2022/05/26 更新

写真a

ナカムラ マサユキ
中村 正幸
NAKAMURA Masayuki
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学) ( 2003年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 病原性遺伝子

  • 分類・同定

  • 糸状菌

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物資源化学科 病害虫制御学   准教授

    2004年12月 - 現在

  • 鹿児島大学   大学院連合農学研究科 農水圏資源環境科学専攻 生物環境保全科学    

    2004年12月 - 現在

所属学協会

  • 日本植物病理学会

    2015年10月 - 現在

  • 九州病害虫研究会

    2015年10月 - 現在

  • 米国微生物学会

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Nakamura M, Tsuda N, Miyata T, Ikenaga M. .  Antimicrobial effect and mechanism of bovine lactoferrin against the potato common scab pathogen Streptomyces scabiei .  PlosOne17   e0264094   2022年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1371/journal. pone.0264094

  • Oussou-Azo AF, Nakama T, Nakamura M, Futagami T, Vestergaard MCM. .  Antifungal potential of nanostructured crystalline copper and its oxide forms .  nanomaterials ( 10 ) 1003   2020年5月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Riska, Nakamura M, Iwai H. .  Effects of coinfection with East Asian Passiflora virus and East Asian Passiflora distortion virus on Passiflora foetida .  Journal of General Plant Pathology ( 86 ) 211 - 218   2020年3月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Okamura Y, Iwai H. .  Plasmid-based and -free methods using CRISPR/Cas9 system for replacement of targeted genes in Colletotrichum sansevieriae .  Scientific Reports9   18947   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Iwai H. .  Functions and mechanisms: polygalacturonases from plant pathogenic fungi as pathogenicity and virulence factors. .  Journal of General Plant Pathology85   243 - 250   2019年4月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Riska, Sato Y, Inudo K, Nakamura M, Fukumoto T, Takushi T, Fuji S, Iwai H. .  East Asian Passiflora distortion virus: a novel potyvirus species causing deformation of passionfruits in Japan .  Journal of General Plant Pathology 85   221 - 231   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Yasukawa Y, Furusawa A, Fuchiwaki T, Honda T, Okamura Y, Fujita K, Iwai H. .  Functional characterization of unique enzymes in Xanthomonas euvesicatoria related to degradation of arabinofurano-oligosaccharides on hydroxyproline-rich glycoproteins .  PLOS ONE13 ( 8 ) e0201982   2018年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Fujikawa T, Nakamori D, Iwai H. .  Draft genome sequence of Colletotrichum sansevieriae Sa-1-2, the anthracnose pathogen of Sansevieria trifasciata .  Data in brief18   691 - 695   2018年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiaki Y, Fukumoto T, Nakamura M, Iwai H. .  Population genetics analysis of East Asian Passiflora virus on Amami Oshima Island .  European Journal of Plant Pathology144   109 - 120   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chiaki Y, Herwina NNH, Jumjunidang, Sonoda A, Fukumoto T, Nakamura M, Iwai H. .  Genetic structure and diversity of the Banana bunchy top virus population on Sumatra Island, Indonesia .  European Journal of Plant Pathology143   113 - 122   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西 八束・中村正幸・岩井 久 .  リアルタイム定量PCRと無底ポット栽培を利用したジャガイモそうか病菌の動態解析の試み .  日本植物病理学会報81 ( 1 ) 32 - 42   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西 八束・竹内 徹・鈴木文彦・管 康弘・田代暢哉・中村正幸・岩井 久 .  鹿児島県および長崎県におけるジャガイモそうか病を引き起こすStreptomyces属菌の分布 .  日本植物病理学会報81 ( 1 ) 22 - 31   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumoto T, Nakamura M, Wylie SJ, Chiaki Y, Iwai H .  Complete nucleotide sequence of the new isolate of Passionfruit woodiness virus in Western Australia .  Archives of Virology158   1821 - 1824   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumoto T, Nakamura M, Ohshima K, Iwai H .  Genetic structure and variability of East Asian Passiflora virus population in Amami-O-shima, Japan .  Journal of Phytopathology160   404 - 411   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Kuwahara H, Onoyama K, Iwai H .  Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation for investigating pathogenicity genes of the phytopathogenic fungus Colletotrichum sansevieriae .  Current Microbiology65 ( 2 ) 176 - 182   2012年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masuda J, Nguyen QT, Nguyen TLH, Hiramatsu M, Takeshita M, Kim JH, Nakamura M, Iwai H, Okubo H .  Production of virus-free bulblets by meristematic tip culture with antiviral chemical in Lilium brownie var. colchesteri .  J Japan Soc Hort Sci 80   469 - 474   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukumoto T, Nakamura M, Rikitake M, Iwai H .  Molecular characterization and specific detection of two genetically distinguishable strains of East Asian Passiflora virus (EAPV) and their distribution in southern Japan .  Virus Genes44   141 - 148   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 富浜 毅・尾松直志・中村正幸・岩井 久・瀧川雄一 .  細菌によるチャ過敏感反応性症状の自然発生 .  日本植物病理学会報76 ( 4 ) 259 - 268   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kouassi, L.N, Tsuda, K, Goto, C, Mukawa, S, Sakamaki, Y, Nakamura, M. .  Biological activity and identification of nucleopolyhedroviruses isolated from Mythimna separata and Spodoptera litura in Japan .  BioControl Springer54   537 - 548   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, M, Nakamura, K, Iwai, H. .  Establishment of heterologous expression of polygalacturonase S63PG1 from nonpathogenic isolate S63 of Geotrichum candidum .  Journal of General Plant Pathology Springer75   276 - 280   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kouassi, L.N, Tsuda, K, Goto, C, Mukawa, S, Sakamaki, Y, Kushigemachi, K, Nakamura, M. .  Prevalence of latent virus in Spodoptera litura (Fabricius) (Lepidoptera: Noctuidae) and its activation by a heterologous virus. .  Applied Entomology and Zoology The Japanese Society of Applied Entomology and Zoology44   95 - 102   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishi N, Muta T, Ito Y, Nakamura M. .  Tsukiboshi T Rayspeck of chrysanthemum caused by Stemphylium lycopersici in Japan .  Journal of General Plant Pathology Springer75   80 - 82   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Suprapta DN, Iwai H .  Differentiation of pathogenic and nonpathogenic isolates of Geotrichum candidum sensu Suprapta et al. (1995) on citrus fruit based on PCR-RFLP analysis of rDNA ITS and PCR using specific primers designed in polygalacturonase genes .  Mycosicence Springer49   155 - 158   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Hayasaki Y, Ryosho S, Iwai, H. .  Anthracnose of belmore sentry palm (Howea belmoreana Becc.) caused by Colletotrichum gloeosporioides.(Penzig) Penzig et Saccardo .  Journal of General Plant Pathology Springer74   94 - 95   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西 菜穂子・月星 隆雄・牟田 辰朗・中村 正幸・竹牟禮 穣 .  Curvularia lunataによるサトウキビ斑点病(新称) .  日本植物病理学会報 日本植物病理学会印刷中   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 富濱毅・野中壽之・中村正幸・岩井久・荒井啓 .  Acidovorax valerianellaeによるチャ斑点細菌病(新称)の発生 .  日本植物病理学会報日本植物病理学会72   185 - 190   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwai H, Terahara R, Yamashita Y, Nakamura M. .  Complete nucleotide sequence of the genomic RNA of an Amami-O-shima strain of East Asian passiflora potyvirus .  Archives of Virology Springer 151   1457 - 1460   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwai H, Yamashita Y, Nishi N, Nakamura M. .  The potyvirus associated with the dappled fruit of Passiflora edulis in Kagoshima prefecturel, Japan is the third strain of the proposed new species East Asian Psssiflora virus (EAPV) phylogenetically distinguished from strains of Passion fruit woodiness .  Archives of Virology Springer 151   811 - 818   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwai H, Takano M, Rikitake M, Nakamura M. .  The delay of multiplication of EastAsian Passiflora virus-Amaimi-O-shima isolate (EATV-AO) by the pre-inoculation of EAPV-Ibusuki isolate (EATV-IB) .  Mem. Fac. Agr. Kagoshima Univ.41   1 - 8   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • サンセベリア炭そ病菌(Colletotrichum sansevieriae)のRestriction Enzyme-Mediated Integration(REMI)法による病原性因子(宿主特異性決定因子)の探索

    中村正幸・平島 恵・岩井 久( 担当: 共著)

    鹿児島科学研究所研究報告財団法人 鹿児島科学研究所  2006年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

講演・口頭発表等

  • 大西弘也・立居場彩・角屋敷理恵・中村正幸・福元智博・岩井 久 .  奄美諸島に分布するスズメウリ斑紋ウイルスについて .  日本植物病理学会大会  2020年3月  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

  • 内村拓人・中村正幸・岩井 久 .  サンセベリア炭疽病菌感染葉を用いたRNA-seq解析による病原性関連遺伝子の探索 .  日本植物病理学会九州部会  2019年11月  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分  

  • 岡村勇汰・中村正幸・岩井 久 .  トマト斑点細菌病菌(Xcv)UPB139株の保持するアラビノオリゴ糖鎖分解酵素遺伝子群の偽遺伝子化について .  日本植物病理学会大会  2019年3月  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば  

  • Effects of the double infection of East Asian Passiflora virus and East Asian Passiflora distortion virus on Passiflora foetid .  2019年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 岡村勇汰・中村正幸・岩井 久 .  CRISPR/Cas9システムを用いたサンセベリア炭疽病菌の効率的な遺伝子破壊株の作出 .  日本植物病理学会九州部会  2018年11月  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:宮崎  

  • 津田尚明・中村正幸・宮田 健・岩井 久 .  ジャガイモそうか病菌に対するラクトフェリン(LF)の抗菌作用について .  日本植物病理学会全国大会  2018年3月  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

  • 中森大智・藤川貴史・中村正幸・岩井 久 .  サンセベリア炭疽病菌Sa-1-2株のドラフトゲノム解析 .  日本植物病理学会九州部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 犬童奏実・佐藤佑華・リスカ・中村正幸・福元智博・澤岻哲也・藤 晋一・岩井 久 .  日本国内のパッションフルーツに果実奇形を起こすポティウイルスを新種East Asian passiflora distortion virusとして提案する .  日本植物病理学会全国大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鬼束耕治・中村正幸・岩井 久 .  土壌中からのサトイモ乾腐病菌 (萎凋病菌)のDNA抽出法と定量PCR法の確立 .  九州病害虫研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 髙野 翔・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  アテモヤに発生したLasiodiplodia theobromaeによる果実腐敗病(新称) .  九州病害虫研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 安部睦実・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  キンカンに発生した2種のColletotrichum属菌による炭疽病 .  九州病害虫研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 犬童奏実・佐藤佑華・中村正幸・リスカ・千秋祐也・澤岻哲也・藤 晋一・岩井 久 .  モザイク葉や果実変形を呈するパッションフルーツに感染している新種のポティウイルスについて .  日本植物病理学会九州部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 森山夏織・古澤 慧・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  トマト斑点細菌病菌UPB139株由来β-L-アラビノフラノシダーゼ(XcvHypBA1)の基質特異性と遺伝子発現解析 .  日本植物病理学会九州部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 千秋祐也・Nasir Nasril・中村正幸・岩井 久 .  バナナバンチートップウイルスの集団遺伝学的解析 .  日本植物病理学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Riska, Chiaki Y, Nakamura M, Takushi T, Ajitomi Y, Shimada A, Iwai H. .  A new strain of Bean mosaic necrosis virus (MCMNV) associated with mosaic and rugose leaves of passionfruit in Okinawa Prefecture, Japan .  日本植物病理学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 本田 傑・古澤 慧・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  トマト斑点細菌病菌 (Xcv) UPB139株由来GH43ファミリーα-L-アラビノフラノシダーゼ (XcvHypAA) の機能解析 .  日本植物病理学会全国大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鬼束耕治・中村正幸・樋口康一・野島秀伸・佐藤豊三 岩井 久 .  ソラマメ炭疽病を引き起こすColletotrichum gloeosporioides種複合体菌株の再同定 .  日本植物病理学会九州部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 千秋祐也・中村正幸・岩井 久 .  奄美大島におけるトケイソウ東アジアウイルス(EAPV)の集団遺伝学的解析 .  奄美大島におけるトケイソウ東アジアウイルス(EAPV)の集団遺伝学的解析  奄美大島におけるトケイソウ東アジアウイルス(EAPV)の集団遺伝学的解析

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 古澤 慧・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  Xanthomonas campestris pv.campestris(Xcc)およびX.campestris pv.vesicatoria(Xcv)由来アラビノビオシダーゼ遺伝子(HypBA2)の発現解析 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 千秋祐也・Nasir Nasril・Henny Herwina・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  スマトラ島におけるバナナバンチートップウイルスの遺伝構造と多様性 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 有村聖矢・小野山佳佑・中村正幸・岩井 久 .  サンセベリア炭疽病菌由来β-1,4-グルカナーゼ遺伝子のクローニングと発現解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 千秋祐也・神門 英・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  トケイソウ東アジアウイルス指宿系統(EAPV-IB)の感染性cDNAクローンの構築 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 福元智博・上之薗茂・尾川宜広・松本大亮・宮路克彦・中村正幸・岩井 久 .  病徴を示すカンキツグリーニング病感染タンカン樹と無病徴感染樹における病原細菌の樹体内分布 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 小野山佳佑・中村正幸・岩井久 .  サンセベリア炭疽病菌由来α-1,3グルカン合成酵素遺伝子CsAgsについて .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 渕脇玉央・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  トマト斑点細菌病菌UPB139株由来β-アラビノオリゴ糖鎖分解酵素群のクローニングと機能解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 松本大亮・中村正幸・岩井 久 .  白かび病菌S31株由来ポリガラクツロナーゼS31PG1の病原性に対するタンパク質立体構造の影響 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 小野山佳佑・中村正幸・岩井 久 .  サンセベリアにおけるColletotrichum sansevieriae およびC. gloeosporioides の混合感染について .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 千秋祐也・Nasril Nasir・Henny Herwina・Jumjunidang・園田亜矢佳・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  スマトラ島におけるバナナバンチートップウイルスのDNA-U3の解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 福元智博・中村正幸・千秋祐也・岩井 久 .  パッションフルーツ東アジアウイルスにおけるゲノムの5’末端欠失が感染性に与える影響 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 仮屋園悠佳・久木山元貴・中村正幸・樋口康一・岩井 久 .  イチゴ炭疽病菌Glomerella cingulataを用いたeGFP遺伝子導入株の作出 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 千秋祐也・Nasril Nasir・Henny Herwina・Jumjunidang Farizal・園田亜矢佳・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  バナナバンチートップウイルスのスマトラ島ゲノム集団と他地域集団の比較 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 福元智博・中村正幸・大島一里・岩井 久 .  奄美大島におけるEast Asian Passiflora virus 集団の遺伝構造と多様性 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 安川結野・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  Xanthomonas campestris pv. campestris ATCC33913株由来β-L-アラビノビオシダーゼのクローニングと機能解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 福元智博・中村正幸・岩井 久 .  East Asian Passiflora virus の5’非翻訳領域が感染に与える影響について .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 千秋祐也・ナジルナスリル・ヘルヴィナヘニー・ファリザルジュムジュニダング・園田亜矢佳・福元智博・中村正幸・岩井 久 .  インドネシアスマトラ島におけるBanana bunchy top virus (BBTV)の系統学的解析 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 西 八束・中村 正幸・岩井 久 .  鹿児島県内のジャガイモそうか病菌Streptomyces scabieiの比較について .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 小野山佳佑・中村正幸・岩井久 .  サンセベリア炭疽病菌由来エポキシドハイドロラーゼ遺伝子CsEHについて .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 上之薗茂・尾川宜広・船戸貴至・中村正幸 .  カンキツグリーニング病の病徴発生機作に対する植物栄養面からの一考察 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 尾川宜広・上之薗茂・玉野井昭・船戸貴至・佐々木雲海・中村正幸・岩井 久 .  水耕栽培下のシイクワシャー樹体内におけるカンキツグリーニング病原菌の移行と症状の推移 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 玉野井昭・中村正幸・尾川宜広・岩井 久 .  与論島のカンキツグリーニング病(HLB)感染カンキツ樹周辺に設置した健全タンカン樹における保毒キジラミ出現時期と感染時期との関係 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 安川結野・中村正幸・藤田清貴・岩井 久 .  Xanthomonas campestris pv. campestris ATCC33913株由来β-L-アラビノフラノシダーゼのクローニングと機能解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • Chiaki Y, Nasir N, Herwina H, Uemura A, Fukumoto T, Nakamura M, Iwai H. .  Isolates of Banana bunchy top virus in West Sumatra are in the proposed third "Asian-islands" subgroup. .  International Congress of Virology  International Congress of Virology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Sapporo Convention Center, Japan  

    国際学会

  • 尾川宜広・中西善裕・玉野井昭・宮路克彦・鳥越博明・中村正幸・岩井 久 .  奄美群島におけるカンキツグリーニング病に対する高感度・高精度診断法の検証 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 玉野井 昭・中村正幸・尾川宜広・岩井 久 .  徳之島のHLB発生地区に定植後感染したタンカン樹内における細菌増殖量と保毒キジラミ出現時期との関係 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 和田耕太郎・福元智博・中村正幸・Stephen J. Wylie・岩井 久 .  西オーストラリア由来Passionfruit woodiness virus (PWV)-Gildford株の分子系統解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 福元智博・中村正幸・和耕光太郎・中西善裕・岩井 久 .  East Asian Passiflora virus のハウス隔離株と野外株のコートタンパク質の自然変異の比較 .  日本植物病理学会全国大会  日本植物病理学会全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 鶴屋健太・西 八束・野島秀伸・富士本晃大・中村正幸・岩井 久 .  Lasiodiplodia theobromaeによるシュガーバイン黒枯病 (新称) .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 玉野井昭・中村正幸・岩井久 .  ガラス繊維濾紙を用いたカンキツグリーニング病(HLB)細菌DNAの簡易迅速抽出法の検討 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 福元智博・中村正幸・岩井 久 .  パッションフルーツ東アジアウイルス指宿株(EAPV-IB)の全塩基配列決定 .  日本植物病理学会  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:山形  

    国内学会

  • 桑原秀仁・中村正幸・岩井 久 .  Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation(AtMT)法によるサンセベリア炭疽病菌(Colletotrichum sansevieriae)の病原性変異株の作出 .  日本植物病理学会  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:山形  

    国内学会

  • 増子 謙樹・上之薗 茂・中村 正幸・船戸 貴至・岩井 久 .  カンキツ代替宿主ニチニチソウにおけるカンキツグリーニング病細菌の感染と増殖および感染葉の葉分分析 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • Nakamura, M, Nakamura, K, Iwai, H. .  Protopectinase activity of polygalacturonases from pathogenic and nonpathogenic isolates of Geotrichum cadidum governs their pathogenicity to citrus fruit .  9th International Congress of Plant Pathology  9th International Congress of Plant Pathology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Torino, Italy  

    国際学会

  • 福元智博・中村正幸・西 菜穂子・岩井 久 .  宮城県で栽培されるパッションフルーツ交配種より検出されたパッションフルーツ微斑ウイルス .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 中村格朗・中村正幸・岩井 久 .  Geotrichum candidum S63(非病原性株)由来ポリガラクツロナーゼの分裂酵母を用いた外分泌系の確立 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 料所聖児・早崎裕喜・大原佳美・中村正幸・岩井 久 .  鹿児島大学植物園の4種植物に発生したColletotrichum gloeosporioides (Penzig) Penzig et Saccardoによる新病害について .  日本植物病理学会九州支部会  日本植物病理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 桑原秀仁・中村格朗・伊藤知加・平島 恵・中村正幸・岩井 久 .  Agrobacterium tumefaciens-mediated transformation (AtMT)法によるサンセベリア炭そ病菌(Colletotrichum sansevieriae)への遺伝子導入の確立 .  日本植物病理学会九州支部会  日本植物病理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 新屋敷生男・西 菜穂子・岩井 久・尾松直志・白山竜次・太﨑義博・中村正幸 .  鹿児島県沖永良部島のテッポウユリ‘ヒノモト’の茎の症状と3種のウイルスについて .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 西菜穂子・伊藤陽子・築尾嘉章・中村正幸・牟田辰朗 .  鹿児島県のキクに発生したStemphylium sp.による小斑点病(新称)について .  日本植物病理全国大会  日本植物病理全国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 岩井 久・寺原亮治・山下祥直・上田重文・中村正幸 .  東アジアでパッションフルーツに果実の奇形症状を起こしているポティウイルスをPassionfruit woodiness virusと区別し新種パッションフルーツ東アジアウイルス(East Asian Passiflora virus; EAPV)と提案する .  日本植物病理学会  日本植物病理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 西菜穂子・月星隆雄・牟田達朗・末永博・中村正幸・竹牟禮穣 .  サトウキビのメリクロン苗に発生したCurvuralia lunataによる斑点病(新称)について .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 坂木良美・原口みゆき・岩井久・寺原亮治・西菜穂子・中村正幸 .  パッションフルーツ東アジアウイルスー奄美大島株(EATV-AO;旧名PWV-AO)のリザーバー植物の探索 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 中村正幸 .  植物病原糸状菌の病原性因子ーペクチン分解酵素による病原性発現機構ー .  日本植物病理学会 (第30回シンポジウム)  日本植物病理学会 (第30回シンポジウム)

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 武田裕史・寺原亮治・後藤寿教・中村正幸・楊 永紅・岩井 久 .  鹿児島大学附属農場で品種保存中のヤムイモならびに大分県産ヤマノイモより検出されたポティウイルス .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 大薗政弘・中村正幸・岩井 久・荒井 啓 .  与論島より分離されたサンセベリア炭そ病菌の病原性ならびに分子系統学による分類 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 希 从芳・寺原亮治・中村正幸・岩井 久・荒井 啓 .  奄美大島本島におけるパッションフルーツウッディネスウイルス(PWV)の多様性 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

  • 高野 恵・岩井 久・秦 律子・原口みゆき・中村正幸 .  パッションフルーツウッディネスウイルスー指宿株(PWV-IB)による奄美大島株(PWV-AO)の増殖遅延 .  九州病害虫研究会  九州病害虫研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:日本  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • シンクロトロン放射光による病原性および非病原性ポリガラクツロナーゼの立体構造解析

    2016年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • エクステンシンおよびレクチンの分解に関わるトマト斑点細菌病菌由来新規酵素群の解析

    2013年4月 - 2016年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 植物細胞壁糖タンパク質の糖鎖分解に関わるキサントモナス属菌由来新規酵素群の解析

    2011年4月 - 2013年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 白かび病菌由来ポリガラクツロナーゼのキメラタンパク作出による病原性決定構造の解明

    2007年4月 - 2009年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)