2021/06/20 更新

写真a

ヨシダ アキラ
吉田 輝
YOSHIDA Akira
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 リハビリテーション部 講師
医歯学域医学系 医学部  
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2002年9月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • がんのリハビリテーション

  • 脊髄損傷

  • 脳卒中

  • 神経因性膀胱

  • 排尿機能

  • リハビリテーション

経歴

  • 鹿児島大学   運動機能修復学講座 リハビリテーション医学   講師

    2003年4月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    2002年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本脊髄障害医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本心臓リハビリテーション学会

    2012年2月 - 現在

  • International Spinal Cord Society

    2009年7月 - 現在

  • International Continence Society

    2006年8月 - 現在

  • 日本排尿機能学会

    2000年8月 - 現在

  • 日本薬理学会

    1997年2月 - 現在

  • 日本自律神経学会

    1995年7月 - 現在

  • 日本温泉気候物理医学会

    1993年9月 - 現在

  • 日本内科学会

    1992年8月 - 現在

  • 日本リハビリテーション医学会

    1992年7月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本リハビリテーション医学会   教育委員会  

    2017年4月 - 現在   

 

論文

  • Haseba S, Sakakima H, Nakao S, Ohira M, Yanagi S, Imoto Y, Yoshida A, Shimodozono M .  Early postoperative physical therapy for improving short-term gross motor outcome in infants with cyanotic and acyanotic congenital heart disease .  Disability and Rehabilitation40   1694 - 1701   2017年

    査読

  • 中尾周平、榊間春利、長谷場純仁、吉田 輝、窪薗琢郎、窪田佳代子 .  当院での肺高血圧症患者に対するリハビリテーションの現状と今後の展望~症例検討を中心に~ .  日本心臓リハビリテーション学会誌21 ( 4 ) 174 - 179   2016年

  • 中尾周平、榊間春利、長谷場純仁、吉田 輝、窪薗琢郎、窪田佳代子 .  肺静脈閉塞症患者に対する理学療法介入が運動耐容能やADLに及ぼす影響 .  総合リハビリテーション44 ( 7 ) 625 - 628   2016年

    査読

  • 中尾周平、榊間春利、長谷場純仁、吉田 輝、窪薗琢郎、窪田佳代子 .  重症肺動脈性肺高血圧症患者に対する理学療法の有効性の検討 .  理学療法ジャーナル50 ( 5 ) 532 - 535   2016年

    査読

  • 1. Akihiko Ohwatashi, Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida, Kazuhiro Inoue, Nobuhiko Yanagida, Kiyohiro Fukudome, Ryoji Kiyama, Tadasu Ohshige, Tetsuo Maeda .  Temperature changes caused by difference of the distance between the ultrasound transducer and bone during 1 mhz and 3 mhz continuous ultrasound: a phantom study .  Journal of physical Therapy Science27 ( 1 ) 205 - 208   2015年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 1. 野島丈史、柳 賀文、中尾周平、三宅博之、吉田 輝、下堂薗恵 .  当院における集中治療病棟(ICU)への理学療法士専従配置の取り組みとその効果 .  鹿児島リハビリテーション医学研究会会誌26 ( 1 ) 9 - 13   2015年

    査読

  • 吉田輝、池田聡 .  ラット摘出排尿筋収縮と排尿反射に対する温熱の影響 .  日本温泉気候物理医学会雑誌77 ( 3 ) 227 - 236   2014年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Akihiko Ohwatashi, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida, Kazumi Kawahira .  A new non-human primate model of photochemically induced cerebral infarction. .  PLoS One8   2013年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • Yurie Kamikawa, Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Akihiko Ohwatashi, Akira Yoshida .  Passive repetitive stretching for a short duration within a week increases myogenic regulatory factors and myosin heavy chain mRNA in rats' skeletal muscles .  The Scientific World Journal   493656   2013年

  • Satoshi Ikeda, Akihiko Ohwatashi, Katsuhiro Harada, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida .  Expected for acquisition movement exercise is more effective for functional recovery than simple exercise in a rat model of hemiplegia .    2   517   2013年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者  

  • Akihiko Ohwatashi, Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida .  Exercise enhanced functional recovery and expression of GDNF after photochemically induced cerebral infarction .  EXCLI Journal12   693 - 700   2013年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  • Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Akihiko Ohwatashi, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida .  Contralateral cortical role on functional recovery in a rat model of hemiplegia .  EXCLI Journal12   641 - 646   2013年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語  

  • 吉田 輝 .  排尿障害に関する基礎研究 .  リハビリテーション医学48   259 - 262   2011年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiko Nomoto, Akira Yoshida, Satoshi Ikeda, Yurie Kamikawa, Katsuhiro Harada, Akihiko Ohwatashi, Kazumi Kawahira .  Effect of menthol on detrusor smooth-muscle contraction and the micturition reflex in rats .  Urology72   701 - 705   2008年9月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Keisuke Horinouchi, Satoshi Ikeda, Katsuhiro Harada, Akihiko Ohwatashi, Yurie Kamikawa, Akira Yoshida, Yoshiko Nomoto, Kazumi Kawahira .  Functional recovery and expression of GDNF seen in photochemically induced cerebral infarction .  International Journal of Neuroscience117   315 - 326   2007年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazumi Kawahira, Megumi Shimodozono, Atsuko Ogata, Seiji Etoh, Satoshi Ikeda, Akira Yoshida, Nobuyuki Tanaka, Shouzou Tsujio .  Impaired visuo-motor skills in the unaffected lower limb of patients with stroke .  International Journal of Neuroscience115 ( 9 ) 1315 - 1332   2005年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Ikeda, Akira Yoshida, Satoru Matayoshi, Keisuke Horinouchi, Nobuyuki Tanaka .  Induction of myogenin mRNA in rat skeletal muscle by one-hour passive repetitive stretching. .  Archives of Physical Medicine and Rehabilitation 85   166 - 167   2004年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akira Yoshida, Yasuko Sakurai-Yamashita, Kimihiro Yamashita, NobuyukiTanaka, Kohtaro Taniyama .  Role of endothelin ETA and ETB receptors in the guinea-pig urinary bladder contraction .  European Journal of Pharmacology470   99 - 102   2003年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoshi Ikeda, Akira Yoshida, Satoru Matayoshi, Nobuyuki Tanaka .  Repetitive stretch induces c-fos and Myogenin mRNA within several hours in rat removed skeletal muscle .  Archives of Physical Medicine and Rehabilitation 84   419 - 423   2003年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akira Yoshida, Yasuko Sakurai-Yamashita, Muneshige Kaibara, KohtaroTaniyama, Nobuyuki Tanaka .  5-Hydroxytryptamine Receptors, Especially the 5-HT4 Receptor, in Guinea Pig Urinary Bladder .  The Japanese Journal of Pharmacology89   349 - 355   2002年8月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yasuko Sakurai-Yamashita, Kimihiro Yamashita, Akira Yoshida, Motoo Obana, Kohei Takada, Hirotomo Shibaguchi, Kazuto Shigematsu, Masami Niwa, Kohtaro Taniyama .  Rat peritoneal macrophages express endothelin ETB but not ETA receptors .  European Journal of Pharmacology338   199 - 203   1997年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン

    日本排尿機能学会/日本脊髄障害医学会 脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン作成委員会 (井川靖彦、小川隆敏、柿崎秀宏、木元康介、関戸哲利、仙石淳、田中克幸、田中博、永松秀樹、浪間孝重、百瀬均、森田肇、大濱眞、木下幸子、吉田輝、吉田雅博、松尾清美)( 担当: 編集)

    脊髄損傷における排尿障害の診療ガイドライン・リッチヒルメディカル  2011年9月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 「リハビリテーション科専門医需給」に関する報告

    佐伯 覚、菅原英和、瀬田 拓、水野勝弘、吉田 輝、若林秀隆( 担当: 共著)

    リハビリテーション医学  2008年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書