2021/10/28 更新

写真a

イワナガ トモコ
岩永 朋子
IWANAGA Tomoko
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院 助教
職名
助教
外部リンク

学位

  • 博士(獣医学) ( 2021年9月   山口大学 )

  • 学士 (獣医学) ( 2000年3月   日本獣医生命科学大学 )

研究キーワード

  • Sepsis

  • Disseminated Intravascular Coagulation

  • 循環器 敗血症DIC 血液凝固

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   助教

    2019年9月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   特例助教

    2018年4月 - 2019年8月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 附属動物病院   特任助教

    2013年4月 - 2018年3月

所属学協会

  • 日本獣医学会

    2020年8月 - 現在

  • 日本血栓止血学会

    2020年5月 - 現在

  • 日本獣医師会

    2014年4月 - 現在

  • 日本獣医循環器学会

    2005年10月 - 現在

留学歴

  • 2018年9月 - 2019年4月   コーネル大学(Cornell University) 米国   獣医学部

取得資格

  • 動物循環器認定医

 

論文

  • Yoshimura Aritada, Ohmori Takahiro, Itou Kokoro, Ishi Ryo, Matsumura Yuri, Wada Yuhei, Kishimoto Miori, Iwanaga Tomoko, Miura Naoki, Suzuki Kazuhiko, Fukushima Ryuji .  Histopathological changes in the pancreas due to decreased pancreatic blood flow in a canine tachycardia-induced cardiomyopathy model(和訳中) .  The Journal of Veterinary Medical Science83 ( 5 ) 780 - 783   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Iwanaga T. .  Analysis of blood clotting with the total thrombus analysis system in healthy dogs .  Journal of Veterinary Diagnostic Investigation33 ( 2 ) 357 - 361   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Veterinary Diagnostic Investigation  

    DOI: 10.1177/1040638721991862

    Scopus

    PubMed

  • 岩永 朋子 .  犬の慢性うっ血性心不全に併発した気管虚脱による発咳に対して、ダンプロンを使用し発咳の臨床症状が改善した4例 .  MVM30 ( 2 ) 63 - 69   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ファームプレス  

  • Furusawa Yu, Takahashi Masashi, Iwanaga Tomoko, Yabuki Akira, Kano Rui, Hatai Hitoshi, Sueno Wako, Endo Yasuyuki, Momoi Yasuyuki .  イヌにおけるInonotus sp.全身感染(Systemic Inonotus sp. Infection in a dog) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 779 - 783   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Yoshimura Aritada, Ohmori Takahiro, Yamada Shusaku, Kawaguchi Takae, Kishimoto Miori, Iwanaga Tomoko, Miura Naoki, Fukushima Ryuji .  イヌの頻拍誘発性心筋症モデルにおける膵血流と腎血流の比較(Comparison of pancreatic and renal blood flow in a canine tachycardia-induced cardiomyopathy model) .  The Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 836 - 845   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • Tomoko Iwanaga, Naoki Miura, Benjamin M. Brainard, Marjory B. Brooks and Robert Goggs .  A Novel Microchip Flow Chamber (Total Thrombus Analysis System) to Assess Canine Hemostasis .  Frontiers in Veterinary Science Veterinary Experimental and Diagnostic Pathology7   307   2020年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Veterinary Science  

    DOI: 10.3389/fvets.2020.00307

    Scopus

    PubMed

  • Yu FURUSAWA, Masashi TAKAHASHI, Tomoko IWANAGA, Akira YABUKI, Rui KANO, Hitoshi HATAI, Wako SUENO, Yasuyuki ENDO, Yasuyuki MOMOI .  Systemic Inonotus sp. infection in a dog .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 779 - 783   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>A 3-years-old male golden retriever was presented for decreased activity (lethargy), anorexia, and titubation. Superficial lymph nodes were enlarged, and arrhythmia and tachycardia were auscultated. Fungal hyphae-like structures were detected in the biopsy samples from an enlarged lymph node and spleen. Nucleotide sequence of the internal transcribed spacer region of the fungi amplified by PCR was highly homologous to that of <i>Inonotus pachyphloeus</i>. The dog was treated with antifungal agents such as itraconazole, fluconazole, and voriconazole. Clinical signs resolved for 325 days but the dog died suddenly, possibly because of arrhythmia. Postmortem examination revealed the presence of a disseminated fungal infection. This report describes the case of canine systemic <i>Inonotus</i> sp. infection treated by an antifungal agent.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0455

    Scopus

    PubMed

  • Aritada YOSHIMURA, Takahiro OHMORI , Shusaku YA M A D A , Takae KAWAGUCHI, Miori KISHIMOTO, Tomoko IWANAGA, Naoki MIURA and Ryuji FUKUSHIMA .  Comparison of pancreatic and renal blood flow in a canine tachycardia-induced cardiomyopathy model .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 6 ) 836 - 845   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>The pancreas is believed to be vulnerable to hypoperfusion. In dogs with acute pancreatitis, pancreatic ischemia due to heart failure can worsen the condition. However, changes in pancreatic blood flow associated with decreased cardiac function have not been previously studied in dogs. Therefore, we aimed to identify and compare changes in pancreatic versus renal blood flow as a result of cardiac dysfunction. Seven dogs were subjected to rapid ventricular pacing to create heart failure models. Noninvasive blood pressure measurement, ultrasonic cardiography, contrast-enhanced ultrasonography for pancreatic blood flow measurement, and para-aminohippuric acid clearance for renal blood flow measurement were performed before starting and at 2 and 4 weeks after starting the pacing. Left ventricular cardiac output and mean blood pressure decreased at 2 and 4 weeks after starting the pacing, and pancreatic blood flow decreased at 2 and 4 weeks after starting the pacing. However, renal blood flow did not change at 2 weeks but decreased 4 weeks after starting the pacing. Overall, this study demonstrated that reduced pancreatic blood flow due to cardiac dysfunction occurs, similar to renal blood flow. This suggests that decreased pancreatic blood flow is not unusual and may frequently occur in dogs with heart failure. The results of this study support the speculation that heart failure can exacerbate acute pancreatitis. Additionally, this study provides useful basic information for designing further studies to study this association.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.19-0694

    Scopus

    PubMed

  • Iwanaga T, Miura N, Brainard B, Brooks MB, Goggs R .  Evaluation of the Total-Thrombus analysis System (T-TAS) in dogs at risk of bleeding .  International Veterinary Emergency and Critical Care Symposium   2019年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Yamada Shusaku, Hirao Daiki, Miura Naoki, Iwanaga Tomoko, Kawaguchi Takae, Yoshimura Aritada, Oomori Takahiro, Nagasato Tomoka, Maruyama Ikuro, Fukushima Ryuji .  急速心房ペーシング後の急性期における心房内と末梢領域における血液凝固性の比較(Comparison between blood coagulability in the intra-atrial and peripheral regions during the acute phase after rapid atrial pacing) .  Experimental Animals68 ( 2 ) 137 - 146   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本実験動物学会  

    微少循環系の血流の血栓形成を総合的に評価できる総合的血栓形成評価システム(T-TAS)を用いて、心房細動を模したイヌ実験モデルの急速心房ペーシング(RAP)直後の心房内と末梢領域における血液凝固を比較した。その結果、ペーシング30分後の心房血では、ARチップ(凝固系と血小板のミックスした血栓分析のためのチップ)による+10kPaまでの凝固機能評価時間(T10)と閉塞時間(OT)の両方が、ペーシング前に比べて有意に短縮した。ペーシング30分後の心房血のPLチップ(血小板血栓分析のためのチップ)によるOTは、ペーシング前に比べて有意に短縮した。一方、末梢血ではARチップとOTチップによる、T10でもOTでもRAPによって有意な変化はなかった。以上、RAP発症30分後には血液凝集の上昇が示唆されたことから、末梢血での凝集性に変化がなかったとしても、心房細動後早期に抗血栓治療を始めたほうが良いと考えられた。

  • Yamada S, Hirao D, Miura N, iwanaga T, Kawaguchi T, Yoshimura A, Oomori T, Nagasato T, Maruyama I, Fukushima R .  Comparison between blood coagulability in the intra-atrial and peripheral regions during the acute phase after rapid atrial pacing .  Experimantal Animals68 ( 2 ) 137 - 146   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本実験動物学会  

    <p>The changes in intra-atrial blood coagulability of acute phase after development of atrial fibrillation (AF) have not been elucidated in human. In the present study, blood coagulability were examined in the intra-atrial and peripheral regions during the acute phase after development of rapid atrial pacing (RAP) in experimentally created model dog similar to AF, using Total Thrombus-formation Analysis System (T-TAS) that is capable of comprehensively evaluating thrombogenicity in the bloodstream in the microvascular channel. According to the results, both the coagulating function-evaluating time to +10 kPa (T<sub>10</sub>) and occlusion time (OT) of the AR chip (chip for thrombus analysis mixed with coagulation and platelet) were significantly shortened in the atrial blood as early as 30 min after pacing (T<sub>10</sub>, 150.5 ± 40.5 s; OT, 212.4 ± 44.3 s) compared to the pre-pacing levels (T<sub>10</sub>, 194.5 ± 47.5 s; OT, 259.9 ± 49.5 s) (<i>P</i><0.05). The OT of PL chip (chip for platelet thrombus analysis) was significantly shortened 30 min after pacing (231.8 ± 57.6 s), compared to the pre-pacing level (289.5 ± 96.0 s) (<i>P</i><0.05). Meanwhile, none of T<sub>10</sub> and OT of AR and PL chips showed any significant changes in the peripheral blood. The study demonstrated increase of blood coagulability 30 min after development of RAP. While no significant changes were observed in the peripheral blood in the present study, the outcome suggested that the anti-thrombus treatments are better to be started early after AF even if coagulability of the peripheral blood shows no change.</p>

    DOI: 10.1538/expanim.18-0100

    Scopus

    PubMed

  • Norio Ushio, MD Mahfuzur Rahman, Tadashi Maemura, Yu-Chang Lai, Tomoko Iwanaga, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Momoi, Naoki Miura .  Identification of dysregulated microRNAs in canine malignant melanoma .  Oncology Letters17 ( 1 ) 1080 - 1088   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncology Letters  

    DOI: 10.3892/ol.2018.9692

    Scopus

    PubMed

  • Shusaku Yamada, Daiki Hirao, Naoki Miura, Tomoko Iwanaga, Takae Kawaguchi, Aritaba Yoshimura,Takahiro Oomori, Tomoka Nagasato, Ikuro Maruyama, Ryuji Fukushima .  Comparison of chronological changes in blood characteristics in the atrium and peripheral vessels after the development of non-valvular atrial fibrillation .  Thrombosis Research171   31 - 37   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Thrombosis Research  

    DOI: 10.1016/j.thromres.2018.09.040

    Scopus

    PubMed

  • 岩永 朋子,市川 華帆,齋藤 靖生,高橋 雅,福島 隆治,三浦 直樹 .  新規血液凝固検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)の臨床使用例 .  日本小動物獣医学会   2018年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Y.C. Lai, N. Ushio, M.M. Rahman, Y. Katanoda, K. Ogihara, Y. Naya, A. Moriyama, T. Iwanaga, Y. Saitoh, T. Sogawa, T. Sunaga, Y. Momoi, H. Izumi, N. Miyoshi, Y. Endo, M. Fujiki, H. Kawaguchi, N. Miura .  Aberrant expression of microRNAs and the miR-1/MET pathway in canine hepatocellular carcinoma .  veterinary and comaprative oncology16 ( 2 ) 1 - 9   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Veterinary and Comparative Oncology  

    DOI: 10.1111/vco.12379

    Scopus

  • Tomoko Iwanaga, Shusaku Yamada, Ryuji Fukushima, Tomoka Nagasato, Ikuro Maruyama, Naoki Miura .  Novel Thrombogenicity Examination of Whole Blood: Total Thrombus-formation Analysis System in Dogs .  American Collage of Veterinary Internal Medicine Forum   2017年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Yabuki Akira, Iwanaga Tomoko, Giger Urs, Sawa Mariko, Kohyama Moeko, Yamato Osamu .  日本におけるペット用ジャーキーを長期摂取した2頭のイヌの後天性Fanconi症候群 症例報告(Acquired Fanconi syndrome in two dogs following long-term consumption of pet jerky treats in Japan: case report) .  The Journal of Veterinary Medical Science79 ( 5 ) 818 - 821   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

  • 小山 秀一, 粟津 孝子, 安藤 武樹, 平川 篤, 栗田 徹, 高島 一昭, 星 克一郎, 柴崎 哲, 柴崎 美佳, 岩永 朋子, 末松 正弘 .  犬の僧帽弁閉鎖不全症に対するピモベンダン先発品製剤から後発動物用医薬品製剤への切り替えに関する臨床的検討 .  CLINIC NOTE13 ( 4 ) 96 - 100   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • Akira YABUKI, Tomoko IWANAGA, Urs GIGER, Mariko SAWA, Moeko KOHYAMA, Osamu YAMATO .  Acquired Fanconi syndrome in two dogs following long-term consumption of pet jerky treats in Japan: case report .  The Jornal of Veterinary Medical Science79 ( 5 ) 818 - 821   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本獣医学会  

    <p>Renal Fanconi syndrome has recently been associated with the ingestion of pet jerky treats from China in mostly small breed dogs in North America, Australia and Europe. We report here about two dogs with Fanconi syndrome following pet jerky treats exposure in Japan. A mixed-breed dog and a French bulldog showed weight loss, polyuria and polydipsia. For years, the owners had been feeding large quantities of pet jerky treats containing chicken prepared in China. Diagnostics revealed glycosuria without hyperglycemia, severe aminoaciduria, and in one case also ketonuria, hypokalemia and metabolic acidosis. A diagnosis of Fanconi syndrome associated with long-term consumption of Chinese pet jerky treats was made. Both dogs recovered fully following withdrawal of the pet jerky treats and supportive care. Fanconi syndrome of dogs in association with the consumption of pet jerky treats of Chinese origin can cause a broad proximal tubular defect with glycosuria and generalized amino aciduria, and should be also considered in Asia. Jerky treats associated Fanconi syndrome can be completely reversible following withdrawal of the treats and supportive care to correct the metabolic abnormalities.</p>

    DOI: 10.1292/jvms.17-0043

    Scopus

    PubMed

  • 岩永朋子 .  房室解離と心室頻拍およびうっ血性心不全を呈した犬の1例 .  第105回日本獣医循環器学会   2016年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • T. Iwanaga, S. Tokunaga, Y. Momoi .  Thoracic duct lymphography by subcutaneous contrast agent injection in a dog with chylothorax .  Open Veterinary Journal6 ( 3 ) 238 - 241   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: http://dx.doi.org/10.4314/ovj.v6i3.13

  • 平尾大樹,山田修作,河口貴恵,和田智樹,島田香寿美,丹野耕作,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹,岩永朋子,福島隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬の心房血および末梢血における血栓形成能の経時的変化 .  第103回日本獣医循環器学会学会   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 岩永朋子,福島隆治,山田修作,平尾大樹,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹 .  膵炎と肺高血圧症を併発した犬の全血血栓形成観測システムによる血小板&凝固能検査の可能性 .  第103回日本獣医循環器学会学会   2015年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 山田修作,平尾大樹,河口貴恵,和田智樹,島田香寿美,丹野耕作,永里朋香,丸山征郎,岩永朋子,三浦直樹,福島隆治 .  T-TASを用いたイヌの心房細動時における急性期の血液凝固能の評価 .  第103回日本獣医循環器学会学会抄録集   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 岩永朋子,鈴木史生,三浦直樹 .  猫の食道狭窄に対して、バルーン拡張術にて治療を行った1例 .  鹿児島県獣医師会会報 ( 56 ) 16 - 17   2015年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子,福島隆治,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹 .  犬における全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)を用いた血栓凝固機能検査の検討 .  第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会   2015年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 岩永朋子,池田健一郎,亀山和久,三浦直樹 .  房室解離と心室頻拍およびうっ血性心不全を呈した犬の1例 .  鹿児島県獣医師会会報 ( 54 ) 19 - 20   2015年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshiaki Kakimoto, Tomoko Iwanaga, Hiroaki Kanouchi .  Plasma Homocysteine Concentrations in Dogs. .  International Journal of Veterinary Medicine: Research & Reports2014   1 - 7   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Daiki Murata, Takeshi Sogawa, Satoshi Tokunaga, Tomoko Iwanaga, Hiroaki Kawaguchi, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Momoi, Makoto Fujiki, Naoki Miura. .  Ganglion Cysts Arising from a Canine Stifle Joint. .  The Jornal of Veterinary Medical Science76 ( 3 ) 457 - 459   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子、関屋仁、三浦直樹、桃井康行 .  咳嗽失神が認められた犬の1例 .  鹿児島県獣医師会会報 ( 52 )   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子、三浦直樹、町田登、桃井康行 .  心房細動を伴う拡張型心筋症の犬の1例 .  鹿児島県獣医師会会報 ( 50 ) 22 - 24   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoko Iwanaga, Naoki Miura, Noriaki Miyoshi, Yasuyuki Endo, Yasuyuki Momoi .  Abnormal erythroid cell proliferation and myelofibrosis in a cat .  The Jornal of Veterinary Medical Science74 ( 7 ) 909 - 912   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Daiki Murata, Tomoko Iwanaga, Satoshi Tokunaga, Noriaki Miyoshi, Yoshiaki Kitano, Yasuyuki Momoi, Makoto Fujiki .  CT and MRI imaging diagnosis of epidural idiopathic sterile pyogranulomatous inflammation in a dog spinal canal. .  The Jornal of Veterinary Medical Science74 ( 7 ) 913 - 915   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岩永朋子、三浦直樹、新井恒、桃井康行、遠藤泰之 .  ドキソルビシン投与後に心筋障害が原因と思われる不整脈が発症した2症例 .  鹿児島県獣医師会会報26 ( 47 ) 22 - 24   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 犬の治療ガイド2020 私はこうしている

    岩永朋子( 担当: 単著)

    EDUWARD Press  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 猫の治療ガイド2020 私はこうしている

    岩永朋子( 担当: 単著)

    EDUWARD Press  2020年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 胸部超音波検査の基本的な描出

    岩永朋子( 担当: 単著)

    緑書房  2019年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環器疾患の合併症 脳血管障害

    岩永 朋子( 担当: 単著)

    株式会社インターズー  2018年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ホームドクターの循環器検査 心電図検査

    岩永 朋子( 担当: 単著)

    株式会社インターズー  2017年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 猫の診療指針 Part1 第6章6.2遺伝性心筋症

    岩永朋子( 担当: 単著)

    緑書房  2017年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 抗悪性腫瘍薬による有害事象への対応 20心毒性

    岩永朋子( 担当: 共著)

    Veterinary Oncology  2017年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 血栓・凝固系のモニタリング:トロンボエラストグラフィーとT-TAS

    岩永朋子,三浦直樹( 担当: 共著)

    J-VET  2016年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 心疾患の猫対処と麻酔 心疾患をもつ猫が来院したら-無症状の場合-

    岩永朋子( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 猫を診る!ねこ科 case3猫の拡張型心筋症

    岩永朋子( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 心筋症の猫への対処と麻酔 心疾患をもつ猫が来院したら-急性の呼吸不全を呈する場合-

    岩永朋子( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2016年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 心疾患をもつ犬の診療と麻酔

    岩永朋子( 担当: 共著)

    CLINIC NOTE  2015年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • CASEREPORT SASで左室内仮性腱索が認められた犬の一例

    岩永朋子( 担当: 単著)

    Veterinary Circulation  2015年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ここまでやっておきたい 救急の内科疾患犬の心原性肺水腫

    岩永朋子( 担当: 単著)

    CLINIC NOTE  2014年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 猫と投薬

    岩永朋子、桃井康行( 担当: 共著)

    Felis  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • ロジックで学ぶ 犬と猫の臨床テクニック(第14回) 胸部超音波検査の基本的な描出

    岩永 朋子

    CAP: Companion Animal Practice   34 ( 1 )   108 - 113   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)緑書房  

  • 【循環器疾患の合併症】脳血管障害

    岩永 朋子

    Veterinary Circulation   7 ( 3 )   11 - 18   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 【犬の僧帽弁閉鎖不全症】僧帽弁閉鎖不全症の病態生理

    岩永 朋子

    J-VET   31 ( 1 )   8 - 13   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 症例から学ぶ治療選択(第6回) 下痢を呈した症例

    岩永 朋子

    SA Medicine   19 ( 6 )   43 - 49   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 【ホームドクターの循環器検査】心電図検査

    岩永 朋子

    Veterinary Circulation   6 ( 4 )   60 - 89   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

  • 【抗悪性腫瘍薬による有害事象への対応】心毒性

    岩永 朋子

    Veterinary Oncology   4 ( 1 )   20 - 28   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)エデュワードプレス  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 岩永朋子、齋藤靖生、畑井仁、永里朋香、伊藤隆史、福島隆治、高橋雅、丸山征郎、三浦直樹 .  LPS誘導ウサギDICモデルにおけるDIC初期の血小板の動向:血栓形成の可視化による検索 .  第163回日本獣医学会学術集会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩永朋子、高橋香、蔵元智英、十川英、齋藤靖生、三浦直樹、畑井仁、一二三達郎、三好宣彰、桃井康行 .  原発性上皮小体機能亢進症の犬4例におけるCT検査の検討 .  第68回九州地区獣医師大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Iwanaga T, Miura N, Brainard B, Brooks MB, Goggs R .  EVALUATION OF THE TOTAL-THROMBUS ANALYSIS SYSTEM (T-TAS) IN DOGS AT RISK OF BLEEDING .  25th International Veterinary Emergency and Critical Care Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 岩永朋子,曲泰男,重見晋祐,桃井康行 .  循環器疾患の猫におけるD-Dimerの測定 .  第66回九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市川華帆,岩永朋子,齋藤靖生,十川英,蔵元智英,古澤悠,高橋香,須永隆文,高橋雅,福島隆治,三浦直樹 .  新規血液凝固検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)の臨床使用例 .  第66回九州地区獣医師大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Tomoko Iwanaga, Shusaku Yamada, Ryuji Fukushima, Tomoka Nagasato, Ikuro Maruyama, Naoki Miura .  Novel Thrombogenicity Examination of Whole Blood: Total Thrombus-Formation Analysis System in Dogs .  American Collage of Veterinary Internal Medicine Forum  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 岩永朋子 .  房室解離と心室頻拍およびうっ血性心不全を呈した犬の1例 .  第105回日本獣医循環器学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩永朋子,福島隆治,山田修作,平尾大樹,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹 .  膵炎と肺高血圧症を併発した犬の全血血栓形成観測システムによる血小板&凝固能検査の可能性 .  第103回日本獣医循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 平尾大樹,山田修作,河口貴恵,和田智樹,島田香寿美,丹野耕作,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹,岩永朋子,福島隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬の心房血および末梢血における血栓形成能の経時的変化 .  第103回日本獣医循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山田修作,平尾大樹,河口貴恵,和田智樹,島田香寿美,丹野耕作,永里朋香,丸山征郎,岩永朋子,三浦直樹,福島隆治 .  T-TASを用いたイヌの心房細動時における急性期の血液凝固能の評価 .  第103回日本獣医循環器学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岩永朋子,福島隆治,永里朋香,丸山征郎,三浦直樹 .  犬における全血血栓形成観測システム(Total Thrombus Formation System:T-TAS)を用いた血栓凝固機能検査の検討 .  第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 軸屋まお,岩永朋子,三浦直樹,瀬戸口明日香,三好宣彰,遠藤泰之 .  脳腫瘍による高ナトリウム血症を呈した猫の1例 .  第11回日本獣医内科学アカデミー学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜  

  • 岩永朋子、遠藤昭子、福島隆治、宮原健吉、三浦直樹 .  心筋梗塞が疑われたイヌの1例 .  第10回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第10回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 片野田祐介、前村忠、川口博明、伊藤敏生、花野みなみ、岩永朋子、三好宣彰、桃井康行、三浦直 樹 .  乳腺腫瘍罹患犬の血清 microRNA 解析 .  第 156 回日本獣医学会学術集会  第 156 回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 柿元俊彰、岩永朋子、叶内宏明 .  イヌ血漿中のホモシステイン濃度と疾患の関係 .  第 9 回日本 獣医内科学アカデミー学術大会  第 9 回日本 獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 鈴木雄大、柿元俊彰、岩永朋子、叶内宏明、桃井康行、三浦直樹 .  イヌ血漿中のホモシステイン濃 度と循環器疾患の関係 .  第 9 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 9 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 岩永朋子、上村利也、三浦直樹、瀬戸口明日香、遠藤泰之、桃井康行 .  ドキソルビシン投与後に 心筋障害が原因と思われる不整脈を発生した 3 症例 .  第 9 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 9 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 村田大紀、三浦直樹、岩永朋子、徳永暁、矢吹映、三好宣彰、川口博明、藤木誠 .  犬の膝に形成し たガングリオンシストの 1 例 .  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 岩永朋子、三浦直樹、桃井康行、窪田力 .  右室性単心室が認められた牛の1例 .  第8回日本獣医 内科学アカデミー学術大会  第8回日本獣医 内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 前村忠、三浦直樹、伊藤敏生、岩永朋子、川口博明、三好宣彰、桃井康行 .  犬の口腔内悪性黒色腫 の発現 microRNA の網羅的解析 .  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 濱田亜以、三浦直樹、岩永朋子、植松洋介、山口智宏、川口博明、川崎安亮、佐藤裕之、鳥巣至道、矢吹映、三好宣彰、松木直章、桃井康行 .  イヌの中枢性リンパ腫の脳脊髄液リンパ球クローナリ ティ解析の有用性 .  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 鈴木雄大、三浦直樹、永里朋香、伊藤孝史、菊池清志、鮫島寿代、細川和也、岩永朋子、橋口照人、丸山征郎、桃井康行 .  全血血栓形成観測システム Total Thrombus Formation System(T-TAS) のイヌへの応用 .  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 8 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 村田大紀、三浦直樹、岩永朋子、徳永暁、矢吹映、三好宣彰、北野吉秋 .  犬の脊柱管内脂肪織炎の 画像診断例 .  第 7 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 7 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 岩永朋子、三浦直樹、三好宣彰、桃井康行 .  赤芽球の成熟異常により貧血を呈した猫の1例 .  第 7 回日本獣医内科学アカデミー学術大会  第 7 回日本獣医内科学アカデミー学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 吉岡(岩永)朋子、宮川-富田幸子、松村剛毅、黒澤博身 .  鶏胚心臓流出路形態形成におけるアポトーシスの検討 .  第 43 回日本小児循環器学会  第 43 回日本小児循環器学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 吉岡(岩永)朋子、宮川-富田幸子 .  ニワトリ胚の心臓流出路におけるアポトーシスの検討 .  発生生物学会第 39 回大会  発生生物学会第 39 回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 岩永 朋子, 市川 華帆, 齋藤 靖生, 高橋 雅, 福島 隆治, 三浦 直樹 .  新規血液凝固能検査としての全血血栓形成観測システム(Total Thrombus-Formation System:T-TAS)の臨床使用例 .  日本獣医師会雑誌  2018年11月  (公社)日本獣医師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山田 修作, 安川 洋子, 河口 貴恵, 橋本 梨那, 大沼 悠輝, 本野 翔太, 永里 朋香, 丸山 征郎, 岩永 朋子, 三浦 直樹, 福島 隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するクロピドグレルによる抗血栓治療の評価 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2017年11月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 安川 洋子, 山田 修作, 河口 貴恵, 吉村 有正, 橋本 梨那, 大沼 悠輝, 本野 翔太, 永里 朋香, 丸山 征郎, 岩永 朋子, 三浦 直樹, 福島 隆治 .  全血血栓形成観測システムT-TASを用いた心房細動モデル犬に対するダルテパリンによる抗血栓治療の効果 .  日本獣医麻酔外科学雑誌  2017年6月  (一社)日本獣医麻酔外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩永 朋子, 齋藤 靖生, 畑井 仁, 永里 朋香, 伊藤 隆史, 福島 隆治, 高橋 雅, 丸山 征郎, 三浦 直樹 .  LPS誘導ウサギDICモデルにおけるDIC初期の血小板の動向 血栓形成の可視化による検索 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2020年10月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩永 朋子, 齋藤 靖生, 畑井 仁, 永里 朋香, 伊藤 隆史, 福島 隆治, 高橋 雅, 細川 和也, 三浦 直樹, 丸山 征郎 .  LPS投与ウサギモデルにおけるDIC前段階の血小板と白血球の可視化による解析 .  日本血栓止血学会誌  2021年5月  (一社)日本血栓止血学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 日本小動物獣医学会地区大会学会長賞

    2017年10月   日本獣医師会  

    岩永 朋子,市川 華帆,齋藤 靖生,高橋 雅,福島 隆治,三浦 直樹

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • DIC早期診断における血小板活性化-NETsの役割

    2018年10月 - 2020年3月

    公益社団法人 黒住医学研究振興財団  公益財団法人 黒住医学研究振興財団 第26回研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 犬における心不全による膵炎発現のメカニズムの解明と新規の治療法の確立

    研究課題/領域番号:17K08100  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(C)

    福島隆治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • イヌにおけるDIC診断の新規検査の検討

    2016年12月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(C)

  • T-TASを用いた犬の心房細動時における血液凝固能と抗血栓治療効果の評価

    研究課題/領域番号:26450425  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(C)

    福島隆治

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金