2021/06/24 更新

写真a

イシヅカ タカノリ
石塚 貴周
Ishizuka Takanori
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター メンタルケアセンター 助教
職名
助教
プロフィール
認知症性神経変性疾患の分子生物学的研究

学位

  • 博士(医学) ( 2012年5月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 精神神経疾患,認知症,生物学的精神医学

経歴

  • 鹿児島大学   助教

    2014年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

    2020年 - 現在

  • 日本認知症学会

    2017年 - 現在

  • 九州精神神経学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本老年精神医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生物学的精神医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本精神神経学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本老年精神医学会   評議員  

    2019年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Urata Y. .  Sleep Disorders in Four Patients With Myotonic Dystrophy Type 1 .  Frontiers in Neurology11   12   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Neurology  

    DOI: 10.3389/fneur.2020.00012

    Scopus

    PubMed

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学63 ( 2 ) 88 - 93   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

    前頭葉機能障害を中心とした認知症機能低下と前頭骨内板過骨症(HFI)を有する80代の女性の症例を報告した。2年前の夏頃より「お金の管理に自信がない」「運転するのが怖い」と訴えるようになり、物忘れや脱抑制的言動が目立つようになり、認知症の鑑別と治療目的で入院となった。Mini Mental State Examinationは28/30点と保たれていたが、Frontal Assessment Batteryをはじめとする前頭葉機能検査では顕著な障害を認めた。頭部CTやMRIにおいて前頭骨に限局した結節性の過骨性変化と軽度の前頭葉の萎縮や両側側脳室下角の開大を認め、大脳白質にはT2延長領域を認めた。AD index(tau×Aβ40/42)は11697を示し、血管性の病変に加えてアルツハイマー病理の存在も示唆された。脱抑制症状や徘徊等の異常行動に対してquetiapineの内服を開始し、125mgまで漸増したところ、神経心理学的検査においては明らかな改善は見られなかったが、情動は安定し病棟内で落ち着いて生活できるようになった。

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学63 ( 2 ) 88 - 93   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

    <p> 前頭骨内板過骨症(Hyperostosis frontalis interna: HFI)は前頭骨に限局した結節性の過骨性変化を特徴とする疾患である。今回,前頭葉機能障害を中心とした認知機能低下とHFIを有する症例を経験したので報告する。症例は80代女性。物忘れや脱抑制的言動が目立つようになり認知症の鑑別と治療目的に入院した。Mini Mental State Examinationは28/30点と保たれていたが,Frontal assessment batteryをはじめとする前頭葉機能検査では顕著な障害を認めた。頭部CTやMRIにおいて前頭骨に限局した結節性の過骨性変化と軽度の頭頂葉の萎縮や両側側脳室下角の開大を認め,大脳白質にはT2延長領域を認めた。また,AD index(tau×Aβ40/42)が11697と高値を示し,血管性の病変に加え,アルツハイマー病理の存在も示唆された。本症例における認知機能障害は複数の病態による影響が考えられたが,前頭葉機能障害の重要な原因としてHFIが強く示唆された。</p>

    DOI: 10.11642/kyushuneurop.63.2_88

    CiNii Article

  • 石塚 貴周, 中村 雅之, 崎元 仁志, 瀬戸下 玄郎, 春日井 基文, 佐野 輝 .  認知症症状を呈した高齢初発てんかん4例 .  精神科25 ( 5 ) 555 - 560   2014年11月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishizuka T, Nakamura M, Ichiba M, Fujita S, Takeuchi K, Fujimoto T, Sano A. .  Different clinical phenotypes in siblings with a presenilin-1 P264L mutation. .  Dement Geriatr Cogn Disord.33 ( 42038 ) 132 - 140   2012年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishizuka T, Nakamura M, Ichiba M, Sano A. .  Familial semantic dementia with P301L mutation in the Tau gene. .  Dement Geriatr Cogn Disord. 31:334-40, 201131   334 - 340   2011年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Hayashi T, Nakamura M, Ichiba M, Matsuda M, Kato M, Shiokawa N, Shimo H, Tomiyasu A, Mori S, Tomiyasu Y, Ishizuka T, Inamori Y, Okamoto Y, Umehara F, Arimura K, Nakabeppu Y, and Sano A .  Adult-type metachromatic leukodystrophy with compound heterozygous ARSA mutations: A case report and phenotypic comparison with a previously reported case. .  Psychiat Clin Neurosci65 ( 1 ) 105 - 108   2011年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishizuka T, Nakamura M, Ichiba M, Sano A. .  Familial semantic dementia with P301L mutation in the Tau gene. .  Dement Geriatr Cogn Disord. 31 ( 5 ) 334 - 340   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 【神経疾患と精神症状】Parkinson病・Lewy小体型認知症・進行性核上性麻痺

    石塚 貴周, 中村 雅之

    精神科38 ( 5 ) 516 - 521   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 私の論文から 臨床表現型に違いを呈したプレセニリン1遺伝子P264L変異を持つ兄妹例

    中村 雅之, 石塚 貴周, 佐野 輝

    九州神経精神医学64 ( 2 ) 96 - 99   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

講演・口頭発表等

  • 石塚貴周 ,安庭愛子,春日井基文,中村雅之,佐野 輝 .  うつ病と診断されていた神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  第32回日本老年精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月14日 - 2017年6月16日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 石塚 貴周, 大毛 葉子, 片野田 和沙, 横塚 紗永子, 﨑元仁志,春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  非流暢性失語と前頭葉機能障害を呈したレビー小体型認知症の一例 .  第30回日本老年精神医学会  日本老年精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月12日 - 2015年6月14日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神奈川県横浜市  

  • 石塚 貴周,中村 雅之,崎元 仁志,瀬戸下 玄郎,富安 昭之,春日井 基文,佐野 輝 .  認知症症状を呈した高齢初発てんかんの4例 .  第110回 日本精神神経学会学術総会  第110回 日本精神神経学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 石塚貴周,中村雅之,中山龍次郎,市場美緒,藤田晴吾,竹内康三,藤元登四郎,中別府良昭,内田将博,佐野 輝 .  異なる臨床表現型を呈したPSEN1変異家系例. .  第83回鹿児島精神神経学会  第83回鹿児島精神神経学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 石塚貴周,中村雅之,中山龍次郎,藤田晴吾,竹内康三,藤元登四郎,中別府良昭,市場美緒,佐野 輝 .  同一PSEN1遺伝子変異を持ち異なる臨床表現型を呈した若年性認知症兄妹例. .  第32回日本生物学的精神医学会  第32回日本生物学的精神医学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:小倉  

    国際学会

  • 石塚貴周,中村雅之,中山龍次郎,市場美緒,藤田晴吾,竹内康三,藤元登四郎,中別府良昭,内田将博,佐野 輝 .  異なる臨床表現型を呈したPSEN1変異家系例. .  鹿児島AD研究会  鹿児島AD研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 石塚貴周,中村雅之,久保かおり,市場美緒,佐野 輝 .  語義失語を呈した家族性前頭側頭葉変性症におけるタウ遺伝子変異. .  第18回日本精神・行動遺伝医学会  第18回日本精神・行動遺伝医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 石塚貴周,市場美緒,久保かおり,中村雅之,佐野 輝 .  発症初期に語義失語を呈した家族性前頭側頭葉変性症MAPT変異症例. .  第25回日本老年精神医学会  第25回日本老年精神医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 石塚貴周,中村雅之,林 岳宏,下 洋央,富安陽子,森さつき,塩川奈理,富安昭之,加藤真依子,松田三恵子,市場美緒,佐野 輝 .  気分障害患者におけるPOLG1遺伝子のリシークエンシエング. .  第31回日本生物学的精神医学会  第31回日本生物学的精神医学会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 石塚貴周,小玉哲史,堀之内啓介,中村雅之,赤崎安昭,佐野 輝 .  一酸化炭素中毒を呈した症例に関する臨床的検討 -「練炭事故」に遭遇した夫婦例の臨床経過の比較を通して -. .  第25回鹿児島高次脳機能研究会  第25回鹿児島高次脳機能研究会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 石塚貴周,小玉哲史,中村雅之,松久保秀幸,堀之内啓介,西牟田 浩,赤崎安昭,佐野 輝 .  「練炭事故」に遭遇し一酸化炭素中毒を呈した夫婦の臨床的検討. .  第104回日本精神神経学会学術総会  第104回日本精神神経学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  難聴を有し音楽性幻聴を呈した6例 .  老年精神医学雑誌  2019年6月  (株)ワールドプランニング

  • 田畑 健太郎, 齊之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  難治性うつを呈していたがLewy小体型認知症の診断により治療が奏効した1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 有村 尚也, 濱村 尚子, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  遅発性に覚醒障害による過眠症を呈した両側視床梗塞の1例 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 有村 尚也, 石塚 貴周, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  身体疾患の治療を契機に長期未治療の精神症状が判明しDLBの診断に至った1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 中村 毅, 冨永 佳吾, 春日井 基文, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 中村 雅之, 山畑 良蔵, 佐野 輝 .  認知症が疑われた緊張病症候群に対し電気けいれん療法が著効した一例 .  老年精神医学雑誌  2020年12月  (株)ワールドプランニング

  • 今村 研介, 林 岳宏, 安藤 充止, 冨永 佳吾, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  解離性障害が疑われた高齢初発てんかんの1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 有村 尚也, 浦田 結嘉, 瀬戸下 玄郎, 新井 薫, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 佐野 のぞみ, 中村 雅之 .  解離性けいれんを呈した筋強直性ジストロフィーの1例 .  日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集  2020年8月  日本神経精神薬理学会・日本生物学的精神医学会・日本精神薬学会

  • 佐々木 なつき, 高森 和沙, 石塚 貴周, 肝付 洋, 畑 幸宏, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  緊張病症候群を呈しクエチアピンが奏効した親子例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 竹元 美沙紀, 佐野 輝, 田畑 健太郎, 石塚 貴周, 斉之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 石島 洋輔 .  治療抵抗性のapathyに対し、塩酸アマンタジンが有効であった特発性大脳基底核石灰化症の一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 安庭 愛子, 中村 雅之, 佐野 輝 .  新規のCSF-1R遺伝子変異が同定された神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集  2017年9月  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会

  • 古江 ナオミ, 中村 雅之, 浦田 結嘉, 崎元 仁志, 肝付 洋, 石塚 貴周 .  抗NMDA抗体受容体抗体脳炎を発症した60代男性の一例 抗VGKC複合体抗体脳炎との比較 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 田川 真一朗, 寺崎 茜, 浦田 結嘉, 塩川 奈理, 石塚 貴周, 中村 雅之 .  抑うつ気分や被害妄想などの精神症状を呈した脊髄小脳変性症1型の1例 .  日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集  2020年8月  日本神経精神薬理学会・日本生物学的精神医学会・日本精神薬学会

  • 吉水 宗裕, 石塚 貴周, 有村 尚也, 田川 真一朗, 横塚 紗永子, 塩川 奈理, 新井 薫, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  左側優位に視知覚/視空間認知障害をきたしたposterior cortical atrophyの1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 吉水 宗裕, 石塚 貴周, 有村 尚也, 田川 真一朗, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  多彩な運動症状と幻聴に対してメマンチンが著効したレビー小体型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 安庭 愛子, 石塚 貴周, 崎元 仁志, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  多彩な精神症状を呈した神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 永田 青海, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中川 広人, 園田 健, 小林 憲史, 長島 庸至, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉症状が残存したインフルエンザ脳炎後遺症の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭側頭型認知症との鑑別を要した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  不安や心気症状を伴う、前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の一例 .  老年精神医学雑誌  2017年6月  (株)ワールドプランニング

  • 吉水 宗裕, 塩川 奈理, 笠毛 渓, 永田 青海, 浦田 結嘉, 新井 薫, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之, 佐野 輝 .  レビー小体型認知症と診断されていたが、精査の結果アルツハイマー型認知症の診断に至った1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 田畑 健太郎, 佐野 輝, 石塚 貴周, 斉之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 荒田 仁, 高嶋 博, 吉水 宗裕 .  ドパミン調節異常症候群が考えられ、修正型電気けいれん療法が著効した若年性パーキンソン病の一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 田川 真一朗, 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 有村 尚也, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  アリピプラゾールで拒否拒絶や極端なこだわりが軽減した自閉症スペクトラム障害の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 平方 翔太, 佐々木 なつき, 林 岳宏, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  てんかん発作を合併した前頭側頭型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 石塚 貴周, 安庭 愛子, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  うつ病と診断されていた神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  老年精神医学雑誌  2017年6月  (株)ワールドプランニング

  • 有村 尚也, 石塚 貴周, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  うつ病と診断され、治療に難渋していたレビー小体型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 笠毛 渓, 冨永 佳吾, 塩川 奈理, 林 岳宏, 石塚 貴周, 山田 康一郎, 寿 幸治, 中村 雅之, 佐野 輝 .  VMAT2特異的阻害薬により抑うつ症状を呈したハンチントン病の1例 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 池畑 樹, 塩川 奈理, 新井 薫, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之 .  Gorlin症候群に幻覚妄想を伴った一例 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  Creutzfeldt-Jakob病と鑑別を要した硬膜動静脈瘻の1例 .  老年精神医学雑誌  2018年6月  (株)ワールドプランニング

  • 浦田 結嘉, 今村 研介, 塩川 奈理, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之, 神林 崇, 佐野 輝 .  1型筋強直性ジストロフィー4症例の分子診断と睡眠障害 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 塩川 奈理, 有村 尚也, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之, 佐野 輝 .  高血糖高浸透圧症候群による橋中心髄鞘崩壊症を認めた1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 安藤 充止, 今村 研介, 田畑 健太郎, 崎元 仁志, 林 岳宏, 石塚 貴周, 瀬戸下 玄郎, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  高齢初発てんかんにおける神経心理学的検査の特徴 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 成人発症白質脳症における包括的変異解析及び抽出した新規変異の機能解析

    2019年04月 - 2023年03月

    科学研究費補助金  若手研究(S)

      詳細を見る

  • 若年認知症関連遺伝子群の包括的変異解析と高齢初発てんかんの特異的臨床症状の抽出

    2015年04月 - 2017年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    申請者らは若年性認知症患者に対し、詳細な臨床評価と包括的遺伝子解析を行うことで新規遺伝子型を明らかにし、表現型との相関を明らかにしたいと考えている。平成27年度は、若年性認知症患者におけるTreatable Dementia、特に高齢てんかんに着目し、薬物療法の前後における臨床症状の解析と背景疾患の検索を行うことで、診断法及び治療法の確立とともに、プライマリーケアの現場で活用可能な簡易な臨床スケールの検出及び開発を目指し研究を行った。当科外来及びもの忘れ専門外来を受診した患者において、血液検査や神経心理学的検査、頭部MRI、脳血流シンチ、MIBG心筋シンチ、DATスキャン、安静覚醒時脳波、終夜睡眠脳波等の詳細な臨床評価を行い、高齢てんかん患者の抽出とその背景疾患の検索を行った。それらの結果を元に、高齢てんかんと背景疾患との関係性について詳細に検討した。さらに、高齢てんかんと診断された症例について、治療前後で臨床症状の比較と神経心理学的検査の詳細な比較を行った。具体的には抗てんかん薬による薬物療法の前後に臨床評価を行い、障害を示した神経心理学的検査を抽出した上で、その検査の中で有意な低下傾向を示す項目に着目し、治療後の改善について検討を行った。平成28年度は、高齢てんかんの症例数を更に増やし、現在確認できている項目について更なる検討を行った上で、臨床現場で使用出来る高齢てんかん認知機能スクリー二ング検査の作成を目指す。

 

メディア報道

  • 認知症 ともに生きる 新聞・雑誌

    南日本新聞  2019年7月29日

     詳細を見る

    執筆者:本人以外