2021/04/23 更新

写真a

ミノベ エツコ
蓑部 悦子
MINOBE Etsuko
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(医学) ( 2006年9月   鹿児島大学 )

  • 修士(理学) ( 2000年3月   鹿児島大学 )

  • 学士(理学) ( 1998年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • カルシウムチャネル パッチクランプ カルパスタチン カルモジュリン

学歴

  • 鹿児島大学

    - 2006年9月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   生命化学

    - 2000年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   講師

    2015年12月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   助教

    2007年4月 - 2015年11月

所属学協会

  • 日本生理学会

    2003年10月 - 現在

  • 日本心電学会

    2005年10月 - 2014年3月

 

論文

  • Jia W. .  Properties of Calmodulin Binding to Na<inf>V</inf>1.2 IQ Motif and Its Autism-Associated Mutation R1902C .  Neurochemical Research46 ( 3 ) 523 - 534   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Neurochemical Research  

    DOI: 10.1007/s11064-020-03189-7

    Scopus

    PubMed

  • Gao Q. .  Purification of insoluble GST-fused and GST-cleaved Cav1.2 channel fragment by denaturation and renaturation .  Protein Expression and Purification160   7 - 10   2019年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Protein Expression and Purification  

    DOI: 10.1016/j.pep.2019.03.013

    Scopus

    PubMed

  • Qinghua Gao, Etsuko Minobe, Masaki Kameyama, Jianjun Xu .  Purification of Insoluble GST-fused and GST-cleaved Cav1.2 Channel Fragment by Denaturation and Renaturation .  Protein expression and purification160   7 - 10   2019年5月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pep.2019.03.013.

  • Li J. .  The effect of Ca<sup>2+</sup>, lobe-specificity, and CaMKII on CaM binding to Na<inf>v</inf>1.1 .  International Journal of Molecular Sciences19 ( 9 )   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms19092495

    Scopus

    PubMed

  • Lei Ming, Xu Jianjun, Gao Qinghua, Minobe Etsuko, Kameyama Masaki, Hao Liying .  Cav1.2チャネルのPKAリン酸化はカルモジュリンとチャネルのC末端尾部との相互作用を調節する(PKA phosphorylation of Cav1.2 channel modulates the interaction of calmodulin with the C terminal tail of the channel) .  Journal of Pharmacological Sciences137 ( 2 ) 187 - 194   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    α1Cサブユニットの近位C末端尾部(CT1、モルモットのa.a.1509〜1789)の断片ペプチドへのカルモジュリンの結合に対して、Cav1.2チャネルのPKAリン酸化が与える影響について検討した。ホスホミメティックCT1突然変異は、低[Ca2+]でそのCaM結合を促進したが、高[Ca2+]で結合を阻害した。PKAは高[Ca2+]であってもCa2+チャネル活性を増加させた。これらの結果は、Cav1.2チャネルのPKAリン酸化が、少なくとも一部はチャネルへのCaM結合に影響を及ぼすことによってチャネル活性にその効果を生じさせるという仮説を支持すると考えられた。

  • Lei M. .  PKA phosphorylation of Cav1.2 channel modulates the interaction of calmodulin with the C terminal tail of the channel .  Journal of Pharmacological Sciences137 ( 2 ) 187 - 194   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2018.05.010

    Scopus

    PubMed

  • Minobe E. .  Calmodulin and ATP support activity of the Cav1.2 channel through dynamic interactions with the channel .  Journal of Physiology595 ( 8 ) 2465 - 2477   2017年4月

    招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Physiology  

    DOI: 10.1113/JP273736

    Scopus

    PubMed

  • Lyu L. .  A new interaction between proximal and distal C-terminus of Cav1.2 channels .  Journal of Pharmacological Sciences133 ( 4 ) 240 - 246   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Pharmacological Sciences  

    DOI: 10.1016/j.jphs.2017.03.002

    Scopus

    PubMed

  • Lyu Liting, Gao Qinghua, Xu Jianjun, Minobe Etsuko, Zhu Tong, Kameyama Masaki .  Cav1.2チャネルの近位および遠位C末端間の新しい相互作用(A new interaction between proximal and distal C-terminus of Cav1.2 channels) .  Journal of Pharmacological Sciences133 ( 4 ) 240 - 246   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本薬理学会  

    心筋Cav1.2チャネルの遠位C末端(CT3)と近位C末端(CT1)間の相互作用が、Ca2+依存的にカルモジュリン(CaM)により阻害されることを報告した。さらに、CT3D(遠位C末端調節ドメイン(DCRD)が切断された短いCT3)はCT1B(EF-handおよび近位C末端調節ドメイン(PCRD)が切断された短いCT1)と相互作用し、遠位および近位C-末端間の新しい相互作用を示した。Ca2+/CaMはCT3とCT1との結合よりもCT1BへのCT3Dの結合をより強く阻害し、DCRD/PCRD(CT3/CT1)の相互作用がCT3BのCT1Bへの結合と協働すると考えられた。CT3Dの新しいCT1B結合領域をCaM競合領域(CCD)と命名した。電気生理学的実験では、モルモット心室筋細胞の裏返しパッチで、CT3DはCav1.2チャネル活性を阻害し、CT1Bは促進した。以上より、遠位C末端がチャネルのCaM結合性の調節によりCav1.2チャネルを阻害すると考えられた。

  • Etsuko Minobe, Sachiko Maeda, Jianjun Xu, Li-Ying Hao, Asako Kameyama, Masaki Kameyama .  A new phosphorylation site in cardiac L-type Ca2+ channels (Cav1.2) responsible for its cAMP-mediated modulation .  American Journal of Physiology307 ( 11 ) C999 - C1009   2014年12月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Etsuko Minobe, Hadhimulya Asmara, Zahangir A. Saud, Masaki Kameyama .  Calpastatin domain L is a partial agonist of the calmodulin-binding site for channel activation in Cav1.2 Ca2+ channels .  The Journal of Biological Chemistry286 ( 45 ) 39013 - 39022   2011年11月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hadhimulya Asmara, Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Masaki Kameyama .  Interactions of Calmodulin With the Multiple Binding Sites of Cav1.2 Ca2+ Channels .  Journal of Pharmacological Sciences112 ( 4 ) 397 - 404   2010年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dong-yun Han, Etsuko Minobe, Wu-yang Wang, Feng Guo, Jian-jun Xu, Li-ying Hao, Masaki Kameyama .  Calmodulin- and Ca2+-dependent facilitation and inactivation of the Cav1.2 Ca2+ channels in guinea-pig ventricular myocytes .  Journal of Pharmacological Sciences112 ( 3 ) 310 - 319   2010年3月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Feng Guo, Etsuko Minobe, Kazuto Yazawa, Hadhimulya Asmara, Xiao-yen Bai, Doun-yun Han, Li-ying Hao, Masaki Kameyama .  Both N- and C-lobes of calmodulin are required for Ca2+-dependent regulations of Cav1.2 Ca2+ channels .  Biochemical and Biophysical Research Communications391 ( 2 ) 1170 - 1176   2010年1月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Zahangir A. Saud, Etsuko Minobe, Wu-yang Wang, Dong-yun Han, Masahisa Horiuchi, Li-ying Hao, Masaki Kameyama .  Calpastatin binds to a calmodulin-binding site of cardiac Cav1.2 Ca2+ channels .  Bioshemical and biophysical communications364   372 - 377   2007年10月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Etsuko Minobe, Li-Ying Hao, Zahangir A. Saud, Jian-Jun Xu, Asako Kameyama, Masatoshi Maki, Kirsty K. Jewell, Tim Parr, Ronald G. Bardsley, Masaki Kameyama .  A region of calpastatin domain L that reprimes cardiac L-type Ca2+ channels .  Biochemical and Biophysical Research Communications348   288 - 294   2006年7月

    査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Etsuko Minobe, Masayuki X Mori, Masaki Kameyama. .  Cav1.2 channel regulation by calmodulin and ATP: A study on genetically mutated channels. .  日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月28日 - 2018年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Etsuko Minobe, Masayuki X Mori, Masaki Kameyama .  Regulation of Cav1.2 channels by calmodulin: A study on genetically mutated channels. .  日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月28日 - 2017年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Etsuko Minobe, Masayuki X Mori, Masaki Kameyama .  Regulation of Cav1.2 channels by calmodulin: A study on genetically mutated channels. .  日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月28日 - 2016年3月30日

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • Kodai Kawaji, Etsuko Minobe, Masayuki X Mori, Masaki Kameyama. .  Calmodulin-dependent inactivation can be explained by 2-CaM binding for the regulation of Cav1.2 channel. .  日本生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月22日 - 2016年3月24日

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 蓑部悦子、森誠之、亀山正樹 .  Cav1.2型チャネルC末端遠位部切断変異体に対するカルモジュリンとATPの作用 .  西日本生理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月8日 - 2015年10月9日

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Masaki Kameyama, Etsuko Minobe, Jianjun Xu, Dongyun Han, Hadmulya Asmara, Asako Kameyama, Rui Feng, Shuyan Liu, Liying Hao .  Regulation of L-type (Cav1.2) Ca2+ channes by calmodulin and ATP. .  日本薬理学会年会  日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • Etsuko Minobe, Dong-Yin Han, Hadmulya Asmara, Rui Feng, Jianjun Xu, Masaki Kameyama. .  Regulation and molecular mechanisms of Cav1.2 channel by calmodulin and ATP. .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Etsuko Minobe, Hadhimulya Asmara, Zahangir A. Saud, Masaki Kameyama .  Competitive regulation by calpastatin and calmodulin on Cav1.2 Ca2+ channel activity .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • Etsuko Minobe, Sachiko Maeda, Jianjun Xu, Li-Ying Hao, Rui Feng, Kazuto Yazawa, Asako Kameyama, Masaki Kameyama .  Multiple functional phosphorylation sites of protein kinase A in the C-terminal tail of Cav1.2 channel .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • Masaki Kameyama, Etsuko Minobe, Hadhimulya Asmara, Zahangir A. Saud, Dong-yun Han, Jian-Jun Xu, Asako Kameyama, Li-ying Hao .  Multiple molecules of calmodulin are involved in the regulation of Cav1.2 channel .  Japan-Korea Joint Symposium  Japan-Korea Joint Symposium

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 蓑部悦子、Hadhimulya Asmara, Zahangir A. Saud、亀山正樹 .  カルパスタチンのL領域は、Cav1.2Ca2+チャネルのカルモジュリンによる活性化部位の部分アゴニストとして働く .  生理学研究所研究会  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Etsuko Minobe, Masayuki X. Mori, Jianjun Xu, Masaki Kameyama .  Effects of Ca2+ and calmodulin on activity of calmodulin-linked Cav1.2 channel .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 蓑部悦子、森誠之、徐建軍、亀山正樹 .  カルモジュリンをリンクさせたCav1.2型Ca2+チャネルのCa2+依存性調節 .  生理学研究所研究会  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Etsuko Minobe, Masayuki X. Mori, Jian-Jun Xu, Masaki Kameyama .  Ca2+-dependent modulation in calmodulin-linked Cav1.2 channels .  Japan-Korea Joint Symposium  Japan-Korea Joint Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    その他

  • Etsuko Minobe, Masayuki X. Mori, Masaki Kameyama .  Roles of calmodulin and the C-terminal tail of Cav1.2 channel in its activity .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • Hadhimulya Asmara, Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Masaki Kameyama .  Multipule molecules of calmodulin bind to the Cav1.2 Ca2+ channel .  西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Dong-yun Han, Hadhimulya Asmara, Wu-yang Wang, Li-ying Hao, Masaki Kameyama .  Calpastatin domain L competes with calmodulin on IQ region of Cav1.2 channel .  International Congress of Physiological Sciences  International Congress of Physiological Sciences

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Hadhimulya Asmara, Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Wu-yang Wang, Masaki Kameyama .  Interaction of calmodulin with the Cav1.2 Ca2+ channel .  International Congress of Physiological Sciences  International Congress of Physiological Sciences

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • Feng Guo、蓑部悦子、矢沢和人、Hadhimulya Asmara、韓冬雲、はお麗英、亀山正樹 .  Ca1.2Ca2+チャネルのCaMによる調節機構 .  生理学研究所研究会  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Fen Guo, Etsuko Minobe, Kazuto Yazawa, Hadhimulya Asmara, Dong-yun Han, Li-Ying Hao, Masaki Kameyama .  Calcium- and concentration-dependent effects of calmodulin and its mutants on Cav1.2 Ca2+ channels in guinea pig ventricular myocytes .  西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 蓑部悦子、前田佐知子、はお麗英、徐建軍、亀山正樹 .  Cav1.2チャネルにおけるPKAによるリン酸化修飾の機能部位 .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Hadimulya Asmara, Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Wu-yang Wang, Masaki Kameyama .  Interactions of N- and C-lobes of calmodulin with the C-terminal tail of Cav1.2 Ca2+ channel .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 蓑部悦子、韓 冬雲、Zahangir A. Saud、王 午陽、はお麗英、亀山正樹 .  L型Caチャネルの活動調節におけるカルパスタチンとカルモジュリンの競合 .  西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Zahangir A. Saud, Etsuko Minobe, Wu-yang Wang, Dong-yun Han, Asako Kameyama, Li-ying Hao, Masaki Kameyama .  Calpastatin domain L binds to the IQ domain of cardiac CaV1.2 Ca2+ channels .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 蓑部悦子、韓冬雲、王午陽、Zahangir A. Saud、はお麗英、亀山正樹 .  カルパスタチンドメインLはL型Caチャネルの活性調節におけるカルモジュリンの効果を抑制する .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 蓑部悦子、韓冬雲、Zahangir A. Saud、王午陽、はお麗英、亀山正樹 .  L型Ca2+チャネルのCa2+依存性facilitationと不活性化の分子機構 .  生理学研究所研究会  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • Zahangir A. Saud, Etsuko Minobe, Wu-Yang Wang, Dong-Yun Han, Asako Kameyama, Li-Ying Hao, Masaki Kameyama .  Calpastatin domain L interacts with a C-terminal region of CaV1.2 channel .  西日本生理学会  西日本生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • Etsuko Minobe, Zahangir A. Saud, Dong-yun Han, Hong-Guang Nie, Wu-Yang Wang, Li-Ying Hao, Masaki Kameyama .  Interaction between calmodulin and calpastatin in modulating cardiac Ca2+ (CaV1.2) channels .  Korea-Japan Joint Symposium  Korea-Japan Joint Symposium

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:韓国  

    その他

  • Etsuko Minobe, Dong-Yun Han, Zahangir A. Saud, Wu-Yang Wang, Jian-Jun Xu, Li-Ying Hao, Masaki Kameyama .  Interactions between calpastatin and calmodulin in activation of L-type Ca2+ channels .  World Congress of Pharmacology  World Congress of Pharmacology

    国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 王午陽、蓑部悦子、韓冬雲、Zahangir A. Saud、はお麗英、亀山正樹 .  CaMKIIはCav1.2型CaチャネルのC末部をリン酸化し、チャネルのカルモジュリンとの相互作用を修飾する .  日本生理学会大会  日本生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:群馬  

    国内学会

  • 蓑部悦子、韓冬雲、王午陽、Zahangir A. Saud、聶宏光、徐建軍、はお麗英、亀山正樹 .  心筋L型Caチャネルの活性維持機構 .  生理学研究所研究会  生理学研究所研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • 亀山 正樹, 蓑部 悦子, 徐 建軍, 高 青華 .  心筋の電位依存性Ca2+チャネル(Cav1.2)のCa2+依存性不活性化の構造シミュレーション .  日本生理学雑誌  2020年5月  (一社)日本生理学会

  • Minobe Etsuko, Mori Masayuki X., Kameyama Masaki .  カルモジュリンの二つの分子によって誘導されるCav1.2チャネルの不活性化(Cav1.2 channel inactivation induced by two molecules of calmodulin) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • Minobe Etsuko, Mori Masayuki X., Kameyama Masaki .  イオンチャネルのCa2+による調節機構の多様性とその病態生理機能 カルモジュリンによるCav1.2チャネルの制御機構(Diversification of Ca2+ tuning mechanism of ion channels and its pathophysiological role Regulation of Cav1.2 channels by calmodulin: A study on genetically mutated channels) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • Gao Qinghua, Le Ming, Xu Jianjun, Minobe Etsuko, Zhu Yaonan, Hao Liying, Kameyama Masaki .  PKAリン酸化によるCav1.2チャネル制御にはチャネルに結合したcalmodulinの調節が関与する(Cav1.2 channel regulation by PKA phosphorylation involves modulation of calmodulin binding to the channels) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • 亀山 正樹, 蓑部 悦子, 徐 建軍, 高 青華 .  Cav1.2型Caチャネルへのカルモジュリンの結合モデル 分子シミュレーション研究 .  日本生理学雑誌  2019年2月  (一社)日本生理学会

  • 高 青華, 徐 建軍, 呂 力てい, 蓑部 悦子, かく 麗英, 亀山 正樹 .  Cav1.2型Ca2+チャネルC末端部のチャネル活性調節機序 .  日本生理学雑誌  2017年2月  (一社)日本生理学会

  • 高 青華, 雷 明, 徐 建軍, 蓑部 悦子, 朱 曜南, Hao 麗英, 亀山 正樹 .  Cav1.2型Ca2+チャネルC末端部におけるPKAリン酸化のチャネル活性調節機序 .  日本生理学雑誌  2018年5月  (一社)日本生理学会

  • Lyu Liting, Gao Qinghua, Lei Ming, Xu Jianjun, Minobe Etsuko, Kameyama Masaki .  Cav1.2チャネルのPKAによる活性化機構 新モデルの提案(The mechanism for PKA-mediated facilitation of Cav1.2 channel: a new model) .  The Journal of Physiological Sciences  2017年3月  (一社)日本生理学会

  • Kameyama Masaki, Minobe Etsuko, Xu Jianjun, Gao Qinghua .  Cav1.2チャネルとカルモジュリンの結合に関する構造解析(Structure analysis of the binding between Cav1.2 channel and calmodulin) .  The Journal of Physiological Sciences  2019年6月  (一社)日本生理学会

  • Minobe Etsuko, Mori Masayuki, Kameyama Masaki .  CalmodulinとATPによるCav1.2チャネル制御 遺伝子変異チャネルに関する研究(Cav1.2 channel regulation by calmodulin and ATP: A study on genetically mutated channels) .  The Journal of Physiological Sciences  2018年3月  (一社)日本生理学会

  • Minobe Etsuko, Xu Jianjun, Mori Masayuki X., Kameyama Masaki .  2分子のカルモジュリンによるCav1.2チャネルのCa2+依存性不活性化(Ca2+ dependent inactivation of Cav1.2 channel induced by two molecules of calmodulin) .  The Journal of Physiological Sciences  2020年3月  (一社)日本生理学会

▼全件表示

受賞

  • 公益信託 児玉記念基礎医学研究助成基金 平成23年度優秀論文賞

    2012年3月   公益信託 児玉記念基礎医学研究助成基金   Calpastatin domain L is a partial agonist of the calmodulin-binding site for channel activation in Cav1.2 Ca2+ channels.

    蓑部悦子

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 入澤宏・彩記念若手研究奨励賞

    2012年3月   日本生理学会   Cav1.2 Ca2+チャネルのカルパスタチンとカルモジュリンによる調節

    蓑部悦子

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • JPS入沢記念優秀論文賞

    2008年3月   日本生理学会   Distinct roles of CaM and Ca2+/CaM-dependent protein kinase II in Ca2+-dependent facilitation and inactivation of cardiac L-type Ca2+ channels

    Hong-Guang Nie, Li-Ying Hao, Jian-Jun Xu, Etsuko Minobe, Asako Kameyama, Masaki Kameyama

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 2分子のカルモジュリンによるCav1.2チャネル不活性化機構の解明

    2019年04月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • Cav1.2チャネルの活性とカルモジュリン結合部位との機能的相関の解明

    2016年04月 - 2018年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • カルモジュリンによるL型Caチャネルの活性制御の分子機構の解明

    2013年04月 - 2015年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

  • カルモジュリンをリンクさせた変異体を用いたL型Caチャネルの活性調節機構の解析

    2011年04月 - 2012年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

  • L型CaチャネルのCa依存性促通と不活性化の分子機構 

    2009年04月 - 2011年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

  • L型Caチャネルの活性制御におけるカルモジュリンの役割とその調節機構

    2009年04月 - 2010年03月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

  • L型CaチャネルのCa依存性促通と不活性化の分子機構 

    2007年04月 - 2008年03月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

▼全件表示