2021/11/04 更新

写真a

カンベ ユウキ
神戸 悠輝
Yuki Kambe
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士 (薬学) ( 2009年3月   金沢大学 )

研究キーワード

  • ミトコンドリア,PACAP,高次脳機能

  • 神経細胞,アストロサイト

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   講師

    2018年6月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   助教

    2003年4月 - 2018年5月

所属学協会

  • 日本神経精神薬理学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本神経化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本薬学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本薬理学会

    2015年10月 - 現在

  • 米国神経科学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Moriya S, Yamashita A, Masukawa D, Sakaguchi J, Ikoma Y, Sameshima Y, Kambe Y, Yamanaka A, Kuwaki T .  Involvement of A5/A7 noradrenergic neurons and B2 serotonergic neurons in nociceptive processing: a fiber photometry study. .  Neural regeneration research17 ( 4 ) 881 - 886   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.4103/1673-5374.322465

    PubMed

  • Kasamo Y, Kikuchi K, Yamakuchi M, Otsuka S, Takada S, Kambe Y, Ito T, Kawahara KI, Arita K, Yoshimoto K, Maruyama I .  1,5-Anhydro-D-fructose Protects against Rotenone-Induced Neuronal Damage In Vitro through Mitochondrial Biogenesis. .  International journal of molecular sciences22 ( 18 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3390/ijms22189941

    PubMed

  • Kambe Y, Yamauchi Y, Thanh Nguyen T, Thi Nguyen T, Ago Y, Shintani N, Hashimoto H, Yoshitake S, Yoshitake T, Kehr J, Kawamura N, Katsuura G, Kurihara T, Miyata A .  The pivotal role of pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide for lactate production and secretion in astrocytes during fear memory. .  Pharmacological reports : PR   2021年4月

     詳細を見る

  • Sadamura Y, Thapa S, Mizunuma R, Kambe Y, Hirasawa A, Nakamoto K, Tokuyama S, Yoshimoto K, Arita K, Miyata A, Oyoshi T, Kurihara T .  FFAR1/GPR40 Contributes to the Regulation of Striatal Monoamine Releases and Facilitation of Cocaine-Induced Locomotor Activity in Mice. .  Frontiers in pharmacology12   699026   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.3389/fphar.2021.699026

    PubMed

  • Ohnou, T., Yokai, M., Kurihara, T., Hasegawa-Moriyama, M., Shimizu, T., Inoue, K., Kambe, Y., Kanmura, Y. and Miyata, A .  Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor signaling evokes long-lasting nociceptive behaviors through the activation of spinal astrocytes in mice. .  Journal of pharmacological sciences.   2016年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kambe, Y. and Miyata, A. .  Mitochondrial c-Fos May Increase the Vulnerability of Neuro2a Cells to Cellular Stressors. .  J. Mol. Neurosci.   2016年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kambe, Y., and Miyata, A .  Potential involvement of the mitochondrial unfolded protein response in depressive-like symptoms in mice. .  Neuroscience letters   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Bohara, Y. Kambe, T. Nagayama, H. Tokimura, K. Arita, and A. Miyata .  C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier .  J Cereb Blood Flow Metab   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Miura, Y. Kambe, K. Inoue, H. Tatsukawa, T. Kurihara, M. Griffin, S. Kojima, and A. Miyata .  Pituitary adenylate cyclase-activating polypeptide type 1 receptor (PAC1) gene is suppressed by transglutaminase 2 activation .  J Biol Chem   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kambe, Y.Miyata, A. .  Role of Mitochondrial Activation in PACAP Dependent Neurite Outgrowth .  J Mol Neurosci   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumori, R., Takarada, T., Kambe, Y., Nakazato, R., Fujikawa, K., and Yoneda, Y. .  Possible involvement of mitochondrial uncoupling protein-2 in cytotoxicity mediated by acquired N-methyl-d-aspartate receptor channels. .  Neurochemistry international   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A. Miura, N. Odahara, A. Tominaga, K. Inoue, Y. Kambe, T. Kurihara, and A. Miyata .  Regulatory mechanism of PAC1 gene expression via Sp1 by nerve growth factor in PC12 cells .  FEBS Lett   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • R. Takenouchi, K. Inoue, Y. Kambe, and A. Miyata .  N-arachidonoyl glycine induces macrophage apoptosis via GPR18 .  Biochem Biophys Res Commun   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Kambe, N. Nakamichi, T. Takarada, R. Fukumori, R. Nakazato, E. Hinoi and Y. Yoneda, .  A possible pivotal role of mitochondrial free calcium in neurotoxicity mediated by N-methyl-d-aspartate receptors in cultured rat hippocampal neurons .  Neurochemistry international59 ( 1 ) 10 - 20   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamichi, N., Fukumori, R., Takarada, T., Kambe, Y., Yamamoto, T., Matsushima, N., Moriguchi, N., and Yoneda, Y. .  Preferential inhibition by antidiarrheic 2-methoxy-4-methylphenol of Ca(2+) influx across acquired N-methyl-D-aspartate receptor channels composed of NR1/NR2B subunit assembly. .  J Neurosci Res   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumori, R., Takarada, T., Nakamichi, N., Kambe, Y., Kawagoe, H., Nakazato, R., and Yoneda, Y. .  Requirement of both NR3A and NR3B subunits for dominant negative properties on Ca2+ mobilization mediated by acquired N-methyl-D-aspartate receptor channels into mitochondria. .  Neurochem Int   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumori, R., Nakamichi, N., Takarada, T., Kambe, Y., Matsushima, N., Moriguchi, N., and Yoneda, Y. .  Inhibition by 2-Methoxy-4-ethylphenol of Ca(2+) Influx Through Acquired and Native N-Methyl-D-aspartate-Receptor Channels. .  J Pharmacol Sci   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Kambe, N. Nakamichi, T. Takarada, R. Fukumori, and Y. Yoneda .  Induced tolerance to glutamate neurotoxicity through down-regulation of NR2 subunits of N-methyl-D-aspartate receptors in cultured rat striatal neurons. .  J Neurosci Res   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Gu, B., Nakamichi, N., Zhang, W.S., Nakamura, Y., Kambe, Y., Fukumori, R., Takuma, K., Yamada, K., Takarada, T., Taniura, H., Yoneda, Y. .  Possible protection by notoginsenoside R1 against glutamate neurotoxicity mediated by N-methyl-D-aspartate receptors composed of an NR1/NR2B subunit assembly. .  J Neurosci Res   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Georgiev, D.D., Taniura, H., Kambe, Y., Takarada, T., and Yoneda, Y. .  A critical importance of polyamine site in NMDA receptors for neurite outgrowth and fasciculation at early stages of P19 neuronal differentiation. .  Exp Cell Res   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Kambe, N. Nakamichi, D.D. Georgiev, N. Nakamura, H. Taniura, and Y. Yoneda .  Insensitivity to glutamate neurotoxicity mediated by NMDA receptors in association with delayed mitochondrial membrane potential disruption in cultured rat cortical neurons. .  J Neurochem105 ( 5 ) 1886 - 1900   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsushima, N., Nakamichi, N., Kambe, Y., Takano, K., Moriguchi, N., and Yoneda, Y. .  Cytoprotective properties of phenolic antidiarrheic ingredients in cultured astrocytes and neurons of rat brains. .  Eur J Pharmacol   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Taniura, H., Iijima, S., Kambe, Y., Georgiev, D., and Yoneda, Y. .  Tex261 modulates the excitotoxic cell death induced by N-methyl-D-aspartate (NMDA) receptor activation. .      2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takarada, T., Hinoi, E., Kambe, Y., Sahara, K., Kurokawa, S., Takahata, Y., and Yoneda, Y. .  Osteoblast protects osteoclast devoid of sodium-dependent vitamin C transporters from oxidative cytotoxicity of ascorbic acid. .  Eur J Pharmacol   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirai, T., Taniura, H., Goto, Y., Tamaki, K., Oikawa, H., Kambe, Y., Ogura, M., Ohno, Y., Takarada, T., and Yoneda, Y .  Counteraction by repetitive daily exposure to static magnetism against sustained blockade of N-methyl-D-aspartate receptor channels in cultured rat hippocampal neurons. .  J Neurosci Res   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ogura, M., Nakamichi, N., Takano, K., Oikawa, H., Kambe, Y., Ohno, Y., Taniura, H., and Yoneda, Y. .  Functional expression of A glutamine transporter responsive to down-regulation by lipopolysaccharide through reduced promoter activity in cultured rat neocortical astrocytes. .  J Neurosci Res   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oikawa, H., Nakamichi, N., Kambe, Y., Ogura, M., and Yoneda, Y. .  An increase in intracellular free calcium ions by nicotinic acetylcholine receptors in a single cultured rat cortical astrocyte. .  J Neurosci Res   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • N. Nakamichi*, Y. Kambe*, H. Oikawa, M. Ogura, K. Takano, K. Tamaki, M. Inoue, E. Hinoi, and Y. Yoneda* equally contributed .  Protection by exogenous pyruvate through a mechanism related to monocarboxylate transporters against cell death induced by hydrogen peroxide in cultured rat cortical neurons. .  J Neurochem93 ( 1 ) 84 - 93   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 【PACAPシグナル研究の新潮流〜中枢・末梢組織での新しい生理・病態的意義〜】PACAPシグナリングによって駆動されるアストロサイト ニューロン乳酸シャトルの中枢神経機能発現への寄与

    神戸 悠輝, 栗原 崇, 宮田 篤郎

    日本薬理学雑誌   151 ( 6 )   239 - 243   2018年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    アストロサイト-ニューロン乳酸シャトル(ANLS)は、アストロサイトを含むグリア細胞が産生した乳酸をニューロンが利用することを仮定したモデルである。ANLSは近年、学習・記憶、薬物依存などに重要な役割を果たし、細胞レベルにおいても、ニューロンを直接活性化したり、シナプス促通を惹起したりすることが報告されている。しかしながら、どのようなシグナルがアストロサイトに作用し、ANLSを活性化するか明らかではなかった。一方、神経ペプチド、下垂体アデニル酸シクラーゼ活性化ポリペプチド(PACAP)とその受容体は、中枢神経系に広く分布する。我々は前脳由来培養アストロサイトにおいて、PACAPは非常に低い濃度からANLSを活性化する可能性を見出したことから、内因性のANLS活性化因子の候補としてPACAPを捉え、恐怖記憶、脊髄痛覚伝達に対する関与を検討した。その結果、PACAPは少なくとも前脳と脊髄のアストロサイトのPACAP/PAC1シグナルの下流においてPKCを介したANLSの活性化を惹起し、恐怖記憶および脊髄痛覚伝達に関与することが明らかとなった。以上の結果から、PACAPは内因性のANLS活性化因子である可能性が示された。(著者抄録)

  • キーワード解説 大うつ病性障害におけるミトコンドリア機能障害とサーチュイン1の関与

    神戸 悠輝, 宮田 篤郎

    日本薬理学雑誌   150 ( 4 )   204 - 206   2017年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

  • Potential Involvement of Mitochondrial Dysfunction in Major Depressive Disorder: Recent Evidence. 査読

    Y. Kambe and A. Miyata

    Arch Depress Anxiety   1 ( 1 )   019 - 028   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Crosstalk between brain-derived neurotrophic factor and n-methyl-d-aspartate receptor signaling in neurons 査読

    Georgiev, D.D., Taniura, H., Kambe, Y., and Yoneda, Y.

    Biomed Rev   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A mechanism for modulation of N-methyl-D-aspartate receptor channels by free ferrous ions in cultured rat cortical neurons 査読

    Nakamichi, N., Oikawa, H., Kambe, Y., Ohno, Y., and Yoneda, Y.

    Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Relevant modulation by ferrous ions of N-methyl-D-aspartate receptors in ischemic brain injuries. 査読

    Nakamichi, N., Oikawa, H., Kambe, Y., and Yoneda, Y

    Curr Neurovasc Res   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 橋口 浩平, 神戸 悠輝, 杉村 光隆, 栗原 崇, 宮田 篤郎 .  次世代の若手研究者が切り開く薬学研究の発展と医療への貢献 PACAPは視床下部室傍核において末梢神経障害性疼痛に伴う不安様行動発現に寄与する .  日本薬学会年会要旨集  2021年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 宮田 篤郎, 中島 優, 栗原 崇, 神戸 悠輝 .  恐怖記憶の獲得と想起にはPACAPを介したアストロサイト-ニューロン乳酸シャトルが関与する .  日本内分泌学会雑誌  2019年4月  (一社)日本内分泌学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神戸 悠輝, Nguyen Thanh Trung, 宮田 篤郎 .  マウスのうつ様行動におけるミトコンドリア変性タンパク質ストレスレスポンスの関与 .  日本薬学会年会要旨集  2018年3月  (公社)日本薬学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

受賞

  • 日本薬理学会年会優秀発表賞

    2016年3月   日本薬理学会  

    神戸悠輝, 用皆正文, 前田辰則, 高﨑一朗, 宮田篤郎, 栗原 崇

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • うつ病におけるミトコンドリア変性タンパク質ストレスレスポンスの関与の解明

    2017年4月 - 2021年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ローヤルゼリーによるうつ病予防~健全なミトコンドリアの維持によって~

    2016年10月 - 2018年9月

    民間財団等  山田養蜂場 みつばち研究助成基金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • メタボリックシンドローム関連炎症に対する焼酎由来成分の抗炎症効果

    2016年4月 - 2017年3月

    民間財団等  公益財団法人サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • うつ病におけるミトコンドリア障害の病理学的な関与

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    うつ病におけるミトコンドリア障害の病理学的な関与

  • 虚血性神経細胞死における神経特異的ミトコンドリアの病態生理学的意義の解明

    2010年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    虚血性神経細胞死における神経特異的ミトコンドリアの病態生理学的意義の解明