2022/04/25 更新

写真a

ワダ ケイイチ
和田 桂一
WADA KEIICHI
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 物理・宇宙プログラム 教授
職名
教授

学位

  • 博士(理学) ( 1993年12月   北海道大学 )

  • 修士(理学) ( 1991年3月   北海道大学 )

研究キーワード

  • 数値計算

  • 星間ガス

  • 銀河

  • 銀河、活動銀河核、理論天文学

研究分野

  • 自然科学一般 / 天文学  / 銀河、活動銀河核、ブラックホール

学歴

  • 北海道大学   物理学専攻

    - 1993年12月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東北大学   物理学第二学科

    - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 物理・宇宙プログラム   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   学術研究院理工学域理学系   教授   Dr

    2009年8月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 物理・宇宙専攻   教授

    2009年8月 - 2020年3月

  • 自然科学研究機構国立天文台   理論研究部   准教授

    2004年4月 - 2009年7月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立天文台   位置天文・天体力学研究系   准教授

    2004年1月 - 2004年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 国立天文台   理論天文学研究系   助手

    1997年5月 - 2003年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 北海道大学   情報処理教育センター   助手

    1994年1月 - 1997年5月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 国際天文学連合

    2015年10月 - 現在

  • 日本物理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本天文学会

    1991年4月 - 現在

留学歴

  • 2000年8月 - 2001年6月   コロラド大学   客員教授

  • 1998年8月 - 1998年12月   ジョーンズ・ホプキンス大学   研究員

  • 1997年9月 - 1998年7月   ハッブル宇宙望遠鏡科学研究所   客員研究員

 

論文

  • Shinsuke Takasao, Yuri Shuto, Keiichi Wada .  Spontaneous Formation of Outflows Powered by Rotating Magnetized Accretion Flows in a Galactic Center .  The Astrophysical Journal926 ( 1 ) 50 - 50   2022年2月査読

     詳細を見る

    掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

    <title>Abstract</title>
    We investigate how magnetically driven outflows are powered by a rotating, weakly magnetized accretion flow onto a supermassive black hole using axisymmetric magnetohydrodynamic simulations. Our proposed model focuses on the accretion dynamics on an intermediate scale between the Schwarzschild radius and the galactic scale, which is ∼1–100 pc. We demonstrate that a rotating disk formed on a parsec-scale acquires poloidal magnetic fields via accretion, and this produces an asymmetric bipolar outflow at some point. The formation of the outflow was found to follow the growth of strongly magnetized regions around disk surfaces (magnetic bubbles). The bipolar outflow grew continuously inside the expanding bubbles. We theoretically derived the growth condition of the magnetic bubbles for our model that corresponds to a necessary condition for outflow growth. We found that the north–south asymmetrical structure of the bipolar outflow originates from the complex motions excited by accreting flows around the outer edge of the disk. The bipolar outflow comprises multiple mini-outflows and downflows (failed outflows). The mini-outflows emanate from the magnetic concentrations (magnetic patches). The magnetic patches exhibit inward drifting motions, thereby making the outflows unsteady. We demonstrate that the inward drift can be modeled using a simple magnetic patch model that considers magnetic angular momentum extraction. This study could be helpful for understanding how asymmetric and nonsteady outflows with complex substructures are produced around supermassive black holes without the help of strong radiation from accretion disks or entrainment by radio jets such as molecular outflows in radio-quiet active galactic nuclei, e.g., NGC 1377.

    DOI: 10.3847/1538-4357/ac38a8

    arXiv

    その他リンク: https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-4357/ac38a8/pdf

  • Ogawa, Shoji; Ueda, Yoshihiro; Wada, Keiichi; Mizumoto, Misaki .  Warm Absorbers in the Radiation-driven Fountain Model of Low-mass Active Galactic Nuclei .  The Astrophysical Journal925 ( 1 ) 55   2022年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3847/1538-4357/ac3cb9

  • Toba, Yoshiki ; Liu, Teng search by orcid ; Urrutia, Tanya ; Salvato, Mara ; Li, Junyao ; Ueda, Yoshihiro ; Brusa, Marcella ; Yutani, Naomichi ; Wada, Keiichi ; Nishizawa, Atsushi J. ; Buchner, Johannes search by orcid ; Nagao, Tohru ; Merloni, Andrea ; Akiyama, Masayuki ; Arcodia, Riccardo ; Hsieh, Bau-Ching ; Ichikawa, Kohei ; Imanishi, Masatoshi ; Inoue, Kaiki T. ; Kawaguchi, Toshihiro ; Lamer, Georg ; Nandra, Kirpal ; Silverman, John D. ; Terashima, Yuichi .  The eROSITA Final Equatorial-Depth Survey (eFEDS): A multiwavelength view of WISE mid-infrared galaxies/active galactic nuclei .  Astronomy and Astrophysics649   2021年8月国際共著

  • Joh, Kazuma ; Nagao, Tohru ; Wada, Keiichi ; Terao, Koki ; Yamashita, Takuji .  Do gas clouds in narrow-line regions of Seyfert galaxies come from their nuclei? .  Publications of the Astronomical Society of Japan73 ( 4 ) 1152 - 1165   2021年8月査読

     詳細を見る

  • García-Burillo, S. ; Alonso-Herrero, A. ; Ramos Almeida, C. search by orcid ; González-Martín, O. ; Combes, F. ; Usero, A. search by orcid ; Hönig, S. ; Querejeta, M. ; Hicks, E. K. S. ; Hunt, L. K. search by orcid ; Rosario, D. ; Davies, R. search by orcid ; Boorman, P. G. search by orcid ; Bunker, A. J. ; Burtscher, L. ; Colina, L. ; Díaz-Santos, T. search by orcid ; Gandhi, P. ; García-Bernete, I. ; García-Lorenzo, B. ; Ichikawa, K. ; Imanishi, M. ; Izumi, T. ; Labiano, A. ; Levenson, N. A. ; López-Rodríguez, E. ; Packham, C. search by orcid ; Pereira-Santaella, M. ; Ricci, C. ; Rigopoulou, D. ; Rouan, D. ; Shimizu, T. ; Stalevski, M. ; Wada, K. ; Williamson, D. Abstract .  The Galaxy Activity, Torus, and Outflow Survey (GATOS). I. ALMA images of dusty molecular tori in Seyfert galaxies .  Astronomy & Astrophysics652   A98   2021年8月国際共著

     詳細を見る

  • Alonso-Herrero, A. ; García-Burillo, S. ; Hönig, S. F. ; García-Bernete, I. ; Ramos Almeida, C. search by orcid ; González-Martín, O. ; López-Rodríguez, E. ; Boorman, P. G. search by orcid ; Bunker, A. J. ; Burtscher, L. ; Combes, F. ; Davies, R. search by orcid ; Díaz-Santos, T. search by orcid ; Gandhi, P. ; García-Lorenzo, B. ; Hicks, E. K. S. ; Hunt, L. K. search by orcid ; Ichikawa, K. ; Imanishi, M. ; Izumi, T. ; Labiano, A. ; Levenson, N. A. ; Packham, C. search by orcid ; Pereira-Santaella, M. ; Ricci, C. ; Rigopoulou, D. ; Roche, P. search by orcid ; Rosario, D. J. ; Rouan, D. ; Shimizu, T. search by orcid ; Stalevski, M. search by orcid ; Wada, K. ; Williamson, D. .  The Galaxy Activity, Torus, and Outflow Survey (GATOS). II. Torus and polar dust emission in nearby Seyfert galaxies .  Astronomy & Astrophysics652   A99   2021年8月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1051/0004-6361/202141219

  • Physically motivated X-ray obscurer models .    651   A58 - A69   2021年7月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.1051/0004-6361/201834963

  • Taisei Uzuo , Keiichi Wada , Takuma Izumi , Shunsuke Baba , Kosei Matsumoto , Yuki Kudoh .  Circumnuclear Multi-phase Gas in Circinus Galaxy IV: Absorption Owing to High-J CO Rotational Transitions .  The Astrophysical Journal915   89   2021年7月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.3847/1538-4357/ac013d

  • Keiichi Wada, Yusuke Tsukamoto, Eiichiro Kokubo .  Formation of ``Blanets" from Dust Grains around the Supermassive Black Holes in Galaxies .  The Astrophysical Journal909   96 - 105   2021年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abd40a

  • Wada K. .  Nature of inflows and outflows in AGNs .  Proceedings of the International Astronomical Union359   297 - 306   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Proceedings of the International Astronomical Union  

    DOI: 10.1017/S1743921320004251

    Scopus

  • Kudo Yuki, Wada Keiichi, Norman Colin .  Multiphase Circumnuclear Gas in a Low-Beta Disk: Turbulence and Magnetic Field Reversals .  The Astrophysical Journal904   9 - 23   2020年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/abba39

  • Masatoshi Imanishi,Dieu D. Nguyen,Keiichi Wada,Yoshiaki Hagiwara, Satoru Iguchi,Takuma Izumi,Nozomu Kawakatu, Kouichiro Nakanishi, Kyoko Onishi .  ALMA 0.''02-RESOLUTION OBSERVATIONS REVEAL HCN-ABUNDANCE-ENHANCED COUNTER-ROTATING AND OUTFLOWING DENSE MOLECULAR GAS AT THE NGC 1068 NUCLEUS .  The Astrophysical Journal902   99 - 123   2020年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Aalto, N. Falstad, S. Muller, K. Wada 他 .  ALMA resolves the remarkable molecular jet and rotating wind in the extremely radio-quiet galaxy NGC 1377 .  Astronomy and Astrophysics640   104 - 119   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aalto S. .  ALMA resolves the remarkable molecular jet and rotating wind in the extremely radio-quiet galaxy NGC 1377 .  Astronomy and Astrophysics640   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Astronomy and Astrophysics  

    DOI: 10.1051/0004-6361/202038282

    Scopus

  • Kawakatu Nozomu, Wada Keiichi, Ichikawa Kohei .  Obscuring Fraction of Active Galactic Nuclei Implied by Supernova and Radiative Feedbacks .  The Astrophysical Journal889 ( 2 ) 84 - 93   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

  • Kawaguchi Takeru, Yutani Naomichi, Wada, Keiichi .  Mass accretion toward black holes in final phase of galaxy mergers .  The Astrophysical Journal890 ( 2 ) 125 - 136   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

  • Keiichi Wada, Yusuke Tsukamoto, Eiichiro Kokubo .  Formation of Planets around Supermassive Black Holes in Active Galactic Nuclei .  The Astrophysical Journal   2019年12月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

  • Kudoh Yuki, Wada Keiichi .  Magneto Rotational Instability in Magnetized AGN Tori .  Galaxies6 ( 4 ) 139   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    It is widely believed that in active galactic nuclei (AGNs) a supermassive black hole with an accretion disk is surrounded by an optically and geometrically thick torus at sub-parsec scale. However, it is not clear how is the mass supply toward the central engine caused and how it is related with the internal structures of the tori. The magnetic field in the tori may contribute to the accretion process via the magneto-rotational instability (MRI). Using global three dimensional magnetohydrodynamic (MHD) simulations taking the effects of X-ray heating and radiative cooling into account studied the numerical resolution for azimuthal direction for MRI driving. We found that a strongly magnetized disk consisted of a cold ($< 10^3$ K) and warm ($10^4$ K) gas is developed in about 30 rotational periods. We also found in high resolution model that the mean azimuthal magnetic fields reverse their direction quasi-periodically. We confirmed that the typical wave length of the MRI should be resolved with a least 20 azimuthal grid cells.

    DOI: 10.3390/galaxies6040139

  • Wada Keiichi, Yonekura Kensuke, Nagao Tohru .  Circumnuclear Multiphase Gas in Circinus Galaxy. III. Structure of the Nuclear Ionized Gas .  The Astrophysical Journal867   49 - 56   2018年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We investigate the properties of the ionized gas irradiated by an active galactic nucleus (AGN) based on our “radiation-driven fountain” model for the nearest type-2 Seyfert galaxy, the Circinus galaxy. We conducted “quasi-three-dimensional” spectral analysis using the spectral synthesis code CLOUDY and obtained the surface brightness distributions of lines, such as Hα, Hβ, [O III], [N II], and [S II] for the central 16 pc region. The ionized regions observed based on these lines show a conical morphology around the rotation axis, even if we do not phenomenologically postulate the presence of an optically thick “torus.” This region also shows non-uniform internal structures, reflecting the inhomogeneous structure of fountain flows. Using ionization diagnostic diagrams, we investigated the spectral properties of the ionized gas. The diagrams based on the line ratios of [N II]/Hα and [S II]/Hα show that most regions of the cone have the same properties as those in the narrow line regions (NLRs) in AGNs, whereas using [O I]/Hα, the central 10 pc regions are rather LINER-like. The gas density, temperature, and ionizing parameter in regions identified as “NLR” are typically n ∼ 300–1500 cm‑3, T ∼ (1–3) × 104 K, and U ∼ 0.01, respectively. The morphology and [O III] intensity are similar to the base of the observed [O III] cone in the Circinus galaxy, implying some physical connections with the origin of the ∼100 pc scale NLR.

    DOI: 10.3847/1538-4357/aae204

  • Izumi, Takuma; Wada, Keiichi; Fukushige, Ryosuke; Hamamura, Sota; Kohno, Kotaro .  Circumnuclear Multiphase Gas in the Circinus Galaxy. II. The Molecular and Atomic Obscuring Structures Revealed with ALMA .  The Astrophysical Journal867   48 - 68   2018年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We used the Atacama Large Millimeter/Submillimeter Array (ALMA) to map the CO(3–2) and [C I](1–0) lines, as well as their underlying continuum emission, from the central ∼200 pc region of the Circinus galaxy that hosts the nearest type 2 Seyfert-class active galactic nucleus (AGN), with a spatial resolution of ∼6–15 pc. The lines and continuum-emitting regions consist of a circumnuclear disk (CND; 74 pc × 34 pc) and spiral arms. The distribution of the continuum emission revealed a temperature-dependent dust geometry and possibly polar dust elongation in the torus region. The molecular mass of the CND is {M}{{H}2}∼ 3× {10}6 {M}ȯ , with a beam-averaged H2 column density of ∼5 × 1023 cm‑2 toward the AGN position, which contributes significantly to the nuclear obscuration. The [C I](1–0)/CO(3–2) ratio at the AGN position is unusually high, suggesting an X-ray-dominated region-type chemistry. We decomposed the observed velocity fields into rotational and dispersion components, and revealed a multiphase dynamic nature in the r ≲ 10 pc torus region, i.e., the diffuse atomic gas is more spatially extended along the vertical direction of the disk than the dense molecular gas. Through comparisons with our model predictions based on the radiation-driven fountain scheme, we indicate that atomic outflows are the driver of the geometrical thickness of the atomic disk. This supports the validity of the radiation-driven fountain scheme in the vicinity of this AGN, which would explain the longstanding mystery of the physical origin of the AGN torus.

    DOI: 10.3847/1538-4357/aae20b

  • Imanishi, Masatoshi; Nakanishi, Kouichiro; Izumi, Takuma; Wada, Keiichi .  ALMA Reveals an Inhomogeneous Compact Rotating Dense Molecular Torus at the NGC 1068 Nucleus Authors .  The Astrophysical Journal Letters   2018年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aaa8df

  • Wada Keiichi, Fukushige Ryosuke, Izumi Takuma, Tomisaka, Kohji .  Circumnuclear Multi-phase Gas in the Circinus Galaxy. I. Non-LTE Calculations of CO Lines10.3847/1538-4357/aa9e53 .  The Astrophysical Journal852 ( 2 ) 88 - 99   2018年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

    In this study, we investigate the line emissions from cold molecular gas based on our previous “radiation-driven fountain model,” which reliably explains the spectral energy distribution of the nearest type 2 Seyfert galaxy, the Circinus galaxy. Using a snapshot of the best-fit radiation-hydrodynamic model for the central r≤slant 16 pc, in which non-equilibrium X-ray-dominated region chemistry is solved, we conduct post-processed non-local thermodynamic equilibrium radiation transfer simulations for the CO lines. We obtain a spectral line energy distribution with a peak around J≃ 6, and its distribution suggests that the lines are not thermalized. However, for a given line of sight, the optical depth distribution is highly non-uniform between {τ }ν \ll 1 and {τ }ν \gg 1. The CO-to-H2 conversion factor ({X}{CO}), which can be directly obtained from the results and is not a constant, depends strongly on the integrated intensity and differs from the fiducial value for local objects. {X}{CO} exhibits a large dispersion of more than one order of magnitude, reflecting the non-uniform internal structure of a “torus.” In addition, we found that the physical conditions differ between grid cells on a scale of a few parsecs along the observed lines of sight; therefore, a specific observed line ratio does not necessarily represent a single physical state of the interstellar medium.

    DOI: 10.3847/1538-4357/aa9e53

  • Schartmann, M.; Mould, J.; Wada, K.; Burkert, A.; Durré, M.; Behrendt, M.; Davies, R. I.; Burtscher, L. .  The life cycle of starbursting circumnuclear gas discs .  Monthly Notices of the Royal Astronomical Society473 ( 1 ) 953 - 968   2018年1月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Monthly Notices of the Royal Astronomical Society  

    DOI: 10.1093/mnras/stx2381

    Scopus

  • Aalto S. .  Luminous, pc-scale CO 6-5 emission in the obscured nucleus of NGC 1377 .  Astronomy and Astrophysics608   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Astronomy and Astrophysics  

    DOI: 10.1051/0004-6361/201730650

    Scopus

  • Aalto S., Wada, K. 他13名 .  Luminous, pc-scale CO 6-5 emission in the obscured nucleus of NGC 1377 .  Astronomy & Astrophysics   2017年12月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inoue Susumu, Uchiyama Yasunobu, Arakawa Masanori, Renaud Matthieu, Wada Keiichi .  Cosmic Rays and Non-thermal Emission Induced by Accretion of Cool Gas onto the Galactic Disk .  The Astrophysical Journal849 ( 1 ) 22 - 39   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3847/1538-4357/aa8dfa

  • Izumi, T. 他 .  On the disappearance of a cold molecular torus around the low-luminosity active galactic nucleus of NGC 1097 .  The Astrophysical Journal Letters845   5 - 13   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

  • Izumi T. .  On the Disappearance of a Cold Molecular Torus around the Low-luminosity Active Galactic Nucleus of NGC 1097 .  Astrophysical Journal Letters845 ( 1 )   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Astrophysical Journal Letters  

    DOI: 10.3847/2041-8213/aa808f

    Scopus

  • Wada Keiichi, Schartmann Marc, Meijerink Rowin .  Multi-phase Nature of a Radiation-Driven Fountain with Nuclear Starburst in a Low-mass Active Galactic Nucleus .  The Astrophysical Journal Letters828 ( 2 ) L19 - L25   2016年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

    DOI: 10.3847/2041-8205/828/2/L19

  • Authors: Nomura Mariko, Ohsuga Ken, Takahashi Hiroyuki R., Wada Keiichi, Yoshida Tessei .  Radiation Hydrodynamic Simulations of Line-Driven Disk Winds for Ultra Fast Outflows .  Publications of Astronomical Society of Japan   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Astronomical Society of Japan  

    DOI: 10.1093/pasj/psv124

  • Keiichi Wada .  Obscuring Fraction of Active Galactic Nuclei: Implications from Radiation-driven Fountain Models .  The Astrophysical Journal812   82 - 95   2015年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:American Astronomical Society  

  • M. Schartmann, K. Wada, M. A. Prieto, A. Burkert, and K. R. W. Tristram .  Time-resolved infrared emission from radiation-driven central obscuring structures in Active Galactic Nuclei .  Monthly Notices of Royal Astronomical Society445 ( 4 ) 3878 - 3891   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mariko NOMURA, Ken OHSUGA, Keiichi WADA, Hajime SUSA, and Toru MISAWA .  Modeling Line-Driven Disk Wind for Broad Absorption Lines of Quasars .  Publications of Astronomical Society of Japan65   40 - 49   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba, Junichi; Saitoh, Takayuki R.; Wada, Keiichi .  Dynamics of Non-steady Spiral Arms in Disk Galaxies .  The Astrophysical Journal763 ( 1 ) 46 - 59   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keiichi Wada .  Radiation-driven Fountain and Origin of Torus around Active Galactic Nuclei .  Astrophysical Journal758 ( 1 ) 66   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Makoto Miyoshi, Yoshiharu Asaki, Keiichi Wada, Hiroshi Imai .  Analysis of H2O Masers in Sharpless 269 using VERA Archival Data --- Distribution of the Masers and Their Time Variations .  New Astronomy17 ( 6 ) 553 - 564   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hidenori Matsui, Takayuki R. Saitoh, Junichiro Makino, Keiichi Wada, Kohji Tomisaka, Eiichiro Kokubo, Hiroshi Daisaka, Takashi Okamoto, Naoki Yoshida .  ORIGIN OF MULTIPLE NUCLEI IN ULTRALUMINOUS INFRARED GALAXIES .  Astrophysical Journal746 ( 1 ) 26   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sungsoo Kim, Takayuki Saitoh, Myoungwon Jeon, Donald F. Figer, David Merritt, and Keiichi Wada .  Nuclear Star-Forming Ring of the Milky Way: Simulations .  The Astrophysical Journal Letters735   L11 - L15   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K.Wada, J. Baba, T.R. Saitoh, .  Interplay between Stellar Spirals and the ISM in Galactic Disks .  The Astrophysical Journal735   1 - 9   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujii, M., Baba, J., Saitoh, T.R., Makino, J., Kokubo, E., Wada, K. .  The Dynamics of Pure Stellar Galactic Disks with Spiral Arms, .  The Astrophysical Journal730   109 - 122   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • BABA, Junichi, SAITOH, Takayuki R., WADA, Keiichi .  On the Interpretation of the l-v Features in the Milky Way Galaxy .  Publ. Astron. Soc. Japan 62   1413 - 1422   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Junichi Baba, Takayuki R. Saitoh, Keiichi Wada .  On the Interpretation of the l-v Features in the Milky Way Galaxy .  Publications of the Astronomical Society of Japan, Astronomical Society of Japan   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nozomu Kawakatu, Keiichi Wada .  Formation of High-redshift (z>6) Quasars Driven by Nuclear Starbursts .  The Astrophysical Journal, American Astronomical Society706 ( 1 ) 676 - 686   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keiichi Wada .  Gaseous structure excited by resonances in a non-axisymmetric gravitational potential .      1993年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 宇宙流体力学の基礎

    福江 純和田 桂一梅村 雅之( 担当: 共著)

    日本評論社  2014年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 巨大ブラックホールと宇宙

    谷口義明、和田桂一( 担当: 共著)

    丸善出版  2012年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ピーターソン 活動銀河核

    和田桂一, 粟木久光, 亀野誠二, 谷口義明, 寺島雄一, 長尾透( 担当: 編集)

    丸善株式会社  2010年5月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 和田桂一 .  Obscured AGNs during galaxy-galaxy mergers .  2022年1月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年1月

    会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • "Unveiling the internal structures of tori by molecular absorption lines" .  The Feeding and Feedback of Obscured Activity  2021年1月  Chalmers University of Technology招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:オンライン   国名:スウェーデン王国  

  • Nature of inflows and outflows in AGNs .  IAU symp.359 Galaxy evolution and feedback across different environment  2020年3月  International Astronomical Union国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    国名:ブラジル連邦共和国  

  • Magneto-hydrodynamic modeling of the ISM around AGNs .  Probing AGNs and Star formation: theory and observation  2019年9月  Chalmers University of Technology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Onsala   国名:スウェーデン王国  

  • Fountain flows and obscuration by multi-phase ISM .  Behind the Curtain of Dust III  2019年7月  Sexten Center for Astrophysics招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Sesto   国名:イタリア共和国  

  • Dynamical pictures of tori and the multi-phase ISM .  The many faces of the AGN obscuration  2018年12月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Puerto Varas   国名:チリ共和国  

  • Keiichi Wada .  Molecular, atomic, and ionized gas in AGN with starburst .  Behind the curtain of dust II - The molecular and multi-wavelength view of activity in ULIRGs  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 和田桂一、福重亮佑、泉拓磨、富阪幸治 .  AGN輻射駆動噴水モデル II: 分子・原子線、X線疑似観測による検証 .  日本天文学会秋季年会  日本天文学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 和田桂一 .  AGNトーラスの起源とその力学・化学進化 .  日本天文学会  日本天文学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪大学  

    国内学会

  • 和田桂一 .  Radiation-hydrodymics of the ISM with XDR chemistry around an AGN .  Astrochemistry Workshop  Astrochemistry Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語  

    開催地:東京大学  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Obscuration of AGNs: Implications from Radiation-driven fountain .  Evolution of SMBH with HSCs: First results from initial dataset  Evolution of SMBH with HSCs: First results from initial dataset国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:英語  

    開催地:台北  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Obscuration of AGNs: Implications from Radiation-driven fountain .  超巨大ブラックホール研究推進連絡会第2回WS  超巨大ブラックホール研究推進連絡会第2回WS

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:筑波大学  

    国内学会

  • 和田桂一 .  Radiation-driven outflows in AGNs .  Behind the curtain of dust -‐ the molecular view of activity in (U)LIRGs  Behind the curtain of dust -‐ the molecular view of activity in (U)LIRGs国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Sesto、イタリア  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Interaction between non-steady spirals and the ISM" .  , The Impact of Galactic Structure on Star Formation  , The Impact of Galactic Structure on Star Formation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:英語  

    開催地:北海道大学、札幌市(北海道)  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Dynamics of the ISM in Galactic Spirals .  7th Korean Astrophysics Workshop: Dynamics of Disk Galaxies  7th Korean Astrophysics Workshop: Dynamics of Disk Galaxies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

    開催地:ソウル大学、韓国  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Dynamical Picture of the ISM associated with Spiral Arms .  Phases of the ISM, MPIA Summer Conference  Phases of the ISM, MPIA Summer Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語  

    開催地:ハイデルベルグ、ドイツ  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Theoretical model of feeding and feedback .  Super Massive Black Holes in the Universe: The Era of HSC Survey  Super Massive Black Holes in the Universe: The Era of HSC Survey国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:松山市、愛媛  

    国際学会

  • 和田桂一 .  Stellar and radiative feedback on the ISM around AGNs .  TIARA Workshop on Star Formation and its Environment in the Center of Galaxies  TIARA Workshop on Star Formation and its Environment in the Center of Galaxies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Hsinchu, 台湾  

    国際学会

  • Circumnuclear multi-phase gas and comparison with molecular line observations by ALMA .  East-Asia AGN Workshop 2021  2021年10月  Chongqing University招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:Chongqing and online   国名:中華人民共和国  

  • Keiichi Wada .  Radiative Feedback to the ISM around low-luminosity AGNs .  Jeju AGN workshop  Jeju AGN workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Jeju, Korea  

    国際学会

  • Keiichi Wada .  Radiative Feedback to the ISM around an AGN .  IAU Symposium 292: Molecular Gas, Dust, and Star Formation in Galaxies  IAU Symposium 292: Molecular Gas, Dust, and Star Formation in Galaxies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Beijing, China  

    国際学会

  • Keiichi Wada .  Star Formation around AGNs and Feedback .  Star formation in galaxies: The Herschel Era  Star formation in galaxies: The Herschel Era国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語  

    開催地:リングバーグ、ドイツ  

    国際学会

  • 和田桂一 .  The Milky Way Project: How our home looks like? .  Excellence Cluster Universe  Excellence Cluster Universe

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:ガルヒン、ドイツ  

    その他

  • Keiichi Wada .  Multi-phase ISM around AGN:Effect of X-ray feedback on 10s pc .  What drives the growth of black holes?  What drives the growth of black holes?国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    開催地:ダーラム、イギリス  

    国際学会

  • Keiichi Wada .  Galactic scale star formation: Interplay between stellar spirals and the ISM .  国際天文学連合シンポジウムno. 270 “Computational Star Formation”  国際天文学連合シンポジウムno. 270 “Computational Star Formation”国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン、バロセロナ  

    国際学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 活動銀河核構造の全波長域新パラダイムの確立

    研究課題/領域番号:21H04496  2021年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    和田 桂一

      詳細を見る

    配分額:39260000円 ( 直接経費:30200000円 、 間接経費:9060000円 )

  • 3次元流体モデルに基づく輻射輸送計算とALMAによる近傍およびhigh-z AGN構造の解明

    2020年4月 - 2023年3月

    自然科学研究機構国立天文台  ALMA科学共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 活動銀河核での惑星形成の可能性を探る

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

  • 活動銀河核での惑星系形成の可能性を探る

    研究課題/領域番号:18K18774  2018年6月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    和田 桂一, 小久保 英一郎

      詳細を見る

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    1995年のペガスス座51番星の発見以来、太陽系外の惑星の発見が相次ぎ、2020年現在4000個以上発見されている。いまや惑星は太陽に固有のもの ではなく、宇宙に普遍的に存在することが明らかになった。その全貌はまだ明らかではないが、太陽系は多様な惑星系の一形態に過ぎないことがわかってきたよ うに、われわれの惑星形成について常識はこの20年間で大きく変化した。枠形成形成理論には落下問題などいくつかの理論的困難が指摘されているが、現実に 惑星系が存在できるということは、その障害を回避できるということである。ここではそれらの理論的進展を踏まえ、星周囲以外での惑星形成の可能性を考える。今年度は、ミクロンサイズのダストからキロメートルサイズの微惑星へとhit-and-stick phaseや衝突圧縮phase、自己重力収縮などの成長プロセスについて詳細に考察し、巨大ブラックホール周囲の雪線の外側(数パーセク)に、地球質量の10倍程度の「惑星」(ブラネットと名付けた)が形成されることを理論的に示し、論文が米国天文学会誌(Wada, Tsukamoto, Kokubo 2019)に掲載された。また、プレスリリースを国立天文台と鹿児島大学で共同で行い、新聞他多数のネットサイトやニュートン3月号といった雑誌メディアでも紹介された。情報収集、共同研究のため、シャルマース工科大学オンサラ天文台(スウェーデン)を訪れた。 また、愛媛大学、神戸大学、マックス・プランク研究所(MPE)において、本研究内容の談話会を行った。

  • 巨大ブラックホール周りの構造の起源と進化

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 巨大ブラックホール周りの構造の起源と進化

    研究課題/領域番号:16H03959  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    和田 桂一

      詳細を見る

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

    銀河中心の巨大ブラックホールからなる活動銀河中心核(AGN)について理論的研究と多波長観測との比較をおこなった。特に多次元の 輻射磁気流体計算 と 多波長擬似観測 を組み合わせ、1)トーラスやそれぞの起源と相互関係、 2) 構造を決める物理とパラメータ 、 3) 質量降着過程や、埋もれたAGNの起源などについて、特に近傍AGNの観測結果をよく説明する理論モデル(輻射噴水モデル)の構築に成功した。これらは今後、クェーサーや埋もれたAGNの宇宙論的進化過程や巨大ブラックホールの成長過程の理解、高赤方偏移AGNの観測データの理解に役立つ。

  • 多階層モデルによる超巨大ブラックホールと銀河核ガス円盤の共進化過程の解明

    研究課題/領域番号:16K17670  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)  若手研究(B)

    川勝 望, 和田 桂一, 河野 孝太郎, 泉 拓磨

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    本研究の目的、50パーセクスケールの銀河核ガス円盤からのガス降着と、それにともなう輻射が与える影響を考慮した計算を実装し、“銀河核ガス円盤”とブラックホールを取り巻く“降着円盤”を相互に連結させた「多階層モデル」の構築を行うことである。結果として、近傍銀河の銀河核ガス円盤の物理状態と「多階層モデル」との比較から、降着率の高い銀河の銀河核円盤は幾何学的に厚く、降着率が低いほど幾何学的に薄くなるという理論予想を観測的に検証した。さらに、銀河核ガス円盤の幾何学構造がブラックホール質量、活動銀河核の光度、ガス円盤の密度に強く依存することが分かった。

  • 重力で結合した多体振動子における協同現象と自己組織化

    研究課題/領域番号:15K13536  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    和田 桂一

      詳細を見る

    配分額:1430000円 ( 直接経費:1100000円 、 間接経費:330000円 )

    1次元振動子系として進化を調べる数値計算コードを作成し、位相空間での振る舞いを調べた。また、2次元回転系で、中心力場中での自己重力相互作用する粒子系の進化を調べるための重力多体計算コードを作成し、無衝突粒子回転円盤において、粒子数1000から10000個程度で、非定常渦巻き構造を再現した。その構成要素(粒子)の集団運動の解析から、角運動量-Jacobi積分空間において、非定常渦巻き構造の粒子は円運動から制限される領域から大きく外れずに、非線形振動することがわかった。これは渦巻き構造に起因する重力ポテンシャル自体の摂動が引き起こすレゾナンスによる粒子散乱が構造形成の主因ではないことを示唆する。

▼全件表示

 

社会貢献活動