2023/11/10 更新

写真a

マツオ トモヒデ
松尾 智英
MATSUO Tomohide
所属
農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科 准教授
職名
准教授
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 1997年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • Cryptosporidium/Eimeria/porotozoa

研究分野

  • ライフサイエンス / 獣医学

学歴

  • 九州大学   畜産学専攻

    - 1997年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学

    1987年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域獣医学系 共同獣医学部 獣医学科   准教授

    2012年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農学部   准教授

    2009年12月 - 2012年3月

  • 杏林大学   医学部   講師

    2004年4月 - 2009年11月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 帯広畜産大学   原虫病研究センター   研究機関研究員

    2001年4月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 九州大学   農学研究科   日本学術振興会特別研究員

    1998年4月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

所属学協会

  • 日本寄生虫学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本獣医学会

    2001年4月 - 現在

  • 日本獣医寄生虫学会

    2001年4月 - 現在

  • 日本ダニ学会

    1993年4月 - 現在

 

論文

  • Ijiri M., Akioka K., Kitano T., Miura H., Kono H., Terashima R., Fujimoto Y., Matsuo T., Yamato O., Kawaguchi H. .  Acupuncture Treatment Improves Transport Stress in Microminipigs Through the Acupoint in Ears .  In Vivo37 ( 5 ) 2100 - 2104   2023年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:In Vivo  

    Background/Aim: This study aimed to investigate the effects of acupuncture treatment through the ear acupoints on transport stress in experimental microminipigs. Materials and Methods: Experiment 1: Six animals were equally divided into two groups (Control and Treatment). In the treatment group, before transportation (6 h; vehicle and plane), short, ultrathin circular transdermal needles were applied to locations corresponding to the acupoints on the apical area of both ears. Peripheral blood samples were collected from the cranial vena cava 2 days before and immediately after transportation. Blood stress markers, biochemistry indicators, and oxidative stress levels were examined. Experiment 2 (follow-up study: diarrhea incidence after transportation): Diarrhea incidence after transportation in the control and treatment groups was investigated. Results: Experiment 1: Transport stress induced an increase in blood cortisol, serum amyloid A (SAA), glucose, non-esterified fatty acid, and derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) and decreased the biological antioxidant potential (BAP)/d-ROMs ratio yet did not affect BAP. Acupuncture suppressed the increases in SAA and d-ROMs values and the decrease in BAP/d-ROMs ratio. Experiment 2: The total diarrhea incidence was 25% in the control group, whereas diarrhea was not observed in the treatment group. Conclusion: Acupuncture treatment suppresses hypothalamic–pituitary–adrenal function and, as a result, reduces transport stress without affecting the suppression of the central catecholaminergic system. Acupuncture treatment for transport stress can improve animal welfare.

    DOI: 10.21873/invivo.13307

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • 高橋 和瑛, 松尾 智英, 山岸 潤也, 芝原 友幸, 笹井 和美, 松林 誠 .  一酪農家におけるクリプトスポリジウム症の清浄化への試み .  家畜診療70 ( 7 ) 407 - 416   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)全国農業共済協会  

  • Fujimoto Y., Ijiri M., Matsuo T., Kawaguchi H. .  In vitro antiviral activity of persimmon-derived tannin against avian influenza viruses .  Letters in Applied Microbiology76 ( 2 )   2023年2月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Letters in Applied Microbiology  

    Tannins derived from natural plant sources are known to provide many health benefits to humans and animals. Among the various tannins, those derived from persimmon (Diospyros kaki) have exhibited strong inactivating effects against pathogens that induce diseases in humans. However, few studies have focused on the antiviral effects of persimmon tannin against pathogen-induced diseases in animals. In this study, we investigated the antiviral effects of persimmon tannin against various avian influenza viruses revealing that tannin at a concentration of 1.0 mg ml-1 reduced viral infectivity in >6.0-log scale against all tested avian influenza viruses. In addition, this persimmon tannin concentration effectively inhibited the receptor binding and membrane fusion abilities of viral hemagglutinin (HA), which play important roles in avian influenza virus infection. These results suggest that persimmon tannin inactivates the HA of avian influenza viruses and reduces their infectivity. Persimmon tannin is a safer natural substance than the currently used chemical compound related to antiviral substance. When inactivation of the viruses which are present in environmental water such as roosting water of wild birds will be needed, persimmon tannin is expected to become an antiviral resource that may prevent the spread of several avian influenza virus subtypes.

    DOI: 10.1093/lambio/ovac053

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Ijiri M., Yoshinaga K., Kawaguchi H., Miyazaki N., Kawaguchi M., Fujimoto Y., Matsuo T., Maruyama I. .  In Vivo Metabolism of 1,5-Anhydro-d-fructose to 1,5-Anhydro-d-glucitol .  In Vivo37 ( 3 ) 1022 - 1027   2023年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:In Vivo  

    Background/Aim: 1,5-Anhydro-D-fructose (1,5-AF, saccharide) and 1,5-anhydro-D-glucitol (1,5-AG) converted from 1,5-AF via the glycemic pathway have health benefits. However, this metabolism has not been sufficiently elucidated. To clarify the in vivo metabolism of 1,5-AF to 1,5-AG, porcine (blood kinetics) and human (urinary excretion) studies were conducted. Materials and Methods: Microminipigs were administrated 1,5-AF orally or intravenously. Blood samples were obtained to analyse the kinetics of 1,5-AF and 1,5-AG. Urine samples were collected from human subjects who had orally ingested 1,5-AF, and the amounts of 1,5-AF and 1,5-AG excreted in the urine were analysed. Results: In blood kinetics analysis, the time to the maximum concentration of 1,5-AF after intravenous administration was 0.5 h, whereas 1,5-AF was not observed after oral administration. The times to the maximum concentration of 1,5-AG after intravenous and oral administration were 1.5 h and 2 h, respectively. In urinary excretion, the concentration of 1,5-AG in urine rapidly increased after the administration of 1,5-AF, peaked at 2 h, whereas 1,5-AF was not detected. Conclusion: 1,5-AF was rapidly metabolized to 1.5-AG in vivo in swine and human.

    DOI: 10.21873/invivo.13176

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Ijiri M., Odo K., Sato M., Kawaguchi M., Fujimoto Y., Miura N., Matsuo T., Hou D.X., Yamato O., Tanabe T., Kawaguchi H. .  Potential biomarkers for chronic seasonal heat stress in Kagoshima Berkshire pigs reared in the subtropical region .  Journal of Veterinary Research (Poland)66 ( 2 ) 209 - 214   2022年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Veterinary Research (Poland)  

    Introduction: Potential biomarkers for chronic seasonal heat stress in Kagoshima Berkshire pigs reared in the subtropical region were investigated by comparing the biomarker changes in the summer (a period of chronic heat stress) and winter (a thermoneutral period) seasons. Material and Methods: Pigs were allocated to summer- and winter-finishing cohorts, 12 each. The evaluations included assessment of carcass traits and internal organs’ normality carried out at the time of slaughter, and measurement of biomarkers in whole blood: derivatives of reactive oxygen metabolites (d-ROMs) and biological antioxidant potential as markers of oxidative stress, and serum amyloid A and albumin/globulin (A/G) ratio as markers of acute and chronic inflammation, respectively. Results: The summer-finished pigs reared under subtropical field conditions showed lower carcass quality than the winter-finished pigs, indicating a potential adverse effect of summer temperatures on the swine industry. Marginal changes were observed in d-ROMs and the A/G ratio between the summer- and winter-finishing cohorts. Conclusion: The results demonstrate that d-ROMs and the A/G ratio could be used as sensitive markers for heat stress under field conditions.

    DOI: 10.2478/jvetres-2022-0024

    Scopus

    PubMed

    researchmap

  • Ijiri, M., Y. Lai, H. Kawaguchi, Y. Fujimoto, N. Miura, T. Matsuo, A. Tanimoto .  NR6A1 allelic frequencies as an index for both miniaturizing and increasing pig body size. .  In Vivo35   163 - 167   2021年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.21873/invivo.12244

  • Morphological and molecular identification of Eimeria spp. in breeding chicken farm of Japan. .  Journal of Veterinary Medical Science82 ( 5 ) 516 - 519   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1292/jvms.19-0661

  • Masatani, T., S. Oyamada, R. Inoue, M. Tsujio, H. Hatai, T. Matsui and T. Matsuo .  In vivo characterization of a Toxoplasma gondii strain TgCatJpTy1/k-3 isolated from a stray cat in Japan. .  Parasitology International74   101995   2020年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumoto, J., A. Yamano, M. Matsuzaki, H. Kyan, T. Masatani, T. Matsuo, T. Matsui, M. Murakami, Y. Takashima, R. Matsubara, M. Tahara, T. Sakura, F. Takeuchi and K. Nagamune .  Molecular and biological analysis revealed genetic diversity and high virulence strain of Toxoplasma gondii in Japan. .  PLoS One15 ( 2 ) e0227749   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0227749

  • Inoue, K., M. Tsujio, M. Matsubayashi, R. Inoue, H. Hatai, M. Andoh, K. Abe, T. Matsui and T. Matsuo .  Susceptibility to various coccidiostats in the murine coccidian parasite Eimeria krijgsmanni. .  Acta Parasitologica64 ( 2 ) 418 - 422   2019年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2478/s11686-019-00052-w

  • Tanigichi, Y., C. Appiah-Kwarteng, M. Murakami, J. Fukumoto, K. Nagamune, T. Matsuo, T. Masatani, H. Kanuka, T. Hoshina, K. Kitoh, Y. Takashima .  Atypical virulence in a type III Toxoplasma gondii strain isolated in Japan. .  Parasitology International67 ( 5 ) 587 - 592   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2018.05.010

  • Mihara, R., R. Umemiya-Shirafuji, Y. Abe, T. Matsuo, N. Horiuchi, S. Kawano, K. Fujisaki and H. Sizuki .  The development of oocytes in the ovary of a parthenogenetic tick, Haemaphysalis longicornis. .  Parasitology International67 ( 4 ) 465 - 471   2018年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.parint.2018.04.006

  • Matsubayashi, M., Y. Matsuura, S. Nukata, Y. Daizi, T. Shibahara, I. Teramoto, T. Matsuo, S. Uni, T. Hatta, A. Kaneko, N. Tsuji and K. Sasai .  First detection and molecular identification of Entamoeba bovis from Japanese cattle. .  Parasitology Research117   339 - 342   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mihara, R., R. Umemiya-Shirafuji, Y. Abe, T. Matsuo, N. Horiuchi, S. Kawano, K. Fujisaki and H. Sizuki .  The development of oocytes in the ovary of a parthenogenetic tick, Haemaphysalis longicornis. .  Parasitology International67   465 - 471   2017年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuura, Y., M. Matsubayashi, S. Nukata, T. Shibahara, O. Ayukawa, Y. Kondo, T. Matsuo, S. Uni, M. Furuya, H. Tani, N. Tsuji and K. Sasai .  Report of fatal mixed infection with Cryptosporidium parvum and Giardia intestinalis in neonatal calves. .  Acta Parasitologica62 ( 1 ) 214 - 220   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatani, T., K. Hayashi, M. Andoh, M. Tateno, Y. Endo, M. Asada, K. Kusakisako, T. Tanaka, M. Gokuden, N. Hozumi, F. Nakadohzono, T. Matsuo .  Detection and molecular characterization of Babesia, Theileria, and Hepatozoon species in hard ticks collected from Kagoshima, the southern region in Japan. .  Ticks and Tick-borne Diseases8   581 - 587   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatani, T., S. Yoshihara, A. Matsubara, T. Gotoh, H. Takahashi, T. Tanaka, M. Andoh, Y. Endo and T. Matsuo .  Dynamics of Theileria orientalis genotype population in cattle in a year-round grazing system. .  Acta Parasitologica61   419 - 424   2016年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takechi, R., R. L. Galay, T. Matsuo, H. Maeda, K. Kusakisako, M. R. Talactac, M. Mochizuki, K. Fujisaki and T. Tanaka .  Role of the tumor necrosis factor receptor-associated factor-type zinc finger domain containing protein 1 (TRAFD1) from the hard tick Haemaphysalis longicornis in immunity against bacterial infection. .  Ticks and Tick-borne Diseases7   36 - 45   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ono, Y., M. Matsubayashi, H. Kawaguchi, M. Tsujio, M. Mizuno , T. Tanaka , T. Masatani , T. Matsui and T. Matsuo .  Course of induced infection by Eimeria krijgsmanni in immunocompetent and immunodeficient mice. .  Parasitology Research115   211 - 215   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeo, T., T. Tanaka, M. Matsubayashi, M. Tsujio, R. Umemiya-Shirafuji, N. Tsuji, K. Fujisaki, T. Matsui and T. Matsuo .  Development of in vivo and in vitro assays to test the susceptibility of Eimeria krijgsmanni to anti-parasitic agents. .  Acta Parasitologica60 ( 2 ) 190 - 195   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tateno, M., A. Sunahara, N. Nakanishi, M. Izawa, T. Matsuo, A. Setoguchi and Y. Endo .  Molecular survey of arthropod-borne pathogens in ticks obtained from Japanese wildcats. .  Ticks and Tick-borne Diseases6   281 - 289   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeo, T, T. Tanaka, M. Matsubayashi, H. Maeda, K. Kusakisako, T. Matsui, M. Mochizuki, T. Matsuo .  Molecular and phylogenetic characterizations of an Eimeria krijgsmanni Yakimoff & Gouseff, 1938 (Apicomplexa: Eimeriidae) mouse intestinal protozoan parasite by partial 18S ribosomal RNA gene sequence analysis. .  Parasitology International63   627 - 630   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, K., T. Tanaka, M. Matsubayashi, K. Endo, R. Umemiya-Shirafuji, T. Matsui and T. Matsuo .  Host specificity and in vivo infectivities of the mouse coccidian parasites Eimeria krijgsmanni. .  Acta Parasitologica59   337 - 342   2014年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., Y. Tsuge, R. Umemiya-Shirafuji, T. Fujino and T. Matsui .  Adaptation and immunogenicity of Cryptosporidium parvum to the immunocompetent mice. .  Acta Parasitologica59   189 - 192   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mori, H., R. L. Galay, H. Maeda, T. Matsuo, R. Umemiya-Shirafuji, M. Mochizuki, K. Fujisaki and T. Tanaka .  Host-derived transferrin is maintained and transferred from midgut to ovary in Haemaphysalis longicornis ticks. .  Ticks and Tick-Borne Diseases5   121 - 126   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masatani, T., T. Matsuo, T. Tanaka, M. A. Terkawi, E. G. Lee, Y. K. Goo, G. O. Aboge, J. Yamagishi, K. Hayashi, K. Kameyama, C. Shinuo, Y. Nishikawa and X. Xuan .  TgGRA23, a novel Toxoplasma gondii dense granule protein associated with the parasitophorous vacuole membrane and intravacuolar network. .  Parasitology International62   372 - 379   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Morihiro T., T. Nishio, T. Matsuo, M. Sakuma, N. Nakanishi, M. Izawa, Y. Asari, M. Okamura, T. Shimokawa Miyama, A. Setoguchi and Y. Endo .  Epidemiological survey of tick-borne protozoal infection in Iriomote cats and Tsushima leopard cats in Japan. .  Journal of Veterinary Medical Science75   985 - 989   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Galay, R. L., K. M. Aung, R. Umemiya-Shirafuji, H. Maeda, T. Matsuo, H. Kawaguti, N. Miyoshi, H. Suzuki, X. Xuan, M. Mochizuki, K. Fijisaki and T. Tanaka .  Multiple ferritins are vital to successful blood feeding and reproduction of the hard tick Haemaphysalis longicornis. .  Journal of Experimental Biology216   1905 - 1915   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka, T., H. Maeda, T. Matsuo, D. Boldbaatar, R. Umemiya-Shirafuji, A. Kume, H. Suzuki, X. Xuan, N. Tsuji and K. Fujisaki .  Parasiticidal activity of Haemaphysalis longicornis longicin P4 peptide against Toxoplasma gondii. .  Peptides34   242 - 250   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umemiya-Shirafuji, R., T. Matsuo, Min Liao, D. Boldbaatar, B. Battur, H. Suzuki and K. Fujisaki .  Increased expression of ATG genes during non-feeding periods in the tick Haemaphysalis longicornis. .  Autophagy6   473 - 481   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujino, T., A. Yakushiji, T. Matsuo and T. Matsui .  The effect of heat treatment against oocysts in Eimeria krijgsmanni. .  Journal of Kyorin Medical Society40   66 - 68   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujino, T., T. Matsuo and T. Matsui .  Sporogony of Eimeria krijgsmanni Oocysts. .  Journal of Animal Protozooses24   1 - 5   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Boldbaatar, D., B. Battsetseg, T. Matsuo, T. Hatta, R. Umemiya-Shirafuji, X. Xuan and K. Fujisaki .  Tick vitellogenin receptor reveals critical role in oocyte development and transovarial transmission of Babesia parasite. .  Biochemical and Cell Biology86   331 - 344   2008年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bannai, H., Y. Nishikawa, T. Matsuo, O. Kawase, J. Watanabe, C. Sugimoto and X. Xuan .  Programmed Cell Death 5 from Toxoplasma gondii: A secreted molecule 1 that exerts a pro-apoptotic 2 effect on host cells. .  Molecular and Biochemical Parasitology159   112 - 120   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsuji, N., T. Miyoshi, B. Battsetseg, T. Matsuo, X. Xuan and K. Fujisaki .  A cystein protease is critical for Babesia spp. Transmission in Haemaphysalis ticks. .  PLoS Pathogens4   1 - 14   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umemiya, R., T. Matsuo, T. Hatta, S. Sakakibara, D. Boldbaatar and K. Fujisaki .  Autophagy-related genes from a tick, Haemaphysalis longicornis. .  Autophagy4   79 - 81   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umemiya, R., T. Matsuo, T. Hatta, S. Sakakibara, D. Boldbaatar and K. Fujisaki .  Cloning and characterization of an autophagy-related gene, ATG12, from the three-host tick Haemaphysalis longicornis. .  Insect Biochemistry and Molecular Biology37   975 - 984   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., C. A. Cerruto Noya, D. Taylor and K. Fujisaki .  Immunohistochemical examination of PDGF-AB, TGF-β and their receptors in the hemocytes of a tick, Ornithodoros moubata (Acari: Argasidae). .  Journal of Veterinary Medical Science69   317 - 320   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Battsetseg, B., T. Matsuo, X. Xuan, D. Boldbaatar, S. H. Chee, R. Umemiya, T. Sakaguchi, T. Hatta, J. Zhou, A. R. Verdida, D. Taylor and K. Fujisaki .  Babesia parasites develop and are transmitted by the non-vector soft tick Ornithodoros moubata (Acari: Argasidae). .  Parasitology134   1 - 8   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujino, T., T. Matsuo, Y. Okada and T. Matsui .  Detection of a small number of Cryptosporidium parvum oocysts by sugar floatation and sugar centrifugation methods. .  Journal of Veterinary Medical Science68   1191 - 1193   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bork, S., M. Okamura, T. Matsuo, S. Kumar, N. Yokoyama and I. Igarashi .  Host serum modifies the drug susceptibility of Babesia bovis in vitro . .  Parasitology130   489 - 492   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., N. Yokoyama, B. Suthisak, K. Fujisaki and I. Igarashi .  Cellular locarization of Babesia bovis rhoptry-associated protein 1 in the merozoite stage with immuno-electron microscopy. .  Journal of Protozoology Research15   1 - 6   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., Y. Okoda, B. Badgar, N. Inoue, X. Xuan, D. Taylor and K. Fujisaki .  Fate of GFP-expressing Escherichia coli in the midgut and reaction of hemocytes in a tick, Ornithodoros moubata (Acari: Argasidae) .  Experimental Parasitology108   67 - 73   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., N. Inoue, M. R. Ruheta, D. Taylor and K. Fujisaki .  Tickcidal effect of monoclonal antibodies against hemocytes, Om21, in an adult female tick, Ornithodoros moubata (Acari: Argasidae). .  Journal of Parasitology90   715 - 720   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., D. Tsukamoto, N. Inoue, and K. Fujisaki .  Development, characterization, and tickcidal effect of monoclonal antibodies against hemocytes in Ornithodoros moubata (Acari: Ixodidae). .  Veterinary Parasitology118   109 - 119   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bork, S., N. Yokoyama, T. Matsuo, F. G. Claveria, K. Fujisaki and I. Igarashi .  Clotrimazole, ketoconazole, and clodinafop-propagyl inhibit the in vitro growth of Babesia bigemina and Babesia bovis (Phylum Apicomplexa). .  Parasitology127   311 - 315   2003年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bork, S., N. Yokoyama, T. Matsuo, F. G. Claveria, K. Fujisaki and I. Igarashi .  Clotrimazole, ketoconazole, and clodinafop-propargyl as potent growth onhibitors of equine Babesia parasites in in vitro cultures. .  Journal of Parasitology89   604 - 606   2003年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., M. Sato, N. Inoue, Y. Yokoyama, D. Taylor and K. Fujisaki .  Morphological studies on the extracellular matrix in the midgut of an adult tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). .  Parasitology Research90   243 - 248   2003年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Makara, L. H. C., J. C. S. Reyes, Y. Nishikawa, Y. Tsushima, X. Xuan, X. Huang, B. Battsegtseg, T. Matsuo, and H. Nagasawa .  Phenotype and function of murine discrete Peyer’s patch macrophage derived-dendritic cells. .  Journal of Veterinary Medical Science65   491 - 499   2003年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bork, S., N. Yokoyama, T. Matsuo, F. G. Claveria, K. Fujisaki and I. Igarashi .  Growth inhibitory effect of triclosan on equine and bovine Babesia parasites. .  American Journal of Tropical Medicine and Hygiene68   334 - 340   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagai, A., N. Yokoyama, T. Matsuo, S. Bork, H. Hirata, X. Xuan, Y. Zhu, F. G. Claveria, K. Fujisaki and I. Igarashi .  Growth-inhibitory effects of Artesunate, Pyrimethamine, and Pamaquine against Babesia equi and Babesia caballi in in vitro cultures. .  Antimicrobial Agents and Chemotherapy47   800 - 803   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokoyama, N., S. Bork, M. Nishisaka, H. Hirata, T. Matsuo, N. Inoue, X. Xuan, H. Suzuki, C. Sugimoto and I. Igarashi .  Role of the maltese cross form of Babesia microti merozoite and its vaccine application. .  Infection and Immunity71   411 - 417   2003年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T., T. Mori, D. Taylor and K. Fujisaki .  Preliminary observations on effects of male factors and/or dopamine in virgin female ticks, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). .  Journal of Acarological Society of Japan11   105 - 109   2002年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yokoyama, N., B. Suthisak, H. Hirata, T. Matsuo, N. Inoue, C. Sugimoto and I. Igarashi .  Cellular localization of Babesia bovis merozoite rhoptry-associated protein 1 and its erythrocyte-binding activity. .  Infection and Immunity70   5822 - 5826   2002年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimano, S. and T. Matsuo .  Morphological studies on the digestive tract of Scheloribates azumaensis (Acari: Oribatida). .  Journal of Acarological Society of Japan11   37 - 40   2002年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamauchi, T., T. Matsuo and H. Kakuda .  Fate of male germ cells within the male and female genital tract of Ixodes ovatus (Acari: Ixodidae). .  Journal of Acarological Society of Japan9   105 - 111   2000年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T. .  Fate of the male accessory genital gland secretions in the formation of the spermatophore of a tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). .  Journal of Acarological Society of Japan9   147 - 157   2000年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T. and T. Mori .  The significance of feeding for reproduction in a male Metastriata tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). .  Acta Zoologica81   17 - 26   2000年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuo, T. .  Studies on spermatogenic cells and the spermatophore in a tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) .      1997年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

MISC

  • Reproduction in a Metastriata Tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). 査読

    Matsuo, T., N. Okura, H. Kakuda and Y. Yano

    Journal of Acarological Society of Japan   22   1 - 23   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Autophagy in ticks. 査読

    Malagoli, D., F. C. Abdalla, Y. Cao, Q. Feng, K. Fujisaki, A. Gregorc, T. Matsuo, I. P. Nezis, I. S. Papassideri, M. Sass, E. C. Silva-Zacarin, G. Tettamanti and R. Umemiya-Shirafuji

    Methods in Enzymology   451   621 - 638   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • Autophagy and its physiological relevance in arthropods: Current knowledge and perspectives. 査読

    Malagoli, D., F. C. Abdalla, Y. Cao, Q. Feng, K. Fujisaki, A. Gregorc, T. Matsuo, I. P. Nezis, I. S. Papassideri, M. Sass, E. C. Silva-Zacarin, G. Tettamanti and R. Umemiya-Shirafuji

    Autophagy   6   575 - 588   2008年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Tick reproduction in a male tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae).

    Matsuo, T. and K. Fujisaki

    Journal of Protozoology Research   13   1 - 9   2003年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 井尻 萌、尾堂憲司、佐藤元彦、川口麻依子、藤本佳万、三浦直樹、松尾智英、侯 德興、大和 修、田邊 隆、川口博明 .  暑熱環境で飼養される肥育豚における潜在的ストレスマーカーの検討 .  第164回日本獣医学会学術集会(オンライン開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 川口博明、井尻 萌、松尾 恵、藤本佳万、松尾智英 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルの確立 .  第164回日本獣医学会学術集会(オンライン開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 松林 誠、芝原友幸、松尾智英、畑生俊光、山岸潤也、笹井和美、磯部 尚 .  国内養鶏場におけるEimeria属原虫の浸潤状況調査 .  第164回日本獣医学会学術集会(オンライン開催)  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 川口博明、井尻萌、松尾恵、藤本佳万、松尾智英 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルの開発 .  第163回日本獣医学会学術集会(オンライン開催)  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 井尻 萌、Yu-Chang Lai、三浦直樹、藤本佳万、松尾智英、川口博明 .  豚の大きさの指標としての多脊椎数関連遺伝子NR6A1の有用性 .  第163回日本獣医学会学術集会(オンライン開催)  2020年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    国名:日本国  

  • 井上遼太、水野真伸、辻尾祐志、松林 誠、畑井 仁、正谷達謄、松井利博、松尾 智英 .  哺乳類宿主におけるEimeria属原虫の感染延長戦略 .  第72回日本寄生虫学会南日本支部大会・第69回日本衛生動物学会南日本支部大会  2019年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本市   国名:日本国  

  • 井上遼太、水野真伸、松林 誠、辻尾祐志、正谷達謄、畑井 仁、松井利博、松尾智英 .  マウス寄生性Eimeria krijgsmanni感染における宿主免疫抑制の影響 .  第161回日本獣医学会学術集会  2018年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば市   国名:日本国  

  • 松崎素道、福本隼平、喜屋武向子、正谷達謄、松尾智英、村上麻美、高島康弘、西川義文、永宗喜三郎 .  トキソプラズマ日本分離株のゲノムワイドSNP解析 .  第87回日本寄生虫学会大会  2018年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京   国名:日本国  

  • Yamaguchi, M., M. Tateno, N. Nakanishi, M. Izawa, T. Matsuo and Y. Endo .  Morphological characterization and prevalence of Anatrichosoma sp. in Iriomote cats (Prionailurus bengalensis iriomotensis) .  The 19th International Conference of World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology  2017年9月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Kuala Lumpur   国名:マレーシア  

  • 小野結菜、水野真伸、松林 誠、辻尾祐志、正谷達謄、松井利博、松尾智英 .  マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanni感染における第2代メロントの存在意義 .  第86回日本寄生虫学会大会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  • 福本隼平、山野安規徳、松原立真、竹内史比古、喜屋武向子、正谷達謄、松尾智英、村上麻美、高島康弘、永宗喜三郎 .  日本におけるトキソプラズマのタイピングと病原性 .  第86回日本寄生虫学会大会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  • 白藤(梅宮)梨可、三原 涼、阿部靖之、松尾智英、堀内雅之、川野 優、藤崎幸蔵、鈴木宏志 .  フタトゲチマダニ卵母細胞の発育過程における卵黄タンパク質前駆体受容体の発現 .  第86回日本寄生虫学会大会  2017年5月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  • 正谷達謄、林 慶、立野守洋、遠藤泰之、松尾智英、田仲哲也、御供田睦代、安藤匡子 .  鹿児島県各地で採取されたマダニにおけるマダニ媒介性疾病原虫の分子疫学的解析 .  第159回日本獣医学会学術集会  2016年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:藤沢市   国名:日本国  

  • 正谷達謄、林 慶、立野守洋、遠藤泰之、松尾智英、田仲哲也、御供田睦代、関まどか、安藤匡子 .  鹿児島県各地で採取されたマダニにおけるTheileria, BabesiaおよびHepatozoonの分子疫学 .  第85回日本寄生虫学会大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市   国名:日本国  

  • 永宗喜三郎、福本隼平、山野安規徳、喜屋武向子、正谷達謄、松尾智英、松井利博、村上麻美、高島康弘、佐倉孝哉、松原立真 .  日本におけるトキソプラズマの分子系統と病原性 .  第85回日本寄生虫学会大会  2016年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎市   国名:日本国  

  • 正谷達謄、吉原俊平、松原敦子、後藤貴文、高橋秀之、田仲哲也、安藤匡子、遠藤泰之、松尾智英 .  大分県久住高原の通年放牧牛におけるTheileria orientalisジェノタイプの年間変動 .  第68回日本寄生虫学会南日本支部大会・第65回日本衛生動物学会南日本支部大会合同大会  2015年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎市   国名:日本国  

  • 小山田昇平・正谷達謄・辻尾祐志・田仲哲也・松井利博・松尾智英 .  Toxoplasma gondii K-3株のシスト形成能に関する研究 .  第158回日本獣医学会学術集会  2015年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:十和田市   国名:日本国  

  • 小野結菜・松林 誠・川口博明・辻尾祐志・田仲哲也・三好宣彰・松井利博・松尾智英 .  マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの生活環に関する形態学的観察 .  第157回日本獣医学会学術集会  第157回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 武智理恵・Galay Remil Linggatong・前田大輝・草木迫浩大・松尾智英・望月雅美・藤崎幸蔵・田仲哲也 .  フタトゲチマダニ由来TNF Receptor Associated Factor (TRAF) の同定とその役割について .  第157回日本獣医学会学術集会  第157回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小野結菜・松林 誠・川口博明・辻尾祐志・田仲哲也・三好宣彰・松井利博・松尾智英 .  マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの生活環に関する形態学的観察 .  第157回日本獣医学会学術集会  2014年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌市   国名:日本国  

  • 橋本和樹、田仲哲也、松林 誠、遠藤恭子、白藤(梅宮)梨可、松井利博、松尾智英 .  マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの宿主特異性と感染性に関する研究 .  第66回日本寄生虫学会南日本支部大会・第63回日本衛生動物学会南日本支部会合同大会  第66回日本寄生虫学会南日本支部大会・第63回日本衛生動物学会南日本支部会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 橋本和樹、田仲哲也、松林 誠、遠藤恭子、白藤(梅宮)梨可、松井利博、松尾智英 .  マウス寄生性コクシジウムEimeria krijgsmanniの宿主特異性と感染性に関する研究 .  第66回日本寄生虫学会南日本支部大会・第63回日本衛生動物学会南日本支部会合同大会  2013年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分市   国名:日本国  

  • 竹尾俊規・田仲哲也・松林 誠・辻尾祐志・橋本和樹・辻 尚利・藤崎幸蔵・松井利博・松尾智英 .  マウス腸管寄生性Eimeria krijgsmanniの薬剤感受性 .  第156回日本獣医学会学術集会  第156回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 草木迫浩大・前田大輝・R. Galay・松尾智英・白藤(梅宮)梨可・望月雅美・藤崎幸蔵・田仲哲也 .  フタトゲチマダニ体内におけるB. microtiの検出 .  第156回日本獣医学会学術集会  第156回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 竹尾俊規・田仲哲也・松林 誠・辻尾祐志・橋本和樹・辻 尚利・藤崎幸蔵・松井利博・松尾智英 .  マウス腸管寄生性Eimeria krijgsmanniの薬剤感受性 .  第156回日本獣医学会学術集会  2013年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岐阜市   国名:日本国  

  • Tateno M., A. Sunahara, T. Nishio, M. Hirata, M. Sakuma, T. Matsuo, N. Nakanishi, M. Izawa, Y. Asari, M. Okamura, T. Shimokawa Miyama, A. Setoguchi and Y. Endo .  A molecular epidemiological survey of infectious diseases in Japanese wildcats. .  The 3rd Asian Meeting of Animal Medicine Specialties 2013  The 3rd Asian Meeting of Animal Medicine Specialties 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:インドネシア  

    国際学会

  • 白藤(梅宮)梨可・川野 優・B. Damdinsuren・松尾智英・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  マダニのオートファジー関連遺伝子とその役割 .  第153回日本獣医学会学術集会  第153回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Tanaka T., H. Maeda, T. Matsuo, R. Galay, D. Boldbattar, R. Umemiya-Shirafuji, H. Suzuki, X. Xuan, N. Tsuji and K. Fujisaki .  Parasiticidal activity of tick longicin peptide. .  第34回日本分子生物学会年会  第34回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Tanaka T., H. Maeda, T. Matsuo, D. Boldbattar, R. Umemiya-Shirafuji, A. Kume, H. Suzuki, X. Xuan, N. Tsuji and K. Fujisaki .  Parasiticidal activity of Haemaphysalis longicornis longicin P4 peptide against Toxoplasma gondii. .  17th Japanese-German Cooperative Symposium on Protozoan Diseases & Workshop of Gastrointestinal Protozoan Diseases  17th Japanese-German Cooperative Symposium on Protozoan Diseases & Workshop of Gastrointestinal Protozoan Diseases国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:奈良  

    国際学会

  • Matsuo T., N. Okura, H. Kakuda and Y. Yano .  Reproduction in a Metastriata tick, Haemaphysalis longicornis. .  7th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens  7th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Tanaka T., H. Maeda, T. Matsuo, D. Boldbattar, R. Umemiya-Shirafuji, A. Kume, H. Suzuki, X. Xuan, N. Tsuji, K. Fujisaki .  Parasiticidal activity of Haemaphysalis longicornis longicin against Toxoplasma gondii. .  7th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens  7th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • 藤野隆志・薬師寺暁・松尾智英・松井利博 .  マウスに寄生するコクシジウム、E. krijgsmanniにおけるオーシストの熱処理による殺滅効果 .  第63回日本寄生虫学会南日本支部・第60回日本衛生動物学会南日本支部合同大会  第63回日本寄生虫学会南日本支部・第60回日本衛生動物学会南日本支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 田仲哲也・前田大輝・松尾智英・Md. M. Rahman・B. Damdinsuren・白藤(梅宮)梨可・玄 学南・辻 尚利・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニロンギシンP4のトキソプラズマに及ぼす影響 .  第63回日本寄生虫学会南日本支部・第60回日本衛生動物学会南日本支部合同大会  第63回日本寄生虫学会南日本支部・第60回日本衛生動物学会南日本支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 白藤(梅宮)梨可・松尾智英・藤崎幸蔵 .  マダニのオートファジー研究の展開:マダニとその媒介病原体の制圧に向けて .  第147回日本獣医学会学術集会  第147回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 白藤(梅宮)梨可・D. Boldbaatar・M. Liao・Md. M. Rahman・B. Battur・松尾智英・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニのオートファジー関連遺伝子の発現解析 .  第78回日本寄生虫学会大会  第78回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 西川義文・川瀬 摂・坂内 天・松尾智英・玄 学南 .  トキソプラズマにおける新規トロンボスポンジン関連タンパク質の解析 .  第78回日本寄生虫学会大会  第78回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 白藤(梅宮)梨可・松尾智英・ D. Boldbaatar・M. Liao・B. Banzragch・Md. M. Rahman・藤崎幸蔵 .  Characterization of autophagy-related gene homologues from a three host tick, Haemaphysalis longicornis. .  2008日韓合同ダニ学会議(第17回日本ダニ学会大会)  2008日韓合同ダニ学会議(第17回日本ダニ学会大会)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Umemiya-Shirafuji, R., T. Matsuo, D. Boldbaatar, M. Liao and K. Fujisaki .  Strategy of a three host tick Haemaphysalis longicornis against starvation during the nonfeeding period. .  6th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens  6th International Conference on Ticks and Tick-borne Pathogens国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アルゼンチン  

    国際学会

  • 梅宮梨可・松尾智英・D. Boldbaatar・M. Liao・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニのオートファジー関連遺伝子の単離・同定と中腸におけるオートファゴソーム様構造体の観察 .  第77回日本寄生虫学会大会  第77回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 藤野隆志・松尾智英・今上絵理・小林富美恵・松井利博 .  Eimeria krijgismanni感染マウスに対する数種サルファ剤の効果 .  第77回日本寄生虫学会大会  第77回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Boldbaatar, D.・ C. S. Sikasunge・ B. Battsetseg・ 松尾智英・玄 学南・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニのビテロジェニンレセプターの同定と特性解明 .  第16回日本ダニ学会大会  第16回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 梅宮梨可・松尾智英・八田岳士・D. Boldbaatar・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニ Haemaphysalis longicornis における新規オートファジー関連遺伝子の単離およびそれらの発現動態 .  第57回日本衛生動物学会・第60回日本寄生虫学会南日本支部合同大会  第57回日本衛生動物学会・第60回日本寄生虫学会南日本支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 梅宮梨可・松尾智英・八田岳士・D. Boldbaatar・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニ由来新規オートファジー関連遺伝子の単離・同定および未吸血期における発現 .  第16回日本ダニ学会大会  第16回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 梅宮梨可・松尾智英・八田岳士・D. Boldbaatar・田仲哲也・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニにおけるオートファジー関連遺伝子の発現動態と未吸血成ダニ中腸細胞 における局在 .  第144回日本獣医学会学術集会  第144回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 梅宮梨可・松尾智英・八田岳士・D. Boldbaatar・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニにおけるオートファジー関連遺伝子ホモログのクローニングおよび中腸細胞における局在 .  第76回日本寄生虫学会大会  第76回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 辻 尚利・三好猛晴・B. Battsetseg・松尾智英・玄 学南・藤崎幸蔵 .  ロンギパイン:宿主血液の吸血・消化及びバベシア原虫の伝搬に関与するマダニシステインプロテアーゼ .  第76回日本寄生虫学会大会  第76回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Battsetseg, B.・松尾智英・玄 学南・Boldbaatar, D.・藤崎幸蔵 .  Babesia parasite development in a non-vector Ornithodoros moubata tick model. .  第74回日本寄生虫学会大会  第74回日本寄生虫学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:鳥取  

    国内学会

  • 松尾智英・クラウディア セルート・藤崎幸蔵 .  Ornithodoros moubataのヘモサイトにおける成長因子PDGF-ABおよびTGF-βの存在 .  第12回日本ダニ学会大会  第12回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 松尾智英・井上 昇・マーチン ルヘタ・デマー テイラー・藤崎幸蔵 .  Tickcidal effect of monoclonal antibodies against hemocytes, Om21, in an adult female tick, Ornithodoros moubata (Acari: Argasidae) .  第136回日本獣医学会学術集会  第136回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • 松尾智英・大古田佳子・井上 昇・玄 学南・藤崎幸蔵 .  人工吸血によってOrnithodoros moubata中腸内に導入された大腸菌の動態およびそれに伴うダニの反応 .  第12回日本ダニ学会大会  第12回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • Matsuo, T., M. Sato, N. Inoue, N. Yokoyama, D. Taylor and K. Fujisaki .  Morphological studies on the extra-cellular structure of the midgut of a tick, Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae). .  The 19th International Conference of World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology  The 19th International Conference of World Association for the Advancement of Veterinary Parasitology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年8月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 松尾智英・塚本大輔・井上 昇・藤崎幸蔵 .  Ornithodoros moubata 成ダニにおける抗ヘモサイト単クローン抗体作製とその殺ダニ効果 .  第135回日本獣医学会学術集会  第135回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • ボルクサビーネ・横山直明・松尾智英・クラベリアフローレシア・藤崎幸蔵・五十嵐郁男 .  Evaluation of the antiprotozoan drugs Clotrimazole, Ketoconazole, Clodinafop-propargyl against the in vitro growth of Babesia parasites. .  第135回日本獣医学会学術集会  第135回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大古田佳子・松尾智英・井上 昇・藤崎幸蔵 .  人工吸血によってOrnithodoros moubataに摂取されたGFP Escherichia coli の中腸内における動態 .  第135回日本獣医学会学術集会  第135回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松尾智英・大橋充寛・井上 昇・藤崎幸蔵 .  抗ダニ中腸モノクローナル抗体の作成および反応特異性の解析 .  第11回日本ダニ学会大会  第11回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井  

    国内学会

  • 松尾智英・横山直明、ブーチット・スティサク、藤崎幸蔵、五十嵐郁男 .  Babesia bovis Rhoptry-Associated Protein-1の免疫電子顕微鏡学的解析 .  第134回日本獣医学会学術集会  第134回日本獣医学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 松尾智英・井上 昇・藤崎幸蔵 .  フタトゲチマダニの消化管における細胞外構造に関する研究 .  第10回日本ダニ学会大会  第10回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福島  

    国内学会

  • 島野智之・松尾智英 .  ササラダニ類の食性による機能評価 I. 消化管の形態学的研究 .  第10回日本ダニ学会大会  第10回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福島  

    国内学会

  • 井上 昇・松尾智英・塚本大輔・藤崎幸蔵 .  抗ダニヘモサイト単クローン抗体の殺ダニ効果 .  第10回日本ダニ学会大会  第10回日本ダニ学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福島  

    国内学会

  • 藤田 千晴, 兒玉 紘凪, 松尾 智英, 吉田 彩子 .  in vivoイメージングへの利用を目的とした回虫類第3期幼虫のナノビーズを用いた標識 .  日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会合同大会プログラム・抄録集  2021年4月  日本寄生虫学会・日本臨床寄生虫学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 井尻 萌, 尾堂 憲司, 佐藤 元彦, 川口 麻依子, 藤本 佳万, 三浦 直樹, 松尾 智英, 侯 徳興, 大和 修, 田邊 隆, 川口 博明 .  暑熱環境で飼養される肥育豚における潜在的ストレスマーカーの検討 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2021年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 松林 誠, 芝原 友幸, 松尾 智英, 畑生 俊光, 山岸 潤也, 笹井 和美, 磯部 尚 .  国内の種鶏場におけるEimeria属原虫の浸潤状況調査 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2021年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 和瑛, 松尾 智英, 山岸 潤也, 芝原 友幸, 笹井 和美, 松林 誠 .  一酪農場におけるクリプトスポリジウム症の清浄化への試み .  家畜診療  2023年1月  (公社)全国農業共済協会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 川口 博明, 井尻 萌, 松尾 恵, 藤本 佳万, 松尾 智英 .  マイクロミニピッグDNFBアレルギー性皮膚炎モデルの確立 .  日本獣医学会学術集会講演要旨集  2021年9月  (公社)日本獣医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示