2024/05/15 更新

写真a

オオゾノ ヒロキ
大薗 博記
Hiroki Ozono
所属
法文教育学域法文学系 法文学部 人文学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(教育学) ( 2010年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • 制度

  • シグナリング

  • 社会的ジレンマ

  • 進化

  • 表情

  • 信頼

  • 協力

研究分野

  • その他 / その他  / 進化心理学

  • その他 / その他  / 文化心理学

  • その他 / その他  / 産業・組織心理学

  • 人文・社会 / 社会心理学

経歴

  • 鹿児島大学   准教授

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本社会心理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本人間行動進化学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Hiroki Ozono, Ryota Sakakibara .  The moderating role of reflective thinking on personal factors affecting belief in conspiracy theories .  Applied Cognitive Psychology38 ( 1 ) e4142   2023年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1002/acp.4142

  • Hiroki Ozono, Daisuke Nakama .  Effects of experimental situation on group cooperation and individual performance: Comparing laboratory and online experiments .  PLOS ONE17 ( 4 ) e0267251   2022年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1371/journal.pone.0267251

  • 榊原 良太, 大薗 博記 .  人々がマスクを着用する理由とは:──国内研究の追試とリサーチクエスチョンの検証── .  心理学研究   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本心理学会  

    <p>Wearing masks is an easy and effective way to prevent infection by COVID-19. In Japan, two studies investigated the reasons why people wear a mask; however, the results were inconsistent. Therefore, the present study reexamined the association between mask wearing and the reasons given for doing so, focusing on the differences in and problems of item wording. The results of both studies were found to be almost reproducible, and there were few issues regarding item wording. Furthermore, the results revealed that people wear a mask to prevent themselves and others from infection and to conform to others wearing a mask. We suggest that inconsistencies in the results were due to differences in item wording, and discuss how future research should be conducted. </p>

    DOI: 10.4992/jjpsy.92.20323

  • 大薗 博記 .  ヒト社会の大規模な協力における階層構造の機能 .  動物心理学研究71 ( 1 ) 63 - 75   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本動物心理学会  

    <p>Many studies suggest that cooperation in human societies has been achieved via peer interactions such as reward and punishment. As the group size is larger, however, it is difficult to maintain cooperation only by peer interactions. Instead, a centralized punishment system such as police governs large-scale societies and cooperation is maintained. In this paper, first, I explain why peer interactions have limitations to achieve large-scale cooperation and why centralized punishment system, which often includes social hierarchy, has superiority. Second, I discuss how social hierarchy can be formed and maintained. Considerable evidence indicates that hierarchy in humans is principally based both on dominance (coercive capacity based on strength and threat) and prestige (persuasive capacity based on skills, abilities, and knowledge). Some researchers argue that non-human animals also form hierarchy based on dominance, but only humans form stratification based on prestige. After introducing their argument, I would like to discuss how humans (and other animals) form hierarchy and achieve cooperation.</p>

    DOI: 10.2502/janip.71.1.6

  • Ozono H. .  The role of peer reward and punishment for public goods problems in a localized society .  Scientific Reports10 ( 1 ) 8211   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-64930-4

    Scopus

    PubMed

  • Komiya A, Ozono H, Watabe M, Miyamoto Y, Ohtsubo Y, Oishi S .  Socio-Ecological Hypothesis of Reconciliation: Cultural, Individual, and Situational Variations in Willingness to Accept Apology or Compensation. .  Frontiers in psychology11   1761   2020年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpsyg.2020.01761

    PubMed

  • Hiroki Ozono , Asuka Komiya , Kei Kuratomi , Aya Hatano , Greta Fastrich , Jasmine April Louise Raw , Anthony Haffey , Stefanie Meliss , Johnny King L. Lau , Kou Murayama .  Magic Curiosity Arousing Tricks (MagicCATs): A novel stimulus collection to induce epistemic emotions .    53 ( 1 ) 188 - 215   2020年5月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3758/s13428-020-01431-2

    Scopus

    PubMed

  • Lau JKL, Ozono H, Kuratomi K, Komiya A, Murayama K .  Shared striatal activity in decisions to satisfy curiosity and hunger at the risk of electric shocks. .  Nature human behaviour4 ( 5 ) 531 - 543   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1038/s41562-020-0848-3

    PubMed

  • Ozono, H .  The mystery of the difference in the level of general trust in China and Japan .    61 ( 2 ) 89 - 103   2018年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.2117/psysoc.2019-B009

  • Ozono, H., Kamijo, Y., & Shimizu, K. .  Punishing second-order free riders before first-order free riders: The effect of pool punishment priority on cooperation .  Scientific Reports7 ( 1 ) 14379   2017年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-017-13918-8

    Scopus

    PubMed

  • Ozono, H., Jin, N., Watabe, M., & Shimizu, K. .  Solving the second-order free rider problem in a public goods game: An experiment using a leader support system .  Scientific Reports6   38349   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ozono, H., Kamijo, Y., & Shimizu, K. .  Institutionalize reciprocity to overcome the public goods provision problem .  PLoS ONE11 ( 6 ) e0154321   2016年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshio Kamijo, Hiroki Ozono, Kazumi Shimizu .  Overcoming coordination failure using a mechanism based on gradualism and endogeneity .      2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大薗博記、渡部幹、吉川左紀子 .  言語・表情シグナルに対する罰行使行動の検討 .  社会心理学研究28   77 - 86   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroki Ozono, Motoki Watabe .  Reputational Benefit of Punishers: Comparison among Punishers, Rewarders and Non-sanctionars. .    3   21 - 24   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroki Ozono, Motoki Watabe, Sakiko Yoshikawa .  Effects of Facial Expression and Gaze Direction on Approach-Avoidance Behavior. .  Cognition & Emotion26   943 - 949   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Max M. Krasnow, Danielle Truxaw, Steven Gaulin, Josua New, Hiroki Ozono, Shota Uono, Taiji Ueno, Kazusa Minemoto .  Cognitive adaptations for gathering-related navigation in humans. .  Evolution & Human Behavior32   1 - 12   2011年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大薗博記、森本裕子、中嶋智史、小宮あすか、渡部幹、吉川左紀子 .  表情と言語的情報が信頼性判断に及ぼす影響. .  社会心理学研究.26   65 - 72   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nicholas O. Rule, Nalini Ambady, Regnald B. Adams, Jr, Hiroki Ozono, Satoshi Nakashima, Motoki Watabe, Sakiko Yoshikawa .  Polling the face: Prediction and consensus across cultures. .  Journal of Personality and Social Psychology98   1 - 15   2010年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroki Ozono, Motoki Watabe, Sakiko Yoshikawa, Satoshi Nakashima, Nicholas O. Rule, Nalini Ambady, Regnald B. Adams, Jr .  What’s in a smile? Cultural differences in the effects of smiling on judgments of trustworthiness. .  Letters on Evolutionary Behavioral Science1   15 - 18   2010年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大薗博記、吉川左紀子、渡部幹 .  協力性の情報が顔の記憶と行動選択に及ぼす効果―社会的交換課題を用いて― .  認知心理学研究3   157 - 166   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 大薗博記 .  社会的ジレンマでの罰行使における協力意図表明の影響 .  日本人間行動進化学会第7回大会  日本人間行動進化学会第7回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸大学  

    国内学会

  • 大薗博記、神信人、渡部幹、清水和巳 .  社会的ジレンマ状況で集権的罰は自生するか?:実験研究 .  日本人間行動進化学会第6回大会  日本人間行動進化学会第6回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 大薗博記 .  異性の最後通告ゲームの行動が性的魅力に及ぼす影響. .  日本社会心理学会第54回大会  日本社会心理学会第54回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 小宮あすか、大薗博記、渡部幹、大坪庸介、大石繁宏 .  住居流動性が謝罪・補償の効果に及ぼす影響 .  日本社会心理学会第54回大会  日本社会心理学会第54回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 大薗博記、神信人、渡部幹、清水和巳 .  リーダー・パニッシュによる社会的ジレンマの解決:実験研究 .  日本人間行動進化学会第5回大会  日本人間行動進化学会第5回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大薗博記 .  日常場面における笑顔に対する信頼性判断 .  日本社会心理学会第53回大会  日本社会心理学会第53回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 大薗博記・渡部幹・清水和巳 .  報酬の違いが評判形成に及ぼす影響 .  日本人間行動進化学会第4回大会  日本人間行動進化学会第4回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Asuka Komiya, Hiroki Ozono, Motoki Watabe, Yuriko Miyamoto .  Cultural differences in the effects of compensation and apology on friendships. .  Society for Personality and Social Psychology  Society for Personality and Social Psychology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:USA  

    国際学会

  • 小宮あすか、大薗博記、渡部幹 .  補償しないと許さない?一般的信頼が補償の効果に及ぼす影響. .  日本社会心理学会第51回大会  日本社会心理学会第51回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 大薗博記、渡部幹、吉川左紀子 .  笑顔と信頼性判断-欺きインセンティブによる違い- .  日本社会心理学会第51回大会  日本社会心理学会第51回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 坪井翔、渡部幹、大薗博記 .  内集団協力により外集団脅威が生起する条件. .  日本社会心理学会第51回大会  日本社会心理学会第51回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 大薗博記、渡部幹、吉川左紀子 .  目周り・口周りの笑顔強度及び左右対称性が信頼性判断に及ぼす影響-日米比較- .  人間行動進化学会第2回大会  人間行動進化学会第2回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 渡部幹、大薗博記 .  サンクション行動の種類とそれが後続の相互作用に及ぼす影響. .  人間行動進化学会第2回大会  人間行動進化学会第2回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Hiroki Ozono, Motoki Watabe, Sakiko Yoshikawa .  Effects of facial attractiveness on trusting behavior. .  The 13th International Conference on Social Dilemmas  The 13th International Conference on Social Dilemmas国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 大薗博記 .  結婚相手の好みに関する検討 .  日本社会心理学会第49回大会  日本社会心理学会第49回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 大薗博記、魚野翔太、上野泰冶、嶺本和沙 .  空間記憶能力の性差の検討-進化心理学的観点から- .  日本心理学会第72回大会  日本心理学会第72回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Hiroki Ozono, Motoki Watabe, Sakiko Yoshikawa. .  Reward and punishment to linguistic and facial signals. .  The 20th Annual Conference of Human Behavior and Evolution Society  The 20th Annual Conference of Human Behavior and Evolution Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 大薗博記、森本裕子、中嶋智史、小宮あすか、渡部幹、吉川左紀子 .  表情と言語的情報が信頼性判断に及ぼす影響 .  日本社会心理学会第48回大会  日本社会心理学会第48回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大薗博記、吉川左紀子 .  笑顔の強度と印象判断との関係-日米比較実験- .  日本心理学会第71回大会  日本心理学会第71回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大薗博記、RULE Nicholas、中嶋智史、吉川左紀子、渡部幹 .  選挙候補者の相貌印象と当落選-日米比較実験- .  日本心理学会第70回大会  日本心理学会第70回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 大薗博記 .  表情表出性と欺き遂行スキルとの関係. .  日本社会心理学会第47回大会  日本社会心理学会第47回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Ozono H. .  Deception and cooperativeness: Evidence for counter strategy by Free Riders. .  The 18th Annual Conference of Human Behavior and Evolution Society  The 18th Annual Conference of Human Behavior and Evolution Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:USA  

    国際学会

  • 大薗博記、吉川左紀子 .  顔向きと表情が接近・回避行動に及ぼす効果. .  日本心理学会第69回大会  日本心理学会第69回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大薗博記、渡部幹、吉川左紀子 .  協力関係を支える対人記憶メカニズムの検討. .  日本社会心理学会第45回大会  日本社会心理学会第45回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

▼全件表示