2021/04/27 更新

写真a

フクダ リユウジ
福田 隆二
FUKUDA Ryuji
所属
農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸 助教
職名
助教

学位

  • 水産学士 ( 1995年4月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 海底噴気孔

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   助教

    2015年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船南星丸   助教

    2008年8月 - 2015年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   助手

    2003年4月 - 2008年7月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船敬天丸   助手

    2001年4月 - 2003年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   助手

    2000年4月 - 2001年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   助手

    1998年7月 - 2000年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   職員(事務系)

    1997年5月 - 1998年6月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   職員(技術系)

    1996年7月 - 1997年4月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域水産学系 水産学部 附属練習船かごしま丸   職員(事務系)

    1996年4月 - 1996年6月

▼全件表示

 

論文

  • 福田隆二, 内山正樹, 日高正康, 町口朋紀 .  鹿児島湾口山川港沖噴気孔密集海域における観測 .  鹿児島大学水産学部紀要62   21 - 30   2013年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 内山正樹,福田隆二,日高正康 .  鹿児島湾口山川港沖における噴気孔の確認 .  鹿児島大学水産学部紀要61   1 - 8   2012年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福田隆二,内山正樹,日高正康,東 政能 .  鹿児島湾口山川港沖における噴気孔の確認およびその探索手法 .  鹿児島大学水産学部紀要60   1 - 11   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 内山正樹,東 隆文,福田隆二,有田洋一,牧野文洋, 三橋廷央,武田篤史,畑辺佳奈子 .  先島群島北方における日本・台湾漁船群の操業実態 .  鹿児島大学水産学部紀要68   31 - 34   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 牧野文洋,内山正樹,東 隆文,福田隆二,武田篤史,畑辺佳奈子,三橋廷央 .  かごしま丸による東シナ海トロール操業年次報告(平成 28,29 及び 30 年度) .  鹿児島大学水産学部紀要68   35 - 55   2019年4月

  • 那須佳奈子,内山正樹,東 隆文,福田隆二, 有田洋一,牧野文洋,武田篤史,三橋廷央 .  かごしま丸による東シナ海トロール操業年次報告 (平成 26 年度) .  鹿児島大学水産学部紀要65   52 - 59   2015年4月

  • 日高正康,西隆一郎,内山正樹,福田隆二 .  有明海および島原湾の海底堆積物の鉛直変化 .  土木学会論文集B3(海洋開発)69 ( 2 ) I_898 - I_903   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日高正康,西隆一郎,前田広人,内山正樹,福田隆二 .  池田湖の低湿環境の経年変化 .  土木学会論文集B3(海洋開発)69 ( 2 ) I_904 - I_909   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 日高正康,東政能,内山正樹,福田隆二,西隆一郎 .  鹿児島湾内海底表層堆積物の特性 .  土木学会論文集B3(海洋開発)68 ( 2 ) I_1127 - I_1132   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toru Kobari, Hiroyasu Akamatsu, Masato Ninowa, Toshihiro Ichikawa,Kazuo Iseki, Ryuji Fukuda, Masataka Higashi .  Effects of the Copepod Community Structure on Fecal Pellet Flux in Kagoshima Bay, a Deep, Semi-Enclosed Embayment. .  Journal of Oceanography ( 66 ) 673 - 684   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masataka Higashi, Masaki Uchiyama, Akimasa Habano, Takafumi Azuma, Ryuji Fukuda, Youichi Arita, Fumihiro Makino .  The Oceanographic Conditions along 134°E from 12°N to 30°N in September, 2003 and 2009. .  鹿児島大学水産学部紀要59   1 - 9   2010年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 小針統,小針有里恵,市川敏弘,釘田禎之,吉田拓己,藤井友生,古橋智志,山本孝,幅野明正,福田隆二 .  鹿児島湾における微小プランクトン群集の季節動態 .  海洋と生物31 ( 1 ) 37 - 44   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shigeru Fujieda, Masaki Uchiyama, Takafumi Azuma, Ryuji Fukuda, Youichi Arita .  Ingestion Case of Plastics by Black Marlin Makaira indica and Lancetfish Alepisaurus ferox Caught in the East Indian Ocean .  鹿児島大学水産学部紀要57   47 - 48   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Munechika Ishizaki, Yoshihiro Inoue, Tetsuro Nagamatsu, Akimasa Habano, Masataka Higashi, Ryuji Fukuda .  Trails on Estimation of Energy Savings Effect by Controlling the thrust of a Fishing Boat during longline fishing operation .  Black Sea 2006   10   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 吉永圭輔、益満侃、日高正康、内山正樹、東隆文、福田隆二 .  海面高度偏差図を使ったマグロ漁場探索への基礎的研究 .  鹿児島大学水産学部紀要53   1   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 東隆文,日高正康,幅野明正,福田隆二,東川勢二 .  薩摩半島,吹上浜西方沖の底質 .  鹿児島大学水産学部紀要47   19 - 23   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福田隆二,日高正康,東川勢二 .  ウジュンパンダン港停泊中の気象 .  鹿児島大学水産学部紀要47   13 - 17   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 2006年かごしま丸遠洋調査実習における海洋調査報告

    福田隆二、益満侃、内山正樹、東隆文、有田洋一、吉永圭輔( 担当: 共著)

    鹿児島大学水産学部紀要  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 2005年かごしま丸遠洋調査実習航海における海洋調査報告

    東隆文、福田隆二、益満侃、内山正樹、小針統、吉永圭輔( 担当: 共著)

    鹿児島大学水産学部紀要  2005年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書