2021/05/21 更新

写真a

クワキ トモユキ
桑木 共之
KUWAKI Tomoyuki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 1992年11月   東京大学 )

  • 医科学修士 ( 1985年3月   筑波大学 )

  • 理学士 ( 1981年3月   東京大学 )

研究キーワード

  • 生理学

  • 薬理学一般

  • 神経科学一般

  • 生理学一般

  • 環境生理学

研究分野

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 生理学

学歴

  • 筑波大学   生理学

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 筑波大学   医科学研究科

    1983年 - 1985年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京大学   生物化学科

    1976年4月 - 1981年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 東京大学   理学部   生物化学科

    - 1981年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座   教授

    2008年10月 - 現在

  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科   統合分子生理学分野   教授

    2008年10月 - 現在

  • 千葉大学   大学院医学研究院   教授

    2001年4月 - 2008年9月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学大学院医学研究院   分子統合生理学   教授

    2001年4月 - 2008年9月

  • 千葉大学   医学部   講師

    1997年2月 - 2001年3月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 千葉大学医学部   第2生理学講座   講師

    1997年 - 2001年

  • 東京大学   医学部   助手

    1988年7月 - 1997年2月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 東京大学医学部   生理学講座   助手

    1988年 - 1997年

  • 藤沢薬品工業(株)   東京研究所、人事部、中央研究所   研究員

    1981年4月 - 1988年6月

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 藤沢薬品工業(株)   東京研究所、中央研究所   研究員

    1981年 - 1988年

▼全件表示

所属学協会

  • 日本生理学会

    1988年1月 - 現在

  • 米国生理学会(American Physiological Society)

    1999年4月 - 現在

  • 日本神経科学学会

    1988年1月 - 現在

  • 米国神経科学学会(Society for Neuroscience)

    1998年1月 - 現在

  • 国際自律神経学会(International Society for Autonomic Neuroscience)

    1995年1月 - 現在

  • 鹿児島神経科学研究会

    2012年1月 - 現在

  • 九州脳・高血圧・循環制御研究会

    2009年1月 - 現在

  • 呼吸ディスカッションの会

    2009年1月 - 現在

  • 鹿児島大学医学会

    2008年10月 - 現在

  • Neurocardiology Workshop

    2008年1月 - 2012年12月

  • 日本実験動物学会

    2007年1月 - 現在

  • 日本情動学会

    2006年1月 - 現在

  • NPO法人脳の世紀推進会議

    2006年1月 - 現在

  • 日本睡眠学会

    2002年2月 - 現在

  • 高血圧関連疾患モデル学会

    2000年6月 - 現在

  • 日本病態生理学会

    1993年1月 - 現在

  • 日本自律神経学会

    1992年1月 - 現在

  • 日本高血圧学会

    1992年1月 - 現在

  • 自律神経生理研究会

    1988年12月 - 現在

  • 日本薬理学会

    1985年1月 - 現在

  • 高血圧関連疾患モデル学会

  • 米国神経科学会

  • 米国生理学会

  • 米国心臓学会

  • 日本高血圧学会

  • 日本薬理学会

  • 日本自律神経学会

  • 日本神経科学学会

  • 日本睡眠学会

  • 日本病態生理学会

  • 日本生理学会

  • 日本循環器学会

  • 日本実験動物学会

  • 日本内分泌学会

  • 国際行動神経遺伝学会

  • 国際自律神経学会

▼全件表示

委員歴

  • 日本生理学会   理事  

    2018年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島神経科学研究会   代表世話人  

    2016年8月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Frontiers in Pharmacology (Neuropharmacology)   Associate Editor  

    2015年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Scientific Reports   Editorial board member  

    2015年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 鹿児島神経科学研究会   世話人  

    2012年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本高血圧学会   評議員  

    2011年10月 - 2017年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 自律神経生理研究会   幹事、座長  

    2009年12月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本自律神経学会   理事・評議員  

    2009年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 九州脳・高血圧・循環制御研究会   世話人  

    2009年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 呼吸ディスカッションの会   世話人  

    2009年1月 - 2009年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 鹿児島大学医学会   評議員  

    2008年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Neurocardiology Workshop   代表メンバー  

    2008年1月 - 2012年12月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生理学会   研究倫理委員会委員  

    2006年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生理学会   Journal of Physiological Sciences編集委員  

    2006年3月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 高血圧関連疾患モデル学会   評議員  

    2003年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Journal of Physiological Sciences   編集委員  

    2001年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • Journal of Physiological Sciences   Editorial Board  

    2001年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生理学会   循環グループディナー賞・入澤賞(JJP/JPS優秀論文賞)選考委員  

    2000年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本薬理学会   学術評議員  

    1998年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本生理学会   評議員  

    1996年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本病態生理学会   評議員  

    1993年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

▼全件表示

 

論文

  • Kuwaki T., Kanno K. .  Sexual excitation induces courtship ultrasonic vocalizations and cataplexy-like behavior in orexin neuron-ablated male mice .  Communications Biology4 ( 1 ) 165 - 165   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Communications Biology  

    DOI: 10.1038/s42003-021-01696-z

    Scopus

    PubMed

  • Jingyang Su, Zhi Li, Akira Yamashita, Ikue Kusumoto-Yoshida, Takuto Isomichi, Liying Hao, Tomoyuki Kuwaki .  Involvement of the Nucleus Accumbens in Chocolate-induced Cataplexy. .  Scientific Reports10 ( 1 ) 4958   2020年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-61823-4

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://www.nature.com/articles/s41598-020-61823-4

  • Sichong Chen, Nobuaki Takahashi, Changping Chen, Jordan L. Pauli, Chiharu Kuroki, Jun Kaminosono, Hideki Kashiwadani, Yuichi Kanmura, Yasuo Mori, Shaowu Ou, Liying Hao, Tomoyuki Kuwaki .  Transient Receptor Potential Ankyrin 1 mediates hypoxic responses in mice. .  Frontiers in Physiology11   576209   2020年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Physiology  

    DOI: 10.3389/fphys.2020.576209

    Scopus

    PubMed

  • Takahiro Futatsuki, Akira Yamashita, Khairunnisa Novita Ikbar, Akihiro Yamanaka, Kazunori Arita, Yasuyuki Kakihana, Tomoyuki Kuwaki .  Involvement of orexin neurons in fasting- and central adenosine-induced hypothermia. .  Scientific Reports8 ( 1 ) 2717   2018年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-018-21252-w

    Scopus

    PubMed

  • Toru Yonemitsu, Chiharu Kuroki, Nobuaki Takahashi, Yasuo Mori, Yuichi Kanmura, Hideki Kashiwadani, Youichiro Ootsuka, and Tomoyuki Kuwaki .  TRPA1 detects environmental chemicals and induces avoidance behavior and arousal from sleep. .  Scientific Reports3   3100   2013年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/srep03100

    Web of Science

  • N Takahashi, T Kuwaki, S Kiyonaka, T Numata, D Kozai, Y Mizuno, S Yamamoto, S Naito, E Knevels, P Carmeliet, T Oga, S Kaneko, S Suga, T Nokami, J Yoshida, Y Mori .  TRPA1 underlies a sensing mechanism for O2. .  Nature Chemical Biology7 ( 10 ) 707 - 711   2011年9月招待 査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/nchembio.640

    Web of Science

    PubMed

  • Zhang W., Sunanaga J., Takahashi Y., Mori T., Sakurai T., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Orexin neurons are indispensable for stress-induced thermogenesis in mice. .  J. Physiol (Lond)588 ( 21 ) 4067 - 4068   2010年10月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2010.195099

    Web of Science

    PubMed

  • Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Vigilance state-dependent attenuation of hypercapnic chemoreflex and exaggerated sleep apnea in orexin knockout mice. .  J. Appl. Physiol. 102 ( 1 ) 241 - 248   2007年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/japplphysiol.00679.2006

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Y. Kayaba, A. Nakamura, Y. Kasuya, T. Ohuchi, M. Yanagisawa, I. Komuro, Y. Fukuda, T.Kuwaki .  Attenuated defense response and low basal blood pressure in orexin knockout mice. .  Am. J. Physiol Regul Integ Comp Physiol.285 ( 3 ) R581 - R593   2003年9月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00671.2002

    Web of Science

  • Yoko Ikoma, Ikue Kusumoto-Yoshida, Akihiro Yamanaka, Youichirou Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki .  Inactivation of Serotonergic Neurons in the Rostral Medullary Raphé attenuates Stress-induced Tachypnea and Tachycardia in Mice. .  Frontiers in Physiology9 ( JUL ) 832   2018年7月招待 査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Physiology  

    DOI: 10.3389/fphys.2018.00832

    Scopus

    PubMed

  • Keiji Yamaguchi, Takahiro Futatsuki, Jumpei Ushikai, Chiharu Kuroki, Toshiaki Minami, Yasuyuki Kakihana, Tomoyuki Kuwaki .  Intermittent but not sustained hypoxia activates orexin-containing neurons in mice. .  Respiration Physiology and Neurobiology 206   11 - 14   2015年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2014.11.003

    Web of Science

  • Yoshiko Takahashi, Wei Zhang, Kohei Sameshima, Chiharu Kuroki, Ami Matsumoto, Jinko Sunanaga, Yu Kono, Takeshi Sakurai, Yuichi Kanmura, and Tomoyuki Kuwaki .  Orexin neurons are indispensable for prostaglandin E2-induced fever and defence against environmental cooling in mice. .  Journal of Physiology591 ( 22 ) 5623 - 5643   2013年8月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1113/jphysiol.2013.261271

    Web of Science

  • Chiharu Kuroki, Yoshiko Takahashi, Youichirou Ootsuka, Yuichi Kanmura, and Tomoyuki Kuwaki .  The Impact of Hypothermia on Emergence from Isoflurane Anesthesia in Orexin Neuron-Ablated Mice .  Anesthesia and Analgesia116 ( 5 ) 1001 - 1005   2013年5月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1213/ANE.0b013e31828842f0

    Web of Science

  • Zhang W., Zhang N., Sakurai T., Kuwaki T. .  Orexin neurons in the hypothalamus mediate cardiorespiratory responses induced by disinhibition of the amygdala and bed nucleus of the stria terminalis. .  Brain Res.1262   25 - 37   2009年3月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2009.01.022

    Web of Science

    PubMed

  • Sunanaga J., Deng BS., Zhang W., Kanmura Y., Kuwaki T. .  CO2 activates orexin-containing neurons in mice. .  Resp. Physiol. Neurobiol.166 ( 3 ) 184 - 186   2009年3月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2009.03.006

    Web of Science

  • Toyama S., Sakurai T., Tatsumi K., Kuwaki T. .  Attenuated phrenic long-term facilitation in orexin neuron-ablated mice. .  Resp. Physiol. Neurobiol.168 ( 3 ) 295 - 302   2009年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Terada J., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Kuriyama T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Ventilatory long-term facilitation in mice can be observed both during sleep and wake periods and depends on orexin. .  J. Appl. Physiol.104 ( 2 ) 499 - 507   2008年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/japplphysiol.00919.2007

    PubMed

    CiNii Article

  • Deng B.-S., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Contribution of orexin in hypercapnic chemoreflex: Evidence from genetic and pharmacological disruption and supplementation studies in mice. .  J. Appl. Physiol. 103 ( 5 ) 1772 - 1779   2007年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/japplphysiol.00075.2007

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Orexin neuron-mediated skeletal muscle vasodilation and shift of baroreflex during defense response in mice. .  Am. J. Physiol. Regul. Integr. Comp. Physiol. 290 ( 6 ) R1654 - R1663   2006年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/ajpregu.00704.2005

    Web of Science

    PubMed

  • Zhang W., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Respiratory and cardiovascular actions of orexin-A in mice. .  Neurosci. Lett. 385 ( 2 ) 131 - 136   2005年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neulet.2005.05.032

    Web of Science

  • Shunpei Moriya, Akira Yamashita, Daiki Masukawa, Yuki Kambe, Junichi Sakaguchi, Honami Setoyama, Akihiro Yamanaka and Tomoyuki Kuwaki .  Involvement of supralemniscal nucleus (B9) 5-HT neuronal system in nociceptive processing: a fiber photometry study. .  Molecular Brain13 ( 1 ) 14   2020年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecular Brain  

    DOI: 10.1186/s13041-020-0553-1

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://link.springer.com/article/10.1186/s13041-020-00600-w/fulltext.html

  • Shunpei Moriya, Akira Yamashita, Ryusei Nishi, Yoko Ikoma, Akihiro Yamanaka, Tomoyuki Kuwaki .  Acute nociceptive stimuli rapidly induce the activity of serotonin and noradrenalin neurons in the brain stem of awake mice. .  IBRO Reports7   1 - 9   2019年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:IBRO Reports  

    DOI: 10.1016/j.ibror.2019.05.005

    Scopus

    PubMed

  • Shunpei Moriya, Akira Yamashita, Shigetaka Kawashima, Ryusei Nishi, Akihiro Yamanaka, Tomoyuki Kuwaki .  Acute aversive stimuli rapidly increase the activity of ventral tegmental area dopamine neurons in awake mice. .  Neuroscience386   16 - 23   2018年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Neuroscience  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2018.06.027

    Scopus

    PubMed

  • Watanabe S., Kuwaki T., Yanagisawa M., Fukuda Y., Shimoyama M. .  Persistent pain and stress activate pain-inhibitory orexin pathways. .  Neuroreport16   5 - 8   2005年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita M., Kuwaki T., Ando K., Fujita T. .  Sympathoinhibitory action of endogenous adrenomedullin through inhibition of oxidative stress in the brain. .  Hypertension45 ( 6 ) 1165 - 1172   2005年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1161/01.HYP.0000165690.85505.37

    Web of Science

  • Higa Y. .  Orexinergic descending inhibitory pathway mediates linalool odor-induced analgesia in mice .  Scientific Reports11 ( 1 ) 9224   2021年12月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-021-88359-5

    Scopus

    PubMed

  • Kuwaki T. .  Orexin (hypocretin) participates in central autonomic regulation during fight-or-flight response .  Peptides139   170530 - 170530   2021年5月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Peptides  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170530

    Scopus

    PubMed

  • Kashiwadani H, Higa Y, Sugimura M, Kuwaki T .  Linalool odor-induced analgesia is triggered by TRPA1-independent pathway in mice. .  Behavioral and brain functions : BBF17 ( 1 ) 3 - 3   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12993-021-00176-y

    PubMed

  • 桑木 共之 .  ストレスに対する呼吸応答のメカニズム タバコ煙等の気体ストレスに対する呼吸応答 .  自律神経57 ( 1 ) 26 - 30   2020年3月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本自律神経学会  

    環境ガス中の危険化学シグナルが鼻腔〜肺までの気道内で検出され呼吸抑制を引起こすまでの神経回路として,transient receptor potential(TRP)A1を発現している鼻腔内の三叉神経が重要であることを,TRPA1欠損マウスならびに嗅球破壊マウスを用いて証明した我々の研究成果を解説した.鼻腔内の三叉神経は吸入気体成分が最初に触れる感覚神経であり,TRPA1は最前線の危険監視警報装置であると考えられる.(著者抄録)

  • Shuichi Matsuda, Jun Dal Kim, Fumihiro Sugiyama, Yuji Matsuo, Junji Ishida, Kazuya Murata, Kanako Nakamura, Kana Namiki, Tatsuhiko Sudo, Tomoyuki Kuwaki, Masahiko Hatano, Koichiro Tatsumi, Akiyoshi Fukamizu, Yoshitoshi Kasuya .  Transcriptomic evaluation of pulmonary fibrosis related genes : Utilization of transgenic mice with modifying p38 signal in the lungs. .  Int J Mol Sci21 ( 18 ) 6746 - 17   2020年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms21186746

    Scopus

    PubMed

  • 桑木 共之 .  タバコ煙等の気体ストレスに対する呼吸応答 .  自律神経57 ( 1 ) 26 - 30   2020年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本自律神経学会  

    <p>環境ガス中の危険化学シグナルが鼻腔〜肺までの気道内で検出され呼吸抑制を引起こすまでの神経回路として,transient receptor potential(TRP)A1を発現している鼻腔内の三叉神経が重要であることを,TRPA1欠損マウスならびに嗅球破壊マウスを用いて証明した我々の研究成果を解説した.鼻腔内の三叉神経は吸入気体成分が最初に触れる感覚神経であり,TRPA1は最前線の危険監視警報装置であると考えられる.</p>

    DOI: 10.32272/ans.57.1_026

    CiNii Article

  • 桑木 共之 .  ストレス防衛反応を制御する中枢自律神経系 .  自律神経57 ( 3 ) 157 - 164   2020年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本自律神経学会  

    <p>ストレス防衛反応とは,敵などのストレッサーに遭遇した時に闘争逃走行動を効果的に行う為に,血圧・心拍数・呼吸数を上昇させ,筋血流を増やして当面不必要な内臓血流は減少させるという反応である.これらの反応は無意識の領域を司る自律神経系の働きによって実現されており,これが上手く働かないと生命の危機に直面することにもなりかねない.防衛反応の表出に際し,視床下部の防衛領域が一斉にそのスイッチを入れる重要な部位であることが20世紀中頃には既に知られていた.しなしながら,その詳細が明らかになったのは比較的最近である.この神経回路メカニズムの解明を目的とした我々の研究成果を解説する.視床下部に存在するオレキシン産生神経細胞がその主役であり,またオレキシン産生神経細胞は睡眠覚醒を司る神経でもあった.すなわち,意識にのぼる活動を制御する神経メカニズムと無意識の領域との接点が明らかになった.</p>

    DOI: 10.32272/ans.57.3_157

    CiNii Article

  • 桑木 共之 .  各種疾患 自律神経疾患 オレキシンと自律機能調節 .  Annual Review神経2019   284 - 290   2019年3月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:(株)中外医学社  

  • Shouhei Iwakawa, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Orexin receptor blockade-induced sleep preserves the ability to wake in the presence of threat in mice. .  Frontiers in Behavioral Neuroscience12   327   2019年1月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Behavioral Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnbeh.2018.00327

    Scopus

    PubMed

  • Kengo Nomura, Takeshi Y. Hiyama, Hiraki Sakuta, Takashi Matsuda, Chia-Hao Lin, Kenta Kobayashi, Kazuto Kobayashi, Tomoyuki Kuwaki, Kunihiko Takahashi, Shigeyuki Matsui, Masaharu Noda .  [Na+] increases in body fluids sensed by central Nax induce sympathetically mediated blood pressure elevations via H+-dependent activation of ASIC1a. .  Neuron101 ( 1 ) 60 - 75   2019年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cell Press  

    DOI: 10.1016/j.neuron.2018.11.017

    Scopus

    PubMed

  • Hiroki Harada, Hideki Kashiwadani, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Linalool odor-induced anxiolytic effects in mice. .  Frontiers in Behavioral Neuroscience12   241   2018年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Frontiers in Behavioral Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnbeh.2018.00241

    Scopus

    PubMed

  • H. Kashiwadani, Y. Kanmura, T. Kuwaki .  Application of calibrated forceps for assessing mechanical nociception with high time resolution in mice. .  Plos One12 ( 2 ) e0172461   2017年2月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PLoS ONE  

    In order to investigate the basic physiological mechanisms of pain and the anti-nociceptive effects of analgesics, development of pain assays in mice is critical due to the advances of genetic manipulation techniques. The von Frey hairs/Semmes-Weinstein monofilaments
    test (von Frey test) has long been applied to examine mechanical nociception in mice. Though the von Frey test is a well-established and standardized method, it is inappropriate to assess a rapid change in the nociceptive threshold because voluntary resting/sleeping states are necessary to examine the response. In this study, we assessed the effectiveness of calibrated forceps to determine the mechanical nociceptive threshold in mice. Repeated daily measurements of the threshold over 5 days indicated that the device obtained stable and reliable values. Furthermore, repeated measurements with 5 minute intervals revealed that the device detected the rapid change of the threshold induced by remifentanil, a shortacting μ-receptor agonist. These results indicate that the calibrated forceps are well-suited for measuring the mechanical nociceptive threshold in mice, and are useful in assessing the effects of short-acting analgesics on mechanical nociception.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0172461

    Web of Science

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~physiol1/journal.pone.0172461.pdf

  • Maiko Hasegawa-Moriyama, Keika Mukaihara, Tomotsugu Yamada, Tomoyuki Kuwaki, Yuichi Kanmura .  Transient Receptor Potential Ankyrin 1 Ion Channel Facilitates Acute Inflammation Induced by Surgical Incision in Mice. .  Open Journal of Anesthesiology7   134 - 145   2017年2月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.4236/ojanes.2017.75014

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  日本生理学雑誌79 ( 1 ) 26 - 26   2017年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)   出版者・発行元:(一社)日本生理学会  

  • Keiichi Inui, ChangPing Chen, Jordan Pauli, Chiharu Kuroki, Shogo Tashiro, Yuichi Kanmura, Hideki Kashiwadani, Tomoyuki Kuwaki .  Nasal TRPA1 mediates irritant-induced bradypnea in mice. .  Physiological Reports4 ( 24 ) e13098   2016年12月招待 査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Transient receptor potential ankyrin 1 (TRPA1), a member of the TRP superfamily, exists in sensory neurons such as trigeminal neurons innervating the nasal cavity and vagal neurons innervating the trachea and the lung. Although TRPA1 has been proposed as an irritant receptor that, when stimulated, triggers bradypnea, precise locations of the receptors responsible have not been elucidated. Here, we examined the relative importance of TRPA1 located in the upper airway (nasal) and the lower airway (trachea/lungs) in urethaneanesthetized mice. To stimulate the upper and lower airways separately, two cannulas were inserted through a hole made in the trachea just caudal to the
    thyroid cartilage, one into the nasal cavity and the second into the lower trachea. A vapor of one of the TRPA1-agonists, allyl isothiocyanate (AITC), was introduced by placing a piece of cotton paper soaked with AITC solution into the airline. AITC decreased the respiratory frequency when applied to the upper airway (ca -30%) but not to the lower airway (ca -5%). No response was observed in TRPA1 knockout mice. Contribution of the olfactory nerve seemed minimal because olfactory bulbectomized wild-type mice showed a similar response to that of the intact mice. AITC-induced bradypnea seemed
    to be mediated, at least in part, by the trigeminal nerve because trigeminal ganglion neurons were activated by AITC as revealed by an increase in the phosphorylated form of extracellular signal-regulated kinase in the neurons. These data clearly show that trigeminal TRPA1 in the nasal cavity play an essential role in irritant-induced bradypnea.

    DOI: 10.14814/phy2.13098

    Scopus

    PubMed

    その他リンク: http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.14814/phy2.13098/full

  • Pascal Carrive, Tomoyuki Kuwaki .  Orexin and Central Modulation of Cardiovascular and Respiratory Function. .  Current Topics in Behavioral Neuroscience33   157 - 196   2016年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/7854_2016_46

    Scopus

    PubMed

  • 桑木 共之 .  自律神経と情動 .  情動学シリーズ 6.情動と呼吸—自律系と呼吸法ー   46 - 68   2016年12月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  再生医療のこれまでとこれから 内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に果たす役割 .  日本再生歯科医学会誌14 ( 1 ) 40 - 40   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本再生歯科医学会  

  • Hirotaka Ueda, Mayu Suga, Takakazu Yagi, Ikue Kusumoto-Yoshida, Hideki Kashiwadani, Tomoyuki Kuwaki, Shouichi Miyawaki .  Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats. .  American Journal of Physiology Regulatory, Integrative and Comparative Physiology   2016年10月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木 共之 .  オレキシンと睡眠障害 .  The Lung Perspectives24 ( 1 ) 82 - 87   2016年1月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之, 柏谷英樹 .  たばこ煙成分の刺激による呼吸抑制・咳反射の機序解明 .  平成27年度喫煙科学研究財団研究年報   221 - 225   2016年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:喫煙科学研究財団  

  • Tomotsugu Yamada, Maiko Hasegawa-Moriyama, Tae Kurimoto, Takayuki Saito, Tomoyuki Kuwaki, Yuichi Kanmura .  Peripheral nerve block facilitates acute inflammatory responses induced by surgical incision in mice. .  Regional Anesthesia and Pain Medicine41 ( 5 ) 593 - 600   2016年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/AAP.0000000000000458

    Web of Science

    PubMed

  • Kohei Miyata, Tomoyuki Kuwaki, Youichirou Ootsuka .  The integrated ultradian organization of behavior and physiology in mice and the contribution of orexin to the ultradian patterning. .  Neuroscience334   119 - 133   2016年招待 査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Our series of rat experiments have shown that locomotor activity, arousal level, body and brown adipose tissue temperatures, heart rate and arterial pressure increase episodically in an integrated manner approximately every 100 min (ultradian manner). Although it has been proposed that the integrated ultradian pattern is a fundamental
    biological rhythm across species, there are no reports of the integrated ultradian pattern in species other than rats. The aim of the present study was to establish a mouse model using simultaneous recording of locomotor activity, eating behavior, body temperature, heart rate and arousal in order to determine whether their behavior and physiology are organized in an ultradian manner in normal (wild-type) mice. We also incorporated the same recording in prepro-orexin knockout (ORX-KO) mice to reveal the role of orexin in the brain mechanisms underlying ultradian patterning. The orexin system is one of the key conductors required for coordinating autonomic functions and behaviors, and thus may contribute to ultradian patterning. In wild-type mice, locomotor activity, arousal level, body temperature and heart rate increased episodically every 93+-18 min (n= 8) during 24 h. Eating was integrated into the ultradian pattern, commencing 23±4 min (n= 8) after the onset of an electroencephalogram (EEG) ultradian episode. The integrated ultradian pattern in wild-type mice is very similar to that observed in rats. In ORX-KO mice, the ultradian episodic
    changes in locomotor activity, EEG arousal indices and body temperature were significantly attenuated, but the ultradian patterning was preserved. Our findings support the view that the ultradian pattern is common across species. The present results also suggest that orexin contributes to driving ultradian episodic changes, however, this neuropeptide is not essential for the generation of the ultradian pattern.

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2016.07.041

    Web of Science

    PubMed

  • Shogo Tashiro, Ran Yamaguchi, Sodemi Ishikawa, Takeshi Sakurai, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Odour-induced analgesia mediated by hypothalamic orexin neurons in mice. .  Scientific Reports6   37129   2016年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Various folk remedies employ certain odorous compounds with analgesic effects. In fact, linalool, a monoterpene alcohol found in lavender extracts, has been found to attenuate pain responses via subcutaneous, intraperitoneal, intrathecal, and oral administration. However, the analgesic effects of odorous compounds mediated by olfaction have not been thoroughly examined. We performed behavioural pain tests under odourant vapour exposure in mice. Among six odourant molecules examined, linalool significantly increased the pain threshold and attenuated pain behaviours. Olfactory bulb or epithelium lesion removed these effects, indicating that olfactory sensory input triggered the effects. Furthermore, immunohistochemical analysis revealed that linalool activated hypothalamic orexin neurons, one of the key mediators for pain processing. Formalin tests in orexin neuron-ablated and orexin peptide-deficient mice showed orexinergic transmission was essential for linalool odourinduced analgesia. Together, these findings reveal central analgesic circuits triggered by olfactory input in the mammalian brain and support a potential therapeutic approach for treating pain with linalool odour stimulation.

    DOI: 10.1038/srep37129

    Web of Science

    PubMed

    その他リンク: http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~physiol1/Tashiro.pdf

  • 桑木共之 .  オレキシンによる睡眠覚醒と循環の調節 .  細胞47 ( 7 ) 332 - 335   2015年7月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  呼吸・循環測定実験 .  呼吸34 ( 6 ) 589 - 595   2015年6月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  酸素および刺激ガスセンサーとしてのTRPA1チャンネルの役割 .  九州高気圧環境医学会誌15   1 - 6   2015年招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 楠本-吉田郁恵、生駒葉子、桑木共之 .  オプトジェネティクスを用いた自律神経機能を制御する神経回路の研究 .  自律神経52 ( 4 ) 270 - 274   2015年招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 佐伯由香、細谷安彦、高橋研一,桑木共之(訳者代表) .  トートラ人体解剖生理学 原書9版 .  丸善(東京)、ISBN:978-4-621-08768-8 C3047, 全712p   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Chiharu Kuroki, Maiko Hasegawa-Moriyama, Kohei Godai, Atushi Yoshikawa, Akira Matsunaga, Takahiro Sato, Yuichi Kanmura, and Tomoyuki Kuwaki .  Perfusion index as a possible predictor for postanesthetic shivering. .  Journal of Anesthesia28   19 - 25   2014年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maiko Hasegawa-Moriyama, Tae Kurimoto, Mayo Nakama, Kohei Godai, Masayasu Kojima, Tomoyuki Kuwaki, Yuichi Kanmura .  Peroxisome proliferator-activated receptor-gamma agonist rosiglitazone attenuates inflammatory pain through the induction of heme oxygenase-1 in macrophages .  PAIN154 ( 8 ) 1402 - 1412   2013年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Macrophage infiltration to inflammatory sites promotes tissue repair and may be involved in pain hypersensitivity. Peroxisome proliferator-activated receptor (PPAR)gamma signaling is known to regulate polarity of macrophages, which are often referred to as proinflammatory (M1) and antiinflammatory (M2) macrophages. We recently showed that the PPAR gamma agonist rosiglitazone ameliorated the development of postincisional hyperalgesia by increasing the influx of M2 macrophages to inflamed sites. It has been suggested that heme oxygenase (HO)-1, upregulated by PPAR gamma signaling, promotes differentiation of macrophages to M2 phenotype. In this study, we investigated how rosiglitazone alters pain hypersensitivity by a PPAR gamma HO-1-dependent mechanism during the course of inflammation induced by complete Freund's adjuvant. Local administration of rosiglitazone alleviated mechanical hyperalgesia, with increased gene induction of HO-1. Phenotype switching of infiltrated macrophages to M2 by rosiglitazone was reversed by an HO-1 inhibitor, tin protoporphyrin, at the inflamed sites. Direct stimulation of peritoneal macrophages with rosiglitazone also increased HO-1 induction in the presence of lipopolysaccharide/interferon-gamma. Moreover, rosiglitazone increased gene induction of endogenous opioid proenkephalin, both at inflamed sites and in isolated macrophages. Administration of naloxone blocked the analgesic effects of rosiglitazone. We speculate that rosiglitazone alleviated the development of inflammatory pain, possibly through regulating the M1/M2 balance at the inflamed site by a PPAR gamma/HO-1-dependent mechanism. PPAR gamma signaling in macrophages may be a potential therapeutic target for the treatment of acute pain development. (C) 2013 International Association for the Study of Pain. Published by Elsevier B. V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.pain.2013.04.039

    Web of Science

  • Maiko Hasegawa-Moriyama, Tae Kurimoto, Mayo Nakama, Kohei Godai, Masayasu Kojima, Tomoyuki Kuwaki, Yuichi Kanmura .  Peroxisome proliferator-activated receptor-gamma agonist resiglitazone attenuates inflammatory pain through the iduction of heme oxygenase-1 in macrophages. .  Pain154 ( 8 ) 1402 - 1412   2013年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toru Yonemitsu, Nobuaki Takahashi, Yasuo Mori, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Avoidance of environmental gas irritants mediated by TRPA1 .  FASEB JOURNAL27   ? - ?   2013年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

  • 桑木共之、黒澤美枝子、高橋研一、細谷安彦(訳者代表) .  トートラ人体の構造と機能 第4版(原書13版)(GJ Tortora: Principles of Anatomy and Physiology) .  丸善(東京)、ISBN:978-4-621-08576-9 C3047、全1304p.   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang .  OREXIN NEURONS AND EMOTIONAL STRESS .  VITAMINS AND HORMONES: SLEEP HORMONES, VOL 8989   135 - 158   2012年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文   出版者・発行元:ELSEVIER ACADEMIC PRESS INC  

    Stress increases cardiac function, ventilation, and body temperature and induces analgesia. These changes, which result in an increase in metabolic rate, oxygen supply, and the conduction velocity of nerve impulses, prepare the body for a fight-or-flight response. A part of the hypothalamus called the defense area has long been known to play a key role in these responses, but the precise mechanisms are largely unknown. Our recent findings suggest that orexin (hypocretin) neurons act as a master switch of the fight-or-flight response. In addition, our results, as well as those from other researchers, suggest that orexin neurons do not modulate specific behaviors such as the fight-or-flight responses but rather integrate the autonomic functions and behaviors in a broad sense or in a vigilance state-dependent manner. The orexin system seems to be a pivotal link between the subconscious and the conscious brain functions. (C) 2012 Elsevier Inc.

    DOI: 10.1016/B978-0-12-394623-2.00008-1

    Web of Science

  • Setoguchi D, Nakamura M, Yatsuki H, Watanabe E, Tateishi Y, Kuwaki T, Oda S. .  Experimental examination of anti-inflammatory effects of a 5-HT3 receptor antagonist, tropisetron, and concomitant effects on autonomic nervous function in a rat sepsis model. .  International Immunopharmacology 11 ( 12 ) 2073 - 2078   2011年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Daisuke Setoguchi, Masataka Nakamura, Henry Yatsuki, Eizo Watanabe, Yoshihisa Tateishi, Tomoyuki Kuwaki, Shigeto Oda .  Experimental examination of anti-inflammatory effects of a 5-HT3 receptor antagonist, tropisetron, and concomitant effects on autonomic nervous function in a rat sepsis model .  INTERNATIONAL IMMUNOPHARMACOLOGY11 ( 12 ) 2073 - 2078   2011年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background: A 5-HT3 receptor antagonist, tropisetron, has been reported to exhibit an anti-inflammatory effect in chronic inflammatory diseases by antagonizing a particular subtype of serotonin receptors. We investigated whether overproduction of cytokines could be controlled by intervention with tropisetron in an animal model of sepsis and also examined the effects of tropisetron on autonomic nervous activity.
    Methods: Sixty-eight adult male Sprague-Dawley rats were used (28 for examination of cytokine production and autonomic nervous activity: 40 for survival analysis). Each part of the study involved 4 animal groups, including two control groups without drug administration. Sepsis was induced by cecal ligation and puncture (CLP). Tropisetron hydrochloride (1 mg/kg) was administered immediately after surgery. Continuous electrocardiograms were recorded for 5 min before and 1,2,4, and 6 h after surgery in CLP and sham-operated animals for heart rate variability (HRV) analysis. Blood samples were collected 6 h after surgery for serum cytokine and catecholamine assay.
    Results: HRV analysis demonstrated a significant increase in LF/(LF+HF) in the CLP animals compared with the sham-operated animals, regardless of tropisetron administration, indicating induction of sympathetic overstimulation. Tropisetron significantly inhibited IL-6 induction in the CLP animals (p&lt;0.01). Although it did not significantly change HRV parameters, tropisetron significantly inhibited increase in serum level of noradrenaline (p&lt;0.05).Tropisetron did not significantly improve CLP animal survival rate.
    Conclusions: Intervention with a 5-HT3 receptor antagonist can control excess cytokine production involved in the pathogenesis of severe sepsis/septic shock (C) 2011 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.intimp.2011.08.022

    Web of Science

    PubMed

  • 桑木共之、他472名 .  ストレス科学事典 .  実務教育出版、東京、ISBN:978-4-7889-6084-8, 全1137p   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Orexin links emotional stress to autonomic functions .  AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL161 ( 1-2 ) 20 - 27   2011年4月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We studied autonomic functions in orexin-deficient mice and found abnormalities in the emotional state-dependent adjustment of the central autonomic regulation on circulation and respiration. These are summarized as follows. 1) Orexin-deficient mice exposed to a stressor exhibited an attenuated fight-or-flight response, including increases in respiration and blood pressure and stress-induced analgesia. 2) Stimulation to the amygdala (AMG) or the bed nucleus of the stria terminalis (BNST), both of which are implicated in the stress-induced autonomic responses, induced long-lasting cardiorespiratory excitation in wild-type mice but not in the orexin neuron-ablated mice. Hence, it is likely that the orexin system is one of the essential modulators required for orchestrating the neural circuits controlling autonomic functions and emotional behaviors. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.autneu.2010.08.004

    Web of Science

  • 佐伯由香、細谷安彦、高橋研一,桑木共之(訳者代表) .  トートラ人体解剖生理学 原書8版 .  丸善(東京)、ISBN:978-4-621-08336-9 C3047, 全666p   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kobayashi-Torii M., Takahashi Y., Sunanaga J., Fujita M., Lee EY., Ichimaru Y., Fujita T., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Possible participation of extracellular calcium-sensing receptor in blood pressure regulation in rats. .  Brain Research1367   181 - 187   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahata S., Miyata M., Fujita S., Kubozono T., Shinsato T., Ikeda Y., Hamasaki S., Kuwaki T., Tei C. .  Improvement of Autonomic Nervous Activity by Waon Therapy in Patients with Chronic Heart Failure. .  J Cardiol.57   100 - 106   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata-Kuroiwa R., Furutani N., Hara J., Hondo M., Ishii M., Abe T., Mieda M., Tsujino N., Motoike T., Yanagawa Y., Kuwaki T., Yamamoto M., Yanagisawa M., Sakurai T. .  Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory. .  Plos One6 ( 2 ) e16972   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • So Kuwahata, Masaaki Miyata, Shoji Fujita, Takuro Kubozono, Takuro Shinsato, Yoshiyuki Ikeda, Shuichi Hamasaki, Tomoyuki Kuwaki, Chuwa Tei .  Improvement of autonomic nervous activity by Waon therapy in patients with chronic heart failure .  JOURNAL OF CARDIOLOGY57 ( 1 ) 100 - 106   2011年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Background and purpose: We have reported previously that Waon therapy improves cardiac and vascular function, and prognosis of patients with chronic heart failure (CHF). CHF is characterized by generalized sympathetic activation and parasympathetic withdrawal. The purpose of this study was to evaluate the effect of Waon therapy on autonomic nervous activity in patients with CHF.
    Methods and subjects: Fifty-four patients with CHF, who were receiving conventional therapy for CHF, were divided into Waon therapy and control groups. In the Waon therapy group, 27 patients were treated with medication and Waon therapy. In the control group, 27 patients were treated with only conventional CHF therapy. Cardiac function including cardiac output (CO) and left ventricular ejection fraction (LVEF) was evaluated by echocardiography. The heart rate variability, such as the coefficient of variation of RR intervals (CVRR), the low-frequency (LF) component, high-frequency (HF) component, the LF norm [LF/(LF + HF)], and HF norm [HF/(LF + HF)], were measured at admission and 4 weeks after treatment.
    Results: Echocardiography demonstrated that CO and LVEF significantly increased after 4 weeks in the Waon therapy group, but did not change in the control group. In the Waon therapy group, CVRR, HF, and HF norm significantly increased 4 weeks after Waon therapy. In addition, the LF/HF ratio and LF norm significantly decreased 4 weeks after Waon therapy. In contrast, these parameters remained unchanged in the control group. Moreover, the HF and HF norm were significantly higher, and the LF/HF ratio and LF norm were significantly lower after 4 weeks of Waon therapy group than after 4 weeks of only conventional therapy.
    Conclusions: Waon therapy improved cardiac function and autonomic nervous activity by increasing parasympathetic and decreasing sympathetic nervous activity in patients with CHF. (C) 2011 Japanese College of Cardiology. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.jjcc.2010.08.005

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Mikako Kobayashi-Torii, Yoshiko Takahashi, Jinko Sunanaga, Megumi Fujita, Eun-Young Lee, Yuhei Ichimaru, Toshiro Fujita, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Possible participation of extracellular calcium-sensing receptor in blood pressure regulation in rats .  BRAIN RESEARCH1367   181 - 187   2011年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    The concentration of calcium in the cerebrospinal fluid (CSF) affects systemic blood pressure; an increase in calcium concentration lowers blood pressure, whereas a decrease raises it. Although this phenomenon has been known for more than 50 years, the precise mechanism is not completely understood. We examined whether the extracellular calcium-sensing receptor (CaSR), which was originally cloned from the parathyroid cells and later found in the brain, contributes to blood pressure regulation by calcium in the CSF. In urethane-anesthetized and artificially ventilated Wistar Kyoto rats, an intracisternal injection of NPS R-467, an allosteric CaSR activator, decreased blood pressure associated with sympathoinhibition in a dose-dependent manner. Treatment with an inactivator of the CaSR elicited an increase in blood pressure. Similar results were observed in awake and freely moving animals. In contrast, when the CaSR activator/inactivator was administered into the lateral ventricle, the cardiovascular changes were minimal. These results indicate that the CaSR in the brain contributes, at least in part, to the hypotensive effect of centrally administered calcium and suggests that the CaSR in the lower brainstem participates in tonic regulation of blood pressure by sensing a change in the CSF Ca(2+) concentration. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.brainres.2010.10.013

    Web of Science

  • Tomoyuki Kuwaki .  A key role of orexin (hypocretin) neurons in the fight-or-flight response. .  Physiology News83   15 - 17   2011年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ruby Kuroiwa, Naoki Furutani, Junko Hara, Mari Hondo, Makoto Ishii, Tomomi Abe, Michihiro Mieda, Natsuko Tsujino, Toshiyuki Motoike, Yuchio Yanagawa, Tomoyuki Kuwaki, Miyuki Yamamoto, Masashi Yanagisawa, Takeshi Sakurai .  Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory .  NEUROSCIENCE RESEARCH71 ( 2 ) E386 - E386   2011年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2011.07.1693

    Web of Science

  • Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang .  Orexin neurons as arousal-associated modulators of central cardiorespiratory regulation .  RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY174 ( 1-2 ) 43 - 54   2010年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Arousal level and metabolic demand is minimal during sleep, increases during quiet wakefulness, and further increases during active wakefulness phenomena such as exercise, stress, or panic. We summarize here our recent finding and relevant evidence showing possible contribution of orexin, a hypothalamic neuropeptide, to the state-dependent adjustment of central cardiorespiratory regulation. Orexin neurons seem to be a pivotal link between conscious and unconscious brain functions. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.resp.2010.04.018

    Web of Science

  • Tomoyuki Kuwaki, Aihua Li, Eugene Nattie .  State-dependent central chemoreception: A role of orexin .  RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY173 ( 3 ) 223 - 229   2010年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Sites involved in central chemoreception (CCR) are widely distributed in the brain. One possible explanation for the existence of multiple central chemoreceptor sites is the vigilance state-dependent hypothesis, that some sites are of greater importance in wakefulness others in sleep. We briefly summarize the evidence for a distributed network of central chemoreceptor sites and a vigilance state-dependent differentiation among them. We then discuss the role of orexin in vigilance state-dependent CCR based on our recent studies using orexin knockout mice and focal microdialysis of an orexin receptor antagonist at the retrotrapezoid nucleus and medullary raphe in rats. Orexin affects CCR in a vigilance state-dependent manner that varies with circadian time. Orexin also contributes to emotional stress- and other state-dependent related regulation of ventilation, e.g., the defense response. Diversity in central chemoreception including orexin neurons and the synaptic control of respiratory and cardiovascular output neurons appears to be necessary for animals to adapt themselves to constantly changing situations and behavioral states. (C) 2010 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.resp.2010.02.006

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • 桑木共之、黒澤美枝子、高橋研一、細谷安彦(訳者代表) .  トートラ人体の構造と機能 第3版(原書12版)(GJ Tortora: Principles of Anatomy and Physiology) .  丸善(東京)、ISBN:978-4-621-08231-7 C3047、全1276p.   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Mori T., Ito S., Kuwaki T., Yanagisawa M., Sawaguchi T. .  Monoaminergic neuronal changes in orexin deficient mice. .  Neuropharmacol58   826 - 832   2010年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwaki T. .  Hypothalamic modulation of breathing. .  Adv Exp Med Biol669   243 - 247   2010年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang .  Autonomic malfunctions in mice model of narcolepsy. .  Narcolepsy: Symptoms, Causes and Diagnosis and Treatment.   1 - 33   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 桑木共之 .  視床下部による自律系の統合調節:オレキシンの役割. .  自律神経47 ( 3 ) 236 - 243   2010年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Hypothalamic Modulation of Breathing .  NEW FRONTIERS IN RESPIRATORY CONTROL669   243 - 247   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SPRINGER-VERLAG BERLIN  

    Hypothalamus has long been known to be involved in the regulation of breathing. For example, many neurons are activated by hypoxia and hypercapnia and stimulation to the hypothalamus increases respiration. However, precise characters of these neurons have not well understood until recently presumably because hypothalamus is a heterogeneous structure intermingly containing many kind of neurotransmitters. The situation has dramatically changed by a discovery of hypothalamic neuropeptide orexin in 1998 and subsequent development of orexin-knockout mice in 1999. Here I summarize our recent discovery of the possible contribution of orexin to the vigilance-state-dependent adjustment of central respiratory regulation. Orexin-deficient mice show an attenuated hypercapnic ventilatory response during the awake but not during the sleep period, whereas basal ventilation remained normal, irrespective of the vigilance state. Orexin supplementation remedied the defect, and the administration of an orexin receptor antagonist to wild-type mice mimicked the abnormality. Hypercapnic stimulation activated orexinergic neurons in the wild-type mice. Orexin-deficient mice also showed frequent sleep apneas and loss of repetitive intermittent hypoxia-induced ventilatory and phrenic long-term facilitation. Hence, it is possible that the orexin system is one of the essential modulators required for coordinating the circuits controlling respiration and behavior.

    DOI: 10.1007/978-1-4419-5692-7_49

    Web of Science

  • Shinichi Toyama, Takeshi Sakurai, Koichiro Tatsumi, Tomoyuki Kuwaki .  Attenuated phrenic long-term facilitation in orexin neuron-ablated mice .  RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY168 ( 3 ) 295 - 302   2009年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    We examined phrenic long-term facilitation (LTF) in urethane-anesthetized, vagotomized, paralyzed, and artificially ventilated orexin neuron-ablated mice and their wild-type littermates. Effect of isocapnic single hypoxic episode (SHE, for 45 s) and intermittent hypoxia (IH, 5 times of SHE separated by 5 min) on phrenic nerve activity (PNA) was measured for 1-2 h. In wild-type mice, amplitude of PNA gradually increased after cessation of IH and reached 55 +/- 15% above the baseline (n = 7, p &lt; 0.05) whereas the burst rate of PNA did not change. Qualitatively similar but significantly attenuated response (16 +/- 8%) was observed in orexin neuron-ablated mice. SHE did not affect amplitude nor frequency in both animals. We conclude that orexin contributes to eliciting phrenic LTF at least in part in mice. This study also showed, for the first time, phrenic LTF following IH in WT mice. Characteristics of phrenic and ventilatory LTF in mice were similar to those in rats. (C) 2009 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.resp.2009.07.025

    Web of Science

  • Sakakibara I., Fujino T., Ishii M., Tanaka T., Shimosawa T., Miura S., Zhang W., Tokutake Y., Yamamoto J., Awano M., Iwasaki S., Motoike T., Okamura M., Inagaki T., Kita K., Ezaki O., Naito M., Kuwaki T., Chohnan S., Yamamoto T., Hammer R.E., Kodama T., Yanagisawa M., Sakai J. .  Fasting-Induced Hypothermia and Reduced Energy Production in Mice Lacking Acetyl-CoA Synthetase 2. .  Cell Metab.9 ( 2 ) 191 - 202   2009年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iori Sakakibara, Takahiro Fujino, Makoto Ishii, Toshiya Tanaka, Tatsuo Shimosawa, Shinji Miura, Wei Zhang, Yuka Tokutake, Joji Yamamoto, Mutsumi Awano, Satoshi Iwasaki, Toshiyuki Motoike, Masashi Okamura, Takeshi Inagaki, Kiyoshi Kita, Osamu Ezaki, Makoto Naito, Tomoyuki Kuwaki, Shigeru Chohnan, Tokuo T. Yamamoto, Robert E. Hammer, Tatsuhiko Kodama, Masashi Yanagisawa, Juro Sakai .  Fasting-induced Hypothermia and Reduced Energy Production in Mice Lacking Acetyl-CoA Synthetase 2 .  CELL METABOLISM9 ( 2 ) 191 - 202   2009年2月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:CELL PRESS  

    Acetate is activated to acetyl-CoA by acetyl-CoA synthetase 2 (AceCS2), a mitochondrial enzyme. Here, we report that the activation of acetate by AceCS2 has a specific and unique role in thermogenesis during fasting. In the skeletal muscle of fasted AceCS2(-/-) mice, ATP levels were reduced by 50% compared to AceCS2(+/+) mice. Fasted AceCS2(-/-) mice were significantly hypothermic and had reduced exercise capacity. Furthermore, when fed a low-carbohydrate diet, 4-week-old weaned AceCS2(-/-) mice also exhibited hypothermia accompanied by sustained hypoglycemia that led to a 50% mortality. Therefore, AceCS2 plays a significant role in acetate oxidation needed to generate ATP and heat. Furthermore, AceCS2(-/-) mice exhibited increased oxygen consumption and reduced weight gain on a low-carbohydrate diet. Our findings demonstrate that activation of acetate by AceCS2 plays a pivotal role in thermogenesis, especially under low-glucose or ketogenic conditions, and is crucially required for survival.

    DOI: 10.1016/j.cmet.2008.12.008

    Web of Science

    PubMed

  • Kuwaki T., Zhang W. .  Orexin-containing neuron contributes stress-induced thermogenesis. .  Korean J. Physiol. Pharmacol. 13   172 - 174   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Orexinergic modulation of breathing across vigilance states .  RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY164 ( 1-2 ) 204 - 212   2008年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Basal respiration and respiratory reflex regulations are considerably different during the awake and sleep states. Tidal volume and respiratory frequency diminish during sleep, and hypoxic and hypercapnic ventilatory responses also decline during sleep. Reduced metabolic demand during sleep cannot completely explain these phenomena because PaCO(2) increases during sleep. In this review, I will summarize our recent discovery of the possible contribution of orexin, a hypothalamic neuropeptide, to the vigilance state-dependent adjustment of central respiratory regulation. Orexin-deficient mice show an attenuated hypercapnic ventilatory response during the awake but not during the sleep period, whereas basal ventilation remained normal, irrespective of the vigilance state. Orexin supplementation remedied the defect, and the administration of an orexin receptor antagonist to wild-type mice mimicked the abnormality. Orexin-deficient mice also showed frequent sleep apneas and loss of repetitive intermittent hypoxia-induced ventilatory long-term facilitation. Hence, it is possible that the orexin system is one of the essential modulators required for coordinating the circuits controlling respiration and behavior. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.resp.2008.03.011

    Web of Science

  • Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang, Akira Nakamura, Ben-Shiang Deng .  Emotional and state-dependent modification of cardiorespiratory function: Role of orexinergic neurons .  AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL142 ( 1-2 ) 11 - 16   2008年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Our daily life not only involves calm, resting states but is filled with perturbations that induce active conditions, such as movements, eating, and communicating. During such active periods, cardiorespiratory regulation must be adjusted for bodily demands, which differ from those during resting states, by modulating or resetting baseline levels. To explore neural mechanisms of state-dependent adjustments of central autonomic regulation, we recently focused on the following two states: 1), stress-induced defense (fight-or-flight) responses, because stressors induce both cognitive, emotional, and behavioral changes and autonomic alterations, and 2), sleep/wake differences. Basal respiration and respiratory reflex regulation significantly differ during waking and sleep states. In this review, we will summarize our recent findings with orexin knockout and orexin neuron-ablated mice to determine possible contributions of orexin, a hypothalamic neuropeptide, to state-dependent adjustments of central autonomic regulation. The diversity of synaptic control of cardiovascular and respiratory neurons appears to be necessary for animals to adapt to ever-changing life circumstances and behavioral states. The orexin system likely functions as one essential modulator for coordinating circuits controlling autonomic functions and behaviors. (C) 2008 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.autneu.2008.03.004

    Web of Science

  • Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang .  Emotional modification of the cardiorespiratory regulation system .  Tzu Chi Medical Journal20 ( 2 ) 82 - 90   2008年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:Buddhist Compassion Relief Tzu Chi Foundation  

    Our daily life is not solely composed of a calm resting state but is rather full of perturbations that induce active states such as moving, eating, communicating, and so on. During such active conditions, cardiorespiratory regulation should be adjusted according to the body's demand, which differs from that during a resting state, by modulating or resetting the operating point. To explore the neural mechanisms of state-dependent adjustment of central autonomic regulation, we focused on the stress-induced defense (fight-or-flight) response because stressors induce not only cognitive, emotional and behavioral changes but also autonomic changes. In this mini-review, we summarize our recent discovery using orexin knock-out mice and orexin neuron-ablated mice of the possible contribution of orexin, a hypothalamic neuropeptide, in the state-dependent adjustment of central autonomic regulation. The diversity of synaptic control of the cardiovascular and respiratory neurons seems necessary for animals to adapt themselves toward ever-changing life circumstances and behavioral states. The orexin system is likely to work as one of the essential modulators for coordinating circuits controlling autonomic functions and behavior. © 2008 Buddhist Compassion Relief Tzu Chi Foundation.

    DOI: 10.1016/S1016-3190(08)60016-6

    Scopus

  • Yoshihisa Tateishi, Shigeto Oda, Masataka Nakamura, Keisuke Watanabe, Tomoyuki Kuwaki, Takeshi Moriguchi, Hiroyuki Hirasawa .  Depressed heart rate variability is associated with high IL-6 blood level and decline in the blood pressure in septic patients .  Shock28 ( 5 ) 549 - 553   2007年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Depressed heart rate variability (HRV) in septic patients is known to be associated with poor outcome. However, neither etiology of depression of HRV nor its clinical significance has been clearly determined. Because hypercytokinemia plays an important role in sepsis, we investigated the relationships between depressed HRV and IL-6 blood level. The subjects of this study were 45 septic patients treated in our intensive care unit. IL-6 blood level upon admission exhibited significant negative correlations with two HRV indices, low-frequency power (LF) (r = -0.76
    P &lt
    0.01) and high-frequency power (HF) (r = -0.53
    P &lt
    0.01). Multivariate analysis revealed strong correlations between IL-6 blood level and LF (P = 0.01) and HF (P = 0.01), respectively, even when the effects of patient background factors and therapeutic intervention were taken into account. Among the patients who developed septic shock, a high IL-6 blood level and a low LF were observed in both the survivor and nonsurvivor groups on the day of admission. The HF was lower than normal at the same time points in both groups. However, the HF was significantly higher in the nonsurvivor group than in the survivor group. By the time of discharge from the intensive care unit, both IL-6 blood level and HRV indices had become significantly closer to the normal ranges in the survivor group, but not in the nonsurvivor group. A significant negative correlation was observed between LF upon admission and percent decline in blood pressure (r = -0.76, P &lt
    0.01). These findings indicate that reduction in HRV indices is associated with hypercytokinemia, indicating that the autonomic nervous system and the inflammatory response mediated by the cytokine network affect each other. These results also suggest that depression of HRV is closely related to rapid changes in blood pressure. Thus, heart rate variability indices are associated with both the severity and poor outcome of sepsis. ©2007The Shock Society.

    DOI: 10.1097/shk.0b013e3180638d1

    Scopus

    PubMed

  • Naomi Hayasaka, Tsuyoshi Yaita, Tomoyuki Kuwaki, Sato Honma, Ken-ichi Honma, Takashi Kudo, Shigenobu Shibata .  Optimization of dosing schedule of daily inhalant dexamethasone to minimize phase shifting of clock gene expression rhythm in the lungs of the asthma mouse model .  ENDOCRINOLOGY148 ( 7 ) 3316 - 3326   2007年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ENDOCRINE SOC  

    Glucocorticoid receptor agonists such as dexamethasone ( DEXA) have been recommended for the treatment of asthma. An increased frequency of dosing with these drugs seems preferable for cases of severe or uncontrolled asthma. The purpose of this experiment was to find the appropriate dosing schedule ( frequency and timing) for DEXA inhalation based on chronotherapeutic dosing to minimize phase shifts of clock function in the lungs of the ovalbumin-treated asthmatic mouse. The daily rhythm of clock gene expression was similar between control and ovalbumin-treated mice. Acute inhalation of DEXA significantly increased mPer1 gene expression in the lungs but not the liver of mice. Daily exposure of DEXA at zeitgeber time 0 ( lights on) or at zeitgeber time 18 ( 6 h after lights off) for 6 d caused a phase advance or phase delay of bioluminescence rhythm in the lungs, respectively, similar to light-induced phase shifts in locomotor activity rhythm. Daily zeitgeber time 0 exposure to DEXA attenuated the expression level of the mClca3 gene, which is associated with mucus overproduction, and there was a phase-advancing peak time of the mClca3 rhythm. The present results denote the importance of selecting the most appropriate time of day for nebulizer administration of DEXA to minimize adverse effects such as the phase shifting of clock function in asthmatic lungs. This is the first report of a successful protocol that could obtain phase shifts of clock gene expression rhythm in isolated peripheral organs in vivo.

    DOI: 10.1210/en.2007-0010

    Web of Science

    PubMed

  • Zhang, Wei, Sakurai, Takeshi, Fukuda, Yasuichiro, Kuwaki, Tomoyuki .  Afferent pathways to the orexinergic neurons that involved in the defense response against stressor .  FASEB JOURNAL21 ( 5 ) 0 - 0   2007年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

  • Oikawa R., Nasa Y., Ishii R., Kuwaki T., Tanoue A., Tsujimoto G., Takeo S. .  Vasopressin V1a receptor enhances baroreflex via the central component of the reflex arc. .  Eur. J. Pharmacol.558   144 - 150   2007年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayasaka N., Yaita T., Kuwaki T., Honma S., Honma K., Kudo T., Shibata S. .  Optimization of dosing schedule of daily inhalant dexamethasone to minimize phase-shifting of clock gene expression rhythm in the lungs of asthma mouse model. .  Endocrinology 148   3316 - 3326   2007年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Namiki K., Nakamura A., Furuya M., Mizuhashi S., Matsuo Y., Tokuhara N., Sudo T., Hama H., Kuwaki T., Yano S., Kimura S., Kasuya Y. .  Involvement of p38alpha in kainate-induced seizure and neuronal cell damage. .  J. Recept. Signal. Transduct. Res.27   99 - 111   2007年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tateishi Y., Oda S., Nakamura M., Watanabe K., Kuwaki T., Moriguchi T., Hirasawa H. .  Depressed heart rate variability is associated with high IL-6 blood level and decline in the blood pressure in septic patients. .  Shock28   549 - 553   2007年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 寺田二郎、中村晃、張薇、柳沢正史、福田康一郎、桑木共之 .  間欠的低酸素暴露による長期呼吸増強発現にはオレキシンが必要である .  臨床呼吸生理 39   101 - 103   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村晃、張薇、福田康一郎、桑木共之 .  オレキシンは覚醒時の高炭酸ガス換気応答に必要である .  臨床呼吸生理 39   27 - 29   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  自律神経系(訳) .  トートラ人体解剖生理学原書7版、佐伯由香・黒澤美枝子・細谷安彦・高橋研一編、丸善、東京   275 - 287   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 桑木共之 .  自律神経系(訳) .  トートラ人体の構造と機能第2版、大野忠雄・黒澤美枝子・高橋研一・細谷安彦編、丸善、東京   536 - 557   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 桑木共之 .  第4章新たなアプローチと将来への展望 V.分子生物学的手法を用いた自律神経研究. .  最新自律神経学   392 - 397   2007年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • Kana Namiki, Akira Nakamura, Mitsuko Furuya, Satomi Mizuhashi, Yuji Matsuo, Naoki Tokuhara, Tatsuhiko Sudo, Hiroshi Hama, Tomoyuki Kuwaki, Shingo Yano, Sadao Kimura, Yoshitoshi Kasuya .  Involvement of p38 alpha in kainate-induced seizure and neuronal cell damage .  JOURNAL OF RECEPTORS AND SIGNAL TRANSDUCTION27 ( 2-3 ) 99 - 111   2007年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:TAYLOR & FRANCIS INC  

    We investigated how p38 alpha mitogen-activated protein kinase (p38) is related to kainate-induced epilepsy and neuronal damages, by using the mice with a single copy disruption of the p38 alpha(+/-) gene (p38 alpha(+/-)). Mortality rate and seizure score of p38 alpha(+/-)mice administered with kainate were significantly reduced compared with the case of wild-type (WT) mice. This was clearly supported by the electroencephalography data in which kainate-induced seizure duration and frequency in the brain of p38 alpha(+/-)mice were significantly suppressed compared to those of WT mice. As a consequence of seizure, kainate-induced delayed neuronal damages in parallel with astrocytic grow thin the hippocampus and ectopic innervation of the mossy fibers into the stratum oriens in the CA3 region of hippocampus in WT mice,whose changes were moderate in p38 alpha(+/-) mice. Likewise, kainate-induced phosphorylation of calcium/calmodulin-dependent kinase II in the hippocampus of p38 alpha(+/-)mice was significantly decreased compared to that of WT mice. These results suggest that p38 alpha signaling pathway plays an important role in epileptic seizure and excitotoxicity.

    DOI: 10.1080/10799890701357855

    Web of Science

    PubMed

  • Ryo Oikawa, Yoshihisa Nasa, Rie Ishii, Tomoyuki Kuwaki, Akito Tanoue, Gozoh Tsujimoto, Satoshi Takeo .  Involvement of vasopressin V1a receptor in the barorellex arc .  JOURNAL OF MOLECULAR AND CELLULAR CARDIOLOGY41 ( 6 ) 1071 - 1072   2006年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ACADEMIC PRESS LTD- ELSEVIER SCIENCE LTD  

    Web of Science

  • Wei, Zhang, Takeshi, Sakurai, Yasuichiro, Fukuda, Tomoyuki, Kuwaki .  Attenuated defense response induced by stimulation of amygdala and bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-ablated mice .  ACTA PHARMACOLOGICA SINICA27 ( Suppl. 1 ) 86 - 86   2006年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:BLACKWELL PUBLISHING  

  • Yoshiro Maezawa, Koutaro Yokote, Kiriko Sonezaki, Masaki Fujimoto, Kazuki Kobayashi, Harukiyo Kawamura, Takahiko Tokuyama, Minoru Takemoto, Shiro Ueda, Tomoyuki Kuwaki, Seijiro Mori, John Wahren, Yasushi Saito .  Influence of C-peptide on early glomerular changes in diabetic mice .  Diabetes/Metabolism Research and Reviews22 ( 4 ) 313 - 322   2006年7月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Background: C-peptide has been shown to ameliorate diabetes-induced functional and structural renal changes in animal models as well as in patients with type 1 diabetes. This study aims to examine the molecular effects of C-peptide on early glomerular changes in a mouse model of type 1 diabetes. Methods: Fourteen days after induction of diabetes by streptozotocin (STZ), the animals received rat C-peptide for either 24 h or 7 days. Urinary albumin excretion was measured by ELISA. Glomerular mRNA expression of the transforming growth factor (TGF)-βl and type IV collagen was quantified by real-time PCR. The effect of C-peptide on type IV collagen gene expression in cultured murine podocytes was also examined. Results: C-peptide decreased urinary albumin excretion from 0.29 to 0.18 μg/min (-40.7%, P &lt
    0.01). The transcript level of (α3)IV collagen in glomeruli was up-regulated 2.2-fold in diabetic mice and was inhibited by 45-70% (P &lt
    0.05) upon C-peptide treatment. C-peptide suppressed glomerular expression of TGF-β1 by 36.6% after 7 days (P &lt
    0.05) but not 24 h after injection. In vitro studies using cultured podocytes revealed that C-peptide dose-dependently inhibited TGF-β-induced up-regulation of type IV collagen. Moreover, both pertussis toxin (PTX) and a specific inhibitor for extracellular signal-regulated kinase (ERK) pathway reversed the inhibitory effect of C-peptide on TGF-β. Finally, C-peptide was shown to up-regulate the activity of ERK in podocytes. Conclusions: These findings indicate that C-peptide suppresses specific aspects of early glomerular changes in a mouse model of diabetes and that the effect is at least in part mediated via interaction with the TGF-β signal in glomerular podocytes. Copyright © 2006 John Wiley &amp
    Sons, Ltd.

    DOI: 10.1002/dmrr.612

    Scopus

    PubMed

  • Wei Zhang, Megumi Shimoyama, Yasuichiro Fukuda, Tomoyuki Kuwaki .  Multiple components of the defense response depend on orexin: Evidence from orexin knockout mice and orexin neuron-ablated mice .  AUTONOMIC NEUROSCIENCE-BASIC & CLINICAL126   139 - 145   2006年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Stressor induces not only cognitive, emotional and behavioral changes but also autonomic changes. Although research on the neural circuits underlying such autonomic changes has implicated the hypothalamus in the defense response against stressors, neurotransmitters in this multifaceted and coordinated response have not been revealed. In this brief review, here we summarize our recent discovery using orexin knockout mice and orexin neuron-ablated mice of possible contribution of orexin in the defense response and discuss future directions. (c) 2006 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI: 10.1016/j.autneu.2006.02.021

    Web of Science

    PubMed

  • WANG Yu, YOSHIOKA Kazuaki, AZAM Mohammed Ali, TAKUWA Noriko, SAKURADA Sotaro, KAYABA Yuji, SUGIMOTO Naotoshi, INOKI Isao, KIMURA Takaharu, KUWAKI Tomoyuki, TAKUWA Yoh .  Class II phosphoinositide 3-kinase alfa-isoform regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle. (共著) .  Biochem J.394 ( 3 ) 581 - 592   2006年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1042/BJ20051471

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Y Wang, K Yoshioka, MA Azam, N Takuwa, S Sakurada, Y Kayaba, N Sugimoto, Inoki, I, T Kimura, T Kuwaki, Y Takuwa .  Class II phosphoinositide 3-kinase alpha-isoform regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle .  BIOCHEMICAL JOURNAL394 ( 3 ) 581 - 592   2006年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PORTLAND PRESS LTD  

    We demonstrated previously that membrane depolarization and excitatory receptor agonists such as noradrenaline induce Ca(2+)- dependent Rho activation in VSM (vascular smooth muscle), resulting in MP (myosin phosphatase) inhibition through the mechanisms involving Rho kinase-mediated phosphorylation of its regulatory subunit MYPT1. In the present study, we show in de-endothelialized VSM strips that the PI3K (phosphoinositide 3-kinase) inhibitors LY294002 and wortmannin inhibited KCI membrane depolarization- and noradrenaline-induced Rho activation and MYPT1 phosphorylation, with concomitant inhibition of MLC (20-kDa myosin light chain) phosphorylation and contraction. LY294002 also augmented de-phosphorylation of MLC and resultantly relaxation in KCI-contracted VSM, whereas LY294002 was much less effective or ineffective under the conditions in which MP was inhibited by either a phosphatase inhibitor or a phorbol ester in Rho-independent manners. VSM express at least four PI3K isoforms, including the class I enzymes p110 alpha and p110 beta and the class II enzymes PI3K-C2 alpha and -C2 beta. The dose-response relationships of PI3K-inhibitor-induced inhibition of Rho, MLC phosphorylation and contraction were similar to that of PI3K-C2 alpha inhibition, but not to that of the class I PI3K inhibition. Moreover, KCl and noradrenaline induced stimulation of PI3K-C2 alpha in a Ca(2+)-dependent manner, but not of p110 alpha or p110 beta. Down-regulation of PI3K-C2 alpha expression by siRNA (small interfering RNA) inhibited contraction and phosphorylation of MYPT1 and MLC in VSM cells. Finally, intravenous wortmannin infusion induced sustained hypotension in rats, with inhibition of PI3K-C2 alpha activity, GTP-loading of Rho and MYPT1 phosphorylation in the artery. These results indicate the novel role of PI3K-C2 alpha in Ca(2+)-dependent Rho-mediated negative control of MP and thus VSM contraction.

    DOI: 10.1042/BJ20051471

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Maezawa Y., Yokote K., Sonezaki K., Fujimoto M., Kobayashi K., Kawamura H., Takuyama T., Takemoto M., Meda S., Kuwaki T., Mori S., Wahre J., Saito Y. .  Influence of C-peptide on early glomerular changes in diabetic mice. .  Diabe. Metabo. Res. Rev. 22   313 - 322   2006年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang Y., Yoshioka K., Azam M.A., Takuwa N., Sakurada S., Kayaba Y., Sugimoto N., Inoki I., Kimura T., Kuwaki T., Takuwa Y. .  Class II phosphoinositide 3-kinase alfa-isoform regulates Rho, myosin phosphatase and contraction in vascular smooth muscle. .  Biochem. J. 394   581 - 592   2006年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Koshimizu T., Nasa Y., Tanoue A., Oikawa R., Kawahara Y., Kiyono Y., Adachi T., Tanaka T., Kuwaki T., Mori T., Takeo S., Okamura H., Tsujimoto G. .  V1a vasopressin receptors maintain normal blood pressure by regulating circulating blood volume and baroreflex sensitivity. .  Proc. Natl. Acad. Sci.103   7807 - 7812   2006年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  ポンプとしての心臓、血液とリンパの流れ:循環力学(訳) .  ギャノング生理学原書22版、丸善、東京   586 - 615   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 藤田恵、桑木共之、永江愛、安東克之、藤田敏郎 .  血圧調節における交感神経活動と脳内酸化ストレスの関与 .  自律神経 43   59 - 63   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zhang,Wei, Sakurai,Takesi, Fukuda,Yasuitirou, Kuwaki,Tomoyuki .  Attenuated defense response induced by stimulation of amygdala or bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-ablated mice .  NEUROSCIENCE RESEARCH55 ( Suppl. 1 ) 0 - 0   2006年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

  • 桑木共之 .  攻撃行動と呼吸 .  呼吸の事典. (有田秀穂編)朝倉書店.   347 - 354   2006年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 桑木共之 .  マウスの呼吸・循環・自律神経測定法. .  日本薬理学雑誌127 ( 4 ) 297 - 303   2006年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/fpj.127.297

    CiNii Article

  • Dysregulation of TGF-b1 receptor leads to abnormal lung development and emphysema-like phenotype in core fucose-deficient mice (共著) .  Proc Natl. Acad. Sci.102 ( 44 ) 15791 - 15796   2005年11月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.0507375102

    Web of Science

  • Differential respiratory effects of [Dmt1]DALDA and morphine in mice. (共著) .  Eur J Pharmacol511 ( 2-3 ) 199 - 206   2005年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ejphar.2005.02.014

    Web of Science

  • Kuwaki T., Deng B.-S., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  Abnormal respiration in orexin knockout mice. .  Proceedings of the 2nd Interim Congress of the World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Society, ed AM. Kumar, HN. Mallick, Bologna Italy: Medimond S.r.l.   69 - 72   2005年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Wang X., Inoue S., Gu J., Miyoshi E., Noda K., Li W., Mizuno-Horikawa Y., Nakano M., Asahi M., Takahashi M., Uozumi N., Ihara S., Lee S.H., Ikeda Y., Yamaguchi Y., Aze Y., Tomiyama Y., Fujii J., Suzuki K., Kondo A., Shapiro S.D., Lopez-Otin C., Kuwaki T., Okabe M., Honke K., Taniguchi N. .  Dysregulation of TGF-β1 receptor leads to abnormal lung development and emphysema-like phenotype in core fucose-deficient mice. .  Proc. Natl. Acad. Sci. 102   15791 - 15796   2005年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimoyama M., Kuwaki T., Nakamura A., Fukuda Y., Shimoyama N., Schiller P.W., Szeto H.H. .  Differential respiratory effects of [Dmt1]DALDA and morphine in mice. .  Eur. J. Pharmacol 511   199 - 206   2005年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasue F., Kuwaki T., Kisanuki, YY., Yanagisawa M., Moriya H., Fukuda Y., Shimoyama M. .  Increased sensitivity to acute and persistent pain in neuron-specific endothelin-1 knockout mice. .  Neuroscience 130   349 - 358   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之、下山恵美、張薇、渡部慎司、桜井武、柳沢正史、福田康一郎 .  オレキシン欠損マウスにおけるストレス反応と自律神経症状 .  自律神経 42   113 - 119   2005年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 立石順久、平澤博之、織田成人、森口武史、桑木共之 .  HypercytokinemiaがHeart Rate Variability (HRV)に及ぼす影響 .  日本Shock学会誌 20   53 - 56   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Proceedings of the 2nd Interim Congress of the World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Society (共著) .  Medimond S.r.l., Bologna Italy   2005年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • がん性神経障害性疼痛の基礎研究 (共著) .  千葉医学雑誌81 ( 3 ) 113 - 115   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • オレキシン欠損マウスにおけるストレス反応と自律神経症状 (共著) .  自律神経42 ( 2 ) 113 - 119   2005年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ストレス防衛反応・睡眠時無呼吸とオレキシン (共著) .  千葉医学雑誌81 ( 3 ) 109 - 111   2005年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • バソプレシンと圧反射感受性亢進作用 .  日本臨床63   497 - 501   2005年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 圧受容体反射と血圧調節:最新の知見 .  血圧12 ( 6 ) 641 - 645   2005年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Kuwaki, B-S. Deng, A. Nakamura, W. Zhang, M. Yanagisawa, Y. Fukuda .  Abnormal respiration in orexin knockout mice. .  Proceedings of the 2nd Interim Congress of the World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Society   69 - 72   2005年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Increased sensitivity to acute and persistent pain in neuron-specific endothelin-1 knockout mice (共著) .  Neuroscience130 ( 2 ) 349 - 358   2005年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.neuroscience.2004.09.036

    Web of Science

  • T. Kuwaki, B-S. Deng, A. Nakamura, W. Zhang, M. Yanagisawa, Y. Fukuda .  Augmented sleep apnea and abnormality of chemoreflex in orexin knockout mice .  Proceedings of the 2nd Interim Congress of the World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Societies   69 - 72   2005年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:MEDIMOND S R L  

    We examined whether orexin, a recently discovered hypothalamic neuropeptide, participates in the control of breathing. Ventilation was recorded together with electroencephalography and electromyography in preproorexin knockout mice (KO). Respiratory parameters were separately determined during quiet wakefulness (QW), slow wave sleep (SWS), or rapid eye movement (REM) sleep. Although basal ventilation was normal in KO, spontaneous apneas during SWS and REM were more frequent than those in wildtype littermates. Hypercapnic ventilatory responses during QW were attenuated in KO whereas hypoxic responses were normal. Injection of orexin partially restored the hypercapnic chemoreflex in KO. Our findings suggest that orexin plays a crucial role both for CO2-sensitivity in wakefulness and for preserving ventilation stability during sleep.

    Web of Science

  • Effects of repeated ozone exposure on pulmonary function and bronchial responsiveness in mice sensitized with ovalbumin. (共著) .  Toxicology204 ( 1 ) 75 - 83   2004年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.tox.2004.06.047

    Web of Science

  • Inhibitory actions of endothelin-1 on pain processing (共著) .  J Cardiovasc Pharmacol44 ( suppl1 ) S318 - S320   2004年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    DOI: 10.1097/01.fjc.0000166271.40044.0c

    Web of Science

  • Sleep Apnea in Mice: A Useful Animal Model for Study of SIDS? (共著) .  Pathophysiology10 ( 3-4 ) 253 - 257   2004年6月招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pathophys.2004.01.018

    Scopus

  • 桑木共之 .  自律神経系(訳) .  トートラ人体の構造と機能、大野忠雄・黒澤美枝子・高橋研一・細谷安彦編、丸善、東京   565 - 585   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 桑木共之 .  ポンプとしての心臓、血液とリンパの流れ:循環力学. .  ギャノング生理学原書21版(訳)、丸善、東京   579 - 609   2004年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Funabashi H., Shima M., Kuwaki T., Hiroshima K., Kuriyama T. .  Effects of repeated ozone exposure on pulmonary function and bronchial responsiveness in mice sensitized with ovalbumin. .  Toxicology204   75 - 83   2004年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hasue F., Kuwaki T., Yamada H., Fukuda Y., Shimoyama M. .  Inhibitory actions of endothelin-1 on pain processing. .  J. Cardiovasc. Pharmacol. 44   S318 - S320   2004年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応時の自律神経出力調節におけるオレキシンの役割 .  自律神経41   122 - 127   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑木共之 .  自律神経系(訳) .  トートラ人体解剖生理学原書6版、佐伯由香・黒澤美枝子・細谷安彦・高橋研一編、丸善、東京   277 - 288   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Akira Nakamura, Tomoyuki Kuwaki .  Sleep apnea in mice: A Useful Animal Model for Study of SIDS? .  Pathophysiology10 ( 3/4 ) 253 - 257   2004年招待 査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tortora: Principles of Anatomy and Physiology (jointly worked) .      2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inhibitory Mechanisms of Dietary Calcium Intake Against Salt-Sensitive Hypertension (共著) .  Clinical and Experimental Hypertension26 ( 5 ) 415 - 416   2004年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Introduction to the Humana Body, 6th Ed, The Essentials of Anatomy and Physiology (jointly worked) .      2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • Effect of endothelin on vasomotor and respiratory neurons in the rostral ventrolateral medulla in rats (共著) .  Cell Molec Neurobiol23 ( 4-5 ) 691 - 707   2003年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1023/A:1025044701721

    Web of Science

  • Targeted disruption of adrenomedullin and aCGRP genes reveals their distinct biological roles (共著) .  Hypertension Res26   S105 - S108   2003年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1291/hypres.26.S105

    Web of Science

  • Sleep apnea and effect of chemostimulation on breathing instability in mice (共著) .  J Appl Physiol94 ( 2 ) 525 - 532   2003年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1152/japplphysiol.00226.2002

    Web of Science

  • Akira Nakamura, Tomoyuki Kuwaki .  Sleep apnea in mice: A Useful Animal Model for Study of SIDS? .  Early Human Development75 ( suppl 1 ) 167 - 174   2003年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ゾルピデムとトリアゾラムがマウスの睡眠時の呼吸におよぼす影響 (共著) .  新薬と臨床J New Remedies Clinics52 ( 12 ) 1646 - 1656   2003年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 食塩感受性高血圧に対する脳内アドレノメジュリンの抑制効果.(共著) (共著) .  薬理と臨床13 ( 9 )   2003年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Blood pressure regulation by rostral ventrolateral medulla: Contribution of endothelin (共著) .  Clin Exp Hypertens25   293 - 294   2003年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Blood pressures of endothelin-3 null (-/-) knockout mice and endothelin-A receptor null (-/-) knockout mice under anesthesia (共著) .  Clin Sci103   48S - 52S   2002年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Changes in blood pressure and heart rate by repetitive transcranial magnetic stimulation in rats (共著) .  Neurosci Lett329 ( 1 ) 57 - 60   2002年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0304-3940(02)00592-X

    Web of Science

  • YAMAUCHI T, SHIMA M, KUWAKI T, ANDO M, OHMICHI M, FUKUDA Y, ADACHI M .  Acute effects of ozone exposue on lung function in mice sensitized to ovalbumin (共著) .  Toxicology172 ( 1 ) 69 - 78   2002年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0300-483X(01)00588-1

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Renal damage and salt-dependent hypertension in aged transgenic mice overexpressing endothelin-1 (共著) .  J Mol Med80 ( 2 ) 105 - 116   2002年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00109-001-0284-4

    Web of Science

  • マウス新生児の血圧測定方法の開発とエンドセリン欠損マウスへの応用. (共著) (共著) .  薬理と臨床12 ( 2 ) 104 - 105   2002年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Postnatal development of blood pressure and baroreflex in mice (共著) .  Auton Neurosci94 ( 1-2 ) 34 - 41   2001年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S1566-0702(01)00339-3

    Web of Science

  • Elevated sympathetic nervous activity in mice deficient in alpha-CGRP (共著) .  Circ Res89 ( 11 ) 983 - 990   2001年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Vascular abnormalities and elevated blood pressure in mice lacking adrenomedullin gene (共著) .  Circulation104 ( 16 ) 1964 - 1971   2001年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • 脳脊髄液中のカルシウムによる血圧調節-食事による変化- (共著) .  薬理と臨床11 ( 2 ) 168 - 169   2001年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • エンドセリン異常と高血圧・ストレスモデル (共著) .  病理と臨床19   1141 - 1147   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢性循環・呼吸調節に関与する神経伝達物質:遺伝子改変マウスを用いた研究 .  千葉医学雑誌77   313 - 319   2001年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 呼吸中枢の生理と分子機序 (共著) .  胸部臨床60   184 - 187   2001年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Normal ventilation and ventilatory responses to chemical stimuli in juvenile mutant mice deficient in endothelin-3 (共著) .  Resp Physiol124 ( 1 ) 1 - 9   2000年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0034-5687(00)00181-X

    Web of Science

  • Role of endothelin-1 in stress response in the central nervous system (共著) .  Am J Physiol Regul Integ Comp Physiol279 ( 2 ) R515 - R521   2000年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Homocysteine as a risk factor for restenosis after coronary angioplasty (共著) .  Thromb Haemost84 ( 1 ) 27 - 31   2000年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Hypotension and resistance to lipopolysaccharide-induced shock in transgenic mice overexpressing adrenomedullin in their vasculature (共著) .  Circulation101 ( 19 ) 2309 - 2316   2000年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Disruption of the klotho Gene Causes Pulmonary Emphysema in Mice: Defect in Maintenance of Pulmonary Integrity during Postnatal Life (共著) .  Am J Resp Cell Mol Biol22 ( 1 ) 26 - 33   2000年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1165/ajrcmb.22.1.3554

    Web of Science

  • 圧受容器反射機構と血管運動中枢 .  日本臨床; PMID: 1102623158   25 - 29   2000年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • カルシウムによる血圧調節の中枢性メカニズム (共著) .  薬理と臨床; ISSN: 0917-399410 ( 4 ) 295 - 300   2000年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • COCEANI F, LIU Y‐A, SEIDLITZ E, KELSEY L, KUWAKI T, ACKERLEY C, YANAGISAWA M .  Deletion of the ETA receptor supresses oxgen-induced contraction but not postnatal closure of the ductus arteriosus (共著) .  J Cardiovasc Pharmacol36 ( 5 Supplement 1 ) S75 - S77   2000年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/00005344-200000006-00016

    Web of Science

    CiNii Article

  • KUWAKI T, LING G Y, ONODERA M, ISHII T, NAKAMURA A, JU K H, CAO W H, KUMADA M, FUKUDA Y .  Endothelin in the central control of cardiovascular and respiratory functions. (jointly worked) (共著) .  Clinical Experimental Pharmacology and Physiology26 ( 12 ) 989 - 994   1999年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1046/j.1440-1681.1999.03177.x

    Web of Science

    PubMed

  • Endothelin-A receptor is necessary for oxgen constriction but not closure of the ductus arteriosus. (jointly worked) (共著) .  American Journal of Physiology277 ( 4 ) H1521 - H1531   1999年10月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Elevation of blood pressare by senetic and pharmawlogical disruption of endothelin-B receptor in mice. (jointly worked) (共著) .  American Journal of Physiology276 ( 4 ) R1071 - R1077   1999年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Scopus

    PubMed

  • Hiroyuki Morita, Hiroki Kurihara, Yukiko Kurihara, Tomoyuki Kuwaki, Takayuki Shindo, Yoshio Oh-Hashi, Mamoru Kumada, Yoshio Yazaki .  Responses of blood pressure and catecholamine metabolism to high salt loading in endothelin-1 knockout mice .  Hypertension Research - Clinical and Experimental22 ( 1 ) 11 - 16   1999年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Hypertension  

    The molecular mechanism responsible for salt sensitivity is poorly understood. Mice heterozygous for the null mutation of the endothelin-1 (ET-1) gene, Edn1, may be a potential tool for studying this mechanism, because they have elevated blood pressure and disturbances in central sympathetic nerve regulation. In the present study, we used this mouse model to examine the degree to which ET-1 contributes to the responses of blood pressure and catecholamine metabolism to high salt loading. Male Edn1+/- heterozygous mice and Edn1+/+ wild-type littermates were given either a high salt (8%) or a normal salt (0.7%) diet for 4 wk. During the normal diet, renal ET-1 levels in Edn1+/- mice were approximately 50% lower than ET-1 levels in wild-type mice, whereas the high salt diet decreased renal ET-1 levels by about 50% in both Edn1+/- and wild-type mice. The high salt diet significantly increased urinary sodium excretion and fractional excretion of sodium (FENa) but did not affect circulating plasma volume, serum electrolytes, creatinine clearance, or systemic blood pressure. In addition, urinary norepinephrine and normetanephrine excretion were significantly increased, indicating that salt loading can increase sympathetic nerve activity in normal mice. These responses to salt loading did not differ between Edn1+/- mice and their wild-type littermates. We conclude that physiological changes in ET-1 production do not affect the responses of blood pressure and catecholamine metabolism to salt loading, although the renal ET-1 content is decreased by salt loading.

    DOI: 10.1291/hypres.22.11

    Scopus

    PubMed

  • Spectral characteristics of heart rate, blood pressare and renal sympathetic nerve activity under cessation of breathing. (jointly worked) (共著) .  Therapeutic Research20   53 - 59   1999年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 食塩負荷SHRにおける中枢神経カルシウム感受性の増大(共著) (共著) .  薬理と臨床9 ( 5 ) 489 - 494   1999年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 血管収縮因子-エンドセリン:血圧調節:中枢と末梢における多面的な役割 .  医学のあゆみ191 ( 5 ) 389 - 393   1999年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢性血圧調節機構:延髄 .  血圧6   975 - 980   1999年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Use of knockout mice in the cardiovascular research. .  Therapeutic Research20   60 - 62   1999年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sympathetic nervous activity in mice target-disrupted and overexpressing endothelin-1 gene. (jointly worked) (共著) .  Therapeutic Research20   63 - 65   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • LING G‐Y, CAO W‐H, ONODERA M, JU K‐H, KURIHARA H, KURIHARA Y, YAZAKI Y, KUMADA M, KUWAKI T .  Renal sympathetic Nerve activity in mice : Comparison between mice and rats and between normal and endotlaelin-1 deficient mice. (jointly worked) (共著) .  Brain Research808 ( 2 ) 238 - 249   1998年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0006-8993(98)00848-8

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • ISHII S, KUWAKI T, NAGASE T, MAKI K, SUNAGA S, CAO W‐H, KUME K, IKUTA K, SHIMIZU T .  Impaired anaphylactic responses with intact sensitivity to endotoxin in mice lacking a platelet-activationg factor receptor(jointly worked) (共著) .  Journal of Experimental Medicine187 ( 11 ) 1779 - 1788   1998年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1084/jem.187.11.1779

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Development of an analysis system for 24-hour blood pressure and heart rate variability in the rat. (jointly worked) (共著) .  Psychiatry Clinical Neuroscience52 ( 2 ) 169 - 172   1998年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Hypertension, hyperglyceridemia, and impaired endothelium-dependent vascular relaxation in mice lacking insulin receptor substrate-1(jointly worked) (共著) .  Journal of Clinical Investigation101 ( 8 ) 1784 - 1788   1998年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Cranial and cardiac neural crest defects in endothelin-A receptor-deficient mice(jointly worked) (共著) .  Development125 ( 5 ) 813 - 824   1998年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Hiroyuki Morita, Hiroki Kurihara, Yukiko Kurihara, Takayuki Shindo, Tomoyuki Kuwaki, Mamouru Kumada, Yoshio Yazaki .  Systemic and renal response to salt loading in endothelin-1 knockout mice .  Journal of Cardiovascular Pharmacology31 ( 1 ) S557 - S560   1998年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Lippincott Williams and Wilkins  

    Endothelin-1 (ET-1) knockout mice demonstrate elevated blood pressure, which may be associated with disturbance in central cardiorespiratory regulation. In this study we examined responses to salt loading in ET-1 knockout mice to investigate whether ET-1 is involved in the pathophysiology of salt-sensitive hypertension. Male Edn1+/- heterozygous mice and their wild-type littermates were fed either a high NaCl (8%) or a normal (0.2%) diet for 4 weeks. Systemic blood pressure and tissue ET-1 levels were measured as well as several parameters relating to sodium handling and volume homeostasis. On normal diet, renal ET-1 levels of Edn1+/- mice were about 50% of those of wild-type mice. A high-salt diet caused a significant decrease in renal ET-1 levels by about 50% in both groups. Urine volume, urinary sodium excretion, and FENa in mice on the 8% NaCl diet were significantly higher than those in mice on the 0.2% NaCl diet, whereas there were no differences in circulating plasma volume, serum electrocytes, and creatinine clearance. These responses were similar in Edn1+/- and wild-type mice. Although systemic blood pressure was significantly higher in Edn1+/- mice than in the wild-type, the effect of salt loading on blood pressure was not significant in either Edn1+/- or wild-type mice. We conclude that changes in ET-1 production within a physiologic range do not affect salt sensitivity, although renal ET-1 content is decreased by salt loading. © 1998 Lippincott-Raven Publishers.

    DOI: 10.1097/00005344-199800001-00161

    Scopus

    PubMed

  • Impaired autonomic nervous activity in the gene targeted mice assessed by power spectra of heart rate and arterial blood pressure variabilities. (jointly worked) (共著) .  Proceedings of 20th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society20 ( 4 ) 2099 - 2101   1998年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 遺伝子操作マウスを用いた循環・呼吸研究 .  薬理と臨床8 ( 5 ) 577 - 586   1998年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Determination of ventilatory volume in mice by whole body plethysmography(jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Physiology47 ( 4 ) 317 - 326   1997年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2170/jjphysiol.47.317

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Physiological role of brain endothelin in the central autonomic control : from neuron to knockout mouse(jointly worked) (共著) .  Progress in Neurobiology51 ( 5 ) 545 - 579   1997年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0301-0082(96)00063-9

    Web of Science

  • Differential central modulation of baroreflex by salt loading in normotensive and spontaneously hypertensive rats(jointly worked) (共著) .  Hypertension29 ( 3 ) 808 - 814   1997年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • 血圧・心電図R-R間隔変動のスペクトル解析:環境および遺伝因子に関する検討(共著) (共著) .  日本自律神経学会雑誌34 ( 3 ) 214 - 218   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K Ju, T Kuwaki, H Takeshima, M Iino, M Kumada .  Power spectral analysis of heart rate variability in ryanodine receptor type 3 knockout mice .  PROCEEDINGS OF THE 1997 16TH SOUTHERN BIOMEDICAL ENGINEERING CONFERENCE   7 - 10   1997年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    The role of ryanodine receptor type 3 (RyR-3) in the autonomic control of heart rate (HR) was studied by recording electrocardiogram (EGG) in conscious mutant mice totally lacking RyR-3 (RyR-3 knockout mice) and their wild-type littermates. In RyR-3 knockout mice, HR was not significantly altered but its variability, evaluated by the coefficient of variance of R-R intervals of EGG, was significantly reduced as compared to that of wild-type mice, Further, sympathetic and vagal control of HR were assessed on the basis of the power spectrum of R-R variability calculated by the autoregressive analysis modified by the maximum entropy method, Low (LF) and high frequency components (HF) and their power, either real values or normalized by total power, were calculated from the power spectrum, In RyR-3 knockout mice, normalized LF power and LF/HF ratio, representing cardiac sympathetic activity and sympatho-vagal balance, respectively, were significantly smaller than in wild-type mice, Additionally, total power and LF power tended to be smaller, These results support the view that insufficient sympathetic control of HR and altered sympatho-vagal balance underlies reduction of HR variability in RyR-3 knockout mice, In conclusion, RyR-3 participates in the physiological control of HR by the cardiac nerve in conscious mice.

    Web of Science

  • ノックアウトマウス:循環研究の新しい資源(共著) (共著) .  心臓29   77 - 79   1997年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11281/shinzo1969.29.Supplement2_77

  • Effects of compression stockings on blood pressure and its orthostatic change in female subjects(jointly worked) (共著) .  Journal of Pathophysiology4 ( 2 ) 81 - 86   1997年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/S0928-4680(97)00161-2

    Scopus

  • 循環調節へのストレスの生理学的インパクト .  循環器科42 ( 5 ) 387 - 391   1997年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 循環中枢の新しい考え方(共著) (共著) .  Clinical Neuroscience15 ( 4 ) 377 - 379   1997年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢神経系・自律神経系(高血圧症における神経・心血管・腎応答機能)(共著) (共著) .  日本臨床55 ( 8 ) 1982 - 1987   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ヒルシュスプルング病 .  小児外科29 ( 2 ) 217 - 222   1997年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Impaired ventilatory responses to hypoxia and hypercapnia in mutant mice deficient in endothelin-1. (jointly worked) (共著) .  American Journal of Physiology270 ( 6 ) R1279 - R1286   1996年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Proceedings of the 2nd IMIA-IFMBE International Workshop on Biosignal Interpretation (共著) .      1996年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K Ju, S Onishi, H Yamazaki, T Kuwaki, A Ono, T Fujita, M Kumada .  Power spectral analysis of arterial pressure fluctuations in salt-loaded spontaneously hypertensive rats .  PROCEEDINGS OF THE IEEE TWENTY-SECOND ANNUAL NORTHEAST BIOENGINEERING CONFERENCE   3 - 4   1996年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

  • Proceedings of 15th Southern Biomedical Engineering Conference (jointly worked) .      1996年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • トランスジェニックマウスおよびノックアウトマウスによる血圧解析(共著) (共著) .  実験医学14 ( 2 ) 1748 - 1752   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 酸素センサーによるイオンチャンネルと遺伝子の調節(共著) (共著) .  生体の科学47   19 - 22   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.11477/mf.2425901055

  • 酸素および二酸化炭素検出の分子機構(共著) (共著) .  Porphyrins5 ( 1 ) 13 - 19   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢性循環呼吸調節の解析法(共著) .  実験医学14 ( 2 ) 1730 - 1734   1996年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Role of endothelin central cardiorespiratory control : Modern and classical approaches (jointly worked) (共著) .  News in Physiological Sciences10   228 - 233   1995年10月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Proceedings of IEEE EMBC & CMBE (jointly worked) .      1995年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Gene expression of endothelin isoforms and receptors in endothelin-1knockout mice (jointly worked) (共著) .  Journal of Cardiovascular Pharmacology26 ( suppl.3 ) S17 - S21   1995年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • Impaired development of the thyroid and thymus in endothelin-1knockout mice (jointly worked) (共著) .  Journal of Cardiovascular Pharmacology26 ( suppl.3 ) S13 - S16   1995年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • 前村浩二, 栗原由紀子, 栗原裕基, 鈴木宏志, 小田秀明, 桑木共之, 石川隆俊, 熊田衛, 矢崎義雄 .  ジーンターゲティングによるエンドセリン‐1遺伝子欠損マウスの確立とその解析 .  Ther Res15 ( 10 ) 3918 - 3922   1994年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    J-GLOBAL

  • High Calcium Diet Prevents Baroreflex Impairment in Salt-Loaded Spontaneously Hypertensive Rats(jointly worked) (共著) .  Hypertension24 ( 1 ) 83 - 90   1994年7月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • KURIHARA Y, KURIHARA H, SUZUKI H, ODA H, KUWAKI T, KAMADA N, OUCHI Y, AZUMA S, YAZAKI Y .  Elevated blood pressure and craniofacial abnormalities in mice deficient in endothelin-1(jointly worked) (共著) .  Nature368 ( 6473 ) 703 - 710   1994年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/368703a0

    Web of Science

    PubMed

  • Proceedings of the 25th Seminar on Science and Technology: Neuroscience (jointly worked) .      1994年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • エンドセリンと中枢神経系(共著) (共著) .  医学の歩み170 ( 5 ) 383 - 387   1994年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y KURIHARA, H KURIHARA, H SUZUKI, T KODAMA, K MAEMURA, R NAGAI, H ODA, T KUWAKI, WH CAO, N KAMADA, K JISHAGE, Y OUCHI, S AZUMA, Y TOYODA, T ISHIKAWA, M KUMADA, Y YAZAKI .  ESTABLISHMENT OF MICE CARRYING THE MUTANT ENDOTHELIN-1 GENE BY GENE TARGETING .  ENDOTHELIUM-DERIVED FACTORS AND VASCULAR FUNCTIONS1051   87 - 92   1994年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE PUBL B V  

    Web of Science

  • Endothelin in the brain and its effect on central control of the circulation and other functions(jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Physiology44 ( 1 ) 1 - 18   1994年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2170/jjphysiol.44.1

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Central Nervous System and Blood Pressure Control 1994 -Proceedings of The 9th Workshop on "Brain and Blood Pressure Control"- (jointly worked) .  Yubunsha Publishing   1994年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • 自律神経機能とエンドセリン(共著) (共著) .  自律神経31 ( 3 ) 257 - 261   1994年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 心臓血管中枢の局在と神経機構(共著) (共著) .  自律神経31 ( 4 ) 347 - 350   1994年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 動脈圧受容器反射と高血圧(共著) (共著) .  医学の歩み169 ( 5 ) 509 - 514   1994年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢神経系の交感神経受容体と循環調節(共著) (共著) .  治療学28 ( 3 ) 263 - 266   1994年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Action of endothelin-1 on vasomotor neurons in rat rostral ventrolateral medulla(jointly worked) (共著) .  Journal of Cardiovascular Pharmacology22   S196 - S198   1993年国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

    Web of Science

  • Central Nervous System and Blood Pressure Control 1993 -Proceedings of The 8th Workshop on "Brain and Blood Pressure Control"- (jointly worked) .  Yubunsha Publishing   1993年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 延髄の血管運動中枢について (共著) .  東京女子医科大学雑誌63 ( 1 ) 17 - 25   1993年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ventrolateral Medullaと循環系の神経性調節(共著) (共著) .  Therapeutic Research14 ( 3 ) 963 - 997   1993年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoyuki KUWAKI .  Effects of endothelin on central neural control of the circulation and respiration. .      1992年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Endothelin in the brain and its possible role in the control of cardiorespiratory and neuroendocrine functions. (jointly worked) (共著) .  Therapentic Research13 ( 1 ) 260 - 266   1992年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中枢神経系におけるエンドセリンとその作用(共著) (共著) .  血管と内皮2 ( 3 ) 259 - 266   1992年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Endothelin-sensitive areas in the ventral surface of the rat medulla. (jointly worked) (共著) .  Journal of the Autonomic Nervous System36 ( 2 ) 149 - 158   1991年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • New Trends in Autonomic Nervous System Research (共著) .  Elsevier   1991年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ingegrated Handbook of Internal Medicine (jointly worked) .      1991年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KUWAKI T, KOSHIYA N, TERUI N, KUMADA M .  Endothelin-1 modulates cardiorespiratory control by the central nervous system (jointly worked) (共著) .  Neurochemistry International18 ( 4 ) 519 - 524   1991年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/0197-0186(91)90150-C

    Web of Science

  • Cardiorespiratory effects of topical application of endothelin-1 to the ventral surface of the rat's medulla(jointly worked) (共著) .  Journal of Cardiovascular Pharmacology17   S343 - S345   1991年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • M KUMADA, N TERUI, Y SAEKI, T KUWAKI .  BAROSENSITIVE NEURONS IN THE ROSTRAL AND CAUDAL VENTROLATERAL MEDULLA AND THEIR RESPONSES TO ACTIVATION OF SOMATIC AFFERENT-FIBERS .  NEW TRENDS IN AUTONOMIC NERVOUS SYSTEM RESEARCH951   393 - 396   1991年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE PUBL B V  

    Web of Science

  • 血圧の調節機構(共著) (共著) .  臨床医17 ( 11 ) 2124 - 2127   1991年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • エンドセリンの中枢性循環調節作用(共著) (共著) .  最新医学46 ( 1 ) 69 - 75   1991年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T KUWAKI, WH CAO, M YAMAMOTO, N KOSHIYA, N TERUI, M KUMADA .  MODULATION OF NEURAL CARDIORESPIRATORY CONTROL BY ENDOTHELIN-1 AND ENDOTHELIN-3 .  NEW TRENDS IN AUTONOMIC NERVOUS SYSTEM RESEARCH951   352 - 352   1991年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE PUBL B V  

    Web of Science

  • KUWAKI T, KOSHIYA N, TAKAHASHI H, TERUI N, KUMADA M .  Modulatory effects of rat endothelin on central cardiovascular control in rats. (jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Physiology40 ( 1 ) 97 - 116   1990年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2170/jjphysiol.40.97

    Web of Science

    PubMed

  • Arterial baroreceptor reflex : its central and peripheral neural mechanisms. (jointly worked) (共著) .  Progress in Neurobiology35 ( 5 ) 331 - 361   1990年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

  • 鼓動する-血圧調節と脳(共著) (共著) .  Brain Medical2 ( 4 ) 21 - 26   1990年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • KUWAKI T, KOSHIYA N, CAO W‐H, TAKAHASHI H, TERUI N, KUMADA M .  Modulatory effects of endothelin-1 on central cardiovascular control in rats. (jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Physiology40 ( 6 ) 827 - 841   1990年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2170/jjphysiol.40.827

    Web of Science

    PubMed

  • Tomoyuki Kuwaki, Hisashi Satoh, Takaharu Ono, Fumio Shibayama, Tadashi Yamashita, Tsuyoshi Nishimura .  Nilvadipine attenuates ischemic degradation of gerbil brain cytoskeletal proteins .  Stroke20 ( 1 ) 78 - 83   1989年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    We have previously demonstrated that transient cerebral ischemia induces marked decreases in concentrations of cytoskeletal proteins and have suggested putative involvement of caipain in the decrease of microtubule-associated protein 2 (MAP2) content. We examine the effect of nilvadipine, a new calcium channel blocker, on protein degradation in gerbil brains after 5 minutes of bilateral carotid artery occlusion and compare this effect with those of nimodipine and nicardipine. By densitometric quantification of the electrophoretically separated soluble proteins, mean ± SEM MAP2 content hi the hippocampus (14.4±1.8 μg/mg protein) was depleted (5.4±0.5 μg/mg, p&lt
    0.01) 4 days after ischemia
    this depletion was significantly inhibited by 1 or 10 mg nilvadipine/kg/day. MAP2 content was also depleted in vitro when normal nonischemic brain extract was incubated with calcium, but this degradation was not inhibited by the calcium channel blockers. Our results suggest that calcium channel blockers do not act directly on caipain but act at the calcium channels of neurons and may suppress activation of the enzyme and attenuate ischemic degradation of cytoskeletal protein. We found nilvadipine to be the most potent drug among those studied, and we believe it could be useful for the treatment of cerebral ischemia. © 1988 American Heart Association, Inc.

    DOI: 10.1161/01.STR.20.1.78

    Scopus

    PubMed

  • セロトニンと中枢性血圧調節(共著) (共著) .  代謝26   49 - 54   1989年査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effects of acetyl-L-carnitine on the brain lipofuscin content and emotional behavior in aged rats (共著) .  Japanese Journal of Pharmacology48 ( 3 ) 365 - 371   1988年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.48.365

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Rostral ventrolateral medulla and integrative control of sympathetic vasoconstrictor activity (jointly worked) (共著) .  Therapeutic Research8   1603 - 1615   1988年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Effect of long-term dosing with tiapride on brain dopamine receptors and metabolism in rats Comparative study with sulpiride and haloperidol(jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Pharmacology44 ( 4 ) 393 - 403   1987年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.44.393

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Comparative study of tiapride and neuroleptics with anti-dopamine activity on convulsive seizure in mice(jointly worked) (共著) .  Japanese Journal of Pharmacology43 ( 1 ) 27 - 32   1987年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1254/jjp.43.27

    Web of Science

    PubMed

    CiNii Article

  • Brain and blood pressure control (jointly worked) .  Elsevier science publishers   1986年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • Phosphorylation of microtuble-associated proteins (MAPs) controls both microtubule assembly and MAPs-actin interaction (jointly worked) (jointly worked) .  Academic Press, Tokyo   1982年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • E NISHIDA, T KUWAKI, H SAKAI .  PHOSPHORYLATION OF MICROTUBULE-ASSOCIATED PROTEINS (MAPS) AND PH OF THE MEDIUM CONTROL INTERACTION BETWEEN MAPS AND ACTIN-FILAMENTS .  JOURNAL OF BIOCHEMISTRY90 ( 2 ) 575 - 578   1981年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:JAPANESE BIOCHEMICAL SOC  

    Web of Science

  • A new regulatory protein that affects the state of actin polymerization(jointly worked) (共著) .  Journal of Biochemistry89 ( 5 ) 1655 - 1658   1981年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Web of Science

▼全件表示

書籍等出版物

  • SLEEP HORMONES: Orexin Neurons and Emotional Stress

    T Kuwaki, W Zhang( 担当: 共著)

    Academic Press, New York  2012年5月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • Autonomic malfunctions in mice model of narcolepsy.

    Kuwaki T., Zhang W.( 担当: 共著)

    Narcolepsy: Symptoms, Causes and Diagnosis and Treatment. (Eds: Guillermo Santos & Lautar Villalba) Nova Science Publishers, NY.   2010年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:147   担当ページ:pp.1-33   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 医学大辞典第2版

    桑木共之( 担当: 分担執筆)

    医学書院  2009年2月 

     詳細を見る

    総ページ数:3538   担当ページ:14項目   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 睡眠学:呼吸器系と睡眠

    桑木共之( 担当: 分担執筆)

    朝倉書店(東京)、日本睡眠学会編  2009年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:752   担当ページ:p131-135   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 呼吸の事典:攻撃行動と呼吸

    桑木共之( 担当: 分担執筆 ,  範囲: 攻撃行動と呼吸)

    有田秀穂編、朝倉書店、東京  2006年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:728   担当ページ:pp. 347-354   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • State-dependent adjustment of the central autonomic regulation: Role of orexin in emotional behavior and sleep/wake cycle.

    Kuwaki T., Zhang W., Nakamura A.( 担当: 共著)

    Central Mechanisms of Cardiovascular Regulation, ed T. Kubo, T. Kuwaki, Kerala, India: Research Signport  2007年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp57-73   記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 最新自律神経学:分子生物学的手法を用いた自律神経研究

    桑木共之( 担当: 分担執筆)

    宇尾野公義・入来正躬監修、新興医学出版社、東京  2007年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:440   担当ページ:p. 392-397   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 自律神経の基礎と臨床:末梢血管

    桑木共之( 担当: 分担執筆)

    自律神経の基礎と臨床改訂3版、後藤由夫・本郷道夫編、医薬ジャーナル社、大阪  2006年1月 

     詳細を見る

    担当ページ:pp170-176   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • トートラ人体解剖生理学 査読

    Tortora Gerard J., Derrickson Bryan, 佐伯 由香, 石橋 隆治, 細谷 安彦, 高橋 研一, 桑木 共之( 担当: 編訳)

    丸善出版  2020年  ( ISBN:9784621305393

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

  • 標準生理学 第9版

    桑木共之( 担当: 共著 ,  範囲: 第10編 循環、第37章 循環系の調節 B.中枢性調節機構, C.内分泌性調節機構, D.局所性調節機構)

    標準生理学第9版、本間研一(監修)、医学書院、東京  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1172   担当ページ:670-690   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • トートラ人体の構造と機能 原書15版

    桑木共之, 黒澤美枝子, 高橋研一, 細谷安彦(編訳)( 担当: 共訳 ,  範囲: 15.自律神経系)

    丸善  2019年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:1290   担当ページ:545-567   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • オレキシンと自律神経機能調節 in Annual Review神経2019

    桑木共之( 担当: 単著)

    中外医学社  2019年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:327   担当ページ:284-290   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • トートラ人体の構造と機能 査読

    Tortora Gerard J., Derrickson Bryan, 桑木 共之, 黒沢 美枝子, 高橋 研一, 細谷 安彦( 担当: 編訳)

    丸善出版  2019年  ( ISBN:9784621303566

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

  • ギャノング生理学原書25版

    桑木共之( 担当: 共訳 ,  範囲: ポンプとしての心臓、体液の循環成分としての血液、血液とリンパの循環力学)

    丸善  2017年11月 

     詳細を見る

    総ページ数:898   担当ページ:641-692   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • トートラ人体解剖生理学 原書10版

    佐伯由香, 細谷安彦, 高橋研一, 桑木共之(編訳)( 担当: 共訳 ,  範囲: 11.自律神経系)

    丸善  2017年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:667   担当ページ:285-295   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • トートラ人体解剖生理学 原書11版

    佐伯由香, 細谷安彦, 高橋研一, 桑木共之(編訳)( 担当: 共訳 ,  範囲: 11.自律神経系)

    丸善  2017年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:670   担当ページ:283-294   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • トートラ人体解剖生理学 査読

    Tortora Gerard J., Derrickson Bryan, 佐伯 由香, 細谷 安彦, 高橋 研一, 桑木 共之, 石橋 隆治( 担当: 編訳)

    丸善出版  2017年  ( ISBN:9784621300695

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

    CiNii Books

  • 情動と呼吸—自律系と呼吸法—

    桑木共之( 担当: 単著 ,  範囲: 自律神経と情動)

    朝倉書店  2016年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:159   担当ページ:46-68   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環系の調節

    桑木共之( 担当: 共著)

    標準生理学第8版、小澤瀞司・福田康一郎(監修)、医学書院、東京  2014年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ギャノング生理学原書24版

    桑木共之( 担当: 共訳 ,  範囲: ポンプとしての心臓、体液の循環成分としての血液、血液とリンパの循環力学)

    丸善  2014年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:860   担当ページ:615-667   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 血液中での酸素と二酸化炭素の輸送(訳)

    桑木共之( 担当: 編集)

    ボロン・ブールペープ生理学、西村書店、東京  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ギャノング生理学原書23版

    桑木共之( 担当: 共訳 ,  範囲: ポンプとしての心臓、体液の循環成分としての血液、血液とリンパの循環力学)

    丸善  2011年1月 

     詳細を見る

    総ページ数:838   担当ページ:592-644   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環系の調節

    桑木共之( 担当: 単著)

    標準生理学第7版、小澤瀞司・福田康一郎(総編集)、医学書院、東京  2009年2月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 循環系の調節

    桑木共之( 担当: 単著)

    標準生理学第6版、小澤瀞司・福田康一郎・本間研一・大森治紀・大橋俊夫編、医学書院、東京  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • エンドセリン異常と高血圧・ストレスモデル.

    栗原由紀子、桑木共之、栗原裕基( 担当: 共著)

    ヒト疾患モデル-難病の病態解明と診断・治療への応用ー(秦順一編)文光堂、東京  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 呼吸の分子生物学:現状と未来.

    桑木共之( 担当: 単著)

    呼吸のバイオロジー:なぜ呼吸は止められるか(佐藤二郎監修)メディカル・サイエンス・インターナショナル、東京  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 睡眠と呼吸:遺伝子生理学から見た睡眠時の呼吸.

    中村晃、桑木共之( 担当: 共著)

    呼吸のバイオロジー:なぜ呼吸は止められるか(佐藤二郎監修)メディカル・サイエンス・インターナショナル、東京  2004年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • Thermoregulation under pressure: a role for orexin neurons. 査読

    Tomoyuki KUWAKI

    Temperature   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1080/23328940.2015.1066921

  • A key role of orexin (hypocretin) neurons in the fight-or-flight response.

    Kuwaki T.

    Physiology News   83   15 - 17   2011年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    その他リンク: http://www.physoc.org/site/cms/contentChapterView.asp?chapter=151

  • Orexin links emotional stress to autonomic functions. 査読

    Kuwaki T.

    Autonom Neurosci   161   20 - 27   2011年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.autneu.2010.08.004

  • State-dependent central chemoreception: A role of orexin. 査読

    Kuwaki T., Li A., Nattie E.

    Resp Physiol Neurobiol   173   223 - 229   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2010.02.006

  • Orexin neurons as arousal-associated modulators of central cardiorespiratory regulation. 査読

    Kuwaki T., Zhang W.

    Resp Physiol Neurobiol   174   43 - 54   2010年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2010.04.018

  • Emotional and state-dependent modification of cardiorespiratory function: role of orexinergic neurons. 査読

    Kuwaki T., Zhang W., Nakamura A., Deng B.-S.

    Autonom. Neurosci. Basic Clin.   142   11 - 16   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.autneu.2008.03.004

  • Orexinergic modulation of breathing across vigilance states. 査読

    Kuwaki T.

    Resp. Physiol. Neurobiol.   164   204 - 212   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.resp.2008.03.011

  • Multiple components of the defense response depend on orexin: Evidence from orexin knockout mice and orexin neuron-ablated mice. 査読

    Zhang W., Shimoyama M., Fukuda Y., Kuwaki, T.

    Autonom. Neurosci. Basic Clin.   126-127   139 - 145   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.autneu.2006.02.021

  • Sleep apnea in mice: A useful animal model for study of SIDS? 査読

    Nakamura A., Kuwaki T.

    Pathophysiology   10 ( 3/4 )   253 - 257   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pathophys.2004.01.018

  • マウスの呼吸・循環測定方法 査読

    桑木共之

    The Lung Perspectives   16 ( 3 )   380 - 396   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • マウスの呼吸・循環・自律神経測定法 [Measurements of respiratory, cardiovascular, and autonomic functions in mice.] 査読

    桑木共之

    日本薬理学雑誌 [Nippon Yakurigaku Zasshi. Folia Pharmacologica Japonica]   127   297 - 303   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A13 dopamine cell group in the zona incerta is a key neuronal nucleus in nociceptive processing 査読 国際誌

    Moriya S.

    Neural Regeneration Research   16 ( 7 )   1415 - 1416   2021年7月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)   出版者・発行元:Neural Regeneration Research  

    DOI: 10.4103/1673-5374.300991

    Scopus

    PubMed

  • タバコ煙等の気体ストレスに対する呼吸応答 査読

    桑木共之

    自律神経   57 ( 1 )   26 - 30   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 酸素センシングと酸素リモデリングにおけるTRPA1の役割解明

    桑木共之、柏谷英樹

    平成26年度〜平成30年度科学研究費補助事業新学術領域研究(研究領域提案型)領域番号3602「酸素を基軸とする生命の新たな統合的理解」研究成果報告書   51 - 52   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • たばこ煙成分の刺激による呼吸抑制・咳反射の機序解明

    桑木共之、柏谷英樹

    令和元年度喫煙科学研究財団研究年報   405 - 410   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • ストレス防衛反応を制御する中枢自律神経系 査読

    桑木共之

    自律神経   57 ( 3 )   157 - 164   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • たばこ煙成分の刺激による呼吸抑制・咳反射の機序解明

    桑木共之、柏谷英樹

    平成30年度喫煙科学研究財団研究年報   397 - 401   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • たばこ煙成分の刺激による呼吸抑制・咳反射の機序解明

    桑木共之、柏谷英樹

    平成29年度喫煙科学研究財団研究年報   373 - 377   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 第67回西日本生理学会開催報告

    桑木共之

    鶴陵会会報   45   2017年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:会議報告等  

  • たばこ煙成分の刺激による呼吸抑制・咳反射の機序解明

    桑木共之、柏谷英樹

    喫煙科学研究財団研究年報   268 - 272   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 鹿児島大学における研究医養成の取り組み

    桑木共之

    国立大学医学部長会議「研究医への第一歩」   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等   出版者・発行元:国立大学医学部長会議  

  • 三叉神経のワサビ受容体による危機回避

    米満亨、桑木共之

    日本生理学雑誌   76 ( 1 )   11   2014年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 交感神経活動調節の中枢神経回路 査読

    大塚曜一郎、桑木共之

    Cardiovascular Frontier   4 ( 1 )   15 - 20   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • The role of glutamate as a co-neurotransmitter from orexin neurons in methamphetamine-induced physiological response 査読 国際誌

    Yoko Ikoma, Kohei Miyata, Tomoyuki Kuwaki, Youichirou Ootsuka

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S268 - S268   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Web of Science

  • Glutamate in orexin neurons is important for stress-induced thermogenesis 査読 国際誌

    Ami Matsumoto, Kohei Sameshima, Rintaro Kubo, Masanori Kawataki, Youichirou Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S264 - S264   2013年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Web of Science

  • Orexin System is Involved in Ultradian Episodic Increase of Heart rate and Locomotor Activity 査読 国際誌

    Kohei Miyata, Youichirou Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   63   S57 - S57   2013年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER JAPAN KK  

    Web of Science

  • ストレスと中枢性循環調節

    桑木共之

    呼吸と循環   60 ( 3 )   275 - 282   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 15.自律神経系 招待 査読

    桑木共之, 黒澤美枝子, 高橋研一, 細谷安彦, 石橋隆治, 伊藤誠二, 伊藤正裕, 江崎太一, 大塚盛男, 大友和夫, 大野忠雄, 菊田彰夫, 小林直人, 佐伯由香, 桜木晃彦, 杉野一行, 多賀谷昭, 武田利明, 樗木晶子, 照井直人, 福島順子, 松下松雄, 簑田昇一, 八木沼洋行, 山本三幸, 吉永一也, 依藤宏, 渡辺定博

    トートラ人体の構造と機能 第4版(原書13版)   585 - 1142   2012年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 31. ポンプとしての心臓、32. 体液の循環成分としての血液、血液とリンパの循環力学 招待 査読

    岡田泰伸, 井上真澄, 上田陽一, 岡田泰昌, 岡田幸雄, 岡村康司, 越久仁敬, 北川誠一, 河原克雅, 久保川学, 倉知嘉久, 黒澤美枝子, 桑木共之, 小西真人, 佐久間康夫, 鈴木裕一, 勢井宏義, 泰羅雅登, 高木都, 多久和陽, 照井直人, 古谷和春, 本間生夫, 真鍋俊也, 三木隆司, 水村和枝, 籾山俊彦, 八尾寛, 矢田俊彦, 山本哲朗, 吉田薫, 渡辺修一

    ギャノング生理学原書23版   592 - 644   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 11.自律神経系 招待 査読

    石橋隆治, 伊藤誠二, 伊藤正裕, 大塚盛男, 大友和夫, 大野忠雄, 菊田彰夫, 黒澤美枝子, 顧寿智, 小林直人, 杉野一行, 千田隆夫, 武田利明, 樗木晶子, 照井直人, 前田ひとみ, 松下松雄, 山本三幸, 吉永一也, 依藤宏, 訳, 佐伯由香, 細谷安彦, 高橋研一, 桑木共之

    トートラ人体解剖生理学 原書8版   284 - 296   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 28章 血液中での酸素と二酸化炭素の輸送. 招待 査読

    泉井亮, 総監訳, 河南洋, 久保川学, 監訳, 青木史暁, 赤池紀生, 石川義弘, 石山延吉, 上田陽一, 上野伸哉, 大野忠雄, 河原克雅, 河南洋, 北村竜一, 久保川学, 桑木共之, 小島至, 佐々木和彦, 高瀬堅吉, 土田成紀, 照井直人, 中村晃, 花森隆充, 福田康一郎, 藤原広明, 船橋利也, 山_将生, 山田聡子, 山本頼綱, 井亮

    ボロン・ブールペープ生理学   684 - 699   2011年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 神経性循環制御:an update.

    桑木共之

    循環制御   30 ( 3 )   142 - 148   2010年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 視床下部による自律系の統合調節:オレキシンの役割 査読

    桑木共之

    自律神経   47 ( 3 )   236 - 243   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トートラ人体の構造と機能 第3版(原書12版) 招待 査読

    桑木共之, 黒澤美枝子, 高橋研一, 細谷安彦, 石橋隆治, 伊藤誠二, 伊藤正裕, 大塚盛男, 大友和夫, 大野忠雄, 小澤一史, 菊田彰夫, 小林直人, 佐伯由香, 桜木晃彦, 杉野一行, 多賀谷昭, 武田利明, 樗木晶子, 照井直人, 福島順子, 松下松雄, 簑田昇一, 八木沼洋行, 矢田純一, 山本三幸, 依藤宏, 渡辺定博

    427 - 704   2010年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Stress-induced thermogenesis is mediated by orexin neurons 査読 国際誌

    Jinko Sunanaga, Yoshiko Takahashi, Wei Zhang, Takeshi Sakurai, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   60   S187 - S187   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

  • Orexin neurons contribute to prostaglandin E2-induced fever 査読 国際誌

    Yoshiko Takahashi, Jinko Sunanaga, Wei Zhang, Takeshi Sakurai, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68   E394 - E394   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.1746

    Web of Science

  • A role of p38 MAPK in bleomycin-induced pneumonitis 査読 国際誌

    Yoshitoshi Kasuya, Fumihiro Sugiyama, Yuji Matsuo, Kana Namiki, Junji Ishida, Tomoyuki Kuwaki, Tatsuhiko Sudo, Sayuri Shibata, Masahiko Hagihara, Koichiro Tatsumi, Akiyoshi Fukamizu, Sadao Kimura

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   112   101P - 101P   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • Orexin neurons mediate stress-induced hyperthermia 査読 国際誌

    Jinko Sunanaga, Yoshiko Takahashi, Wei Zhang, Takeshi Sakurai, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   68   E394 - E394   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2010.07.1745

    Web of Science

  • Prostaglandin E2-induced fever is mediated by orexin-containing neurons 査読 国際誌

    Yoshiko Takahashi, Jinko Sunanaga, Wei Zhang, Takeshi Sakurai, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki

    JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES   60   S188 - S188   2010年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:SPRINGER TOKYO  

    Web of Science

  • 視床下部による自律機能の調節におけるオレキシンの役割

    桑木共之

    生体の科学   60 ( 5 )   474 - 475   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Lack of handling stress-induced hyperthermia in orexin neuron-ablated mice 査読 国際誌

    Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang, Takeshi Sakurai

    FASEB JOURNAL   23   2009年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • 第9章 循環 IV.循環系の調節 B.中枢性調節機構 3.いくつかの循環反応, C.内分泌性調節機構, D.局所性調節機構1.短期的機構 招待 査読

    桑木共之, 福田康一郎

    標準生理学第7版   629 - 636   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 呼吸器系と睡眠. 招待 査読

    桑木共之

    睡眠学   131 - 135   2009年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Possible contribution of orexin-containing neurons to stress-induced thermogenesis 査読 国際誌

    Jinko Sunanaga, Wei Zhang, Takeshi Sakurai, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   65   S184 - S184   2009年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    DOI: 10.1016/j.neures.2009.09.988

    Web of Science

  • Emotional Modification of the cardiorespiratory Regulation System. 査読

    Kuwaki T., Zhang W.

    Tzu Chi Med. J.   20   82 - 90   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 「分子と個体のかけ橋」再び. 招待

    桑木共之

    内藤財団時報   82   91 - 91   2008年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • Phrenic long-term facilitation in mice 査読 国際誌

    Shinichi Toyama, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   61   S189 - S189   2008年

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

  • Ventilatory long-term facilitation in mice depends on orexin 査読 国際誌

    Jiro Terada, Akira Nakamura, Wei Zhang, Masashi Yanagisawa, Takyuki Kuriyama, Yasuichiro Fukuda, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   61   S113 - S113   2008年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

  • Orexin is necessary both for hypercapnic ventilatory responses during awake state and for prevention of sleep apheas 査読 国際誌

    Akira Nakamura, Wei Zhang, Masashi Yanagisawa, Yasuichiro Fukuda, Tomoyuki Kuwaki

    FASEB JOURNAL   21 ( 6 )   A921 - A921   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • Distribution of the extracellular calcium-sensing receptors in the cardiovascular regulatory regions in the rat brain 査読 国際誌

    Tomoyuki Kuwaki, Eun-Young Lee, Yasuichiro Fukuda

    FASEB JOURNAL   21 ( 5 )   A472 - A473   2007年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • The role of p38 in epilepsy 査読 国際誌

    Kana Namiki, Akira Nakamura, Mitsuko Furuya, Yuji Matsuo, Naoki Tokuhara, Tatsuhiko Sudo, Hiroshi Hama, Tomoyuki Kuwaki, Akiyoshi Fukamizu, Shingo Yano, Sadao Kimura, Yoshitoshi Kasuya

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   103   108P - 108P   2007年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • 11.自律神経系

    石橋隆治, 伊藤誠二, 伊藤正裕, 大塚盛男, 大友和夫, 大野忠雄, 菊田彰夫, 桑木共之, 顧寿智, 小林直人, 杉野一行, 千田隆夫, 武田利明, 樗木晶子, 照井直人, 松下松雄, 矢田純一, 山本三幸, 吉永一也, 藤宏

    トートラ人体解剖生理学 原書7版   275 - 287   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 15.自律神経系 招待 査読

    大野忠雄, 黒澤美枝子, 高橋研一, 細谷安彦, 石橋隆治, 伊藤正裕, 大塚盛男, 大友和夫, 小澤一史, 河合祥雄, 桑木共之, 佐伯由香, 桜木晃彦, 杉野一行, 鈴木郁子, 多賀谷昭, 武田利明, 樗木晶子, 照井直人, 根本清次, 福島順子, 松下松雄, 簑田昇一, 八木沼洋行, 矢田純一, 山内昭雄, 山本三幸, 渡辺定博

    トートラ人体の構造と機能 第2版   536 - 557   2007年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • オレキシン神経と防衛反応 査読

    桑木共之

    Clinical Neuroscience   24   1178   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 血圧調節における交感神経活動と脳内酸化ストレスの関与 (共著) 招待 査読

    自律神経   43 ( 1 )   59 - 63   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 自律神経の基礎と臨床 改訂第3版 招待 査読

    医薬ジャーナル社   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 睡眠学 招待 査読

    朝倉書店   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ストレス防衛反応の神経機構と伝達物質 招待

    桑木共之, 下山恵美, 中村晃

    平成16〜17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • ストレス防衛反応の神経機構と伝達物質(課題番号16590162) (共著) 招待

    平成16~17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 呼吸の事典 招待 査読

    朝倉書店   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 平成17年度喫煙科学研究財団研究年報 招待 査読

    2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 末梢血管. 招待 査読

    桑木共之

    自律神経の基礎と臨床 改訂3版.   170 - 176   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • Protection against bleomycin-induced lung injury by p38 alpha knockout mice 査読 国際誌

    Y Matsuo, M Furuya, T Kuwaki, BS Deng, K Namiki, K Tatsumi, T Kuriyama, T Sudo, S Kimura, Y Kasuya

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   100   77P - 77P   2006年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • 29.ポンプとしての心臓、30.血液とリンパの流れ:循環力学 招待 査読

    岡田泰伸, 赤須崇, 上田陽一, 岡田幸雄, 河原克雅, 菅野富夫, 倉知嘉久, 黒澤美枝子, 桑木共之, 小西真人, 佐久間康夫, 鈴木裕一, 泰羅雅登, 多久和陽, 照井直人, 福田康一郎, 前田信治, 宮本賢一, 八尾寛, 矢田俊彦, 山本哲朗, 渡辺修一

    ギャノング生理学原書22   586 - 615   2006年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Emotional modification of the cardiovascular regulatory system 招待 査読 国際誌

    Tomoyuki Kuwaki, Wei Zhang

    NEUROSCIENCE RESEARCH   55   S21 - S21   2006年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

  • Genetic and pharmacological blockade of orexin attenuates hypercapnic chemoreflex that can be restored by supplementation of orexin 査読 国際誌

    Ben-Shiang Deng, Wei Zhang, Akira Nakamura, Masashi Yanagisawa, Yasuichiro Fukuda, Tomoyuki Kuwaki

    NEUROSCIENCE RESEARCH   55   S164 - S164   2006年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:ELSEVIER IRELAND LTD  

    Web of Science

  • 圧受容器反射と血圧調節:最新の知見 査読

    桑木共之

    血圧   12   641 - 645   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ストレス防衛反応・睡眠時無呼吸とオレキシン 査読

    桑木共之、下山恵美、中村晃、張薇、渡部慎司、Deng Ben-Shiang、福田康一郎

    千葉医学雑誌   81   109 - 111   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • がん性神経障害性疼痛の基礎研究 査読

    下山恵美、下山直人、山田寛明、渡部慎司、桑木共之、福田康一郎

    千葉医学雑誌   81   113 - 115   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • バソプレシンと圧反射感受性亢進作用 [Augmented baroreflex sensitivity by vasopressin] 査読

    桑木共之

    日本臨床 [Nippon Rinsho]   63   497 - 501   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 睡眠時無呼吸症候群・乳幼児突然死症候群と喫煙との関連性の検討 (共著) 招待 査読

    平成16年度喫煙科学研究財団研究年報   391 - 396   2005年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 標準生理学第6版 (共著) 招待 査読

    医学書院   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Sympatho-inhibitory and hypotensive effect of adrenomedullin through the central nervous system in salt-sensitive hypertension 査読 国際誌

    M Fujita, T Kuwaki, T Shimosawa, K Ando, T Fujita

    JOURNAL OF HYPERTENSION   22   S64 - S64   2004年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • Involvement of orexin in defense response and central determination of sympathetic outflow 査読 国際誌

    T Kuwaki, Y Kayaba, A Nakamura, M Yanagisawa, Y Fukuda

    JOURNAL OF HYPERTENSION   22   S11 - S11   2004年2月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • 病態代謝研究会第33回報告集 招待 査読

    病態代謝研究会   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • ギャノング生理学原書21版(共訳) (共著) 招待 査読

    丸善   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • トートラ人体の構造と機能(共訳) (共著) 招待 査読

    丸善   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • トートラ人体解剖生理学 原書6版(共訳) (共著) 招待 査読

    丸善   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • ヒト疾患モデル-難病の病態解明と診断・治療への応用- (共著) 招待

    文光堂   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 呼吸のバイオロジー:なぜ呼吸は止められるか 招待 査読

    メディカル・サイエンス・インターナショナル   2004年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 呼吸のバイオロジー:なぜ呼吸は止められるか (共著) 招待 査読

    メディカル・サイエンス・インターナショナル   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 視床下部による防衛反射発現の遠心機構(課題番号14570037) (共著) 招待 査読

    平成14~15年度科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書   2004年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 食塩感受性高血圧に対する脳内アドレノlt;Wュリンの抗酸化作用による中枢性交感神経抑制効果

    藤田 恵, 下澤 達雄, 安東 克之, 藤田 敏郎, 桑木 共之

    日本生理学会大会発表要旨集   2004 ( 0 )   S99 - S99   2004年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:日本生理学会  

    Central sympathetic activation is one of the mechanisms of salt-sensitive hypertension and reactive oxygen species (ROS) has been proposed to play a key role in it. We examined whether adrenomedullin (AM), an antioxidant peptide, might contribute to the central regulation of arterial pressure (AP). Four groups of mice were used: AM-knockout mice (AM(+/-)) and wild-type littermates (AM(+/+)), which were fed with normal or high salt diet. In urethane-anesthetized mice, intracerebroventricular infusion of NaCl increased AP and sympathetic nerve activity (SNA) in a dose-dependent fashion. The elevation of AP and SNA in salt-loaded AM(+/-) was significantly greater than those in the other three groups (p&lt;0.05). In freely moving mice, similar exaggerated hypertension was observed in salt-loaded AM(+/-). Pretreatment with a membrane-permeable superoxide dismutase mimetic, Tempol, completely blocked the responses in both AP and SNA, indicating participation of ROS. NaCl-induced ROS production in the hypothalamus was significantly greater in salt-loaded AM(+/-) than in AM(+/+), as determined by chemiluminescence assay. AM contents in the brain from AM(+/+) mice were significantly elevated by salt loading, whereas they were not elevated in AM(+/-) mice. These results suggest that AM in the brain inhibits sympathetic activation in salt-induced hypertension through its antioxidant effect. &lt;b&gt;[Jpn J Physiol 54 Suppl:S99 (2004)]&lt;/b&gt;

    CiNii Article

  • Abnormal baroreceptor reflex in vasopressin V1a-receptor-deficient mice

    Y Nasa, R Oikawa, R Ishii, S Takeo, A Tanoue, S Oshikawa, T Kuwaki, G Tsujimoto

    JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES   94   222P - 222P   2004年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOC  

    Web of Science

  • Mouse as an animal model of sleep apnea 査読 国際誌

    A Nakamura, Y Fukuda, T Kuwaki

    SLEEP   26   A232 - A233   2003年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER ACADEMY SLEEP MEDICINE  

    Web of Science

  • Sleep apnea in mice 査読 国際誌

    A Nakamura, Y Fukuda, T Kuwaki

    FASEB JOURNAL   17 ( 5 )   A1212 - A1212   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • Role of orexin in defense reaction and blood pressure regulation 査読 国際誌

    Y Kayaba, Y Fukuda, Komuro, I, M Yanagisawa, T Kuwaki

    FASEB JOURNAL   17 ( 5 )   A1289 - A1289   2003年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • 食事性カルシウム補充が高血圧の予防に有用である理由の解明 招待 査読

    ネスレ科学振興会Annual Report   10   120 - 126   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • ネスレ科学振興会Annual Report No.10 招待

    ネスレ科学振興会Annual Report   2003年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 医学大辞典 (共著) 招待 査読

    医学書院   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • The elevation of arterial pressure by central sodium is augmented in adrenomedullin knockout mice 査読 国際誌

    M Fujita, T Kuwaki, T Shimosawa, K Takahashi, M Nagase, M Isshiki, K Ando, Y Fukuda, T Fujita

    JOURNAL OF HYPERTENSION   20   S178 - S178   2002年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • 研究室紹介(2001-2002年度特定研究助成対象者)

    ネスレ科学振興会Annual Report   8   19 - 21   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • トートラ人体解剖生理学-体の構造と機能(Tortora: Introduction to the Humana Body, 5th ed) (共著) 招待 査読

    丸善   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • ネスレ科学振興会2001年Annual Report No.8 招待

    ネスレ科学振興会   2002年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 医科生理学展望 原書20版(Ganong: Review of Medical Physiology) (共著) 招待 査読

    丸善   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 遺伝子操作による病態モデルマウスから自律神経活動計測システムの開発. (共著) (共著) 招待 査読

    平成10~13年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究B(2)展開研究)研究成果報告書   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 熊田衛先生を偲んで. (共著) (共著)

    日本生理学雑誌   64 ( 7 )   8, 159-160   2002年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • 睡眠時無呼吸モデル動物としてのマウスの有用性について.(共著) (共著) 招待 査読

    厚生省特定疾患呼吸不全研究班平成13年度研究報告書   2002年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 新教授紹介

    日本薬理学雑誌   118   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:書評論文,書評,文献紹介等  

  • 延髄循環中枢の長期調節. 招待

    金原一郎記念医学医療振興財団助成金研究報告集第2集   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 高カルシウム食の抗高血圧作用に関する研究 招待

    ネスレ科学振興会Annual Report   7   67 - 76   2001年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

  • Adrenomedullin gene engineering in mice reveals its roles in circulatory homeostasis and reproduction 査読 国際誌

    T Shindo, K Maemura, Y Kurihara, T Kuwaki, T Izumida, N Minamino, K Kangawa, M Kumada, H Kurihara

    CIRCULATION   100 ( 18 )   196 - 196   1999年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • 0161 エンドセリン-1過剰発現マウスにおける加齢と臓器障害

    新道 隆行, 栗原 裕基, 前村 浩二, 栗原 由紀子, 王 宇彗, 海老原 文, 大橋 芳雄, 森田 啓行, 矢崎 義雄, 桑木 共之, 鈴木 宏志, 熊田 衛

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • 0536 発生工学的手法を用いたアドレノメデュリンの機能解析

    新藤 隆行, 栗原 裕基, 前村 浩二, 栗原 由紀子, 泉田 太郎, 大橋 芳雄, 森田 啓行, 矢崎 義雄, 南野 直人, 寒川 賢治, 桑木 共之, 熊田 衛

    Japanese circulation journal   63 ( 1 )   1999年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • Ventilatory responses to hypoxia and hypercapnia in mutant mice deficient in endothelin-3. 査読 国際誌

    A Nakamura, Y Fukuda, T Kuriyama, M Yanagisawa, T Kuwaki

    FASEB JOURNAL   13 ( 4 )   A494 - A494   1999年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:FEDERATION AMER SOC EXP BIOL  

    Web of Science

  • 神経可塑性の分子機構 招待 査読

    文部省科学研究費補助金特定研究領域「神経可塑性の分子機構」研究成果報告書   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 心臓・血管の機能調節の分子機構に関する研究.(共著) (共著) 招待 査読

    車両競技公益資金記念財団 がん心臓病の基礎的研究事業報告書   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • KEY WORD高血圧1999-2000 招待 査読

    先端医学社   1999年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:講演資料等(セミナー,チュートリアル,講習,講義他)  

  • Renal sclerosis and dysfunction with aging in endothelin-1 overexpressing mice. 国際誌

    T Shindo, H Kurihara, K Maemura, Y Kurihara, T Kuwaki, H Morita, Y Oh-hashi, A Ebihara, H Suzuki

    CIRCULATION   98 ( 17 )   44 - 45   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • Abnormal stress responses in endothelin-1 deficient mice 査読 国際誌

    T Kuwaki, Y Kurihara, H Kurihara, WH Cao, Y Yazaki, M Kumada

    BRAIN RESEARCH   809 ( 1 )   A23 - A23   1998年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:ELSEVIER SCIENCE BV  

    Web of Science

  • Endothelin-1 modulates central nervous responses to stress in association with catecholamine metabolism 査読 国際誌

    Y Kurihara, T Kuwaki, H Morita, T Shindo, Y Oh-hashi, M Kumada, H Kurihara

    CIRCULATION   98 ( 17 )   336 - 336   1998年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:LIPPINCOTT WILLIAMS & WILKINS  

    Web of Science

  • P146 エンドセリン-1過剰発現マウスにおける加齢に伴う臓器障害 査読

    海老原 文, 栗原 裕基, 新藤 隆行, 前村 浩二, 栗原 由紀子, 森田 啓行, 大橋 芳雄, 今井 靖, 矢崎 義雄, 桑木 共之, 熊田 衛

    Japanese circulation journal   62 ( 0 )   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • 0901 アドレノメデュリン過剰発現マウスにおける血圧の低下とエンドトキシンショック耐性

    新藤 隆行, 栗原 裕基, 前村 浩二, 泉田 太郎, 栗原 由紀子, 大橋 芳雄, 森田 啓行, 矢崎 義雄, 寒川 賢治, 南野 直人, 桑木 共之, 周 煥起, 熊田 衛

    Japanese circulation journal   62 ( 0 )   1998年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • 環境器NOW 16.分子循環器病学 (共著) 招待 査読

    南江堂   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • 循環系のホメオスタシスとその異常の基本原理に関する新しい統合的アプローチ 招待 査読

    平成9年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(B)・調査研究)研究成果報告書   1998年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • 新方法の開発による致死または成長不全を伴う遺伝子欠損マウスの生理機能の解析 (共著) 招待 査読

    平成9年度文部省科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書   1998年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • Generation and analysis of transgenic mice overexpressing endothelin-1 査読 国際誌

    K Maemura, H Kurihara, O Ueda, H Oda, Y Kurihara, T Kuwaki, H Morita, T Kodama, H Suzuki, M Kumada, T Ishikawa, Y Yazaki

    CIRCULATION   94 ( 8 )   3105 - 3105   1996年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • 1163 エンドセリン-1遺伝子過剰発現マウスの樹立と解析 査読 国際誌

    前村 浩二, 栗原 裕基, 栗原 由紀子, 森田 啓行, 南野 徹, 新藤 隆行, 児玉 龍彦, 矢崎 義雄, 桑木 共之, 熊田 衛, 小田 秀明, 石川 隆俊, 上田 乙也, 鈴木 宏志

    Japanese circulation journal   60 ( 0 )   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • 0607 血中ホモシスチン濃度はPTCA後再狭窄の予測因子となりうるか?

    森田 啓行, 栗原 裕基, 前村 浩二, 新藤 隆行, 南野 徹, 栗原 由紀子, 矢崎 義雄, 桑木 共之, 熊田 衛, 北岡 正雄, 鈴木 紳

    Japanese circulation journal   60 ( 0 )   1996年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • エンドセリン遺伝子ノックアウトマウスの循環および呼吸調節機能 (共著) 招待

    平成7年度文部省科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書   1996年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • Analysis of sympathetic nerve activity by power spectrum of arterial pressure fluctuations: Effects of salt-induced hypertension and calcium supplementation in rats 査読 国際誌

    K Ju, T Kuwaki, A Ono, T Fujita, M Kumada

    PROCEEDINGS OF THE 1996 FIFTEENTH SOUTHERN BIOMEDICAL ENGINEERING CONFERENCE   416 - 419   1996年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:I E E E  

    Web of Science

  • GENE-EXPRESSION OF VASOACTIVE FACTORS IN ENDOTHELIN-1-KNOCKOUT MICE 査読 国際誌

    K MAEMURA, Y KURIHARA, H KURIHARA, T KUWAKI, M KUMADA, Y YAZAKI

    CIRCULATION   92 ( 8 )   2640 - 2640   1995年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • LACK OF SENSITIZATION OF RENAL CHEMORECEPTORS IN SALT-LOADED SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS 査読 国際誌

    A ONO, T KUWAKI, M KUMADA, T FUJITA

    HYPERTENSION   26 ( 3 )   559 - 559   1995年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(国際会議プロシーディングズ)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • 心臓血管中枢の内因性物質による調節とその細胞機構 (共著) 招待 査読

    平成6年度文部省科学研究費補助金(一般研究(C))研究成果報告書   1995年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:機関テクニカルレポート,技術報告書,プレプリント等  

  • メディカル用語ライブラリー 高血圧(実験医学別冊) (共著) 招待

    羊土社   1995年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • ELEVATED BLOOD-PRESSURE IN MICE DEFICIENT IN ENDOTHELIN-1 査読 国際誌

    Y KURIHARA, H KURIHARA, T KUWAKI, WH CAO, K MAEMURA, H SUZUKI, T KODAMA, R NAGAI, M KUMADA, Y YAZAKI

    CIRCULATION   90 ( 4 )   293 - 293   1994年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • ジーンターゲティングによるエンドセリン-1の循環調節における意義の検討 : 第58回日本循環器学会学術集会 査読

    栗原 由紀子, 栗原 裕基, 前村 浩二, 児玉 龍彦, 永井 良三, 矢崎 義雄, 桑木 共之, 曹 偉華, 熊田 衞

    Japanese circulation journal   58 ( 0 )   1994年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:社団法人日本循環器学会  

    CiNii Article

  • 循環器NOW 5.高血圧:病態理解のためのAdvanced Q&A (共著) 招待 査読

    南江堂   1994年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • TARGETED DISRUPTION OF MOUSE ENDOTHELIN-1 GENE-(II) - ELEVATED BLOOD-PRESSURE IN HETEROZYGOTES 査読 国際誌

    H KURIHARA, Y KURIHARA, T KUWAKI, K MAEMURA, WH CAO, H SUZUKI, T KODAMA, O YASUYOSHI, M KUMADA, Y YAZAKI

    CIRCULATION   88 ( 4 )   332 - 332   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • SALT LOADING AUGMENTS CENTRAL BAROREFLEX IN WISTAR-KYOTO RATS BUT ATTENUATES IT IN SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS 査読 国際誌

    A ONO, T KUWAKI, WH CAO, K ANDO, T SHIMOSAWA, M ISSHIKI, M NAGASE, M KUMADA, T FUJITA, S ASANO

    HYPERTENSION   22 ( 3 )   446 - 446   1993年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • HIGH CALCIUM DIET PREVENTS CENTRAL BAROREFLEX IMPAIRMENT IN SODIUM-LOADED YOUNG SPONTANEOUSLY HYPERTENSIVE RATS 査読 国際誌

    A ONO, T KUWAKI, WH CAO, K ANDO, K TAKAHASHI, T SHIMOSAWA, M ISSHIKI, M KANDA, M KUMADA, T FUJITA

    HYPERTENSION   21 ( 4 )   543 - 543   1993年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(国際会議)   出版者・発行元:AMER HEART ASSOC  

    Web of Science

  • 最新内科学大系第35巻(循環器疾患部門7):高血圧症、低血圧症 (共著) 招待 査読

    中山書店   1991年

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • エンドセリン-最新情報 (共著) 査読

    中外医学社   1990年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Tomoyuki Kuwaki, Jingyang Su, Akira Yamashita, Ikue Kusumoto-Yoshida .  Nucleus Accumbens triggers Happy Emotion .  第43回日本神経科学学会大会  日本神経科学学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Tatsuroh Kaneko, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Linalool odor induced anti-pruritic effects in mice .  第43回日本神経科学学会大会  日本神経科学学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月 - 2020年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 金子達朗, 桑木共之, 柏谷英樹 .  Odor induced anti-pruritic effect on pruritogen-induced scratching behavior in mice .  第97回日本生理学会大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分  

  • Ikue Kusumoto-Yoshida, Jihao Ma, Ran Yamaguchi and Tomoyuki Kuwaki .  Hypothalamic regulation of cortical activity for appetitive behavior .  第97回日本生理学会大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:大分  

  • 金子達朗, 桑木共之, 柏谷英樹 .  Odor induced anti-pruritic effect on pruritogen-induced scratching behavior in mice .  自主研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • 内野えりか, 楠本郁恵, 上村裕一, 桑木共之 .  積極的低体温(休眠)現象の際に活性化される脳部位の解明 .  第13回桜ケ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • 金子達朗, 桑木共之, 柏谷英樹 .  Odor induced anti-pruritic effect on pruritogen-induced scratching behavior in mice .  第13回桜ケ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • Li M., Kuwaki T., Kashiwadani H. .  Orexinergic transmission suppresses the anxiolytic effects of linalool odor in mice. .  第47回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Fan LOU, Jingyang SU, Akira YAMASHITA, Ikue KUSUMOTO-YOSHIDA, Liying HAO, Tomoyuki KUWAKI .  Activation of the nucleus accumbens induces cataplexy in orexin-deficient mice. .  第47回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 山下哲,桑木共之 .  非拘束自由行動マウスからの神経活動記録法の確立 .  第72回日本自律神経学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:北九州国際会議場  

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応を制御する中枢自律神経系 .  第72回日本自律神経学会総会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:北九州国際会議場  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Brain circuit for happy emotion. .  徐州医科大学  徐州医科大学招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徐州医科大学  

  • Jun Kaminosono, Yuki Kambe, Tomoyuki Kuwaki, Akira Yamashita .  Arrhythmia treated by optogenetic cardiac pacing in freely-moving mice .  第11回光操作研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋  

  • Yurina Higa; Mitutaka Sugimura; Tomoyuki Kuwaki; Hideki Kashiwadani .  Descending orexinergic inhibition via orexin-1 receptors in spinal cord contributes to linalool odor-induced analgesia in mice. .  日本神経科学学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:新潟  

  • 桑木共之, 柏谷英樹 .  タバコ煙成分による呼吸抑制・咳反射の機序解明 .  喫煙科学財団H30年度助成研究発表会  喫煙科学財団招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京王プラザホテル、新宿  

  • 桑木共之 .  オレキシン神経細胞:覚醒状態と自律機能との統合センター .  第32回日本動物細胞工学会JAACT2019  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島県県民交流センター  

  • 桑木共之 .  オレキシン神経系:無意識と意識の接点 .  鹿児島大学医学部および鹿児島大学大学院医歯学総合研究科・東京慈恵会医科大学包括的連携に関する協定に基づく学術交流第1回合同シンポジウム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(基調)  

    開催地:東京慈恵医科大学  

  • 守谷俊平、山下哲、坂口淳一、山中章弘、桑木共之 .  急性の痛覚刺激は意識清明下のマウスの脳幹のセロトニン神経及びノルアドレナリン神経の神経活動を急速に活性化させる .  第41回日本生物学的精神医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

  • 守谷俊平、山下哲、坂口淳一、桑木共之 .  急性の嫌悪刺激は覚醒マウスの腹側被蓋野のドーパミン神経活動を急速に上昇させる .  第115回日本精神神経学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:新潟  

  • Yoko Ikoma, Ikue Kusumoto, Akihiro Yamanaka, Youichirou Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki .  Contribution of medullary raphe serotonergic neurons in the stress induced autonomic responses. .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸  

  • SC. Chen, C. Kuroki, N. Takahashi, LY. Hao, Y. Mori, T. Kuwaki .  A role of TRPA1 in oxygen detection .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Akira Yamashita; Shunpei Moriya; Ryusei Nishi; Yoko Ikoma; Akihiro Yamanaka; Tomoyuki Kuwaki .  Acute nociceptive stimuli induce the activity of serotonin and noradrenalin neurons in awake mice .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Jun Kaminosono; Yuki Kambe; Tomoyuki Kuwaki; Akira Yamashita .  Optogenetic cardiac pacing in freely-moving mice .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Jihao Ma, Sakurako Yanase, Lisa Udagawa, Tomoyuki Kuwaki, Ikue Kusumoto-Yoshida .  Analysis of activated cortical area caused by food restriction in mice .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • Yurina Higa; Mitutaka Sugimura; Tomoyuki Kuwaki; Hideki Kashiwadani .  Contribution of medullary raphe serotonergic neurons in the stress induced autonomic responses.Descending orexinergic inhibition contributes to the linalool odorinduced analgesia in mice .  アジアオセアニア生理学会連合会会議  アジアオセアニア生理学会連合国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 上之薗知邑、神戸悠輝、桑木共之、山下哲 .  心臓の光ぺーシング技術の開発ー身体反応が情動へ与える影響の解析に向けてー .  第14回環境生理プレコングレス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 桑木共之 .  遺伝子改変マウスを用いた呼吸調節研究 .  第27回バイオフィジオロジー研究会  バイオフィジオロジー研究会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:京都  

  • 瀬戸山穂波, 鍛冶屋勝子,上村裕一,桑木共之,柏谷英樹 .  ホップ香気の抗不安作用 .  第12回桜ケ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • 岩川昌平、上村祐一、桑木共之 .  オレキシン受容体拮抗薬による睡眠時には危険察知能力が保持される .  第12回桜ケ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応の神経機構 .  産業医科大学大学院講義  産業医科大学招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:産業医科大学  

  • Tomoyuki KUWAKI .  Physical expression of inner emotion: a role for orexin neurons .  International Conference in Cognitive Neuroscience and Brain Diseases.  Taishan Academic Forum招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年1月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:濰坊市、中国  

  • Jingyang SU, Shi ZHOU, Akira YAMASHITA, Liying HAO, Tomoyuki KUWAKI .  Fiberphotometric recording of “orexin” neuron activity around cataplexy attack .  第46回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 桑木共之 .  カールダイセロス博士の業績紹介 .  京都賞受賞者鹿児島講演会  講演会実行委員会主催、稲盛財団後援招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桑木共之 .  情動の身体表出の脳内メカニズム:闘争・逃走反応を例として .  鹿児島大学理工学研究科先端科学特別講義  鹿児島大学理工学研究科招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:鹿児島大学理工学研究科  

  • 桑木共之 .  タバコ煙等の気体ストレスに対する呼吸応答 .  第71回日本自律神経学会  日本自律神経学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:埼玉  

  • Shouhei Iwakawa, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Orexin receptor blockade preserves the ability to awake in response to aversive stimuli. .  ASA2018  American Society for Anesthethiologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:San Francisco  

  • Harada, Kanmura, Kuwaki, Kashiwadani .  Linalool Exposure Showed Anxiolyticlike Effects in Mice. .  ASA2018  American Society for Anesthethiologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Francisco  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Orexin neuron serves as a pivotal link between vigilance state regulation and autonomic functions. .  Invited Lecture at Xuzhou Medical School  徐州医科大学招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:徐州医科大学  

  • Akira Yamashita, Shunpei Moriya, Shigetaka Kawashima, Ryusei Nishi, Akihiro Yamanaka, and Tomoyuki Kuwaki .  急性の有害な刺激は覚醒マウスのVTAドーパミン神経活動を急性に増加させる .  第41回日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸  

  • 桑木共之, 柏谷英樹 .  タバコ煙成分による呼吸抑制・咳反射の機序解明 .  喫煙科学財団H29年度助成研究発表会  喫煙科学財団招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル、新宿  

  • 上之薗 知邑、神戸 悠輝、加治屋 勝子、山中 章弘、桑木 共之、山下 哲 .  心筋の光操作による無線ぺーシング技術の開発 .  第17回九州脳・高血圧・循環制御研究会  九州脳・高血圧・循環制御研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 山下哲、守谷俊平、西龍星、上之薗知邑、山中章弘、桑木共之 .  ストレス防衛反応に対する視床下部オレキシン神経の役割解明のための2chファイバーフォトメトリーシステムの開発 .  第11回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:指宿  

  • 生駒 葉子、楠本 郁恵, 山中 章弘, 大塚 曜一郎, 桑木 共之 .  吻側延髄縫線核セロトニン神経はストレス誘発性頻脈と頻呼吸の発現に必要である .  第11回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:指宿  

  • 上之薗 知邑、神戸 悠輝、加治屋 勝子、山中 章弘、桑木 共之、山下 哲 .  光操作による心臓ペーシング技術の開発 .  第11回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:指宿  

  • 比嘉 憂理奈、杉村 光隆、桑木 共之、柏谷 英樹 .  リナロール 誘発性鎮痛の作用持続時間の測定 .  第11回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:指宿  

  • 桑木共之、長谷川麻衣子、向原桂香、山田知嗣、上村裕一 .  TRPA1は組織障害による急性炎症の進展を促進する .  生理研第14回TRP研究会  生理学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:生理学研究所  

  • 山下哲、守谷俊平、上之薗知邑、加治屋勝子、山中章弘、桑木共之 .  嫌悪ストレス刺激に対する自律神経応答とオレキシン神経活動との関係 .  第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

  • 岩川昌平、上村裕一、桑木共之 .  睡眠薬(オレキシン受容体拮抗薬、トリアゾラム)で誘導された睡眠中マウスへの嫌悪刺激による覚醒の比較 .  第95回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:高松  

  • 上之薗知邑、神戸悠輝、加治屋勝子、山中章弘、山下哲、桑木共之 .  心筋の遠隔光操作による無線ペーシング技術の開発 .  第11回基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:桜ヶ丘  

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応を担う脳内神経回路 .  生命科学系学会合同年次大会ConBio2017  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:神戸ポートアイランド  

  • Ikoma Y, Kusumoto I, Yamanaka A, Ootsuka Y, Kuwaki T .  THE MEDULLARY SEROTONERGIC SYSTEM MEDIATES TACHYCARDIA AND TACHYPNEA RESPONSE TO PSYCHOLOGICAL STRESS .  37th Annual Scientific Meeting of the Australasian Neuroscience Society  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Sydney  

  • 山下哲、山中章弘、桑木共之 .  視床下部オレキシン神経のストレス誘発自律応答における役割 .  第45回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 二木貴弘、山下哲、Khairunnisa Novita Ikbar、山中章弘、有田和徳、垣花泰之、桑木共之 .  オレキシン神経は飢餓誘発低体温に抵抗する .  第45回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 山下哲、桑木共之 .  ファイバーフォトメトリー法を用いた循環応答に関与する神経回路網の in vivo 解析 .  第53回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学百年講堂  

  • Tomoyuki Kuwaki .  Orexin neurons serve as a pivotal link between fight-or-flight behavior and autonomic functions .  Invited Lecture at Xiamen University  厦門大学招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:厦門大学  

  • 生駒葉子、楠本郁恵、山中章弘、大塚曜一郎、桑木共之 .  Stress-induced tachycardia and tachypnea responses are mediated by serotonergic neurons in the medullary raph .  第9回光操作研究会  光操作研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • 楠本郁恵、山下哲、柏谷英樹、桑木共之 .  鹿児島大学での光操作研究 .  第9回光操作研究会  光操作研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • 山下哲、守谷俊平、上之薗知邑、加治屋勝子、山中章弘、桑木共之 .  Association between the orexin neural activity and the autonomic response to an acute aversive stress stimulation .  第9回光操作研究会  光操作研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • 原田浩輝、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  リナロール香気に誘発される抗不安効果 .  第68回西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡大学  

  • 山路桜子、楠本郁恵、桑木共之 .  食欲の脳内メカニズム .  自主研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 西龍星、山下哲、守谷俊平、桑木共之 .  社会性ストレス反応を司る脳内回路 .  自主研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • SC. Chen, C. Kuroki, N. Takahashi, LY. Hao, Y. Mori, T. Kuwaki .  Hypoxic responses are attenuated in TRPA1 knockout mice .  第10回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:郡元  

  • Zhi Li, Akira Yamashita, Tomoyuki Kuwaki .  A quest for the brain center of happy emotion .  第10回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:郡元  

  • 岩川昌平、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン受容体拮抗薬による睡眠時に、危険刺激で覚醒できるのか? .  第10回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:郡元  

  • T. Kuwaki, Y. Ikoma, I. Yoshida-Kusumoto, A. Yamanaka, Y. Ootsuka .  Contribution of serotonergic neurons in the defense response .  International Society for Autonomic Neuroscience 2017  International Society for Autonomic Neuroscience招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Nagoya  

  • SC. Chen, C. Kuroki, N. Takahashi, LY. Hao, Y. Mori, T. Kuwaki .  Hypoxic responses are attenuated in TRPA1 knockout mice .  International Society for Autonomic Neuroscience 2017  International Society for Autonomic Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Nagoya  

  • Yamashita A, Moriya S, Nishi R, Yamanaka A, Kuwaki T. .  Analysis of the role of orexin neural circuit under autonomic responses using in vivo fiber photometry system .  International Society for Autonomic Neuroscience 2017  International Society for Autonomic Neuroscience招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月 - 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Nagoya  

  • 桑木共之, 柏谷英樹 .  タバコ煙成分による呼吸抑制・咳反射の機序解明 .  喫煙科学財団H28年度助成研究発表会  喫煙科学財団招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル、新宿  

  • Ran Yamaguchi, Tomoyuki Kuwaki, Ikue Kusumoto-Yoshida .  オレキシンによる摂食促進作用に関係する神経回路の機能的解析 .  第40回日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ  

  • Yoko Ikoma, Ikue Kusumoto, Akihiro Yamanaka, Youichirou Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki .  ストレス誘発性生理反応には延髄縫線核セロトニン神経が必要である .  第40回日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ  

  • Akira Yamashita, Akihiro Yamanaka, Tomoyuki Kuwaki .  オレキシンを基軸としたストレス誘発自律応答神経回路の解明 .  第40回日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:幕張メッセ  

  • 桑木共之、岩川昌平、上村祐一 .  オレキシン受容体阻害薬による睡眠時でも危険刺激による覚醒が起こるか? .  第42回日本睡眠学会  日本睡眠学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:パシフィコ横浜  

  • 桑木共之、陳思充、高橋重成、森泰生 .  TRPA1の酸素検出における役割 .  生理研第13回TRP研究会  生理学研究所

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:生理学研究所  

  • 桑木共之、柏谷英樹 .  酸素センシングと酸素リモデリングにおけるTRPA1の役割解明 .  酸素生物学班会議  科研費新学術領域「酸素生物学」招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪大学  

  • 山下哲、山中章弘、桑木共之 .  ストレス誘発自律神経応答に対するオレキシン神経活動の役割 .  第94回日本生理学会大会  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • 原田浩樹、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  マウスにおけるOdorant-Z曝露による抗不安効果 .  第94回日本生理学会大会  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • 植田紘貴、菅真有、八木孝和、楠本(吉田)郁恵、柏谷英樹、桑木共之、宮脇正一 .  唾液分泌および嚥下反応は迷走神経求心路の刺激により誘発される .  第94回日本生理学会大会  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • 山口蘭、桑木共之、楠本(吉田)郁恵 .  マウスの摂食行動に対するオレキシン神経光刺激の効果 .  第94回日本生理学会大会  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • 生駒葉子、楠本(吉田)郁恵、山中章弘、大塚曜一郎、桑木共之 .  ストレス誘発性頻脈には延髄縫線核セロトニン作動性ニューロンが必要である .  第94回日本生理学会大会  日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アクトシティ浜松  

  • 二木貴弘、Khairunnisa Novita Ikbar、垣花泰之、有田和徳、桑木共之 .  飢餓およびアデノシン誘発低体温へのオレキシン神経の関与 .  第12回環境生理プレコングレス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:サーラシティ浜松  

  • 山口蘭、楠本郁恵、桑木共之 .  マウス摂食行動への光刺激の効果 .  第9回鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス  

  • 山口蘭、楠本郁恵、桑木共之 .  マウスの摂食行動に対するオレキシン神経光刺激の効果 .  第10回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学桜ヶ丘キャンパス  

    最優秀発表賞受賞

  • 山下哲、山中章弘、桑木共之 .  ストレス負荷による自律応答とオレキシン神経活動の相関解析 .  第44回自律神経生理研究会  自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:日本光電フェニックスアカデミー、東京  

  • 生駒葉子、桑木共之 .  延髄縫線核のセロトニン神経はストレス誘発頻脈の発現に必要である .  第28回血圧管理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:メルパルク京都(京都市)  

  • Eri Inoue, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Application of calibrated forceps for evaluating antinociceptive effect induced by shortacting analgesic in mice. .  Society for Neuroscience Annual Meeting 2017  Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, USA  

  • Rika Akahoshi, Yuriko Katayama, Ran Yamaguchi, Toru Yonemitsu, Jordan Pauli, Hideki Kashiwadani, Tomoyuki Kuwaki .  TRPA1 is indispensable to escaping from predator. .  Society for Neuroscience Annual Meeting 2017  Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:San Diego, USA  

  • 植田紘貴, 菅真弓, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇庄一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  第67回西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レインボー桜島  

  • 山口蘭, 桑木共之, 楠本郁恵 .  マウス摂食行動に対するオレキシン神経光刺激の効果 .  第67回西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レインボー桜島  

  • 井上恵理, 田代章悟, 山口蘭, 上村裕一, 桑木共之, 柏谷英樹 .  機械性疼痛に対するOdorant-X香気誘発性鎮痛の効果 .  第67回西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レインボー桜島  

  • 山下哲, 山中章弘, 桑木共之 .  ファイバーフォトメトリー法を用いた急性ストレス負荷による循環応答時におけるオレキシン神経活動の測定 .  第67回西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:レインボー桜島  

  • 植田紘貴, 菅真弓, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇庄一 .  内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に与える影響 .  第8回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 山下哲, 中井淳一, 大倉正道, 山中章弘, 桑木共之 .  ストレス負荷による循環応答時におけるオレキシン神経活動の自由行動マウスからの計測 .  第15回九州脳・高血圧・循環制御研究会  九州脳・高血圧・循環制御研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ホテル日航福岡  

  • 桑木共之, 柏谷英樹 .  タバコ煙成分による呼吸抑制・咳反射の機序解明 .  喫煙科学財団H27年度助成研究発表会  喫煙科学財団招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京王プラザホテル、新宿  

  • 植田紘貴, 菅真弓, 八木孝和, 楠本郁恵, 柏谷英樹, 桑木共之, 宮脇庄一 .  内臓感覚が唾液分泌と嚥下機能に果たす役割 .  第8回日本再生歯科医学会シンポジウム「再生医療のこれまでとこれから」 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 桑木共之、赤星里佳、片山由璃子、山口蘭、Jordan Pauli、柏谷英樹 .  捕食者回避にはTRPA1が必要である .  TRP研究会2016 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:生理学研究所  

  • Eri Inoue, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  The endogenous opioid system mediates odoran-X induced analgesia in mice. .  第93回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • Yoko Ikoma, Ikue Kusumoto, Akihiro Yamanaka, Youichiro Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki .  Contribution of serotonergic neurons in the medullary raphe to physiological responses induced by stress. .  第93回日本生理学会大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:札幌  

  • Akira Yamashita, Ayumu Inutsuka, Srikanta Chowdhury, Junichi Nakai, Masamichi Okura, Toru Taguchi, Tomoyuki Kuwaki, Akihiro Yamanaka .  Development of the recording method of specific neuronal activity in conscious mice using in vivo fiber photometry. .  第93回日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • 赤星里佳、片山由璃子、山口蘭、Jordan Pauli、柏谷英樹、桑木共之 .  捕食者回避における嗅神経とTRPA1含有三叉神経の役割 .  第11回環境生理プレコングレス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • 川島茂隆、桑木共之 .  組織透明化法を用いたオレキシン神経観察技術の検討 .  第7回鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 山下哲、犬束歩、Srikanta Chowdhury、中井淳一、大倉正道、田口徹、桑木共之、山中章弘 .  ファイバーフォトメトリー法の開発:意識下活動動物における疼痛刺激に対するオレキシン神経応答の計測 .  第7回鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 山下哲、犬束歩、Srikanta Chowdhury、中井淳一、大倉正道、桑木共之、山中章弘 .  意識下活動動物からの特定神経活動記録法を用いた疼痛刺激に対するオレキシン神経応答の計測 .  第9回基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 生駒葉子、楠本郁恵、山中章弘、大塚曜一郎、桑木共之 .  ストレス性頻脈にはセロトニン神経が必要である:光操作による証明 .  第9回基礎系研究発表会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 井上恵理、上村裕一、加治屋勝子、桑木共之、柏谷英樹 .  香気誘発性鎮痛におけるオピオイド受容体の関与 .  第43回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 赤星里佳、片山由璃子、山口蘭、Jordan Pauli、柏谷英樹、桑木共之 .  捕食者回避には嗅神経とTRPA1含有三叉神経が共に必要である .  第43回自律神経生理研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • Akira Yamashita, Ayumu Inutsuka, Chowdhury Srikanta, Jyunichi Naki, Masamichi Ookura, Tomoyuki Kuwaki, Akihiro Yamanaka .  Development of the recording method of specific neuronal activity in mice using in vivo fiber photometry. .  7th International Symposium on Optogenetics: Neural Circuits and Neuromodulations  光操作研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京医科歯科大学  

  • Yoko Ikoma, Ikue Kusumoto, Akihiro Yamanaka, Youichiro Ootsuka, Tomoyuki Kuwaki .  The role of the medullary raphe serotonergic neurons in cardiac function .  7th International Symposium on Optogenetics: Neural Circuits and Neuromodulations  光操作研究会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京医科歯科大学  

  • Sodemi Ishikawa, Tomoyuki Kuwaki, Hideki Kashiwadani .  Central neuronal circuit underlying odor-induced analgesia in mice. .  SfN 2015  Society for neuroscience, USA国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Chicago, USA  

  • KUWAKI Tomoyuki .  Orexin neurons serve as a pivotal link between behavior and autonomic functions .  ISAN2015  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:Stresa, Italy  

  • 生駒葉子、楠本郁恵、山中章弘、大塚曜一郎、桑木共之 .  延髄縫線核セロトニン神経の心機能調節での役割 .  第6回鹿児島神経科学研究会  鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス  

  • 山口蘭、石川そでみ、田代章悟、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  Odorant-X香気誘発性鎮痛での短時間曝露の効果 .  第38回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸国際会議場  

  • KUWAKI Tomoyuki .  A pivotal role of orexin (hypocretin) neurons in stress-induced thermogenesis .  International Stress and Behavior Society (ISBS) 5th International Regional Neuroscience and Biological Psychiatry Conference (North America) "STRESS AND BEHAVIOR"  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Courtyard Miami Downtown Hotel, Miami, FL, USA  

  • 桑木共之 .  オレキシンニューロン内の共存伝達物質は何をしているのか .  オレキシンエキスパートフォーラム  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:JPタワーホール&カンファレンス  

  • 生駒葉子、楠本-吉田郁恵、桑木共之 .  情動による心機能変化に関するセロトニン神経活動のオプトジェネティクスによる検討 .  第14回 九州脳・高血圧・循環制御研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 桑木共之 .  睡眠時の呼吸調節について .  日本睡眠学会第40回定期学術集会  日本睡眠学会招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:宇都宮東武ホテルグランデ  

  • KUWAKI Tomoyuki, INUI Keiichi .  Trigeminal TRPA1 contributes to irritant-induced respiratory slowing .  NIPS international workshop 2015 "TRPs and SOCs ~Unconventional Ca2+ Physiology~"  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Okazaki Conference Center  

  • 桑木共之 .  睡眠・覚醒に伴う呼吸の変化とその脳内メカニズム .  MSD勉強会  MSD招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年4月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:MSD本社  

  • 戌亥啓一、桑木共之 .  鼻腔内TRPA1を介した刺激物誘発性呼吸数低下 .  第10回環境生理シンポジウム  第10回環境生理シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • Tomoyuki Kuwaki .  TRPA1 in airway sensory neurons acts as an oxygen sensor to modulate breathing and behavior .  International symposium on Ion channels, transporters, and small molecules as key regulators of homeostatic system  International symposium on Ion channels, transporters, and small molecules as key regulators of homeostatic system国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:英語  

    開催地:愛知  

    国際学会

  • 永田敬一朗、田代章悟、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  Odorant X 誘発性鎮痛の濃度依存性 .  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 山口蘭、石川そでみ、田代章悟、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  Odorant X 誘発性鎮痛はストレス誘発性鎮痛とは異なる .  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 戌亥啓一、桑木共之 .  刺激物質誘発性の呼吸数低下には鼻腔内のTRPA1が寄与する .  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会  第120回日本解剖学会総会・全国学術集会第92回日本生理学会大会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 永田敬一朗、山口蘭、田代章悟、上村裕一、加治屋勝子、桑木共之、柏谷英樹 .  芋焼酎香気成分の一種odorant-Xによる匂い誘発性鎮痛の性質 .  第5回鹿児島神経科学研究会  第5回鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 戌亥啓一、桑木共之 .  刺激物質誘発性呼吸数低下における鼻腔TRPA1の重要性 .  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 山口桂司、二木貴弘、牛飼純平、黒木千晴、桑木共之 .  間欠的低酸素刺激はオレキシン神経を活性化する .  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会  第8回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 石川そでみ、山口蘭、田代章悟、上村裕一、加治屋勝子、桑木共之、柏谷英樹 .  鎮痛誘発香odorant Xに対してマウスはストレス応答を示さない .  第42回自律神経生理研究会  第42回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応を担う神経伝達物質 .  TUMEC 45周年記念シンポジウム  TUMEC 45周年記念シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 楠本-吉田郁恵、生駒葉子、岩元嘉志、迫はるか、大塚曜一郎、桑木共之 .  オプトジェネティクスを用いた自律神経機能を制御する神経回路の研究 .  第67回日本自律神経学会総会  第67回日本自律神経学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Toru Yonemitsu, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Intranasal TRPA1 activates trigeminal nerve and alarms environmental irritants in mice. .  15th World Congress on pain (IASP2014)  15th World Congress on pain (IASP2014)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アルゼンチン  

    国際学会

  • Shogo Tashiro, Hideki Kashiwadani, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  The oder-induced antinociceptive effect is mediated by orexin neurons. .  15th World Congress on pain (IASP2014)  15th World Congress on pain (IASP2014)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アルゼンチン  

    国際学会

  • 山口蘭、田代章悟、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  視床下部オレキシンニューロンを介した匂い誘発性鎮痛の発現 .  日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Tomoyuki Kuwaki .  Role of orexin neurons in the regulation of thermogenesis .  5th International Symposium on physiology and pharmacology on temperature regulation (PPTR)  5th International Symposium on physiology and pharmacology on temperature regulation (PPTR)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:南アフリカ  

    国際学会

  • 桑木共之 .  気道感覚神経のTRPA1(ワサビ受容体)による行動と呼吸の調節 .  第46回Sleep Apneaカンファレンス  第46回Sleep Apneaカンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • ChangPing Chen, Chiharu Kuroki, Tomoyuki Kuwaki .  Mild hypoxia activates trigeminal neurons and wakes up sleeping mice through TRPA1 .  第24回日本病態生理学会  第24回日本病態生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 山口蘭、田代章悟、加治屋勝子、上村裕一、桑木共之、柏谷英樹 .  視床下部オレキシン神経を介した匂い誘発性鎮痛の発現 .  第4回鹿児島神経科学研究会  第4回鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • ChangPing Chen, Chiharu Kuroki, Toru Yonemitsu, ShaoWu Ou, Tomoyuki Kuwaki .  Mild hypoxia activates trigeminal neurons and wakes up sleeping mice through TRPA1 .  第4回鹿児島神経科学研究会  第4回鹿児島神経科学研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Hideki Kashiwadani, Shogo Tashiro, Ran Yamaguchi, Katsuko Kajiya, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Odor-induced analgesic effect in mice .  FENS Forum 2014  FENS Forum 2014国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • 桑木共之 .  睡眠・覚醒に伴う呼吸調節の変化(基調シンポジウム) .  日本睡眠学会第39回定期学術集会  日本睡眠学会第39回定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    国内学会

  • 米満亨、上村裕一、桑木共之 .  巴豆の成分であるクロトンオイルはイオンチャネルTRPA1を刺激する .  第65回日本東洋医学会学術総会  第65回日本東洋医学会学術総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 桑木共之 .  酸素および刺激ガスセンサーとしてのTRPA1チャンネルの役割(教育講演) .  第15回九州高気圧環境医学会  第15回九州高気圧環境医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 桑木共之、米満亨、黒木千晴、高橋重成、森泰生 .  環境ガス早期警報装置としてのTRPA1 .  TRP研究会2014  TRP研究会2014

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  嗅覚入力を介した鎮痛効果 .  第61回日本麻酔科学会  第61回日本麻酔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 長谷川麻衣子、桑木共之、上村裕一 .  術後痛と創傷治癒 .  第61回日本麻酔科学会  第61回日本麻酔科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 桑木共之 .  低酸素および化学物質検出装置としてのTRPA1チャンネル .  自治医科大学大学院特別講義  自治医科大学大学院特別講義

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    その他

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン神経は嗅覚入力による抗侵害受容作用に関与する .  第91回日本生理学会大会  第91回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 桑木共之 .  軽度低酸素刺激による覚醒と呼吸促進にはTRPA1が必要である .  第91回日本生理学会大会  第91回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 生駒葉子、桑木共之、大塚曜一郎 .  Orexin contributes to feeding and drinking behavior induced by methamphetamine. .  第91回日本生理学会大会  第91回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 生駒葉子、桑木共之、大塚曜一郎 .  メタンフェタミン経口投与で生じる生理反応におけるオレキシン神経の役割 .  第9回環境生理プレコングレス  第9回環境生理プレコングレス

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 柏谷英樹、田代章悟、上村裕一、桑木共之 .  Odor-induced analgesia in mouse. .  第91回日本生理学会大会  第91回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Y.Ootsuka, K. Miyata, Y.Ikoma, T. Kuwaki, A. Yamanaka .  The contribution of orexin system to integrated ultradian physiological pattern. .  2014 Meeting of the Australasian Neuroscience Society  2014 Meeting of the Australasian Neuroscience Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Y.Ikoma, T. Kuwaki, Y. Ootsuka .  Involvement of orexin in methamphetamine-induced hypophagia and hyperactivity. .  2014 Meeting of the Australasian Neuroscience Society  2014 Meeting of the Australasian Neuroscience Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン神経は匂い誘発性鎮痛に関与する .  第7回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会  第7回桜ヶ丘地区(基礎系)研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  オレキシン神経は嗅覚入力による抗侵害受容作用に関与する .  第41回自律神経生理研究会  第41回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 桑木共之、米満亨、黒木千晴 .  環境早期警報装置としてのTRPA1 チャンネル .  第19 回 日本行動神経内分泌学研究会全国集会  第19 回 日本行動神経内分泌学研究会全国集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Y.Ikoma, K. Miyata, T. Kuwaki, Y.Y.Ootsuka .  A role of glutamate co-released from orexin neurons in methamphetamine-induced autonomic physiological response. .  IUPS2013  IUPS2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:英語  

    開催地:英国  

    国際学会

  • 田代章悟、柏谷英樹、上村裕一、桑木共之 .  嗅覚系を介した鎮痛効果 .  鹿児島神経科学研究会第3回研究発表会  鹿児島神経科学研究会第3回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 米満亨、高橋重成、森泰生、田代章悟、上村裕一、桑木共之 .  TRPA1は三叉神経を介して環境侵害刺激を警報する .  日本ペインクリニック学会  日本ペインクリニック学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • Yonemitsu T., Takahashi N., Mori Y., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Transient receptor potential ankyrin 1 alarms diverse inhalation stimuli in mice. .  EuroAnesthasia 2013  EuroAnesthasia 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • 黒木千晴、高橋佳子、上村裕一、桑木共之 .  オレキシンニューロン欠損による麻酔覚醒の遷延には低体温の影響が大きい .  日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Kuroki C., Takahashi Y., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Impact of hypothermia on emergence from isoflurane anesthesia in orexin neuron ablated mice. .  EuroAnesthasia 2013  EuroAnesthasia 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • Kuroki C., Yonemitsu T., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Contribution of TRPA1 to arousal and respiratory response to hypoxia. .  EuroAnesthasia 2013  EuroAnesthasia 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • 黒木千晴、米満亨、上村裕一、桑木共之 .  低酸素に対する覚醒および呼吸調節における TRPA1の関与 .  日本麻酔科学会第60回学術集会  日本麻酔科学会第60回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 黒木千晴、高橋佳子、上村裕一、桑木共之 .  オレキシンニューロン破壊マウスにおけるイソフルラン麻酔からの覚醒に与える低体温の影響 .  日本麻酔科学会第60回学術集会  日本麻酔科学会第60回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • Toru Yonemitsu, Nobuaki Takahashi, Yasuo Mori, Yuichi Kanmura, Tomoyuki Kuwaki .  Avoidance of environmental gas irritants mediated by TRPA1 .  Experimental Biology 2013  Experimental Biology 2013国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:英語  

    開催地:Boston, USA  

    国際学会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシン機構はウルトラディアンリズムによる心拍数、活動量の一過性の増加に関与 .  第90回日本生理学会大会  第90回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 桑木共之、米満亨、上村裕一 .  行動と呼吸:TRPA1の役割 .  第90回日本生理学会大会  第90回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 生駒葉子、宮田紘平、桑木共之、大塚曜一郎 .  メタンフェタミン投与による自律生理反応でのオレキシン神経伝達物質グルタミン酸の役割 .  第90回日本生理学会大会  第90回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 松元愛海、鮫島光平、窪凛太郎、川瀧正典、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシンニューロンに共存するグルタミン酸はストレス誘発性熱産生に重要である .  第90回日本生理学会大会  第90回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 生駒葉子、宮田紘平、桑木共之、大塚曜一郎 .  メタンフェタミン投与による自律生理反応でのオレキシン神経伝達物質グルタミン酸の役割 .  環境生理シンポジウム  環境生理シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 松元愛海、鮫島光平、窪凛太郎、川瀧正典、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシンニューロンに共存するグルタミン酸はストレス誘発性熱産生に重要である .  第2回脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム  第2回脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 桑木共之 .  TRPA1チャンネルによる環境有毒ガスの検出とその帰転 .  第2回脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム  第2回脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 生駒葉子、山中章弘、桑木共之、大塚曜一郎 .  セロトニン神経活動と心機能;光操作技術の検討 .  第40回自律神経生理研究会  第40回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • K. Miyata, Y. Ootsuka, T. Kuwaki .  Ultradian basic rest-activity cycle in orexin deficien mice .  42nd Society for Neuroscience Annual Meeting  42nd Society for Neuroscience Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 米満亨、高橋重成、森泰生、上村裕一、桑木共之 .  TRPA1は環境侵害刺激を警報する .  鹿児島神経科学研究会第2回研究発表会  鹿児島神経科学研究会第2回研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    研究会

  • T. Yonemitsu, N. Takahashi, Y. Mori, Y. Kanmura, T. Kuwaki .  TRPA1 alarms environmental gas irritants .  42nd Society for Neuroscience Annual Meeting  42nd Society for Neuroscience Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 桑木共之 .  TRPA1チャンネルによる高濃度酸素を含む有毒ガスの検出とその帰転 .  第16回酸素ダイナミクス研究会  第16回酸素ダイナミクス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 生駒葉子、山中章弘、桑木共之、大塚曜一郎 .  セロトニン神経活動光操作の心臓機能への効果 .  第4回光操作研究会  第4回光操作研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • 松元愛海、鮫島光平、窪凛太郎、川瀧正典、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシンニューロンにおけるグルタミン酸の神経伝達物質としての役割 .  日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 桑木共之 .  中枢性体温調節回路におけるオレキシン神経細胞の役割 .  日本神経科学学会  日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • T. Kuwaki .  SIDS FROM NEUROPHYSIOLOGY .  22nd Conference of the International Academy of Legal Medicine  22nd Conference of the International Academy of Legal Medicine国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:英語  

    開催地:トルコ  

    国際学会

  • 桑木共之 .  ストレスと自律機能 シンポジウムS9「オレキシン研究の最近」 .  日本睡眠学会第37回定期学術集会  日本睡眠学会第37回定期学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 古河淳、黒木千晴、長谷川麻衣子、東亮子、桑木共之、上村裕一 .  Perfusion Indexは術後シバリングの予測因子となるか? .  日本麻酔科学会第59回学術集会  日本麻酔科学会第59回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 米満亨、高橋重成、森泰生、黒木千晴、上村裕一、桑木共之 .  TRPA1は環境侵害刺激を感知し行動を変容させる .  日本麻酔科学会第59回学術集会  日本麻酔科学会第59回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 桑木共之 .  睡眠・覚醒・ストレスに伴う体内環境調整におけるオレキシン神経の役割 .  第590回北里医学会招待学術講演会  第590回北里医学会招待学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • T. Yonemitsu, N. Takahashi, Y. Mori, Y. Kanmura, T. Kuwaki .  TRPA1 is an environmental gas alarm .  31st Annual Scientific Meeting of the American Pain Society  31st Annual Scientific Meeting of the American Pain Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • T. Kuwaki, Y. Takahashi, W. Zhang, K. Sameshima, C. Maeda, T. Sakurai, Y. Kanmura .  Role of orexin neurons in prostaglandin E2-induced fever and the defense against environmental cooling .  Experimental Biology 2012  Experimental Biology 2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  ウルトラディアンリズムと脳内オレキシン神経系 .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 米満亨、高橋重成、森泰生、上村裕一、桑木共之 .  TRPA1は環境ガス警報器である .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 桑木共之、小林ー鳥居美佳子、藤田恵、市丸雄平、藤田敏郎 .  細胞外カルシウムセンサーによる髄液カルシウム濃度の検出 .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 大塚曜一郎、宮田紘平、桑木共之 .  オレキシン欠損マウスでのメタンフェタミンの心拍への効果 .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 松元愛海、鮫島光平、窪凛太郎、川瀧正典、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシンニューロンに共存するグルタミン酸の役割 .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  ウルトラディアンリズムと脳内オレキシン神経系 .  環境生理プレコングレス  環境生理プレコングレス

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • Ootsuka Y, Miyata K, Kuwaki T. .  Orexin system and ultradian brain rest-activity cycle .  International symposium on Frontiers in Behavioral Brain Science  International symposium on Frontiers in Behavioral Brain Science国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 桑木共之 .  自律神経と体性神経の架け橋としてのオレキシンニューロン .  脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム  脳・肝インターフェイスメディシン研究センターシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 高橋重成、桑木共之、清中茂樹、沼田朋大、森泰生 .  TRPA1は体内への酸素供給を制御する酸素センサーである .  第89回日本生理学会大会  第89回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 松元愛海、鮫島光平、窪凛太郎、川瀧正典、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシンニューロンに共存する神経伝達物質グルタミン酸の役割 .  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第5回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 桑木共之 .  視床下部オレキシンニューロンによる循環調節 .  第107回福岡心臓血管研究会  第107回福岡心臓血管研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 米満亨、高橋重成、森泰生、上村裕一、大塚曜一郎、桑木共之 .  TRPA1は有害ガスを警報し行動を変容させる .  第39回自律神経生理研究会  第39回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  超日生体リズムはオレキシン欠損マウスで減弱する .  第39回自律神経生理研究会  第39回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • N. TAKAHASHI, T. KUWAKI, S. KIYONAKA, T. NUMATA, D. KOZAI, S. NAITO, P. CARMELIET, T. OGA, S. KANEKO, J. YOSHIDA, Y. MORI .  A TRP channel senses oxygen availability in vagus. .  41th Neuroscience  41th Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Tomoyuki Kuwaki .  A key role of orexin (hypocretin) neurons in stress-induced thermogenesis .  41th Neuroscience  41th Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  オレキシン神経機構の超日リズム形成への関与 .  西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • R Kuroiwa, N Furutani, J Hara, M Hondo, M Ishii, T Abe, M Mieda, N Tsujino, T Motoike, Y Yanagawa, T Kuwaki, M Yamamoto, M Yanagisawa, T Sakurai .  Critical role of neuropeptides B/W receptor 1 signaling in social behavior and fear memory. .  第34回日本神経科学学会  第34回日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Y. Ootsuka, K. Miyata, T. Kuwaki .  The role of orexin in autonomic physiological response elicited by methamphetamine. .  Brain origins of cardiovascular disorders (satellite symposium ISAN 2011)  Brain origins of cardiovascular disorders (satellite symposium ISAN 2011)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:ブラジル  

    国際学会

  • Y. Ootsuka, K. Miyata, T. Kuwaki .  Ultradian 90-min biological rhythm is attenuated in orexin-deficient mice .  1st Joint Meeting of the International Society for Autonomic Neuroscience and the American Autonomic Society  1st Joint Meeting of the International Society for Autonomic Neuroscience and the American Autonomic Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:ブラジル  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  A key role of orexin (hypocretin) neurons in defense response against stressor .  8th International Brain Research Organization Congress  8th International Brain Research Organization Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:イタリア  

    国際学会

  • Kuwaki T .  A PIVOTAL ROLE OF OREXIN (HYPOCRETIN) NEURONS IN FIGHT-OR-FLIGHT RESPONSE .  16th International “Stress and Behavior” Neuroscience and Biopsychiatry Conference  16th International “Stress and Behavior” Neuroscience and Biopsychiatry Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • 高橋佳子、砂永仁子、張薇、桜井武、上村裕一、桑木共之 .  プロスタグランディンE2による発熱はオレキシン含有ニューロンに依存する .  日本麻酔科学会 第58回学術集会  日本麻酔科学会 第58回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  OREXIN NEURONS ARE INVOLVED IN THE BRAIN-COORDINATED ULTRADIAN RHYTHM .  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 黒岩ルビー、古谷直生、原淳子、阿部友美、本池俊行、三枝理博、柳川右千夫、桑木共之、柳沢正史、櫻井武 .  NPB/NPW receptor1の社会行動と恐怖記憶における役割 .  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 桑木共之 .  オレキシンによる行動・呼吸調節ネットワーク .  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会  第88回日本生理学会大会・第116回日本解剖学会合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Ootsuka Y, Miyata K, Kuwaki T .  Ultradian rhythm in locomotor activity, heart rate and body temperature in orexin deficient mice. .  31st Annual Meeting, Australian Neuroscience Society  31st Annual Meeting, Australian Neuroscience Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年2月

    記述言語:英語  

    開催地:ニュージーランド  

    国際学会

  • 鮫島光平、大塚曜一郎、桑木共之 .  PGE2による発熱に関与する神経伝達物質 .  第38回自律神経生理研究会  第38回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  超日生体リズムと脳内神経機構 .  第38回自律神経生理研究会  第38回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 宮田紘平、大塚曜一郎、桑木共之 .  約90分周期の生体リズム(超日リズム)とオレキシン神経 .  第4回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会  第4回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Sunanaga J., Zhang W., Takahashi Y., Mori T., Sakurai T., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Stress-induced thermogenesis depends on orexin neurons .  9th Japan-Korea Joint Symposium on Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles  9th Japan-Korea Joint Symposium on Brain Sciences, and Cardiac and Smooth Muscles国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    開催地:鹿児島  

    国際学会

  • Takahashi Y., Sunanaga J., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Orexin neurons mediate prostaglandin E2-induced fever .  American Society of Anesthesiologists  American Society of Anesthesiologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Sunanaga J., Takahashi Y., Kanmura Y., Kuwaki T. .  Stress-induced hyperthermia is mediated by orexin neurons .  American Society of Anesthesiologists  American Society of Anesthesiologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  Orexin: A possible link between behavior and autonomic functions. .  The NeuroPhysiome: Bridging computational neuroscience and systems biology. US-JAPAN Brain Research Cooperative Program Workshop  The NeuroPhysiome: Bridging computational neuroscience and systems biology. US-JAPAN Brain Research Cooperative Program Workshop国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Okinawa  

    国際学会

  • 高橋佳子、砂永仁子、張薇、桜井武、桑木共之 .  オレキシンニューロンはプロスタグランジンE2による発熱に関与している .  第33回日本神経科学学会  第33回日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 砂永仁子、高橋佳子、張薇、桜井武、桑木共之 .  オレキシン含有ニューロンはストレス時の発熱反応に関与している .  第33回日本神経科学学会  第33回日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 桑木共之 .  視床下部オレキシン神経:自律系と体性系との接点 .  第8回交感神経とアンジオテンシンII研究会  第8回交感神経とアンジオテンシンII研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 高橋佳子、砂永仁子、張薇、桜井武、上村裕一、桑木共之 .  プロスタグランディンE2による発熱はオレキシン含有ニューロンを介する .  日本麻酔科学会第57回学術集会  日本麻酔科学会第57回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 砂永仁子、高橋佳子、張薇、桜井武、上村裕一、桑木共之 .  ストレス時の発熱はオレキシン含有ニューロンを介する .  日本麻酔科学会第57回学術集会  日本麻酔科学会第57回学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 桑木共之 .  自律機能の中枢神経による調節 .  第87回日本生理学会大会 教育委員会シンポジウム:生理学モデル講義  第87回日本生理学会大会 教育委員会シンポジウム:生理学モデル講義

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:盛岡  

    国内学会

  • 高橋佳子、砂永仁子、張薇、桜井武、上村裕一、桑木共之 .  プロスタグランディンE2による発熱はオレキシンニューロンを介する .  第87回日本生理学会大会  第87回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:盛岡  

    国内学会

  • 砂永仁子、高橋佳子、張薇、桜井武、上村裕一、桑木共之 .  ストレス時の発熱はオレキシンニューロンを介する .  第87回日本生理学会大会  第87回日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:盛岡  

    国内学会

  • Kuwaki, T. .  Lessons from orexin knockout mice. .  Experimental Biology 2010, Symposium: Orexin and the Control of Breathing [Chair: E. Nattie (USA) & T. Kuwaki (JPN)]  Experimental Biology 2010, Symposium: Orexin and the Control of Breathing [Chair: E. Nattie (USA) & T. Kuwaki (JPN)]国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:英語  

    開催地:USA  

    国際学会

  • 桑木共之 .  情動ストレスと自律系のカップリング:オレキシン神経の役割 .  福岡大学セミナー  福岡大学セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 桑木共之、砂永仁子、Ben-Shiang Deng、張薇、上村裕一 .  二酸化炭素換気応答におけるオレキシン含有神経の役割 .  第37回自律神経生理研究会  第37回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 桑木共之 .  ゆらぎ解析 .  侵襲制御学集中治療部セミナー  侵襲制御学集中治療部セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 桑木共之 .  視床下部による呼吸調節 .  第3回基礎系研究発表会  第3回基礎系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 桑木共之 .  視床下部による自律系の統合調節:オレキシンの役割 .  第62回日本自律神経学会総会  第62回日本自律神経学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:和歌山  

    国内学会

  • 桑木共之 .  睡眠と呼吸調節の脳内メカニズム:遺伝子工学を利用した最新の研究から .  東洋大学第2回理工学シンポジュウム~脳科学と工学の融合~~脳の不思議を見るテクノロジー~  東洋大学第2回理工学シンポジュウム~脳科学と工学の融合~~脳の不思議を見るテクノロジー~

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    その他

  • Kuwaki, T., Zhang, W., Sunanaga, J., Sakurai, T. .  Orexinergic modulation of the autonomic activity during emotional stress .  Invited Seminar at Virginia University  Invited Seminar at Virginia University

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:USA  

    その他

  • Kuwaki, T., Sunanaga, J., Zhang, W., Sakurai, T. .  Lack of stress-induced hyperthermia in orexin neuron-ablated mice .  Neuroscience2009  Neuroscience2009国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Chicago, USA  

    国際学会

  • Kuwaki, T. .  Autonomic activity during emotional stress: role of orexin .  第4回MCCS-Asiaシンポジウム「高次脳機能の解明:動物モデルの最近の進展III」  第4回MCCS-Asiaシンポジウム「高次脳機能の解明:動物モデルの最近の進展III」国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Nagoya  

    国際学会

  • Kuwaki, T., Zhang, W., Sunanaga, J., Sakurai, T. .  Orexinergic modulation of the autonomic activity during emotional stress .  6th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2009).  6th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2009).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Australia  

    国際学会

  • Sunanaga, J., Zhang, W., Sakurai, T., Kuwaki, T. .  ストレス時の発熱反応におけるオレキシン含有ニューロンの役割 .  第32回日本神経科学学会  第32回日本神経科学学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • Kuwaki, T. .  Contribution of orexin to the defense response .  Invited Seminar at Flinders University  Invited Seminar at Flinders University

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:Australia  

    その他

  • 砂永仁子、高橋佳子、桑木共之 .  オレキシンニューロンによる褐色脂肪細胞支配の交感神経活動調節 .  第7回交感神経とアンジオテンシンII研究会  第7回交感神経とアンジオテンシンII研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Kuwaki T. .  HYPOTHALAMIC CONTROL OF BREATHING .  36th Congress of International Union of Physiological Societies  36th Congress of International Union of Physiological Societies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  HYPOTHALAMIC MODULATION OF BREATHING .  11th Oxford Conference on Modeling and Control of breathing  11th Oxford Conference on Modeling and Control of breathing国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    開催地:奈良  

    国際学会

  • 桑木共之 .  神経性循環制御: an update .  日本循環制御医学会総会  日本循環制御医学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Kuwaki T., Zhang W., Sakurai T. .  Lack of handling stress-induced hyperthermia in orexin neuron-ablated mice .  Experimental Biology 2009  Experimental Biology 2009国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans (米国)  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  Orexin-containing neuron contributes stress-induced thermogenesis .  8th Japan-Korea Joint Symposium on Physiology  8th Japan-Korea Joint Symposium on Physiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年1月

    記述言語:英語  

    開催地:釜山(韓国)  

    国際学会

  • 桑木共之、張薇、桜井武 .  ストレス誘発体温上昇におけるオレキシン含有神経の役割 .  第36回自律神経生理研究会  第36回自律神経生理研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 桑木共之 .  循環・代謝調節におけるオレキシンの役割 .  第10回Cardiovascular-Diabetes meeting in Hiroshima  第10回Cardiovascular-Diabetes meeting in Hiroshima

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    研究会

  • 桑木共之 .  オレキシンによる循環・呼吸の動的修飾 .  鹿児島大学基礎医学系研究発表会  鹿児島大学基礎医学系研究発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 桑木共之 .  自律機能制御のホメオダイナミクス~古典的生理学からポストゲノム生理学へ~ .  鹿大侵襲制御学(麻酔・蘇生学)教室セミナー  鹿大侵襲制御学(麻酔・蘇生学)教室セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • 桑木共之 .  循環・呼吸調節のホメオダイナミクス .  金沢大学分子神経科学セミナー  金沢大学分子神経科学セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    その他

  • 桑木共之 .  情動・行動に伴う自律制御のリセッティング .  第3回SICE生物制御システム調査研究会  第3回SICE生物制御システム調査研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Tagaito Y., Shimoyama M., Terada J., Nakamura A., Kuwaki T. .  Apneas occur more frequently in orexin neuron-ablated mice than in orexin-knockout mice. Am. .  Thoracic Soc. Congress 2008.  Thoracic Soc. Congress 2008.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:英語  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • Lee E.-Y., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Cardiovascular neurons of the rat brain express extracellular Ca2+-sensing receptors. .  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    開催地:和歌山  

    国際学会

  • Terada J., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Orexin knockout mice exhibit attenuated respiratory long-term facilitation. .  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    開催地:和歌山  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Afferent pathways to the orexinergic neurons that involved in the defense response against stressor. .  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).  5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    開催地:和歌山  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W. .  Central neural pathways that subserve emotional modification of the cardiorespiratory control. .  SatelliteSymposium of the 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007) "New Insights into Central Control Mechanisms of Circulation".  SatelliteSymposium of the 5th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience (ISAN 2007) "New Insights into Central Control Mechanisms of Circulation".国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    開催地:和歌山  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W. .  Emotional modification of the cardiorespiratory regulation system. .  Satellite Meeting of the International Brain Research Organization 7th World Congress.  Satellite Meeting of the International Brain Research Organization 7th World Congress.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • Deng B.-S., Zhang W., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Shimoyama M., Kuwaki T. .  Pharmacological or genetic deficiency of orexin attenuates hypercapnic chemoreflex that can be restored by supplementation of orexin. .  Satellite Meeting of the International Brain Research Organization 7th World Congress.  Satellite Meeting of the International Brain Research Organization 7th World Congress.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:台湾  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  Contribution of orexin to the state-dependent respiratory control. .  Symposium: Evolutionary Physiology of Respiration: From Amphibian to Human.  Symposium: Evolutionary Physiology of Respiration: From Amphibian to Human.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • Terada J., Nakamura A.,Zhang W., Yanagisawa M. Fukuda,Y., Kuwaki T. .  Orexin is necessary for eliciting ventilatory long-term facilitation in mice. .  47th Annual Meeting of the Japan Respiration Society.  47th Annual Meeting of the Japan Respiration Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  Respiratory phenotype in orexin knockout mice. .  Invited Seminar at Dartmouth University.  Invited Seminar at Dartmouth University.

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:米国  

    その他

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Afferent pathways to the orexinergic neurons that involved in the defense response against stressor. .  Experimental Biology 2007.  Experimental Biology 2007.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Orexin is necessary both for hypercapnic ventilatory responses during awake state and for prevention of sleep apneas. .  Experimental Biology 2007.  Experimental Biology 2007.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Terada J., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuriyama T., Kuwaki T. .  Orexin is necessary for eliciting ventilatory long-term facilitation in mice. .  Experimental Biology 2007.  Experimental Biology 2007.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kuwaki T., Lee E.-Y., Fukuda Y. .  Distribution of the extracellular calcium-sensing receptors in the cardiovascular regulatory regions in the rat brain. .  Experimental Biology 2007.  Experimental Biology 2007.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年4月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Abasi K., Kuwaki T., Li X.-J., Zhang L., Liu C., Wang W., Liu H. .  The change of Gq/11 concentration in multiple organs of rats during acute lung injury. .  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Orexin is necessary both for hypercapnic ventilatory responses during wakefulness and for prevention of apneas during sleep. .  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Terada J., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuriyama, T., Kuwaki T. .  Attenuated ventilatory long-term facilitation in unanesthetized orexin knockout mice. .  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Lee E.-Y., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Distribution of the extracellular calcium-sensing receptors in the cardiovascular neurons in the rat brain. .  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Afferent pathways to the orexinergic neurons that involved in the defense response against stressor. .  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  84th Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:大阪  

    国際学会

  • Kuwaki T., Deng B.-S., Zhang W., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  Exaggerated sleep apnea and vigilance state-dependent attenuation of hypercapnic chemoreflex in orexin knockout mice. .  The 4th Congress of Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies.  The 4th Congress of Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Involvement of amygdala and bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-mediated defense response. .  The 4th Congress of Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies (FAONS).  The 4th Congress of Federation of Asian-Oceanian Neuroscience Societies (FAONS).国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:英語  

    開催地:香港  

    国際学会

  • Deng B.-S., Zhang W., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Shimoyama M., Kuwaki T. .  Involvement of orexin in hypercapnic chemoreflex: Evidence from genetic or pharmacological deficiency and rescue studies in mice. .  36th Congress of the Society for Neuroscience.  36th Congress of the Society for Neuroscience.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuation of the defense response induced by stimulation of amygdala or bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-ablated mice. .  36th Congress of the Society for Neuroscience.  36th Congress of the Society for Neuroscience.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:英語  

    開催地:米国  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W. .  Emotional modification of the cardiovascular regulatory system. .  Neuro2006.  Neuro2006.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 桑木共之 .  情動の自律神経出力経路と神経性血圧調節(防衛反応と基礎血圧の維持におけるオレキシンの役割) .  第41回新潟高血圧談話会  第41回新潟高血圧談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    研究会

  • Deng B.-S., Zhang W., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Genetic and pharmacological blockade of orexin attenuates hypercapnic chemoreflex that can be restored by supplementation of orexin. .  Neuro2006.  Neuro2006.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuated defense response induced by stimulation of amygdala or bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-ablated mice. .  Neuro2006.  Neuro2006.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Deng B.-S., Zhang W., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Pharmacological or genetic deficiency of orexin attenuates hypercapnic chemoreflex that can be restored by supplementation of orexin. .  15th Congress of the International Union of Pharmacology.  15th Congress of the International Union of Pharmacology.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuated defense response induced by stimulation of amygdala and bed nucleus of stria terminalis in orexin neuron-ablated mice. .  15th Congress of the International Union of Pharmacology.  15th Congress of the International Union of Pharmacology.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W., Shimoyama M., Sakurai T., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  Orexin as a master switch to elicit multiple components of the defense response against stressor. .  15th Congress of the International Union of Pharmacology.  15th Congress of the International Union of Pharmacology.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • Deng B.-S., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Genetic or pharmacological ablation of orexin attenuated and supplementation ameliorated hypercapnic chemoreflex. .  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語  

    開催地:前橋  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuated defense response induced by stimulation of amygdala in orexin neuron ablated mice. .  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語  

    開催地:前橋  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W. .  Resetting of cardiovascular regulation by emotional stimuli. Research Frontiers in Cardiovascular Physiology, -New Original Concepts-. .  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society  83rd Annual Meeting of the Japan Physiological Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:英語  

    開催地:前橋  

    国際学会

  • 桑木共之 .  ストレス防衛反応の表出と基礎血圧の決定におけるオレキシンの役割 .  富山大学生命科学先端研究センター学術セミナー  富山大学生命科学先端研究センター学術セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山  

    研究会

  • 藤田恵、永江愛、安東克之、桑木共之、藤田敏郎 .  血圧調節における交感神経活動と脳内酸化ストレスの関与 .  第58回日本自律神経学会総会シンポジウム:視床下部による自律神経調節  第58回日本自律神経学会総会シンポジウム:視床下部による自律神経調節

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Kuwaki T., Deng B.-S., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  Augmented sleep apnea and state-dependent abnormality of chemoreflex in orexin knockout mice. .  Interim Congress of World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Societies.  Interim Congress of World Federation of Sleep Research and Sleep Medicine Societies.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:英語  

    開催地:インド  

    国際学会

  • 桑木共之 .  情動による身体状況の変化メカニズム(情動の自律神経出力) .  第5回生理学若手サマースクール 情動・感情の生理学的理解  第5回生理学若手サマースクール 情動・感情の生理学的理解

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    その他

  • Shimoyama M., Watanabe S., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Pain-inhibitory actions of endogenous orexins during persistent pain and stress. .  11th World Congress on Pain.  11th World Congress on Pain.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年8月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Kuwaki T. .  Attenuated defense response and hypotension in orexin neuron-ablated mice. .  4th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience.  4th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • 桑木共之 .  遺伝子改変マウスを用いた呼吸調節機能研究 .  早稲田大学セミナー  早稲田大学セミナー

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京.  

    その他

  • Deng B.-S., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuated hypercapnic chemoreflex in orexin knockout mice. .  Neuro2005.  Neuro2005.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Kuwaki T. .  Attenuated defense response in orexin neuron-ablated mice. .  Neuro2005.  Neuro2005.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • Kuwaki T., Deng B.-S., Nakamura A., Zhang W., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  State-dependent abnormality of respiratory regulation in orexin knockout mice. .  4th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience.  4th Congress of the International Society for Autonomic Neuroscience.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地:フランス  

    国際学会

  • Kuwaki T. .  Respiratory regulation during sleep in mice. .  Neuro2005.  Neuro2005.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:英語  

    開催地: 横浜  

    国際学会

  • Zhang W., Sakurai T., Kuwaki T. .  Effects of ablation of orexin neuron on the defense response. .  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    開催地:仙台  

    国際学会

  • Watanabe, S., Kuwaki T., Yanagisawa M., Fukuda Y., Shimoyama M. .  Persistent pain and stress activate pain-inhibitory orexin pathways. .  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    開催地:仙台  

    国際学会

  • Deng B.-S., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y., Kuwaki T. .  Attenuation of hypercapnic chemoreflex in orexin knockout mice. .  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  82nd Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:英語  

    開催地:仙台  

    国際学会

  • Kuwaki T., Zhang W., Deng B.-S., Watanabe S., Sakurai T., Yanagisawa M., Shimoyama M., Fukuda Y. .  Role of orexin and co-transmitters in the defense response against stress. .  78th Annual Meeting of the Japan Pharmacological Society.  78th Annual Meeting of the Japan Pharmacological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:英語  

    開催地:横浜  

    国際学会

  • Sawaguchi T., Mori T., Kuwaki T. .  Cognition and arousal. .  3rd International Symposium of Baby Sciences, Keynote Lecture.  3rd International Symposium of Baby Sciences, Keynote Lecture.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • 桑木共之 .  オレキシン欠損マウスにおけるストレス反応と自律神経症状 .  第57回日本自律神経学会総会シンポジウム「ストレスと自律神経系-基礎から臨床へ」  第57回日本自律神経学会総会シンポジウム「ストレスと自律神経系-基礎から臨床へ」

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:日本語  

    開催地: 長崎  

    国内学会

  • Kuwaki T. .  Augmented sleep apnea in orexin knockout mice. .  8th SIDS International Conference.  8th SIDS International Conference.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:英語  

    開催地:カナダ  

    国際学会

  • Fujita M., Kuwaki T., Shimosawa, T., Ando K., Fujita T. .  Sympatho-inhibitory effect of adrenomedullin in the brain on salt-sensitive hypertension through inhibition of oxidative stress. .  81st Annual Meeting of the Japan Physiological Society.  81st Annual Meeting of the Japan Physiological Society.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    開催地:札幌  

    国際学会

  • Kuwaki T., Kayaba Y., Nakamura A., Yanagisawa M., Fukuda Y. .  Involvement of orexin in defense response and central determination of sympathetic outflow. .  20th Scientific Meeting of International Society of Hypertension.  20th Scientific Meeting of International Society of Hypertension.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語  

    開催地:ブラジル  

    国際学会

  • Fujita M., Kuwaki T., Shimosawa T., Ando K., Fujita T. .  Sympatho-inhibitory and hypotensive effect of adrenomedullin through central nervous system in salt-sensitive hypertension. .  20th Scientific Meeting of International Society of Hypertension  20th Scientific Meeting of International Society of Hypertension国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年2月

    記述言語:英語  

    開催地:ブラジル  

    国際学会

  • 金子 達朗, 桑木 共之, 柏谷 英樹 .  マウスにおけるリナロールの匂いに誘発される抗そう痒効果(Linalool odor induced anti-pruritic effects in mice) .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山下 哲, 山中 章弘, 桑木 共之 .  ファイバーフォトメトリー法を用いた急性ストレス負荷による循環応答時におけるオレキシン神経活動の測定 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ikoma Yoko, Kusumoto Ikue, Yamanaka Akihiro, Ootsuka Youichirou, Kuwaki Tomoyuki .  感情、行動、自律神経反応をつなぐ脳の経路 ストレス誘発性自律神経反応における延髄縫線核内セロトニン作動性ニューロンの寄与(Brain pathways linking between emotion, behaviour and autonomic responses Contribution of medullary raphe serotonergic neurons in the stress-induced autonomic responses) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会招待 国際共著 国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Yamashita Akira, Moriya Shunpei, Nishi Ryusei, Ikoma Yoko, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki .  急性侵害受容性刺激は覚醒マウスのセロトニンおよびノルアドレナリンニューロンの活動を誘発する(Acute nociceptive stimuli induce the activity of serotonin and noradrenalin neurons in awake mice) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 守谷 俊平, 山下 哲, 坂口 淳一, 桑木 共之 .  急性の嫌悪刺激は覚醒マウスの腹側被蓋野のドーパミン神経活動を急速に上昇させる .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Yamashita Akira, Moriya Shunpei, Kaminosono Jun, Kajiya Katsuko, Yamanaka Akihiro, Kuwaki Tomoyuki .  嫌悪ストレス刺激に対する自律神経応答とorexin神経活動の関係(Relations between the orexin neural activity and the autonomic response by aversive stress stimulation) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 植田 紘貴, 菅 真有, 八木 孝和, 楠本 郁恵, 柏谷 英樹, 桑木 共之, 宮脇 正一 .  唾液分泌と嚥下の調節機構における内臓感覚の役割 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Ueda Hirotaka, Suga Mayu, Yagi Takakazu, Kusumoto-Yoshida Ikue, Kashiwadani Hideki, Kuwaki Tomoyuki, Miyawaki Shouichi .  唾液分泌および嚥下反射は迷走神経求心路の活性化により誘発される(Salivation and swallowing-like events are induced by vagal afferent activation in anesthetized rats) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語