168 - 1175   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  QOLに配慮した浸潤性膣癌に対する広汎膣摘出術―健側の排尿関連神経を温存した傍子宮および傍膣結合織摘出術の併用― .  産婦人科の実際58 ( 10 ) 1551 - 1558   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  進行再発卵巣癌に対するがん休眠状態を目指したテーラード化学療法の基礎的臨床的研究 .  平成19-20年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ohishi Y, Kaku T, Kobayashi H, Aishima S, Umekita Y, Wake N, Tsuneyoshi M .  CD10 immunostaining distinguishes atypical polypoid adenomyofibroma (atypical polypoid adenomyoma) from endometrial carcinoma invading the myometrium .  Human pathology 39 ( 10 ) 1446 - 1453   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara S, Oda Y, Ohishi Y, Iwasa A, Takahira T, Kaneki E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Endometrial stromal sarcomas and related high-garade sarcomas: Immunohistochemical and molecular genetic study of 31 cases .  Am J Surg Pathol32 ( 8 ) 1228 - 1238   2008年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwasa A, Oda Y, Kurihara S, Ohishi Y, Yasunaga M, Nishimura I, Takagi E, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  Malignant transformation of mature cystic teratoma to squamous cell carcinoma involves altered expression of p53- and p16/Rb-dependent cell cycle regulator proteins .  Pathology international56   757 - 764   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  進行卵巣がんにおける化学療法先行治療の確立に関する研究(H19 -がん臨床-一般-028)パクリタキセル耐性ヒト卵巣がん腫瘍を用いた Metronomic chemotherapy の有用性の検討:血管新生抑制効果と tumor dormancy 効果の評価実験 .  厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業平成19年度総括 分担研究報告書   42 - 44   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sonoda K, Miyamoto S, Yamazaki A, Kobayashi H, Nakashima M, Mekada E, Wake N .  Biologic significance of receptor-binding cancer antigen expressed on SiSo cells (RCAS1) asa pivotal regulator of tumor growth through angiogenesis in human uterine cancer .  Cancer110 ( 9 ) 1979 - 1990   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ohishi Y, Kaku T, Oya M, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M .  CD56 expression in ovarian granulosa cell tumors, and its diagnostic utility and pitfalls .  Gynecologic Oncology107 ( 1 ) 30 - 38   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oda Y, Ohishi Y, Basaki Y, Kobayashi H, Hirakawa T, Wake N, Ono M, Nishio K, Kuwano M, Tsuneyoshi M .  Prognostic implications of the nuclear localization of Y-box-binding protein-1 and CXCR4 expression in ovarian cancer: Their correlation with activated Akt, LRP/MVP and P-glycoprotein expression .  Cancer Sci98 ( 7 ) 1020 - 1026   2007年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohishi Y, Oda Y, Basaki Y, Kobayashi H, Wake N, Kuwano M, Tsuneyoshi M .  Expression of beta-tubulin isotypes in human primary ovarian carcinoma .  Gynecologic Oncology105 ( 3 ) 586 - 592   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  Tumor dormancy による延命効果を目指したテーラード化学療法の進行再発卵巣・卵管・腹膜癌に対する治療効果に関する研究 .  平成18年度厚生労働科学研究費補助金がん臨床研究事業: 進行卵巣がんの集学的治療に関する研究(H16 -がん臨床-一般-035)総括・分担研究報告書   40 - 43   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 小林裕明 .  卵巣癌腹膜播種に対するカルポニン遺伝子治療の分子機序解明と臨床応用に関する研究 .  平成17-18年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ogura T, Kobayashi H, Ueoka Y, Okugawa K, Kato K, Hirakawa T, Hashimoto S, Taniguchi S, Wake N, Nakano H .  Adenovirus-mediated calponin h1 gene therapy directed against peritoneal dissemination of ovarian cancer: bifunctional therapeutic effects on peritoneal cell layer and cancer cells .  Clin Cancer Res12 ( 17 ) 5216 - 5223   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Kawano Y, Hirakawa T, Koga Y, Kobayashi H, Amada S, Ogawa S, Hagiwara T, Watanabe S, Nakano H .  Cytological study of early cervical adenocarcinoma: special reference to the depth of invasion .  Cytopathology16 ( 6 ) 290 - 294   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawano Y, Kaku T, Sonoda K, Hirakawa T, Kobayashi H, Ohishi Y, Nakano H .  Expression of RCAS1 in Femail Genital Organs .  Int J Gynecol Pathology24 ( 4 ) 330 - 334   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukushima K, Miyamoto S, Tsukimori K, Kobayashi H, Seki H, Takeda S, Egashira K, Ohtani K, Shibuya M, Nakano H .  Tumor necrosis factor and vascular endothelial growth factor induce endothelial integrin repertories, regulating endovascular differentiation and apoptosis in a human extravillous trophoblast cell line .  Biology of Reproduction73 ( 1 ) 172 - 179   2005年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sendo T, Sakai N, Itoh Y, Ikesue H, Kobayashi H, Hirakawa T, Nakano H, Ohishi R .  Incidence and risk factors for paclitaxel hypersensitivity during ovarian cancer chemotherapy .  Cancer Chemother Pharmacol 56 ( 1 ) 91 - 96   2005年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hagiwara T*, Kaku T, Kobayashi H, Hirakawa T, Nakano H .  Clinico-cytological study of uterine papillary serous carcinoma .  Cytopathology6 ( 3 ) 125 - 131   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yagi H, Miyamoto S, Tanaka Y, Sonoda K, Kobayashi H, Kishikawa T, Iwamoto R, Mekada E, Nakano H .  Clinical significance of heparin-binding epidermal growth factor-like in peritoneal fluid of ovarian cancer .  Br J Cancer92 ( 9 ) 1737 - 1745   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hagiwara T, Kaku T, Kobayashi H, Hirakawa T, Nakano H .  Coexistence of vulvar malignant melanoma and blue nevus of the cervix .  Gynecol Oncol99   519 - 520   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  カルポニン遺伝子導入による卵巣癌腹膜播種の遺伝子治療に関する基礎的研究 .  平成15-16年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Yahata H, Hirakawa T, Fujita T, Ariyoshi K, Sonoda K, Amada S, Kobayashi H, Nakano H .  Postoperative adjuvant chemotherapy with cisplatin, cyclophosphamide, and anthracycline (doxorubicin, epirubicin, pirarubicin) for endometrial cancer .  Int J Clin Oncol9 ( 4 ) 317 - 321   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okugawa K, Kobayashi H, Hirakawa T, Sonoda T, Ogura T, Nakano H .  In vivo establishment and characterization of a paclitaxel-resistant human ovarian cancer cell line showing enhanced growth properties and drug-resistance only in vivo .  J Cancer Res Clin Oncol130 ( 3 ) 178 - 186   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sonoda T, Kobayashi H, Kaku T, Hirakawa T, Nakano H .  Expression of angiogenesis factors in monolayer culture, multicellular spheroid and in vivo transplanted tumor by human ovarian cancer cell lines .  Cancer Lett 196 ( 2 ) 229 - 237   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukushima K, Miyamoto S*, Komatsu H, Tsukimori K, Kobayashi H, Seki H, Takeda S, Nakano H .  TNFα-induced apoptosis and integrin switching in human extravillous trophoblast cell line .  Biology of Reproduction 68 ( 5 ) 1771 - 1778   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohishi Y, Oda Y, Uchiumi T, Kobayashi H, Hirakawa T, Miyamoto S, Kinukawa N, Nakano H, Kuwano M, Tsuneyoshi M .  ATP-binding cassette superfamily transporter gene expression in human primary ovarian carcinoma .  Clin Cancer Res8 ( 12 ) 3767 - 3775   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yahata H, Kobayashi H, Kamura T, Amada S, Hirakawa T, Kohno K, Kuwano M, Nakano H .  Increased nuclear localization of transcription factor YB-1 in acquired cisplatin-resistant ovarian cancer. .  J Cancer Res Clin Oncol128 ( 11 ) 621 - 626   2002年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogawa S, Kaku T, Kobayashi H, Hirakawa T, Ohishi Y, Kinukawa N, Nakano H .  Prognostic significance of microvessel density, vascular cuffing and vascular endothelial growth factor expression in ovarian carcinoma: a special review for clear cell adenocarcinoma .  Cancer Lett176 ( 1 ) 111 - 118   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  癌細胞集塊形成時に発現するアルキル化剤耐性機構に関連する遺伝子の単離と解析 .  平成12-13年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Fukushima K, Tsukimori K, Kobayashi H, Nishijima H, Komatsu H, Seki H, Takeda S, Nakano H .  Cytotoxic Effects of Soluble Factor in Preeclamptic Sera on Human Trophoblasts .  American J Reproductive Immunology46 ( 4 ) 245 - 251   2001年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明, 園田隆徳, 奥川馨, 園田真由, 藤田拓司, 丸山智義, 宮本新吾, 小川伸二, 矢幡秀昭,園田顕三, 加来恒壽, 平川俊夫, 中野仁雄 .  卵巣癌に対する化学療法はCAPかパクリタキセルか -当科における卵巣癌化学療法としてのCEP療法とTJ療法の比較 .  日本産科婦人科学会九州連合地方部会雑誌52   87 - 92   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sonoda K, Kaku T, Hirakawa T, Kobayashi H, Amada S, Sakai K, Nakashima M, Watanabe T, Nakano H .  The clinical significance of tumor-associated antigen RCAS1 expression in the normal, hyperplastic, and malignant uterine endometrium .  Gynecol Oncol79 ( 3 ) 424 - 429   2000年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogawa S, Kaku T, Amada S, Kobayashi H, Hirakawa T, Ariyoshi K, Kamura T, Nakano H .  Ovarian endometriosis associated with ovarian carcinoma: A clinicopathological and immunohistochemical study .  Gynecol Oncol77 ( 2 ) 298 - 304   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  卵巣癌が産生する血小板由来増殖因子を介した癌細胞一間質細胞間相互作用に関する研究 .  平成10-11年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kamura T, Yahata H, Amada S, Ogawa S, Sonoda T, Kobayashi H, Mitsumoto M, Kohno K, Kuwano M, Nakano H .  Is nuclear expression of Y box-binding protein-1 a new prognostic factor in ovarian serous adenocarcinoma? .  Cancer85 ( 11 ) 2450 - 2454   1999年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Sonoda K, Kamura T, Hirakawa T, Sakai K, Amada S, Ogawa S, Kobayashi H, Nakashima M, Watanabe T, Nakano H .  The prognostic significance of tumor-associated antigen 22-1-1 expression in adenocarcinoma of the uterine cervix .  Clin Cancer Res5 ( 6 ) 1449 - 1453   1999年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamura T, Sakai K, Kaku T, Kobayashi H, Mitsumoto M, Tsuneyoshi M, Nakano H .  Comparison of p53 and CD44 variant 6 expression between paired primary and recurrent ovarian cancer: An immunohistochemical analysis .  Oncology Reports6   97 - 101   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakai K, Kaku T, Kamura T, Kinukawa N, Amada S, Shigematsu T, Hirakawa T, Kobayashi H, Ariyoshi K, Nakano H .  Comparison of p53, Ki-67 and CD44v6 expression between primary and matched metastatic lesions in ovarian cancer .  Gynecol Oncol 72   360 - 366   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Kamura T, Hirakawa T, Sakai K, Amada S, Kobayashi H, Nakano H .  Endometrial carcinoma associated with hyperplasia - immunohistochemical study of angiogenesis and p53 expression .  Gynecol Oncol72   51 - 55   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Hirakawa T, Kamura T, Amada S, Kinukawa N, Kobayashi H, Sakai K, Ariyoshi K, Sonoda K, Nakano H .  Angiogenesis in Adenocarcinoma of the Uterine Cervix .  Cancer83 ( 7 ) 1384 - 1390   1998年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Vogt T, Stolz W, Welsh J, Jung B, Kerbel RS, Kobayashi H, Landthaler M, McClelland M .  Overexpression of Lerk-5/Eplg5 messenger RNA: a novel marker for increased tumorigenicity and metastatic potential in human malignant melanomas .  Clin Cancer Res4 ( 3 ) 791 - 797   1998年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitsumoto M, Kamura T, Kobayashi H, Sonoda T, Kaku T, Nakano H .  Emergence of higher levels of invasive and metastatic properties in the drug resistant cancer cell lines after the repeated administration of cisplatin in tumor-bearing mice .  J Cancer Res Clin Oncol124   607 - 614   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  間質細胞の平滑筋型αアクチンの発現低下を惹起する卵巣癌由来の因子に関する研究 .  平成8-9年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kaku T, kamura T, Kinukawa N, Kobayashi H, Sakai K, Tsuruchi N, Tsuneyoshi M, Saito T, Kawauchi S, Nakano H .  Angiogenesis in Endometrial Carcinoma .  Cancer 80 ( 4 ) 741 - 747   1997年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Kamura T, Shigematsu T, Sakai K, Nakanami N, Uehira K, Amada S, Kobayashi H, Saito T, Nakano H .  Adenocarcinoma of the uterine cervix with predominantly villogladular papillary growth pattern .  Gynecol Oncol 64 ( 1 ) 147 - 152   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaku T, Kamura T, Sakai K, Amada S, Kobayashi H, Shigematsu T, Saito T, Nakano H .  Early adenocarcinoma of the uterine cervix .  Gynecol Oncol 65   281 - 285   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okadome M, Saito T, Kinoshita H, Kobayashi H, Kamura T, Sano M, Nakano H .  An attempt to generate an antitumor effect in the regional lymph nodes against endometrial cancer cells by inducing antitumor cytokines .  Cancer Lett 104 ( 1 ) 55 - 61   1996年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小林裕明 .  卵巣癌の増殖、浸潤における種々のサイトカインの関与とその機序の解明に関する研究 .  平成6-7年度科学研究費補助金一般研究(C)研究成果報告書   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Graham CH, Kobayashi H, Stankiewicz KS, Man S, Kapitain SJ, Kerbel RS .  Rapid acquisition of multicellular drug resistance after a single exposure of mammary tumor cells to antitumor alkylating agents .  J Natl Cancer Inst 86 ( 13 ) 975 - 982   1994年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugihara K, Saito T, Okadome M, Sonoda K, Kobayashi H, Kamura T, Tsukamoto N, Nakano H .  The promotion of invasion through the basement membrane of cervical carcinoma cells by fibronectin as a chemoattractant .  Cancer Lett 79 ( 2 ) 167 - 173   1994年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Man S, MacDougall JR, Graham CH, Lu C, Kerbel RS .  Variant sublines of early-stage human melanomas selected for tumorigenicity in nude mice express a multicytokine-resistant phenotype .  Am J Pathol144 ( 4 ) 776 - 786   1994年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lu C, Rak JW, Kobayashi H, Kerbel RS .  Increased resistance to oncostatin M-induced growth inhibition of human melanoma cell lines derived from advanced-stage lesions .  Cancer Res53 ( 12 ) 2708 - 2711   1993年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Man S, H.Graham C, Kapitain SJ, Teicher BA, Kerbel RS .  Acquired multicellular-mediated resistance to alkylating agents in cancer .  Proc Natl Acad Sci USA90 ( 8 ) 3294 - 3298   1993年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Tsuruchi N, Sugihara K, Kaku T, Saito T, Kamura T, Tsukamoto N, Nakano H, Taniguchi S .  Expression of alpha-smooth muscle actin in benign or malignant ovarian tumors. .  Gynecol Oncol48   308 - 313   1993年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • MacDougall JR, Kobayashi H, Kerbel RS .  Responsiveness of normal, dysplastic melanocytes, and melanoma cells from different lesional stages of disease progression to the growth inhibitory effects of TGF-β .  Molecular and Cellular Differentiation 1 ( 1 ) 21 - 40   1993年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniguchi S, Fujiki H, Kobayashi H, Go H, Miyado K, Sadano H, Shimokawa R .  Effect of (-)-epigallocatechin gallate, the main constituent of green tea, on lung metastasis with mouse B16 melanoma cell lines .  Cancer Lett 65   51 - 54   1992年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniguchi S, Miyamoto S, Sadano H, Kobayashi H .  Rat elongation factor 1α: sequence of cDNA from a highly metastatic fos-transferred cell line .  Nucleic Acids Res19 ( 24 ) 6949 - 6949   1991年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Hasuda K, Taniguchi S, Baba T .  Therapeutic efficacy of two-route chemotherapy using cis-diamminedichloroplatinum(II) and its antidote sodium thiosulfate, combined with the angiotensin-II-induced hypertension method in a rat uterine tumor .  Int J Cancer47 ( 6 ) 893 - 898   1991年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuda K, Kobayashi H, Aoki K, Taniguchi S, Baba T .  A Increased therapeutic effect on metastatic liver tumors in rats of two-route chemotherapy using cis-diamminedichloroplatinum (II) and its antidote, sodium thiosulfate, with temporally clamping of the abdominal aorta .  Cancer Chemother Pharmacol26 ( 3 ) 181 - 187   1990年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuda K, Kobayashi H, Taniguchi S, Baba T .  Increased therapeutic efficacy of intra-arterial carboquone chemotherapy on a limb tumor in rats, by using an acidic vehicle adjusted with lactate .  Cancer Lett 54 ( 3 ) 133 - 137   1990年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Hasuda K, Aoki K, Taniguchi S, Baba T .  Systemic chemotherapy in tumor-bearing rats using high-dose cis-diamminedichloro- platinum(II) with low nephrotoxicity in combination with angiotensin II and sodium thiosulfate .  Int J Cancer45 ( 5 ) 940 - 944   1990年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuda K, Kobayashi H, Aoki K, Taniguchi S, Baba T .  Efficacy of two-route chemotherapy using cis-diamminedichloro platinum (II) and its antidote, sodium thiosulfate, in combination with angiotensin II for rat liver tumor .  Int J Cancer44 ( 2 ) 373 - 377   1989年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kobayashi H, Hasuda K, Aoki K, Kuroiwa T, Taniguchi S, Baba T .  "Two-route chemotherapy" using cis-diamminedichloroplatinum(II) and its antidote, sodium thiosulfate, combined with angiotensin II is effective against peritoneally disseminated cancer in rats. .  Cancer Chemother Pharmacol24   141 - 147   1989年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 明日からできる悪性腫瘍の手術 : 円錐切除術から準広汎子宮全摘術まで

    小林 裕明

    メジカルビュー社  2021年  ( ISBN:9784758319874

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 明日からできる悪性腫瘍の手術 : リンパ節郭清(開腹・腹腔鏡・ロボット)

    万代 昌紀, 平松 祐司, 竹田 省, 小林 裕明

    メジカルビュー社  2021年  ( ISBN:9784758319881

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 不妊治療の外科的アプローチ : 妊娠を目指して

    竹田 省, 平松 祐司, 万代 昌紀, 小林 裕明

    メジカルビュー社  2021年  ( ISBN:9784758319867

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 明日からできる良性腫瘍の手術 : 初心者と指導者のために

    小林 裕明

    メジカルビュー社  2020年  ( ISBN:9784758319843

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • 明日からできる良性腫瘍の手術 : 初心者と指導者のために

    小林 裕明, 竹田 省, 万代 昌紀

    メジカルビュー社  2020年  ( ISBN:9784758319843

     詳細を見る

    記述言語:日本語

    CiNii Books

  • A very rare case of endometriosis presenting with massive hemoperitoneum

    Togami S, Kobayashi H, Haruyama M, Orita Y, Kamio M, Douchi T

    J Minim Invasive Gyneco  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Uterine myxoid leiomyosarcoma with tumor embolism extending into the right atrium

    Imai H, Yagi H, Okugawa K, Kenjo H, Ohgami T, Kawano Y, Kaneki E, Ichinoe A, Asanoma K, Yahata H, Sonoda K, Kobayashi H, Kaku T, Kato K

    Obstetrics and Gynecology doi  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • 準広汎子宮全摘術

    小林裕明( 担当: 共著)

    婦人科ロボット支援手術 その準備と実践OGS (Obstetric and Gynecologic Surgery) NOW 21・メディカルビュー社  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ポート位置の設定,トロカーの挿入・装置

    小林裕明( 担当: 共著)

    婦人科ロボット支援手術 その準備と実践OGS (Obstetric and Gynecologic Surgery) NOW 21・メディカルビュー社  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ロボット手術に用いる器具と基本操作法

    小林裕明( 担当: 共著)

    婦人科ロボット支援手術 その準備と実践 OGS (Obstetric and Gynecologic Surgery) NOW 21・メディカルビュー社  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Cervical Carcinoma Surveillance Counterpoint: Japan.

    Sonoda K, Kobayashi H, Wake N( 担当: 共著)

    Patient Surveillance After Cancer Treatment Humana Press  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Potential proton beam therapy for recurrent endometrial cancer in the vagina

    Yanazume S, Arimura T, Kobayashi H, Douchi T

    J Obstet Gynaecol Res  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • 卵巣癌腹膜播種に対するTatペプチドをベクターとしたカルポニンh1遺伝子治療

    小林裕明( 担当: 単著)

    平成24年ー平成26年科学研究費助成事業基盤研究(C)研究成果報告書  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 早期子宮頸がんに対するセンチネルリンパ節ナビゲーションサージャリーの確立とそれを併用した若年子宮頸がん患者への妊孕性温存手術(腹式広汎子宮頸部摘出術)の開発と普及

    小林裕明

    一般財団法人 医療・介護・教育研究財団第8回 業績集  2015年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 第Ⅳ章 治療と今後の展望 最新の子宮頚癌治療:妊孕性保存は療法はどこまで可能か子宮頸部円錐切除術と広汎子宮頸部摘出術

    小林裕明( 担当: 共著)

    子宮頸癌トータルマネジメント 啓発から予防・管理・治療まで・メディカルビュー社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Cryotherapy for massive vulvar lymphatic leakage complicated with lymphangiomas following gynecological cancer treatment

    Yanazume S, Douzono H, Kubo H, Nagata T, Douchi T, Kobayashi H

    Jpn J Clin Oncol  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Primary uterine mullerian mucinous borderline tumor (MMBT) associated with adenomyosis: a case report.

    Kawamura K, Kaneki E, Ogawa S, Imamura H, Ohishi Y, Kobayashi H, Kato K

    Int J Gynecol Pathol  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • 子宮頸癌: 治療各論・手術Question20 子宮頸部円錐切除後の頸管狭窄・閉鎖に対する対処法について教えてください

    小林裕明( 担当: 共著)

    婦人科癌診療Q&A 一つ上を行く診療の実践・中外医学社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 子宮頸癌:妊娠合併子宮頸癌に対する手術

    小林裕明( 担当: 共著)

    産婦人科手術 Up to Date,産科と婦人科 ・診断と治療社  2014年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 機能温存の手術 疾患治療と妊娠・性機能の予後に配慮して

    小林裕明( 担当: 共著)

    OGS (Obstetric and Gynecologic Surgery) NOW 13メディカルビュー社  2013年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Ovarian Cancer Surveillance Counterpoint: Japan.

    Kobayashi H, Wake N( 担当: 共著)

    Patient Surveillance After Cancer Treatment, ed, Humana Press  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Characteristic cytological features of cervical clear cell adenocarcinoma: a report of 4 cases

    Sonoda K, Nogami M, Naka M, Ookubo F, Kobayashi H, Yahata H, Okugawa K, Kaneki E, Oda Y,Kato K

    J Cytol Histol  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • A case of complete response to concurrent chemoradiation against a rapidly recurrent cervical cancer producing granulocyte colony-stimulating factor

    Nakatake Y, Yahata H, Shimamoto T, Kobayashi H, Kato

    Int Cancer Conference J  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Successfully treated abdominal pregnancy causing hemoperitoneum using combined surgical and systemic methotrexate therapy: a case report and review of cases treated at Kyushu university hospital

    Yasutake N, Tsunematsu R, Oishi H, Yahata H, Uchida S, Kobayashi H, Kato K

    Gynecol Obstet Invest   2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Successful management of cervico-isthmic pregnancy delivered at term

    Sakai A, Fujita Y, Yumoto Y, Fukushima K, Kobayashi H, Wake N

    J Obstet Gynaecol Res  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Vaginal and Vulvar Carcinoma Surveillance Counterpoint

    Ogawa S, Kobayashi H, Wake N( 担当: 共著)

    Patient Surveillance After Cancer Treatment,ed, Humana Press  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Carcinoma of the Endometrium Surveillance Counterpoint: Japan.

    Ueoka Y, Kobayashi H, Wake N( 担当: 共著)

    Patient Surveillance After Cancer Treatment,ed, Humana Press  2013年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 婦人科がんにおけるメトロノミック化学療法の有用性に関する検討

    小林裕明

    平成21年ー平成23年科学研究費助成事業(科学研究費補助金)基盤研究(C)研究成果報告書  2012年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Ovarian undifferentiated carcinoma resembling giant cell carcinoma of the lung

    Yasunaga M, Ohishi Y, Nishimura I, Tamiya S, Iwasa A, Takagi E, Inoue T, Yahata H, Kobayashi H, Wake N, Tsuneyoshi M

    Pathology international  2008年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Gliomatosis peritonei associated with immature ovarian teratoma: a mimicker of peritoneal dissemination of malignant diseases

    Okamoto D, Ishigami K, Yoshimitsu K, Irie H, Tajima T, Asayama Y, Hirakawa M, Ushijima Y, Nishihara Y, Amada S, Kobayashi H, Honda H

    J Comput Assist Tomogr  2007年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Recurrence of cervical carcinoma manifesting as cardiac metastasis three years after curative resection

    Inamura K, Hayashida A, Kaji Y, Ito H, Hirakawa T, Kobayashi H, Masuda M, Nishida T, Harada M

    Am J Med Sci  2004年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • IGF-related proteins at birth in a case of antenatally diagnosed Silver-Russell syndrome

    Fukushima K, Komatsu H, Matsumoto M, Kobayashi H, Tsukimori K, Satoh S, Nakano H

    Pediatric Res   2002年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Improved efficacy of "Two-route chemotherapy" using cisplatin and its antidote, sodium thiosulfate, in combination with angiotensin II.

    Kobayashi H, Taniguchi S, Baba T( 担当: 共著)

    Platinum and Other Metal Coordination Compounds in Cancer Chemotherapy: , ed, Plenum Press  1991年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 保険診療となった遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対するリスク低減手術 RRSOを中心に

    簗詰 伸太郎, 小林 裕明

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   29   9 - 15   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)はBRCA遺伝子の病的変異である。2020年4月からHBOCに対するリスク低減卵管卵巣切除術(RRSO)およびリスク低減乳房切除術が保険適応となり、遺伝カウンセリング加算他が算定可能となった。保険診療を行う上での施設基準および算定要件、RRSOに関するガイドラインや手技などについて解説し、筆者らの施設におけるHBOC診療の取り組みを紹介した。

  • 【これでわかる 婦人科稀少腫瘍】卵巣腫瘍 輪状細管を伴う性索腫瘍

    牛若 昂志, 小林 裕明

    産科と婦人科   88 ( 2 )   193 - 198   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    輪状細管を伴う性索腫瘍(sex cord tumor with annular tubules:SCTAT)は、1970年にScullyによってPeutz-Jeghers syndrome患者(以下、PJS例)の卵巣腫瘍における単純輪状細管と複雑輪状細管をもつ特徴的な病理組織学所見として報告された。その後、PJSと関連のない散発例(以下、non-PJS例)も報告された。SCTATの約30%がPJS関連、残りが散発性とされている。PJS例とnon-PJS例では臨床的特徴や予後が異なるため、PJS合併の有無も診断に重要となる(表1)。稀少がんでありPubMedでSCTATを検索しても、150件ほどの報告しかない。診療にあたっては、AYA世代に好発するが、十分なエビデンスや治療指針がない稀少がんであることを念頭において慎重に治療する必要がある。(著者抄録)

  • 【ロボット手術の最前線】ロボット手術の最前線 婦人科

    小林 裕明

    BIO Clinica   35 ( 11 )   1031 - 1036   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    現在、保険収載されている婦人科領域のロボット手術は、良性子宮腫瘍と再発低リスク子宮体癌に対する手術、および子宮脱に対する仙骨腟固定術である。これら術式を本邦で安全に普及させるためには、各施設での導入時に熟練術者(プロクター)が訪問し、直接指導する制度が有用である。2020年4月から婦人科ロボット支援手術プロクター制度が開始されたので、その概要を紹介する。また今後、本邦の婦人科ロボット手術が発展するためにはロボット本来の巧緻性・根治性を発揮しうるより高難度の術式に保険が適用されることが必須である。それに向けて我々が取り組んでいる私費臨床試験の概要についても紹介する。(著者抄録)

  • 【分子標的薬を極める-基礎から臨床まで-】分子標的薬と臨床 血管内皮増殖因子阻害薬を用いた自験例

    簗詰 伸太郎, 小林 裕明

    産科と婦人科   87 ( 10 )   1191 - 1197   2020年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    卵巣癌(腹膜癌含む)および子宮頸癌に対するベバシズマブの有効性および有害事象の臨床的な検討を行った。予後に関しては従来のTC療法単独での治療に比べて改善できている可能性がある。当科では197例への投与を経験しているが、幸い消化管穿孔や治療関連死もなく比較的安全に投与できている。消化管穿孔のリスクを回避するための工夫を含め当体における使用経験を踏まえて述べたい。(著者抄録)

  • 【婦人科腫瘍における低侵襲手術について】始まった婦人科ロボット手術プロクター制度

    小林 裕明, 日本婦人科ロボット手術学会プロクター制度委員会

    日本産科婦人科学会雑誌   72 ( 6 )   659 - 665   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本産科婦人科学会  

  • 【エキスパートから学ぶ婦人科ロボット手術update】傍大動脈リンパ節郭清

    小林 裕明

    産婦人科の実際   69 ( 4 )   381 - 389   2020年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    <文献概要>傍大動脈リンパ節郭清術はまだ中・高リスク体癌手術が保険収載されていないため,わが国では臨床試験としてしか施行できないが,ロボット手術の巧緻性が発揮できる術式であり,開腹より術中・術後のQOLが良好である。よって将来の保険適用に向けて今のうちから臨床試験を進めておく必要がある。本稿では,da Vinciシステムのセッティング方法,郭清術野の作成法,郭清の実際と留意点などについて述べる。

  • 【婦人科ロボット支援手術コンパクトマニュアル】傍大動脈リンパ節郭清術

    小林 裕明

    産科と婦人科   87 ( 3 )   305 - 317   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    傍大動脈リンパ節郭清術はまだ中・高リスク体がん手術が保険適用となっていないため、わが国では臨床試験としてしか施行できないが、ロボット手術の巧緻性が発揮できる術式であり、開腹で行うより術中・術後のQOLは良好である。よって従来の保険収載に向けて今のうちから症例を重ねておく必要がある。本稿ではda Vinciシステム別のセッティングの仕方、郭清術野の作成法、腹腔内アプローチによるリンパ節郭清時の留意点などについて述べる。(著者抄録)

  • 遺伝子パネル検査を利用した婦人科腫瘍の分子病理統合診断

    赤羽 俊章, 北薗 育美, 小林 裕明, 谷本 昭英

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   28   1 - 4   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    鹿児島大学病院では、これからのゲノム医療に対応するため、産婦人科学教室と共同で婦人科腫瘍の遺伝子パネル検査の臨床研究を昨年から開始した。高品質のホルマリン固定パラフィン包埋検体を作成する取り組みや、液状処理細胞診検体を使用したパネル検査の基礎研究を行っている。当講座では独自の遺伝子パネル検査を開発し臨床研究に使用している。産婦人科学教室との臨床研究で使用したパネルは、分子標的薬関連・ミスマッチ修復関連・NCCNガイドライン関連遺伝子を含む60遺伝子と17ヶ所のマイクロサテライト領域を標的としたオリジナルの固形腫瘍専用の遺伝子パネル検査である。本稿では以下の項目で解説した。1)遺伝子パネル検査、2)類内膜腺癌で認められる遺伝子異常、3)カスタム遺伝子パネル検査。

  • 保険適応となった婦人科ロボット手術と我々の取り組み

    神尾 真樹, 小林 裕明

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   28   5 - 10   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    ロボット手術は、2018年4月から12の術式で保険適応となり、婦人科では良性子宮腫瘍に対するロボット支援「腹腔鏡下腟式子宮全摘術」と低リスク体がんに対するロボット支援「腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術」が保健収載された。本稿では、これら保険収載ロボット術式に加え、今後保険収載を目指すより高難度な術式について以下の項目で紹介した。1)保険収載された婦人科ロボット手術、2)保険未収載の婦人科ロボット手術(中・高リスク体がんに対するデュアルドッキング手術、子宮頸がんに対する広汎子宮全摘出術・子宮頸部摘出術、子宮脱に対する仙骨腟固定術)、3)神経温存とセンチネルリンパ節生検、4)婦人科手術におけるロボットのメリット、5)婦人科手術におけるロボットの問題点、6)当科におけるロボット手術、7)婦人科ロボット手術の今後の展望。

  • 【ロボット支援手術】保険適応となった婦人科ロボット手術

    神尾 真樹, 小林 裕明

    日本コンピュータ外科学会誌   22 ( 1 )   49 - 53   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本コンピュータ外科学会  

    婦人科ロボット手術について概説した。今回保険収載された子宮良性腫瘍に対するロボット手術は、腹腔鏡による単純子宮全摘出術を単にロボット支援下に行うということにとどまっている。ロボット支援下に摘出しうる子宮の大きさは経腟的回収のためtotal laparoscopic hysterectomyと同様であるが、高度肥満症例などには腹腔鏡よりロボットの有用性が高いと思われる。一方、保険未収載の婦人科ロボット手術として、中・高リスク体がんに対するデュアルドッキング手術、子宮頸がんに対する広汎子宮全摘出術・子宮頸部摘出術、子宮脱に対する仙骨腟固定術が挙げられる。ロボット手術が婦人科領域で普及するには、安全性の担保が何にも増して必要である。

  • 【迫り来る2020:新規保険収載へのロードマップと適正運用】外保連 婦人科悪性腫瘍のセンチネルリンパ節生検保険収載に向けて

    山上 亘, 平野 卓朗, 真壁 健, 和田 美智子, 片岡 史夫, 青木 大輔, 進 伸幸, 小林 裕明

    産婦人科の実際   68 ( 11 )   1369 - 1375   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

    <文献概要>婦人科悪性腫瘍のうち,子宮頸癌,子宮体癌,外陰癌は,センチネルリンパ節(SN)生検を用いることで不要なリンパ節郭清が省略できる可能性があり,cancer survivorのQOLの向上につながる。国内外でのエビデンスが蓄積されつつあることや,すでに乳癌や悪性黒色腫では保険収載されていることもあり,保険収載への道のりは遠くはないと思われるが,トレーサーの薬事承認やプロトコルの統一,標準治療との兼ね合いなど,課題も多い。産婦人科全体でSN生検を用いた手術の有用性について広く共通認識を持つことが保険収載に向けて不可欠であろう。

  • 胞状奇胎の診断のポイントと臨床上の管理、方針についての最新知見 全奇胎・早期全奇胎・部分奇胎の3つのカテゴリーにわけて考える

    兼城 英輔, 小林 裕明

    日本医事新報   ( 4915 )   59 - 59   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

  • 婦人科疾患に対するロボット支援下手術のメリット、デメリット 開腹術に比べて低侵襲性は明らか。費用等のデメリットも今後解消されていく見込み

    小林 裕明, 金尾 祐之

    日本医事新報   ( 4906 )   57 - 57   2018年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)日本医事新報社  

  • 保険収載を迎える婦人科ロボット手術の現状と我々の取り組み

    小林 裕明

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   26   1 - 9   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

  • 妊娠期からの周産期メンタルヘルス支援と今後の課題

    若松 美貴代, 中村 雅之, 春日井 基文, 肝付 洋, 小林 裕明

    鹿児島大学医学部保健学科紀要   28 ( 1 )   21 - 30   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

    妊娠、出産の時期は女性が身体的にも精神的にも不安定になり、マタニティーブルー、産後鬱病(PD)、産褥精神病などを発症する。中でもPDは日本でも海外でも広く見られ、妊産婦の自殺者の約4割を占める。妊産婦のメンタルヘルス(MH)は、生まれてくる子供の社会的・情緒的発達や認知機能の発達にも影響し、子供への虐待やネグレクトとも関連するため、妊娠早期から母親のMH支援を行うことが肝要である。PDの定義と疾病率、PDの臨床症状、PDを予測するための質問紙について概説した。

  • 【ガイドラインのすき間を埋める!臨床医マエストロの技】婦人科領域 子宮頸がん症例に対する妊孕性温存療法は?微小浸潤症例への対応は?

    小林 裕明

    産婦人科の実際   66 ( 11 )   1481 - 1488   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【知らなきゃ困る 産婦人科小手術】(第1章)小手術の基礎知識 基本的な皮膚縫合の方法

    福田 美香, 小林 裕明

    産科と婦人科   84 ( Suppl. )   43 - 49   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

  • ロボットの登場により大きく変わる婦人科がん手術 査読

    小林裕明

    鹿児島産科婦人科学会雑誌   23   5 - 11   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節: 子宮頸がんに対する広汎子宮頸部摘出術とロボテックサージャリーにおけるセンチネルノード・ナビゲーションサージャリーの応用 査読

    小林裕明

    産婦人科の実際   63 ( 8 )   1125 - 1134   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • あなたにもできる最先端の婦人科手術: 広汎子宮頸部摘出術 査読

    小林裕明

    臨床婦人科産科   68 ( 7 )   672 - 679   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節: 子宮頸がんでセンチネルリンパ節理論は成り立つか? 査読

    小林裕明

    産婦人科の実際   63 ( 6 )   861 - 868   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • センチネルリンパ節: 子宮頸がんにおけるセンチネルリンパ節同定法 査読

    小林裕明

    産婦人科の実際   63 ( 5 )   681 - 688   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 早期子宮頸癌に対する妊孕性温存療法―妊娠合併子宮頸癌の取扱いを含めて特集 子宮頸癌治療の変遷と今後の展開 査読

    小林裕明

    産科と婦人科   80 ( 10 )   1317 - 1324   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 広汎子宮頸部摘出術におけるセーフティマネジメントと妊娠分娩に向けた工夫 査読

    小林裕明

    ETHICON PERSPECTIVES   2 - 3   2013年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卵巣がん休眠化学療法 再発卵巣がんと長く穏やかに付き合う新たな切り札―がん休眠化学療法 査読

    小林裕明

    がんサポート   107   36 - 39   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 全胞状奇胎―侵入奇胎で肺に転移。抗がん剤治療を中断したいが 査読

    小林裕明

    暮しと健康   12   83 - 83   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 妊娠合併頸癌の治療と管理 査読

    小林裕明

    日本産科婦人科学会雑誌   63 ( 4 )   1217 - 1223   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 当科における腹式子宮頸部摘出術の適格基準と疾病予後について 査読

    小林裕明

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   29 ( 3 )   668 - 674   2011年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ガイドラインより考える子宮肉腫治療の展望 査読

    小林裕明

    化療ニュース   19 ( 3 )   4 - 6   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 広汎性子宮頸部摘出術における工夫:子宮頸部摘出術後の妊娠・分娩に関する問題点 査読

    小林裕明

    産婦人科手術 21   59 - 69   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 妊孕性温存手術としての腹式子宮頸部摘出術(trachelectomy)特集:婦人科腫瘍の低侵襲治療 査読

    小林裕明

    日本産婦人科学会誌   61 ( 9 )   349 - 354   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 子宮疾患・子宮内膜症の臨牀―基礎・臨床研究のアップデート― 頸部腫瘍機能温存手術 査読

    小林裕明

    日本臨牀   67 ( 5 )   215 - 220   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卵巣がん治療ガイドラインは臨床へどう反映されたか -九州大学病院の場合- 査読

    小林裕明, 小川伸二, 矢幡秀昭, 和氣徳夫

    Pharmacy Today   21 ( 3 )   17 - 24   2008年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卵巣癌腹膜播種に対するアクチン結合蛋白質カルポニンh1に着目した遺伝子治療 査読

    小林裕明, 小倉寛則, 上岡陽亮, 河野善明, 宮本新吾, 平川俊夫, 加藤聖子, 和氣徳夫, 加来恒壽

    日本婦人科腫瘍学会雑誌   23 ( 2 )   214 - 224   2005年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 細胞間相互作用からみた卵巣癌腹膜播種の進展機序とその制御に関する研究 査読

    小林裕明

    日本産科婦人科学会雑誌   56 ( 11 )   1296 - 1308   2004年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Histological classification of ovarian cancer 査読

    Kaku T, Ogawa S, Kawano Y, Ohishi Y, Kobayashi H, Hirakawa T, Nakano H

    Medical Electron Microscopy   36   9 - 17   2003年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Analysis and significance of the malignant ’Eclipse’ during the progression of primary cutaneous human melanomas 査読

    Kerbel RS, Kobayashi H, Graham CH, Lu C

    J Invest Dermatol Symposium Proceedings   1 ( 2 )   183 - 187   1996年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Intrinsic or acquired drug resistance and metastasis: Are they linked phenotypes ? 査読

    Kerbel RS, Kobayashi H, Graham CH

    J Cell Biochem   56   37 - 47   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Multicellular resistance: A new paradigm to explain aspects of acquired drug resistance of solid tumors. 査読

    Kerbel RS, Rak J, Kobayashi H, Man MS, .Croix BSt, Graham CH

    Cold spring harbor laboratory symposia on quantitative biology   59   661 - 672   1994年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • がんの悪性化に伴う”Multi-Cytokine Resistance” 査読

    小林裕明, R.S.Kerbel

    Oncologia   26 ( 6 )   20 - 27   1993年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 中和剤を用いた抗癌剤の大量投与療法,抗癌剤シスプラチンと中和剤チオ硫酸ナトリウムを用いた2経路化学療法. 査読

    小林裕明, 馬場恒男

    外科治療   60 ( 3 )   327 - 334   1989年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 小林裕明 .  再発卵巣癌化学療法のアップデート(特別講演) .  第2回和歌山卵巣がん治療セミナー  第2回和歌山卵巣がん治療セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:和歌山  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の基礎的背景(招請講演) .  e-Seminar on Ovarian Cancer  e-Seminar on Ovarian Cancer

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  教育講演:ロボットの登場により婦人科手術はどのように変わるか? .  第132回鹿児島産科婦人科学会学術集会・第122回鹿児島県産婦人科医会  第132回鹿児島産科婦人科学会学術集会・第122回鹿児島県産婦人科医会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  Ovarian Cancer Forum in Matsuyama  Ovarian Cancer Forum in Matsuyama

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • 小林裕明 .  アドバンスプログラム2:ロボット支援下子宮頸癌手術におけるセンチネルノード・ナビゲーションサージャリー(教育講演) .  第7回日本ロボット外科学会  第7回日本ロボット外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  HPVワクチンと頸がん併用検診のアップデート(教育講演) .  平成26年度子宮がん検診均てん化研修会  平成26年度子宮がん検診均てん化研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  Ovarian Cancer講演会  Ovarian Cancer講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 小林裕明 .  再発卵巣癌化学療法のアップデート(招請講演) .  奈良Ovarian Cancer Forum  奈良Ovarian Cancer Forum

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 小林裕明 .  センチネルリンパ節生検を併用したロボット支援子宮頸癌手術について(招請講演) .  第17回内視鏡トレーニング学術講演会  第17回内視鏡トレーニング学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸癌・体癌に対するセンチネルリンパ節ナビゲーションサージャリーの現状 .  西日本婦人科腫瘍学術講演会  西日本婦人科腫瘍学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  Ovarian Cancer Forum in Tochigi  Ovarian Cancer Forum in Tochigi

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  Ovarian Cancer Conference in Yamaguchi  Ovarian Cancer Conference in Yamaguchi国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:山口  

    国際学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  卵巣癌カンファレンス  卵巣癌カンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 小林裕明,戸上真一,簗詰伸太郎,神尾真樹,矢幡秀昭,園田顕三,加藤聖子,本田浩,吉浦敬,堂地勉 .  シンポジウム2: RI法と蛍光色素法 ~現状と明日に向けた次の一手~子宮頸がんセンチネルリンパ節同定に関するRI法、蛍光色素法、色素法の比較 .  第16回SNNS研究会学術集会  第16回SNNS研究会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  Ovarian Cancer Expert Meeting  Ovarian Cancer Expert Meeting

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:三重  

    国内学会

  • 小林裕明, 奥川馨, 矢幡秀昭, 園田顕三, 加藤聖子, 戸上真一, 簗詰伸太郎, 神尾真樹, 堂地勉 .  広汎子宮頸部摘出術:腹式アプローチの利点と欠点 .  第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会  第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸癌に対する広汎子宮全摘術における新しい取り組み:センチネルリンパ節生検、ロボット手術(招請講演) .  第11回岡山県西部地区産婦人科研究会  第11回岡山県西部地区産婦人科研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  卵巣がん化学療法適正使用セミナーin別府  卵巣がん化学療法適正使用セミナーin別府

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 小林裕明 .  教育講演:子宮頸がんの妊孕性温存治療 .  第66回日本産科婦人科学会学術講演会  第66回日本産科婦人科学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸癌に対するセンチネルリンパ節生検を併用した広汎子宮頸部摘出術(特別講演) .  第130回鹿児島産科婦人科学会学術集会・第120回鹿児島県産婦人科医会  第130回鹿児島産科婦人科学会学術集会・第120回鹿児島県産婦人科医会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 小林裕明 .  GYN Advanced Program in J-ROBO Meeting:Right/Left Pelvic Lymph Node Dissection(教育講演) .  第6回日本ロボット外科学会  第6回日本ロボット外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  HPVワクチンの現況(教育講演) .  福岡市性感染症(STD)研究会・第26回教育セミナー  福岡市性感染症(STD)研究会・第26回教育セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(招請講演) .  第1回愛媛 Ovarian Cancer Symposium  第1回愛媛 Ovarian Cancer Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • 小林裕明 .  HPVワクチンの up to date(教育講演) .  平成24・25年度 日本産婦人科医会がん部会事業研修会  平成24・25年度 日本産婦人科医会がん部会事業研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 小林裕明 .  広汎子宮全摘出術および腟全摘出術における排尿関連神経の温存について(特別講演) .  第9回佐賀ウロギネコロジー研究会  第9回佐賀ウロギネコロジー研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんに関する最近の話題: 妊孕性温存手術、センチネルリンパ節、HPVワクチン(招請講演) .  第547回宗像臨床アーベント学術講演会  第547回宗像臨床アーベント学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic Chemotherapy 理論に基づくUFT補助化学療法の有用性(招請講演) .  北関東婦人科がん講演会  北関東婦人科がん講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  スポンサードシンポジウム: エキスパートに学ぶ子宮頸癌に対する手術手技の工夫広汎子宮頸部摘出術におけるセーフティマネジメントと妊娠分娩に向けた工夫 .  第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がん予防の両輪 : ワクチンと検診(ランチョンセミナー) .  第54回日本臨床細胞学会総会  第54回日本臨床細胞学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  婦人科腫瘍に対する縮小・機能温存手術:子宮頸癌センチネルノードナビゲーションサージャリーと妊孕性温存子宮頸部摘出術(教育講演) .  第65回日本産科婦人科学会  第65回日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy 理論に基づく UFT 補助化学療法の有用性(招請講演) .  婦人科がん講演会  婦人科がん講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がん予防の両輪:ワクチンと検診(招請講演) .  ワクチン学術講演会  ワクチン学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kobayashi H .  Educational lecture on Gynecologic Cancer Surgery 3:Sentinel node detection in radical trachelectomy. (educational lecture) .  3rd Biennial Meeting in Asian Society of Gynecologic Oncology  3rd Biennial Meeting in Asian Society of Gynecologic Oncology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo,Japan  

    国際学会

  • 小林裕明 .  ランチョンセミナー:ゲムシタビン・再発卵巣癌に対してどこでどう使うか?:「プラチナ感受性再発卵巣がんに対する臨床の実際」 .  第53回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第53回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 小林裕明 .  ワークショップ1: 婦人科悪性腫瘍と妊孕能温存 腹式子宮頸部摘出術のセイフティマネージメントと今後の問題点 .  第53回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第53回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 小林裕明 .  主題1「婦人科がん手術の基本手技を学ぶ」子宮頸癌手術の近未来を展望する 広汎子宮頸部摘出術のセイフティ・マネージメント(特別講演) .  第35回日本産婦人科手術学会  第35回日本産婦人科手術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小林裕明, 井上貴史, 小川伸二, 福嶋恒太郎, 兼城英輔, 河野善明, 奥川馨, 矢幡秀昭, 園田顕三, 加耒恒壽 .  妊娠に合併した子宮頸がんの取り扱い-自験例も含めて-(招請講演) .  第9回婦人科がん会議  第9回婦人科がん会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:三重  

    国内学会

  • 小林裕明 .  特別講演;若い女性に増えてきた子宮頸がん:将来の妊娠を可能とする広汎子宮頸部摘出術 .  第59回徳島臨床カンファランス  第59回徳島臨床カンファランス

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    国内学会

  • Kobayashi H .  Prognosis and postsurgical complications of 78 cervical cancer patients who received abdominal radical or simple treachelectomy in our hospital during these 6 years .  2nd Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology  2nd Biennial Meeting of Asian Society of Gynecologic Oncology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Korea  

    国際学会

  • 小林裕明 .  若い女性に増えてきた子宮頸がん:妊孕性温存手術(トラケレクトミー)の予後、妊娠・分娩について(招請講演) .  福岡南部産婦人科医会  福岡南部産婦人科医会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  セミナー:女性のがん~最新の治療からワクチンによるがん予防まで~:若い女性に増えてきた子宮頸がん:HPVワクチンとがん検診による予防(教育講演) .  日医生涯教育協力講座  日医生涯教育協力講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小林裕明 .  セミナー:プラチナ感受性再発卵巣がんに対する標準的化学療法は?: プラチナ感受性再発卵巣がんに対する臨床の実際(ランチョンセミナー) .  第49回日本癌治療学会総会  第49回日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 小林裕明 .  がんの現状と予防:若い女性に増えてきた子宮頸がん:妊孕性温存手術と予防ワクチン(市民公開講座) .  第1回九州がんセンター市民公開講座  第1回九州がんセンター市民公開講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  若い女性に増えてきた子宮頸がん:妊孕性温存手術としての腹式子宮頸部摘出術について(招請講演) .  周南産婦人科フォーラム  周南産婦人科フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんに対する妊孕性温存手術としての腹式子宮頸部摘出術:予後と妊娠・分娩について(招請講演) .  第28回筑豊婦人科腫瘍懇話会  第28回筑豊婦人科腫瘍懇話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  若い女性に増えてきた子宮頸がん~将来の妊娠を可能とする最新の子宮温存手術とHPVワクチンによる予防について(市民公開講座) .  第2回女性のための心と体の健康セミナー  第2回女性のための心と体の健康セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy 理論に基づくがん休眠療法と術後補助療法 (特別講演) .  第4回北摂骨盤底疾患研究会  第4回北摂骨盤底疾患研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小林裕明 .  予防の時代に入った子宮頸癌ーHPV関連疾患も含めた予防ワクチンの登場ー(招請講演) .  ガーダシルエキスパートフォーラム  ガーダシルエキスパートフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮肉腫の診断と治療~鑑別診断の難しさと治療ガイドライン作成の困難さ~(特別講演) .  第18回中四国GnRH研究会  第18回中四国GnRH研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川  

    国内学会

  • 小林裕明 .  婦人科領域におけるコンジローマの診断と治療(招請講演) .  第2回福岡県産婦人科医会・福岡ブロック会学術講演会  第2回福岡県産婦人科医会・福岡ブロック会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  教育セミナー:女性のがん~最新の治療からワクチンによるがん予防まで~子宮頸がんの診断と治療:新しい試みも含めて .  日医生涯教育協力講座  日医生涯教育協力講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  女性の健康を守る産婦人科医の役割(パネルディスカッション) .  Women's Health Conference  Women's Health Conference

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  若い女性に増えてきた子宮頸がん~最新の子宮温存手術とHPVワクチンによる予防について (市民公開講座) .  子宮頸がん予防啓発セミナー  子宮頸がん予防啓発セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんとワクチンについて (市民公開講座) .  福岡ホスピスの会講演会  福岡ホスピスの会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  難治性再発卵巣がんに対するがん休眠状態を目指したテーラード化学療法の基礎的臨床的研究 (ランチョンセミナー) .  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小林裕明 .  難治性再発の子宮頸がんおよび卵巣がんに対するイリノテカンのエビデンスとトライアル (公募研究助成受賞者報告) .  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小林裕明 .  ワークショップ「トラケレクトミーの適応基準と疾病予後」:当科における腹式子宮頸部摘出術の適格条件と疾病予後について .  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小林裕明 .  頸がんとHPVワクチン:産婦人科医として知っておくべきポイント (ランチョンセミナー) .  第25回日本更年期医学会学術集会  第25回日本更年期医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明,奥川馨, 井上貴史, 兼城英輔, 矢幡秀昭, 小川伸二, 園田顕三, 加耒恒壽, 和氣徳夫 .  腹式広汎子宮頸部摘出術における適格条件を再考する:横径と奥行きを区別した病巣評価 (パネルディスカッション) .  第48回日本癌治療学会学術集会  第48回日本癌治療学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんの原因ウイルスとその予防ワクチン (市民公開講座) .  第1回がん医療市民公開講座  第1回がん医療市民公開講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口  

    国内学会

  • 小林裕明 .  再発卵巣がんの化学療法:ガイドラインに基づく標準治療と新しい試み (招請講演) .  第154回日本産科婦人科学会秋田地方部会学術講演会・日本産婦人科医会秋田県支部研修会  第154回日本産科婦人科学会秋田地方部会学術講演会・日本産婦人科医会秋田県支部研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • 小林裕明 .  特別講演:再発卵巣癌の化学療法 .  広島県東部産婦人科医会研修会  広島県東部産婦人科医会研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic Chemotherapy 理論に基づく術後補助療法の有用性 (招請講演) .  第4回北関東婦人科がん臨床試験コンソーシアム教育セミナー  第4回北関東婦人科がん臨床試験コンソーシアム教育セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 小林裕明 .  腹式広汎および単純子宮頸部摘出術の現状と術後の妊娠分娩について (招請講演) .  第11回東北婦人科腫瘍研究会  第11回東北婦人科腫瘍研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮肉腫治療に関するエビデンスのup-to-date:体がんガイドライン追加の概要 (ランチョンセミナー) .  第118回日本産科婦人科学会 関東連合地方部会総会・学術集会  第118回日本産科婦人科学会 関東連合地方部会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Kobayashi H .  Symposium on Cervical Cancer Part 3: New Trend of TreatmentAbdominal radical trachelectomy for invasive cervical cancer patients who desire preserving fertility. (symposium) .  1st Biennial Meeting in Asian Society of Gynecologic Oncology  1st Biennial Meeting in Asian Society of Gynecologic Oncology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo, Japan  

    国際学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんワクチンのUp-to-Date (招請講演) .  子宮頸がん対策ミーティング  子宮頸がん対策ミーティング

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム:広汎性子宮頸部摘出術における工夫:子宮頸部摘出後の妊娠・分娩に関する問題点 .  第32回日本産婦人科手術学会  第32回日本産婦人科手術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム18:卵巣癌治療の新たな展開―10年後を見据えて―難治性再発卵巣癌に対する治療:病巣の進行を抑制し共存延命を目指すがん休眠化学療法 .  第47回日本癌治療学会  第47回日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸癌に関する妊孕性温存手術としての広汎・単純子宮頸部摘出術(トラケレクトミー)~手術の実際と分娩例について~ (招請講演) .  第12回愛媛産婦人科臨床セミナー  第12回愛媛産婦人科臨床セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • 小林裕明 .  生涯研修プログラム: 婦人科腫瘍の低侵襲治療、妊孕性温存手術としての子宮頸部trachelectomy .  第61回日本産科婦人科学会総会・学術集会  第61回日本産科婦人科学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小林裕明 .  若年性子宮頸がんに対する妊孕性温存手術 ~トラケレクトミー手術の実際と妊娠分娩例の経過について~ (招請講演) .  宮崎県産婦人科医会総会  宮崎県産婦人科医会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 小林裕明 .  パネルディスカッション「子宮体癌特殊型・肉腫の治療標準化を目指してー子宮体癌治療ガイドライン改訂に向けたコンセンサス:平滑筋肉腫・内膜間質肉腫の治療 .  婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構総会  婦人科悪性腫瘍化学療法研究機構総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  3rd line 以降の化学療法 - 難治症例に対する tumor dormancy chemotherapy (ワークショップ) .  第45回日本婦人科腫瘍学会学術集会  第45回日本婦人科腫瘍学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:石川  

    国内学会

  • Kobayashi H .  Abdominal radical trachelectomy for invasive cervical cancer patients who desire preserving fertility. (symposium) .  23th Seoul National University - Japanese Gynecologic Oncology Group Symposium  23th Seoul National University - Japanese Gynecologic Oncology Group Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地: Korea  

    国際学会

  • 小林裕明 .  プラチナ製剤感受性再発卵巣がん化学療法について (ランチョンセミナー) .  第46回日本癌治療学会総会  第46回日本癌治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 小林裕明 .  若年性子宮頸がんに対する妊孕性温存手術:トラケレクトミー手術の実際と妊娠分娩例の経過について (招請講演) .  三重婦人科がんセミナー  三重婦人科がんセミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:三重  

    国内学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がん患者の妊孕性温存を目的とした子宮頸部摘出術:その術式と妊娠分娩の経過について (招請講演) .  福岡産婦人科勤務医会  福岡産婦人科勤務医会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy に着目したがん休眠療法~難治性再発卵巣癌に対するテーラード化学療法~ (ワークショップ) .  第44回日本婦人科腫瘍学会学術集会  第44回日本婦人科腫瘍学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 小林裕明 .  細胞骨格関連蛋白質を介した細胞の形態変化 - 癌細胞と宿主細胞を介した癌治療の試み - (教育講演) .  第49回日本臨床細胞学会総会(春期大会)  第49回日本臨床細胞学会総会(春期大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metoronomic chemotherapy に着目したがん休眠療法による難治性再発卵巣癌の治療 (招請講演) .  東京婦人科がん学術講演会  東京婦人科がん学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metoronomic chemotherapy に着目したがん休眠療法 - 難治性再発卵巣癌に対するドセタキセル・イリノテカン併用テーラード化学療法 - (招請講演) .  婦人科腫瘍学術講演会  婦人科腫瘍学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小林裕明 .  HPVワクチンの解説 (教育講演) .  福岡市STD研究会・第20回教育セミナー  福岡市STD研究会・第20回教育セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy に着目したがん休眠療法 - 進行再発卵巣癌に対するドセタキセル・イリノテカン併用テーラード化学療法 - (招請講演) .  第1回KCOG婦人科腫瘍フォーラム  第1回KCOG婦人科腫瘍フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapyに着目したがん休眠療法:進行再発卵巣癌に対するテーラード化学療法の試み (特別講演) .  第8回よこはま乳癌シンポジウム  第8回よこはま乳癌シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Kobayashi H, Okugawa K, Yahata H, Ogawa S, Ueoka Y, Sonoda K, Kaku T, Wake N .  Abdominal radical trachelectomy for invasive cervical cancer patients who desire preserving fertility .  20th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology  20th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics and Gynaecology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Tokyo,Japan  

    国際学会

  • 小林裕明 .  アクチン結合蛋白カルポニンの子宮内腫および卵巣癌腹膜播腫への治療応用 (招請講演) .  第1回婦人科悪性腫瘍懇話会  第1回婦人科悪性腫瘍懇話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapyに着眼したがん休眠療法:進行再発卵巣癌に対するドセタキセル・イリノテカン併用テーラード化学療法 (招請講演) .  鹿児島婦人科腫瘍Meeting  鹿児島婦人科腫瘍Meeting

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Tumor dormancyによる延命を目指したテーラード化学療法による進行・再発卵巣癌の治療 (ランチョンセミナー) .  第48回日本臨床細胞学会総会(春期大会)  第48回日本臨床細胞学会総会(春期大会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 小林裕明 .  テーブルディスカッション「医師へ社会へ国へ~第二章~」(パネルディスカッション) .  第2回リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会総会・市民講座  第2回リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会総会・市民講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Tumor dormancyによる延命を目指したテーラード化学療法の進行再発卵巣癌症例への臨床応用 (特別講演) .  西日本婦人科腫瘍学術講演会  西日本婦人科腫瘍学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Tumor dormancyによる延命を目指したテーラード化学療法の進行再発卵巣癌症例への臨床応用 (招請講演) .  愛知県婦人科腫瘍学術講演会  愛知県婦人科腫瘍学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 小林裕明 .  (市民公開講座)下肢リンパ浮腫の予防法と発症後の治療法について~婦人科医の立場から~ .  市民公開講座「リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会」  市民公開講座「リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会」

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Tumor dormancyによる延命を目指したテーラード化学療法の進行再発卵巣癌症例への臨床応用 (ランチョンセミナー) .  第59回日本産科婦人科学会中国・四国合同地方部会  第59回日本産科婦人科学会中国・四国合同地方部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛  

    国内学会

  • 小林裕明 .  卵巣癌・子宮体癌の化学療法-最近の話題- (教育講演) .  福岡県病院薬剤師会オンコロジー研修会  福岡県病院薬剤師会オンコロジー研修会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明, 小川伸二, 矢幡秀昭, 上岡陽亮, 加耒恒壽, 和氣徳夫 .  シンポジウム:子宮頸癌における妊孕性温存療法:妊孕性温存を希望する浸潤子宮頸癌患者に対する腹式広汎および腹式単純子宮頸部摘出術に関する検討 .  第40回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第40回日本婦人科腫瘍学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Tumor dormancy therapy による延命を目指したテーラード化学療法の進行再発卵巣癌症例への臨床応用(招請講演) .  化学療法と緩和医療に関する講演会  化学療法と緩和医療に関する講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  テーブルディスカッション「医師へ社会へ国へ」 .  第1回リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会総会・市民講座  第1回リンパ浮腫に対する弾性着衣の保険適応を実現する会総会・市民講座

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kobayashi H .  Gene therapy for the peritoneal dissemination of ovarian cancer. (invited speaker) .  9th Korea-Japan Joint Conference of Obstetrics and Gynecology  9th Korea-Japan Joint Conference of Obstetrics and Gynecology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    開催地: Korea  

    国際学会

  • Kobayashi H .  Therapeutic efficacy of gene therapy with calponin h1, actin-binding protein against peritoneal dissemination of ovarian cancer. (symposium) .  19th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics & Gynecology  19th Asian and Oceanic Congress of Obstetrics & Gynecology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:英語  

    開催地: Korea  

    国際学会

  • 小林裕明 .  細胞間相互作用からみた卵巣癌腹膜播種の進展機序とその制御に関する研究 -アクチン結合蛋白質カルポニンh1に着目した腹膜播種遺伝子治療の基礎的検討- .  第7回 財団法人神澤医学研究振興財団講演会、神澤医学賞受賞講演  第7回 財団法人神澤医学研究振興財団講演会、神澤医学賞受賞講演

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明, 小倉寛則, 上岡陽亮, 奥川馨, 河野善明, 加藤聖子, 橋本繁成, 加耒恒壽, 平川俊夫, 中野仁雄、和氣徳夫、谷口俊一郎 .  アクチン結合蛋白質カルポニンh1に着目した卵巣癌腹膜播種遺伝子治療に認めた双方向性の治療効果(パネルディスカッション) .  第42回 日本癌治療学会  第42回 日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム2:婦人科腫瘍の新しい分子標的治療の開発:卵巣癌腹膜播種に対するアクチン結合蛋白質カルポニンに着目した遺伝子治療 .  第36回 日本婦人科腫瘍学会・学術集会  第36回 日本婦人科腫瘍学会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム3:卵巣癌の進展とその制御:細胞間相互作用からみた卵巣癌腹膜播種の進展機序とその制御に関する研究 .  第56回 日本産科婦人科学会総会・学術集会  第56回 日本産科婦人科学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム3:術後肺血栓塞栓症と深部静脈血栓症:婦人科手術における術後肺塞栓症と深部静脈血栓症について .  第27回 日本外科系連合学会・学術集会  第27回 日本外科系連合学会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 小林裕明, 園田隆徳, 奥川 馨, 園田真由, 藤田拓司, 丸山智義, 宮本新吾, 小川伸二, 中野仁雄, 他4名: .  当科における卵巣癌化学療法としてのCEP(サイクロフォスファミド-エピルビシン-シスプラチン)療法とTJ(パクリタキセル-カルボプラチン)療法の比較 (ワークショップ) .  第57回 日本産科婦人科学会九州連合地方部会  第57回 日本産科婦人科学会九州連合地方部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kobayashi H, Sonoda K, Mitsumoto M, Sonoda T, Kaku T, Saitou T, Kamura T, Nakano H .  Analysis of the effect of Interleukin-6 as an autocrine growth factor of human ovarian cancer. .  6th Biennial Meeting of The International Gynecologic Cancer Society  6th Biennial Meeting of The International Gynecologic Cancer Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Fukuoka  

    国際学会

  • Kobayashi H, Sonoda K, Mitsumoto M, Kaku T, Kamura T, Nakano H .  Analysis of the effect of Interleukin-6 as an autocrine growth factor of human ovarian cancer. .  15th FIGO World Congress of Gynecology and Obstetrics  15th FIGO World Congress of Gynecology and Obstetrics国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Copenhagen, Denmark  

    国際学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム「癌の悪性化と転移」:がんの悪性化に伴うMulti-Cytokine Resistance .  第2回 がん転移学会  第2回 がん転移学会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Kobayashi H, Taniguchi S, Abe R, Akiyoshi T, Baba T .  Improved efficacy of "two-route chemotherapy" using combination with angiotensin II(invited speaker) .  6th International Symposium on Platinum and other Metal Coordination Compounds in Cancer Chemotherapy  6th International Symposium on Platinum and other Metal Coordination Compounds in Cancer Chemotherapy国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:USA  

    国際学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がん予防ワクチンの現状(ラジオ公開講座) .  ラジオNIKKEI 病薬アワー  ラジオNIKKEI 病薬アワー

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(特別講演) .  第11回 大阪城婦人科悪性腫瘍研究会  第11回 大阪城婦人科悪性腫瘍研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(特別講演) .  第23回 福井婦人科腫瘍研究会  第23回 福井婦人科腫瘍研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:福井  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生をターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで(特別講演) .  Fukushima Ovarian Cancer Symposium 2015  Fukushima Ovarian Cancer Symposium 2015

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:福島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  血管新生ターゲットとした卵巣癌治療の到来:基礎から臨床まで .  鹿児島分子標的治療学術講演会  鹿児島分子標的治療学術講演会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  ワークショップ:機能性温存手術-婦人科がん-広汎子宮頸部摘出術におけるsurgical &amp; obstetrical outcomeの向上を目指した工夫 .  第36回日本産婦人科手術学会  第36回日本産婦人科手術学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  ワークショップⅢ: 婦人科癌に関する最近の話題子宮頸癌に対する妊孕性温存手術としての子宮頸部摘出術 .  第13回JSAWI (Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging)  第13回JSAWI (Japanese Society for the Advancement of Women's Imaging)

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy に着目したがん休眠療法: 難治性再発婦人科がんに対する試み(招請講演) .  東京がん化学療法研究会  東京がん化学療法研究会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 小林裕明 .  HPVワクチンの接種率向上に向けて(教育講演) .  平成24・25年度日本産婦人科医会がん部会事業研修会  平成24・25年度日本産婦人科医会がん部会事業研修会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 小林裕明 .  婦人科がん治療における最近の話題:再発卵巣がんに対するDoxilの登場と子宮頸癌に対するトラケレクトミー(招請講演) .  京滋卵巣がん化学療法学術講演会  京滋卵巣がん化学療法学術講演会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 小林裕明 .  若年性子宮頸がんに対する妊孕性温存手術:広汎子宮頸部摘出術と術後の妊娠分娩について(招請講演) .  第4回がんコンソーシアム in 徳島  第4回がんコンソーシアム in 徳島国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:徳島  

    国際学会

  • 小林裕明 .  子宮頸がんの新たな流れ:妊孕性温存手術からHPVワクチンまで(教育講演) .  平成22年度老人保健法指定講習会  平成22年度老人保健法指定講習会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:福岡  

    国際学会

  • 小林裕明 .  Metronomic chemotherapy 理論に基づくがん休眠療法と維持化学療法(特別講演) .  第24回関越DIF研究会  第24回関越DIF研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 小林裕明 .  シンポジウム:「子宮肉腫に対する新たな治療戦略」:ガイドラインより考える子宮肉腫治療の展望 (シンポジウム) .  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会  第49回日本婦人科腫瘍学会学術講演会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:愛媛  

    国際学会

  • 小林裕明 .  子宮体癌治療の変遷と当教室における現状 (招請講演) .  第5回 鹿児島婦人科腫瘍カンファレンス  第5回 鹿児島婦人科腫瘍カンファレンス

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小林裕明 .  進行再発婦人科癌に対するTumor dormancy therapy ~個別に薬剤投与量を設定するテーラード化学療法~ (招請講演) .  第1回 婦人科癌に対するテーラード化学療法講演会  第1回 婦人科癌に対するテーラード化学療法講演会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小林裕明 .  婦人科術後のリンパ浮腫の予防と治療 .  第1回 術後リンパ浮腫の予防と治療に関する講演会  第1回 術後リンパ浮腫の予防と治療に関する講演会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Kobayashi H, Kamura T, Nakano H .  Ovarian cancer: Interleukin-6 production and its role for growth (educational lecture) .  The Council Meeting of Asia Oceania Federation of Obstetrics & Gynecology  The Council Meeting of Asia Oceania Federation of Obstetrics & Gynecology国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地: Nepal  

    国際学会

  • Kobayashi H, Teicher BA, Kerbel RS .  In vivo selected alkylating agent resistant tumor lines from murine mammary tumor manifest drug resistance in vitro only in three-dimensional cell culture systems but not in two-dimensional monolayer culture (symposium) .  4th International Congress of the Metastasis Research Society  4th International Congress of the Metastasis Research Society国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:France  

    国際学会

  • 神尾 真樹, 小徳 羅漢, 鮫島 浩継, 松本 純, 牛若 昂志, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  CIN3への円錐切除における断端陽性と術後HPV陽性がその後の細胞診異常および再発に与える影響 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 折田 有史, 太崎 友紀子, 池田 敏郎, 小林 裕明 .  21トリソミーの出生前診断による中期中絶の意志決定実現に社会が苦痛を与えた2例 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2020年6月  日本遺伝カウンセリング学会

  • 折田 有史, 池田 敏郎, 太崎 友紀子, 加藤 麻希, 倉橋 浩樹, 小林 裕明 .  Fryns症候群 NPHP3に遺伝子変異を認めたの両親への遺伝カウンセリングの経験 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  日本遺伝カウンセリング学会

  • 小林 裕明 .  腹腔鏡・ロボット広汎子宮全摘出術に必要な手術解剖 他科骨盤外科との比較から .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  UAE後の子宮内膜癒着症に対して子宮鏡下に癒着剥離を施行した一例 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 崎濱 ミカ, 唐木田 智子, 内田 那津子, 堂地 勉, 小林 裕明 .  Turner症候群(TS)患者におけるKaufmann療法(KT)への移行時期についての検討 .  日本女性医学学会雑誌  2020年10月  (一社)日本女性医学学会

  • 恵島 史貴, 伊藤 宗一朗, 中村 文彦, 東 龍太郎, 上山 友子, 吉浦 敬, 戸上 真一, 小林 裕明 .  IGBTにて安全に追加照射し得た子宮頸癌術後再々発の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  鏡視下(腹腔鏡、ロボット支援)子宮体癌手術におけるセンチネルノードナビゲーション手術の試み .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 松本 純, 牛若 昂志, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  鏡視下(腹腔鏡、ロボット支援)子宮体癌手術におけるセンチネルノードナビゲーション手術 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛嶋 公生, 三上 幹男, 田代 浩徳, 小林 裕明, 宮本 新吾, 柳井 広之, 三上 芳喜, 大石 善丈, 真田 咲子, 片渕 秀隆 .  遠隔再発・遠隔転移を来した子宮間葉系腫瘍の臨床病理学的検討に関する小委員会報告(臨床) .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 真田 咲子, 柳井 広之, 三上 芳喜, 大石 善丈, 牛嶋 公生, 小林 裕明, 田代 浩徳, 三上 幹男, 宮本 新吾, 片渕 秀隆 .  遠隔再発・遠隔転移をきたした子宮間葉系腫瘍の臨床病理学的検討に関する小委員会報告(病理) .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 唐木田 智子, 大田 俊一郎, 松島 静香, 吉永 里香子, 川俣 洋生, 西元 謙吾, 吉福 孝介, 松崎 勉, 堂園 晴彦, 小林 裕明 .  進行婦人科癌の外陰・腟病変に対する改良型Mohs'pasteの有効性と安全性の検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 河村 俊彦, 新原 有一朗, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  進行卵巣癌患者に対して、NACにベバシズマブを追加した症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛嶋 公生, 片渕 秀隆, 小林 裕明, 田代 浩徳, 三上 幹男, 宮本 新吾, 柳井 広之, 日本産科婦人科学会婦人科腫瘍委員会遠隔再発・遠隔転移を来した子宮間葉系腫瘍の臨床病理学的検討に関する小委員会 .  転移、再発を来した子宮筋腫症例の臨床病理学的検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  診断に苦慮したART後異所性妊娠の1例 .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 庄 隆成, 簗詰 伸太郎, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  臨床的に悪性の経過を辿った輪状細管を伴う性索間質性腫瘍(SCTAT)の1例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  腹腔鏡補助下造腟術(人工真皮を用いたmclndoe変法)を施行したMayer-Rokitansky-Kuser-Hauser症候群の2症例 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 篠 知広, 小西 一斉, 額賀 唯至, 代田 利弥, 原 明弘, 橋本 真治, 小林 裕明 .  腹腔鏡下手術の術後に発症したWell-leg compartment syndromeの1例 .  茨城県臨床医学雑誌  2021年2月  (一社)茨城県医師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 福田 美香, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  腹腔鏡下子宮全摘術後の腟断端閉鎖に対するSTRATAFIXによる連続縫合の有用性 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛若 昂志, 簗詰 伸太郎, 萬浮 帆波, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  腹腔鏡下仙骨腟固定術後に子宮体癌と診断され,骨盤臓器脱の早期再燃も認めた1例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 松本 純, 福田 美香, 牛若 昴志, 河村 俊彦, 窪 凛太郎, 森 まり絵, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  腹式アプローチの利点を失わないロボット支援広汎子宮頸部摘出術の試み .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 諸井 威彦, 額賀 唯至, 高見澤 悠平, 佐野 秀仁, 高橋 雅人, 小林 裕明, 細金 直文 .  腰椎手術患者における中枢感作の評価 日本語版CSIを用いた検討 .  Journal of Spine Research  2021年3月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛若 昂志, 簗詰 伸太郎, 松本 純, 河村 俊彦, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  腟癌へのIMRT後に完全子宮脱が再燃し子宮・腟全摘出術を追加した1例 .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 額賀 唯至, 高見澤 悠平, 諸井 威彦, 小林 裕明 .  脛骨粗面裂離骨折に対する吸収性骨接合材による治療経験 .  東日本整形災害外科学会雑誌  2020年8月  東日本整形災害外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 下大薗 文野, 新谷 光央, 福岡 美咲, 濱田 朋紀, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  胎児診断に苦慮した皮質下異所性灰白質の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 目黒 誠, 染谷 哲史, 大村 東生, 柏木 清輝, 空閑 陽子, 小林 裕明, 下段 光裕, 竹政 伊知朗 .  肝胆膵外科術中トラブルに対するリカバリーショット 腹腔鏡下胆嚢摘出術における胆嚢床肝静脈出血に対して止血リカバリーできた1例 .  日本腹部救急医学会雑誌  2020年2月  (一社)日本腹部救急医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱田 朋紀, 川原 裕二, 横峯 大策, 新谷 光央, 小林 裕明 .  経腟的頸管縫縮術が困難な症例に対し経腹的頸管縫縮術をプロリーン糸で行った一例 .  産婦人科手術  2017年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩元 一朗, 崎濱 ミカ, 堂地 勉, 小林 裕明 .  産褥早期に多発椎体骨折をおこした1症例 .  日本女性医学学会雑誌  2017年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 神尾 真樹, 戸上 真一, 河村 俊彦, 小林 裕明 .  産後2ヵ月に多発骨転移で判明した子宮頸癌の一例 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 牛若 昴志, 戸上 真一, 赤羽 俊章, 小林 裕明 .  液状化細胞診検体を用いたゲノムパネル検査に関する検討 .  日本臨床細胞学会雑誌  2020年5月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 牛若 昂志, 松本 純, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  液状化細胞診検体を用いたゲノムパネル検査に関する検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 沖 知恵, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 内田 那津子, 崎濱 ミカ, 新原 有一朗, 山崎 英樹, 田畑 亜希子, 小林 裕明 .  流産を繰り返すTurner症候群の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱島 雅代, 折田 有史, 税所 篤志, 川原 裕二, 森 まり絵, 林 久雄, 濱田 朋紀, 太崎 友紀子, 新谷 光央, 松尾 隆志, 小林 裕明 .  治療に苦慮したMycoplasma hominisによる帝王切開術後骨盤内膿瘍の4例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 窪 凜太郎, 戸上 真一, 福田 美香, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明, 堂地 勉 .  機能性子宮を有する腟上部欠損・子宮頸部形成不全に対し造腟術を行った1例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 唐木田 智子, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 堂地 勉, 小林 裕明 .  機能性子宮を有する先天性腟欠損症の2例 .  日本女性医学学会雑誌  2019年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 新原 有一朗, 崎濱 ミカ, 樋渡 小百合, 徳留 明夫, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  月経痛の特徴から腺筋症、チョコレート嚢胞、筋腫を推定できるか? .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 崎濱 ミカ, 唐木田 智子, 内田 那津子, 堂地 勉, 小林 裕明 .  早発卵巣不全に対するカウフマン療法中にprogestogen-induced PMDD(月経前不快気分障害)を認めた一例 .  日本女性医学学会雑誌  2019年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  早期子宮体癌手術にセンチネルリンパ節生検は有用か? .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  早期子宮体癌に対する腹腔鏡手術と開腹手術の比較 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 鮫島 浩継, 永田 真子, 田平 満里奈, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  敗血症性ショックを契機に診断されたObstructed Hemivagina and Ipsilateral Renal Anomaly(OHVIRA)症候群の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  採卵後に多量の水様性帯下が出現した広汎性子宮頸部摘出術後の不妊患者の1例 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大田 俊一郎, 鮫島 浩継, 松本 純, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明 .  後期高齢子宮体癌症例に関する臨床病理学的検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当院における進行・再発子宮頸癌に対するbevacizumab併用療法の有効性と安全性の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 戸上 真一, 福田 美香, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当院における進行・再発子宮頸癌に対するbevacizumab併用療法の有効性と安全性の検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 星野 翔子, 小林 裕明, 板井 彩華, 小林 英里佳, 大橋 智美 .  当院における発達障害児の就学先に関わる因子の検討 普通学級と通級の比較検討 .  日本作業療法学会抄録集  2019年9月  (一社)日本作業療法士協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小松崎 真澄, 小林 裕明, 長谷川 奈美, 寺田 麻美, 伊藤 那々子 .  当院における橈骨遠位端骨折術後患者プロトコルの効果検証 .  日本作業療法学会抄録集  2019年9月  (一社)日本作業療法士協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 福田 美香, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  当院における早期子宮体癌に対する腹腔鏡手術の現状 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当院における早期子宮体癌に対する腹腔鏡下手術の再発例の検討 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 田崎 貴嗣, 北薗 育美, 東 美智代, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明, 谷本 昭英 .  子宮頸部原発明細胞癌の一例 液状化検体(LBC)での細胞像 .  日本臨床細胞学会雑誌  2021年5月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 牛若 昴志, 戸上 真一, 赤羽 俊章, 小林 裕明 .  婦人科がんにおける細胞診検体を用いたゲノムパネル検査に関する検討 .  日本臨床細胞学会雑誌  2021年5月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 純, 戸上 真一, 牛若 昴志, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  鏡視下子宮がん手術におけるセンチネルリンパ節生検 RI法と蛍光法の比較検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  開腹および鏡視下子宮体癌手術における骨盤内センチネルリンパ節マッピング試験 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松本 純, 戸上 真一, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 牛若 昂志, 小林 裕明 .  高度肥満症例に対する子宮体癌ロボット手術の後方視的検討 .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 東 友梨子, 松本 純, 牛若 昂志, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  高度肥満症例に対する子宮体癌ロボット手術の後方視的検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 新谷 光央, 永田 真子, 福岡 美咲, 濱田 朋紀, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  鹿児島県における先天性心疾患の胎児診断の動向と今後の課題 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田中 和彦, 宿里 亜李沙, 窪田 恵美, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 後藤 優子, 北薗 育美, 平木 翼, 飛田 陽, 東 美智代, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明 .  子宮頸部腺様基底細胞癌(adenoid basal carcinoma)の1例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  子宮頸癌に対するセンチネルノードナビゲーションサージャリーの有用性に関する検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  子宮頸がん手術の低侵襲化への取り組み 頸癌患者へのロボット広汎子宮頸部摘出術における安定かつ正確な手術手技をめざして .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 小林 裕明 .  子宮頸がん妊孕性温存手術である子宮頸部摘出術に関わる細胞・組織診断上の留意点 .  日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術における我々の工夫 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  子宮頸がんに対する腹腔鏡下広汎子宮全摘出術における我々の工夫 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 福田 美香, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫核出術の際に筋腫周囲の膜組織を認識することは重要である .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 知恵, 沖 利通, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 山崎 英樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫核出術の際に筋腫周囲の膜組織を認識することは重要である .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫摘出後に発生した子宮内腔狭小化が不妊原因となった症例の一考察 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 酒瀬川 琢, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫摘出後に発生した子宮内腔狭小化が不妊原因となった症例の一考察 .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮腺筋症と不妊 子宮鏡所見からみた子宮腺筋症不妊患者の臨床像と妊孕性 .  日本エンドメトリオーシス学会会誌  2018年7月  日本エンドメトリオーシス学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  子宮腔癒着症に対する外来硬性子宮鏡の術式と術後管理について .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 竹下 かおり, 西田 ゆかり, 赤羽 俊章, 霧島 茉莉, 野口 紘嗣, 北薗 育美, 平木 翼, 東 美智代, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明, 谷本 昭英 .  子宮留膿腫に合併した子宮体部原発扁平上皮癌の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2019年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 山口 孝二郎, 森永 明倫, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮動脈塞栓術後の子宮内膜や頸管の高度癒着に対する細径硬性鏡の有用性 .  日本生殖医学会雑誌  2017年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 山口 孝二郎, 森永 明倫, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮動脈塞栓術後の子宮内膜や頸管の高度癒着に対する細径硬性鏡の有用性 .  日本生殖医学会雑誌  2018年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 眞一, 小林 裕明 .  子宮内膜癒着症の術後再癒着の管理について .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮内膜多発ポリープを伴う不妊症患者に薬物治療が奏効した一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 唐木田 智子, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 堂地 勉, 小林 裕明 .  子宮体癌手術に伴う外科的閉経がQOL(quality of life)および感情に及ぼす影響に関する検討 .  日本女性医学学会雑誌  2020年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  子宮体癌手術における鏡視下(ロボット・腹腔鏡)傍大動脈リンパ節郭清の導入 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  子宮体癌の腟転移の1例 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 古謝 将鷹, 櫻井 景太, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  子宮体癌の筋層浸潤に対する術前・術後評価の不一致に関する検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 黒田 高史, 牛若 昂, 福田 美香, 水野 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  子宮体癌に対する腹腔鏡手術(術式選択やセンチネルリンパ節生検含む) 子宮体がんに対する鏡視下センチネルノードナビゲーション手術(SNNS) .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 松本 純, 牛若 昂志, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  子宮体癌に対する低侵襲手術-現状と展望 早期子宮体癌ロボット手術におけるセンチネルリンパ節生検 .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 近藤 英司, 進 伸幸, 寺井 義人, 戸板 孝文, 新倉 仁, 渡利 英道, 河野 善明 .  子宮体癌2018年版・子宮頸癌2017年版 (第2章)【初回治療】に関して .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 小林 裕明 .  婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下センチネルリンパ節生検 鏡視下子宮がん手術におけるセンチネルリンパ節生検 RI法と蛍光法の比較検討 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  婦人科悪性腫瘍に対する腹腔鏡下センチネルリンパ節生検 婦人科センチネルリンパ節生検の保険適用に向けた現状 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2019年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  婦人科内視鏡下悪性腫瘍手術のイノベーション ダヴィンチXiシステムを用いた子宮体がんロボット手術のイノベーション .  日本内視鏡外科学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  婦人科ロボット手術のイノベーション .  東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集  2019年5月  東北連合産科婦人科学会・北日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 牛若 昴志, 松本 純, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  婦人科がんにおけるゲノムパネル検査の有用性に関する臨床的検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 神尾 真樹, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 福田 美香, 松本 純, 河村 俊彦 .  妊孕性・整容性の向上を目指したロボット支援広汎子宮頸部摘出術における工夫 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 知恵, 沖 利通, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 新原 有一朗, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  妊娠成立と同時に血中プロラクチン値が急激に上昇する流産症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  妊娠合併がんの治療 浸潤子宮頸がん合併妊婦への広汎子宮頸部摘出術 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 堂地 勉, 小林 裕明 .  妊娠分娩後に自然排卵周期を回復したmacroprolactinomaの一例 .  日本女性医学学会雑誌  2017年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 林 久雄, 松尾 隆志, 濱島 雅代, 折田 有史, 太崎 友紀子, 新谷 光央, 小林 裕明 .  妊娠中に発症した化膿性仙腸関節炎の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 新谷 光央, 下大薗 文野, 新原 有一朗, 濱田 朋紀, 横峯 大策, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  妊娠14週で幸帽児娩出したbody stalk anomalyから考察する発症機序 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 山本 重吉, 新井 謙太郎 .  大腿骨頸部骨折に対する骨接合術の検討 .  東日本整形災害外科学会雑誌  2017年8月  東日本整形災害外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 橋爪 綾帆, 下大薗 文野, 川原 裕二, 河村 俊彦, 福田 美香, 戸上 真一, 小林 裕明 .  卵巣顆粒膜細胞腫の再発に関する後方視的検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田島 祐基, 高橋 雅人, 河合 拓也, 東 眞, 佐野 秀仁, 市村 正一, 細金 直文, 小林 裕明 .  卵巣癌による転移性硬膜内髄外腫瘍の1例 .  東日本整形災害外科学会雑誌  2020年8月  東日本整形災害外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  卵巣がんに到来したPrecision Medicine時代におけるBevacizumabの位置づけ .  産婦人科の進歩  2021年5月  「産婦人科の進歩」編集室

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 田中 和彦, 西田 ゆかり, 竹下 かおり, 窪田 恵美, 宿里 亜李沙, 北園 育美, 平木 翼, 東 美智代, 谷本 昭英, 小林 裕明 .  印環細胞癌と扁平上皮癌の衝突癌が疑われた子宮頸癌の一例 .  日本臨床細胞学会雑誌  2017年10月  (公社)日本臨床細胞学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 太崎 友紀子, 尾辻 葵, 新原 有一朗, 田代 英史, 折田 有史, 新谷 光央, 小林 裕明 .  分娩後再発した直腸腟瘻に対し球海綿体筋弁を用いて修復した一例 .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱田 朋紀, 新谷 光央, 下大薗 文野, 川原 裕二, 横峯 大策, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  円錐切除術後子宮腟部が消失した頸管無力症に対して行った経腹的頸管縫縮術におけるプロリーン糸の有用性 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱田 朋紀, 小林 裕明, 櫻井 景太, 濱島 雅代, 森 まり絵, 林 久雄, 折田 有史, 太崎 友紀子, 新谷 光央 .  円錐切除後の高度頸管短縮例に対するプロリーン糸を用いた経腹または経腟頸管縫縮術 .  産婦人科手術  2019年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 神尾 真樹, 戸上 真一, 福田 美香, 河村 俊彦, 新谷 光央 .  児救命を目的とした妊娠中広汎子宮頸部摘出術における胎児生存例と非生存例の比較検討 .  産婦人科手術  2017年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 酒瀬川 琢, 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠予後を左右する精液所見について .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 酒瀬川 琢, 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠を左右する精液所見について .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 知恵, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠を左右する精液所見について .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 樋渡 小百合, 内田 那津子, 崎濱 ミカ, 新原 有一朗, 山崎 英樹, 田畑 亜希子, 小林 裕明 .  中隔子宮に対する子宮鏡下中隔切除術の工夫 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 古謝 将鷹, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  不完全閉鎖の腟横中隔にGranjon手術を施行した一例 .  産婦人科手術  2019年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  下垂体性性腺機能低下の不妊患者に対する排卵誘発における成長ホルモン補充の意義 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  下垂体性性腺機能低下における排卵誘発法の個別化について .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 松本 純, 牛若 昴志, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 福田 美香, 小林 裕明 .  ロボット支援広汎子宮頸部摘出術の試み 腹式アプローチの利点を生かして .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 神尾 真樹, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 河村 俊彦, 松本 純, 牛若 昂志, 福田 美香, 谷本 昭英, 吉浦 敬 .  ロボット手術の現状と未来 婦人科がんロボット手術の現状と未来 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 神尾 真樹, 牛若 昂志, 福田 美香, 水野 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  ロボット手術の安全な普及に向けて 我々の行っているロボット手術と安全に関する取り組み .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  ロボット体がんの鏡視下手術:本邦での標準化を目指して 保険適用の低リスク体がんロボット手術の安全普及を目指して .  日本内視鏡外科学会雑誌  2021年3月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中條 有紀子, 沖 利通, 徳留 明夫, 沖 知恵, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  レゼクトスコープ剥離術が無効な重症子宮内膜癒着に対して鋭的剥離を繰返すことにより妊娠に至った症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 小林 裕明 .  チョコレート嚢胞の破裂疑いで受診した嚢胞性子宮腺筋症の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiシステムを用いた子宮体がんデュアルドッキング手術 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 牛若 昴志, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiシステムを用いた子宮体がんデュアルドッキング手術 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 河村 俊彦, 福田 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiシステムを用いた子宮体がんデュアルドッキング手術 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiのFirefly機能を用いた子宮頸がんセンチネルリンパ節の同定について .  産婦人科手術  2018年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 福田 美香, 河村 俊彦, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiのFirefly機能を用いたICG螢光法による子宮頸癌におけるセンチネルリンパ節の同定 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神尾 真樹, 河村 俊彦, 福田 美香, 戸上 真一, 小林 裕明 .  ダヴィンチXiのFirefly機能を用いたICG蛍光法による子宮がんセンチネルリンパ節の同定について .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 神尾 真樹, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 福田 美香 .  ダヴィンチXiによる傍大動脈リンパ節郭清±大網・虫垂切除を含む子宮体癌根治術の試み .  産婦人科手術  2018年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 日本婦人科腫瘍学会センチネルリンパ節関連委員会 .  センチネルリンパ節生検の現状と保険適用に向けて 保険収載を目指すセンチネルノード・ナビゲーションサージャリー .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 小林 裕明 .  センチネルリンパ節生検の保険適用に向けて センチネルリンパ節生検に関する国内の現状 アンケート集計結果より .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2019年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明, 新倉 仁, 日本婦人科腫瘍学会センチネルリンパ節関連委員会 .  センチネルリンパ節生検の保険収載にむけた現状 センチネルリンパ節生検の保険収載に向けた活動現状 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 折田 有史, 小林 裕明 .  シミュレーション教育は僻地での母体救命率向上に寄与する 救命できた母体心停止2例の経験から .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 西山 哲, 西尾 真, 藤下 晃, 嶋本 富博, 蜂須賀 徹, 簗詰 伸太郎, 小林 裕明, 村上 文洋, 沼 文隆, 小寺 宏平, 大蔵 尚文, 土岐 尚之, 相原 聡美, 横山 正俊, 牛嶋 公生 .  カルボプラチンを含む化学療法を施行する婦人科癌患者に対するパロノセトロンの臨床第2相試験 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2017年6月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 崎濱 ミカ, 劉 水策, 岩元 一朗, 小林 裕明, 堂地 勉 .  エストロゲン依存性疾患や外科的去勢の肌年齢に及ぼす影響 .  日本女性医学学会雑誌  2018年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 崎濱 ミカ, 戸上 真一, 内田 那津子, 岩元 一朗, 堂地 勉, 小林 裕明 .  エストロゲン依存性疾患,外科的去勢および抗がん剤が肌年齢に及ぼす影響 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  エキスパートに学ぶロボット手術の工夫 上下腹部手術におけるデュアルドッキング手術とICG蛍光法によるセンチネルリンパ節生検 .  日本外科系連合学会誌  2018年5月  日本外科系連合学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 小林 裕明 .  インスリン抵抗性のないクロミフェン抵抗性PCOSにメトホルミンが奏功した二例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛若 昴志, 簗詰 伸太郎, 松本 純, 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 神尾 真樹, 赤羽 俊章, 北薗 育美, 谷本 昭英, 小林 裕明 .  がん遺伝子検査を行った子宮体部・卵巣の同時性重複癌の2症例 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 牛若 昂志, 松本 純, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  がん治療とリンパ浮腫 下肢リンパ浮腫予防を目指した子宮頸癌、体癌でのsentinel lymph node navigation手術 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 小林 裕明 .  「それぞれの癌」診断・治療の現状と展望 子宮頸癌 妊娠中の子宮頸がん患者に対する児救命のための広汎子宮頸部摘出術 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 長井 裕, 三上 幹男, 武隈 宗孝, 喜多川 亮, 長尾 昌二, 戸澤 晃子, 西尾 真, 小林 栄仁, 生水 真紀夫, 宮城 悦子, 横田 治重, 笠松 由佳, 青木 陽一, 岩瀬 春子, 山口 聡, 苛原 稔, 横山 正俊, 八重樫 伸生, 増山 寿, 竹原 和宏, 中村 俊昭, 青木 大輔, 早瀬 良二, 中村 和人, 田畑 務, 上浦 祥司, 岩佐 尚美, 平澤 猛, 杉野 法広, 塩沢 丹里, 小林 浩, 松元 隆, 森重 健一郎, 北 正人, 板持 広明, 菊池 朗, 杉浦 真弓, 藤原 葉一郎, 徳山 治, 大石 徹郎, 小林 裕明, 渡利 英道, 水野 美香, 吉田 好雄, 村上 文洋, 高橋 慶行, 横井 猛, 楢原 久司, 小寺 宏平, 横山 良仁, 沖 明典, 中西 慶喜, 水之江 知哉, 杉山 徹 .  子宮頸部腺癌に対する同時化学放射線療法に関する多施設共同調査研究 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 牛若 昴志, 松本 純, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 谷本 昭英, 小林 裕明 .  子宮頸部腺肉腫の診断および治療 自験例7例の検討と文献的考察 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  存続絨毛症の経過観察中に子宮破裂を呈し、腹腔鏡下に子宮修復を行った1例 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  安全かつ簡便な子宮鏡下筋腫核出術のポイントは? .  産婦人科手術  2018年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 河村 俊彦, 福田 美香, 松本 純, 牛若 昂志, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  左下大静脈を合併する子宮体癌症例に対してPAN郭清を施行した2例 .  産婦人科手術  2020年8月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 尾辻 葵, 太崎 友紀子, 新原 有一朗, 田代 英史, 折田 有史, 新谷 光央, 沖 利通, 小林 裕明 .  帝王切開術2ヵ月後に筋層内変性筋腫が子宮内腔へ穿破した一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  広汎子宮全摘出術における骨盤解剖 他科骨盤外科との比較 .  日本内視鏡外科学会雑誌  2017年12月  (一社)日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 牛若 昴志, 松本 純, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当科におけるオラパリブ再発卵巣癌症例の臨床的検討 .  日本婦人科腫瘍学会雑誌  2021年1月  (公社)日本婦人科腫瘍学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 福田 美香, 河村 俊彦, 戸上 真一, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  当科における進行子宮体癌の症例の検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱地 勝弘, 山崎 英樹, 牧瀬 裕恵, 大塚 博文, 小林 裕明 .  当院での腹腔鏡下子宮全摘術の後方視的検討 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 林 久雄, 折田 有史, 太崎 友紀子, 新谷 光央, 小林 裕明 .  当院で周産期管理した18トリソミー14例の検討 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 永田 真子, 濱田 朋紀, 下大薗 文野, 森 まり絵, 新谷 光央, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  当院で試みた全前置癒着胎盤に対する2期的手術の検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 河村 俊彦, 戸上 真一, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  当院における子宮体癌に対する腹腔鏡手術の現状 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2017年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕明 .  悪性腫瘍に対する内視鏡手術の実際 ロボット支援下広汎子宮頸部摘出術 腹式の利点を失わない低侵襲化を目指して .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 竹歳 杏子, 簗詰 伸太郎, 黒田 高史, 牛若 昂志, 福田 美香, 水野 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  McIndoe変法を施行した先天性腟欠損症(Mayer-Rokitansky-Kuester-Hauser症候群)の4症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 折田 有史, 池田 敏郎, 太崎 友紀子, 加藤 麻希, 倉橋 浩樹, 小林 裕明 .  Fryns症候群 NPHP3に遺伝子変異を認めたの両親への遺伝カウンセリングの経験 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 森元 大樹, 太崎 友紀子, 福岡 美咲, 新原 有一朗, 濱田 朋紀, 新谷 光央, 小林 裕明 .  56歳で自然妊娠し健常生児を出産した超高齢妊娠の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 折田 有史, 太崎 友紀子, 池田 敏郎, 小林 裕明 .  21トリソミーの出生前診断による中期中絶の意志決定実現に社会が苦痛を与えた2例 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2020年6月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 牛若 昂志, 黒田 高史, 福田 美香, 水野 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  進行卵巣癌における初回治療後の増悪後生存期間(Postprogression Survival)に関する検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小林 裕介, 簗詰 伸太郎, 太崎 友紀子, 黒田 高史, 牛若 昂志, 福田 美香, 水野 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  若年で子宮体癌を発症した歌舞伎症候群の1例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 崎濱 ミカ, 唐木田 智子, 内田 那津子, 新原 有一朗, 沖 利通, 小林 裕明 .  胎盤ポリープに対して周期的エストロゲン・プロゲスチン配合薬(EP)投与による待機療法で自然排出に至った症例の検討 .  日本女性医学学会雑誌  2021年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 簗詰 伸太郎, 黒田 高史, 牛若 昴志, 福田 美香, 水野 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  肥満症例におけるデュアルドッキング手術の検討と課題 .  産婦人科手術  2021年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内田 那津子, 沖 利通, 折田 有史, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 永野 大河, 小林 裕明 .  産科関連の出血に対する子宮動脈塞栓術の月経や妊孕性への影響 .  日本生殖医学会雑誌  2021年10月  (一社)日本生殖医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 林 久雄, 折田 有史, 太崎 友紀子, 新谷 光央, 小林 裕明 .  当院で周産期管理した18トリソミー14例の検討 .  日本遺伝カウンセリング学会誌  2019年7月  (一社)日本遺伝カウンセリング学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛若 昂志, 黒田 高史, 福田 美香, 水野 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  広汎子宮全摘出術後膀胱腟瘻に対するModified Martius Flapを用いた経腟的修復術の1例 .  産婦人科手術  2021年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 唐木田 智子, 崎濱 ミカ, 新原 有一朗, 内田 那津子, 小林 裕明 .  子宮頸がん治療に伴う外科的閉経がQOL(quality of life)および感情に及ぼす影響に関する検討 .  日本女性医学学会雑誌  2021年10月  (一社)日本女性医学学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 戸上 真一, 牛若 昂志, 福田 美香, 水野 美香, 簗詰 伸太郎, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  卵巣癌初回治療におけるbevacizumab併用のPFSとPFIに関する効果の検討 .  日本産科婦人科学会雑誌  2021年3月  (公社)日本産科婦人科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 黒田 高史, 簗詰 伸太郎, 牛若 昴志, 福田 美香, 水野 美香, 戸上 真一, 神尾 真樹, 小林 裕明 .  ロボット支援子宮体癌手術において術中に開腹術に移行した症例の検討 .  産婦人科手術  2021年6月  (株)メジカルビュー社

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示