2019/05/30 更新

写真a

クリハラ タカシ
栗原 崇
Takashi Kurihara
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 医学博士 ( 1996年3月   東京医科歯科大学 )

研究キーワード

  • 神経障害性疼痛

  • 難治性疼痛

学歴

  • 東京医科歯科大学   薬理学

    1992年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体情報薬理学分野   准教授

    2010年5月 - 現在

所属学協会

  • 日本疼痛学会

    2000年4月 - 現在

  • IASP

    1998年4月 - 現在

  • 日本薬理学会

    1991年4月 - 現在

  • 日本神経科学会

    1990年4月 - 現在

 

論文

  • Takasaki I, Nakamura K, Shimodaira A, Watanabe A, Du Nguyen H, Okada T, Toyooka N, Miyata A, Kurihara T .  The novel small-molecule antagonist of PAC1 receptor attenuates formalin-induced inflammatory pain behaviors in mice. .  J Pharmacol Sci.139   129 - 32   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2018.11.011

  • Kambe Y, Yokai M, Takasaki I, Kurihara T .  Spinal astrocyte-neuron lactate shuttle contributes to the PACAP/PAC1 receptor-induced nociceptive behaviors. .  bioRxiv   2018年5月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

    DOI: 10.1101/317156

  • Takasaki I, Watanabe A, Yokai M, Watanabe Y, Hayakawa, D, Nagashima, R, Fukuchi, M, Okada, T, Toyooka, N, Miyata, A, Gouda H, Kurihara T .  In silico screening identified novel small-molecule antagonists of PAC1 receptor. .  Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1124/jpet.117.245415

  • Aizawa F, Ogaki Y, Kyoya N, Nishinaka T, Nakamoto K, Kurihara T, Hirasawa A, Miyata A, Tokuyama S. .  The Deletion of GPR40/FFAR1 Signaling Damages Maternal Care and Emotional Function in Female Mice. .  Biol Pharm Bull.40 ( 8 ) 1255 - 1259   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1248/bpb.b17-00082

  • Nakamoto K, Aizawa F, Miyagi K, Yamashita T, Mankura M, Koyama Y, Kasuya F, Hirasawa A, Kurihara T, Miyata A, Tokuyama S. .  Dysfunctional GPR40/FFAR1 signaling exacerbates pain behavior in mice. .  PLoS One   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0180610

    PubMed

  • Yuki N, Chan AC, Wong AHY, Inoue T, Yokai M, Kurihara T, Devaux JJ, Wilder-Smith E. .  Acute painful autoimmune neuropathy: A variant of Guillain-Barré syndrome. Muscle Nerve. .  Muscle Nerve   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/mus.25738

    PubMed

  • Fuka Aizawa, Takashi Nishinaka, Takuya Yamashita, Kazuo Nakamoto, Takashi Kurihara, Akira Hirasawa, Fumiyo Kasuya, Atsuro Miyata, Shogo Tokuyama. .  GPR40/FFAR1 deficient mice increase noradrenaline levels in the brain and exhibit abnormal behavior. .  Journal of Pharmacological Sciences132   249 - 254   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2016.09.007

  • Yokai, M., Kurihara, T. & Miyata, A. .  Spinal astrocytic activation contributes to both induction and maintenance of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor-induced long-lasting mechanical allodynia in mice. .  Molecular Pain   2016年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/1744806916646383

  • Ohnou, T., Yokai, M., Kurihara, T., Hasegawa-Moriyama, M., Shimizu, T., Kanmura, Y. & Miyata, A. .  Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor signaling evokes long-lasting nociceptive behaviors through the activation of spinal astrocytes in mice. .  Journal of Pharmacological Sciences   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2016.01.008.

  • Karki P., Kurihara T., Nakamachi T., Watanabe J., Asada T., Oyoshi T., Shioda S., Yoshimura M., Arita K., Miyata A. .  Attenuation of inflammatory and neuropathic pain behaviors in mice through activation of free fatty acid receptor GPR40. .  Molecular Pain11   6-   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara, T., Sakurai, E., Toyomoto, M., Kii, I., Kawamoto, D., Asada, T., Tanabe, T., Yoshimura, M., Hagiwara, M. & Miyata, A. .  Alleviation of behavioral hypersensitivity in mouse models of inflammatory pain with two structurally different casein kinase 1 (CK1) inhibitors. .  Molecular Pain10   17   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hanada, T., Kurihara, T., Tokudome, M., Tokimura, H., Arita, K. & Miyata, A. .  Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain. .  Neurosci. Res.78   72 - 80   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura, A., Kambe, Y., Inoue, K., Tatsukawa, H., Kurihara, T., Griffin, M., Kojima, S. & Miyata, A. .  Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor (PAC1) gene is suppressed by transglutaminase 2 activation. .  Journal of Biological Chemistry288   32720 - 32730   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Miura, A., Odahara, N., Tominaga, A., Inoue, K., Kambe, Y., Kurihara, T. & Miyata, A. .  Regulatory mechanism of PAC1 gene expression via Sp1 by nerve growth factor in PC12 cells. .  FEBS Lett586   1731 - 1735   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kondo, D., Saegusa, H., Yabe, R., Takasaki, I., Kurihara, T., Zong, S., Tanabe, T. .  Peripheral-type benzodiazepine receptor antagonistis effective in relieving neuropathic pain. .  J. Pharmacol. Sci.110   55 - 63   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakurai, E., Kurihara, T., Kouchi, K., Saegusa, H., Zong, S., Tanabe, T. .  Upregulation of casein kinase 1ε in dorsal root ganglia and spinal cord after mouse spinal nerve injury contributes to neuropathic pain. .  Mol. Pain5   74   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kondo, D., Yabe, R., Kurihara, T., Saegusa, H., Zong, S. , Tanabe, T. .  Progesteron receptor anatagonist is effective in relieving neuropathic pain. .  Eur. J. Pharmacol.541   44 - 48   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takasaki, I., Kurihara, T., Saegusa, H., Zong, S., Tanabe, T. .  Effects of glucocorticoid receptor antagonists on allodynia and hyperalgesia in mouse model of neuropathic pain. .  Eur. J. Pharmacol.524   80 - 83   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokoyama, K., Kurihara, T., Saegusa, H., Zong, S., Makita, K., Tanabe, T. .  Blocking the R-type (Cav2.3) Ca2+ channel enhanced morphine analgesia and reduced morphine tolerance. .  Eur. J. Neurosci.20   3516 - 3519   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokoyama, K., Kurihara, T., Makita, K. , Tanabe, T. .  Plastic change of N-type Ca channel expression after preconditioning is responsible for prostaglandin E2-induced long-lasting allodynia. .  Anesthesiology99   1364 - 1370   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara T., Nonaka, T. , Tanabe, T. .  Acetic acid-conditioning stimulus induces long-lasting antinociception of somatic inflammatory pain. .  Pharmacol. Biochem. Behavior74   841 - 849   2003年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Abe M., Kurihara T., Han, W., Shinomiya, K. , Tanabe, T. .  Changes in expression of voltage-dependent ion channel subunits in dorsal root ganglia of rats with radicular injury and pain. .  Spine27 ( 4 ) 1517 - 1525   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogasawara, M., Kurihara, T., Hu, Q. , Tanabe, T. .  Characterization of acute somatosensory pain transmission in P/Q-type Ca2+ channel mutant mice, leaner. .  FEBS Lett.508   181 - 186   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saegusa, H., Kurihara, T., Zong, S., Kazuno, A., Matsuda, Y., Nonaka, T., Han, W., Toriyama, H., Tanabe, T. (H. Saegusa and T. Kurihara contributed equally to this work) .  Suppression of inflammatory and neuropathic pain symptoms in mice lacking the N-type Ca2+ channel. .  The EMBO Journal20   2349 - 2356   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakashita, Y., Kurihara, T., Uchida, D., Tastuno, I., Yamamoto, T. .  Involvement of PACAP receptor in primary afferent fibre-evoked responses of ventral roots in the neonatal rat spinal cord. .  British Journal of Pharmacology132   1769 - 1776   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saegusa, H., Kurihara, T., Zong, S., Minowa, O., Kazuno, A., Han, W., Matsuda, Y., Yamanaka, H., Osanai, M., Noda, T., Tanabe, T. .  Altered pain responses in mice lacking α1E subunit of the voltage-dependent Ca2+ channel. .  Proc. Natl. Acad. Sci. USA97   6132 - 6137   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara, T., Yoshioka, K. .  The excitatory and inhibitory modulation of primary afferent fibre-evoked responses of ventral roots in the neonatal rat spinal cord exerted by nitric oxide. .  British Journal of Pharmacology118   1743 - 1753   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Otsuka, M., Yoshioka, K., Yanagisawa, M., Suzuki, H., Zhao, F-Y., Guo, J.-Z., Hosoki, R. , Kurihara, T. .  Use of NK1 receptor antagonists in the exploration of physiological functions of substance P and neurokinin A. .  Canadian Journal of Physiology and Pharmacology73   903 - 907   1995年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara, T., Yoshioka,K., Otsuka, M. .  Tachykininergic slow depolarization of motoneurones evoked by descending fibres in the neonatal rat spinal cord. .  The Journal of Physiology (London)485   787 - 796   1995年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki, H., Yoshioka, K., Yanagisawa, M., Urayama, O., Kurihara, T., Hosoki, R., Saito, K., Otsuka, M. .  Involvement of enzymatic degradation in the inactivation of tachykinin neurotransmitters in neonatal rat spinal cord. .  British Journal of Pharmacology113   310 - 316   1994年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurihara, T., Suzuki, H., Yanagisawa, M., Yoshioka, K. .  Muscarinic excitatory and inhibitory mechanisms involved in afferent fibre-evoked depolarization of motoneurones in the neonatal rat spinal cord. .  British Journal of Pharmacology110   61 - 70   1993年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yanagisawa, M., Yoshioka, K., Kurihara, T., Saito, K., Seno, N., Suzuki, H., Hosoki, R. , Otsuka, M. .  Enzymatic inactivation of tachykinin neurotransmitters in the isolated spinal cord of the newborn rat. .  Neuroscience Research15   289 - 292   1992年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ベッドサイドの薬理学 (笹栗俊之、宮田篤郎 編)

    栗原 崇( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 第IV編1章1) 鎮痛薬; 1章2) 局所麻酔薬; 1章3) 全身麻酔薬; 1章4) 筋弛緩薬; 第IV編2章1) 頭痛治療薬; 2章2) 抗めまい薬)

    丸善出版  2018年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:432   担当ページ:140 ~ 162   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 痛み診療キーポイント. 痛みのScience & Practice 第6巻

    栗原 崇( 担当: 単著 ,  範囲: 電位依存性Caチャネル)

    分光堂  2014年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:264   担当ページ:28-29   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 痛み診療キーポイント. 痛みのScience & Practice 第6巻

    栗原 崇( 担当: 単著 ,  範囲: グルタミン酸受容体)

    分光堂  2014年5月 

     詳細を見る

    総ページ数:264   担当ページ:42-43   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 感覚器官と脳内情報処理. シリーズバイオサイエンスの新世紀 第12巻

    栗原 崇、 田邊 勉( 担当: 共著)

    共立出版  2002年9月 

     詳細を見る

    総ページ数:274   担当ページ: 51-63   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • イオンチャネルの分子生物学 (実験医学バイオサイエンスシリーズ28)

    村越 隆之、栗原 崇、三枝 弘尚、田邊 勉( 担当: 共著)

    羊土社  1998年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • PACAPシグナリングによって駆動されるアストロサイト―ニューロン乳酸シャトルの中枢神経機能発現への寄与 査読

    神戸悠輝,栗原 崇,宮田篤郎

    日本薬理学雑誌   151 ( 6 )   239 - 243   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/fpj.151.239

  • Trend & Topics 痛みの分子科学-電位依存性Na+チャネル最前線

    栗原 崇

    White - これからの女性医療を考える   4 ( 2 )   42 - 48   2016年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:メディカルレビュー社  

  • 脊髄痛覚伝達における遊離脂肪酸受容体GPR40/FFAR1の関与 査読

    栗原 崇、宮田 篤郎

    日本薬理学雑誌   146 ( 12 )   309 - 314   2015年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

  • テトロドトキシン抵抗性Na+チャネルと神経栄養因子BDNF — 新たな疼痛発生機序の可能性 査読

    栗原 崇、田邊 勉

    日本薬理学雑誌   121   276   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 疼痛における電位依存性Ca2+チャネルの役割 査読

    横山和明、栗原 崇、槙田浩史、田邊 勉

    Journal of Neurosciences for Pain Research   5   12 - 20   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • カルシウムチャネルの構造と機能

    栗原 崇、田邊 勉

    神経研究の進歩   47   181 - 191   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:医学書院  

  • Nタイプカルシウムチャネル 査読

    栗原 崇、田邊 勉

    日本薬理学雑誌   121   211 - 222   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 神経根性疼痛モデルラット後根神経節における電位依存性イオンチャネルサブユニット発現変化 査読

    安部理寛、栗原 崇、韓 文華、四宮謙一、田邊 勉

    臨床整形外科   37 ( 4 )   343 - 349   2002年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:医学書院  

  • 脊髄の伝達物質

    栗原 崇、横山和明、田邊 勉.

    Clinical Neuroscience   19   761 - 763   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:中外医薬社  

  • 痛みとCa2+チャネル 査読

    栗原 崇、田邊 勉

    東京都歯科医師会雑誌   48   473 - 481   2000年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:東京都歯科医師会  

  • 電位依存性Ca2+チャネル 査読

    栗原 崇、田邊 勉

    蛋白質核酸酵素   43   1579 - 1588   1998年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:共立出版  

  • 痛覚過敏とNO

    栗原 崇、山本達郎

    Clinical Neuroscience   16 ( 7 )   778 - 780   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:中外医学社  

  • 電位依存性カルシウムチャネルの分子的多様性: 構造-機能相関と組織特異的発現

    栗原 崇、田邊 勉

    循環器科   44   1 - 12   1998年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:科学評論社  

▼全件表示

知的財産権

  • PAC1受容体拮抗薬を用いた鎮痛薬

    栗原 崇、高崎一朗、豊岡尚樹、合田浩明

     詳細を見る

    出願番号:特願2017-186447  出願日:2017年9月

    出願国:国内  

  • 疼痛に関する化合物及び医薬組成物

    萩原正敏、豊本雅靖、細谷孝充、吉田 優、栗原 崇

     詳細を見る

    出願番号:特願2013・261396 / (PCT/JP2014/083569)  出願日:2013年12月

    出願国:国内  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 遊離脂肪酸受容体FFAR1は慢性疼痛に伴ううつ症状発症に関与するのか?

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ミクログリアはニューロンに接触して何をしているのか?-疼痛モデルによる解析

    2018年3月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • アストロサイトPACAP/PAC1Rシグナルが関与する恐怖記憶メカニズムの解明

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • うつ病におけるミトコンドリア変性タンパク質ストレスレスポンスの関与の解明

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 新規難治性疼痛治療薬PACAP特異的受容体拮抗薬の実用化研究

    2017年4月 - 2018年3月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  平成29年度橋渡し研究・新規開発シーズ (シーズA 九州大学公募) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 疼痛・情動行動における脳脊髄FFAR1システムの重要性を検証する

    2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 免疫介在性有痛性神経障害発症に関与する病的抗原を同定する

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • Dectin-1シグナル伝達系を標的にした新規難治性疼痛制御法の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    その他省庁等  千葉大学真菌医学センター 平成28年度共同利用・共同研究費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 難治性疼痛治療を目指した新規PACAP特異的受容体拮抗薬の開発

    2016年4月 - 2017年3月

    国立研究開発法人 日本医療研究開発機構  平成28年度橋渡し研究加速ネットワークプログラムシーズA 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 脳卒中後疼痛・情動異常発症メカニズムの検討 ― 「ミクログリア活性化仮説

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • PACAP-PAC1誘発アストロサイトシグナル伝達を標的とする慢性疼痛治療戦略

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 新規脂肪酸受容体GPR40を介する疼痛抑制メカニズムの研究

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • カゼインキナーゼ1シグナル伝達系をターゲットにした難治性疼痛治療戦略

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 視床痛モデルマウスの確立と視床痛発症メカニズムの基礎的検討

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 新規疼痛関連リン酸化酵素情報伝達マップ: リン酸化プロテオミクスによる痛み表情解析

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • オピオイド系鎮痛薬の生体作用における神経型カルシウムチャネルの役割

    2007年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 電位依存性Ca2+チャネル遺伝子変異マウスを用いた痛覚情報伝達メカニズムの研究

    2002年4月 - 2005年3月

    科学研究費補助金  若手研究(A)

  • 神経障害性疼痛により後根神経節において発現変化を受ける遺伝子群の検索

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • アンチセンス法を用いた脊髄痛覚伝達・増強機構に関与するG蛋白質の解析

    1997年4月 - 1999年3月

    科学研究費補助金  奨励研究

  • 新生ラット摘出脊髄標本を用いた痛覚伝達機構の研究

    1993年4月 - 1996年3月

    科学研究費補助金  特別研究員奨励費

▼全件表示