2021/06/07 更新

写真a

コヤマ ヒロフミ
小山 浩史
KOYAMA Hirofumi
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士 (理学) ( 2004年3月   広島大学 )

  • 修士 (工学) ( 2000年3月   広島大学 )

  • 学士 (工学) ( 1998年3月   広島大学 )

学歴

  • 広島大学   先端物質化学研究科

    2000年4月 - 2003年9月

      詳細を見る

    備考: 単位取得後退学

  • 広島大学   先端物質科学研究科   分子生命機能科学専攻

    1998年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 広島大学   工学部   第三類(化学系)

    1994年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医化学   講師

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本分子生物学会

    1999年7月 - 現在

取得資格

  • 危険物取扱者(甲種)

 

論文

  • Takao Fuchigami, Hirofumi Koyama, Michiko Kishida, Yoshiaki Nishizawa, Mikio Iijima, Toshiro Kibe, Masahiro Ueda, Tohru Kiyono, Yoshimasa Maniwa, Norifumi Nakamura, Shosei Kishida .  Fibroblasts promote the collective invasion of ameloblastoma tumor cells in a 3D coculture model .  FEBS Open Bio7 ( 12 ) 2000 - 2007   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:FEBS Open Bio  

    DOI: 10.1002/2211-5463.12313

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2211-5463.12313/full

  • Akira Sato, Hisako Kayama, Kensaku Shojima, Shinji Matsumoto, Hirofumi Koyama, Yasuhiro Minami, Satoshi Nojima, Eiichi Morii, Hiroaki Honda, Kiyoshi Takeda, Akira Kikuchi .  The Wnt5a-Ror2 axis promotes the signaling circuit between interleukin-12 and interferon-γ in colitis. .  Scientific Reports5   10536   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep10536

    PubMed

  • Akira Shimamoto, Harunobu Kagawa, Kazumasa Zensho, Yukihiro Sera, Yasuhiro Kazuki, Mitsuhiko Osaki, Mitsuo Oshimura, Yasuhito Ishigaki, Kanya Hamasaki, Yoshiaki Kodama, Shinsuke Yuasa, Keiichi Fukuda, Kyotaro Hirashima, Hiroyuki Seimiya, Hirofumi Koyama, Takahiko Shimizu, Minoru Takemoto, Koutaro Yokote, Makoto Goto, Hidetoshi Tahara .  Reprogramming suppresses premature senescence phenotypes of Werner syndrome cells and maintains chromosomal stability over long-term culture. .  PLOS ONE9 ( 11 ) e112900   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0112900

    PubMed

  • Takao Fuchigami, Toshiro Kibe, Hirofumi Koyama, Shosei Kishida, Mikio Iijima, Yoshiaki Nishizawa, Hiroshi Hijioka, Tomomi Fujii, Masahiro Ueda, Norifumi Nakamura, Tohru Kiyono, Michiko Kishida. .  Regulation of IL-6 and IL-8 production by reciprocal cell-to-cell interactions between tumor cells and stromal fibroblasts through IL-1α in ameloblastoma. .  Biochemical and Biophysical Research Communications451 ( 4 ) 491 - 496   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2014.07.137

    PubMed

  • Mika Habu, Hirofumi Koyama, Michiko Kishida, Masayuki Kamino, Mikio Iijima, Takao Fuchigami, Hiroshi Tokimura, Masahiro Ueda, Mai Tokudome, Chihaya Koriyama, Hirofumi Hirano, Kazunori Arita, Shosei Kishida .  Ryk is essential for Wnt-5a-dependent invasiveness in human glioma. .  The Journal of Biochemistry156 ( 1 ) 29 - 38   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jb/mvu015

    PubMed

  • Kenji Watanabe, Shuichi Shibuya, Hirofumi Koyama, Yusuke Ozawa, Toshihiko Toda, Koutaro Yokote, Takahiko Shimizu .  Sod1 loss induces intrinsic superoxide accumulation leading to p53-mediated growth arrest and apoptosis. .  International Journal of Molecular Sciences14 ( 6 ) 10998 - 11010   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/ijms140610998

    PubMed

  • Akira Sato, Hideki Yamamoto, Hiroshi Sakane, Hirofumi Koyama, Akira Kikuchi .  Wnt5a regulates distinct signalling pathways by binding to Frizzled2. .  The EMBO Journal29 ( 1 ) 41 - 54   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/emboj.2009.322

    PubMed

  • Motomasa Ihara, Hirofumi Koyama, Yasuhiro Uchimura, Hisato Saitoh, Akira Kikuchi .  Noncovalent binding of small ubiquitin-related modifier (SUMO) protease to SUMO is necessary for enzymatic activities and cell growth. .  The Journal of Biological Chemistry282 ( 22 ) 16465 - 16475   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1074/jbc.M610723200

    PubMed

  • Hirofumi Koyama, Taka-aki Nagao, Tomomi Inai, Kohji Miyahara, Yasufumi Hayasida, Katsuhiko Shirahige, Eiko Tsuchiya .  RSC Nucleosome-remodeling complex plays prominent roles in transcriptional regulation throughout budding yeast gametogenesis. .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry68 ( 4 ) 909 - 919   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1271/bbb.68.909

    PubMed

  • Hirofumi Koyama, Masayuki Itoh, Kohji Miyahara, Eiko Tsuchiya .  Abundance of the RSC nucleosome-remodeling complex is important for the cells to tolerate DNA damage in Saccharomyces cerevisiae. .  FEBS Letters531 ( 2 ) 215 - 221   2002年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0014-5793(02)03504-4

    PubMed

  • Masashi Yukawa, Hirofumi Koyama, Kohji Miyahara, Eiko Tsuchiya .  Functional differences between RSC1 and RSC2, components of a for growth essential chromatin-remodeling complex of Saccharomyces cerevisiae, during the sporulation process. .  FEMS Yeast Research2 ( 2 ) 87 - 91   2002年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1567-1364.2002.tb00073.x

    PubMed

  • Tomoki Hosotani, Hirofumi Koyama, Masayuki Uchino, Tokichi Miyakawa, Eiko Tsuchiya .  PKC1, a protein kinase C homologue of Saccharomyces cerevisiae, participates in microtubule function through the yeast EB1 homologue, BIM1. .  Genes to Cells6 ( 9 ) 775 - 788   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1365-2443.2001.00461.x

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

MISC

  • Antioxidants improve the phenotypes of dilated cardiomyopathy and muscle fatigue in mitochondrial superoxide dismutase-deficient mice. 査読

    Hirofumi Koyama, Hidetoshi Nojiri, Satoru Kawakami, Tadahiro Sunagawa, Takuji Shirasawa, Takahiko Shimizu

    Molecules   18 ( 2 )   1383 - 1393   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules18021383

    PubMed

講演・口頭発表等

  • 小山浩史、羽生未佳、岸田想子、神野真幸、飯島幹雄、渕上貴央、上田雅博、平野宏文、有田和徳、岸田昭世 .  Rykを介したWnt5aによるグリオーマの浸潤制御 .  日本分子生物学会  日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小山浩史、澁谷修一、嶋本顕、横手幸太郎、清水孝彦 .  ウェルナー症候群患者由来細胞に対するビタミンCの細胞老化改善作用 .  日本農芸化学会2013年度大会  日本農芸化学会2013年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 小山浩史、澁谷修一、清水孝彦 .  ビタミンC誘導体による酸化ストレスおよび細胞老化の改善作用 .  第35回日本分子生物学会年会  第35回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小山浩史、佐藤朗、本田浩章、菊池章 .  コンディショナルノックアウトマウスによるマウスWnt5aの機能解析 .  第30回日本分子生物学会年会  第30回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 岸田 昭世, 小山 浩史, 西澤 芳明, 飯島 幹雄, 岸田 想子, 平野 宏文, 有田 和徳 .  グリオーマ由来細胞上清によるマクロファージPD-L1誘導の解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

受賞

  • 平成27年度(2015年) JB論文賞

    2015年7月   公益社団法人 日本生化学会   Ryk is essential for Wnt-5a-dependent invasiveness in human glioma.

    小山 浩史

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究