2021/06/24 更新

写真a

ヨシウラ タカシ
吉浦 敬
YOSHIURA, TAKASHI
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 1996年2月   九州大学 )

研究キーワード

  • 脳形態画像

  • 脳機能画像

  • 磁気共鳴画像

経歴

  • 鹿児島大学   教授

    2003年4月 - 現在

所属学協会

  • International Society for Magnetic Resonance in Medicine

    2015年10月 - 現在

  • Radiological Society of North America

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経放射線学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本磁気共鳴医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本医学放射線学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Nakajo M. .  Correlation between amide proton transfer-related signal intensity and diffusion and perfusion magnetic resonance imaging parameters in high-grade glioma .  Scientific Reports11 ( 1 ) 11223   2021年12月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-90841-z

    Scopus

    PubMed

  • Bohara M. .  Visualization of incidentally imaged pituitary gland on three-dimensional arterial spin labeling of the brain .  The British journal of radiology94 ( 1122 ) 20201311   2021年6月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The British journal of radiology  

    DOI: 10.1259/bjr.20201311

    Scopus

    PubMed

  • Takumi K. .  Pulmonary hamartoma: Feasibility of dual-energy CT detection of intranodular fat .  Radiology Case Reports16 ( 5 ) 1032 - 1036   2021年5月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Radiology Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.radcr.2021.01.062

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  A pilot study on EORTC or PERCIST for the prediction of progression-free survival with nivolumab therapy in advanced or metastatic gastric cancers: A STROBE-compliant article .  Medicine100 ( 15 ) e25494   2021年4月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medicine  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000025494

    Scopus

    PubMed

  • Takumi K. .  Usefulness of dual-layer spectral CT in follow-up examinations: diagnosing recurrent squamous cell carcinomas in the head and neck .  Japanese Journal of Radiology39 ( 4 ) 324 - 332   2021年4月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Journal of Radiology  

    DOI: 10.1007/s11604-020-01071-8

    Scopus

    PubMed

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Fujisaki Y, Yamagishi R, Nakamura S, Kamizono J, Nakajo M, Kamimura K, Nagano H, Takumi K, Yoshiura T .  Adding Delayed Phase Images to Dual-Phase Contrast-Enhanced CT Increases Sensitivity for Small Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. .  AJR. American journal of roentgenology   2021年3月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2214/AJR.20.25430

    PubMed

  • Takumi K. .  Differentiating malignant from benign salivary gland lesions: a multiparametric non-contrast MR imaging approach .  Scientific Reports11 ( 1 ) 2780   2021年2月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-82455-2

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Value of Patlak Ki images from <sup>18</sup>F-FDG-PET/CT for evaluation of the relationships between disease activity and clinical events in cardiac sarcoidosis .  Scientific Reports11 ( 1 ) 2729   2021年2月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-82217-0

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Application of a machine learning approach to characterization of liver function using <sup>99m</sup>Tc-GSA SPECT/CT .  Abdominal Radiology   2021年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Abdominal Radiology  

    DOI: 10.1007/s00261-021-02985-1

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Application of a Machine Learning Approach for the Analysis of Clinical and Radiomic Features of Pretreatment [<sup>18</sup>F]-FDG PET/CT to Predict Prognosis of Patients with Endometrial Cancer .  Molecular Imaging and Biology   2021年

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Imaging and Biology  

    DOI: 10.1007/s11307-021-01599-9

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Application of adrenal maximum standardized uptake value to <sup>131</sup>I-6β-iodomethyl-19-norcholesterol SPECT/CT for characterizing unilateral hyperfunctioning adrenocortical masses .  European Journal of Radiology133   109397   2020年12月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Radiology  

    DOI: 10.1016/j.ejrad.2020.109397

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  [<sup>18</sup>F]-FDG-PET/CT and [<sup>18</sup>F]-FAZA-PET/CT Hypoxia Imaging of Metastatic Thyroid Cancer: Association with Short-Term Progression After Radioiodine Therapy .  Molecular Imaging and Biology22 ( 6 ) 1609 - 1620   2020年12月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Imaging and Biology  

    DOI: 10.1007/s11307-020-01516-6

    Scopus

    PubMed

  • Takumi K. .  Combined signal averaging and compressed sensing: impact on quality of contrast-enhanced fat-suppressed 3D turbo field-echo imaging for pharyngolaryngeal squamous cell carcinoma .  Neuroradiology62 ( 10 ) 1293 - 1299   2020年10月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroradiology  

    DOI: 10.1007/s00234-020-02480-2

    Scopus

    PubMed

  • Fukukura Y. .  Visual enhancement pattern during the delayed phase of enhanced CT as an independent prognostic factor in stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma .  Pancreatology20 ( 6 ) 1155 - 1163   2020年9月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Pancreatology  

    DOI: 10.1016/j.pan.2020.07.009

    Scopus

    PubMed

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Bohara M, Nakanosono R, Fujio S, Iwanaga T, Nickel MD, Imai H, Fukukura Y, Yoshiura T: .  Quantitative pharmacokinetic analysis of high-temporal-resolution dynamic contrast-enhanced MRI to differentiate the normal-appearing pituitary gland from pituitary macroadenoma. .  Japanese journal of radiology38 ( 7 ) 649 - 657   2020年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Fukukura Y, Fujio S, Goto Y, Iwanaga T, Akamine Y, Yoshiura T: .  Assessment of microvessel perfusion of pituitary adenomas: a feasibility study using turbo spin-echo-based intravoxel incoherent motion imaging. .  European radiology30 ( 4 ) 1908 - 1917   2020年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M. .  The clinical value of texture analysis of dual-time-point <sup>18</sup>F-FDG-PET/CT imaging to differentiate between <sup>18</sup>F-FDG-avid benign and malignant pulmonary lesions .  European Radiology30 ( 3 ) 1759 - 1769   2020年3月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Radiology  

    DOI: 10.1007/s00330-019-06463-7

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M, Jinguji M, Aoki M, Tani A, Sato M, Yoshiura T: .  The clinical value of texture analysis of dual-time-point 18 F-FDG-PET/CT imaging to differentiate between 18 F-FDG-avid benign and malignant pulmonary lesions .  European radiology30 ( 3 ) 1759 - 1769   2020年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Nakajo M, Kamimura K, Yoneyama T, Fukukura Y, Kiyao Y, Yonezawa H, Higa N, Kirishima M, Yoshiura T: .  Histological grade of meningioma: prediction by intravoxel incoherent motion histogram parameters. .  Academic radiology27 ( 3 ) 342 - 353   2020年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Nakajo M, Maemura K, Arima S, Yoshiura T: .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced dual-energy CT as a prognostic factor in patients with stage IV pancreatic ductal adenocarcinoma. .  European radiology30 ( 3 ) 1679 - 1689   2020年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Kitajima K, Kaida H, Morita T, Minamimoto R, Ishibashi M, Yoshiura T: .  The clinical value of PERCIST to predict tumour response and prognosis of patients with oesophageal cancer treated by neoadjuvant chemoradiotherapy .  Clinical radiology75 ( 1 ) 79.e9 - 79.e18   2020年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata I. .  Clinical outcomes of proton beam therapy for ground-glass opacity-type lung cancer .  Lung Cancer: Targets and Therapy11   105 - 111   2020年

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lung Cancer: Targets and Therapy  

    DOI: 10.2147/LCTT.S270283

    Scopus

    PubMed

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Nakajo M, Maemura K, Arima S, Yoshiura T .  Estimation of Extracellular Volume Fraction With Routine Multiphasic Pancreatic Computed Tomography to Predict the Survival of Patients With Stage IV Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. .  Pancreas   2019年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M. .  A Pilot Study of Texture Analysis of Primary Tumor [<sup>18</sup>F]FDG Uptake to Predict Recurrence in Surgically Treated Patients with Non-small Cell Lung Cancer .  Molecular Imaging and Biology21 ( 4 ) 771 - 780   2019年8月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Imaging and Biology  

    DOI: 10.1007/s11307-018-1290-z

    Scopus

    PubMed

  • Kamimura K. .  Histogram analysis of amide proton transfer–weighted imaging: comparison of glioblastoma and solitary brain metastasis in enhancing tumors and peritumoral regions .  European Radiology29 ( 8 ) 4133 - 4140   2019年8月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Radiology  

    DOI: 10.1007/s00330-018-5832-1

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M, Jinguji M, Shinaji T, Aoki M, Tani A, Nakabeppu Y, Nakajo M, Sato M, Yoshiura T. .  A Pilot Study of Texture Analysis of Primary Tumor [18F]FDG Uptake to Predict Recurrence in Surgically Treated Patients with Non-small Cell Lung Cancer. .  Molecular imaging and biology21 ( 4 ) 771 - 780   2019年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Fukukura Y, Hirano H, Goto Y, Sasaki M, Akamine Y, Keupp J, Yoshiura T: .  Histogram analysis of amide proton transfer-weighted imaging: comparison of glioblastoma and solitary brain metastasis in enhancing tumors and peritumoral regions. .  European radiology29 ( 8 ) 4133 - 4140   2019年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Nakajo M, Kamimura K, Yoneyama T, Fukukura Y, Kiyao Y, Yonezawa H, Higa N, Kirishima M, Yoshiura T .  Histological Grade of Meningioma: Prediction by Intravoxel Incoherent Motion Histogram Parameters. .  Academic radiology   2019年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takumi K, Fukukura Y, Hakamada H, Nagano H, Kumagae Y, Arima H, Nakajo A, Yoshiura T .  CT features of parathyroid carcinomas: comparison with benign parathyroid lesions .  Japanese journal of radiology37 ( 5 ) 380 - 389   2019年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Hirahara M, Hakamada H, Nagano H, Nakajo M, Kamimura K, Nakajo M, Higashi M, Yoshiura T .  CT and MRI features of undifferentiated carcinomas with osteoclast-like giant cells of the pancreas: a case series .  Abdominal radiology44 ( 4 ) 1246 - 1255   2019年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Yoshiura T: .  Amide proton transfer imaging of cavernous malformation in the cavernous sinus. .  Magnetic resonance in medical sciences 18 ( 2 ) 109 - 110   2019年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sasaki K, Uchikado Y, Omoto I, Arigami T, Osako Y, Noda M, Okumura H, Maemura K, Higashi R, Yoshiura T, Natsugoe S .  Neoadjuvant chemoradiotherapy with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil (DCF-RT) for locally advanced esophageal squamous cell carcinoma .  Cancer chemotherapy and pharmacology83 ( 3 ) 581 - 587   2019年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Shinaji T, Tani A, Nakabeppu Y, Nakajo M, Nakajo A, Natsugoe S, Yoshiura T .  18F-FDG-PET/CT features of primary tumours for predicting the risk of recurrence in thyroid cancer after total thyroidectomy: potential usefulness of combination of the SUV-related, volumetric, and heterogeneous texture parameters .  The British journal of radiology   2019年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwanaga T, Fukukura Y, Saito T, Sasaki M, Kumagae Y, Takumi K, Hakamada H, Fujisaki T, Saigo Y, Yoshiura T .  Conspicuity of Malignant Liver Tumors on Diffusion-Weighted Imaging With Short tau Inversion Recovery After Gadolinium Ethoxybenzyl Diethylenetriaminepentaacetic Acid Administration. .  Journal of magnetic resonance imaging49 ( 2 ) 565 - 573   2019年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Takumi K, Maemura K, Higashi M, Kamimura K, Nakajo M, Yoshiura T .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced multidetector computed tomography as a prognostic factor in unresectable pancreatic adenocarcinoma treated with chemotherapy .  European radiology29 ( 1 ) 353 - 361   2019年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Berlin : Springer International  

  • Nakajo M. .  <sup>18</sup> F-FDG-PeT/CT features of primary tumours for predicting the risk of recurrence in thyroid cancer after total thyroidectomy: Potential usefulness of combination of the SuV-related, volumetric, and heterogeneous texture parameters .  British Journal of Radiology92 ( 1094 ) 20180620   2019年

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Radiology  

    DOI: 10.1259/bjr.20180620

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M, Jinguji M, Shinaji T, Tani A, Nakabeppu Y, Nakajo M, Nakajo A, Natsugoe S, Yoshiura T. .  18F-FDG-PET/CT features of primary tumours for predicting the risk of recurrence in thyroid cancer after total thyroidectomy: potential usefulness of combination of the SUV-related, volumetric, and heterogeneous texture parameters. .  The British journal of radiology   2018年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Shinaji T, Aoki M, Tani A, Nakabeppu Y, Nakajo M, Sato M, Yoshiura T .  A Pilot Study of Texture Analysis of Primary Tumor [18F]FDG Uptake to Predict Recurrence in Surgically Treated Patients with Non-small Cell Lung Cancer .  Molecular imaging and biology : MIB : the official publication of the Academy of Molecular Imaging   2018年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Fukukura Y, Hirano H, Goto Y, Sasaki M, Akamine Y, Keupp J, Yoshiura T .  Histogram analysis of amide proton transfer-weighted imaging: comparison of glioblastoma and solitary brain metastasis in enhancing tumors and peritumoral regions .  European radiology   2018年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Takumi K, Kumagae Y, Fukukura Y, Yoshiura T .  Amide proton transfer imaging of tumors: theory, clinical applications, pitfalls, and future directions. .  Japanese journal of radiology   2018年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba Y, Hayashi S, Nagasato K, Higashi M, Tosuji N, Sonoda S, Yoshiura T .  Oxidative stress induced by portal vein embolization in fatty liver: Experimental study of a nonalcoholic steatohepatitis model .  Biomedical reports9 ( 4 ) 357 - 363   2018年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimura M, Yuan JH, Higashi K, Yoshimura A, Arata H, Okubo R, Nakabeppu Y, Yoshiura T, Takashima H. .  Correlation between clinical and radiologic features of patients with Gerstmann-Sträussler-Scheinker syndrome (Pro102Leu). .  Journal of the neurological sciences   2018年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwanaga T, Fukukura Y, Saito T, Sasaki M, Kumagae Y, Takumi K, Hakamada H, Fujisaki T, Saigo Y, Yoshiura T. .  Conspicuity of Malignant Liver Tumors on Diffusion-Weighted Imaging With Short tau Inversion Recovery After Gadolinium Ethoxybenzyl Diethylenetriaminepentaacetic Acid Administration. .  Journal of magnetic resonance imaging   2018年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimura M, Yuan JH, Higashi K, Yoshimura A, Arata H, Okubo R, Nakabeppu Y, Yoshiura T, Takashima H .  Correlation between clinical and radiologic features of patients with Gerstmann-Sträussler-Scheinker syndrome (Pro102Leu) .  Journal of the neurological sciences15 ( 391 ) 15 - 21   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinmura K, Choi YH, Shimohira M, Baba Y, Ikeda S, Hayashi S, Shibamoto Y, Koriyama C, Yoshiura T .  Comparison of conservative treatment versus transcatheter arterial embolisation for the treatment of spontaneously ruptured hepatocellular carcinoma .  Polish journal of radiology22 ( 83 ) e311 - e318   2018年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Higashi R, Hakamada H, Takumi K, Maemura K, Higashi M, Kamimura K, Nakajo M, Yoshiura T. .  Extracellular volume fraction determined by equilibrium contrast-enhanced multidetector computed tomography as a prognostic factor in unresectable pancreatic adenocarcinoma treated with chemotherapy. .  European radiology   2018年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinmura K, Toyama K, Tabata M, Baba Y, Yoshiura T .  Comparison of radiation therapy vs. intra-arterial chemoradiotherapy for the treatment of preoperative tongue cancer .  Journal of Imaging and Interventional Radiology1 ( 1:5 ) 1 - 7   2018年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kamei R, Kitajima M, Kanoto M, Takahashi H, Uchiyama Y, Harada M, Shinohara Y, Yoshiura T, Wakata Y, Honda H. .  Usefulness of perfusion- and diffusion-weighted imaging to differentiate between pilocytic astrocytomas and high-grade gliomas: a multicenter study in Japan. .  Neuroradiology   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura T, Yoshiura T, Matsukawa K, Kondo N, Kitano I, Ogino T. .  Proton Beam Therapy Alone for Intermediate- or High-Risk Prostate Cancer: An Institutional Prospective Cohort Study. .  Cancers   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueyama T, Arimura T, Takumi K, Nakamura F, Higashi R, Ito S, Fukukura Y, Umanodan T, Nakajo M, Koriyama C, Yoshiura T. .  Risk factors for radiation pneumonitis after stereotactic radiation therapy for lung tumours: clinical usefulness of the planning target volume to total lung volume ratio. .  The British journal of radiology.   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bohara M, Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Yoshiura T. .  Amide Proton Transfer Imaging of Cavernous Malformation in the Cavernous Sinus. .  Magnetic resonance in medical sciences   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Shinaji T, Nakajo M, Aoki M, Tani A, Sato M, Yoshiura T. .  Texture analysis of 18F-FDG PET/CT for grading thymic epithelial tumours: usefulness of combining SUV and texture parameters. .  The British journal of radiology   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Fukukura Y, Hakamada H, Yoneyama T, Kamimura K, Nagano S, Nakajo M, Yoshiura T. .  Whole-tumor apparent diffusion coefficient (ADC) histogram analysis to differentiate benign peripheral neurogenic tumors from soft tissue sarcomas. .  ournal of magnetic resonance imaging   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M. .  Texture analysis of <sup>18</sup>F-FDG peT/CT for grading thymic epithelial tumours: usefulness of combining SuV and texture parameters .  British Journal of Radiology91 ( 1083 ) 20170546   2018年

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:British Journal of Radiology  

    DOI: 10.1259/bjr.20170546

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  A pilot study for texture analysis of <sup>18</sup>F-FDG and <sup>18</sup>F-FLT-PET/CT to predict tumor recurrence of patients with colorectal cancer who received surgery .  European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging44 ( 13 ) 2158 - 2168   2017年12月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging  

    DOI: 10.1007/s00259-017-3787-0

    Scopus

    PubMed

  • Fukukura Y, Kumagae Y, Hakamada H, Shindo T, Takumi K, Kamimura K, Nakajo M, Umanodan A, Yoshiura T .  Computed diffusion-weighted MR imaging for visualization of pancreatic adenocarcinoma: Comparison with acquired diffusion-weighted imaging. .  European journal of radiology95   39 - 45   2017年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takumi K, Fukukura Y, Hakamada H, Ideue J, Kumagae Y, Yoshiura T. .  Value of diffusion tensor imaging in differentiating malignant from benign parotid gland tumors. .  European journal of radiology95   249 - 256   2017年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maemura K, Mataki Y, Kurahara H, Kawasaki Y, Iino S, Sakoda M, Ueno S, Arimura T, Higashi R, Yoshiura T, Shinchi H, Natsugoe S .  Comparison of proton beam radiotherapy and hyper-fractionated accelerated chemoradiotherapy for locally advanced pancreatic cancer. .  Pancreatology17 ( 5 ) 833 - 838   2017年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 加治屋 より子, 谷 淳至, 南立 亮, 仮屋 圭佑, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 西俣 寛人, 福永 秀敏, 中條 政敬, 吉浦 敬 .  PET検診がん発見率と年代や性別、受診回数との関連性 どのような人がFDG-PET検診を受けるとよいか .  臨床放射線62 ( 9 ) 1157 - 1163   2017年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版(株)  

    PET検診6256件を対象に、癌発見率と年代や性別、受診回数との関連を検討した。実受診者数は4898人で、うち複数回受検者が710人、内訳は男3562人・女2694人・平均年齢58.0歳であった。162件(167の癌病変、重複癌3人、3重複癌1人を含む)の癌が発見され、癌発見率は延べで3.3%、初回で3.0%、癌病変発見率は延べで2.7%、初回で3.1%、2回目で1.4%であった。男女あわせた年代別発見率の推移では、加齢により有意に癌の発見率が上昇していた。男女別で50歳を境とした2群で年齢と発見率を比較したところ、男性では50歳以上で50歳未満に比べて発見率が高く、女性では有意差はなかった。初回受診者のみの病変発見率をみると、全体と同様に男性で発見率が高く、加齢によりその傾向が顕著であったが、各年代での発見率がより高かった。以上、PET癌検診発見率は受検者の年齢や性別、特に年齢に大きく影響されると考えられた。

  • Ueyama T. .  Pacemaker malfunction associated with proton beam therapy: A report of two cases and review of literature-does field-to-generator distance matter? .  Oxford Medical Case Reports2016 ( 8 ) 190 - 194   2017年8月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oxford Medical Case Reports  

    DOI: 10.1093/omcr/omw049

    Scopus

  • Nagano H, Jinguji M, Nakajo M, Higashi M, Yoshiura T .  Bilateral Tibial Osteofibrous Dysplasia on 18F-FDG PET/CT. .  Clinical nuclear medicine   2017年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Kajiya Y, Tani A, Jinguji M, Nakajo M, Nihara T, Fukukura Y, Yoshiura T. .  A pilot study of the diagnostic and prognostic values of FLT-PET/CT for pancreatic cancer: comparison with FDG-PET/CT. .  Abdominal radiology42 ( 4 ) 1210 - 1221   2017年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura T, Ogino T, Yoshiura T, Matsuyama M, Kondo N, Miyazaki H, Sakuragi A, Ohara T, Ogo E, Hishikawa Y. .  A feasibility study of a hybrid breast-immobilization system for early breast cancer in proton beam therapy. .  Medical physics44 ( 4 ) 1268 - 1274   2017年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura T. .  A feasibility study of a hybrid breast-immobilization system for early breast cancer in proton beam therapy: .  Medical Physics44 ( 4 ) 1268 - 1274   2017年4月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Medical Physics  

    DOI: 10.1002/mp.12166

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Current clinical status of <sup>18</sup>F-FLT PET or PET/CT in digestive and abdominal organ oncology .  Abdominal Radiology42 ( 3 ) 951 - 961   2017年3月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Abdominal Radiology  

    DOI: 10.1007/s00261-016-0947-9

    Scopus

    PubMed

  • Nakajo M. .  Texture analysis of <sup>18</sup>F-FDG PET/CT to predict tumour response and prognosis of patients with esophageal cancer treated by chemoradiotherapy .  European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging44 ( 2 ) 206 - 214   2017年2月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging  

    DOI: 10.1007/s00259-016-3506-2

    Scopus

    PubMed

  • 熊谷 雄一, 福倉 良彦, 岩永 崇, 佐々木 雅史, 吉浦 敬 .  子宮病変の良悪性診断における拡散尖度MR画像(diffusion kurtosis imaging:DKI)の有用性の検討 .  日本磁気共鳴医学会雑誌37 ( 1 ) 11 - 14   2017年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)日本磁気共鳴医学会  

    組織学的診断がついた子宮病変118例を対象とし、悪性腫瘍87例(子宮体癌:49例、子宮頸癌36例、子宮肉腫2例)、子宮内膜増殖症7例、子宮筋腫24例であった。対照群として、子宮摘出術を施行し、組織学的診断で正常子宮内膜・筋層を有する21例を対象とした。悪性腫瘍の拡散係数値、D値は内膜増殖症、筋腫、内膜、筋層に比較して有意に低値を示し、悪性腫瘍のK値は、有意に高値を示した。ROC解析では、悪性腫瘍と良性病変の鑑別において、ADC値、D値およびK値それぞれの診断能に有意差は認めなかった。

  • Baba Y, Hayashi S, Nagasato K, Higashi M, Yoshiura T. .  Preliminary experimental study on splenic hemodynamics of radiofrequency ablation for the spleen. .  Minimally invasive therapy & allied technologies1   1 - 7   2017年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toyota M, Saigo Y, Higuchi K, Fujimura T, Koriyama C, Yoshiura T, Akiba S .  COMPARISON OF THE PERIPHERAL DOSES FROM DIFFERENT IMRT TECHNIQUES FOR PEDIATRIC HEAD AND NECK RADIATION THERAPY .  Radiation protection dosimetry25   1 - 9   2017年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Honda S, Nakao T, Mitsuyasu H, Okada K, Gotoh L, Tomita M, Sanematsu H, Murayama K, Ikari K, Kuwano M, Yoshiura T, Kawasaki H, Kanba S. .  A pilot study exploring the association of morphological changes with 5-HTTLPR polymorphism in OCD patients. .  Annals of general psychiatry 16   2017年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Kajiya Y, Jinguji M, Nakabeppu Y, Nakajo M, Nihara T, Yoshiura T. .  Current clinical status of (18)F-FLT PET or PET/CT in digestive and abdominal organ oncology. .  Abdominal radiology   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Nakajo M, Shinaji T, Nakabeppu Y, Fukukura Y, Yoshiura T. .  Texture analysis of FDG PET/CT for differentiating between FDG-avid benign and metastatic adrenal tumors: efficacy of combining SUV and texture parameters. .  Abdominal radiology   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Kajiya Y, Tani A, Jinguji M, Nakajo M, Kitazono M, Yoshiura T. .  pilot study for texture analysis of (18)F-FDG and (18)F-FLT-PET/CT to predict tumor recurrence of patients with colorectal cancer who received surgery. .  European journal of nuclear medicine   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jinguji M, Nakajo M, Nakajo M, Koriyama C, Yoshiura T. .  Thymic Involution After Radioiodine Therapy for Graves Disease: Relationships With Serum Thyroid Hormones and TRAb. .  Journal of the Endocrine Society   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagano H, Nakajo M, Fukukura Y, Kajiya Y, Tani A, Tanaka S, Toyota M, Niihara T, Kitazono M, Suenaga T, Yoshiura T. .  A small pancreatic hamartoma with an obstruction of the main pancreatic duct and avid FDG uptake mimicking a malignant pancreatic tumor: a systematic case review. .  BMC gastroenterology   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Nakabeppu Y, Nakajo M, Higashi R, Fukukura Y, Sasaki K, Uchikado Y, Natsugoe S, Yoshiura T. .  Texture analysis of (18)F-FDG PET/CT to predict tumour response and prognosis of patients with esophageal cancer treated by chemoradiotherapy. .  European journal of nuclear medicine and molecular imaging44 ( 2 ) 206 - 214   2016年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Kajiya Y, Tani A, Jinguji M, Nakajo M, Yoshiura T. .  FLT-PET/CT diagnosis of primary and metastatic nodal lesions of gastric cancer: comparison with FDG-PET/CT. .  Abdominal radiology   2016年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umanodan T, Fukukura Y, Kumagae Y, Shindo T, Nakajo M, Takumi K, Nakajo M, Hakamada H, Umanodan A, Yoshiura T. .  ADC histogram analysis for adrenal tumor histogram analysis of apparent diffusion coefficient in differentiating adrenal adenoma from pheochromocytoma. .  Journal of magnetic resonance imaging 45 ( 4 ) 1195 - 1203   2016年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamimura K, Nakajo M, Fukukura Y, Iwanaga T, Saito T, Sasaki M, Fujisaki T, Takemura A, Okuaki T, Yoshiura T. .  Intravoxel Incoherent Motion in Normal Pituitary Gland: Initial Study with Turbo Spin-Echo Diffusion-Weighted Imaging. .  American journal of neuroradiology37 ( 12 ) 2328 - 2333   2016年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kikuchi K, Obara M, Yoshiura T, Honda H. .  Evaluation of diffusivity in pituitary adenoma: 3D turbo field echo with diffusion-sensitized driven-equilibrium preparation. .  The British journal of radiology89 ( 1063 )   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura T, Ogino T, Yoshiura T, Toi Y, Kawabata M, Chuman I, Wada K, Kondo N, Nagayama S, Hishikawa Y .  Effect of film dressing on acute radiation dermatitis secondary to proton beam therapy. .  Int J Radiat Oncol Biol Phys95 ( 1 ) 472 - 476   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakayama T, Yoshiura T, Nishie A, Asayama Y, Ishigami K, Kakihara D, Takayama Y, Hatakenaka M, Obara M, Honda H .  Balanced MR cholangiopancreatography with motion-sensitised driven-equilibrium (MSDE) preparation: feasibility of Gd-EOB-DTPA-enhanced biliary examination. .  Clin Radiol   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jinguji M, Nakajo M, Nakajo M, Nakabeppu Y, Yoshiura T .  Vasovagal-related stress immediately before FDG injection may increase bilateral adrenal FDG Uptake. .  Br J Radiol89 ( 1061 )   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Hiwatashi A, Keupp J, Yamashita K, Kikuchi K, Yoshiura T, Yoneyama M, Kruiskamp MJ, Sagiyama K, Takahashi M, Honda H. .  Amide Proton Transfer Imaging of Diffuse Gliomas: Effect of Saturation Pulse Length in Parallel Transmission-Based Technique. .  PLoS One11 ( 5 )   2016年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Nakajo M, Nakayama H,Jinguji M, Nakabeppu Y, Higashi M, Sato M, Yoshiura T .  Dexamethasone suppression FDG PET/CT for differentiating between true-and false-positive pulmonary and mediastinal lymph node matastases in non-smal cell lung cancer : A pilot study of FDG PET/CT after oral administration of dexamethasone. .  Radiology279 ( 1 ) 246 - 253   2016年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kikuchi K, Yoshimoto K, Mizoguchi M, Suzuki SO, Yoshiura T, Honda H .  Evaluation of glioblastomas and lymphomas with whole-brain CT perfusion: Comparison between a delay-invariant singular-value decomposition algorithm and a Patlak plot. .  J Neuroradiol   2016年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Hiwatashi A*, Kondo M, Togao O, Kikuchi K, Sugimori H, Yoshiura T, Honda H .  Prognostic Utility of Computed Tomography Histogram Analysis in Patients With Post-Cardiac Arrest Syndrome: Evaluation Using an Automated Whole-Brain Extraction Algorithm. .  J Comput Assist Tomogr   2016年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Hiwatashi A*, Togao O, Kikuchi K, Hatae R, Yoshimoto K, Mizoguchi M, Suzuki SO, Yoshiura T, Honda H .  MR Imaging-Based Analysis of Glioblastoma Multiforme: Estimation of IDH1 Mutation Status. .  AJNR Am J Neuroradiol37 ( 1 ) 58 - 65   2016年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shindo T, Fukukura Y*, Umanodan T, Takumi K, Hakamada H, Nakajo M, Umanodan A, Ideue J, Kamimura K, Yoshiura T .  Histogram analysis of apparent diffusion coefficient in differentiating pancreatic adenocarcinoma and neuroendocrine tumor. .  Medicine95 ( 4 ) 255   2016年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Shindo T, Hakamada H, Takumi K, Umanodan T, Nakajo M, Kamimura K, Umanodan A, Ideue J, Yoshiura T .  Diffusion-weighted MR imaging of the pancreas: optimizing b-value for visualization of pancreatic adenocarcinoma. .  Eur Radiol   2016年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Jinguji M, Fukukura Y, Kajiya Y, Tani A, Nakajo M, Nakabeppu Y, Arimura H, Nishio Y, Nakamura F, Yoshiura T .  FDG-PET/CT and FLT-PET/CT for differentiating between lipid-poor benign and malignant adrenal tumors. .  Eur Radiol25 ( 12 ) 3696 - 3703   2015年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kondo M, Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatash A, Shirasaka T, Arimura H, Nakamura Y, Honda H .  Histogram analysis with automated extraction of brain-tissue region from whole-brain CT images .  Springerplus4   788   2015年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakayama T, Nishie A, Yoshiura T, Asayama Y, Ishigami K, Kakihara D, Obara M, Honda H. .  Balanced MR cholangiopancreatography with motion-sensitized driven-equilibrium (MSDE) preparation: Feasibility and optimization of imaging parameters. .  Magn Reson Imaging33 ( 10 ) 1219 - 1223   2015年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Nakajo M, Jinguji M, Fukukura Y, Nakabeppu Y, Tani A, Yoshiura T .  The value of intratumoural heterogeneity of FDG uptake to differentiate between primary benign and malignant musculoskeletal tumors on PET/CT. .  Br J Radiol88 ( 1055 )   2015年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukukura Y, Shindo T, Higashi M,Takumi K, Umanodan T, Yoneyama T, Yoshiura T .  Computed tomography and magnetic resonance imaging features of lipid-rich neuroendocrine tumors of the pancreas. .  World J Gastroenterol21 ( 34 ) 10008 - 10017   2015年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takumi K, Fukukura Y, Higashi M, Ideue J, Umanodan T, Hakamada H, Kanetsuki I, Yoshiura T .  Pancreatic neuroendocrine tumors : Correlation between the contrast-enhanced computed tomography features and the pathological tumor grade. .  Eur J Radiol84 ( 8 ) 1436 - 1443   2015年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Yoneyama M, Obara M, KishimotoJ, Yoshiura T, Honda H .  3D MR Sequence Capable of Simultaneous Image Acquisitions with and without Blood Vessel Suppression: Utility in Diagnosing Brain Metastases .  Eur Radiol25 ( 4 ) 901 - 910   2015年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Asayama Y, Nishie A, Ishigami K, Ushijima Y, Takayama Y, Fujita N, Kubo Y, Aishima S, Shirabe K, Yoshiura T, Honda H .  Distinguishing intrahepaticcholangiocarcinoma from poorly differentiated hepatocellular carcinoma using precontrast and gadoxetic acid-enhanced MRI .  Diagn Interv Radiol21 ( 2 ) 96 - 104   2015年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Hiwatashi A, Keupp J, Yamashita K, Kikuchi K, Yoshiura T, Suzuki Y, Kruiskamp MJ, Sagiyama K, Takahashi M, Honda H .  Scan-rescan reproducibility of parallel transmission based amide proton transfer imaging of brain tumors .  J Magn Reson Imaging   2015年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumazawa S, Yoshiura T, Honda H .  Image-based estimation method for field inhomogeneity in brain echo-planar images with geometric distortion using k-space textures. .  Concept Magn Reson B45 ( 3 ) 142 - 152   2015年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayama Y, Nishie A, Asayama Y, Ishigami K, Kakihara D, Ushijima Y, Fujita N, Yoshiura T, Takemura A, Obara M, Takahara T, Honda H .  Optimization and Clinical Feasibility of Free-breathing Diffusion-weighted Imaging of the Liver: Comparison with Respiratory-Triggered Diffusion-weighted Imaging .  Magn Reson Med Sci   2015年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitamoto E, Chikui T, Kawano S, Ohga M, Kobayashi K, Matsuo Y, Yoshiura T, Obara M, Honda H, Yoshiura K .  The application of dynamic contrast-enhanced MRI and diffusion-weighted MRI in patients with maxillofacial tumors .  Acad Radiol22 ( 2 ) 210 - 216   2015年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsuruya K, Yoshida H, Kuroki Y, Nagata M, Mizumasa T, Mitsuiki K, Yoshiura T, Hirakawa M, Kanai H, Hori K, Hirakata H, Kitazono T .  Brain atrophy in peritoneal dialysis and CKD stages 3-5: a cross-sectional and longitudinal study .  Am J Kidney Dis65 ( 2 ) 312 - 321   2015年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okada K, Nakao T, Sanematsu H, Murayama K, Honda S, Tomita M, Togao O,Yoshiura T, Kanba S .  Biological heterogeneity of obsessive-compulsive disorder: A voxel-based morphometric study based on dimensional assessment .  Psychiatry Clin Neurosci   2014年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Hiwatashi A, Togao O, Kikuchi K, Matsumoto N, Obara M, YoshiuraT, Honda H .  High-resolution three-dimensional diffusion-weighted MRI/CT image data fusion for cholesteatoma surgical planning: a feasibility study .  Eur Arch Otorhinolaryngol   2014年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoneyama M, Obara M, Takahara T, Kikuchi K, Nakamura M, Tatsuno S, Sawano S, Ogino T, Togao O, Yoshiura T .  Black-and Bright-blood Imaging: A Novel Sequence for Contrast-enhanced Screening ofBrain Metastasis .  Magn Reson Med Sci13 ( 4 ) 277 - 284   2014年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo M, Nakajo M, Fukukura Y, Jinguji M, Shindo T, Nakabeppu Y, Kamimura K, Yoneyama T, Takumi K, Yoshiura T .  Diagnostic performances of FDG-PET/CT anddiffusion-weighted imaging indices for differentiating benign pheochromocytoma from other benign adrenal tumors .  Abdom Imaging   2014年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uehara R, Yamashita K, Hiwatashi A, Togao O, Kikuchi K, Yokoyama J, Matsuse D, Yoshiura T, Honda H .  Intravoxel incoherent motion magnetic resonance imagingfindings in the acute phase of MELAS: a case report .  Brain Behav4 ( 6 ) 798 - 800   2014年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Hiwatashi A, Yamashita K, Kikuchi K, Yoshiura T, Honda H .  Additional MR contrast dosage for radiologists' diagnostic performance in detecting brain metastases: a systematic observer study at 3 T .  Jpn J Radiol32 ( 9 ) 537 - 544   2014年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Honda H .  Balloon test occlusion of internal carotid artery: Angiographic findings predictive ofresults .  World J Radiol6 ( 8 ) 619 - 624   2014年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirata H, Hiwatashi A, Yoshiura T, Togao O, Yamashita K, Kamano H, Kikuchi K, Honda H .  Resolution of epidural hematoma related to osteoporotic fracture after percutaneous vertebroplasty .  World J Radiol5 ( 8 ) 325 - 327   2014年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao M, Matsuo Y, Kamitani T, Yonezawa M, Yamasaki Y, Kawanami S, Abe K, Mukai Y, Higo T, Yabuuchi H, Takemura A, Yoshiura T, Sunagawa K, Honda H .  Quantification of myocardial iron deficiency in nonischemic heart failure by cardiac T2* magnetic resonance imaging .  Am J Cardiol113 ( 6 ) 1024 - 1030   2014年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Togao O, Yamashita K, Kikuchi K, Fujita Y, Yoshikawa H, Koga T, Obara M, Honda H: .  Diffusivity of intraorbital lymphoma vs. LgG4-related disease: 3D turbo field echo with diffusion-sensitized driven equilibrium preparation technique. .  Eur Radiol,24 ( 3 ) 581 - 586   2014年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Yoshiura T, Keupp J, Hiwatashi A, Yamashita K, Kikuchi K, Suzuki Y, Suzuki SO, Iwaki T, Hata N, Mizoguchi M, Yoshimoto K, Sagiyama K, Takahashi M, Honda H: .  Amide proton transfer imaging of adult diffuse gliomas: correlation with histopathological grades. .  Neuro Oncol,16 ( 3 ) 441 - 448   2014年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatakenaka M, Nakamura K, Yabuuchi H, Shioyama Y, Matsuo Y, Kamitani T, Yonezawa M, Yoshiura T, Nakashima T, Mori M, Honda H .  Apparent diffusion coefficient is a prognostic factor of head and neck squamous cell carcinoma treated with radiotherapy .  Jpn J Radiol32 ( 2 ) 80 - 89   2014年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takigawa K, Michiwaki Y, Hata N, Yoshiura T, Torisu R, Kikkawa Y, Hisada K, Yoshimoto K, Mizoguchi M, Sasaki T .  A case of glioblastoma manifesting the discrepancy of diffusion weighted images between different magnetic resonance systems .  No Shinkei Geka42 ( 4 ) 355 - 359   2014年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Togao O, Yamashita K, Kikuchi K, Kobayashi K, Ohga M, Sonoda S, Honda H, Obara M: .  Evaluation of diffusivity in the anterior lobe of the pituitary gland: 3D turbo field echo with diffusion-sensitize driven-equilibrium preparation. .  AJNR Am J Neuroradiol,35 ( 1 ) 95 - 98   2014年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami N, Morioka T, Hashiguchi K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Suzuki SO, Nakamizo A, Amano T, Hata N, Sasaki: .  Usefulness of three-dimensional T1-weighted spoiled gradient-recalled echo and three-dimensional heavily t2-weighted images in preoperative evaluation of spinal dysraphism. .  Childs Nerv Syst,29 ( 10 ) 1905 - 1914   2013年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Obara M, Togao O, Matsumoto N, Kikuchi K, Honda H: .  High-resolution three-dimensional diffusion-weighted imaging of middle ear cholesteatoma at 3.0 T MRI: usefulness of 3D fast field-echo with diffusion-sensitized driven-equilibrium preparation compared to single-shot echo-planar imaging. .  Eur J Radiol82 ( 9 ) e471 - 475   2013年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumazawa S, Yoshiura T, Honda H, Totofuku F: .  Improvement of partial volume segmentation for brain tissue on diffusion tensor images using multiple-tensor estimation. .  J Digit Imaginig26 ( 6 ) 1131 - 1140   2013年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yonezawa M, Nagao M, Abe K, Matsuo Y, Baba S, Kamnitani T, Isoda T, Maruoka Y, Jinnouchi M, Yamasaki Y, Abe K, Higo T, Yoshiura T, Honda H: .  Relationship between impaired cardiac sympathetic activity and spatial dissynchrony in patients with non-ischemic heart failure: assessment with MIBG scintigraphy and tagged MRI. .  J Nucl Cardiol20 ( 4 ) 600 - 608   2013年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayama Y, Hatakenaka M, Tsushima H, Okazaki K, Yoshiura T, Yonezawa M, Nishikawa K, Iwamoto Y, Honda H: .  T1ρ is superior to T2 mapping for the evaluation of articular cartilage denaturalization with osteoarthritis: radiological-pathological correlation after total knee arthroplasty. .  Eur J Radiol 82 ( 4 ) e192 - 198   2013年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tokunaga C, Arimura H, Yoshiura T, Ohara T, Yamashita Y, Kobayashi K, Magome T, Nakamura Y, Honda H, Hirata H, Ohki M, Toyofuku H: .  Automated measurement of three-dimensional cerebral cortical thickness in Alzheimer’s patients using localized gradient vector trajectory in fuzzy membership maps. .  J Biomed Sci Eng6   327 - 336   2013年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamitani T, Matsuo Y, Yabuuchi H, Fujita N, Nagao M, Jinnnouchi M, Yonezawa M, Yamasaki Y, Tokunaga E, Kubo M, Yamamoto H, Yoshiura T, Honda H: .  Correlation between apparent diffusin coefficient values and prognostic factors of breast cancer. .  Magn Reson Med Sci, 12 ( 3 ) 193 - 199   2013年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Abe K, Kikuchi K, Yoshimoto K, Suzuki OS, Maruoka Y, Mizoguchi M, Iwaki T, Honda H: .  Differentiating malignant CNS lymphoma from glioblastoma: assessment using arterial spin labeling, diffusion weighted imaging, and 18F-fluorodeoxyglucose positron emission tomography. .  Neuroradiology 55 ( 2 ) 135 - 143   2013年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kondo M, Hatakenaka M, Higuchi K, Fujioka T, Shirasaka T, Nakamura Y, Nakamura K, Yoshiura T, Honda H: .  Feasibility of low-radiation-dose CT for abdominal examinations with hybrid iterative reconstruction algorithm: low-contrast phantom study. .  Radiol Phys Technol,6 ( 2 ) 287 - 292   2013年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y, Tokumori K, Tanabe HC, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Yoshiura K, Goto TK: .  Localization of the primary taste cortex by contrasting passive and attentive conditions. .  Exp Brain Res227 ( 2 ) 185 - 197   2013年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murayama K, Nakao T, Sanematsu H, Okada K, Yoshiura T, Tomita M, Masuda Y, Isomura K, Nakagawa A, Kanba S: .  Differential neural netwaork of checking versus washing symptoms in obsessive-compulsive disorder. .  Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry40   160 - 166   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura H, Tokunaga C, Yoshiura T, Ohara T, Yamashita Y, Toyofuku F: .  Automated measurement of cerebral cortical thickness based on fuzzy membership map derived from MR images for evaluation of Alzheimer’s disease. .  Conf Proc IEEE Eng Med Biol, 2013   1776 - 1779   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniwaki T, Yoshiura T, Ogata K, Togao O, Yamashita K, Kida H, Miura S, Kira JI, Tobimatsu S: .  Disrupted connectivity of motor loops in Parkinson’s disease during self-initiated but not externally-triggered movements. .  Brain Res1512   45 - 49   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamano H, Yoshiura T, Hiwatashi A, Abe K, Togao O, Yamashita K, Honda H: .  Arterial spin labeling in patients with chronic cerebral artery steno-occlusive disease: correlation with (15)O-PET. .  Acta Radiol 54 ( 1 ) 99 - 106   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayama Y, Nishie A, Asayama Y, Ishigami K, Kakihara D, Nakayama T, Yoshiura T, Obara M, Hirakawa M, Honda H: .  Image quality of Gd-EOB-DTPA magnetic resonance imaging of the liver using dual-source parallel radiofrequency transmission technology: comparison with the post-processing correction for B1 inhomogeneity-induced signal loss. .  Eur J Radiol 81 ( 11 ) 3035 - 3040   2012年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwataashi A, Togao O, Yoshimoto K, Suzuki SO, Kikuchi K, Mizoguchi M, Iwaki T, Honda H: .  Arterial spin labeling of hemangioblastoma: differentiation from metastatic brain tumors based on quantitative blood flow measurement. .  Neuroradiology 54 ( 8 ) 809 - 813   2012年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugimori H, Kanna T, Yamashita K, Kuwashiro T, Yoshiura T, Zaitsu A, Hashizume M: .  Early findings on brain computed tomography and the prognosis of post-cardiac arrest syndrome: application of the score for stroke patients. .  Resuscitation83 ( 7 ) 848 - 854   2012年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Kamano H, Honda H: .  Ultrashort echo time imaging of normal middle ear ossicles: a feasibility study. .  Dentomaxillofac Radiol 41 ( 7 ) 601 - 604   2012年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y, Goto T, Tokumori K, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Ninomiya Y, Yoshiura K: .  The temporal change of the cortical activations due to salty and sweet in humans: fMRI and taste-intensity sensory evaluation. .  Neuroreport 23 ( 6 ) 400 - 404   2012年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dashjamts T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Kamano H, Kawashima T, Kira J, Honda H: .  Alzheimer’s disease: diagnosis by different methods of voxel-based morphometry. .  Fukuoka Igaku Zasshi103 ( 3 ) 59 - 69   2012年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Yamashita K, Kamano H, Dashjamts T, Honda H: .  Usefulness of high-resolution STIR at 3T in posterior fossa: visualization of the lower cranial nerves and vessels. .  AJR Am J Roentogenol 199 ( 3 ) 644 - 648   2012年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Honda H: .  Arterial spin-labeling magnetic resonance imaging: the timing of maximal perfusion-related signal intensity revealed by a multiphase technique. .  Jpn J Radiol30 ( 2 ) 137 - 145   2012年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamano H, Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Takayama Y, Nagao E, Zimine I, Honda H: .  Accelerated territorial arterial spin labeling based on shared rotating control acquisition: an observer study for validation. .  Neuroradiology 54 ( 1 ) 65 - 71   2012年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayama Y, Yoshiura T, Nishie A, Nakayama T, Hatakenaka M, Kato N, Yoshise S, Keupp J, Burdinski D, Honda H: .  Ytterbium-based PARACEST agent: feasibility of CEST imaging on a clinical MR scanner. .  Magn Reson Med Sci 11 ( 1 ) 35 - 41   2012年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dashjamts T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Monji A, Ohyagi Y, Kamano H, Kawashima T, Kira JI, Honda H: .  Simultaneous arterial spin labeling cerebral blood flow and morphological assessments for detection of Alzheimer’s disease. .  Acad Radiol18 ( 12 ) 1492 - 1499   2011年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatakenaka M, Shioyama Y, Nakamura K, Yabuuchi H, Matsuo Y, Sunami S, Kamitani T, Yoshiura T, Nakashima T, Nishikawa K, Honda H: .  Apparent diffusion coefficient calculated with relatively high b-values correlates with local failure of head and neck squamous cell carcinoma treated with radiotherapy. .  AJNR Am J Neuroradiol32 ( 10 ) 1904 - 1910   2011年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura Y, Goto TK, Tokumori K, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Ninomiya Y, Yoshiura K: .  Localization of brain activation by umami taste in humans. .  Brain Res 1406   18 - 29   2011年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Dashjamts T, Kamano N, Shiratsuchi H, Honda H: .  Contributing factor in the pathogenesis of acquired cholesteatoma: morphological analysis based on multidetector-row CT measurements. .  AJR Am J Roentgenol196 ( 5 ) 1172 - 1175   2011年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao E, Yoshiura T, Hiwatashi A, Obara M, Yamashita K, Kamano N, Takayama Y, Takayama Y, Kobayashi K, Honda H: .  3D turbo spin-echo sequence with motion-sensitized driven-equilibrium preparation for detection of brain metastases on 3-Tesla magnetic resonance imaging. .  AJNR Am J Neuroradiol32 ( 4 ) 664 - 670   2011年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ohnishi K, Shioyama Y, Hatakenaka M, Nakamura K, Abe K, Yoshiura T, Ohga S, Nonoshita T, Yoshitake T, Nakashima T, Honda H: .  Prediction of local failure with a combination of pretreatment tumor volume and apparent diffusion coefficient in patients treated with definitive radiotherapy for hypopharyngeal or oropharyngeal squamous cell carcinoma. .  J Radiat Res52 ( 4 ) 522 - 530   2011年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuchi Y, Ogata K, Umesaki T, Yoshiura T, Kenjo M, Hirano Y, Okamoto T, Komune S, Tobimatsu S: .  Spatiotemporal signatures of an abnormal auditory system in stuttering. .  Neuroimage55 ( 3 ) 891 - 899   2011年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Dashjamts T, Kamano H, Inoguchi T, Honda H: .  Sensorineural hearing loss: there is no correlation with isolated dysplasia of the lateral semi-circular canal on temporal bone CT. .  Acta Radiol52 ( 2 ) 229 - 233   2011年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Takayama Y, Kamano H, Kawashima T, Kira JI, Honda H: .  Deterioration of abstract reasoning ability in mild cognitive impairment and Alzheimer's disease: correlation with regional grey matter volume loss revealed by diffeomorphic anatomical registration through exponentiated lie algebra analysis. .  Eur Radiol 21 ( 2 ) 419 - 425   2011年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hatakenaka M, Nakamura K, Yabuuchi H, Shioyama Y, Matsuo Y, Ohnishi K, Sunami S, Kamitani T, Setoguchi T, Yoshiura T, Nakashima T, Nishikawa K, Honda H: .  Pretreatment apparent diffusion coefficient of the primary lesion correlates with local failure in head-and-neck cancer treated with chemoradiotherapy or radiotherapy. .  Int J Radiat Oncol Biol Phys81 ( 2 ) 339 - 345   2011年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Noguchi T, Togao O, Takayama Y, Nagao E, Kamano H, Hatakenaka M, Honda H: .  Volumetric asymmetry and differential aging effect of the human caudate nucleus in normal individuals: a prospective MR imaging study. .  J Neuroimaging 21 ( 1 ) 34 - 37   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Hiwatashi A, Kamano H, Dashjamts T, Shibata S, Tamae A, Honda H: .  Detection of middle ear cholesteatoma by diffusion-weighted MR imaging: multi-shot echo-planar imaging compared to single-shot echo-planar imaging. .  AJNR Am J Neuroradiol21 ( 1 ) 34 - 37   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao T, Sanematsu H, Yoshiura T, Murayama K, Tomita M, Masuda Y, Kanba S: .  fMRI of patients with social anxiety disorder during a social situation task. .  Neurosci Res69 ( 1 ) 67 - 72   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi K, Morioka T, Murakami N, Suzuki SO, Hiwatashi A, Yoshiura T, Sasaki T: .  Utility of 3-T FLAIR and 3D short tau inversion recovery MR imaging in the preoperative diagnosis of hippocampal sclerosis: direct comparison with 1.5-T FLAIR MR imaging. .  Epilepsia 51 ( 9 ) 1820 - 1828   2010年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Yamashita K, Kamano N, Honda H: .  Usefulness of ultrashort echo time MRI after percutaneous vertebroplasty. .  AJR Am J Roentgenol 195 ( 5 ) W365 - 368   2010年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumazawa S, Yoshiura T, Honda H, Toyofuku F, Higashida Y: .  Partial volume estimation and segmentation of brain tissue based on diffusion tensor MRI. .  Med Phys 37 ( 4 ) 1482 - 1490   2010年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takayama Y, Hatakenaka M, Yoshiura T, Okazaki K, Nishikawa K, Okuaki T, Zimine I, Honda H: .  A simplified method of T1ρ mapping: clinical utility for a quantitative assessment of knee joint. .  Magn Reson Med Sci 9 ( 4 ) 209 - 215   2010年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nagao E, Uchino A, Hasuo K, Atsumi K, Matsuura T, Kuroiwa T, Mihara F, Honda H, Kudo S: .  CT and MRI findings of human herpesvirus 6-associated encephalopathy: comparison with findings of herpes simplex virus encephalitis. .  AJR Am J Roentgenol 194 ( 3 ) 754 - 760   2010年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Yamashita K, Kamano H, Dashjamts T, Honda H: .  Morphologic change in vertebral body after percutaneous vertebroplasty: follow-up with MDCT. .  AJR Am J Roentgenol 195 ( 3 ) 207 - 212   2010年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noriuchi M, Kikuchi Y, Yoshiura T, Kira R, Shigeto H, Hara T, Tobimatsu S, Kamio Y: .  Altered white matter fractional anisotropy and social impairment in children with autism spectrum disorder. .  Brain Res 1362   141 - 149   2010年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Yoshiura T, Nakao T, Nabeyama M, Sanematsu H, Nakagawa A, Noguchi T, Hiwatashi A, Yamashita K, Nagao E, Honda H: .  Regional gray and white matter volume abnormalities in obsessive-compulsive disorder: a voxel-based morphometry study. .  Psychiat Res 184 ( 1 ) 29 - 37   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • etersen ET, Mouridsen K, Golay X, Alfke K, Asllani I, Bloch KM, Borogovac A, Browaeys P, Butman JA, van Cauteren M, Chai JM, Dimitrov I, Donahue MJ, Gai ND, Gatenby JC, Goode S, Hansen AE, Helle M, Higano S, Hirai T, Hoogduin H, Hoogenraad FG, Ivancevic MK, Jackson A, Jahng GH, Kampaengtip A, Kim E, Kim JH, Kim ST, Kitajima M, Knutsson L, Lackey J, Lai S, Laothamatas J, Larkman DJ, Larsson HB, Lee JH, Lee SK, Lu H, MacKay AL, Meuli RA, Moffat K, Moore EA, Morgan PS, Murata T, Madler B, Noguchi T, Peeters R, Rollins NK, Shnier R, Sunaert S, Sundgren PC, Welch EB, Yang DM, Yoshiura T, van Zijl PC, Zimine I: .  The QUASAR reproducibility study, part II: results from a multi-center Arterial Spin Labeling test-retest study. .  Neuroimage49 ( 1 ) 104 - 113   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsushita T, Isobe N, Piao H, Matsuoka T, Ishizu T, Doi H, Masaki K, Yoshiura T, Yamasaki R, Ohyagi Y, Kira J: .  Reappraisal of brain MRI features in patients with multiple sclerosis and neuromyelitis optica according to anti-aquaporin-4 antibody status. .  J Neurol Sci291 ( 42006 ) 37 - 43   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sanematsu H, Nakao T, Yoshiura T, Nabeyama M, Togao O, Tomita M, Masuda Y, Nakatani E, Nakagawa A, Kanba S: .  Predictors of treatment response to fluvoxamine in obsessive-compulsive disorder: an fMRI study. .  J Psychiatr Res44 ( 4 ) 193 - 200   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Hiwatashi A, Noguchi T, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Nagao E, Kamano H, Togao O, Honda H: .  Arterial spin labelling at 3-T MR imaging for detection of individuals with Alzheimer's disease. .  Eur Radiol 19 ( 12 ) 2816 - 2825   2009年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Noguchi T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nakao T, Nagao E, Kumazawa S, Arimura H, Honda H: .  Age-related microstructural changes in subcortical white matter during postadolescent periods in men revealed by diffusion-weighted MR imaging. .  Hum Brain Mapp 30 ( 10 ) 3142 - 3150   2009年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Yamashita K, Kamano H, Dashjamts T, Honda H: .  Subsequent fracture after percutaneous vertebroplasty can be predicted on preoperative multidetector row CT. .  AJNR Am J Neuroradiol130 ( 10 ) 1830 - 1834   2009年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao T, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakatani E, Nabeyama M, Sanematsu H, Togao O, Yoshioka K, Tomita M, Kuroki T, Kanba S: .  Duration effect of obsessive-compulsive disorder on cognitive function: a functional MRI study. .  Depress Anxiety26 ( 9 ) 814 - 823   2009年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao T, Nakagawa A, Nakatani E, Nabeyama M, Sanematsu H, Yoshiura T, Togao O, Tomita M, Masuda Y, Yoshioka K, Kuroki T, Kanba S: .  Working memory dysfunction in obsessive-compulsive disorder: a neuropsychological and functional MRI study. .  J Psychiatr Res43 ( 8 ) 784 - 791   2009年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Ohyagi Y, Monji A, Takayama Y, Nagao E, Kamano H, Noguchi T, Honda H: .  Simultaneous measurement of arterial transit time, arterial blood volume, and cerebral blood flow using arterial spin-labeling in patients with Alzheimer disease. .  AJNR Am J Neuroradiol30 ( 7 ) 1388 - 1393   2009年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsushita T, Isobe N, Matsuoka T, Shi N, Kawano Y, Wu X, Yoshiura T, Nakao Y, Ishizu T, Kira J: .  Aquaporin-4 autoimmune syndrome and anti-aquaporin-4 antibody-negative opticospinal multiple sclerosis in Japanese. .  Mult Scler15 ( 7 ) 834 - 847   2009年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Westesson PL, Yoshiura T, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Kamano H, Honda H: .  Kyphoplasty and vertebroplasty produce the same degree of height restoration. .  AJNR Am J Neuroradiol30 ( 4 ) 669 - 673   2009年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishie A, Tajima T, Asayama Y, Ishigami K, Hirakawa M, Nakayama T, Ushijima Y, Kakihara D, Okamoto D, Yoshiura T, Masumoto K, Taguchi T, Tsukimori K, Tokunaga S, Irie H, Yoshimitsu K, Honda H: .  MR prediction of postnatal outcomes in left-sided congenital diaphragmatic hernia using right lung signal intensity: comparison with that using right lung volume. .  J Magn Reson Imaging30 ( 1 ) 112 - 120   2009年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsushita T, Isobe N, Matsuoka T, Ishizu T, Kawano Y, Yoshiura T, Ohyagi Y, Kira J: .  Extensive vasogenic edema of anti-aquaporin-4 antibody-related brain lesions. .  Mult Scler15 ( 9 ) 1113 - 1117   2009年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Noguchi T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nagao E, Kamano H, Honda H: .  Intra- and interhemispheric variations of diffusivity in subcortical white matter in normal human brain. .  Eur Radiol20 ( 1 ) 227 - 233   2009年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita K, Yoshiura T, Arimura H, Mihara F, Noguchi T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita Y, Shono T, Kumazawa S, Higashida Y, Honda H: .  Performance evaluation of radiologists with artificial neural network for differential diagnosis of intra-axial cerebral tumors on MR images. .  AJNR Am J Neuroradiol 29 ( 6 ) 1153 - 1158   2008年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Yoshiura T, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Kamano H, Honda H: .  Usefulness of cone-beam CT before and after percutaneous vertebroplasty. .  AJR Am J Roentgenol 191 ( 5 ) 1401 - 1405   2008年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nagao E, Shono T, Mizoguchi M, Nagata S, Sasaki T, Suzuki SO, Iwaki T, Kobayashi K, Mihara F, Honda H: .  Perfusion imaging of brain tumors using arterial spin-labeling: correlation with histopathological vascular density. .  AJNR Am J Neuroradiol 29 ( 4 ) 688 - 693   2008年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura H, Yoshiura T, Kumazawa S, Tanaka K, Koga H, Mihara F, Honda H, Sakai S, Toyofuku F, Higashida Y: .  Automated method for identification of patients with Alzheimer's disease based on three-dimensional MR images. .  Acad Radiol 15 ( 3 ) 274 - 284   2008年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morioka T, Hashiguchi K, Samura K, Yoshida F, Miyagi Y, Yoshiura T, Suzuki SO, Sasaki T: .  Detailed anatomy of intracranial venous anomalies associated with atretic parietal cephaloceles revealed by high-resolution 3D-CISS and high-field T2-weighted reversed MR images. .  Childs Nerv Syst25 ( 3 ) 309 - 315   2008年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nabeyama M, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakao T, Nakatani E, Togao O, Yoshizato C, Yoshioka K, Tomita M, Kanba S: .  Functional MRI study of brain activation alterations in patients with obsessive-compulsive disorder after symptom improvement. .  Psychiat Res 163 ( 3 ) 236 - 247   2008年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Kumazawa S, Noguchi T, Hiwatashi A, Yamashita K, Arimura H, Higashida Y, Toyofuku T, Mihara F, Honda H: .  MR tractography based on directional diffusion function: validation in somatotopic organization of the pyramidal tract. .  Acad Radiol 15 ( 2 ) 186 - 192   2008年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi A, Matsushima T, Yoshiura T, Tanaka A, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Honda H: .  MRI of glossopharyngeal neuralgia caused by neurovascular compression. .  AJR Am J Roentgenol191 ( 2 ) 578 - 581   2008年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao,O, Yoshiura T, Mihara F, Noguchi T, Hiwatashi A, Yamashita K, Yoshitake T, Honda H: .  Cortical thickness difference across the central sulcus visualized in the presence of vasogenic edema. .  Eur J Radiol 66 ( 2 ) 274 - 281   2008年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Noguchi T, Koga H, Ohyagi Y, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kumazawa S, Mihara F, Honda H: .  Cortical damage in Alzheimer’s disease: estimation in medial and lateral aspects of the cerebrum using an improved mapping method based on diffusion-weighted magnetic resonance imaging. .  Acad Radiol 15 ( 2 ) 193   2008年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kami YN, Goto TK, Tokumori K, Yoshiura T, Kobayashi K, Nakamura Y, Honda H, Ninomiya Y, Yoshiura K: .  The development of a novel automated taste stimulus delivery system for fMRI studies on the human cortical segregation of taste. .  J Neurosci Meth 172 ( 1 ) 48 - 53   2008年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Yoshiura T, Oguri S, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nagao E, Murakami J, Mihara F, Honda H: .  Intraarterial therapy for acute ischemic stroke: investigation of prognostic factors. .  Fukuoka Igaku Zasshi 98 ( 8 ) 320 - 328   2007年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaneko K, Fujimoto S, Okada Y, Yoshiura T, Yasumori K, Muranaka T, Sasaki M, Koga H, Abe K, Sawamoto H, Honda H: .  SPECT evaluation of cerebral blood flow during arm exercise in patients with subclavian steal. .  Ann Nucl Med 21 ( 8 ) 463 - 470   2007年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi K, Morioka T, Yoshida F, Miyagi Y, Mihara F, Yoshiura T, Nagata S, Sasaki T: .  Feasibility and limitation of constructive interference in steady-state (CISS) MR imaging in neonates with lumbosacral myeloschisis. .  Neuroradiology 49 ( 7 ) 579 - 585   2007年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morioka T, Hashiguchi K, Yoshida F, Matsumoto K, Miyagi Y, Mihara F, Nagata S, Yoshiura T, Masumoto K, Taguchi K, Sasaki T: .  Neurosurgical management of spinal dysraphism associated with OEIS complex. .  Childs Nerv Syst24 ( 6 ) 723 - 729   2007年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniwaki T, Okayama A, Yoshiura T, Togao O, Nakamura Y, Yamasaki T, Ogata K, Shigeto H, Ohyagi Y, Kira J, Tobimastu S: .  Age-related alterations of the functional interactions within the basal ganglia and cerebellar motor loops in vivo. .  Neuroimage 36 ( 4 ) 1263 - 1276   2007年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kobayashi K, Hihara F, Honda H: .  Quantitative perfusion imaging with pulsed arterial spin labeling: a phantom study. .  Magn Reson Med Sci 6 ( 2 ) 91 - 97   2007年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Pineda AA, Ogata K, Osoegawa M, Murai H, Shigeto H, Yoshiura T, Tobimatsu S, Kira J: .  A distinct subgroup of chronic inflammatory demyelinating polynueropathy with CNS demyelination and a favorable response to immunotherapy. .  J Neurol Sci 255 ( 42006 ) 1 - 6   2007年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumazawa S, Yoshiura T, Arimura H, Mihara F, Honda H, Higashida Y, Toyofuku F: .  Estimation of white matter connectivity based on a three-dimensional directional diffusion function in diffusion tensor MRI. .  Med Phys 33 ( 12 ) 4643 - 4652   2006年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Koga H, Ohyagi Y, Noguchi T, Togao O, Ogomori K, Miyoshi K, Yamasaski T, Kaneko K, Ichimiya A, Kanba S, Honda H: .  Mapping of subcortical white matter degeneration using diffusion-weighted magnetic resonance imaging. .  Acad Radiol13 ( 12 ) 1460 - 1464   2006年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaneko K, Sasaki M, Morioka T, Koga H, Abe K, Sawamoto H, Ohya N, Yoshiura T, Mihara F, Honda H: .  Preseurgical identification of epileptogenic areas in temporal lobe epilepsy by 123I-iomazenil SPECT: a comparison with IMP SPECT and FDG PET. .  Nucl Med Commun 27 ( 11 ) 893 - 899   2006年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Koga H, Noguchi T, Togao O, Ohyagi Y, Ogomori K, Ichimiya A, Kanba S, Honda H: .  Cerebral white matter degeneration in frontotemporal dementia detected by diffusion-weighted magnetic resonance imaging. .  Acad Radiol 13 ( 11 ) 1373 - 1378   2006年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Noguchi T, Mihara F, Yoshiura T, Togao O, Atsumi K, Matsuura T, Kuroiwa T, Honda H: .  MR imaging of human herpesvirus-6 encephalopathy after hematopoetic stem cell transplantation in adults. .  AJNR Am J Neuroradiol27 ( 10 ) 2191 - 2195   2006年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniwaki T, Okayama A, Yoshiura T, Togao O, Nakamura Y, Yamasaki T, Ogata K, Shigeto H, Ohyagi Y, Kira J, Tobimatsu S: .  Functional network of the basal ganglia and cerebellar motor loops in vivo: different activation patterns between self-initiated and externally triggered movements. .  Neuroimage 31 ( 2 ) 745 - 753   2006年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Mihara F, Yoshiura T, Tanaka A, Noguchi T, Kuwabara Y, Kaneko K, Matsushima T, Honda H: .  Cerebral hemodynamics in Moyamoya disease: correlation between perfusion-weighted MR imaging and cerebral angiography. .  AJNR Am J Neuroradiol27 ( 2 ) 391 - 397   2006年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao T, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakatani E, Nabeyama M, Yoshizato C, Kudoh A, Tada K, Yoshioka K, Kawamoto M, Togao O, Kanba S: .  Brain activation of patients with obsessive-compulsive disorder during neuropsychological and symptom provocation tasks before and after symptom improvement: a functional magnetic resonance imaging study. .  Biol Psychiat57 ( 8 ) 901 - 910   2005年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mihara F, Yoshiura T, Noguchi T, Togao O, Morioka T, Sasaki T, Honda H: .  A method to reduce saline and heparin in intraoperative cerebral angiography: a preliminary report. .  Radiat Med 23 ( 8 ) 588 - 589   2005年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi K, Morioka T, Fukui K, Miyagi Y, Mihara F, Yoshiura T, Nagata S, Sasaki T: .  Usefulness of constructive interference in steady-state magnetic resonance imaging in the presurgical examination for lumbosacral lipoma. .  J Neurosurg103 ( 6 Suppl ) 537 - 543   2005年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Tanaka A, Togao O, Taniwaki T, Nakagawa A, Nakao T, Noguchi T, Kuwabara Y, Honda H: .  Age-related structural changes in the young adult brain shown by magnetic resonance diffusion tensor imaging. .  Acad Radiol12 ( 3 ) 268 - 275   2005年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakao T, Nakagawa A, Yoshiura T, Nakatani E, Nabeyama M, Yoshizato C, Kudoh A, Tada K, Yoshioka K, Kawamoto M: .  A functional MRI comparison of patients with obsessive-compulsive disorder and normal normal controls during a Chinese character Stroop task. .  Psychiat Res 139 ( 2 ) 101 - 114   2005年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Tanaka A, Noguchi T, Togao O, Kuwabara Y, Honda H: .  Novel method to estimate and display cerebral cortical degeneration using diffusion-weighted magnetic resonance imaging. .  Magn Reson Med54 ( 2 ) 455 - 459   2005年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka A, Mihara F, Yoshiura T, Togao O, Kuwabara Y, Natori Y, Sasaki T, Honda H: .  Differentiation of cavernous hemangioma from schwannoma of the orbit: a dynamic MRI study. .  AJR Am J Roentgenol 183 ( 6 ) 1799 - 1804   2004年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaneko K, Kuwabara Y, Mihara F, Yoshiura T, Nakagawa M, Tanaka A, Sasaki M, Koga H, Hayashi K, Honda H: .  Validation of the CBF, CBV, and MTT values by perfusion MRI in chronic occlusive cerebrovascular disease: a comparison with 15O-PET. .  Acad Radiol 11 ( 5 ) 489 - 497   2004年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Togao O, Mihara F, Yoshiura T, Tanaka A, Kuwabara Y, Morioka T, Matsushima T, Sasaki T, Honda H: .  Prevalence of stenoocclusive lesions in the renal and abdominal arteries in Moyamoya disease. .  AJR Am J Roentogenol183 ( 1 ) 119 - 122   2004年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniwaki T, Okayama A, Yoshiura T, Nakamura Y, Goto Y, Kira J, Tobimatsu S: .  Repraisal of the motor role of basal ganglia: a functional magnetic resonance image study. .  J Neurosci 23 ( 8 ) 3432 - 3438   2003年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mihara F, Kuwabara Y, Yoshiura T, Tanaka A, Kaneko K, Sasaki M, Honda H, Matsushima T: .  Semi-quantitative CBF and CBF ratios obtained using perfusion-weighted MR imaging. .  Neuroreport14 ( 5 ) 725 - 727   2003年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kavcic V, Zhong J, Yoshiura T, Doty RW: .  Frontal cortex, laterality, and memory: encoding versus retrieval. .  Acta Neurobiol Exp 63 ( 4 ) 337 - 350   2003年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mihara F, Kuwabara Y, Tanaka A, Yoshiura T, Sasaki M, Yoshida T, Masuda K, Matsushima T: .  Reliability of mean transit time obtained using perfusion-weighted MR imaging: comparison with positron emission tomography. .  Magn Reson Imaging21 ( 1 ) 33 - 39   2003年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Tanaka A, Ogomori K, Ohyagi Y, Taniwaki T, Yamada T, Yamasaki T, Ichimiya A, Kinukawa N, Kuwabara Y, Honda H: .  High b value diffusion-weighted imaging is more sensitive to white matter degeneration in Alzheimer’s disease. .  Neuroimage20 ( 1 ) 413 - 419   2003年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Kuwabara Y, Ogomori K, Kaneko K, Tanaka A, Sasaki M, Nakagawa M, Koga H, Yamanaka T, Masuda K: .  MR relative cerebral blood flow mapping of Alzheimer's disease: correlation with Tecnetium-99m-HMPAO SPECT. .  Acad Radiol 9 ( 12 ) 1383 - 1387   2002年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Mihara F, Ogomori K, Tanaka A, Kaneko K, Masuda K: .  Diffusion tensor in posterior cingulate gyrus: correlation with cognitive decline in Alzheimer's disease. .  Neuroreport 13 ( 17 ) 2299 - 2302   2002年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada K, Shrier DA, Rubio A, Shan Y, Zoarski GH, Yoshiura T, Iwanaga S, Nishimura T, Numaguchi Y: .  Imaging findings in intracranial aspergillosis. .  Acad Radiol9 ( 2 ) 163 - 171   2002年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Wu, O Zaheer A, Reese TG, Sorensen AG .  Highly diffusion-sensitized MRI of brain: dissociation of gray and white matter. .  Magn Reson Med45 ( 5 ) 734 - 740   2001年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mihara F, Kuwabara Y, Yoshida T, Yoshiura T, Sasaki M, Masuda K, Matsushima T, Fukui M: .  Correlation between proton magnetic resonance spectroscopic lactate measurements and vascular reactivity in chronic occlusive cerebrovascular disease: a comparison with positron emission tomography. .  Magn Reson Imaging18 ( 9 ) 1167 - 1174   2000年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwanaga S, Yoshiura T, Shrier DA, Numaguchi Y: .  Efficacy of targeted CT angiography in evaluation of intracranial carotid artery disase. .  Acad Radiol7 ( 5 ) 325 - 334   2000年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Higano S, Rubio A, Shrier DA, Kwok WE, Iwanaga S, Numaguchi Y: .  Heschl and superior temporal gyri: low signal intensity of the cortex on T2-weighted MR images of the normal brain. .  Radiology214 ( 1 ) 217 - 221   2000年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Zhong J, Shibata DK, Kwok WE, Shrier DA, Numaguchi Y: .  Functional MRI study of auditory and visual oddball tasks. .  Neuroreport 10 ( 83 ) 1683 - 1688   1999年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morioka T, Shigeto H, Ishibashi H, Nishio S, Yamamoto T, Yoshiura T, Fukui M .  Magnetic source imaging of the sensory cortex on the surface anatomy MR scanning. .  Neurol Res20 ( 3 ) 235 - 241   1998年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada K, Shrier DA, Rubio A, Yoshiura T, Iwanaga S, Shibata DK, Patel U, Numaguchi Y:. .  MR imaging of the mamillothalamic tract. .  Radiology207 ( 3 ) 593 - 598   1998年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Iwanaga S, Yamada K, Shrier DA, Patel U, Shibata DK, Numaguchi Y .  Perirolandic cortex in infants: signal intensitry on MR images as a landmark of the sensorimotor cortex. .  Radiology207 ( 2 ) 385 - 388   1998年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuo K, Matsumoto S, Mihara F, Mizushima A, Yoshiura T, Ohnishi Y, Masuda K .  Dural non-cavernous sinus arteriovenous fistulas symptomatically simulating spontaneous carotid-cavernous fistulas: an analysis of angiographic findings. .  Radiat Med15 ( 4 ) 203 - 208   1997年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Hasuo K, Mihara F, Masuda K, Morioka T, Fukui M .  Increased activity of the ipsilateral motor cortex in brain tumor patients with paresis. .  AJNR Am J Neuroradiol18 ( 5 ) 865 - 869   1996年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuo K, Mizushima A, Matsumoto S, Mihara F, Yoshiura T, Umezu Y, Masuda K .  Neuroradiological applications of a new system of stereoscopic biplane digital subtraction angiography. .  Neuroradiology38 ( 5 ) 430 - 432   1996年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Ueno S, Iramina K and Masuda K .  Human middle latency auditory evoked magnetic fields. .  Brain Topogr8 ( 3 ) 291 - 296   1996年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasuo K, Mizushima A, Mihara F, Matsumoto S, Yoshida K, Yoshiura T, Masuda K .  Contrast-enhancement MRI in spinal arteriovenous malformations and fistulae before and after embolisation therapy. .  Neuroradiology38 ( 7 ) 609 - 614   1996年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Ueno S, Iramina K, Masuda K .  Source localization of middle latency auditory evoked magnetic fields. .  Brain Res703 ( 42006 ) 139 - 144   1995年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Ueno S, Iramina K, Masuda K .  Measurement of auditory evoked brain responses elicited by ipsilateral and contralateral ear stimulation with a high-sensitivity SQUID system. .  IEEE Trans Magn30 ( 6 ) 4710 - 4712   1994年6月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiura T, Ueno S, Iramina K, Masuda K .  Effects of stimulation side on human middle latency auditory evoked magnetic fields. .  Neurosc Lett172 ( 42006 ) 159 - 162   1994年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • A case of late-onset bipolar disorders with severely abnormal behaviors and neuroimaging observations which were very similar to those of frontotemporal dementia.

    Monji A, Motomura K, Ohara T, Baba S, Yoshiura T, Mizoguchi Y, Isomura S, Kato TA, Horikawa H, Sato-Ksai M, Yamauchi Y, Hayakawa K, Kanba S:( 担当: 共著)

    J Neuropsych Clin N  2014年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Focal cortical dysplasia coexisting with diffuse astrocytoma in childhood: a case report and repraisal of the glial component in archival FCD cases.

    Masui K, Suzuki SO, Hashiguchi K, Morioka T, Yoshiura T, Sasaki T, Iwaki T:( 担当: 共著)

    Neuropathology  2011年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Pseudoprpgression following concurent temozolomide and radiotherapy in a patient with glioblastoma: findings on functional imaging techniques.

    Shirakawa Y, Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Kamano H, Shioyama Y, Abe K, Amano T, Nakamizo A, Yohimoto K, Torisu R, Suzuki S, Honda: ( 担当: 共著)

    Fukuoka Igaku Zasshi   2010年12月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • A case of giant cell glioblastoma: a mimicker of a cerebral metastasis.

    Nagao E, Yoshiura T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Kamano H, Mizoguchi M, Amano T, Honda H: ( 担当: 共著)

    Fukuoka Igaku Zasshi   2010年7月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Asymmetrical cerebral perfusion demonstrated by noninvasive arterial spin-labeling perfusion imaging in a patient with corticobasal degeneration.

    Dashjamts T, Yoshiura T, Hiwatashi A, Yamashita K, Abe K, Ohyagi Y, Kira J, Honda H: ( 担当: 共著)

    Jpn J Radiol   2010年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Double lumbosacral lipomas of the dorsal and filar types associated with OEIS complex: case report.

    Tokunaga S, Morioka T, Hashiguchi K, Samura K, Yoshida F, Miyagi Y, Yoshiura T, Yamanouchi T, Sasaki T:( 担当: 共著)

    Neurol Med Chir (Tokyo)   2009年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Holocord hydrosyringomyelia with terminal myelocystocele revealed by constructive interference in steady-state MR imaging.

    Hashiguchi K, Morioka T, Samura K, Yoshida F, Miyagi Y, Nagata S, Kokubo T, Yoshiura T, Sasaki T: ( 担当: 共著)

    Pediatr Neurosurg  2009年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Coexistence of a human tail and congenital dermal sinus associated with lumbosacral lipoma.

    Samura K, Morioka T, Hashiguchi K, Yoshida F, Miyagi Y, Yoshiura T, Suzuki SO, Sasaki T: ( 担当: 共著)

    Childs Nerv Syst   2009年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Intraorbital lobular capillary hemangioma (pyogenic granuloma).

    Kamano H, Noguchi T, Yoshiura T, Mihara F, Togao O, Shono T, Iwaki T, Sasaki T, Honda H: ( 担当: 共著)

    Radiat Med   2008年10月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Acute onset facial numbness.

    Kuroki N, Ohyagi Y, Kawano Y, Yoshiura T, Taniwaki T, Kira J: ( 担当: 共著)

    J Clin Neurosci   2008年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Neurosurgical management of occult spinal dysraphism associated with OEIS complex.

    Morioka T, Hashiguchi K, Yoshida F, Matsumoto K, Miyagi Y, Nagata S, Yoshiura T, Masumoto K, Taguchi T, Sasaki T: ( 担当: 共著)

    Child Nerv Syst  2008年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Bursal cyst (bursitis) of the coccygeal region clinically mimics sacrococcygeal meningocele.

    Samura K, Morioka T, Hashiguchi K, Yoshida F, Hokama M, Yamaguchi S, Nagata S, Suzuki SO, Yoshiura T, Sasaki T: ( 担当: 共著)

    Child Nerv Syst   2008年4月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Early subsequent fracture after percutaneous vertebroplasty proven by magnetic resonance imaging.

    Tashima Y, Hiwatashi A, Yoshiura T, Noguchi T, Togao O, Yamashita K, Honda H: ( 担当: 共著)

    Eur J Radiol Extra   2008年2月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • An intraorbital wooden foreign body: description of a case and a variety of CT appearances.

    Yamashita K, Noguchi T, Mihara F, Yoshiura T, Togao O, Yoshikawa H, Honda H: ( 担当: 共著)

    Emerg Radiol   2007年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Persistent diffusion abnormalities in the brain stem of three children with mitochondrial diseases.

    Sakai Y, Kira R, Torisu H, Ihara K, Yoshiura T, Hara T: ( 担当: 共著)

    AJNR Am J Neuroradiol   2006年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Moyamoya syndrome in a splenectomized patient with beta-thalassemia intermedia.

    Sanefuji M. Ohga S, Kira R, Yoshiura T, Torisu H, Hara T: ( 担当: 共著)

    J Child Neurol   2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Percutaneous vertebroplasty in the treatment of pain caused by metastatic tumor.

    Togao O, Mihara F, Yoshiura T, Noguchi T, Kuwabara Y, Yoshimitsu K, Honda H: ( 担当: 共著)

    Fukuoka Igaku Zasshi  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Serial diffusion-weighted MRI in a case of Wilson's disease with acute onset hemichorea.

    Kawamura N, Ohyagi Y, Kawajiri M, Yoshiura T, Mihara F, Furuya H, Kira J: ( 担当: 共著)

    J Neurol   2004年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Deterioration of pre-existing hemiparesis brought about by subsequent ipsilateral lacunar infarction.

    Ago T, Kitazono T, Ooboshi H, Takada J, Yoshiura T, Mihara F, Ibayashi S, Iida M: ( 担当: 共著)

    J Neurol Neurosur PS  2003年8月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Diverticular enlargement of the foramina of Luschka and congenital hydrocephalus.

    Inamura T, Morioka T, Nishio S, Ikezaki K, Nonaka H, Yoshiura T: ( 担当: 共著)

    Childs Nerv Syst  2002年11月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Case report: hemispheric juvenile pilocytic astrocytoma with extreme exophytic growth.

    Yoshiura T, Shrier DA, Pilcher WH, Saunders CA: ( 担当: 共著)

    Clin Radiol   2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • A lateral ventricular gliosarcoma arising in an ependymoma.

    Higashino T, Inamura T, Kawamura M, Ikezaki M, Miyazono M, Yoshiura T, Iwaki T, Fukui M:( 担当: 共著)

    Clin Neuropathol  2001年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

  • Cervical spinal meningioma with unusual MR contrast enhancement.

    Yoshiura T, Shrier DA, Pilcher WH, Rubio A: ( 担当: 共著)

    AJNR Am J Neurorad   1998年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC

  • 【知っておきたい正常変異と先天奇形】胆道系の正常解剖と正常変異 診断のポイント 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    臨床画像37 ( 4月増刊 ) 106 - 114   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <文献概要>・胆管の走行・合流形態を十分に把握することは適切な術式の選択のうえで重要である。・胆管の走行・合流形態には正常変異が多く複雑である。・脈管との立体的位置関係に注意が必要である。・門脈との位置関係により,北回り(胆管が頭側を走行)と,南回り(胆管が尾側を走行)に分類される。・門脈変異がある場合には,胆管の走行・合流変異を伴いやすい。

  • 【肝胆膵の新WHO分類 完全解説】胆嚢・肝外胆管腫瘍 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    画像診断41 ( 3 ) 317 - 327   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>消化器系腫瘍のWHO分類第5版が発刊され,胆嚢・肝外胆管腫瘍においても分類や名称の変更がなされた.また,TNM分類もUICC TNM分類第8版に準ずる形となっている.WHO分類の変更点ならび胆道癌取扱い規約第6版との相違点を熟知することは,日常診療において重要である.

  • 【地力が伸ばせる腹部画像診断:婦人科・腎・泌尿器】副腎 正常副腎の解剖・副腎皮質腺腫・褐色細胞腫の一般的な画像と診断のポイント 査読

    熊谷 雄一, 福倉 良彦, 中條 正豊, 吉浦 敬

    臨床画像37 ( 2 ) 194 - 205   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    <文献概要>・正常副腎は,CT・MRIで腎頭側に逆Y字型としてみられる。・副腎偶発腫の大半を皮質腺腫が占める。皮質腺腫の診断手順を熟知することは重要である。皮質腺腫の診断は主に,腫瘤の脂質の有無と造影パターンによる2つのアプローチによりなされる。・褐色細胞腫が疑われる場合,副腎髄質シンチグラフィ(123I-MIBG)を積極的に行う。

  • Correction to: [18F]-FDG-PET/CT and [18F]-FAZA-PET/CT Hypoxia Imaging of Metastatic Thyroid Cancer: Association with Short-Term Progression after Radioiodine Therapy (Molecular Imaging and Biology, (2020), 22, 6, (1609-1620), 10.1007/s11307-020-01516-6) 査読 国際誌

    Nakajo M.

    Molecular Imaging and Biology22 ( 6 ) 1621   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Molecular Imaging and Biology  

    DOI: 10.1007/s11307-020-01525-5

    Scopus

    PubMed

  • 【胆膵疾患の最新画像診断】APT CEST Imagingによる膵疾患の診断 とくに自己免疫性膵炎における有用性 招待

    福倉 良彦, 上村 清央, 熊谷 雄一, 岩永 崇, 吉浦 敬

    胆と膵41 ( 8 ) 745 - 750   2020年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    MRIでは形態や生理的情報は比較的得やすいが、代謝および分子の情報を得ることは容易ではない。Chemical exchange saturation transfer(CEST)イメージングは、MRIにおける新規のコントラストに基づく分子イメージング法であり、生体内の代謝化合物や組織内環境に関する情報を提供しうる。可動性たんぱく/ペプチド内に含まれるアミド(-NH)プロトンの濃度あるいは交換速度に基づくコントラストを得ることが可能なamide proton transfer(APT)イメージングは、すでに神経領域を中心として臨床応用がなされている。腹部領域における撮像は技術的に難しく、克服すべき課題が残されているが、胆膵領域においても臨床応用がすでに可能なところまできている。今後、さらなる発展とともに、従来の画像診断では得ることのできない代謝化合物や組織内環境に関する情報を与えてくれるものと期待される。(著者抄録)

  • 【頭頸部領域の画像診断トピックス】頭頸部領域におけるdual energy CTの活用 招待

    内匠 浩二, 長野 広明, 吉浦 敬

    映像情報Medical52 ( 8 ) 38 - 42   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  • 【肝胆膵の画像診断-おさえておきたいモダリティ別ポイント-】膵腫瘤性病変のCT・MRI診断 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    画像診断40 ( 7 ) 687 - 696   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>膵の腫瘤性病変は頻度の低いものから高いもの,悪性度の低いものから高いものまで多彩であり,CTおよびMRIによる画像診断は治療方針を決定する際,非常に重要である.しかしながら,それぞれの画像所見も多彩であり,往々にして質的診断に苦慮する.正確な診断を下すには,診断のカギとなりうる画像所見を熟知することが重要である.本稿で膵腫瘤性病変の特徴的画像所見を学ぶことにより,実際の臨床に役立てていただきたい.

  • 【MRI再入門-放射線科医のためのマストアイテム-Part 2】胆道系および膵のMRI 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    画像診断40 ( 3 ) 285 - 293   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>Point ・MRCPがMRI診断の中心である.・MRCPの評価には元画像が有用である.・炎症や腫瘍性疾患には造影検査を考慮する.

  • 【脳腫瘍診断update2020】下垂体とその周囲の腫瘍 招待

    中條 正典, 上村 清央, 米山 知秀, 吉浦 敬

    画像診断40 ( 1 ) 93 - 103   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>下垂体はトルコ鞍内の小さな内分泌器官であるが,下垂体腺腫は,髄膜腫,神経膠腫に次いで第3番目に多い原発性脳腫瘍であり,日常診療で遭遇する機会が多い.下垂体腺腫の特徴的な臨床症状,画像所見,鑑別疾患ならびに治療方針を知っておくことが重要である.

  • 【拡散強調像によるADCの臨床的インパクト】副腎腫瘍におけるADCによる評価 招待

    福倉 良彦, 馬ノ段 智一, 吉浦 敬

    日独医報64 ( 1 ) 48 - 53   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:バイエル薬品(株)  

  • 【肝・胆画像診断のトピックス】肝MRI撮像法の最近のトピックス 招待

    熊谷 雄一, 福倉 良彦, 吉浦 敬

    臨床画像35 ( 6 ) 703 - 713   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    肝MRIの領域で注目されている近年の撮像法のトピックスとしては、高時間・空間分解能、動きによるアーチファクトの軽減および定量評価に関するものなど多岐にわたる。本稿では、これらについて概説する。(著者抄録)

  • 【症候別画像診断プロトコル】疾病診断(症候別) 検査値・健診異常 主膵管拡張[MRI/CT] 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    臨床画像35 ( 4月増刊 ) 60 - 61   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

  • Refresher Course 膵充実性腫瘍のCTおよびMRI 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    画像診断39 ( 5 ) 495 - 502   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

    <文献概要>膵の充実性腫瘍は頻度の低いものから高いもの,悪性度の低いものから高いものまで多彩であり,CTおよびMRIによる画像診断は治療方針を決定する際,非常に重要である.しかしながら,画像所見もそれぞれ多彩であり,往々にして質的診断に苦慮する.正確な診断を下すには,それぞれの臨床および画像的特徴を熟知することが必要となる.本稿で膵充実性腫瘍の特徴的画像所見を学ぶことにより,実際の臨床に役立てていただきたい.

  • Amide proton transfer imaging of tumors: theory, clinical applications, pitfalls, and future directions. 査読

    Kamimura K, Nakajo M, Yoneyama T, Takumi K, Kumagae Y, Fukukura Y, Yoshiura T

    apanese journal of radiology37 ( 2 ) 109 - 116   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Tokyo : Springer  

  • 【外来で必要な脳卒中診療のエッセンス】脳卒中の画像診断のポイント 査読

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 吉浦 敬

    臨牀と研究95 ( 10 ) 1060 - 1066   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 【MRI Evolution 2018】圧縮センシング(Compressed Sensing)を用いた高速撮像技術と臨床応用 査読

    佐々木 雅史, 福倉 良彦, 藤林 裕平, 濱野 裕, 今井 広, 西郷 康正, 吉浦 敬

    Rad Fan16 ( 10 ) 44 - 47   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルアイ  

    圧縮センシング(Compressed Sensing)は近年臨床導入が進んできた新しい高速撮像法であり、我々の臨床の場に急速に広まりつつある注目の撮像技術である。Compressed Sensingについてはすでに多くの研究結果が報告されているが、今回は当院における使用経験を踏まえ、その有用性について紹介する。(著者抄録)

  • 【Multislice CT 2018 BOOK】Dual Energy CT 頭頸部・胸部領域でのDual Energy CTの活用 査読

    内匠 浩二, 袴田 裕人, 長野 広明, 福倉 良彦, 吉浦 敬

    映像情報Medical50 ( 8 ) 70 - 75   2018年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  • 【所見から進める膵腫瘤の鑑別】膵管内あるいは静脈内腫瘍塞栓を伴う病変 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    臨床画像34 ( 6 ) 722 - 730   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    膵充実性腫瘍は、典型的画像所見から逸脱すると診断が困難となる。膵管内あるいは静脈内腫瘍塞栓は膨張性発育を特徴とする腫瘍にみられやすいまれな所見であるが、膵腫瘍の鑑別に重要な所見の1つである。膨張性に発育する膵充実性腫瘍の特徴的画像所見、および膵管内あるいは静脈内腫瘍塞栓を中心に概説する。(著者抄録)

  • 【副腎の画像診断・IVR:診断に必要な基礎から臨床まで】副腎疾患の核医学診断 査読

    神宮司 メグミ, 中條 正豊, 中條 政敬, 谷 淳至, 吉浦 敬

    臨床画像34 ( 3 ) 306 - 316   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メジカルビュー社  

    副腎の画像診断においては、代謝機能を反映する核医学画像は古くから非常に重要な役割を果たしてきた。最近ではSPECTやPETの核医学画像と形態画像のCTやMRIとの融合も容易となり、よりわかりやすい画像が得られるようになってきた。(著者抄録)

  • 【頭部の鑑別診断のポイント】(第2章)T1強調像高信号 T1強調像高信号の腫瘤・嚢胞性病変の鑑別 招待

    上村 清央, 中條 正典, 米山 知秀, 吉浦 敬

    画像診断38 ( 4 ) s60 - s65   2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

  • 【Dual Energy CTの今と未来】2層検出器CT(Spectral Detector CT)の特徴および胸部・頭頸部領域における使用経験とその可能性 査読

    内匠 浩二, 袴田 裕人, 長野 広明, 福倉 良彦, 徳安 真一, 吉浦 敬

    Rad Fan16 ( 1 ) 48 - 51   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルアイ  

    検出器を2層にしたSpectral Detector CT(SDCT)であるIQonスペクトラルCTが臨床に導入され、すべての撮像においてdual energy画像の取得が可能となった。日常臨床の読影に利用している端末ですべての撮像においてdual energy解析を行うことができるSDCTは、dual energy解析を研究のみならず、臨床のレベルで使用することを可能にするものである。(著者抄録)

  • 【肺がん診療における医療技術のいま】肺がん診療におけるSpectral Detector CTの使用経験 招待

    内匠 浩二, 袴田 裕人, 長野 広明, 福倉 良彦, 徳安 真一, 吉浦 敬

    映像情報Medical49 ( 11 ) 29 - 34   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  • 【泌尿器の画像診断と放射線治療】画像診断 副腎 非機能性副腎疾患(非機能性腺腫、転移など) 招待

    熊谷 雄一, 福倉 良彦, 谷 淳至, 吉浦 敬

    臨床放射線62 ( 11 ) 1409 - 1417   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【脊椎・脊髄MRIのピットフォール-アーチファクトと偶発所見】CSF flowによるアーチファクト 招待

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 佐々木 雅史, 吉浦 敬

    脊椎脊髄ジャーナル30 ( 9 ) 817 - 822   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)三輪書店  

  • 【MRI Evolution 2017】CLINICAL REPORT Multiband SENSEの臨床応用 査読

    岩永 崇, 福倉 良彦, 中條 正典, 吉浦 敬, 奥秋 知幸

    Rad Fan15 ( 10 ) 23 - 26   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルアイ  

    Multiband SENSE(MB)は近年臨床導入が進んできた新しい高速撮像法であり、今後臨床の場で急速に広まっていくであろう注目の撮像技術である。今回は我々の施設におけるMBの使用経験を踏まえ、その有用性について紹介する。(著者抄録)

  • 【Multislice CT 2017 BOOK】Dual Energy CT Dual layer Dual Energy CTの臨床経験 招待

    内匠 浩二, 福倉 良彦, 袴田 裕人, 熊谷 雄一, 徳安 真一, 吉浦 敬

    映像情報Medical49 ( 8 ) 80 - 84   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:産業開発機構(株)  

  • 【動脈・静脈の疾患(上)-最新の診断・治療動向-】動脈・静脈疾患の検査 静脈疾患の検査 静脈疾患におけるMRI MRVを中心に 査読

    米山 知秀, 上村 清央, 中條 正典, 安永 勇太, 吉浦 敬

    日本臨床75 ( 増刊4 動脈・静脈の疾患(上) ) 208 - 212   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【悪性脳腫瘍に対する放射線治療戦略と治療前後の画像診断の役割】悪性神経膠腫に対する治療前後の画像診断の役割 IVIM、CEST 招待

    吉浦 敬, 上村 清央, 中條 正典

    臨床放射線62 ( 3 ) 375 - 382   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:金原出版(株)  

  • 【膵疾患の画像診断Update-診療ガイドラインを踏まえて-】膵管癌 招待

    福倉 良彦, 熊谷 雄一, 吉浦 敬

    画像診断37 ( 5 ) 407 - 416   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)学研メディカル秀潤社  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 吉浦 敬 .  多発する弾性線維腫へのFDG集積と思われる所見を認めた1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上山 友子, 伊藤 宗一朗, 東 龍太郎, 中村 文彦, 吉浦 敬, 林田 真衣子 .  外陰部顆粒球肉腫に対して放射線治療を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 仮屋 圭佑, 中山 博史, 加治屋 芳樹, 内山 典明, 吉浦 敬, 川畑 宣代, 中村 俊昭, 山本 宗平, 末吉 和宣 .  卵巣原発性絨毛癌の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中村 信哉, 林 完勇, 鮎川 卓朗, 藤崎 陽介, 永里 耕平, 瀬之口 輝寿, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 赤崎 雄一, 有村 愛子, 有村 洋, 西尾 善彦 .  副腎静脈サンプリングにおける術中cone-beam CTの有用性についての検討 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中條 正豊, 神宮司 メグミ, 谷 淳至, 吉浦 敬 .  副腎腫瘍の良悪性鑑別におけるFDG-PET/CTでのテクスチャー解析の有用性の検討 .  核医学  2017年9月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤崎 陽介, 中村 文彦, 伊藤 宗一朗, 東 龍太郎, 上山 友子, 吉浦 敬, 岡本 康裕, 河野 嘉文 .  小児の脊髄退形成星細胞腫に対する放射線治療の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 吉浦 敬 .  少量(1110MBq)のI-131を用いた甲状腺癌術後アブレーション治療の効果判定 .  核医学  2020年10月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉾立 博文, 篠原 哲也, 中禮 久彦, 大久保 幸一, 高木 信介, 吉浦 敬 .  当院における静脈奇形に対する硬化療法の検討 .  IVR: Interventional Radiology  2017年10月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中村 信哉, 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 吉浦 敬 .  当院におけるVIABAHNの初期使用経験 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 長野 広明, 中村 信哉, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  巨大動脈瘤を合併したaneurysmal type腎動静脈瘻に対してステント併用塞栓術を施行した1例 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2019年5月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 谷 淳至, 中條 政敬, 吉浦 敬 .  巨大な甲状腺腫を有するバセドウ病に対するI-131治療経験 .  核医学  2017年9月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 吉浦 敬, 中條 正豊 .  甲状腺癌に対する複数回の放射性ヨード内用療法が耳下腺への放射性ヨード集積に与える影響についての検討 .  核医学  2017年9月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 西森 宏雄, 東 龍太郎, 上山 友子, 伊藤 宗一朗, 吉浦 敬, 田上 聖徳, 中条 哲浩, 夏越 祥次 .  甲状腺未分化癌に対して術後照射を行い長期生存が得られた1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 馬場 康貴, 東 美智代, 吉浦 敬 .  液状止血剤puramatrixの血管塞栓剤としての基礎的検討 .  IVR: Interventional Radiology  2017年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 吉浦 敬, 川津 祥和, 山本 裕之 .  気管支動脈引き抜き損傷に対して、血管塞栓術とステントグラフト内挿術を施行した1例 .  IVR: Interventional Radiology  2017年10月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内匠 浩二, 長野 広明, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  早期咽喉頭癌病変の検出におけるdual-energy CTの有用性の検討 .  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年9月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中別府 良昭, 中山 博史, 高江洌 伸, 佐竹 有貴, 米重 亮馬, 上野 翔, 茨 聡, 吉浦 敬 .  新生児脳MRIのsegmentation .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 仮屋 圭佑, 中禮 久彦, 鉾立 博文, 大久保 幸一, 野口 智弘, 濱之上 雅博, 田代 幸恵, 白濱 浩, 吉浦 敬 .  放射線治療および化学療法が奏功した腹膜播種合併進行膵癌の長期生存例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中野 翼, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 吉浦 敬, 豊川 健二, 山本 裕之, 藤崎 陽介 .  急性大動脈解離後の腹腔動脈狭窄により生じた膵十二指腸動脈瘤の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 河路 広大, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 谷 淳至, 吉浦 敬 .  急性下顎骨骨髄炎における骨シンチグラフィの検討 .  核医学  2019年  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鉾立 博文, 篠原 哲也, 高江洌 伸, 中禮 久彦, 大久保 幸一, 高木 信介, 吉浦 敬 .  当院における静脈奇形に対する硬化療法の治療成績 .  IVR: Interventional Radiology  2017年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉浦 敬 .  画像診断における最近のトピックス .  日本小児科学会雑誌  2019年8月  (公社)日本小児科学会

    招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 内匠 浩二, 袴田 裕人, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  甲状腺結節診断におけるDual energy CTの有用性の検討 .  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年8月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 吉浦 敬, 中條 正豊 .  甲状腺癌術後の胸腺過形成と考えられた1例 FDG-PET/CTとI-131 SPECT/CTとの比較 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鮎川 卓朗, 林 完勇, 永里 耕平, 中條 正典, 内匠 浩二, 東 龍太郎, 吉浦 敬, 中川 俊輔, 江口 太助, 川野 嘉文 .  異所性右鎖骨下動脈出血に対してマイクロバルーン閉塞下にコイル塞栓を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐竹 有貴, 東 龍太郎, 上山 友子, 伊藤 宗一朗, 中村 文彦, 吉浦 敬, 有留 邦明, 前之原 茂穂 .  眼窩内転移に対して緩和的照射を施行した1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中條 正豊, 神宮司 メグミ, 谷 淳至, 吉浦 敬 .  肝機能評価における99mTc GSA SPET/CTのSUV値解析の有用性に関する研究 .  核医学  2020年10月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長谷川 知仁, 林 完勇, 瀬之口 輝寿, 永里 耕平, 熊谷 雄一, 神宮司 メグミ, 福倉 良彦, 吉浦 敬 .  肝外門脈静脈短絡による繰り返す肝性脳症に対してコイルアシスト逆行性経静脈的塞栓が有用であった1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 内匠 浩二, 福倉 良彦, 袴田 裕人, 井手上 淳一, 熊谷 雄一, 馬ノ段 彩, 吉浦 敬 .  耳下腺Basal cell adenomaのMRI所見の検討 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桑水流 絵梨奈, 中村 信哉, 鉾立 博文, 中禮 久彦, 大久保 幸一, 高木 信介, 白濱 浩, 吉浦 敬 .  Angiofibroma of soft tissueの2例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

  • 桑水流 絵梨奈, 篠原 哲也, 中山 博史, 中別府 良昭, 吉浦 敬 .  肺原発intravasuclar diffuse large B cell lymphomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 袴田 裕人, 長野 広明, 内匠 浩二, 熊谷 雄一, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 上村 豪, 政田 豊, 平木 翼, 白濱 浩 .  肺原発滑膜肉腫の2例 .  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2018年9月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 西森 宏雄, 中禮 久彦, 鉾立 博文, 大久保 幸一, 中目 康彦, 吉浦 敬 .  前立腺癌の密封小線源治療後に難治性の直腸潰瘍及び尿道瘻孔を生じた1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 惠島 史貴, 鮎川 卓朗, 藤崎 陽介, 中村 信哉, 林 完勇, 吉浦 敬 .  内痔核切除後の肛門部出血をTAEにて止血し得た1例 .  日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌  2020年4月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤崎 陽介, 中山 博史, 西森 宏雄, 神崎 史子, 加治屋 芳樹, 内山 典明, 中別府 良昭, 吉浦 敬 .  仮性腎動脈瘤に対するTAEの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 吉浦 敬 .  下顎骨骨髄炎・骨壊死の定量的な骨SPECT/CT評価の試み .  核医学  2019年10月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神宮司 メグミ, 中別府 良昭, 吉浦 敬, 加治屋 より子, 谷 淳至, 中條 政敬 .  デング熱のFDG-PET/CTの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 吉浦 敬 .  コレ大丈夫ですか?頭部MRIの落とし穴 .  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2019年9月  (公社)日本医学放射線学会

    招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 長谷川 知仁, 谷 淳至, 神宮司 メグミ, 吉浦 敬 .  エトレチナート長期内服中の症例における骨シンチグラフィの経験 .  核医学  2018年12月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 谷 淳至, 中條 正豊, 神宮司 メグミ, 吉浦 敬, 加治屋 より子 .  FLTの大動脈壁への集積と思われる所見が認められた一例 .  核医学  2017年2月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 神宮司 メグミ, 中條 正豊, 谷 淳至, 吉浦 敬 .  FDG-PET/CTの腹壁異常集積の検討 .  核医学  2019年10月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 袴田 裕人, 内匠 浩二, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 中村 好宏, 佐藤 雅美, 北薗 育美 .  EWSR1-CREB1転座肺粘液腫様肉腫の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 長谷川 知仁, 吉浦 敬, 川野 孝文, 加治 建, 家入 里志 .  Dual catheter techniqueを用いて塞栓術を行った先天性肝内門脈体静脈短絡の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 中野 翼, 吉浦 敬 .  Double catheter techniqueが有用であった総肝動脈偽性瘤の1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 西森 宏雄, 中山 博史, 神崎 史子, 加治屋 芳樹, 中別府 良昭, 花牟禮 豊, 林 多聞, 吉浦 敬 .  Chronic expanding hematomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上村 清央, 中條 正典, 袴田 裕人, 内匠 浩二, 熊谷 雄一, 井手上 淳一, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 米澤 大, 平野 宏文 .  ASL灌流画像で高い血流量を示したtumefactive demyelinating lesionの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中條 正典, 上村 清央, 吉浦 敬, 岩永 崇, 平野 宏文 .  AMICOを用いたNODDI解析 脳腫瘍患者での検討 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長野 広明, 神宮司 メグミ, 谷 淳至, 中條 正豊, 吉浦 敬 .  111In-pentetreotideシンチグラフィの撮像タイミングと腫瘍/正常臓器集積比に関する検討 .  核医学  2017年2月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 惠島 史貴, 長野 広明, 神宮司 メグミ, 谷 淳至, 中條 正豊, 吉浦 敬 .  111In-pentetreotideシンチグラフィにおける膵鉤部生理的集積についての検討 .  核医学  2017年2月  (一社)日本核医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 恵島 史貴, 伊藤 宗一朗, 中村 文彦, 東 龍太郎, 上山 友子, 吉浦 敬, 戸上 真一, 小林 裕明 .  IGBTにて安全に追加照射し得た子宮頸癌術後再々発の1例 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中條 正典, 上村 清央, 米山 知秀, 吉浦 敬, 平野 宏文 .  IVIMによる灌流評価 計算法の影響に関する検討 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上村 清央, 中條 正典, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 岩永 崇, 斉藤 朋典, 佐々木 雅史, 篠崎 拓郎, 平野 宏文, 奥秋 智幸 .  MR spectroscopyを用いたIDH変異グリオーマ患者における2HGの検出 .  Japanese Journal of Radiology  2018年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 馬場 康貴, 林 完勇, 永里 耕平, 吉浦 敬, 粟井 和夫 .  NASH(nonalcoholic steatohepatitis)において門脈塞栓術が酸化ストレス産生を促進するか? 兎実験モデルを用いて .  日本門脈圧亢進症学会雑誌  2017年8月  (一社)日本門脈圧亢進症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 上村 清央, 中條 正典, 米山 知秀, 吉浦 敬, 大塚 洋和, 今井 広 .  OGSE法による短い拡散時間でのADC測定 健常脳におけるPGSE法との比較 .  Japanese Journal of Radiology  2020年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 袴田 裕人, 内匠 浩二, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 中村 好宏, 佐藤 雅美, 後藤 優子 .  肺静脈内進展を呈した肺グロムス腫瘍の1例 .  日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集  2017年8月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 長野 広明, 内匠 浩二, 袴田 裕人, 熊谷 雄一, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 宮永 直, 窪田 佳代子 .  PTTM(pulmonary tumor thrombotic microangiopathy)の2例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 平原 充穂, 中條 正典, 福倉 良彦, 米山 知秀, 上村 清央, 吉浦 敬, 永野 聡, 平木 翼 .  Sclerotic lipomaの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2019年2月  (公社)日本医学放射線学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤崎 陽介, 瀬之口 輝寿, 林 完勇, 中山 博史, 南立 亮, 加治屋 より子, 吉浦 敬 .  TAE後に再出血を来したSegmental Arterial Mediolysisの1例 .  IVR: Interventional Radiology  2018年8月  (一社)日本インターベンショナルラジオロジー学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示