Updated on 2024/04/01

写真a

 
MURAKAMI Mamoru
 
Organization
University Hospital, Medical and Dental Sciences Area University Hospital Clinical Center Advanced Dentistry Center Lecturer
University Hospital, Medical and Dental Sciences Area University Hospital Clinical Center Advanced Dentistry Center
Title
Lecturer

Degree

  • 博士(歯学) ( 2007.4   鹿児島大学 )

Research Interests

  • 顎顔面補綴

  • 顎補綴,口腔乾燥,保湿剤

  • 有床義歯補綴学

  • 口腔乾燥症

  • 口腔保湿剤

Research Areas

  • Others / Others  / 顎顔面補綴学

  • Others / Others  / 有床義歯補綴学

  • Life Science / Social dentistry

  • Life Science / Prosthodontics

Education

  • Kagoshima University

    1986.4 - 1992.3

      More details

    Country: Japan

Research History

  • Kagoshima University Hospital   Removable Prosthodontics and Implant Dentistry   Lecturer

    2021.10

  • Kagoshima University   Hospital   Lecturer

    2010.1 - 2021.9

  • Kagoshima University   Lecturer

    2003.4

  • Kagoshima University

    2003.4

Professional Memberships

  • 日本補綴歯科学会

    2015.10

  • 日本老年歯科医学会

    2015.10

  • 日本義歯ケア学会

    2017.1

  • 日本顎顔面補綴学会

    2015.10

  • 日本老年歯科医学会

    2011.1

  • 日本補綴歯科学会

  • 日本義歯ケア学会

  • 日本顎顔面補綴学会

▼display all

Committee Memberships

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会   編集委員会委員  

    2023.6   

  • 一般社団法人日本老年歯科医学会   代議員  

    2022.6   

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会   用語検討委員会委員  

    2021.6 - 2023.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会   用語検討委員会委員  

    2019.6 - 2021.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 公益社団法人日本補綴歯科学会   用語検討委員会幹事  

    2017.6 - 2019.6   

      More details

    Committee type:Academic society

  • 日本老年歯科医学会   専門医認定試験問題作成審査委員  

    2013.4 - 2016.3   

      More details

    Committee type:Other

▼display all

Qualification acquired

  • 日本老年歯科医学会専門医

  • Authorized medicine

  • 歯科医師臨床研修指導歯科医

  • Attending physician

  • Specialist

 

Papers

  • Suguru Kimoto, Yasuhiko Kawai, Asako Suzuki, Yasuyo Koide, Hisatomo Kondo, Taro Nomura, Akito Tsuboi, Yoshihiko Ito, Guang Hong, Shunsuke Minakuchi, Gaku Ohwada, Yusuke Sato, Tetsuya Suzuki, Katsuhiko Kimoto, Makiko Saita, Noriyuki Hoshi, Yoshikazu Yoneyama, Yohei Sato, Masakazu Morokuma, Joji Okazaki, Takeshi Maeda, Kenichiro Nakai, Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Keiko Fujimoto, Tadafumi Kurogi, Hiroshi Murata, Hitomi Okazaki, Masahiro Nishimura, Yasuhiro Nishi, Mamoru Murakami, Toshio Hosoi, Taizo Hamada .  Effect of denture adhesives on masticatory performance: Multicenter randomized controlled trial. .  Journal of prosthodontic research68 ( 1 ) 132 - 138   2023.6

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    PURPOSE: The purpose of this study is to investigate the effects of denture adhesives on masticatory performance via a 10-center, parallel, randomized, controlled trial of complete denture wearers in Japan. METHODS: The trial was conducted between September 2013 and October 2016. The inclusion criteria were complete edentulism, willingness to undergo new complete denture treatment, and willingness to return for recall treatment. The exclusion criteria were age 90 years or older, presence of severe systemic illness, inability to understand the questionnaires, wearing metal base complete dentures, denture adhesive user, wearing prosthetics for maxillofacial defects, wearing complete dentures with tissue conditioners, and severe xerostomia. Randomization of the powder-type denture adhesive (powder), cream-type denture adhesive (cream), and control (saline) groups was performed using a sealed envelope system. Masticatory performance was measured using color-changeable chewing gum. Intervention blinding was not feasible. RESULTS: Sixty-seven control, 69 powder, and 64 cream participants are analyzed using the intention-to-treat principle. The participants in all groups show significantly improved masticatory performance at post-intervention (paired t-test with Bonferroni correction P < 0.0001). However, no significant difference in masticatory performance is detected among the three groups (one-way analysis of variance). A significant negative correlation between pre- and post-changes in masticatory performance and intraoral condition scores is observed (Pearson's correlation coefficient, P < 0.0001). CONCLUSIONS: Although denture adhesives improved the masticatory performance of complete denture wearers, their clinical effects are comparable to those of saline solution. The use of denture adhesives is more effective in complete denture wearers with unsatisfactory intraoral conditions.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_22_00105

    Scopus

    PubMed

  • Tadafumi Kurogi, Hiroshi Murata, Erika Yamaguchi, Yasuhiko Kawai, Asako Suzuki, Yasuyo Koide, Suguru Kimoto, Hisatomo Kondo, Taro Nomura, Akito Tsuboi, Guang Hong, Yoshihiko Ito, Shunsuke Minakuchi, Gaku Ohwada, Yusuke Sato, Tetsuya Suzuki, Katsuhiko Kimoto, Noriyuki Hoshi, Makiko Saita, Yoshikazu Yoneyama, Yohei Sato, Masakazu Morokuma, Joji Okazaki, Takeshi Maeda, Kenichiro Nakai, Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Keiko Fujimoto, Masahiro Nishimura, Yasuhiro Nishi, Mamoru Murakami, Toshio Hosoi, Taizo Hamada .  Effects of denture adhesives on denture retention and occlusal forces in complete denture wearers: A multicenter, randomized controlled trial. .  Journal of prosthodontic research67 ( 4 ) 548 - 555   2023.2

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    PURPOSE: This study aimed to determine the effects of denture adhesives on denture retention and occlusal force in complete denture wearers in a multicenter, randomized, parallel-group controlled trial. METHODS: Two hundred edentulous patients wearing complete dentures were allocated to three groups: powder-type denture adhesive, cream-type denture adhesive, and control (saline solution). Denture adhesives and saline solution were applied to the dentures for 4 days. The retentive force of the dentures and occlusal force were measured using a force transducer occlusal force meter at baseline and after 4 days of intervention. In addition to between-group comparisons, subgroup analyses of denture retention and occlusal force were performed based on the level of difficulty of the edentulism treatment. The levels were ranked as I (easy), II, III, and IV (difficult). RESULTS: Cream-type denture adhesives significantly improved the retentive force of the dentures (P<0.01) and occlusal force (P<0.05), with no significant differences between baseline and post-intervention forces in the powder-type denture adhesive and control groups. In within-group comparisons, cream-type denture adhesives improved both the retentive and occlusal forces at Level II (P<0.05), and powder-type denture adhesives improved the occlusal force at Level II (P<0.01). CONCLUSIONS: Application of cream-type denture adhesives effectively improves the denture retention and occlusal force in complete denture wearers with a moderate degree of difficulty during edentulism treatment.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_22_00178

    Scopus

    PubMed

  • Reiya Horinouchi, Kae Harada, Mamoru Murakami, Yusuke Yamashita, Yuji Kamashita, Naohiro Shimotahira, Taizo Hamada, Yasuhiro Nishi, Masahiro Nishimura .  Properties and characteristics of foam denture cleaners as denture adhesive removers. .  Dental materials journal   2022.6Properties and characteristics of foam denture cleaners as denture adhesive removers.

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    The need for denture adhesives is increasing worldwide, but few denture-care products target denture adhesive users. Foam denture cleaners have been recently marketed to assist brush denture cleaning, but there is a lack of objective evaluation. In this study, we compared the detergency of denture adhesives using six commercial foam-denture cleaners. For removing the adhesives, most of the tested cleaners were effective in immersion experiments, and three cleaners were more effective in the denture cleaning experiment compared to control water. However, only one could effectively remove the slime that is derived from the adhesive and detergency of artificial dirt. The surface roughnesses of the denture base and the relining material revealed that prolonged immersion in some cleaners could be affected. The results suggest that different commercial foam denture cleaners have different detergency levels, and that some cleaners may affect the properties of denture materials upon long-term use.

    DOI: 10.4012/dmj.2022-007

    PubMed

  • Yamashita Y, Nishi Y, Murakami M, Harada K, Nishimura M .  Impact of Surface Changes and Microbial Adhesion on Mucosal Surface Finishing of Resin Denture Bases by Shot Blast Polishing Using Viscoelastic Media. .  Materials15 ( 6 ) 2275.   2022.3Reviewed

     More details

    Language:Japanese  

    DOI: 10.3390/ma15062275

    Scopus

    PubMed

  • Kae Harada, Reiya Horinouchi, Mamoru Murakami, Yusuke Yamashita, Takahiro Yanagisawa, Naohiro Shimotahira, Yuji Kamashita, Taizo Hamada, Yasuhiro Nishi, Masahiro Nishimura .  An in vitro study on the selection of surfactants for removal of cream denture adhesives from dentures and their application to denture cleaners .  Journal of Prosthodontic Research67 ( 2 ) 262 - 270   2022

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:Japan Prosthodontic Society  

    PURPOSE: Denture adhesives improve the stability of incompatible dentures; however, complete removal of adhesives after use is difficult. Only a few studies have focused on the removal of denture adhesives. Hence, this study aimed to assess the efficacy of surfactants in removing cream denture adhesives from acrylic resin materials. METHODS: Solutions of twelve surfactants with various hydrophilic-lipophilic balance (HLB) values were prepared. Two cream denture adhesives, colored for visualization, were spread onto transparent acrylic resin plates. After immersion into surfactant solutions, the effects of the surfactants on residual adhesives were evaluated. We also investigated the effect of denture cleaners (with or without the surfactants) on the removability of adhesives and artificial oily dirt, and their effects on the surface properties of denture materials. The obtained data were analyzed using appropriate statistical methods. RESULTS: Five surfactants [BT-5, BL-4.2, BT-7, BT-9, and Triton X-100 (TX)] with HLB values in the 10.5-13.5 range effectively removed adhesives. Addition of BT-9 and TX (HLB=13.5) to denture cleaners improved the adhesives' removal. Furthermore, the addition of TX to the cleaners did not interfere with the removal of artificial oily dirt and did not damage the denture materials' surface. CONCLUSION: Surfactants with HLB values in the 10.5-13.5 range are suitable for removal of cream denture adhesives from acrylic resin materials. In particular, TX (HLB=13.5) efficiently removes adhesives without damaging denture materials or impairing original detergency.

    DOI: 10.2186/jpr.jpr_d_21_00286

    Scopus

    PubMed

  • Yoshihiko Ito, Guang Hong, Akito Tsuboi, Yasuhiko Kawai, Hisatomo Kondo, Taro Nomura, Suguru Kimoto, Atsuko Gunji, Asako Suzuki, Gaku Ohwada, Shunsuke Minakuchi, Yusuke Sato, Tetsuya Suzuki, Katsuhiko Kimoto, Noriyuki Hoshi, Makiko Saita, Yoshikazu Yoneyama, Yohei Sato, Masakazu Morokuma, Joji Okazaki, Takeshi Maeda, Kenichiro Nakai, Tetsuo Ichikawa, Kan Nagao, Keiko Fujimoto, Hiroshi Murata, Tadafumi Kurogi, Kazuma Takase, Masahiro Nishimura, Yasuhiro Nishi, Mamoru Murakami, Toshio Hosoi, Taizo Hamada .  Multivariate analysis reveals oral health-related quality of life of complete denture wearers with denture adhesives: a multicenter randomized controlled trial. .  Journal of prosthodontic research65 ( 3 ) 353 - 359   2020.10Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    PURPOSE: To investigate the difference in improvement of oral health-related quality of life (OHR-QoL) depending on the oral and denture conditions of a complete denture wearer when using a cream or powder type denture adhesive in a 10-center parallel randomized clinical trial. METHODS: Two hundred edentulous subjects who wore complete dentures were allocated to each of the three groups according to denture adhesive type: cream, powder, and control (saline solution). The materials were applied to the mucosal surface of the dentures for 4 days, and baseline data and data after the intervention were collected. OHR-QoL was assessed using the Japanese version of the modified Oral Health Impact Profile for Edentulous Patients (OHIP-EDENT-J) scale for outcome. Multivariate analysis was used to investigate improvements in OHR-QoL according to participant characteristics among complete denture wearers using these materials. RESULTS: OHIP-EDENT-J scores were significantly decreased in all groups after the intervention (p < 0.05); however, there were no statistically significant differences among the groups. Multiple logistic regression analysis revealed a significant association between the vertical height of the maxillary and mandibular alveolar ridge and OHIP-EDENT-J scores in the cream-type denture adhesive group. In contrast, there were no significant association between participant characteristics and OHIP-EDENT-J scores in the powder-type adhesive and control groups. CONCLUSIONS: The use of denture adhesives could improve OHR-QoL for complete denture wearers. The cream-type denture adhesives may be expected to improve OHR-QoL in patients with poor residual ridge conditions compared with patients with good residual ridge conditions.

    DOI: 10.2186/jpr.JPR_D_20_00132

    Scopus

    PubMed

  • Mamoru Murakami, Kae Harada, Yasuhiro Nishi, Takaharu Shimizu, Sara Motoyama, Masahiro Nishimura .  Effects of Storage Temperature and pH on the Antifungal Effects of Commercial Oral Moisturizers against Candida Albicans and Candida Glabrata. .  Medicina (Kaunas, Lithuania)56 ( 10 ) 1 - 12   2020.10Reviewed International journal

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Background and objectives: Oral moisturizers have been used to treat dry mouth. This study aimed to investigate the effects of storage temperature and pH on the antifungal effects of oral moisturizers against Candida albicans and Candida glabrata. Materials and Methods: Thirty-one oral moisturizers and amphotericin B (AMPH-B) were stored at 25 and 37 °C for 1 week. Subsequently, they were added to cylindrical holes in 50% trypticase soy agar plates inoculated with C. albicans and C. glabrata (107 cells/ml). The antifungal effects were evaluated based on the sizes of the growth-inhibitory zones formed. Two-way analysis of variance was used to determine the effects of storage temperature and pH on the growth-inhibitory zones. Results: Significant differences in the effects of storage temperature and pH of the moisturizers were observed against C. albicans and C. glabrata. The growth-inhibitory zones of samples stored at 37 °C and with neutral pH were significantly larger than those stored at 25 °C and with acidic pH, respectively. The sizes of the zones formed by most of the oral moisturizers were larger than those formed by AMPH-B (concentration, 0.63 µg/ml). Conclusion: The antifungal effects of oral moisturizers against C. albicans and C. glabrata were affected by their storage temperature and pH.

    DOI: 10.3390/medicina56100525

    Scopus

    PubMed

  • Nishi Yasuhiro, Nomura Taro, Murakami Mamoru, Kawai Yasuhiko, Nishimura Masahiro, Kondo Hisatomo, Ito Yoshihiko, Tsuboi Akito, Hong Guang, Kimoto Suguru, Gunji Atsuko, Suzuki Asako, Ohwada Gaku, Minakuchi Shunsuke, Sato Yusuke, Suzuki Tetsuya, Kimoto Katsuhiko, Hoshi Noriyuki, Saita Makiko, Yoneyama Yoshikazu, Sato Yohei, Morokuma Masakazu, Okazaki Joji, Maeda Takeshi, Nakai Kenichiro, Ichikawa Tetsuo, Nagao Kan, Fujimoto Keiko, Murata Hiroshi, Kurogi Tadafumi, Yoshida Kazuhiro, Hosoi Toshio, Hamada Taizo .  義歯安定剤が口腔湿潤に及ぼす影響 多施設共同無作為化比較試験(Effect of denture adhesives on oral moisture: A multicenter randomized controlled trial) .  Journal of Prosthodontic Research64 ( 3 ) 281 - 288   2020.7義歯安定剤が口腔湿潤に及ぼす影響 多施設共同無作為化比較試験(Effect of denture adhesives on oral moisture: A multicenter randomized controlled trial)

     More details

    Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

    総義歯に義歯安定剤を適用することで口腔湿潤にみられる影響を並行群間比較で調べる無作為化比較試験を行った。無歯顎で総義歯を装着している被験者200名を3群に割付け、クリームタイプの義歯安定剤(ポリグリップS)、パウダータイプの義歯安定剤(ポリグリップパウダー)、生理食塩水(対照群)のいずれかを義歯床粘膜面に4日間適用してもらった。口腔水分計(ムーカス)を用いて測定した口腔湿潤度を主要評価項目に設定したが、その口腔湿潤度には群間比較で有意な差は示されなかった。また、適用期間の前後2時点で比較した群内比較でも有意差はみられなかった。適用前の湿潤度に基づき正常と口腔乾燥症の2亜群に分類して分析を進めた。その結果、口腔乾燥症の亜群ではクリームタイプとパウダータイプの義歯安定剤は下顎義歯の咀嚼能、安定性、維持能、安楽度、を点数評価した義歯満足度からみて有効であることが有意に示された。また、口腔乾燥症亜群での咀嚼能率と維持力は義歯安定剤を適用する介入後に有意に向上していた。総義歯を使用している全集団では義歯安定剤を使用しても口腔湿潤度に影響は現れなかったが、口腔乾燥症患者に限定すると義歯安定剤によって義歯満足度の主観評価、咀嚼能率、義歯維持力は向上していた。

  • Ohwada G. .  Subjective Evaluation of Denture Adhesives: A Multicenter Randomized Controlled Trial .  JDR Clinical and Translational Research5 ( 1 ) 50 - 61   2020.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:JDR Clinical and Translational Research  

    DOI: 10.1177/2380084419837607

    Scopus

  • Mamoru Murakami, Yasuhiro Nishi, Takaharu Shimizu, Masahiro Nishimura .  A retainer-free obturator prosthesis in a fully dentulous patient with palatal defects. .  Journal of oral science62 ( 1 ) 122 - 124   2020Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    Retainers are the most important component in the success of an obturator prosthesis. However, the optimal retainer design for a fully dentulous patient with palatal defect needs four widely separated retainers-resulting in unsatisfactory esthetics-and regulates engagement of deep undercuts of the defect cavity, which leads to an inadequate palatal seal. A new retainer-free obturator prosthesis that closes only the defect cavity and is retained by undercuts within the defect was designed and proved useful for problems caused by a clasp-retained obturator prosthesis for a fully dentulous patient with palatal defects.

    DOI: 10.2334/josnusd.18-0276

    Scopus

    PubMed

  • 元山 彩良 , 村上 格 , 西 恭宏 , 西村 正宏 .  医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態のアンケート調査 .  老年歯科医学34 ( 3 ) 399 - 405   2019.12医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態のアンケート調査Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 村上 格 , 古地 美佳 , 秋葉 陽介 , 木本 統 , 木本 克彦 , 岡崎 定司 , 西村 正宏 .  歯科補綴学専門用語集 改訂のポイント 歯科補綴学専門用語集第5版における改訂のポイント .  日本補綴歯科学会誌11 ( 4 ) 309 - 314   2019.10歯科補綴学専門用語集 改訂のポイント 歯科補綴学専門用語集第5版における改訂のポイントInvited Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

    DOI: https://doi.org/10.2186/ajps.11.309

  • Mamoru Murakami, Yasuhiro Nishi, Kae Harada, Tomohiro Masuzaki, Yoko Minemoto, Takahiro Yanagisawa, Takaharu Shimizu, Akito Tsuboi, Taizo Hamada, Masahiro Nishimura .  Impact of Oral Intake of Glucosylceramide Extracted from Pineapple on Xerostomia: A Double-Blind Randomized Cross-Over Trial .  Nutrients11 ( 9 ) 2020 - 2020   2019.8Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:MDPI AG  

    Background: The aim of this double-blind randomized cross-over trial was to evaluate the effect of oral intake of glucosylceramide extracted from pineapple on oral moisture and xerostomia symptoms. Methods: Sixteen participants who had xerostomia symptoms were randomly allocated into two groups. One group received, as test samples, tablets containing glucosylceramide extracted from pineapple (GCP) followed by placebo tablets. The other group received the test samples in the reverse order. Participants were instructed to take tablets of the first test sample once a day (after breakfast) for two consecutive weeks. Then, after a washout period of four weeks, participants were instructed to take the other test sample for two consecutive weeks. The oral moisture level of the lingual mucosa, xerostomia symptoms, and the number of fungiform papillae was evaluated. Results: The oral moisture significantly increased, and the visual analog scale (VAS) of “How is the dryness of your mouth?” significantly improved after GCP tablets intake and not after placebo tablets intake. The number of fungiform papillae was not significantly different following the intake of GCP tablets or placebo tablets. Conclusion: Results suggested that oral intake of GCP may improve the moisture level and xerostomia symptoms.

    DOI: 10.3390/nu11092020

    Scopus

    PubMed

  • Mamoru Murakami, Yasuhiro Nishi, Misaki Nishio, Yoko Minemoto, Takaharu Shimizu, Masahiro Nishimura .  A Retrospective Cohort Study of the Cumulative Survival Rate of Obturator Prostheses for Marsupialization. .  Journal of prosthodontics : official journal of the American College of Prosthodontists28 ( 2 ) e811-e816 - e816   2019.2Reviewed International journal

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    PURPOSE: After marsupialization of benign tumors and jawbone cysts, insertion of an obturator prosthesis maintains the surgical opening and improves hygiene. To date, there have been no reports clarifying the relationship between the obturator design and treatment outcomes. The purpose of this study was to examine the survival rate of three types of obturator, and to investigate the factors that expedite the removal of the obturator. MATERIALS AND METHODS: The subject group comprised 100 patients who had an obturator inserted after marsupialization at Kagoshima University Hospital between May 31, 2012 and March 31, 2015; 73 patients with lesions in the mandible were eligible. Three types of mandibular obturator were designed and inserted, considering the teeth missing, the anteroposterior position of the lesion, and the buccolingual direction of marsupialization. The endpoint of this study was defined as the removal of the obturator. The analyzed predictor values for the endpoint were age, gender, remaining teeth, nature of primary disease, anteroposterior location of primary disease, buccolingual direction of marsupialization, type of obturator, and dates of insertion and removal. RESULTS: No significant differences were found in the cumulative survival rate among the three types of obturator. Early obturator removal was more frequent in patients with cysts, anterior lesions, and/or marsupialization from the occlusal direction CONCLUSIONS: Because obturator design had minimal effect on the ability of the appliance to maintain the surgical opening, it is preferable to use the least invasive design. Our findings also suggest that the follow-up examination should account for the type of primary disease, the anteroposterior location of the lesion, and the buccolingual direction of marsupialization.

    DOI: 10.1111/jopr.12652

    Scopus

    PubMed

  • 村上 格 .  変形性顎関節症を伴った無歯顎患者の治療成績 .  日本補綴歯科学会誌51 ( 2 ) 324 - 327   2007.4Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.2186/jjps.51.324

  • 村上 格 , 大塚 昭彦 , 梶井 正文 , 浜野 徹 , 川畑 直嗣 , 長岡 英一 .  下顎遊離端欠損症例における無歯部顎堤の形態分析システム―前後的傾斜の診断― .  日本補綴歯科学会雑誌43 ( 5 ) 821 - 829   1999下顎遊離端欠損症例における無歯部顎堤の形態分析システム―前後的傾斜の診断―Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 鎌下祐次,村上格(MURAKAMIMAMORU),西恭宏,〓野徹,長岡英一 .  A Study of Diagnostic Method of Edentulous Ridge Shape. Application of the Three-dimensional reconstruction method .  Dentistry in Japan33 ( ※ ) 55 - 58   1997A Study of Diagnostic Method of Edentulous Ridge Shape. Application of the Three-dimensional reconstruction methodReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏 .  紫外線照射装置の除菌効果と義歯への応用 .  日本口腔ケア学会雑誌17 ( 3 ) 215 - 215   2023.4紫外線照射装置の除菌効果と義歯への応用

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本口腔ケア学会  

  • Yasuhiro Nishi, Katsura Seto, Mamoru Murakami, Kae Harada, Masakazu Ishii, Yuji Kamashita, Shinichiro Kawamoto, Tohru Hamano, Takuya Yoshimura, Asutsugu Kurono, Yasunori Nakamura, Masahiro Nishimura .  Effects of Denture Cleaning Regimens on the Quantity of Candida on Dentures: A Cross-Sectional Survey on Nursing Home Residents .  International Journal of Environmental Research and Public Health19 ( 23 ) 15805 - 15805   2022.11

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:MDPI AG  

    Oral care involving a denture cleaning regimen is important for reducing the incidence of systemic diseases. However, limited information is currently available on denture cleaning frequencies and regimens. Therefore, the present study investigated the relationship between the number of Candida spp. present on the complete dentures of nursing home residents and cleaning regimens. Residents were surveyed to assess their denture cleaning methods. Plaque was collected by applying a sterile swab to the mucosal surface of each examined complete denture worn by 77 residents, and the Candida spp. collected were cultured, identified, and quantified. The relationship between denture cleaning regimens and the quantity of Candida spp. was investigated. Correlation and multivariable analyses revealed that the strongest factor influencing the number of Candida spp. on dentures was the frequency of use of denture cleansers. The number of Candida spp. was the lowest on dentures cleaned daily with a denture cleanser. The present results demonstrated that the daily use of a denture cleanser effectively controlled the adherence of Candida spp. to dentures. Oral and other healthcare providers need to provide instructions on and assist nursing home residents with the daily care of dentures, using denture cleansers, including the environment where cleaning is performed.

    DOI: 10.3390/ijerph192315805

    Scopus

    PubMed

  • Mamoru Murakami, Mika Furuchi, Yosuke Akiba, Suguru Kimoto, Katsuhiko Kimoto, Joji Okazaki, Masahiro Nishimura .  Revision Points of The Glossary of Prosthodontic Terms 5th edition .    11 ( 4 ) 309 - 314   2019.10Revision Points of The Glossary of Prosthodontic Terms 5th editionInvited Reviewed

     More details

    Language:Japanese  

  • 村上 格 .  上顎欠損患者の補綴治療 顎義歯難症例を中心に .  鹿児島大学歯学部紀要35   61 - 71   2015.3上顎欠損患者の補綴治療 顎義歯難症例を中心にInvited Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • 村上 格 , 西 恭宏 , 丸山 浩美 , 小野原 昌弘 , 鎌下 祐次 , 長岡 英一 .  全部床義歯補綴学の基礎実習におけるシミュレーション実習と講義との連携についてのアンケート調査 .  日本歯科医学教育学会雑誌24 ( 3 ) 292 - 299   2008.12Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 水流 和徳 , 鎌田 ユミ子 , 村上 格 , 長岡 英一 .  有床義歯補綴学の臨床実習における口頭発表と論文形式による症例報告の教育的効果 .  日本歯科医学教育学会雑誌19 ( 1 ) 170 - 179   2003.12Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 長岡 英一 , 木下 智恵 , 西 恭宏 , 河野 弘 , 斉藤 福一郎 , 村上 格 , 濱野 徹 , 川畑 直嗣 .  有床義歯補綴学の臨床予備実習におけるシミュレーション実習の方法 .  日本歯科医学教育学会雑誌10 ( 2 ) 153 - 160   1995.2Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • The Glossary of Prosthodontic Terms

    ( Role: Joint author)

    2023.5  ( ISBN:9784263456712

  • 無歯顎補綴治療学第4版

    西村正宏, 村上 格( Role: Contributor ,  第15章 重合義歯の咬合器再装着と咬合調整)

    医歯薬出版株式会社  2022.2 

  • 歯科補綴学専門用語集第5版

    日本補綴歯科学会( Role: Edit)

    医歯薬出版  2019.3  ( ISBN:9784263458365

     More details

    Total pages:xxv, 187p   Language:Japanese

    CiNii Books

  • 義歯ケア辞典 日本義歯ケア学会編

    西村正宏,村上 格( Role: Contributor ,  第2章臨床編3口腔保湿剤)

    永末書店  2018.9 

     More details

    Responsible for pages:50-55   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  • 歯学生のパーシャルデンチャー第6版 

    西村正宏,村上 格( Role: Joint author ,  第6版 第14章 局部床義歯(部分床義歯)治療の臨床ステップ)

    医歯薬出版  2018.8 

     More details

    Responsible for pages:122-127   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

  • 無歯顎補綴治療学 第3版 第10章 重合義歯の咬合器再装着と咬合調整

    村上 格,西村正宏( Role: Joint author)

    医歯薬出版  2016.2 

     More details

    Responsible for pages:229-233   Language:Japanese Book type:Textbook, survey, introduction

▼display all

MISC

  • 口腔保湿剤の選択基準について Invited Reviewed

    村上 格、清水孝治、西村正宏

    164   9 - 11   2023

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese  

  • 市販口腔保湿剤における保管温度と保管期間がpHならびにORPへ及ぼす影響

    駒走 彩良, 村上 格, 小野 草太, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   13 ( 九州支部学術大会特別号 )   26 - 26   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討

    山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   475 - 475   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • 口腔保湿剤の抗真菌性に関する研究

    村上 格, 元山 彩良, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   475 - 475   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • 義歯安定剤使用者のための新しい泡タイプ義歯洗浄剤の開発

    原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 村上 格, 下田平 直大, 鎌下 祐次, 山下 裕輔, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   461 - 461   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • 義歯安定剤使用者のための新しい泡タイプ義歯洗浄剤の開発

    原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 村上 格, 下田平 直大, 鎌下 祐次, 山下 裕輔, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   461 - 461   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討

    山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   475 - 475   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • 口腔保湿剤の抗真菌性に関する研究

    村上 格, 元山 彩良, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本歯科医師会雑誌   74 ( 4 )   475 - 475   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本歯科医師会  

  • 市販口腔保湿剤のpH値に関する研究

    元山 彩良, 村上 格, 原田 佳枝, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   13 ( 特別号 )   237 - 237   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • 有床義歯における片側咬合力計測の有効性の検討

    山下 裕輔, 西 恭宏, 北上 真由美, 神之田 理恵, 大迫 奈里子, 村上 格, 末廣 史雄, 益崎 与泰, 原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 池田 菜緒, 櫻井 智章, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   13 ( 特別号 )   236 - 236   2021.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • 口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響

    村上 格, 原田 佳枝, 元山 彩良, 西 恭宏, 西村 正宏

    老年歯科医学   35 ( 4 )   409 - 410   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響

    村上 格, 原田 佳枝, 元山 彩良, 西 恭宏, 西村 正宏

    老年歯科医学   35 ( 4 )   409 - 410   2021.3

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

    J-GLOBAL

  • 温度とpHは口腔保湿剤の抗真菌性に影響を及ぼす

    村上格, 原田佳枝, 元山彩良, 西恭宏, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   32nd   2021

     More details

  • 患者特性からみた口腔機能低下症,サルコペニア,フレイルの関係

    西恭宏, 山下裕輔, 村上格, 原田佳枝, 益崎与泰, 峰元洋光, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 中村康典, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   32nd   2021

     More details

  • Study on pH value of commercial oral moisturizers

    元山彩良, 村上格, 原田佳枝, 西恭宏, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   13   2021

     More details

  • 口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響

    村上 格, 原田 佳枝, 元山 彩良, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   31回   151 - 151   2020.11

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 要介護者に向けた義歯安定剤が付着した義歯の新規清掃法の開発

    原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本口腔ケア学会雑誌   14 ( 3 )   104 - 104   2020.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本口腔ケア学会  

  • 義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の洗浄効果の検討

    原田 佳枝, 堀之内 玲耶, 山下 裕輔, 下田平 直大, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   220 - 220   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する 二重盲検無作為化交差試験

    村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 柳澤 嵩大, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   267 - 267   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • 下顎骨辺縁切除に起因する下顎骨の歪みに対して支台装置に可動性を付与した顎義歯症例

    西 恭宏, 村上 格, 山下 裕輔, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   12 ( 特別号 )   275 - 275   2020.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • 補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連

    西恭宏, 山下裕輔, 村上格, 原田佳枝, 益崎与泰, 峰元洋光, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 中村康典, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   31st   2020

     More details

  • The cleaning effects of a new denture cleaner for the denture-adhesive users

    原田佳枝, 堀之内玲耶, 山下裕輔, 下田平直大, 村上格, 西恭宏, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   12   2020

     More details

  • 義歯安定剤ユーザーに向けた試作義歯洗浄剤の洗浄効果の検討

    堀之内玲耶, 原田佳枝, 山下裕輔, 益崎与泰, 村上格, 西恭宏, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   31st   2020

     More details

  • Surface properties change of denture resin by specular surface polishing using Aero lap

    山下裕輔, 西恭宏, 村上格, 西村正宏

    日本補綴歯科学会九州支部学術大会プログラム・抄録集(Web)   2020   2020

     More details

  • A Case of Dent-Mandibular Prosthesis Using Flexible Retainer for Mandibular Deformation Caused by Marginal Mandibulectomy

    西恭宏, 村上格, 山下裕輔, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   12   2020

     More details

  • 2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況

    山下裕輔, 西恭宏, 村上格, 山下皓三, 原田佳枝, 益崎与泰, 有馬敬, 中村康典, 西村正宏

    日本老年歯科医学会学術大会(Web)   34 ( 2 )   262 - 262   2019.9

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

  • 医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査

    村上 格, 西 恭宏, 原田 佳枝, 西村 正宏

    老年歯科医学   34 ( 2 )   225 - 225   2019.9

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 適切なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である

    原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   30回   P一般 - 003   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況

    山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下 皓三, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 有馬 敬, 中村 康典, 西村 正宏

    日本老年歯科医学会総会・学術大会プログラム・抄録集   30回   P一般 - 091   2019.6

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(一社)日本老年歯科医学会  

  • 適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である

    堀之内 玲耶, 原田 佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村 正宏

    日本補綴歯科学会誌   11 ( 特別号 )   202 - 202   2019.5

     More details

    Language:Japanese   Publisher:(公社)日本補綴歯科学会  

  • 適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である

    堀之内玲耶, 原田佳枝, 村上格, 西恭宏, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   11   202 (WEB ONLY)   2019

     More details

    Language:Japanese  

    J-GLOBAL

  • Revision Points of The Glossary of Prosthodontic Terms 5<sup>th</sup> edition

    村上格, 村上格, 古地美佳, 古地美佳, 秋葉陽介, 秋葉陽介, 木本統, 木本統, 木本克彦, 木本克彦, 岡崎定司, 岡崎定司, 西村正宏, 西村正宏

    日本補綴歯科学会誌(Web)   11 ( 4 )   2019

     More details

  • 高齢社会の義歯衛生管理 ―プラークの早期除去と付着抑制―

    西 恭宏,村上 格,藤島 慶,西村正宏

    鹿児島県歯科医師会報   124 ( 703 )   8 - 10   2016

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 上顎欠損患者の補綴治療-顎義歯難症例を中心に-

    村上 格

    鹿児島大学歯学部紀要   35   61 - 71   2015.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • エアロラップ法鏡面研磨による床用レジンの研削量 Reviewed

    西 恭宏,村上 格,鎌下祐次,西村正宏

    老年歯科医学   29 ( 2 )   215 - 216   2014

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 顎義歯粘膜面の鏡面研磨によるデンチャープラークの付着抑制 Reviewed

    村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,西村正宏

    老年歯科医学   28 ( 2 )   190 - 191   2013

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • 顎欠損患者と口腔乾燥

    村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一

    日本歯科医師会雑誌   65 ( 5 )   141 - 141   2012.8

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 義歯洗浄剤を併用した超音波洗浄による義歯清掃の時間的検討 Reviewed

    瀬戸 佳,西 恭宏,村上 格,鎌下祐次,長岡英一

    老年歯科医学   27 ( 2 )   153 - 154   2012

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper, summary (national, other academic conference)  

  • デンチャープラークコントロールの基本と効果的な方法について

    村上 格,西 恭宏,長岡英一

    鹿児島県歯科医師会会報   96 ( 675 )   8 - 10   2011.4

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 義歯補綴科における専門外来の取り組み

    村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,川本真一郎,木下知恵,水流和徳,丸山浩美,長岡英一

    鹿児島大学歯学部紀要   29   34 - 35   2009.3

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 簡便で客観的な口腔乾燥の評価方法-上顎欠損患者の口腔乾燥について-

    村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一

    鹿児島県歯科医師会報   85 ( 664 )   8 - 10   2008.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

  • 無歯顎の対向関係に基づく人工歯排列位置の診断

    村上格,長岡英一

    歯界展望増刊号「歯科医学と健康の創造」   ※ ( ※ )   256 - 256   2000

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

▼display all

Presentations

  • 村上 格   口腔機能低下症に関する研究 現状と展望   Invited

    第23回九州インプラント研究会学術講演会  2024.3  九州インプラント研究会

     More details

    Event date: 2024.3

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:熊本  

  • 西 恭宏 , 戸澤聖也 , 櫻井智章 , 池田菜緒 , 原田佳枝 , 末廣史雄 , 宮田春香 , 村上 格 , 駒走尚大 , 山田悠平 , 中西悠梨香 , 西村正宏   咀嚼能力検査に対する各口腔機能と心身虚弱との関連  

    令和5年度公益財団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2023.10  公益財団法人日本補綴歯科学会九州支部

     More details

    Event date: 2023.10

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:福岡  

  • 戸澤聖也 , 西 恭宏 , 原田佳枝 , 村上 格 , 西村正宏   補綴外来患者の口腔機能とサルコペニアの関係  

    第4回認知症と口腔機能研究会  2023.8  認知症と口腔機能研究会

     More details

    Event date: 2023.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島  

  • 村上 格 , 伊東隆利 , 森永大作 , 堀川 正 , 竹下文隆 , 加来敏男 , 西 恭宏 , 西村 正宏   口腔機能低下症と患者の基本特性,自覚症状ならびにQOLとの関係   Invited

    一般社団法人日本老年歯科医学会第34回学術大会  2023.6  般社団法人日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2023.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:横浜  

  • 村上 格,宮田春香,中西悠梨香,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏   治療用義歯に関する臨床エビデンス 症例報告によるシステマティックレビュー  

    (公社)日本補綴歯科学会第132回学術大会  

     More details

    Event date: 2023.5

    Language:Japanese  

    Venue:横浜  

  • 西 恭宏 , 山下裕輔 , 櫻井智章 , 池田菜緒 , 原田佳枝 , 末廣史雄 , 戸澤聖也 , 益崎与泰 , 宮田春香 , 小野草太 , 村上 格 , 駒走尚大 , 山田悠平 , 中西悠梨香 , 西村正宏   溶出糖量による咀嚼機能検査は唾液分泌に影響される─口腔水分量と刺激時唾液量から─  

    公益社団法人日本補綴歯科学会第132回学術大会  2023.5  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2023.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:横浜  

  • 原田佳枝,堀之内玲耶,村上 格,西 恭宏,西村正宏   紫外線照射装置の除菌効果と 義歯への応用.  

    第20回日本口腔ケア学会総会・学術大会. 第3 回国際口腔ケア学会総会・学術大会合同会議  2023.4 

     More details

    Event date: 2023.4

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

  • 戸澤聖也 , 西 恭宏 , 原田佳枝 , 池田菜緒 , 宮田春香 , 村上 格 , 西村正宏   欠損歯数による義歯分類における各口腔機能評価とサルコペニア・フレイルの状況  

    第16回日本義歯ケア学会学術大会  2023.2  日本義歯ケア学会

     More details

    Event date: 2023.2

    Language:Japanese  

    Venue:仙台  

  • 村上 格 , 宮田 春香 , 中西 悠梨香 , 原田 佳枝 , 西 恭宏 , 西村 正宏   我が国における治療用義歯の臨床エビデンスに関するレビュー  

    (公社)日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2022.11 

     More details

    Event date: 2022.11

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:佐世保  

  • 村上 格,駒走彩良,小野草太,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏   市販口腔保湿剤の選択ならびに管理に関する研究  

    日本補綴歯科学会 第131回学術大会  2022.7 

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏,山下裕輔,村上 格,西村正宏 .   超音波洗浄器と義歯洗浄剤の併用における洗浄水温度と微生物除去効果.  

    日本補綴歯科学会 第131回学術大会 

     More details

    Event date: 2022.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏,山下裕輔,村上 格,原田佳枝 ,益崎与泰,堀之内玲耶,池田菜緒,櫻井智章 ,宮田春香,中村康典,西村正宏.   口腔機能低下症の4種下位症状における主検査と代替検査の比較.  

    日本老年歯科医学会 第33回学術大会 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 山下裕輔,西 恭宏,村上 格山下皓三,原田佳枝 ,益崎与泰,池田菜緒,櫻井智章 ,宮田春香,西村正宏.   2施設における口腔機能低下症の検査と管理状況の実態調査.  

    日本老年歯科医学会 第33回学術大会 

     More details

    Event date: 2022.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格 , 元山彩良 , 原田佳枝 , 西 恭宏 , 西村正宏   口腔保湿剤の抗真菌性に関する研究  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 山下 裕輔 , 西 恭宏 , 村上 格 , 原田佳枝 , 堀之内玲耶 , 西村正宏   ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝 , 堀之内玲耶 , 村上 格 , 下田平直大 , 鎌下祐次 , 山下裕輔 , 西 恭宏 , 西村正宏   義歯安定剤使用者のための新しい泡タイプ義歯洗浄剤の開発  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 駒走彩良 , 村上 格 , 小野草太 , 原田佳枝 , 西 恭宏 , 西村正宏   市販口腔保湿剤における保管温度と保管期間がpHならびにORPへ及ぼす影響  

    令和3年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 櫻井智章 , 濱村俊一 , 園田安浩 , 末廣史雄 , 村上 格 , 西村正宏   中間一歯欠損におけるインプラントの代替治療法の提案  

    第3回南九州歯学会学術大会  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 村上 格   次世代を担う鹿児島大学歯学部シニアフェローシンポジウム   Invited

    第3回南九州歯学会学術大会シンポジウム  2021.9 

     More details

    Event date: 2021.9

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 山下裕輔, 西 恭宏, 北上真由美, 神之田理恵, 大迫奈里子, 村上 格, 末廣史雄, 益崎与泰, 原田佳枝, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 櫻井智章, 西村正宏   有床義歯における片側咬合力計測の有効性の検討  

    日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021 

     More details

    Event date: 2021.6

  • 元山彩良 , 村上 格 , 原田佳枝 , 西 恭宏 , 西村正宏   市販口腔保湿剤のpH値に関する研究  

    日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021.6 

     More details

    Event date: 2021.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 山下裕輔, 村上 格, 原田佳枝, 益崎与泰, 峰元洋光, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 中村康典, 西村正宏   患者特性からみた口腔機能低下症,サルコペニア,フレイルの関係  

    第32回日本老年歯科医学会学術大会 

     More details

    Event date: 2021.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 原田佳枝, 元山彩良, 西 恭宏, 西村正宏   温度とpHは口腔保湿剤の抗真菌性に影響を及ぼす  

    第32回日本老年歯科医学会学術大会 

     More details

    Event date: 2021.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝 , 堀之内玲耶 , 村上 格 , 西 恭宏 , 西村正宏   新規開発した義歯洗浄剤を含めた泡タイプ義歯洗浄剤の比較検討  

    日本義歯ケア学会 第13回 学術大会  2021.2 

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 西 恭宏 , 村上 格 , 原田佳枝 , 堀之内玲耶 , 西村正宏   義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から-  

    日本義歯ケア学会 第13回 学術大会  2021.2 

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • M. Murakami, K. Harada, Y. Nishi, M. Nishimura   Storage temperature and pH of commercial oral moisturizers affects the antifungal Effects.  

    7th Biennial Joint Congress of JPS-CPS-KAP  2021.2 

     More details

    Event date: 2021.2

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 山下 裕輔, 村上 格, 原田 佳枝, 益崎 与泰, 峰元 洋光, 堀之内 玲耶, 池田 菜緒, 中村 康典, 西村 正宏   補綴外来患者における口腔機能低下症の下位症状と身体的フレイル指標の関連  

    日本老年歯科医学会第31回学術大会  2020 

     More details

    Event date: 2020.10 - 2020.11

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 原田佳枝, 元山彩良, 西 恭宏, 西村正宏   口腔保湿剤の保管温度ならびにpHが抗真菌性に及ぼす影響  

    日本老年歯科医学会第31回学術大会 

     More details

    Event date: 2020.10 - 2020.11

    Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 山下裕輔, 下田平直大, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   義歯安定剤ユーザーに向けた新規義歯洗浄剤の検討  

    公益社団法人日本補綴歯科学会 第129回学術大会  2020.6 

     More details

    Event date: 2020.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 西 恭宏, 原田佳枝, 益崎与泰, 峰元洋光, 柳澤嵩大, 西村正宏   パイナップル由来セラミドの経口摂取は口腔乾燥を改善する:二重盲検無作為化交差試験  

    公益社団法人日本補綴歯科学会 第129回学術大会  2020.6 

     More details

    Event date: 2020.6

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格,西 恭宏,原田佳枝,西村正宏   医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  一般社団法人日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:仙台市  

  • 山下裕輔,西恭宏,村上格,山下皓三,原田佳枝,益崎与泰,有馬敬,鎌下祐次,中村康典,西村正宏   2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  一般社団法人日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:仙台市  

  • 原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏   適正なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  一般社団法人日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:仙台市  

  • 村上 格, 秋葉陽介, 古地美佳   委員会セミナー 1(用語検討委員会)「歯科補綴学専門用語集 ? 改訂のポイント? 」  

    日本補綴歯科学会第128回学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:札幌  

  • 堀之内玲耶,原田佳枝,村上 格,西 恭宏,西村正宏   適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である  

    日本補綴歯科学会第128回学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2019.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:札幌市  

  • 藤島 慶,瀬戸口 大介,村上 格,西 恭宏,西村正宏   義歯装着患者より採取したCandida albicans 臨床分離株の病原性評価について  

    日本義歯ケア学会第11回学術大会  日本義歯ケア学会

     More details

    Event date: 2019.2

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京  

  • 元山彩良,村上 格,西 恭宏,西村正宏   口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態に関するアンケート調査  

    平成30年度日本補綴歯科学会九州支部会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:熊本市  

  • 西 恭宏,野村太郎,村上 格,西村正宏,近藤尚知,洪 光,坪井明人,秋葉徳寿,鈴木哲也,水口俊介,木本 統,河相安彦,木本克彦,米山喜一,岡崎定司,市川哲雄,黒木唯文, 村田比呂司,細井紀雄,濱田泰三   義歯安定剤の使用効果は口腔湿潤度に影響される?多施設ランダム化比較試験?  

    平成30年度日本補綴歯科学会九州支部会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2018.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:熊本市  

  • 新屋俊明,西 恭宏,中村康典,村上 格,原田佳枝,鎌下祐次,西村正宏   舌苔付着の主観評価と舌背細菌数の関係  

    日本老年歯科医学会 第29回学術大会  一般社団法人日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京都  

  • 村上 格,藤島 慶,原田佳枝,西 恭宏,西村正宏   口腔保湿剤の保管温度と種類がその抗真菌性に及ぼす影響  

    日本補綴歯科学会 第127回学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:岡山市  

  • 藤島 慶,村上 格,西 恭宏,西村正宏   異なる口腔環境から採取した C. albicans 病原性発現解析について  

    第10回日本義歯ケア学会学術大会  日本義歯ケア学会

     More details

    Event date: 2018.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:徳島大学蔵元キャンパス  

  • 西 恭宏,野村太郎,村上 格,西村正宏   義歯安定剤が口腔湿潤度に与える影響ならびに口腔湿潤度との関連項目の 検討 ?多施設ランダム化比較試験?   Invited

    平成 29 年度日本義歯ケア学会シンポジウム  日本義歯ケア学会

     More details

    Event date: 2017.11

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:東京医科歯科大学  

  • 村上 格   開窓療法後に適用する栓塞子―設計,製作方法ならびに治療成績―   Invited

    平成 29 年度日本補綴歯科学会九州支部生涯学習セミナー  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

    Venue:鹿児島大学稲盛会館  

  • 藤島 慶,村上 格,西 恭宏,西村正宏   義歯粘膜面より採取した Candida albicans, Candida glabrata 共培養時の病原性発現について  

    平成 29 年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2017.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島  

  • 村上 格,西 恭宏,竹之内佳久,西村正宏   口蓋欠損を有する有歯顎患者における分 割式栓塞子の適用  

    第 126 回日本補綴歯科学会  公益社団法人日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2017.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:横浜市  

  • 元山彩良,村上格,峰元洋光,西恭宏,西尾美咲,西村正宏   口腔保湿剤の嗜好性と性差との関係  

    平成28年度日本補綴歯科学会九州支部,中国・四国支部学術大会 

     More details

    Event date: 2016.9

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:熊本  

  • 村上 格,西 恭宏,西尾美咲 ,峰元洋光,西村正宏   開窓療法後に適用した栓塞子の予後に関するコホート研究  

    第125回日本補綴歯科学会 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 藤島 慶, 村上 格, 末廣史雄, 西 恭宏, 西村正宏   形態の異なる義歯に付着するCandida albicansの抗真菌性能の違い  

    第125回日本補綴歯科学会 

     More details

    Event date: 2016.7

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:金沢  

  • 村上 格,西 恭宏,峰元洋光,西村正宏   抗真菌性の観点からみた効果的な口腔保湿剤の使用方法  

    日本老年歯科医学会第27回総会 

     More details

    Event date: 2016.6 - 2016.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:徳島  

  • 峰元洋光,西 恭宏,村上 格,益崎与?,西村正宏   COPD罹患の多数歯欠損症例における外来での栄養食事指導による摂食支援.  

    日本老年歯科医学会第27回総会 

     More details

    Event date: 2016.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:徳島  

  • 藤島 慶,村上 格,末廣史雄,橋口千琴,西 恭宏,西村正宏   義歯形態から分離されたCandida albicans 抗真菌性評価について  

    日本義歯ケア学会 第8回 学術大会 

     More details

    Event date: 2016.1

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:仙台  

  • 峰元洋光,西 恭宏,田栗教子,村上 格,西村正宏   歯科補綴治療前後における外来での食事・栄養指導による摂食支援  

    第11回鹿児島摂食嚥下リハビリテーション研究会 

     More details

    Event date: 2015.10

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島  

  • 官能試験による口腔保湿剤の嗜好評価   官能試験による口腔保湿剤の嗜好評価  

    平成27年度日本補綴歯科学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:小倉  

  • 峰元洋光,西 恭宏,村上 格,西尾美咲,西村正宏   多数歯欠損義歯未装着患者の義歯装着に際し試みた食事・栄養改善の取り組み  

    平成27年度日本補綴歯科学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:小倉  

  • 藤島 慶,村上 格,末廣史雄,橋口千琴,西 恭宏,西村正宏   義歯形態からみたCandida albicans 臨床分離株における病原性因子発現解析について  

    平成27年度日本補綴歯科学会九州支部会 

     More details

    Event date: 2015.8

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:小倉  

  • 西 恭宏,西山 毅,松井竜太郎,村上 格,田松裕一,杉浦 剛,西村正宏   導入した口腔ケアと摂食嚥下スクリーニングテストの実習に関するアンケート調査  

    第34回日本歯科医学教育学会 

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:鹿児島  

  • 村上 格,藤島 慶,西 恭宏,西尾美咲,峰元洋光,西村正宏   Candida albicansに対する口腔保湿剤の抗真菌性  

    第124回日本補綴歯科学会  日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2015.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:大宮  

  • Murakami M,Takenouchi Y,Nishi Y, Nishimura M.   Effective use of a provisional obturator prosthesis in an edentulous patient with a maxillary defect   International conference

    2015 Bienial joint congress of JPS, CPS and KAP  JPS

     More details

    Event date: 2015.4

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:Hakone  

  • 村上 格   顎義歯の難症例に対する補綴的治療例と口腔乾燥  

    平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成25年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     More details

    Event date: 2013.8

    Language:Japanese  

    Venue:佐賀  

    国内学会

  • 冨宿美紀,西 恭宏,村上 格,鎌下 祐次,西村 正宏   エアロラップ法による鏡面研磨が床用レジンの表面粗さに及ぼす影響  

    第24回 日本老年歯科医学会  第24回 日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese  

    Venue:大阪  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下 祐次,西村 正宏   顎義歯粘膜面の鏡面研磨によるデンチャープラークの付着抑制  

    第24回 日本老年歯科医学会 大阪  第24回 日本老年歯科医学会 大阪

     More details

    Event date: 2013.6

    Language:Japanese  

    Venue:大阪  

    国内学会

  • 村上 格,鎌下祐次,葛西貴行,瀬戸 佳,田中帝臣,富宿美紀,西 恭宏   口腔保湿剤の種類および湿度が残存重量に及ぼす影響  

    第122回日本補綴歯科学会  第122回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2013.5

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 鎌下祐次,村上 格,丸山浩美,田中帝臣,加地彰人,西 恭宏,長岡英一   義歯患者の主観的評価-口腔関連QOL,気分,義歯満足度の関連性-  

    平成24年度補綴歯科学会中国四国・九州支部合同学術大会  平成24年度補綴歯科学会中国四国・九州支部合同学術大会

     More details

    Event date: 2012.9

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    国内学会

  • Yuji Kamashita, Shin-ichiro Kawamoto, Mamoru Murakami, Hiromi Maruyama, Yasuhiro Nishi and Eiichi Nagaoka   Influence of implant-supported prosthesis type on facial appearance: A trial of three dimensional morphological analyses   International conference

    12th Biennial Meeting of Asian Academy of Aesthetic Dentistry  12th Biennial Meeting of Asian Academy of Aesthetic Dentistry

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:English  

    Venue:Sapporo  

    国際学会

  • 瀬戸 佳,西恭宏,村上格,鎌下祐次,長岡英一   義歯洗浄剤を併用した超音波洗浄による義歯清掃の時間的検討  

    第23回日本老年歯科医学会  第23回日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2012.6

    Language:Japanese  

    Venue:茨城  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,加地彰人,冨宿美紀,鎌下祐次,長岡英一   開窓療法に適用した栓塞子の臨床的評価-栓塞子の設計と生存期間について-  

    第121回日本補綴歯科学会  第121回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese  

    Venue:横浜  

    国内学会

  • 梅園 穣,村上 格,西 恭宏,長岡英一   スリット型口蓋再建を受けた左上顎欠損患者に製作した可動性オブチュレーター  

    日本歯科技工学会第33回学術大会  日本歯科技工学会第33回学術大会

     More details

    Event date: 2011.10

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,梅園 穣,鎌下祐次,丸山浩美,長岡英一   スリット型口蓋再建後に可動性オブチュレーターを適用した顎補綴症例  

    第22回日本老年歯科医学会  第22回日本老年歯科医学会

     More details

    Event date: 2011.6

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一   上顎欠損患者における舌と顎義歯粘膜面における細菌叢の関係  

    第120回日本補綴歯科学会総会  第120回日本補綴歯科学会総会

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    国内学会

  • 西 恭宏,村上 格,丸山浩美,牛島正雄,鎌下祐次,濱村俊一,梅園 穣,久冨木原秀幸,長岡英一   鏡面研磨によるデンチャープラーク付着抑制の検討  

    第120回日本補綴歯科学会総会  第120回日本補綴歯科学会総会

     More details

    Event date: 2011.5

    Language:Japanese  

    Venue:広島  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一   上顎顎義歯装着者におけるデンチャープラークの細菌叢と口腔乾燥の自覚症状の関係  

    平成22年度(社)日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成22年度(社)日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese  

    Venue:熊本  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,瀬戸 佳,鎌下祐次,長岡英一   上顎欠損患者における口腔微生物叢と口腔乾燥の自覚症状の関係  

    第119回日本補綴歯科学会  第119回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2010.6

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一   上顎欠損患者における舌の水分量に関連する要因  

    平成21年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  平成21年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会

     More details

    Event date: 2009.10

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一   上顎欠損患者における口腔水分量,唾液湿潤度と口腔乾燥の自覚症状の関係  

    第118回日本補綴歯科学会  第118回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:Japanese  

    Venue:京都  

    国内学会

  • 村上 格,西 恭宏,鎌下祐次,長岡英一   上顎欠損患者の口腔乾燥に関する臨床的研究―口腔乾燥の自覚症状と口腔水分量の関係―   International conference

    国際歯科補綴学会名古屋2008  国際歯科補綴学会名古屋2008

     More details

    Event date: 2008.6

    Language:English  

    Venue:名古屋  

    国際学会

  • 村上格(MURAKAMI MAMORU),西恭宏(Nishi Ysuhiro),鎌下祐次(Kamashita Yuji),長岡英一(Eiichi Nagaoka)   A Clinical Study on Oral Dryness in Patients with Maxillofacial Prosthesis   International conference

    日本補綴歯科学会,アジア補綴歯科学会(116 JPS and 5th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics)  日本補綴歯科学会,アジア補綴歯科学会(116 JPS and 5th Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics)

     More details

    Event date: 2007.5

    Language:English  

    Venue:Kobe  

    国際学会

  • 村上格(MURAKAMI MAMORU)   変形性顎関節症を伴った無歯顎患者の治療成績  

    平成17年度日本補綴歯科学会中国・四国・九州支部合同学術大会  平成17年度日本補綴歯科学会中国・四国・九州支部合同学術大会

     More details

    Event date: 2005.9

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • 村上格(MURAKAMI MAMORU),川本真一郎,丸山浩美,小野原昌弘,鎌下祐次(Kamashita Yuji),西恭宏,〓野徹,長岡英一   有床義歯補綴学における講義と基礎実習との連携についてのアンケ??ト調査  

    第24回日本歯科医学教育学会学術大会  第24回日本歯科医学教育学会学術大会

     More details

    Event date: 2005.7

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,小野原昌弘,丸山浩美,村上格,長岡英一   オーバーデンチャーの支台歯とメタルコーピングの生存率  

    平成15年度日本補綴歯科学会九州支部会  平成15年度日本補綴歯科学会九州支部会

     More details

    Event date: 2003.11

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • 小野原昌弘,丸山浩美,村上格(MURAKAMI MAMORU),長岡英一(Eiichi Nagaoka)   部分欠損歯列患者の歯の残存状況と喪失状況の関係―Eichnerの分類と歯の喪失状況―  

    第110回日本補綴歯科学会  第110回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2003.10

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,村上格,丸山浩美,小野原昌弘,長岡英一   Influence of alterd cast impression method on edentulous ridge shape   International conference

    50th. Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research  50th. Annual Meeting of Japanese Association for Dental Research

     More details

    Event date: 2002.11

    Language:English  

    Venue:日本  

    国際学会

  • 小野原昌弘,丸山浩美,村上格(MURAKAMI MAMORU),長岡英一(Eiichi Nagaoka)   部分欠損歯列患者の歯の残存状況と喪失状況の関係  

    第108回日本補綴歯科学会  第108回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2002.10

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,村上格,丸山浩美,小野原昌弘,長岡英一   下顎遊離端欠損部の顎堤形態におけるオルタードキャスト法の印象条件の影響  

    第107回日本補綴歯科学会  第107回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2002.5

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,村上格,鎌下祐次(Kamashita Yuji),長岡英一   Digital Strage and Manipulations of Dental Casts   International conference

    9th meeting of the International College of Prosthodontists  9th meeting of the International College of Prosthodontists

     More details

    Event date: 2001.10

    Language:English  

    Venue:オーストラリア  

    国際学会

  • 村上格(MURAKAMI MAMORU),鎌下祐次(Kamashita Yuji),長岡英一   無歯顎堤分析システムの検討??臼歯部人工歯排列位置と顎堤傾斜度の関係??  

    第106回日本補綴歯科学会  第106回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2001.10

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • 鎌下祐次(Kamashita Yuji),村上格(MURAKAMI MAMORU),鎌田ユミ子,長岡英一   患者の気分を評価するFace Scale 活用法の検討  

    第105回日本補綴歯科学会学術大会  第105回日本補綴歯科学会学術大会

     More details

    Event date: 2001.6

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • 村上格(MURAKAMI MAMORU),長岡英一   無歯顎堤形態分析システムの検討  

    第103回日本補綴歯科学会  第103回日本補綴歯科学会

     More details

    Event date: 2000.6

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,村上格,長岡英一   無歯顎の対向関係に基づく人工歯排列位置の診断  

    第19回日本歯科医学会総会.(第22回アジア太平洋歯科医学会)  第19回日本歯科医学会総会.(第22回アジア太平洋歯科医学会)

     More details

    Event date: 2000.5

    Language:Japanese  

    Venue:日本  

    国内学会

  • ,鎌田ユミ子(Kamada Yumiko),村上格,鎌下祐次(Kamashita Yuji),長岡英一   Trial of Virtual Arrangement of Artificial Teeth -Lateral View   International conference

    The 1st Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics in conjunction with40 year Anniversary Meeting of Korean Academy of Prosthodontics.  The 1st Biennial Congress of Asian Academy of Prosthodontics in conjunction with40 year Anniversary Meeting of Korean Academy of Prosthodontics.

     More details

    Event date: 1999.4

    Language:English  

    Venue:韓国  

    国際学会

  • 堀之内玲耶, 原田佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   適正範囲のHLB値をもつ界面活性剤はクリームタイプ義歯安定剤除去にて有用である.  

    日本補綴歯科学会第128回学術大会  2019.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   新規開発した義歯洗浄剤を含めた泡タイプ義歯洗浄剤の比較検討  

    日本義歯ケア学会 第13回 学術大会  2021.2 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 元山彩良, 村上 格, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   市販口腔保湿剤のpH値に関する研究  

    日本補綴歯科学会第130回記念学術大会  2021.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 駒走彩良, 村上 格, 小野草太, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   市販口腔保湿剤における保管温度と保管期間がpHならびにORPへ及ぼす影響  

    令和3年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 秋葉陽介, 古地美佳   委員会セミナー 1(用語検討委員会)「歯科補綴学専門用語集 — 改訂のポイント— 」   Invited

    日本補綴歯科学会128回学術大会  2019.5 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (public)  

  • 村上 格, 元山彩良, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   口腔保湿剤の抗真菌性に関する研究  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 西 恭宏, 原田佳枝, 西村正宏   医療従事者における口腔保湿剤の認知度ならびに指導実態の調査  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  2019.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 櫻井智章, 濱村俊一, 園田安浩, 末廣史雄, 村上 格, 西村正宏   中間一歯欠損におけるインプラントの代替治療法の提案  

    第3回南九州歯学会学術大会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 山下 裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 原田佳枝, 堀之内玲耶, 西村正宏   ショットブラストによるレジン床義歯粘膜面の表面性状と微生物付着状況の検討  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 山下裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 西村正宏   エアロラップ法研磨による床用レジンの表面性状変化の検討  

    令和2年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2020.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 山下裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 西村正宏   エアロラップ法研磨による床用レジンの理工学的性状変化と微生物付着状況の検討  

    鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 口腔先端科学教育研究センター 第13回歯系研究発表会  2020.12 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 山下裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下皓三, 原田佳枝, 益崎与泰, 有馬 敬, 鎌下祐次, 中村康典, 西村正宏   2施設における口腔機能低下症の検査と診断状況  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  2019.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 村上 格, 下田平直大, 鎌下祐次, 山下裕輔, 西 恭宏, 西村正宏   義歯安定剤使用者のための新しい泡タイプ義歯洗浄剤の開発  

    第24回日本歯科医学会学術大会  2021.9 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 村上 格, 原田佳枝, 堀之内玲耶, 西村正宏   義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から-  

    日本義歯ケア学会 第13回 学術大会  2021.2 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 藤島 慶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   義歯装着患者より採取したCandida albicans 臨床分離株の病原性評価について  

    日本義歯ケア学会第11回学術大会  2019.2 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   要介護者に向けた義歯安定剤が付着した義歯の新規清掃法の開発  

    第17回日本口腔ケア学会学術大会  2020.9 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 原田佳枝, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   適正なHLB値の界面活性剤は義歯安定剤ユーザーに向けた新しい義歯洗浄法に有用である  

    第30回日本老年歯科医学会学術大会  2019.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 宮田春香, 中西悠梨香, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   我が国における治療用義歯の臨床エビデンスに関するレビュー  

    令和4年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2022.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 駒走彩良, 小野草太, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   市販口腔保湿剤の選択ならびに管理に関する研究.  

    日本補綴歯科学会 第131回学術大会  2022.7 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 山下裕輔, 村上 格, 原田佳枝, 益崎与泰, 堀之内玲耶, 池田菜緒, 櫻井智章, 宮田春香, 中村康典, 西村正宏   口腔機能低下症の4種下位症状における主検査と代替検査の比較.  

    日本老年歯科医学会 第33回学術大会  2022.6 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 伊東隆利, 森永大作, 堀川 正, 竹下文隆, 加来敏男, 西 恭宏, 西村 正宏   口腔機能低下症と患者の基本特性,自覚症状ならびにQOLとの関係  

    一般社団法人日本老年歯科医学会第34回学術大会  2023.6 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 山下裕輔, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   ポータブル紫外線照射装置の義歯への応用とその除菌効果.  

    令和4年度公益社団法人日本補綴歯科学会九州支部学術大会  2022.11 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 山下裕輔, 西 恭宏, 村上 格, 山下皓三, 原田佳枝, 益崎与泰, 池田菜緒, 櫻井智章, 宮田春香, 西村正宏   2施設における口腔機能低下症の検査と管理状況の実態調査.  

    日本老年歯科医学会 第33回学術大会  2022.6 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格, 宮田春香, 中西悠梨香, 原田佳枝, 西 恭宏, 西村正宏   治療用義歯に関する臨床エビデンス 症例報告によるシステマティックレビュー  

    公益社団法人日本補綴歯科学会第132回学術大会  2023.5 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 山下裕輔, 櫻井智章, 池田菜緒, 原田佳枝, 末廣史雄, 戸澤聖也, 益崎与泰, 宮田春香, 小野草太, 村上 格, 駒走尚大, 山田悠平, 中西悠梨香, 西村正宏   溶出糖量による咀嚼機能検査は唾液分泌に影響される─口腔水分量と刺激時唾液量から─  

    公益社団法人日本補綴歯科学会第132回学術大会  2023.5 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 山下裕輔, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   紫外線照射装置のCandida albicans に 対する除菌効果と義歯への応用  

    第15回日本義歯ケア学会学術大会  2023.1 

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 原田佳枝, 堀之内玲耶, 村上 格, 西 恭宏, 西村正宏   紫外線照射装置の除菌効果と義歯への応用.  

    第20回日本口腔ケア学会総会・学術大会. 第3 回国際口腔ケア学会総会・学術大会合同会議  2023.4 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 西 恭宏, 山下裕輔, 村上 格, 西村正宏   超音波洗浄器と義歯洗浄剤の併用における洗浄水温度と微生物除去効果  

    日本補綴歯科学会 第131回学術大会  2022.7 

     More details

    Presentation type:Poster presentation  

  • 村上 格   義歯難症例と口腔乾燥症への対応.   Invited

    医療法人宝歯会 基礎研修セミナー    2023.1  医療法人宝歯会

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Public lecture, seminar, tutorial, course, or other speech  

▼display all

Works

  • 顎堤傾斜分析システムを利用した人工歯排列位置の診断方法の開発

    2001

Awards

  • 2020年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2021.12   鹿児島大学歯学部  

  • 第13回義歯ケア学会学術大会優秀口演賞

    2021.3   義歯洗浄剤の使用頻度は義歯のカンジダ付着量に影響する-施設入所者における調査から-

    西 恭宏, 村上 格, 原田佳枝, 堀之内玲耶, 西村正宏

  • 2019年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2020.9   鹿児島大学歯学部  

    村上 格

     More details

    Country:Japan

  • 令和元年度公益社団法人日本補綴歯科学会学会論文賞

    2020.6   公益社団法人日本補綴歯科学会  

    村上 格

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas)  Country:Japan

  • 第129回日本補綴歯科学会優秀ポスター賞(カボデンタル賞)

    2020.6   下顎骨辺縁切除に起因する下顎骨の歪みに対して支台装置に可動性を付与した顎義歯症例

    西 恭宏, 村上 格, 山下裕輔, 西村正宏

  • 2018年鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2020.3   鹿児島大学歯学部  

    村上 格

     More details

    Country:Japan

  • 第12回日本義歯ケア学会学術大会優秀口演賞

    2020.3   義歯安定剤使用者に向けた新しい義歯洗浄法の開発

    原田佳枝,堀之内玲耶,神園健人,濱坂厘杏,下田平直大,村上 格, 西 恭宏,西村正宏

  • 公社日本補綴歯科学会第125回学術大会優秀ポスター賞

    2016.7   公益社団法人日本補綴歯科学会  

    村上 格

     More details

    Award type:Award from Japanese society, conference, symposium, etc.  Country:Japan

  • 平成27年度公益社団法人日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞

    2016.7   公益社団法人日本補綴歯科学会  

    村上 格

     More details

    Award type:Honored in official journal of a scientific society, scientific journal  Country:Japan

  • 平成27年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2016.7   鹿児島大学歯学部  

    村上 格

     More details

    Country:Japan

  • 平成26年度鹿児島大学歯学部ベストリサーチャー賞

    2015.8   鹿児島大学歯学部  

    村上 格

     More details

    Country:Japan

  • 平成20年度日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞

    2009.6   日本補綴歯科学会   Stabilities of Maxillary Complete Overdentures With and Without Abutment Tooth Support - Examination by Dynamics of Atmospheric Pressure as an Index of Denture Stability -.

    村上 格

     More details

    Country:Japan

▼display all

Research Projects

  • 口腔機能低下とフレイルを予防するためのコホート研究と情報共有ツールの開発

    Grant number:21K10231  2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会   科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    濱野 徹

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    本研究は,口腔機能低下症の管理とフレイル等の全身状態把握を結びつけた臨床評価を行ないながら,口腔機能とフレイルの因果関係を示す指標を抽出できうるのか,また,これらの抽出した口腔機能低下指標がフレイルを予防し管理する上で多職種間の共有情報ツールとして作成できるかを検討している。その後さらに,フレイル予防を推進するために口腔機能とフレイル関連情報を呈示する情報共有ツールを歯科から地域へ発信できることを目標にしている。
    研究開始から,これまでに自院と研究協力施設の3歯科医院と大学病院補綴科において,患者に研究協力を得て口腔機能とサルコペニア,フレイルの評価を100名以上行ってきており,データは順調に集積されてきている。今後もデータ集積を行うが,これまでのデータでは口腔機能低下症は70%に認められ,サルコペニアは15%,サルコペニアは6%に認められた。サルコペニアの有無ならびにフレイルの有無に対して,舌圧ならびに聖隷式嚥下質問のみが有意な相関を示す結果となり,サルコペニア群は非サルコペニア群より,フレイル群は非フレイル群より舌圧が有意に低値を示すことが示された。またロジスティック回帰分析から舌圧はこれらの全身状態に有意に影響を与える因子であった。
    情報共有ツールの開発にあたっては,クラウドを利用するのが情報共有としてはもっとも効果的で便利であると考えられるが,個人情報の扱いについての検討もしていく必要があると考えている。データ入力フォームから表計算シートとグラフ作成についての見通しはつきつつある。

  • ジェルコート保湿による新規保湿法の開発と多軸的評価

    Grant number: 21K10257  2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会   科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    清水 孝治

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4030000 ( Direct Cost: \3100000 、 Indirect Cost:\930000 )

    口腔乾燥症患者の主訴である口腔乾燥感は,厚さ0.1mm程の唾液層の均一性が失われて生じる.我々は,口腔乾燥患者は,口腔粘膜における水分量の分布が不均一となり,舌粘膜の水分量の低下が,口腔乾燥の自覚症状と強く関係していることを明らかにした,これらは,舌粘膜における薄く均一な保湿の重要性を示唆している.しかしながら,多くの口腔乾燥症患者は,対症療法として口腔保湿剤(以下,保湿剤)を使用しているが,これに適したリキッド保湿剤は,低粘度のため流動性が大きく,経時的な蒸散も大きいため保湿効果が短く,ジェル保湿剤は,水分含有率が低く,高粘度のため薄く均一な塗布が困難となっているという問題がある.
    そこで,本研究では,蒸散・流動防止のためリキッド保湿剤上にジェル保湿剤を薄く均一に塗布する新規保湿法を開発し,使用する保湿剤の組み合わせとジェル保湿剤の塗布方法について検討し,その有効性について評価するものである.
    2021年度は,文献収集,実験中の保湿剤の物性が温度の影響をうけないよう小型インキュベーター内で管理を行う分析・評価システムの構築を行った.次に,保湿剤単体の蒸散性,粘度,液性,抗菌性などのデータを計測し,リキッド保湿剤とジェル保湿剤の組み合わせについても検討を行った.また,リキッド保湿剤上にジェル保湿剤を薄膜状に噴霧するためのスプレー形状の選択ならびに噴霧に適したジェル保湿剤の粘度について検討を行った.ジェル保湿剤が加温により粘度が低下することを利用し,丸状ノズルのスプレーに充填し,37℃で5分間保温した場合に薄膜上の噴霧が可能となる結果が得らた.

  • 口腔保湿剤を用いた新規口腔カンジダ症の治療戦略

    Grant number: 21K09982  2021.4 - 2024.3

    日本学術振興会   科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    村上 格

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

    口腔カンジダ症には,アゾール系抗真菌薬が処方されるが,高齢者では,併用禁忌や副作用の問題がある.これまで,口腔カンジダ症はC.albicansによる日和見感染症とされてきたが,C.glabrataの増加によりアゾ-ル系抗真菌薬に耐性を示す難治性カンジダ症も増加している.一方,ポリエン系抗真菌薬など抗菌スペクトラムが広い薬の長期服用は耐性菌出現の点から避けるべきである.しかし,高齢者では口腔乾燥症患者が多く,これに併発する口腔カンジダ症は,長期間,持続的に使用可能な薬剤が求められる.
    そこで,本研究では,口腔乾燥症患者に用いられる口腔保湿剤(以下,保湿剤)の抗真菌性に着目し,保湿剤を用いた新規口腔カンジダ症の治療戦略を確立することを目的に以下の研究を行うものである.
    カンジダに対する抗真菌性は,保湿剤のpHや保管温度と関係することが考えられる.そのため,保湿剤の加温条件を常温(25℃)と体温(37℃)の2種類に設定し,保湿剤のpH値を網羅的に計測し,これらの条件とカンジダの抗真菌試験の結果より最も抗真菌性の高い組み合わせから効果的な適用条件を設定するものである.
    2021年度は,保湿剤の効果的な適用条件について,入手可能な市販保湿剤31種の25℃と37℃におけるC.albicansとC.glabrataに対する抗真菌性を測定した.
    今後は,これらの保湿剤の各温度におけるpH値を網羅的に計測し,両者の結果より抗真菌効果の強い代表的な製品を数種類程度に絞り込む.

  • 摂食機能評価に基づいた栄養食事指導の有効性と体組成改善への影響の検討

    2019.4 - 2022.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西 恭宏、村上 格,中村 康典

  • 摂食機能評価に基づいた栄養食事指導の有効性と体組成改善への影響の検討

    Grant number:19K10464  2019.4 - 2022.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    西 恭宏, 村上 格, 中村 康典, 吉村 卓也, 後藤 雄一, 花田 信弘

      More details

    Grant amount:\4290000 ( Direct Cost: \3300000 、 Indirect Cost:\990000 )

  • 食味嗜好に対応する温度調節型保湿法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    2018.4 - 2021.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業/ 基盤研究(C) 

    村上 格

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

  • 食味嗜好に対応する温度調節型保湿法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    2018.4 - 2021.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 植物セラミドを用いた新規口腔乾燥治療法の開発と多軸的評価

    2017.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    清水孝治、村上 格,西 恭宏,藤島 慶,西村 正宏

  • 植物セラミドを用いた新規口腔乾燥治療法の開発と多軸的評価

    2017.4 - 2020.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業/ 基盤研究(C) 

    清水 孝治

      More details

    Grant type:Competitive

  • コンビネーション保湿による新規保湿方法の開発とその有効性に関する多軸的評価

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ケアの負担軽減に繋げるための義歯に付与するプラーク付着抑制能の検討

    2015.4 - 2018.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西 恭宏、村上 格,中村 康典,上川 善昭,藤島 慶,西村 正宏

  • 口腔乾燥義歯患者における咀嚼能力の回復は,口腔細菌叢を正常化する

    2014.4 - 2017.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    清水孝治、西村 正宏,西 恭宏,橋口 千琴,村上 格

  • 口腔カンジダ症発症抑制に関する研究

    2014.4 - 2016.3

    民間財団等  GSK Japan Research Grant 2014 

    藤島 慶、西村正宏,西 恭宏,村上 格, 石井正和

      More details

    Grant type:Competitive

  • 効果的な保湿が口腔乾燥義歯患者の口腔および咽頭の細菌叢を正常化する

    2013.4 - 2016.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 食事栄養指導ツール開発のための咀嚼・嚥下機能と食事・栄養状態の関連の検討

    2012.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    西 恭宏、村上 格,中村 康典,加地 彰人, 長岡 英一,田中 帝臣

  • むせ防止のための呼吸音と呼吸パターンとの関係究明

    2012.4 - 2014.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    長岡英一、西 恭宏,加地 彰人,田中 帝臣,鎌下 祐次,村上 格,丸山 浩美, 中村 典史

  • 無歯顎義歯装着者の嚥下時の呼吸パターン

    2008.4 - 2011.3

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

    長岡英一、西 恭宏,鎌下 祐次,川本 真一郎,村上 格,水流 和徳,丸山 浩美, 加治彰人,今井崎 太一,木下 智恵

  • 睡眠時無呼吸症候群患者の上気道形態の呼吸気流への影響

    2003.4 - 2005.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

    川畑 直嗣、村上 格

  • 顎堤傾斜分析システムを利用した人工歯排列位置の診断方法の開発

    2001.4 - 2002.3

    科学研究費補助金  若手研究(A)

  • 総義歯におけるCAD/CAMの利用-仮想排列モデルの開発

    1996.4 - 1998.3

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    川畑 直嗣、鎌田 ユミ子, 村上 格,鎌下 祐次,金城 博之

▼display all

 

Teaching Experience

  • 口と顔の科学

    2015.5
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Undergraduate (liberal arts) 

  • 有床義歯補綴学

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Undergraduate (specialized) 

  • 口腔顎顔面補綴学臨床修練【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 口腔顎顔面補綴学【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 口腔顎顔面形態・機能再建学演習(高度歯科専門臨床医養成コース)

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 口腔顎顔面補綴学

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 口腔顎顔面形態・機能再建学実験

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 口腔顎顔面形態・機能再建学演習

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

  • 顎口腔機能再建学(3)

    2014.4
    Institution:鹿児島大学

     More details

    Level:Postgraduate 

▼display all