2021/12/22 更新

写真a

コクシ エミコ
國師 恵美子
KOKUSHI Emiko
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(農学) ( 2011年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 石油汚染

  • 環境保全

  • 魚類の健康

  • 環境保全

  • 生体内代謝

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属海洋資源環境教育研究センター   助教

    2013年5月 - 現在

所属学協会

  • 日本環境毒性学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • BILLAH Md. Masum, KOKUSHI Emiko, UNO Seiichi. .  Metal bioavailability and bioaccumulation in the polychaete Perinereis nuntia: relationship between predictions using chemical analysis and accumulation through actual exposures .  環境毒性学会誌 22 ( 2 ) 41 - 52   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toda K, Uno S, Kokushi E, Shiiba A, Hasunuma H, Matsumoto D, Ohtani M, Yamato O, Shinya U, Wijayagunawardane M, Fink-Gremmels J, Taniguchi M, Takagi M. .  Fructo-Oligosaccharide (DFA III) Feed Supplementation for Mitigation of Mycotoxin Exposure in Cattle-Clinical Evaluation by a Urinary Zearalenone Monitoring System .  Toxins   2018年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/toxins10060223.

  • E. Kokushi, A. Shintoyo, J. Koyama, S. Uno .  Evaluation of 2,4-dichlorophenol exposure of Japanese medaka, Oryzias latipes, using a metabolomics approach .  Environ. Sci. Pollut. Res   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno , Hiroyuki Tanaka , Emiko Kokushi , Eugene T Bacolod , Jiro Koyama .  Distributions of Nitrated Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in the Sediment of Osaka Bay, Japan .  Marine Pollution Bulletin124 ( 2 ) 1014 - 1019   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    DOI: 10.1016/j.marpolbul.2017.02.062

  • Takagi M, Uno S, Kokushi E, Sato F, Wijayagunawardane M, Fink-Gremmels J. .  Measurement of urinary concentrations of the mycotoxins zearalenone and sterigmatocystin as biomarkers of exposure in mares .  Reprod Domest Anim   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uno S, Kokushi E, Kawano M, McElroy AE, Koyama J. .  Toxic evaluations of sediments in Tokyo Bay, Japan, using Japanese medaka embryos. .  Environ Sci Pollut Res Int.   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • M. Kawano, S. Uno , J. Koyama, E. Kokushi, A. McElroy .  Effects of oxygenated polycyclic aromatic hydrocarbons on the early life stages of Japanese medaka .  Environ. Sci. Pollut. Res   2016年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K Ito, S Uno, H Tanaka, S Miki, E Kokushi, M Yamamoto, J Koyama, N C Anasco .  Distribution of parent and alkylated PAHs in bivalves collected from Osaka Bay, Japan. .  Japanese Journal of Environmental Toxicology18   11 - 24   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 河野真知、宇野誠一、國師恵美子、小山次朗 .  ゲンタマイシン腹腔内暴露により腎障害を誘発したコイの血漿中代謝物変動 .  環境毒性学会誌18   25 - 37   2015年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fushimi Y, Takagi M, Monniaux D, Uno S, Kokushi E, Shinya U, Kawashima C, Otoi T, Deguchi E, Fink-Gremmels J. .  Effects of Dietary Contamination by Zearalenone and Its Metabolites on Serum Anti-Müllerian Hormone: Impact on the Reproductive Performance of Breeding Cows. .  Reproduction in domestic animals50 ( 5 ) 834 - 9   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/rda.12599.

  • Kokushi E, Uno S, Pal S, Koyama J .  Effects of chlorpyrifos on the metabolome of the Freshwater Carp, Cyprinus carpio .  Environ Toxicol30 ( 3 ) 253 - 260   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nurulnadia MY, Koyama J, Uno S, Kito A, Kokushi E, Bacolod ET, Ito K, Chuman Y. .  Accumulation of endocrine disrupting chemicals (EDCs) in the polychaete Paraprionospio sp. from the Yodo River mouth, Osaka Bay, Japan. .  Environmental monitoring and assessment.186 ( 3 ) 1453 - 63   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Fushimi, M. Takagi, H. Hasunuma, S. Uno, E. Kokushi, U. Watanabe, J. Liu, M. Marey, A. Miyamoto, T. Otoi, E. Deguchi, and J. Fink-Gremmels .  Application of mycotoxin adsorbent to cattle herd naturally contaminated with zearalenone: Urinary zearalenone excretion and association with anti-Mullerian hormone. .  Word Mycotoxin J.7 ( 3 ) 367 - 378   2014年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  コイ血漿メタボロミクスによるカーバメート系殺虫剤BPMC の有害性評価 .  環境毒性学会誌16 ( 1 ) 1 - 11   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sambuu R, Takagi M, Namula Z, Nii M, Taniguchi M, Uno S, Kokushi E, Tshering C, dos Santos RR, Fink-Gremmels J, Otoi T. .  Effects of long-term in vitro exposure of ejaculated boar sperm to zearalenone and α-zearalenol in sperm liquid storage medium. .  Animal science journal 84 ( 1 ) 28 - 34   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. B. Eugene, S. Uno, H. Tanaka, S. Miki, E. Kokushi, M. Fukunaga, J. Koyama. .  Bioconcentration of waterborne nitroarenes in marbled flounder Pleuronectes yokohamae. .  Jpn. J. Environ. Toxico ( 16 ) 91 - 105   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mohd Yusoff Nurulnadia, Jiro Koyama, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Eugene Tan Bacolod, Kazuki Ito, Yasutaka Chuman .  Bioaccumulation of Dietary Endocrine Disrupting Chemicals (EDCs) by the Polychaete, Perinereis nuntia .  Bull Environ Contam Toxicol91   372 - 376   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Tomohiro Harada, Jiro Koyama .  1H-NMR based Metabolomics Approach to Assess Toxicity of Bunker A Heavy Oil to Freshwater Carp .  Eviron Toxicol27 ( 7 ) 404 - 14   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Hiroyuki Tanaka, Shizuho Miki, Emiko Kokushi, Kazuki Ito, Masataka Yamamoto and Jiro Koyam .  Bioaccumulation of nitroarenes in bivalves at Osaka Bay, Japan .  Marine Pollution Bulletine63 ( 512 ) 477 - 481   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sandipan Pal, Emiko Kokushi,Jiro Koyama,Seiichi Uno, A. R. Ghosh .  Histopathologicalalterations in gill, liver and kidney of common carp exposed to chlorpyrifos .  Journal of Environmental Science and Health, Part B: Pesticides47   180 - 195   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasunuma H., Takagi M., Kawamura O., Taniguchi C., Nakamura M., Chuma T.,Uno S., Kokushi E., Matsumoto D., Tshering C., Deguchi E. and Fink-Gremmels J. .  Natural contamination of dietary rice straw with zearalenone and urinary zearalenone concentrations in a cattle herd .  J Anim Sci90 ( 5 ) 1610 - 6   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • J. Song, K. Nakayama, E. Kokushi, K. Ito, S. Uno, J. Koyama, H. Rahman, Y. Murakami, S. Kitamura .  Effect of heavy oil exposure on antibacterial activity and expression of immune-related genes in Japanese flounder Paralichthys olivaceus .  Environmental Toxicology and Chimistry31 ( 4 ) 828 - 835   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sandipan Pal, Emiko Kokushi, Joseph O.Cheikyula, Jiro Koyama, Seiichi Uno .  Histopathological effects and EROD induction in common carp exposed to dietary heavy oil .  Ecotoxicology and Environmental Safety74   307 - 314   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rentsenkhand Sanbuu, Mitsuhiro Takagi, Satoshi Shiga, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Zhao Namula, Takeshige Otoi, Akio Miyamoto, Eisaburo Deguchi, and Johanna Fink-Gremmels .  Detection of Zearalenone and Its Metabolites in Naturally Contaminated Porcine Follicular Fluid by Using Liquid Chromatography Tandem Mass Spectrometry .  . Reprod. Dev57   303 - 306   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Takagi, S. Uno, E. Kokushi, S. Shiga, S. Mukai, T. Kuriyagawa, K. Takagaki, H. Hasunuma, D. Matsumoto, K. Okamoto, F. Shahada, T. Chenga, E. Deguchi, and J. Fink-Gremmels .  Measurement of urinary zearalenone concentrations for monitoring natural feed contamination in cattle herds - on-farm trials .  J. Anim. Sci.89   287 - 296   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボローム解析を用いた絶食下コイCyprinus carpio L. の血漿中代謝物変動評価 .  日本水産学会誌77 ( 1 ) 75 - 83   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Masayo Murakami, Emiko Kokushi, Jiro Koyama .  Inter-Species Differences in the Accumulation of Tributyltin and its Metabolites under Dietary Exposure in Sea perch, Lateolabrax japonicus, and Red Sea Bream, Pagrus major .  Environ. Toxicol26   29 - 36   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasunuma H., Takagi M., Kawamura O., Taniguchi C., Nakamura M., Chuma T.,Uno S., Kokushi E., Matsumoto D., Tshering C., Deguchi E. and Fink-Gremmels J .  Monitoring Natural Feed Contamination in Beef Cattle by Measurements of Urinary Zearalenone Concentrations after Oral Administration of Mycotoxin Adsorbents as a top Dressing. .  Journal of Applied Animal Research39 ( 3 ) 292 - 295   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Aoi Shintoyo, Emiko Kokushi, Masataka Yamamoto, Kei Nakayama, Jiro Koyama .  Gas chromatography-mass spectrometry for metabolite profiling of Japanese medaka (Oryzias latipes) juveniles exposed to malathion .  Environmental Science and Pollution Research19 ( 7 ) 2595 - 605   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Jiro Koyama, Emiko Kokushi, Harold Monteclaro, Sheryll Santander, J. Orkuma Cheikyula, Shizuho Miki, Nathaniel Anasco, Ida G. Pahila, Hilario S. Taberna Jr., Tatsuro Matsuoka .  Monitoring of PAHs and Alkylated PAHs in Aquatic Organisms after One Month from Solar I Oil Spill off the Coast of Guimaras Island, Philippines .  Environmental Monitoring and Assessment165   501 - 515   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno,Emiko Kokushi,Pahila Ida G.,Jiro Koyama .  Changings of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in Aquatic Organisms and Sediment at Guimaras after Oil Spill .  鹿児島大学水産学部紀要特別号   63 - 66   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 宇野誠一、國師恵美子、小山次朗 .  魚類血漿を用いた有害化学物質の1H-NMRメタボロミクス影響評価 .  環境毒性学会誌11   63 - 67   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Jiro Koyama .  Toxicological Effects of Heavy Oil on Carp by NMR-based Metabolic Profiling of Plasma .  Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry-Biological Responses to Chemical Pollutants, Eds., Y. Murakami, K. Nakayama, S.-I. Kitamura, H. Iwata and S. Tanabe by TERRAPUB   281 - 289   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mitsuhiro Takagi, Shuhei Mukai, Toshiyuki Kuriyagawa, Katsuhito Takagaki, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Takeshige Otoi, Agung Budiyanto, Koumei Shirasuna, Akio Miyamoto, Osamu Kawamura, Koji Okamoto, Eisaburo Deguchi .  Detection of zearalenone and its metabolites in naturally contaminated follicularfluids by using LC/MS/MS and in vitro effects of zearalenone on oocyte maturation in cattle .  Reproductive Toxicology26   164 - 169   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • VIP/PACAPと関連疾患 査読

    宮田篤郎、國師恵美子

    医薬ジャーナル   47 ( 8 )   111 - 115   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • Kokushi E, Shintoyo A, Uno S, Koyama J. .  Evaluation of chlorophenol effects on japanese medaka, Oryzias latipes using metabolomics approach .  SETAC North America 35th Annual Meeting  SETAC North America 35th Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • E. Kokushi, R. Takenouchi, K. Inoue, M. Yamato, Y. Kambe, T. Kurihara, A.Miyata. .  Lysophosphatidylserine promotes the secretion of growth hormone in rat pituitary cells via G protein-coupled receptor .  Satelite symposium of the 20th Annual meeting of The Israel Society for Neuroscience, Basic and Clinical Research of GPCRs  Satelite symposium of the 20th Annual meeting of The Israel Society for Neuroscience, Basic and Clinical Research of GPCRs国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:英語  

    開催地:イスラエル  

    国際学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Koyama J, Handoh IC, Kitamura S-I. .  Transcriptomic and metabolomic changes caused by the effects of single and combined environmental stressors .  International Conference on Environmental OMICS  International Conference on Environmental OMICS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 國師恵美子, 竹ノ内里奈, 大和麻耶, 井上和彦, 神戸悠輝, 栗原崇, 宮田篤郎 .  リゾホスファチジルセリンのラット下垂体由来細胞における成長ホルモン分泌効果に関する研究 .  第39回薬物活性シンポジウム  第39回薬物活性シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Uno S, Nakayama K, Kitamura S-I, Murakami Y, Kokushi E, Shintoyo A, Ito K, Koyama J. .  Toxicity evaluations for individual and mixed exposures of phenanthrene and pyrene in medaka (Oryzias latipes) alevin with metabolomics and transcriptomics .  International Conference on Environmental OMICS  International Conference on Environmental OMICS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 仲山 慶,宇野誠一,國師恵美子,新豊 葵,小山次朗,村上安則,北村真一 .  多環芳香族炭化水素の単独・複合暴露に対する生体応答の解析 .  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 竹ノ内里奈, 國師恵美子, 大和麻耶, 井上和彦, 神戸悠輝, 栗原崇, 宮田篤郎 .  Lysophosphatidylserineはラット下垂体由来細胞において成長ホルモン分泌を促進させる .  第5回 トランスポーター研究会九州部会  第5回 トランスポーター研究会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    研究会

  • 宇野誠一,仲山 慶,北村真一,國師恵美子,新豊 葵,小山次朗 .  PAH類に暴露したヒメダカ稚魚のメタボロームとトランスクリプトームの変動の比較 .  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会  第17回日本環境毒性学会・バイオアッセイ研究会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Uno S, Nakayama K, Nino T, Kokushi E, Koyama J., .  Metabolomics approach to evaluate effects of environmental contaminants in fish .  International Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology  International Symposium on Advanced Studies by Young Scientists on Environmental Pollution and Ecotoxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:愛媛  

    国際学会

  • 宇野誠一,新野竜大,大堀祐司,國師 恵美子,小山次朗 .  メタボロミクスを用いたメダカ(Oryzias latipes)の胚に対するクロロフェノール類の影響評価 .  第20回環境化学討論会  第20回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • S. Uno, A. Shintoyo, E. Kokushi, M. Yamamoto1 and J. Koyama .  METABOLIC PROFILING OF JAPANESE MEDAKA (ORYZIAS LATIPES) EXPOSED TO ORGANOPHOSPHOROUS PESTICIDE USING GAS CHROMATOGRAPHY MASS SPECTROMETRY .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Uno S, Nakayama K, Kokushi E, Shintoyo A, Yamamoto M, Murakami Y, Kitamura SI, Koyama J. .  Toxicity assessment of polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in Japanese medaka (Oryzias latipes) based on metabolomic analyses., .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Shintoyo A, Yamamoto M, Koyama J, Murakami Y, Kitamura SI .  Toxicity assessment of polycyclic aromatic hydrocarbon mixtures in Japanese medaka (Oryzias latipes) based on transcriptomic data .  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)  15th International Symposium on Toxicity Assessment (ISTA15)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • 國師 恵美子,宇野誠一,小山次朗 .  コイ(Cyprinus carpio)の尿を用いたGC/MSメタボロミクスによるクロルピリホスの有害性評価 .  第20回環境化学討論会  第20回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Nakayama K, Uno S, Kokushi E, Handoh IC, Kitamura SI .  Transcriptome and metabolome changes by multiple environmental stressors .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • S. Uno, E. Kokushi, H. Monteclaro, S. Santander, I. G. Pahila, J. Koyama .  Monitoring of oil pollution recovery in shellfish and sediment in Guimaras Island, Philippines after Solar I tanker oil spill .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Masataka Yamamoto, Tatsuhiro Niino, Yuji Ohori, Jiro Koyama, .  Toxicity assessment of dichlorophenols on medaka (Oryzias latipes) embryo by metabolomics approach .  SETAC North America 31st Annual Meeting  SETAC North America 31st Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • 志賀慧、高木光博、宇野誠一、國師恵美子、蓮沼浩、 松本大策、岡本光司、出口栄三郎 .  牛尿中ゼアラレノン濃度を指標とした給与飼料中ゼアラレノン浸潤動態モニター法の確率 .  本産業動物獣医学会  本産業動物獣医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Koyama J., Takenouchi A., Nigaya,S., Murakami M, Kokushi E. and Uno S. .  Bioaccumulation of organotins by fish and rock shell and their effects .  First International Conference on Managing Ecosystem Health of Tropical Seas: Environmental Management in Coastal Ecosystems,  First International Conference on Managing Ecosystem Health of Tropical Seas: Environmental Management in Coastal Ecosystems,国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:マレーシア  

    国際学会

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Jiro Koyama .  Assessment of Effects of Starvation on Freshwater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach .  The 39th Scientific Symposium of UJNR Aquaculture Panel Meeting  The 39th Scientific Symposium of UJNR Aquaculture Panel Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、山元優孝、新豊葵、小山 次朗 .  メダカ稚魚を用いたメタボロミクスによる化学物質影響評価の試み .  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第16回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 伊藤一輝, 宇野誠一, 田中博之, 國師恵美子, 山元優孝, 三木志津帆, 小山次朗 .  大阪湾沿岸域における二枚貝中のアルキル化多環芳香族炭化水素類及び多環芳香族炭化水素類のモニタリング .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 新野 竜大, 宇野 誠一, 國師 恵美子, 山元 優孝, 小安 純子, 大堀 祐司, 斎藤 穂高 .  魚胚に対するエコトキシコメタボロミクスの医薬品環境影響評価への応用 .  第37回日本トキシコロジー学会学術年会  第37回日本トキシコロジー学会学術年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • S. Uno, H. Tanaka, E. Kokushi, K. Ito, M. Yamamoto, J. Koyama .  Monitoring of nitroarenes in bivalves from Osaka Bay, Japan .  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology  6th International Conference on Marine Pollution and Ecotoxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • 宇野誠一、國師恵美子、 小山次朗 .  フィリピンギマラス島における石油流出事故の石油汚染モニタリング-II .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  メタボロミクスによるヒメダカに対する多環芳香族炭化水素類の影響評価 .  第19回環境化学討論会  第19回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Jiro Koyama .  Assessment of Metabolite Variations in Starved Freshwater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach .  TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MARINE POLLUTION AND ECOTOXICOLOGY  TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON MARINE POLLUTION AND ECOTOXICOLOGY国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • . Uno, E. Kokushi, I. G. Pahila, H. S. Taberna Jr., J. Koyam .  Changings of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons in AquaticOrganisms and Sediment at Guimaras after Oil Spill. .  Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • E. Kokushi, S. Uno, J. Koyama .  Assessment of Effects of Starvation on Freswater Carp by 1H-NMR Metabolomics Approach .  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia  International Symposium on the Formation of Research Centre on Control Against Negative Impacts to Coastal Fisheries Resources in Southeast Asia国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Koyama J., Takenouchi A., Nigaya S. Kokushi E. and Uno S .  BIOACCUMULATION OF ORGANOTINS AND IMPOSEX INDUCTION IN ROCK SHELL THAIS CLAVIGERA .  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT,  14th INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON TOXICITY ASSESSMENT,国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、小山 次朗 .  流出油および油処理剤の水産生物に対する影響 .  平成20 年度日本水産学会九州支部大会セミナー  平成20 年度日本水産学会九州支部大会セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボロミクス法を用いた殺虫剤BPMCの魚類に対する有害性評価に関する研究 .  第17回環境化学討論会  第17回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • S. Uno, E. Kokushi, J. Koyama .  Toxicological Effects of Heavy Oil on Carp by NMR-based Metabolic Profiling of Plasma, International Symposium on Biological Responses to Chemical Pollutants .  Toward Establishing an Asian Network of Environmental Toxicology  Toward Establishing an Asian Network of Environmental Toxicology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:英語  

    開催地:愛媛  

    国際学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  淡水魚の尿を用いたメタボロミクスによる環境汚染物質の有害性評価 .  第14回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第14回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • Emiko. Kokushi, Seiichi. Uno, Jiro Koyama .  Metabolomics Approach on the Effects of Heavy Oil to Cyprinus carpio using 1H-NMR spectroscopy .  Seminar on the management of inshore environment and utilization of fisheries resources  Seminar on the management of inshore environment and utilization of fisheries resources国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Jiro Koyama, Seiichi Uno, Emiko Kokushi, Shizuho Miki and Ida Pahila .  Monitoring of oil spill impacts on coastal environment of Guimaras from September 2006 to March 2007 .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Emiko KOKUSHI, Seiichi UNO, Jiro KOYAMA .  Metabolomics Approach on the Effects of Heavy Oil to Cyprinus capio using 1H-NMR spectroscopy .  拠点大学交流事業セミナー  拠点大学交流事業セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 宇野 誠一、國師 恵美子、ANASCO Nathaniel、Moteclaro Harold、Satander Sheryl .  フィリピンギマラス島における石油流出事故の石油汚染モニタリング-I .  第16回環境化学討論会  第16回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 國師恵美子、宇野誠一、小山次朗 .  1H-NMRメタボロミクス法による魚類化学物質影響評価法の研究 .  第16回環境化学討論会  第16回環境化学討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小山次朗・竹之内綾・國師恵美子・二茅早世子・宇野誠一 .  鹿児島湾有機スズ汚染と巻貝インポセックスの経年変化 .  平成19年度日本水産学会春季大会  平成19年度日本水産学会春季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 宇野誠一・小山次朗・國師恵美子・三木志津帆・J.O. Cheikyula .  フィリピンギマラス島重油流出事故の影響評価 .  平成19年度日本水産学会秋季大会  平成19年度日本水産学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 國師恵美子・村上雅代・宇野誠一・小山次朗 .  スズキ及びマダイの有機スズ類蓄積性比較に関する研究 .  第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会  第12回バイオアッセイ研究会・日本環境毒性学会合同研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

▼全件表示