2022/10/20 更新

写真a

ウシカイ ミハル
牛飼 美晴
USHIKAI Miharu
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2015年3月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 衛生学・健康増進医学分野   助教

    2013年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本衛生学会

    2013年12月 - 現在

  • 日本産業衛生学会

    2013年8月 - 現在

  • 日本病態栄養学会

    2013年8月 - 現在

 

論文

  • Ikeda K, Abe M, Masamoto I, Ishii C, Arimura E, Ushikai M, Oketani K, Hashiguchi T, Horiuchi M .  Comparison of dipstick and quantitative tests for proteinuria and hematuria in middle-aged, male Japanese employees: A single-center study. .  Health science reports4 ( 2 ) e267   2021年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/hsr2.267

    Scopus

    PubMed

  • Arimura E, Ushikai M, Horiuchi M. .  Higher branched-chain amino acids and lower serine exist in the plasma of nondiabetic mice: A comparison between high- And low-protein diet conditions .  In Vivo35 ( 3 ) 1555 - 1560   2021年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12410

    Scopus

    PubMed

  • Saheki T, Moriyama M, Kuroda E, Funahashi A, Yasuda I, Setogawa Y, Gao Q, Ushikai M, Furuie S, Yamamura KI, Takano K, Nakamura Y, Eto K, Kadowaki T, Sinasac DS, Furukawa T, Horiuchi M, Tai YH. .  Pivotal role of inter-organ aspartate metabolism for treatment of mitochondrial aspartate-glutamate carrier 2 (citrin) deficiency, based on the mouse model .  Scientific Reports9 ( 1 ) 4179   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-019-39627-y

    Scopus

    PubMed

  • Pulong WP, Ushikai M, Arimura E, Abe M, Kawaguchi H, Horiuchi M. .  Food Intake and Core Body Temperature of Pups and Adults in a db Mouse Line Deficient in the Long Form of the Leptin Receptor without Misty Mutation. .  J Diabetes Res.   9670871   2018年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1155/2018/9670871.

  • Abe M, Kawaguchi H, Miura N, Akioka K, Ushikai M, Oi S, Yukawa A, Yoshikawa T, Izumi H, Horiuchi M. .  Diurnal Variation of Melatonin Concentration in the Cerebrospinal Fluid of Unanesthetized Microminipig. .    32 ( 3 ) 583 - 590   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura E, Okatani H, Araki T, Ushikai M, Nakakuma M, Abe M, Kawaguchi H, Izumi H, Horiuchi M. .  Effects of Diets with Different Proportions of Protein/Carbohydrate on Retinal Manifestations in db Mice. .    32 ( 2 ) 265 - 272   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeishi K, Kawaguchi H, Akioka K, Noguchi M, Arimura E, Abe M, Ushikai M, Okita S, Tanimoto A, Horiuchi M. .  Effects of Dietary and Lighting Conditions on Diurnal Locomotor Activity and Body Temperature in Microminipigs. .    32 ( 1 ) 55 - 62   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arimura E, Okatani H, Araki T, Ushikai M, Nakakuma M, Abe M, Kawaguchi H, Izumi H, Horiuchi M. .  Effects of diets with different proportions of protein/ carbohydrate on retinal manifestations in db mice .    32 ( 2 ) 265 - 272   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.11233

    Scopus

    PubMed

  • 牛飼 美晴, 川口 博明, 阿部 正治, 堀内 正久 .  エタノールの糖尿病病態への影響 レプチン受容体欠損マウスを用いた検討 .  鹿児島大学医学雑誌69 ( 1-3 ) 1 - 8   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学医学会  

    雄性2型糖尿病モデルマウス(dbマウス)とヘテロ接合体マウス(対照マウス)を用いた。対照水群・対照エタノール群・db水群・dbエタノール群の4群に分けた。脳重量は、対照マウスに比べてdbマウスは軽く、エタノール群でさらに軽くなる傾向を示した。心臓重量は、db水群は軽く、dbエタノール詳で重くなる傾向にあった。肝臓重量は、対照マウスでは、2群間(水・エタノール)に差は認めなかった。dbマウスは、2群間(水・エタノール)とも対照マウスに比べて有意に重く、dbエタノール群は、db水群に比べて有意に重かった。腎臓重量は、db群では有意に重く、エタノール群では水群に比べて軽い傾向であった。膵臓重量は、db水群が対照水群に比べて重くなる傾向を示し、dbエタノール群ではdb水群と比べて軽くなる傾向を示した。白色脂肪重量は、dbマウスは、対照マウスよりも有意に重かった。筋肉重量は、db水群に比べてdbエタノール群は重い傾向を示した。エタノールによって、dbマウスの血糖コントロールの悪化がないことが示唆された。肝臓組織1gあたりの中性脂肪、コレステロールは、どちらも対照マウスよりもdbマウスが高かった。

  • Saheki T. .  Oral aversion to dietary sugar, ethanol and glycerol correlates with alterations in specific hepatic metabolites in a mouse model of human citrin deficiency .  Molecular Genetics and Metabolism120 ( 4 ) 306 - 316   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Genetics and Metabolism  

    DOI: 10.1016/j.ymgme.2017.02.004

    Scopus

    PubMed

  • Okita Shinobu, Daitoku Satoshi, Abe Masaharu, Arimura Emi, Setoyama Hitoshi, Koriyama Chihaya, Ushikai Miharu, Kawaguchi Hiroaki, Horiuchi Masahisa .  日本人新人看護師における職業性ストレス感受性の予測因子 予備的研究(Potential predictors of susceptibility to occupational stress in Japanese novice nurses: a pilot study) .  Environmental Health and Preventive Medicine22 ( April ) 1 - 11   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本衛生学会  

    当大学病院の女性新人看護師を対象に、職業性ストレスに対する感受性の潜在的な予測因子を評価した。看護師62名にBrief Job Stress Questionnaireを行い、最終的に42名(年齢21〜24歳)を解析対象とした。全員に健康診断と泌尿器検査を行い、就職時に生活習慣に関する質問票調査を行った。登録から5ヵ月の時点で三つのストレス状態スコアが全て有意に低下し、職業性ストレス状態であることが示唆された。収縮期血圧(r=-0.324、p<0.05)と尿中ナトリウム(r=-0.313、p<0.05)は登録から5ヵ月後のBJSQスコアと有意に負の相関があった。登録後のストレス状態スコアは、1年間の体重変化が±3kg以下および夕食から就寝までが2時間以下の看護師では有意に低かった。尿中ナトリウム、1年間の体重変化、夕食から就寝までの時間は職業性ストレス感受性の予測因子として有望であることが示唆された。

  • Arimura E. .  Deteriorated glucose metabolism with a high-protein, low-carbohydrate diet in db mice, an animal model of type 2 diabetes, might be caused by insufficient insulin secretion .  European Journal of Nutrition56 ( 1 ) 237 - 246   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:European Journal of Nutrition  

    DOI: 10.1007/s00394-015-1075-y

    Scopus

    PubMed

  • Okita S. .  Potential predictors of susceptibility to occupational stress in Japanese novice nurses - A pilot study .  Environmental Health and Preventive Medicine22 ( 1 ) 20   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Environmental Health and Preventive Medicine  

    DOI: 10.1186/s12199-017-0641-8

    Scopus

    PubMed

  • Ushikai M, Horiuchi M, Kobayashi K, Matuda S, Inui A, Takeuchi T, Saheki T. .  Induction of PDK4 in the heart muscle of JVS mice, an animal model of systemic carnitin deficiency, does not appear to reduce glucose utilization by the heart. .  Molecular Genetics and Metabolism102   349 - 355   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ビタミン・バイオファクター総合事典

    日本ビタミン学会(編)( 担当: 分担執筆 ,  範囲: I ビタミン・バイオファクターの基礎 第3章 バイオファクター 3. 8 カルニチン 3. 8. 4 栄養学(欠乏症,過剰症))

    朝倉書店  2021年7月  ( ISBN:978-4-254-10292-5

     詳細を見る

    総ページ数:656   担当ページ:394-396   記述言語:日本語

MISC

  • メンタルヘルスケアに資する栄養学的観点

    堀内 正久, 沖田 信夫, 牛飼 美晴, 有村 恵美, 小牧 祐雅

    産業医学レビュー   32 ( 3 )   181 - 190   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)産業医学振興財団  

    就寝前の食事摂取習慣、長い絶食を伴う不規則な食事など、食事摂取パターンとメンタルヘルス不調との関係について述べた。次いで、ω3系脂肪酸と鉄・ナトリウム、葉酸代謝関連化合物、亜鉛、脂質といった栄養素の摂取量が低下や増加した際のメンタルヘルス悪化状況について概説した。さらに、メンタルヘルス不調の予測指標としての体重変化について述べた。

講演・口頭発表等

  • 有村 恵美, 岡谷 秀明, 荒木 智陽, 川口 博明, 中熊 美和, 阿部 正治, 牛飼 美晴, 和泉 博之, 堀内 正久 .  食事蛋白質量が2型糖尿病網膜症に及ぼす影響 レプチン受容体欠損マウスを用いた検討 .  糖尿病  2017年2月  (一社)日本糖尿病学会

  • 伊瀬 知良, 陳尾 祐介, 内田 光祐, 宇都宮 さおり, 牛飼 美晴, 川口 博明, 堀内 正久 .  薬局薬剤師の産業保健活動への関わりを考える .  産業衛生学雑誌  2019年9月  (公社)日本産業衛生学会

  • 牛飼 美晴, 松元 菜奈, 川口 博明, 阿部 正治, 堀内 正久 .  脂肪酸代謝異常における心臓糖取り込み促進機構の解析 .  日本衛生学雑誌  2018年3月  (一社)日本衛生学会

  • 牛飼 美晴, 松元 菜奈, 堀内 正久 .  脂肪酸代謝異常時の心臓糖取り込み促進について カルニチン欠乏マウスの新規病態解析 .  日本衛生学雑誌  2019年2月  (一社)日本衛生学会

  • 冨宿 小百合, 牛飼 美晴, 小牧 祐雅, 堀内 正久 .  頻回の新規環境負荷に対するマウスの応答性について .  日本衛生学雑誌  2022年3月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牛飼 美晴, 松元 菜奈, 川口 博明, 阿部 正治, 堀内 正久 .  脂肪酸代謝異常における心臓糖取り込み促進機序の解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

  • 牛飼 美晴, 小牧 祐雅, 吉田 剛一郎, 堀内 正久 .  脂肪酸代謝障害におけるストレス脆弱性の解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2021年11月  (公社)日本生化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 阿部 正治, 川口 博明, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久 .  昼行性動物ミニブタにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立 .  日本衛生学雑誌  2018年3月  (一社)日本衛生学会

  • 川口 博明, 阿部 正治, 牛飼 美晴, 大井 紗弓, 柚川 藍色, 吉川 哲也, 和泉 博之, 谷本 昭英, 堀内 正久 .  昼行性動物マイクロミニピッグにおける無麻酔下経時的脳脊髄液採取法の確立 .  日本毒性病理学会講演要旨集  2018年1月  日本毒性病理学会

  • 舟橋 亞希, 佐伯 武頼, 黒田 英志, 安田 いづみ, 瀬戸川 芳子, 高 青華, 牛飼 美晴, 堀内 正久 .  安定同位体を用いたシトリン欠損症モデルマウスのin vivo尿素合成速度の測定 .  日本先天代謝異常学会雑誌  2019年9月  日本先天代謝異常学会

  • 堀内 正久, 池田 加奈子, 牛飼 美晴, 阿部 正治, 川口 博明, 橋元 浩幸 .  一事業所における雇入時健康診断対応からの学び .  産業衛生学雑誌  2018年1月  (公社)日本産業衛生学会

  • 牛飼 美晴, プロンウイジャン・パラランピタ , 阿部 正治, 川口 博明, 有村 恵美, 中熊 美和, 堀内 正久 .  レプチン受容体欠損マウスを用いた時期特異的レプチンシグナル動態の解析 .  日本衛生学雑誌  2017年3月  (一社)日本衛生学会

  • Pralampita Wijang Pulong, Ushikai Miharu, Arimura Emi, Abe Masaharu, Kawaguchi Hiroaki, Horiuchi Masahisa .  レプチン受容体欠損マウスにおける加齢依存的なレプチン情報伝達の変化の分析(Analysis of age-dependent leptin-signaling in the leptin receptor deficient mice) .  糖尿病  2017年4月  (一社)日本糖尿病学会

  • 阿部 正治, 牛飼 美晴, 川口 博明, 堀内 正久 .  メンタルヘルスケアを志向したミニブタ生体リズムへのミネラルの影響 .  産業衛生学雑誌  2018年1月  (公社)日本産業衛生学会

  • 川口 博明, 武石 嘉一朗, 阿部 正治, 有村 恵美, 牛飼 美晴, 堀内 正久 .  ミニブタを用いた食事・光による生体リズムへの影響解析 .  日本衛生学雑誌  2017年3月  (一社)日本衛生学会

  • Miyahara Emiko, Nishikawa Takuro, Ikawa Kazuro, Ushikai Miharu, Kawaguchi Hiroaki, Okamoto Yasuhiro, Morikawa Norifumi, Horiuchi Masahisa, Kawano Yoshifumi .  マウスにおける大量シクロホスファミドの薬物動態及び毒性の評価(Pharmacokinetics and toxicological evaluation of high-dose cyclophosphamide in mice) .  臨床血液  2017年9月  (一社)日本血液学会-東京事務局

  • 堀内 正久, 阿部 正治, 川口 博明, 牛飼 美晴 .  ストレス脆弱性に関与する栄養関連因子のミニブタを用いた解析 .  日本衛生学雑誌  2019年2月  (一社)日本衛生学会

  • 森山 光章, 黒田 英志, 舟橋 亞希, 安田 いづみ, 高 青華, 瀬戸川 芳子, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 佐伯 武頼 .  シトリン欠損症モデルマウス灌流肝を用いたアンモニアからの尿素生成に対する中鎖脂肪酸の効果 .  日本先天代謝異常学会雑誌  2019年9月  日本先天代謝異常学会

  • 寺師 睦美, 黒田 英志, 舟橋 亞希, 瀬戸川 芳子, 安田 いづみ, 高 青華, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 佐伯 武頼 .  シトリン欠損症における高脂肪食は脂質代謝異常症発症を促進するか モデルマウスを用いた検討 .  日本病態栄養学会誌  2020年1月  (一社)日本病態栄養学会

  • 佐伯 武頼, 舟橋 亞希, 黒田 英志, 安田 いづみ, 高 青華, 瀬戸川 芳子, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 森山 光章 .  シトリン欠損症における高アンモニア血症に対するMCTの作用点 .  日本先天代謝異常学会雑誌  2019年9月  日本先天代謝異常学会

  • 牛飼 美晴, 小迫 恵美子, 川口 博明, 阿部 正治, 堀内 正久 .  エタノールの糖尿病病態への影響 レプチン受容体欠損マウスを用いた検討 .  日本衛生学雑誌  2020年3月  (一社)日本衛生学会

  • 牛飼 美晴, Pralampita Pulong, 阿部 正治, 川口 博明, 堀内 正久 .  Dock7変異遺伝子(misty)を有しないレプチン受容体欠損マウスラインを用いた時期特異的レプチンシグナル動態の解析 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 佐伯 武頼, 舟橋 亞希, 黒田 英志, 安田 いづみ, 瀬戸川 芳子, 高 青華, 濱野 桃子, 牛飼 美晴, 堀内 正久, 森山 光章 .  Citrin-KOマウスは肝細胞質高NADH条件下で高アンモニア血症を呈する .  日本先天代謝異常学会雑誌  2018年9月  日本先天代謝異常学会

  • 牛飼 美晴, 小牧 祐雅, 堀内 正久 .  脂肪酸代謝異常症におけるストレス脆弱性の解析 .  日本衛生学雑誌  2022年3月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小牧 祐雅, 牛飼 美晴, 堀内 正久 .  一事業所の、勤労世代における喫煙者に関する現状 .  産業衛生学雑誌  2022年5月  (公社)日本産業衛生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 堀内 正久, 有村 恵美, 牛飼 美晴 .  たんぱく質摂取量の血中アミノ酸への影響 野生型と2型糖尿病モデルマウスでの比較 .  日本衛生学雑誌  2021年3月  (一社)日本衛生学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • カルニチン欠乏マウス雌性不妊:脂肪酸毒性と社会的ストレス脆弱性の関係性に着目して

    2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • カルニチンの持続的投与作用:全身の代謝と中枢神経系におよぼす分子機構

    2019年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 脂肪酸代謝異常病態におけるビタミンB1の果たす役割について

    2018年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • モデルマウスを用いるシトリン欠損症の治療法と発症予防法の開発

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • シトリン欠損症における糖質摂取忌避と食欲低下の機構

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 適正体重維持とストレス応答-脳腸相関、脳脂相関、脂腸相関、三軸からのアプローチ

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

▼全件表示