2021/08/17 更新

写真a

ミヤタ タケシ
宮田 健
Takeshi Miyata
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(薬学) ( 2005年9月   福岡大学 )

研究キーワード

  • 感染防御

  • 遺伝子工学

  • タンパク質工学

  • 分子デザイン

  • 寄生虫

  • 分子デザイン

  • ワクチン

  • マラリア

  • サブユニット

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 家畜のためのワクチン開発

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 家畜のためのワクチン開発

  • ライフサイエンス / 獣医学  / 家畜のためのワクチン開発

  • ライフサイエンス / 寄生虫学  / 寄生虫に対するワクチン開発

学歴

  • 九州大学大学院   生物資源環境科学研究科   遺伝子資源工学専攻

    2000年3月

  • 福岡大学   薬学研究科   薬学専攻

    2005年9月

  • 山口大学   農学部   生物資源科学科

    1998年3月

経歴

  • 鹿児島大学   農学部 食料生命科学   准教授

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   准教授

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本農芸化学会

    2021年 - 現在

  • 日本乳酸菌学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生体防御学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本寄生虫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本ワクチン学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本寄生虫学会

  • 日本乳酸菌学会

  • 日本ワクチン学会

  • 日本ラクトフェリン学会

▼全件表示

 

論文

  • Irumagawa S, Kobayashi K, Saito Y, Miyata T, Umetsu M, Kameda T, Arai R .  Rational thermostabilisation of four-helix bundle dimeric de novo proteins. .  Scientific reports11 ( 1 ) 7526 - 7526   2021年4月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-86952-2

    PubMed

  • Ibrahim HR, Isono H, Miyata T .  Potential antioxidant bioactive peptides from camel milk proteins. .  Animal nutrition (Zhongguo xu mu shou yi xue hui)4 ( 3 ) 273 - 280   2018年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.aninu.2018.05.004

    PubMed

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30175255

  • Masuda A, Lee JM, Miyata T, Sato T, Hayashi S, Hino M, Morokuma D, Karasaki N, Mon H, Kusakabe T .  Purification and characterization of immunogenic recombinant virus-like particles of porcine circovirus type 2 expressed in silkworm pupae. .  The Journal of general virology99 ( 7 ) 917 - 926   2018年7月

     詳細を見る

  • Kusakisako K, Miyata T, Tsujio M, Galay RL, Talactac MR, Hernandez EP, Fujisaki K, Tanaka T .  Evaluation of vaccine potential of 2-Cys peroxiredoxin from the hard tick Haemaphysalis longicornis. .  Experimental & applied acarology74 ( 1 ) 73 - 84   2018年1月

     詳細を見る

  • Ibrahim HR, Hamasaki K, Miyata T .  Novel peptide motifs from lysozyme suppress pro-inflammatory cytokines in macrophages by antagonizing toll-like receptor and LPS-scavenging action. .  European journal of pharmaceutical sciences : official journal of the European Federation for Pharmaceutical Sciences107   240 - 248   2017年9月

  • Ibrahim HR, Ahmed AS, Miyata T .  Novel angiotensin-converting enzyme inhibitory peptides from caseins and whey proteins of goat milk. .  Journal of advanced research8 ( 1 ) 63 - 71   2017年1月

  • 3. Yukihiro Tamaki, Tetsuya Harakuni, Rui Yamaguchi, Takeshi Miyata, Takeshi Arakawa .  Cholera toxin B subunit pentamer reassembled from Escherichia coli inclusion bodies for use in vaccination .  Vaccine34 ( 10 ) 1268 - 1274   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.vaccine.2016.01.034

  • Maeda H, Kurisu K, Miyata T, Kusakisako K, Galay RL, Rio TM, Mochizuki M, Fujisaki K, Tanaka T .  Identification of the Babesia-responsive leucine-rich repeat domain-containing protein from the hard tick Haemaphysalis longicornis .  Parasitol. Res   2015年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim HR, Tatsumoto S, Hajime O, Immerseel FV, Raspoet R, Miyata T. .  A novel antibiotic-delivery system by using ovotransferrin as targeting molecule. .  Eur. J. Pharm. Sci   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Galay RL, Miyata T, Umemiya-Shirafuji R, Maeda H, Kusakisako K, Mochizuki M, Fujisaki K, Tanaka T. .  Evaluation and comparison of the potential of two ferritins as anti-tick vaccine antigens against Haemaphysalis longicornis. .  Parasit. Vectors7 ( 1 ) 482   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiramatsu Y, Yamamoto M, Satho T, Irie K, Kai A, Uyeda S, Toda A, Miyata T, Miake F, Arakawa T, Kashige N .  Recombinant fusion protein of cholera toxin B subunit with YVAD secreted by Lactobacillus casei inhibits lipopolysaccharide-induced caspase-1 activation and subsequent IL-1 beta secretion in Caco-2 cells. .  BMC Biotechnology14 ( 38 )   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arakawa T, Harakuni T, Miyata T, Tafuku S, Tadano M. .  Tricomponent fusion complex comprising a viral antigen, a pentameric α-helical coiled-coil, and an immunoglobulin-binding domain as an effective antiviral vaccine. .  Vaccine32   864 - 871   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arakawa T, Tsuboi T, Sattabongkot J, Sakao K, Torii M, Miyata T. .  Tricomponent complex loaded with a mosquito-stage antigen of malaria parasite induces potent transmission-blocking immunity. (2014) Clinical Vaccine and Immunology .  Clinical Vaccine and Immunology21   561 - 569   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okuno T, Kashige N, Satho T, Irie K, Hiramatsu Y, Sharmin T, Fukumitsu Y, Uyeda S, Yamada S, Harakuni T, Miyata T, Arakawa T, Imoto M, Toda A, Nakashima Y, Miake F. .  Expression and secretion of cholera toxin B subunit in lactobacilli. .  Biol. Pharm. Bull.36 ( 6 ) 952 - 958   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ibrahim HR, Hozono A, Fukami M, Shaban MA, Miyata T. .  Expression of ovotransferrin enhances tolerance of yeast cells toward oxidative stress. .  J. Agric. Food Chem.61   6358 - 6365   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyata T, Tafuku S, Harakuni T, Tadano M, Yoshimoto N, Iijima M, Matsuo H, Matsuzaki G, Kuroda S, Arakawa T. .  A bio-nanocapsule containing envelope (E) protein domain III of Japanese encephalitis virus (JEV) protects mice against lethal JEV infection. .  Microbiology and Immunology 57 ( 6 ) 470 - 477   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyata T, Oshiro S, Harakuni T, Taira T, Matsuzaki G, Arakawa T. .  Physicochemically stable cholera toxin B subunit pentamer created by peripheral molecular constraints imposed by de novo-introduced intersubunit disulfide crosslinks. .  Vaccine30   4225 - 4232   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satho T, Nagano Y, Eshita Y, Hisatomi Y, Sakata A, Miyata T, Kashige N, Miake F, Runtuwen RL, Fukushi S, Saijyo M, Kurane I, Morioka S, MizutaniT. .  Inhibitory effects of JNK on Aedes albopictus early larval development .  Urban Pest Management2   7 - 13   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ラクトフェリン2019(基盤的基礎研究の深化と応用開発研究の進化)

    大林桃百香、筏井宏美、宮田健( 担当: 共著)

    アイ・ケイコーポレーション  2019年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ラクトフェリンの基盤的基礎研究の深化と応用開発研究の進化

    日本ラクトフェリン学会第, 回学術集会実行委員会, 日本ラクトフェリン学会

    アイ・ケイコーポレーション  2019年  ( ISBN:9784874923672

     詳細を見る

  • スマートセルインダストリー : 微生物細胞を用いた物質生産の展望

    久原 哲

    シーエムシー出版  2018年  ( ISBN:9784781313344

     詳細を見る

  • アジュバント開発研究の新展開

    石井 健, 山西 弘一

    シーエムシー出版  2017年  ( ISBN:9784781312149

     詳細を見る

MISC

  • Silkworm‐BEVSを用いたPRRSVに対するVLPワクチンの作製検討

    長井亮, 李在萬, 宮田健, 増田亮津, 日下部宜宏

    日本蚕糸学会大会・蚕糸・昆虫機能学術講演会講演要旨集   89th   67   2019年3月

     詳細を見る

  • アニオン性タンパク質ナノ粒子TIP60とカチオン性タンパク質の相互作用解析

    川上了史, 那須英里圭, 宮田健, 宮本憲二

    日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   99th   ROMBUNNO.1G3‐53   2019年3月

     詳細を見る

  • 昆虫工場を利用したウイルス様粒子ワクチン生産系の確立とその応用

    増田 亮津, 宮田 健, 南畑 孝介, 神谷 典穂, 李 在萬, 日下部 宜宏

    衛生動物   70 ( Suppl. )   68 - 68   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本衛生動物学会  

  • ジャガイモそうか病菌に対するラクトフェリン(LF)の抗菌作用について

    津田尚明, 中村正幸, 宮田健, 岩井久

    日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集   2018   106   2018年3月

     詳細を見る

  • カイコ発現マラリアワクチン抗原の機能性について

    宮田健, LEE J M, 日下部宜宏

    日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018   ROMBUNNO.4SY12‐3 (WEB ONLY)   2018年3月

     詳細を見る

  • 酵素反応を利用した分子デザインによる機能性ワクチン抗原の作製とマラリアワクチンへの応用

    栗原浩一, 李在萬, 日下部宜宏, 南畑孝介, 高原茉莉, 神谷典穂, イブラヒム ヒッシャム, 宮田健

    日本ワクチン学会学術集会プログラム・抄録集   22nd   105   2018年

     詳細を見る

  • マダニペルオキシレドキシンの特性解明(―ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵に果たす役割について―)

    草木迫浩大, 草木迫浩大, 正谷達謄, 宮田健, GALAY Remil, 白藤(梅宮)梨可, 前田大輝, TALACTAC Melbourne, TALACTAC Melbourne, HERNANDEZ Emmanuel, HERNANDEZ Emmanuel, 辻尚利, 望月雅美, 藤崎幸蔵, 田仲哲也, 田仲哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   160th   202   2017年8月

     詳細を見る

  • マダニペルオキシレドキシンの特性解明(ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵に果たす役割について)

    草木迫 浩大, 正谷 達謄, 宮田 健, Galay Remil, 白藤 梨可, 宮, 前田 大輝, Talactac Melbourne, Hernandez Emmanuel, 辻 尚利, 望月 雅美, 藤崎 幸蔵, 田仲 哲也

    日本獣医学会学術集会講演要旨集   160回   202 - 202   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本獣医学会  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Mio Akutsu, Hikaru Nakazawa, Takeshi Miyata, Mitsuo Umetsu .  Potential of aggregated antigens for strong immunity. .  11th Annual PEGS Europe  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:LISOBN, PORTGAL  

  • 北川 大樹、大林 桃百香、李 在萬、日下部 宜宏、Ibrahim Hisham、宮田健 .  魚類由来異物結合タンパク質のヘモゾイン形成阻害能について .  第75回日本寄生虫学会西日本支部大会  日本寄生虫学会西日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢大学医学部  

  • 栗原 浩一、門川 淳一、李 在萬、日下部 宜宏、宮田 健 .  ナノ粒子多糖 (NPG) と DNA を利用した新規マラリアワクチン開発基盤技術の構築 .  第70回日本寄生虫学会南日本支部大会  第70回日本寄生虫学会南日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:奄美大島Ai広場、鹿児島  

    国内学会

  • 五反田 麻里、保延 真奈、筏井 宏実、宮田 健 .  ウシラクトフェリンを活用した抗マラリア薬の高機能化 .  第70回日本寄生虫学会南日本支部大会  第70回日本寄生虫学会南日本支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:奄美大島Ai広場、鹿児島  

    国内学会

  • 山田清太郎、原國哲也、玉城志博、宮田健、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  三日熱マラリア伝搬阻止ワクチン候補抗原(Pvs25)の反復整列化とそのワクチン効果 .  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:てんぶすホール、沖縄  

    国内学会

  • 玉城志博、原國哲也、宮田健、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  3部構成免疫賦活システム(TIPS)のマラリア伝搬阻止ワクチンへの応用 .  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:てんぶすホール、沖縄  

    国内学会

  • 原國哲也、宮田健、平良東紀、新川武 .  酵母発現コレラトキシンB鎖タンパク質(CTB)の糖鎖を利用した部位特異的化学融合法とそのマラリアワクチンへの応用 .  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:てんぶすホール、沖縄  

    国内学会

  • 新川武、宮田健、原國哲也、橘真由美、Jetsumon Sattabongkot、鳥居本美、坪井敬文 .  経鼻マラリア伝搬阻止ワクチン .  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会  第67回日本寄生虫学会南日本支部大会・第64回日本衛生動物学会南日本支部大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:てんぶすホール、沖縄  

    国内学会

  • 柿本 麻美子、小森園 亮、田仲 哲也、李 長春、渡部 久実、Ibrahim Hisham、若林 裕之、山内 恒治、宮田 健 .  ナノ粒子グリコーゲン(NPG)を用いた新規マラリアワクチン開発の技術基盤構築 .  第19回日本フードファクター学会  第19回日本フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学、鹿児島  

    国内学会

  • 小森園 亮、柿本 麻美子、田仲 哲也、李 長春、渡部 久実、Ibrahim Hisham、若林 裕之、山内 恒治、宮田 健 .  ラクトフェリンによる抗マラリア原虫機能の解析 .  第19回日本フードファクター学会  第19回日本フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学、鹿児島  

    国内学会

  • Galay Remil Linggatong、白藤(梅宮)梨可、宮田 健、草木迫 浩大、前田 大輝、望月 雅美、藤崎 幸蔵、田仲 哲也 .  The critical functions of ferritins in Haemaphysalis longicornis and their potential as target molecules for tick control .  第157回日本獣医学学術集会  第157回日本獣医学学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道大学、北海道  

    国内学会

  • Remil Linggatong, Takeshi Miyata, Rika Umemiya-Shirafuji, Hiroki Maeda, Kodai Kusakisako, Masami Mochizuki, Kozo Fujisaki, Tetsuya Tanaka. .  The potential of recombinant ferritins as anti-tick vaccine against Haemaphysalis longicornis. .  第83回日本寄生虫学大会  第83回日本寄生虫学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛大学、愛媛  

    国内学会

  • 原國哲也、山田清太郎、宮田健、山口類、玉城志博、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本、新川武 .  三日熱マラリア伝搬阻止ワクチン候補抗原(Pvs25)の反復整列化とそのワクチン効果 .  第83回日本寄生虫学大会  第83回日本寄生虫学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛媛大学、愛媛  

    国内学会

  • Masayuki Fukui, Masayuki Umemura, Takeshi Miyata, Tetsuya Harakuni, Takeshi Arakawa, Goro Matsuzaki. .  Induction of early protective immunity against pulmonary Mycobcterium tuberculosis infection in mice by combination of BCG priming vaccine and boosting mucosal vaccine with a recombinant mycobacterial antigen. .  第42回日本免疫学会  第42回日本免疫学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:幕張メッセ、千葉  

    国際学会

  • 玉城志博、宮田健、原國哲也、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  マラリアワクチン抗原搭載三部構成免疫賦活システム(TIPS)のマラリア伝搬阻止ワクチン機能解析 .  第54回日本熱帯医学会大会  第54回日本熱帯医学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎ブリックホール、長崎  

    国内学会

  • 山口類、新川武、宮田健、原國哲也、田福宣治、只野昌之 .  日本脳炎ウイルス抗原、コイルドコイル5量体、免疫グロブリン結合ドメインから構成される三部構成複合体のワクチン機能解析 .  第54回日本熱帯医学会大会  第54回日本熱帯医学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎ブリックホール、長崎  

    国内学会

  • 原國哲也、宮田健、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  コレラトキシンB鎖と三日熱マラリア伝搬阻止ワクチン抗原Pvs25の融合体構築とそのワクチン機能解析 .  第54回日本熱帯医学会大会  第54回日本熱帯医学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎ブリックホール、長崎  

    国内学会

  • 山田清太郎、宮田健、原國哲也、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  リガンドの換装による三部構成免疫賦活システム(TIPS)の三日熱マラリア伝搬阻止ワクチン機能への影響 .  第82回日本寄生虫学会大会  第82回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 原國哲也、宮田健、山田清太郎、山口類、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、新川武 .  Plasmodium yoelii MSP1の高分子量化による可溶性凝集体化とそのワクチン機能増強効果 .  第82回日本寄生虫学会大会  第82回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宮田健、原國哲也、田福宣治、坪井敬文、Jetsumon Sattabongkot、橘真由美、鳥居本美、只野昌之、新川武 .  リガンド部分変更による三部構成免疫賦活システム(TIPS)の機能性向上の検討 .  第16回日本ワクチン学会学術集会  第16回日本ワクチン学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 原國哲也、宮田健、大城聡、平良東紀、新川武 .  コレラトキシンB鎖の構造安定化に向けた分子改変 .  第16回日本ワクチン学会学術集会  第16回日本ワクチン学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 宮田 健 .  高分子量化技術を活用した効果的なサブユニットワクチンの可能性 .  第32回 日本動物細胞工学会2019年度大会  2019年7月 

  • 栗原 浩一, 李 在萬, 日下部 宜宏, 南畑 孝介, 髙原 茉莉, 神谷 典穂, イブラヒム ヒッシャム, 宮田 健 .  酵素反応を利用した分子デザインによる機能性ワクチン抗原の作製とマラリアワクチンへの応用 .  第22回日本ワクチン学会学術集会  2018年12月 

  • 宮田 健 .  組換えタンパク質によるサブユニットワクチン開発基盤の構築 .  第42回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  2018年8月 

  • 増田 亮津, 宮田 健, 南畑 孝介, 神谷 典穂, 李 在萬, 日下部 宜宏 .  昆虫工場を利用したウイルス様粒子ワクチン生産系の確立とその応用 .  衛生動物  2019年3月  日本衛生動物学会

  • 阿久津 澪, 中澤 光, 二井手 哲平, 亀田 倫史, 宮田 健, 梅津 光央 .  抗体の配列柔軟性を利用した部分構造移植による機能性タンパク質の創出 .  日本生物工学会大会講演要旨集  2019年8月  (公社)日本生物工学会

  • 阿久津澪, 中澤光, 二井出哲平, 亀田倫史, 宮田健, 梅津光央 .  抗体の配列柔軟性を使用した部分構造移植による機能性タンパク質の創出 .  第71回日本生物工学大会  2019年9月 

  • 宮田 健 .  会合体を用いた新規ワクチンプラットフォームの創製 .  第27回繊維学会西部支部セミナー  2017年2月 

  • 草木迫 浩大, 正谷 達謄, 宮田 健, Galay Remil, 白藤 梨可[梅宮], 前田 大輝, Talactac Melbourne, Hernandez Emmanuel, 辻 尚利, 望月 雅美, 藤崎 幸蔵, 田仲 哲也 .  マダニペルオキシレドキシンの特性解明(ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵に果たす役割について) .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2017年8月  (公社)日本獣医学会

  • 津田尚明, 中村正幸, 宮田 健, 岩井 久 .  ジャガイモそうか病菌に対するラクトフェリン (LF) の抗菌作用について .  日本植物病理学大会  2018年3月 

  • 宮田 健, 李 在萬, 日下部宜宏 .  カイコ発現マラリアワクチン抗原の機能性について .  日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月 

  • 大林 桃百香, 相良 誠也, 五反田 麻里, 田仲 哲也, イブラヒム ヒッシャム, 筏井 宏実, 宮田 健 .  ウシラクトフェリン (bLF) のマラリア原虫増殖阻害機能 .  日本ラクトフェリン学会第8回学術集会  2018年10月 

  • 宮田 健 .  ウシラクトフェリン (bLF) のマラリア原虫増殖阻害機能 .  ラクトフェリンセミナー2019  2019年5月 

  • 川上了史, 那須英里圭, 宮田健, 宮本憲二 .  アニオン性タンパク質ナノ粒子TIP60とカチオン性タンパク質の相互解析 .  日本化学会 第99春季年会  2019年3月 

▼全件表示

知的財産権

  • 重合化ポリペプチドの集合体の製造方法及び重合化ポリペプチドを高分子量化させる方法

    宮田 健, 栗原 浩一, 神谷 典穂, 南畑 孝介, 日下部 宜宏

     詳細を見る

    出願番号:特願2019-079549  出願日:2019年4月

  • マラリア原虫増殖阻害用組成物

    宮田 健, 田仲哲也, 大林桃百香

     詳細を見る

    出願番号:特願2018-197158  出願日:2018年10月

  • 豚の浮腫病を予防するワクチン

    横川 顕治, 脇 貴志, 本田 容子, 上藤 洋敬, 瀬脇 智満, 新川 武, 原國 哲也, 宮田 健

     詳細を見る

    出願人:一般財団法人化学及血清療法研究所, 株式会社ジェクタス・イノベーターズ

    出願番号:特願2014-543268  出願日:2013年10月

    特許番号/登録番号:特許第6172582号  発行日:2017年7月

    J-GLOBAL

受賞

  • 日本ラクトフェリン学会賞 冨田賞

    2018年10月   日本ラクトフェリン学会   ウシラクトフェリン (bLF) のマラリア原虫増殖阻害機能

    大林桃百香、筏井宏美、宮田健

     詳細を見る

    受賞区分:国内外の国際的学術賞  受賞国:日本国

  • 日本ラクトフェリン学会賞 冨田賞

    2018年10月   日本ラクトフェリン学会   ウシラクトフェリン (bLF) のマラリア原虫増殖阻害機能

共同研究・競争的資金等の研究

  • 機能性タンパク質ナノブロック複合体創製の基盤的プロセス技術開発と応用展開

    研究課題/領域番号:19H02522  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    新井 亮一, 川上 了史, 宮田 健, 迫野 昌文, 舘野 浩章, 浅野 竜太郎

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    これまで、独自の人工タンパク質によるタンパク質ナノブロックの開発によって、多様なタンパク質複合体やナノ構造の創製に成功してきたものの、応用展開につながるような機能性を付与することは今後の課題であった。
    そこで、本研究では、独自の人工タンパク質ナノブロックの応用展開を目指して、機能性タンパク質ナノブロック複合体創製の基盤的プロセス技術開発を目的とした。特に、当該年度は、各研究分担者との共同研究を進めながら、主に、①タンパク質ナノブロック複合体の立体構造解析、②新型タンパク質ナノブロックの設計開発、③機能性タンパク質ナノブロック複合体作製技術の開発に取り組んだ。
    ①では、クライオ電子顕微鏡を用いて、人工タンパク質複合体の構造解析に成功した。非常に対称性の高い正二十面体型60量体ナノ粒子を形成していることを明らかにし、現在論文を執筆中である。
    ②では、新たなタンパク質ナノブロックとして、糖鎖に結合するレクチンと融合したレクチンナノブロックの構築を試みたところ、複合体を形成していることが示唆された。現在、これらの複合体の分子量や概形構造を調べるために、より詳細な実験解析を進めているところである。
    ③では、ペプチド転移酵素Sortase Aを利用して、タンパク質ナノブロックに蛍光タンパク質を付加することに成功した。さらに、今後、他のタンパク質修飾方法等の組み合わせを検討することにより、多価多機能ナノブロックデコレーション技術の開発を目指す予定である

  • 自己集合型ナノパーツ (SNAP) による高度偽原虫の創製とワクチンへの応用

    研究課題/領域番号:17K08810  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宮田 健, 門川 淳一

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    本研究事業では、いくつかの自己集合型ナノパーツを用いて、組換えタンパク質抗原によるサブユニットワクチンの開発をすすめてきた。ひとつの重要な成果として、効率よく自己集合化し、ワクチン効果の高い分子を構築できたことである。具体的には抗原に分岐鎖を修飾して作出した網目状のような自己集合分子が、動物実験において、顕著な抗体産生応答の増強を示した。この技術を実用化するために、作成方法の最適化研究を進めている。

  • マダニ制圧へ向けたマダニの抗酸化分子を標的とするワクチンとRNA殺ダニ剤の創出

    研究課題/領域番号:16H05028  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    田仲 哲也, 黒田 俊一, 宮田 健

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    本研究では、マダニの酸化還元バランス制御機構の特性を明らかにし、マダニ制圧開発研究に新知見を提供すると同時に、それらを標的とした抗マダニワクチンとRNA殺ダニ剤を創出することを目標とした。そこで、我々は抗酸化分子に関するテーマに取り組み、ペルオキシレドキシン(Prx)、グルタチオンSトランスフェラーゼ(GST)、フェリチン(Fer)の同定とその特性、殺ダニ剤に対する抗酸化分子の役割、マダニの胚発生における抗酸化分子の役割について調べた。このように、抗酸化分子の特性を利用することは、マダニを駆除するための有望な標的分子であることを実証した。

  • 一分子ナノ粒子を用いた偽(Pseudo)原虫の構築とそのマラリアワクチンへの応用

    研究課題/領域番号:26460511  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    宮田 健, 門川 淳一

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    新規技術として一分子ナノ粒子であるグリコーゲン (NPG) を足場にした抗原の高分子量化とその生産技術の基盤構築に成功した。DNA結合タンパク質(DBP)にワクチン抗原を融合させ、DNA結合能を利用し、DNA上に抗原を配置する。さらにDBP-マラリアワクチン抗原/DNAの複合体(DBP-Vaccine/DNA)が分子全体としてマイナスの電荷を有することから、プラスの電荷を導入したNPGと静電相互作用を利用した三種複合体の創成に至った。この三種複合体は免疫実験の結果、抗原単独やDBP-Vaccine/DNA二種複合体よりも有意に高い抗体応答を示すことが分かり、本技術の有用性を示すことができた。