2021/07/13 更新

写真a

ヨネザワ ハジメ
米澤 大
Hajime Yonezawa
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 脳・神経センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2017年3月   鹿児島大学 )

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 脳・神経センター   助教

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 脳・神経センター   助教

    2003年4月 - 2019年9月

  • 鹿児島大学    

    2003年4月 - 2019年9月

所属学協会

  • 日本脳神経CI学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本脳腫瘍病理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経内視鏡学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本脳神経外科学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Yonezawa H, Ohno M, Igaki H, Miyakita Y, Takahashi M, Tamura Y, Shima S, Matsushita Y, Ichimura K, Narita Y .  Outcomes of salvage fractionated re-irradiation combined with bevacizumab for recurrent high-grade gliomas that progressed after bevacizumab treatment*. .  Japanese journal of clinical oncology51 ( 7 ) 1028 - 1035   2021年7月

     詳細を見る

  • Yamamoto M, Sanomachi T, Suzuki S, Uchida H, Yonezawa H, Higa N, Takajo T, Yamada Y, Sugai A, Togashi K, Seino S, Okada M, Sonoda Y, Hirano H, Yoshimoto K, Kitanaka C .  Roles for hENT1 and dCK in gemcitabine sensitivity and malignancy of meningioma. .  Neuro-oncology23 ( 6 ) 945 - 954   2021年6月

     詳細を見る

  • Narita Y, Nagane M, Mishima K, Terui Y, Arakawa Y, Yonezawa H, Asai K, Fukuhara N, Sugiyama K, Shinojima N, Kitagawa J, Aoi A, Nishikawa R .  Phase I/II study of tirabrutinib, a second-generation Bruton's tyrosine kinase inhibitor, in relapsed/refractory primary central nervous system lymphoma. .  Neuro-oncology23 ( 1 ) 122 - 133   2021年1月

     詳細を見る

  • Bureta C, Higa N, Makino R, Takajo T, Yonezawa H, Uchida H, Yoshimoto K .  Diffuse Large B-Cell Lymphoma of the Central Nervous System Manifesting with Intratumoral Hemorrhage: A Case Report and Literature Review. .  World neurosurgery143   490 - 494   2020年11月

     詳細を見る

  • Higa N, Akahane T, Yokoyama S, Yonezawa H, Uchida H, Takajo T, Kirishima M, Hamada T, Matsuo K, Fujio S, Hanada T, Hosoyama H, Yonenaga M, Sakamoto A, Hiraki T, Tanimoto A, Yoshimoto K .  A tailored next-generation sequencing panel identified distinct subtypes of wildtype IDH and TERT promoter glioblastomas. .  Cancer science111 ( 10 ) 3902 - 3911   2020年10月

     詳細を見る

  • Bohara M, Nakajo M, Kamimura K, Yoneyama T, Fukukura Y, Kiyao Y, Yonezawa H, Higa N, Kirishima M, Yoshiura T .  Histological Grade of Meningioma: Prediction by Intravoxel Incoherent Motion Histogram Parameters. .  Academic radiology27 ( 3 ) 342 - 353   2020年3月

     詳細を見る

  • Kamil M, Higa N, Yonezawa H, Fujio S, Sugata J, Takajo T, Hiraki T, Hirato J, Arita K, Yoshimoto K .  A sellar neuroblastoma showing rapid growth and causing syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: A case report. .  Surgical neurology international11   165   2020年

     詳細を見る

  • Higa N, Shinsato Y, Kamil M, Hirano T, Takajo T, Shimokawa M, Minami K, Yamamoto M, Kawahara K, Yonezawa H, Hirano H, Furukawa T, Yoshimoto K, Arita K .  Formin-like 1 (FMNL1) Is Associated with Glioblastoma Multiforme Mesenchymal Subtype and Independently Predicts Poor Prognosis. .  International journal of molecular sciences20 ( 24 )   2019年12月

     詳細を見る

  • Kamil M, Shinsato Y, Higa N, Hirano T, Idogawa M, Takajo T, Minami K, Shimokawa M, Yamamoto M, Kawahara K, Yonezawa H, Hirano H, Furukawa T, Yoshimoto K, Arita K .  High filamin-C expression predicts enhanced invasiveness and poor outcome in glioblastoma multiforme. .  British journal of cancer120 ( 8 ) 819 - 826   2019年4月

     詳細を見る

  • 藤尾 信吾, 永野 祐志, 米永 理法, 羽生 未佳, 米澤 大, 平野 宏文, 有村 洋, 橋口 裕, 西尾 善彦, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  先端巨大症の手術成績と長期予後 .  日本内分泌学会雑誌94 ( Suppl.HPT ) 26 - 28   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内分泌学会  

    当院で摘出術を施行した先端巨大症患者99例(男性35例、女性64例、年齢中央値56.0歳)の手術成績と長期予後について検討した。その結果、重篤な合併症は認めず、下垂体機能も温存され、予後は良好であった。また、GHの正常化に伴い、生活習慣病の改善を認めた。術後、新基準を満たした患者群と、旧基準を満たしているが新基準は満たしていない群で比較すると、術後1年目の血圧、コレステロール値、HOMA-R、BMI、QOLは2群間で有意差を認めなかった。また、術後IGF-1が正常域まで低下していない13例では、無症状の3例は経過観察とし、残りの10例中7例はガンマナイフを施行した。4例はGH、IGF-1の正常化が得られたが、3例は薬物療法を併用している。2例は薬物治療のみでGHはコントロールできているが、1例はフォローできていない。

  • 藤尾 信吾, 米澤 大, 大吉 達樹, 比嘉那 那優大, 羽生 未佳, 平野 宏文, 時村 洋, 有田 和徳 .  経蝶形骨洞手術におけるCT、MRI fusion画像を用いた磁場式ナビゲーションの有効性 .  CI研究39 ( 2 ) 87 - 91   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本脳神経CI学会  

    磁場式ナビゲーションを経蝶形骨洞手術に使用した71例の成績をもとにその有用性を検討し、以下の結果を得た。1)CTの情報のみでも蝶形骨洞内の隔壁やトルコ鞍底の位置確認が十分可能であった。2)time of flight MRAとCTをfusionさせた画像は内頸動脈の位置確認に極めて有効であった。3)腫瘍の位置を確認する場合には、CTとMRAの濃度を落として造影T1強調画像のみにすることで、腫瘍の局在をはっきり示すことができた。4)CT・MRI・MRAそれぞれの濃度を中間的にすることで、骨・血管・腫瘍の全てを表現することが可能であった。5)fusionさせた画像の濃度調整を行うことで、手術の状況に即した位置情報を把握することができた。6)経蝶形骨洞手術における最も重篤な合併症である内頸動脈損傷は1例も発生しなかった。

  • Higa N, Yokoo H, Hirano H, Yonezawa H, Oyoshi T, Goto Y, Arita K .  Calcifying pseudoneoplasm of the neuraxis in direct continuity with a low-grade glioma: A case report and review of the literature. .  Neuropathology : official journal of the Japanese Society of Neuropathology37 ( 5 ) 446 - 451   2017年10月

     詳細を見る

  • Hirano H, Kawahara T, Niiro M, Yonezawa H, Takajyou T, Ohi Y, Kitazono I, Sakae K, Arita K .  Anaplastic astrocytoma cells not detectable on autopsy following long-term temozolomide treatment: A case report. .  Molecular and clinical oncology6 ( 3 ) 321 - 326   2017年3月

     詳細を見る

  • Uchida H, Hirano H, Moinuddin FM, Hanaya R, Sadamura Y, Hosoyama H, Yonezawa H, Tokimura H, Yamahata H, Arita K .  Radiologic and histologic features of the T2 hyperintensity rim of meningiomas on magnetic resonance images. .  The neuroradiology journal30 ( 1 ) 48 - 56   2017年2月

     詳細を見る

  • Yonezawa H, Hirano H, Uchida H, Habu M, Hanaya R, Oyoshi T, Sadamura Y, Hanada T, Tokimura H, Moinuddin F, Arita K .  Efficacy of bevacizumab therapy for unresectable malignant glioma: A retrospective analysis. .  Molecular and clinical oncology6 ( 1 ) 105 - 110   2017年1月

     詳細を見る

  • Hajime Yonezawa, Yoshinari Shinsato, Soichi Obara, Tatsuki Oyoshi, Hirofumi Hirano, Shinichi Kitajima, Kazunori Arita .  Germinoma With Syncytiotrophoblastic Giant Cells Arising in the Corpus Callosum-Case Report- .  Neurol Med Chir (Tokyo).50 ( 7 ) 588 - 591   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 米澤 大, 湯之上 俊二, 新里 能成, 羽生未佳, 内田裕之, 平野 宏文, 時村洋, 有田 和徳 .  ヒトgliomaにおけるRCAN 1の発現と機能の評価 .  第71回日本脳神経外科学会総会  第71回日本脳神経外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 米澤大、東拓一郎、平原正志、平野宏文、時村洋、後藤正道、有田和徳 .  テント上発生悪性giant cell ependymomaの一例 .  第30回 日本脳腫瘍病理学会  第30回 日本脳腫瘍病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 米澤大、内田裕之、久保文克、平野宏文、時村洋、有田和徳、北薗育美、東美智代、清水健 .  がん性髄膜症で発症し、術前診断に苦慮したrhabdoid papillary meningiomaの一例 .  第30回 日本脳腫瘍病理学会  第30回 日本脳腫瘍病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 米澤 大, 東 拓一郎, 羽生 未佳, 藤尾 信吾, 内田 裕之, 湯之上 俊二, 花谷 亮典,平野 宏文, 時村 洋, 有田 和徳 .  当施設におけるpilocytic astrocytomaに対する放射線照射および悪性例についての検討 .  第70回 日本脳神経外科学会総会  第70回 日本脳神経外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 内田 裕之, 比嘉 那優大, 米澤 大, 坂元 顕久, 吉本 幸司 .  oligodendrogliomaにおける石灰化は1p/19q-codeletionとよく相関する .  Brain Tumor Pathology  2019年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 田中 俊一, 菅田 真生, 貞村 祐子, 米澤 大, 山畑 仁志, 有田 和徳 .  Radiculopathyで発症した頭蓋外解離性椎骨動脈瘤に対しステント留置術を行った1例 .  脳血管内治療  2017年11月  (NPO)日本脳神経血管内治療学会

  • 米澤 大, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 平木 翼, 吉本 幸司, 横尾 英明 .  低悪性度腫瘍内にINI1陰性の高悪性度成分を有した頭蓋内下位神経関連腫瘍の一例 .  Brain Tumor Pathology  2019年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 藤尾 信吾, 永野 祐志, 米永 理法, 羽生 未佳, 米澤 大, 平野 宏文, 有村 洋, 橋口 裕, 西尾 善彦, 有田 和徳 .  先端巨大症の手術成績と長期予後 .  日本内分泌学会雑誌  2018年4月  (一社)日本内分泌学会

  • 花田 朋子, 花谷 亮典, 米澤 大, 吉本 幸司 .  円蓋部髄膜腫術後2年の経過で診断された痙攣性発声障害の1例 .  日本定位・機能神経外科学会プログラム・抄録集  2019年12月  (一社)日本定位・機能神経外科学会

  • 大村 鷹希, 里見 介史, 米澤 大, 高橋 雅道, 大野 誠, 宮北 康二, 渡邊 克夫, 吉田 朗彦, 市村 幸一, 成田 善孝 .  初回手術1年後に膠芽腫として悪性転化したunclassifiable neuroepithelial tumorの一例 .  Brain Tumor Pathology  2020年8月  日本脳腫瘍病理学会

  • 大吉 達樹, 花田 朋子, 永野 祐志, 比嘉 那優大, 細山 浩史, 米澤 大, 有田 和徳 .  多指症と難治なてんかんを伴った乳児小頭症に対する骨延長術の一例 .  小児の脳神経  2018年4月  (一社)日本小児神経外科学会

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 内田 裕之, 藤尾 信吾, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 濱田 大治, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  日本人のhigh grade glioma患者における遺伝子変異の特徴 .  Brain Tumor Pathology  2021年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 米澤 大, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  神経膠腫診断に特化した遺伝子パネルによるGlioblastoma、IDH-wildの解析結果 .  Brain Tumor Pathology  2020年8月  日本脳腫瘍病理学会

  • 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 内田 裕之, 米澤 大, 坂本 一平, 野原 祥夫, 吉本 幸司, 谷本 昭英 .  神経膠腫診断用パネル検査で見つかった新規EGFR variantを有する神経膠腫の病理組織学的特徴 .  Brain Tumor Pathology  2021年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 藤尾 信吾, 永野 祐志, 米永 理法, 羽生 未佳, 米澤 大, 平野 宏文, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  経蝶形骨洞手術によるGH分泌能の変化 非機能性下垂体腺腫での検討 .  日本内分泌学会雑誌  2018年12月  (一社)日本内分泌学会

  • 米澤 大, 比嘉 那優大, 内田 裕之, 赤羽 俊章, 横山 勢也, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  脳腫瘍に特化したがん遺伝子パネル検査の実臨床における有用性 .  Brain Tumor Pathology  2021年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 成田 善孝, 宮北 康二, 高橋 雅道, 大野 誠, 里見 奈都子, 大村 鷹希, 米澤 大, 田村 有希恵, 市村 幸一 .  脳腫瘍の遺伝子診断とゲノム医療1 グリオーマに対するがん遺伝子パネル検査を用いたがんゲノム診療の現状と課題 .  Brain Tumor Pathology  2020年8月  日本脳腫瘍病理学会

  • 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 霧島 茉莉, 平木 翼, 北薗 育美, 内田 裕之, 米澤 大, 吉本 幸司, 谷本 昭英 .  脳腫瘍の遺伝子診断とゲノム医療1 神経膠腫診断用パネルKBT-48で認めたEGFR mutation gliomaの病理組織学的所見 .  Brain Tumor Pathology  2020年8月  日本脳腫瘍病理学会

  • 比嘉 那優大, 赤羽 俊章, 米澤 大, 坂元 顕久, 内田 裕之, 霧島 茉莉, 平木 翼, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  脳腫瘍診断に特化したOncoPanelの有用性 .  Brain Tumor Pathology  2019年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 平野 宏文, 内田 裕之, 米澤 大, 比嘉 那優大, 義岡 孝子, 羽生 未佳, 藤尾 信吾, 花田 朋子, 大吉 達樹, 有田 和徳 .  Microcystic meningiomaの細胞内環境と酸化ストレス .  Brain Tumor Pathology  2017年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 内田 裕之, 赤羽 俊章, 比嘉 那優大, 米澤 大, 霧島 茉莉, 谷本 昭英, 吉本 幸司 .  Lower-grade gliomaの遺伝子プロファイル診断と予後についての検討 .  Brain Tumor Pathology  2021年5月  日本脳腫瘍病理学会

  • 藤尾 信吾, 笠毛 友揮, 永野 祐志, 米永 理法, 羽生 未佳, 米澤 大, 平野 宏文, 有田 和徳, 吉本 幸司 .  GH補充療法におけるeGFRの変化 .  日本内分泌学会雑誌  2018年9月  (一社)日本内分泌学会

  • 上村 清央, 中條 正典, 袴田 裕人, 内匠 浩二, 熊谷 雄一, 井手上 淳一, 福倉 良彦, 吉浦 敬, 米澤 大, 平野 宏文 .  ASL灌流画像で高い血流量を示したtumefactive demyelinating lesionの1例 .  Japanese Journal of Radiology  2017年2月  (公社)日本医学放射線学会

▼全件表示