2023/10/26 更新

写真a

カシワダニ ヒデキ
柏谷 英樹
KASHIWADANI Hideki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(理学) ( 2000年10月   大阪大学 )

研究キーワード

  • 掻痒

  • 疼痛

  • 行動神経科学

  • 電気生理学

  • 自律神経中枢

  • 嗅覚中枢

  • 匂い

  • 嗅上反

  • 味覚

  • 匂い地図

  • 前嗅核

  • 光学測定法

  • 僧帽細胞

  • シナプス伝達

  • オレキシン

  • アセチルコリン

  • におい情報

  • におい地図

  • におい分子カテゴリープロフィール

  • synchronization

  • olfactory

  • mitral cell

  • memory

  • electrophysiology

  • Cortex

  • 島皮質

  • 徐波睡眼

  • 感覚ゲーティング

  • 樹状突起間抑制性シナプス

  • 睡眠覚醒

  • 行動状態

  • 鎮痛

  • 電気生理学

  • 食物のにおい

  • 抗不安

  • 嗅球

  • 学習

  • 大脳嗅皮質

  • 嗅覚

  • 嗅皮質

  • PMDD

  • 痒み

  • 更年期

  • 易怒性

  • 不安障害

研究分野

  • ライフサイエンス / 基盤脳科学  / 感覚生理学

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 動物生理化学、生理学、行動学

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 統合分子生理学   講師

    2012年4月 - 現在

  • 東京大学   大学院医学系研究科 細胞分子生理学   助教

    2002年7月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京女子医科大学   医学部 第一生理学   助手

    2000年4月 - 2002年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 理化学研究所   脳科学総合研究センター   研究員

    1997年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本生理学会

    2015年10月 - 現在

  • 北米神経科学学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経科学学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Kaneko T., Kuwaki T., Kashiwadani H. .  Hypothalamic orexinergic neurons modulate pain and itch in an opposite way: pain relief and itch exacerbation .  Journal of Physiological Sciences72 ( 1 ) 21   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physiological Sciences  

    Pain and itch are recognized as antagonistic sensations; pain suppresses itch and inhibition of pain generates itch. There is still a lack of evidence about the neural mechanism of the interaction between pain and itch in the central nervous system. In this study, we focused on the orexin (ORX) neurons in the lateral hypothalamus (LH), which mediate various “defense responses” when animals confront stressors. We found that the scratching behaviors induced by the pruritogen were significantly suppressed in ORX-neuron-ablated (ORX-abl) mice. The exaggerated pain behavior and attenuated itch behavior observed in ORX-abl mice indicated that ORX neurons modulate pain and itch in an opposite way, i.e., pain relief and itch exacerbation. In addition, most of the ORX neurons responded to both pain and itch input. Our results suggest that ORX neurons inversely regulate pain- and itch-related behaviors, which could be understood as a defense response to cope with stress environment.

    DOI: 10.1186/s12576-022-00846-0

    Scopus

    PubMed

  • Koyama S., Kondo K., Ueha R., Kashiwadani H., Heinbockel T. .  Possible use of phytochemicals for recovery from covid-19-induced anosmia and ageusia .  International Journal of Molecular Sciences22 ( 16 )   2021年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    The year 2020 became the year of the outbreak of coronavirus, SARS-CoV-2, which escalated into a worldwide pandemic and continued into 2021. One of the unique symptoms of the SARS-CoV-2 disease, COVID-19, is the loss of chemical senses, i.e., smell and taste. Smell training is one of the methods used in facilitating recovery of the olfactory sense, and it uses essential oils of lemon, rose, clove, and eucalyptus. These essential oils were not selected based on their chemical constituents. Although scientific studies have shown that they improve recovery, there may be better combinations for facilitating recovery. Many phytochemicals have bioactive properties with anti-inflammatory and anti-viral effects. In this review, we describe the chemical compounds with anti-inflammatory and anti-viral effects, and we list the plants that contain these chemical compounds. We expand the review from terpenes to the less volatile flavonoids in order to propose a combination of essential oils and diets that can be used to develop a new taste training method, as there has been no taste training so far. Finally, we discuss the possible use of these in clinical settings.

    DOI: 10.3390/ijms22168912

    Scopus

    PubMed

  • Higa Y., Kashiwadani H., Sugimura M., Kuwaki T. .  Orexinergic descending inhibitory pathway mediates linalool odor-induced analgesia in mice .  Scientific Reports11 ( 1 ) 9224 - 9224   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    Linalool odor exposure induces an analgesic effect in mice. This effect disappeared in the anosmic model mice, indicating that olfactory input evoked by linalool odor triggered this effect. Furthermore, hypothalamic orexinergic neurons play a pivotal role in this effect. However, the neuronal circuit mechanisms underlying this effect have not been fully addressed. In this study, we focused on the descending orexinergic projection to the spinal cord and examined whether this pathway contributes to the effect. We assessed the effect of intrathecal administration of orexin receptor antagonists on linalool odor-induced analgesia in the tail capsaicin test. We found that the selective orexin type 1 receptor antagonist, but not the selective orexin type 2 receptor antagonist, prevented the odor-induced analgesic effect. Furthermore, immunohistochemical analyses of c-Fos expression induced by the capsaicin test revealed that neuronal activity of spinal cord neurons was suppressed by linalool odor exposure, which was prevented by intrathecal administration of the orexin 1 receptor antagonist. These results indicate that linalool odor exposure drives the orexinergic descending pathway and suppresses nociceptive information flow at the spinal level.

    DOI: 10.1038/s41598-021-88359-5

    Scopus

    PubMed

  • Harada H, Kashiwadani H, Kanmura Y, Kuwaki T .  Linalool odor-induced anxiolytic effects in mice .  Frontiers in Behavioral Neuroscience12   241   2018年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Research Foundation  

    DOI: 10.3389/fnbeh.2018.00241

    Scopus

    PubMed

  • Tashiro S, Yamaguchi R, Ishikawa S, Sakurai T, Kajiya K, Kanmura Y, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Odour-induced analgesia mediated by hypothalamic orexin neurons in mice .  Scientific Reports6   37129   2016年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep37129

    PubMed

  • Kikuta, S., Sato, K., Kashiawdani, H., Tsunoda, K., Yamasoba, T., and Mori, K .  Neurons in the anterior olfactory nucleus pars externa detect right or left localization of odor sources .  Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America107   12363 - 12368   2010年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kikuta, S., Kashiawdani, H., and Mori, K .  Compensatory rapid switching of binasal inputs in the olfactory cortex .  Journal of Neuroscience28   11989 - 11997   2008年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami, M., Kashiawdani, H., Kirino, Y., and Mori, K .  State-dependent sensory gating in olfactory cortex .  Neuron46   285 - 296   2005年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kashiwadani, H., Sasaki, Y.F., Uchida, N., and Mori, K. .  Synchronized oscillatory discharges of mitral/tufted cells with different molecular receptive ranges in the rabbit olfactory bulb .  Journal of Neurophysiology82   1786 - 1792   1999年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kashiwadani H, Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T .  Linalool odor-induced analgesia is triggered by TRPA1-independent pathway in mice. .  Behavioral and brain functions : BBF17 ( 1 ) 3 - 3   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Behavioral and Brain Functions  

    We had recently reported that linalool odor exposure induced significant analgesic effects in mice and that the effects were disappeared in olfactory-deprived mice in which the olfactory epithelium was damaged, thus indicating that the effects were triggered by chemical senses evoked by linalool odor exposure. However, the peripheral neuronal mechanisms, including linalool receptors that contribute toward triggering the linalool odor-induced analgesia, still remain unexplored. In vitro studies have shown that the transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1) responded to linalool, thus raising the possibility that TRPA1 expressed on the trigeminal nerve terminal detects linalool odor inhaled into the nostril and triggers the analgesic effects. To address this hypothesis, we measured the behavioral pain threshold for noxious mechanical stimulation in TRPA1-deficient mice. In contrast to our expectation, we found a significant increase in the threshold after linalool odor exposure in TRPA1-deficient mice, indicating the analgesic effects of linalool odor even in TRPA1-deficient mice. Furthermore, intranasal application of TRPA1 selective antagonist did not alter the analgesic effect of linalool odor. These results showed that the linalool odor-induced analgesia was triggered by a TRPA1-independent pathway in mice.

    DOI: 10.1186/s12993-021-00176-y

    Scopus

    PubMed

  • 柏谷英樹 .  リナロール香気の持つ抗不安作用とその脳内機序 .  ファルマシア57 ( 3 ) 204 - 206   2021年招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen S, Takahashi N, Chen C, Pauli JL, Kuroki C, Kaminosono J, Kashiwadani H, Kanmura Y, Mori Y, Ou S, Hao L, Kuwaki T .  Transient Receptor Potential Ankyrin 1 mediates hypoxic responses in mice .  Frontiers in Physiology11   576209 - 576209   2020年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers Media  

    DOI: 10.3389/fphys.2020.576209

    Scopus

    PubMed

  • Kashiwadani H, Kanmura Y, Kuwaki T .  Application of calibrated forceps for assessing mechanical nociception with high time resolution in mice .  PLoS One12 ( 2 ) e0172461   2017年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0172461

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Inuki K, Chen C, Pauli JL, Kuroki C, Tashiro S, Kanmura Y, Kashiwadani H, Kuwaki T .  Nasal TRPA1 mediates irritant-induced bradypnea in mice .  Physiological Reports4 ( 24 ) e13098   2016年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.14814/phy2.13098

    PubMed

  • Ueda H, Suga M, Yagi T, Kusumoto-Yoshida I, Kashiwadani H, Kuwaki T, Miyawaki S .  Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats .  American Journal of Physiology Regulatory, Integrative and Comparative Physiology311 ( 5 ) R964 - R970   2016年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00292.2016

    PubMed

  • Yonemitsu, T., Kuroko, C., Takahashi, N., Mori, Y., Kanmura, Y., Kashiwadani, H., Ootsuka, Y., Kuwaki, T. .  TRPA1 detects environmental chemicals and induces avoidance behavior and arousal from sleep .  Scientific Report3   3100   2013年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto, H., Kashiawdani, H., Nagao, H., Aiba, A., and Mori, K .  Odor-induced persistent discharge of mitral cells in the mouse olfactory bulb .  Journal of Neurophysiology101   1890 - 1900   2009年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsuno, Y., Kashiawdani, H., and Mori, K .  Behavioral state regulation of dendrodendritic synaptic inhibition in the olfactory bulb .  Journal of Neuroscience 28   9227 - 9238   2008年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miyata, M., Kashiwadani, H., Fukaya, M., Hayashi, T., Wu, D., Suzuki, T., Watanabe, M., and Kawakami, Y. .  Role of thalamic phospholipase C・4 mediated by metabotropic glutamate receptor type 1 in inflammatory pain .  Journal of Neuroscience 23   8098 - 8108   2003年9月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hideki Kashiwadani .  Synchronized oscillatory discharges of mitral/tufted cells and olfactory information processing in the MOB .      2000年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 抗疲労・抗ストレス・睡眠改善食品の開発

    井上和生、柏谷英樹 他( 担当: 共著 ,  範囲: 第17章 リナロール香気の抗不安作用 -機能性香気に基づく機能性食品の開発に向けて-)

    シーエムシー出版  2020年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:287   記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • Editorial: Physiology and pathophysiology of the olfactory system 招待 国際共著 国際誌

    Kashiwadani H., Heinbockel T., Imamura F., Yamaguchi M., Koyama S., Kondo K.

    Frontiers in Neural Circuits   16   1025087   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Neural Circuits  

    DOI: 10.3389/fncir.2022.1025087

    Scopus

    PubMed

  • リナロール香気が不安を軽減する脳の仕組み

    柏谷 英樹

    におい・かおり環境学会誌   52 ( 2 )   112 - 117   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:社団法人 におい・かおり環境協会  

    <p>古来より植物の芳香が抗不安効果を持つことは経験的に広く知られてきた.今日でもその作用は民間療法として取り入れられている.しかしながら「香気が抗不安効果を生み出すメカニズム」については未だ不明である.本稿ではリナロール(ラベンダー精油の主要香気成分の一つ)の香気が持つ抗不安作用,その作用の嗅覚依存性,そしてベンゾジアゼピン感受性GABA<sub>A</sub>受容体の関与を中心に,その基盤となる脳内メカニズムについて最新の知見をもとに解説する.</p>

    DOI: 10.2171/jao.52.112

  • 【におい・かおりの積極的な利用(Part 1)】リナロール香気が不安を軽減する脳の仕組み 招待

    柏谷 英樹

    におい・かおり環境学会誌   52 ( 2 )   112 - 117   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)におい・かおり環境協会  

    古来より植物の芳香が抗不安効果を持つことは経験的に広く知られてきた。今日でもその作用は民間療法として取り入れられている。しかしながら「香気が抗不安効果を生み出すメカニズム」については未だ不明である。本稿ではリナロール(ラベンダー精油の主要香気成分の一つ)の香気が持つ抗不安作用、その作用の嗅覚依存性、そしてベンゾジアゼピン感受性GABAA受容体の関与を中心に、その基盤となる脳内メカニズムについて最新の知見をもとに解説する。(著者抄録)

  • 【嗅覚研究の進展が拓く新たな薬物療法の可能性】リナロール香気の持つ抗不安作用とその脳内機序 招待

    柏谷 英樹

    ファルマシア   57 ( 3 )   204 - 206   2021年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本薬学会  

  • マウスにおけるリナロールの匂いに誘発される抗そう痒効果(Linalool odor induced anti-pruritic effects in mice)

    金子 達朗, 桑木 共之, 柏谷 英樹

    医学教育   51 ( Suppl. )   165 - 165   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本医学教育学会  

  • リナロール香気による鎮痛および抗不安作用

    柏谷英樹

    香料   283   45 - 54   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本香料協会  

  • リナロール誘発性鎮痛の投与経路による違い

    Kashiwadani H

    Aroma Research   75   224 - 225   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:フレグラスジャーナル社  

  • 香り・においと疾患 基礎から応用まで リナロール誘発性鎮痛の投与経路による違い

    柏谷 英樹

    Aroma Research   19 ( 3 )   224 - 225   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:フレグランスジャーナル社  

  • 香り・においと疾患 基礎から応用まで リナロール誘発性鎮痛の投与経路による違い

    柏谷 英樹

    Aroma Research   19 ( 3 )   224 - 225   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:フレグランスジャーナル社  

  • リナロール香気に誘発される抗不安効果

    原田 浩輝, 上村 裕一, 桑木 共之, 柏谷 英樹

    日本生理学雑誌   80 ( 2 )   30 - 30   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

  • 香気誘発性鎮痛と食品香気

    柏谷英樹

    におい・かおり環境学会誌   48 ( 5 )   373 - 379   2017年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:におい・かおり環境協会  

  • 【食物の香りとその機能性】香気誘発性鎮痛と食品香気

    柏谷 英樹

    におい・かおり環境学会誌   48 ( 5 )   373 - 379   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)におい・かおり環境協会  

    香気の中には情動とそれに伴う自律応答を強く惹起するものがあることが経験的に知られており、その作用を医療に応用する試みは古くよりなされてきた。しかしながら「におい」がどのような脳内機序によりその機能を発現するのかは不明であった。我々はマウス疼痛テスト系を用いて香気暴露による鎮痛効果を測定し、テルペン系化合物の一種、リナロールの香気が鎮痛効果を有することを見出した。さらに、この効果は嗅覚系を介して(つまり「におい」として)惹起されること、そして視床下部オレキシン神経の活性化が必須であることを見出した。また、リナロールを多量に含む芋焼酎香気でも、リナロール濃度依存的に鎮痛効果が現れることを明らかにした。本稿ではこれらの知見を中心に紹介する。(著者抄録)

    その他リンク: https://search.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2017&ichushi_jid=J03864&link_issn=&doc_id=20171012400002&doc_link_id=%2Ffc7nioik%2F2017%2F004805%2F004%2F0373-0379%26dl%3D0&url=http%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Ffc7nioik%2F2017%2F004805%2F004%2F0373-0379%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif

  • 【食物の香りとその機能性】香気誘発性鎮痛と食品香気

    柏谷 英樹

    におい・かおり環境学会誌   48 ( 5 )   373 - 379   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)におい・かおり環境協会  

    香気の中には情動とそれに伴う自律応答を強く惹起するものがあることが経験的に知られており、その作用を医療に応用する試みは古くよりなされてきた。しかしながら「におい」がどのような脳内機序によりその機能を発現するのかは不明であった。我々はマウス疼痛テスト系を用いて香気暴露による鎮痛効果を測定し、テルペン系化合物の一種、リナロールの香気が鎮痛効果を有することを見出した。さらに、この効果は嗅覚系を介して(つまり「におい」として)惹起されること、そして視床下部オレキシン神経の活性化が必須であることを見出した。また、リナロールを多量に含む芋焼酎香気でも、リナロール濃度依存的に鎮痛効果が現れることを明らかにした。本稿ではこれらの知見を中心に紹介する。(著者抄録)

  • 機械性疼痛に対するOdorant-X香気誘発性鎮痛の効果

    井上 恵理, 田代 章悟, 山口 蘭, 上村 裕一, 桑木 共之, 柏谷 英樹

    日本生理学雑誌   79 ( 1 )   33 - 33   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

  • 唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割

    植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一

    日本生理学雑誌   79 ( 1 )   26 - 26   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

  • 芋焼酎香気による鎮痛作用と匂い誘発性鎮痛

    Kashiwadani H

    Aroma Research   17 ( 3 )   36 - 40   2016年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ゾーン構造 査読

    柏谷英樹

    脳科学辞典   DOI:10.14931/bsd.1986   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 嗅覚系における感覚ゲーティング機構と匂い情報処理

    柏谷英樹、森憲作

    実験医学増刊   24 ( 15 )   2236 - 2242   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 倉本恵梨子、柏谷英樹、岩井治樹、山中淳之、後藤哲哉 .  頭頸部の侵害性感覚受容に関わるマウス三叉神経系について、アデノ随伴ウイルスベクターを用いた研究 .  第128回日本解剖学会全国学術総会  2023年3月  日本解剖学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台   国名:日本国  

  • 金子達朗、桑木共之、柏谷英樹 .  Hypothalamic orexinergic neurons modulate pain and itch in an opposite way: pain relief and itch exacerbation .  100th Japan Physiological Society Meeting  2023年3月  日本生理学会招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都   国名:日本国  

  • Hideki KASHIWADANI, Sho UENO, Tomoyuki KUWAKI .  Chronic activation of hypothalamic orexin neurons in menopause model mice .  100th Japan Physiological Society Meeting  2023年3月  日本生理学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:英語  

    開催地:京都   国名:日本国  

  • マークル遥、桑木共之 柏谷英樹 .  ゲラニオール香気による月経前症候群の抑うつ緩和 .  第73回西日本生理学会  2022年10月  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎   国名:日本国  

  • Kashiwadani H.1, Higa Y.1,2, Sugimura M.2, Kuwaki T.1 .  TRPA1-independent pathway triggers linalool odor-induced analgesia in mice .  44th Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  2021年7月  Japan Neuroscience Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸   国名:日本国  

  • Li M, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Orexinergic transmission suppresses the anxiolytic effects of linalool odor in mice .  第47回 自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京・新宿  

  • Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Descending orexinergic inhibitin via orexin-1 receptors in spinal cord contributes to linalool odor-induced analgesia in mice .  The 42nd Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society  The Japan Neuroscience Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Niigata  

  • Hiroki Harada, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Linalool Exposure SHowed Anxiolytic-like Effects in Mice .  ASA 2018: American Society of Anesthesiologists Annual Meeting  American Society of Anesthesiologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

  • Yurina Higa, Mitsutaka Sugimura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Duration of linalool odor-induced analgesia in mice .  15th International Dental Congress on Anesthesia, Sedation and Pain Control  International Federation of Dental Anesthesia Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nara  

  • 比嘉憂理奈, 杉村光隆, 桑木共之, 柏谷英樹 .  リナロール 誘発性鎮痛の作用持続時間の測定 .  第11回 鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:指宿  

  • Hideki KASHIWADANI .  匂いが情動行動を導く神経回路機構 .  第95回日本生理学会大会  Physiological Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:高松  

  • Hideki KASHIWADANI .  Odor-induced analgesia in mice .  第16回国際シンポジウム「味覚嗅覚の分子神経機構」  Kyushu University, Research and Development Center for Taste and Odor Sensing招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:福岡  

  • 柏谷英樹, 原田浩輝, 上村裕一, 桑木共之 .  リナロール香気に誘発される抗不安効果 .  第68回西日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 柏谷英樹 .  香気誘発性鎮痛と芋焼酎香気 .  第43回日本応用糖質科学会九州支部講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:鹿児島  

  • Ueda H, Suga M, Yagi T, Kusumoto-Yoshida I, Kashiwadani H, Kuwaki T, Miyawaki S .  Salivation and swallowing-like events are induced by vagal afferent activation in anesthetized rats .  94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hamamatsu  

  • Harada H, Kanmura Y, Kuwaki T, Kashiwadani H .  Odorant-X exposure showed anxiolytic effects in mice .  94th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hamamatsu  

  • Inoue E, Kuwaki K, Kashiwadani H .  Application of calibrated forceps for evaluating antinociceptive effect induced by shortacting analgesic in mice .  46th annual meeting of Society for Neuroscience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego  

  • 植田紘貴、菅真有、八木孝和、楠本郁恵、柏谷英樹、桑木共之、宮脇正一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  第67回西日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 井上恵理、田代章悟、山口蘭、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  機械性疼痛に対するOdorant-X香気誘発性鎮痛の効果 .  第67回西日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • Inoue E, Kanmura Y, Kuwaki K, Kashiwadani H .  The endogenous opioid system mediates odorant-X-induced analgesia in mice .  93rd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Sapporo  

  • 井上恵理、上村裕一、加治屋勝子、桑木共之、柏谷英樹 .  香気誘発性鎮痛におけるオピオイド受容体の関与 .  第43回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Sodemi Ishikawa, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Central neuronal circuit underlying odor-induced analgesia in mice .  the 45th annual meeting of Society for Neuroscience  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago  

  • Ran Yamaguchi, Sodemi Ishikawa, Shogo Tashiro, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  The effect of short odor exposure in odorant-X induced analgesia .  the 38th annual meeting of Japan Neuroscience Society 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Ran Yamaguchi, Sodemi Ishikawa, Shogo Tashiro, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Odornat X-induced analgesia is not stress-induced analgesia in mice .  The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Keiichiro Nagata, Shogo Tashiro, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  The analgesic effect of odorant-X is concentration-dependent .  The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  The 92nd Annual Meeting of the Physiological Society of Japan国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

    国際学会

  • Shogo Tashiro, Hideki Kashiwadani, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  The odor-induced antinociceptive effect is mediated by orexin neurons .  IASP 15th World Congress on Pain  IASP 15th World Congress on Pain国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Buenos Aires  

    国際学会

  • 山口蘭、田代章吾、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  視床下部オレキシンニューロンを介した匂い誘発性鎮痛の発現 .  第37回日本神経科学学会  第37回日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Hideki Kashiwadani, Shogo Tashiro, Ran Yamaguchi, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Odor-induced analgesic effect in mice .  9th FENS forum of neuroscience  9th FENS forum of neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Hideki Kashiwdani, Shogo Tashiro, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Odor-induced analgesia in mouse .  The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Shogo Tashiro, Hideki Kashiwadani, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Orexin neurons are involved in antinociceptive effect of olfactory input .  The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan  The 91st Annual Meeting of the Physiological Society of Japan

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン神経は匂い誘発性鎮痛に関与する .  第7回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会  第7回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン神経は嗅覚入力による抗侵害受容作用に関与する .  第41回自律神経生理研究会  第41回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  嗅覚系を介した鎮痛効果 .  鹿児島神経科学研究会第3回研究発表会  鹿児島神経科学研究会第3回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Kashiwadani, H., and Mori, K .  Olfactory cortex pyramidal cells switch the dendritic segment receiving dominant excitatory input for spike generation depending on the brain state in urethane-anesthetized rat .  Society for Neuroscience 41st annual meeting  Society for Neuroscience 41st annual meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Neuronal mechanisms underlying synchronous activity of olfactor cortex neurons associated with olfactory cortex sharp waves .  34th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  34th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Hideki Kashiadani, Shu Kikuta, Kensaku Mori .  Alteration of sharp wave generation after mono-nasal closure in rat .  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Shu Kikuta, Kenichiro Sato, Hideki Kashiwadani, Tatsuya Yamasoba, Kensaku Mori .  Anterior olfactory nucleus pars externa neurons detect the difference in the concentration between ipsi-nostril and contra-nostril inputs .  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Kenichiro Sato, Shu Kikuta, Hideki Kashiawdani, Tatsuya Yamasoba, Kensaku Mori .  Spatial representation of odorant categories for the odor-source localization in the anterior olfactory nucleus pars externa .  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society  33rd annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 菊田周、柏谷英樹、角田晃一、山岨達也、森憲作 .  ラット嗅皮質ニューロンの応答特性に基づいた細胞形態の観察 .  日本鼻科学会  日本鼻科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 菊田周、柏谷英樹、角田晃一、山岨達也、森憲作 .  脳の内部状態に依存しない左右嗅覚入力差分検出に関与する嗅皮質ニューロン .  日本耳鼻咽喉科学会  日本耳鼻咽喉科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 菊田周、柏谷英樹、角田晃一、山岨達也、森憲作 .  匂い源の左右方向感知に関与するラット嗅皮質ニューロン .  日本鼻科学会  日本鼻科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:島根  

    国内学会

  • Hideki Kashiwadani, Shu Kikuta, Kensaku Mori .  Two types of olfactory cortex neurons with different signal processing mode during slow wave state .  32nd annual meeting of the Japan Neuroscience Society  32nd annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Shu Kikuta, Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Three types of bi-nasal interactions in the anterior olfactory nucleus .  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Hiroyuki Manabe, Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Neocortex-independent slow-wave activity in the olfactory cortex: a study with freely behaving rats .  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Hideki Kashiwadani, Hiroyuki Manabe, Kensaku Mori .  Neocortex-independent slow wave activity in the olfactory cortex: a study with urethane anesthetized rats .  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Yusuke Tsuno, Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Cholinergic regulation of granule-to-mitral inhibition in the rat olfactory bulb .  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society  31st annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 菊田周、柏谷英樹、森憲作 .  ラット前嗅核における左右匂い入力の収束の特徴 .  日本耳鼻咽喉科学会  日本耳鼻咽喉科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 柏谷英樹 .  哺乳類の嗅覚中枢神経回路 .  香りに関する産学フォーラム  香りに関する産学フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Kashiwadani, H., Kikuta, S., and Mori, K .  Simultaneous boost up of contra-lateral nasal inputs to neurons in the rat anterior olfactory nucleus after ipsi-lateral nasal obstruction .  Society for Neuroscience 37th annual meeting  Society for Neuroscience 37th annual meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Shu Kikuta, Hideki Kashiwadani, Kimitaka Kaga, Kensaku Mori .  Close co-ordination of binasal inputs in the rat anterior olfactory nucleus .  30th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  30th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Yusuke Tsuno, Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Behavioral state-dependent change of granule-to-mitral inhibition in the rat olfactory bulb .  30th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  30th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 柏谷英樹 .  大脳嗅皮質における左右嗅覚入力の切り替え .  平成19年度生理学研究所研究会「大脳皮質機能単位の神経機構」  平成19年度生理学研究所研究会「大脳皮質機能単位の神経機構」

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Kashiwadani, H., and Mori, K .  Convergence of olfactory and gustatory information in the rat insular cortex .  Society for Neuroscience 36th annual meeting  Society for Neuroscience 36th annual meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Integration of olfactory and oral sensory input in the rat insular cortex .  29th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  29th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Yusuke Tsuno, Hideki Kashiwadani, Kensaku Mori .  Synaptic transmission shows state-dependent change in the urethane-anesthetized rat olfactory bulb .  29th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  29th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Masayoshi Murakami, Hideki Kashiwadani, Yutaka Kirino, Kensaku Mori .  State-dependent sensory gating in olfactory cortex .  第28回日本分子生物学会年会  第28回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kashiwadani, H., Miyata, M., Kawakami Y .  Thalamic PLCb4 modulates nociceptive response induced by peripheral formalin injection in VPL neurons .  Society for Neuroscience 32nd annual meeting  Society for Neuroscience 32nd annual meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • 柏谷英樹 .  哺乳類嗅覚系の、嗅上皮-嗅球における情報処理機構 .  岡崎国立共同研究機構コンファレンス「脳のバイオインフォマティクス―実験系と理論系のギャップは埋められるのか?―」  岡崎国立共同研究機構コンファレンス「脳のバイオインフォマティクス―実験系と理論系のギャップは埋められるのか?―」

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡崎  

    研究会

  • 柏谷英樹、宮田麻里子、川上順子 .  末梢カプサイシン刺激に対する視床ニューロンのスパイク応答はPLCβ4によって修飾される .  第24回日本神経科学大会  第24回日本神経科学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 柏谷英樹 .  匂い刺激による嗅球僧帽細胞の同期的発火活動 .  平成11年度生理学研究所研究会「マルチニューロン活動と脳内情報処理」  平成11年度生理学研究所研究会「マルチニューロン活動と脳内情報処理」

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Hideki Kashiawdani, Yasnory F. Sasaki, Naoshige Uchida, and Kensaku Mori .  Synchronized oscillatory discharges of mitral/tufted cells with overlapping molecular receptive ranges in the rabbit olfactory bulb .  The 21th annual meeting of the Japan Neuroscience Society  The 21th annual meeting of the Japan Neuroscience Society

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 井上 恵理, 田代 章悟, 山口 蘭, 上村 裕一, 桑木 共之, 柏谷 英樹 .  機械性疼痛に対するOdorant-X香気誘発性鎮痛の効果 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

  • Ueda Hirotaka, Suga Mayu, Yagi Takakazu, Kusumoto-Yoshida Ikue, Kashiwadani Hideki, Kuwaki Tomoyuki, Miyawaki Shouichi .  唾液分泌および嚥下反射は迷走神経求心路の活性化により誘発される(Salivation and swallowing-like events are induced by vagal afferent activation in anesthetized rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • Kashiwadani Hideki .  匂い誘導性情動行動および動機付け行動の神経回路機構 生得的行動から習得的行動まで 香気誘発性鎮痛および抗不安作用(Neural circuit mechanisms of odor-guided emotional and motivated behaviors: from innate to learned behaviors Odor-induced analgesia and anxiolytic effects) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • 原田 浩輝, 上村 裕一, 桑木 共之, 柏谷 英樹 .  リナロール香気に誘発される抗不安効果 .  日本生理学雑誌  2018年5月  (一社)日本生理学会

  • Kaneko Tatsuroh, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスの痒みによる掻爬行動に対するにおいによる鎮痒効果(Odor induced anti-pruritic effect on pruritogen-induced scratching behavior in mice) .  The Journal of Physiological Sciences  2020年3月  (一社)日本生理学会

  • Higa Yurina, Sugimura Mitsutaka, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスにおけるリナロール香による鎮痛の持続(Duration of linalool odor-induced analgesia in mice) .  日本歯科麻酔学会雑誌  2018年9月  (一社)日本歯科麻酔学会

  • Higa Yurina, Sugimura Mitsutaka, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスにおけるリナロール臭気誘発性鎮痛への下降性オレキシン作動性疼痛抑制の関与(Descending orexinergic inhibition contributes to the linalool odor-induced analgesia in mice) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • 金子 達朗, 桑木 共之, 柏谷 英樹 .  マウスにおけるリナロールの匂いに誘発される抗そう痒効果(Linalool odor induced anti-pruritic effects in mice) .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • Harada Hiroki, Kanmura Yuichi, Kuwaki Tomoyuki, Kashiwadani Hideki .  マウスにおけるOdorant-Z曝露による抗不安効果(Odorant-Z exposure showed anxiolytic effects in mice) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • 金子 達朗, 柏谷 英樹, 桑木 共之 .  ストレスと中枢自律神経応答 視床下部オレキシン神経は、痛みと痒みを逆方向に制御する .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2022年10月  日本自律神経学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Kashiwadani Hideki, Ueno Sho, Kuwaki Tomoyuki .  Chronic activation of hypothalamic orexin neurons in menopause model mice(タイトル和訳中) .  The Journal of Physiological Sciences  2023年5月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

▼全件表示

受賞

  • 入澤記念JPS優秀論文賞

    2023年3月   日本生理学会  

    金子達朗、桑木共之、柏谷英樹

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 掻痒掻破行動を制御するオレキシン神経系の神経回路機構

    研究課題/領域番号:23K06015  2023年4月 - 2026年3月

    JSPS  科学研究費助成金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • "痛み"認知における,高次視床核を介した大脳皮質シンクロ活動の関与と除痛への応用

    研究課題/領域番号:19K10058  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    倉本 恵梨子, 大野 幸, 後藤 哲哉, 柏谷 英樹, 杉村 光隆

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

    ”痛み”を感じている人の脳では、視床、そして大脳皮質の体性感覚野と島皮質が、特に活発な活動を示す。体性感覚野が司る識別感覚と、島皮質で処理される不快感という、分割された2種類の情報が再び一つに統合されて、”痛み”の認知を生じると考えられているが、そのメカニズムは未だ不明である。本研究では、情報を統合するメカニズムとして、視床核の一つであるPosterior nuclei (PO, 視床後核群)の、特に尾側部のニューロンが、体性感覚野と島皮質の両方に同時に出力し、シンクロ活動を誘発することで、2種類の情報が統合され、”痛み”として認知されるという仮説を検証する。
    初年度は、外傷後有痛性ニューロパチーマウスを作製し、行動解析、形態学的解析、電気生理学的な解析を行う予定であった。しかし、実験計画を少し変更し、次年度以降に必要となる、光遺伝学の実験技術の習得と、実験系のセットアップを先に行うことにした。光遺伝学・行動解析・電気生理学の技術を融合し、全てを同時に解析する実験技術を確立するため、HungaryのProfessor Acsadyと、国際共同研究を立ち上げた。この国際共同研究において、本研究に必要な実験のセットアップをほぼ確立することができた。具体的には、マウスの特定の神経細胞に光活性化チャネルを発現するアデノ随伴ウイルスを感染させ、これを刺激するためのoptic-fiberと、神経活動を記録するための電極の埋入、そして、オンラインでマウスの行動を解析し、特定の行動をしたときに、自動的に光刺激が行われる、closed loop systemを完成させた。

  • リナロール香気の抗不安作用と中枢神経回路基盤の解明

    研究課題/領域番号:17K01988  2017年4月 - 2020年3月

    JSPS  科学研究費補助金  基盤研究(C)

    柏谷英樹、桑木共之

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 運動野からのトップダウン的痛覚抑制機序の解明: 三叉神経痛の治療法開発へ向けて

    2016年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 匂い誘発性鎮痛の中枢神経回路メカニズム

    研究課題/領域番号:26670290  2014年4月 - 2016年3月

    JSPS  科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    柏谷英樹、桑木共之

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 香り誘発性鎮痛の視床下部オレキシンニューロンによる調節

    2013年4月 - 2015年3月

    公益財団法人コスメトロジー研究振興財団  コスメトロジー研究振興財団 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    香り誘発性鎮痛の視床下部オレキシンニューロンによる調節

  • 香り誘発性鎮痛の神経機構

    2013年4月 - 2014年3月

    その他機関  金原一郎記念医学医療振興財団 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    香り誘発性鎮痛の神経機構

  • 嗅覚入力による疼痛制御及び自律神経系制御の神経メカニズム

    2013年4月 - 2014年3月

    その他機関  児玉記念基礎医学研究助成基金 研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    嗅覚入力による疼痛制御及び自律神経系制御の神経メカニズム

  • 島皮質における味覚と嗅覚の統合

    2007年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 睡眠覚醒、空腹満腹状態に依存した嗅覚神経系の情報処理モード変換機構

    2006年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

  • 嗅球僧帽細胞の匂い応答のアセチルコリン性入力による制御

    2004年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 匂い刺激に対する僧帽細胞群の同期発火活動の匂い経験による変化

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 脳における「匂い地図」と「嗅覚記憶」の解析

    2001年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  学術創生研究費

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 生理学実習

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 生理学

    機関名:東京女子医科大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 生理学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 生理学実習

    機関名:東京女子医科大学

  • 生理学

    機関名:東京大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 生理学実習

    機関名:東京大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 出前授業

    役割:講師

    鹿児島県立松陽高等学校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 南日本新聞取材

    役割:取材協力, 情報提供

    南日本新聞社  2016年11月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    種別:新聞・雑誌

メディア報道

  • 朝日新聞取材 新聞・雑誌

    朝日新聞  朝日新聞  2018年11月

  • The New York Times 取材 新聞・雑誌

    The New York Times  The New York Times  2018年10月

  • 南日本新聞取材 新聞・雑誌

    南日本新聞  南日本新聞  2018年10月

  • KKB取材、出演 テレビ・ラジオ番組

    KKB  2016年2月