2021/06/17 更新

写真a

ヒガシ ケイコ
東 桂子
HIGASHI Keiko
所属
医歯学域附属病院 附属病院 管理施設 地域医療支援センター 特任助教
職名
特任助教

学位

  • 学士(医学) ( 1994年5月   福岡大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   地域医療支援センター   特任助教

    2021年5月 - 現在

 

論文

  • Sakiyama Yusuke, Matsuura Eiji, Shigehisa Ayano, Hamada Yuki, Dozono Mika, Nozuma Satoshi, Nakamura Tomonori, Higashi Keiko, Hashiguchi Akihiro, Takahashi Yukitoshi, Takashima Hiroshi .  クリプトコッカス髄膜炎は抗NMDA受容体脳炎と同時に発症する可能性がある(Cryptococcus Meningitis Can Co-occur with Anti-NMDA Receptor Encephalitis) .  Internal Medicine59 ( 18 ) 2301 - 2306   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    症例は50歳男性で、他院で代謝性/呼吸性アシドーシスを伴う肝性脳症と診断され、搬送されてきた。ラクツロース、ビタミンB1、重炭酸リンゲル液による治療を行っても意識障害を認め、上肢の振戦も出現した。入院7日目、辺縁系脳炎および感染性髄膜炎と暫定診断し、アシクロビル、メロペネム、デキサメタゾンによる治療を開始した。症状は改善したが、意識障害と頸部硬直が再出現した。入院21日目、脳脊髄液(CSF)検査でクリプトコッカス莢膜多糖体抗原が検出され、治療をアムホテリシンBリポソーム製剤(L-AMB)、5-フルオロシトシンに変更した。同日、急性水頭症が出現し、脳室ドレナージを行った。意識状態が徐々に回復したが、28日目に運動性失語症と右半麻痺が出現した。脳MRIと磁気共鳴血管造影では、多発性脳梗塞、髄膜炎、水頭症が認められた。入院39日目、L-AMBによる血小板減少症が観察され、ボリコナゾールに変更した。入院76日目、リハビリテーション施設に移送した。初回のCSF標本では、抗N-メチル-D-アスパラギン酸受容体抗体と抗グルタミン酸受容体抗体が陽性であった。

  • Sakiyama Yusuke, Takahashi Yukitoshi, Takashima Hiroshi, Matsuura Eiji, Shigehisa Ayano, Hamada Yuki, Dozono Mika, Nozuma Satoshi, Nakamura Tomonori, Higashi Keiko, Hashiguchi Akihiro .  Cryptococcus Meningitis Can Co-occur with Anti-NMDA Receptor Encephalitis .  Internal Medicine59 ( 18 ) 2301 - 2306   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本内科学会  

    <p>We herein report a 50-year-old man with alcoholic cirrhosis who developed loss of consciousness and tremor of the upper limbs. Magnetic resonance imaging findings were suggestive of limbic encephalitis with bilateral hippocampal damage, and a cerebrospinal fluid (CSF) examination confirmed anti-N-methyl-D-aspartate (NMDA) and anti-glutamate receptor antibodies. Despite initial corticosteroid therapy, meningeal irritation symptoms appeared, owing to the development of cryptococcal meningitis (CM), diagnosed by the detection of cryptococcal capsular polysaccharide antigen in the follow-up CSF analysis. Cerebral infarction with reversible stenosis of major cerebral arteries during the clinical course was also observed. Following administration of antifungals and corticosteroids, the number of cells in the CSF gradually declined, and NMDA receptor antibodies disappeared. Our study demonstrates the unique coexistence of CM with anti-NMDA receptor encephalitis in adults. </p>

    DOI: 10.2169/internalmedicine.4629-20

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • Yoshimura M. .  Correlation between clinical and radiologic features of patients with Gerstmann-Sträussler-Scheinker syndrome (Pro102Leu) .  Journal of the Neurological Sciences391   15 - 21   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of the Neurological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jns.2018.05.012

    Scopus

    PubMed

  • 髙嶋 博, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治 .  子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 .  神経治療学34 ( 6 ) S136 - S136   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経治療学会  

    DOI: 10.15082/jsnt.34.6_S136

    CiNii Article

MISC

  • 鹿児島県における地域医療支援方策 医師配置の方向性

    東 桂子, 川邉 智子, 古田 真美, 大脇 哲洋, 高松 英夫

    へき地・離島救急医療学会誌14   40 - 43   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:へき地・離島救急医療学会  

講演・口頭発表等

  • 東 桂子、大脇哲洋、日巻良実、古田真美 .  地域枠制度について .  医師修学資金貸与制度概要説明会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 永田 龍世, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  中枢神経症状を呈した抗gAChR抗体陽性患者の臨床的特徴と治療効果について .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • Takashima Hiroshi, Arata Hitoshi, Matsuura Eiji, Higashi Keiko .  ヒトパピローマウィルスワクチン由来の新規視床下部症候群に関する基礎的、臨床的洞察 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後自律神経障害をともなう自己免疫性脳症(Basic and clinical insights into new hypothalamic syndrome caused by human papilloma virus vaccination Autoimmune encephalopathy and autonomic failure after human papilloma virus vaccination) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • 松浦 英治, 荒田 仁, 東 桂子, 田中 正和, 安藤 匡宏, 平松 有, 野妻 智嗣, 田代 雄一, 崎山 佑介, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HPVワクチン関連疾患の臨床経過とワクチン接種後血液サイトカイン・自己抗体の検討 .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 永田 龍世, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  多彩な症状を呈した抗gAChR抗体陽性患者の臨床像と治療効果について .  神経治療学  2018年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 高嶋 博, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治 .  脳炎・脳症・脊髄症の新たな展開 子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 .  神経治療学  2017年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 崎山 佑介, 湯地 美佳, 石戸 秀明, 濱田 祐樹, 中村 友紀, 橋口 昭大, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)による免疫応答の関与が疑われた認知症の1例 .  臨床神経学  2017年6月  (一社)日本神経学会

  • 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  子宮頸がんワクチン接種後神経障害の臨床的特徴、病態、治療法開発に向けての研究 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

▼全件表示