2024/03/01 更新

写真a

カワムラ ヒデキ
川村 英樹
KAWAMURA Hideki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 特任教授
職名
特任教授

学位

  • 博士(医学) ( 2012年3月   鹿児島大学 )

研究分野

  • その他 / その他  / 感染症学

  • その他 / その他  / 感染制御学

学歴

  • 鹿児島大学

    2005年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 長崎大学

    1994年4月 - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 感染症専門医養成講座   特任准教授

    2023年7月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 管理施設 医療環境安全部   特例准教授

    2017年7月 - 2023年6月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 管理施設 医療環境安全部   特例講師

    2011年4月 - 2017年6月

所属学協会

  • 日本環境感染学会(ICD)

    2015年10月 - 現在

  • 日本感染症学会(感染症専門医)

    2015年10月 - 現在

  • 日本化学療法学会(抗菌化学療法指導医)

    2015年10月 - 現在

  • 日本麻酔科学会(認定医)

    2015年10月 - 現在

  • 日本整形外科学会(専門医)

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • 大岡 唯祐, 蘭牟田 直子, 西 順一郎, 森田 喜紀, 今村 真理, 重久 朋史, 上野 伸広, 相星 壮吾, 山本 真実, 新川 奈緒美, 川村 英樹, 馬場 洋一, 柿澤 広美, 伊藤 武, 後藤 恭宏, 林 哲也 .  2018年のSalmonella enterica serovar Oranienburg菌血症集積事例株と同一クローン由来株による新たな感染事例と各地の食品取り扱い従事者からの同クローンの分離 .  病原微生物検出情報月報44 ( 8 ) 127 - 128   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立感染症研究所  

    Salmonella enterica serovar Oranienburg菌血症感染事例のクローン分離を行った。患者由来株は2022年7月の鹿児島県内における散発症例2例から分離された株、食品取り扱い従事者由来株は2019年に食品取り扱い従事者検便から分離された8株を供試した。食品取り扱い従事者糞便由来2019年分離株7株(福岡県3株、宮崎県1株、熊本県1株、大阪府1株、兵庫県1株)と2022年鹿児島県患者由来2株は2018年菌血症集積事例株との株間のSNP数が約4.7Mbpのゲノム配列のなかで18塩基以内であり、2018~2022年までの約4年間で生じる変異頻度から同一クローン由来と推定された。その他の食品取り扱い従事者糞便由来1株は上記の株と39塩基以上のSNP数があり、2018年の菌血症集積事例株およびその派生株とはまったく異なる系統に分類された。

  • 川村 英樹 .  Special feature コロナ禍で浮き彫りとなった高齢者施設・精神科病院の感染対策 ■高齢者施設の感染対策 ❹換気対策(エアロゾル感染対策)を含めた経路別予防策 .  感染対策ICTジャーナル18 ( 3 ) 179 - 184   2023年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ヴァンメディカル  

    DOI: 10.34426/ict.0000000403

  • Ichiki K., Ooka T., Shinkawa T., Inoue S., Hayashida M., Nakamura D., Akimoto M., Yoshimitsu M., Kawamura H., Nakamura M., Obama Y., Gotoh Y., Hayashi T., Nishi J., Ishitsuka K. .  Genomic and phylogenetic characterization of Elizabethkingia anophelis strains: The first two cases of life-threatening infection in Japan .  Journal of Infection and Chemotherapy29 ( 4 ) 376 - 383   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    Objective: Elizabethkingia anophelis causes meningitis, bloodstream infections, and respiratory infections in immunocompromised individuals. We examined two E. anophelis strains isolated from the first life-threatening cases caused by this species in Japan to determine the phylogenetic origin and genomic features of them. Methods: We performed whole genome-based analysis to clarify the genetic relationship for the two strains (EK0004 and EK0079) and Elizabethkingia sp. strains isolated from worldwide and to characterize the genomic features such as the prevalence of virulence- and antimicrobial resistance (AMR)-related genes. Patients: A 29-year-old man with hepatosplenic T-cell lymphoma and a 52-year-old man with systemic lupus erythematosus developed fatal bacteremia and meningitis due to E. anophelis, respectively. Results: Two strains, EK0004 and EK0079, were genetically different but most closely related to the strains isolated from the largest outbreak in Wisconsin, USA from 2015 to 2016, and the strain isolated from cerebrospinal fluid of a patient in Florida, USA in 1982, respectively. The two strains contained AMR-related genes such as those encoding for an extended-spectrum β-lactamase and multiple metallo-β-lactamases and several virulence-related genes such as capsular polysaccharide synthesis gene clusters. Conclusions: Although further functional analyses are required to understand the virulence of these clones, these finding suggests that enough caution of E. anophelis infection in immunocompromised patients is required since the number of infections by this species is increasing outside Japan.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.01.005

    Scopus

    PubMed

  • 川村 英樹 .  特集 ポストコロナ時代の感染症診療 第II章 感染症診療各論 [7]泌尿器・生殖器感染症 1 膀胱炎 .  診断と治療111 ( 13 ) 167 - 170   2023年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:診断と治療社  

    DOI: 10.34433/dt.0000000149

  • Ooka T, Gotoh Y, Hatanaka S, Yoshimori M, Nishitarumizu K, Kojo K, Kosakamoto H, Sameshima K, Kuroki Y, Chibana N, Doi Y, Yoshino S, Harada T, Seto K, Ikeda T, Miyanohara H, Nakayama K, Gokuden M, Imuta N, Kawamura H, Ogura Y, Hayashi T, Nishi J .  A Salmonella enterica Serovar Oranienburg Clone Caused a Cluster of Bacteremia Cases in Persons With No Recognizable Underlying Diseases in Japan. .  Open forum infectious diseases10 ( 1 ) ofac695   2023年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Oxford University Press (OUP)  

    <jats:title>Abstract</jats:title>
    <jats:sec>
    <jats:title>Background</jats:title>
    <jats:p>Salmonella enterica subspecies enterica serovar Oranienburg (SO) is a foodborne pathogen but rarely causes systemic infections such as bacteremia. Between July and September 2018, bacteremia cases caused by SO were identified in 12 persons without any underlying medical conditions in the southern Kyushu area of Japan.</jats:p>
    </jats:sec>
    <jats:sec>
    <jats:title>Methods</jats:title>
    <jats:p>Randomly amplified polymorphic DNA (RAPD) analysis was performed to investigate the genetic similarity of the 12 bacteremia-related strains and other Japanese isolates. Furthermore, a series of whole-genome sequence (WGS)–based phylogenetic analyses was performed with a global SO strain set (n = 1648).</jats:p>
    </jats:sec>
    <jats:sec>
    <jats:title>Results</jats:title>
    <jats:p>The resolution power of RAPD was insufficient to investigate the genetic similarity between the bacteremia-related strains and other strains. WGS-based phylogenetic analyses revealed that the bacteremia-related strains formed a tight cluster along with 2 strains isolated from asymptomatic carriers in 2018 in the same area, with a maximum within-cluster single-nucleotide polymorphism (SNP) distance of 11. While several strains isolated in the United States and the United Kingdom were found to be closely related to the bacteremia-related strains, 2 strains isolated in 2016 in the southern Kyushu area were most closely related, with SNP distances of 4–11 and 5–10, and had the same plasmids as the bacteremia-related strains.</jats:p>
    </jats:sec>
    <jats:sec>
    <jats:title>Conclusions</jats:title>
    <jats:p>The 12 bacteremia cases identified were caused by a single SO clone. As none of the bacteremia patients had any underlying diseases, this clone may be prone to cause bacteremia. Although further analyses are required to understand its virulence, particular attention should be given to this clone and its close relatives in the surveillance of nontyphoidal salmonellae.</jats:p>
    </jats:sec>

    DOI: 10.1093/ofid/ofac695

    PubMed

  • Kawamura H., Imuta N., Ooka T., Shigemi A., Nakamura M., Mougi K., Obama Y., Fukuyama R., Arimura S., Murata N., Tominaga H., Sasaki H., Nagano S., Taniguchi N., Nishi J. .  Impact of control measures including decolonization and hand hygiene for orthopaedic surgical site infection caused by MRSA at a Japanese tertiary-care hospital .  Journal of Hospital Infection   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Hospital Infection  

    Background: Meticillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) is the most common pathogen in orthopaedic surgical site infections (SSIs). However, few studies have investigated the transmission process of orthopaedic MRSA SSI. Aim: To investigate the transmission process of orthopaedic MRSA SSI using epidemiological and molecular analyses and to determine a method to prevent MRSA SSI in nosocomial orthopaedic surgery. Methods: Active MRSA surveillance, preoperative decolonization and contact precautions for MRSA-positive cases was performed at our institution. Changes in epidemic strains were evaluated and the possibility of transmission from patients in an orthopaedic ward of a Japanese tertiary-care hospital was assessed by genotyping stored MRSA strains. In addition, data on the prevalence of MRSA SSI, MRSA colonization, and use of an alcohol antiseptic agent (mL/patient-days) during 2005–2022 were retrospectively assessed. Findings: SCCmec type II strain in the SSI group decreased over time, associated with fewer outbreaks. Even during a period of high infection rates, no cases of transmission-induced SSI from nasal MRSA carriers were identified. The infection rate correlated negatively with the use of an alcohol antiseptic agent (r = −0.82; P < 0.0001). Two cases among five nasal carriers developed MRSA SSI caused by strains different from those related to nasal colonization. Conclusion: The infection control measures for transmission from the hospital reservoirs including strict adherence to hand hygiene and decolonization of carriers is likely to be important for the prevention of orthopaedic MRSA SSI. However, the need for contact precautions for decolonized nasal carriers might be low.

    DOI: 10.1016/j.jhin.2023.07.011

    Scopus

    PubMed

  • Kawamura H., Arimura S., Saida R., Murata N., Shigemi A., Kodama Y., Nakamura M., Obama Y., Fukuyama R., Hamada Y., Shinkawa N., Sunagawa T., Kamiya H., Junichiro N. .  Enhanced measures, including PCR-based screening and syndromic surveillance for nosocomial outbreaks of the COVID-19 Omicron variant, using descriptive epidemiology and whole-genome sequencing in a Japanese tertiary care hospital .  Journal of Infection and Chemotherapy30 ( 2 ) 104 - 110   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    Introduction: In this study, we aimed to analyze the effectiveness of enhanced preventive measures against nosocomial COVID-19 Omicron outbreaks based on those encountered. Methods: We introduced PCR-based screening and syndromic surveillance, in addition to standard and transmission-based precautions, during a COVID-19 outbreak in three wards of Kagoshima University Hospital, a Japanese tertiary care hospital, in February 2022, amid the Omicron variant endemic. Furthermore, we analyzed the descriptive epidemiology and whole-genome sequencing (WGS) of positive SARS-CoV-2 PCR samples from this outbreak. Results: PCR-based screening tests were conducted following the identification of three cases through syndromic surveillance. As a result, 30 individuals tested positive for SARS-CoV-2, including 13 inpatients, five attendant family members, and 12 healthcare workers across the three wards. Notably, no new infections were observed within eight days following the implementation of preventive measures. Among the SARS-CoV-2 genomes analyzed (n = 16; 53.3%), all strains were identified as belonged to BA.1.1 variant. Detailed analysis of descriptive and molecular epidemiology, incorporating single-nucleotide polymorphism analysis of WGS and clarification of transmission links, considering two potential entry routes to the hospital. Conclusions: Introduction of additional preventive measures, including PCR-based screening and syndromic surveillance, in addition to WGS and descriptive epidemiology, is useful for the early intervention of nosocomial outbreaks and for revealing the transmission route of the COVID-19 Omicron variant.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.09.015

    Scopus

    PubMed

  • Kanazawa N., Shigemi A., Amadatsu N., Arimura K., Shimono S., Oda K., Chuang V.T.G., Matsumoto K., Kawamura H., Terazono H. .  A cohort study of the risk factors and the target AUC to avoid vancomycin-associated acute kidney injury in pediatric patients .  Journal of Infection and Chemotherapy   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    Objectives: In recent years, Vancomycin (VCM) dosing design using area under the concentration-time curve (AUC) has been recommended as a measure of efficacy and safety, but there are fewer reports on pediatric patients than on adults. In this study, we evaluated the threshold of AUC for AKI occurrence in pediatric patients and investigated the factors that contribute to the occurrence of AKI. Methods: Pediatric patients aged 1–15 years on VCM treatment who underwent TDM at Kagoshima University Hospital from April 2016 to March 2022 were included in the computation of AUC using pediatric population pharmacokinetic parameters. Results: The ROC curve showed that the AUC threshold for the risk of developing AKI was 583.0 μg・h/mL, and the AUC-ROC curve was 0.873 (sensitivity 0.930, specificity 0.750). Univariate analysis showed that factors associated with AKI incidence were the duration of VCM administration, ICU admission, and AUCSS. Concomitant medications identified as risk factors for AKI incidence were tazobactam/piperacillin, liposomal amphotericin B, calcineurin inhibitors, contrast agents, and H2-receptor blockers. The multivariate analysis showed that AUC ≧ 583.0 μg・h/mL (odds ratio 20.14, 95% CI 3.52–115.22, p < 0.001) and H2-receptor blockers (odds ratio 8.70, 95% confidence interval = 1.38–54.87, p = 0.02) were independent factors for AKI incidence. Conclusions: We showed that in pediatric patients receiving VCM, the risk of AKI increases as AUC increases. The findings imply that concurrent use of VCM and H2-receptor blockers may increase the risk of AKI.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2023.10.025

    Scopus

    PubMed

  • Morioka H., Ohge H., Nagao M., Kato H., Kokado R., Yamada K., Yamada T., Shimono N., Nukui Y., Yoshihara S., Sakamaki I., Nosaka K., Kubo Y., Kawamura H., Fujikura Y., Kitaura T., Sunakawa M., Yagi T. .  Appropriateness of surgical antimicrobial prophylaxis in Japanese university hospitals .  Journal of Hospital Infection129   189 - 197   2022年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Hospital Infection  

    Background: Surgical antimicrobial prophylaxis (SAP) is one of the major purposes of antimicrobial use. Aim: To determine the adherence to the Japanese SAP guidelines in Japanese university hospitals. Methods: This was a retrospective cohort study including 15 general hospitals and one dental university hospital. Up to three cases of 18 designated surgeries were evaluated regarding adherence to Japanese SAP guidelines: selection of antibiotics, timing of administration, re-dosing intervals, and duration of SAP. When all items were appropriate, surgery was defined as ‘appropriate’. Findings: In total, 688 cases (22–45 cases per surgery) were included. The overall appropriateness was 46.8% (322/688), and the appropriateness of each surgery ranged from 8.0% (2/25, cardiac implantable electronic device implantation) to 92.1% (35/38, distal gastrectomy). The appropriateness of each item was as follows: pre/intraoperative selections, 78.5% (540/688); timing of administrations, 96.0% (630/656); re-dosing intervals, 91.6% (601/656); postoperative selection, 78.9% (543/688); and duration of SAP, 61.4% (423/688). The overall appropriateness of hospitals ranged from 17.6% (9/51) to 73.3% (33/45). The common reasons for inappropriateness were the longer duration (38.5%, 265/688) and choice of antibiotics with a non-optimal antimicrobial spectrum before/during, and after surgery (19.0%, 131/688 and 16.9%, 116/688, respectively), compared to the guideline. Conclusions: Adherence to the guidelines differed greatly between the surgeries and hospitals. Large-scale multi-centre surveillance of SAP in Japanese hospitals is necessary to identify inappropriate surgeries, factors related to the appropriateness, and incidences of surgical site infections.

    DOI: 10.1016/j.jhin.2022.06.017

    Scopus

    PubMed

  • Oka K., Matsumoto A., Tetsuka N., Morioka H., Iguchi M., Ishiguro N., Nagamori T., Takahashi S., Saito N., Tokuda K., Igari H., Fujikura Y., Kato H., Kanai S., Kusama F., Iwasaki H., Furuhashi K., Baba H., Nagao M., Nakanishi M., Kasahara K., Kakeya H., Chikumi H., Ohge H., Azuma M., Tauchi H., Shimono N., Hamada Y., Takajo I., Nakata H., Kawamura H., Fujita J., Yagi T. .  Clinical characteristics and treatment outcomes of carbapenem-resistant Enterobacterales infections in Japan .  Journal of Global Antimicrobial Resistance29   247 - 252   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Global Antimicrobial Resistance  

    Objectives: The dissemination of difficult-to-treat carbapenem-resistant Enterobacterales (CRE) is of great concern. We clarified the risk factors underlying CRE infection mortality in Japan. Methods: We conducted a retrospective, multicentre, observational cohort study of patients with CRE infections at 28 university hospitals from September 2014 to December 2016, using the Japanese National Surveillance criteria. Clinical information, including patient background, type of infection, antibiotic treatment, and treatment outcome, was collected. The carbapenemase genotype was determined using PCR sequencing. Multivariate analysis was performed to identify the risk factors for 28-day mortality. Results: Among the 179 patients enrolled, 65 patients (36.3%) had bloodstream infections, with 37 (20.7%) infections occurring due to carbapenemase-producing Enterobacterales (CPE); all carbapenemases were of IMP-type (IMP-1: 32, IMP-6: 5). Two-thirds of CPE were identified as Enterobacter cloacae complex. Combination therapy was administered only in 46 patients (25.7%), and the 28-day mortality rate was 14.3%. Univariate analysis showed that solid metastatic cancer, Charlson Comorbidity Index ≥3, bloodstream infection, pneumonia, or empyema, central venous catheters, mechanical ventilation, and prior use of quinolones were significant risk factors for mortality. Multivariate analysis revealed that mechanical ventilation (OR: 6.71 [1.42–31.6], P = 0.016), solid metastatic cancers (OR: 5.63 [1.38–23.0], P = 0.016), and bloodstream infections (OR: 3.49 [1.02–12.0], P = 0.046) were independent risk factors for 28-day mortality. Conclusion: The significant risk factors for 28-day mortality in patients with CRE infections in Japan are mechanical ventilation, solid metastatic cancers, and bloodstream infections.

    DOI: 10.1016/j.jgar.2022.04.004

    Scopus

    PubMed

  • Hashimoto N., Kimura T., Hamada Y., Niwa T., Hanai Y., Chuma M., Fujii S., Matsumoto K., Shigemi A., Kawamura H., Takahashi Y., Takesue Y. .  Candidates for area under the concentration–time curve (AUC)-guided dosing and risk reduction based on analyses of risk factors associated with nephrotoxicity in vancomycin-treated patients .  Journal of Global Antimicrobial Resistance27   12 - 19   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Global Antimicrobial Resistance  

    Objectives:: Compared with vancomycin trough concentration (Cmin)-guided dosing, area under the concentration–time curve (AUC)-guided dosing is associated with decreased acute kidney injury (AKI). However, whether Cmin-guided or AUC-guided dosing should be used in patients other than those with serious MRSA infections remains uncertain. The purposes of this multicentre study were to identify risk factors for early- and late-phase vancomycin-induced AKI and to identify candidates for AUC-guided dosing, rather than Cmin-guided dosing, who require a more accurate dose titration to reduce the AKI risk. Methods:: A multivariate logistic regression analysis was applied to identify risk factors for AKI. Additionally, the cut‑off day for AKI onset, cut-off Cmin for AKI, safe Cmin for reduced AKI risk and probability of AKI were calculated. Results:: In total, 8.4% (159/1882) of patients developed AKI. AKI occurred within the first 7 days of therapy (early phase) in the vast majority of patients. Significant risk factors for AKI during the early phase were identified as Cmin > 20 mg/L, ICU stay, concurrent diuretic or piperacillin/tazobactam use, and pre-existing renal dysfunction. A temporarily elevated Cmin (>15–20 mg/L) was not associated with a greater risk of AKI. In patients with risk factors, the cut-off Cmin for AKI and the estimated safe Cmin for reduced AKI risk were 18.8–21.0 mg/L and <11.7–13.5 mg/L, respectively. Conclusion:: Patients with known AKI risk factors require a low target Cmin. The presence of several risk factors for AKI may indicate a need for more accurate dose titration using AUC-guided dosing.

    DOI: 10.1016/j.jgar.2021.07.018

    Scopus

    PubMed

  • Ishiguro N., Ito Y.M., Iwasaki S., Nagao M., Kawamura H., Kanai S., Nukui Y., Tokuda K., Miyara T., Igari H., Yamada K., Chikumi H., Sano C., Koike R., Yagi T., Murakami N. .  Three-day regimen of oseltamivir for post-exposure prophylaxis of influenza in hospital wards: a study protocol for a prospective, multi-center, single-arm trial .  BMC Infectious Diseases21 ( 1 ) 887   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:BMC Infectious Diseases  

    Background: In a previous retrospective observational study, a 3-day regimen of oseltamivir as post-exposure prophylaxis (PEP) for preventing transmission of influenza in wards was shown to be comparable to 7- to 10-day regimens provided index cases were immediately separated from close contacts. In order to confirm the efficacy of a 3-day regimen, we started to conduct a prospective, multi-center, single-arm trial. Methods: This study is a prospective, multi-center, single-arm study designed by the Sectional Meeting of Clinical Study, Japan Infection Prevention and Control Conference for National and Public University Hospitals. Index patients with influenza are prescribed a neuraminidase inhibitor and are discharged immediately or transferred to isolation rooms. The close contacts are given oseltamivir as 75 mg capsules once daily for adults or 2 mg/kg (maximum of 75 mg) once daily for children for 3 days as PEP. All close contacts are monitored for development of influenza for 7 days after starting PEP. Discussion: A 3-day regimen of oseltamivir as PEP has advantages over 7- to 10-day regimens in terms of costs, medication adherence and adverse effects. Trial registration The Institutional Review Board of Hokkaido University Hospital for Clinical Research, 015-0518, registered on November 11, 2016. UMIN Clinical Trials Registry, UMIN000024458, disclosed on October 31, 2016. https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr_e/ctr_view.cgi?recptno=R000027881. Japan Registry of Clinical Trials, jRCTs011180015, disclosed on March 14, 2019. https://jrct.niph.go.jp/latest-detail/jRCTs011180015.

    DOI: 10.1186/s12879-021-06602-w

    Scopus

    PubMed

  • Nana Nakada‐Motokawa, Taiga Miyazaki, Takashi Ueda, Yuka Yamagishi, Koichi Yamada, Hideki Kawamura, Hiroshi Kakeya, Hiroshi Mukae, Hiroshige Mikamo, Yoshio Takesue, Shigeru Kohno .  Modified Pitt bacteremia score for predicting mortality in patients with candidaemia: A multicentre seven‐year retrospective study conducted in Japan .  Mycoses64 ( 12 ) 1498 - 1507   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Wiley  

    Background: Several severity indexes have been reported for critically ill patients. The Pitt bacteremia score (PBS) is commonly used to predict the risk of mortality in patients with bacteraemia. Objectives: To develop a scoring system for predicting mortality in candidaemia patients. Methods: Medical records at five Japanese tertiary hospitals were reviewed. Factors associated with mortality were analysed using logistic regression modelling. The discriminatory power of scoring models was evaluated by assessing the area under the receiver operating characteristic curve (AUC), net reclassification improvement (NRI) and integrated discrimination improvement (IDI). Results: In total, 422 candidaemia patients were included. Higher PBS, dialysis and retainment of central venous catheter were independent risk factors for all-cause 30-day mortality. However, among the five PBS components, fever was not associated with mortality; therefore, we developed a modified version of the PBS (mPBS) by replacing fever with dialysis. AUC for PBS and mPBS were 0.74 (95% confidence interval [CI]: 0.68–0.80) and 0.76 (95% CI: 0.71–0.82), respectively. The increase in predictive ability of mPBS for 30-day mortality was statistically significant as assessed by NRI (0.24, 95% CI: 0.01–0.46, p =.04) and IRI (0.04, 95% CI: 0.02–0.06, p =.0008). When patients were stratified by mPBS into low (scores 0–3), moderate (4–7) and high risk (≥8), there were significant differences among the survival curves (p <.0001, log-rank test), and 30-day mortality rates were 13.8% (40/290), 36.8% (28/76) and 69.4% (34/49), respectively. Conclusions: mPBS can be a useful tool for predicting mortality in candidaemia patients.

    DOI: 10.1111/myc.13380

    Scopus

    PubMed

  • Ueda T. .  Change in antimicrobial susceptibility of pathogens isolated from surgical site infections over the past decade in Japanese nation-wide surveillance study .  Journal of Infection and Chemotherapy27 ( 7 ) 931 - 939   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Infection and Chemotherapy  

    Inappropriate antimicrobial therapy for surgical site infections (SSIs) can lead to poor outcomes and an increased risk of antibiotic resistance. A nationwide survey was conducted in Japan from 2018 to 2019 to investigate the antimicrobial susceptibility of pathogens isolated from SSIs. The data were compared with those obtained in 2010 and 2014–2015 surveillance studies. Although the rate of detection of extended-spectrum β-lactamase producing strains of Escherichia coli was increased from 9.5% in 2010 to 23% in 2014–2015, the incidence decreased to 8.7% in 2018–2019. Although high susceptibility rates were detected to piperacillin/tazobactam (TAZ), the geometric mean MICs were substantially higher than to meropenem (2.67 vs 0.08 μg/mL). By contrast, relatively low geometric mean MICs (0.397 μg/mL) were demonstrated for ceftolozane/TAZ. Although the MRSA incidence rate decreased from 72% in the first surveillance to 53% in the second, no further decrease was detected in 2018–2019. For the Bacteroides fragilis group species, low levels of susceptibility were observed for moxifloxacin (65.3%), cefoxitin (65.3%), and clindamycin (CLDM) (38.9%). In particular, low susceptibility against cefoxitin was demonstrated in non-fragilis Bacteroides, especially B. thetaiotaomicron. By contrast, low susceptibility rates against CLDM were demonstrated in both B. fragilis and non-fragilis Bacteroides species, and a steady decrease in susceptibility throughout was observed (59.3% in 2010, 46.9% in 2014–2015, and 38.9% in 2018–2019). In conclusion, Japanese surveillance data revealed no significant lowering of antibiotic susceptibility over the past decade in organisms commonly associated from SSIs, with the exception of the B. fragilis group.

    DOI: 10.1016/j.jiac.2021.03.010

    Scopus

    PubMed

  • Oda K. .  Performance of Area under the Concentration-Time Curve Estimations of Vancomycin with Limited Sampling by a Newly Developed Web Application .  Pharmaceutical Research38 ( 4 ) 637 - 646   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Pharmaceutical Research  

    Purpose: Therapeutic drug monitoring guided by the area under the concentration-time curve (AUC-guided TDM) is recommended for vancomycin. However, validated efficient software remains elusive to popularize AUC-guided TDM in Japan. The aim of this study was to validate a newly developed web application, PAT, for AUC estimation. Methods: PAT was developed on the R ver. 3.6.2 platform for use with mobile phones and personal computers. AUC estimated by PAT (AUCPAT) was evaluated against the reference AUC (AUCREF) calculated with the log-linear trapezoidal rule using eight measured concentrations, or against AUC (AUCBM-P) calculated using an evaluated available software with clinical data. Results: Investigating the best sampling points with limited sampling, PAT produced the least bias using two concentrations at 1 h and 11 h after the end of infusion (slope 1.18, intercept −15.57, median AUCPAT/AUCREF 0.93 [range 0.81–1.24]), where only one estimation (6%) was out of the predetermined acceptable range of 0.8–1.2. Employment of only a trough concentration was more biased (AUCPAT/AUCREF range 0.73–1.30 for 11 h, AUCPAT/AUCREF range 0.62–1.40 for 23 h). In comparison with the evaluated software, AUCPAT was not biased against the AUCBM-P (slope 1.04, intercept −15.80, median AUCPAT/AUCBM-P 1.00 [range 0.86–1.10]). Conclusions: The new application using two concentrations was appropriately validated and might be efficient in popularizing the AUC-guided TDM of vancomycin.

    DOI: 10.1007/s11095-021-03030-y

    Scopus

    PubMed

  • 上村 晃秀, 眞鍋 佳月, 山本 真実, 岩切 忠文, 濱田 結花, 本田 俊郎, 川村 英樹, 藺牟田 直子, 大岡 唯祐, 西 順一郎 .  薬剤耐性菌検索体制の整備に関する研究(第III報) .  鹿児島県環境保健センター所報 ( 21 ) 65 - 68   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県環境保健センター  

    鹿児島県内における薬剤耐性菌の状況を把握するため、届出の菌株と協力医療機関で検出された薬剤耐性菌の菌株について薬剤耐性検査および遺伝子型別検査を実施した。2017年1月〜2020年3月に届出のあった薬剤耐性菌菌株66件、医療機関から研究対象として収集した菌株405件を対象とした。届出のあった菌株66件中5件からIMP型のカルバペネマーゼ遺伝子が検出され、さらにダイレクトシークエンス解析によりIMP-1であることを確認した。菌種は5菌種でKlebsiella pneumoniae、Enterobacter hormachei、Serratia属がそれぞれ1件、Acinetobacter属が2件であった。また、医療機関より研究対象として収集した菌株405件中59件からIMP型カルバペネマーゼ遺伝子を検出し、ダイレクトシークエンス解析によりIMP-1であることを確認した。菌種別では腸内細菌科細菌が9菌種12件、Acinetobacter属が4菌種40件、Pseudomonas属菌が2菌種7件であった。

  • Hamada Y. .  Effects of antifungal stewardship using therapeutic drug monitoring in voriconazole therapy on the prevention and control of hepatotoxicity and visual symptoms: A multicentre study conducted in Japan .  Mycoses63 ( 8 ) 779 - 786   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Mycoses  

    DOI: 10.1111/myc.13129

    Scopus

    PubMed

  • 長崎 奈穂, 田中 裕之, 徳田 浩一, 川村 英樹, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  ステロイド使用患者の持続ウイルス排泄が伝播に関連したと考えられるノロウイルス胃腸炎集団発生事例 .  日本環境感染学会誌35 ( 1 ) 63 - 68   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

    移植や癌の化学療法中の免疫不全者では、ノロウイルス(NV)排泄期間が長期化することが知られているが、ステロイド薬使用中の患者での排泄遷延が院内感染に関連したという報告はみられない。ステロイド使用患者が多い内科病棟で、201X年3月、患者4名、職員1名のNV胃腸炎の集団発生が起きた。発症者2名がみられた多床室に、1例目の発症から23日前にNV胃腸炎で入院し、症状が軽快したため転棟したステロイド療法中の特発性間質性肺炎の患者が同室していた。この患者のNV持続排泄を評価する目的で、感染性のあるウイルス粒子を検出できる糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP)を用いた高感度ウイルス検査(SGNP-RT-qPCR)を実施したところ、発症から35日経過した時点で陽性であった。したがって、本患者は発症者2名と同室の時期に、下痢症状はないもののNVを排泄していたことが推定され、今回の多発事例の発端となった可能性が示唆された。また、ステロイド薬使用中に発症した他の患者1人も、発症10日目の本法による検査が陽性になった。今回の事例をふまえ、ステロイド治療を受けたNV胃腸炎患者の隔離解除については慎重に行う必要があると考えられた。また、感染性のあるウイルス粒子を検出できるSGNP-RT-qPCR法は、ステロイド薬使用患者や免疫不全者が多い病棟において、院内感染対策に有用性が高いと考えられる。(著者抄録)

  • 川村 英樹 .  巻頭言 .  日本外科感染症学会雑誌17 ( 4 ) 166 - 166   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本外科感染症学会  

    <p></p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.17.4_166

  • 川村 英樹 .  外科,救急,集中治療における抗菌薬適正使用支援,その必要性と目的 .  日本外科感染症学会雑誌17 ( 4 ) 178 - 181   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本外科感染症学会  

    <p>世界的に薬剤耐性菌の拡大が問題となり,我が国でも2016年に「AMR(薬剤耐性)対策アクションプラン」が作成され,成果指標として耐性率や抗菌薬使用量の低下が掲げられている。外科,救急,集中治療においても,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌,ESBL産生菌,多剤耐性緑膿菌・アシネトバクター,カルバペネム耐性腸内細菌科細菌などの薬剤耐性菌が問題となっている一方,日常的に使用される術後感染予防抗菌薬や敗血症など重症感染症で多くの抗菌薬が使用され,AMR対策としてインフェクションコントロールチームや抗菌薬適正使用支援チームを核に,抗菌薬適正使用支援活動の充実が求められている。</p>

    DOI: 10.24679/gekakansen.17.4_178

  • 長崎 奈穂, 田中 裕之, 徳田 浩一, 川村 英樹, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  ステロイド使用患者の持続ウイルス排泄が伝播に関連したと考えられるノロウイルス胃腸炎集団発生事例 .  日本環境感染学会誌35 ( 1 ) 63 - 68   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本環境感染学会  

    <p>移植や癌の化学療法中の免疫不全者では,ノロウイルス(NV)排泄期間が長期化することが知られているが,ステロイド薬使用中の患者での排泄遷延が院内感染に関連したという報告はみられない.ステロイド使用患者が多い内科病棟で,201X年3月,患者4名,職員1名のNV胃腸炎の集団発生が起きた.発症者2名がみられた多床室に,1例目の発症から23日前にNV胃腸炎で入院し,症状が軽快したため転棟したステロイド療法中の特発性間質性肺炎の患者が同室していた.この患者のNV持続排泄を評価する目的で,感染性のあるウイルス粒子を検出できる糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP)を用いた高感度ウイルス検査(SGNP-RT-qPCR)を実施したところ,発症から35日経過した時点で陽性であった.したがって,本患者は発症者2名と同室の時期に,下痢症状はないもののNVを排泄していたことが推定され,今回の多発事例の発端となった可能性が示唆された.また,ステロイド薬使用中に発症した他の患者1人も,発症10日目の本法による検査が陽性になった.今回の事例をふまえ,ステロイド治療を受けたNV胃腸炎患者の隔離解除については慎重に行う必要があると考えられた.また,感染性のあるウイルス粒子を検出できるSGNP-RT-qPCR法は,ステロイド薬使用患者や免疫不全者が多い病棟において,院内感染対策に有用性が高いと考えられる.</p>

    DOI: 10.4058/jsei.35.63

  • 植田 貴史, 茂見 茜里, 海老原 文哉, 木村 利美, 池亀 和博, 宮﨑 義継, 浜田 幸宏, 竹末 芳生, 中嶋 一彦, 福永 景子, 宮崎 泰可, 中田 奈々, 長尾 美紀, 川村 英樹 .  S1-4 TDMに基づいたボリコナゾールの投与設計 .  日本医真菌学会総会プログラム・抄録集61 ( 0 )   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本医真菌学会  

    DOI: 10.11534/jsmm.61.Suppl1.0_45_2

  • 中山 浩一郎, 山本 真実, 岩切 忠文, 濱田 結花, 重久 朋史, 御供田 睦代, 川村 英樹, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  薬剤耐性菌検索体制の整備に関する研究(第II報) .  鹿児島県環境保健センター所報 ( 20 ) 48 - 51   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県環境保健センター  

    2017年3月28日付け厚労省通知「カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(CRE)感染症等に係る試験検査の実施について」により、CREをはじめとした薬剤耐性菌について地方衛生研究所での詳細な解析が求められることとなった。当センターにおいても、届出のあったCRE等の薬剤耐性菌について菌株の収集を行い、検査を実施している。今回、検査体制の整備を図り、県内における薬剤耐性菌の状況を把握するため、2017〜2018年に届出のあった薬剤耐性菌39株および医療機関から研究対象として収集した251菌株について、薬剤耐性検査と遺伝子型別検査を行った。具体的な検査方法は、阻害剤を用いたβ-ラクタマーゼ産生性試験、PCR法によるβ-ラクタマーゼ遺伝子の検出、ESBL遺伝子とカルバペネマーゼ遺伝子の検出、AmpC型β-ラクタマーゼ遺伝子の検出、カルバペネマーゼ産生試験、ダイレクトシークエンス解析を実施した。結果、カルバペネマーゼ遺伝子は52菌株から検出され、ダイレクトシークエンス解析の結果、全てIMP-1であった。

  • Ueda T. .  The incidence of endophthalmitis or macular involvement and the necessity of a routine ophthalmic examination in patients with candidemia .  PLoS ONE14 ( 5 ) e0216956   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0216956

    Scopus

    PubMed

  • Miyamoto S. .  Fulminant myocarditis associated with severe fever with thrombocytopenia syndrome: A case report .  BMC Infectious Diseases19 ( 1 ) 266   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Infectious Diseases  

    DOI: 10.1186/s12879-019-3904-8

    Scopus

    PubMed

  • 中山 浩一郎, 穂積 和佳, 山本 真実, 岩元 由佳, 浦元 千織, 御供田 睦代, 川村 英樹, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  薬剤耐性菌検索体制の整備に関する研究 .  鹿児島県環境保健センター所報 ( 19 ) 47 - 49   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島県環境保健センター  

  • Bureta C, Tominaga H, Yamamoto T, Setoguchi T, Kawamura H, Nagano S, Kawamura I, Abematsu M, Kakoi H, Ishidou Y, Komiya S .  Lumbar spine epidural abscess and facet joint septic arthritis due to Streptococcus agalactiae: a case report. .  BMC Surg18 ( 1 ) 16   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:BMC Surgery  

    DOI: 10.1186/s12893-018-0350-2

    Scopus

    PubMed

  • 中村 隼人, 川村 英樹, 寺田 晋作, 二木 貴弘, 谷口 淳一郎, 柳元 孝介, 安田 智嗣, 垣花 泰之 .  急性呼吸促迫症候群を呈したヒト・メタニューモウイルス感染症の一例 .  日本集中治療医学会雑誌25 ( 2 ) 139 - 140   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    それまで分離同定が難しく、2001年に発見されたウイルスであるヒト・メタニューモウイルス(human metapneumovirus:hMPV)感染症を契機に、急性呼吸促迫症候群(ARDS)を呈した症例(39歳女性)について報告した。現時点でhMPV感染症に対する有効な治療法がないため、合併する細菌感染症に対する感染コントロール、敗血症性DICやARDSなどに対する積極的な集学的治療を早期に行うことが、救命につながると考えられた。

  • 原田 浩輝, 二木 貴弘, 宮本 昇太郎, 川村 英樹, 谷口 淳一郎, 林田 真衣子, 柳元 孝介, 垣花 泰之 .  深在性真菌症を併発した重症熱性血小板減少症候群の1症例 .  日本集中治療医学会雑誌24 ( 5 ) 567 - 568   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本集中治療医学会  

    症例は57歳女性で、38℃前後の発熱、下痢、倦怠感が出現し、第6病日に受診した。血液検査で血球減少、肝逸脱酵素上昇を認め、左前脛骨部にダニ咬傷を認め、リケッチア感染症が疑われ、入院し、ミノサイクリン、パズフロキサシン投与を行った。第7病日に骨髄検査で血球貪食像が確認され、血球貪食症候群(HPS)の診断で、ステロイド短期大量療法が行われた。第8病日にSFTSウイルスのPCR検査が陽性となり、集学的治療のため紹介受診となった。右鼠径リンパ節腫大と右前脛骨部にダニ咬傷を認めた。HPSに対するステロイド短期大量療法は第9病日まで続けた。第11病日、急激な呼吸不全と循環動態悪化を認めメチルプレドニゾロンを投与した。β-D-グルカン高値、アスペルギルス陽性が判明し、ニューモシスチス肺炎や肺アスペルギルス症を疑いアムホテリシンB、スルファメトキサゾール投与を行った。喀痰培養検査からAspergillusが検出され、全身状態の悪化は肺アスペルギルス症によると思われた。治療の反応が乏しいためカスポファンギンを追加投与した。β-D-グルカン高値は持続したが徐々に低下傾向となり、GCS11点と意識レベルも改善し離握手も可能になった。

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 川上 雅之, 有村 敏明, 川口 辰哉, 松井 珠乃, 西 順一郎 .  鹿児島県医師会災害医療チームによる2016年熊本地震における避難所感染対策支援活動 .  日本環境感染学会誌32 ( 5 ) 282 - 290   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

    鹿児島県JMAT(日本医師会災害医療チーム)では宇土市で感染対策チームを構成し、4月21日(本震5日後)〜5月1日に被災地医師会と自治体保健活動との協働で避難所感染対策支援活動を行った。今回の研究の目的は避難所感染対策を検証し、有効性を検証することである。各避難所で把握された発熱者、呼吸器・消化器の有症者数を調査票に記録し症候群サーベイランスを実施した。期間中14の指定避難所で40名の呼吸器・8名の消化器の有症状者がみられたが、インフルエンザ・ノロウイルス感染症は除外された。設備・感染対策物品・衛生環境・隔離スペース等を巡回時に確認し、リスクアセスメントを行ったが、次亜塩素酸ナトリウムが不足し、トイレ清掃や吐物処理物品の準備が不十分であった。次亜塩素酸ナトリウム等の必要物品配布やトイレ清掃・吐物処理方法の指導、感染症発症例への対応も併せて実施した。アウトブレイクの発生はなく、リスクアセスメントと症候群サーベイランスを活用した避難所感染対策支援活動は感染拡大防止に有用と思われた。一方、情報収集や活動内容に他の医療支援チームや保健師活動と重複するものもあり、情報共有が可能なスキームの確立が望まれる。(著者抄録)

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 川上 雅之, 有村 敏明, 川口 辰哉, 松井 珠乃, 西 順一郎 .  鹿児島県医師会災害医療チームによる2016年熊本地震における避難所感染対策支援活動 .  日本環境感染学会誌32 ( 5 ) 282 - 290   2017年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本環境感染学会  

    <p>鹿児島県JMAT(日本医師会災害医療チーム)では宇土市で感染対策チームを構成し,4月21日(本震5日後)~5月1日に被災地医師会と自治体保健活動との協働で避難所感染対策支援活動を行った.今回の研究の目的は避難所感染対策を検証し,有効性を検証することである.各避難所で把握された発熱者,呼吸器・消化器の有症者数を調査票に記録し症候群サーベイランスを実施した.期間中14の指定避難所で40名の呼吸器・8名の消化器の有症状者がみられたが,インフルエンザ・ノロウイルス感染症は除外された.設備・感染対策物品・衛生環境・隔離スペース等を巡回時に確認し,リスクアセスメントを行ったが,次亜塩素酸ナトリウムが不足し,トイレ清掃や吐物処理物品の準備が不十分であった.次亜塩素酸ナトリウム等の必要物品配布やトイレ清掃・吐物処理方法の指導,感染症発症例への対応も併せて実施した.アウトブレイクの発生はなく,リスクアセスメントと症候群サーベイランスを活用した避難所感染対策支援活動は感染拡大防止に有用と思われた.一方,情報収集や活動内容に他の医療支援チームや保健師活動と重複するものもあり,情報共有が可能なスキームの確立が望まれる.</p>

    DOI: 10.4058/jsei.32.282

  • 原田 浩輝, 二木 貴弘, 宮本 昇太郎, 川村 英樹, 谷口 淳一郎, 林田 真衣子, 柳元 孝介, 垣花 泰之 .  深在性真菌症を併発した重症熱性血小板減少症候群の1症例 .  日本集中治療医学会雑誌24 ( 5 ) 567 - 568   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 日本集中治療医学会  

    DOI: 10.3918/jsicm.24_567

  • Tominaga H, Setoguchi T, Kawamura H, Kawamura I, Nagano S, Abematsu M, Tanabe F, Ishidou Y, Yamamoto T, Komiya S .  Risk factors for unavoidable removal of instrumentation after surgical site infection of spine surgery: A retrospective case-control study. .  Medicine.95   e5118   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/MD.0000000000005118

    PubMed

  • Kawamura H, Matsumoto K, Shigemi A, Orita M, Nakagawa A, Nozima S, Tominaga H, Setoguchi T, Komiya S, Tokuda K, Nishi J .  A bundle that includes active surveillance, contact precaution for carriers, and cefazolin-based antimicrobial prophylaxis prevents methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections in clean orthopedic surgery. .  Am J Infect Control.44 ( 2 ) 210 - 214   2016年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajic.2015.09.014

    PubMed

  • Setoguchi T, Kawakami H, Ishidou Y, Kawamura H, Nishi J, Yoshioka T, Kakoi H, Nagano S, Yokouchi M, Tanimoto A, Komiya S .  Cut-off values of latent infection in patients with rapid migration following bipolar hip hemiarthroplasty. .  BMC Musculoskelet Disord.17   37   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12891-016-0876-3

  • Kawamura H, Tokuda K, Imuta N, Kubota T, Koriyama T, Miyanohara H, Hashiguchi T, Kawano Y, Nishi J .  Epidemiological Analysis of Nosocomial MRSA Outbreaks Using Phage Open-Reading Frame Typing in a Tertiary-care Hospital .  Japanese Journal of Infectious Diseases   2015年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:National Institute of Infectious Diseases, Japanese Journal of Infectious Diseases Editorial Committee  

    DOI: 10.7883/yoken.JJID.2015.320

    PubMed

  • Tsuru A, Setoguchi T, Kawabata N, Hirotsu M, Yamamoto T, Nagano S, Yokouchi M, Kakoi H, Kawamura H, Ishidou Y, Tanimoto A, Komiya S. .  Enrichment of bacteria samples by centrifugation improves the diagnosis of orthopaedics-related infections via real-time PCR amplification of the bacterial methicillin-resistance gene. .  BMC Res Notes. 8 ( 1 ) 288   2015年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Kanazawa N, Shigemi A, Ikawa K, Morikawa N, Koriyama T, Orita M, Kawamura H, Tokuda K, Nishi J, Takeda Y. .  Factors affecting treatment and recurrence of Clostridium difficile infections. .  Biol Pharm Bull. .37 ( 11 ) 1811 - 1815   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagano S, Yokouchi M, Setoguchi T, Sasaki H, Shimada H, Kawamura I, Ishidou Y, Kamizono J, Yamamoto T, Kawamura H, Komiya S .  Analysis of surgical site infection after musculoskeletal tumor surgery: risk assessment using a new scoring system. .  Sarcoma2014 ( 2014 )   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村 英樹 .  耐性菌感染情報ー耐性菌サーベイランスー .  INFECTION CONTROL22 ( 10 ) 980 - 983   2013年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村 英樹 .  全職種対応! 1日の流れに沿って教える 初めの初めの感染対策 医師の1日:採血,診察,処置,記録 .  INFECTION CONTROL22 ( 4 ) 361 - 365   2013年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村 英樹、折田 美千代、中川 彩、松元 一明、茂見 茜里、郡山 豊泰、西 順一郎 .  大学病院でのICT病棟ラウンドにおける指摘事項の解析 .  日本環境感染学会雑誌28 ( 1 ) 25 - 28   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsumoto K, Shigemi A, Yaji K, Shimodozono Y, Takeda Y, Ikawa K, Morikawa N, Miyanohara H, Kawamura H, Orita M, Tokuda K, Nishi J, Yamada K. .  Reduction in the incidence of MRSA with use of alcohol-based hand rub solutions and gloves. .  J Infect Chemother.18 ( 2 ) 269 - 571   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Miyanohara H, Hashiguchi T, Zenmyo M, Yamamoto T, Ijiri K, Kawano Y, Komiya S. .  Quantitative analysis of biofilm formation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains from patients with orthopaedic device-related infections. .  FEMS Immunol Med Microbiol63 ( 1 ) 10 - 15   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1574-695X.2011.00821.x

    PubMed

  • 川村英樹、神囿純一、堀川良治、栫博則、瀬戸口啓夫、善明美千久、石堂康弘、小宮節郎 .  人工股関節全置換術における術後痛に対する大腿神経ブロックの有用性 .  Hip Joint37   894 - 896   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村英樹, 西 順一郎, 藺牟田直子, 徳田浩一, 宮之原弘晃, 河野嘉文, 小宮節郎. .  整形外科患者より分離された鼻腔および感染創由来MRSA株のagr遺伝子型・バイオフィルム形成能の検討. .  BACTERIAL ADHERENCE & BIOFILM23   19 - 22   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shigemi A, Matsumoto K, Yaji K, Shimodozono Y, Takeda Y, Miyanohara H, Kawamura H, Orita M, Tokuda K, Nishi J, Yamada K. .  Correlation between meropenem and doripenem use density and the incidence of carbapenem-resistant Pseudomonas aeruginosa. .  Int J Antimicrob Agents34 ( 6 ) 589 - 591   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村英樹, 長嶺智徳, 上野 剛, 安田智嗣, 濱崎順一郎, 山口俊一郎, 有村敏明, 小宮節郎. .  熱傷部位の市中獲得型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症によるToxic shock syndromeの1症例. .  ICUとCCU33 ( 2 ) 153 - 157   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 島田隆太郎, 川村英樹, 中川雅裕, 林協司, 川村英俊, 瀬戸口啓夫, 小宮節郎. .  頚部痛を主訴に整形外科外来を受診した後咽頭膿瘍の1例. .  整形外科と災害外科58 ( 3 ) 478 - 481   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山崎康平, 川村英樹, 野尻良基. .  術後早期に大腿骨骨頭壊死を来たした大腿骨転子部骨折の1例. .  整形外科と災害外科57 ( 4 ) 541 - 543   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村英樹, 山元拓哉, 長友淑美, 鶴亜里沙, 石堂康弘, 横内雅博, 井尻幸成, 小宮節郎. .  妊婦に発生したメチシリン感受性黄色ブドウ球菌による化膿性仙腸関節炎の1症例. .  整形外科と災害外科56 ( 2 ) 277 - 281   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村英樹, 長嶺智徳, 久保昌亮, 徳田浩一, 山元拓哉, 小宮節郎. .  大腿骨近位部骨折患者における入院後感染症の検討. .  別冊整形外科52   138 - 142   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 川村英樹, 東福勝宏, 宮口文宏, 横内雅博, 米和徳, 小宮節郎. .  多発性に発生した神経鞘腫の1例. .  整形外科と災害外科54 ( 3 ) 582 - 584   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mori K, Tani M, Kamata K, Kawamura H, Urata Y, Goto S, Kuwano M, Shibata S, Kondo T. .  Mitogen-activated protein kinase, ERK1/2, is essential for the induction of vascular endothelial growth factor by ionizing radiation mediated by activator protein-1 in human glioblastoma cells. .  Free Radic Res. 33 ( 2 ) 157 - 166   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ドレーン・カテーテル管理 人工関節置換術 術後ケアとドレーン管理のすべて

    川村 英樹( 担当: 単著)

    照林社  2016年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 院内・手術室内感染対策 今日の整形外科治療指針

    川村 英樹( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2016年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:2   担当ページ:20-21   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 糖尿病性足感染症 感染症最新の治療2016-2018

    川村 英樹( 担当: 分担執筆)

    南江堂  2016年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:3   担当ページ:225-227   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 敗血症性ショックの診療戦略 エキスパートの実践 敗血症性ショックにおける感染症の診断 鹿児島大学病院では

    川村 英樹( 担当: 単著)

    医薬ジャーナル社  2015年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:199   担当ページ:33-37   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 整形外科領域における手術部位検出菌は?臨床感染症ブックレット3 検査や画像から感染症の原因微生物に迫る.

    川村英樹、西順一郎、小宮節郎著 柳原克紀編( 担当: 共著)

    文光堂  2011年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 急性咽頭・扁桃炎診療の抗菌薬適正使用におけるA群β溶血性連鎖球菌核酸検査の有効活用に向けた提言

    柳原 克紀, 太田 賢治, 鈴木 広道, 長尾 美紀, 仁井見 英樹, 松本 哲哉, 三鴨 廣繁, 石井 良和, 大楠 清文, 大塚 喜人, 大曲 貴夫, 川村 英樹, 國島 広之, 中村 竜也, 舟橋 恵二, 細川 直登, 柳沢 英二, 山岸 由佳, 一般社団法人日本感染症学会感染症遺伝子検査委員会, 一般社団法人日本臨床微生物学会感染症領域新規検査検討委員会

    日本臨床微生物学会雑誌   33 ( 4 )   247 - 249   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床微生物学会  

  • インフルエンザ核酸検出検査の有効活用に向けた提言

    柳原 克紀, 太田 賢治, 鈴木 広道, 長尾 美紀, 仁井見 英樹, 松本 哲哉, 三鴨 廣繁, 石井 良和, 大楠 清文, 大塚 喜人, 大曲 貴夫, 川村 英樹, 國島 広之, 中村 竜也, 舟橋 恵二, 細川 直登, 柳沢 英二, 山岸 由佳, 一般社団法人日本感染症学会感染症遺伝子検査委員会, 一般社団法人日本臨床微生物学会感染症領域新規検査検討委員会

    日本臨床微生物学会雑誌   33 ( 4 )   250 - 252   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本臨床微生物学会  

  • 【全国各地の施設・組織のノウハウが分かる!決定版 感染対策地域連携マニュアル】(第3章)加算1の施設の取り組み紹介 地方の大学病院の活動

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   ( 2023夏季増刊 )   78 - 82   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【コロナ禍で浮き彫りとなった高齢者施設・精神科病院の感染対策】高齢者施設の感染対策 換気対策(エアロゾル感染対策)を含めた経路別予防策

    川村 英樹

    感染対策ICTジャーナル   18 ( 3 )   179 - 184   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)ヴァンメディカル  

  • 【徹底ガイド 重症感染症のすべて-研修医からの質問302-】各種感染症の管理 インフルエンザ菌

    川村 英樹

    救急・集中治療   35 ( 1 )   189 - 192   2023年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)総合医学社  

    <ここがポイント!>▼インフルエンザ菌は莢膜株と非莢膜株とがあり,莢膜株で多く分離されるのはHibと呼ばれる型で,病原性が高い.▼呼吸器感染症・耳鼻科領域感染症に加えて,髄膜炎・菌血症などを呈する.▼アンピシリンに対する耐性化がみられる.▼小児に対し接種されるHibワクチンが侵襲性感染症の予防に有用である.(著者抄録)

  • 【ポストコロナ時代の感染症診療】(第II章)感染症診療各論 泌尿器・生殖器感染症 膀胱炎

    川村 英樹

    診断と治療   111 ( Suppl. )   167 - 170   2023年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    <文献概要>1.膀胱炎は基礎疾患を有さない単純性と基礎疾患を有する複雑性に分類される.2.無症候性細菌尿は一部を除き治療の対象とはならない.3.大腸菌が原因となることが多いが,耐性化が進んでおり,注意が必要である.

  • 今アツい!感染界隈My Topic 改定がやってきた!診療報酬をあらためて考える

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   31 ( 6 )   632 - 634   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022

    竹末 芳生, 木村 利美, 松元 一明, 茂見 茜里, 添田 博, 高橋 佳子, 辻 泰弘, 中馬 真幸, 丹羽 隆, 花井 雄貴, 藤居 賢, 真弓 俊彦, 庄司 健介, 川村 英樹, 尾田 一貴, 増田 智先, 池田 賢二, 山田 智之, 加藤 隆児, 山本 武人, 猪川 和朗, 小林 昌宏, 浜田 幸宏, 寺田 智祐, 公益社団法人日本化学療法学会, 一般社団法人日本TDM学会, 日本化学療法学会, 日本TDM学会, 抗菌薬TDMガイドライン作成委員会, TDMガイドライン策定委員会抗菌薬小委員会

    TDM研究   39 ( 1 )   35 - 106   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本TDM学会  

  • 抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022

    竹末 芳生, 木村 利美, 松元 一明, 茂見 茜里, 添田 博, 高橋 佳子, 辻 泰弘, 中馬 真幸, 丹羽 隆, 花井 雄貴, 藤居 賢, 真弓 俊彦, 庄司 健介, 川村 英樹, 尾田 一貴, 増田 智先, 池田 賢二, 山田 智之, 加藤 隆児, 山本 武人, 猪川 和朗, 小林 昌宏, 浜田 幸宏, 寺田 智祐, 公益社団法人日本化学療法学会, 一般社団法人日本TDM学会, 日本化学療法学会, 日本TDM学会, 抗菌薬TDMガイドライン作成委員会, TDMガイドライン策定委員会抗菌薬小委員会

    日本化学療法学会雑誌   70 ( 1 )   1 - 72   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本化学療法学会  

  • ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策(最終回) 当院の取り組みから

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 12 )   1270 - 1272   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 コロナ禍における機動力のある改善手法

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 11 )   1165 - 1165   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 PDCAサイクルの「A」って?

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 10 )   1058 - 1058   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 鹿児島県離島で発生した新型コロナウイルス感染症クラスター

    高杉 香志也, 中俣 和幸, 川村 英樹, 仲間 直崇, 渡慶次 賀博, 神谷 元, 嶽崎 俊郎

    へき地・離島救急医療学会誌   19   13 - 19   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:へき地・離島救急医療学会  

  • 離島におけるクラスター対応

    川村 英樹

    へき地・離島救急医療学会誌   19   4 - 12   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:へき地・離島救急医療学会  

    鹿児島県の離島における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)クラスター対応について報告した。2020年7月と11月に鹿児島県最南端に位置する与論島内でそれぞれ56名、57名のCOVID-19クラスターが探知され、緊急保健支援チーム(C-HEAT)による活動を行った。7月のクラスター発生時には感染管理認定看護師を中心に施設内の感染患者・濃厚接触者のゾーニングや職員に対する個人防護具着脱訓練、健康管理体制の確立が行われた。クラスターが飲食店を中心として発生・拡大したことから、7月のクラスター発生以降、町・観光協会・商工会と協力し、チェックリストの作成および巡回指導を行った。11月のクラスターでは現地での検査体制構築のため国立感染症研究所からのPCR機器・人員による「モバイルラボ」が設置され、観光業者等の検査を実施するなど検査体制の支援が行われた。

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 Check(その2) コミュニケーションを考える

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 9 )   952 - 952   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 大規模自然災害の被災地における感染制御支援マニュアル2021

    泉川 公一, 櫻井 滋, 大毛 宏喜, 緒方 剛, 小野寺 直人, 小山田 玲子, 加來 浩器, 川口 辰哉, 川村 英樹, 児玉 栄一, 古宮 伸洋, 菅原 えりさ, 高橋 幹夫, 高山 和郎, 田代 将人, 千酌 浩樹, 寺坂 陽子, 村木 優一, 渡邉 都貴子, 足立 了平, 一般社団法人日本環境感染学会災害時感染制御検討委員会

    日本環境感染学会誌   36 ( 5 )   i,S1,np1 - vi,S1   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 Check(その1) 自動化 重大な異常が生じたら止める!!

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 8 )   839 - 839   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 Do(実行)(その2) 業務の見える化

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 7 )   718 - 719   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう!ICTのためのプラクティカルレッスンマネジメントと感染対策 Do(実行)(その1) 動ける組織の形とは?

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 6 )   610 - 611   2021年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 Plan(計画)はどのように立てる?(その3) QC7つ道具(後編)

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 5 )   499 - 499   2021年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう!ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 Plan(計画)はどのように立てる?(その2) QC7つ道具(前編)

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 4 )   394 - 394   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう!ICTのためのプラクティカルレッスン「マネジメントと感染対策」 Plan(計画)はどのように立てる?(その1)

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 3 )   291 - 291   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 一緒に考えよう!ICTのためのプラクティカルレッスン マネジメントと感染対策 問題解決型組織を作る

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 2 )   201 - 201   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 鹿児島県与論島における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)クラスターの発生と対応

    中俣 和幸, 松岡 洋一郎, 本田 俊郎, 濱田 結花, 川上 義和, 川村 英樹, 門倉 圭佑, 神谷 元, 小泉 信夫

    病原微生物検出情報月報   42 ( 2 )   40 - 42   2021年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:国立感染症研究所  

  • 一緒に考えよう! ICTのためのプラクティカルレッスン「マネジメントと感染対策」 感染対策にはマネジメントが必要です

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   30 ( 1 )   69 - 69   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【ICT/AST活動における 4職種別でみる重要ガイドライン】医師の立場からみたガイドライン

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   29 ( 11 )   1150 - 1154   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【病院経営への打撃、スタッフの疲弊…ピンチはチャンス!医療関連感染アウトブレイクの影響とリカバリー】MDRA & MDRP 終息判断に「プロセス指標」を組み込み、"カイゼン"を進める!

    川村 英樹, 有村 尚子

    INFECTION CONTROL   29 ( 10 )   1005 - 1008   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • アウトブレイク時の遺伝子検査法のあり方実践的ガイドライン

    三鴨 廣繁, 柳原 克紀, 石井 良和, 大楠 清文, 大塚 喜人, 大曲 貴夫, 川村 英樹, 國島 広之, 鈴木 広道, 中村 竜也, 柳沢 英二, 石金 正裕, 影山 努, 鈴木 匡弘, 一般社団法人日本臨床微生物学会感染症領域新規検査検討委員会

    日本臨床微生物学会雑誌   30 ( 4 )   215 - 244   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本臨床微生物学会  

  • 多剤耐性グラム陽性菌感染制御のためのポジションペーパー(第1版)

    柳原 克紀, 飯沼 由嗣, 菅野 みゆき, 金子 幸弘, 川村 英樹, 小佐井 康介, 下川 結花, 菅原 えりさ, 高橋 聡, 森永 芳智, 八木 哲也, 山岸 由佳, 渡邉 都貴子, 一般社団法人日本環境感染学会多剤耐性菌感染制御委員会

    日本環境感染学会誌   35 ( 5 )   i,S1,np1 - iii,S1   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本環境感染学会  

  • 【外科、救急、集中治療におけるAntimicrobial Stewardship(抗菌薬適正使用支援)】外科、救急、集中治療における抗菌薬適正使用支援、その必要性と目的

    川村 英樹

    日本外科感染症学会雑誌   17 ( 4 )   178 - 181   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    世界的に薬剤耐性菌の拡大が問題となり,我が国でも2016年に「AMR(薬剤耐性)対策アクションプラン」が作成され,成果指標として耐性率や抗菌薬使用量の低下が掲げられている。外科,救急,集中治療においても,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌,ESBL産生菌,多剤耐性緑膿菌・アシネトバクター,カルバペネム耐性腸内細菌科細菌などの薬剤耐性菌が問題となっている一方,日常的に使用される術後感染予防抗菌薬や敗血症など重症感染症で多くの抗菌薬が使用され,AMR対策としてインフェクションコントロールチームや抗菌薬適正使用支援チームを核に,抗菌薬適正使用支援活動の充実が求められている。(著者抄録)

  • 【ICU治療指針 III】感染症と管理 黄色ブドウ球菌感染症

    川村 英樹

    救急・集中治療   31 ( 4 )   1708 - 1710   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)総合医学社  

    <POINT>●黄色ブドウ球菌は毒性の強い細菌であり、約4割がMRSAである。●菌血症では血液培養の陰性化確認・ソースコントロール・感染性心内膜炎のスクリーニングが重要である。●日本でのMSSA感染症の第一選択薬はセファゾリンである。●抗MRSA薬にはバンコマイシンを含め6剤あり、感染巣などによって使い分ける。(著者抄録)

  • 【あなたはどのタイプ?料理で例える 論理型・熱血型・爆笑型 研修シナリオの作り方】論理型 限られた時間のなかで説得力のある講演をするためのレシピ

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   29 ( 1 )   72 - 75   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【院内の味方をドンドン作ろう!「分かってくれないスタッフ&病院幹部」に響く一言と次の一手】外科系医師 処置ごとの手指消毒は不要と思っている!

    川村 英樹, 有村 尚子, 稲森 彩

    INFECTION CONTROL   29 ( 1 )   35 - 39   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【抗菌薬適正使用支援チーム(AST)に求められる役割と実践ガイド】アウトブレイクへの対応

    川村 英樹

    臨床と微生物   46 ( 3 )   255 - 260   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)近代出版  

    薬剤耐性菌対策では、標準・接触予防策の遵守、医療器具・医療環境の整備が柱となるが、抗菌薬適正使用も耐性菌選択圧のコントロールという点で重要である。アウトブレイク発生時や、その予防には抗菌薬適正使用支援チーム(AST)も協力し、対策を進めていく必要がある。(著者抄録)

  • 【イラスト&研修後の復習クイズつき!インフルエンザとノロウイルス対策 誰でも使えるスマートマニュアル】ノロウイルスとインフルエンザに関する研修時の守るべき5箇条

    川村 英樹

    INFECTION CONTROL   27 ( 11 )   1068 - 1070   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【一歩先を目指して再評価 これからのMRSA感染対策】科別MRSA感染対策のススメ 重点強化の考え方とその実践 整形外科

    川村 英樹

    感染対策ICTジャーナル   13 ( 4 )   317 - 320   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)ヴァンメディカル  

  • 【救急・ICUの頻用薬を使いこなせ!薬の実践的な選び方や調整・投与方法がわかり、現場で迷わず処方できる】(第6章)基本的な抗菌薬 抗MRSA薬

    川村 英樹

    レジデントノート   20 ( 11 )   1920 - 1926   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)羊土社  

    <Point>・バンコマイシンはMRSA感染症の第一選択薬となるが、腎機能障害に注意する・バンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン使用例では血中濃度モニタリングを行う・リネゾリドはMRSA肺炎などに使用されるが、血小板減少に注意する・ダプトマイシンは菌血症などに使用されるが、肺炎には使用できないことや、CK上昇に留意する(著者抄録)

  • 【抗菌薬-その常識は正しいか?-】抗菌薬の選択 その常識は正しいか? MRSA鼻腔保菌は本当にMRSA感染症のリスクファクターなのか?

    川村 英樹

    救急・集中治療   29 ( 7-8 )   552 - 555   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)総合医学社  

    <point>ICUにおいて、MRSAは感染対策上重要な薬剤耐性菌である。MRSAスクリーニングは入室時と、入室後1週間間隔で鼻腔検体により行われることが多い。MRSA保菌はMRSA感染症のリスクファクターとされる。除菌方法として、クロルヘキシジン浴やムピロシンの鼻腔塗布などがある。(著者抄録)

  • 鹿児島感染制御サーベイランスシステムの活用

    折田 美千代, 川村 英樹, 古城 剛, 郡山 豊泰, 茂見 茜里, 稲森 彩, 児玉 祐一, 大山 陽子, 橋口 照人, 西 順一郎

    日本医療情報学会看護学術大会論文集   18回   71 - 72   2017年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本医療情報学会看護部会  

  • 【MRSA保菌者対策】整形外科領域におけるMRSA保菌者対策

    川村 英樹

    日本外科感染症学会雑誌   14 ( 1 )   51 - 56   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本外科感染症学会  

    MRSAは整形外科領域手術部位感染(以下、SSI)の主要起炎菌であり、MRSA保菌は整形外科領域においてもSSIの発症リスク因子の1つとされている。MRSA保菌者に対する除菌は整形外科手術部位感染対策でも有用性を示す報告も多いが、その有効性に加え、保菌のスクリーニング対象をどのようにするかを踏まえた検討がまだまだ必要である。保菌者に対するバンコマイシン予防投与はMRSAによるSSI発生予防に期待できるが、MSSAによるSSI発生リスクとなるという報告もあり、セファゾリンなどのβ-ラクタム薬を併用することが望ましい。一方、MRSA保菌者に対する接触予防策の強化などの伝播予防策は整形外科領域においても重要と考えられるが、その有用性については報告が少なく、さらなる検討が望まれる。(著者抄録)

  • 下肢病変検出菌から考える感染管理と感染症治療~MRSA・緑膿菌を中心とした耐性菌対策と抗菌薬治療~ 査読

    川村 英樹

    日本フットケア学会雑誌   13 ( 2 )   53 - 60   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 臨床における整形外科領域での感染症-治療と予防から考える問題点- 査読

    川村英樹

    関節外科 4月増刊号   34   78 - 87   2015年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 川村 英樹、折田 美千代、中川 彩、宇都 由美子、熊本 一朗 .  大学病院の感染防止対策加算収入と薬剤耐性菌対策コストに関する検討 .  第18回日本医療マネジメント学会学術総会   

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川村 英樹、茂見 茜里、古城 剛、郡山 豊泰 徳田 浩一、西 順一郎 .  皮膚潰瘍 壊疽を伴う重症下肢虚血における下肢切断リスク因子の検討 .  第90回日本感染症学会総会・学術講演会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年4月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 川村 英樹 .  整形外科領域のMRSA感染制御 .  第31回 日本環境感染学会   招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 川村 英樹、茂見 茜里、松元 一明、徳田 浩一、西 順一郎 .  当院ICUにおける緑膿菌薬剤感受性率と抗菌薬使用量の関連に関する検討 .  第63回日本化学療法学会西日本支部総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:奈良市  

  • Kawamura H , Arata K , Imagama I , Koriyama T , Kojyo T , Shigemi A , Tokuda K , Imoto Y, Nishi J .  The Detection of Methicillin-sensitive Staphylococcus aureus from Ulcer Is a Risk Factor of Amputation in Foot Infection with Critical Limb Ischemia after Revascularization .  IDweek 2015  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 川村 英樹、茂見 茜里、徳田 浩一、安田 智嗣、垣花 泰之、西 順一郎 .  当院ICUにおける抗緑膿菌抗菌薬使用量と緑膿菌の薬剤感受性に関する検討 .  九州麻酔科学会第53回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島市  

  • 川村英樹、茂見茜里、折田美千代、中川彩、松元一明、小宮節郎、徳田浩一、西順一郎 .  積極的監視培養と手指衛生・接触予防策・術後感染予防抗菌薬適正使用遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果 .  MRSAフォーラム2015  MRSAフォーラム2015

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村英樹、茂見茜里、松元一明、徳田浩一、西順一郎 .  MRSA非保菌者における整形外科領域MRSA手術部位感染発症リスクの検討 .  第63回日本化学療法学会  第63回日本化学療法学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大山陽子, 郡山豊泰, 川村英樹, 徳田浩一, 西順一郎, 橋口照人 .  患者情報を立体的かつ一元的に捉える感染症データベースシステムの構築 .  第89回日本感染症学会総会  第89回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 古城剛, 郡山豊泰, 川村英樹, 大山陽子, 茂見茜里, 徳田浩一, 久保田知洋, 児玉祐一, 山遠剛, 藺牟田直子, 橋口照人, 西順一郎 .  小児入院患者の血液培養で検出された Brevibacterium casei の検討 .  第89回日本感染症学会総会  第89回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 藺牟田直子、徳田浩一、川村英樹、常彬、石岡大成、西順一郎 .  鹿児島県における小児と成人の侵襲性インフルエンザ菌・肺炎球菌感染症サーベイランス .  第89回日本感染症学会総会  第89回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 川村英樹、郡山豊泰、古城剛、茂見茜里、大山陽子、徳田浩一、橋口照人、西順一郎 .  当院におけるカルバペネム耐性腸内細菌科細菌の検出状況 .  第89回日本感染症学会総会  第89回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 江口智洋、川村英樹、宮本昇太郎、政所祐太郎、寺田晋作、佃屋剛、中村健太郎、二木貴弘、柳元孝介、安田智嗣、垣花泰之 .  当院におけるECMO導入症例の血液培養サーベイランス .  第42回 日本集中治療医学会学術集会  第42回 日本集中治療医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村英樹、茂見茜里、郡山豊泰、荒田憲一、今釜逸美、富村奈津子、徳田浩一、井本 浩、西 順一郎 .  重症下肢虚血の患部検出菌に関する細菌学的検討 .  第13回 日本フットケア学会  第13回 日本フットケア学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村英樹、茂見茜里 、郡山豊泰、折田美千代、中川 彩、松元一明、徳田浩一、小宮節郎、西順一郎 .  術後感染予防抗菌薬の投与期間適正化は整形外科領域MRSA手術部位感染を減少させる .  第27回 日本外科感染症学会  第27回 日本外科感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村 英樹 .  整形外科領域感染症の臨床における問題点 .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  第29回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見茜里、郡山豊泰、松元一明、徳田浩一、西順一郎 .  重症下肢虚血における患部検出菌サーベイランス .  第84回日本感染症学会西日本地方会  第84回日本感染症学会西日本地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 中村健太郎, 川村英樹, 寺田晋作, 二木貴弘,山口桂司, 安田智嗣, 茂見茜里, 郡山豊泰, 徳田浩一,平木翼, 東美智代, 西順一郎, 垣花泰之 .  血液培養陰転化が確認されたものの左心系感染性心内膜炎を併発したCandida albicans菌血症の1例 .  第84回日本感染症学会西日本地方会  第84回日本感染症学会西日本地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 古城 剛,郡山 豊泰,川村 英樹,徳田 浩一,茂見 茜里,久保田 知洋,山遠 剛,藺牟田直子, 西 順一郎 .  Brevibacterium casei による中心静脈カテーテル関連血流感染の小児例 .  第84回日本感染症学会西日本地方会  第84回日本感染症学会西日本地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 西 順一郎、藺牟田直子、徳田浩一、川村英樹、常 彬、石岡大成、吉家清貴 .  鹿児島県における小児・成人侵襲性肺炎球菌・インフルエンザ菌感染症の病原体サーベイランス .  第84回日本感染症学会西日本地方会  第84回日本感染症学会西日本地方会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:岡山  

    国際学会

  • Kawamura H, Shigemi A, Matsumoto K, Koriyama T, Komiya S, Tokuda K, Nishi J .  Epidemiological analysis of MRSA infection risk at orthopedic surgical sites in non-MRSA carriers .  54th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (ICAAC)  54th Interscience Conference on Antimicrobial Agents and Chemotherapy (ICAAC)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Washington DC, USA  

    国際学会

  • 川村 英樹 .  下肢病変検出菌から考える感染管理と感染症治療 .  第11回日本フットケア学会 鹿児島セミナー  第11回日本フットケア学会 鹿児島セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 川村英樹、二木貴弘、中村健太郎、安田智嗣、松元一明、茂見茜里、郡山豊泰、岩川 純、垣花泰之、西順一郎 .  重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に菌血症・深在性真菌症を併発した3症例 .  第88回日本感染症学会 学術講演会  第88回日本感染症学会 学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 川村 英樹、折田 美千代、中川 彩、郡山 豊泰、茂見 茜里、瀬戸口 啓夫、栫 博則、冨永 博之、永野 聡、小宮 節郎、徳田 浩一、西 順一郎 .  2013/14シーズンに経験した当院整形外科病棟でのインフルエンザ多発2事例 .  第37回日本骨・関節感染症学会  第37回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見 茜里 、松元 一明 、徳田 浩一、西 順一郎、小宮 節郎 .  整形外科領域におけるMRSA手術部位感染(SSI):非保菌者の発症要因に関する検討 .  第37回日本骨・関節感染症学会  第37回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kawamura H, Shigemi, Koriyama T, Matsumoto K, Orita M, Nagano S, Setoguchi T, , Komiya S, Tokuda K, Nishi J .  Effect of Contact Precaution and Cefazolin-based Antimicrobial Prophylaxis Stewardship for Preventing Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) Surgical Site Infections (SSIs) in Clean Orthopedic Surgeries .  The 24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID)  The 24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:(Barcelona, Spain  

    国際学会

  • 取附和成、折田美千代、川村英樹、西 順一郎 .  感染防止対策加算連携施設における低濃度酸化エチレンガス(EOG)供給により発生した衛生材料滅菌不良発生事例への支援 .  第29回日本環境感染学会総会  第29回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 西 順一郎、渡邊真裕子、藺牟田直子、川村英樹、折田美千代、水間良裕、川原元司、吉永正夫、波多江正紀 .  全県下で毎年実施している医療関連感染対策アンケート結果-2011~2013年の推移- .  第29回日本環境感染学会総会  第29回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 折田美千代、川村英樹、松元一明、茂見茜里、郡山泰豊、西 順一郎 .  感染防止加算連携施設でのアウトブレイク事例に対する訪問ラウンドと2次感染防止策 .  第29回日本環境感染学会総会  第29回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 折田美千代、川村英樹、松元一明、茂見茜里、郡山泰豊、西 順一郎 .  MRSAによるSSI発生による病院経営への影響について .  第29回日本環境感染学会総会  第29回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村英樹, 安田智嗣, 垣花泰之 .  積極的監視培養を用いたサーベイランスによる当院ICUでのMRSA検出状況 .  第41回 日本集中治療医学会学術集会  第41回 日本集中治療医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 川村英樹, 茂見茜里, 折田美千代, 中川彩, 郡山豊泰, 松元一明, 西順一郎 .  積極的監視培養と接触予防策遵守を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果 .  第29回 日本環境感染学会  第29回 日本環境感染学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見 茜里、折田 美千代、郡山 豊泰、松元 一明、冨永 博之、小宮 節郎、西 順一郎 .  What`s Hot-1 MRSAの監視培養 整形外科領域における積極的監視培養と接触感染予防策遵守を中心としたMRSA手術部位感染対策の効果 .  第26回 日本外科感染症学会 学術集会  第26回 日本外科感染症学会 学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見 茜里、郡山 豊泰、松元 一明、折田 美千代、垣花 泰之、西 順一郎 .  パネルディスカッション ICUにおける感染管理と耐性菌対策 ICUにおける耐性菌サーベイランス .  第26回 日本外科感染症学会 学術集会  第26回 日本外科感染症学会 学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見 茜里、郡山 豊泰、松元 一明、中村 健太郎、安田 智嗣、垣花 泰之、西 順一郎 .  鹿児島大学病院ICUにおけるMRSA・多剤耐性緑膿菌サーベイランス .  第83回日本感染症学会 西日本地方会 学術集会  第83回日本感染症学会 西日本地方会 学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Kawamura H, Shigemi A, Koriyama T, Matsumoto K, Orita M, Komiya S, Tokuda K, Nishi J .  Effects of Care Bundle for Preventing Orthopedic Methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) Surgical Site Infections (SSI) .  IDWeek 2013, A joint meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA), the Society for Healthcare Epidemiology (SHEA), the HIV Medicine Association (HIVMA), and the Pediatric Infectious Diseases Society (PIDS)  IDWeek 2013, A joint meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA), the Society for Healthcare Epidemiology (SHEA), the HIV Medicine Association (HIVMA), and the Pediatric Infectious Diseases Society (PIDS)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

    開催地:San Francisco, USA  

    国際学会

  • 川村 英樹、小宮 節郎 .  鹿児島大学病院整形外科入院患者における薬剤耐性菌サーベイランス .  第36回 日本骨関節感染症学会  第36回 日本骨関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 折田美千代,川村英樹,西 順一郎,松元一明,茂見茜里,郡山豊泰,向窪世知子,市村カツ子,迫田香穂里,宇都由美子,熊本一朗 .  MRSAによる人工呼吸器関連肺炎が病院経営、患者サービスに及ぼす影響評価 .  第14回日本医療情報学会看護学術大会  第14回日本医療情報学会看護学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 川村 英樹、藺牟田 直子、徳田 浩一、郡山 豊泰、松元 一明、茂見 茜里、西 順一郎 .  MRSA感染症アウトブレイク疑い事例におけるPOT法とPFGE法による遺伝子タイピングの比較 .  第87回日本感染症学会学術講演会  第87回日本感染症学会学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 川村 英樹、茂見 茜里、松元 一明、折田 美千代、郡山 豊泰、中川 彩、西 順一郎 .  MRSA積極的監視培養導入による当院ICUにおけるMRSA検出状況 .  第28回日本環境感染学会総会  第28回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Kawamura H, Matsumoto K, Shigemi A, Koriyama T, Orita M, Nozima T, Komiya S, Nishi J .  Effects of Implementing the Methicillin-resistant Staphylococcus aureus Bundle for Preventing Orthopedic Surgical Site Infections .  59th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society  59th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:San Antonio, USA  

    国際学会

  • 川村英樹,茂見茜里,松元一明,郡山 豊泰,西 順一郎 .  鹿児島大学病院におけるカルバペネム系薬届け出制導入の効果に関する検討 .  第82回日本感染症学会西日本地方会学術集会  第82回日本感染症学会西日本地方会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kawamura H, Tokuda K, Imuta N, Miyanohara H, Koriyama T, Kawano Y, Komiya S, Nishi J. .  Usefulness of phage open-reading frame typing method for the epidemiological analysis of nosocomial methicillin-resistant Staphylococcus aureus outbreaks in a tertiary care hospital in Japan. .  IDWeek 2012, A joint meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA), the Society for Healthcare Epidemiology (SHEA), the HIV Medicine Association (HIVMA), and the Pediatric Infectious Diseases Society (PIDS)  IDWeek 2012, A joint meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA), the Society for Healthcare Epidemiology (SHEA), the HIV Medicine Association (HIVMA), and the Pediatric Infectious Diseases Society (PIDS)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:San Diego, USA  

    国際学会

  • 川村英樹、菊池 忠、安田智嗣、垣花泰之 .  当院集中治療部におけるMRSA積極的監視培養の効果 .  第22回日本集中治療医学会 九州地方会  第22回日本集中治療医学会 九州地方会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 川村 英樹, 西 順一郎, 川畑 直也, 松元 一明, 茂見 茜里, 宮之原 弘晃, 郡山 豊泰, 折田 美千代, 徳田 浩一, 小宮 節郎 .  当院におけるcare bundle的アプローチによるMRSA感染対策の効果 .  第85回 日本整形外科学会学術総会  第85回 日本整形外科学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 横山雄太,松元一明,梅﨑靖弘,渡辺英里香,金澤直子,茂見茜里,郡山豊泰,宮之原弘晃,折田美千代,川村英樹,西 順一郎,武田泰生 .  鹿児島大学病院におけるMRSAの各種抗菌薬に対する5年間のMIC分布 .  第60回日本化学療法学会学術集会  第60回日本化学療法学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 川村英樹, 松元一明, 茂見茜里, 郡山豊泰, 橋口照人, 西 順一郎 .  積極的監視培養・術後感染予防抗菌薬適正使用を中心とした整形外科領域MRSA手術部位感染対策の効果 .  第86回日本感染症学会総会  第86回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 郡山豊泰,松元一明,川村 英樹,西 順一郎 .  鹿児島大学病院における過去3年間のESBL産生菌の遺伝子型解析と薬剤感受性試験 .  第86回日本感染症学会総会  第86回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 藺牟田直子,郡山豊泰,川村英樹,西 順一郎 .  小児下痢症患者由来の大腸菌におけるESBL(基質拡張型βラクタマーゼ)産生菌の年次推移 .  第86回日本感染症学会総会  第86回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 川村英樹,安田智嗣,中原真由美,菊池 忠,垣花泰之,西順一郎 .  当院集中治療部におけるnon-albicans Candidaの検出状況 .  第39回日本集中治療医学会学術集会  第39回日本集中治療医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 川村英樹,折田 美千代,松元 一明,西 順一郎 .  当院のICTラウンドにおける指摘事項の解析 .  第27回日本環境感染学会総会  第27回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 新田哲也,下田平貴子,折田美千代,川村英樹,西順一郎 .  歯科口腔外科外来における診療環境調査―ATP法を用いた汚染度検査 .  第27回日本環境感染学会総会  第27回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 折田美千代,川村英樹,西順一郎 .  職員のノロウイルス集団食中毒事例に伴う病院の対応と2次感染防止策 .  第27回日本環境感染学会総会  第27回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 西順一郎,川村英樹,折田美千代 .  糖鎖固定化金ナノ粒子(SGNP)RT-qPCR法による唾液中のインフルエンザウイルス遺伝子の検出-入院患者と病院職員における検討- .  第27回日本環境感染学会総会  第27回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kawamura H, Matsumoto K, Koriyama T, Shigemi A, Miyanohara H, Orita M, Tokuda K, Kawabata N, Komiya S, and Nishi J .  The effect of cefazolin-based antimicrobial prophylaxis protocol on the isolation of bacteria from a surgical wound after clean orthopaedic surgery .  The 49th Annual Meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA)  The 49th Annual Meeting of the Infectious Diseases Society of America (IDSA)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Boston, USA  

    国際学会

  • Kawamura H. Imuta N, Tokuda K, Miyanohara H, Komiya S, Nishi J. .  Clinical background and genotyping of SCCmec type IV methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains isolated from orthopaedic patients in a university hospital in Japan. .  International Union of Microbiological Societies 2011 Congress  International Union of Microbiological Societies 2011 Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:北海道  

    国際学会

  • 川村 英樹、徳田 浩一、藺牟田 直子、宮之原 弘晃、小宮 節郎、西 順一郎 .  MRSA術前鼻腔保菌患者における術後手術部位感染創から検出されたMRSA菌株の遺伝子型の比較 .  第34回日本骨・関節感染症学会  第34回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 西 順一郎,藺弁田直子,郡山豊泰,川村英樹. .  小児下痢症患児由来大腸菌における下痢原性大腸菌とESBL(基質拡張型βラクタマーゼ)産生菌の分布. .  第64回日本細菌学会九州支部総会  第64回日本細菌学会九州支部総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 横山雄太,松元一明,渡辺英里香,金澤直子,茂見茜里,武田泰生,郡山豊泰,宮之原弘晃,折田美千代,川村英樹,西 順一郎,山田勝士 .  鹿児島大学病院における過去5年間のMRSAに対する各種抗菌薬のMIC推移 .  第59回日本化学療法学会総会  第59回日本化学療法学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 川村英樹,松元一明,茂見 茜里,徳田浩一,西 順一郎 .  整形外科領域清潔手術におけるセファゾリンを使用した術後感染予防抗菌薬プロトコール効果の検討 .  第59回日本化学療法学会総会  第59回日本化学療法学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Kawamura H, Imuta N, Tokuda K, Miyanohara H, Kawano Y, Komiya S, Nishi J. .  Genotypic comparison of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) between preoperative nasal isolate and subsequent surgical wound isolate. .  111th General Meeting of American Society for Microbiology  111th General Meeting of American Society for Microbiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, USA  

    国際学会

  • 川村英樹、徳田浩一、宮之原弘晃、藺牟田直子、松元一明、茂見茜里、橋口照人、西順一郎. .  同一患者におけるMRSA術前鼻腔保菌株と術後手術部位検出株の遺伝子型の比較. .  第85回日本感染症学会総会  第85回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 川村英樹、徳田浩一、折田美千代、松元一明、西 順一郎. .  整形外科患者から検出されたSCCmec IV型MRSAの検討. .  第26回日本環境感染学会総会  第26回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 川村英樹, 神囿純一,田中源幸, 堀川良治,栫博則,大納哲也, 国吉保, 磯脇純和, 石堂康弘,上村裕一, 小宮節郎 .  THA術後鎮痛法としての大腿神経ブロックの有用性 .  第41回日本人工関節学会  第41回日本人工関節学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 西順一郎,川村英樹,徳田浩一,折田美千代,吉満桂子,濵田亜弥,特手 綾子,佐多照正,鮫島幸二,吉永正夫,川原元司. .  鹿児島ICTネットワークによるMRSA検出患者数の多施設調査. .  第26回日本環境感染学会総会  第26回日本環境感染学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Miyanohara H, Zenmyo M, Kawano Y, Komiya S. .  Clinical background, genotyping and antimicrobial susceptibity of type IV SCCmec methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains isolated from patients in a university orthopaedic ward, Japan. .  57th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society  57th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Long Beach, USA  

    国際学会

  • 川村英樹, 西順一郎, 松元一明, 宮之原弘晃, 茂見茜里, 徳田浩一, 神囿純一, 栫博則, 善明美千久, 石堂康弘, 小宮節郎. .  整形外科病棟での抗菌薬使用状況と清潔手術術後手術部位検出菌との関連. .  第38回日本関節病学会  第38回日本関節病学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 川村英樹,神囿純一,堀川良治,栫博則,瀬戸口啓夫,善明美千久,石堂康弘,小宮節郎. .  人工股関節全置換術(THA)における術後痛に対する大腿神経ブロックの有用性. .  第37回日本股関節学会  第37回日本股関節学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 川村英樹,西順一郎,徳田浩一,藺牟田直子,宮之原弘晃,善明美千久,井尻幸成,河野嘉文,小宮節郎. .  整形外科患者の鼻腔・創部から検出されたSCCmec IV型MRSAの頻度・遺伝子型の検討. .  第25回日本整形外科学会基礎集会  第25回日本整形外科学会基礎集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Kawano Y, Komiya S. .  Genotyping and quantitative analysis of biofilm formation by methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains isolated from patients with orthopaedic infections. .  20th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium,  20th Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium,国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Kagoshima, Japan  

    国際学会

  • 川村英樹,西順一郎, 松元一明, 茂見茜里, 宮之原弘晃, 善明美千久, 徳田浩一, 小宮節郎. .  整形外科病棟における術後手術部位検出菌と抗菌薬使用状況との関連. .  第33回日本骨・関節感染症学会  第33回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Kawano Y, Komiya S. .  Genotyping and clinical background of type IV SCCmec methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) Strains isolated from orthopaedic patients in a university hospital in Japan. .  110th General Meeting of American Society for Microbiology  110th General Meeting of American Society for Microbiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語  

    開催地:San Diego, USA,  

    国際学会

  • 川村英樹, 徳田浩一, 松元一明, 宮之原弘晃, 西順一郎. .  整形外科領域における手術部位検出菌と抗菌薬使用状況の関連. .  第84回日本感染症学会総会  第84回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市,  

    国内学会

  • 藺牟田直子, 川村英樹, 徳田浩一, 宮之原弘晃, 西順一郎. .  当院で分離された皮膚関連MRSA株のcollagen adhesin gene(cna)保有状況とbiofilm形成能. .  第84回日本感染症学会総会,  第84回日本感染症学会総会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 藺牟田直子, 川村英樹, 徳田浩一, 玉井真理子, 西順一郎. .  Collagen adhesion gene (cna)を保有するMRSAのbiofilm形成能の検討. .  第83回日本細菌学会総会  第83回日本細菌学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Kawano Y, Komiya S. .  Genotyping and quantitative analysis of biofilm formation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains from patients with orthopaedic infections. .  56th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society  56th Annual Meeting of Orthopaedic Research Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans, USA  

    国際学会

  • 川村英樹,西順一郎,藺牟田直子,徳田浩一,善明美千久,井尻幸成,小宮節郎. .  整形外科患者より分離された鼻腔および感染創由来MRSA株のagr遺伝子型、バイオフィルム形成能の検討. .  第24回日本整形外科学会基礎学術集会  第24回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 川村英樹,西順一郎,徳田浩一,藺牟田直子,宮之原弘晃,善明美千久,河野嘉文,小宮節郎. .  整形外科患者の鼻腔・創部から検出されたSCCmec IV型MRSAの頻度・遺伝子型の検討. .  第79回日本感染症学会西日本地方会学術集会  第79回日本感染症学会西日本地方会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 善明美千久,井尻幸成,佐々木裕美,川村英樹,山元拓哉,永吉隆作,坂本光,本木下亮,折原弘治,鄭忠和、小宮節郎. .  Toll-like Receptor2の細菌感染症マーカーとしての可能性. .  第32回日本骨・関節感染症学会,  第32回日本骨・関節感染症学会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    国内学会

  • 川村英樹,西 順一郎,徳田浩一,藺牟田直子,宮之原弘晃,善明美千久,小宮節郎. .  当科で検出された市中感染型(SCCmec IV)MRSAの頻度および薬剤感受性の検討. .  第32回日本骨・関節感染症学会  第32回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    国内学会

  • 川村英樹,西順一郎,藺牟田直子,徳田浩一,善明美千久,山元拓哉,石堂康弘,井尻幸成,小宮節郎. .  整形外科患者より分離された鼻腔および感染創由来MRSA株のagr遺伝子型、バイオフィルム形成能の検討. .  第32回日本骨・関節感染症学会  第32回日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    国内学会

  • 善明美千久,井尻幸成,佐々木裕美,川村英樹,山元拓哉,永吉隆作,坂本光,本木下亮,折原弘治,鄭忠和,小宮節郎. .  整形外科領域感染症におけるToll-like receptorの意義. .  第117回西日本整形・災害外科学会  第117回西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:久留米市  

    国内学会

  • 松元一明,茂見茜里,屋地慶子,猪川和朗,森川則文,宮之原弘晃,川村英樹,折田美千代,徳田浩一,西順一郎,山田勝士. .  MRSA検出率に対する抗菌薬、速乾性手指消毒薬および手袋の使用量の影響. .  第57回日本化学療法学会総会  第57回日本化学療法学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Kawano Y, Komiya S. .  Genotyping and quantitative analysis of biofilm formation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains from patients with orthopaedic infections. .  109th General Meeting of American Society for Microbiology  109th General Meeting of American Society for Microbiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Philadelphia, USA  

    国際学会

  • 川村英樹,西順一郎,藺牟田直子,徳田浩一,宮之原弘晃,善明美千久,小宮節郎. .  整形外科患者の鼻腔および感染創由来MRSA株の遺伝子型、バイオフィルム形成能の検討. .  第83回日本感染症学会総会  第83回日本感染症学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都.  

    国内学会

  • 茂見茜里,松元一明,屋地慶子,宮之原弘晃,川村英樹,折田美千代,徳田浩一,西順一郎,山田勝士. .  鹿児島大学病院における検出分離菌の抗菌薬に対する感受性の変動. .  第56回日本化学療法学会西日本支部総会  第56回日本化学療法学会西日本支部総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島市.  

    国内学会

  • 島田隆太郎, 川村英樹, 中川雅裕, 林協司, 川村英俊, 瀬戸口啓夫, 小宮節郎. .  頚部痛を主訴に整形外科外来を受診した後咽頭膿瘍の1例. .  第116回西日本整形・災害外科学会  第116回西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎市  

    国内学会

  • 川村英樹,川畑了大,山元拓哉,西順一郎,宮之原弘晃,横内雅博,小宮節郎. .  メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)院内感染発症要因の検討. .  第115回西日本整形・災害外科学会  第115回西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州市  

    国内学会

  • 植木啓美,森口和代,上村理沙,片山房江,川村英樹,永田和弥,花田法久,大熊利忠. .  PEG造説後の気腹症例. .  第23回日本静脈経腸栄養学会  第23回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 川村英樹,西順一郎,川畑了大,宮之原弘晃,山元拓哉,小宮節郎. .  整形外科病棟におけるMRSA感染症発症頻度の検討. .  第23回日本環境感染学会  第23回日本環境感染学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎市  

    国内学会

  • 花田法久,永田和弥,川村英樹,宇藤忍,山崎博志,田実敏郎,片山房江,大熊利忠. .  進行食道癌に対する放射線(化学)療法時の栄養療法について. .  第23回日本静脈経腸栄養学会  第23回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 田実敏郎,春木未津子,春田里美,松下昇司,鎌田みき子,茂原美紀,宇藤忍,川村英樹,永田和弥,花田法久,大熊利忠. .  当院における血清アルブミン値から見たNST介入方法の検討と介入件数の推移. .  第23回日本静脈経腸栄養学会  第23回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 森口和代,植木啓美,上村理沙,片山房江,川村英樹,永田和弥,花田法久,大熊利忠. .  CVCライン週1回と週2回交換の比較検討. .  第23回日本静脈経腸栄養学会  第23回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 福永雅史,川村英樹,山崎博志,鎌田みき子,中村千鶴子,永田和弥,花田法久,大熊利忠. .  NST介入により早期に栄養改善がみられた重症大腸炎の1症例. .  第23回日本静脈経腸栄養学会  第23回日本静脈経腸栄養学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 川村英樹,長嶺智徳,村山裕美,上野剛,安田智嗣,濱崎順一郎,山口俊一郎,有村俊明. .  熱傷に伴う市中MRSA感染症によるToxic shock syndromeの一例. .  第11回日本救急医学会九州地方会  第11回日本救急医学会九州地方会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島市  

    国際学会

  • 川村英樹,長嶺智徳,日高大介,中山浩一郎,柳田晶彦,川上百合子,丸目まり子,荒武真司,久保昌亮,徳田浩一. .  大腿骨頸部骨折患者における入院後感染症の検討. .  第22回日本環境感染学会  第22回日本環境感染学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 川村英樹,瀬戸口大典,今林徹,松永明,堂籠博,垣花泰之,上村裕一. .  約3ヶ月間の長期にわたり高気圧酸素療法(HBO)を施行した練炭による間歇型CO中毒の1症例. .  第33回日本集中治療医学会学術集会,  第33回日本集中治療医学会学術集会,

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 川村英樹,山元拓哉,鶴亜里沙,長友淑美,小宮節郎. .  妊婦に発生したメチシリン感受性黄色ブドウ球菌による化膿性仙腸関節炎の1症例. .  第110回西日本整形・災害外科学会  第110回西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宇部市  

    国内学会

  • 高橋佳子,山口俊一郎,川崎孝一,上村裕一,當房和己,川村英樹. .  術後冠動脈造影で確認された腹臥位手術中に冠動脈スパズムを呈した症例. .  日本麻酔科学会第52回学術集会  日本麻酔科学会第52回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 川村英樹, 東福勝宏, 宮口文宏, 横内雅博, 米和徳, 小宮節郎. .  多発性に発生した神経鞘腫の1例. .  第108 回西日本整形・災害外科学会  第108 回西日本整形・災害外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宜野湾市  

    国内学会

  • 川前博和,有村敏明,濱崎順一郎,菊池忠,川村英樹,福田美香. .  急性エチレンオキサイドガス中毒と思われる一症例. .  日本麻酔科学会第51回大会  日本麻酔科学会第51回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

  • 川村英樹,當房和己、山口俊一郎、上村裕一. .  Off-pump CABGにおけるTei indexの有用性. .  日本麻酔科学会第50回大会  日本麻酔科学会第50回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 川村英樹, 當房和己, 尾前毅, 中村哲子,川崎孝一,上村裕一. .  骨髄性プロトポルフィリン症患者に対する大動脈弁置換術の麻酔管理. .  日本臨床麻酔学会第22回大会  日本臨床麻酔学会第22回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:甲府市  

    国内学会

  • 中村哲子,當房和己,川村英樹,上村裕一. .  慢性期高位脊髄損傷合併に硬膜外麻酔で管理した症例. .  日本臨床麻酔学会第22回大会  日本臨床麻酔学会第22回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:甲府市  

    国内学会

  • 川村英樹, 川崎孝一, 當房和己, 松永明, 山口俊一郎, 上村裕一. .  不整脈源性右室異形成症患者の麻酔経験. .  日本臨床麻酔学会第21回大会  日本臨床麻酔学会第21回大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜市  

    国際学会

  • 川村英樹、松永明、川崎孝一,門田善民,上之薗達也,上村裕一. .  脳外科手術でなぜ高乳酸血症がおこるのか? .  日本麻酔科学会第48回大会  日本麻酔科学会第48回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 川村 英樹 .  整形外科領域感染症の診療 .  日本化学療法学会雑誌  2021年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  整形外科領域感染症におけるSCCmec II型MRSAの病原性・伝播リスクに関する検討 .  日本外科感染症学会雑誌  2019年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 川村 英樹 .  整形外科領域の感染症 整形外科感染症全般における抗菌化学療法 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  整形外科入院患者から検出されたMRSAに関する遺伝子タイピングによる伝播・発症要因の検討 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  整形外科における口腔ケア .  日本口腔ケア学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口腔ケア学会

  • 川村 英樹, 郡山 豊泰, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 有村 尚子, 稲森 彩, 福山 竜子, 舞木 公子 .  当院水周り環境でのカルバペネム耐性グラム陰性桿菌検出頻度 .  感染症学雑誌  2020年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 有村 尚子, 稲森 彩, 折田 美千代, 舞木 公子, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 藺牟田 直子, 茂見 茜里, 中村 隼人, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  当院救急病棟で発生したカルバペネマーゼ非産生超多剤耐性緑膿菌アウトブレイク .  緑膿菌感染症研究会講演記録  2020年9月  緑膿菌感染症研究会

  • 川村 英樹 .  当院における術後感染予防抗菌薬サーベイランスの有用性に関する検討 .  日本医療マネジメント学会雑誌  2018年5月  (NPO)日本医療マネジメント学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 中嶋 洋生, 天達 菜緒, 西 順一郎 .  当院における術後感染予防抗菌薬サーベイランスと適正使用活動の効果 .  日本化学療法学会雑誌  2018年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 児玉 祐一, 中村 隼人, 茂見 茜里, 藺牟田 直子, 安田 智嗣, 西 順一郎 .  当院ICUにおけるIMP-1遺伝子保有耐性Acinetobacter baumannii多発事例の終息にむけた活動の有用性の検討 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 川畑 恵, 折田 美千代, 有村 尚子, 中村 隼人, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 政元 いずみ, 橋口 照人, 西 順一郎 .  当院ICUで発生した薬剤耐性Acinetobacter baumannii多発事例における検出菌株の解析 .  日本臨床微生物学会雑誌  2018年12月  (一社)日本臨床微生物学会

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 鳥越 玉美, 吉満 桂子, 吉森 みゆき, 立和名 聖子, 土屋 香代子, 中野 智子, 濱田 亜弥, 宮原 広典, 川上 雅之, 有村 敏明, 西 順一郎, 鹿児島ICTネットワーク .  平成28年熊本地震に伴う宇土地区避難所感染性胃腸炎対策支援活動 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2017年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 宮原 広典, 西 順一郎, 小川 信, 松尾 敏明, 鳥越 玉美, 吉満 桂子, 吉森 みゆき, 立和名 聖子, 土屋 香代子, 池田 琢哉, 尾崎 建, 本多 靖洋, 伊藤 順子 .  平成28年熊本地震に伴う宇土地区における避難所インフルエンザ対策支援活動 .  感染症学雑誌  2017年5月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 中村 隼人, 西 順一郎, 天達 菜緒, 中嶋 洋生 .  届出入力へのチェックリスト追加およびバンドル活用によるフィードバックがカルバペネム系薬適正使用に与える影響 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 藺牟田 直子, 大岡 唯祐, 古城 剛, 徳田 浩一, 川村 英樹, 吉家 清貴, 西 順一郎 .  小児腸管由来のESBL産生大腸菌における病原遺伝子保有状況(2001〜2013) .  感染症学雑誌  2017年3月  (一社)日本感染症学会

  • 藺牟田 直子, 大岡 唯祐, 古城 剛, 児玉 祐一, 川村 英樹, 吉家 清貴, 西 順一郎 .  小児腸管由来ESBL産生K1陽性大腸菌O1・O18株の遺伝的背景の検討 .  感染症学雑誌  2018年3月  (一社)日本感染症学会

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 福元 裕介, 中島 誠, 川村 英樹 .  専門資格を有する多職種連携による抗菌薬適正使用支援活動による提言・受入の効果 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 森岡 悠, 大毛 宏喜, 長尾 美紀, 加藤 英明, 小門 諒平, 山田 康一, 山田 尚広, 下野 信行, 貫井 陽子, 吉原 真吾, 酒巻 一平, 野坂 生郷, 久保 有子, 川村 英樹, 藤倉 雄二, 北浦 剛, 八木 哲也, 砂川 光宏 .  大学病院における周術期抗菌薬使用の実態 .  日本化学療法学会雑誌  2021年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 有村 尚子, 折田 美千代, 川村 英樹 .  多剤耐性菌アウトブレイク 多剤耐性アシネトバクター複数検出事例における感染対策再教育プログラムの実施 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 有嶋 拓郎, 垣花 泰之, 川村 英樹, 原浦 博行, 望月 礼子, 二木 貴弘, 江口 智洋, 中 弁護, 大隣 貴仁, 中村 隼人 .  多剤耐性緑膿菌のアウトブレイクに対するリスクコミュニケーションの経験 .  日本臨床救急医学会雑誌  2019年4月  (一社)日本臨床救急医学会

  • 川村 英樹 .  外科病棟におけるアウトブレイク対策 アウトブレイク時に取るべき病院の対応(対外的な対応) .  日本外科感染症学会雑誌  2019年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 川村 英樹, 西 順一郎 .  地方から始める特色を生かした感染対策 鹿児島感染制御ネットワークの取り組み .  感染症学雑誌  2020年3月  (一社)日本感染症学会

  • 小松 真成, 山口 浩樹, 大山 陽子, 能勢 裕久, 具 芳明, 塚田 訓久, 久保園 高明, 川村 英樹, 西 順一郎, 新田 哲也 .  地域で、多職種で創るAMR対策 鹿児島における新たなワークショップの開催報告 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  周術期抗菌薬の問題点 整形外科領域における抗菌薬局所投与の是非と最新のエビデンス .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  周術期抗菌薬の問題点 整形外科領域における抗菌薬局所投与の是非と最新のエビデンス .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 藺牟田 直子, 岡田 聡司, 児玉 祐一, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 川村 英樹, 大岡 唯祐, 吉家 清貴, 中山 浩一郎, 御供田 睦代, 西 順一郎 .  同一患児から経時的に検出された菌種の異なるカルバペネマーゼ産生腸内細菌科細菌4株の解析 .  日本臨床微生物学会雑誌  2018年12月  (一社)日本臨床微生物学会

  • 藺牟田 直子, 児玉 祐一, 川村 英樹, 郡山 豊泰, 西 順一郎, 隅田 泰生, 福山 竜子 .  勤務中の医療従事者を対象とした唾液からのインフルエンザウイルス高感度検査法の検討 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 中村 隼人, 二木 貴弘, 安田 智嗣, 茂見 茜里, 藺牟田 直子, 川村 英樹, 垣花 泰之, 西 順一郎 .  内因性眼内炎と感染性脳塞栓を合併したG群レンサ球菌菌血症の1例 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 植田 貴史, 浜田 幸宏, 竹末 芳生, 中嶋 一彦, 福永 景子, 宮崎 泰可, 中田 奈々, 長尾 美紀, 川村 英樹, 茂見 茜里, 海老原 文哉, 木村 利美, 池亀 和博, 宮崎 義継 .  侵襲性カンジダ症に対するマネジメントのための臨床実践ガイドライン、発表に向けて TDMに基づいたボリコナゾールの投与設計 .  日本医真菌学会雑誌  2020年9月  (一社)日本医真菌学会

  • 天達 菜緒, 茂見 茜里, 川村 英樹, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  使用状況評価に基づいた経口第3世代セファロスポリン系抗菌薬適正使用活動の効果 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 牧田 恵, 折田 美千代, 西 順一郎, 川村 英樹, 鹿児島感染制御ネットワーク .  介護施設からの持ち込みによるノロウイルス胃腸炎のアウトブレイク対応 鹿児島感染制御ネットワークの活用 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹 .  三学会ジョイントシンポジウム「敗血症への対策」 敗血症の予防 .  感染症学雑誌  2020年3月  (一社)日本感染症学会

  • 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕 .  三学会ジョイントシンポジウム「敗血症への対策」 世界と日本における敗血症の疫学研究 sepsis registryからのメッセージ .  感染症学雑誌  2020年3月  (一社)日本感染症学会

  • 有村 昂太朗, 茂見 茜里, 川村 英樹, 天達 菜緒, 児玉 祐一, 西 順一郎, 武田 泰生 .  リファンピシン単剤治療でリファンピシン耐性を誘導したMRSAによる人工関節感染の1例 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 植田 貴史, 浜田 幸宏, 竹末 芳生, 中嶋 一彦, 福永 景子, 宮崎 泰可, 中田 奈々, 長尾 美紀, 川村 英樹, 茂見 茜里, 海老原 文哉, 木村 利美, 池亀 和博, 宮崎 義継 .  ボリコナゾールのTDMを用いた投与設計と副作用の発現 多施設研究 .  日本医真菌学会雑誌  2020年9月  (一社)日本医真菌学会

  • 川村 英樹, 有村 尚子, 稲森 彩, 折田 美千代, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 西 順一郎, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 中牧 晋太朗, 山田 優子, 新山 修平, 安田 智嗣 .  プロセス指標を組み入れた当院ICUにおけるIMP-1遺伝子保有耐性Acinetobacter baumannii多発事例対応 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 山下 翔太, 政所 祐太郎, 宮本 昇太郎, 古別府 裕明, 川村 英樹, 伊藤 隆史, 安田 智嗣, 新山 修平, 上國料 千夏, 垣花 泰之 .  ニボルマブによる化学療法中に心筋炎を発症した一例 .  日本集中治療医学会雑誌  2019年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 新門 翠, 川村 英樹, 久保 祐輝, 馬場 敬太, 中 弁護, 政所 祐太郎, 宮本 昇太郎, 江口 智洋, 寺田 晋作, 垣花 泰之 .  セフェピム塩酸塩投与により意識障害を呈した緑膿菌菌血症の一例 .  日本集中治療医学会雑誌  2017年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 福元 裕介, 中島 誠, 川村 英樹 .  スルバクタム/アンピシリン供給停止による広域抗菌薬の使用への影響 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 有村 尚子, 川村 英樹, 折田 美千代, 稲森 彩, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  シャワートロリーがリザーバーと考えられるInternational clone II Acinetobacter baumanniiの伝播事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 西 順一郎 .  サーベイランス実施による鹿児島大学病院の術後感染予防抗菌薬適正使用活動の効果 .  日本外科感染症学会雑誌  2017年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 天達 菜緒, 中嶋 洋生, 中村 隼人, 児玉 祐一, 西 順一郎, 金澤 直子, 鹿児島大学病院AST .  サーベイランスに基づく当院のMRSA感染症発症例に対する抗菌薬適正使用支援活動が薬剤選択と転帰へ与える影響 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 福家 良太, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 松田 直之, Japan Sepsis Alliance .  グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? 敗血症の後遺症を減らす! PICS対策 .  日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 井上 貴昭, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 松田 直之, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance .  グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? パンデミック時の救急患者トリアージ .  日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 松嶋 麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 松田 直之, Japan Sepsis Alliance .  グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? パンデミック時の「命の選択」 .  日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, Japan Sepsis Alliance .  グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? COVID-19の検査・診断と感染対策 .  日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 藤島 清太郎, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 松田 直之, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance .  グローバル感染症・敗血症にどう対処するか? COVID-19による急性呼吸不全、敗血症の主病態 .  日本救急医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本救急医学会

  • 川村 英樹, 柳原 克紀, 中川 聡, 小倉 裕司, 松村 康史, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 田中 裕, 西村 匡司, 舘田 一博, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 薬剤耐性菌への感染対策 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 松村 康史, 柳原 克紀, 中川 聡, 小倉 裕司, 川村 英樹, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 田中 裕, 西村 匡司, 舘田 一博, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 薬剤耐性菌の検査法と抗菌薬適正使用 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 志馬 伸朗, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 井上 貴昭, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 敗血症における抗菌薬の使い分け .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 小児敗血症対策 予防と早期発見で何ができるか .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 中田 孝明, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 世界の敗血症疫学研究の今 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 松田 直之, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! 世界の多臓器傷害研究の今 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 井上 茂亮, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 松嶋 麻子, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 川村 英樹, 松村 康史, 舘田 一博, 西村 匡司, 田中 裕, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! グローバルな敗血症PICS対策 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 斎藤 浩輝, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松嶋 麻子, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! WHOの敗血症対策 多分野にわたる、組織を越えた連携を目指して .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 松嶋 麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  グローバルな感染症・敗血症対策を知ろう! Global Sepsis Alliance(GSA) 2020年までの5つの目標と対策 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 植田 貴史, 竹末 芳生, 時松 一成, 宮崎 泰可, 本川 奈々, 長尾 美紀, 三鴨 廣繁, 山岸 由佳, 吉原 真吾, 浮村 聡, 吉田 耕一郎, 岩崎 尚美, 掛屋 弘, 山田 康一, 川村 英樹, 遠藤 和夫, 吉岡 睦展, 網野 かよ子, 日本医真菌学会関西支部「深在性真菌症研究会」 .  カンジダ血症患者におけるカンジダ性眼病変の全国多施設調査 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 本川 奈々, 宮崎 泰可, 竹末 芳生, 植田 貴史, 三鴨 廣繁, 山岸 由佳, 掛屋 弘, 川村 英樹, 泉川 公一, 柳原 克紀, 河野 茂, 迎 寛 .  カンジダ血症の血液培養複数回陽性に関連する因子の検討 多施設共同後ろ向き観察研究 .  Medical Mycology Journal  2017年9月  (一社)日本医真菌学会

  • 植田 貴史, 竹末 芳生, 中嶋 一彦, 宮崎 泰可, 本川 奈々, 三鴨 廣繁, 山岸 由佳, 長尾 美紀, 川村 英樹, 掛屋 弘, 山田 康一, 宮崎 義継 .  カンジダ血症に対するManagement bundleのチェックリストとしての活用 多施設研究 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  カテーテル感染の診断と治療 MRSAによるカテーテル関連血流感染症の予防と治療 .  日本外科感染症学会雑誌  2017年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 松嶋 麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  オリンピック・パラリンピックで敗血症は増えるのでしょうか?東京オリンピック・パラリンピックに向けたマスギャザリング・メディシン .  日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

  • 冨永 博之, 川村 英樹, 河村 一郎, あべ松 昌彦, 石堂 康弘, 山元 拓哉, 小宮 節郎 .  インストルメントを用いた脊椎術後感染における抜去因子 .  Journal of Spine Research  2017年3月  (一社)日本脊椎脊髄病学会

  • 茂見 茜里, 天達 菜緒, 中嶋 洋生, 川村 英樹, 児玉 祐一, 西 順一郎, 武田 泰生, 中村 隼人 .  アミカシンのTDMの実施状況とトラフ濃度と腎毒性発現との関連性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 有村 尚子, 稲森 彩, 中村 隼人, 茂見 茜里, 折田 美千代, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 中牧 晋太朗, 新山 修平, 安田 智嗣 .  アウトブレイク時の対応:Acinetobacter、CRE、VRE、C.difficile 当院ICUにおけるIMP-1遺伝子保有耐性Acinetobacter baumannii多発事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹 .  アウトブレイクの予防・対応 当院の経験から .  日本外科感染症学会雑誌  2020年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 畑 啓昭, 川村 英樹, 四宮 聡, 針原 康, 松沼 早苗 .  SSI防止対策 最近のガイドラインを比較検討する .  日本手術医学会誌  2020年11月  日本手術医学会

  • 川村 英樹, 天達 菜緒, 茂見 茜里 .  SSI対策:ガイドラインの現場での標準化 術後感染予防抗菌薬の標準化 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 宮本 昇太郎, 川村 英樹, 垣花 泰之, 安田 智嗣, 柳元 孝介, 二木 貴弘, 寺田 晋作, 政所 祐太郎, 中 弁護, 馬場 敬太 .  Rapid Response System(RRS)対応例における敗血症診断に関するqSOFAの有用性 .  日本集中治療医学会雑誌  2017年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 川村 英樹 .  MRSA感染に対する抗菌薬適正使用支援(Antimicrobial Stewardship) 鹿児島大学病院の取り組み .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  MRSA感染に対する抗菌薬適正使用支援(Antimicrobial Stewardship) 鹿児島大学病院の取り組み .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 藺牟田 直子, 川村 英樹, 児玉 祐一, 茂見 茜里, 荒川 宜親, 菅井 基行, 西 順一郎, 鈴木 里和, 松井 真理, 甲斐 久美子, 鹿住 祐子, 飯島 杏奈, 川村 久美子, 鈴木 匡弘, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 中山 浩一郎, 御供田 睦代, 大岡 唯祐 .  IMP-1産生多剤耐性Acinetobacter属菌の遺伝子タイピングとプラスミド・レプリコンタイピング .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 古城 剛, 徳田 浩一, 安田 智嗣, 垣花 泰之, 西 順一郎 .  ICUにおける緑膿菌薬剤感受性と抗菌薬使用密度・抗菌薬均質度(AHI)の関連に関する検討 .  感染症学雑誌  2017年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 中村 隼人, 児玉 祐一, 安田 智嗣, 新山 修平, 西 順一郎, 天達 菜緒, 金澤 直子 .  ICUにおける多剤耐性アシネトバクター多発事例終息を目的としたカルバペネム系抗菌薬の一部許可制導入効果 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  Global traveling・AMR時代における敗血症対策 集中治療医が知っておくべき新興・再興感染症 .  日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

  • 松嶋 麻子, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  Global traveling・AMR時代における敗血症対策 敗血症のリスク因子と日本の現状 .  日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

  • 川村 英樹 .  Acinetobacter属による医療関連感染から学んだこと、これから解決すべきこと 鹿児島大学病院ICUにおけるIMP-1遺伝子保有耐性Acinetobacter baumannii多発事例対応 .  緑膿菌感染症研究会講演記録  2020年9月  緑膿菌感染症研究会

  • 中村 隼人, 二木 貴弘, 安田 智嗣, 茂見 茜里, 藺牟田 直子, 児玉 祐一, 川村 英樹, 垣花 泰之, 西 順一郎 .  2剤耐性株の耐性化・伝播が示唆されたICUにおける多剤耐性Acinetobacter baumannii検出例 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 中村 隼人, 川村 英樹, 辻 紘明, 大隣 貴仁, 白石 一光, 中 弁護, 久保 祐輝, 馬場 敬太, 安田 智嗣, 垣花 泰之 .  2剤耐性株が耐性化・伝播したと考えられる多剤耐性Acinetobacter baumanniiの検出例 .  日本集中治療医学会雑誌  2018年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 原浦 博行, 有嶋 拓郎, 垣花 泰之, 安田 智嗣, 望月 礼子, 二木 貴弘, 江口 智洋, 中 弁護, 大隣 貴仁, 川村 英樹, 中村 隼人 .  救急病棟における多剤耐性緑膿菌アウトブレイクを受けて 対応と影響、今後の課題 .  日本救急医学会雑誌  2019年9月  (一社)日本救急医学会

  • 有嶋 拓郎, 恒花 泰之, 安田 智嗣, 伊藤 隆史, 柳元 孝介, 内山 奈美, 二木 貴弘, 原浦 博行, 古別府 裕明, 川村 英樹, 山口 桂司 .  救急医療を安全に学ぶ機会と実践する機会の創造 鹿児島大学の挑戦 .  日本救急医学会雑誌  2017年9月  (一社)日本救急医学会

  • 宮本 愛, 榎木 裕紀, 田口 和明, 天達 菜緒, 金澤 直子, 牛之濱 風見, 茂見 茜里, 武田 泰生, 川村 英樹, 西 順一郎, 安田 智嗣, 垣花 泰之, 松元 一明 .  持続的血液濾過透析(CHDF)施行時における抗菌薬の薬物動態に関する研究 .  日本薬学会年会要旨集  2020年3月  (公社)日本薬学会

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 福元 裕介, 中島 誠, 川村 英樹 .  抗菌薬適正使用支援活動による広域抗菌薬使用状況への影響 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 山口 浩樹, 茂見 茜里, 原口 正臣, 濱田 亜弥, 西 順一郎, 鹿児島感染制御ネットワーク .  抗菌薬適正使用をどう進める?感染症専門医がいない施設の取組み 地域ネットワークのパネルディスカッションによる職種別抗菌薬適正使用支援活動の検討 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 浜田 幸宏, 植田 貴史, 長尾 美紀, 川村 英樹, 福永 景子, 中田 奈々, 宮崎 泰可, 木村 利美, 竹末 芳生 .  抗菌薬TDMガイドライン:再改定に向けて始動 ボリコナゾール(VRCZ) .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 浜田 幸宏, 植田 貴史, 長尾 美紀, 川村 英樹, 福永 景子, 中田 奈々, 宮崎 泰可, 木村 利美, 竹末 芳生 .  抗菌薬TDMガイドライン2019 再改訂のポイント ボリコナゾールTDMに関する多施設調査とTDMガイドラインの改訂点 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 福元 裕介, 中島 誠, 茂見 茜里, 川村 英樹 .  抗菌薬TDMガイドライン2016改訂版に基づくバンコマイシン注の初期投与による早期目標トラフの達成状況 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 天達 菜緒, 茂見 茜里, 川村 英樹, 児玉 祐一, 中村 隼人, 西 順一郎, 武田 泰生, 寺薗 英之 .  抗真菌薬サーベイランスによる抗真菌薬使用状況の評価と適正使用支援活動の有用性の検討 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 梅崎 靖弘, 茂見 茜里, 川村 英樹, 徳田 浩一, 西 順一郎, 武田 泰生 .  抗真菌薬サーベイランスによる当院の抗真菌薬使用状況評価と適正使用介入の必要性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2017年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  抗MRSA薬の適正使用 骨・関節感染症の治療(抗MRSA薬の使い分け) .  日本外科感染症学会雑誌  2019年10月  (一社)日本外科感染症学会

  • 川村 英樹 .  手術部位感染の予防 整形外科領域の手術部位感染対策 .  日本化学療法学会雑誌  2017年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  手術部位感染(SSI)の原因と対策、特に予防的抗菌薬の適正使用と注意点 .  日本ペインクリニック学会誌  2019年6月  (一社)日本ペインクリニック学会

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 有村 敏明, 西 順一郎, 鹿児島ICTネットワーク .  感染管理リスクアセスメント・症候群サーベイランスを活用した平成28年熊本地震宇土市避難所感染対策支援活動 .  Japanese Journal of Disaster Medicine  2017年2月  (一社)日本災害医学会

  • 佃屋 剛, 川村 英樹, 中村 隼人, 谷口 淳一郎, 柳元 孝介, 二木 貴弘, 山口 桂司, 安田 智嗣, 有嶋 拓郎, 垣花 泰之 .  急性呼吸促迫症候群を呈した粟粒結核にトリコスポロン菌血症を合併した1例 .  日本集中治療医学会雑誌  2017年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 佃屋 剛, 川村 英樹, 十時 崇彰, 中村 隼人, 谷口 淳一郎, 柳元 孝介, 二木 貴弘, 安田 智嗣, 有嶋 拓郎, 垣花 泰之 .  急性呼吸促迫症候群を呈した気道粘膜病変を伴う原発性水痘肺炎の1例 .  日本集中治療医学会雑誌  2018年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  日本の敗血症対策 Global Sepsis Alliance(GSA)と日本の取組み .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  黄色ブドウ球菌感染症の診断と治療戦略、および予防の今日的課題 MRSAによる皮膚軟部組織感染症・手術部位感染症の予防と治療 .  日本化学療法学会雑誌  2018年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  黄色ブドウ球菌感染症の診断と治療戦略、および予防の今日的課題 MRSAによる皮膚軟部組織感染症・手術部位感染症の予防と治療 .  感染症学雑誌  2018年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 徳田 浩一, 有村 敏明, 西 順一郎 .  鹿児島県における救急隊員の病院前救護活動における感染対策実施状況 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2017年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 西 順一郎, 藺牟田 直子, 児玉 祐一, 川村 英樹, 常 彬 .  鹿児島県における小児と成人の侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)サーベイランス .  日本細菌学雑誌  2018年2月  日本細菌学会

  • 藺牟田 直子, 児玉 祐一, 川村 英樹, 常 彬, 西 順一郎 .  鹿児島県における小児と成人の侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)サーベイランス .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 天達 菜緒, 中嶋 洋生, 中村 隼人, 児玉 祐一, 西 順一郎, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 有村 尚子, 折田 美千代, 鹿児島感染制御ネットワーク .  鹿児島感染制御ネットワークにおける抗菌薬サーベイランスを活用した鹿児島県下の抗菌薬使用動向把握に向けた取り組み .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 郡山 豊泰, 古城 剛, 大山 陽子, 橋口 照人, 西 順一郎 .  鹿児島感染制御サーベイランスシステムによる鹿児島県の薬剤耐性菌検出状況 .  日本臨床微生物学雑誌  2017年12月  (一社)日本臨床微生物学会

  • 川村 英樹, 藺牟田 直子, 茂見 茜里, 西 順一郎, 舞木 公子, 福山 竜子, 橋口 照人 .  鹿児島感染制御サーベイランスシステムによるMRSAの検出状況 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 寺田 晋作, 二木 貴弘, 山口 桂司, 古別府 裕明, 柳元 孝介, 安田 智嗣, 徳田 浩一, 西 順一郎, 垣花 泰之, 内山 奈美, 宮本 昇太郎, 政所 祐太郎, 福元 幸志, 有嶋 拓郎 .  鹿児島大学病院におけるRapid Response System(RRS)対応患者に対する感染症診療支援の状況 .  感染症学雑誌  2017年5月  (一社)日本感染症学会

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 有村 昂太朗, 天達 菜緒, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  鹿児島大学病院での真菌血症におけるカンジダ属の分離状況と抗真菌薬感受性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 茂見 茜里, 古城 剛, 郡山 豊泰, 徳田 浩一, 安田 智嗣, 垣花 泰之, 西 順一郎 .  鹿児島大学病院ICUにおける緑膿菌薬剤感受性率と抗菌薬使用密度・抗菌薬均質度(AHI)の関連 .  緑膿菌感染症研究会講演記録  2017年12月  緑膿菌感染症研究会

  • 児玉 祐一, 川村 英樹, 徳田 浩一, 中村 隼人, 茂見 茜里, 郡山 豊泰, 藺牟田 直子, 河野 嘉文, 西 順一郎 .  髄膜炎菌感染症患者との濃厚接触者に対する抗菌薬予防投与事例の検討 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  骨・関節感染症の予防と治療 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  骨・軟部組織感染症とMRSA伝播防止 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  骨・軟部組織感染症とMRSA伝播防止 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 永野 聡, 瀬戸口 啓夫, 冨永 博之, 小宮 節郎, 茂見 茜里, 徳田 浩一, 西 順一郎 .  非保菌者におけるMRSA整形外科領域手術部位感染発症リスクの検討 .  日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集  2017年6月  (一社)日本骨・関節感染症学会

  • 川村 英樹, 神谷 元, 濱田 結花, 鹿児島県新型コロナウイルス感染症調整本部感染症チーム .  離島での新型コロナウイルス感染症クラスター発生に対する緊急保健支援チーム(C-HEAT)活動の有用性 .  感染症学雑誌  2021年4月  (一社)日本感染症学会

  • 折田 美千代, 有村 尚子, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 川村 英樹, 西 順一郎, 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 中牧 晋太朗 .  集中治療室における擦式手指消毒薬使用回数増加への取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹, 中村 隼人, 新山 修平, 安田 智嗣, 垣花 泰之 .  集中治療室における感染管理の工夫 当院ICUにおけるIMP-1遺伝子保有耐性Acinetobacter baumannii多発事例への対応 .  日本集中治療医学会雑誌  2019年2月  (一社)日本集中治療医学会

  • 大柿 雅恵, 池田 知子, 浜田 亜弥, 折田 美千代, 川村 英樹 .  連携医療機関における訪問ラウンドが早期終息に有効であったインフルエンザアウトブレイク事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 折田 美千代, 川村 英樹, 児玉 祐一, 稲森 彩, 有村 尚子, 西 順一郎 .  迅速検査陰性患者を発端とする小児病棟におけるノロウイルス集団感染事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2018年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹, 稲森 彩, 折田 美千代, 児玉 祐一, 西 順一郎, 井口 光孝, 八木 哲也 .  要因解析を用いた集中治療室における手指衛生改善の試み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2018年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹 .  術後合併症アセスメントのコツ インプラント感染 人工関節感染の診断から治療まで .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 川村 英樹 .  術前MRSA保菌者対策 MRSA保菌者対策の問題点 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌対策に活かす職種連携を考える アウトブレイク時の迅速な連携 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌対策に活かす職種連携を考える アウトブレイク時の迅速な連携 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性時代における抗菌薬適正使用〜集中治療室で私たちに求められること〜 集中治療室における抗菌薬適正使用の意味 .  日本集中治療医学会雑誌  2020年9月  (一社)日本集中治療医学会

  • 川村 英樹 .  自施設でどのようなデータを集計・解析し、誰に何を伝えるか .  日本化学療法学会雑誌  2017年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 大川 政士, 門野 潤, 基 俊介, 北薗 巌, 川村 英樹, 井本 浩 .  肝・膵手術後のClostridium difficile(CD)感染症の危険因子の検討 .  日本外科学会定期学術集会抄録集  2017年4月  (一社)日本外科学会

  • 川村 英樹 .  耐性菌の1例検出時とアウトブレイク時の対策 多剤耐性アシネトバクター .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 郡山 豊泰, 福山 竜子, 舞木 公子, 川畑 恵, 政元 いずみ, 藺牟田 直子, 川村 英樹, 西 順一郎, 橋口 照人 .  耐性Acinetobacter属を目的とした環境培養時におけるCROMagar mSuperCarba培地の性能評価 .  日本臨床微生物学会雑誌  2018年12月  (一社)日本臨床微生物学会

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 福元 裕介, 中島 誠, 川村 英樹, 濱田 亜弥, 折田 富之, 松山 克江, 片井 留美 .  経時解析に基づく中規模病院における抗菌薬適正使用支援の有用性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2019年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 天達 菜緒, 茂見 茜里, 川村 英樹, 児玉 祐一, 中嶋 洋生, 西 順一郎, 武田 泰生 .  経口第3世代セファロスポリン系抗菌薬使用状況評価に基づく取り組みの効果 .  日本化学療法学会雑誌  2018年4月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹 .  終息判断にプロセス指標を組み入れた多剤耐性アシネトバクター多発事例対応 .  日本医療マネジメント学会雑誌  2020年10月  (NPO)日本医療マネジメント学会

  • 児玉 祐一, 大岡 唯祐, 藺牟田 直子, 川村 英樹, 西 順一郎, 河野 嘉文 .  真菌rRNA遺伝子領域の増幅で診断したSterigmatomyces halophilus肝膿瘍の小児例 .  感染症学雑誌  2018年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹, 稲森 彩, 折田 美千代, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  監視培養と遺伝子タイピングに基づくICUにおけるMRSA伝播状況 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2018年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 永野 孝哲, 榎田 貴志, 倉ヶ崎 陽子, 福島 悦子, 川村 英樹, 松永 明 .  特定機能病院手術室での縫合針による針刺し発生要因の検討 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2018年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 中野 智子, 川上 雅之, 川村 英樹, 徳田 浩一, 西 順一郎, 鹿児島ICTネットワーク .  熊本地震直後の避難所感染対策の実情と問題 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2017年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 徳田 浩一, 川村 英樹, 鳥越 玉美, 吉満 桂子, 吉森 みゆき, 立和名 聖子, 土屋 香代子, 中野 智子, 宮原 広典, 川上 雅之, 西 順一郎, 鹿児島ICTネットワーク .  熊本地震後早期に避難所で開始した症候群サーベイランス .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2017年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 児玉 祐一, 岡田 聡司, 川村 英樹, 郡山 豊泰, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 河野 嘉文 .  無莢膜型髄膜炎菌による菌血症を発症した急性リンパ性白血病の小児例 .  感染症学雑誌  2019年3月  (一社)日本感染症学会

  • 天達 菜緒, 川村 英樹, 有村 昂太朗, 茂見 茜里, 中村 隼人, 児玉 祐一, 西 順一郎, 武田 泰生 .  注射用第四世代セファロスポリン系抗菌薬の適正使用活動への取り組みとその効果 .  日本化学療法学会雑誌  2020年9月  (公社)日本化学療法学会

  • 川村 英樹, 郡山 豊泰, 児玉 祐一, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 有村 尚子, 稲森 彩, 舞木 公子, 福山 竜子, 大岡 唯祐 .  水周り環境汚染が関与したと考えられるIMP-1陽性耐性Acinetobacter seifertii検出事例 .  感染症学雑誌  2020年3月  (一社)日本感染症学会

  • 川村 英樹 .  欧米ガイドラインからみた手術部位感染予防対策 整形外科領域における術後感染予防抗菌薬 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2018年2月  (一社)日本環境感染学会

  • 尾田 一貴, 木村 利美, 辻 泰弘, 庄司 健介, 高橋 佳子, 松元 一明, 川村 英樹, 竹末 芳生 .  日本化学療法学会 抗菌薬TDMガイドライン作成委員会 TDMソフトウェア開発ワーキンググループ報告 バンコマイシンのAUC-guided TDMを可能とするWebアプリの開発 .  日本化学療法学会雑誌  2021年3月  (公社)日本化学療法学会

  • 中田 孝明, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  日本の敗血症対策 敗血症の早期発見 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 中田 孝明, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  日本の敗血症対策 敗血症の早期発見 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 井上 茂亮, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  日本の敗血症対策 免疫老化と高齢者敗血症 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 井上 茂亮, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  日本の敗血症対策 免疫老化と高齢者敗血症 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 齋藤 浩輝, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  日本の敗血症対策 WHOと世界の敗血症対策 .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 齋藤 浩輝, 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司 .  日本の敗血症対策 WHOと世界の敗血症対策 .  日本化学療法学会雑誌  2020年5月  (公社)日本化学療法学会

  • 中川 聡, 小倉 裕司, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 松田 直之, 福家 良太, 薬師寺 泰匡, 剱持 雄二, 齋藤 浩輝, 狩野 謙一, 舘 昌美, 井上 貴昭, 志馬 伸朗, 中田 孝明, 藤島 清太郎, 川村 英樹, 松村 康史, 松嶋 麻子, 田中 裕, 舘田 一博, 西村 匡司, Japan Sepsis Alliance .  日本の敗血症対策 Global Sepsis Alliance(GSA)と日本の取組み .  感染症学雑誌  2020年5月  (一社)日本感染症学会

  • 吉森 みゆき, 齋藤 潤栄, 土屋 香代子, 中野 智子, 仮重 喜代美, 濱田 亜弥, 酒井 真博, 橋本 丈代, 川村 英樹 .  鹿児島県感染症チームによる医療機関への継続的クラスター支援 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 齋藤 潤栄, 吉森 みゆき, 土屋 香代子, 中俣 和幸 .  鹿児島県内における行政・医師会と連携した地域でのCOVID-19感染制御活動 .  日本医療マネジメント学会雑誌  2022年7月  (NPO)日本医療マネジメント学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中村 政敏, 舞木 公子, 福山 竜子, 小濱 祐行, 川畑 恵, 佐藤 香奈子, 政元 いずみ, 茂見 茜里, 川村 英樹, 西 順一郎, 橋口 照人 .  鹿児島感染制御サーベイランスによる鹿児島県の薬剤耐性菌の動向調査 .  医療検査と自動化  2021年8月  (一社)日本医療検査科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 吉森 みゆき, 中俣 和幸, 神谷 元 .  離島での新型コロナウイルス感染症クラスター発生に対する緊急保健支援チーム活動の有用性 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 齋藤 潤栄, 吉森 みゆき, 土屋 香代子, 立和名 聖子, 川村 英樹 .  障害者支援施設等の感染防止対策のための相談・支援等事業の取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2022年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 天達 菜緒, 茂見 茜里, 川村 英樹, 金澤 直子, 有村 昂太朗, 下野 奨平, 才田 隆一, 児玉 祐一, 寺薗 英之, 西 順一郎, 武田 泰生, 政所 祐太郎, 二木 貴弘, 新山 修平 .  酪酸菌(宮入菌)製剤投与中にClostridium butyricum菌血症を併発した重症COVID-19患者の1例 .  日本化学療法学会雑誌  2023年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 齋藤 潤栄, 吉森 みゆき, 土屋 香代子, 前永 和枝, 立和名 聖子, 堀之内 ルミ, 秋山 久美, 成 美智代, 宮園 孝子, 有村 尚子, 深見 友美, 川村 英樹 .  行政と連携した医療機関・介護事業所へのCOVID-19感染症対策の訪問支援の取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 浜田 結花, 新川 奈緒美, 川村 英樹, 神谷 元 .  血液内科病棟を有する医療機関で複数例確認されたカシリビマブ/イムデビマブ逃避変異を示すデルタ株AY.29系統検出事例 .  日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集  2023年3月  日本感染症学会・日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌感染症への挑戦 COVID-19流行下における抗菌薬の適正使用 .  日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集  2023年3月  日本感染症学会・日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌感染症への挑戦 COVID-19流行下における抗菌薬の適正使用 .  日本化学療法学会雑誌  2023年7月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌感染制御のUp to date 外科領域の薬剤耐性菌の感染制御 .  日本化学療法学会雑誌  2022年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  職種連携 日常とアウトブレイク .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 才田 隆一, 川村 英樹, 児玉 祐一, 茂見 茜里, 有村 尚子, 西 順一郎 .  看護師特定行為研修修了者によるAS活動 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 才田 隆一, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 西 順一郎, 有村 尚子 .  症候群サーベイランスが早期探知につながったオミクロン株による院内COVID-19集団感染事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2022年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 有村 尚子, 川村 英樹, 才田 隆一, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  清拭タオルの汚染が要因と考えられた複数病棟でのBacillus cereus菌血症多発事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  業務フロー作成による新型コロナワクチン大規模接種会場運営支援の経験 .  感染症学雑誌  2022年3月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  新型コロナウイルス感染症流行下における感染症対策 .  NEUROINFECTION  2022年10月  日本神経感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  整形外科領域の周術期感染予防 MRSAなどの薬剤耐性菌対策、周術期抗菌薬の考え方 .  日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance .  救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 高齢者施設におけるCOVID-19クラスター対応 .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 志馬 伸朗, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance .  救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 重症・重篤例に対する治療の実際 (ECMOを含む) .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中田 孝明, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松嶋 麻子, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance .  救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 救急外来における疑い例を含めたトリアージ・対策 .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松嶋 麻子, 小倉 裕司, 中川 聡, 柳原 克紀, 井上 茂亮, 井上 貴昭, 狩野 謙一, 川村 英樹, 川村 雄介, 鍬方 安行, 剱持 雄二, 斎藤 浩輝, 志馬 伸朗, 舘 昌美, 舘田 一博, 中田 孝明, 福家 良太, 藤島 清太郎, 松田 直之, 薬師寺 泰匡, Japan Sepsis Alliance .  救急・集中治療・感染症の連携した新型コロナウイルス感染症対応 パンデミックにおける重症患者の治療選択 .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 才田 隆一, 川村 英樹, 児玉 祐一, 茂見 茜里, 西 順一郎, 有村 尚子 .  抗菌薬適正支援活動における看護師特定行為の役割 .  日本化学療法学会雑誌  2022年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  抗菌薬含有骨セメント/人工骨を有効活用するために 抗菌薬含有セメント・人工骨を感染制御の見地から .  日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集  2022年7月  (一社)日本骨・関節感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 児玉 祐一, 西 順一郎, 鹿児島大学病院抗菌薬適正使用支援チーム .  当院における過去12年間の抗菌薬使用動向 薬剤感受性と真菌血症およびC. difficile感染症発生との関連性 .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  当院における薬剤耐性アクションプラン前後の経口抗菌薬使用動向と主要菌種の薬剤耐性率の関連性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2022年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  当院で経験した多剤耐性アシネトバクター症例から感染対策を考える .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 才田 隆一, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 西 順一郎, 寺田 晋作, 二木 貴弘, 新山 修平, 垣花 泰之 .  当院で加療した重症COVID-19患者における菌血症発症例の検討 .  感染症学雑誌  2022年3月  (一社)日本感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 福山 竜子, 茂見 茜里, 西 順一郎 .  当院で分離されたグラム陰性桿菌に対するタゾバクタム/セフトロザンの感受性に関する検討 .  日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集  2023年3月  日本感染症学会・日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 才田 隆一, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 児玉 祐一, 西 順一郎, 有村 尚子, 金澤 直子, 舞木 公子, 福山 竜子 .  広域抗菌薬適正使用における原因病原体検索の重要性 .  日本化学療法学会雑誌  2022年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 下園 翼, 児玉 祐一, 川村 英樹, 茂見 茜里, 有村 尚子, 才田 隆一, 藺牟田 直子, 西 順一郎 .  小児病棟で発生したClostridioides difficile感染症アウトブレイクへの介入 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 下園 翼, 児玉 祐一, 川村 英樹, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 岡本 康裕 .  小児病棟で発生したClostridioides difficile感染症アウトブレイクへの介入 .  日本小児科学会雑誌  2022年4月  (公社)日本小児科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 金澤 直子, 寺薗 英之, 茂見 茜里, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 下野 奨平, 川村 英樹, 武田 泰生 .  小児におけるバンコマイシン(VCM)のTDMを用いた安全性評価と急性腎障害発現のリスク因子に関する検討 .  日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集  2023年3月  日本感染症学会・日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 金澤 直子, 寺薗 英之, 茂見 茜里, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 下野 奨平, 川村 英樹, 武田 泰生 .  小児におけるバンコマイシン(VCM)のTDMを用いた安全性評価と急性腎障害発現のリスク因子に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2023年7月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  外科感染症 .  日本化学療法学会雑誌  2022年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  医療環境におけるアスペルギルス症の対策 .  日本化学療法学会雑誌  2023年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 武士, 中木原 由佳, 中島 誠, 川村 英樹 .  中規模病院における経験的治療時の細菌検体の提出改善につなげるAS活動の有効性の評価 .  日本化学療法学会雑誌  2022年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  与論島でのクラスター対応 緊急保健支援チーム(C-HEAT)活動の有用性 .  日本プライマリ・ケア連合学会学術大会  2021年5月  (一社)日本プライマリ・ケア連合学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  デルタ株による医療機関クラスターにおけるSARS-CoV-2ワクチンの有効性に関する検討 .  日本化学療法学会雑誌  2022年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  チェックリストを用いたCOVID-19医療機関・介護施設集団発生支援活動 .  日本感染症学会総会・学術講演会・日本化学療法学会学術集会合同学会プログラム・抄録集  2023年3月  日本感染症学会・日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 天達 菜緒, 茂見 茜里, 川村 英樹, 有村 昂太朗, 寺薗 英之, 児玉 祐一, 西 順一郎, 武田 泰生, 金澤 直子, 宇治野 礼美 .  チェックリストに基づくバリシチニブ投与開始前のB型肝炎ウイルス及び結核スクリーニング検査と薬剤師が適正使用に介入した1例 .  日本化学療法学会雑誌  2022年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 吉森 みゆき, 齋藤 潤栄, 前永 和枝, 佐藤 ひろみ, 中野 智子, 藤田 綾子 .  オミクロン株流行期における鹿児島県内COVID-19医療機関・介護施設集団発生支援活動 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2022年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 茂見 茜里, 川村 英樹, 才田 隆一, 天達 菜緒, 有村 昂太朗, 児玉 祐一, 西 順一郎 .  『抗菌薬適正使用強化月間』を活用した診療科医師の抗菌薬使用に対する意識調査 .  日本化学療法学会雑誌  2022年5月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  withコロナ時代の災害時感染対策 九州での災害の感染対策の実際 行政との連携を含めて .  日本化学療法学会雑誌  2021年4月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  SARS-CoV-2術前スクリーニングの是非pros and cons Consの立場から .  日本外科感染症学会雑誌  2021年11月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  MRSA感染症(皮膚・軟部組織感染症) .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 有村 尚子, 才田 隆一, 茂見 茜里, 児玉 祐一, 大津 雄作 .  Microsoft Teamsの活用による感染制御活動のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2022年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  COVID-19~地域医療(高齢者施設対応も含む)におけるアカデミアの役割と課題 COVID-19 地域での感染制御におけるアカデミアの役割と課題 .  日本化学療法学会雑誌  2022年3月  (公社)日本化学療法学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 吉森 みゆき, 齋藤 潤栄, 土屋 香代子, 前永 和枝, 佐藤 ひろみ, 酒井 真博, 中野 智子, 濱田 亜弥, 秋山 久美, 亀之園 明, 神谷 元, 大西 浩之, 林 芳郎, 池田 琢哉, 中俣 和幸, 鹿児島県COVID-19調整本部感染症チーム .  COVID-19施設クラスターに対する行政専門家連携チームの取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  COVID-19感染症の感染制御 アウトブレイクの経験 .  生物試料分析  2023年2月  (NPO)生物試料分析科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 野間 しほこ, 寺師 大晴, 山田 優子, 有村 尚子, 川村 英樹 .  COVID-19感染患者の臨終後の家族ケアへの取り組み 家族の想いに寄り添った、私たちなりのセレモニー .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2021年9月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  COVID-19・薬剤耐性菌対策における環境・ゾーニングの考え方 .  Japanese Journal of Acute Care Surgery  2022年9月  日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 土屋 香代子, 藤田 綾子, 平川 尚宏, 豊 みのえ, 西 順一郎, 大西 浩之 .  鹿児島県内医療機関へのアンケートに基づく感染対策向上加算による連携強化に向けた課題抽出の取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 内山 彩音, 平林 幸恵, 島岡 京美, 有村 尚子, 村田 奈穂, 川村 英樹, 寺師 大晴 .  録画機能付監視カメラを用いた自己監査による部署での手指消毒改善活動の取り組み .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  重症四肢開放骨折に対する感染対策 重症四肢外傷における抗菌薬治療(全身投与、予防/治療) 抗菌薬適正使用という観点も重視して .  日本外科感染症学会雑誌  2023年11月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 吉森 みゆき, 中野 智子, 前永 和枝 .  行政・保健所と連携した高齢者施設等における新型コロナ感染者発生対応マニュアルの作成 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  薬剤耐性菌による手術部位感染症の治療戦略 .  日本臨床検査医学会誌  2023年10月  (一社)日本臨床検査医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  整形外科領域手術部位感染例におけるMRSAの検出頻度の変化 .  日本外科感染症学会雑誌  2023年11月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹, 徳田 浩一 .  感染対策JMAT 2016熊本地震における被災地支援を踏まえて .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  外科医が知っておくべき検査の内容 Up To Date .  日本外科感染症学会雑誌  2023年11月  (一社)日本外科感染症学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 村田 奈穂, 有村 尚子, 川村 英樹 .  リンクナースの交流促進による感染対策推進活動の充実 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川村 英樹 .  COVID-19・薬剤耐性菌対策における環境・ゾーニングの考え方 .  Japanese Journal of Acute Care Surgery  2022年9月  (一社)日本Acute Care Surgery学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 有村 尚子, 川村 英樹, 稲森 彩, 茂見 茜里, 藺牟田 直子, 西 順一郎, 福山 竜子, 舞木 公子, 大岡 唯祐 .  2剤耐性アシネトバクター検出を契機に全病院的な経管栄養・ティーサーバー管理の改善を図った事例 .  日本環境感染学会総会プログラム・抄録集  2023年6月  (一社)日本環境感染学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 地域サーベイランスシステムによる薬剤耐性菌伝播リスクの疫学的・細菌学的解析

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    川村 英樹、西 順一郎

      詳細を見る

    薬剤耐性菌および抗菌薬使用量サーベイランスを地域単位で行い、さらに遺伝子タイピングや薬剤耐性機構を含む耐性菌解析を進め、地域での耐性菌拡散リスクを評価する。また臨床現場で応用可能な高伝播リスク菌株のスクリーニング法に関して検討を行う。