Updated on 2022/10/18

写真a

 
Yoki Asano
 
Organization
Research Field in Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Education Teacher Education Course (Technology Education) Associate Professor
Title
Associate Professor

Degree

  • 博士(農学) ( 2003.3   九州大学 )

Research Interests

  • 栽培技術

  • 生物育成

  • 総合的な学習の時間

  • 総合学習

  • 生活科

  • 技術科

  • Soil Physical Property

  • Soil Education

  • Compost

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Science education

Education

  • Kyushu University

    - 2000

  • Kyushu University   Faculty of Agriculture

    - 1998

Research History

  • Kagoshima University   Research Field in Education, Law, Economics and the Humanities Area Faculty of Education Teacher Education Course (Technology Education)   Associate Professor

    2012.10

  • Kagoshima University   Lecturer

    2010.4 - 2012.9

Professional Memberships

  • 日本生活科・総合的学習教育学会

    2014.4

  • 日本産業技術教育学会

    2013.4

  • 技術教育研究会

    2010.10

  • 日本農業教育学会

    2010.4

  • 日本暖地畜産学会

    2009.4

  • 日本有機農業学会

    2008.11

  • 日本土壌肥料学会

    2008.9

▼display all

 

Papers

  • The philosophy and content of an international guideline for soil education-This is it!: Toward the human resource development for the sustainable future society .  Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition93 ( 5 ) 321 - 331   2022.10The philosophy and content of an international guideline for soil education-This is it!: Toward the human resource development for the sustainable future societyReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 砂野 優樹 , 浅野 陽樹 .  第2学年生活科「大すきやさいさん」についての実践 : 自分の取組のよさや成長の自覚化を促す手立て .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要31   199 - 208   2022.2第2学年生活科「大すきやさいさん」についての実践 : 自分の取組のよさや成長の自覚化を促す手立て

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 永野 優希 , 浅野 陽樹 .  生活科における栽培活動の実践II : 主体的な表現と気付きの自覚化を促す手立て .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要31   189 - 198   2022.2 生活科における栽培活動の実践II : 主体的な表現と気付きの自覚化を促す手立て

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • Emergence of Japanese Badger (Meles anakuma) and its Damage to Crops at Kagoshima University Campus in Regional City .    71   23 - 30   2021.3Emergence of Japanese Badger (Meles anakuma) and its Damage to Crops at Kagoshima University Campus in Regional City

     More details

    Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 永野優希、浅野陽樹 .  生活科における栽培活動の実践 : 自分自身についての気付きを促す手立て .  鹿児島大学教育学部教育実践研究紀要30   201 - 210   2021生活科における栽培活動の実践 : 自分自身についての気付きを促す手立て

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 浅野陽樹 .  生活科「種の観察」に専門知識を活かす提案 .  鹿児島県生活科・総合学習研究会フォーラム   1 - 4   2018.8生活科「種の観察」に専門知識を活かす提案

  • 池田舟, 浅野陽樹 .  理論的かつ実践的な土づくり授業のための教材開発 ?培土の物理性簡易測定法の改良及び市販培土の物理性 .  日本産業技術教育学会九州支部論文集25   97 - 102   2018.3理論的かつ実践的な土づくり授業のための教材開発 ?培土の物理性簡易測定法の改良及び市販培土の物理性

  • 坂田桂一, 浅野陽樹 .  鹿児島大学における技術科教員養成の課題とその取り組み .  技術と教育530   11 - 13   2018.2鹿児島大学における技術科教員養成の課題とその取り組み

  • M. TOBISA, Y. UCHIDA, S. IWASA, T. TSUKIYAMA, Y. ASANO, M. KIRIMURA, Y. SUGIMOTO .  Effect of digested slurry on the dry matter production and arbuscular mycorrhizal colonization of two genotypes of Zoysia grass .  Journal of Agricultural Science155   1565 - 1576   2017.11Effect of digested slurry on the dry matter production and arbuscular mycorrhizal colonization of two genotypes of Zoysia grassReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Development of a Simple Method for Measuring Physical Properties of Soil and Preparation of Clop Culture Soils Exhibiting Different Water Permeability .    59 ( 3 ) 229 - 235   2017.9Development of a Simple Method for Measuring Physical Properties of Soil and Preparation of Clop Culture Soils Exhibiting Different Water PermeabilityReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹 .  生活科・総合学習における栽培活動で意識したい新たな視点 .  鹿児島県生活科・総合学習研究会フォーラム   1 - 4   2017.8生活科・総合学習における栽培活動で意識したい新たな視点

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • 浅野陽樹 .  学習指導要領「生物育成の技術」についての一考察 .  技術と教育 ( 521 ) 4 - 6   2017.5学習指導要領「生物育成の技術」についての一考察Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • ASANO Yoki, IKEDA Mitsuru, RYUNO Miyo .  Development of a Simple Method for Measuring Physical Properties of Soil and Preparation of Clop Culture Soils Exhibiting Different Water Permeability .  Journal of the Japan Society of Technology Education59 ( 3 ) 229 - 235   2017

     More details

    Publisher:The Japan Society of Technology Education  

    <p></p><p>The objectives of this study are to develop a simple method for measuring the physical properties of soil with the PET bottle instrument and to prepare clop culture soils with different physical properties from several soil materials. The deviation of measured values between the simple method and the official method was small, so the simple method with the handcrafted instrument is available to a class of nurturing living things in junior high school. In the preparation of culture soils, we recommend that the water holding property be as close as possible to the highest value of that in the applying materials and that the water permeability be adjusted to 10-100ml/min. Based on the results of this comparison survey of various mixed soils, we could also prepare different soils by mixing volcanic ash soil with an aggregative soil material.</p>

    DOI: 10.32309/jjste.59.3_229

  • 浅野陽樹 .  書評 大河内信夫著「学校における農業教育の諸相」 .  技術教育研究 ( 74 ) 55 - 57   2015.7書評 大河内信夫著「学校における農業教育の諸相」

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • Daisuke Tashima1, Yoki Asano, Shigeki Tomomatsu, Yasuhiro Sugimoto .  Thermal efficiency of small scale biogas plant for bio-methane production. .  Environmental Engineering and Management Journal14 ( 4 ) 745 - 749   2015.4Thermal efficiency of small scale biogas plant for bio-methane production.Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 徳重 宏祐,浅野 陽樹,池田 充,龍野巳代,山下 夏穂 .  施肥条件と培養土の違いがハツカダイコンの初期生育および収量に及ぼす影響-コンポストの肥料効果測定方法の開発を目指して― .  日本産業技術教育学会九州支部論文集23   69 - 75   2015施肥条件と培養土の違いがハツカダイコンの初期生育および収量に及ぼす影響-コンポストの肥料効果測定方法の開発を目指して―Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹 .  生物育成(栽培)の授業に望むこと .  技術と教育484   3 - 5   2014.4生物育成(栽培)の授業に望むこと

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 浅野陽樹、友松重樹、田島大輔、杉本安寛、高橋ひろみ、日高厚 .  豚糞尿を原料とした小型メタン発酵プラントの暖地での実証試験 .  環境技術42 ( 11 ) 35 - 43   2013.11豚糞尿を原料とした小型メタン発酵プラントの暖地での実証試験Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 井戸田幸子・浅野陽樹・霧村雅昭・杉本安寛・石井康之 .  メタン発酵消化液の施用が南九州におけるトウモロコシ-イタリアンライグラス体系の収量性と飼料品質に及ぼす影響 .  日本草地学会58 ( 4 ) 230 - 240   2013.1メタン発酵消化液の施用が南九州におけるトウモロコシ-イタリアンライグラス体系の収量性と飼料品質に及ぼす影響Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹 .  コンポスト作りとその肥料効果の評価方法~夏休みまでのコンポスト化と2学期の野菜栽培~ .  技術と教育469   3 - 5   2013.1コンポスト作りとその肥料効果の評価方法~夏休みまでのコンポスト化と2学期の野菜栽培~

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 深川和良、田中紀行、桑原龍樹、浅野陽樹、龍野巳代、池田充 .  鹿児島におけるBDFの教材化に関する一検討-BDF用作物栽培について- .  日本産業技術教育学会九州支部論文集20   83 - 88   2012.12鹿児島におけるBDFの教材化に関する一検討-BDF用作物栽培について-Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 深川和良、田中紀行、浅野陽樹、龍野巳代、池田充、櫻井和則 .  生物育成技術とエネルギー変換技術を融合した技術科教育の検討 .  鹿児島大学教育学部研究紀要63   137 - 147   2012.3生物育成技術とエネルギー変換技術を融合した技術科教育の検討

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹、深川和良、寺床勝也、池田充、長谷川雅康 .  栽培技術の経験的理解を深める取り組み .  技術教育研究70   48 - 58   2011.7栽培技術の経験的理解を深める取り組みReviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹・杉本安寛・小畑 寿・藤井真理・柄本 康 .  ノットグラス(Paspalum distichum L.)サイレージの発酵品質に及ぼす乳酸菌添加および糖蜜添加の影響 .  熱帯農業研究3 ( 2 ) 57 - 61   2010.12ノットグラス(Paspalum distichum L.)サイレージの発酵品質に及ぼす乳酸菌添加および糖蜜添加の影響Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Md. Mezbaul Islam, Sigeki Tomomatsu, Yoki Asano .  Development of Methane Fermentation system By Solar Water Heating Device for Warm Region (Fundamental Experiment for Arsenic Mitigation) .  2nd International symposium on health hazard by arsenic contamination of groundwater and its countermeasures   2010.5Development of Methane Fermentation system By Solar Water Heating Device for Warm Region (Fundamental Experiment for Arsenic Mitigation)

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • Y. Suzuki, A. Kubota, T. Furukawa, K. Sugamoto, Y. Asano, H. Takahashi, T. Sekito, Y. Dote, and Y. Sugimoto .  Residual of 17β-estradiol in digestion liquid generated from a biogas plant using livestock waste. Journal of Hazardous Materials .  Journal of Hazardous Materials165 ( 3 ) 677 - 682   2009.1Residual of 17β-estradiol in digestion liquid generated from a biogas plant using livestock waste. Journal of Hazardous MaterialsReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 赤木功,西原基樹, 上田重英, 横山明敏, 浅野陽樹, 佐伯雄一 .  虫害を受けたダイズ子実のポリフェノール含量,ラジカル消去活性およびイソフラボン含量 .  日本土壌肥料学雑誌78 ( 4 ) 399 - 402   2007.8虫害を受けたダイズ子実のポリフェノール含量,ラジカル消去活性およびイソフラボン含量Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 赤木功,西原基樹, 上田重英, 横山明敏, 浅野陽樹, 佐伯雄一 .  宮崎県で栽培された暖地向けダイズ品種のイソフラボン含量 .  日本作物学会紀事76 ( 3 ) 454 - 458   2007.7宮崎県で栽培された暖地向けダイズ品種のイソフラボン含量Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 浅野陽樹、小畑寿、藤井真理、柄本康、杉本安寛 .  水田で栽培されたノットグラス(Paspalum distichum L.)ロールベールサイレージの利用性 .  熱帯農業51 ( 2 ) 59 - 65   2007.6水田で栽培されたノットグラス(Paspalum distichum L.)ロールベールサイレージの利用性Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yoki Asano, Manabu Tobisa, Masataka Shimojo, Yasuhisa Masuda .  Effect of Sink on Carbohydrate Metabolism in Stems and Roots of Phasey Bean (Macroptilium laghyroides L. Urb.) during Regrowth .  Grassland Science52 ( 2 ) 45 - 51   2006.6Effect of Sink on Carbohydrate Metabolism in Stems and Roots of Phasey Bean (Macroptilium laghyroides L. Urb.) during RegrowthReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 飛佐学, 中野豊, 白珍洙, 池田堅太郎, 浅野陽樹, 望月俊宏, 下條雅敬, 増田泰久 .  青刈イネ品種間のサイレージ発酵品質比較 .  日本草地学会誌51 ( 1 ) 93 - 95   2005.4青刈イネ品種間のサイレージ発酵品質比較Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 飛佐学、田川豊、浅野陽樹、池田堅太郎、中野豊、望月俊宏、下條雅敬、増田泰久 .  米ヌカおよび麦ヌカの混合が青刈飼料イネTetepサイレージの発酵品質に及ぼす影響 .  西日本畜産学会報47   61 - 65   2004.7米ヌカおよび麦ヌカの混合が青刈飼料イネTetepサイレージの発酵品質に及ぼす影響Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 波平知之、ブリノック スマジャイ、水町進、浅野陽樹、川本康博、仲田正 .  南西諸島の冬季におけるジャイアントスターグラス(Cynodon aethiopicus Clayton & Harlan)草地に対する窒素施肥量と寒地型牧草イタリアンライグラス(Lolium multiflorum Lam)追播の効果 .  西日本畜産学会報46   63 - 69   2003.7南西諸島の冬季におけるジャイアントスターグラス(Cynodon aethiopicus Clayton & Harlan)草地に対する窒素施肥量と寒地型牧草イタリアンライグラス(Lolium multiflorum Lam)追播の効果Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yoki Asano, Manabu Tobisa, Masataka Shimojo, Yasuhisa Masuda .  Amylase Activities and Carbohydrate Contents in Stems and Roots of Phasey Bean (Macroptilium lathyroides (L.) Urb.) after Defoliation .  Grassland Science49 ( 1 ) 16 - 22   2003.4Amylase Activities and Carbohydrate Contents in Stems and Roots of Phasey Bean (Macroptilium lathyroides (L.) Urb.) after DefoliationReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Yoki Asano, Manabu Tobisa, Masataka Shimojo, Yasuhisa Masuda .  Amylase activities and starch contents as affected by source-sink relation during initial regrowth of phasey bean (Macroptilium lathyroides (L.) Urb.) .  Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University47 ( 1 ) 29 - 36   2002.10Amylase activities and starch contents as affected by source-sink relation during initial regrowth of phasey bean (Macroptilium lathyroides (L.) Urb.)

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Masataka Shimojo, Yoki Asano, Kentaro Ikeda, Heiko Ishiwaka, Tao Shao, Hiroyuki Sato, Yukiko Matsufuji, Noriko Ohba, Manabu Tobisa, Yasukatsu Yano, Yasuhisa Masuda .  Basic growth analysis and symmetric properties of exponential function with base e .  Journal of the Faculty of Agriculture, Kyushu University47   55 - 60   2002.10Basic growth analysis and symmetric properties of exponential function with base e

     More details

    Language:English  

  • Asano Y, Imura Y, Shimojo M, Furuse M, Masuda Y .  Diurnal variation of amylase activities and carbohydrate contents in root and stem of phasey bean (Macroptilium lathyroides L.Urb.), .  Grassland Science46 ( 1 ) 66 - 69   2000.4Diurnal variation of amylase activities and carbohydrate contents in root and stem of phasey bean (Macroptilium lathyroides L.Urb.),Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 技術科教員指導能力認定試験・中学校技術科教員採用試験2021年度参考書-技術科教員を目指す方へ-

    ( Role: Contributor)

    2021.5 

     More details

    Total pages:274   Responsible for pages:138-141   Language:Japanese

  • ものづくりからのメッセージ-技術科教育の基本- 第Ⅷ章 植物の育て方からのものづくり

    安東 茂樹,浅野 陽樹 他( Role: Joint author ,  第Ⅷ章植物の育て方からのものづくり)

    竹谷教材株式会社  2016.3 

     More details

    Total pages:193   Responsible for pages:145-158   Language:Japanese Book type:Scholarly book

MISC

  • Ⅰ-3.草本類の生理・生態に関する調査法.Ⅰ-3.8生体成分.Ⅰ-3.8.2有機成分 Reviewed

    浅野陽樹

    草地科学実験・調査法   2004.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

Presentations

  • 浅野陽樹   学習指導要領改訂に向けて -様々な学年段階における土壌教育の現状と実践-中学校技術・家庭科(技術分野)の生物育成の実際  

    日本土壌肥料学会2020年度岡山大会  日本土壌肥料学会

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:岡山大学(オンライン)  

  • 浅野陽樹,宇都侑太郎   小学校における観葉植物を用いた栽培学習教材の開発 -中学校技術分野の生物育成を見据えて-  

    日本産業技術教育学会第63回全国大会  日本産業技術教育学会

     More details

    Event date: 2020.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:千葉大学(オンライン)  

  • 浅野陽樹,平井順基,池田充,龍野巳代   コンポストの臭気低減に効果的なゲットウの添加量  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2019.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:琉球大学  

  • 浅野陽樹,柴田瞭,池田充,龍野巳代   中学校技術分野で実践可能なミニトマトとジャガイモのハイブリッド作物の栽培方法の開発  

    日本産業技術教育学会  日本産業技術教育学会

     More details

    Event date: 2019.8

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:静岡大学  

  • 浅野陽樹,津曲伸宜,池田充,龍野巳代   ゲットウおよびワラを用いたコンポストの臭気低減技術の開発  

    日本産業技術教育学会九州支部会大会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島大学  

  • 柴田 瞭,浅野陽樹,龍野巳代,池田 充   接ぎ木を用いた技術科と理科の複合教材の開発  

    日本産業技術教育学会九州支部会大会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2018.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島大学  

  • 浅野陽樹,池田舟   土壌物理性改善技術の効果がわかる秋冬野菜栽培条件の探索  

    日本産業技術教育学会 

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:信州大学  

  • 平尾 健二,小泉匡弘,出口哲久,岡正明,荒木祐二,藤井道彦,太田弘一,土屋英男,浅野陽樹   生物育成学習支援システム(SUNS)の構築とその紹介  

    日本産業技術教育学会 

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:信州大学  

  • 浅野陽樹,平尾健二   中学校技術「生物育成に関する技術」の鹿児島県アンケート調査からみた生物育成教育の現状と今後の方向性  

    日本農業教育学会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:静岡大学  

  • 池田舟,浅野陽樹   土壌物理性の簡易測定法の改善および物理性の異なる混合培土による作物栽培  

    日本産業技術教育学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2017.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:熊本大学  

  • 浅野陽樹,川畑南美,池田充,龍野巳代   有機質肥料の施用効果を示すサツマイモ袋栽培の教材化-腐葉土・堆肥施用と高温処理の効果-  

    日本産業技術教育学会 

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:弘前大学  

  • 浅野陽樹,菖蒲谷萌美,池田充,龍野巳代   学校教育で実践可能なネットメロンの無農薬栽培に関する  

    日本産業技術教育学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:長崎大学  

  • 池田舟,浅野陽樹   中学校技術分野の土づくり授業に必要な培土の物理性  

    日本産業技術教育学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2016.10

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:長崎大学  

  • 浅野陽樹,福丸瑛里紗,池田充,龍野巳代   コンポストを原料とした有機液肥の製造とその肥料効果  

    日本産業技術教育学会 

     More details

    Event date: 2016.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 徳重宏祐、浅野陽樹、池田充、龍野巳代   施肥条件や培養土の違いがハツカダイコンの初期生育及び収量に及ぼす影響  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:Japanese  

    Venue:佐賀  

    国内学会

  • 浅野陽樹、池田充、龍野巳代、松永大樹   給食残飯のコンポスト化におけるゲットウ葉の基材としての添加効果  

    日本産業技術教育学会  日本産業技術教育学会

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese  

    Venue:愛媛  

    国内学会

  • 徳重 宏祐、浅野 陽樹、池田 充、龍野 巳代   三学期制に合わせた給食残飯のコンポスト化及びそれを用いたダイコンの袋栽培方法の確立  

    日本農業教育学会  日本農業教育学会

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese  

    Venue:千葉  

    国内学会

  • 浅野陽樹、西住有美子、池田充、龍野巳代   バケツ稲栽培における水深管理と施肥管理がメダカの共同育成と収量に及ぼす影響  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 徳重宏祐、浅野陽樹、池田充、龍野巳代   ラディッシュを用いたコンポストの肥料効果測定方法の検討  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2014.10

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 浅野陽樹、池田充、龍野巳代   土壌物理性改善技術と灌水技術がミズナの生産性を高めることを示す栽培条件の確立  

    日本産業技術教育学会  日本産業技術教育学会

     More details

    Event date: 2014.8

    Language:Japanese  

    Venue:熊本  

    国内学会

  • 浅野陽樹、池田充、龍野巳代   黒土およびシラスの物理性におよぼす土壌改良資材の添加効果と簡易評価法の開発   International conference

    日本産業技術教育学会  日本産業技術教育学会

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:English  

    Venue:山口  

    国際学会

  • 深川和良、田中紀行、桑原龍樹、浅野陽樹、龍野巳代、池田充   鹿児島におけるBDFの教材化に関する一検討 -BDF用作物栽培について-  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:Japanese  

    Venue:宮崎  

    国内学会

  • 浅野陽樹、池田充、龍野巳代、木村太亮   水分過多条件下でポット栽培したホウレンソウの生長に及ぼす培養土の排水性の影響  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2012.10

    Language:Japanese  

    Venue:宮崎  

    国内学会

  • 浅野 陽樹、池田 充、龍野 巳代、吉見 圭太郎   技術的効果の見える栽培技術教材に関する検討  

    日本産業技術教育学会九州支部会  日本産業技術教育学会九州支部会

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese  

    Venue:沖縄県  

    国内学会

  • 赤木 功、園田亮一、浅野陽樹、山本昭洋、樗木直也、佐伯雄一   豚ぷん尿スラリーおよびそのメタン発酵消化液の細菌群集構造  

    日本土壌肥料学会  日本土壌肥料学会

     More details

    Event date: 2010.9

    Language:Japanese  

    Venue:北海道  

    国内学会

  • 飛佐学、内田義規、森勇人、浅野陽樹、霧村雅昭、杉本安寛   メタン発酵消化液の施用がシバの生育とアーバスキュラー菌根菌の菌根形成に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 井戸田幸子、杉本安寛、霧村雅昭、浅野陽樹   消化液の施用がトウモロコシ-イタリアンライグラス体系の飼料作物の生長と品質に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 霧村雅昭、浅野陽樹、鳥集悠太、臼崎早苗、杉本安寛   水田でのノットグラス-イタリアンライグラス栽培へのメタン発酵消化液の多量施用が環境に及ぼす影響(第2報,2年目の結果)  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 霧村雅昭、浅野陽樹、飛佐学、臼崎早苗、杉本安寛   シバ草地へのメタン発酵消化液施用が土壌環境に及ぼす影響(第2報,2年目の結果  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 浅野陽樹、霧村雅昭、松山和樹、臼崎早苗、杉本安寛   メタン発酵消化液の多量施用がノットグラス-イタリアンライグラス二毛作栽培体系の生産性に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 浅野陽樹、霧村雅昭、飛佐学、臼崎早苗、杉本安寛   メタン発酵消化液の施用が3年目のシバの生産性に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 霧村 雅昭、杉本 安寛、谷口 有希、浅野 陽樹   焼酎粕施用がトウモロコシーイタリアンライグラス体系における飼料作物及び土壌環境に及ぼす影響  

    日本土壌肥料学会  日本土壌肥料学会

     More details

    Event date: 2008.9

    Language:Japanese  

    Venue:愛知  

    国内学会

  • 浅野陽樹、霧村雅昭、飛佐学、杉本安寛   メタン発酵消化液の施用がシバの生産性に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese  

    Venue:宮城県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、山口裕、霧村雅昭、杉本安寛   メタン発酵消化液の多量施用がノットグラスの生産性に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2008.3

    Language:Japanese  

    Venue:宮城県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、二村純次、霧村雅昭、杉本安寛   水田で多施肥栽培したノットグラスおよびイタリアンライグラスの乾物収量、窒素収量および硝酸態窒素含有率  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2007.3

    Language:Japanese  

    Venue:神奈川県  

    国内学会

  • 赤木功、西原基樹、上田重英、横山明敏、浅野陽樹、佐伯雄一   虫害を受けたダイズ子実のポリフェノールおよびイソフラボン含量  

    日本作物学会大会  日本作物学会大会

     More details

    Event date: 2006.10

    Language:Japanese  

    Venue:秋田県  

    国内学会

  • 赤木功、西原基樹、上田重英、横山明敏、浅野陽樹、佐伯雄一   西南暖地におけるダイズの晩播が子実中のイソフラボン含量に及ぼす影響  

    日本土壌肥料学会大会  日本土壌肥料学会大会

     More details

    Event date: 2006.9

    Language:Japanese  

    Venue:秋田県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、佐藤真希子、 高木良心、加藤智美、柚木崎千鶴子、小村美穂、黒木義一、平原秀秋、甲斐孝憲、小松春喜、杉本安寛、国武久登   ブルーベリーとその在来野生種の果実における抗酸化活性の評価   International conference

    園芸学会大会  園芸学会大会

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:English  

    Venue:宮城県  

    国際学会

  • 高木良心、津田浩利、浅野陽樹、加藤智美、平原秀秋、甲斐孝憲、小村美穂、柚木崎千鶴子、伊藤俊明、杉本安寛、国武久登   ブルーベリーのアントシアニン含量,抗酸化活性および総ポリフェノール含量に及ぼす果実発達ステージの影響  

    園芸学会大会  園芸学会大会

     More details

    Event date: 2005.10

    Language:Japanese  

    Venue:宮城県  

    国内学会

  • 柏原裕之、浅野陽樹、杉本安寛   シバおよびセンチピードグラスに対する窒素施肥の影響と季節生産性  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2005.3

    Language:Japanese  

    Venue:東京都  

    国内学会

  • 波平知之、水町進、ブリノック スマジャイ、宮城尚、屋良朝宣、浅野陽樹、川本康博   南西諸島のジャイアントスターグラス(Cynodon nlemfuensis Vanderyst)草地における窒素施肥量について  

    西日本畜産学会  西日本畜産学会

     More details

    Event date: 2004.10

    Language:Japanese  

    Venue:宮崎県  

    国内学会

  • 水町進、波平知之、川本康博、宮城尚、屋良朝宣、浅野陽樹、伊村嘉美   草地造成時における各種改良資材の投与が牧草生産に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2004.3

    Language:Japanese  

    Venue:広島県  

    国内学会

  • 波平知之、ブリノック スマジャイ、水町進、浅野陽樹、川本康博   冬季におけるジャイアントスターグラス(Cynodon aethiopicus Clyton &amp; Harlan)とイタリアンライグラス(Lolium multiflorum Lam)の追播草地における刈取り高さについて  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2004.3

    Language:Japanese  

    Venue:広島県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、波平知之、ブリノック スマジャイ、水町進、宮城尚、八木由里子、屋良朝宣、川本康博   ローズグラスとファジービーンの追播草地における窒素およびリン施肥の影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2004.3

    Language:Japanese  

    Venue:広島県  

    国内学会

  • ブリノック スマジャイ、波平知之、水町進、宮城尚、八木由里子、屋良朝宣、浅野陽樹、川本康博   ネピアグラスサイレージ(Pennisetum purpureum Schumach)へのFJLBおよびFJLB乾燥粉末の添加効果  

    西日本畜産学会大会  西日本畜産学会大会

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese  

    Venue:沖縄県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、波平知之、ブリノック スマジャイ、水町進、宮城尚、八木由里子、屋良朝宣、川本康博   ローズグラス‐ファジービーン混播採草地における窒素およびリン施肥が乾物収量に及ぼす影響   International conference

    西日本畜産学会大会  西日本畜産学会大会

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:English  

    Venue:沖縄県  

    国際学会

  • 八木由里子、波平知之、ブリノック スマジャイ、水町進、宮城尚、屋良朝宣、浅野陽樹、川本康博   豚の放牧技術に関する研究 1.放牧豚の肥育成績と食肉の嗜好性  

    西日本畜産学会  西日本畜産学会

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese  

    Venue:沖縄県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   暖地型マメ科牧草ファジービーンにおける出現花枝の除去が刈り取り後の再生速度およびデンプン分解系に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2003.3

    Language:Japanese  

    Venue:茨城県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   暖地型マメ科牧草ファジービーンにおける生育日数の違いが刈り取り後の再生速度およびデンプン分解系に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2003.3

    Language:Japanese  

    Venue:茨城県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   刈り取り後の再生におけるデンプン分解シグナルとしてのスクロースの役割  

    日本草地学会  日本草地学会

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese  

    Venue:福岡県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   再生葉(シンク)による根茎部(ソース)のデンプン分解制御  

    日本草地学会  日本草地学会

     More details

    Event date: 2002.9

    Language:Japanese  

    Venue:福岡県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   ファジービーンにおける刈取り前生育温度処理がその後の再生長、糖含量およびアミラーゼ活性に及ぼす影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2001.4

    Language:Japanese  

    Venue:茨城県  

    国内学会

  • 浅野陽樹、池田千香子、飛佐学、下條雅敬、増田泰久   暖地型マメ科牧草ファジービーンの再生に及ぼす刈株残存節数と残存節位の影響  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2000.7

    Language:Japanese  

    Venue:北海道  

    国内学会

  • 浅野陽樹、増田泰久   暖地型マメ科牧草ファジービーンにおける刈り取り後の再生量・各種アミラーゼ活性および糖含量  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 2000.7

    Language:Japanese  

    Venue:北海道  

    国内学会

  • 浅野陽樹、伊村嘉美、下條雅敬、古瀬充宏、増田泰久   暖地型マメ科牧草ファジービーン(Macroptilium lathyroides L. Urb.)の基部および地下部における各種アミラーゼおよび可溶性炭水化物の日内変動  

    日本草地学会大会  日本草地学会大会

     More details

    Event date: 1999.4

    Language:Japanese  

    Venue:神奈川県  

    国内学会

  • Reports of Symposium  

    2018.11 

  • Practice of cultivation activities in the Department of Life Science  

    2021 

  • Emergence of Japanese Badger (Meles anakuma) and its Damage to Crops at Kagoshima University Campus in Regional City  

    2021.3 

     More details

    The objective of this study was to obtain basic information on the Japanese badger (Meles anakuma) inhabiting urban areas. We conducted a survey using a camera-trapping technique to determine the frequency of emergence of wild mammals and their damage to crops at Kagoshima University. Four sensor cameras were mounted at a training area in the Faculty of Education, an experimental farm in the Faculty of Agriculture (fields and a livestock barn), and a botanical garden at the Korimoto campus of Kagoshima University from January to December 2019. The number of photographs of raccoon dog (Nyctereutes procyonoides viverrinus), Japanese badger, feral cats (Felis catus), and Japanese weasel (Musyela itatsi) recorded by the cameras were 147, 113, 41, and 1, respectively. Japanese badger was most frequently photographed at the training area in the Faculty of Education. Regarding monthly variations, the relative abundance index of Japanese badger was higher from May to July and lower from January to March and August than in other months. It was observed in May that Japanese badger took loquats at the training area in the Faculty of Education. These findings indicate that Japanese badger lives in the Korimoto campus all year around and that the animal occasionally causes damages to crops.

  • 浅野 陽樹   9-1-7 学習指導要領改訂に向けて -様々な学年段階における土壌教育の現状と実践-中学校技術・家庭科(技術分野)の生物育成の実際(9-1 社会・教育 2020年度岡山大会)  

    日本土壌肥料学会講演要旨集  2020  一般社団法人 日本土壌肥料学会

  • 平尾 健二, 小泉匡弘, 出口哲久, 岡正明, 荒木祐二, 藤井道彦, 太田弘一, 土屋英男, 浅野陽樹   生物育成学習支援システム(SUNS)の構築とその紹介  

    日本産業技術教育学会  2018.8 

  • 浅野陽樹, 川畑南美, 池田充, 龍野巳代   有機質肥料の施用効果を示すサツマイモ袋栽培の教材化−腐葉土・堆肥施用と高温処理の効果−  

    日本産業技術教育学会  2017.8 

  • 柴田 瞭, 浅野陽樹, 龍野巳代, 池田 充   接ぎ木を用いた技術科と理科の複合教材の開発  

    日本産業技術教育学会九州支部会大会  2018.10 

  • 浅野陽樹, 池田舟   土壌物理性改善技術の効果がわかる秋冬野菜栽培条件の探索  

    日本産業技術教育学会  2018.8 

  • 池田舟, 浅野陽樹   土壌物理性の簡易測定法の改善および物理性の異なる混合培土による作物栽培  

    日本産業技術教育学会九州支部会  2017.10 

  • 浅野陽樹, 平尾健二   中学校技術「生物育成に関する技術」の鹿児島県アンケート調査からみた生物育成教育の現状と今後の方向性  

    日本農業教育学会  2017.10 

  • 浅野陽樹, 津曲伸宜, 池田充, 龍野巳代   ゲットウおよびワラを用いたコンポストの臭気低減技術の開発  

    日本産業技術教育学会九州支部会大会  2018.10 

  • 川西 基博, 寺床 勝也, 浅野 陽樹   鹿児島大学教育学部附属幼稚園の園庭に生育する植物の多様性  

    鹿児島大学教育学部研究紀要. 特別号 = Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Special issue  2022.6  鹿児島大学

     More details

    Language:Japanese  

    身近な植物をより効果的に幼稚園教育に活用するための知見を得ることを目的とし,鹿児島大学教育学部附属幼稚園の園庭で確認された植物のリストを作成するとともに,注目される植物の諸特性と教育的効果について考察した.冬季(12 月)における附属幼稚園の園庭では合計159 種の維管束植物が確認された.このうち在来種は82 種で38 種が自生していた.帰化種は合計25 種で16 種が自生していた.栽培種は54 種であった.準絶滅危惧種に指定されているマツバラン(マツバラン科)や寄生植物のヒノキバヤドリギの自生が確認された.また,柑橘類などの果樹,野菜類,園芸植物も多く栽培されていた.このように園庭では多様な植物をみることができ,その生態や人の生活との関係などを知るきっかけを作ることが可能であると考えられた.特に,雑草として自生する在来種が多いこと,植栽木の中に照葉樹林の構成種がみられること,鹿児島特有の果樹や木材になる樹木が見られることは特筆すべき点であり,園庭の植物をとおして鹿児島の自然の理解と人の生活の関係が認識されることが期待される.

  • 寺床 勝也, 浅野 陽樹, 川西 基博   アフォーダンス理論による環境と遊びの関わり(Ⅰ) : 幼児向け木育遊具を事例として  

    鹿児島大学教育学部研究紀要. 特別号 = Bulletin of the Faculty of Education, Kagoshima University. Special issue  2022.6  鹿児島大学

     More details

    Language:Japanese  

    幼児の遊びは、環境を通して行われる。教師は、幼児の発達に応じて豊かな遊びを意図して環境構成するが、想定外の遊びを始める幼児を観察することがある。設計者の意図と異なる遊びの発生の背後には、環境からの誘いがあると考えられアフォーダンス理論による幼児の遊びを再解釈することを試みた。本研究では、幼児向けの木育遊具での遊びを対象に、アフォーダンス理論の「環境と行為の同時性」に着目し、幼児の遊びを環境と関連づけて言語化を試みた。その結果、環境からアフォードされる幼児の遊びには、自由で自発的であり、行為の可能性を含む発達段階の手がかりを示すなど、新たな環境構成を開発する知見が示唆された。

▼display all

Awards

  • 学会賞(論文賞)

    2018.8   日本産業技術教育学会   「土壌物理性の簡易評価法および排水性の異なる培土の調製法の開発」

    浅野 陽樹

Research Projects

  • 残食の肥料化から作物栽培までを1学年で完結させる物質循環学習教材の開発

    2019.4 - 2023.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      More details

     小学校の総合的な学習の時間を対象とし,生ごみをコンポスト化(堆肥化)により処理し,その堆肥を用いて野菜を栽培する学習を,専門家
    のサポートなくして1学年で完結できるような物質循環学習教材を開発する。
     そのため,①子ども主体の管理による一大失敗要因である悪臭の予防技術を開発し,②教師の負担を軽減するための夏休みの管理作業の省力
    化方法を明らかにし,③専門家の勘の代替として,小学生でもできるコンポストの簡易評価法を開発し,④「不良コンポストによる栽培」に着
    目した生育阻害発生条件を解明し,さらに⑤専門家不在でも実践可能で,子ども主体・教科横断的な物質循環学習教材を開発する。

  • 土壌物理性の改良技術が作物の育成に効果的であること示す教具および教材の開発

    2011.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      More details

     ペットボトルを用いた土壌物理性の簡易評価法の開発に関して、充填方法や公定法との関係性について検討し、保水性および排水性の簡易測定法を確立した。農業現場で用いるには精度不足だと考えられるが、中学校技術科の教具としては十分であると考える。
     土壌物理性の異なる培養土の調製に関して、混合資材の種類と混合割合について検討し、火山灰質土にバーミキュライトライトを25%あるいは50%混合することで排水性(通気性)の異なるいくつか培養土を調製すること、すなわち容器栽培において土の排水性を数値に基づいて改善する方法を示す教材を開発した。この方法を用いることで、従来感覚的に行ってきた排水性の良い土作りを、データ(土壌診断結果)に基づいて科学的に学習することができる。
     これらの排水性の異なる培養土を用い、さらに異なる灌水条件下においてミズナとキャベツを栽培し、土壌物理性の改善が作物の生育に重要であることを示す栽培条件について検討した。その結果、キャベツおよびミズナともに排水性を高めた土ほど生育がよく、また灌水条件によっては排水性を高めることにより生育減衰が軽減されることも明らかになった。また、灌水技術についても、生育初期と生育中期以降で灌水量を適宜調整することで生育速度を高められることも明らかになった。
     本研究では土壌物理性の簡易評価法および土壌物理性の異なる土壌調整法を確立し、また土壌物理性の改良が作物の生産性を向上することが明確に解るような栽培システムを構築することができた。本成果は、栽培経験の少ない教師に対して、容器栽培における土作りの指南となり、また中学校技術科において栽培技術の効果を目でみて解る教材となることが期待される。

Other research activities

  • 土壌教育の国際ガイドラインの理念と内容はこれだ! ~持続可能な社会の創り手の育成に向けて~

    2021.9

     More details

    日本土壌肥料学会2021年北海道大会 シンポジウムⅡ
    座長団

 

Social Activities

  • ゲットウ葉の資源活用に関する研究~コンポスト製造用資材としての利用~

    Role(s): Lecturer

    鹿児島大学地(知)の拠点整備事業  与論町  2016.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • ゲットウ葉の資源活用~経過報告2~

    Role(s): Lecturer

    鹿児島大学  鹿児島大学ローカルシンフォニー  与論町  2014.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture

  • ゲットウ葉の資源活用~経過報告~

    Role(s): Lecturer

    鹿児島大学  鹿児島大学ローカルシンフォニー  与論町  2013.2

     More details

    Audience: General, Governmental agency

    Type:Lecture

  • ゲットウ葉の資源活用

    Role(s): Lecturer

    鹿児島大学  鹿児島大学ローカルシンフォニー  与論町  2012.3

     More details

    Audience: General

    Type:Lecture