2021/08/11 更新

写真a

マエダ シンゴ
前田 真吾
Shingo Maeda
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 骨関節医学講座 特任准教授
職名
特任准教授

学位

  • 博士(医学) ( 2001年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • TGF-beta

  • BMP

  • 軟骨細胞

  • 骨芽細胞

  • 骨芽細胞分化

  • 軟骨細胞分化

  • TGF-β

  • osteoblast differentiation

  • BMP

研究分野

  • ライフサイエンス / 整形外科学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

学歴

  • 鹿児島大学

    - 2001年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 長崎大学

    - 1994年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 骨関節医学講座   特任准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科   骨関節医学   特任准教授

    2020年 - 現在

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科   医療関節材料開発講座   特任准教授

    2009年4月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 寄附講座 医療関節材料開発(京セラメディカル)   特任准教授

    2009年4月 - 2020年3月

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科   医療関節材料開発講座   特任准教授

    2009年 - 2020年

  • 財団法人癌研究会癌研究所   生化学部   研究員

    2002年4月 - 2009年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学医科学研究所   ゲノム情報応用診断   研究生

    2000年5月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学医学部附属病院   整形外科   職員(医療系)

    1999年7月 - 2000年4月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 群馬大学生体調節研究所   遺伝情報分野   研究生

    1998年1月 - 1999年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • ユタ大学人類遺伝学研究所   スタッフ(研究留学)

    1997年4月 - 1997年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学医学部附属病院   整形外科   職員(医療系)

    1995年7月 - 1997年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 医療法人社団誠療会成尾整形外科病院   職員(医療系)

    1995年1月 - 1995年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学医学部附属病院   整形外科   職員(医療系)

    1994年5月 - 1994年12月

      詳細を見る

    国名:日本国

▼全件表示

所属学協会

  • 日本骨代謝学会

  • 日本軟骨代謝学会

  • 日本整形外科学会

  • Orthopaedic Research Society

委員歴

  • 日本軟骨代謝学会   評議員  

留学歴

  • 1997年4月 - 1997年12月   ユタ大学人類遺伝学研究所(Institute of Human Genetics (Jean-Marc Lalouel Lab.), University of Utah, U.S.A.)   スタッフ

 

論文

  • Jokoji G, Maeda S, Oishi K, Ijuin T, Nakajima M, Tawaratsumida H, Kawamura I, Tominaga H, Taketomi E, Ikegawa S, Taniguchi N .  CDC5L promotes early chondrocyte differentiation and proliferation by modulating pre-mRNA splicing of SOX9, COL2A1, and WEE1. .  The Journal of biological chemistry   100994   2021年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.1016/j.jbc.2021.100994

    PubMed

  • Yahiro Y, Maeda S, Morikawa M, Koinuma D, Jokoji G, Ijuin T, Komiya S, Kageyama R, Miyazono K, Taniguchi N .  BMP-induced Atoh8 attenuates osteoclastogenesis by suppressing Runx2 transcriptional activity and reducing the Rankl/Opg expression ratio in osteoblasts. .  Bone research8 ( 1 ) 32 - 32   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Bone Research  

    DOI: 10.1038/s41413-020-00106-0

    Scopus

    PubMed

  • Bureta C, Setoguchi T, Saitoh Y, Tominaga H, Maeda S, Nagano S, Komiya S, Yamamoto T, Taniguchi N .  TGF-β Promotes the Proliferation of Microglia In Vitro. .  Brain sciences10 ( 1 )   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Brain Sciences  

    DOI: 10.3390/brainsci10010020

    Scopus

    PubMed

  • Tokumoto H, Setoguchi T, Saitoh Y, Sasaki H, Nagano S, Maeda S, Tanimoto A, Taniguchi N .  Neurotensin receptor 1 is a new therapeutic target for human undifferentiated pleomorphic sarcoma growth. .  Molecular carcinogenesis58 ( 12 ) 2230 - 2240   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Carcinogenesis  

    DOI: 10.1002/mc.23111

    Scopus

    PubMed

  • Morikawa M, Mitani Y, Holmborn K, Kato T, Koinuma D, Maruyama J, Vasilaki E, Sawada H, Kobayashi M, Ozawa T, Morishita Y, Bessho Y, Maeda S, Ledin J, Aburatani H, Kageyama R, Maruyama K, Heldin CH, Miyazono K .  The ALK-1/SMAD/ATOH8 axis attenuates hypoxic responses and protects against the development of pulmonary arterial hypertension. .  Science signaling12 ( 607 )   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Science Signaling  

    DOI: 10.1126/scisignal.aay4430

    Scopus

    PubMed

  • Nakashima T, Nagano S, Setoguchi T, Sasaki H, Saitoh Y, Maeda S, Komiya S, Taniguchi N .  Tranilast enhances the effect of anticancer agents in osteosarcoma. .  Oncology reports42 ( 1 ) 176 - 188   2019年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2019.7150

    Scopus

    PubMed

  • Bureta C, Saitoh Y, Tokumoto H, Sasaki H, Maeda S, Nagano S, Komiya S, Taniguchi N, Setoguchi T .  Synergistic effect of arsenic trioxide, vismodegib and temozolomide on glioblastoma. .  Oncology reports41 ( 6 ) 3404 - 3412   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2019.7100

    Scopus

    PubMed

  • Saitoh Y, Bureta C, Sasaki H, Nagano S, Maeda S, Furukawa T, Taniguchi N, Setoguchi T .  The histone deacetylase inhibitor LBH589 inhibits undifferentiated pleomorphic sarcoma growth via downregulation of FOS-like antigen 1. .  Molecular carcinogenesis58 ( 2 ) 234 - 246   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Carcinogenesis  

    DOI: 10.1002/mc.22922

    Scopus

    PubMed

  • Yahiro Y, Maeda S, Shinohara N, Jokoji G, Sakuma D, Setoguchi T, Ishidou Y, Nagano S, Komiya S, Taniguchi N. .  PEG10 counteracts signaling pathways of TGF-β and BMP to regulate growth, motility and invasion of SW1353 chondrosarcoma cells .  J Bone Miner Metab37 ( 3 ) 441 - 454   2018年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Bone and Mineral Metabolism  

    DOI: 10.1007/s00774-018-0946-8

    Scopus

    PubMed

  • Ishidou Y, Matsuyama K, Sakuma D, Setoguchi T, Nagano S, Kawamura I, Maeda S, Komiya S .  Osteoarthritis of the hip joint in elderly patients is most commonly atrophic, with low parameters of acetabular dysplasia and possible involvement of osteoporosis. .  Archives of osteoporosis12 ( 1 ) 30 - 30   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Archives of Osteoporosis  

    DOI: 10.1007/s11657-017-0325-4

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Shinohara N, Maeda S, Yahiro Y, Sakuma D, Matsuyama K, Imamura K, Kawamura I, Setoguchi T, Ishidou Y, Nagano S, Komiya S. .  TGF-β signalling and PEG10 are mutually exclusive and inhibitory in chondrosarcoma cells .  Scientific Reports7 ( 1 ) 13494 - 13494   2017年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Nature Publishing Group  

    Histological distinction between enchondroma and chondrosarcoma is difficult because of a lack of definitive biomarkers. Here, we found highly active transforming growth factor-β (TGF-β) and bone morphogenetic protein (BMP) signalling in human chondrosarcomas compared with enchondromas by immunohistochemistry of phosphorylated SMAD3 and SMAD1/5. In contrast, the chondrogenic master regulator SOX9 was dramatically down-regulated in grade 1 chondrosarcoma. Paternally expressed gene 10 (PEG10) was identified by microarray analysis as a gene overexpressed in chondrosarcoma SW1353 and Hs 819.T cells compared with C28/I2 normal chondrocytes, while TGF-β1 treatment, mimicking higher grade tumour conditions, suppressed PEG10 expression. Enchondroma samples exhibited stronger expression of PEG10 compared with chondrosarcomas, suggesting a negative association of PEG10 with malignant cartilage tumours. In chondrosarcoma cell lines, application of the TGF-β signalling inhibitor, SB431542, increased the protein level of PEG10. Reporter assays revealed that PEG10 repressed TGF-β and BMP signalling, which are both SMAD pathways, whereas PEG10 knockdown increased the level of phosphorylated SMAD3 and SMAD1/5/9. Our results indicate that mutually exclusive expression of PEG10 and phosphorylated SMADs in combination with differentially expressed SOX9 is an index to distinguish between enchondroma and chondrosarcoma, while PEG10 and TGF-β signalling are mutually inhibitory in chondrosarcoma cells.

    DOI: 10.1038/s41598-017-13994-w

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Takahashi K, Setoguchi T, Tsuru A, Saitoh Y, Nagano S, Ishidou Y, Maeda S, Furukawa T, Komiya S .  Inhibition of casein kinase 2 prevents growth of human osteosarcoma. .  Oncology reports37 ( 2 ) 1141 - 1147   2017年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2016.5310

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

  • Yoshinobu Saitoh, Takao Setoguchi, Masahito Nagata, Arisa Tsuru, Shunsuke Nakamura, Satoshi Nagano, Yasuhiro Ishidou, Hiroko Nagao-Kitamoto, Masahiro Yokouchi, Shingo Maeda, Akihide Tanimoto, Tatsuhiko Furukawa, Setsuro Komiya .  Combination of Hedgehog inhibitors and standard anticancer agents synergistically prevent osteosarcoma growth .  International Journal of Oncology48 ( 1 ) 235 - 242   2016年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3892/ijo.2015.3236.

  • Tsuru A, Setoguchi T, Matsunoshita Y, Nagao-Kitamoto H, Nagano S, Yokouchi M, Maeda S, Ishidou Y, Yamamoto T, Komiya S .  Hairy/enhancer-of-split related with YRPW motif protein 1 promotes osteosarcoma metastasis via matrix metallopeptidase 9 expression. .  Br J Cancer112   1232 - 1240   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao-Kitamoto H, Nagata M, Nagano S, Kitamoto S, Ishidou Y, Yamamoto T, Nakamura S, Tsuru A, Abematsu M, Fujimoto Y, Yokouchi M, Kitajima S, Yoshioka T, Maeda S, Yonezawa S, Komiya S, Setoguchi T. .  GLI2 is a novel therapeutic target for metastasis of osteosarcoma .  Int J Cancer136 ( 6 ) 1276 - 1284   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao-Kitamoto H, Setoguchi T, Kitamoto S, Nakamura S, Tsuru A, Nagata M, Nagano S, Ishidou Y, Yokouchi M, Kitajima S, Yoshioka T, Maeda S, Yonezawa S, Komiya S .  Ribosomal protein S3 regulates GLI2-mediated osteosarcoma invasion .  Cancer Lett356   855 - 861   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajima M, Takahashi A, Tsuji T, 省略, Maeda S (34 人中12 番目), 省略, Ikegawa S. .  A genome-wide association study identifies susceptibility loci for ossification of the posterior longitudinalligament of the spine. .  Nature Genetics46   1012 - 1016   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Imamura K, Maeda S (corresponding), Kawamura I, Matsuyama K, Shinohara N, Yahiro Y, Nagano S, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. .  Human Immunodeficiency Virus Type I Enhancer Binding Protein 3 is Essential for the Expression of Asparagine-linked Glycosylation 2 in the Regulation of Osteoblast and Chondrocyte Differentiation. .  J Biol Chem289 ( 14 ) 9865 - 9879   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kakoi H, Maeda S (equally first, corresponding), Shinohara N, Matsuyama K, Imamura K, Kawamura I, Nagano S, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. .  BMP signaling upregulates neutral sphingomyelinase 2 to suppress chondrocyte maturation via the Akt signaling pathway as a negative feedback mechanism. .  J Biol Chem289 ( 12 ) 8135 - 8150   2014年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawamura I, Maeda S (corresponding author), Imamura K, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. .  SnoN Suppresses Maturation of Chondrocytes by Mediating Signal Cross-talk between Transforming Growth Factor-β and Bone Morphogenetic Protein Pathways. .  J Biol Chem287 ( 34 ) 29101 - 29113   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagao H, Setoguchi T, Kitamoto S, Ishidou Y, Nagano S, Yokouchi M, Abematsu M, Kawabata N, Maeda S, Yonezawa S, Komiya S. .  RBPJ is a novel target for rhabdomyosarcoma therapy. .  PLoS One7 ( 7 ) e39268   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanabe F, Yone K, Kawabata N, Sakakima H, Matsuda F, Ishidou Y, Maeda S, Abematsu M, Komiya S, Setoguchi T. .  Accumulation of p62 in degenerated spinal cord under chronic mechanical compression: functional analysis of p62 and autophagy in hypoxic neuronal cells. .  Autophagy7 ( 12 ) 1462 - 1471   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawabata N, Ijiri K, Ishidou Y, Yamamoto T, Nagao H, Nagano S, Maeda S, Komiya S, Setoguchi T. .  Pharmacological inhibition of the Hedgehog pathway prevents human rhabdomyosarcoma cell growth. .  Int J Oncol39 ( 4 ) 899 - 906   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuzawa H, Koinuma D, Maeda S, Yamamoto K, Miyazawa K, Imamura T. .  Arkadia represses the expression of myoblast differentiation markers through degradation of Ski and the Ski-bound Smad complex in C2C12 myoblasts. .  Bone44   53 - 60   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tominaga H, Maeda S (Corresponding author), Miyoshi H, Miyazono K, Komiya S, Imamura T. .  Expression of Osterix inhibits bone morphogenetic protein-induced chondrogenic differentiation of mesenchymal progenitor cells. .  J Bone Miner Metab27   36 - 45   2009年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi M, Maeda S (Corresponding author), Aburatani H, Kitamura K, Miyoshi H, Miyazono K, Imamura T. .  Pitx2 prevents osteoblastic transdifferentiation of myoblasts by bone morphogenetic proteins. .  J Biol Chem283   565 - 571   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tominaga H, Maeda S (Corresponding author), Hayashi M, Takeda S, Akira S, Komiya S, Nakamura T, Akiyama H, Imamura T. .  CCAAT/enhancer-binding Protein β Promotes Osteoblast Differentiation by Enhancing Runx2 activity with ATF4. .  Mol Biol Cell19   5373 - 5386   2008年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shirakawa K†, Maeda S†(†: equal contribution), Gotoh T, Hayashi M, Shinomiya K, Ehata S, Nishimura R, Mori M, Onozaki K, Hayashi H, Uematsu S, Akira S, Ogata E, Miyazono K, Imamura T. .  CCAAT/enhancer-binding protein homologous protein (CHOP) regulates osteoblast differentiation. .  Mol Cell Biol26   6105 - 6116   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda S, Hayashi M, Komiya S, Imamura T, Miyazono K. .  Endogenous TGF-β signaling suppresses maturation of osteoblastic mesenchymal cells. .  EMBO J23   552 - 563   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda S, Nobukuni T, Shimo-Onoda K, Hayashi K, Yone K, Komiya S, Inoue I. .  Sortilin is upregulated during osteoblastic differentiation of mesenchymal stem cells and promotes extracellular matrix mineralization. .  J Cell Physiol193 ( 1 ) 73 - 79   2002年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Furushima K, Shimo-Onoda K, Maeda S, Nobukuni T, Ikari K, Koga H, Komiya S, Nakajima T, Harata S, Inoue I. .  Large-scale screening for candidate genes of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. .  J Bone Miner Res17 ( 1 ) 128 - 137   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Havelka S, Vesela M, Pavelkova A, Ruzickova S, Koga H, Maeda S, Inoue I, Halman L. .  Are DISH and OPLL genetically related? .  Ann Rheum Dis60 ( 9 ) 902 - 903   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda S, Ishidou Y, Koga H, Taketomi E, Ikari K, Komiya S, Takeda J, Sakou T, Inoue I. .  Functional impact of human collagen alpha2(XI) gene polymorphism in pathogenesis of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. .  J Bone Miner Res16 ( 5 ) 948 - 957   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ikari K, Onda H, Furushima K, Maeda S, Harata S, Takeda J. .  Establishment of an optimized set of 406 microsatellite markers covering the whole genome for the Japanese population. .  J Hum Genet46 ( 4 ) 207 - 210   2001年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda S, Ishidou Y, Koga H, Taketomi E, Ikari K, Komiya S, Takeda J, Sakou T, Inoue I. .  Functional impact of human collagen alpha 2(XI) gene polymorphism in pathogenesis of ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine .  Journal of Bone and Mineral Research16   948 - 957   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

    DOI: 10.1359/jbmr.2001.16.5.948

  • Maeda S, Koga H, Matsunaga S, Numasawa T, Ikari K, Furushima K, Harata S, Takeda J, Sakou T, Komiya S, Inoue I. .  Gender-specific haplotype association of collagen alpha2 (XI) gene in ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. .  J Hum Genet46 ( 1 ) 1 - 4   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田真吾, 古賀公明, 井ノ上逸朗, 酒匂崇. .  後縦靭帯骨化症候補遺伝子COL11A2の多型によるmRNA発現の差. .  臨床整形外科35   559 - 564   2000年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田真吾 .  脊椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の原因候補遺伝子ヒトXI型コラーゲンα2鎖(COL11A2)の1塩基多型(SNP)がもたらす機能変化. .  鹿児島大学医学部医師会報20   135 - 137   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Numasawa T, Koga H, Ueyama K, Maeda S, Sakou T, Harata S, Leppert M, Inoue I. .  Human retinoic X receptor beta: complete genomic sequence and mutation search for ossification of posterior longitudinal ligament of the spine. .  J Bone Miner Res14 ( 4 ) 500 - 508   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田真吾, 古賀公明, 井ノ上逸朗, 酒匂崇. .  後縦靭帯骨化症候補遺伝子COL11A2の多型によるmRNA発現の差. .  日本脊椎外科学会雑誌10   146   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi K, Ishidou Y, Yonemori K, Nagamine T, Origuchi N, Maeda S, Imamura T, Kato M, Yoshida H, Sampath TK, ten Dijke P, Sakou T. .  Expression and localization of bone morphogenetic proteins (BMPs) and BMP receptors in ossification of the ligamentum flavum. .  Bone21 ( 1 ) 23 - 30   1997年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsunaga S, Sakou T, Sunahara N, Oonishi T, Maeda S, Nakanisi K. .  Biomechanical analysis of buckling alignment of the cervical spine. Predictive value for subaxial subluxation after occipitocervical fusion. .  Spine (Phila Pa 1976)22 ( 7 ) 765 - 771   1997年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 和田正一, 酒匂崇, 米和徳, 吉野伸司, 宮内裕史, 石堂康弘, 長嶺智徳, 前田真吾. .  実験的脊髄損傷後の遅発性神経細胞死に対する興奮性アミノ酸の作用. .  日本パラプレジア医学会雑誌10   64 - 65   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ijiri K, Matsunaga S, Fukuyama K, Maeda S, Sakou T, Kitano M, Senba I. .  The effect of pulsing electromagnetic field on bone ingrowth into a porous coated implant. .  Anticancer Res16 ( 5A ) 2853 - 2856   1996年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yonemori K, Matsunaga S, Ishidou Y, Maeda S, Yoshida H. .  Early effects of electrical stimulation on osteogenesis. .  Bone19 ( 2 ) 173 - 180   1996年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 米和徳, 酒匂崇, 川内義久, 中川雅裕, 西村謙一, 前田真吾. .  経皮的椎間板摘出術における適応の再評価. .  日本脊椎外科学会雑誌7   25   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Smad Transcriptional Co-activators and Co-repressors.

    Kohei Miyazono, Shingo Maeda, Takeshi Imamura( 担当: 共著)

    PROTEINS AND CELL REGULATION VOLUME 5, Smad Signal Transduction: Smads in Proliferation, Differentiation and Disease.P. ten Dijke and C.-H. Heldin (eds.)・Springer  2006年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 先端医療シリーズ8・整形外科 診断と治療の最先端 (編集 杉岡洋一, 編集顧問 越智隆弘・石井清一, 編集 岩本幸英・黒澤尚・中村利考・松野丈夫)

    井ノ上逸朗, 前田真吾, 猪狩勝則( 担当: 共著)

    後縦靭帯骨化症遺伝要因の解明, 先端医療技術研究所発行  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 整形トピックス 新規骨形成蛋白BMPシグナル標的遺伝子Atoh8による骨芽細胞分化・骨形成制御

    八尋 雄平, 前田 真吾, 小宮 節郎

    整形外科   69 ( 2 )   134 - 134   2018年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)南江堂  

  • Functional Analysis of a Candidate of Causal Gene for Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament of the Spine, CDC5L.

    Shingo Maeda, Masahiro Nakajima, Ichiro Kawamura, Yuhei Yahiro, Hiroyuki Tominaga, Yasuhiro Ishidou, Eiji Taketomi, Shiro Ikegawa, Setsuro Komiya

    JOURNAL OF BONE AND MINERAL RESEARCH   32   S285 - S285   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:WILEY  

    Web of Science

  • An impact of CCN2-BMP-2 complex upon chondrocyte biology: evoking a signalling pathway bypasses ERK and Smads- 査読

    Shingo Maeda

    J Biochem   150 ( 3 )   219 - 221   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • BMP receptor signaling: transcriptional targets, regulation of signals, and signaling cross-talk. 査読

    Miyazono K, Maeda S, Imamura T.

    Cytokine Growth Factor Rev   16   251 - 263   2005年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Coordinate regulation of cell growth and differentiation by TGF-β superfamily and Runx proteins. 査読

    Miyazono K, Maeda S, Imamura T.

    Oncogene   23   4232 - 4237   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 骨形成と骨吸収の分子メカニズム-TGF-β/BMPシグナルを中心に- 査読

    前田真吾、小宮節郎

    先端医療シリーズ22・整形外科 整形外科の最新医療(編集主幹 平澤泰介・井上一・高岡邦夫、編集委員 小宮節郎・久保俊一・戸山芳昭・中村利孝・中村孝志・安田和則), 先端医療技術研究所発行   31 - 37   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ソルチリン

    前田真吾

    整形外科   54 ( 9 )   1224   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TGF-βシグナルとその制御-分子標的治療を目指して-

    今村健志, 前田真吾, 宮園浩平

    現代医療   35 ( 12 )   58 - 64   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • TGF-β/BMPシグナルと骨芽細胞分化

    前田真吾、今村健志、宮園浩平

    実験医学増刊   20   101(2517) - 112(2528)   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 脊椎靭帯における分子生物学. 査読

    松永俊二, 前田真吾, 古賀公明, 井ノ上逸朗, 小宮節郎, 酒匂崇.

    関節外科   21   232 - 235   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 脊椎後縦靭帯骨化症(OPLL)の遺伝解析・機能解析. 査読

    前田真吾, 古賀公明, 小宮節郎.

    骨・関節・靭帯   14   1039 - 1041   2001年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 後縦靭帯骨化の病因論-最近の進歩. 査読

    古賀公明, 米和徳, 前田真吾, 松永俊二, 酒匂崇, 井ノ上逸朗.

    脊椎脊髄ジャーナル   12   461 - 469   1999年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 前田真吾 .  BMP-誘導因子による軟骨・骨代謝制御 .  第2回JCRベーシックリサーチカンファレンス  一般社団法人日本リウマチ学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 1,2Yahiro, Y; +1Maeda, S; 1,2Shinohara, N; 1,2Matsuyama, K; 2Kawamura, I; 2Setoguchi, T; 1,2Nagano, S; 2Yokouchi, M; 1Ishidou, Y; 1,2Komiya, S .  Myc Target 1 (MYCT1) Gene is a Novel Target of TGF-β Signaling to Promote Differentiation of Chondrosarcoma Cells .  Orthopedic Research Society 2015 Annual Meeting  Orthopedic Research Society 2015 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国、ラスベガス市  

    国際学会

  • 1,2Shinohara, N; +1Maeda, S; 1,2Matsuyama, K; 1,2Yahiro, Y; 2Imamura, K; 2Kawamura, I; 2Setoguchi, T; 1,2Nagano, S; 2Yokouchi, M; 1Ishidou, Y; 1,2Komiya, S .  Bone Morphogenetic Protein (BMP) Signaling Induces the Imprinted Paternally Expressed Gene 10 (PEG10) to Regulate Expression of Matrix Metalloproteinase (MMP)-1 and -13 in Chondrosarcoma Cells .  Orthopedic Research Society 2015 Annual Meeting  Orthopedic Research Society 2015 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国、ラスベガス市  

    国際学会

  • Naohiro Shinohara1,2, Shingo Maeda1, Katsuyuki Imamura2, Kanehiro Matsuyama1,2, Masahiro Yokouchi2, Satoshi Nagano2, Takao Setoguchi3, Yasuhiro Ishidou1, Setsuro Komiya1,2,3 .  BMP-induced PEG10 is highly expressed in chondrosarcoma cells to suppress BMP signaling-mediated expression of matrix metalloproteinase (MMP)-1/13 and cell invasion .  第28回日本軟骨代謝学会  第28回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Shingo Maeda, Naohiro Shinohara, Masahiro Yokouchi, Satoshi Nagano, Yasuhiro Ishidou, Setsuro Komiya .  BMP-induced PEG10 regulates level of metalloproteinases and invasion of chondrosarcoma cells .  Joint International Symposium on TGF-β Family and Cancer: Signal Network in Tumor Microenvironment  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Tsukuba, Japan  

  • Shingo Maeda, Naohiro Shinohara, Masahiro Yokouchi, Satoshi Nagano, Yasuhiro Ishidou, Setsuro Komiya .  BMP-induced PEG10 regulates level of metalloproteinases and invasion of chondrosarcoma cells .  Joint International Symposium on TGF-b Family and Cancer  Joint International Symposium on TGF-b Family and Cancer国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語  

    開催地:つくば市  

    国際学会

  • 篠原直弘1,2、前田真吾1、今村勝行1,2、松山金寛1,2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1 ,2 .  軟骨肉腫細胞株で高発現するインプリンティング遺伝子PEG10はTGF-βファミリー・シグナルとMMP発現を制御する .  第37回日本分子生物学会年会  第37回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 栫 博則1,2、前田 真吾1、篠原 直弘1,2、松山 金寛1,2、今村 勝行1,2、河村 一郎2、横内 雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  Runx2依存的に軟骨細胞成熟時に誘導されるnSMase2はAkt経路とHas2発現の制御を介して軟骨細胞成熟を抑制する .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  第29回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 今村 勝行1,2、前田 真吾1、河村 一郎2、松山 金寛1 ,2、篠原 直弘1 ,2、八尋 雄平1 ,2、石堂 康弘1、小宮 節郎1 ,2 .  Alg2はRunx2の機能を抑制して骨形成を抑制し、軟骨においてはCreb3l2発現と分化を抑制する .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  第29回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 篠原直弘1,2、前田真吾1、今村勝行1,2、松山金寛1,2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1 ,2 .  哺乳類特異的遺伝子PEG10はTGF-βファミリー・シグナルを制御し軟骨細胞と軟骨肉腫細胞の分化度に影響する .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  第29回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 前田真吾1, 河村一郎1,2, 今村勝行1,2, 栫博則1,2, 松山金寛1,2, 篠原直弘1,2, 横内雅博2, 石堂康弘1, 小宮節郎1,2 .  軟骨細胞の分化成熟を制御する分子機構の同定と解析 .  第29回日本整形外科学会基礎学術集会  第29回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • Naohiro Shinohara, Shingo Maeda, Masahiro Yokouchi, Takao Setoguchi, Satoshi Nagano, Setsuro Komiya .  An imprinting gene, paternally expressed gene 10, is overexpressed in chondrosarcoma cells to regulate TGF-β family signaling and status of the chondrogenic differentiation .  第73回日本癌学会  第73回日本癌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 篠原直弘1,2, 前田真吾1, 今村勝行1,2, 松山金寛1,2,横内雅博2, 石堂康弘1, 小宮節郎1 ,2 .  TGF-βファミリー・シグナルの軟骨細胞と軟骨肉腫細胞への影響における父性インプリンティング遺伝子PEG10の役割 .  第15回運動器科学研究会  第15回運動器科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 篠原直弘1,2、前田真吾1、今村勝行1,2、松山金寛1,2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1 ,2 .  父性インプリンティング遺伝子PEG10のTGF-βファミリー・シグナル調節と軟骨細胞・軟骨肉腫細胞の分化度に対する役割 .  第32回日本骨代謝学会  第32回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 今村勝行1,2、前田真吾1、河村一郎2、松山金寛1,2、篠原直弘1,2、八尋雄平1,2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  Alg2はHivep3の骨形成と軟骨形成のuncoupling機能を担う下流因子である .  第32回日本骨代謝学会  第32回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 栫 博則1,2、前田 真吾1、篠原 直弘1,2、松山 金寛1,2、今村 勝行1,2、河村 一郎2、横内 雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  BMPシグナルによりRunx2依存的に誘導されるnSMase2はセラミドを介してAkt経路と軟骨細胞成熟を抑制する .  第32回日本骨代謝学会  第32回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • Shingo Maeda .  TGF-β Family Signaling Regulates Expression of Paternally Expressed 10 in Chondrogenesis .  TGF-β Meeting 2014:‘TGF-β signal transduction in human disease’  TGF-β Meeting 2014:‘TGF-β signal transduction in human disease’国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:オランダ、ライデン市  

    国際学会

  • 前田 真吾1、栫 博則1,2、篠原 直弘1,2、松山 兼寛1,2、今村 勝行1,2、河村 一郎2、横内 雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  BMPシグナルにより誘導されるSmpd3はセラミド-Akt経路を介して軟骨細胞分化成熟を抑制する .  第27回日本軟骨代謝学会  第27回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 篠原直弘1,2、前田真吾1、今村勝行1,2、松山金寛1,2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1 ,2 .  インプリンティング遺伝子Peg10の軟骨細胞分化における役割 .  第27回日本軟骨代謝学会  第27回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 今村勝行1,2、前田真吾1、篠原直弘1,2、松山金寛1,2、河村一郎2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1 ,2 .  Human immunodeficiency virus type Ⅰ enhancer binding protein 3 (Hivep3)の下流として同定したAsparagine-linked glycosylation 2 (Alg2)は骨芽細胞と軟骨細胞の分化を調節する .  第27回日本軟骨代謝学会  第27回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 前田真吾1、栫博則2、松山金寛1, 2、河村一郎2、今村勝行1, 2、篠原直弘1, 2、永野聡2、瀬戸口啓夫3、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1, 2 .  BMP-2シグナルはneutral sphingomyelinase 2の誘導によるAktシグナル経路の抑制を介して軟骨細胞分化成熟を制御する .  第36回日本分子生物学会年会  第36回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • 篠原直弘1, 2、前田真吾1、今村勝行1, 2、松山金寛1, 2、河村一郎2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1, 2 .  インプリンティング遺伝子Peg10はBMP-2誘導の骨・軟骨細胞分化を促進する .  第36回日本分子生物学会年会  第36回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • Shingo Maeda, Hironori Kakoi, Kanehiro Matsuyama, Ichiro Kawamura, Katsuyuki Imamura, Naohiro Shinohara, Satoshi Nagano, Takao Setoguchi, Masahiro Yokouchi, Yasuhiro Ishidou, and Setsuro Komiya .  BMP-2-induced nSMase2 suppresses chondrocyte maturation .  The 3rd International Symposium by JSPS Core-to-Core Program “Cooperative International Framework in TGF-β Family Signaling”  The 3rd International Symposium by JSPS Core-to-Core Program “Cooperative International Framework in TGF-β Family Signaling”国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

    開催地:松山市  

    国際学会

  • Shingo Maeda1, Hironori Kakoi2, Kanehiro Matsuyama1,2, Katsuyuki Imamura1,2, Ichiro Kawamura2, Naohiro Shinohara1,2, Masahiro Yokouchi2, Yasuhiro Ishidou1, Setsuro Komiya1,2 .  Neutral Sphingomyelinase 2 Is Increased During BMP-induced Differentiation of ATDC5 Chondrocytes to Suppress the Maturation as a Negative Feedback Mechanism .  The American Society for Bone and Mineral Research 2013  The American Society for Bone and Mineral Research 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Baltimore, USA  

    国際学会

  • 栫博則1,2、前田真吾1、松山兼寛1,2、今村勝行1,2、河村一郎2、篠原直弘1,2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  Smpd3/nSMase2はセラミドを介したAktシグナル経路阻害によりATDC5軟骨細胞分化とヒアルロン酸合成酵素Has2の発現を抑制する .  第28回日本整形外科学会基礎学術集会  第28回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉市  

    国内学会

  • 今村勝行1, 2、前田真吾1、河村一郎2、石堂康弘1、横内雅博2、小宮節郎1, 2 .  Schnurriファミリーによる骨芽細胞分化調節の多様性 .  第28回日本整形外科学会基礎学術集会  第28回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉市  

    国内学会

  • 篠原直弘1, 2、前田真吾1、今村勝行1, 2、松山金寛1, 2、河村一郎2、横内雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1, 2 .  インプリンティング遺伝子Peg10の骨芽細胞と軟骨細胞の分化への関与 .  第28回日本整形外科学会基礎学術集会  第28回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉市  

    国内学会

  • Katsuyuki Imamura, Shingo Maeda, Ishidou Yasuhiro, Masahiro Yokouchi, Setsuro Komiya .  The roles of Schnurri family in differentiation of osteoblasts and chondrocytes .  Australian and New Zealand Bone and Mineral Society 23rd ANNUAL SCIENTIFIC MEETING  Australian and New Zealand Bone and Mineral Society 23rd ANNUAL SCIENTIFIC MEETING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Melbourne, Australia  

    国際学会

  • 前田真吾 .  BMP シグナルがRunx2依存的に誘導するSmpd3/nSMase2は、セラミド・シグナルによるAkt 経路の抑制によって軟骨細胞分化とHas2発現を抑制する .  第14回運動器科学研究会  第14回運動器科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Shingo Maeda1, Hironori Kakoi1,2, Kanehiro Matsuyama1,2, Ichiro Kawamura1,2, Katsuyuki Imamura1,2, Naohiro Shinohara1,2, Masahiro Yokouchi2, Yasuhiro Ishidou1, and Setsuro Komiya1,2 .  BMP signaling induces sphingomyelin phosphodiesterase 3 to suppress chondrocyte maturation and expression of hyaluronan synthase 2 in ATDC5 chondrocytes .  TGF-β meeting in Uppsala  TGF-β meeting in Uppsala国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Uppsala, Sweden  

    国際学会

  • Hironori Kakoi1,2, Shingo Maeda1, Ichiro Kawamura2, Katsuyuki Imamura1,2, Naohiro Shinohara1,2, Masahiro Yokouchi2, Yasuhiro Ishidou1, Setsuro Komiya1,2 .  4. Smpd3/nSMase2 suppresses Akt signaling pathway to inhibit chondrogenic differentiation and expression of Has2 in ATDC5 cells .  国際骨代謝学会・日本骨代謝学会 第2回合同国際会議  国際骨代謝学会・日本骨代謝学会 第2回合同国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸市  

    国内学会

  • Imamura K1,2, Maeda S1, Kawamura I1,2, Ishidou Y1, Yokouchi M2 and Komiya S1,2 .  Alg2 is induced by Schnurri-3 to inhibit transcriptional activity of Runx2 and osteoblast differentiation .  ESCEO-IOF13  ESCEO-IOF13国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

    開催地:ローマ、イタリア  

    国際学会

  • 栫 博則1,2、前田 真吾1、篠原 直弘1,2、松山 兼寛1,2、今村 勝行1,2、河村 一郎2、横内 雅博2、石堂康弘1、小宮節郎1,2 .  Smpd3はATDC5軟骨細胞分化とHas2発現を抑制する .  第26回 日本軟骨代謝学会  第26回 日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府 豊中市  

    国内学会

  • 今村 勝行1,2、前田 真吾1、河村 一郎2、石堂 康弘1、横内 雅博2、小宮 節郎1 ,2 .  骨軟骨細胞分化におけるSchnurri familyの役割 .  第26回 日本軟骨代謝学会  第26回 日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府 豊中市  

    国内学会

  • Imamura, Katsuyuki1, 2; Maeda, Shingo1; Kawamura, Ichiro1, 2; Yokouchi, Masahiro2; Ishidou, Yasuhiro1; Komiya, Setsuro1, 2 .  Asparagine-linked glycosylation 2 homolog, identified as a downstream target of Schnurri-3, cell-autonomously regulates differentiation of osteoblasts and chondrocytes. .  2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society  2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:San Antonio, Texas, USA  

    国際学会

  • 1,2Kawamura, I; +1Maeda, S; 1,2Imamura, K; 2Yokouchi, M; 1Ishidou, Y; 1,2Komiya, S .  TGF-β signaling is highly active to induce SnoN in ectopically hypertrophying chondrocytes in degenerating osteoarthritis cartilage. - Evaluating SnoN as a molecular target for regulating progression of chondrocyte maturation - .  2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society  2013 Annual Meeting of Orthopaedic Research Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年1月

    記述言語:英語  

    開催地:San Antonio, Texas, USA  

    国際学会

  • Katsuyuki Imamura1,2 , Shingo Maeda1, Ichiro Kawamura1,2, Masahiro Yokouchi2, Yasuhiro Ishidou1, Setsuro Komiya1,2 .  Alg2, identified as a downstream mediator of Schnurri-3, regulates differentiation of osteoblasts and chondrocytes negatively and positively, respectively. .  第35回 日本分子生物学会  第35回 日本分子生物学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • Shingo Maeda1, Ichiro Kawamura1,2, Katsuyuki Imamura1,2, Masahiro Yokouchi2, Yasuhiro Ishidou1, Setsuro Komiya1,2 .  SnoN mediates a signal crosstalk between TGF-β and BMP pathways in chondrocytes to prevent hypertrophic maturation .  The 2nd International Symposium by JSPS Core-to-Core Program “Cooperative International Framework in TGF-β Family Signaling”  The 2nd International Symposium by JSPS Core-to-Core Program “Cooperative International Framework in TGF-β Family Signaling”国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:東京都  

    国際学会

  • 前田 真吾1) 今村 勝行1)2) 栫博則1)2) 河村 一郎1)2)横内 雅博2) 石堂 康弘1) 小宮 節郎1)2) .  シンポジウム7 骨形成研究最前線 骨芽細胞分化と骨形成の分子制御の最新知見 1 .  第27回 日本整形外科学会基礎学術集会  第27回 日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

  • 前田真吾 .  Smpd3/nSMase2のATDC5軟骨細胞分化における役割 .  第13回 運動器科学研究会  第13回 運動器科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    研究会

  • Kakoi H, Maeda S, Kawamura I, Imamura K, Yokouchi M, Ishidou Y, and Komiya S .  Sphingomyelin phosphodiesterase 3 negatively regulates expression of chondrogenic marker genes and hyaluronan synthase 2 in ATDC5 chondrocytes. .  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Perth, Western Australia, Australia  

    国際学会

  • Imamura K, Maeda S, Kawamura I, Ishidou Y, Yokouchi M, and Komiya S .  Alg2, identified as a downstream mediator of Schnurri-3, inhibits function of Runx2 and osteoblast differentiation .  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Perth, Western Australia, Australia  

    国際学会

  • Ichiro Kawamura, Shingo Maeda, Katsuyuki Imamura, Masahiro Yokouchi, Yasuhiro Ishidou, and Setsuro Komiya .  SnoN mediates a crosstalk between TGF-β and BMP signaling to suppress hypertrophic maturation of chondrocytes .  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting  1st Asia-Pacific Bone and Mineral Research Meeting with the ANZBMS 22nd Annual Scientific Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Perth, Western Australia, Australia  

    国際学会

  • 今村 勝行, 前田 真吾, 河村 一郎, 横内 雅博, 石堂 康弘, 小宮 節郎 .  Schnurri-3の下流因子として同定したAlg2はRunx2機能を阻害し骨芽細胞分化を抑制する .  第30回日本骨代謝学会  第30回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 前田真吾 .  BMP-2添加により誘導されるSphingomyelin phosphodiesterase 3はATDC5軟骨細胞分化とHyaluronan synthase 2の発現を抑制する .  第19回BMP研究会  第19回BMP研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    研究会

  • 河村 一郎, 前田 真吾, 今村 勝行, 横内 雅博, 石堂 康弘, 小宮 節郎 .  軟骨細胞肥大分化成熟期におけるTGF-βシグナルとBMPシグナルのクロストーク .  第30回日本骨代謝学会  第30回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • Kawamura I, Maeda S, Imamura K, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S .  Endogenous TGF-β-induced SnoN prevents BMP signaling and subsequent hypertrophic differentiation of chondrocytes .  The 22nd Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium  The 22nd Japanese-Korean Combined Orthopaedic Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:英語  

    開催地:栃木県  

    国際学会

  • Katsuyuki Imamura, Ichiro Kawamura, Yasuhiro Ishidou, Masahiro Yokouchi, Shingo Maeda, Setsuro Komiya .  Mannosyltransferase Alg2, identified as a downstream mediator of Schnurri-3, is involved in differentiation of osteoblast and chondrocyte. .  第25回日本軟骨代謝学会  第25回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Ichiro Kawamura, Yasuhiro Ishidou, Katsuyuki Imamura, Masahiro Yokouchi, Shingo Maeda, Setsuro Komiya .  SnoN, a target of TGF-β signaling, inhibits BMP-induced hypertrophic conversion of chondrocytes. .  第25回日本軟骨代謝学会  第25回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • Kawamura, I; Ishidou, Y; Imamura, K; Yokouchi, M; Komiya, S; Maeda, S. .  SnoN mediates a signal crosstalk between TGF-β and BMP in maturating chondrocytes. .  第34回日本分子生物学会年会  第34回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Katsuyuki Imamura, Yasuhiro Ishidou, Ichiro Kawamura, Masahiro Yokouchi, Setsuro Komiya, Shingo Maeda. .  Mannosyltransferase Alg2 regulates differentiation of osteoblasts and chondrocytes. .  第34回日本分子生物学会年会  第34回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 今村勝行, 石堂康弘, 河村一郎, 横内雅博, 小宮節郎, 前田真吾 .  骨芽細胞分化を抑制するSchnurri-3は軟骨細胞分化を促進する .  第26回日本整形外科学会基礎学術集会  第26回日本整形外科学会基礎学術集会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:群馬  

    国際学会

  • 河村 一郎 石堂 康弘 今村 勝行 横内 雅博 小宮 節郎 前田 真吾 .  軟骨細胞肥大分化過程におけるSnoNの機能解析と変形性関節症との関連 .  第26回日本整形外科学会基礎学術集会  第26回日本整形外科学会基礎学術集会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:群馬  

    国際学会

  • Ichiro Kawamura, Yasuhiro Ishidou, Katsuyuki Imamura, Masahiro Yokouchi, Setsuro Komiya, Shingo Maeda .  TGF-β-induced SnoN prevents BMP signaling and hypertrophic conversion of chondrocytes. .  ASBMR(American Society for Bone and Mineral Research)2011  ASBMR(American Society for Bone and Mineral Research)2011国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Katsuyuki Imamura, Yasuhiro Ishidou, Ichiro Kawamura, Masahiro Yokouchi, Setsuro Komiya, Shingo Maeda. .  Mannosyltransferase Alg2 is a downstream regulator of Schnurri-3 in osteoblast differentiation. .  ASBMR(American Society for Bone and Mineral Research)2011  ASBMR(American Society for Bone and Mineral Research)2011国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 前田 真吾、今村 勝行、石堂 康弘、河村 一郎、横内 雅博、小宮 節郎 .  骨芽細胞と軟骨細胞の分化における Schnurri-3 の役割 .  第12回運動器科学研究会  第12回運動器科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:高知  

    研究会

  • 河村 一郎、石堂 康弘、今村 勝行、横内 雅博、小宮 節郎、前田 真吾 .  軟骨細胞分化成熟におけるSnoNの発現と機能 .  第29回日本骨代謝学会  第29回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 今村 勝行、石堂 康弘、河村 一郎、横内 雅博、小宮 節郎、前田 真吾 .  Schnurri-3の下流因子として同定した糖転移酵素Alg2は骨芽細胞分化を抑制する .  第29回日本骨代謝学会  第29回日本骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 今村 勝行、石堂 康弘、河村 一郎、山元 拓哉、善明 美千久、井尻 幸成、小宮 節郎、前田 真吾 .  骨芽細胞分化と軟骨細胞分化におけるSchnurri-3の役割 .  第24回日本軟骨代謝学会  第24回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 河村 一郎、石堂 康弘、今村 勝行、瀬戸口 啓夫、山元 拓哉、善明 美千久、井尻 幸成、小宮 節郎、前田 真吾 .  Oncogene SnoNの軟骨細胞成熟肥大過程における機能解析と変形性関節症との関連 .  第24回日本軟骨代謝学会  第24回日本軟骨代謝学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Kawamura, I, Ishidou, Y, Setoguchi, T, Yamamoto, T, Zenmyo, M, Ijiri, K, Komiya, S, Maeda, S. .  Screening of Molecular Effectors Responsible for the Suppression of Col10a1 Gene Expression by TGF-beta Signaling in Chondrocytes. .  2011 Orthopaedic Research Society Annual Meeting  2011 Orthopaedic Research Society Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Maeda, S, Kawamura, I, Ishidou, Y, Setoguchi, T, Yamamoto, T, Zenmyo, M, Ijiri, K, Komiya, S. .  Chondrocyte Differentiation is Suppressed by Knock-down of Schnurri-3 Gene In Vitro. .  2011 Orthopaedic Research Society Annual Meeting  2011 Orthopaedic Research Society Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 前田真吾 .  SnoNはBMP誘導軟骨分化成熟を抑制する. .  第33回日本分子生物学会年会(BMB2010)  第33回日本分子生物学会年会(BMB2010)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 河村一郎、石堂康弘、山元拓哉、瀬戸口啓夫、善明美千久、小宮節郎、前田真吾 .  TGF-βシグナル阻害剤SB431542は前駆軟骨細胞株ATDC5のBMP誘導軟骨分化を促進する .  第25回日本整形外科学会基礎学術集会  第25回日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Shingo Maeda .  BMP-2 regulates osteoclast differentiation through Jmjd1a-dependent activation of Hesr1 and Hesr3 .  6th Meeting of Bone Biology Forum  6th Meeting of Bone Biology Forum

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    研究会

  • 前田真吾、小久保博樹、油谷浩幸、小宮節郎、宮園浩平 .  Hesr1とHesr3は相補的に骨芽細胞分化・骨量を制御する .  BMB2007 (第30回 日本分子生物学会・第80回 日本生化学会大会 合同大会)  BMB2007 (第30回 日本分子生物学会・第80回 日本生化学会大会 合同大会)

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 前田真吾、小久保博樹、小宮節郎、宮園浩平、今村健志 .  Hey1とHeyLは相補的に骨芽細胞分化を制御する .  第22回 日本整形外科学会基礎学術集会  第22回 日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 前田真吾、林真琴、小宮節郎、今村健志、宮園浩平 .  内因性TGF-βシグナルは間葉系前駆細胞の骨芽細胞分化成熟を抑制する .  第78回 日本整形外科学会学術総会  第78回 日本整形外科学会学術総会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 前田真吾、小宮節郎、今村健志、宮園浩平 .  骨芽細胞分化におけるBMPシグナルとTGF-βシグナルのクロストークと腫瘍性骨形成抑制の可能性 .  第19回 日本整形外科学会基礎学術集会  第19回 日本整形外科学会基礎学術集会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Maeda S., Kokubo H., Aburatani H., Nomura S., Komiya S., Miyazono K., Imamura T. .  Endogenous Hesr/Hey Genes Redundantly Support Osteoblast Differentiation. .  29th Annual Meeting of the American Socienty for Bone and Mineral Research  29th Annual Meeting of the American Socienty for Bone and Mineral Research国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Maeda S., Hanyu A., Miyazono K., Imamura T. .  Identification of Novel Target Genes of Runx2 in Bone Metastasis of Breast Cancer Cells. .  The 11th Japan-Korea Cancer Research Workshop  The 11th Japan-Korea Cancer Research Workshop国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Maeda S., Hayashi M., Shirakawa K., Komiya S., Imamura T., Miyazono K. .  Inhibition of Endogenous TGF-β Signaling Accelerates Maturation of Osteoblast Differentiation from Mesenchymal Progenitors. .  The 26th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research  The 26th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 前田真吾 .  前田真吾:Hesr1とHesr3は骨芽細胞のOsteoprotegerin発現促進を介して骨吸収を制御し骨量を維持する .  第26回 日本骨代謝学会学術集会  第26回 日本骨代謝学会学術集会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 篠原 直弘, 前田 真吾, 永野 聡, 瀬戸口 啓夫, 石堂 康弘, 小宮 節郎 .  TGF-betaにより活性化されるSMADとPEG10は互いに抑制しあい二層性の役割を持つ .  日本癌学会総会記事  2017年9月  (一社)日本癌学会

  • 篠原 直弘, 前田 真吾, 八尋 雄平, 河村 一郎, 永野 聡, 石堂 康弘, 小宮 節郎 .  PEG10とTGF-βシグナルの軟骨肉腫表現型における役割 .  日本整形外科学会雑誌  2017年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 八尋 雄平, 前田 真吾, 森川 真大, 鯉沼 代造, 佐久間 大輔, 篠原 直弘, 松山 金寛, 河村 一郎, 石堂 康弘, 影山 龍一郎, 宮園 浩平, 小宮 節郎 .  BMP誘導因子Atoh8の欠損は骨量を減少させる .  日本整形外科学会雑誌  2017年8月  (公社)日本整形外科学会

  • 八尋 雄平, 前田 真吾, 森川 真大, 鯉沼 代造, 篠原 直弘, 河村 一郎, 佐久間 大輔, 石堂 康弘, 影山 龍一郎, 宮園 浩平, 小宮 節郎 .  BMPシグナル標的遺伝子Atoh8欠損マウスの骨量は減少する .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2017年7月  (一社)日本骨代謝学会

  • 八尋 雄平, 前田 真吾, 森川 真大, 鯉沼 代造, 篠原 直弘, 河村 一郎, 佐久間 大輔, 城光寺 豪, 影山 龍一郎, 宮園 浩平, 小宮 節郎 .  BMPシグナル標的遺伝子Atoh8はマウス成獣の骨量を増加させる .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2018年7月  (一社)日本骨代謝学会

  • 立花 直寛, 千々松 良太, 谷口 優樹, 尾市 健, 加藤 壯, 松林 嘉孝, 大島 寧, 矢野 文子, 前田 真吾, 田中 栄, 齋藤 琢 .  頸椎後縦靱帯骨化症の発症における疾患感受性遺伝子RSPO2の役割 .  日本整形外科学会雑誌  2020年9月  (公社)日本整形外科学会

  • 篠原 直弘, 前田 真吾, 八尋 雄平, 佐久間 大輔, 石堂 康弘, 永野 聡, 小宮 節郎 .  軟骨肉腫におけるTGF-βシグナルとPEG10の発現と役割 .  日本整形外科学会雑誌  2017年8月  (公社)日本整形外科学会

  • 前田 真吾, 城光寺 豪, 伊集院 俊郎, 河村 一郎, 今村 勝行, 栫 博則, 篠原 直弘, 八尋 雄平, 谷口 昇 .  軟骨代謝研究の最前線 BMPシグナルと骨軟骨代謝 .  日本整形外科学会雑誌  2020年9月  (公社)日本整形外科学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊椎後縦靱帯骨化症原因候補遺伝子CDC5Lは骨芽細胞分化を抑制し、初期軟骨細胞分化を促進する .  日本整形外科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊椎後縦靱帯骨化症原因候補遺伝子CDC5Lは骨芽細胞分化を抑制し、初期軟骨細胞分化を促進する .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2020年10月  (一社)日本骨代謝学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊椎後縦靱帯骨化症原因候補遺伝子CDC5Lは初期軟骨細胞分化を促進する .  日本整形外科学会雑誌  2020年9月  (公社)日本整形外科学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 冨永 博之, 八尋 雄平, 河村 一郎, 中島 正宏, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊椎後縦靱帯骨化症原因候補遺伝子CDC5Lの機能解析 .  日本骨代謝学会学術集会プログラム抄録集  2019年9月  (一社)日本骨代謝学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊椎後縦靱帯骨化症原因候補遺伝子CDC5Lの機能解析 .  日本整形外科学会雑誌  2019年9月  (公社)日本整形外科学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊柱後縦靱帯骨化症関連遺伝子CDC5Lは骨芽細胞分化を抑制する .  日本整形外科学会雑誌  2019年3月  (公社)日本整形外科学会

  • 城光寺 豪, 前田 真吾, 中島 正宏, 河村 一郎, 八尋 雄平, 冨永 博之, 武冨 榮二, 池川 志郎, 谷口 昇 .  脊柱後縦靱帯骨化症(OPLL)組織にはosteochondral bipotentialな細胞が存在し、GWASによる原因候補遺伝子を発現する .  日本整形外科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本整形外科学会

▼全件表示

受賞

  • 奨励賞

    日本整形外科学会  

  • 学会賞

    日本軟骨代謝学会  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 肩腱板enthesis再生のためのSox9/Scx標的遺伝子検索と機能解析

    研究課題/領域番号:20K09482  2020年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    前田 真吾, 谷口 昇

      詳細を見る

    配分額:4290000円 ( 直接経費:3300000円 、 間接経費:990000円 )

  • β-catenin類似分子CTNNBL1の骨芽細胞分化選別機能の解析

    研究課題/領域番号:18K09111  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    河村 一郎, 前田 真吾, 永野 聡, 瀬戸口 啓夫

      詳細を見る

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

    Catenin-beta-like 1(CTNNBL1)は細胞周期関連因子CDC5Lとの複合体形成が指摘されており、我々も免疫沈降実験にて両者の結合を確認した。CTNNBL1が、β-cateninの様にWNTシグナルと関与するのか、WNT/β-catenin経路ルシフェラーゼアッセイ(TOP/FOP flash)で確認すると、Ctnnbl1は有意にその活性を増強した。ST-2骨髄間質細胞において、Cdc5lはWnt3aによる骨芽細胞分化を抑制し、Ctnnbl1はこれをキャンセルしたが、BMP刺激の時と逆になり、解釈できていないが、おそらくWNT存在下におけるCtnnbl1の機能はCdc5lを介し、増殖、分化を相互調整している可能性が示唆された。しかしST-2細胞でCtnnbl1単独ノックダウンしたところ、骨芽細胞分化は軽度促進されたが、劇的ではなかった。一方軟骨細胞分化系においては、Ctnnbl1ノックダウンにより、ATDC5細胞におけるCol2a1発現は促進、Col10a1は抑制されたことから、Ctnnbl1は早期分化には抑制的、後期分化には促進的に機能する可能性が示唆され、軟骨分化の早期においてCtnnbl1とCdc5lはWntシグナルを介し、相互的に関与している可能性が示唆された。しかし、やはりWnt3a添加時の表現型が微弱な事から、そのWntへの役割は限定的であると判断し、CDC5Lの機能解析をまず先に進める事にした。C3H10T1/2細胞においては、Cdc5l siRNAによって腱・靭帯細胞分化マスター転写因子であるScleraxis (Scx)と、その下流のTenomodulinの発現が増えた事から、総合すると、Cdc5lは間葉系幹細胞(MSC)の分化選別スイッチとして、軟骨細胞を選別する役割が示唆された。

  • 後縦靭帯骨化症関連遺伝子CDC5Lの機能~新たな骨芽細胞コミットメント機構解明

    研究課題/領域番号:17K10933  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    冨永 博之, 前田 真吾, 河村 一郎, 小宮 節郎

      詳細を見る

    配分額:4550000円 ( 直接経費:3500000円 、 間接経費:1050000円 )

    脊椎後縦靭帯骨化症(OPLL)患者のゲノムワイド関連解析で得られた疾患感受性領域の候補遺伝子群から、CDC5L (cell division cycle 5-like)遺伝子に着目した。OPLL病理組織の免疫組織化学染色による検討のほか、マウス細胞分化系を用いて骨・軟骨細胞分化への影響を評価した。CDC5Lは骨化部に隣接した部位の細胞と、間質細胞や血管細胞に発現を認めた。Cdc5lをノックダウンすると初期軟骨分化が抑制され、骨芽細胞分化は亢進した。CDC5LはOPLL骨化過程においてその最初の靭帯軟骨変性、または間質細胞や血管細胞の軟骨細胞分化に重要な役割を果たす可能性が示唆された。

  • 内軟骨性骨化における後縦靭帯骨化症関連遺伝子STK38Lの役割と標的分子の解析

    研究課題/領域番号:16K10910  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    栫 博則, 前田 真吾, 河村 一郎, 小宮 節郎, 冨永 博之, 松山 金寛, 篠原 直弘, 八尋 雄平

      詳細を見る

    配分額:4680000円 ( 直接経費:3600000円 、 間接経費:1080000円 )

    Stk38lのノックダウンを行なった結果、骨芽細胞分化commitは抑制されたが、軟骨細胞分化は促進した。ATDC5軟骨細胞の分化誘導によってSTK38L発現は増加した。後縦靭帯骨化症(OPLL)臨床サンプルにおけるSTK38Lの発現は、免疫組織化学染色の結果、軟骨様変性靭帯に発現を認めたが、正常靭帯部に発現を認めなかった。STK38Lノックダウンすると、cell growthは抑制された。軟骨細胞が分化成熟して骨化へ移行するためには、細胞分裂を止めて肥大軟骨になる必要があるが、STK38Lはここを阻害する事でOPLL形成に負に働いている可能性が示唆された。

  • 脊柱靭帯骨化症発症に重要な内軟骨性骨化変化の責任機能遺伝子同定と機能解析

    研究課題/領域番号:15K10410  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    河村 一郎, 前田 真吾, 小宮 節郎

      詳細を見る

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

    マウスの後縦靭帯と他部位の靭帯からのmRNA採取を行い、遺伝子発現比較することにしたが、マウスの後縦靭帯は小さく、ごく微量のmRNAしか採れない為に解析は困難であった。そこで、GWAS疾患感受性ゲノム領域から候補遺伝子を選んでOPLL組織における発現を、免疫組織化学染色で検討を開始した。候補遺伝子のうち、STK38L、CDC5L, CCDC91、PLCB1、RSPO2について、OPLL臨床組織サンプル に対して免疫組織化学染色を行なった。その結果、いずれの蛋白もOPLL変性靭帯細胞に強い発現を認めた。

  • 骨髄脂肪化原因候補遺伝子Atoh8の骨芽細胞・脂肪細胞分化選別における機能解析

    研究課題/領域番号:15K10486  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    前田 真吾, 河村 一郎, 小宮 節郎

      詳細を見る

    配分額:4810000円 ( 直接経費:3700000円 、 間接経費:1110000円 )

    加齢と共に骨髄内の骨芽細胞が減少して骨粗鬆症になるが、その原因候補遺伝子として骨形成蛋白(BMP)シグナル標的遺伝子Atoh8の機能を解析した。Atoh8はin vitroでは骨芽細胞分化を抑制したが、ノックアウト(KO)マウスを用いたin vivo解析では骨形成には異常がなく、しかし破骨細胞増加による骨吸収亢進による骨量減少を呈した。Atoh8が骨髄における骨芽細胞のRankl/Opg発現比率を下げる事で破骨細胞分化を抑制し、骨量減少を防いでいることが明らかとなった。

  • 骨髄脂肪化原因候補遺伝子Atoh8の骨芽細胞・脂肪細胞分化選別における機能解析

    2015年 - 2017年

    日本学術振興会  基盤研究(C) 

    前田 真吾

      詳細を見る

  • Molecular mechanism of osteoblast differentiation.

      詳細を見る

▼全件表示