2024/03/28 更新

写真a

 
田ノ上 史郎
Shiroh TANOUE
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2011年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 日本多施設共同コホート研究(J-MICC study)

  • IgG4関連疾患

  • 自己免疫性膵炎

  • 膵がん

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 疫学・予防医学講座 講師   講師

    2022年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 消化器疾患・生活習慣病学 講師   講師

    2021年4月 - 2022年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 人間環境学講座 消化器疾患・生活習慣病学   助教

    2019年4月 - 2021年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 消化器センター   助教

    2016年4月 - 2019年3月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療施設 救急部   特任助教

    2015年4月 - 2016年3月

所属学協会

  • 日本疫学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本膵臓学会

  • 日本消化器免疫学会

  • 日本胆道学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本内科学会

  • IgG4関連疾患学会

▼全件表示

留学歴

  • 2013年4月 - 2015年3月   Division of Gastroenterology University of Pennsylvania  

取得資格

  • 専門医

  • 専門医

  • 専門医

  • 認定医

 

論文

  • Tomida S, Koyama T, Ozaki E, Takashima N, Morita M, Sakaguchi K, Naoi Y, Nishida Y, Hara M, Hishida A, Tamura T, Okada R, Kubo Y, Otonari J, Ikezaki H, Nakamura Y, Kusakabe M, Tanoue S, Koriyama C, Koyanagi YN, Ito H, Suzuki S, Otani T, Miyagawa N, Okami Y, Arisawa K, Watanabe T, Kuriki K, Wakai K, Matsuo K .  Seven-plus hours of daily sedentary time and the subsequent risk of breast cancer: Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. .  Cancer science115 ( 2 ) 611 - 622   2024年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1111/cas.16020

    PubMed

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 宮下 圭一, 大堀 純一郎, 山下 勝, 井戸 章雄 .  咽頭表在癌に対する超音波内視鏡検査による Tumor thickness 評価の有用性の検討 : パイロット研究 .  日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会会報127 ( 1 ) 54 - 56   2024年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会  

    DOI: 10.3950/jibiinkotokeibu.127.1_54

  • Miyamoto K, Yasuda T, Akaho T, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Nishimoto D, Miyahara H, Tokushige K, Tanoue S, Koriyama C, Takezaki T .  Association between brown sugar intake and decreased risk of cancer in the Amami islands region, Japan. .  Asia Pacific journal of clinical nutrition32 ( 4 ) 426 - 433   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.6133/apjcn.202312_32(4).0007

    PubMed

  • Sasaki F, Mawatari S, Oda K, Yano H, Maeda H, Tanaka A, Arima S, Kumagai K, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Ido A .  Usefulness of the aldehyde breath test for predicting metachronous recurrence in patients with esophageal squamous cell carcinoma and hypopharyngeal squamous cell carcinoma. .  Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society20 ( 4 ) 749 - 756   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10388-023-01024-w

    PubMed

  • Sasaki Fumisato, Mawatari Seiichi, Oda Kohei, Yano Hiroki, Maeda Hidehito, Tanaka Akihito, Arima Shiho, Kumagai Kotaro, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Kanmura Shuji, Ido Akio .  食道扁平上皮癌および下咽頭扁平上皮癌の患者における異時性再発の予測に対するアルデヒド呼気試験の有用性(Usefulness of the aldehyde breath test for predicting metachronous recurrence in patients with esophageal squamous cell carcinoma and hypopharyngeal squamous cell carcinoma) .  Esophagus20 ( 4 ) 749 - 756   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    アセトアルデヒド呼気試験はアセトアルデヒド脱水素酵素2の遺伝子多型を同定する可能性があるため、食道および下咽頭扁平上皮癌患者における異時性再発を発見する上での有用性を評価した。内視鏡的粘膜下層剥離術を受けた76例の食道および下咽頭扁平上皮癌患者を少なくとも3年間経過観察した。再発が認められなかった症例が52例(非再発群)、認められた症例が24例(再発群)であった。癌発生の危険因子を再発群と非再発群で比較し、アセトアルデヒド-エタノール比を測定した。再発と関連するアセトアルデヒド-エタノール比のカットオフ値を設定し、累積再発率を評価した。単変量解析の結果、再発群では、アセトアルデヒド-エタノール比、1日当たりのアルコール消費量、ルゴール不染帯グレードが非再発群と比較して高かった。受信者動作特性曲線解析を用いた。その結果、アセトアルデヒド-エタノール比のカットオフ値は28.1であった。多変量解析の結果、アセトアルデヒド-エタノール比>28.1およびルゴール不染帯グレードが癌の発生と関連していた。カプランマイヤー法による検討では、アセトアルデヒド-エタノール比≧28.1の症例の再発率が有意に高かった。以上より、アセトアルデヒド呼気試験により求められるアセトアルデヒド-エタノール比が、食道および下咽頭扁平上皮癌患者における内視鏡的粘膜下層剥離術後の異時性再発に対する新規バイオマーカーとなる可能性が示された。

  • Maeda Nobuhisa, Tanoue Shiroh, Fujino Yusuke, Hinokuchi Makoto, Arima Shiho, Sasaki Fumisato, Hashimoto Shinichi, Kanmura Shuji, Higashi Michiyo, Ido Akio .  Focal Type 2 Autoimmune Pancreatitis Mimicking Pancreatic Cancer: Treatment with Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery(タイトル和訳中) .  Internal Medicine62 ( 17 ) 2499 - 2505   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

  • Sakashita T, Nakamura Y, Sutoh Y, Shimizu A, Hachiya T, Otsuka-Yamasaki Y, Takashima N, Kadota A, Miura K, Kita Y, Ikezaki H, Otonari J, Tanaka K, Shimanoe C, Koyama T, Watanabe I, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Hishida A, Tamura T, Kato Y, Okada R, Kuriki K, Katsuura-Kamano S, Watanabe T, Tanoue S, Koriyama C, Oze I, Koyanagi YN, Nakamura Y, Kusakabe M, Nakatochi M, Momozawa Y, Wakai K, Matsuo K .  Comparison of the loci associated with HbA1c and blood glucose levels identified by a genome-wide association study in the Japanese population. .  Diabetology international14 ( 2 ) 188 - 198   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s13340-023-00618-0

    PubMed

  • Sakashita Takuya, Nakamura Yasuyuki, Sutoh Yoichi, Shimizu Atsushi, Hachiya Tsuyoshi, Otsuka-Yamasaki Yayoi, Takashima Naoyuki, Kadota Aya, Miura Katsuyuki, Kita Yoshikuni, Ikezaki Hiroaki, Otonari Jun, Tanaka Keitaro, Shimanoe Chisato, Koyama Teruhide, Watanabe Isao, Suzuki Sadao, Nakagawa-Senda Hiroko, Hishida Asahi, Tamura Takashi, Kato Yasufumi, Okada Rieko, Kuriki Kiyonori, Katsuura-Kamano Sakurako, Watanabe Takeshi, Tanoue Shiroh, Koriyama Chihaya, Oze Isao, Koyanagi Yuriko N., Nakamura Yohko, Kusakabe Miho, Nakatochi Masahiro, Momozawa Yukihide, Wakai Kenji, Matsuo Keitaro .  Comparison of the loci associated with HbA1c and blood glucose levels identified by a genome-wide association study in the Japanese population(タイトル和訳中) .  Diabetology International14 ( 2 ) 188 - 198   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • Hinokuchi Makoto, Hashimoto Shinichi, Kojima Issei, Nakamura Yoshitaka, Fujita Toshihiro, Iwashita Yuji, Arima Shiho, Tanoue Shiroh, Ohtsuka Takao, Ido Akio .  Efficacy and safety of a novel anti-reflux metal stent during neoadjuvant chemotherapy for pancreatic cancer: A prospective multicenter exploratory study(タイトル和訳中) .  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences30 ( 4 ) 532 - 541   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • Iwaya H, Tanimoto A, Toyodome K, Kojima I, Hinokuchi M, Tanoue S, Hashimoto S, Kawahira M, Arima S, Kanmura S, Akahane T, Higashi M, Suzuki S, Ueno S, Ohtsuka T, Ido A .  Next-Generation Sequencing Analysis of Pancreatic Cancer Using Residual Liquid Cytology Specimens from Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Biopsy: A Prospective Comparative Study with Tissue Specimens. .  Diagnostics (Basel, Switzerland)13 ( 6 )   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/diagnostics13061078

    PubMed

  • Fujino Y, Kanmura S, Morinaga Y, Kojima I, Maeda N, Tanaka A, Maeda H, Kumagai K, Sasaki F, Tanoue S, Ido A .  Hepatocyte growth factor ameliorates dextran sodium sulfate‑induced colitis in a mouse model by altering the phenotype of intestinal macrophages. .  Molecular medicine reports27 ( 3 )   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3892/mmr.2023.12957

    PubMed

  • Hashimoto S, Iwashita Y, Taguchi H, Tanoue S, Ohi T, Shibata R, Haraguchi T, Kamikihara Y, Toyodome K, Kojima I, Araki N, Tsuneyoshi K, Nakamura Y, Fujita T, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Kanmura S, Ido A .  Comparison of recurrent biliary obstruction with the use of metal and plastic stents in EUS-guided biliary drainage: A propensity score-matched analysis. .  Endoscopic ultrasound12 ( 1 ) 64 - 73   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.4103/EUS-D-21-00251

    PubMed

  • Maeda N, Tanoue S, Fujino Y, Hinokuchi M, Arima S, Sasaki F, Hashimoto S, Kanmura S, Higashi M, Ido A .  A Case of Focal Type 2 Autoimmune Pancreatitis Mimicking Pancreatic Cancer: Treatment with Neoadjuvant Chemotherapy and Surgery. .  Japanese Journal of Medicineadvpub ( 0 )   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    DOI: 10.2169/internalmedicine.0224-22

    PubMed

  • Kabayama M, Sasaki F, Hidehito M, Fujino Y, Yano H, Tanaka A, Arima S, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Hirade H, Nishiguchi A, Taguchi T, Ido A .  Effects of Sprayable, Highly Adhesive Hydrophobized Gelatin Microparticles on Endoscopic Submucosal Dissection: A Swine Model. .  Digestion104 ( 2 ) 137 - 147   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1159/000526650

    PubMed

  • Kitaoka K, Miura K, Takashima N, Kadota A, Harada A, Nakamura Y, Kita Y, Yano Y, Tamura T, Nagayoshi M, Okada R, Kubo Y, Suzuki S, Nishiyama T, Tanoue S, Koriyama C, Kuriki K, Arisawa K, Katsuura-Kamano S, Nishida Y, Shimanoe C, Ozaki E, Matsui D, Ikezaki H, Otonari J, Oze I, Koyanagi YN, Nakamura Y, Kusakabe M, Wakai K, Matsuo K, J-MICC Research Group .  Association between Dietary Patterns and Serum Low Density Lipoprotein Cholesterol in Japanese Women and Men: The Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study. .  Journal of Atherosclerosis and Thrombosisadvpub ( 0 )   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 日本動脈硬化学会  

    DOI: 10.5551/jat.63675

    PubMed

  • Nishimoto D, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Shibuya K, Tanoue S, Koriyama C, Takezaki T, Oze I, Ito H, Hishida A, Tamura T, Kato Y, Tamada Y, Nishida Y, Shimanoe C, Suzuki S, Nishiyama T, Ozaki E, Tomida S, Kuriki K, Miyagawa N, Kondo K, Arisawa K, Watanabe T, Ikezaki H, Otonari J, Wakai K, Matsuo K .  Association between awareness of limiting food intake and all-cause mortality: A cohort study in Japan. .  Journal of Epidemiologyadvpub ( 0 )   2023年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本疫学会  

    DOI: 10.2188/jea.je20220354

    PubMed

  • Sogawa R, Shimanoe C, Tanaka K, Hara M, Nishida Y, Furukawa T, Nagayoshi M, Hishida A, Kubo Y, Kato Y, Oze I, Ito H, Nakamura Y, Kusakabe M, Tanoue S, Koriyama C, Suzuki S, Otani T, Matsui D, Watanabe I, Kuriki K, Takashima N, Kadota A, Watanabe T, Arisawa K, Ikezaki H, Otonari J, Wakai K, Matsuo K, Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study .  Sex- and age-specific all-cause mortality in insomnia with hypnotics: Findings from Japan multi-institutional Collaborative Cohort Study. .  Sleep medicine100   410 - 418   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.sleep.2022.09.020

    PubMed

  • Hashimoto S, Yamauchi T, Hamada T, Kojima I, Hinokuchi M, Tanoue S, Ido A .  A double-guidewire technique for endoscopic ultrasonography-guided pancreatic drainage after pancreaticoduodenectomy. .  Endoscopy55 ( S 01 ) E270 - E271   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1055/a-1974-9436

    PubMed

  • Yokoyama S, Iwaya H, Akahane T, Hamada T, Higashi M, Hashimoto S, Tanoue S, Ohtsuka T, Ido A, Tanimoto A .  Sequential evaluation of MUC promoter methylation using next-generation sequencing-based custom-made panels in liquid-based cytology specimens of pancreatic cancer. .  Diagnostic cytopathology50 ( 11 ) 499 - 507   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/dc.25022

    PubMed

  • Tanoue S, Kanmura S, Hinokuchi M, Arima S, Sasaki F, Hashimoto S, Ido A .  Role of apoptosis inhibitor of macrophages in patients with IgG4‑related disease/autoimmune pancreatitis and the clinical characteristics associated with this condition. .  Biomedical reports17 ( 4 ) 82   2022年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3892/br.2022.1565

    PubMed

  • Hinokuchi M, Hashimoto S, Kojima I, Nakamura Y, Fujita T, Iwashita Y, Arima S, Tanoue S, Ohtsuka T, Ido A .  Efficacy and safety of a novel anti-reflux metal stent during neoadjuvant chemotherapy for pancreatic cancer: A prospective multicenter exploratory study. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1002/jhbp.1239

    PubMed

  • Maeda Hidehito, Sasaki Fumisato, Kabayama Masayuki, Iwaya Hiromichi, Komaki Yuga, Arima Shiho, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Kanmura Shuji, Miyashita Keiichi, Ohori Junichiro, Yamashita Masaru, Ido Akio .  Efficacy of endoscopic ultrasonography in evaluating tumor thickness in patients with superficial pharyngeal carcinoma: A pilot study(和訳中) .  Auris・Nasus・Larynx49 ( 3 ) 495 - 503   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会  

  • Maeda H, Sasaki F, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Miyashita K, Ohori J, Yamashita M, Ido A .  Efficacy of endoscopic ultrasonography in evaluating tumor thickness in patients with superficial pharyngeal carcinoma: A pilot study. .  Auris, nasus, larynx49 ( 3 ) 495 - 503   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.anl.2021.11.003

    PubMed

  • 橋元 慎一, 柿原 敦子, 児島 一成, 松岡 慧, 荒木 紀匡, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  特集 内視鏡的乳頭切除術まるわかり [各論] EP後の晩期偶発症とその治療 .  消化器内視鏡34 ( 1 ) 109 - 114   2022年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東京医学社  

    DOI: 10.24479/endo.0000000020

  • Komaki Y, Kanmura S, Yutsudo K, Kuwazuru K, Komaki F, Tanaka A, Maeda H, Arima S, Tanoue S, Sasaki F, Hashimoto S, Horiuchi M, Ido A .  Clinical features of obscure gastrointestinal bleeding undergoing capsule endoscopy: A retrospective cohort study. .  PloS one17 ( 3 ) e0265903   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0265903

    PubMed

  • Iwaya H, Kojima I, Hinokuchi M, Hashimoto S, Tanoue S, Kanmura S, Ido A .  Novel biliary stenting with an antireflux system for distal biliary obstruction in a patient with a surgically altered anatomy. .  Endoscopy international open9 ( 10 ) E1561 - E1562   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1055/a-1512-9758

    PubMed

  • Kozono Masaya, Tanoue Shiroh, Kiyama Kanna, Jikuya Kenichi, Kawahira Machiko, Hinokuchi Makoto, Iwaya Hiromichi, Arima Shiho, Hashimoto Shinichi, Hiwatashi Kiyokazu, Fukuda Yoshio, Sakoda Masahiko, Higashi Michiyo, Tokushige Koichi, Ido Akio .  他臓器侵襲を伴わない免疫グロブリンG4関連硬化性腸間膜炎の1例(A case of immunoglobulin G4-related sclerosing mesenteritis without other organ involvement) .  Clinical Journal of Gastroenterology14 ( 5 ) 1411 - 1418   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    症例は64歳男性で、2ヵ月前から臍部周辺の腹痛と毎週4〜5回の水様便を呈して当院を受診した。身体所見では腹部は軟性で軽度圧痛があり、頻回な腸管運動がみられた。また、臨床検査で軽度貧血、CRPの軽度上昇、可溶性IL-2の増加が認められた。腹部超音波検査にて腹腔内に10cm大の腫瘤が検出され、造影CTでは上腸間膜と横行結腸間膜に軟部組織腫瘤を認め、多発性の小結節が腫瘤周囲に存在していた。このほか、MRI検査にてT1強調像で低信号、脂肪抑制T2強調像で軽度高信号を呈する上腸間膜腫瘤が認められた。なお、造影CTでは他臓器侵襲は確認されず、PET-CTは施行しなかった。腹腔鏡アプローチにて病理診断を行ったところ、術中所見では小腸間膜に腫瘍を認め腹膜腫瘤を形成しており可動性に乏しかった。腫瘍末梢側に多数の黄色結節がみられ、術中迅速病理検査で非定型細胞が検出された。組織診では多量のIgG4陽性形質細胞が中隔に観察され、IgG4関連硬化性腸間膜炎を示唆する所見であった。経口ステロイド療法としてプレドニゾロン0.5mg/kgを開始したところ、下痢と腹部症状は急速に改善し、1ヵ月後には完全消失が得られた。治療開始6ヵ月後、症状の再燃や腫瘤の再増殖は認めていない。

  • Yoshimine Haruhito, Tanoue Shiroh, Ibi Yutaro, Minami Masato, Nakahara Mai, Tokunaga Koki, Kanmura Shuji, Ido Akio .  肝細胞増殖因子はマウスモデルにおけるメチルグリオキサール誘発性の腹膜炎と腹膜線維症を改善する(Hepatocyte growth factor ameliorates methylglyoxal-induced peritoneal inflammation and fibrosis in mouse model) .  Clinical and Experimental Nephrology25 ( 9 ) 935 - 943   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:(一社)日本腎臓学会  

    メチルグリオキサール(MGO)誘発性の腹膜線維症(PF)モデルマウスを用いて、腹膜の炎症や線維化に対する肝細胞増殖因子(HGF)治療の有効性を検討した。C57/BL/6J雄マウスに対して、MGOまたはvehicle(生理食塩水)を14日間腹腔内投与し、ヒト遺伝子組換えHGFまたはvehicleを浸透圧ポンプにより投与した。Sham群(vehicle投与のみ)、Sham+MGO群、HGF+MGO群の3群を設定した。MGO投与でPFを伴うsubmesothelial compact zoneの有意な肥厚が認められた。HGF投与により、肥厚は有意に減少し、コラーゲンI、III、α-SMAの発現が抑制された。線維化促進と炎症促進のサイトカイン(TGF-β、TNF-α、IL-1β)の発現は、HGF投与により減少した。マクロファージ数とCD86、CD206、CD163などのM1やM2マクロファージ関連マーカーも、HGF投与で減少した。以上より、HGFは、筋線維芽細胞やマクロファージの浸潤を抑制し、MGO誘発性PFを減弱した。

  • Kozono M, Tanoue S, Kiyama K, Jikuya K, Kawahira M, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Hashimoto S, Hiwatashi K, Fukuda Y, Sakoda M, Higashi M, Tokushige K, Ido A .  A case of immunoglobulin G4-related sclerosing mesenteritis without other organ involvement. .  Clinical journal of gastroenterology14 ( 5 ) 1411 - 1418   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s12328-021-01451-1

    PubMed

  • Hashimoto S, Tanoue S, Fujino Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Ido A .  Endoscopic ultrasonography-guided hybrid rendezvous technique for pancreatic stenting in a patient with pancreatoduodenectomy. .  Endoscopy53 ( 6 ) E213 - E214   2021年6月

     詳細を見る

  • Iwaya H, Fukukura Y, Hashimoto S, Tanoue S, Kawahira M, Hinokuchi M, Fujita T, Komaki Y, Arima S, Sasaki F, Kanmura S, Higashi M, Tamada K, Ido A .  Prognostic significance of extracellular volume fraction with equilibrium contrast-enhanced computed tomography for pancreatic neuroendocrine neoplasms. .  Pancreatology : official journal of the International Association of Pancreatology (IAP) ... [et al.]21 ( 4 ) 779 - 786   2021年6月

     詳細を見る

  • 豊留 孝史郎, 田口 宏樹, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 岩下 祐司, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 永田 祐貴, 畠中 真吾, 東 美智代 .  重複胆嚢管様の胆道走行および胆管線維性ポリープを伴った、副交通胆管枝(communicating accessory bile duct)の1例 .  胆道35 ( 2 ) 188 - 196   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本胆道学会  

    症例は66歳女性.腹部超音波検査で膵頭部嚢胞が疑われ当科を受診した.MRCP,EUSで総胆管および近傍に胆管と思われる管腔構造を認めた.造影EUSでは,胆管内に多血性の低エコー腫瘤を認め,胆管腫瘍の合併も疑われた.胆管造影では,胆管内は隔壁様の構造で隔たれ環状構造を形成しており,副交通胆管枝(communicating accessory bile duct:CABD)と診断した.また,胆嚢管は2本に分岐し,それぞれの胆管に合流し,重複胆嚢管類似の胆道走行を認めた.胆管内には輪郭不整な透亮像を認め,腫瘍生検結果は線維性ポリープであった.亜全胃温存膵頭十二指腸切除術が施行され,術後病理標本では,膵上縁より上流のレベルで重複した胆管上皮を認め,CABDに矛盾しない所見であった.CABDと重複胆嚢管類似の複雑な胆道構造および,胆管線維性ポリープを合併した症例を報告する.(著者抄録)

  • Yoshimine H, Tanoue S, Ibi Y, Minami M, Nakahara M, Tokunaga K, Kanmura S, Ido A .  Hepatocyte growth factor ameliorates methylglyoxal-induced peritoneal inflammation and fibrosis in mouse model. .  Clinical and experimental nephrology25 ( 9 ) 935 - 943   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1007/s10157-021-02067-y

    PubMed

  • Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Komaki Y, Iwaya H, Kumagai K, Mawatari S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Sameshima Y, Ono Y, Ohi H, Ido A .  Increased Gene Copy Number of DEFA1A3 Is Associated With the Severity of Ulcerative Colitis. .  Clinical and translational gastroenterology12 ( 4 ) e00331   2021年4月

  • Hashimoto S, Iwaya H, Tanoue S, Fujino Y, Hinokuchi M, Arima S, Ido A .  Salvage endoscopic ultrasound-guided rendezvous technique for disconnected pancreatic duct syndrome in a patient with severe acute pancreatitis. .  Endoscopy53 ( 4 ) 450 - 451   2021年4月

     詳細を見る

  • Maeda H, Sasaki F, Morinaga Y, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Kanmura S, Nishiguchi A, Taguchi T, Ido A .  Covering Post-Endoscopic Submucosal Dissection Ulcers in Miniature Swine with Hexanoyl (Hx:C6) Group-Modified Alkaline-Treated Gelatin Porous Film (HAG) Induces Proper Healing by Decreasing Inflammation and Fibrosis. .  Digestion102 ( 3 ) 415 - 427   2021年

     詳細を見る

  • Sasaki F, Kanmura S, Oda K, Maeda H, Kabayama M, Iwaya H, Komaki Y, Arima S, Tanoue S, Hashimoto S, Fujita H, Ido A .  Acetaldehyde breath test as a cancer risk marker in patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma. .  PloS one16 ( 5 ) e0251457   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0251457

    PubMed

  • 豊留 孝史郎, 畠中 真吾, 東 美智代, 田口 宏樹, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 岩下 祐司, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 永田 祐貴 .  重複胆嚢管様の胆道走行および胆管線維性ポリープを伴った,副交通胆管枝(communicating accessory bile duct)の1例 .  胆道35 ( 2 ) 188 - 196   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本胆道学会  

    <p>症例は66歳女性.腹部超音波検査で膵頭部嚢胞が疑われ当科を受診した.MRCP,EUSで総胆管および近傍に胆管と思われる管腔構造を認めた.造影EUSでは,胆管内に多血性の低エコー腫瘤を認め,胆管腫瘍の合併も疑われた.胆管造影では,胆管内は隔壁様の構造で隔たれ環状構造を形成しており,副交通胆管枝(communicating accessory bile duct:CABD)と診断した.また,胆嚢管は2本に分岐し,それぞれの胆管に合流し,重複胆嚢管類似の胆道走行を認めた.胆管内には輪郭不整な透亮像を認め,腫瘍生検結果は線維性ポリープであった.亜全胃温存膵頭十二指腸切除術が施行され,術後病理標本では,膵上縁より上流のレベルで重複した胆管上皮を認め,CABDに矛盾しない所見であった.CABDと重複胆嚢管類似の複雑な胆道構造および,胆管線維性ポリープを合併した症例を報告する.</p>

    DOI: 10.11210/tando.35.188

  • 矢野 弘樹, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  膵体部癌との鑑別に難渋し、切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本膵臓学会  

    症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.(著者抄録)

  • Tanaka A, Kanmura S, Morinaga Y, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Takeshita M, Takeda S, Ido A .  Oral administration of Lactobacillus plantarum 06CC2 prevents experimental colitis in mice via an anti‑inflammatory response. .  Molecular medicine reports21 ( 3 ) 1181 - 1191   2020年3月

     詳細を見る

  • Kamikihara Y, Tanoue S, Kawahira M, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Hashimoto S, Kanmura S, Higashi M, Gejima K, Ido A .  A case of gallbladder neuroendocrine carcinoma diagnosed preoperatively using somatostatin receptor scintigraphy. .  Oncology letters19 ( 1 ) 247 - 254   2020年1月

     詳細を見る

  • 矢野 弘樹, 井戸 章雄, 橋元 慎一, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代 .  膵体部癌との鑑別に難渋し,切除標本により診断し得た2型自己免疫性膵炎の1例 .  膵臓35 ( 5 ) 447 - 454   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本膵臓学会  

    <p>症例は46歳女性.心窩部痛,嘔気を主訴に受診した.膵酵素の上昇を認め,急性膵炎の診断で保存的に加療された.画像所見で膵体尾部実質の不均一な造影効果と尾側膵管の拡張を認め,膵腫瘍が疑われた.EUS-FNAにおける組織診断で確定診断が得られなかったが,膵体部癌の可能性が否定できず,手術治療を行った.切除標本にて特徴的な組織所見を示し,2型自己免疫性膵炎の診断に至った.</p>

    DOI: 10.2958/suizo.35.447

  • Kanmura S, Tanaka A, Yutsudou K, Kuwazuru K, Komaki F, Komaki Y, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Significance of Linked Color Imaging for Predicting the Risk of Clinical Relapse in Ulcerative Colitis. .  Gastroenterology research and practice2020   3108690   2020年

     詳細を見る

  • Nishikoba N, Kumagai K, Kanmura S, Nakamura Y, Ono M, Eguchi H, Kamibayashiyama T, Oda K, Mawatari S, Tanoue S, Hashimoto S, Tsubouchi H, Ido A .  HGF-MET Signaling Shifts M1 Macrophages Toward an M2-Like Phenotype Through PI3K-Mediated Induction of Arginase-1 Expression. .  Frontiers in immunology11   2135   2020年

     詳細を見る

  • Hiraishi N, Kanmura S, Oda K, Arima S, Kumagai K, Mawatari S, Tanoue S, Sasaki F, Hashimoto S, Ido A .  Extract of <i>Lactobacillus plantarum</i> strain 06CC2 induces JNK/p38 MAPK pathway-mediated apoptosis through endoplasmic reticulum stress in Caco2 colorectal cancer cells. .  Biochemistry and biophysics reports20   100691   2019年12月

     詳細を見る

  • 岩下 祐司, 橋元 慎一, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 末吉 和宣 .  内視鏡的・外科的乳頭部切除後に主膵管内再発・癌化をきたした十二指腸乳頭部腺腫の1例 .  胆道33 ( 4 ) 752 - 761   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本胆道学会  

    症例は67歳、男性。2011年11月に前医で十二指腸乳頭部腺腫に対して内視鏡的乳頭部切除術を施行された。病理結果は管状腺腫であった。2012年2月に局所再発をきたし内視鏡的に切除されたが、遺残があり外科的乳頭部切除術が施行された。2013年5月にも局所再発に対し内視鏡的焼灼術が施行された。以後は再発なく経過したが、2015年7月に急性膵炎を契機に主膵管内に再発が疑われ、当科紹介となった。EUSで膵頭部主膵管内に腫瘤を認め、ERP下の膵管口周囲・膵管内生検で腺腫を認めたことから、十二指腸乳頭部腺腫の局所再発・主膵管内進展と診断し、亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を行った。病理組織では膵頭部主膵管内に腺腫腺管の増殖を認め、乳頭部近傍で十二指腸壁及び膵実質への浸潤を呈する浸潤癌に発展していた。乳頭部腺腫局所切除後に再発を繰り返す例では、早期の膵頭十二指腸切除術を考慮する必要があると考えられる。(著者抄録)

  • Komaki Yuga, Kanmura Shuji, Tanaka Akihito, Nakashima Mari, Komaki Fukiko, Iwaya Hiromichi, Arima Shiho, Sasaki Fumisato, Nasu Yuichiro, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Ido Akio .  腸石で誘発された小腸閉塞のため二次性に発症したイレウスに対して経イレウス管コーラ溶解療法は有効である(Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith) .  Internal Medicine58 ( 17 ) 2473 - 2478   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    症例は87歳女性で、アルツハイマー型認知症に罹患していて寝たきりとなっており、介護施設にて全介助状態にあった。発熱と嘔吐出現のため近医に入院し、腸閉塞と診断された。経鼻胃管チューブを留置され保存的に加療されたが症状は改善せず、画像検査にて小腸に腫瘍疑いの陰影が認められたため、当院に転院となった。腹部超音波検査などの所見から腸石、胆石、ベゾアールなどの結石の存在を疑った。腸閉塞解除のため超細径経鼻内視鏡を用いてイレウス管を挿入したが、小腸内に何らかの物質塊が閉塞しており、胃内には少量の毛髪を含む数個の結石を認めた。ベゾアールに起因にした小腸閉塞を疑い手術を勧めたが患者は同意しなかったため、代わりに経イレウス管コーラ溶解療法を施行した。500mLのコカ・コーラ(pH 1.9)を30分かけて注入する処置を1日2回行ったところ、開始翌日には小腸内の物質塊は半減し、6日目には小腸閉塞とイレウスは完全消退して元の病院へ戻った。回収した石で溶解実験を行ったところ、pH 1.9のコカ・コーラ、pH 1.0および2.0の塩酸、pH 2.6の食用酢のいずれにも溶解することが確認された。

  • Kanmura S, Hamamoto H, Tanaka A, Arima S, Sasaki F, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Higashi M, Ido A .  Diagnostic utility of linked color imaging in the evaluation of colonic mucosal inflammation in ulcerative colitis: a pilot study. .  Endoscopy international open7 ( 8 ) E937 - E943   2019年8月

     詳細を見る

  • Kawabata K, Kanmura S, Morinaga Y, Tanaka A, Makino T, Fujita T, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  A high‑fructose diet induces epithelial barrier dysfunction and exacerbates the severity of dextran sulfate sodium‑induced colitis. .  International journal of molecular medicine43 ( 3 ) 1487 - 1496   2019年3月

     詳細を見る

  • 岩下 祐司, 橋元 慎一, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 末吉 和宣 .  内視鏡的・外科的乳頭部切除後に主膵管内再発・癌化をきたした十二指腸乳頭部腺腫の1例 .  胆道33 ( 4 ) 752 - 761   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本胆道学会  

    <p>症例は67歳,男性.2011年11月に前医で十二指腸乳頭部腺腫に対して内視鏡的乳頭部切除術を施行された.病理結果は管状腺腫であった.2012年2月に局所再発をきたし内視鏡的に切除されたが,遺残があり外科的乳頭部切除術が施行された.2013年5月にも局所再発に対し内視鏡的焼灼術が施行された.以後は再発なく経過したが,2015年7月に急性膵炎を契機に主膵管内に再発が疑われ,当科紹介となった.EUSで膵頭部主膵管内に腫瘤を認め,ERP下の膵管口周囲・膵管内生検で腺腫を認めたことから,十二指腸乳頭部腺腫の局所再発・主膵管内進展と診断し,亜全胃温存膵頭十二指腸切除術を行った.病理組織では膵頭部主膵管内に腺腫腺管の増殖を認め,乳頭部近傍で十二指腸壁及び膵実質への浸潤を呈する浸潤癌に発展していた.乳頭部腺腫局所切除後に再発を繰り返す例では,早期の膵頭十二指腸切除術を考慮する必要があると考えられる.</p>

    DOI: 10.11210/tando.33.752

  • Komaki Y, Kanmura S, Sasaki F, Maeda H, Oda K, Arima S, Tanoue S, Nasu Y, Hashimoto S, Mawatari S, Tsubouchi H, Ido A .  Hepatocyte Growth Factor Facilitates Esophageal Mucosal Repair and Inhibits the Submucosal Fibrosis in a Rat Model of Esophageal Ulcer. .  Digestion99 ( 3 ) 227 - 238   2019年

     詳細を見る

  • Fujita T, Hashimoto S, Tanoue S, Tsuneyoshi K, Nakamura Y, Hinokuchi M, Iwaya H, Arima S, Iwashita Y, Sasaki F, Taguchi H, Kanmura S, Ido A .  Factors Associated with the Technical Success of Bilateral Endoscopic Metallic Stenting with Partial Stent-In-Stent Placement in Patients with Malignant Hilar Biliary Obstruction. .  Gastroenterology research and practice2019   5928040   2019年

     詳細を見る

  • Komaki Yuga, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Ido Akio, Kanmura Shuji, Tanaka Akihito, Nakashima Mari, Komaki Fukiko, Iwaya Hiromichi, Arima Shiho, Sasaki Fumisato, Nasu Yuichiro .  Cola Dissolution Therapy via Ileus Tube Was Effective for Ileus Secondary to Small Bowel Obstruction Induced by an Enterolith .  Internal Medicine58 ( 17 ) 2473 - 2478   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>An 87-year-old bedridden woman developed intestinal obstruction caused by an enterolith or bezoar. Since the patient refused surgery, we administered 1,000 mL/day of cola via an ileus tube to dissolve the stone. Occlusion of the small intestine disappeared on day 6. The excreted stones contained calcium phosphate, which is typical of enteroliths. We later confirmed that the retrieved stones could be dissolved in cola (Coca-Cola<sup>®</sup>, pH 1.9) as well as 0.10 and 0.010 mol/L hydrochloric acid (pH 1.0 and 2.0, respectively) and food-grade vinegar (pH 2.6). These findings suggest that the enteroliths were dissolved by an acid-base reaction. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.2745-19

    PubMed

  • 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤, 井戸 章雄 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一財)日本消化器病学会  

    65歳男性。進行胃癌術後3年目に、嘔吐、体重減少が出現した。各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた。(1)壮年層の発症、(2)短い有症状期間、(3)著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし、二次性アカラシアを疑った。原因として胃癌術後再発を疑い、審査腹腔鏡にて確定診断に至った。二次性アカラシアの診断には、Tucker's criteriaが有用であると考えられた。(著者抄録)

  • 樺山 雅之, 井戸 章雄, 佐々木 文郷, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 門野 潤 .  審査腹腔鏡が診断に有用であった胃癌術後再発による二次性アカラシアの1例 .  日本消化器病学会雑誌115 ( 4 ) 394 - 400   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般財団法人 日本消化器病学会  

    <p>65歳男性.進行胃癌術後3年目に,嘔吐,体重減少が出現した.各種検査で食道アカラシア様の所見を認めた.①壮年層の発症,②短い有症状期間,③著明な体重減少を三徴とするTucker's criteriaを満たし,二次性アカラシアを疑った.原因として胃癌術後再発を疑い,審査腹腔鏡にて確定診断に至った.二次性アカラシアの診断には,Tucker's criteriaが有用であると考えられた.</p>

    DOI: 10.11405/nisshoshi.115.394

    PubMed

  • Taguchi H, Kanmura S, Maeda T, Iwaya H, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Ido A .  Helicobacter pylori eradication improves the quality of life regardless of the treatment outcome: A multicenter prospective cohort study. .  Medicine96 ( 52 ) e9507   2017年12月

     詳細を見る

  • Ono Y, Kanmura S, Morinaga Y, Oda K, Kawabata K, Arima S, Sasaki F, Nasu Y, Tanoue S, Hashimoto S, Taguchi H, Uto H, Tsubouchi H, Ido A .  The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn's disease. .  BMC gastroenterology17 ( 1 ) 40   2017年3月

     詳細を見る

▼全件表示

MISC

  • 【Stenting Bible~Renewal~ステントと挿入・留置手技にこだわる!!】動画で見せるステントの経乳頭的挿入手技 胆管・膵管Plastic Stent(Inside Stent含む)留置の基本手技【動画付】

    橋元 慎一, 柴田 隆佑, 小吉 尚裕, 上木原 雄介, 豊留 孝史郎, 濱田 嵩史, 児島 一成, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄

    胆と膵   44 ( 臨増特大 )   1051 - 1058   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    経乳頭的ドレナージは胆膵内視鏡治療で頻繁に施行されるが,plastic stent(PS)留置は,そのもっとも基本的な手技である。PSは,目的・用途により製品が多数あることからドレナージの対象疾患とドレナージすべき領域を想定したうえで,製品を選択されるべきである。留置の際は,ガイドワイヤーにテンションをかけ,胆管狭窄に対し,挿入するステントの軸を意識しながら内視鏡のアップアングルを使用しステントを挿入する。ステントが狭窄部を通過しない場合,ガイドワイヤーを硬めの製品に変更する,一体型ステントではインナーシースにテンションをかけるなどの工夫をする。とくに膵管ステントで多いpusher型ステントでは留置前に狭窄拡張を行ったほうがトラブルは少ない。PS留置は基本的な治療手技であるがゆえ,術者と助手は事前準備および手技に習熟する必要がある。(著者抄録)

  • 【診療ガイドライン改訂のエッセンス-慢性膵炎・胆石症】慢性膵炎の予後、膵癌スクリーニング 慢性膵炎診療ガイドライン2021(改訂第3版)

    保坂 優斗, 蔵原 弘, 田上 聖徳, 大井 秀之, 伊地知 徹也, 山崎 洋一, 川崎 洋太, 中条 哲浩, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 又木 雄弘, 橋元 慎一, 井戸 章雄, 大塚 隆生

    消化器・肝臓内科   11 ( 6 )   675 - 680   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(有)科学評論社  

  • 【内視鏡的乳頭切除術まるわかり】EP後の晩期偶発症とその治療

    橋元 慎一, 柿原 敦子, 児島 一成, 松岡 慧, 荒木 紀匡, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄

    消化器内視鏡   34 ( 1 )   109 - 114   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)東京医学社  

  • 【各施設での胆膵疾患に対する診療科横断的チーム医療】鹿児島大学病院での胆膵疾患に対するチーム医療

    橋元 慎一, 児島 一成, 川平 真知子, 樋之口 真, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 熊谷 雄一, 伊藤 宗一郎, 林 完勇, 福倉 良彦, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   42 ( 5 )   475 - 480   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    鹿児島県は高齢化率が高く、離島を含むため、患者背景や交通事情、地域医療施設の診療体制などに応じたマネージメントが必要となる。胆膵疾患は早急な対応が必要であることも多く、各科情報共有しながら症例に応じた精査加療を行っている。病院の性格上、悪性腫瘍の紹介が多く、事前に方針を確認し、切除症例では術前加療と手術、切除不能症例では化学療法を導入している。当院で決定した方針を基に、中核医療施設に経過観察や治療をお願いしていることから地域の内科・外科医との連携も重要になる。胆膵専門医は少数精鋭であるが、膵癌に対する共同研究を行っており、学術的活動にも力を入れている。地方大学で当院関連の医局員、OBが多く院内外で連携を取りやすいという点が、胆膵診療を行ううえで最大の利点である。(著者抄録)

  • 【IPMN大全】診断 EUS 結節の評価、壁肥厚の意義、併存膵癌の診断

    岩屋 博道, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 川平 真知子, 有馬 志穂, 藤野 悠介, 児島 一成, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 上村 修司, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄

    胆と膵   41 ( 臨増特大 )   1267 - 1274   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:医学図書出版(株)  

    2017年に改訂されたIPMN/MCN国際診療ガイドラインの診療方針選択アルゴリズムにおいて、壁在結節、隔壁肥厚、主膵管径、嚢胞径は重要な悪性化予測因子として位置付けられている。それらを画像で評価するうえで、EUSの果たす役割は大きく、全観察期間において必須のmodalityとなりつつある。壁在結節≧5mmと壁肥厚の所見はIPMNの切除適応を判断する際に幅広く活用されているが、現状においても術後病理結果がlow grade dysplasiaであった症例が少なからず存在するため、悪性化の鑑別についてはさらなる工夫が必要である。近年、IPMN併存膵癌が注目されているが、現行ガイドラインにおける嚢胞サイズに応じた経過観察法はIPMN自体の悪性化に主眼が置かれており、そのため、IPMN併存膵癌を含めたスクリーニング法の構築が今後の課題である。(著者抄録)

講演・口頭発表等

  • 有馬 志穂, 橋元 慎一, 川崎 洋太, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 新地 洋之, 井戸 章雄, 夏越 祥次 .  鹿児島県内外における切除不能膵癌に対するGEM+nab-paclitaxel療法の実態調査 .  膵臓  2018年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 上原 翔平, 佐々木 文郷, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 那須 雄一郎, 重田 浩一朗, 福田 芳生, 中村 義孝, 前田 英仁, 井戸 章雄 .  鹿児島県におけるバレット食道腺癌の10年間の推移を含めた臨床的特徴の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 英仁, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 森内 昭博, 田口 哲志, 井戸 章雄 .  高接着性ゼラチンシートはESD後潰瘍の粘膜下層および固有筋層の炎症、線維性肥厚を抑制する 新規潰瘍被覆剤の非臨床POCの確立 .  Gastroenterological Endoscopy  2018年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • Sasaki Fumisato, Oda Kohei, Arima Shiho, Nasu Yuichiro, Tanoue Shiroh, Hashimoto Shinichi, Kanmura Shuji, Ido Akio .  食道と下咽頭扁平上皮細胞癌患者に対する呼気中の微量のacetaldehyde/ethanol濃度測定(Aldehyde Breath Test)の有用性(Usefulness of Trace Acetaldehyde/Ethanol Measurements in breath (Aldehyde Breath Test) for patients with esophageal and hypopharyngeal squamous cell carcinoma) .  日本食道学会学術集会プログラム・抄録集  2019年6月  (NPO)日本食道学会

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  非切除肝門部悪性胆道狭窄の両葉ドレナージにおける細径デリバリーシステムの有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 田平 悠二, 小牧 祐雅, 古賀 甲菜, 湯通堂 和樹, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 揖宿 敦子, 金蔵 拓郎, 井戸 章雄 .  長期ステロイド投与患者に合併した腸管気腫症にメトロニダゾールが著効した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 豊留 孝史郎, 田口 宏樹, 山内 拓真, 上木原 雄介, 坂江 貴弘, 上野 雄一, 岩屋 博道, 岩下 祐司, 田ノ上 史郎, 永田 祐貴, 橋元 慎一, 東 美智代, 嵜山 敏男, 井戸 章雄 .  重複胆嚢管様の胆道走行および胆管線維性ポリープを伴った、副交通胆管枝(Communicating accessory bile duct)の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 岩下 祐司, 橋元 慎一, 蔵原 弘, 又木 雅弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  術後早期再発を来した若年膵管内乳頭粘液性腺癌の一例 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 大塚 薫行, 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  術後再建腸管の総胆管結石性胆管炎、胆石性膵炎に対しEUS下順行性治療が有用であった一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 恒吉 研吾, 岩屋 博道, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 東 美智代, 井戸 章雄 .  術前診断が困難であった巨大嚢胞変性を伴った膵NETの一例 .  膵臓  2019年6月  (一社)日本膵臓学会

  • 田ノ上 史郎, 樋之口 真, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 田口 弘樹, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  自己免疫性膵炎の長期予後 当科におけるIgG4関連疾患・自己免疫性膵炎ステロイド治療未施行症例の経過の特徴 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 橋元 慎一, 田口 宏樹, 有馬 志穂, 中村 義孝, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 上村 修司, 槐島 健太郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 井戸 章雄 .  膵癌の腹膜播種とEUS-FNAは関連するか?膵手術施行例と播種の有無に関する後方視的検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩屋 博道, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 藤田 俊浩, 川平 真知子, 恒吉 研吾, 岩下 祐司, 樋之口 真, 中村 義孝, 田口 宏樹, 井戸 章雄 .  膵疾患に対する新たな診断法への取り組み 膵神経内分泌腫瘍の画像診断におけるSRSの有用性についての検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 樺山 雅之, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  腹腔内高度癒着症例に対して大腸LECS(Laparoscopy and Endoscopy Cooperative Surgery)を行った2例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 嶋田 淳之介, 豊留 亜衣, 小牧 祐雅, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 小田 耕平, 馬渡 誠一, 田ノ上 史郎, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸重積を契機に発見された回腸異所性膵の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 中島 麻里, 小牧 祐雅, 山科 絵莉子, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 啓仁, 前田 英仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 千堂 一樹, 小野 陽平, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  腸石イレウスに対しイレウス管を介したコーラ溶解療法が著効した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 柿原 敦子, 川平 真知子, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 大井 城一郎, 井戸 章雄 .  脈絡膜転移を契機に診断したBarrett食道腺癌の臨床経過 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 岩下 祐司, 上木原 雄介, 恒吉 研吾, 中村 義孝, 藤田 俊浩, 樋之口 真, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田口 宏樹, 井戸 章雄 .  胆道癌を原因とした肝門部胆管狭窄に対する内視鏡的ラジオ波焼灼術と両葉金属ステント併用治療の探索研究 .  胆道  2020年8月  日本胆道学会

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  胆膵領域における診断と治療の進歩 当科における膵病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)の成績 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  胆膵管狭窄に挑む-診断・治療の最前線 当科における非切除肝門部悪性胆道狭窄に対する両葉ドレナージの治療戦略 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  胆膵疾患に対する内視鏡的intervention さまざまな良性疾患に対するInterventional EUSの経験 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 岩屋 博道, 橋元 慎一, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 藤田 俊浩, 川平 真知子, 恒吉 研吾, 岩下 祐司, 樋之口 真, 田口 宏樹, 井戸 章雄 .  胆膵内視鏡・腹腔鏡低侵襲治療および合併症 胆膵内視鏡を用いた術後再建腸管の胆管結石に対する治療成績の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 井上 和彦, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD症例における同時性・異時性多発胃腫瘍(腺腫・癌)の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 藤野 悠介, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胃ESD後出血の加療に難渋し、血小板機能異常が疑われた一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 森内 昭博, 坪内 博仁, 井戸 章雄 .  肝細胞増殖因子は、ラット食道粘膜傷害モデルにおいて食道粘膜修復を促進し、狭窄を抑制する .  日本消化器病学会雑誌  2018年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 山内 拓真, 樺山 雅之, 前田 英仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 才原 哲史, 井戸 章雄 .  経時的変化が追えた胃底腺型胃癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 小牧 祐雅, 上村 修司, 桑水流 康介, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  粘膜治癒を目指した炎症性腸疾患治療の新たな展開と今後の課題 当科における小児期発症潰瘍性大腸炎の現状 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 古賀 甲菜, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 樺山 雅之, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 田辺 寛, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 又木 雄弘, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  策状物の関与が疑われた狭窄型虚血性小腸炎の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 濱元 ひとみ, 上村 修司, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎の内視鏡的活動性評価における内視鏡画像強調システムLinked Color Imaging(LCI)の有用性 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 川平 真知子, 有馬 志穂, 中澤 潤一, 川平 正博, 恒吉 研吾, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  消化器癌に対する集学的治療 切除不能膵癌に対する化学療法の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 軸屋 賢一, 橋元 慎一, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  消化器内視鏡治療における偶発症の治療戦略 超音波内視鏡ガイド下胆道ドレナージ術の偶発症とその対策 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年6月  日本消化器病学会-九州支部

  • 軸屋 賢一, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 矢野 弘樹, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  放射線化学療法後の食道表在癌再発病変に対するsalvage ESDの安全性・有用性の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 岩下 祐司, 橋元 慎一, 恒吉 研吾, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 瀬之口 輝寿, 中山 博史, 堀 剛, 井戸 章雄 .  慢性膵炎に合併した仮性動脈瘤破裂の臨床経過の検討 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 柴田 隆佑, 藤田 俊浩, 宮之前 優香, 田平 悠二, 前田 将久, 福森 光, 青崎 眞一郎, 嵜山 敏男, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  急速な経過をたどった回盲部原発神経内分泌癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  当院におけるEUS-FNAを施行した膵IPMN症例の検討 .  日本消化器がん検診学会雑誌  2017年9月  (一社)日本消化器がん検診学会

  • 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  当院におけるEUS-FNAを施行した膵IPMN症例の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  当院におけるEUS-FNAを施行した膵IPMN症例の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年9月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  当院におけるEUS-FNAを施行した膵IPMN症例の検討 .  肝臓  2017年9月  (一社)日本肝臓学会

  • 樺山 雅之, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 佐々木 文郷, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 田中 哲仁, 藤田 俊浩, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科における胃ESDの後出血に関する危険因子の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年11月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  当科におけるMM/SM1食道扁平上皮癌に対する内視鏡治療後の成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESD前の局注有無による線維化および手技難度への影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2020年8月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 佐々木 文郷, 前田 拓郎, 那須 雄一郎, 前田 英仁, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESDにおけるPocket Creation Methodは高度線維化を有する病変に有用である .  日本消化器病学会雑誌  2017年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 岩下 祐司, 田ノ上 史郎, 恒吉 研吾, 岩屋 博道, 橋元 慎一, 堀 剛, 末吉 和宣, 濱田 信男, 井戸 章雄 .  多数のIgG4陽性細胞を伴ったアルコール性慢性膵炎の1例 .  膵臓  2020年7月  (一社)日本膵臓学会

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 樺山 雅之, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  喉頭軟骨上に存在する咽喉頭表在癌に対するESDの工夫 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年5月  日本消化器病学会-九州支部

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2018年10月  (一財)日本消化器病学会

  • 佐々木 文郷, 小田 耕平, 有馬 志穂, 那須 雄一郎, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 藤田 浩, 井戸 章雄 .  咽頭癌・食道癌ESD患者における呼気中微量アセトアルデヒド/エタノール測定の有用性の検討 .  日本消化器病学会雑誌  2019年3月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡的切除及び腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS:laparoscopic-endoscopic cooperative surgery)の有用性 .  日本消化器病学会雑誌  2017年9月  (一財)日本消化器病学会

  • 那須 雄一郎, 佐々木 文郷, 藤野 悠介, 佐久間 真友子, 濱元 ひとみ, 前田 英仁, 樋之口 真, 前田 拓郎, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸非乳頭部腫瘍に対する内視鏡治療(EMR/ESD)と腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)の検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2017年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

  • 前田 将久, 前田 英仁, 那須 雄一郎, 樺山 雅之, 恒吉 研吾, 川平 真知子, 井上 和彦, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  十二指腸神経内分泌腫瘍に多発性の腹腔内リンパ節腫大を合併し、治療方針の決定に苦慮した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  十二指腸副乳頭に生じた神経内分泌腫瘍の二切除例 .  胆道  2019年10月  日本胆道学会

  • 有馬 志穂, 橋元 慎一, 川崎 洋太, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 前村 公成, 新地 洋之, 井戸 章雄, 夏越 祥次 .  切除不能進行膵癌に対する二次治療としてのGEM+nab-paclitaxel療法 .  膵臓  2017年5月  (一社)日本膵臓学会

  • 仮屋 遥香, 藤野 悠介, 上原 翔平, 湯通堂 和樹, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 矢野 弘樹, 田中 啓仁, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 有上 貴明, 夏越 祥次, 井戸 章雄 .  リンパ節転移を認めた多発性胃神経内分泌腫瘍の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 吉嶺 陽仁, 田ノ上 史郎, 南 真人, 徳永 公紀, 井戸 章雄 .  hepatocyte growth factorはマウスモデルの腹膜線維化を抑制する .  日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • 重田 早紀子, 藤野 悠介, 児島 一成, 樺山 雅之, 川平 真知子, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  EUS-FNA施行1週間後に後出血を認めた膵尾部癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 福迫 哲史, 藤田 浩, 篠原 宏樹, 湯通堂 和樹, 軸屋 賢一, 花田 法久, 猪狩 洋介, 菰原 義弘, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  EUS-FNAにより確定診断した膵悪性リンパ腫の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2018年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 田平 悠二, 藤田 俊浩, 宮之前 優香, 前田 将久, 柴田 隆佑, 福森 光, 青崎 眞一郎, 嵜山 敏男, 樋之口 真, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  disconnected pancreatic duct syndromeによる膵液漏に対し、EUS下ランデブーテクニックが有効であった一例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2020年12月  日本消化器病学会-九州支部

  • 宮田 尚幸, 樋之口 真, 上原 翔平, 川平 真知子, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  Bouveret症候群に対して内視鏡的治療の奏功した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会プログラム・抄録集  2019年11月  日本消化器病学会-九州支部

  • 岩田 大輝, 樋之口 真, 児島 一成, 藤野 悠介, 川平 真知子, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 橋元 慎一, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄 .  長期的な経過をたどった膵粘液癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 山里 侑, 樋之口 真, 柿原 敦子, 児島 一成, 荒木 紀匡, 前田 英仁, 田中 啓仁, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  超音波内視鏡下穿刺吸引細胞診(EUS-FNA)で診断し得た腸間膜神経内分泌腫瘍(NET-G3)の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 市田 泰海, 藤田 俊浩, 金丸 紗千, 大井 貴之, 柴田 隆佑, 福森 光, 青崎 眞一郎, 嵜山 敏男, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  超音波内視鏡下穿刺吸引生検法にて診断しえた重複癌(副腎皮質癌及び原発性腹膜癌)の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大薗 宏輔, 松岡 慧, 柿原 敦子, 児島 一成, 樋之口 真, 前田 英仁, 田中 啓仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  膵頭十二指腸切除後の膵空腸吻合狭窄により発症した膵石症に対し、超音波内視鏡下膵管ドレナージを用い治療し得た一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 児島 一成, 岩屋 博道, 豊留 孝史郎, 川平 真知子, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄 .  膵神経内分泌腫瘍の集学的治療 当院における遠隔転移を有するPanNENに対する集学的治療の現状について .  膵臓  2021年8月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 児島 一成, 橋元 慎一, 豊留 孝史郎, 藤野 悠介, 川平 真知子, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 井戸 章雄 .  膵・消化管領域における診断的EUSとEUS-FNAの現状と展望 膵病変に対する超音波内視鏡下穿刺吸引法におけるFNB針の有用性と安全性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 豊留 孝史郎, 岩屋 博道, 児島 一成, 樋之口 真, 川平 真知子, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  膵・消化管神経内分泌腫瘍の診断・治療の現状と問題点 膵神経内分泌腫瘍の画像診断におけるSRSの有用性についての検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 伊集院 翔, 小田 耕平, 上村 修司, 坂江 遥, 田中 啓仁, 川畑 活人, 小牧 祐雅, 熊谷 公太郎, 馬渡 誠一, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  腸肝相関からみた消化器疾患の病態解明と治療の展開 炎症性腸疾患患者における肝合併症に関する検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 豊留 孝史郎, 岩屋 博道, 児島 一成, 樋之口 真, 川平 真知子, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 東 美智代, 大塚 隆生, 井戸 章雄 .  腫瘍径20mm未満の膵神経内分泌腫瘍の臨床病理学的特徴、治療戦略についての検討 .  膵臓  2021年8月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 上木原 雄介, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 東 美智代, 蔵原 弘, 又木 雄弘, 大塚 隆生 .  胆道鏡で観察し得た胆管濾胞性リンパ腫の1例 .  胆道  2022年9月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 児島 一成, 橋元 慎一, 柿原 敦子, 松岡 慧, 荒木 紀匡, 樋之口 真, 田中 啓仁, 前田 英仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 上村 修司, 井戸 章雄 .  胆膵疾患に対する治療の新たな取り組みと工夫 Pancreatic fluid collectionに対する超音波内視鏡下経消化管的ドレナージ術(EUS-TD)の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2022年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 柴田 隆佑, 藤田 俊浩, 金丸 紗千, 市田 泰海, 大井 貴之, 福森 光, 青崎 眞一郎, 嵜山 敏男, 岩下 祐司, 田ノ上 史郎, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  胆管・膵管ステンティングの現状と展望 超音波内視鏡下胆嚢ドレナージの有用性と安全性の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 荒木 紀匡, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  胆管・膵管ステンティングの現状と展望 当院における胆膵悪性腫瘍術後の再発症例に対する内視鏡治療の現況 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中村 義孝, 岩下 祐司, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一 .  胆嚢癌診断における病理学的検査の有用性の検討 .  胆道  2021年8月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱田 嵩史, 田ノ上 史郎, 児島 一成, 樋之口 真, 有馬 志穂, 岩下 祐司, 田口 宏樹, 橋元 慎一, 佐々木 文郷, 上村 修司, 井戸 章雄 .  肝胆膵領域の難治性疾患:診療の現状と問題点 当科における自己免疫性膵炎と発癌リスクに関する検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 柴田 隆佑, 藤田 俊浩, 宮之前 優香, 田平 悠二, 前田 将久, 福森 光, 青崎 眞一郎, 嵜山 敏男, 馬渡 誠一, 豊留 亜衣, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  粘膜下腫瘍の形態を呈し、超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)にて診断しえた進行胃癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 田中 啓仁, 秋元 遥, 森 聡志, 前田 将久, 荒木 紀匡, 藤野 悠介, 小牧 蕗子, 矢野 弘樹, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 佐々木 文郷, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  潰瘍性大腸炎の活動性評価に対するLRGの有用性についての検討 .  Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川平 真知子, 柿原 敦子, 前田 英仁, 田中 啓仁, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 東 美智代, 井戸 章雄 .  消化器領域におけるがん免疫療法の現状と課題 免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象・消化管病変の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2022年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 柿原 敦子, 有馬 志穂, 川平 真知子, 柊元 洋紀, 児島 一成, 荒木 紀匡, 樋之口 真, 前田 英仁, 田中 啓仁, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 徳重 浩一, 井戸 章雄 .  家族性大腸腺腫症(FAP)に合併した原発不明癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 矢野 弘樹, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  大腸ESD前の局注有無による線維化および手技難度への影響 .  Gastroenterological Endoscopy  2021年4月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 橋元 慎一, 岩下 祐司, 田口 宏樹, 上木原 雄介, 児島 一成, 恒吉 研吾, 中村 義孝, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 今給黎 和幸, 井戸 章雄 .  十二指腸狭窄と胆道狭窄に対するEUS-BDと十二指腸ステント併用治療の成績 .  胆道  2021年8月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 竹中 嵩博, 児島 一成, 佐々木 文郷, 樺山 雅之, 藤野 悠介, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡的粘膜切除を施行した腺腫を合併した十二指腸重複症の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 安藤 優之介, 樺山 雅之, 佐々木 文郷, 児島 一成, 藤野 悠介, 川平 真知子, 田中 啓仁, 軸屋 賢一, 樋之口 真, 小牧 祐雅, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 上村 修司, 井戸 章雄 .  内視鏡的に切除し得たバレット食道を背景に発生した食道腺扁平上皮癌の1例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 寺田 朋, 小牧 祐雅, 小牧 蕗子, 田中 啓仁, 岩屋 博道, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 喜多 芳昭, 盛 真一郎, 井戸 章雄 .  全周性回腸狭窄を契機に発見された神経内分泌腫瘍の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年6月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 加城 歩, 小西 宏, 野村 由美子, 久津見 弘, 島田 英昭, 中森 正二, 坪内 博仁, 岩下 祐司, 井戸 章雄, 田ノ上 史郎, 藤田 浩, 坂本 直哉, 桑谷 将城, 野呂 林太郎, 大槻 純男, 奈良 聡, 柴原 孝彦, 高野 正行, 菊池 正二郎, 加藤 真吾, 鵜澤 成一, 落合 大樹, 土田 明彦, 小畑 大輔, 桶谷 薫, 江原 亮子, 武内 恵子, 長島 健悟, 本田 一文 .  リアルワールドエビデンスを支援する「バイオマーカー迅速検証プラットフォーム」について .  日本分子腫瘍マーカー研究会プログラム・講演抄録  2021年9月  日本分子腫瘍マーカー研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 加城 歩, 小西 宏, 野村 由美子, 久津見 弘, 島田 英昭, 中森 正二, 坪内 博仁, 岩下 祐司, 井戸 章雄, 田ノ上 史郎, 藤田 浩, 坂本 直哉, 桑谷 将城, 野呂 林太郎, 大槻 純男, 奈良 聡, 柴原 孝彦, 高野 正行, 菊池 正二郎, 加藤 真吾, 鵜澤 成一, 落合 大樹, 土田 明彦, 小畑 大輔, 桶谷 薫, 江原 亮子, 武内 恵子, 長島 健悟, 本田 一文 .  リアルワールドエビデンスを支援する「バイオマーカー迅速検証プラットフォーム」について .  日本分子腫瘍マーカー研究会誌  2022年  日本分子腫瘍マーカー研究会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 児島 一成, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  Roux-en-Y再建術後の胆管結石に対するバルーン内視鏡の治療成績 .  Gastroenterological Endoscopy  2022年10月  (一社)日本消化器内視鏡学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Hinokuchi Makoto, Hashimoto Shinichi, Iwaya Hiromichi, Kojima Issei, Yamasuji Akihiro, Nakamura Yoshitaka, Hujita Toshihiro, Iwashita Yuji, Tanoue Shiroh, Taguchi Hiroki, Otsuka Takao, Ido Akio .  Outcome of a novel anti-reflux metal stent for biliary drainage during neoadjuvant chemotherapy for pancreatic cancer(和訳中) .  膵臓  2022年9月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 岩下 祐司, 中村 義孝, 岩屋 博道, 田ノ上 史郎, 今給黎 和幸, 橋元 慎一 .  ERCP時に門脈内へのカテーテル誤挿入をきたした1例 .  胆道  2021年8月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 澤 健一, 児島 一成, 柿原 敦子, 松岡 慧, 荒木 紀匡, 樋之口 真, 田中 啓仁, 前田 英仁, 小牧 祐雅, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 佐々木 文郷, 橋元 慎一, 上村 修司, 小吉 尚裕, 恒吉 研吾, 井戸 章雄 .  3b型外傷性膵損傷に対して、EUSガイド下ランデブー法による膵管ステント留置で手術を回避できた1例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2021年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 柴田 隆佑, 柿原 敦子, 川平 真知子, 有馬 志穂, 山内 拓真, 上木原 雄介, 児島 一成, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  進行膵癌に対する集学的治療の現状と課題 切除不能膵癌に対して三次治療以降で施行したFOLFOX療法の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2022年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Hinokuchi Makoto, Hashimoto Shinichi, Iwaya Hiromichi, Kojima Issei, Yamasuji Akihiro, Nakamura Yoshitaka, Hujita Toshihiro, Iwashita Yuji, Tanoue Shiroh, Taguchi Hiroki, Otsuka Takao, Ido Akio .  Outcome of a novel anti-reflux metal stent for biliary drainage during neoadjuvant chemotherapy for pancreatic cancer(タイトル和訳中) .  膵臓  2022年9月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 橋元 慎一, 岩下 祐司, 田口 宏樹, 柴田 隆佑, 上木原 雄介, 児島 一成, 恒吉 研吾, 中村 義孝, 樋之口 真, 藤田 俊浩, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  EUS-HGSにおける金属とプラスティックステントとのRecurrent biliary obstruction解析 傾向スコアによる比較 .  日本消化器病学会雑誌  2022年10月  (一財)日本消化器病学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 小川 樹里, 柴田 隆佑, 柿原 敦子, 有馬 志穂, 上木原 雄介, 児島 一成, 樋之口 真, 田口 宏樹, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  CDDP+5-FU+Pembro療法後、根治的化学放射線療法(CRT)を施行した切除不能局所進行食道癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2022年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩田 大輝, 恒吉 研吾, 松元 琢真, 前田 英仁, 田ノ上 史郎, 藤田 浩, 吉本 健太郎, 菰原 義弘, 井戸 章雄 .  AFP産生早期胃癌の一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2022年12月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 冨永 美佐子, 西 あゆみ, 筧 佳奈子, 奥園 公善, 堂園 茜, 脇田 美樹, 池添 正子, 前田 英仁, 松元 琢真, 岩田 大輝, 恒吉 研吾, 田ノ上 史郎, 藤田 浩, 花田 法久, 佐々木 文郷, 井戸 章雄 .  高齢化の進む地域中核病院における外来大腸内視鏡検査時の転倒への対策 .  日本消化器内視鏡技師会会報  2023年3月  (一社)日本消化器内視鏡技師会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 渋谷 謙一, 指宿 りえ, 高間 辰雄, 新山 修平, 垣花 泰之, 田ノ上 史郎, 郡山 千早, 嶽崎 俊郎 .  一般住民における血清蛋白値と死亡リスクに関する前向き研究 J-MICC研究 .  Journal of Epidemiology  2023年2月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Bakri Saekhol, Muniroh Muflihatul, Gumay Ainun R., Dewantiningrum Julian, Birawa Ariawan D., Mulyono Mulyono, Nugraheni Arwinda, Mastuyama Rika, Athira Nandakumar, Tanoue Shiroh, Yamamoto Megumi, Koriyama Chihaya .  インドネシア人集団における出生前水銀曝露と出生転帰および成長発達との関連性(Prenatal Mercury Exposure Associated Birth Outcome and Growth Development in Indonesian Cohort) .  Journal of Epidemiology  2023年2月  (一社)日本疫学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 山内 拓真, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  膵癌・胆道癌診療の実情と早期診断への挑戦 検診の腹部超音波検査で膵管拡張のみを指摘され超音波内視鏡で評価した症例の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年5月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 樋之口 真, 橋元 慎一, 柴田 隆佑, 上木原 雄介, 豊留 孝史郎, 児島 一成, 濱田 嵩史, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  膵仮性嚢胞に対するベストプラクティス 術後膵液瘻に対する超音波内視鏡下経消化管ドレナージにおける治療時期の検討 .  膵臓  2023年7月  (一社)日本膵臓学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松元 琢真, 恒吉 研吾, 藤田 浩, 岩田 大輝, 花田 法久, 前田 英仁, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  当院にて診断した小腸腫瘍7例の臨床学的特徴の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年5月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 豊留 孝史郎, 樋之口 真, 上木原 雄介, 児島 一成, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一 .  術前化学療法中の膵癌患者に対して,ステント機能不全が与える影響についての検討 .  胆道  2023年8月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 濱田 嵩史, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  膵嚢胞性疾患の診断と治療を考える! 検診やスクリーニングの腹部超音波検査で膵嚢胞のみを指摘された症例に対する超音波内視鏡検査の成績 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 児島 一成, 橋元 慎一, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 井戸 章雄 .  消化管出血のベストプラクティス 内視鏡的乳頭切除術における後出血リスク因子の検討 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 新山 寛季, 豊留 孝史郎, 柴田 隆佑, 児島 一成, 濱田 嵩史, 樋之口 真, 田ノ上 史郎, 有馬 志穂, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  十二指腸乳頭部原発神経内分泌腫瘍に対して,内視鏡的乳頭切除術後に外科的追加切除を要した1例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 日高 里美, 濱田 嵩史, 柴田 隆佑, 小吉 尚裕, 豊留 孝史郎, 児島 一成, 樋之口 真, 有馬 志穂, 田ノ上 史郎, 橋元 慎一, 井戸 章雄 .  内視鏡的結石除去が困難であった膵石症に対して経口膵管鏡下電気水圧式結石破砕術(EHL)を施行した一例 .  日本消化器病学会九州支部例会・日本消化器内視鏡学会九州支部例会プログラム・抄録集  2023年11月  日本消化器病学会-九州支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 児島 一成, 橋元 慎一, 豊留 孝史郎, 上木原 雄介, 樋之口 真, 田ノ上 史郎 .  内視鏡的乳頭切除術におけるピュアスタットの使用経験について .  胆道  2023年8月  (一社)日本胆道学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示