2021/06/16 更新

写真a

タタラノ シユウイチ
鑪野 秀一
Shuichi Tatarano
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2011年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 腎移植

  • 泌尿器癌

学歴

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科

    - 2011年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   医学部   医学科

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科 腫瘍学講座 泌尿器科学分野   講師

    2021年7月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学総合研究科 腫瘍学講座 泌尿器科学分野   特任講師

    2019年2月 - 2021年6月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座泌尿器科学分野   助教

    2013年4月 - 2019年1月

所属学協会

  • 日本老年泌尿器科学会

    2020年1月 - 現在

  • 日本泌尿器科学会

    2001年8月 - 現在

取得資格

  • 日本泌尿器内視鏡学会泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医

  • 日本移植学会移植認定医

  • 日本内視鏡外科学会技術認定医(泌尿器科)

  • 日本泌尿器科学会指導医

  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医

  • 日本がん治療認定医

  • 日本泌尿器科学会専門医

▼全件表示

 

論文

  • Ito K, Kobayashi T, Kojima T, Hikami K, Yamada T, Ogawa K, Nakamura K, Sassa N, Yokomizo A, Abe T, Tsuchihashi K, Tatarano S, Inokuchi J, Tomida R, Fujiwara M, Takahashi A, Matsumoto K, Shimizu K, Araki H, Kurahashi R, Osaki Y, Tashiro Y, Uegaki M, Ogawa O, Kitamura H, Nishiyama H .  Pembrolizumab for treating advanced urothelial carcinoma in patients with impaired performance status: Analysis of a Japanese nationwide cohort. .  Cancer medicine10 ( 10 ) 3188 - 3196   2021年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/cam4.3863

    PubMed

  • Tatarano S, Enokida H, Yonemori M, Eura R, Yoshino H, Nishimura H, Yamada Y, Nakagawa M .  Significance of preoperative screening of deep vein thrombosis and its indications for patients undergoing urological surgery. .  Investigative and clinical urology62 ( 2 ) 166 - 171   2021年3月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.4111/icu.20200300

    PubMed

  • Okamura S, Yoshino H, Kuroshima K, Tsuruda M, Osako Y, Sakaguchi T, Yonemori M, Yamada Y, Tatarano S, Nakagawa M, Enokida H .  EHHADH contributes to cisplatin resistance through regulation by tumor-suppressive microRNAs in bladder cancer. .  BMC cancer21 ( 1 ) 48   2021年1月

     詳細を見る

  • Enokida H, Yamada Y, Tatarano S, Yoshino H, Yonemori M, Sakaguchi T, Nishimura H, Eura R, Nakagawa M .  Erratum to: Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: a prospective single-arm study. .  Japanese journal of clinical oncology50 ( 12 ) 1484   2020年12月

     詳細を見る

  • 鑪野 秀一 .  両側副腎腫瘍症例の治療に関する検討-副腎部分切除術の適応について- .  西日本泌尿器科   2020年8月

    招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamada Y, Enokida H, Harada H, Saito S, Miyauchi T, Nagatomi S, Minami M, Mitsuke A, Ishihara T, Nishimura H, Tatarano S, Goto N, Akasaki Y, Nakagawa M .  Successful Kidney Transplantation Alone With Severe Left Ventricular Systolic Dysfunction of Ejection Fraction 14%: A Case Report. .  Transplantation proceedings52 ( 6 ) 1919 - 1923   2020年7月

  • Enokida H, Yamada Y, Tatarano S, Yoshino H, Yonemori M, Sakaguchi T, Nishimura H, Eura R, Nakagawa M .  Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: a prospective single-arm study. .  Japanese journal of clinical oncology50 ( 1 ) 66 - 72   2020年1月

     詳細を見る

  • Shuichi Tatarano .  Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients woth high-risk localized prostate cancer: a prospective single-arm study. .  Jpn J Clin Oncol.   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Characterization of PHGDH expression in bladder cancer: potential targeting therapy with gemcitabine/cisplatin and the contribution of promoter DNA hypomethylation. .  Mol Oncol.   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Oncogenic effects of RAB27B through exosome independent function in renal cell carcinoma including sunitinib-resistant. .  PLos One   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Potential new therapy of Rapalink-1, a new generation mammalian target of rapamycin inhibitor, against sunitinib-resistant renal cell carcinoma. .  Cancer Sci.   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshino H, Yamada Y, Enokida H, Osako Y, Tsuruda M, Kuroshima K, Sakaguchi T, Sugita S, Tatarano S, Nakagawa M .  Targeting NPL4 via drug repositioning using disulfiram for the treatment of clear cell renal cell carcinoma. .  PloS one15 ( 7 ) e0236119   2020年

  • Tatarano S, Enokida H, Yamada Y, Nishimura H, Yoshino H, Ishihara T, Yonemori M, Eura R, Sakaguchi T, Nakagawa M .  Anatomical Variations of the Left Renal Vein During Laparoscopic Donor Nephrectomy. .  Transplantation proceedings51 ( 5 ) 1311 - 1313   2019年6月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2019.01.132

    PubMed

  • Sugita S, Yoshino H, Yonemori M, Miyamoto K, Matsushita R, Sakaguchi T, Itesako T, Tatarano S, Nakagawa M, Enokida H .  Tumor‑suppressive microRNA‑223 targets WDR62 directly in bladder cancer. .  International journal of oncology54 ( 6 ) 2222 - 2236   2019年6月

     詳細を見る

  • 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  泌尿器科領域におけるトラブルシューティング(第101回) 腎移植術中の尿管ステント留置に伴う腎損傷 .  泌尿器外科32 ( 4 ) 369 - 370   2019年4月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

  • Shuichi Tatarano .  Anatomical variation of the left renal veins during laparoscopic donor nephrectomy. .  Transplant Proc   2019年

    招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumor-suppressive microRNA-223 targets WDR62 directly in bladder cancer. .  Int J Oncol.   2019年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Kidney transplantation with concomitant simple nephrectomy by thoracoabdominal approach for patients with huge autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD): A case report. .  Urol Case Rep.   2019年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Living Kidney Donor with Small Lymphocytic Lymphoma at the Time of Donation: A Case Report. .  Transplant Proc   2018年

    招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Shuichi Tatarano .  Downregulation of microRNA-1274a induces cell apoptosis through regulation of BMPR1B in clear cell renal cell carcinoma. .  Oncol Rep   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Long-term desensitization for ABO-incompatible living related kidney transplantation recipient with high refractory and rebound anti-blood type antibody: case report. .  BMC Nephrol   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Oral propranolol in a Child With Infantile Hemangioma of the Urethra. .  Urology   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一, 見附 明彦, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  腹腔鏡下手術 安全に手術を遂行するために BMI 25kg/m2以上の肥満ドナーからの腹腔鏡下腎採取術の検討 .  西日本泌尿器科79 ( 8 ) 280 - 283   2017年8月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    本邦の生体腎移植ドナー適応基準において、肥満に関してはBMI高値の場合に25kg/m2未満への減量が推奨されている。今回、当院における生体腎移植ドナーの中でBMI 25kg/m2未満の普通体重群とBMI 25kg/m2以上の肥満群に分けて周術期成績を比較検討した。対象は2010年8月から2016年11月までの間に当院で腹腔鏡下ドナー腎採取術を施行した81例。普通体重群60例のBMI中央値は22.4kg/m2(17.3〜24.9kg/m2)、肥満群21例は26.8kg/m2(25.2〜33.4kg/m2)であった。年齢、術前血清クレアチニン値およびeGFRは両群間で有意な差は認められなかった。術前合併症として、肥満群は耐糖能異常(24%)および脂質異常症(48%)が普通体重群と比べて多く認められた。普通体重群と肥満群の手術時間中央値はそれぞれ308分と323分(p=0.010)、気腹時間は223分と240分(p=0.021)と肥満群で有意に延長した。全症例で周術期に重篤な合併症は認められなかった。術後1年目の血清クレアチニン値とeGFRは両群間で有意差は認められなかったが、術後1年が経過すると術前に低下したBMIが術前と同程度に戻る症例が多く見られた。肥満は耐糖能異常や脂質異常などの合併も多く、腎機能障害のリスクファクターとなるので、術後フォローアップにおいても体重を指標とした長期的な生活習慣指導が必要であると考える。(著者抄録)

  • Shuichi Tatarano .  microRNA-210-3p depletion by CRISPR/Cas9 promoted tumorigenesis through revival of TWIST1 in renal cell carcinoma. .  Oncotarget   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Regulation of ITGA3 by the dual-stranded microRNA-199 family as a potential prognostic marker in bladder cancer. .  Br J Cancer   2017年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  高リスク前立腺癌に対する術前ホルモン化学療法併用・拡大前立腺全摘除術の初期経験. .  西日本泌尿器科   2016年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Xanthogranulomatous pyelonephritis with renal vein thrombus occurring at the same site as renal cell carcinoma that had been partially nephrectomized one year earlier: a case report. .  Nishinihon J   2016年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  ブタを用いた教育用心停止下腎採取術ビデオ作成の試み .  腎移植・血管外科   2015年

    招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumor-suppressive microRNA-144-5p directly targets CCNE1/2 as potential prognostic markers in bladder cancer. .  Br J Cancer   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumour-suppressive microRNA-24-1 inhibits cancer cell proliferation through targeting FOXM1 in bladder cancer. .  FEBS Lett   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Dual regulation of receptor tyrosine kinase genes EGFR and c-Met by the tumor-suppressive microRNA-23b/27b cluster in bladder cancer. .  Int J Oncol   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Expression of the tumor suppressive miRNA-23b/27b cluster is a good prognostic marker in clear cell renal cell carcinoma. .  J Urol   2014年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Epithelial-mesenchymal transition-related microRNA-200s regulate molecular targets and pathways in renal cell carcinoma. .  J Hum Genet   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumor-suppressive microRNA-143/145 cluster targets hexokinase-2 in renal cell carcinoma. .  Cancer Sci   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumor-suppressive microRNA-1291 directly regulates glucose transporter 1 in renal cell carcinoma. .  Cancer Sci   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  MicroRNA-218 inhibits cell migration and invasion in renal cell carcinoma through targeting caveolin-2 involved in focal adhesion pathway. .  J Urol   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Novel oncogenic function of mesoderm development candidate 1 and its regulation by MiR-574-3p in bladder cancer cell lines. .  Int J Oncol   2012年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Tumor suppressive microRNA-1 mediated novel apoptosis pathways through direct inhibition of splicing factor serine/arginine-rich 9 (SRSF9/SRp30c) in bladder cancer. .  Biochem Biophys Res Commun   2012年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Functional role of LASP1 in cell viability and its regulation by microRNAs in bladder cancer. .  Urol Oncol   2012年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  The functional significance of miR-1 and miR-133a in renal cell carcinoma. .  Eur J Cancer   2012年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  miR-218 on the genomic loss region of chromosome 4p15.31 functions as a tumor suppressor in bladder cancer. .  Int J Oncol   2011年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  SWAP70, actin-binding protein, function as an oncogene targeting tumor-suppressive miR-145 in prostate cancer. .  Prostate   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Unusual presentation of intraparenchymal renal artery aneurysm mimicking cystic renal cell carcinoma: a case report. .  Int J Urol   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  LY6K is a novel molecular target in bladder cancer on basis of integrate genome-wide profiling. .  Br J Cancer   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  MiR-133a induces apoptosis through direct regulation of GSTP1 in bladder cancer cell lines. .  Urol Oncol   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  The tumour-suppressive function of miR-1 and miR-133a targeting TAGLN2 in bladder cancer. .  Br J Cancer   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  MiR-96 and miR-183 detection in urine serve as potential tumor markers of urotherial carcinoma: correlation with stage and grade, and comparison with urinary cytology. .  Cancer Sci   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  miR-145 and miR-133a function as tumour suppressors and directly regulate FSCN1 expression in bladder cancer. .  Br J Cancer   2010年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  CpG hypermethylation of cellular retino-binding protein 1 contributes to cell proliferation and migration in bladder cancer. .  Int J Oncol   2010年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  CpG hypermethylation of collagen type I alpha 2 contributes to proliferation and migration activity of human bladder cancer. .  Int J Oncol   2009年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  難治性尿路上皮癌および精巣腫瘍に対する化学療法 尿路上皮癌に対するセカンドライン化学療法としての Paclitaxel / Carboplatin 療法の臨床的検討. .  西日本泌尿器科   2009年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  CpG hypermethylation of the UCHL1 gene promoter is associated with pathogenesis and poor prognosis in renal cell carcinoma. .  The Journal of Urology   2008年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shuichi Tatarano .  Nuclear translocation of ADAM-10 contributes to the pathogenesis and progression of human prostate cancer. .  Cancer Sci   2007年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉野 裕史, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之, 風呂井 敦, 松下 大輔, 有上 貴明 .  腎移植後リンパ嚢腫に対する開窓術術後に内ヘルニアを認めた1例 .  日本臨床腎移植学会雑誌8 ( 2 ) 286 - 289   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    今回われわれは、生体腎移植術術後に発症したリンパ嚢腫に対してリンパ嚢腫開窓術を行うも、開窓部に小腸が嵌頓し嵌頓解除を行った症例を経験した。症例は46歳、女性。幼少期より膀胱尿管逆流症に対して4回の手術を施行するも徐々に腎機能は低下し、42歳時に1ヵ月の維持血液透析を行ったのち、腹膜透析へ移行した。45歳時に実母をドナーとして、ABO血液型不適合の生体腎移植術+腹膜透析カテーテル抜去術を施行した。術後に後腹膜リンパ嚢腫を併発し、エコーガイド下に複数回の経皮的穿刺・吸引を行ったが、リンパ嚢腫はすぐに再増大したため、リンパ管塞栓術を2回行った。その後、リンパ嚢腫の増大を認めずに退院となったが、退院から8日目、腹痛のために緊急受診し、CTでリンパ嚢腫の再増大を指摘され再入院となった。リンパ嚢腫を複数回穿刺したあとも再増大を認めたため、入院9日目に腹腔鏡下リンパ嚢腫開窓術を施行し、20mmの開窓を3ヶ所設置した。術後1日目より嘔吐が出現するも保存的加療で軽快が得られず、術後3日目のCTで、リンパ嚢腫内への内ヘルニアが疑われた。腹腔鏡にて開窓部に内ヘルニアを認め、嵌頓解除術+嚢腫壁切除術を施行した。その後は軽快し、術後19日目に退院となった。リンパ嚢腫開窓術の窓の大きさは過去の報告では直径が10〜80mmとされているが、本症例より大きく開窓することの必要性が示唆された。(著者抄録)

  • 斎藤 朗毅, 坂口 大, 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎実質内に発生した腫瘤形成性特発性後腹膜線維症の1例 .  西日本泌尿器科81 ( 6 ) 639 - 644   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は61歳、男性。検診で肝腫瘤と右腎萎縮を指摘され近医を受診した。近医にて施行された造影CT検査にて、肝血管腫と径2cmの淡い造影効果を伴う左腎腫瘍を認めた。左腎腫瘍については、MRI検査にて乳頭状腎癌を含めた腎細胞癌を否定できない所見であり、治療目的で当科紹介となった。当科では、左腎細胞癌cT1aN0M0、Stage I、R.E.N.A.L.Nephrometry Score 7pの臨床診断にて、腹腔鏡下左腎部分切除を施行した。病理組織検査結果はIdiopathic retroperitoneal fibrosisであり悪性所見は認めなかった。(著者抄録)

  • 福元 渉, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  生殖器外Mycoplasma hominisによる移植腎周囲膿瘍の1例 .  西日本泌尿器科81 ( 1 ) 28 - 32   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Mycoplasma hominisは婦人科領域の常在菌であり、それ以外の臓器での感染症の発祥は稀である。我々は生殖器外M.hominisが起因菌となった移植腎周囲膿瘍の1例を経験したので報告する。症例は58歳、女性。55歳時に糖尿病性腎症を指摘され、56歳時に透析導入、59歳時に夫をドナーとする血液型不適合生体腎移植を施行した。免疫学的には問題なく、免疫抑制療法はリツキシマブ、バシリキシマブ、タクロリムス水和物、ミコフェノール酸モフェチル、プレドニゾロンにて導入した。術後16日目に創周囲の発赤と膿汁を認めたため、創部開放洗浄を行い31日目にCr 1.16mg/dlまで改善を認め退院した。38日目外来受診時に全身倦怠感と発熱、創部腫脹を認め皮下膿瘍の再燃と診断し、入院下に創部開放洗浄、バンコマイシン塩酸塩の投与を開始した。創部の膿汁培養ではM.hominisを検出した。その後も創部の洗浄を続けたが微熱が継続し45日目には移植腎外側にエコーおよび造影CTで膿汁貯留を認めたため、エコーガイド下および透視下に腎周囲膿瘍に対してドレーンを挿入し洗浄施行した。培養検査にて腎周囲膿瘍もM.hominisが検出されたため、レボフロキサシン水和物を投与開始し、1ヵ月投与しその後は膿瘍再発を認めず経過良好である。以上のM.hominisを起因菌とする移植腎周囲膿瘍の病態、治療について、若干の文献的考察を含めて報告する。(著者抄録)

  • 鑪野 秀一 .  腎実質内に発生した腫瘤形成性特発性後腹膜繊維症の1例. .  西日本泌尿器科   2019年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 米森 雅也, 榎田 英樹, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 山根 隆史, 中川 昌之 .  陽子線治療後の再発に対してsalvage focal brachytherapyを施行した局所進行性前立腺癌の1例 .  西日本泌尿器科80 ( 12 ) 658 - 662   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は44歳、男性。2012年2月排尿困難を主訴に前医受診した。PSA 25.89ng/mlと高値にて前立腺針生検が施行され、グリソンスコア9の前立腺癌が診断された。また膀胱鏡検査では膀胱頸部浸潤が疑われ、cT4N0M0の病期診断であった。本人の希望で陽子線治療とCAB療法が選択され、経過良好のためCAB療法は2年で終了となった。陽子線治療後約3年経過した2015年4月頃から徐々にPSAが上昇し、今後の治療方針決定のため、当科を紹介受診された。CAB療法を再開するも6ヵ月後にPSAが再上昇した。MRIにて癌病巣が前立腺左葉尖部に限局していると考えられたため2017年2月10日salvage focal brachytherapyを施行した。局所進行性前立腺癌では手術による根治性が低いことから、放射線治療にCABを組み合わせた初回治療が提示されることも多い。今回我々は陽子線治療後に再発し去勢抵抗性となった若年局所進行性前立腺癌に対してsalvage focal brachytherapyを施行した症例について若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • 鑪野 秀一 .  放射線療法および化学療法にて長期生存を得ている進行腎盂癌の1例. .  西日本泌尿器科   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  鹿児島県における腎移植啓発活動 アンケート結果からみた効果的な啓発とは? .  日本臨床腎移植学会雑誌   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  膀胱全摘除術前後のGC療法にもかかわらず、急速に進行した膀胱癌micropapillary variantの1例. .  西日本泌尿器科   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  BMI33のドナーからBMI32のレシピエントへの腎移植の経験. .  腎移植・血管外科   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  リンパ嚢腫に対する腹腔鏡下腹膜開窓術の1例 Ligaclipによる再発予防のテクニック. .  腎移植・血管外科   2011年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  後腹膜に発生したCastleman病の1例. .  西日本泌尿器科   2010年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  輪ゴムによる陰茎絞扼症の2例. .  西日本泌尿器科   2009年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  膀胱原発明細胞癌の1例. .  西日本泌尿器科   2007年

    招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  国立病院機構九州循環器病センター泌尿器科における2000年から2003年の臨床統計. .  西日本泌尿器科   2005年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 鑪野 秀一 .  虫垂腫瘍との鑑別を要した尿管原発扁平上皮癌の1例. .  西日本泌尿器科   2003年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 特集 泌尿器科診療で患者さんから聞かれるその他の質問 麻薬服用の代替療法(がん性疼痛の抑制法)Q35 「癌性疼痛を抑えるため麻薬を服用していますが、吐き気と眠気があり、薬を飲みたくありません。別の薬で治療してもらえませんか?」

    鑪野 秀一( 担当: 単著)

    株式会社メディカ出版  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 泌尿器科領域におけるトラブルシューティング, 「腎移植術中の尿管ステント留置に伴う腎損傷」

    鑪野 秀一( 担当: 共著)

    医学図書出版株式会社  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 【膀胱癌-最新の診断と治療-】診断と治療 切除不能あるいは転移性の進行膀胱癌に対する今後期待される薬物療法

    榎田 英樹, 鑪野 秀一, 吉野 裕史, 中川 昌之

    日本臨床79 ( 1 ) 88 - 97   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【高齢者の安全な泌尿器科診療を目指して】(chapter 3)高齢者の泌尿器がん 高齢者に対する侵襲的がん手術治療の周術期管理の注意点

    榎田 英樹, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 吉野 裕史, 江浦 瑠美子, 山田 保俊, 中川 昌之

    Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure25 ( 2 ) 224 - 229   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【まるごと 泌尿器科患者の疑問に答えるQ&A 検査・診断・手術・合併症・副作用】泌尿器科診療で患者さんから聞かれるその他の質問 麻薬服用の代替療法(がん性疼痛の抑制法) がん性疼痛を抑えるために麻薬を服薬していますが、悪心と眠気があり、薬を飲みたくありません。別の薬で治療してもらえませんか?

    鑪野 秀一

    Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure24 ( 3 ) 341 - 342   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

講演・口頭発表等

  • 山田 保俊, 見附 明彦, 冨永 充彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 五反田 丈徳, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植患者の就業因子に関する検討 先行的腎移植は社会復帰を容易にする .  移植  2017年8月  (一社)日本移植学会

  • 吉野 裕史, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後リンパ嚢腫に対する開窓術術後に内ヘルニアを認めた1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後ステロイド離脱療法による免疫抑制療法施行症例の経過報告 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 見附 明彦, 山田 保俊, 坂口 大, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後に発症した気管腺様嚢胞癌の1例 .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一 .  腎移植は低心機能患者にどこまで対応できるか? .  移植  2020年10月  (一社)日本移植学会

  • 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  脳転移を伴う転移性腎癌に対してニボルマブを使用した1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 坂口 大, 有馬 純矢, 石原 知明, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  直近10年間の当院における陰茎癌の臨床検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  泌尿器疾患における術前深部静脈血栓症スクリーニングについて .  西日本泌尿器科  2019年4月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 見附 明彦, 大迫 洋一, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  泌尿器手術における術前深部静脈血栓症のスクリーニングについて .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 榎田 英樹, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  泌尿器がん研究の最前線 マイクロRNA解析に基づく尿路上皮がんの予後予測マーカーと治療法の開発(New insights in urologic oncology research Developing prognostic markers and therapeutic modalities based on microRNA expression profile of urothelial carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 富永 充彦, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  植込み型除細動器(ICD)植込み後に生体腎移植を施行した1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 鑪野 秀一, 見附 明彦, 廣畑 ゆき子, 大迫 洋一, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  採取側に小径副腎腫瘍を伴う生体腎ドナーについての検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  抗血液型抗体測定方法にマイクロタイピングシステム法を使用した血液型不適合腎移植の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  後腹膜鏡下ドナー腎採取術の初期経験 .  西日本泌尿器科  2018年6月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一 .  当院の高齢者における腎腫瘍手術の周術期成績 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における高齢者の腎腫瘍手術の周術期成績 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 西村 博昭, 山田 保俊, 中川 昌之 .  当院における高リスク筋層非浸潤性膀胱癌の再発・進展についての検討 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 井手迫 俊彦, 江浦 瑠美子, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  当院における腹腔鏡下腎盂形成術の初期経験 .  Japanese Journal of Endourology  2017年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

  • 山田 保俊, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における腎移植啓発と腎移植成績 .  日本透析医学会雑誌  2017年5月  (一社)日本透析医学会

  • 山田 保俊, 見附 昭彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における腎移植レシピエント術式の工夫 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 富永 充彦, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  当院における抗血液型抗体価リバウンド症例に対するABO血液型不適合生体腎移植の経験 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 廣畑 ゆき子, 西村 博昭, 冨永 充彦, 見附 明彦, 米森 雅也, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における前立腺癌再発に対する救済小線源療法を含んだ治療症例の経過報告 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 鑪野 秀一, 有馬 純矢, 古屋敷 和歌子, 吉野 裕史, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之, 坂口 大, 伏谷 俊作, 井手迫 俊彦, 斉藤 朗毅, 杉田 智 .  当院における前立腺原発小細胞癌の検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における両側副腎腫瘍に対する腹腔鏡下手術についての検討 .  西日本泌尿器科  2020年6月  西日本泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における上部尿路上皮癌に対する腎尿管全摘出術後の膀胱内再発に関する検討 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 米森 雅也, 慶田 喜文, 福元 渉, 森 威慈, 大迫 洋一, 中川 昌之 .  当院におけるロボット支援前立腺全摘除術の初期経験 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院におけるC型肝炎ウイルス感染合併慢性腎不全患者の腎移植治療経過の報告 .  移植  2019年9月  (一社)日本移植学会

  • 坂口 大, 西村 博昭, 斎藤 朗毅, 山田 保俊, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院で経験したComposite pheochromocytoma-ganglioneuromaの2例 症例報告および考察 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 五反田 丈徳, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院での腎臓移植の膀胱尿管新吻合術における尿漏合併症の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 有馬 純矢, 石原 知明, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における鼠径部リンパ節生検および郭清術を施行した陰茎癌症例の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 井手迫 俊彦, 米森 雅也, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 川上 一誠, 中川 昌之 .  当科における腹腔鏡下膀胱内手術の初期経験 .  Japanese Journal of Endourology  2017年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

  • 米森 雅也, 鑪野 秀一, 井手迫 俊彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における腹腔鏡下副腎摘出術の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 井手迫 俊彦, 大迫 洋一, 川上 一誠, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  当科における気膀胱下Cohen法の初期経験 .  日本小児泌尿器科学会雑誌  2017年6月  日本小児泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 榎田 英樹, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  当科における尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ使用の初期経験 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 見附 明彦, 山田 保俊, 西村 博昭, 有馬 純矢, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における免疫抑制剤の適正化への取り組み .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 鑪野 秀一 .  尿路変向術:私の工夫 合併症から考える尿路変向術 .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 石原 知明, 坂口 大, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿細胞診と血中BKウイルス検査で経過をみたBKウイルス感染症検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 宮内 大知, 森 威慈, 川上 一誠, 石原 知明, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿管ステント留置の際に腎損傷をきたした生体腎移植の一例 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 坂口 大, 山田 保俊, 宮内 大知, 森 威慈, 慶田 喜文, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿管ステントにより腎損傷をきたした生体腎移植の1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 榎田 英樹, 西村 博昭, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 中川 昌之 .  小線源治療後尿道直腸瘻に対する修復術後に生じた全尿失禁に対して人工尿道括約筋植込・置換術(AMS800)の再手術を行った1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎部分切除術についての検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 坂口 大, 見附 明彦, 枦木 太郎, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  前立腺癌根治治療後のOligometastasisを含む再発例に対するSalvage小線源療法施行例の報告 .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • 川上 一誠, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  上部尿路上皮癌における術後膀胱内再発に関する検討 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 上野 貴大, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 松田 良一郎, 五反田 丈徳, 川越 真理, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  レシピエント手術時の吻合部デザインに関するトラブルシューティング .  移植  2018年11月  (一社)日本移植学会

  • 福元 渉, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  Mycoplasma hominisによる移植腎周囲膿瘍に対する治療経験 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹, 西村 博昭, 有馬 純矢, 米森 雅也, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 中川 昌之 .  MRI-PETで検出されたOligo-progressive CRPCに対して救済小線源治療を施行した1例 .  西日本泌尿器科  2020年6月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 宮内 大知, 石原 知明, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之, 富永 充彦, 速見 浩士, 八木 静男 .  EF14%の慢性腎不全患者に対する生体腎移植の経験 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 有馬 純矢, 宮内 大知, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  EF14%の慢性腎不全患者に対する生体腎移植の一例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 西村 博昭, 坂口 大, 米森 雅也, 吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  D-ダイマーによる生体腎ドナーの深部静脈血栓症スクリーニング .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 石原 知明, 山田 保俊, 福元 渉, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  Clamp injuryを合併した生体腎移植の一例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 米森 雅也, 下荒磯 裕, 鑪野 秀一, 中目 康彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  brachytherapy後の尿道直腸瘻に対して瘻孔閉鎖術を施行し、術後の排尿障害のコントロールに難渋した1例 .  日本排尿機能学会誌  2018年9月  (一社)日本排尿機能学会

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 慶田 喜文, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  75歳以上の高齢者における腹腔鏡下腎腫瘍手術の周術期成績 .  Japanese Journal of Endourology  2017年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

  • 有馬 純矢, 森 威慈, 石原 知明, 坂口 大, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腰椎転移を来したSeminomaの1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 江浦 瑠美子, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  鹿児島大学病院泌尿器科における陰茎癌の臨床検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  高齢者における泌尿器疾患の術前深部静脈血栓症についての検討 .  日本老年泌尿器科学会誌  2020年8月  日本老年泌尿器科学会

  • 榎田 英樹, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  高リスク前立腺癌に対するネオアジュバントホルモン化学療法後拡大前立腺全摘除術 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 斎藤 朗毅, 坂口 大, 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 松下 良介, 上野 貴大, 玉井 元規, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  集学的治療を行った前立腺小細胞癌の一例 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 山根 隆史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  陽子線治療後の再発に対してsalvage focal brachytherapyを施行した局所進行性前立腺癌の1例 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 有馬 純矢, 山田 保俊, 古郷 修一郎, 石原 知明, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  限局性強皮症ドナーからの生体腎移植の一例 中期報告 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 廣畑 ゆき子, 大迫 洋一, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 米森 雅也, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  診断に苦慮したIVC進展を伴う転移性腎腫瘍の1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  術後に小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma)の合併が判明した生体腎移植ドナーの1例 .  移植  2017年8月  (一社)日本移植学会

  • 古川 良尚, 橋ノ口 寛仁, 江口 奈津希, 櫛山 歩, 中島 篤人, 濱田 平一郎, 原口 安江, 外室 喜英, 宮元 珠華, 舞木 弘幸, 大迫 洋一, 吉野 裕史, 鑪野 秀一 .  術中大量出血に伴い異型血を大量に使用した1症例 .  日本輸血細胞治療学会誌  2020年5月  (一社)日本輸血・細胞治療学会

  • 坂口 大, 斎藤 朗毅, 宮内 大知, 米森 雅也, 石原 知明, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之 .  血液透析導入期に生じた両側同時性腎細胞癌の1例 .  日本透析医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本透析医学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  血液型不適合腎移植術前長期脱感作療法症例でのCMV感染の検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之 .  腹腔鏡下腎部分切除後AKIで血液透析導入となるも8ヵ月後に透析離脱できた一例 .  日本透析医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本透析医学会

▼全件表示

受賞

  • 2019 AUA/JUA Academic Exchange Program Scholarship

    2019年5月   American Urological Association  

    Shuichi Tatarano

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:アメリカ合衆国

  • CAST2017 Best Poster

    2017年11月   Asian Society of Transplantation  

    Shuichi Tatarano

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:フィリピン共和国

  • 2011 Best of AUA/JUA Annual Meeting

    2011年10月   American Urological Association  

    Shuichi Tatarano

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 前立腺全摘除術の骨盤リンパ節郭清にてリンパ節転移陽性と診断された症例に対する治療と予後に関する多施設後ろ向き観察研究

    2021年03月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 精巣癌に特異的な質問表EORTC QLQ-TC26日本語版を用いた縦断的多施設共同研究

    2021年02月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 日本語版Bladder Cancer Index (BCI)を用いた膀胱がん術前後のQOLを評価する他施設共同前向き研究

    2020年05月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 本邦におけるBCG unresponsive症例の実態調査

    2019年07月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 本邦における精巣腫瘍レジストリの作成及びコホート研究の基盤創出

    2019年06月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 尿膜管疾患に対する腹腔鏡下尿膜管摘出術に関する全国調査

    2019年02月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 尿路上がんに対する免疫チェックポイント阻害薬治療の他施設共同観察研究

    2019年01月 - 現在

    国内共同研究 

      詳細を見る

  • 高分子ナノミセルに搭載した転移抑制マイクロRNAを用いた核酸医薬への挑戦

    2016年04月 - 2019年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

  • 血中低分子核酸を指標にした腎細胞癌新規腫瘍マーカーの開発

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 腎尿路系 解剖・生理・症候

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 腎尿路系 泌尿器内視鏡外科学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 腎尿路系 検査・診断

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目