2021/06/02 更新

写真a

ナカムラ マサユキ
中村 雅之
NAKAMURA Masayuki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座 教授
医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 臨床心理室室長
職名
教授

学位

  • 博士(医学) ( 2000年3月   愛媛大学 )

研究キーワード

  • 精神神経疾患 分子遺伝学,生物学

学歴

  • 愛媛大学

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 愛媛大学   医学科

    - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座   教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 社会・行動医学講座   准教授

    2015年10月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

    2009年2月 - 現在

  • 北米神経科学会

    2003年5月 - 現在

  • 日本老年精神医学会

    2000年1月 - 現在

  • 日本生物学的精神医学会

    1998年12月 - 現在

  • 日本精神神経学会

    1997年2月 - 現在

  • 日本神経化学会

    1996年7月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2002年04月01日 - 2004年03月04日   米国ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)   博士研究員

取得資格

  • 専門医

  • 指導医

  • 専門医

  • 指導医

  • 専門医

  • 専門医

  • 指導医

  • 精神保健指定医

  • 医師

▼全件表示

 

論文

  • Terasaki A. .  DNA analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy reveals associations between the pathogenic TTTCA repeat insertion in SAMD12 and the nonpathogenic TTTTA repeat expansion in TNRC6A .  Journal of Human Genetics66 ( 4 ) 419 - 429   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00855-0

    Scopus

    PubMed

  • Umehara H. .  Positional cloning and comprehensive mutation analysis of a Japanese family with lithium-responsive bipolar disorder identifies a novel DOCK5 mutation .  Journal of Human Genetics66 ( 3 ) 243 - 249   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00840-7

    Scopus

    PubMed

  • Yokotsuka-Ishida S. .  Positional cloning and comprehensive mutation analysis identified a novel KDM2B mutation in a Japanese family with minor malformations, intellectual disability, and schizophrenia .  Journal of Human Genetics66 ( 6 ) 597 - 606   2021年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00889-4

    Scopus

    PubMed

  • Kasamo K. .  A PRIMPOL mutation and variants in multiple genes may contribute to phenotypes in a familial case with chronic progressive external ophthalmoplegia symptoms .  Neuroscience Research157   58 - 63   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neuroscience Research  

    DOI: 10.1016/j.neures.2019.07.006

    Scopus

    PubMed

  • Urata Y. .  Sleep Disorders in Four Patients With Myotonic Dystrophy Type 1 .  Frontiers in Neurology11   12   2020年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Neurology  

    DOI: 10.3389/fneur.2020.00012

    Scopus

    PubMed

  • 44. Yokotsuka-Ishida S, Nakamura M, Tomiyasu Y, Nagai M, Kato Y, Tomiyasu A, Umehara H, Hayashi T, Sasaki N, Ueno S, Sano A .  Positional cloning and comprehensive mutation analysis identified a novel KDM2B mutation in a Japanese family with minor malformations, intellectual disability, and schizophrenia .  J. Hum. Genet.   2020年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki F, Sato N, Ota M, Sugiyama A, ...., Nakamura M, et al .  Discriminating chorea-acanthocytosis from Huntington's disease with single-case voxel-based morphometry analysis. .  J. Neurol. Sci.408   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kasamo K, Nakamura M, Daimou Y, Sano A .  A PRIMPOL mutation and variants in multiple genes may contribute to phenotypes in a familial case with chronic progressive external ophthalmoplegia symptoms. .  Neurosci. Res.157   58 - 63   2020年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 42. Umehara H, Nakamura M, Nagai M, Kato Y, Ueno S, Sano A .  Positional cloning and comprehensive mutation analysis of a Japanese family with lithium-responsive bipolar disorder identifies a novel DOCK5 mutation. .  J. Hum. Genet.   2020年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ada Y, Hamaguchi T, Ikeda Y, Iwasa K, Nishida Y, Nakamura M, Sano A, Yamada M .  Chorea-acanthocytosis with a novel mutation in the vacuolar protein sorting 13 homolog a gene. .  J. Neurol. Sci.   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Futamura A, Nakamura M, Kawamura M Sano A, Ono K .  Novel VPS13A gene mutations in a South Asian, Indian patient with chorea-acanthocytosis. .  Neurol. India.68   206 - 208   2020年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 7. Urata Y, Nakamura M, Shiokawa N, Yasuniwa A, Takamori N, Imamura K, Hayashi T, Ishizuka T, Kasugai M, Sano A .  Sleep disorders in four patients with myotonic dystrophy type 1. .  Front. Neurol.11   2020年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • erasaki A, Nakamura M, Urata Y, et al .  DNA analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy reveals associations between the pathogenic TTTCA repeat insertion in SAMD12 and the nonpathogenic TTTTA repeat expansion in TNRC6A .  J. Hum. Genet.   2020年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Murakami T. .  A patient with McLeod syndrome showing involvement of the central sensorimotor tracts for the legs .  BMC Neurology19 ( 1 ) 301   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Neurology  

    DOI: 10.1186/s12883-019-1526-9

    Scopus

    PubMed

  • Kawaike Y. .  Working Memory-Related Prefrontal Hemodynamic Responses in University Students: A Correlation Study of Subjective Well-Being and Lifestyle Habits .  Frontiers in Behavioral Neuroscience13   213   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Frontiers in Behavioral Neuroscience  

    DOI: 10.3389/fnbeh.2019.00213

    Scopus

    PubMed

  • Nishida Y. .  Novel pathogenic VPS13A gene mutations in Japanese patients with chorea-acanthocytosis .  Neurology: Genetics5 ( 3 ) e332   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurology: Genetics  

    DOI: 10.1212/NXG.0000000000000332

    Scopus

    PubMed

  • Urata Y. .  Novel pathogenic XK mutations in McLeod syndrome and interaction between XK protein and chorein .  Neurology: Genetics5 ( 3 ) e328   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurology: Genetics  

    DOI: 10.1212/NXG.0000000000000328

    Scopus

    PubMed

  • 37. Urata Y, Nakamura M, Sasaki N, Shiokawa N, Nishida Y, Arai K, Hiwatashi H, Izumi Yokoyama I, Narumi S, Terayama Y, Murakami T, Ugawa Y, Sakamoto H, Kaneko S, Nakazawa Y, Yamasaki R, Sadashima S, Sakai T, Arai H, Sano A .  Novel pathogenic XK mutations in McLeod syndrome and interaction between XK protein and chorein. .  Neurol. Genet.5   2019年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaike Y, Nagata J, Furuya T, Koriyama C, Nakamura M, Sano A .  Working memory-related prefrontal hemodynamic responses in university students: A correlation study of aubjective well-being and lifestyle habits. .  Front. Behav. Neurosci.13   2019年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • ishida Y, Nakamura M, Urata Y, Kasamo K, Hiwatashi H, Yokoyama I, Mizobuchi M, Sakurai K, Osaki Y, Morita Y, Watanabe M, Yoshida K, Yamane K, Miyakoshi N, Ryouichi Okiyama R, Ueda T, Wakasugi N, Saitoh Y, Sakamoto T, Takahashi Y, Shibano K, Tokuoka H, Hara A, Monma K, Ogata K, Kakuda K, Mochizuki H, Arai T, Araki M, Fujii T, Tsukita K, Sakamaki-Tsukita H, Sano A .  Novel pathogenic VPS13A gene mutations in Japanese patients with chorea-acanthocytosis. .  Neurol. Genet.5   2019年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 6. Murakami T, Abe D, Matsumoto H, Tokimura R, Abe M, Tiksnadi A, Kobayashi S, Kaneko C, Urata Y, Nakamura M, Sano A, Ugawa Y .  A patient with McLeod syndrome showing involvement of the central sensorimotor tracts for the legs. .  BMC Neurol.19   2019年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagata O. .  Mouse model of chorea-acanthocytosis exhibits male infertility caused by impaired sperm motility as a result of ultrastructural morphological abnormalities in the mitochondrial sheath in the sperm midpiece .  Biochemical and Biophysical Research Communications503 ( 2 ) 915 - 920   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2018.06.096

    Scopus

    PubMed

  • Ishiura H. .  Expansions of intronic TTTCA and TTTTA repeats in benign adult familial myoclonic epilepsy .  Nature Genetics50 ( 4 ) 581 - 590   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nature Genetics  

    DOI: 10.1038/s41588-018-0067-2

    Scopus

    PubMed

  • 36. Nagata O, Nakamura M, Sakimoto H, Urata Y, Sasaki N, Shiokawa N, Sano A .  Mouse model of chorea-acanthocytosis exhibits male infertility caused by impaired sperm motility as a result of ultrastructural morphological abnormalities in the mitochondrial sheath in the sperm midpiece. .  Biochem. Biophys. Res. Commun.503   915 - 920   2018年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishiura H, Doi K, Mitsui J, Yoshimura J, ........Nakamura M et al .  Expansions of intronic TTTCA and TTTTA repeats in benign adult familial myoclonic epilepsy .  Nat. Genet.50   581 - 590   2018年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 石島 洋輔, 新井 薫, 肝付 洋, 中村 雅之, 佐野 輝 .  発熱・白血球増多を伴うカタトニアを呈した急速交代型双極性障害の1例 .  精神医学59 ( 10 ) 943 - 948   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    カタトニア(緊張病)は,さまざまな精神疾患や身体疾患を背景に生じ,精神運動の失調を来す症候群である。DSM-5ではカタトニアが特定用語となり,統合失調症以外の疾患にも適応が広がった。また,発熱や自律神経失調を呈するカタトニアは悪性カタトニアと呼ばれ,抗精神病薬による悪性症候群との関連性が議論されている。我々は双極性障害の症例において,発熱と白血球増多がカタトニアに先行し,カタトニアの改善とともに消退した現象を観察した。本症例は悪性カタトニアの症候を部分的に呈しており,非悪性と悪性カタトニアの連続性が示唆された。また,発熱・白血球増多に着目することは,カタトニアの早期診断に寄与すると考えられた。(著者抄録)

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学63 ( 2 ) 88 - 93   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

    前頭葉機能障害を中心とした認知症機能低下と前頭骨内板過骨症(HFI)を有する80代の女性の症例を報告した。2年前の夏頃より「お金の管理に自信がない」「運転するのが怖い」と訴えるようになり、物忘れや脱抑制的言動が目立つようになり、認知症の鑑別と治療目的で入院となった。Mini Mental State Examinationは28/30点と保たれていたが、Frontal Assessment Batteryをはじめとする前頭葉機能検査では顕著な障害を認めた。頭部CTやMRIにおいて前頭骨に限局した結節性の過骨性変化と軽度の前頭葉の萎縮や両側側脳室下角の開大を認め、大脳白質にはT2延長領域を認めた。AD index(tau×Aβ40/42)は11697を示し、血管性の病変に加えてアルツハイマー病理の存在も示唆された。脱抑制症状や徘徊等の異常行動に対してquetiapineの内服を開始し、125mgまで漸増したところ、神経心理学的検査においては明らかな改善は見られなかったが、情動は安定し病棟内で落ち着いて生活できるようになった。

  • 新井 薫, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  回避・制限性食物摂取障害にrisperidoneが有効であった1例 .  精神医学59 ( 1 ) 91 - 94   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    回避・制限性食物摂取障害(avoidant/restrictive food intake disorder;ARFID)はDSM-5において追加されたボディイメージの歪みがない摂食障害である。思春期発症のARFIDの19歳女性の1例を提示する。患者は腹部の手術と腸閉塞の既往を持ち,15歳から食後の腹痛を恐れて食事を制限するようになった。SSRIやbenzodiazepineで治療されたが十分に反応しなかった。19歳時にrisperidone 1mgの投与を契機に腹痛に対する不安が軽減し,食事摂取が可能になった。ARFIDに対して抗精神病薬が治療の選択肢となり得ることが示唆された。(著者抄録)

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学63 ( 2 ) 88 - 93   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

    <p> 前頭骨内板過骨症(Hyperostosis frontalis interna: HFI)は前頭骨に限局した結節性の過骨性変化を特徴とする疾患である。今回,前頭葉機能障害を中心とした認知機能低下とHFIを有する症例を経験したので報告する。症例は80代女性。物忘れや脱抑制的言動が目立つようになり認知症の鑑別と治療目的に入院した。Mini Mental State Examinationは28/30点と保たれていたが,Frontal assessment batteryをはじめとする前頭葉機能検査では顕著な障害を認めた。頭部CTやMRIにおいて前頭骨に限局した結節性の過骨性変化と軽度の頭頂葉の萎縮や両側側脳室下角の開大を認め,大脳白質にはT2延長領域を認めた。また,AD index(tau×Aβ40/42)が11697と高値を示し,血管性の病変に加え,アルツハイマー病理の存在も示唆された。本症例における認知機能障害は複数の病態による影響が考えられたが,前頭葉機能障害の重要な原因としてHFIが強く示唆された。</p>

    DOI: 10.11642/kyushuneurop.63.2_88

    CiNii Article

  • 34. Yoshimuta H, Nakamura M, Kanda E, Fujita S, Takeuchi K, Fujimoto T, Nakabeppu Y, Akasaki Y, Sano A .  The effects of olanzapine treatment on brain regional glucose metabolism in neuroleptic-naive first-episode schizophrenic patients. .  Hum. Psychopharmacol.   2016年11月

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 33. Wakamatsu M, Nakamura M, Kasugai M, Kimotsuki H, Oki T, Orita Y, Togami S, Kobayashi H, Sano A, Douchi T .  Predictive validity of the Japanese version of Postpartum Depression Predictors Inventory-Revised (PDPI-R) during pregnancy and the postpartum period. .  Medical Journal of Kagoshima University   2016年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • asaki N, Nakamura M, Kodama A, Urata Y, Shiokawa N, Hayashi T, Sano A .  horein interacts with α-tubulin and HDAC6, and overexpression preserves cell viability during nutrient deprivation in HEK293 cells. .  FASEB J   2016年

    査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • arumi S, Natori T, Miyazawa H, Kato T, Yonezawa H, Nishino I, Nakamura M, Sano A, Terayama Y .  A patient with McLeod syndrome showing involvement of the central sensorimotor tracts for the legs. .  Neurol. Clin. Neurosci.4   115 - 117   2016年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shiokawa N, Nakamura M, Sameshima M, Deguchi A, Hayashi T, Sasaki N, Sano A .  Chorein, the protein responsible for chorea-acanthocytosis, interacts with β-adducin and β-actin. .  Biochem Biophys Res Commun441   96 - 101   2013年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • *Sangatsuda Y, *Nakamura M, Tomiyasu A, Deguchi A, Toyota Y, Goto Y, Nishino I, Ueno S, Sano A .  Heteroplasmic m.1624C>T mutation of the mitochondrial tRNAVal gene in a proband and his mother with repeated consciousness disturbances .  Mitochondrion12 ( 6 ) 617 - 622   2012年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • *Ishizuka T, *Nakamura M, Ichiba M, Sano A .  Different Clinical Phenotypes in Siblings with a Presenilin-1 P264L Mutation .  Dement. Geriatr. Cogn. Disord.33 ( 42038 ) 132 - 140   2012年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mori S, Nakamura M, Yasuda T, Ueno S, Kaneko S, Sano A .  Remapping and mutation analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy in a Japanese pedigree. .  Journal of Human Genetics2011 ( 56 ) 742 - 747   2011年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomiyasu A, Nakamura M, Ichiba M, Ueno S, Saiki S, Morimoto M, Kobal J, Kageyama Y, Inui T, Wakabayashi K, Yamada T, Kanemori Y, Jung HH, Tanaka H, Orimo S, Afawi Z, Blatt I, Aasly J, Ujike H, Babovic-Vuksanovic D, Josephs KA, Tohge R, Rodrigues GR, Dupre N, Yamada H, Yokochi F, Kotschet K, Takei T, Rudzinska M, Szczudlik A, Penco S, Fujiwara M, Tojo K, Sano A .  Novel pathogenic mutations and copy number variations in the VPS13A Gene in patients with chorea-acanthocytosis. .  American journal of medical genetics. Part B, Neuropsychiatric genetics156   620 - 631   2011年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishizuka T, Nakamura M, Ichiba M, Sano A .  Familial Semantic Dementia with P301L Mutation in the Tau Gene. .  Dementia and geriatric cognitive disorders31 ( 5 ) 334 - 340   2011年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kato M, Nakamura M, Ichiba M, Tomiyasu A, Shimo H, Higuchi I, Ueno S, Sano A. .  Mitochondrial DNA deletion mutations in patients with neuropsychiatric symptoms. .  Neuroscience Research69   331 - 336   2011年4月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimo H, Nakamura M, Tomiyasu A, Ichiba M, Ueno SI, Sano A .  Comprehensive analysis of the genes responsible for neuroacanthocytosis in mood disorder and schizophrenia. .  Neuroscience Research69 ( 3 ) 196 - 202   2011年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi T, Nakamura M, Ichiba M et al. .  Adult-type metachromatic leukodystrophy with compound heterozygous ARSA mutations: A case report and phenotypic comparison with a previously reported case. .  Psychiatry Clin Neurosci65   105 - 108   2011年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ratovitski T, Nakamura M, D'Ambola J et al. .  N-terminal proteolysis of full-length mutant huntingtin in an inducible PC12 cell model of Huntington's disease. .  Cell Cycle6   2970 - 2981   2007年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • E Mizuno, M Nakamura, A Agemura, A Kusumoto, M Ichiba, Y Kurano, S Muroya, A Sano, .  Brain-specific transcript variants of 5' and 3' ends of mouse VPS13A and VPS13C: .  Biochem Biophys Res Commun.353   902 - 907   2007年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y Kurano, M Nakamura, M Ichiba, M Matsuda, E Mizuno, M Kato, A Agemura, S.Izumo, A Sano, .  In vivo distribution and localization of chorein: .  Biochem Biophys Res Commun.353   41 - 435   2007年

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村雅之 佐野 輝  .  精神疾患の遺伝子研究. .  精神医学 47   348 - 358   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村雅之 佐野 輝  .  セロトニントランスポーター. .  分子精神医学 5   72 - 74   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中村雅之  .  ハンチントン病の発現誘導マウスモデル及びPC12細胞モデルにおける全長変異ハンチンチンのタンパク質分解 .  神経化学43   39 - 46   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakai K, Nakamura M, Ueno S et al. .  The silencer activity of the novel human serotonin transporter linked polymorphic regions. .  Neurosci Lett327   13 - 16   2002年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Ueno S, Sano A, Tanabe H. .  The human serotonin transporter gene linked polymorphism (5-HTTLPR) shows ten novel allelic variants. .  Mol Psychiatry 5   32 - 38   2000年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Ueno S, Sano A, Tanabe H. .  Polymorphisms of the human homologue of the Drosophila white gene are associated with mood and panic disorders. .  Mol Psychiatry 4   155 - 162   1999年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • Quetiapine-induced frequent premature ventricular contraction

    *Deguchi A, *Nakamura M, Hayashi T, Sano A (*Equal contribution)( 担当: 共著)

    Gen. Hosp. Psychiatry  2012年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:調査報告書

MISC

  • Correction to: DNA analysis of benign adult familial myoclonic epilepsy reveals associations between the pathogenic TTTCA repeat insertion in SAMD12 and the nonpathogenic TTTTA repeat expansion in TNRC6A (Journal of Human Genetics, (2021), 66, 4, (419-429), 10.1038/s10038-020-00855-0)

    Terasaki A.

    Journal of Human Genetics66 ( 4 ) 449 - 450   2021年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00867-w

    Scopus

    PubMed

  • Correction to: Positional cloning and comprehensive mutation analysis of a Japanese family with lithium-responsive bipolar disorder identifies a novel DOCK5 mutation (Journal of Human Genetics, (2021), 66, 3, (243-249), 10.1038/s10038-020-00840-7)

    Umehara H.

    Journal of Human Genetics66 ( 3 ) 345   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Human Genetics  

    DOI: 10.1038/s10038-020-00856-z

    Scopus

    PubMed

  • A response to the Letter to the Editor entitled "PRIMPOL variants cause multi-system mitochondrial disorder" by Finsterer J(和訳中)

    Kasamo Kei, Nakamura Masayuki

    Neuroscience Research160   67 - 68   2020年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

  • 【難病研究の進歩】神経・筋 神経有棘赤血球症

    中村 雅之, 佐野 輝

    生体の科学71 ( 5 ) 392 - 393   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公財)金原一郎記念医学医療振興財団  

    <文献概要>神経有棘赤血球症は,神経症状と有棘赤血球症を併せ持つ病態に対して包括的に使用される用語である。神経有棘赤血球症は臨床的な神経症候において,舞踏運動などのいわゆるmovement disorderを呈する群と呈さない2群に大別される。Movement disorderが現れる中核群の多くは,有棘赤血球舞踏病(ChAc)とMcLeod症候群(MLS)で占められ,いずれも尾状核や被殻など大脳基底核の神経変性を生じ,舞踏運動などの不随意運動を呈する。本稿では,主に神経有棘赤血球症のなかでも中核群の代表疾患であるChAcとMLSについて概説する。

  • Chorea-acanthocytosis with a novel mutation in the vacuolar protein sorting 13 homolog a gene: A case report

    Tada Y.

    Journal of the Neurological Sciences412   116731   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of the Neurological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jns.2020.116731

    Scopus

    PubMed

  • Novel VPS13A gene mutations in a South Asian, Indian Patient with Choreaacanthocytosis

    Futamura A.

    Neurology India68 ( 1 ) 206 - 208   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurology India  

    DOI: 10.4103/0028-3886.279653

    Scopus

    PubMed

  • 神経有棘赤血球症の遺伝子変異と分子病態

    中村 雅之

    MDSJ Letters12 ( 2 ) 4 - 7   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)  

    神経有棘赤血球症の中核群の代表疾患である有棘赤血球舞踏病とMcLeod症候群はともに、舞踏運動などの不随意運動と末梢血有棘赤血球症を特徴とする遺伝性神経変性疾患で、確かな鑑別のためには分子診断を要する。遺伝子変異はそれぞれVPS13AとXK遺伝子に広く分布している。両疾患の共通分子機構として、choreinの発現低下による機能低下が病態に関与している可能性があると考えられた。

  • 【精神科で見落とされやすい身体疾患】ミトコンドリア病と精神疾患

    中村 雅之

    精神科治療学34 ( 11 ) 1309 - 1315   2019年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)星和書店  

    ミトコンドリア病は、エネルギー産生の場であるミトコンドリア障害により、脳や筋肉などエネルギー消費の多い組織に障害をきたす疾患の総称である。ミトコンドリア病の神経精神症状は、病型依存性の一対一対応するようなものではなくきわめて多彩である。難病を抱えてのうつ病・うつ状態が多いことは確かであるものの、器質・症状性精神病としての症状が多く発生する傾向も明らかであり、ミトコンドリア機能障害に依存する経過と考えられるうつ症状、双極性障害や統合失調症様の精神病性の状態も存在するものと考えられる。さらに器質性病変に伴って認知症や人格変化も生じる可能性がある。このような神経精神症状の複雑さの原因には器質病変の侵す部位やミトコンドリア機能の障害の種類などが複雑に絡み合っているものと考えられる。臨床の場面では精神症状が前面となる症例においても、筋症状等を認めた場合は、ミトコンドリア病も鑑別疾患に挙げて診断および治療を行う必要性がある。(著者抄録)

  • 【指定難病ペディア2019】個別の指定難病 神経・筋系 神経有棘赤血球症[指定難病9]

    中村 雅之, 佐野 輝

    日本医師会雑誌148 ( 特別1 ) S114 - S114   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本医師会  

  • 【プライマリーケアに役立つ うつ・不安・不眠の診療】不安 抗不安薬の種類と使い方

    中村 雅之, 佐野 輝

    臨牀と研究96 ( 5 ) 539 - 544   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:大道学館出版部  

  • 【知っておきたい器質性・症状性・薬剤性の精神障害:Update】精神症状を伴う神経変性疾患

    中村 雅之, 佐野 輝

    臨床精神医学48 ( 1 ) 75 - 81   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)アークメディア  

  • 私の論文から 臨床表現型に違いを呈したプレセニリン1遺伝子P264L変異を持つ兄妹例

    中村 雅之, 石塚 貴周, 佐野 輝

    九州神経精神医学64 ( 2 ) 96 - 99   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:九州精神神経学会  

  • 妊娠期からの周産期メンタルヘルス支援と今後の課題

    若松 美貴代, 中村 雅之, 春日井 基文, 肝付 洋, 小林 裕明

    鹿児島大学医学部保健学科紀要28 ( 1 ) 21 - 30   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

    妊娠、出産の時期は女性が身体的にも精神的にも不安定になり、マタニティーブルー、産後鬱病(PD)、産褥精神病などを発症する。中でもPDは日本でも海外でも広く見られ、妊産婦の自殺者の約4割を占める。妊産婦のメンタルヘルス(MH)は、生まれてくる子供の社会的・情緒的発達や認知機能の発達にも影響し、子供への虐待やネグレクトとも関連するため、妊娠早期から母親のMH支援を行うことが肝要である。PDの定義と疾病率、PDの臨床症状、PDを予測するための質問紙について概説した。

  • 【精神医学症候群(第2版)[III]-物質関連障害および嗜癖性障害群からてんかんまで-】神経認知障害群 認知症(DSM-5)および軽度認知障害(DSM-5) プリオン病による認知症/軽度認知障害

    中村 雅之, 佐野 輝

    日本臨床別冊 ( 精神医学症候群III ) 195 - 203   2017年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • 神経症候群(第2版)II-その他の神経疾患を含めて- 有棘赤血球舞踏病(Chorea-acanthocytosis

    中村雅之、佐野 輝

    別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズ27   173 - 177   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 特集 精神疾患と神経疾患の境界領域 ミトコンドリア病

    中村雅之、佐野 輝

    分子精神医学13   35 - 42   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ミトコンドリア病と精神疾患

    中村雅之、佐野 輝

    九州神経精神医学58 ( 2 ) 77 - 81   2012年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • セロトニンと神経系 ムード

    中村雅之、佐野輝

    CLINICAL NEUROSCIENCE29   972 - 973   2011年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • A Mouse Model of Chorea-Acanthocytosis 査読

    Nakamura M, Katoh Y, Yutaka K, Kurano Y, Ichiba M, Matsuda M, Katoh M, Ueno S, and Sano A

    Neuroacanthocytosis Syndromes II ・Springer   153 - 159   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Masayuki Nakamura, Takanori Ishizuka .  Familial semantic dementia in Japan .  Early onset dementia Care in Asia & Frontotemporal Degeneration research network in Asia  Early onset dementia Care in Asia & Frontotemporal Degeneration research network in Asia

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    研究会

  • 和田 恭子, 肝付 洋, 野村 瑞穂, 中村 雅之, 佐野 輝 .  鹿児島大学病院精神科リエゾンチームの活動報告 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 上村 佳代, 佐々木 なつき, 小山 徹平, 山入端 香, 中村 雅之, 佐野 輝, 米田 孝一, 富原 一哉, 飯田 昌子, 平田 祐太朗, 安部 幸志 .  鹿児島大学病院神経科精神科における公認心理師臨床実習生受け入れの実践報告 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 安藤 充止, 今村 研介, 田畑 健太郎, 崎元 仁志, 林 岳宏, 石塚 貴周, 瀬戸下 玄郎, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  高齢初発てんかんにおける神経心理学的検査の特徴 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 永田 青海, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  顕著な前頭葉症状を呈した硬膜動静脈瘻の1例 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  難聴を有し音楽性幻聴を呈した6例 .  老年精神医学雑誌  2019年6月  (株)ワールドプランニング

  • 田畑 健太郎, 齊之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  難治性うつを呈していたがLewy小体型認知症の診断により治療が奏効した1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 崎元 仁志, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  釘により前部帯状回を穿破され言語性作業記憶障害を呈した症例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 有村 尚也, 濱村 尚子, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  遅発性に覚醒障害による過眠症を呈した両側視床梗塞の1例 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 有村 尚也, 石塚 貴周, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  身体疾患の治療を契機に長期未治療の精神症状が判明しDLBの診断に至った1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 中村 毅, 冨永 佳吾, 春日井 基文, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 中村 雅之, 山畑 良蔵, 佐野 輝 .  認知症が疑われた緊張病症候群に対し電気けいれん療法が著効した一例 .  老年精神医学雑誌  2020年12月  (株)ワールドプランニング

  • 河野 眞子, 冨永 佳吾, 林 岳宏, 佐々木 なつき, 西田 佳晃, 笠毛 渓, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  認知機能低下とけいれん発作を呈した神経梅毒の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 今村 研介, 冨永 佳吾, 佐々木 なつき, 林 岳宏, 春日井 基文, 中村 雅之, 鹿井 博文, 今村 圭介, 佐野 輝 .  記銘力障害と精神症状を呈し、ステロイドパルス療法が奏効した単純ヘルペス脳炎の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 今村 研介, 林 岳宏, 安藤 充止, 冨永 佳吾, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  解離性障害が疑われた高齢初発てんかんの1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 有村 尚也, 浦田 結嘉, 瀬戸下 玄郎, 新井 薫, 佐々木 なつき, 石塚 貴周, 佐野 のぞみ, 中村 雅之 .  解離性けいれんを呈した筋強直性ジストロフィーの1例 .  日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集  2020年8月  日本神経精神薬理学会・日本生物学的精神医学会・日本精神薬学会

  • 中村 雅之 .  舞踏運動の基礎と臨床 神経有棘赤血球症の遺伝子変異と分子病態 .  パーキンソン病・運動障害疾患コングレスプログラム・抄録集  2019年7月  Movement Disorder Society of Japan (MDSJ)

  • 安藤 充止, 楯林 義寛, 中村 雅之, 佐野 輝 .  自閉症スペクトラム障害男児にプレイセラピーとSSTを導入し、学校適応が良好となった1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 佐々木 なつき, 高森 和沙, 石塚 貴周, 肝付 洋, 畑 幸宏, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  緊張病症候群を呈しクエチアピンが奏効した親子例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 有村 尚也, 佐野 輝, 肝付 洋, 笠毛 渓, 林 岳宏, 春日井 基文, 中村 雅之 .  統合失調症の診断で治療中に神経梅毒の診断に至った一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 横塚 紗永子, 中村 雅之, 佐々木 なつき, 富安 陽子, 永井 美緒, 佐野 輝 .  統合失調症と特異的な身体奇形の中間表現型を有する家系における遺伝子解析 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 中村 雅之, 竹之内 薫, 佐野 輝 .  第1回鹿児島PEEC:Psychiatric Evaluation in Emergency Careの概要と今後の展望について .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 崎元 仁志, 新井 薫, 永田 青海, 佐野 輝, 中村 雅之 .  神経変性疾患モデルマウスのてんかん発作に対する症状修飾因子の解析 .  日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集  2020年8月  日本神経精神薬理学会・日本生物学的精神医学会・日本精神薬学会

  • 竹元 美沙紀, 佐野 輝, 田畑 健太郎, 石塚 貴周, 斉之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 石島 洋輔 .  治療抵抗性のapathyに対し、塩酸アマンタジンが有効であった特発性大脳基底核石灰化症の一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 濱村 尚子, 中村 毅, 今村 研介, 横塚 紗永子, 西田 佳晃, 寺崎 茜, 佐々木 なつき, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  日本へ移住した外国人で若年性アルツハイマー型認知症を発症した一例 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 安庭 愛子, 中村 雅之, 佐野 輝 .  新規のCSF-1R遺伝子変異が同定された神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集  2017年9月  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会

  • 古江 ナオミ, 中村 雅之, 浦田 結嘉, 崎元 仁志, 肝付 洋, 石塚 貴周 .  抗NMDA抗体受容体抗体脳炎を発症した60代男性の一例 抗VGKC複合体抗体脳炎との比較 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 田川 真一朗, 寺崎 茜, 浦田 結嘉, 塩川 奈理, 石塚 貴周, 中村 雅之 .  抑うつ気分や被害妄想などの精神症状を呈した脊髄小脳変性症1型の1例 .  日本神経精神薬理学会年会・日本生物学的精神医学会年会・日本精神薬学会総会・学術集会合同年会プログラム・抄録集  2020年8月  日本神経精神薬理学会・日本生物学的精神医学会・日本精神薬学会

  • 安藤 充止, 楯林 義寛, 中村 雅之, 佐野 輝 .  抑うつを伴う対人不信に対し、箱庭療法と言語面接が奏功した思春期男性例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 崎元 仁志, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  急激な認知機能低下をきたした硬膜動静脈瘻の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 吉水 宗裕, 石塚 貴周, 有村 尚也, 田川 真一朗, 横塚 紗永子, 塩川 奈理, 新井 薫, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  左側優位に視知覚/視空間認知障害をきたしたposterior cortical atrophyの1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 濱村 尚子, 佐野 輝, 福田 恭哉, 春日井 基文, 中村 雅之 .  小脳テント部髄膜腫摘出術後にコタール症候群を呈した一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 吉水 宗裕, 石塚 貴周, 有村 尚也, 田川 真一朗, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  多彩な運動症状と幻聴に対してメマンチンが著効したレビー小体型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 安庭 愛子, 石塚 貴周, 崎元 仁志, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  多彩な精神症状を呈した神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 笠毛 渓, 塩川 奈理, 林 岳宏, 相良 威一郎, 土井 斉, 林 久雄, 森 まり絵, 太崎 友紀子, 中村 雅之, 佐野 輝 .  向精神薬の多剤併用が問題となった精神疾患合併妊産婦に対する周産期管理および育児支援 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 原 敦, 門間 一成, 谷田部 可奈, 鈴木 幹也, 尾方 克久, 中村 雅之, 佐野 輝, 川井 充 .  動作時に増強する四肢・体幹のジストニアを呈した有棘赤血球舞踏病(chorea-acanthocytosis;ChAc)の44歳女性例 .  臨床神経学  2017年6月  (一社)日本神経学会

  • 永田 青海, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中川 広人, 園田 健, 小林 憲史, 長島 庸至, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭葉症状が残存したインフルエンザ脳炎後遺症の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前頭側頭型認知症との鑑別を要した前頭骨内板過骨症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 崎元 仁志, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  前部帯状回損傷により言語性作業記憶障害を呈した症例 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 安藤 充止, 楯林 義寛, 中村 雅之, 佐野 輝 .  公認心理師の教育プログラムについて 予診を実践してきた経験から .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 田畑 健太郎, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  不安や心気症状を伴う、前頭葉機能障害を呈した前頭骨内板過骨症の一例 .  老年精神医学雑誌  2017年6月  (株)ワールドプランニング

  • 阿部 暖, 村上 丈伸, 松本 英之, 時村 瞭, 服部 香寿美, 黒見 裕美子, 吉田 健二, 安田 恵, 中村 雅之, 佐野 輝, 小林 俊輔, 榎本 博之, 宇川 義一 .  下肢の錐体路障害を認めたMcLeod症候群の一例 .  臨床神経生理学  2018年10月  (一社)日本臨床神経生理学会

  • 吉水 宗裕, 塩川 奈理, 笠毛 渓, 永田 青海, 浦田 結嘉, 新井 薫, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之, 佐野 輝 .  レビー小体型認知症と診断されていたが、精査の結果アルツハイマー型認知症の診断に至った1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 笠毛 渓, 大毛 葉子, 梅原 ひろみ, 永井 美緒, 中村 雅之, 佐野 輝 .  ミトコンドリアDNA多重欠失を伴うミトコンドリア病家系症例の遺伝子解析 .  精神神経学雑誌  2018年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  パロキセチン中断症候群の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 田畑 健太郎, 佐野 輝, 石塚 貴周, 斉之平 一隆, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 荒田 仁, 高嶋 博, 吉水 宗裕 .  ドパミン調節異常症候群が考えられ、修正型電気けいれん療法が著効した若年性パーキンソン病の一例 .  精神神経学雑誌  2017年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 田川 真一朗, 齊之平 一隆, 石塚 貴周, 有村 尚也, 横塚 紗永子, 新井 薫, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  アリピプラゾールで拒否拒絶や極端なこだわりが軽減した自閉症スペクトラム障害の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 平方 翔太, 佐々木 なつき, 林 岳宏, 石塚 貴周, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  てんかん発作を合併した前頭側頭型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2018年8月  九州精神神経学会

  • 石塚 貴周, 安庭 愛子, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  うつ病と診断されていた神経軸索スフェロイド形成を伴う遺伝性びまん性白質脳症の一例 .  老年精神医学雑誌  2017年6月  (株)ワールドプランニング

  • 有村 尚也, 石塚 貴周, 塩川 奈理, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  うつ病と診断され、治療に難渋していたレビー小体型認知症の1例 .  九州神経精神医学  2017年12月  九州精神神経学会

  • 多田 康剛, 柴田 修太郎, 坂井 健二, 濱口 毅, 岩佐 和夫, 中村 雅之, 佐野 輝, 山田 正仁 .  VPS13A遺伝子に新規変異を認めた有棘赤血球舞踏病の1例 .  臨床神経学  2018年11月  (一社)日本神経学会

  • 笠毛 渓, 冨永 佳吾, 塩川 奈理, 林 岳宏, 石塚 貴周, 山田 康一郎, 寿 幸治, 中村 雅之, 佐野 輝 .  VMAT2特異的阻害薬により抑うつ症状を呈したハンチントン病の1例 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

  • 笠毛 渓, 中村 雅之, 大毛 葉子, 梅原 ひろみ, 佐野 輝 .  mtDNA多重欠失を伴うミトコンドリア病の遺伝子解析 .  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集  2017年9月  日本生物学的精神医学会・日本神経精神薬理学会

  • 阿部 暖, 村上 丈伸, 松本 英之, 時村 瞭, 服部 香寿美, 黒見 祐美子, 吉田 健二, 安田 恵, 阿部 十也, 中村 雅之, 佐野 輝, 宇川 義一 .  McLeod症候群での運動野皮質内抑制/促通機能とCMCT .  臨床神経学  2018年12月  (一社)日本神経学会

  • 池畑 樹, 塩川 奈理, 新井 薫, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之 .  Gorlin症候群に幻覚妄想を伴った一例 .  精神神経学雑誌  2020年9月  (公社)日本精神神経学会

  • 崎元 仁志, 石塚 貴周, 肝付 洋, 春日井 基文, 中村 雅之, 佐野 輝 .  Creutzfeldt-Jakob病と鑑別を要した硬膜動静脈瘻の1例 .  老年精神医学雑誌  2018年6月  (株)ワールドプランニング

  • 浦田 結嘉, 今村 研介, 塩川 奈理, 林 岳宏, 石塚 貴周, 中村 雅之, 神林 崇, 佐野 輝 .  1型筋強直性ジストロフィー4症例の分子診断と睡眠障害 .  精神神経学雑誌  2019年6月  (公社)日本精神神経学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 神経変性疾患領域における基盤的調査研究

    2020年04月 - 2021年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 神経変性疾患領域における基盤的調査研究

    2019年04月 - 2020年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 神経有棘赤血球症の共通分子病態の解析

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 妊娠期からの産後うつ病・虐待予防のための支援システム開発

    2018年04月 - 2021年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 有棘赤血球舞踏病とマイトファジー 分子レベルの病態機序解明と神経変性予防法の開発

    2017年04月 - 2020年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

  • 特異な中間表現型を有した統合失調症多発家系から同定した責任遺伝子の解析

    2015年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • PDPI-R日本語版の開発と妊娠初期からのメンタルヘルスの縦断的研究

    2014年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • choreinとミトコンドリア関連細胞死の関連について

    2012年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 有棘赤血球舞踏病におけるオートファジー性神経変性の分子的機序の解明と治療的研究

    2011年04月 - 2014年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

  • パーキン遺伝子と精神障害の関わり −コピー数変異を含めた総合的分子遺伝学的研究−

    2011年04月 - 2013年03月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る

  • 精神疾患と有棘赤血球舞踏病病因遺伝子のコピー数多型解析

    2009年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 棘赤血球舞踏病の疫学調査と診断法の確立および分子病態の解明

    2009年04月 - 2010年03月

    厚生労働省  科学技術振興調整費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 精神神経疾患におけるミトコンドリア遺伝子異常の解析

    2007年04月 - 2009年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • 精神神経障害における神経有棘赤血球症遺伝子群の関わりに関する研究

    2006年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

  • モデルマウスを用いた機能性精神疾患の多因子性の機構解明

    2005年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

  • 多因子精神神経障害の分子遺伝学的アプローチ

    2004年04月 - 2006年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

  • モデル細胞・動物を用いた神経変性疾患の神経細胞障害の分子機構の解明と治療応用

    2002年04月 - 2005年03月

    民間財団等  平成14年度 第6回精神薬療海外留学助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 新たな神経細胞死カスケードの解明-有棘赤血球舞踏病遺伝子の分子生物学的研究-

    2001年04月 - 2002年03月

    科学研究費補助金  特定領域研究

      詳細を見る

  • 高齢者における精神・身体機能の評価

    1999年04月 - 2000年03月

    愛媛大学  平成11年度愛媛大学大学院医学研究科学生調査研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示