2021/06/03 更新

写真a

アミタニ ハルカ
網谷 東方
Haruka Amitani
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2014年6月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座   講師

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 呼吸器・ストレスケアセンター   講師

    2003年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本緩和学会

    2013年12月 - 現在

  • 日本神経消化器学会

    2010年9月 - 現在

  • 日本心身医学会

    2009年4月 - 現在

  • 日本心療内科学会

    2009年3月 - 現在

  • 日本精神神経学会

    2008年1月 - 現在

  • 日本内科学会

    2002年12月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Rokot NT, Ataka K, Iwai H, Suzuki H, Tachibe H, Kairupan TS, Cheng KC, Amitani H, Inui A, Asakawa A .  Antagonism for NPY signaling reverses cognitive behavior defects induced by activity-based anorexia in mice. .  Psychoneuroendocrinology126   105133   2021年4月

  • Ogata K, Koyama KI, Fukumoto T, Kawazu S, Kawamoto M, Yamaguchi E, Fuku Y, Amitani M, Amitani H, Sagiyama KI, Inui A, Asakawa A .  The relationship between premorbid intelligence and symptoms of severe anorexia nervosa restricting type. .  International journal of medical sciences18 ( 7 ) 1566 - 1569   2021年

     詳細を見る

  • Kairupan TS, Cheng KC, Asakawa A, Amitani H, Yagi T, Ataka K, Rokot NT, Kapantow NH, Kato I, Inui A .  Rubiscolin-6 activates opioid receptors to enhance glucose uptake in skeletal muscle. .  Journal of food and drug analysis27 ( 1 ) 266 - 274   2019年1月

     詳細を見る

  • Ogata K, Koyama KI, Amitani M, Amitani H, Asakawa A, Inui A .  The Effectiveness of Cognitive Behavioral Therapy With Mindfulness and an Internet Intervention for Obesity: A Case Series. .  Frontiers in nutrition5   56   2018年

     詳細を見る

  • Uto NS, Amitani H, Atobe Y, Sameshima Y, Sakaki M, Rokot N, Ataka K, Amitani M, Inui A .  Herbal Medicine Ninjin'yoeito in the Treatment of Sarcopenia and Frailty. .  Frontiers in nutrition5   126   2018年

     詳細を見る

  • Amitani M, Amitani H, Cheng KC, Kairupan TS, Sameshima N, Shimoshikiryo I, Mizuma K, Rokot NT, Nerome Y, Owaki T, Asakawa A, Inui A .  The Role of Ghrelin and Ghrelin Signaling in Aging. .  International journal of molecular sciences18 ( 7 )   2017年7月

     詳細を見る

  • Fujitsuka N, Asakawa A, Morinaga A, Amitani MS, Amitani H, Katsuura G, Sawada Y, Sudo Y, Uezono Y, Mochiki E, Sakata I, Sakai T, Hanazaki K, Yada T, Yakabi K, Sakuma E, Ueki T, Niijima A, Nakagawa K, Okubo N, Takeda H, Asaka M, Inui A. .  Increased ghrelin signaling prolongs survival in mouse models of human aging through activation of sirtuin1 .  Mol Psychiatry   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Runtuwene J, Cheng KC, Asakawa A, Amitani H, Amitani M, Morinaga A, Takimoto Y, Kairupan BH, Inui A .  Rosmarinic acid ameliorates hyperglycemia and insulin sensitivity in diabetic rats, potentially by modulating the expression of PEPCK and GLUT4 .  Drug Des Devel Ther   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amitani M, Cheng K, Asakawa A, Amitani H, Kairupan TS, Sameshima N, Shimizu T, Hashiguchi T, Inui A. .  Allantoin ameliorates chemically-induced pancreatic β-cell damage through activation of the imidazoline I3 receptors. .  PeerJ.3   e1105   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Haruta I, Fuku Y, Kinoshita K, Yoneda K, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Asakawa A, Sugawara H, Takeda Y, Bowers CY, Inui A .  One-year intranasal application of growth hormone releasing peptide-2 improves body weight and hypoglycemia in a severely emaciated anorexia nervosa patient .  Journal of cachexia, sarcopenia and muscle6   237 - 241   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Runtuwene J, Amitani H, Amitani M, Asakawa A, Cheng KC, Inui A .  Hydrogen-water enhances 5-fluorouracil-induced inhibition of colon cancer .  PeerJ3   e859   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshizaki Y, Kawasaki C, Cheng KC, Ushikai M, Amitani H, Asakawa A, Okutsu K, Sameshima Y, Takamine K, Inui A. .  Rice koji reduced body weight gain, fat accumulation, and blood glucose level in high-fat diet-induced obese mice. .  PeerJ2   e540   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li JB, Nishida M, Kaimoto K, Asakawa A, Chaolu H, Cheng KC, Li YX, Terashi M, Koyama KI, Amitani H, Sakoguchi T, Ushikai M, Ikeda S, Aoyama K, Horiuchi M, Li JZ, Inui A .  Effects of aging on the plasma levels of nesfatin-1 and adiponectin .  Biomed Rep2   152 - 156   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cheng KC, Asakawa A, Li YX, Chung HH, Amitani H, Ueki T, Cheng JT, Inui A .  Silymarin Induces Insulin Resistance through an Increase of Phosphatase and Tensin Homolog in Wistar Rats .  PLoS One9   e84550   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takagi K, Legrand R, Asakawa A, Amitani H, Francois M, Tennoune N, Coeffier M, Claeyssens S, do Rego JC, Dechelotte P, Inui A, Fetissov SO .  Anti-ghrelin immunoglobulins modulate ghrelin stability and its orexigenic effect in obese mice and humans .  Nat Commun4   2685   2013年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li YX, Cheng KC, Asakawa A, Kato I, Sato Y, Amitani H, Kawamura N, Cheng JT, Inui A. .  Role of musclin in the pathogenesis of hypertension in rat. .  PLoS One8   e72004   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amitani H, Asakawa A, Ogiso K, Nakahara T, Ushikai M, Haruta I, Koyama K, Amitani M, Cheng K, Inui A. .  The role of adiponectin multimers in anorexia nervosa. .  Nutrition29   203 - 206   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Amitani H, Asakawa A, Cheng KC, Amitani M, Kaimoto K, Nakano M, Ushikai M, Li Y, Tsai M, Li JB, Terashi M, Chaolu H, Kamimura R, Inui A. .  Hydrogen improves glycemic control in type 1 diabetic animal model by promoting glucose uptake into skeletal muscle. .  PLoS One   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koyama KI, Asakawa A, Nakahara T, Amitani H, Amitani M, Saito M, Taruno Y, Zoshiki T, Cheng KC, Yasuhara D, Inui A. .  Intelligence quotient and cognitive functions in severe restricting-type anorexia nervosa before and after weight gain .  Nutrition28   1132 - 1136   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujitsuka N, Asakawa A, Amitani H, Fujimiya M, Inui A. .  Ghrelin and gastrointestinal movement. .  Methods Enzymol514   289 - 301   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yagi T, Ueda H, Amitani H, Asakawa A, Miyawaki S, Inui A. .  The role of ghrelin, salivary secretions, and dental care in eating disorders. .  Nutrients4   967 - 989   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki H, Asakawa A, Amitani H, Nakamura N, Inui A. .  Cachexia and Herbal Medicine: Perspective. .  Curr Pharm Des18   4865 - 4888   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki H, Asakawa A, Amitani H, Nakamura N, Inui A. .  Ghrelin and cachexia in chronic kidney disease. .  Pediatr Nephrol   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogiso K, Asakawa A, Amitani H, Inui A. .  Ghrelin and anorexia nervosa: A psychosomatic perspective. .  Nutrition27   988 - 993   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki H, Asakawa A, Li JB, Tsai M, Amitani H, Ohinata K, Komai M, Inui A. .  Zinc as an Appetite Stimulator - The Possible Role of Zinc in the Progression of Diseases Such as Cachexia and Sarcopenia. .  Recent Pat Food Nutr Agric.3   226 - 231   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogiso K, Asakawa A, Amitani H, Inui A. .  Ghrelin: a gut hormonal basis of motility regulation and functional dyspepsia. .  J Gastroenterol Hepatol.26   67 - 72   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogiso K, Asakawa A, Amitani H, Nakahara T, Ushikai M, Haruta I, Koyama KI, Amitani M, Harada T, Yasuhara D, Inui A. .  Plasma nesfatin-1 concentrations in restricting-type anorexia nervosa. .  Peptides32   150 - 153   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Plasma klotho levels decrease in both anorexia nervosa and obesity.

    Amitani M, Asakawa A, Amitani H, Kaimoto K, Sameshima N, Koyama KI, Haruta I, Tsai M, Nakahara T, Ushikai M, Cheng KC, Hamada S, Inui A.( 担当: 共著)

    Nutrition  2013年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • がん緩和ケアにおける胸水・腹水管理

    網谷真理恵,小木曽和磨,網谷東方,浅川明弘,乾明夫( 担当: 単著)

    真興交易(株)医書出版部  2010年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 人参養栄湯と蛋白尿

    乾 明夫, 榊 弥香, 網谷 東方, 雑敷 孝博

    Phil漢方   ( 82 )   22 - 23   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカルパブリッシャー  

  • 【認知症を考える】フレイルと認知症

    宇都 奈々美[鮫島], 榊 弥香, 小林 由基, 川元 美穂子, Rokot Natasya, Cheng Kai-Chun, 安宅 弘司, 網谷 東方, 乾 明夫

    精神科   34 ( 4 )   324 - 333   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 医療トレンド 神経性やせ症と初期治療(再栄養)の注意点

    網谷 東方

    Schneller   ( 108 )   13 - 19   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ファルコバイオシステムズ  

  • 【消化器病漢方治療-理論と実践】実践 漢方薬治療の実際 このように治療する 食欲不振 フレイルも含めて

    宇都 奈々美, 安宅 幸司, 網谷 東方, 乾 明夫

    臨床消化器内科   33 ( 11 )   1377 - 1385   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本メディカルセンター  

    <文献概要>食欲不振は消化器疾患でしばしば遭遇する重要な症状であり,体重減少をきたしやすい.基礎疾患の有無の精査後,食事療法,薬物療法が考慮される.食欲不振の第一選択薬は漢方であり,六君子湯,補中益気湯,人参養栄湯などの補剤が考慮される.骨格筋萎縮(サルコペニア)を主徴とする病態には悪液質が挙げられるが,社会の高齢化とともにフレイルが注目されている.フレイルは漢方でいう未病病態に近しく,多成分系を特徴とする漢方は,多様な身体疾患や不安・抑うつ・認知機能の低下など,心身両面の異常を示すフレイルの予防と治療に威力を発揮するものと期待される.本稿では補剤を中心に,その臨床の実際や作用機序・有効成分に関し,エビデンスを基に述べた.

  • 【診断と治療のABC[137]フレイル】(第4章)フレイルの予防と治療 フレイルに対する漢方薬の効果

    宇都 奈々美, 安宅 弘司, 網谷 東方, 乾 明夫

    最新医学   別冊 ( フレイル )   163 - 174   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)最新医学社  

    フレイルは、漢方で言う未病病態に近しく、多成分系を特徴とする漢方は、多様な身体疾患や不安・抑うつ・認知など、心身両面の異常を示すフレイルの予防と治療に威力を発揮するものと期待される。本稿ではフレイル病態に関し、補剤としての人参養栄湯・補中益気湯・六君子湯、補腎剤としての八味(地黄)丸・牛車腎気丸を中心に、柴胡加竜骨牡蠣湯・半夏厚朴湯、抑肝散・抑肝散加陳皮半夏などの臨床効果、作用機序や有効成分を、エビデンスをもとに述べた。(著者抄録)

  • 【漢方と心療内科-フレイルを中心に】高齢者のフレイルに対する人参養栄湯の効果

    森永 明倫, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫

    日本心療内科学会誌   22 ( 1 )   25 - 27   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(NPO)日本心療内科学会  

    超高齢社会を迎えた日本では、高齢者の介護が社会問題となっており、健康寿命を延長し、社会保障費の増加を抑えることは急務である。近年注目されているフレイルは、低栄養・筋肉量低下・認知機能低下などにより生活機能障害をきたし、介護状態に移行する前段階である。フレイルの段階で治療を行い、介護状態への移行を予防することは重要な課題である。われわれは古来よりフレイルに類似する病態に使われてきた人参養栄湯に注目し、フレイルを改善する薬剤と考え、臨床研究を進めている。(著者抄録)

  • 【明日から実践!心療内科アプローチ】実践編 治療に積極的でない患者

    網谷 東方, 網谷 真理恵

    月刊レジデント   10 ( 3 )   60 - 66   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学出版  

  • The translational aspect of complementary and alternative medicine for cancer with particular emphasis on Kampo. 査読

    Amitani M, Amitani H, Sloan RA, Suzuki H, Sameshima N, Asakawa A, Nerome Y, Owaki T, Inui A, Hoshino E.

    Front. Pharmacol.   6   150   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 卒前医学教育における心身医学教育の現状と普及への課題 心身医学教育を卒前教育に導入する際の問題点とその対策 査読

    網谷真理恵, 鮫島奈々美, 網谷東方, 浅川明弘, 乾明夫

    心身医学   55   133 - 139   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 悪液質とサルコぺニア 査読

    網谷真理恵,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    Geriatric Medicine   52   393 - 396   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Control of food intake and muscle wasting in cachexia. 査読

    Amitani M, Asakawa A, Amitani H, Inui A.

    Int J Biochem Cell Biol   45   2179 - 2185   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Cachexiaの新しい治療 査読

    網谷真理恵,網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    栄養-評価と治療   30   45 - 49   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Opioid μ-receptors as new target for insulin resistance 査読

    Cheng KC, Asakawa A, Li YX, Liu IM, Amitani H, Cheng JT, Inui A

    Pharmacol Ther   139   334 - 340   2013年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 心療内科の立場からみるFD診療 査読

    網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    消化器心身医学   20   1 - 5   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Cancer cachexia-pathophysiology and management 査読

    Suzuki H, Asakawa A, Amitani H, Nakamura N, Inui A.

    J Gastroenterol   48   574 - 594   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The role of leptin in the control of insulin-glucose axis. 査読

    Amitani M, Asakawa A, Amitani H, Inui A.

    Front Neurosci   7   51 - 51   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • セロトニンと食欲、摂食 査読

    網谷東方,浅川明弘,乾明夫

    G. I. Research   18   15 - 22   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 摂食コントロール 中枢性・末梢性メカニズム 査読

    鮫島真理恵,網谷東方,乾明夫

    日本消化器病学会   26 - 42   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【栄養管理とリスクマネージメント】1.栄養管理中に遭遇するリスクとその対策(4)神経性食欲不振症 査読

    網谷東方,小木曽和磨,網谷真理恵,浅川明弘,乾明夫

    栄養-評価と治療   27   30 - 35   2010年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【心身症のすべて】心身症の検査と診断 精神生理学的検査 査読

    網谷東方,乾明夫

    からだの科学   254   96 - 99   2007年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 網谷東方,網谷真理恵,森永明倫,浅川明弘,乾明夫 .  悪液質と栄養学 .  第56回日本心身医学会  第56回日本心身医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 網谷東方,網谷真理恵,森永明倫,浅川 明弘,乾明夫 .  神経性食欲不振症および肥満症患者におけるBMI と抗老化ホルモンKlothoの関連 .  第19回日本心療内科学会  第19回日本心療内科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 網谷東方、高木恭仁子、網谷真理恵、浅川明弘、Serguei O. Fetissov、乾明夫 .  肥満者及び肥満マウスにおけるグレリンの摂食促進作用と抗グレリンIgGの関係 .  第35回日本肥満学会  第35回日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 網谷東方,浅川明弘,網谷真理恵,乾明夫 .  神経性食欲不振症から見る摂食調節のメカニズム .  第91回日本生理学会  第91回日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Amitani H, Asakawa A, Amitani M, Cheng KC, Ogiso K, Yoneda K, Inui A .  Association between nesfatin-1 and anorexia nervosa .  7th Cachexia Conference  7th Cachexia Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kobe, Japan  

    国際学会

  • Amitani H, Asakawa A, Amitani M, Cheng KC, Morinaga M, Yoneda K, Inui A .  Association between adiponectin isoforms and anorexia nervosa .  7th Cachexia Conference  7th Cachexia Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Kobe, Japan  

    国際学会

  • 網谷東方 .  水素水の糖尿病における血糖改善に関する新知見 .  第20回日本未病システム学会学術総会  第20回日本未病システム学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 網谷東方,浅川明弘,乾明夫 .  水素は骨格筋へのグルコース取り込みを促進することにより1型糖尿病動物モデルにおける血糖調節を改善する .  第34回日本肥満学会  第34回日本肥満学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Amitani H, Fujitsuka N, Tsai M, Amitani M, Asakawa A, Maejima Y, Yada T, Hattori T, Inui A .  The dual action of the Kampo medicine rikkunshito offers a promising new approach for the treatment of ghrelin resistance in cancer anorexia-cachexia .  Digestive Disease Week and the 109th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association  Digestive Disease Week and the 109th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Orlando, USA  

    国際学会

  • 網谷東方,浅川明弘,乾明夫 .  神経性食欲不振症におけるアディポネクチン3分画の役割 .  第53回日本心身医学会  第53回日本心身医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Amitani H, Asakawa A, Sameshima M, Hayashi M, Fujitsuka N, Inui A .  The role of the 5-HT2c receptor in tumor-induced anorexia and gastrointestinal dysmotility in rats. .  Cachexia conference  Cachexia conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Barcelona, Spain  

    国際学会

  • Amitani H, Asakawa A, Sameshima M, Kojima S, Hayashi M, Fujitsuka N, Inui A .  The role of the 5-HT2c receptor in tumor-induced anorexia and gastrointestinal dysmotility in rats. .  Digestive Disease Week and the 109th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association  Digestive Disease Week and the 109th Annual Meeting of the American Gastroenterological Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:San Diego, USA  

    国際学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 川津 優, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  鹿児島大学における漢方教育カリキュラム評価の取り組み .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 森永 明倫, 浅川 明弘, 網谷 東方, 乾 明夫 .  高齢者のフレイルに対する人参養栄湯の効果 .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 山元 貴子, 浅川 明弘, 川元 美穂子, 田中 康広, 福 祐貴, 向井 美希, 森永 明倫, 網谷 東方, 乾 明夫 .  食事療法・行動療法が著効し、減量に成功した肥満症患者の一例 .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 福 祐貴, 網谷 真理恵, 石神 睦子, 木下 和久, 森永 明倫, 山口 孝二郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  難治性の耳鳴・めまいに対して認知行動療法・漢方治療が有効であった一例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

  • 網谷 真理恵, 緒方 慶三郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  認知行動療法による介入が奏功した摂食障害患者の一例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

  • 川津 優, 福元 崇真, 新牧 恭太, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫, 野添 新一 .  約7年間休職した遷延性うつ病症例の問題分析と治療 .  心身医学  2020年9月  (一社)日本心身医学会

  • 緒方 慶三郎, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  短期行動療法単独で奏功した長期の抜毛症の1例 .  心身医学  2018年7月  (一社)日本心身医学会

  • 水間 喜美子, 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 下敷領 一平, 大脇 哲洋 .  漢方医学教育の評価における360度カメラを使用した映像評価システムの妥当性の検証 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 宇都 奈々美, 山口 孝二郎, 新田 英明, 沖 利通, 浅川 明弘 .  漢方医学教育における模擬患者を用いたシミュレーション試験開発の試み .  日本東洋医学雑誌  2019年6月  (一社)日本東洋医学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 新田 英明, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  漢方医学教育におけるOSCE開発に向けた模擬患者の養成 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 網谷 東方, 網谷 真理恵, 乾 明夫 .  女性医療-痩せと肥満双方のリスクから考える- 空腹系ペプチドから見た女性の痩せ・肥満、フレイルと漢方 .  肥満研究  2019年10月  (一社)日本肥満学会

  • 福 祐貴, 春田 いづみ, 小木曽 和磨, 網谷 東方, 網谷 真理恵, 蔡 明倫, 濱田 聡史, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  低栄養状態で長期に経過した神経性食欲不振症に対する栄養療法中にDICを合併した一例 .  心身医学  2017年4月  (一社)日本心身医学会

  • 福元 崇真, 新牧 恭太, 川津 優, 網谷 東方, 浅川 明弘, 乾 明夫, 野添 新一 .  トラウマ性心身障害の長期経過における心理的アプローチに関する考察 .  心身医学  2020年9月  (一社)日本心身医学会

  • 網谷 東方 .  サイコオンコロジー・緩和医療:がん診療における全人的医療の進展 がん性悪液質における炎症性サイトカインの役割 .  日本心療内科学会誌  2017年11月  (NPO)日本心療内科学会

  • 網谷 真理恵, 山口 孝二郎, 福 祐貴, 網谷 東方, 森永 明倫, 沖 利通, 浅川 明弘, 乾 明夫, 根路銘 安仁, 大脇 哲洋 .  PBL、シミュレーション教育、漢方煎じ体験を組み合わせた漢方医学教育の学習方略と学生の意識について .  医学教育  2017年8月  (一社)日本医学教育学会

▼全件表示