2021/05/25 更新

写真a

キクチ マサフミ
菊地 聖史
KIKUCHI Masafumi
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 顎顔面機能再建学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1993年3月   東京医科歯科大学 )

研究キーワード

  • 歯科用CAD/CAMシステム

  • 歯科生体材料

  • 歯科用合金

  • 歯科器械

  • 歯科切削

  • チタン合金

研究分野

  • ライフサイエンス / 口腔再生医学、歯科医用工学

  • ライフサイエンス / 補綴系歯学

学歴

  • 東京医科歯科大学   生体精密機械工学

    1989年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東北大学

    1983年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   教授

    2013年2月 - 現在

所属学協会

  • 日本歯科理工学会

    1989年6月 - 現在

  • 日本補綴歯科学会

    1999年5月 - 現在

  • 日本デジタル歯科学会

    2013年7月 - 現在

  • 日本バイオマテリアル学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本歯科技工学会

    2006年9月 - 現在

  • International Association for Dental Research

    2001年1月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2003年7月 - 2005年3月   ベイラー歯科大学   客員助手

取得資格

  • 陸上無線技術士(第1~2級)

  • 歯科医師

 

論文

  • Kono H. .  Analysis of orthodontic wire springback to simplify wire bending .  Orthodontic Waves79 ( 1 ) 57 - 63   2020年2月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Orthodontic Waves  

    DOI: 10.1080/13440241.2020.1741070

    Scopus

  • Hiroshi Kono, Hiroyuki Arikawa, Syunichi Hamamura, Yasuhiro Sonoda, Masafumi Kikuchi .  Effect of Sintering Conditions on Translucency of High Translucent Zirconia .  Key Engineering Materials829   49 - 53   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Asian BioCeramics 18  

  • ARIKAWA Hiroyuki, MINESAKI Yoshito, MURAGUCHI Koichi, KONO Hiroshi, KIKUCHI Masafumi .  Thermochromism of restorative composite resins .  Dental Materials Journal38 ( 2 ) 329 - 336   2019年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    <p>The aim of this study was to clarify the temperature dependence of color, <i>i.e.</i> the thermochromism of restorative composite resins at typical intraoral temperatures. Five brands of restorative composite resins were used. The CIE <i>L*a*b*</i> color values were measured using a spectrophotometer at specimen temperatures of 4, 23, 37, 60, and 80ºC. The temperature dependence of the refractive index of the materials at 4–80ºC were also determined using a refractometer. The values of <i>L*</i> for all materials decreased, and those of <i>a</i>* and <i>b</i>* for most of the materials increased, with increasing temperature. The color difference (Δ<i>E*</i>) for all materials increased with increasing specimen temperatures. The refractive index of the A4 shade of the materials consistently decreased with increasing temperatures. Most of the materials exhibited perceptible thermochromism related to intraoral thermal conditions. Optical properties that change in response to temperature could help explain the thermochromism of materials.</p>

    DOI: 10.4012/dmj.2018-047

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • TAKAHASHI Masatoshi, KIKUCHI Masafumi, TAKADA Yukyo .  Mechanical properties and microstructures of dental cast Ti-6Nb-4Cu, Ti-18Nb-2Cu, and Ti-24Nb-1Cu alloys .  Dental Materials Journal35 ( 4 ) 564 - 570   2016年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    <p>The mechanical properties —tensile strength, yield strength, elongation after fracture, and Vickers hardness— and alloy phases of the dental cast alloys Ti-6%Nb-4%Cu, Ti-18%Nb-2%Cu, and Ti-24%Nb-1%Cu were investigated. Ti-6%Nb-4%Cu consisted of a single <i>α</i>-phase, while Ti-18%Nb-2%Cu and Ti-24%Nb-1%Cu consisted of <i>α</i>- and <i>β</i>-phases. The tensile strengths, yield strengths, and hardnesses of these alloys were higher than those of Ti-5%Cu and Ti-30%Nb; however, their breaking elongations were smaller. These differences in the mechanical properties are attributable to solid-solution strengthening or to precipitation strengthening by the dual-phase (<i>α</i>+<i>β</i>) structure. Thus, Ti-Nb-Cu alloys are suitable for use in high-strength dental prostheses, such as implantretained superstructures and narrow-diameter implants.</p>

    DOI: 10.4012/dmj.2015-354

    CiNii Article

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada .  Mechanical properties of dental Ti-Ag alloys with 22.5, 25, 27.5, and 30 mass% Ag .  Dental Materials Journal34 ( 4 ) 503 - 507   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shouichi Miyawaki, Hiroshi Tomonari, Takakazu Yagi, Takaharu Kuninori, Yasuhiko Oga, Masafumi Kikuchi .  Development of a novel spike-like auxiliary skeletal anchorage device to enhance miniscrewstability .  American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics 148 ( 2 ) 338 - 344   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • INAGAKI Ryoichi, KIKUCHI Masafumi, TAKAHASHI Masatoshi, TAKADA Yukyo, SASAKI Keiichi .  Machinability of an experimental Ti-Ag alloy in terms of tool life in a dental CAD/CAM system .  Dental Materials Journal34 ( 5 ) 679 - 685   2015年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本歯科理工学会  

    Titanium is difficult to machine because of its intrinsic properties. In a previous study, the machinability of titanium was improved by alloying with silver. This study aimed to evaluate the durability of tungsten carbide burs after the fabrication of frameworks using a Ti-20%Ag alloy and titanium with a computer-aided design and computer-aided manufacturing system. There was a significant difference in attrition area ratio between the two metals. Compared with titanium, the ratio of the area of attrition of machining burs was significantly lower for the experimental Ti-20%Ag alloy. The difference in the area of attrition for titanium and Ti-20%Ag became remarkable with increasing number of machining operations. The results show that the same burs can be used for a longer time with Ti-20%Ag than with pure titanium. Therefore, in terms of tool life, the machinability of the Ti-20%Ag alloy is superior to that of titanium.

    DOI: 10.4012/dmj.2015-014

    CiNii Article

  • 工藤桃子、三浦賞子、菊地聖史、稲垣亮一、笠原紳、佐々木啓一、依田正信 .  ジルコニアオールセラミック修復用ベニアポーセレンの破壊靱性に関する研究―フレーム材とポーセレンの焼成条件の影響― .  日本補綴歯科学会誌6 ( 3 ) 291 - 299   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazuko Nakajo, Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Osamu Okuno, Keiichi Sasaki, Nobuhiro Takahashi .  Inhibitory effect of Ti-Ag alloy on artificial biofilm formation .  Dental Materials Journal33 ( 3 ) 389 - 393   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 工藤 桃子, 三浦 賞子, 菊地 聖史, 稲垣 亮一, 笠原 紳, 佐々木 啓一, 依田 正信 .  ジルコニアオールセラミック修復用ベニアポーセレンの破壊靱性に関する研究:―フレーム材とポーセレンの焼成条件の影響― .  日本補綴歯科学会誌6 ( 3 ) 291 - 299   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本補綴歯科学会  

    <b>目的</b>:本研究の目的は,ジルコニアフレームや焼成条件の変化がベニアポーセレンの機械的性質に及ぼす影響を調べるため,フレーム材料,焼成温度,昇温速度による破壊靱性を検討することである.<br><b>方法</b>:破壊靱性値の測定は,ISO15732に準じた破壊靭性試験により評価した.ジルコニアオール<br>セラミック修復用ベニアポーセレンは,2種類の異なった厚さのジルコニアフレーム(以下ZAC)に,各3条件の焼成温度及び昇温速度にて焼成した.コントロールとして,メタルセラミック修復用ベニアポーセレン及びメタルフレーム(以下PFM)を使用した.データは,2-way ANOVA Tukey-Kramer HSD test(<i>α</i>=0.05)にて統計分析を行った.<br><b>結果</b>:ZAC及びPFMの破壊靱性値は,フレーム厚さの違いや焼成温度条件では有意差はみられなかった.昇温速度条件では,ZACでは速度を速くした場合においてマニュアル条件よりも破壊靱性値は有意に低くなった(p<0.05).また,PFMでは速度を遅くした場合においてマニュアル条件及び速い条件よりも破壊靱性値は有意に高い値となった(p<0.05).<br><b>結論</b>:ジルコニアオールセラミック修復用ベニアポーセレンの破壊靭性値は,フレーム厚さの違いや焼成温度による影響はみられなかったが,昇温速度を速くした場合において,有意に低い値となった.

    DOI: 10.2186/ajps.6.291

    CiNii Article

  • Yukyo Takada, Masatoshi Takahashi, Jun Shiroto, Akira Kikuchi, Masafumi Kikuchi .  Laser welding between magnetic stainless steels and titanium as a shield-ring and spacer material .  Journal of Japanese Society of Magnetic Applications in Dentistry20 ( 2 ) 1 - 4   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Yukyo Takada .  Geometric design method for occlusal outlines of complex class I and Class II inlay cavities .  Dental Materials Journal30 ( 5 ) 648 - 654   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada .  Corrosion behavior of Ti-Ag alloys used in dentistry in lactic acid solution .  Metals and Materials International17 ( 1 ) 175 - 179   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi .  Geometric design method for class I inlay cavity .  Dental Materials Journal29 ( 6 ) 637 - 641   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高橋正敏、菊地聖史、奥野攻 .  歯科用Ti-Zr二元合金の研削性 .  日本金属学会誌74 ( 6 ) 351 - 355   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Osamu Okuno .  Corrosion Resistance of Dental Ti-Ag Alloys in NaCl Solution .  Materials Transactions51 ( 4 ) 762 - 766   2010年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi .  Dental alloy sorting by the thermoelectric method .  European Journal of Dentistry4 ( 1 ) 66 - 70   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Kouki Hatori, Yusuke Orii, Keiichi Sasaki, Yukyo Takada .  Calcium phosphate formation on Ti-Ag alloys in simulated body fluid .  Journal of Biomechanical Science and Engineering4 ( 3 ) 318 - 325   2009年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno .  Grindability of Dental Cast Ti-Zr Alloys .  Materials Transactions50 ( 4 ) 859 - 863   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新居麻樹、菊地聖史、佐々木啓一、奥野攻 .  急速加熱型石膏系埋没材を用いた鋳型の加熱時間と温度の関係-鋳型の数と炉内の位置による影響- .  歯科材料・器械28 ( 3 ) 154 - 160   2009年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi .  The use of cutting temperature to evaluate the machinability of titanium alloys .  Acta Biomaterialia5 ( 2 ) 770 - 775   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新居麻樹、菊地聖史、佐々木啓一、奥野攻 .  急速加熱型石膏系埋没材を用いた鋳型の加熱時間と温度の関係 .  歯科材料・器械27 ( 4 ) 301 - 306   2008年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Osamu Okuno .  Machinability of experimental Ti-Cu alloys .  Materials Transactions49 ( 4 ) 800 - 804   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Osamu Okuno .  Machinability of experimental Ti-Ag alloys .  Dental Materials Journal27 ( 2 ) 216 - 220   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Toru Okabe, Osamu Okuno .  Electrochemical behavior of cast Ti-Ag alloys .  Dental Materials Journal25 ( 3 ) 516 - 523   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Osamu Okuno .  Elastic moduli of cast Ti-Au, Ti-Ag, and Ti-Cu alloys .  Dental Materials22 ( 7 ) 641 - 646   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Hideki Sato, Osamu Okuno, Martha E. Nunn, Toru Okabe .  Grindability of cast Ti-Hf alloys .  Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials77 ( 1 ) 34 - 38   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masayuki Ito, Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno, Kohei Kimura .  Ceramic bonding strength of Au-1.6 wt% Ti alloy .  Dental Materials Journal24 ( 2 ) 268 - 274   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eisei Hayashi, Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno, Kohei Kimura .  Grindability of dental magnetic alloys .  Dental Materials Journal24 ( 2 ) 163 - 171   2005年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideki Sato, Masafumi Kikuchi, Masashi Komatsu, Osamu Okuno, Toru Okabe .  Mechanical properties of cast Ti-Hf alloys .  Journal of Biomedical Materials Research Part B: Applied Biomaterials72 ( 2 ) 362 - 367   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno .  Machinability evaluation of titanium alloys (Part 2) Analyses of cutting force and spindle motor current .  Dental Materials Journal23 ( 4 ) 621 - 627   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno .  Mechanical properties and grindability of experimental Ti-Au alloys .  Dental Materials Journal23 ( 2 ) 203 - 210   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Osamu Okuno, Toru Okabe .  Corrosion behavior and microstructures of experimental Ti-Au alloys .  Dental Materials Journal23 ( 2 ) 109 - 116   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Osamu Okuno .  Machinability evaluation of titanium alloys .  Dental Materials Journal23 ( 1 ) 37 - 45   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toru Okabe, Masafumi Kikuchi, Chikahiro Ohkubo, Mari Koike, Osamu Okuno, Yutaka Oda .  The grindability and wear of Ti-Cu alloys for dental applications .  Journal of Metals56 ( 2 ) 46 - 48   2004年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Osamu Okuno .  Mechanical properties and grindability of dental cast Ti-Nb alloys .  Dental Materials Journal22 ( 3 ) 328 - 342   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Seigo Kiyosue, Masanobu Yoda, Margaret Woldu, Zhuo Cai, Osamu Okuno, Toru Okabe .  Grindability of cast Ti-Cu alloys .  Dental Materials19 ( 5 ) 375 - 381   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Masatoshi Takahashi, Toru Okabe, Osamu Okuno .  Grindability of dental cast Ti-Ag and Ti-Cu alloys .  Dental Materials Journal22 ( 2 ) 191 - 205   2003年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Seigo Kiyosue, Masanobu Yoda, Margaret Woldu, Zhuo Cai, Osamu Okuno, Toru Okabe .  Mechanical properties and microstructures of cast Ti-Cu alloys .  Dental Materials19 ( 3 ) 174 - 181   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatoshi Takahashi, Masafumi Kikuchi, Yukyo Takada, Osamu Okuno .  Mechanical properties and microstructures of dental cast Ti-Ag and Ti-Cu alloys .  Dental Materials Journal21 ( 3 ) 270 - 280   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • スタンダード歯科理工学-生体材料と歯科材料-第7版

    中嶌 裕,西山 典宏,宮﨑 隆,米山 隆之 他( 担当: 共著)

    株式会社学建書院  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 基礎歯科理工学第1版

    宮坂 平,遠藤 一彦,玉置 幸道,服部 雅之 他( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2019年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • コア歯科理工学

    小倉 英夫,髙橋 英和,宮﨑 隆,小田 豊,楳本 貢三,小園 凱夫 他( 担当: 共著)

    医歯薬出版  2008年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

MISC

  • 歯科治療ロボットの開発~フルデジタル化を通じて目指す歯科治療技術の集積と精度向上~

    鹿児島大学広報センター

    鹿大ジャーナル   ( 216 )   14 - 15   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    その他リンク: https://www.kagoshima-u.ac.jp/about/210319_kadaijanal216_koho.pdf

  • 歯科におけるジルコニア

    河野博史,菊地聖史

    鹿歯会報ティースフル   147 ( 726 )   10 - 12   2019年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)   出版者・発行元:公益社団法人鹿児島県歯科医師会  

  • フルデジタル・デンティストリーの実現を目指して

    菊地聖史

    QDT Art & Practice   41 ( 9 )   1222 - 1222   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:クインテッセンス出版  

  • 歯科CAD/CAMシステムに適したチタン合金の開発

    菊地聖史

    鹿児島大学歯学部紀要   34   41 - 51   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 河野博史,菊地聖史 .  CAD/CAM 用市販ガラスセラミックスの機械的性質と微細構造 .  日本歯科理工学会第75回春期学術講演会  日本歯科理工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:誌上  

  • 濱村俊一, 薗田安浩, 河野博史, 菊地聖史 .  熱サイクル試験下における義歯床用ジルコニアに対する長期弾性裏装材の接着耐久性について .  一般社団法人日本歯科技工学会第41回学術大会  一般社団法人日本歯科技工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:石川県地場産業振興センター(金沢市)  

  • 菊地聖史 .  ソフトウェア・デファインド歯科に向けた歯科治療ロボットの開発 .  第4回先端加工技術セミナー2019 in 鹿児島  微細加工工業会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:TKPガーデンシティ鹿児島中央  

  • 河野博史,濱村俊一,園田安浩,菊地聖史 .  焼成条件がジルコニアの透過性に及ぼす影響 .  第1回南九州歯学会総会・学術大会  南九州歯学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学桜ヶ丘キャンパス鶴陵会館  

  • 菊地聖史 .  フルデジタル歯科用CAD/CAMシステムの開発 .  平成30年度九州歯科学会主催講演会  九州歯科学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:九州歯科大学学部棟5階501講義室  

  • 菊地聖史 .  歯を自動的に削る歯科治療ロボット .  2018ライフイノベーション新技術説明会  科学技術振興機構、鹿児島大学、宮崎大学、大分大学、琉球大学、山口大学、北九州市立大学、佐賀大学

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:JST東京本部別館1Fホール  

  • 濱村俊一, 薗田安浩, 河野博史, 菊地聖史 .  義歯床用ジルコニアに対する長期弾性裏層材の接着について .  一般社団法人日本歯科技工学会第40回学術大会  一般社団法人日本歯科技工学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:タワーホール船堀  

  • 菊地聖史 .  ロボットが歯を削る―歯科治療ロボットの開発 .  イノベーション・ジャパン2017  科学技術振興機構

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京ビッグサイト  

  • 菊地聖史 .  歯科CAD/CAMシステムのフルデジタル化の可能性―Software-Defined Dentistryに向けて― .  一般社団法人日本デジタル歯科学会第7回学術大会  一般社団法人日本デジタル歯科学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北海道立道民活動センター  

  • 蟹江隆人、有川裕之、永田睦、富田浩一、門川明彦、菊地聖史 .  2官能性アクリル系モノマーを応用したインプラント用セメントに関する基礎的研究 .  第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会  第142回日本歯科保存学会2015年度春季学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 門川明彦、蟹江隆人、嶺崎良人、有川裕之、柳田廣明、村口浩一、村原貞昭、峰元里子、菊地聖史、南弘之 .  インプラントの粘性体に対する弁別能力評 .  日本補綴歯科学会第124回学術大会  日本補綴歯科学会第124回学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 有川裕之、蟹江隆人、門川明彦、菊地聖史 .  修復用コンポジットレジンの温度による色調変化 第2報 ベースレジンの屈折率の温度依存性 .  第64回日本歯科理工学会学術講演会  第64回日本歯科理工学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 蟹江隆人、有川裕之、 門川明彦、 菊地聖史 .  2官能性アクリル系モノマー混合溶液から作製した重合体の応力緩和 .  第64回日本歯科理工学会学術講演会  第64回日本歯科理工学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • Mutsumi Nagata, Mizuki Nagata, Takahito Kanie, Masafumi Kikuchi .  Comparison of bio-mechanical evaluation methods by insertion torque up to 100 Ncm .  23rd Meeting of the European Association of Osseointegration  23rd Meeting of the European Association of Osseointegration国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • 菊地聖史 .  チタンとCAD/CAM .  平成26年度日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー  平成26年度日本歯科理工学会九州地方会夏期セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 蟹江隆人、有川裕之、菊地聖史、門川明彦 .  メタクリル酸エステルのポリマー/モノマー混合溶液から作製した重合体の機械的特性 .  第62回日本歯科理工学会学術講演会  第62回日本歯科理工学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 有川裕之、蟹江隆人、菊地聖史 .  修復用コンポジットレジンの温度による色調変化 .  第62回日本歯科理工学会学術講演会  第62回日本歯科理工学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

▼全件表示

知的財産権

  • 口腔内加工装置及び口腔内治療システム

    菊地聖史

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2016-183463  出願日:2016年9月

    特許番号/登録番号:特許第6715518号  登録日:2020年6月 

    出願国:国内  

  • 歯科用磁性アタッチメント磁石構造体

    高田雄京, 高橋正敏, 菊地聖史, 菊地 亮

     詳細を見る

    出願人:日立金属株式会社

    出願番号:特願2012-22319  出願日:2012年10月

    公開番号:特開2014-073302  公開日:2014年4月

    出願国:国内  

  • 歯牙切削装置及び方法

    菊地聖史

     詳細を見る

    出願番号:特願2009-212305  出願日:2009年9月

    出願国:国内  

  • TOOTH-CUTTING DEVICE AND METHOD

    Masafumi Kikuchi

     詳細を見る

    出願人:Tohoku University

    出願番号:2010JP065864  出願日:2009年9月

    公表番号:WO 2011/030906  公表日:2011年3月

    出願国:国内  

  • チタン銀合金からなるバイオフィルム抑制性金属組成物

    高橋正敏, 中條和子, 奥野 攻, 高橋信博, 菊地聖史, 高田雄京, 佐々木啓一

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人東北大学

    出願番号:特願2008-294012   出願日:2008年11月

    公開番号:特開2010-121153  公開日:2010年6月

    出願国:国内  

  • 歯科用快削チタン合金

    奥野 攻, スターリング ジュンコ, 高田雄京, 菊地聖史

     詳細を見る

    出願人:奥野 攻, 大同特殊鋼株式会社

    出願番号:特願平11-59518  出願日:1999年3月

    公開番号:特開2000-254150  公開日:2000年9月

    出願国:国内  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Software-Defined Dentistryに向けた歯科治療ロボット開発

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • バイオミメティクスに基づく高機能ジルコニアインプラントの開発

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 歯科CAD/CAMシステムのフルデジタル化-特に形成の自動化について-

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 修復用硬質レジンのサーモクロミズムが審美性に及ぼす影響評価とその制御

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)