2021/05/27 更新

写真a

マツダ タダヒロ
松田 忠大
Tadahiro Matsuda
所属
法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(法学) ( 2012年5月   早稲田大学 )

  • 修士(法学) ( 1997年9月   早稲田大学 )

  • 学士(法学) ( 1994年3月   早稲田大学 )

研究キーワード

  • 国際取引法

  • 海商法

学歴

  • 早稲田大学   大学院法学研究科博士前期課程   民事法学専攻

    1994年4月 - 1997年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 早稲田大学   法学部

    - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   法文教育学域法文学系 法文学部 法経社会学科   教授

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   法文学部法政策学科   准教授

    2011年4月 - 2013年3月

所属学協会

  • 日本海法学会

    2015年10月 - 現在

  • 国際私法学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本私法学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Tadahiro Matsuda .  The Revision of Commercial Code in 2018 - Focused on the Articles on Collision between Vessels .  Collections of Papers, The 11th East Asia Maritime Law Forum 2018   112 - 127   2018年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Dalian Maritime University Law School  

  • Tadahiro Matsuda .  Reflections of the Amendment of the Code of Civil Procedure on the Maritime Collision Cases in Japan .  Wave Length, The Bulletin of The Japan Shipping Exchange, Inc. ( 58 ) 1 - 12   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tadahiro Matsuda .  Recent Development of Japanese Maritime Law - The Amendment of the Code of Civil Procedure and Its Reflections on the Cases of Collision Between Vessels in Japan - .  The Fifth East Asia Maritime Law Forum Papers Collection, Dalian Maritime University Law School   84 - 90   2012年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 松田忠大 .  船舶衝突より生じた損害賠償請求権の消滅時効の起算点 .  早稲田法学84 ( 1 ) 165 - 182   2008年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  公海上における船舶衝突責任の準拠法と民事裁判管轄権の制限(2) .  海事法研究会誌 ( 191 ) 9 - 18   2006年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  公海上における船舶衝突責任の準拠法と民事裁判管轄権の制限(1) .  海事法研究会誌 ( 190 ) 33 - 42   2006年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  公海上における異国船籍船舶衝突の準拠法等 .  早稲田法学79 ( 1 ) 245 - 259   2003年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  ペンシルヴェニア・ルールとCOGSAの下での立証責任原則―米国第5巡回区における共同海損事案を中心として― .  鹿児島工業高等専門学校研究報告 ( 37 ) 59 - 73   2002年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  海上衝突事件における因果関係の推定―アメリカ海事法研究― .  宇部工業高等専門学校研究報告 ( 46 ) 9 - 18   2000年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 松田忠大 .  定期傭船契約の下での運送人の特定とデマイズ・クローズの有効性 .  宇部工業高等専門学校研究報告 ( 44 ) 11 - 20   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 奄美群島の歴史・文化・社会的多様性

    渡辺芳郎編著( 担当: 共著)

    南方新社  2020年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:259   担当ページ:234-253   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 船舶衝突責任法の課題と展開

    松田忠大( 担当: 単著)

    成文堂  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 船舶衝突の責任原則

    松田忠大( 担当: 共著)

    箱井崇史編著『船舶衝突法』(成文堂)  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 衝突債権の準拠法

    松田忠大( 担当: 共著)

    箱井崇史編著『船舶衝突法』(成文堂)  2012年6月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 現代法学(第2版)

    道廣泰倫、芝田秀幹、野村泰弘、藤井浩二、松田忠大、山下祐志、粟屋剛、山城崇夫( 担当: 共著)

    法律文化社  2002年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 現代法学

    道廣泰倫、粟屋剛、太田周二郎、野村泰弘、藤井浩二、松田忠大、山城崇夫、山田徹彦( 担当: 共著)

    法律文化社  2002年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 理工系学生のための法学概論

    矢崎幸生、佐賀徹哉、岩倉秀樹、鬼柳勝一、渡辺利治、木村友久、松本博文、松田忠大、米山毅一郎、藤澤宏樹、蔦川忠久、相内信、谷口牧子、山尾徳雄( 担当: 共著)

    学術図書出版社  1999年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 中国公証関係法

    松田忠大 張秀娟

    公証法学 ( 48 ) 83 - 115   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本公証法学会  

講演・口頭発表等

  • Tadahiro Matsuda .  Recent Development of Japanese Maritime Law - The Amendment of the Code of Civil Procedure and Its Reflections on the Cases of Collision Between Vessels in Japan - .  The Fifth East Asia Maritime Law Forum  The Fifth East Asia Maritime Law Forum

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Dalian, China  

    国際学会

  • 雨宮正啓・松田忠大 .  船舶衝突法の現状と課題 .  日本海法学会  日本海法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松田忠大 .  英文曳船約款に基づいて発生する被曳船船主の損害賠償債務 .  早稲田大学海法研究所・判例研究会  早稲田大学海法研究所・判例研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 松田忠大 .  船舶衝突より生じた損害賠償請求権の消滅時効の起算点 .  早稲田大学海法研究所・判例研究会  早稲田大学海法研究所・判例研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 松田忠大 .  公海上における異国船籍船舶衝突事件の準拠法と国際民事裁判管轄 .  日本海法学会  日本海法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松田忠大 .  公海上における異国船籍船舶衝突の準拠法等 .  早稲田大学海法・運送法研究会  早稲田大学海法・運送法研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

▼全件表示