2021/06/18 更新

写真a

マツウラ エイジ
松浦 英治
MATSUURA EIJI
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2000年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 神経免疫・免疫性神経疾患

  • 多発性硬化症

  • HTLV-1関連脊髄症(HAM/TSP)

  • 老年病学

  • レトロウイルス感染症

学歴

  • 鹿児島大学

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 神経内科・老年病学   准教授

    2017年8月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座神経内科・老年病学   講師

    2014年3月 - 2017年7月

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   助教

    2010年10月 - 2014年2月

所属学協会

  • 日本内科学会

    1994年6月 - 現在

  • 日本神経学会

    1994年6月 - 現在

  • 日本神経治療学会

    1997年4月 - 現在

  • 米国神経学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本HTLV-1学会

    2014年6月 - 現在

  • 日本末梢神経学会

    2014年3月 - 現在

  • 日本エイズ学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本神経免疫学会

    2012年10月 - 現在

  • 日本神経感染症学会

    2012年9月 - 現在

  • 日本神経病理学会

    2012年6月 - 現在

  • 日本老年医学会

    2010年9月 - 現在

▼全件表示

 

論文

  • Kodama D, Masakazu Tanaka, Toshio Matsuzaki, Satoshi Nozuma, Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima, Shuji Izumo, Ryuji Kubota .  Anti-human T-cell Leukemia virus type 1 (HTLV-1) antibody assays in cerebrospinal fluid for the diagnosis of HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  Journal of Clinical Microbiology59 ( 5 )   2021年5月

  • Marina Penova, Shuji Kawaguchi, Jun-Ichirou Yasunaga, Takahisa Kawaguchi, Tomoo Sato, Meiko Takahashi, Masakazu Shimizu, Mineki Saito, Kunihiro Tsukasaki, Masanori Nakagawa, Norihiro Takenouchi, Hideo Hara, Eiji Matsuura, Satoshi Nozuma, Hiroshi Takashima, Shuji Izumo, Toshiki Watanabe, Kaoru Uchimaru, Masako Iwanaga, Atae Utsunomiya, Yasuharu Tabara, Richard Paul, Yoshihisa Yamano, Masao Matsuoka, Fumihiko Matsuda .  Genome wide association study of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis in the Japanese population .  Proc Natl Acad Sci U S A118 ( 11 )   2021年3月

    査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    HTLV-1-associated myelopathy (HAM/TSP) is a chronic and progressive inflammatory disease of the central nervous system. The aim of our study was to identify genetic determinants related to the onset of HAM/TSP in the Japanese population. We conducted a genome-wide association study comprising 753 HAM/TSP patients and 899 asymptomatic HTLV-1 carriers. We also performed comprehensive genotyping of HLA-A, -B, -C, -DPB1, -DQB1, and -DRB1 genes using next-generation sequencing technology for 651 HAM/TSP patients and 804 carriers. A strong association was observed in HLA class I (P = 1.54 × 10-9) and class II (P = 1.21 × 10-8) loci with HAM/TSP. Association analysis using HLA genotyping results showed that HLA-C*07:02 (P = 2.61 × 10-5), HLA-B*07:02 (P = 4.97 × 10-10), HLA-DRB1*01:01 (P = 1.15 × 10-9) and HLA-DQB1*05:01 (P = 2.30 × 10-9) were associated with disease risk, while HLA-B*40:06 (P = 3.03 × 10-5), HLA-DRB1*15:01 (P = 1.06 × 10-5) and HLA-DQB1*06:02 (P = 1.78 × 10-6) worked protectively. Logistic regression analysis identified amino acid position 7 in the G-BETA domain of HLA-DRB1 as strongly associated with HAM/TSP (P = 9.52 × 10-10); individuals homozygous for leucine had an associated increased risk of HAM/TSP (odds ratio, 9.57), and proline was protective (odds ratio, 0.65). Both associations were independent of the known risk associated with proviral load. DRB1-GB-7-Leu was not significantly associated with proviral load. We have identified DRB1-GB-7-Leu as a genetic risk factor for HAM/TSP development independent of proviral load. This suggests that the amino acid residue may serve as a specific marker to identify the risk of HAM/TSP even without knowledge of proviral load. In light of its allele frequency worldwide, this biomarker will likely prove useful in HTLV-1 endemic areas across the globe.

  • Shiroh Miura, Kengo Kosaka, Tomofumi Shimojo, Eiji Matsuura, Kazuhito Noda, Ryuta Fujioka, Shin-Ichiro Mori, Fujio Umehara, Toru Iwaki, Ken Yamamoto, Hirotomo Saitsu & Hiroki Shibata .  Intronic variant in IQGAP3 associated with hereditary neuropathy with proximal lower dominancy, urinary disturbance, and paroxysmal dry cough .  Journal of Human Genetics65 ( 9 ) 717 - 725   2020年9月

  • Norihiro Takenouchi, Masakazu Tanaka, Teruaki Sato, Jinchun Yao, Jun-ichi Fujisawa, Shuji Izumo, Ryuji Kubota, Eiji Matsuura .  Expression of TSLC1 in patients with HAM/TSP .  Journal of NeuroVirology26 ( 3 ) 404 - 414   2020年6月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13365-020-00838-z

    Scopus

    PubMed

  • Eiji Matsuura, Yoshimi Enose-Akahata, Karen Yao, Unsong Oa, Yuetsu Tanaka, Hiroshi Takashima, Steven Jacobson .  Dynamic acquisition of HTLV-1 tax protein by mononuclear phagocytes: Role in neurologic disease .  Journal of Neuroimmunology304   43 - 50   2017年3月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Neuroimmunology  

    DOI: 10.1016/j.jneuroim.2016.09.014

    Scopus

    PubMed

  • Eiji Matsuura, Satoshi Nozuma, Yuichi Tashiro, Ryuji Kubota, Shuji Izumo, Hiroshi Takashima. .  HTLV-1 associated myelopathy/ tropical spastic paraparesis (HAM/TSP): A comparative study to identify factors that influence disease progression .  Journal of the Neurological Sciences371   112 - 115   2016年12月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:World Federation of Neurology  

    DOI: 10.1016/j.jns.2016.10.030

  • Sakiyama Yusuke, Matsuura Eiji, Shigehisa Ayano, Hamada Yuki, Dozono Mika, Nozuma Satoshi, Nakamura Tomonori, Higashi Keiko, Hashiguchi Akihiro, Takahashi Yukitoshi, Takashima Hiroshi .  Cryptococcus Meningitis Can Co-occur with Anti-NMDA Receptor Encephalitis .    59 ( 18 ) 2301 - 2306   2020年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者  

  • Kodama D, Tanaka M, Matsuzaki T, Izumo K, Nakano N, Matsuura E, Saito M, Nagai M, Horiuchi M, Utsunomiya A, Takashima H, Kubota R, Izumo S. .  Inhibition of ABL1 tyrosine kinase reduces HTLV-1 proviral loads in peripheral blood mononuclear cells from patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. .      2020年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Natsuko Yamakawa 1 2, Naoko Yagishita 1, Tomohiro Matsuo 3, Junji Yamauchi 1, Takahiko Ueno 4, Eisuke Inoue 4, Ayako Takata 5, Misako Nagasaka 6 7, Natsumi Araya 1, Daisuke Hasegawa 1, Ariella Coler-Reilly 1, Shuntaro Tsutsumi 7, Tomoo Sato 1, Abelardo Araujo 8, Jorge Casseb 9, Eduardo Gotuzzo 10, Steven Jacobson 11, Fabiola Martin 12, Marzia Puccioni-Sohler 13, Graham P Taylor 14, Yoshihisa Yamano 15 16, Japan Clinical Research Group on HAM/TSP Japan Clinical Research Group on HAM/TSP: Takeo Nakayama, Satoshi Kamei, Jun-Ichi Kira, Toshiki Watanabe, Tatsuo Kohriyama, Akihiko Okayama, Atsushi Kawakami, Kenji Yuzawa, Masanori Nakagawa, Tatsufumi Nakamura, Ryuji Kubota, Eiji Matsuura, Koju Kamoi, Takashi Nakajima, Hiroyuki Murai, Kaoru Uchimaru, Yoshio Tsuboi, Yukihiro Namihira, Satoshi Ishihara, Masaaki Niino, Masahiro Nagai, Kunihiko Umekita, Norihiro Takenouchi, Toshio Matsuzaki, Youichi Hokezu, Hideki Nakamura, Takuya Matsushita, Yuji Morio, Hisashi Yonezawa, Takashi Tokashiki, Keiko Tamaki, Hirokuni Sakima, Naoko Yagishita, Tomohiro Matsuo, Junji Yamauchi, Eisuke Inoue, Ayako Takata, Natsumi Araya, Daisuke Hasegawa, Tomoo Sato, Yoshihisa Yamano .  Creation and validation of a bladder dysfunction symptom score for HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  Orphanet J Rare Dis . 15 ( 1 ) 175   2020年7月

     詳細を見る

  • 橋口 昭大, 吉村 明子, 安藤 匡宏, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  GARS変異による遺伝性末梢神経障害7例の臨床的特徴 .  末梢神経31 ( 1 ) 98 - 104   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本末梢神経学会  

    Glycyl tRNA Synthetase(GARS)をはじめとするaminoacyl tRNA synthetase(aaRS/ARS)の遺伝子変異は多様な遺伝性ニューロパチーの原因となることが報告されている。GARS変異による遺伝性ニューロパチーには運動と感覚の両方が障害されるCharcot-Marie-Tooth病2D(CMT2D)と運動のみが障害されるHereditary Motor Neuropathy 5C(HMN5C)の2つの表現型が報告されている。GARS変異を有する遺伝性ニューロパチー7例の臨床像を比較して本邦におけるGARS変異の特徴を明らかにする。(著者抄録)

  • 古園 麻衣, 松元 陸, 眞弓 芳子, 田代 雄一, 荒田 仁, 山野 嘉久, 田中 正和, 久保田 龍二, 松浦 英治, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症における疾患進行の予測因子 .  NEUROINFECTION25 ( 1 ) 146 - 149   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    HAM患者データベース『HAMねっと』に登録されている527例において、疾患進行速度の予測因子としての初発症状の意義を検討した。初発症状は歩行障害、下肢感覚障害、排尿障害の三分類とした。初発症状の出現から車椅子使用レベルである納の運動障害重症度分類(OMDS)でGrade 6にいたるまでの期間を疾患進行速度の指標とした。検討の結果、初発症状が下肢感覚障害であれば有意に急速で、排尿障害であれば有意に緩徐であった。初発症状は疾患進行の予測因子であることを確認した。また、初発症状が排尿障害である例は男女ともに若年発症の傾向があった。若年で排尿障害を呈する患者にはHTLV-1(Human T-lymphotropic virus type 1)感染を積極的に疑い、抗炎症治療の対象となるか検討することが求められる。(著者抄録)

  • 松浦 英治 .  HTLV-1 感染症の発症病理 .  神経感染症25 ( 1 )   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    <p>【要旨】1985 年、鹿児島大学病院に入院していた痙性脊髄麻痺患者の髄液に ATL 様細胞を認めたことを契機に鹿児島に多い痙性脊髄麻痺の研究が始まった。翌 1986 年、Osame らは HTLV-1 関連脊髄症(HTLV-1-associated myelopathy、以下 HAM)という新しい疾患概念を報告した。HTLV-1(Human T-lymphotropic virus type 1、以下 HTLV-1)はヒト生体内ではおもに CD4 陽性リンパ球に感染しているものの、ウイルスがどこで増殖するのか、蛋白をどこで発現しているか、また、感染していないとされる神経系細胞が障害される原因など明らかでない点も多い。HAM の病理像は、胸髄中・下部を中心とし、小血管周囲から脊髄実質にかけて浸潤するT細胞とマクロファージを主体とする慢性炎症である。炎症の終息した部分には強いグリオーシスと血管周囲の線維性肥厚がみられるのが特徴である。Umehara らの研究により罹病期間の短いケースでは多くの CD4 あるいは CD8 陽性リンパ球が等しく浸潤しているのに対し、罹病機関の長いケースでは CD8 陽性リンパ球が中心となることが報告された。血液・髄液中の CD8 陽性リンパ球に多くの細胞障害性Tリンパ球が存在する一方、中枢神経系に浸潤する CD8 陽性リンパ球のキャラクターは不明であった。近年、HTLV-1 ウイルス蛋白の一つである Tax 蛋白に特異的な細胞障害性 CD8 陽性Tリンパ球(HTLV-1 tax-specific CTL)を in-situ で検出する方法を用い、患者の中枢神経系に浸潤する CD8 陽性リンパ球のうち 10%ないし 30%が HTLV-1 tax-specific CTL であることが報告された。また、どこで発現しているか確認されていなかった HTLV-1 蛋白も中枢神経に浸潤している CD4 陽性リンパ球に強く発現していることが確認され、HAM が中枢神経内の感染リンパ球をターゲットとする炎症であることが証明された。しかし、類似した所見のある大脳ではなぜ症状を認めないのか、脊髄ではなぜ側索の脱髄が顕著なのか、なぜ輸血後・移植後感染では HAM が発症しやすいのかなど検討されねばならない点はいまだに多い。本発表ではこれら未解決の問題について整理する。</p>

    DOI: 10.34397/jsnd.25.1_100

    CiNii Article

  • Masashi Takanashi, Manabu Funayama, Eiji Matsuura, Hiroyo Yoshino, Yuanzhe Li, Sho Tsuyama, Hiroshi Takashima, Kenya Nishioka and Nobutaka Hattori .  Isolated nigral degeneration without pathological protein aggregation in autopsied brains with LRRK2 p.R1441H homozygous and heterozygous mutations. .  Acta Neuropathologica Communications6 ( 1 ) 105   2018年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s40478-018-0617-y.

  • Yusuke Sakiyama, Eiji Matsuura, Yoshimitsu Maki, Akiko Yoshimura, Masahiro Ando, Miwa Nomura, Kazuya Shinohara, Ryuji Saigo, Tomonori Nakamura, Akihiro Hashiguchi, Hiroshi Takashima .  Peripheral neuropathy in a case with CADASIL: A case report .  BMC Neurology18 ( 1 ) 134   2018年8月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語  

    DOI: 10.1186/s12883-018-1131-3

    Scopus

    PubMed

  • Mutations in COA7 cause spinocerebellar ataxia with axonal neuropathy .  Brain141 ( 6 ) 1622 - 1636   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Brain  

    DOI: 10.1093/brain/awy104

    Scopus

    PubMed

  • Clinical and genetic features of Charcot-Marie-Tooth disease 2F and hereditary motor neuropathy 2B in Japan. .      2018年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 兒玉 憲人, 崎山 佑介, 小迫 拓矢, 武井 藍, 中村 友紀, 橋口 昭大, 道園 久美子, 松浦 英治, 中根 俊成, 高嶋 博 .  抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体が陽性を呈した全身性無汗症の1例 .  日本内科学会雑誌107 ( 1 ) 95 - 100   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本内科学会  

    41歳男。約4ヵ月前から全身の発汗低下が出現し、仕事中に体に熱がこもり、動悸や頭痛を伴うようになった。起立性低血圧や1日20回以上の頻尿を認め、広汎な自律神経障害が疑われた。自律神経症状以外の神経学的異常は認めなかった。発汗低下の分布と薬物性発汗テストから、汗腺自体の異常が示唆された。皮膚生検では汗腺組織の密度低下、汗腺・血管周囲の軽度リンパ球浸潤を認め、汗腺組織の膨化も認めた。以上より、特発性後天性全身性無汗症と診断した。その後、抗ganglionicアセチルコリン受容体抗体が陽性であることが判明したため、自己免疫的機序を想定してステロイドパルス療法(メチルプレドニゾロン1000mg/日×3日間)を施行したところ、発汗の軽度改善を認めた。そのため、ステロイドパルス2コースを追加し、プレドニゾロン25mg/日で後療法を行ったところ、更なる発汗の改善を認めた。

  • Saito M, Sejima H, Naito T, Ushirogawa H, Matsuzaki T, Matsuura E, Tanaka Y, Nakamura T, Takashima H. .  The CC chemokine ligand (CCL) 1, upregulated by the viral transactivator Tax, can be downregulated by minocycline: possible implications for long-term treatment of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .    14 ( 1 ) 234   2017年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nozuma S, Matsuura E*, Kodama D, Tashiro Y, Matsuzaki T, Kubota R, Izumo S, Takashima H. .  Effects of host restriction factors and the HTLV-1 subtype on susceptibility to HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. .  Retrovirology14 ( 1 ) 26   2017年4月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toxocara canis myelitis involving the lumbosacral region: a case report .    40 ( 2 ) 241 - 245   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Spinal Cord Medicine  

    DOI: 10.1080/10790268.2015.1114230

    Scopus

    PubMed

  • 谷口 雄大, 法化図 陽一, 岡田 敬史, 石橋 正人, 橋口 昭大, 松浦 英治, 髙嶋 博 .  遺伝性痙性対麻痺と診断されていた家族性筋萎縮性側索硬化症の1家系 .  臨床神経学57 ( 11 ) 685 - 690   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経学会  

    <p>30年以上にわたり四肢の筋萎縮を呈した44歳男性の筋萎縮性側索硬化症(amyotrophic lateral sclerosis; ALS)4を報告する.患者は10歳代に発症し20歳代に遺伝性痙性対麻痺(hereditary spastic paraplegia; HSP)と診断された.自覚症状はないものの腓腹神経の軸索障害を認めた.父・叔父もHSPと診断されていた.父は73歳.20歳代に歩行障害を呈し60歳代で下肢の運動機能がほぼ消失し,今回の診察で四肢筋萎縮,温度覚・振動覚・関節位置覚の障害を認めた.遺伝子検査で共にsenataxin(<i>SETX</i>)遺伝子変異(c.8C>T,p.T3I)を認め,ALS4の1家系と判明した.ALS4はHSPと臨床所見が類似している点もあり,遺伝子検査なしにHSPと診断された家系にALS4家系が潜んでいる可能性が考えられた.</p>

    DOI: 10.5692/clinicalneurol.cn-000996

    Scopus

    PubMed

    CiNii Article

  • 髙嶋 博, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治 .  子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 .  神経治療学34 ( 6 ) S136 - S136   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経治療学会  

    DOI: 10.15082/jsnt.34.6_S136

    CiNii Article

  • Yasuhiro Ishidou . Kanehiro Matsuyama . Eiji Matsuura. Takao Setoguchi .Satoshi Nagano . Hironori Kakoi . Masataka Hirotsu . Ichiro Kawamura .Takuya Yamamoto . Setsuro Komiya .  Endemic impact of human T cell leukemia virus type 1 screening in bone allografts. .  Cell Tissue Bank   2016年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10561-016-9586-1

  • Eiji Matsuura, Akiko Yoshimura, Satoshi Nozuma, Itsuro Higuchi, Ryuji Kubota, Hiroshi Takashima. .  Clinical presentation of axial myopathy in two siblings with HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP) .  BMC Neurology15   2015年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eiji Matsuura, Ryuji Kubota, Yuetsu Tanaka, Hiroshi Takashima and Shuji Izumo .  Visualization of HTLV-1 Specific Cytotoxic T Lymphocytes in the Spinal Cords of Patients With HTLV-1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis .  J Neuropathol Exp Neurol74 ( 1 ) 2 - 14   2015年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashiguchi A, Higuchi Y, Nomura M, Nakamura T, Arata H, Yuan J, Yoshimura A, Okamoto Y, Matsuura E, Takashima H .  Neurofilament light chain causes hereditary motor and sensory neuropathy with pyramidal signs .  J Peripher Nerv Syst. 19 ( 4 ) 311 - 316   2014年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuan J, Ando M, Higuchi I, Sakiyama Y, Matsuura E, Michizono K, Watanabe O, Nagano S, Inamori Y, Hashiguchi A, Higuchi Y, Yoshimura A, Takashima H. .  Partial deficiency of emerin caused by a splice site mutation in EMD .  Intern Med53 ( 14 ) 1563 - 1568   2014年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Nozuma, Eiji Matsuura, Toshio Matsuzaki, Osamu Watanabe, Ryuji Kubota, Shuji Izumo, Hiroshi Takashima .  Familial Clusters of HTLV-1-Associated Myelopathy/Tropical Spastic Paraparesis .  PLOS One 9 ( 5 ) e86144   2014年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuan J, Matsuura E, Higuchi Y, Hashiguchi A, Nakamura T, Nozuma S, Sakiyama Y, Yoshimura A, Izumo S, Takashima H. .  Hereditary sensory and autonomic neuropathy type IID caused by an SCN9A mutation. .  Neurology80 ( 18 ) 1641 - 1649   2013年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuan J, Higuchi Y, Nagado T, Nozuma S, Nakamura T, Matsuura E, Hashiguchi A, Sakiyama Y, Yoshimura A, Takashima H. .  Novel mutation in the replication focus targeting sequence domain of DNMT1 causes hereditary sensory and autonomic neuropathy IE .  J Peripher Nerv Syst. 18 ( 1 ) 89 - 93   2013年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Jun-Hui Yuan, Itsuro Higuchi, Yusuke Sakiyama, Yukie Inamori, Eiji Matsuura, Yujiro Higuchi, Akiko Yoshimura, Ryuji Saigo, Akihiro Hashiguchi, Keiko Higashi, Kimiyoshi Arimura, Hiroshi Takashima .  Novel mutations identified in patients with a mild phenotype of Ullrich congenital muscular dystrophy through targeted next-generation sequencing .  Neurology and Clinical Neuroscience1 ( 4 ) 148 - 153   2013年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimi Enose-Akahata, Eiji Matsuura, Yuetsu Tanaka, Unsong Oh, Steven Jacobson .  Minocycline modulates antigen-specific CTL activity through inactivation of mononuclear phagocytes in patients with HTLV-I associated neurologic disease .  Retrovirology9 ( 16 )   2012年2月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福永雅喜, Li Tie-Qiang, Lee Jongho, 松浦英治, Van Gelderen Peter, De Zwart Jacco A, MERKLE Hellmut, DUYN Jeff H. .  超高磁場MRIにおける脳磁化率コントラストの生成メカニズム .  日本磁気共鳴医学会雑誌31 ( 1 ) 71 - 73   2012年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Brian Yao, Francesca Bagnato, Eiji Matsuura, Hellmut Merkle, Peter van Gelderen, Frederic K. Cantor, Jeff H. Duyn. .  Chronic Multiple Sclerosis Lesions: Characterization with High-Field-Strength MR Imaging .  Radiology262 ( 1 ) 206 - 215   2012年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Simone C Wuest, Jehad H Edwan, Jayne F Martin, Sungpil Han, Justin S A Perry, Casandra M Cartagena, Eiji Matsuura, Dragan Maric, Thomas A Waldmann & Bibiana Bielekova .  A role for interleukin-2 trans-presentation in dendritic cell-mediated T cell activation in humans, as revealed by daclizumab therapy .  Nature Medicine17 ( 5 ) 604 - 6010   2011年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hazem M Abdullah, Itsuro Higuchi, Ryuji Kubota, Eiji Matsuura, Akihiro Hashiguchi, Nashwa H Abdelbary, Yukie Inamori, Hiroshi Takashima, Shuji Izumo .  Histopathological differences between human T-lymphotropic virus type 1-positive and human T-lymphotropic virus type 1-negative polymyositis .  Clinical and Experimental Neuroimmunology2 ( 1 ) 12 - 24   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oh U, Fujita M, Ikonomidou VN, Evangelou IE, Matsuura E, Harberts E, Ohayon J, Pike VW, Zhang Y, Zoghbi SS, Innis RB, Jacobson S .  Translocator Protein PET Imaging for Glial Activation in Multiple Sclerosis .  J Neuroimmune Pharmacol. 2010 Sep 256 ( 3 ) 354 - 361   2010年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Eiji Matsuura, Yoshihisa Yamano, Steven Jacobson. .  Neuroimmunity of HTLV-I Infection. .  J Neuroimmune Pharmacol. 2010 5 ( 3 ) 310 - 325   2010年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enose-Akahata Y, Matsuura E, Oh U, Jacobson S. .  High expression of CD244 and SAP regulated CD8 T cell responses of patients with HTLV-I associated neurologic disease. .  PLoS Pathogen5 ( 12 )   2009年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuura E, Umehara F, Nose H, Higuchi I, Matsuoka E, Izumi K, Kubota R, Saito M, Izumo S, Arimura K, Osame M .  Inclusion body myositis associated with human T-lymphotropic virus-type I infection: eleven patients from an endemic area in Japan .  J Neuropathol Exp Neurol. 67 ( 1 ) 41 - 49   2008年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshida Y, Ikematsu S, Muramatsu H, Sakakima H, Mizuma N, Matsuda F, Sonoda K, Umehara F, Ohkubo R, Matsuura E, Goto M, Osame M, Muramatsu T .  Expression of the heparin-binding growth factor midkine in the cerebrospinal fluid of patients with neurological disorders .  Internal Medicine. 47 ( 2 ) 83 - 89   2008年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuura E, Matsuyama W, Sameshima T, Arimura K .  Satoyoshi syndrome has antibody against brain and gastrointestinal tissue .  Muscle Nerve36 ( 3 ) 400 - 403   2007年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Higuchi I, Hashiguchi A, Matsuura E, Higashi K, Shiraishi T, Hirata N, Arimura K, Osame M. .  Different pattern of HSP47 expression in skeletal muscle of patients with neuromuscular diseases. .  Neuromuscul Disord. 200717 ( 3 ) 221 - 226   2007年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • HTLV-1と中枢神経感染症 HTLV-1感染症の発症病理

    松浦 英治

    NEUROINFECTION25 ( 1 ) 100 - 104   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本神経感染症学会  

    1985年、鹿児島大学病院に入院していた痙性脊髄麻痺患者の髄液にATL様細胞を認めたことを契機に鹿児島に多い痙性脊髄麻痺の研究が始まった。翌1986年、OsameらはHTLV-1関連脊髄症(HTLV-1-associated myelopathy、以下HAM)という新しい疾患概念を報告した。HTLV-1(Human T-lymphotropic virus type 1、以下HTLV-1)はヒト生体内ではおもにCD4陽性リンパ球に感染しているものの、ウイルスがどこで増殖するのか、蛋白をどこで発現しているか、また、感染していないとされる神経系細胞が障害される原因など明らかでない点も多い。HAMの病理像は、胸髄中・下部を中心とし、小血管周囲から脊髄実質にかけて浸潤するT細胞とマクロファージを主体とする慢性炎症である。炎症の終息した部分には強いグリオーシスと血管周囲の線維性肥厚がみられるのが特徴である。Umeharaらの研究により罹病期間の短いケースでは多くのCD4あるいはCD8陽性リンパ球が等しく浸潤しているのに対し、罹病機関の長いケースではCD8陽性リンパ球が中心となることが報告された。血液・髄液中のCD8陽性リンパ球に多くの細胞障害性Tリンパ球が存在する一方、中枢神経系に浸潤するCD8陽性リンパ球のキャラクターは不明であった。近年、HTLV-1ウイルス蛋白の一つであるTax蛋白に特異的な細胞障害性CD8陽性Tリンパ球(HTLV-1 tax-specific CTL)をin-situで検出する方法を用い、患者の中枢神経系に浸潤するCD8陽性リンパ球のうち10%ないし30%がHTLV-1 tax-specific CTLであることが報告された。また、どこで発現しているか確認されていなかったHTLV-1蛋白も中枢神経に浸潤しているCD4陽性リンパ球に強く発現していることが確認され、HAMが中枢神経内の感染リンパ球をターゲットとする炎症であることが証明された。しかし、類似した所見のある大脳ではなぜ症状を認めないのか、脊髄ではなぜ側索の脱髄が顕著なのか、なぜ輸血後・移植後感染ではHAMが発症しやすいのかなど検討されねばならない点はいまだに多い。本発表ではこれら未解決の問題について整理する。(著者抄録)

  • 神経疾患治療ノート HTLV-1関連脊髄症(HAM)

    松浦 英治, 久保田 龍二

    Clinical Neuroscience35 ( 12 ) 1474 - 1475   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)中外医学社  

  • Erratum to: Endemic impact of human T cell leukemia virus type 1 screening in bone allografts (Cell and Tissue Banking, (2016), 17, 4, (555-560), 10.1007/s10561-016-9586-1)

    Ishidou Y.

    Cell and Tissue Banking18 ( 1 ) 129   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cell and Tissue Banking  

    DOI: 10.1007/s10561-016-9591-4

    Scopus

    PubMed

  • HTLV-1 associated myelopathy(HTLV-1関連脊髄症;HAM)-日常臨床におけるHTLV-1の理解とHAM診断のピットフォール-

    松浦英治 出雲周二

    脊椎脊髄ジャーナル 三輪書店27巻 ( 8号 ) 747 - 753   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HAM:HTLV-1関連脊髄症

    松浦英治、髙嶋博

    別冊BIO Clinica 慢性炎症と疾患 北隆館3 ( 1 ) 29 - 35   2014年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 遺伝性脂質異常症(Bassen-Kornzweig syndrome, Tangier disease, Refsum disease)に伴う末梢神経障害

    松浦英治 髙嶋 博

    Clinical neuroscience 中外医学社32 ( 1 ) 110 - 111   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • HTLV-1と筋炎

    松浦英治 久保田龍二 樋口逸郎

    Clinical Neuroscience 中外医学社30 ( 3 ) 322 - 333   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 37. Yuichi Tashiro, Eiji Matsuura, Yasuko Sagara, Ryuji Kubota, Hiroshi Takashima. .  Estimated number of HTLV-1 carriers in Kagoshima. .  The 18th. International Conference on Human Retrovirology: HTLV & Related Viruses.  

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tokyo  

  • Nozuma S, Matsuura E, Matsuzaki T, Kodama D, Kubota R, Izumo S, Takashima H. .  Effects of host restriction factors and the HTLV-1 subtype on susceptibility to HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  The 18th. International Conference on Human Retrovirology: HTLV & Related Viruses. 

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Tokyo  

  • 36. Osamu Watanabe, Kimiyoshi Arimura, Satoshi Nozuma, Kumiko Michizono, Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima. .  A proposal : Isaacs’ syndrome (acquired neuromyotonia) diagnositic criteria. .  The 14th international congress on neuromuscular diseases (ICNMD2016) 

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Toronto, Canada.  

  • 松浦英治、野妻智嗣,松﨑敏男,渡邊 修,久保田龍二,出雲周二,髙嶋 博 2014年9月6日 .  過去10年間に当科に入院した連続HAM患者の筋力低下パターン .  第19回神経感染症学会  第19回神経感染症学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:金沢市  

    国内学会

  • 野妻智嗣1,松浦英治1,久保田龍二2,児玉大介2,松﨑敏男2,渡邊 修1,三井純3,石浦浩之3,高橋祐二3,山野嘉久4,森下真一5,辻省次3,出雲周二2,髙嶋 博1 2014年8月23日 .  次世代シークエンサーによるHAM疾患感受性遺伝子の探索 .  第1回HTLV-1学会  第1回HTLV-1学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Eiji Matsuura, Satoshi Nozuma, Osamu Watanabe, Hiroshi Takashima 2014年7月10日 .  Clinical manifestation and disease course of the patient with HAM/TSP .  13th ICNMD,  13th ICNMD,

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nice, France  

    国際学会

  • 松浦英治1,大窪隆一1 ,渡邊 修1,髙嶋 博1 .  HTLV-1関連脊髄症の疾患活動性と発症年齢の関係-HAMは発症年齢が高いほど急速進行する - .  第51回日本老年医学会学術集会  第51回日本老年医学会学術集会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡市  

    国際学会

  • 松浦英治1,野妻智嗣1,久保田龍二2,児玉大介2,松崎敏男2,渡邊 修1,三井純3,石浦浩之3,高橋祐二3,山野嘉久4,森下真一5,辻省次3,出雲周二2,髙嶋 博 .  エクソーム解析によるHAM疾患感受性遺伝子の探索 .  第55回日本神経学会学術大会  第55回日本神経学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 松浦英治、野妻智嗣,松﨑敏男,渡邊 修,久保田龍二,出雲周二,髙嶋 博 .  過去10年間に当科に入院したHAM患者144人の筋力低下パターンの検討 .  第55回日本神経学会学術大会  第55回日本神経学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 牧美充、森山宏遠、平松有、吉村道由、荒田仁、松浦英治、髙嶋 博 .  当科において行った神経生検―近年の動向― .  第55回日本神経学会学術集会  第55回日本神経学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 森山宏遠,平松 有,牧 美充,吉村道由,荒田 仁,松浦英治,髙嶋博 .  当科で経験した橋本脳症患者についての臨床的検討 .  第55回日本神経学会学術大会  第55回日本神経学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 平松 有,渡邊 修,牧 美充,森山宏遠,吉村道由,荒田 仁,道園久美子,松浦英治,髙嶋 博 .  抗VGKC複合体抗体関連中枢神経疾患の検討 .  第55回日本神経学会学術集会  第55回日本神経学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 野妻智嗣,松浦英治,松﨑敏男,渡邊 修,久保田龍二 ,出雲周二,髙嶋 博 .  HAM集積家系の検討 .  第25回神経免疫学会学術集会  第25回神経免疫学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:下関  

    国内学会

  • 武井蘭、山下ひとみ、牧美充、吉村道由、荒田仁、松浦英治、髙嶋博 .  免疫療法が奏効したIgM抗GM2抗体陽性の末梢性両側顔面神経麻痺の症例 .  第31回日本神経治療学会総会  第31回日本神経治療学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Satoshi Nozuma Eiji Matsuura, Yujiro Higuchi Junhui Yuan, Yusuke Sakiyama, Akihiro Hashiguchi, Yuji Okamoto, Akiko Yoshimura, Toshio Matsuzaki, Jun Mitsui, Hiroyuki Ishiura, Yuji Takahashi, Jun Yoshimura, Koichiro Doi, Ryuji Kubota, Shinichi Morishita, Shoji Tsuji, Shuji Izumo, Hiroshi Takashima .  Exome sequencing identifies novel rare variants in human T-cell leukemia virus type-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. .  The 63rd Annual Meeting of the American Society of Human Genetics  The 63rd Annual Meeting of the American Society of Human Genetics

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Boston  

    国際学会

  • Satoshi Nozuma, Eiji Matsuura, Toshio Matsuzaki, Osamu Watanabe, Ryuji Kubota, Shuji Izumo, Hiroshi Takashima .  Clinical features of familial HAM/TSP .  16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses  16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • 野妻智嗣,松浦英治,松﨑敏男,渡邊 修,久保田龍二,出雲周二,髙嶋 博 .  家族性HAMの臨床的解析 .  第54回日本神経学会学術集会  第54回日本神経学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Eiji Matsuura1, Satoshi Nozuma1, Toshio Matsuzaki 2, Osamu Watanabe1, Ryuji Kubota2, Shuji Izumo2, Hiroshi Takashima .  Inflammation with HTLV-1-specific CTLs occurs in the spinal cord of HTLV-1 carriers and the brain of the patients with HAM/TSP Eiji Matsuura1, Satoshi Nozuma1, Toshio Matsuzaki 2, Osamu Watanabe1, Ryuji Kubota2, Shuji Izumo2, Hiroshi Takashima .  16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses  16th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • 松浦英治,野妻智嗣,松﨑敏男,渡邊 修,久保田龍二,出雲周二,髙嶋 博 .  過去10年間に当院に入院した連続HAM症例の臨床的解析 .  第54回日本神経学会学術集会  第54回日本神経学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松浦英治 久保田隆二 出雲周二 髙嶋博 .  HTLV-1特異的細胞障害性T細胞が関与する病態に関する検討(HAM患者の大脳・HTLV-1 carrierの脊髄の検討) .  第24回日本神経免疫学会学術集会  第24回日本神経免疫学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:軽井沢  

    国内学会

  • Eiji Matsuura, Ryuji Kubota, Hiroshi Takashima .  HTLV-1 specific cytotoxic T cell migration in the cerebrum of the patient with HAM/TSP. .  13th Asian Oceanian Congress of Neurology  13th Asian Oceanian Congress of Neurology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語  

    開催地:メルボルン  

    国際学会

  • 松浦英治 髙嶋博 久保田龍二 出雲周二 .  HTLV-I 関連脊髄症(HAM/TSP)患者大脳、及び、HTLV-1キャリア脊髄へのHTLV-1特異的細胞障害性T細胞の浸潤 .  第53回日本神経病理学会総会学術研究会  第53回日本神経病理学会総会学術研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 舩山学、李元哲、佐竹渉、吉野浩代、富山弘幸、松浦英治、野元三治、有村公良、戸田達史、高嶋博、服部信孝 .  常染色体劣性遺伝性パーキンソン病家系の連鎖解析 .  第53回日本神経学会学術総会  第53回日本神経学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松浦英治 久保田龍二 髙嶋 博 .  HTLV-1キャリアーの脊髄にHTLV-I 特異的細胞障害性T細胞は浸潤している .  第53回日本神経学会学術総会  第53回日本神経学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Osamu Watanabe, Masaki Fukata, Yoshiharu Takata, Kumiko Michizono, Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima .  Target antigen analysis in anti-VGKC-complex-antibody-positive spectrum disorders .  20th World Congress of Neurology  20th World Congress of Neurology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:モロッコ  

    国際学会

  • 舩山学、李元哲、佐竹渉、吉野浩代、今道洋子、富山弘幸、松浦英治、野元三治、有村公良、戸田達史、高嶋博、服部信孝 .  常染色体劣性遺伝性パーキンソン病の連鎖解析 .  第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス  第5回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 渡邊修、高田良治、道園久美子、松浦英治、高嶋博、深田正紀、Angera Vincent .  抗VGKC抗体複合体抗体関連疾患における標的抗原解析 .  第23回日本神経免疫学会  第23回日本神経免疫学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 福永 雅喜、ティ リ、松浦 英治、ファンゲルデレン ピーター、デズワルト ヤッコ、メルクル ヘルムット、ダン ジェフ .  超高磁場 MRI における脳磁化率コントラストの生成メカニズム .  第38回日本磁気共鳴医学会大会  第38回日本磁気共鳴医学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:つくば市  

    国内学会

  • Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima, Yuetsu Tanaka, Ryuji Kubota, Shuji Izumo .  Neural Bystander Damage by Infiltrating Virus-Infected T cells and the Cytotoxic T Lymphocytes in HTLV-I-Associated Neurological Disease .  15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses  15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語  

    開催地:ベルギー  

    国際学会

  • Hazem M Abdullah, Itsuro Higuchi, Ryuji Kubota, Eiji Matsuura, Akihiro Hashiguchi, Nashwa H Abdelbary, Yukie Inamori, Hiroshi Takashima, Shuji Izumo .  Histopathological differences between human T-lymphotropic virus type 1(HTLV-1)-positive and HTLV-1-negative polymyositis .  15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses  15th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語  

    開催地:ベルギー  

    国際学会

  • 渡邊修、高田良治、道園久美子。松浦英治、高嶋博、深田正紀、Angera Vincent .  抗VGKC抗体関連辺縁系脳炎における抗LGI-1抗体および抗Caspr2抗体の検討 .  第52回日本神経学会総会  第52回日本神経学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • Eiji Matsuura, Ryuji Kubota, Yuetsu Tanaka, Hiroshi Takashima, Shuji Izumo .  Neural bystander damage by infiltrating virus-infected T cells and the cytotoxic T lymphocytes in HTLV-I-associated neurological disease .  63rd. AAN Annual Meeting  63rd. AAN Annual Meeting

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Osamu Watanabe, Kimiyoshi Arimura, Yoshiharu Takata, Kumiko Michizino, Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima .  Sensory disturbances in immune-mediated potassiumu channelopathy .  10th International Congress of Neuroimmunology  10th International Congress of Neuroimmunology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Yoshiharu Takata, Osamu Watanabe, Kumiko MIchizono, Eiji Matsuura, Hiroshi Takashima .  Remarkably raised B cell attracting factor (BCA)-1 in CSF of Intravascular Large B-cell Lymphoma (IVL) .  10th International Congress of Neuroimmunology  10th International Congress of Neuroimmunology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Kubota Ryuji, Matsuura Eiji, Izumo Shuji .  Neural bystander damage by infiltrating virus-infected T cells and the cytotoxic lymphocytes in HTLV-I-associated neurological disease .  17th International Congress of Neuropathology  17th International Congress of Neuropathology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストリア  

    国際学会

  • Abdullah HM, Higuchi I, Kubota R, Matsuura E, Hashiguchi A, Abdelbary NH, Inamori Y, Izumo S .  HTLV-I-associated polymiositis: a trial to unfold the story .  17th International Congress of Neuropathology  17th International Congress of Neuropathology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストリア  

    国際学会

  • Eiji Matsuura, Steven Jacobson, Akihiro Hashiguchi, Itsuro Higuchi, Kimiyoshi Arimura, Hiroshi Takashima .  Two siblings presenting paraspinal muscle atrophy(axial myopathy) with HTLV-I-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis .  The 12th International conference of neuromuscular disease  The 12th International conference of neuromuscular disease

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Itsuro Higuchi, Yukie Inamori, Keiko Higashi, Eiji Matsuura, Akihiro Hashiguchi, Tadafumi Shiraishi, Noriko Hirata, Kimiyoshi Arimura .  Immunohistochemical studies on HSP47 and vessel related proteins in inclusion body myositis and muscular dystrophies .  12th International Congress on Neuromuscular DIseases  12th International Congress on Neuromuscular DIseases

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • 松浦英治, 田中勇悦, Steven Jacobson, 高嶋博 .  HTLV-I-associated Myelopathy (HAM/TSP)患者末梢血中の細胞障害性T細胞はCD4陽性細胞よりも単球と相互作用している .  第51回日本神経学会総会  第51回日本神経学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Eiji Matsuura1, Yoshimi Enose-Akahata1, Unsong Oh1, Karen Yao1, Yuetsu Tanaka2, Steven Jacobson1 .  Interaction of Cytotoxic T lymphocytes and monocytes: role in HTLV-I associated neurologic disease .  The 14th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses  The 14th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Retroviruses

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:ブラジル  

    その他

  • Eiji Matsuura1, Yoshimi Enose-Akahata1, Unsong Oh1, Karen Yao1, Yuetsu Tanaka2, Steven Jacobson1 .  Interaction of Cytotoxic T lymphocytes and monocytes: role in human T lymphotropic virus type I (HTLV-I) associated neurologic disease. .  NINDS Retreat 2009  NINDS Retreat 2009

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Eiji Matsuura, Ryuji Kubota, Fujio Umehara, Shuji Izumo, Steven Jacobson .  In situ detection of HTLV-I Tax-11-19-specific T cell in the CNS and muscle tissues of Human T lymphotrophic virus type-I-associated myelopathy (HAM/TSP) patients. .  NIH (National Institute of Neurological disorders and Strokes) Retreat  NIH (National Institute of Neurological disorders and Strokes) Retreat

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ  

    国際学会

  • Eiji Matsuura, Ryuji Kubota, Mineki Saito, Masato Suehara, Toshio Matsuzaki, Kimiyoshi Arimura, Mitsuhiro Osame and Shuji Izumo .  Bystander damage of the central nervous system by HTLV-I-specific CTL with target cell infiltration in HAM/TSP. .  The 13th International conference on human retrovirology: HTLV and related viruses  The 13th International conference on human retrovirology: HTLV and related viruses

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:静岡  

    国際学会

  • 舩山学,吉野浩代,今道洋子,李元哲,高嶋博,松浦英治,有村公良,水野美邦,服部信孝 .  常染色体劣性遺伝性晩発性パーキンソニズムの原因遺伝子探索 .  第48回日本神経学会総会, 名古屋, 5月16-18日, 2007.  第48回日本神経学会総会, 名古屋, 5月16-18日, 2007.

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • 松浦英治、樋口逸郎、松崎敏男、橋口昭大、梅原藤雄、久保田龍二、有村公良、納光弘 .  HTLV-I associated Myelopathy (HAM) に合併した傍脊柱筋萎縮症 (Axial Myopathy) の一家系 .  第48回 日本神経学会総会  第48回 日本神経学会総会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • E. Matsuura, R. Kubota, M. Saito, M. Suehara, T. Matsuzaki, K. Arimura, M. Osame and S. Izumo .  Visualization of HTLV-I Tax-specific cytotoxic T lymphocytes in the central nervous system of HTLV-I-associated myelopathy .  The 8th Internatinal Conference of Neuroimmunology  The 8th Internatinal Conference of Neuroimmunology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • Watanabe O, Nagado T, Matsuura E, Osame M and Arimura K .  Anti-voltage gated potassium channel (VGKC) antibodies associated limbic encephalitis in Japan. .  8th Internatinal Conference of Neuroimmunology  8th Internatinal Conference of Neuroimmunology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • 松浦英治、久保田龍二、齋藤峰輝、末原雅人、松崎敏男、有村公良、納 光弘、出雲周二 .  HAM脊髄におけるHTLV-1特異的CTLの検出 .  第47回日本神経学会総会  第47回日本神経学会総会

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 森 拓馬, 湯地 美佳, 兒玉 憲人, 安藤 匡宏, 平松 有, 荒田 仁, 道園 久美子, 松浦 英治, 大窪 隆一, 高嶋 博 .  PiB-PETで線条体に特徴的な集積を認めたPSEN1変異を伴うAlzheimer's disease(AD)の一症例 .  臨床神経学  2019年12月  (一社)日本神経学会

  • 谷口 雄大, 吉村 明子, 安藤 匡宏, 平松 有, 田邊 肇, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 崎山 佑介, 橋口 昭大, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  MPZ変異を有する遺伝性末梢神経障害の臨床的検討 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 橋口 昭大, 吉村 明子, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  MPZ,コドン98の変異によるCMT1Bの臨床像 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • Funayama Manabu, Takanashi Masashi, Matsuura Eiji, Yoshino Hiroyo, Li Yuanzhe, Tsuyama Sho, Takashima Hiroshi, Nishioka Kenya, Hattori Nobutaka .  LRRK2 R1441H変異の新たな家系に関する臨床遺伝学的研究(Clinicogenetic Studies on New Families with LRRK2 R144H Mutations) .  順天堂醫事雑誌  2019年12月  順天堂医学会

  • 松元 陸, 眞弓 芳子, 古園 麻衣, 田代 雄一, 松浦 英治, 荒田 仁, 山野 嘉久, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症の初発症状は疾患進行の予測因子である .  NEUROINFECTION  2019年9月  日本神経感染症学会

  • 重久 彩乃, 堂園 美香, 谷口 雄大, 兒玉 憲人, 野妻 智嗣, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症に合併したネマリンミオパチーの1例 .  臨床神経学  2018年8月  (一社)日本神経学会

  • 野妻 智嗣, 松浦 英治, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症における疾患特異的TCRレパトアの同定 .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 古園 麻衣, 眞弓 芳子, 樋口 雄二郎, 野妻 智嗣, 田代 雄一, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 兒玉 大介, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HTLV-1関連脊髄症(HAM)患者の臨床経過における排尿障害の意義について .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • Kubota Ryuji, Tanaka Masakazu, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi .  HTLV-1感染細胞のマイクロアレイ解析によるHAMに対する治療標的分子の検索(Retrieval of therapeutic target molecules for HAM by microarray analysis of HTLV-1-infected cells) .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • Kodama Daisuke, Tanaka Masakazu, Matsuzaki Toshio, Nozuma Satoshi, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi, Izumo Shuji, Kubota Ryuji .  HTLV-1型感染者における抗HERV-K10抗体への高い反応性(High reactivity to anti-HERV-K10 in HTLV-1-infected individuals) .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 松浦 英治 .  HTLV-1と中枢神経感染症 HTLV-1感染症の発症病理 .  NEUROINFECTION  2019年9月  日本神経感染症学会

  • 松浦 英治, 荒田 仁, 東 桂子, 田中 正和, 安藤 匡宏, 平松 有, 野妻 智嗣, 田代 雄一, 崎山 佑介, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HPVワクチン関連疾患の臨床経過とワクチン接種後血液サイトカイン・自己抗体の検討 .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 田代 雄一, 橋口 昭大, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 兒玉 大介, 松浦 英治, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAM患者に対するアミノ酸内服治療の試み .  NEUROINFECTION  2017年9月  日本神経感染症学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 野妻 智嗣, 安藤 匡宏, 平松 有, 崎山 佑介, 荒田 仁, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAM患者に対するL-アルギニン内服治療の試み .  神経免疫学  2020年10月  日本神経免疫学会

  • 田代 雄一, 松浦 英治, 橋口 昭大, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 兒玉 大介, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAM患者に対するL-アルギニン内服治療の試み .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 荒田 仁, 橋口 昭大, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  HAMに対するアミノ酸内服治療の効果 .  神経免疫学  2018年9月  日本神経免疫学会

  • Kodama Daisuke, Matsuzaki Toshio, Tanaka Masakazu, Matsuura Eiji, Takashima Hiroshi, Kubota Ryuji, Izumo Shuji .  HAM/TSPにおける生存遺伝子ABL1の阻害はHTLV-1感染CD4+T細胞を劇的に減少させる(Inhibition of survival gene ABL1 dramatically decreases HTLV-1 infected CD4+T cells in HAM/TSP) .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 田中 正和, 兒玉 大介, 松浦 英治, 高嶋 博, 久保田 龍二 .  HAM/TSPにおけるneuraminidase阻害剤がHTLV-1感染症とリンパ球走化性に与える効果(The effects of neuraminidase inhibitors on HTLV-1 infection and lymphocyte chemotaxis in HAM/TSP) .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 橋口 昭大, 吉村 明子, 安藤 匡宏, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  GARS変異による遺伝性末梢神経障害7例の臨床的特徴 .  末梢神経  2019年12月  日本末梢神経学会

  • 樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 上田 健博, 石浦 浩之, 三井 純, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博 .  COA7は小脳失調を伴う軸索型ニューロパチーの新規原因遺伝子である .  末梢神経  2018年12月  日本末梢神経学会

  • 安藤 匡宏, 岡本 裕嗣, 吉村 明子, 袁 軍輝, 谷口 雄大, 兒玉 憲人, 田邊 肇, 樋口 雄二郎, 崎山 佑介, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  CMTの次世代シークエンサーを用いたcopy number variation解析 PMP22とGJB1の検討 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 橋口 昭大, 吉村 明子, 袁 軍輝, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  Charcot-Marie-Tooth病4C型9例の臨床的及び電気生理学的特徴 .  末梢神経  2017年12月  日本末梢神経学会

  • 橋口 昭大, 吉村 明子, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  AR-SACSにおける末梢神経障害の臨床的電気生理学的特徴 .  末梢神経  2018年12月  日本末梢神経学会

  • 池田 め衣, 矢野 直志, 金子 浩之, 樋口 雄二郎, 崎山 佑介, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  AIDS発症後に小脳虫部に粗大な腫瘤性病変を呈したEBウイルス陽性びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の一例 .  NEUROINFECTION  2019年9月  日本神経感染症学会

  • 高畑 克典, 楠元 公士, 池田 め衣, 田代 雄一, 吉村 道由, 荒田 仁, 崎山 佑介, 松浦 英治, 高嶋 博 .  Propionibacterium acnes抗体(PAB抗体)による免疫染色が診断に有用だったサルコイドーシスの1例 .  NEUROINFECTION  2018年10月  日本神経感染症学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 相良 康子, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  鹿児島県のHTLV-1感染率について 高いHTLV-1感染率を示す鹿児島県の高齢者 .  日本老年医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本老年医学会

  • 崎山 佑介, 岡本 裕嗣, 吉村 明子, 橋口 昭大, 石原 聡, 渡嘉敷 崇, 城之園 学, 永井 将弘, 末原 雅人, 松浦 英治, 高嶋 博 .  鹿児島県と沖縄県を中心としたCADASILの遺伝的および臨床的検討 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 渡邊 修, 高畑 克徳, 野村 美和, 牧 美充, 松浦 英治, 高嶋 博 .  電位依存性カリウムチャネル(voltage-gated potassium channel)VGKC複合体抗体関連認知機能障害の臨床像の解析 .  日本老年医学会雑誌  2018年5月  (一社)日本老年医学会

  • 谷口 雄大, 吉村 明子, 安藤 匡宏, 平松 有, 樋口 雄二郎, 崎山 佑介, 橋口 昭大, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  遺伝性末梢神経障害におけるアミロイドポリニューロパチーの臨床像 .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 安藤 匡宏, 岡本 裕嗣, 吉村 明子, 樋口 雄二郎, 崎山 佑介, 松浦 英治, 高嶋 博 .  遺伝性小脳失調症の網羅的遺伝子解析 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 樋口 雄二郎, 橋口 昭大, 袁 軍輝, 吉村 明子, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 矢部 勇, 上田 健博, 小出 隆司, 矢口 裕章, 三井 純, 石浦 浩之, 中川 正法, 森下 真一, 戸田 達史, 辻 省次, 高嶋 博 .  遺伝性ニューロパチーの2つの新規遺伝子MMEとCOA7の同定 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 重久 彩乃, 堂園 美香, 濱田 祐樹, 谷口 雄大, 野妻 智嗣, 中村 友紀, 崎山 佑介, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  辺縁系脳炎にて発症したクリプトコッカス髄膜脳炎の1例 .  NEUROINFECTION  2017年9月  日本神経感染症学会

  • 清水 貴洋, 越前 康明, 榊原 健二, 横井 大知, 小林 麗, 岡田 久, 奥田 聡, 松浦 英治, 渡邊 修 .  認知機能障害と痙攣発作で発症、IVIG療法が著効した抗VGKC複合体抗体陽性辺縁系脳炎の1例 .  神経治療学  2018年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 高嶋 博, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治 .  脳炎・脳症・脊髄症の新たな展開 子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症 .  神経治療学  2017年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 崎山 佑介, 吉村 明子, 湯地 美佳, 安藤 匡宏, 平松 有, 田代 雄一, 樋口 雄二郎, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  神経感染症、新たな時代 次世代シーケンサーを活用した神経感染症のショットガンメタゲノム解析 .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 松浦 英治 .  神経感染症、新たな時代 HTLV-1関連脊髄症とHTLV-1炎症の広がり .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 児玉 憲人, 崎山 佑介, 田邊 肇, 武井 藍, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  無菌性髄膜炎の経過中にジクロフェナクとセレコキシブによる髄液好酸球増多を伴った1例 .  NEUROINFECTION  2017年9月  日本神経感染症学会

  • 崎山 佑介, 湯地 美佳, 石戸 秀明, 濱田 祐樹, 中村 友紀, 橋口 昭大, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)による免疫応答の関与が疑われた認知症の1例 .  臨床神経学  2017年6月  (一社)日本神経学会

  • 池田 め衣, 崎山 佑介, 平方 翔太, 高畑 克徳, 田代 雄一, 吉村 道由, 荒道 由, 松浦 英治, 高嶋 博 .  次世代シーケンサーが診断に有用であったBalamuthia mandrillarisによる肉芽腫性アメーバ性脳炎の一例 .  NEUROINFECTION  2019年4月  日本神経感染症学会

  • 高畑 克徳, 楠元 公士, 池田 め衣, 田代 雄一, 崎山 佑介, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  担癌患者でPropionibacterium acnes抗体(PAB抗体)による免疫染色が診断に有用だったサルコイドーシスの1例 .  臨床神経学  2019年5月  (一社)日本神経学会

  • 谷口 雄大, 重久 彩乃, 堂園 美香, 野妻 智嗣, 中村 友紀, 橋口 昭大, 玉井 努, 後藤 優子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  抗ミトコンドリアM2抗体陽性であった好酸球性筋炎の1例 .  臨床神経学  2018年5月  (一社)日本神経学会

  • 中村 友紀, 大西 智子, 道園 久美子, 松浦 英治, 渡邊 修, 高嶋 博 .  抗VGKC複合体抗体陽性Isaacs症候群における臨床症状と診断基準妥当性の検討 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 湯地 美佳, 安藤 匡宏, 平松 有, 田代 雄一, 荒田 仁, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  成人ミトコンドリア病における成長分化因子15(GDF15)の有用性 .  神経治療学  2019年10月  (一社)日本神経治療学会

  • 湯地 美佳, 平方 翔太, 安藤 匡宏, 平松 有, 田代 雄一, 崎山 佑介, 荒田 仁, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  成人ミトコンドリア病におけるGrowth Differentiation Factor 15の有用性 .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 足立 拓馬, 安藤 匡宏, 湯地 美佳, 平松 有, 田代 雄一, 崎山 佑介, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  成人ミトコンドリア病におけるGDF15とFGF21 .  神経治療学  2020年10月  (一社)日本神経治療学会

  • 永田 龍世, 兒玉 憲人, 牧 美充, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 渡邊 修, 高嶋 博, 中根 俊成, 安東 由喜雄, 樋口 理 .  当院での抗ganglionic AChR抗体陽性患者の臨床像について .  自律神経  2017年6月  日本自律神経学会

  • 田代 雄一, 樋口 雄二郎, 高畑 克徳, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  当科入院診療おいて首下がり症状が占める割合の検討 連続68人の検討 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 谷口 雄大, 重久 彩乃, 堂園 美香, 野妻 智嗣, 西郷 隆二, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  当科におけるレボドパ/カルビドパ配合経腸用液療法を導入したParkinson病の検討 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 高畑 克徳, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  当科で経験した橋本脳症30症例の臨床的検討 .  神経治療学  2018年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 園田 理子, 池田 め衣, 武井 潤, 平松 有, 樋口 雄二郎, 田代 雄一, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  当科で経験した抗NMDA受容体脳炎と抗てんかん薬の使用経験についての臨床的検討 .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • 別府 史朗, 中野 未央, 尾山 琴海, 野口 悠, 臼元 亜可理, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  当科で経験したパーキンソニズムを呈した橋本脳症5例の臨床的検討 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 崎山 佑介, 橋口 昭大, 兒玉 憲人, 岡本 裕嗣, 松浦 英治, 高嶋 博 .  封入体筋炎と傍脊柱筋萎縮の関連性についての検討 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  子宮頸がんワクチン接種後神経障害の臨床的特徴、病態、治療法開発に向けての研究 .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 平方 翔太, 池田 め衣, 崎山 佑介, 高畑 克徳, 田代 雄一, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  多発性の脳病変で発症し、急激に増悪した肉芽腫性アメーバ性脳炎の1例 .  臨床神経学  2018年11月  (一社)日本神経学会

  • 永田 龍世, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  多彩な症状を呈した抗gAChR抗体陽性患者の臨床像と治療効果について .  神経治療学  2018年11月  (一社)日本神経治療学会

  • 臼元 亜可理, 樋口 雄二郎, 中村 友紀, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  単純ヘルペス脳炎の治療後にジストニア様の不随意運動と失調を呈した1症例 .  NEUROINFECTION  2017年9月  日本神経感染症学会

  • 崎山 佑介, 池田 め衣, 平方 翔太, 高畑 克徳, 田代 雄一, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  初期に脳腫瘍が疑われ病理で類上皮細胞肉芽腫が判明した2例 .  日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌  2018年10月  日本サルコイドーシス

  • 高畑 克徳, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  初回入院時にgive-way weaknessを認めた47自験例の診断についての検討 .  臨床神経学  2019年11月  (一社)日本神経学会

  • 永田 龍世, 荒田 仁, 東 桂子, 松浦 英治, 高嶋 博 .  中枢神経症状を呈した抗gAChR抗体陽性患者の臨床的特徴と治療効果について .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 名ヶ迫 強, 武井 潤, 平松 有, 田代 雄一, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  レボドパ・カルビドパ配合経腸用液療法の有効性の検討 .  臨床神経学  2020年11月  (一社)日本神経学会

  • Takashima Hiroshi, Arata Hitoshi, Matsuura Eiji, Higashi Keiko .  ヒトパピローマウィルスワクチン由来の新規視床下部症候群に関する基礎的、臨床的洞察 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後自律神経障害をともなう自己免疫性脳症(Basic and clinical insights into new hypothalamic syndrome caused by human papilloma virus vaccination Autoimmune encephalopathy and autonomic failure after human papilloma virus vaccination) .  日本自律神経学会総会プログラム・抄録集  2017年8月  日本自律神経学会

  • 高畑 克徳, 田代 雄一, 吉村 道由, 荒田 仁, 松浦 英治, 高嶋 博 .  ニボルマブ増量後に発症した脊髄ミオクローヌスの1例 .  臨床神経学  2019年8月  (一社)日本神経学会

  • 児島 史一, 金子 浩之, 樋口 雄二郎, 荒田 仁, 橋口 昭大, 松浦 英治, 高嶋 博 .  ステロイド抵抗性のTumefactive demyelinating lesionを有し選択的血漿交換療法が有効であった抗MOG抗体関連疾患の一例 .  臨床神経学  2019年5月  (一社)日本神経学会

  • 谷口 雄大, 岡田 敬史, 石橋 正人, 法化図 陽一, 中村 友紀, 松浦 英治, 高嶋 博 .  ギラン・バレー症候群(GBS)との鑑別に苦慮したシェーグレン症候群(SjS)による末梢神経障害の1例 .  臨床神経学  2017年6月  (一社)日本神経学会

  • 松浦 英治, 田代 雄一, 荒田 仁, 崎山 祐介, 中村 友紀, 野妻 智嗣, 松崎 敏男, 兒玉 大介, 橋口 昭大, 岡本 裕嗣, 田中 正和, 久保田 龍二, 高嶋 博 .  アルギニン塩酸塩を用いたHAM患者治療の試み .  NEUROINFECTION  2018年10月  日本神経感染症学会

▼全件表示

知的財産権

  • 自己免疫疾患治療剤

    髙嶋博、荒田仁、松浦英治、田代雄一、安藤匡宏

     詳細を見る

    出願番号:特許2017-558275  出願日:2016年12月22日

    特許番号/登録番号:特許第6749022  登録日:2020年8月13日  発行日:2020年8月13日

 

担当経験のある授業科目

  • 老年医学

    2015年10月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 脳神経内科

    2011年10月

     詳細を見る

    科目区分:その他