2024/04/08 更新

写真a

クリワダ タカシ
栗和田 隆
KURIWADA, Takashi
所属
法文教育学域教育学系 教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育) 准教授
総合科学域共同学系 総合研究博物館  
総合科学域共同学系 国際島嶼教育研究センター  
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 2007年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • 性選択

  • 生物間相互作用

  • 音響コミュニケーション

  • 生活史進化

  • 外来種

  • 都市生態系

  • 家畜化

  • 不妊虫放飼法

  • 擬死

研究分野

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学  / 進化生態学、行動生態学、動物生態学

  • 環境・農学 / 自然共生システム  / 都市生態学

  • 環境・農学 / 昆虫科学  / 昆虫生態学

学歴

  • 九州大学   理学府   生物科学専攻 生態科学研究室

    2001年4月 - 2007年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東邦大学   理学部   生物学科

    1997年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   教育学部 学校教育教員養成課程(理科教育)   准教授

    2013年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   総合科学域共同学系 総合研究博物館   兼務教員

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   総合科学域総合研究学系 国際島嶼教育研究センター   兼務教員 

    2020年7月 - 現在

  • 農業・食品産業技術総合研究機構   九州沖縄農業研究センター   日本学術振興会特別研究員

    2011年4月 - 2013年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 琉球産経株式会社   沖縄県病害虫防除技術センター   研究員

    2008年2月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本生態学会

    2002年10月 - 現在

  • 日本動物行動学会

    2003年8月 - 現在

  • 日本進化学会

    2004年10月 - 現在

  • 日本応用動物昆虫学会

    2008年3月 - 現在

  • 個体群生態学会

    2010年10月 - 2020年8月

委員歴

  • Journal of Ethology   副編集長  

    2024年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生態学会   大会実行委員  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島県松くい虫被害対策推進連絡協議会   委員  

    2020年2月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:自治体

  • 日本応用動物昆虫学会   大会実行委員  

    2017年4月 - 2018年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生態学会   大会企画委員会高校生ポスター部会(2017年度は部会長)  

    2014年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生態学会   大会企画委員会ポスター部会  

    2014年4月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生態学会   大会実行委員  

    2013年4月 - 2015年3月   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本動物行動学会   第29回大会実行委員  

    2010年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生態学会   第55回大会実行委員  

    2008年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 個体群生態学会   第3回研究集会企画・運営  

    2006年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本動物行動学会   第23回大会実行委員  

    2004年   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文

  • Takashi Kuriwada .  Mating behavior and three types of mating songs of the sandy beach-dwelling ground cricket Dianemobius csikii. .  Journal of Orthoptera Research   2024年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語  

  • Takashi Kuriwada .  Differences in male calling song and female mate location behaviour between urban and rural crickets .  Biological Journal of the Linnean Society139 ( 3 ) 275 - 285   2023年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biological Journal of the Linnean Society  

    Traffic noise is one of the selection pressures of urban habitats. Because noise interferes with acoustic communication, many studies have shown that the temporal structures of acoustic signals change depending on the noise. However, it is often unknown whether the changes are adaptive, such as changes being more easily located by females under noisy conditions. To investigate the phenomena, bend-legged ground crickets (Dianemobius nigrofasciatus) were collected from three urban and three rural habitats and reared in a common garden conditions. Male calling songs and female mate location behaviour of the progeny were measured. Urban males emitted a calling song with a higher dominant frequency and shorter chirp than did rural males. The playback experiment of female response and localization to songs of urban and rural males, controlling for noise, showed that there were no significant effects of the song on the mate location behaviour between urban and rural songs under noisy conditions. Although the song of urban males elicited a faster response of females, the effect was limited. These results indicate the change in song is not adaptive in terms of female choice. Urban females located more quickly to song under noisy conditions. The results suggest adaptive changes in female mating behaviour occur in urban habitats.

    DOI: 10.1093/biolinnean/blad027

    Web of Science

    Scopus

  • Izumi Ichikawa, Takashi Kuriwada .  The combined effects of artificial light at night and anthropogenic noise on life history traits in ground crickets .  Ecological Research38 ( 3 ) 446 - 454   2023年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada, Seiya Shindome, Yuki Tomita, Motohiro Kawanishi .  High incidence of leg autotomy in urban crickets .  Behaviour160 ( 3-4 ) 337 - 355   2023年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Behaviour  

    Predation is an important selection pressure affecting animals. Predation has both consumptive and non-lethal effects. Because it is often difficult to estimate the extent to which non-lethal effects occur, we focused on autotomy as an indicator of non-lethal effects occurring in urban habitats. Autotomy is expected to indicate that individuals have escaped from predators. The incidence of leg autotomy in the cricket Dianemobius nigrofasciatus was compared between urban and rural habitats. The incidence of autotomy was higher in urban than in rural habitats. Failure to moult and conspecific aggressive interactions were not the main factors contributing to the incidence of autotomy in these crickets. The ease of autotomy and risk-taking tendencies did not differ among habitats. These results indicate that the incidence of autotomy reflects predation failure, and the non-lethal effects of predation are more likely to occur in urban habitats.

    DOI: 10.1163/1568539X-bja10206

    Web of Science

    Scopus

  • Riho Sato, Takashi Kuriwada .  Sandy beach dwelling crickets (Orthoptera: Trigonidiidae) have no preference for substrates that match their body color .  Entomological Science25 ( 4 )   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Entomological Science  

    Habitat choice is an important behavior for maximizing fitness. One of the factors involved in habitat choice is preference for habitat substrates. In the context of predatory avoidance, it is adaptive to prefer substrates that are matched to own body color. The ground cricket Dianemobius csikii (Bolívar, 1901) occurs on sandy beaches. The body color of D. csikii resembles the sand of their habitat, which could be a form of crypsis. If D. csikii is not able to choose a suitable habitat background that matches their body color, the crickets incur a high risk of predation. The risk could result in population decline of the cricket. To examine whether D. csikii shows preference for substrates that match its body color, we undertook a two-choice test of sand or soil substrates after controlling the type of flooring substrates used during rearing. The crickets did not show preference for sand. There was no significant effect of flooring substrates during the nymph stage on the preference. These results suggest that when habitats are fragmented, crickets do not actively choose a cryptic background. There were significant differences in the substrate preference between sexes. These results reflect differences in the reproductive strategies of males and females.

    DOI: 10.1111/ens.12522

    Web of Science

    Scopus

  • Takashi Kuriwada .  Encounter with heavier females changes courtship and fighting efforts of male field crickets Gryllus bimaculatus (Orthoptera: Gryllidae) .  Journal of Ethology40 ( 2 ) 145 - 151   2022年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Ethology  

    The effects of mating experience on male mating behavior are mediated by four factors: mating cost, such as resource depletion, perception of mating opportunities, self-perception of attractiveness, and female quality. For example, encountering females might increase male expectations of prospective mating opportunities, while copulation increases self-perception of attractiveness in males. To determine the relative importance of these factors, the effect of mating on the two components of reproductive effort (courtship and fighting effort) in Gryllus bimaculatus was examined. Calling activity before and after encountering females was measured, and copulation success was recorded. Subsequently, the intensity and outcome of male–male fighting behavior was recorded. Female encounter increased calling activity irrespective of copulation, thereby indicating that the perception of mating opportunities is important factor for the males. Changes in courtship effort of males were larger and fighting success was lower when they were previously paired with relatively heavier females. These results indicate that male reproductive effort is also affected by quality of previous mating partners.

    DOI: 10.1007/s10164-021-00742-x

    Web of Science

    Scopus

  • Saki Ogita, Yukari Tanaka, Takashi Kuriwada .  Effect of diet on body size and survival of omnivorous crickets .  Entomological Science24 ( 4 ) 347 - 353   2021年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Entomological Science  

    Omnivory is a feeding habit in which animals prey on organisms from two or more trophic levels. Omnivorous species play important roles in predator–prey interactions, food web dynamics, and ecosystem functions. Although cricket species have been considered omnivores, quantified investigations of their feeding habits have not been carried out. Therefore, we compared the developmental time, body size and mortality rate of the band-legged ground cricket, Dianemobius nigrofasciatus (Matsumura) (Orthoptera: Trigonidiidae) reared on diets meant for carnivores and herbivores. Furthermore, to examine whether the crickets can balance their nutritional conditions through their food choices, we set up two additional diet treatments, which comprised diets for carnivores and herbivores provided simultaneously or by rotation. The mortality rate of the carnivore diet treatment was higher than that of the other diet treatments. This result suggests that D. nigrofasciatus is a “herbivore” that also obtains nutrients from resources other than plant materials. Although developmental time did not significantly differ among the dietary treatments, the body size of the crickets that were provided both diets simultaneously was significantly larger than that of the crickets provided with only the diets for either carnivores or herbivores. These results suggest that an appropriate amount of carnivorous feeding is advantageous for the development of the cricket, and indicates that crickets can balance nutrition on their own.

    DOI: 10.1111/ens.12487

    Web of Science

    Scopus

  • Manami Kawaguchi, Takashi Kuriwada .  Effect of predator cue on escape and oviposition behaviour of freshwater snail .  Behaviour157 ( 7 ) 683 - 697   2020年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Behaviour  

    DOI: 10.1163/1568539X-bja10018

    Web of Science

    Scopus

  • Takashi Kuriwada, Rintaro Kawasaki, Akifumi Kuwano, Gadi VP Reddy .  Mate choice behavior of female field crickets is not affected by exposure to heterospecific calling songs .  Environmental Entomology49   561 - 565   2020年6月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 栗和田隆 .  奄美大島瀬戸内町清水公園内のコオロギ類の発生消長 .  Nature of Kagoshima46   217 - 219   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Takashi Kuriwada .  Escape behaviour of female field crickets is not affected by male attractiveness, but shows consistent patterns within individuals .  Ethology, Ecology & Evolution32 ( 2 ) 190 - 200   2020年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada .  Male responses to conspecific and heterospecific songs in two field cricket species .  Journal of Ethology38 ( 1 ) 99 - 105   2020年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tajima Shingo, Kyohei Yamamoto, Takashi Kuriwada .  Interspecific interference competition between two field cricket species .  Entomological Science22 ( 3 ) 311 - 316   2019年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada Takatoshi, Takashi Kuriwada .  Boldness to predator is not significantly correlated with mating behaviour in a simultaneously hermaphroditic snail. .  Ethology, Ecology & Evolution31 ( 5 ) 469 - 478   2019年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagai Taiki, Takashi Kuriwada .  Individual variation in body color in the field cricket Teleogryllus occipitalis (Orthoptera: Gryllidae). .  Entomological Science21   22 - 27   2018年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hisashi Anbutsu, Minoru Moriyama, Naruo Nikoh, Takahiro Hosokawa, Ryo Futahashi, Masahiko Tanahashi, Xian-Ying Meng, Takashi Kuriwada, Naoki Mori, Kenshiro Oshima, Masahira Hattori, Manabu Fujie, Noriyuki Satoh, Taro Maeda, Shuji Shigenobu, Ryuichi Koga & Takema Fukatsu .  Small genome symbiont underlies cuticle hardness in beetles. .  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America.114   E8382 - E8391   2017年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada, Gadi V. P. Reddy .  Volcanic ash decreases mating effort in the field cricket Gryllus bimaculatus (Orthoptera: Gryllidae). .  Journal of Asia-Pacific Entomology20   377 - 380   2017年6月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 森永龍之介,棚瀬光,角拓人,栗和田隆 .  鹿児島大学鴨池実習地でのシジミチョウ類の発生消長 .  Nature of Kagoshima43   253 - 256   2017年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Takashi Kuriwada .  Male-male courtship behaviour, not relatedness, affects the intensity of contest competition in the field cricket. .  Animal Behaviour126   217 - 220   2017年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada .  Individual variation and repeatability in calling song of the field cricket Loxoblemmus equestris (Orthoptera: Gryllidae) .  鹿児島大学教育学部研究紀要 自然科学編68   5 - 12   2017年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Takashi Kuriwada .  Horn length is not correlated with calling efforts in the horn-headed cricket Loxoblemmus doenitzi (Orthoptera: Gryllidae) .  Entomological Science19 ( 3 ) 228 - 232   2016年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley  

  • 2. Gadi V. P. Reddy, Frank B. Antwi, Govinda Shrestha,Takashi Kuriwada. .  Evaluation of toxicity of biorational insecticides against larvae of the alfalfa weevil. .    3   473 - 480   2016年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada,Gadi V. P. Reddy .  Volcanic ash decreases dehydration tolerance in the field cricket Gryllus bimaculatus (Orthoptera: Gryllidae). .  Journal of Asia-Pacific Entomology19   85 - 87   2016年2月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Science  

  • Takashi Kuriwada .  Social isolation increases male aggression toward females in the field cricket Gryllus bimaculatus. .  Population Ecology58   147 - 153   2016年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

    DOI: 10.1007/s10144-015-0522-1

  • Nobuyuki Inomata*, Kumiko Hironaka, Kouji Sawada, Takashi Kuriwada & Kazunori Yamahira .  Discrepancy in the degree of population differentiation between color-morph frequencies and neutral genetic loci in the damselfly Ischnura senegalensis in Okinawa Island, Japan. .  Genetica143 ( 3 ) 271 - 277   2015年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rie Ukuda-Hosokawa, Yasutsune Sadoyama, Misaki Kishiba, Takashi Kuriwada, Hisashi Anbutsu & Takema Fukatsu .  Infection Density Dynamics of the Citrus Greening Bacterium ”Candidatus Liberibacter asiaticus” in Field Populations of the Psyllid Diaphorina citri and Its Relevance to the Efficiency of Pathogen Transmission to Citrus Plants. .  Applied and Environmental Microbiology81 ( 11 ) 3728 - 3736   2015年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 栗和田隆 .  長期累代飼育にともなうアリモドキゾウムシの家畜化の進行 .  植物防疫69   377 - 380   2015年6月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kouji Sawada*, Kazunori Yamahira,Takashi Kuriwada .  Interpopulation variation in female color-type frequency of Ischnura senegalensis (Odonata: Coenagrionidae), in Okinawa Island, Japan. .  Odonatologica43 ( 3 ) 227 - 235   2014年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takaki Kurita*, Hiroaki Aoyama, Seikoh Saitoh, Naoya Shinzato, Kouji Sawada, Takashi Kuriwada, Kumiko Hironaka, Nobuyuki Inomata, Kazunori Yamahira, Mamoru Toda .  Isolation and validation of eight microsatellite loci in a damselfly Ischnura senegalensis (Odonata: Coenagrionidae) by pyrosequencing beads enriched library. .  Applied Entomology and Zoology49 ( 4 ) 623 - 626   2014年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi, Takashi Matsuyama, Tsuguo Kohama .  Female preference did not evolve under laboratory conditions in the solanaceous fruit fly Bactrocera latifrons. .  International Journal of Pest Management60   160 - 165   2014年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi .  Laboratory adaptation reduces female mating resistance in the sweetpotato weevil .  Entomologia Experimentalis et Applicata152 ( 1 ) 77 - 86   2014年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi .  Mass-rearing conditions do not affect responsiveness to sex pheromone and flight activity in sweetpotato weevils .  Journal of Applied Entomology138 ( 4 ) 254 - 259   2014年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Effects of intra- and inter-specific competition on fitness of sweetpotato weevil and West Indian sweetpotato weevil. .  Journal of Applied Entomology137 ( 4 ) 310 - 316   2013年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大石毅, 與座一文,宮城徳道,砂川正, 栗和田隆,小禄博昭 .  トウガンBenincasa hispida (Thunb. Cogn.)で初めて確認された奇形果(仮称:スジ果)の発生. .  沖縄県農業研究センター研究報告7   45 - 49   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi .  Female walking during copulation reduces the likelihood of sperm transfer from males in the sweetpotato weevil Cylas formicarius. .  Entomologia Experimentalis et Applicata147 ( 3 ) 125 - 130   2013年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 栗和田隆 .  サツマイモの特殊害虫アリモドキゾウムシの根絶に関する最近の研究展開 .  日本応用動物昆虫学会誌57 ( 1 ) 1 - 10   2013年1月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Suppressing effect of gamma-irradiated weevils on progeny production in the West Indian sweetpotato weevil Euscepes postfasciatus (Coleoptera: Curculionidae). .  Applied Entomology and Zoology47   437 - 442   2012年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada* & Eiiti Kasuya .  Nuptial gifts protect male bell crickets from female aggressive behavior. .  Behavioral Ecology23   302 - 306   2012年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Effect of low temperature between fractionated-dose irradiation doses on mating of the West Indian sweetpotato weevil, Euscepes postfasciatus. .  Applied Entomology and Zoology47   45 - 53   2012年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  The effect of inbreeding on mating behaviour of West Indian sweet potato weevil Euscepes postfasciatus. .  Ethology117   822 - 828   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Intensive resistance by females before copulation induces insemination failure in the West Indian sweet potato weevil Euscepes postfasciatus. .  Population Ecology58   111 - 117   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada* & Eiiti Kasuya .  Age-dependent changes in calling effort in the bell cricket Meloimorpha japonica. .  Journal of Ethology29   99 - 105   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Pre-exposure to sex pheromone did not affect mating behavior in the sweetpotato weevil Cylas formicarius. .  Journal of Pest Science84   93 - 97   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 栗和田隆*、熊野了州、城本啓子、原口大 .  イモゾウムシを人工飼料から簡便に回収する方法 .  日本応用動物昆虫学会誌55   22 - 24   2011年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 栗和田隆*、熊野了州、城本啓子、原口大 .  成虫用人工飼料がイモゾウムシの蔵卵数と交尾能力に与える影響 .  日本応用動物昆虫学会誌55   27 - 29   2011年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keiko Shiromoto*, Norikuni Kumano, Takashi Kuriwada & Dai Haraguchi .  Is elytral color polymorphism in sweetpotato weevil (Coleoptera: Brentidae) a visible marker for sterile insect technique? Comparison of male mating behavior. .  Journal of Economic Entomology104   420 - 424   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Age-dependent investment in death-feigning behavior in the sweetpotato weevil Cylas formicarius. .  Physiological Entomology36   149 - 154   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Inbreeding avoidance or tolerance? Comparison of mating behavior between mass-reared and wild strains of the sweet potato weevil. .  Behavioral Ecology and Sociobiology65   1483 - 1489   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Fractionated irradiation improves the mating performance of the West Indian sweetpotato weevil, Euscepes postfasciatus. .  Agricultural and Forest Entomology13   349 - 356   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Prolongation of the effective copulation period by fractionated-dose irradiation in the sweet potato weevil, Cylas formicarius. .  Entomologia Experimentalis et Applicata141   129 - 137   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Assessment of the effect of partial sterility on mating performance in the sweet potato weevil (Coleoptera: Curculionidae). .  Journal of Economic Entomology103   2034 - 2041   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Effect of irradiation on death-feigning behavior in the male sweetpotato weevil Cylas formicarius (Coleoptera: Brentidae). .  Florida Entomologist93   39 - 44   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama .  Effect of body size and sex ratio on male alternative mating tactics in Euscepes postfasciatus (Coleoptera: Curculionidae). .  Entomologia Experimentalis et Applicata135   154 - 161   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Effect of mass rearing on life history traits and inbreeding depression in the sweetpotato weevil (Coleoptera: Brentidae). .  Journal of Economic Entomology103   1144 - 1148   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Tsuguo Kohama (2010) Entomologia Experimentalis et Applicata. 136: 45-52. .  Evaluation of partial sterility in mating performance and reproduction of the West Indian sweetpotato weevil, Euscepes postfasciatus. .  Entomologia Experimentalis et Applicata136   45 - 52   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  The effect of mass-rearing on death-feigning behavior in the sweetpotato weevil Cylas formicarius. .  Journal of Applied Entomology134   652 - 658   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Norikuni Kumano*, Noriko Iwata, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi, Chisa Yasunaga-Aoki & Tsuguo Kohama .  The neogregarine protozoan Farinocystis sp. reduces longevity and fecundity in the West Indian sweet potato weevil, Euscepes postfasciatus (Fairmaire). .  Journal of Invertebrate Pathology105   298 - 304   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada, Takahiro Hosokawa, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto, Dai Haraguchi & Takema Fukatsu* .  Biological role of Nardonella endosymbiont in its weevil host. .  PLoS ONE5   e13101   2010年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada* & Eiiti Kasuya .  Longer copulation duration increases the risk of injury during copulation in the male bell cricket Meloimorpha japonica. .  Entomological Science12   141 - 146   2009年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  High population density and egg cannibalism reduces the efficiency of mass-rearing in Euscepes postfasciatus (Coleoptera: Curculionidae). .  Florida Entomologist92   221 - 228   2009年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Kuriwada*, Norikuni Kumano, Keiko Shiromoto & Dai Haraguchi .  Copulation reduces the duration of death-feigning behaviour in the sweetpotato weevil, Cylas formicarius. .  Animal Behaviour78   1145 - 1151   2009年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuriwada, Takashi .  A study on the effect of life expectancy on mating behavior of the bell cricket. .      2007年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Takashi Kuriwada* & Eiiti Kasuya .  Female responsiveness is negatively correlated with life expectancy in Meloimorpha japonica (Orthoptera: Gryllidae). .  Annals of the Entomological Society of America99   1244 - 1247   2006年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Acoustic Communication in Animals. From Insect Wingbeats to Human Music

    Takashi Kuriwada( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Recent Progress in Studies on Acoustic Communication of Crickets )

    Springer  2023年6月  ( ISBN:978-981-99-0831-8

     詳細を見る

    総ページ数:231   担当ページ:63-80   記述言語:英語 著書種別:学術書

    DOI: https://doi.org/10.1007/978-981-99-0831-8

  • 奄美群島の外来生物―生態系・健康・農林水産業への脅威―

    栗和田隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 外来生物としてのサツマイモの特殊害虫アリモドキゾウムシとイモゾウムシ-生態と防除の関する最近の研究-)

    南方新社  2017年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:245   担当ページ:36-71   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 鹿児島大学島嶼研ブックレット4 生物多様性と保全―奄美群島を例に―(上)

    栗和田隆( 担当: 分担執筆 ,  範囲: コオロギ達の種間関係)

    北斗書房  2016年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:74   担当ページ:47-49   記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • Effect of male genital spines on female remating propensity in the West Indian sweet potato weevil, Euscepes postfasciatus. In: Biological Shape Analysis. Ed by Pete E. Lestrel.

    Norikuni Kumano, Takashi Kuriwada, Keiko Shiromoto, Haruki Tatsuta ( 担当: 共著)

    World Scientific Pub Co Inc  2013年6月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • コオロギの交尾行動に対する他個体の影響 招待

    栗和田隆

    昆虫と自然   58 ( 1 )   10 - 15   2023年1月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • コオロギ 鳴き声使い分けメッセージ 招待

    栗和田隆

    南日本新聞   2022年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 海浜性昆虫ハマスズの基礎生態-体色の適応的意義と交尾行動

    栗和田隆

    南太平洋海域調査研究報告   63   57 - 59   2022年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    J-GLOBAL

  • 同所的に生息するコオロギ達の他種の鳴き声に対する反応

    栗和田隆

    南南太平洋海域調査研究報告   61   52 - 53   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 奄美大島の公園内に同所的に生息するコオロギ

    栗和田隆

    南太平洋海域調査研究報告   59   25 - 26   2018年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • タイワンエンマコオロギの雄間闘争に対する血縁関係の影響

    栗和田隆

    南太平洋海域調査研究報告   57   31 - 32   2016年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 近親交配を好む虫と避ける虫 招待

    栗和田隆

    むしむしコラム・おーどーこん -近くて不思議な虫の世界-   2013年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 森林の生態学 長期大規模研究からみえるもの

    栗和田隆

    生物科学   ( 59 )   186 - 186   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • 体重の重いオスほど齢が進むと求愛を頑張るようになる 招待

    栗和田隆

    昆虫発見!!    6   8 - 11   2007年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 寿命が短いほど交尾を焦る雌 招待

    栗和田隆

    昆虫発見!!   5   58 - 61   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 栗和田隆 .  昆虫の柔軟な行動変化 自身の影響と他者の影響 .  第400回昆虫学土曜セミナー  2023年10月  岡山大学招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 栗和田隆 .  マダラスズの休眠や交尾行動への都市環境の影響とそれに対する適応進化 .  日本昆虫学会第83回大会  2023年9月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 栗和田隆、一川いずみ .  マダラスズの生活史に対する都市の夜間照明と交通騒音の複合効果 .  日本生態学会第70回大会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆 .  コオロギのオスの求愛信号とメスの選好性は騒音に対して適応進化しているか .  日本生態学会第69回大会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 佐藤里秀, 栗和田隆 .  ハマスズの生息場所選好性は育った環境の影響を受けるか .  日本動物行動学会第40回大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆 .  マダラスズのオスの求愛信号とメスの選好性の騒音に対する進化 .  日本生態学会第68回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆 .  都市の方が郊外よりもマダラスズの捕食圧は高い .  日本動物行動学会第39回大会  2020年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆 .  メスコオロギの逃走行動にオスの魅力は関係しないが逃げ方に個性はある .  日本生態学会第67回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆, 冨田友樹, 新留勢矢 .  都市に生息するマダラスズは捕食リスクと警戒性が低いか .  日本動物行動学会第38回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Takashi Kuriwada .  Social isolation facilitates male aggressiveness to females in the cricket .  13th International Congress of Orthopterology  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 川﨑琳太郎, 桑野晃史, 栗和田隆 .  コオロギにおける異種の信号による音響コミュニケーションの阻害 .  日本生態学会第66回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場  

  • 河口真奈美, 栗和田隆 .  捕食者によってもたらされるサカマキガイの産卵行動の変化は適応的なのか? .  第37回日本動物行動学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田島慎吾,山本恭平,栗和田隆 .  体サイズの大きく異なるコオロギ2種の競争関係 .  日本生態学会第65回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌コンベンションセンター  

  • Takashi Kuriwada .  Same-sex sexual behavior mitigates male?male competition in the field cricket .  個体群生態学会第33回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学西新プラザ  

  • 濱田峻趣,栗和田隆 .  同時的雌雄同体生物であるサカマキガイの性役割と捕食回避行動との関係 .  日本生態学会第64回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 栗和田隆 .  コオロギのオスは他種の鳴き声を盗聴して行動を変化させるか? .  日本動物行動学会第35回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟大学  

  • 栗和田隆 .  タイワンエンマコオロギのオスは血縁関係にある個体との闘争を控えるか? .  日本生態学会第63回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:仙台国際センター  

  • 栗和田隆 .  火山灰によってコオロギの鳴き声は悪影響を受けるのか? .  日本動物行動学会第34回大会  日本動物行動学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京海洋大学  

  • 栗和田隆 .  ミツカドコオロギの角は自身の質をあらわす信号か? .  日本動物行動学会第33回大会  日本動物行動学会第33回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 栗和田隆 .  同一資源を利用するイモゾウムシとアリモドキゾウムシの種間競争 .  個体群生態学会第30回大会 企画シンポジウム「相互作用系の多面的理解から明らかにする個体群生態学」  個体群生態学会第30回大会 企画シンポジウム「相互作用系の多面的理解から明らかにする個体群生態学」

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくば  

    国内学会

  • 栗和田隆 .  社会経験を積まなかったフタホシコオロギのオスはメスとうまく交尾できない .  日本生態学会第61回大会  日本生態学会第61回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 栗和田隆 .  メスからもてるオスほど喧嘩を避け、求愛に投資するか? .  日本動物行動学会第32回大会  日本動物行動学会第32回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

▼全件表示

受賞

  • 第24回Ecological Research論文賞

    2024年3月   日本生態学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  • Editor's Choice

    2022年12月   日本動物行動学会  

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰 

  • 沖縄研究奨励賞

    2015年1月   公益財団法人 沖縄協会   沖縄地方における難防除害虫ゾウムシ類の基礎生態解明と防除技術開発に関する総合的研究

    サツマイモ害虫研究グループ

     詳細を見る

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞  受賞国:日本国

  • 「ハート昆虫奨励基金」ハート大賞奨励賞

    2006年   株式会社ハート   スズムシは体重が重い雄ほど年をとると良く鳴くようになり、軽い雄は鳴かなくなる

    栗和田隆

  • 「ハート昆虫奨励基金」ハート大賞奨励賞

    2005年   株式会社ハート   スズムシの雌は期待余命に応じて、雄の鳴き声への反応性を変化させるのか?

    栗和田隆

共同研究・競争的資金等の研究

  • 養殖コオロギは野外に定着するか?種間競争と適応進化に注目した実験的検討

    研究課題/領域番号:24K15375  2024年4月 - 2029年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(C)

    栗和田 隆,川西 基博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

  • 奄美群島の小学校校庭における動植物の多様性の解明と環境教育での活用

    研究課題/領域番号:20K02770  2020年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    川西 基博, 栗和田 隆, 内ノ倉 真吾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  • 都市化による騒音と人工光の増加がコオロギの音響コミュニケーションに与える影響

    研究課題/領域番号:19K06842  2019年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   基盤研究(C)

    栗和田 隆, 川西 基博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

    都市化にともなう環境改変はそこに生息している生物に進化的な変化を促す。本研究では特に、都市環境に特有な要因である交通騒音と夜間照明に焦点をあてて、コオロギの音響コミュニケーションへの影響及び都市への適応進化を検証する。今年度は、都市と郊外由来の個体の鳴き声の構造を測定したところ、都市個体で鳴き声の周波数の上昇や鳴き声の構造の一つであるchirpの短縮が見られた。これらの変化は室内の共通環境下で累代飼育した個体によるものであり、可塑的な変化ではなく遺伝的な違いを示唆する。
    これらの違いは他の分類群での先行研究と一致する結果である。しかし、これらの研究はこの変化が実際に適応的なのかどうか検証されていないことが多い。そこで、交通騒音の有無をコントロールしたプレイバック実験をおこない、都市のオスの鳴き声の方が騒音下でメスに定位されやすいのかを検証した。その結果、都市由来のオスの鳴き声と郊外由来のオスの声の定位されやすさに違いは見られなかった。この結果は、鳴き声の変化が適応的ではないことを示す。
    一方で、都市由来のメスは騒音下でオスの鳴き声に素早く反応することがわかった。これは騒音下で繁殖の機会を逃さないためか、捕食リスクの低下のためといった適応的な意義が考えられる。
    また、騒音と夜間照明の相互作用的な効果を検証するために、夜間照明に曝す処理区、交通騒音に曝す処理区、夜間照明と騒音の双方に曝す処理区、対照区を設け、孵化直後から50日間までの生存率や羽化率、体サイズを測定した。その結果、夜間照明にさらされると成長が著しく遅くなることがわかった。これは、本種が日周期で成長を調整しているため、通常の成長ができなかったためと考えられる。一方で、騒音や騒音と夜間照明の相互作用の顕著な影響は見られなかった。

  • 水田の(復古化)のためのキョウチクトウを利用したジャンボタニシ駆除の有効性解明

    研究課題/領域番号:19H00312  2019年

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 奨励研究  奨励研究

    池田 充, 栗和田 隆

      詳細を見る

    配分額:510000円 ( 直接経費:510000円 )

    水田の稲を食い荒らす有害生物ジャンボタニシは、稲作栽培に大きな被害を与えている。このタニシには天敵がいないことで生息範囲を全国的に拡大している。稲の植え付け直後の段階からタニシの駆除が必要不可欠で、現在は農薬での駆除が行われている。しかしこの方法では一時的なもので、いったん水田に侵入した場合には爆発的に増殖し稲苗を食い荒らされてしまう。農薬による短期的な防除では長期的な効果を期待することはできない。そこで先に行った様々な植物由来成分からキョウチクトウがジャンボタニシに有効であることが予備試験で得られたためバケツ稲栽培での駆除試験を行った。

  • 同種内の音響コミュニケーションに対して他種の信号が与える影響

    研究課題/領域番号:16K21244  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業   若手研究(B)

    栗和田 隆

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:2860000円 ( 直接経費:2200000円 、 間接経費:660000円 )

    音響信号によって種内のコミュニケーションをおこなう種は多い。同所的に生息する種が同時に音響信号を発すると、種内コミュニケーションが阻害される可能性がある。また、他種の音響信号を盗聴し、それを利用することも考えられる。例えば、競争力の勝る種が劣位種の音響信号を頼りに限られた好適な信号発信場所を奪うかもしれない。そこで、コオロギ類を対象に、同所的に生息する種の解明と競争能力の比較、種間でのコミュニケーションの阻害、種間盗聴の有無を検証した。
    その結果、奄美大島の公園内においてはタイワンエンマコオロギTeleogryllus occipitalis(以下エンマ)とネッタイオカメコオロギLoxoblemmus equestris(以下オカメ)が同所的に生息しており、エンマの方が干渉型の資源競争において優位であることがわかった。しかし、音響信号によるコミュニケーションの阻害は両種において見られなかった。これは長い年月に渡って相互作用してきた種間では互いに干渉を避ける形質が進化していることを示唆する。また、競争能力で優位であるエンマがオカメの声に引き寄せられることも、オカメがエンマの声を避けることも観察されなかった。
    このように同所的に生息する種間では、互いに負の影響を減少させるような進化が生じていることが示唆された。新規に侵入してきた外来種や生息地の改変などによって、新たに出会うことになった種間では、様々な行動的、生態的な相互作用が生じる可能性がある。こういった種を今後は対象とする必要があるだろう。

  • アオモンイトトンボ雌二型頻度の個体群間変異の決定要因に関する研究

    2014年4月 - 2015年3月

    琉球大学  琉球大学熱帯生物圏研究センター共同利用研究 

    栗和田隆、澤田浩司, 山平寿智

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 人為環境下で野生生物はどのように家畜化していくか? その方向と速度を探る

    研究課題/領域番号:11J11226  2011年4月 - 2013年3月

    日本学術振興会  科学研究費補助金  特別研究員奨励費

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 婚姻贈呈は本当に雌の利益なのか? 雌雄の利害対立に注目した実験的検討

    2007年4月 - 2008年3月

    民間財団等  競争的研究資金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    婚姻贈呈は本当に雌の利益なのか? 雌雄の利害対立に注目した実験的検討

  • スズムシの配偶行動に対する齢と交尾経験の影響

    2005年4月 - 2006年3月

    民間財団等  競争的研究資金 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    スズムシの配偶行動に対する齢と交尾経験の影響

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 動物の感覚、脳、行動

    2020年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:その他 

  • 生物学野外実験

    2015年8月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 遺伝学

    2014年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 基礎科学

    2013年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 生物学実験1

    2013年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 動物行動生態学

    2013年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 動物生理学

    2013年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 教職実践演習

    2013年10月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目 

  • 動物学特論

    2013年10月
    -
    2020年3月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 生物学実験2

    2013年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 動物形態分類学

    2013年4月
    -
    現在

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 動物学特論演習

    2013年4月
    -
    2019年8月

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 応用昆虫学

    2009年
    -
    2012年

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 農林水産省門司植物防疫所職員研修

    役割:講師

    農林水産省門司植物防疫所  2018年2月

     詳細を見る

    対象: 研究者, 行政機関

    種別:講演会