2021/06/03 更新

写真a

カンムラ シユウジ
上村 修司
Shuji Kanmura
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2007年3月   宮崎大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療施設 光学医療診療部   講師

    2016年1月 - 2020年4月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座   准教授

    2020年12月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座   講師

    2020年5月 - 2020年11月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻   講師

    2003年4月 - 2015年12月

 

論文

  • Nakazawa J, Kawahira M, Kawahira M, Kodama T, Arima S, Iwashita Y, Mawatari S, Hashimoto S, Kanmura S, Hori T, Tsubouchi H, Ido A .  Analysis of factors affecting progression-free survival of first-line chemotherapy in older patients with advanced gastrointestinal cancer. .  Journal of geriatric oncology   2021年5月

     詳細を見る

  • Iwaya H, Fukukura Y, Hashimoto S, Tanoue S, Kawahira M, Hinokuchi M, Fujita T, Komaki Y, Arima S, Sasaki F, Kanmura S, Higashi M, Tamada K, Ido A .  Prognostic significance of extracellular volume fraction with equilibrium contrast-enhanced computed tomography for pancreatic neuroendocrine neoplasms. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]21 ( 4 ) 779 - 786   2021年3月

     詳細を見る

  • Sasaki F, Kanmura S, Oda K, Maeda H, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Tanoue S, Hashimoto S, Fujita H, Ido A .  Acetaldehyde breath test as a cancer risk marker in patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma. .  PloS one16 ( 5 ) e0251457   2021年

  • Kanmura S, Uto H, Kusumoto K, Ishida Y , Hasuike S, Nagata K , Hayashi K , Ido A , Stuver OS, Tsubouchi. H. .  Early diagnostic potential for hepatocellular carcinoma using the SELDI ProteinChip system .  Hepatology   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Imamura Y, Mawatari S, Oda K, Kumagai K, Hiramine Y, Saishoji A, Kakihara A, Nakahara M, Oku M, Hosoyamada K, Kanmura S, Moriuchi A, Miyahara H, Akio Ido .  Changes in body composition and low blood urea nitrogen level related to an increase in the prevalence of fatty liver over 20 years: A cross-sectional study. .  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology51 ( 5 ) 570 - 579   2021年5月

     詳細を見る

  • Yoshimine H, Tanoue S, Ibi Y, Minami M, Nakahara M, Tokunaga K, Kanmura S, Ido A .  Hepatocyte growth factor ameliorates methylglyoxal-induced peritoneal inflammation and fibrosis in mouse model. .  Clinical and experimental nephrology   2021年4月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Komaki Y, Iwaya H, Kumagai K, Mawatari S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Sameshima Y, Ono Y, Ohi H, Ido A .  Increased Gene Copy Number of DEFA1A3 Is Associated With the Severity of Ulcerative Colitis. .  Clinical and translational gastroenterology12 ( 4 ) e00331   2021年4月

  • Hiramine Y, Uto H, Mawatari S, Kanmura S, Imamura Y, Hiwaki T, Saishoji A, Kakihara A, Maenohara S, Tokushige K, Ido A .  Efficacy of rifaximin, a poorly absorbed rifamycin antimicrobial agent, for hepatic encephalopathy in Japanese patients. .  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology51 ( 4 ) 445 - 460   2021年4月

     詳細を見る

  • Komaki Y, Kanmura S, Yutsudo K, Kuwazuru K, Komaki F, Tanaka A, Nishimata N, Sameshima Y, Sasaki F, Ohi H, Nakamura Y, Tokushige K, Sameshima Y, Ido A .  Infliximab therapy intensification based on endoscopic activity is related to suppress treatment discontinuation in patients with Crohn disease: A retrospective cohort study. .  Medicine100 ( 6 ) e24731   2021年2月

     詳細を見る

  • Kita T, Ashizuka S, Ohmiya N, Yamamoto T, Kanai T, Motoya S, Hirai F, Nakase H, Moriyama T, Nakamura M, Suzuki Y, Kanmura S, Kobayashi T, Ohi H, Nozaki R, Mitsuyama K, Yamamoto S, Inatsu H, Watanabe K, Hibi T, Kitamura K .  Adrenomedullin for steroid-resistant ulcerative colitis: a randomized, double-blind, placebo-controlled phase-2a clinical trial. .  Journal of gastroenterology56 ( 2 ) 147 - 157   2021年2月

     詳細を見る

  • Hiramine Y, Uto H, Mawatari S, Kanmura S, Imamura Y, Hiwaki T, Saishoji A, Oku M, Tokushige K, Maenohara S, Ido A .  Impact of acute kidney injury on prognosis and the effect of tolvaptan in patients with hepatic ascites. .  Journal of gastroenterology56 ( 1 ) 54 - 66   2021年1月

     詳細を見る

  • Maeda H, Sasaki F, Morinaga Y, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Nishiguchi A, Taguchi T, Ido A .  Covering Post-Endoscopic Submucosal Dissection Ulcers in Miniature Swine with Hexanoyl (Hx:C6) Group-Modified Alkaline-Treated Gelatin Porous Film (HAG) Induces Proper Healing by Decreasing Inflammation and Fibrosis. .  Digestion102 ( 3 ) 415 - 427   2021年

     詳細を見る

  • 矢野 弘樹, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵体部癌との鑑別に難渋し、切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.(著者抄録)

  • Tanaka A, Kanmura S, Sakiyama T, Ido A .  Huge gastric lesion disappears in a day. .  Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   2020年8月

     詳細を見る

  • Tanaka A, Sasaki F, Kanmura S, Ido A .  Magnified endoscopic imaging of a Peutz-Jeghers-type polyp in the jejunum. .  Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver   2020年6月

     詳細を見る

  • Maeda-Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa-Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S .  Effects of intra-oesophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. .  Journal of oral rehabilitation47 ( 5 ) 567 - 576   2020年5月

     詳細を見る

  • 笠井 亜衣, 橋元 慎一, 恒吉 研吾, 樺山 雅之, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵臓の腫瘤性病変に対するEUS-FNAで診断に至ったB細胞リンパ腫の3例 .  膵臓35 ( 2 ) 213 - 221   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    膵原発の悪性リンパ腫は,節外性悪性リンパ腫の2%以下,膵悪性腫瘍の0.5%未満と稀である.画像所見のみでは鑑別が難しく,病理組織学的評価による正確な診断が重要である.今回,膵腫瘤に対し超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)でB細胞リンパ腫と診断した3例を経験し,うち2例は化学放射線療法で改善した.EUS-FNAは,リンパ腫の病型診断および治療方針決定に有用と考えられた.(著者抄録)

  • Tanaka A, Kanmura S, Komaki Y, Ido A .  A case of papilloma-like lesions of the esophagus in Cronkhite-Canada syndrome. .  Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver52 ( 3 ) 352   2020年3月

     詳細を見る

  • Tanaka A, Kanmura S, Morinaga Y, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Takeshita M, Takeda S, Ido A .  Oral administration of Lactobacillus plantarum 06CC2 prevents experimental colitis in mice via an anti‑inflammatory response. .  Molecular medicine reports21 ( 3 ) 1181 - 1191   2020年3月

     詳細を見る

  • Kamikihara Y, Tanoue S, Kawahira M, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Kanmura S, Higashi M, Gejima K, Ido A .  A case of gallbladder neuroendocrine carcinoma diagnosed preoperatively using somatostatin receptor scintigraphy. .  Oncology letters19 ( 1 ) 247 - 254   2020年1月

     詳細を見る

  • Nishikoba N, Kumagai K, Kanmura S, Nakamura Y, Ono M, Eguchi H, Kamibayashiyama T, Oda K, Mawatari S, Tanoue S, Hashimoto S, Tsubouchi H, Ido A .  HGF-MET Signaling Shifts M1 Macrophages Toward an M2-Like Phenotype Through PI3K-Mediated Induction of Arginase-1 Expression. .  Frontiers in immunology11   2135   2020年

     詳細を見る

  • 笠井 亜衣, 井戸 章雄, 橋元 慎一, 恒吉 研吾, 樺山 雅之, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 上村 修司, 東 美智代 .  膵臓の腫瘤性病変に対するEUS-FNAで診断に至ったB細胞リンパ腫の3例 .  膵臓35 ( 2 ) 213 - 221   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本膵臓学会  

    <p>膵原発の悪性リンパ腫は,節外性悪性リンパ腫の2%以下,膵悪性腫瘍の0.5%未満と稀である.画像所見のみでは鑑別が難しく,病理組織学的評価による正確な診断が重要である.今回,膵腫瘤に対し超音波内視鏡下穿刺吸引法(EUS-FNA)でB細胞リンパ腫と診断した3例を経験し,うち2例は化学放射線療法で改善した.EUS-FNAは,リンパ腫の病型診断および治療方針決定に有用と考えられた.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.213

    CiNii Article

  • 矢野 弘樹, 井戸 章雄, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代 .  膵体部癌との鑑別に難渋し,切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本膵臓学会  

    <p>症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.447

    CiNii Article

  • Kanmura S, Tanaka A, Yutsudou K, Kuwazuru K, Komaki F, Komaki Y, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Significance of Linked Color Imaging for Predicting the Risk of Clinical Relapse in Ulcerative Colitis. .  Gastroenterology research and practice2020   3108690   2020年

     詳細を見る

  • Tabu K, Mawatari S, Oda K, Kumagai K, Inada Y, Uto H, Saisyoji A, Hiramine Y, Hashiguchi M, Tamai T, Hori T, Fujisaki K, Imanaka D, Kure T, Taniyama O, Toyodome A, Ijuin S, Sakae H, Sakurai K, Moriuchi A, Kanmura S, Ido A .  Hypovascular tumors developed into hepatocellular carcinoma at a high rate despite the elimination of hepatitis C virus by direct-acting antivirals. .  PloS one15 ( 8 ) e0237475   2020年

  • Hiraishi N, Kanmura S, Oda K, Arima S, Kumagai K, Mawatari S, Tanoue S, Sasaki F, Hashimoto S, Ido A .  Extract of <i>Lactobacillus plantarum</i> strain 06CC2 induces JNK/p38 MAPK pathway-mediated apoptosis through endoplasmic reticulum stress in Caco2 colorectal cancer cells. .  Biochemistry and biophysics reports20   100691   2019年12月

     詳細を見る

  • Kure T, Mawatari S, Imamura Y, Oda K, Kumagai K, Hiramine Y, Miyahara H, Kanmura S, Moriuchi A, Uto H, Horiuchi M, Ido A .  Nonalcoholic fatty liver disease is associated with both subcutaneous and visceral adiposity: A cross-sectional study. .  Medicine98 ( 46 ) e17879   2019年11月

     詳細を見る

  • Komaki Y, Kanmura S, Tanaka A, Nakashima M, Komaki F, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith. .  Internal medicine (Tokyo, Japan)58 ( 17 ) 2473 - 2478   2019年9月

  • Kanmura S, Hamamoto H, Tanaka A, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Higashi M, Ido A .  Diagnostic utility of linked color imaging in the evaluation of colonic mucosal inflammation in ulcerative colitis: a pilot study. .  Endoscopy international open7 ( 8 ) E937 - E943   2019年8月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Tanaka A, Komaki Y, Ido A .  A case of screening colonoscopy using linked-color imaging to detect ulcerative colitis-associated colorectal cancer. .  Digestive and liver disease : official journal of the Italian Society of Gastroenterology and the Italian Association for the Study of the Liver51 ( 7 ) 1061   2019年7月

     詳細を見る

  • Hiramine Y, Uto H, Mawatari S, Kanmura S, Imamura Y, Hiwaki T, Saishoji A, Yada T, Inada Y, Sakamoto H, Higashi H, Kubozono O, Maenohara S, Ido A .  Effect of tolvaptan on the prognosis of patients with hepatic ascites. .  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology49 ( 7 ) 765 - 777   2019年7月

     詳細を見る

  • Yoshida A, Kamata N, Yamada A, Yokoyama Y, Omori T, Fujii T, Hayashi R, Kinjo T, Matsui A, Fukata N, Takahashi S, Sakemi R, Ogata N, Ashizuka S, Bamba S, Ooi M, Kanmura S, Endo K, Yoshino T, Tanaka H, Morizane T, Shinzaki S, Kobayashi T .  Risk Factors for Mortality in <i>Pneumocystis jirovecii</i> Pneumonia in Patients with Inflammatory Bowel Disease. .  Inflammatory intestinal diseases3 ( 4 ) 167 - 172   2019年4月

     詳細を見る

  • Kawabata K, Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Makino T, Fujita T, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  A high‑fructose diet induces epithelial barrier dysfunction and exacerbates the severity of dextran sulfate sodium‑induced colitis. .  International journal of molecular medicine43 ( 3 ) 1487 - 1496   2019年3月

     詳細を見る

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 黒野 祐一, 井戸 章雄 .  7. 喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対する ESD の工夫 .  耳鼻咽喉科展望62 ( 1 ) 48 - 48   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:耳鼻咽喉科展望会  

    DOI: 10.11453/orltokyo.62.1_48

    CiNii Article

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 小牧 祐雅, 井戸 章雄 .  当院で経験したCronkhite-Canada症候群3例の小腸病変の検討 .  日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集3 ( 0 ) 58_1 - 58_1   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本小腸学会  

    <p>【背景】 Cronkhite-Canada症候群(Cronkhite-Canada syndrome; CCS)は、消化管ポリポーシスに脱毛・爪甲萎縮・皮膚色素沈着などの特徴的な皮膚症状を伴う非遺伝性疾患である。症例の約半数が小腸病変を有していると言われているが、小腸病変の画像報告例は少ない。</p><p>【目的】 当院で経験したCCS 3例の小腸カプセル内視鏡(CE)所見について検討した。</p><p>【結果】 症例1.60代男性。主訴は下痢、味覚異常、体重減少。2ヶ月前から下痢などの症状を認め、同時期から手指の色素沈着、爪の萎縮を自覚していた。上・下部消化管内視鏡(EGD、CS)で胃・十二指腸に腺管の拡張した発赤調ポリープの集簇、大腸に光沢のある発赤調小隆起をカーペット状に認め、CEでは全小腸にびまん性に発赤調粘膜、粘膜浮腫と絨毛の腫大をが観察された。これらの特徴的な内視鏡と皮膚所見よりCCSと診断し、PSL治療開始した。治療反応は良好で再燃なく経過している。</p><p>症例2.50代女性。主訴は皮膚色素沈着。6年前より両手背、手掌と上腕の色素沈着および手足爪の脱落を自覚しはじめたが、自然消退と増悪を繰り返していた。また4年前よりびらん性胃炎と胃過形成ポリープを指摘されていたが、経過観察されていた。徐々に嘔気と軟便を認めるようになり当科を受診した。EGD、CSにて胃前庭部を優位とする多発性発赤調ポリープ、回腸末端の絨毛萎縮と発赤調のポリープ、大腸にも発赤調ポリープが散在していた。粘膜生検にて腺の囊状拡張、粘膜の浮腫と炎症細胞浸潤を認めた。CEでは、全小腸に散在性の暗赤紫調小隆起と絨毛の萎縮を認めた。本症例も特徴的な臨床と内視鏡所見よりCCSと診断し、ステロイド治療を開始され経過は良好である。</p><p>症例3.70代男性。主訴は下痢、脱毛。EGD+CSにて胃にイクラ状の無茎性ポリープや有茎性ポリープ、大腸全体に発赤調ポリープが密集していた。粘膜生検で腺の囊状拡張、粘膜の浮腫、炎症細胞浸潤を認めた。CEで空腸主体だが全小腸に発赤調浮腫状粘膜、萎縮と腫大が混在した絨毛を認めた。これらの所見からCCSと診断しPSL治療が開始したが、PSL依存性のため免疫調節薬併用を要した。免疫調節薬併用後は、臨床的寛解となり4年後の内視鏡検査では特徴的な粘膜所見は消失していた。</p><p>【結語】 経験したCCS3例ともに全小腸に病変を認めたが、臨床所見やステロイド治療反応性との関連はなかった。発症から診断までの期間が長いほど、小腸の粘膜には多彩な所見を有する可能性があるが、さらなる症例の蓄積が必要であると考えられた。</p>

    DOI: 10.32264/shocho.3.0_58_1

    CiNii Article

  • Komaki Y, Kanmura S, Sasaki F, Maeda H, Oda K, Arima S, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Mawatari S, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer. .  Digestion99 ( 3 ) 227 - 238   2019年

     詳細を見る

  • Fujita T, Hashimoto S, Tanoue S, Tsuneyoshi K, Nakamura Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Taguchi H, Kanmura S, Ido A .  Factors Associated with the Technical Success of Bilateral Endoscopic Metallic Stenting with Partial Stent-In-Stent Placement in Patients with Malignant Hilar Biliary Obstruction. .  Gastroenterology research and practice2019   5928040   2019年

     詳細を見る

  • Hamamoto H, Hashimoto S, Taguchi H, Kojima I, Kasai A, Tsuneyoshi K, Kuwazuru K, Arima S, Kanmura S, Ido A .  Eosinophilic Gastroenteritis in Which Obstructive Jaundice Developed due to Invagination of the Duodenal Wall. .  Internal medicine (Tokyo, Japan)57 ( 13 ) 1841 - 1847   2018年7月

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤, 井戸 章雄 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    65歳男性。進行胃癌術後3年目に、嘔吐、体重減少が出現した。各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた。(1)壮年層の発症、(2)短い有症状期間、(3)著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし、二次性アカラシアを疑った。原因として胃癌術後再発を疑い、審査腹腔鏡にて確定診断に至った。二次性アカラシアの診断には、Tucker's criteriaが有用であると考えられた。(著者抄録)

  • 田中 啓仁, 柊元 洋紀, 福田 芳生, 谷口 鎌一郎, 中村 勇一, 徳重 浩一, 奥村 浩, 松木田 純香, 上村 修司, 井戸 章雄 .  リンパ管侵襲を認めたA型胃炎合併多発性胃神経内分泌腫瘍の1例 .  癌の臨床63 ( 6 ) 539 - 545   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)篠原出版新社  

    A型胃炎合併胃神経内分泌腫瘍は、微小であっても多発する場合は、手術を検討すべきである。症例は、61歳、女性。精査にて上部消化管内視鏡を行った。胃体部に7個の発赤調びらん性病変を認めた。サイズはいずれも5〜6mmであり、生検にてNETであった。胃底腺優位の逆萎縮パターンであること、高ガストリン血症であること、抗壁細胞抗体陽性であることから、A型胃炎に合併する多発性胃NETと診断した。2015年膵・消化管内分泌腫瘍診療ガイドライン第1版に準じて、患者へ十分なインフォームド・コンセントを行った上で、手術を行った。術式は、胃全摘術を選択した。最終病理で13個のNETとリンパ管侵襲を認めた。術後、血清ガストリン値は正常化し、無再発経過中である。(著者抄録)

  • 樺山 雅之, 井戸 章雄, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    <p>65歳男性.進行胃癌術後3年目に,嘔吐,体重減少が出現した.各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた.①壮年層の発症,②短い有症状期間,③著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし,二次性アカラシアを疑った.原因として胃癌術後再発を疑い,審査腹腔鏡にて確定診断に至った.二次性アカラシアの診断には,Tucker's criteriaが有用であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.115.394

    PubMed

    CiNii Article

  • Taguchi H, Kanmura S, Maeda T, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Helicobacter pylori eradication improves the quality of life regardless of the treatment outcome: A multicenter prospective cohort study. .  Medicine96 ( 52 ) e9507   2017年12月

     詳細を見る

  • Hashimoto S, Taguchi H, Higashi M, Hatanaka K, Fujita T, Iwaya H, Nakazawa J, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Nasu Y, Kanmura S, Ido A .  Diagnostic efficacy of liquid-based cytology for solid pancreatic lesion samples obtained with endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration: Propensity score-matched analysis. .  Digestive endoscopy : official journal of the Japan Gastroenterological Endoscopy Society29 ( 5 ) 608 - 616   2017年7月

     詳細を見る

  • Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease. .  BMC gastroenterology17 ( 1 ) 40   2017年3月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Moriuchi A, Hamamoto H, Ido A .  Hepatitis B virus reactivation in inflammatory bowel diseases. .  Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine75 ( 3 ) 461 - 465   2017年3月

     詳細を見る

  • 福田 芳生, 徳重 浩一, 渋谷 明日香, 坂江 貴弘, 畠中 敏郎, 柊元 洋紀, 大石 一郎, 宮原 広典, 谷口 鎌一郎, 堀之内 博人, 中村 勇一, 松木田 純香, 前之原 茂穂, 橋口 真也, 上村 修司, 井戸 章雄 .  早期胃癌研究会症例 特徴的な内視鏡像を呈した里吉症候群の1例 .  胃と腸52 ( 1 ) 103 - 109   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    患者は20歳代,女性.食思不振と腹痛を主訴に当科へ紹介され受診となった.前医にて十二指腸狭窄を指摘されていた.上部消化管内視鏡検査では胃体部を中心に著明な萎縮粘膜を認め,多数の嚢胞様隆起と色素沈着を伴っていた.十二指腸にはKerckring皺襞の消失を伴う粗そう粘膜と撒布性白斑を認めた.生検は病理組織学的にgastroenterocolitis cystica polyposaの所見を呈していた.筆者らは,既往歴が明らかでなかった時点で,その特徴的な内視鏡・病理所見から里吉症候群と診断することができた.里吉症候群は原因不明の非常にまれな疾患であるため,適切な診断と治療のために知見を集積することは重要と考えられる.上部消化管内視鏡検査の通常観察と生検は,本症の特徴的な所見を得るのに有用であった.(著者抄録)

  • Ibusuki R, Uto H, Oda K, Ohshige A, Tabu K, Mawatari S, Kumagai K, Kanmura S, Tamai T, Moriuchi A, Tsubouchi H, Ido A .  Human neutrophil peptide-1 promotes alcohol-induced hepatic fibrosis and hepatocyte apoptosis. .  PloS one12 ( 4 ) e0174913   2017年

  • Kozono M, Uto H, Ibusuki R, Arima S, Oda K, Taguchi H, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Setoyama H, Kanmura S, Numata M, Tsubouchi H, Ido A .  Antihypertensive therapy improves insulin resistance and serum levels of interleukin-6 and -10 in spontaneously hypertensive rats with steatohepatitis. .  Molecular medicine reports14 ( 6 ) 5385 - 5394   2016年12月

     詳細を見る

  • Maeda T, Sakiyama T, Kanmura S, Hashimoto S, Ibusuki K, Tanoue S, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Taguchi H, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Low concentrations of human neutrophil peptide ameliorate experimental murine colitis. .  International journal of molecular medicine38 ( 6 ) 1777 - 1785   2016年12月

     詳細を見る

  • 前田 英仁, 橋元 慎一, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 門野 潤, 東 美智代, 井戸 章雄 .  胃の瘻孔から主膵管内をNBI(narrow band imaging)拡大観察し得た混合型IPMC(Intraductal Papillary-Mucinous Carcinoma)の一例 .  膵臓31 ( 4 ) 638 - 645   2016年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    症例は76歳女性。CTで主膵管の拡張と多房性の嚢胞性病変、総胆管の拡張を認めた。精査目的で紹介、混合型IPMNと診断された。主膵管から胃への穿破があったことから瘻孔より拡大内視鏡を挿入、粘液の除去とCO2送気下での観察を行った。NBI併用拡大観察にて膵管内の結節と絨毛状構造が明瞭となり、通常観察では一見正常に見えた膵管上皮においても絨毛状構造が描出されたことから病変の連続性を評価し得た。直視下にて結節部分より生検を行い、術前にIPMCと診断、膵全摘術を施行し、手術標本で膵管内進展を確認した。IPMN症例の内視鏡観察において腫瘍形態と血管像が良悪性度診断に重要とされている。今回、NBI併用拡大観察で主膵管内の腫瘍形態、血管像を詳細に観察し、膵管進展評価と術前病理診断ができたIPMCの一例を経験した。(著者抄録)

  • Kanmura S, Hamamoto H, Morinaga Y, Oda K, Fujita T, Arima S, Nasu Y, Sasaki F, Hashimoto S, Taguchi H, Setoyama H, Ido A .  Fecal Human Neutrophil Peptide Levels Correlate with Intestinal Inflammation in Ulcerative Colitis. .  Digestion93 ( 4 ) 300 - 8   2016年

     詳細を見る

  • Sasaki F, Kumagai K, Uto H, Takami Y, Kure T, Tabu K, Nasu Y, Hashimoto S, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Sakiyama T, Tsubouchi H, Ido A .  Expression of glycoprotein nonmetastatic melanoma protein B in macrophages infiltrating injured mucosa is associated with the severity of experimental colitis in mice. .  Molecular medicine reports12 ( 5 ) 7503 - 11   2015年11月

     詳細を見る

  • Makino T, Kanmura S, Sasaki F, Nasu Y, Funakawa K, Tanaka A, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Preoperative classification of submucosal fibrosis in colorectal laterally spreading tumors by endoscopic ultrasonography. .  Endoscopy international open3 ( 4 ) E363 - 7   2015年8月

     詳細を見る

  • Ibusuki K, Sakiyama T, Kanmura S, Maeda T, Iwashita Y, Nasu Y, Sasaki F, Taguchi H, Hashimoto S, Numata M, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Human neutrophil peptides induce interleukin-8 in intestinal epithelial cells through the P2 receptor and ERK1/2 signaling pathways. .  International journal of molecular medicine35 ( 6 ) 1603 - 9   2015年6月

     詳細を見る

  • Yoshimine Y, Uto H, Kumagai K, Mawatari S, Arima S, Ibusuki R, Mera K, Nosaki T, Kanmura S, Numata M, Tamai T, Moriuchi A, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatic expression of the Sptlc3 subunit of serine palmitoyltransferase is associated with the development of hepatocellular carcinoma in a mouse model of nonalcoholic steatohepatitis. .  Oncology reports33 ( 4 ) 1657 - 66   2015年4月

     詳細を見る

  • 佐々木 文郷, 沼田 政嗣, 川平 正博, 鮫島 洋一, 軸屋 賢一, 中澤 潤一, 上村 修司, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  難治性直腸狭窄に対しRadial Incision and Cutting(RIC)法を用いた狭窄解除術が有効であった1例 .  Gastroenterological Endoscopy57 ( 2 ) 159 - 164   2015年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本消化器内視鏡学会  

    症例は52歳、男性。直腸狭窄による大腸イレウスを発症し当院に入院。直腸Ra部に高度狭窄を認めた。同病変に対し、数回の内視鏡的バルーン拡張術を施行するも改善ないため、難治性直腸狭窄の診断にて、Radial Incision and Cutting法(RIC法)を用いた狭窄解除術を施行した。以降、再狭窄症状なく経過している。難治性直腸狭窄に対するRIC法による内視鏡的狭窄解除術は有効な治療法であると考え報告した。(著者抄録)

  • Funakawa K, Uto H, Sasaki F, Nasu Y, Mawatari S, Arima S, Nakazawa J, Taguchi H, Hashimoto S, Kanmura S, Setoyama H, Numata M, Tsubouchi H, Ido A .  Effect of endoscopic submucosal dissection for superficial esophageal neoplasms and risk factors for postoperative stricture. .  Medicine94 ( 1 ) e373   2015年1月

     詳細を見る

  • Sasaki F, Kanmura S, Nasu Y, Hashimoto S, Taguchi H, Numata M, Ido A .  Double-balloon enteroscopy-assisted closure of perforated duodenal diverticulum using polyglycolic acid sheets. .  Endoscopy47 Suppl 1 UCTN   E204 - 5   2015年

     詳細を見る

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 沼田 政嗣, 川平 正博, 鮫島 洋一, 軸屋 賢一, 中澤 潤一, 上村 修司, 船川 慶太, 藤田 浩 .  難治性直腸狭窄に対しRadial Incision and Cutting(RIC)法を用いた狭窄解除術が有効であった1例 .  日本消化器内視鏡学会雑誌57 ( 2 ) 159 - 164   2015年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本消化器内視鏡学会  

    症例は52歳,男性.直腸狭窄による大腸イレウスを発症し当院に入院.直腸Ra部に高度狭窄を認めた.同病変に対し,数回の内視鏡的バルーン拡張術を施行するも改善ないため,難治性直腸狭窄の診断にて,Radial Incision and Cutting法(RIC法)を用いた狭窄解除術を施行した.以降,再狭窄症状なく経過している.難治性直腸狭窄に対するRIC法による内視鏡的狭窄解除術は有効な治療法であると考え報告した.

    DOI: 10.11280/gee.57.159

    CiNii Article

  • Kumagai K, Tabu K, Sasaki F, Takami Y, Morinaga Y, Mawatari S, Hashimoto S, Tanoue S, Kanmura S, Tamai T, Moriuchi A, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  Glycoprotein Nonmetastatic Melanoma B (Gpnmb)-Positive Macrophages Contribute to the Balance between Fibrosis and Fibrolysis during the Repair of Acute Liver Injury in Mice. .  PloS one10 ( 11 ) e0143413   2015年

  • Fujita T, Nasu Y, Hamamoto H, Miyata F, Oshige A, Shigenobu S, Kanmura S, Numata M, Aozaki S, Ido A .  Primary squamous cell carcinoma of the duodenum effectively treated with TS-1: a case report. .  Nihon Shokakibyo Gakkai zasshi = The Japanese journal of gastro-enterology111 ( 12 ) 2311 - 8   2014年12月

     詳細を見る

  • Taguchi H, Tamai T, Numata M, Maeda H, Ohshige A, Iwaya H, Hashimoto S, Kanmura S, Funakawa K, Fujita H, Ido A, Tsubouchi H .  Endoscopic ultrasonography-guided transmural drainage of an infected hepatic cyst due to Edwardsiella tarda: a case report. .  Clinical journal of gastroenterology7 ( 5 ) 422 - 8   2014年10月

     詳細を見る

  • Komaki Y, Kanmura S, Funakawa K, Komaki F, Hashimoto S, Taguchi H, Numata M, Fujita H, Uto H, Ido A, Tsubouchi H .  A case of hereditary hemorrhagic telangiectasia with repeated hemobilia arrested by argon plasma coagulation under direct peroral cholangioscopy. .  Gastrointestinal endoscopy80 ( 3 ) 528 - 9   2014年9月

     詳細を見る

  • 坪内 直子, 沼田 政嗣, 大野 香苗, 田中 啓仁, 田口 宏樹, 中澤 潤一, 上村 修司, 藤田 浩, 船川 慶太, 宇都 浩文, 井戸 章雄, 野元 三治, 坪内 博仁 .  【小腸潰瘍の鑑別診断】経時的に内視鏡で観察したcollagenous sprueの1例 .  胃と腸49 ( 9 ) 1355 - 1361   2014年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    患者は75歳,女性.主訴は数ヵ月間持続する水様下痢と全身の浮腫で精査目的で当科に入院となった.入院時の小腸内視鏡検査では,小腸の広範囲に絨毛の消失と多発潰瘍を認めた.組織学的にcollagen bandを認め,collagenous sprueと診断した.完全静脈栄養(TPN)で症状は改善したが,内視鏡的には絨毛の再生は認めなかった.プレドニゾロン(PSL)の投与と経口摂取を開始したところ,敗血症や偽膜性腸炎を合併したため,PSLを漸減し,再度TPNとした.偽膜性腸炎改善後の小腸内視鏡検査では,絨毛の再生を認め,collagen bandも消失した.その後,経口摂取を再開し,症状の再燃はない.(著者抄録)

  • 藤田 俊浩, 井戸 章雄, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 宮田 生弥子, 大重 彰彦, 重信 秀峰, 上村 修司, 沼田 政嗣, 青﨑 眞一郎 .  TS-1が著効した十二指腸原発扁平上皮癌の1例 .  日本消化器病学会雑誌111 ( 12 ) 2311 - 2318   2014年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    症例は89歳男性.糖尿病の血糖コントロールが不良となったため,全身精査目的にて紹介入院となった.精査の結果,十二指腸原発扁平上皮癌を認め,TS-1による化学療法を開始した.2コース終了後には十二指腸腫瘍は消失し,生検でも腫瘍成分は検出されなかった.治療開始19カ月後も,原発巣の再発を認めなかった.切除不能な十二指腸原発扁平上皮癌に対し,TS-1を含む化学療法が有効である可能性が示唆された.

    DOI: 10.11405/nisshoshi.111.2311

    CiNii Article

  • Tsubouchi N, Uto H, Kumagai K, Sasaki F, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Hayashi K, Kusumoto K, Shimoda K, Stuver SO, Tsubouchi H .  Impact of antibody to hepatitis B core antigen on the clinical course of hepatitis C virus carriers in a hyperendemic area in Japan: A community-based cohort study. .  Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology43 ( 11 ) 1130 - 8   2013年11月

     詳細を見る

  • Ibusuki R, Uto H, Arima S, Mawatari S, Setoguchi Y, Iwashita Y, Hashimoto S, Maeda T, Tanoue S, Kanmura S, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Transgenic expression of human neutrophil peptide-1 enhances hepatic fibrosis in mice fed a choline-deficient, L-amino acid-defined diet. .  Liver international : official journal of the International Association for the Study of the Liver33 ( 10 ) 1549 - 56   2013年11月

     詳細を見る

  • Sogabe A, Uto H, Kanmura S, Nosaki T, Oyamada M, Tokunaga K, Nishida C, Fukumoto M, Oku M, Nishimoto K, Takenouchi S, Ido A, Shimada Y, Tsubouchi H .  Correlation of serum levels of complement C4a desArg with pathologically estimated severity of glomerular lesions and mesangial hypercellularity scores in patients with IgA nephropathy. .  International journal of molecular medicine32 ( 2 ) 307 - 14   2013年8月

     詳細を見る

  • Nasu Y, Ido A, Tanoue S, Hashimoto S, Sasaki F, Kanmura S, Setoyama H, Numata M, Funakawa K, Moriuchi A, Fujita H, Sakiyama T, Uto H, Oketani M, Tsubouchi H .  Hepatocyte growth factor stimulates the migration of gastric epithelial cells by altering the subcellular localization of the tight junction protein ZO-1. .  Journal of gastroenterology48 ( 2 ) 193 - 202   2013年2月

     詳細を見る

  • Mawatari S, Uto H, Ido A, Nakashima K, Suzuki T, Kanmura S, Kumagai K, Oda K, Tabu K, Tamai T, Moriuchi A, Oketani M, Shimada Y, Sudoh M, Shoji I, Tsubouchi H .  Hepatitis C virus NS3/4A protease inhibits complement activation by cleaving complement component 4. .  PloS one8 ( 12 ) e82094   2013年

  • 上村 修司, 船川 慶太, 岩屋 博道, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 井戸 章雄 .  下咽頭表在癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD) 後出血のリスクの検討 .  耳鼻咽喉科展望56 ( 4 ) 218 - 218   2013年

     詳細を見る

    出版者・発行元:耳鼻咽喉科展望会  

    DOI: 10.11453/orltokyo.56.218

    CiNii Article

  • Kanmura S, Sakiyama T, Uto H, Tsubouchi H .  [Diagnostic biomarkers in inflammatory bowel disease]. .  Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine70 ( 5 ) 790 - 5   2012年5月

     詳細を見る

  • Hashimoto S, Uto H, Kanmura S, Sakiyama T, Oku M, Iwashita Y, Ibusuki R, Sasaki F, Ibusuki K, Takami Y, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H .  Human neutrophil peptide-1 aggravates dextran sulfate sodium-induced colitis. .  Inflammatory bowel diseases18 ( 4 ) 667 - 75   2012年4月

     詳細を見る

  • Hashimoto S, Kanmura S, Uto H, Tsubouchi H, Sakiyama T .  [Disease-specific biomarkers of inflammatory bowel disease]. .  Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine70 Suppl 1   195 - 9   2012年2月

     詳細を見る

  • Uto H, Kanmura S, Takami Y, Tsubouchi H .  Clinical proteomics for liver disease: a promising approach for discovery of novel biomarkers. .  Proteome science8   70   2010年12月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Uto H, Sato Y, Kumagai K, Sasaki F, Moriuchi A, Oketani M, Ido A, Nagata K, Hayashi K, Stuver SO, Tsubouchi H .  The complement component C3a fragment is a potential biomarker for hepatitis C virus-related hepatocellular carcinoma. .  Journal of gastroenterology45 ( 4 ) 459 - 67   2010年4月

     詳細を見る

  • Uto H, Stuver SO, Hayashi K, Kumagai K, Sasaki F, Kanmura S, Numata M, Moriuchi A, Hasegawa S, Oketani M, Ido A, Kusumoto K, Hasuike S, Nagata K, Kohara M, Tsubouchi H .  Increased rate of death related to presence of viremia among hepatitis C virus antibody-positive subjects in a community-based cohort study. .  Hepatology (Baltimore, Md.)50 ( 2 ) 393 - 9   2009年8月

     詳細を見る

  • Kanmura S, Uto H, Numata M, Hashimoto S, Moriuchi A, Fujita H, Oketani M, Ido A, Kodama M, Ohi H, Tsubouchi H .  Human neutrophil peptides 1-3 are useful biomarkers in patients with active ulcerative colitis. .  Inflammatory bowel diseases15 ( 6 ) 909 - 17   2009年6月

     詳細を見る

  • 上村 修司, 宇都 浩文, 佐藤 悠子, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  肝細胞癌の腫瘍マーカーとしての血清中Complement Component 3a(C3a)測定の有用性 .  消化器と免疫 ( 44 ) 102 - 104   2008年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    肝細胞癌(HCC)の早期診断マーカー探索目的に、B型およびC型肝炎ウイルス(HBV,HCV)関連HCC患者の血清プロテオーム解析を行った。SELDIプロテインチップシステムで検出した蛋白ピークのうち、HCC群で健常者より高発現していた蛋白の一つは、Complement component 3a(C3a)の断片であった。また、血清中のC3a断片の蛋白ピーク値は画像的にHCCが明らかになる1年前から高値となる傾向にあり、HCCの早期診断マーカーとなる可能性が示唆された。C3aは免疫反応を媒介する血中タンパク質群の一つであることから、肝発癌における免疫機構と関連する可能性があると考えられた。(著者抄録)

  • Takahama Y, Uto H, Kanmura S, Oketani M, Ido A, Kusumoto K, Hasuike S, Nagata K, Hayashi K, Stuver S, Okayama A, Tsubouchi H .  Association of a genetic polymorphism in ectonucleotide pyrophosphatase/phosphodiesterase 1 with hepatitis C virus infection and hepatitis C virus core antigen levels in subjects in a hyperendemic area of Japan. .  Journal of gastroenterology43 ( 12 ) 942 - 50   2008年

     詳細を見る

  • Kanmura S, Uto H, Kusumoto K, Ishida Y, Hasuike S, Nagata K, Hayashi K, Ido A, Stuver SO, Tsubouchi H .  Early diagnostic potential for hepatocellular carcinoma using the SELDI ProteinChip system. .  Hepatology (Baltimore, Md.)45 ( 4 ) 948 - 56   2007年4月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 【IPMN大全】診断 EUS 結節の評価、壁肥厚の意義、併存膵癌の診断

    岩屋 博道, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 川平 真知子, 有馬 志穂, 藤野 悠介, 児島 一成, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1267 - 1274   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    2017年に改訂されたIPMN/MCN国際診療ガイドラインの診療方針選択アルゴリズムにおいて、壁在結節、隔壁肥厚、主膵管径、嚢胞径は重要な悪性化予測因子として位置付けられている。それらを画像で評価するうえで、EUSの果たす役割は大きく、全観察期間において必須のmodalityとなりつつある。壁在結節≧5mmと壁肥厚の所見はIPMNの切除適応を判断する際に幅広く活用されているが、現状においても術後病理結果がlow grade dysplasiaであった症例が少なからず存在するため、悪性化の鑑別についてはさらなる工夫が必要である。近年、IPMN併存膵癌が注目されているが、現行ガイドラインにおける嚢胞サイズに応じた経過観察法はIPMN自体の悪性化に主眼が置かれており、そのため、IPMN併存膵癌を含めたスクリーニング法の構築が今後の課題である。(著者抄録)

  • 連載Key Wordキーワード(No.19) インテグリン(とくにα4β7)

    上村 修司

    消化器病学サイエンス   3 ( 2 )   99 - 99   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

  • 【実践!IBDのImaging Modalityを網羅する】IBDのバリウムX線造影検査のImaging Modalityのなかでの位置づけを考える

    大井 秀久, 鮫島 洋一, 生駒 今日子, 小野 陽平, 上村 修司

    IBD Research   13 ( 1 )   26 - 31   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    炎症性腸疾患(IBD)の診療にImaging Modalityが欠かせない。用いられる画像検査は、X線造影検査、各種内視鏡検査、CT、MRI、腹部超音波などであり、各modalityの長所と短所を理解して、患者の状況に応じた検査法を選択する必要がある。クローン病の小腸病変の画像検査は、バルーン内視鏡やカプセル内視鏡が開発されたが、全小腸観察は必ずしも容易ではない。CT enterographyやMR enterographyでは、粘膜面の観察が十分にはできない。X線造影検査は、狭窄や瘻孔などの腸管合併症があっても安全に、比較的簡便に施行でき、二重造影を駆使すれば、ほとんどの病変を描出できる。また、動的な観察が可能で、腸索の全体像を把握できる。そのため、確定診断時の全病変の把握、腸管合併症の経過観察、術前の腸管切除範囲の決定や残存腸管の長さの検討などには、被曝の面はあるが、現代でもなくてはならない検査法であると考えられる。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患-最近の診断・治療-】炎症性腸疾患と合併症との関わり 肝炎ウイルス再活性化

    上村 修司, 森内 昭博, 濱元 ひとみ, 井戸 章雄

    日本臨床   75 ( 3 )   461 - 465   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 【腸炎まるわかり】感染性腸炎 腸結核 内視鏡を中心に

    大井 秀久, 鮫島 洋一, 小野 陽平, 生駒 今日子, 前田 仁美, 松田 彰郎, 仁王 辰幸, 上村 修司

    消化器内視鏡   29 ( 1 )   80 - 85   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

    わが国の結核患者数は減少傾向ではあるが、依然として中蔓延国である。腸結核は年間300人前後の発症がみられる。特異的な症状はなく、細菌学的にも証明することは困難なことが多く、画像診断が重要である。特徴的な画像所見は、萎縮瘢痕帯、腸管変形(回盲弁の開大、右側結腸の短縮、対称性狭窄)、多彩な潰瘍(輪状潰瘍、輪状に分布する潰瘍、紅暈の強い不整形潰瘍)である。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患-ファーストタッチから長期マネジメントまで】特殊な状況(病態)への対応 診療において留意すべき他臓器の感染症

    濱元 ひとみ, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄

    内科   116 ( 4 )   635 - 639   2015年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

    炎症性腸疾患に対し,副腎皮質ステロイド,免疫調節薬や生物学的製剤(TNFα阻害薬)を用いた免疫抑制療法が行われている.免疫抑制下では,B型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎や結核などの重篤な感染症の発症が報告されている.とくに結核については発見が遅れることで患者が重症化するだけでなく,周囲への感染リスクが拡大するおそれがあり,注意が必要である.このような他臓器の感染症を予防するために,免疫抑制療法を行う際にはB型肝炎については「免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン」1),結核については「潜在性結核感染症治療指針」2)に準じたスクリーニング・副作用対策を行うことが推奨される.(著者抄録)

  • 【IBDをとりまく感染症を理解するために!】IBD治療時におけるB型肝炎再活性化を見逃さないためには

    小牧 祐雅, 沼田 政嗣, 上村 修司, 井戸 章雄

    IBD Research   9 ( 2 )   104 - 112   2015年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    近年、炎症性腸疾患(IBD)に対し、副腎皮質ステロイド、免疫調節薬、生物学的製剤(TNFα阻害薬)での免疫抑制療法がおこなわれている。B型肝炎ウイルスキャリアやHBV既往感染者は、これらの薬剤投与によりB型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化が惹起されることが知られている。なかでも、免疫抑制療法に伴う既往感染者からのHBV再活性化は「de novo B型肝炎」として最近注目されており、劇症肝炎に進展すれば予後はきわめて不良である。このようなHBV再活性化に伴う肝炎を予防するために、免疫抑制療法をおこなう際には「免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン」に沿った対策が推奨される。(著者抄録)

  • 【知って得する!IBDに合併する諸問題と対策】免疫抑制療法中のB型肝炎再活性化とその対策

    沼田 政嗣, 藤田 俊浩, 上村 修司, 井戸 章雄

    IBD Research   8 ( 3 )   160 - 167   2014年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    近年、免疫療法の進歩に伴い、さまざまな疾患に対して免疫抑制療法がおこなわれている。炎症性腸疾患(IBD)に対する免疫抑制療法では、おもに副腎皮質ステロイド、免疫調節薬、生物学的製剤(TNFα阻害薬)が用いられる。しかし、これらの薬剤の投与ではB型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化が惹起される可能性がある。免疫抑制療法に伴う既往感染者からのHBV再活性化は、de novo B型肝炎として注目されており、劇症肝炎に進展すれば予後はきわめて不良である。したがって、これらの薬剤を投与する際には、「免疫抑制・化学療法により発症するB型肝炎対策ガイドライン」に沿った対策が推奨される。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患の病態解明と治療戦略】クローン病に対する生物学的製剤の初回および再手術に及ぼす影響

    沼田 政嗣, 上村 修司, 小野 陽平, 鮫島 洋一, 村山 貴信, 児玉 眞由美, 藤田 浩, 大井 秀久, 宇都 浩文, 井戸 章雄

    消化器内科   57 ( 5 )   575 - 578   2013年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 質量分析の消化器疾患の診療・研究への応用(第7回) 肝臓癌のプロテオーム解析

    馬渡 誠一, 上村 修司, 宇都 浩文

    分子消化器病   10 ( 3 )   290 - 299   2013年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    わが国における肝細胞癌(HCC)は、男性の癌死因の第4位、女性では第6位で、その死亡者数は年間約3万人であり、肝臓病の死因の大部分を占める。画像診断などの進歩により早期診断が可能となってきたが、高い再発率や、非B非C型HCCの増加、進行HCCに対する効果の高い治療薬がないなど、問題点も多い。プロテオーム解析は試料中に含まれるタンパク質を網羅的に解析できる手法であり、試料の分離法と質量分析法の進歩により、生体サンプル中の微量なタンパク質の同定が可能となった。近年、HCCの早期診断や治療効果予測などに有用なバイオマーカー探索がプロテオーム解析技術を用いておこなわれるようになり、多数のバイオマーカー候補が同定されている。HCCに特異的なバイオマーカーを同定し、簡便に測定できるようになれば、早期診断や治療効果の向上に寄与でき、予後改善につながる可能性がある。(著者抄録)

  • 【最新の疾患バイオマーカー研究-より適切な診療を目指して-】疾患バイオマーカーの基礎研究 その他の疾患バイオマーカーの基礎研究 炎症性腸疾患

    上村 修司, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 坪内 博仁

    日本臨床   70 ( 5 )   790 - 795   2012年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 炎症性腸疾患の免疫病態 Bench & Bedside Human Neutrophil Peptide-1はSCIDマウスにおけるDSS大腸炎を増悪する

    橋元 慎一, 宇都 浩文, 嵜山 敏男, 上村 修司, 岩下 祐司, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 48 )   20 - 24   2012年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    今までの検討で、ヒト好中球ペプチドHuman Neutrophil Peptide(HNP)-1、-2、-3は潰瘍性大腸炎患者血中に増加しており、HNP-1はDSS投与によるBALB/cマウスの大腸炎を増悪することを報告している。今回の検討ではHNP-1がSCIDマウスでもDextran Sodium Sulfate(DSS)大腸炎の粘膜障害を増悪し、腸管からのIL-1β産生を亢進させることを明らかにした。HNP-1による腸管粘膜障害にはT細胞に依存しないメカニズムが含まれており、マクロファージなどの免疫系細胞の活性化が病態を悪化させている可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 【炎症性腸疾患-病因解明と診断・治療の最新知見-】炎症性腸疾患の検査・診断 炎症性腸疾患の疾患特異的バイオマーカー

    橋元 慎一, 嵜山 敏男, 上村 修司, 宇都 浩文, 坪内 博仁

    日本臨床   70 ( 増刊1 炎症性腸疾患 )   195 - 199   2012年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる

    指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   101 - 103   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    我々は炎症性腸疾患の患者血清を用いたプロテオーム解析により、human neutrophil peptide(HNP)が活動期の潰瘍性大腸炎(UC)患者で上昇しており、UCのバイオマーカーになりうることを報告した。HNPは主に好中球のアズール顆粒から分泌される、抗菌的作用を持つ蛋白であるが、HNPの腸管上皮細胞に対する作用は十分明らかになっていない。我々は高濃度のHNPが腸管上皮細胞のIL-8、ICAM-1発現を亢進させることを見いだした。大腸粘膜に多量の好中球が集簇しているUCでは、HNPがさらなる好中球の遊走を促進させ、炎症を持続させている可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 炎症性腸疾患治療の分子標的を探る マクロファージに発現するオステオアクチビンは腸炎を軽減する

    佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 岩下 祐司, 指宿 和成, 隈元 亮, 上村 修司, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   2 - 4   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    オステオアクチビン(OA)は障害肝のマクロファージに発現しており、最近、炎症の調節因子として作用していることが報告された。我々は実験腸炎モデルを用いて腸管におけるOAの役割を検討し、OAが大腸炎の進展に伴って腸管マクロファージで誘導されること、OA変異マウスでは野生型マウスに比して腸炎が有意に悪化し、腸管のIL-1β、IL-6発現が増加することを見いだした。OAはサイトカイン産生を抑制して抗炎症的に作用していることが示唆された。(著者抄録)

  • グルタミンによる腸管上皮細胞Heat shock protein発現誘導はポリアミンにより制御されている

    岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   98 - 100   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    グルタミンは腸管上皮細胞の主たるエネルギー源であり、腸管粘膜の保護作用を有している。グルタミンによる腸管保護作用の一つにHeat shock protein(Hsp)の発現誘導があるが、その誘導メカニズムは十分明らかになっていない。我々は、グルタミン除去により低下した腸管上皮細胞Hsp発現がポリアミン添加で回復すること、グルタミンを含む培地でもポリアミン合成の阻害によりHsp発現が低下することを見いだした。グルタミンは腸管上皮細胞のポリアミン合成を促進させることでHsp発現を増強し、腸管の恒常性を保っていることが示唆された。(著者抄録)

  • p62/SQSTM1染色によるクローン病腸管オートファジーの検討

    嵜山 敏男, 藤田 浩, 上村 修司, 岩下 祐司, 指宿 和成, 沼田 正嗣, 大井 秀久, 坪内 博仁

    消化器と免疫   ( 47 )   104 - 106   2011年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本消化器免疫学会  

    クローン病(CD)感受性遺伝子としてオートファジー関連遺伝子であるautophagy related 16-like 1(ATG16L1)とimmunity-related GTPase family M(IRGM)が報告された。本邦ではATG16L1、IRGMの変異とCDとは関連がないとされているが、日本人CD患者でオートファジー異常がないかは明らかになっていない。我々は免疫組織化学的にCD患者腸管オートファジーの評価を試み、オートファジー障害で蓄積するp62/SQSTM1がマクロファージ、類上皮細胞および巨細胞に認められることを見いだした。日本人CD患者腸管ではマクロファージ系細胞のオートファジー障害が存在している可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 【バイオマーカーから迫るIBDの診断】プロテオーム解析にもとづくIBDの診断

    上村 修司, 宇都 浩文, 嵜山 敏男, 坪内 博仁

    IBD Research   4 ( 4 )   288 - 293   2010年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    プロテオーム解析とは、生物がもつ蛋白質の構造や機能を網羅的に解析することである。近年、測定機器の進歩により、さまざまな疾患の有用なバイオマーカー候補が同定されるようになってきた。炎症性腸疾患(IBD)においても、血液や腸組織を用いたプロテオーム解析で、診断や活動性の評価に有用なマーカー候補蛋白質の同定が進められている。いまのところ診療の現場に臨床応用されているような新しいバイオマーカーの同定には至っていないが、プロテオーム解析装置や蛋白質標識法などの解析手法は日々進歩しており、IBDのプロテオーム解析は新しいバイオマーカー探索や病態解明に役立つような研究に貢献できると考えられる。(著者抄録)

  • 【大腸の潰瘍 大集合】潰瘍性大腸炎とその鑑別 潰瘍性大腸炎の初期病変と非定型病変

    大井 秀久, 上村 修司, 小野 陽平, 鮫島 洋一, 松田 彰郎

    消化器内視鏡   22 ( 8 )   1208 - 1213   2010年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • SELDI ProteinChipを用いた肝細胞癌の早期診断可能性(Early diagnostic potential for hepatocellular carcinoma using the SELDI ProteinChip system)

    上村 修司

    肝臓フォーラム記録集   2009   224 - 234   2010年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医事出版社  

  • 【SNPが変える肝胆膵診療】C型肝炎経過に関連する遺伝子多型ENDP1、INSIG2 肝炎多発地域における研究から

    井戸 章雄, 佐々木 文郷, 上村 修司, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 坪内 博仁

    肝胆膵   59 ( 6 )   1155 - 1161   2009年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 【炎症性腸疾患の新規治療を探る】プロテオーム解析からの治療戦略とは?

    上村 修司, 宇都 浩文, 坪内 博仁

    分子消化器病   6 ( 2 )   123 - 127   2009年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)先端医学社  

    プロテオーム解析とは、一個の生物がもつ全蛋白質の構造や機能を網羅的に解析することであり、測定機器の進歩により、臨床診断に有用なバイオマーカーの同定や疾患の病態解明に有用な情報が得られる可能性が高くなってきている。近年、炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)患者の血清や腸上皮粘膜を用いたプロテオーム解析で、病態解明の手がかりとなる分子や活動性マーカー候補蛋白質が同定されている。われわれは、human neutrophil peptide(HNP)1-3が活動性潰瘍性大腸炎(ulcerative colitis:UC)の診断や、治療効果予測に有用である可能性を明らかにしており、IBDのプロテオーム解析は、治療戦略にも応用できる可能性がある。(著者抄録)

  • 消化器疾患におけるプロテオーム解析

    宇都 浩文, 上村 修司, 坪内 博仁

    肝臓フォーラム記録集   2008   129 - 139   2009年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医事出版社  

  • 肝臓 肝疾患の血清プロテオミクスを用いた診断

    宇都 浩文, 上村 修司, 坪内 博仁

    Annual Review消化器   2009   200 - 208   2009年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)中外医学社  

    プロテオミクス(Proteomics),またはプロテオーム解析(Proteomic analysis)とは,生物のタンパク質の構造や機能を網羅的に研究することである.このプロテオミクスには,二次元電気泳動法やSELDI(Surface-enhanced laser desorp-tion/ionization)-TOF(time of flight)/MS(mass spectrometry)などの飛行時間型質量分析装置が用いられ,対象試料としては血清や尿などの体液や切除癌組織などが用いられる.解析装置だけでなく,タンパク標識法やアミノ酸解析法などのプロテオミクス技術の進歩により,患者血清などに含まれるタンパク質を網羅的に比較的容易,かつ感度よく解析できるようになってきている.肝疾患領域でも肝病変の進展,特に肝硬変や肝細胞癌の診断や非アルコール性脂肪性肝疾患の病態解明に有用な血清マーカー探索が行われている.本稿では,血清を用いた肝疾患のプロテオミクスについて紹介する.(著者抄録)

  • 【非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)研究をめぐる新展開】臨床 NASHの治療

    宇都 浩文, 上村 修司, 坪内 博仁

    最新医学   63 ( 9 )   1683 - 1688   2008年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    NASHは今後日本で増加することが予想されるが,NASHに対する薬物療法に関してはエビデンスレベルの高い報告は少なく,日本人を対象とした検討も少ない.NASHは内臓脂肪蓄積を基盤とするメタボリックシンドロームを背景に,インスリン抵抗性・耐糖能異常,糖尿病,脂質異常症,高血圧などを合併することが多く,その対策がNASH治療の基本である.つまり,日常生活・生活習慣の是正や肥満の改善に加え,合併する疾患に対する治療がNASHの病態改善にも有効と考えられる.(著者抄録)

  • 【プロテオミクスと消化器臨床】肝疾患患者血清のプロテオミクス

    宇都 浩文, 上村 修司, 坪内 博仁

    細胞   38 ( 11 )   445 - 448   2006年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    微量なサンプルを迅速に解析できる、Surface Enhanced Laser Desorption/Ionization(SELDI)プロテインチップシステムは、患者血清などに含まれる蛋白質を網羅的に解析できる。この方法を用いると慢性肝炎の抗ウイルス効果の予測や、肝病変の進展、特に肝硬変や肝細胞癌の診断に有用な蛋白発現解析が可能となる可能性がある。また、B型肝炎ウイルスもしくはC型肝炎ウイルスに関連する肝細胞癌患者血清中の蛋白質発現を網羅的に解析することで、原因により蛋白質発現パターンが異なることも明らかになりつつある。さらに、HCV関連肝細胞癌患者血清中に特異的に発現変動する蛋白質を解析し、統計学的手法により感度、特異度ともに優れた肝癌判別法も報告されてきている。われわれは、SELDIプロテインシステムを用いて新しい肝癌判別法を確立し、肝細胞癌が画像的に明らかになる前に肝細胞癌を予測でき、肝細胞癌の早期診断が可能となることを明らかにした。(著者抄録)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 福田 芳生, 中村 義孝, 前田 英仁, 井戸 章雄 .  鹿児島県におけるバレット食道腺癌の10年間の推移を含めた臨床的特徴の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田中 貴英, 藤岡 審, 鳥巣 剛弘, 永井 俊太郎, 酒見 亮介, 宗 祐人, 都甲 和美, 古田 陽輝, 佛坂 正幸, 鮫島 由規則, 西俣 伸亮, 上村 修司, 田中 啓仁, 伊良波 淳, 金城 徹, 鶴岡 ななえ, 江崎 幹宏 .  高齢者潰瘍性大腸炎治療指針の検証 高齢発症潰瘍性大腸炎における悪性腫瘍発症状況の検討 IBD Quality teamデータベースより .  日本消化管学会雑誌  2021年1月  (一社)日本消化管学会

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  高齢・女性の食道表在癌患者の特徴の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 森内 昭博, 田口 哲志, 井戸 章雄 .  高接着性ゼラチンシートはESD後潰瘍の粘膜下層および固有筋層の炎症、線維性肥厚を抑制する 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 田中 啓仁, 上村 修司, 福田 芳生, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 井戸 章雄 .  食道疾患に対する治療法の進歩とその成績 鹿児島県におけるESDを施行したバレット食道腺癌患者の経時的変化も含めた臨床背景と治療成績の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  非切除肝門部悪性胆道狭窄の両葉ドレナージにおける細径デリバリーシステムの有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 田平 悠二, 小牧 祐雅, 古賀 甲菜, 湯通堂 和樹, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 揖宿 敦子, 金蔵 拓郎, 井戸 章雄 .  長期ステロイド投与患者に合併した腸管気腫症にメトロニダゾールが著効した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 上木原 雄介, 佐久間 真友子, 柊元 洋紀, 福田 芳生, 大石 一郎, 児島 豊史, 堀之内 博人, 宮原 広典, 徳重 浩一, 谷口 謙一郎, 中村 勇一, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  診断に難渋した糞線虫による腸閉塞の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 大塚 薫行, 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  術後再建腸管の総胆管結石性胆管炎、胆石性膵炎に対しEUS下順行性治療が有用であった一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 有馬 志穂, 中村 義孝, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 槐島 健太郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  膵癌の腹膜播種とEUS-FNAは関連するか?膵手術施行例と播種の有無に関する後方視的検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  腹腔内高度癒着症例に対して大腸LECS(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)を行った2例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 嶋田 淳之介, 豊留 亜衣, 小牧 祐雅, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸重積を契機に発見された回腸異所性膵の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 中島 麻里, 小牧 祐雅, 山科 絵莉子, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 千堂 一樹, 小野 陽平, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸石イレウスに対しイレウス管を介したコーラ溶解療法が著効した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸内細菌を標的とした消化管疾患の治療と実際 乳酸菌Lactobacillus plantarum 06CC2株のプロバイオティクス効果の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 柿原 敦子, 川平 真知子, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 大井 城一郎, 井戸 章雄 .  脈絡膜転移を契機に診断したBarrett食道腺癌の臨床経過 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD症例における同時性・異時性多発胃腫瘍(腺腫・癌)の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 藤野 悠介, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 岩屋 博道, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例 .  日本胃癌学会総会記事  2019年2月  (一社)日本胃癌学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  肝細胞増殖因子は、ラット食道粘膜傷害モデルにおいて食道粘膜修復を促進し、狭窄を抑制する .  日本消化器病学会雑誌  2018年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 山内 拓真, 樺山 雅之, 前田 英仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 才原 哲史, 井戸 章雄 .  経時的変化が追えた胃底腺型胃癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 徳元 攻, 上村 修司, 井戸 章雄 .  粘膜治癒を目指した炎症性腸疾患治療の新たな展開と今後の課題 新規MMX型メサラジンの有効性 粘膜治癒を得られるか .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 桑水流 康介, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  粘膜治癒を目指した炎症性腸疾患治療の新たな展開と今後の課題 当科における小児期発症潰瘍性大腸炎の現状 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 古賀 甲菜, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 樺山 雅之, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 又木 雄弘, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  策状物の関与が疑われた狭窄型虚血性小腸炎の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 光延 拓朗, 西川 拓朗, 楠田 政輝, 櫨木 大祐, 上村 修司, 河野 嘉文 .  病変改善と共に食道閉鎖をきたした未分化大細胞リンパ腫(ALCL) .  日本小児科学会雑誌  2018年3月  (公社)日本小児科学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 井戸 章雄 .  画像強調内視鏡診断の最新の知見 潰瘍性大腸炎の活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性についての検討 .  日本消化器がん検診学会雑誌  2017年9月  (一社)日本消化器がん検診学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 井戸 章雄 .  画像強調内視鏡診断の最新の知見 潰瘍性大腸炎の活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性についての検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 井戸 章雄 .  画像強調内視鏡診断の最新の知見 潰瘍性大腸炎の活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性についての検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 西俣 伸亮, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 桑水流 康介, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 徳重 浩一, 鮫島 隆志, 鮫島 由規則, 井戸 章雄, SATSUMA IBD STUDY GROUP .  炎症性腸疾患診療の現状と展望 難治性潰瘍性大腸炎に対するTofacitinibの有効性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 徳元 攻, 上村 修司, 井戸 章雄 .  炎症性腸疾患患者の妊娠・出産に関する検討 .  日本消化器病学会雑誌  2020年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 小牧 祐雅, 井戸 章雄, 中村 勇一, 徳重 浩一, 鮫島 洋一, 大井 秀久, 鮫島 由規則 .  炎症性腸疾患のトータルマネージメント クローン病の生物学的製剤効果減弱に対する強化療法の有効性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 指宿 和成, 坪内 直子, 山路 尚久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 徳元 攻, 中馬 豊, 帆北 修一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎手術における回腸嚢作成及び回腸嚢炎発症に影響する因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 徳元 攻, 上村 修司, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎患者における5-アミノサリチル酸製剤アレルギーの検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2019年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎の内視鏡的活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上村 修司, 田中 啓仁, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎の内視鏡的活動性評価におけるLinked Color Imagingの有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2019年5月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 川平 正博, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  消化器癌に対する集学的治療 切除不能膵癌に対する化学療法の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 湯通堂 和樹, 上村 修司, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 井戸 章雄 .  消化器疾患における画像強調内視鏡の有用性と限界 潰瘍性大腸炎における再燃リスクを予測するためのLCI観察の可能性 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  消化器内視鏡診療のinnovation 高接着性ゼラチンシートのESD後潰瘍に対する作用 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  新規pH依存型メサラジンの有効性 .  日本消化器病学会雑誌  2020年7月  (一財)日本消化器病学会

  • 軸屋 賢一, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 矢野 弘樹, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  放射線化学療法後の食道表在癌再発病変に対するsalvage ESDの安全性・有用性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 鮫島 洋一, 大井 秀久, 生駒 今日子, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院における抗TNFα製剤無効のクローン病症例に対するustekinumab投与例の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 鮫島 洋一, 大井 秀久, 生駒 今日子, 小野 陽平, 中馬 豊, 帆北 修一, 石澤 隆, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院で経験したクローン病患者に発生したIBD関連腫瘍の検討 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2017年9月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 小牧 祐雅, 井戸 章雄 .  当院で経験したCronkhite-Canada症候群3例の小腸病変の検討 .  日本小腸学会学術集会プログラム・抄録集  2019年11月  日本小腸学会

  • 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 哲仁, 藤田 俊浩, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科における胃ESDの後出血に関する危険因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるMM/SM1食道扁平上皮癌に対する内視鏡治療後の成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESD前の局注有無による線維化および手技難度への影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年8月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 前田 拓郎, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESDにおけるPocket Creation Methodは高度線維化を有する病変に有用である .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 黒野 祐一, 井戸 章雄 .  喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫 .  耳鼻咽喉科展望  2019年2月  耳鼻咽喉科展望会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 樺山 雅之, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌ESD患者における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡的切除及び腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS:laparoscopic-endoscopic cooperative surgery)の有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 佐久間 真友子, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡治療(EMR/ESD)と腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 将久, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 井上 和彦, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸神経内分泌腫瘍に多発性の腹腔内リンパ節腫大を合併し、治療方針の決定に苦慮した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 柴田 絵莉子, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 上村 修司, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  化学療法が著効し、サルベージESDが可能となった大腸SM高度浸潤癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 矢野 弘樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡治療と外科治療の接点 下咽頭表在癌に対する頭頸部外科と行う合同ESDの成績と工夫 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡検査・治療の周術期管理の標準化の工夫 食道表在癌に対する全身麻酔下ESDの有用性についての検討 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 大久保 葵, 東 裕子, 有村 亜希子, 勝江 浩未, 藤井 一恭, 田中 啓仁, 上村 修司, 井戸 章雄, 金蔵 拓郎 .  全身性エリテマトーデスに合併したサイトメガロウイルス腸炎の1例 .  日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌  2018年10月  (一社)日本皮膚免疫アレルギー学会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 前田 英仁, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史朗, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  下咽頭表在癌に対するESDの有用性と後出血対策 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  レーザー内視鏡を用いた消化管診断 咽頭表在癌に対するレーザー経鼻内視鏡を用いた観察の有用性の検討 .  日本消化管学会雑誌  2019年2月  (一社)日本消化管学会

  • 仮屋 遥香, 藤野 悠介, 上原 翔平, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 矢野 弘樹, 田中 啓仁, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 有上 貴明, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  リンパ節転移を認めた多発性胃神経内分泌腫瘍の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 徳元 攻, 上村 修司, 井戸 章雄 .  アザチオプリン投与による急性膵炎が疑われた潰瘍性大腸炎の2例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 上村 修司, 西口 昭広, 田口 哲志, 井戸 章雄 .  あたらしい内視鏡診断、治療法をめざして-腫瘍性疾患、機能性疾患を含め- 噴霧型疎水化ミクロ粒子のESD後潰瘍に対する作用 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  日本消化管学会雑誌  2020年1月  (一社)日本消化管学会

  • 松崎 竜也, 李 怡然, 竹下 正彦, 有馬 勇夫, Tsend-Ayush C., Oyunsuren T., 宮原 広典, 上村 修司 .  Lactobacillus plantarum 06CC2株摂取によるヒトの免疫賦活効果と腸内細菌叢への影響について .  ミルクサイエンス  2017年8月  日本酪農科学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 西俣 伸亮, 鮫島 洋一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 大井 秀久, 中村 勇一, 徳重 浩一, 鮫島 由規則, 井戸 章雄 .  IBD診療における新たな展開 クローン病のインフリキシマブ効果減弱例に対する強化療法の有効性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 吉田 篤史, 小林 拓, 藤井 俊光, 山田 哲弘, 横山 陽子, 大森 鉄平, 林 亮平, 金城 徹, 松井 啓, 高橋 索真, 芦塚 伸也, 上村 修司, 吉野 琢哉, 鎌田 紀子, 馬場 重樹, 新崎 信一郎 .  IBDにおけるPJPによる死亡と免疫抑制薬についての検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 小牧 祐雅, 井戸 章雄 .  IBD special situationにおける諸問題 高齢化潰瘍性大腸炎と高齢発症潰瘍性大腸炎との臨床的特徴の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 重田 早紀子, 藤野 悠介, 児島 一成, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNA施行1週間後に後出血を認めた膵尾部癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 沼田 政嗣, 上村 修司, 井戸 章雄 .  高齢発症潰瘍性大腸炎の臨床的特徴と問題点 .  日本消化器病学会雑誌  2014年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 小薗 雅哉, 宇都 浩文, 指宿 りえ, 有馬 志穂, 大重 彰彦, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 上村 修司, 玉井 努, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  高血圧治療は脂肪肝炎を合併した高血圧モデルラットのインスリン抵抗性と血清IL-6濃度上昇を改善する .  肝臓  2015年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 有馬 志穂, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 小山 恒男, 坪内 博仁 .  静脈瘤を合併した食道表在癌に対するESD .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2010年8月  (NPO)日本食道学会

  • 上村 修司, 沼田 政嗣, 田中 啓仁, 小園 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  難治性腸管ベーチェット病に対する抗TNFα抗体製剤投与例の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 坂江 貴弘, 小牧 蕗子, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  離島拠点病院における炎症性腸疾患の現状 .  日本消化器病学会雑誌  2014年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 高見 陽一郎, 宇都 浩文, 安部 弘生, 高濱 由香, 上村 修司, 黒木 穣二, 蓮池 悟, 永田 賢治, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  酸化ストレス誘導性肝癌細胞アポトーシスに対するオステオアクチビンの作用 .  肝臓  2006年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 湯通堂 和樹, 那須 雄一郎, 川畑 活人, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  術前診断でカルチノイド腫瘍を疑い内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)による一括切除を行った結腸Granular cell tumorの一例 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2014年7月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 上村 修司, 塩見 一剛, 杉本 精一郎, 大井 長和, 松倉 茂, 松本 志郎, 鍬田 直美, 高崎 泰 .  若年発症したMultiple sclerosisの一症例 .  臨床神経学  2001年1月  (一社)日本神経学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  膵術後のPancreatic fluid collectionに対する超音波内視鏡ガイド下ドレナージの成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 川畑 活人, 上村 修司, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  腸管恒常性維持機構に対するフルクトース過剰摂取の影響 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 中澤 潤一, 沼田 政嗣, 宮田 義史, 上村 修司, 安倍 弘生, 山本 章二朗, 田原 良博, 井上 龍二, 林 克裕, 坪内 博仁 .  腸管ベーチェット病,単純性潰瘍に対する顆粒球除去療法(GCAP)の効果について .  日本消化器病学会雑誌  2005年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胆管内粘液産生による胆道閉塞に対してEUS下胆道ドレナージ(EUS-BD)が効果的であった粘液産生胆管癌の2例 .  胆道  2016年8月  日本胆道学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 牧野 智礼, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 山路 尚久, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  胃腺腫と胃癌の鑑別におけるNBI併用拡大観察の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2012年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄 .  肝門部悪性胆道狭窄に対する金属ステントの両葉留置成功に関する検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 宇都 浩文, 上村 修司, 熊谷 公太郎, 玉井 努, 重信 秀峰, 森内 昭博, 長谷川 将, 桶谷 眞, 井戸 章雄, 永田 賢治, 坪内 博仁 .  肝細胞癌のバイオマーカーとして同定した血清中Complement Component 3a(C3a)fragmentの臨床的意義 .  肝臓  2007年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 安倍 弘生, 宇都 浩文, 山本 章二朗, 沼田 政嗣, 中西 千尋, 上村 修司, 楠元 寿典, 宮田 義史, 林 克裕, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  肝細胞増殖因子(HGF)の硫酸デキストラン実験腸炎ラットに対する作用機序の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2005年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田原 良博, 上村 修司, 安倍 弘生, 三池 忠, 黒木 穣二, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 児玉 眞由美, 永田 賢治, 下田 和哉 .  経鼻内視鏡導入初期と後期における被検者受容性、有用性、安全性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2007年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 上村 修司, 宇都 浩文, 坪内 博仁 .  粘膜再生からみた炎症性腸疾患 プロテオーム解析から同定した血中Human Neutrophil Peptide(HNP)1-3の消化管粘膜に及ぼす影響 .  日本消化器病学会雑誌  2008年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  直腸肛門部の隆起性腫瘍に対するEUS専用機の有用性およびESDの工夫 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 森内 昭博, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁 .  炎症性腸疾患における炎症のフィードバック調節因子osteoactivinの役割の解明 .  日本消化器病学会雑誌  2010年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 橋元 慎一, 宇都 浩文, 上村 修司, 屋 万栄, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 森内 昭博, 藤田 浩, 長谷川 将, 山元 隆文, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  潰瘍性大腸炎患者血中に上昇するHuman Neutrophil Peptide-1の病態への関与 .  日本消化器病学会雑誌  2009年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 森内 昭博, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎における便中ヒト好中球ペプチド濃度の臨床的意義 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 上村 修司, 宇都 浩文, 坪内 博仁 .  消化器領域におけるプロテオーム研究の現状と新しい展開 SELDIプロテインチップシステムによるC型肝炎ウイルス関連慢性肝疾患患者血清の解析 .  日本消化器病学会雑誌  2005年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 三池 忠, 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 田原 良博, 中澤 潤一, 上村 修司, 安倍 弘生, 山本 章二朗, 下田 和哉, 長沼 志興, 中島 真也, 長池 幸樹, 佛坂 正幸 .  敗血症を合併した炎症性腸疾患4症例の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2007年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 中澤 潤一, 船川 慶太, 坪内 博仁, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 那須 雄一郎, 坪内 直子, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 隈元 亮, 指宿 和成, 今給黎 和幸, 矢野 貴文, 高崎 能久, 重田 浩一朗, 山元 隆文 .  手術不能進行膵癌による膵仮性嚢胞に対するEUS-CDの適応について .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 岩屋 博道, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  悪性胆道・十二指腸狭窄に対するEUSガイド下胆道ドレナージと十二指腸ステンティング併用治療の成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 宮田 生弥子, 鮫島 洋一, 水流 弘文, 徳元 攻, 牧野 智礼, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当院における潰瘍性大腸炎関連colitic cancerの現況 .  日本消化器病学会雑誌  2013年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 樋之口 真, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱本 ひとみ, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院における乳幼児の消化管内視鏡検査・治療の現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 有馬 志穂, 中澤 潤一, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当院での切除不能膵癌に対するmodified FOLFIRINOX療法の現状 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科の大腸ESD断念例の検討とその対策 .  日本消化器病学会雑誌  2014年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 濱元 ひとみ, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 中澤 潤一, 船川 慶太, 井戸 章雄 .  当科のMM以深食道表在癌に対する治療の妥当性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 藤田 浩, 大井 秀久, 指宿 和成, 岩下 祐司, 香月 稔史, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 宮原 広典, 瀬戸山 仁, 今給黎 和幸, 谷口 鎌一郎, 山元 隆文, 坪内 博仁 .  当科における高齢者潰瘍性大腸炎の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2009年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 大井 秀久, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科における高齢発症潰瘍性大腸炎の臨床的特徴についての検討 .  日本消化器病学会雑誌  2010年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科における超高齢者胃腫瘍に対するESDの安全性と有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 船川 慶太, 大重 彰彦, 小田 耕平, 今中 大, 馬渡 誠一, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 玉井 努, 森内 昭博, 藤田 浩, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 加治 建, 松藤 凡, 井戸 章雄 .  当科における胆道閉鎖症術後の小児食道胃静脈瘤出血例に対する治療経験 .  肝臓  2014年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  当科における消化器内視鏡時の抗血栓療法患者の取り扱いの現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩屋 博道, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 有馬 志穂, 坪内 直子, 田口 宏樹, 佐々木 文郷, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科における咽喉頭表在癌に対する内視鏡的深達度診断の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 山路 尚久, 山元 隆文, 船川 慶太, 岩下 祐司, 指宿 和成, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  当科における内視鏡的乳頭切除術の臨床的検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2010年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科における下咽頭・頸部食道表在癌に対するESDの現状 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田口 宏樹, 橋元 慎一, 坂江 貴弘, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるダブルバルーン内視鏡下でのEPLBDの検討 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 樋之口 真, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるEST/EPSTの現状 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 船川 慶太, 佐々木 文郷, 上村 修司, 有馬 志穂, 田中 啓仁, 坪内 直子, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科での食道扁平上皮癌の拡大内視鏡診断について .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小牧 祐雅, 船川 慶太, 小野 陽平, 田中 啓仁, 牧野 智礼, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 坪内 直子, 那須 雄一郎, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  当科での未分化型早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の現状と今後の課題 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 坪内 直子, 田中 啓仁, 田口 宏樹, 中澤 潤一, 上村 修司, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  強皮症に合併し、興味深い内視鏡所見を呈したcollagenous sprueの1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 山元 隆文, 指宿 和成, 香月 稔史, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 今給黎 和幸, 宮原 広典, 船川 慶太, 藤田 浩, 嵜山 敏男, 北島 信一, 坪内 博仁 .  家族性大腸腺腫症に合併した十二指腸乳頭部癌に対し内視鏡的乳頭切除術を施行した1例 .  Gastroenterological Endoscopy  2009年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 宮原 広典, 相良 誠二, 橋元 慎一, 佐々木 文郷, 上村 修司, 福田 芳生, 藤田 浩, 山元 隆文, 坪内 博仁, 堀内 正久 .  家族性HDL欠損症に合併したクローン病の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2008年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  大腸隆起性腫瘍に対するESDにおけるEUS専用機術前診断とPocket Creation Methodの有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 北島 信一, 川畑 活人, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄 .  大腸側方発育型腫瘍に対するESD前生検の必要性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 那須 雄一郎, 上村 修司, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  大腸ESDを困難にさせる因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 船川 慶太, 田中 啓仁, 小薗 雅哉, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 田口 宏樹, 坪内 直子, 橋元 慎一, 那須 雄一郎, 上村 修司, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  大腸ESDにおける術前生検の影響についての検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 藤田 俊浩, 那須 雄一郎, 濱元 ひとみ, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  各種プロトンポンプ阻害薬が胃ESD後潰瘍の後出血に及ぼす影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 小野 陽平, 田中 啓仁, 牧野 智礼, 小薗 雅哉, 岩屋 博通, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 坪内 直子, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  分化型・未分化型組織混在胃癌に対するNBI併用拡大観察の有用性と問題点 .  Gastroenterological Endoscopy  2013年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 有馬 志穂, 沼田 政嗣, 三池 忠, 安倍 弘生, 上村 修司, 児玉 眞由美, 林 克裕 .  出血性のクローン病に対しinfliximab投与が奏効した3例 .  日本内科学会雑誌  2006年2月  (一社)日本内科学会

  • 那須 雄一郎, 井戸 章雄, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 今給黎 和幸, 宮原 広典, 森内 昭博, 藤田 浩, 山元 隆文, 宇都 浩文, 桶谷 眞, 坪内 博仁 .  傷害胃粘膜の再生・修復過程におけるHGFの粘膜上皮細胞tight junction proteinに及ぼす影響 .  日本消化器病学会雑誌  2009年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 前田 拓郎, 船川 慶太, 鮫島 洋一, 上村 徳郎, 牧野 智礼, 有馬 志穂, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 鈴木 紳介, 魚住 公治, 東 美智代, 坪内 博仁 .  二次性白血病を合併した総胆管原発diffuse large B-cell lymphomaの一例 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 宇都 浩文, 中西 千尋, 上村 修司, 安倍 弘生, 三池 忠, 楠元 寿典, 山本 章二朗, 森内 昭博, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  ラット大腸発癌モデルにおける遺伝子組換え型ヒト肝細胞増殖因子(rhHGF)の及ぼす影響 .  日本消化器病学会雑誌  2006年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 井戸 章雄, 高見 陽一郎, 熊谷 公太郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 船川 慶太, 嵜山 敏男, 宇都 浩文, 桶谷 真, 坪内 博仁 .  マウスDSS実験腸炎モデルおけるオステオアクチビンの役割 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 黒木 穣二, 宇都 浩文, 高濱 由香, 上村 修司, 安倍 弘生, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 林 克裕, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  マイクロアレイを用いたウルソデオキシコール酸(UDCA)添加ヒト初代培養肝細胞での遺伝子発現の検討 .  肝臓  2006年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 上村 修司, 沼田 政嗣, 船川 慶太, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  ポケット法による十二指腸ESDとクリップ+PGAフェルト+フィブリン糊併用法による術後偶発症予防の可能性 .  Gastroenterological Endoscopy  2015年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 上村 修司, 船川 慶太, 嵜山 敏男, 坪内 博仁 .  ベーチェット病食道病変の臨床的検討 .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2010年8月  (NPO)日本食道学会

  • 田口 宏樹, 沼田 政嗣, 濱元 ひとみ, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 井戸 章雄 .  ヘリコバクターピロリ除菌が上腹部症状、QOLにもたらす効果について .  日本消化器病学会雑誌  2015年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 児玉 眞由美, 沼田 政嗣, 田原 良博, 佐々木 文郷, 村山 貴信, 坪内 直子, 三池 忠, 安倍 弘生, 上村 修司, 中澤 潤一, 堀 剛, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 下田 和哉 .  ダブルバルーン内視鏡による門脈圧亢進性小腸症の内視鏡所見の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2007年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 瀬戸山 仁, 嵜山 敏男, 指宿 和成, 岩下 祐司, 隈元 亮, 香月 稔史, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 今給黎 和幸, 宮原 広典, 福田 芳生, 船川 慶太, 藤田 浩, 山元 隆文, 井戸 章雄, 坪内 博仁, 駿河 幸男, 美園 俊明 .  シェーグレン症候群に蛋白漏出性胃腸症を合併した1例 .  日本消化器病学会雑誌  2009年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩下 祐司, 嵜山 敏男, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 指宿 和成, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 高見 陽一郎, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  グルタミンによる腸管上皮Heat shock protein発現誘導機構の解明 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 有馬 志穂, 嵜山 敏男, 牧野 智礼, 前田 拓郎, 上村 修司, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 坪内 直子, 坪内 博仁 .  クローン病類似の消化管病変を合併した糖原病Ia型の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2010年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 小野 陽平, 大井 秀久, 生駒 今日子, 鮫島 洋一, 指宿 和成, 坪内 直子, 山路 尚久, 藤田 浩, 中馬 豊, 帆北 修一, 石澤 隆, 上村 修司, 井戸 章雄 .  クローン病腸管切除術後症例において、生物学的製剤が再手術に与える影響 .  日本大腸肛門病学会雑誌  2016年10月  (一社)日本大腸肛門病学会

  • 嵜山 敏男, 藤田 浩, 上村 修司, 岩下 祐司, 指宿 和成, 沼田 正嗣, 大井 秀久, 坪内 博仁 .  クローン病腸管オートファジーの免疫組織学的検討 .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 藤田 浩, 橋元 慎一, 佐々木 文郷, 上村 修司, 宮原 広典, 福田 芳生, 山元 隆文, 坪内 博仁, 大井 秀久 .  クローン病の術後経過には吻合法が関与する .  日本消化器病学会雑誌  2008年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 濱元 ひとみ, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 勇一, 徳重 浩一, 井戸 章雄 .  クローン病に対するinfliximabの二次無効に関する予測因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2016年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小野 陽平, 上村 修司, 小田 耕平, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 瀬戸山 仁, 宇都 浩文, 井戸 章雄 .  クローン病におけるアポトーシス抑制因子AIMの臨床的意義 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 福田 芳生, 藤田 浩, 佐々木 文郷, 上村 修司, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 宮原 広典, 山元 隆文, 野妻 智嗣, 稲森 由恵, 岡本 裕嗣, 有村 公良, 坪内 博仁 .  カプセル内視鏡により多彩な所見を観察し得た里吉病の一例 .  日本消化器病学会雑誌  2008年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 宇都 浩文, 上村 修司, 高濱 由香, 安倍 弘生, 蓮池 悟, 楠元 寿典, 永田 賢治, 林 克裕, 井戸 章雄, 奥野 充利, 江島 宏晃, 坪内 博仁 .  オステオアクチビン強発現細胞の培養上清のプロテオーム解析 .  肝臓  2005年5月  (一社)日本肝臓学会

  • 山元 隆文, 指宿 和成, 岩下 祐司, 香月 稔史, 今給黎 和幸, 船川 慶太, 赤崎 安宣, 中塩 一昭, 上村 修司, 宮原 広典, 藤田 浩, 森内 昭博, 宇都 浩文, 長谷川 将, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  PPI長期投与における胃ポリープ発生症例の臨床的検討 .  日本消化器病学会雑誌  2008年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 坂江 貴弘, 濱元 ひとみ, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 井戸 章雄 .  Pocket-creation method(PCM)を用いた大腸ESDは、粘膜下層の高度線維化を有する症例で有用である .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中村 義孝, 藤田 俊浩, 川畑 活人, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 沼田 政嗣, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  Interventional EUSの偶発症とその対策 .  Gastroenterological Endoscopy  2014年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 嵜山 敏男, 藤田 浩, 瀬戸山 仁, 上村 修司, 船川 慶太, 佐々木 文郷, 岩下 祐司, 大井 秀久, 中村 勇一, 美園 俊明, 青崎 真一郎, 重田 浩一郎, 鮫島 由規則, 児玉 眞由美, 坪内 博仁 .  Infliximab+azathioprine併用維持療法はinfliximab単独維持療法に比べ貧血を改善させる .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 小牧 祐雅, 沼田 政嗣, 上村 修司, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 藤田 浩, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  IgG4関連疾患でのステロイド長期維持療法の問題点 .  日本内科学会雑誌  2013年2月  (一社)日本内科学会

  • 指宿 和成, 嵜山 敏男, 上村 修司, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 隈元 亮, 佐々木 文郷, 山路 尚久, 瀬戸山 仁, 船川 慶太, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  Human neutrophil peptideは腸管上皮細胞IL-8、ICAM-1の発現を亢進させる .  日本消化器病学会雑誌  2010年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 森内 昭博, 井戸 章雄, 金 一徳, 遠藤 龍人, 上村 修司, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 宇都 浩文, 坪内 博仁 .  HGFが抗アポトーシス作用を示す急性肝不全モデルを用いた網羅的遺伝子発現解析 .  肝臓  2006年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 黒木 穣二, 蓮池 悟, 熊谷 公太郎, 上村 修司, 安倍 弘生, 三池 忠, 楠元 寿典, 永田 賢治, 下田 和哉, 林 克裕, 宇都 浩文, 坪内 博仁 .  HCV高浸淫地区住民検診におけるフィブロスキャンの有用性 .  肝臓  2007年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 黒木 穣二, 宇都 浩文, 藤本 千夏, 上村 修司, 安倍 弘生, 三池 忠, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 林 克裕, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  HCV高浸淫地区住民におけるフィブロスキャンの有用性の検討 .  肝臓  2006年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 黒木 穣二, 上村 修司, 安倍 弘生, 楠元 寿典, 坂元 秀壮, 蓮池 悟, 永田 賢治, 宇都 浩文, 林 克裕, 坪内 博仁 .  HCV高浸淫地区の腹部超音波検診におけるFibroscanを用いた肝繊維化の検討 .  肝臓  2005年11月  (一社)日本肝臓学会

  • 佐々木 文郷, 宇都 浩文, 上村 修司, 楠元 寿典, 林 克裕, 藤田 浩, 山元 隆文, 桶谷 真, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  HCV高感染地区におけるHCV抗体陽性者の血清C3a濃度と生命予後の関連 .  日本内科学会雑誌  2008年2月  (一社)日本内科学会

  • 蓮池 悟, 宇都 浩文, 楠元 寿典, 上村 修司, 安倍 弘生, 黒木 穣二, 永田 賢治, 林 克裕, 高濱 由香, Sherri O Stuver, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  HCV高侵淫地区住民の鉄代謝関連遺伝子の一塩基多型 .  肝臓  2006年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 宇都 浩文, 林 克裕, 上村 修司, 楠元 寿典, 蓮池 悟, 永田 賢治, 黒木 和男, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  HCV陽性ALT長期持続正常者の臨床的特徴 .  日本内科学会雑誌  2005年2月  (一社)日本内科学会

  • 馬渡 誠一, 宇都 浩文, 井戸 章雄, 上村 修司, 熊谷 公太郎, 小田 耕平, 椨 一晃, 玉井 努, 森内 昭博, 桶谷 眞, 島田 悠子, 鈴木 哲朗, 須藤 正幸, 坪内 博仁 .  HCV NS3/4Aプロテアーゼは補体C4を断片化し補体活性化を阻害する .  肝臓  2013年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 笠井 亜衣, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 濱元 ひとみ, 井上 和彦, 牧野 智礼, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 上村 修司, 畠中 真吾, 東 美智代, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断に至った膵悪性リンパ腫の3例 .  日本消化器病学会雑誌  2016年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 濱元 ひとみ, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 中澤 潤一, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 沼田 政嗣, 蔵原 弘, 又木 雅弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断し得た神経鞘腫の3例 .  日本消化器病学会雑誌  2015年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 鉾之原 基, 橋元 慎一, 矢野 弘樹, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田口 宏樹, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで診断した転移性膵腫瘍の検討 .  超音波医学  2016年1月  (公社)日本超音波医学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 東 美智代, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 中澤 潤一, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAで得られた膵腫瘤性病変の検体におけるliquid-based cytology法の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 鉾之原 基, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNAが診断に有用であったSolid-pseudopapillary neoplasmの二例 .  超音波医学  2016年1月  (公社)日本超音波医学会

  • 佐々木 文郷, 上村 修司, 井戸 章雄 .  ESD全盛時代における功罪 大腸SM癌に対する完全生検としての大腸ESDの役割 .  Gastroenterological Endoscopy  2016年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田中 啓仁, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田口 宏樹, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 沼田 政嗣, 井戸 章雄, 竹田 志郎, 竹下 正彦 .  DSS誘発腸炎マウスモデルにおけるLactobacillus plantarum 06CC2の腸炎予防効果の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2015年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 上村 修司, 宇都 浩文, 楠元 寿典, 安倍 弘生, 中西 千尋, 蓮池 悟, 永田 賢治, 林 克裕, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  C型肝炎ウイルス関連慢性肝疾患患者血清の網羅的蛋白発現解析 .  肝臓  2005年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 永田 賢治, 楠元 寿典, 中村 憲一, 上村 修司, 黒木 穣二, 蓮池 悟, 下田 和哉, 林 克裕, 宇都 浩文, 坪内 博仁 .  C型肝炎ウイルス(HCV)高浸淫地区における超音波検診の成績 .  肝臓  2007年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 楠元 寿典, 林 克裕, 高濱 由香, 外山 恵子, 中村 裕子, 上村 修司, 安倍 弘生, 中西 千尋, 蓮池 悟, 永田 賢治, 宇都 浩文, 田中 靖人, 井戸 章雄, 溝上 雅史, 坪内 博仁 .  C型肝炎ウイルス(HCV)関連肝疾患の病態進展に関連するHCVコア遺伝子領域の検討 .  肝臓  2005年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 上村 修司, 宇都 浩文, 高濱 由香, 安倍 弘生, 黒木 穣二, 蓮池 悟, 永田 賢治, 林 克裕, 井戸 章雄, 坪内 博仁 .  B型肝炎ウイルス関連・C型肝炎ウイルス関連肝細胞癌の血清プロテオーム解析 .  肝臓  2006年4月  (一社)日本肝臓学会

  • 坪内 直子, 宇都 浩文, 熊谷 公太郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 沼田 政嗣, 森内 昭博, 桶谷 真, 井戸 章雄, 永田 賢治, 林 克弘, 下田 和哉, 坪内 博仁 .  B型肝炎ウイルス潜伏感染がC型肝炎ウイルス感染者の長期予後に及ぼす影響 .  日本消化器病学会雑誌  2013年2月  (一財)日本消化器病学会

▼全件表示