2022/11/25 更新

写真a

ヌルキ アツオ
塗木 淳夫
NURUKI Atsuo
所属
総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 初年次教育・教養教育部門 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(工学) ( 2001年3月   鹿児島大学 )

  • 修士(教育学) ( 1997年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 生体信号の解析

  • 心理物理,感覚情報

  • 筋の運動制御

  • 経頭蓋磁気刺激法

  • バーチャルリアリティ

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 初年次教育・教養教育部門   准教授

    2018年4月 - 現在

  • 英国ロンドン大学ソーベル学部   若手教員海外研修支援事業 名誉研究員

    2011年4月 - 2012年3月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 英国ロンドン大学ソーベル学部   Daiwa Foundation Small Grants 客員研究員

    2008年7月 - 2008年8月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 英国ロンドン大学ソーベル学部   文部科学省 海外先進研究実践支援 客員研究員

    2007年5月 - 2008年3月

      詳細を見る

    国名:グレートブリテン・北アイルランド連合王国(英国)

  • 鹿児島大学   理工学域工学系 理工学研究科(工学系) 情報生体システム工学専攻   准教授

    2001年4月 - 2018年3月

  • 鹿児島大学    

    2001年4月 - 2018年3月

▼全件表示

所属学協会

  • 電子情報通信学会 学生会

    2017年4月 - 現在

  • 電気学会

    2015年10月 - 現在

  • 電子情報通信学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床生理学会

    2015年10月 - 現在

  • Motor Control研究会

    2012年4月 - 現在

  • 運動生理学会

    1999年10月 - 現在

  • 日本体育学会

    1999年4月 - 現在

  • 九州体育学会

    1999年4月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 電子情報通信学会 学生会   学生会幹事  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • (一社)電子情報通信学会九州支部   支部運営委員  

    2021年4月 - 2022年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会 学生会   学生会副幹事  

    2020年4月 - 2021年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 九州体育学会   2019学会大会実行委員  

    2018年4月 - 2019年3月   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 電子情報通信学会 学生会   顧問  

    2017年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • 塗木 淳夫, 髙橋 恭平, 衛藤 誠二, 濱田 雅 .  認知症発症予防を目指した共同行為課題システムの開発と本システムを用いた運動パフォーマンスの調査 ―1人よりも他者と共同で作業を遂行すると運動パフォーマンスが向上する― .  地域ケアリング22 ( 9 ) 49 - 53   2020年8月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:株式会社北隆館  

    高齢者にとって人とのつながりを多く持つことは、活力を得るだけでなく認知症の予防や健康寿命を延ばすためにとても重要である。近年、「社会とのつながり」や「家族との関わり」において多様な方法がインターネット、仮想・拡張現実、ヒューマンインターフェイスなどの技術の発展により可能となってきた。これらの技術を活用した共同行為課題システムが運動パフォーマンス向上に有効であることが明らかになれば、遠隔リハビリテーションや遠隔コミュニティの創出が期待される。

  • Tochikura I. .  Baseball Players’ Eye Movements and Higher Coincident-Timing Task Performance .  Perceptual and Motor Skills127 ( 3 ) 571 - 586   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Perceptual and Motor Skills  

    DOI: 10.1177/0031512520905435

    Scopus

    PubMed

  • Atsuo Nuruki, Yuichiro Obata, Takuya Mori .  Sensory Attenuation Characteristics for Periodic Force Variation .  Proceedings of the SICE Annual Conference 2019   927 - 932   2019年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:SICE  

    This study aimed to clarify the physiological mechanisms of human perceptual recognition by measuring and evaluating the sensory attenuation response. Here, we have reconstructed an experimental system in order to improve the precision of quantitative measurement and evaluation of sensory attenuation, and in order to look for a novel indicator. Specifically, we have performed a sensory attenuation measurement experiment with periodic force sense variation and compared the response to that of static force sense variation. By comparing the results, we have showed that there is no difference in the level of sensory attenuation between periodic force sense variation and static force sense variation. This result indicates that the difference between receiving a static force and receiving a periodic force does not affect the level of sensory attenuation.

  • Nuruki A. .  Sensory Attenuation Characteristics for Periodic Force Variation .  2019 58th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2019   927 - 932   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:2019 58th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan, SICE 2019  

    DOI: 10.23919/SICE.2019.8859891

    Scopus

  • van Polanen V. .  Visual delay affects force scaling and weight perception during object lifting in virtual reality .  Journal of Neurophysiology121 ( 4 ) 1398 - 1409   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Neurophysiology  

    DOI: 10.1152/jn.00396.2018

    Scopus

    PubMed

  • Nuruki A. .  Relationship between Weight Perception Illusion and Excitability of the Primary Motor Cortex .  Proceedings - 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2018   3896 - 3898   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Proceedings - 2018 IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics, SMC 2018  

    DOI: 10.1109/SMC.2018.00660

    Scopus

  • Yuya Yokota, Kazutomo Yunokuchi, Atsuo Nuruki .  The relationship between recovery from muscle fatigue of the skeletal muscle and magnetic stimulation .  International Workshop on Biosignal Interpretation   96 - 99   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE EMB  

  • Yasushi Fujiwara, Kazutomo Yunokuchi, Atsuo Nuruki, Atsuo Maruyama .  Neurophysiological evaluation of visual and haptic sense mechanisms in grip movements with artificial visual transmission delay .  International Workshop on Biosignal Interpretation   209 - 212   2016年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)   出版者・発行元:IEEE EMB  

  • 吉松裕貴, 田中慶太,塗木淳夫, 湯ノ口万友 .  経頭蓋磁気刺激における大脳皮質表面の脳回及び脳溝の神経軸索に対する誘導電界の評価 .  電子情報通信学会技術研究報告115 ( 413 ) 1 - 4   2016年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

  • 内田 隼希, 稲田 紘子, 塗木淳夫, 神保 泰彦, 湯ノ口 万友 .  筋硬度計を用いた筋疲労特性に関する研究 .  電子情報通信学会技術研究報告114 ( 515 ) 129 - 132   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   出版者・発行元:電子情報通信学会  

    本研究では異なる刺激強度による筋疲労回復効果の検討を行い,磁気刺激により筋硬度がどのように変化するのか調査することを目的とした.また,磁気刺激のコイルの配置角度においても検討を行った.今回,刺激強度と筋硬度に着目した実験と刺激角度に着目した実験の2つの実験を行った.被験者は最大発揮筋力(Maximum Voluntary Contraction: MVC)の60%を30秒間発揮する疲労タスクをMVC50%以下になるまで繰り返し行った.磁気刺激強度10%で平均パワー周波数(Mean Power Frequency: MPF)のslope低下の抑制と筋硬度の上昇を抑制することができた.また,刺激角度90°でMPF slopeの低下を抑えることができた.これより,低強度磁気刺激と刺激角度90°が筋疲労回復に有効であることが示唆される.

  • Isabel Parees, Harriet Brown, Atsuo Nuruki, Rick A. Adams, Marco Davare, Kailash P. Bhatia, Karl Friston, Mark J. Edwards .  Loss of sensory attenuation in patients with functional (psychogenic) movement disorders .  Brain137 ( 11 ) 2916 - 2921   2014年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 大岩孝輔、吉松裕貴、塗木淳夫、湯ノ口万友、玉利陽三、神保泰彦 .  モデルを用いた経頭蓋磁気刺激における刺激コイルの配置及び刺激対象の形状による影響の検討 .  電気学会論文誌C(電子・情報システム部門誌)134 ( 7 ) 891 - 896   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsuo Nuruki、Rupert Oliver、Gianluca Campana、Vincent Walsh、John Rothwell .  Opposing roles of sensory and parietal cortices in awareness in a bistable motion illusion .  Neuropsychologia51 ( 13 ) 2479 - 2484   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫 .  触覚と3次元仮想空間を利用した運動学習における視覚と運動感覚の役割の解明 .  科学研究費助成事業研究成果報告書http://jairo.nii.ac.jp/0016/00010660   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 織田拓真、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  パルス磁気刺激の急性筋疲労回復効果 .  電気学会 マグネティックス研究会13 ( 7 ) 27 - 30   2013年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Atsuo Maruyama, Atsuo Nuruki, Seiji Etoh, John C Rothwell .  Could Fatigue be used as a Paradoxical Intervention to Improve Motor Learning after Stroke? .  International Conference Complex Medical Engineering (ICME)   298 - 301   2012年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 俣江忠,上堀内健二,上園友哉, 塗木淳夫, 湯ノ口万友, 黒野明日嗣 .  Sternberg課題遂行中の認知症患者と健常者の脳波トポグラフィを用いた早期診断法に関する研究 .  生体医工学49 ( 1 ) 260 - 263   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫, 川端匠朗, 川端俊一, 湯ノ口万友, 丸山敦夫, Marco Davare, John Rothwell .  触覚デバイスを用いた運動学と神経学に有用な実験システムの構築 .  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)110 ( 399 ) 125 - 128   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 大岩孝輔, 塗木淳夫, 湯ノ口万友, 玉利陽三 .  磁気刺激用ダブルコイルの配置に対する誘導電流分布の考察 .  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)110 ( 399 ) 51 - 54   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 川端俊一, 川畑匠朗, 山田正文, 柳田聖香, 塗木淳夫, 湯ノ口万友, John Rothwell .  触覚と聴覚と視覚の相互作用の検討 .  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)110 ( 399 ) 121 - 124   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塗木淳夫、川畑匠朗、下園朋幸、山田正、湯ノ口万友 .  触覚デバイスを用いた運動制御の評価 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 134 - 139   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 瀬戸川 将,丸山 敦夫,塗木 淳夫,前田 雅人,湯ノ口 万友 .  経頭蓋磁気刺激が見越し反応課題のタイミング時間に及ぼす影響について .  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE) 110 ( 399 ) 55 - 58   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 内田公介,塗木淳夫,辻村誠一,玉利陽三,湯ノ口万友 .  磁気刺激を用いた筋疲労回復効果の検討 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 122 - 126   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫,下園朋幸,山田正文,川畑匠朗,湯ノ口万友,丸山敦夫 .  運動観察学習中の運動熟練度による視線特徴の検討 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 182 - 189   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫, 山田正文, 下園朋幸, 川畑匠朗, 湯ノ口万友 .  事象関連電位を用いたオブジェクト置き換えマスキングの研究 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 91 - 95   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上堀内健二,塗木淳夫,俣江忠,黒野明日嗣,湯ノ口万友 .  文字呈示方向の異なるスタンバーグ課題遂行中の脳波に関する研究 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 190 - 191   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 久保田耕平,塗木淳夫,玉利陽三,湯ノ口万友 .  温熱磁気刺激による末梢血流量および体表皮温度の研究 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)131 ( 1 ) 192 - 193   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 湯ノ口万友、内田公介、塗木淳夫、玉利陽三 .  パルス磁場の筋疲労に及ぼす効果の検討 .  MEとバイオサイバネティックス研究会(MBE)10   27 - 31   2010年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sei-ichi Tsujimura, K. Ukai, Daisuke Ohama, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Contribution of human melanopsin retinal ganglion cells to steady-state pupil responses .  Proc. R. Soc. Lond. B277   2485 - 2492   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 湯ノ口万友,中馬亜津沙,塗木淳夫,辻村誠一 .  20kHzの電磁界暴露によるカエルの変態時期への影響 .  日本生体磁気学会論文誌 21 ( 2 ) 27 - 31   2009年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上床真美,俣江忠,塗木淳夫,辻村誠一,湯ノ口万友,黒野明日嗣 .  Sternberg課題遂行中の脳波トポグラフィによる認知症早期診断法の予備的研究 .  生体医工学47 ( 1 ) 64 - 69   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Hirotaka Furuichi, Tomoko Takenaka, Kazutomo Yunokuchi .  Application of pulsed magnetic stimulation for recovery from muscle fatigue in hypokalemic and normal Wistar rats .  Trans Jpn Soc Med Biol Eng47 ( 1 ) 57 - 63   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 辻村誠一,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  メラノプシンを含む神経節細胞の瞳孔系への寄与:多原色光源による検討 .  神経眼科25 ( 2 ) 241 - 248   2008年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kazutomo Yunokuchi, Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, YouzouTamari, H.Hosaka .  Estimation for the distribution of induced current over the cerebellum in the head model with TMS .  Proceeding of ISBPE16   48 - 49   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Sei-ichi Tsujimura, S Shioiri, Atsuo Nuruki .  Two distinct cone-opponent processes in the L+M luminance pathway .  Vision Res.47 ( 14 ) 1839 - 1854   2007年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 中馬亜津沙, 塗木淳夫, 辻村誠一, 湯ノ口万友 .  電磁調理器の電磁界によるアフリカツメガエルへの作用に関する考察(生体磁気・医療応用) .  日本応用磁気学会誌31 ( 3 ) 263 - 267   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 堀之内宏太,塗木淳夫, 辻村 誠一, 湯ノ口万友,黒野 明日嗣 .  認知症診断におけるワーキングメモリタスクの有用性についての検討 .  第5回BME on Dementia研究会2 ( 3 ) 29 - 34   2007年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Nami Nakano, Hiro Kimura, Tomomi Miyake, Sei-ichi Tsujimura, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  The |L-M| chromatic mechanism in the pupillary pathway .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   121 - 124   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Aiko Sato, Atsuo Nuruki, Yuzi Ueno, Sei-ichi Tsujimura, Kazutomo Yunokuchi .  The EEG signals to consonance and dissonance tones .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   94 - 97   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Hirotaka Furuichi, Kazutomo Yunokuchi .  Sensitivities in grip exercise on simultaneous measurement of weight discrimination task and EMG recording .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   86 - 89   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Yuzi Ueno, Kazutomo Yunokuchi .  Investigation of psychological and neurophysiological aspects to pure tones .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   41 - 44   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masao Yaso, Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Kazutomo Yunokuchi .  Detection of REM sleep by heart rate .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   106 - 109   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 古市浩隆, 塗木淳夫, 辻村誠一, 湯ノ口万友 .  重さ弁別課題における中枢-末梢運動システムの評価 .  電子情報通信学会MEとバイオサイバネティクス研究会講演論文集105 ( 577 ) 37 - 40   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sei-ichi Tsujimura, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Spatial contribution of colour signals to the luminance pathway .  Proceedings of The First International Workshop on Kansei   28 - 31   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Sei-ichi Tsujimura, Kazutomo Yunokuchi, Atsuo Nuruki .  Cone-silent substitution influences spatial contrast sensitivities of cone signals in the Luminance pathway .  The proceedings of the 10th congress of the international colour association   911 - 914   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Kazutomo Yunokuchi .  Frequency-fluctuation of alpha wave in EEG signals to pure tones .  6th Asian-Pacific Conference on Biomedical Engineering IFMBE Proceedings8   75 - 77   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 塗木淳夫,上野裕司,辻村誠一,湯ノ口万友 .  騒音レベル一定の純音に対する脳波応答の検討 .  生体工学42 ( 4 ) 254 - 260   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫,上野裕司,湯ノ口万友 .  純音の周波数変化に対する脳波応答の研究 .  電子情報通信学会技術研究報告   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 牧原聡, 塗木淳夫, 湯ノ口万友 .  二連続聴覚刺激を用いた正中神経刺激体性感覚誘発電位の波形変化 .  生体・生理工学シンポジウム大会   217 - 218   2004年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 中島淳, 古市浩隆, 塗木淳夫, 湯ノ口万友 .  パルス磁気刺激の局所筋疲労への回復効果 .  日本エム・イー学会誌41 ( 4 ) 425 - 430   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫,牧原聡,湯ノ口万友 .  正中神経刺激による体性感覚誘発電位早期成分に及ぼす聴覚刺激の影響 .  日本エム・イー学会誌41 ( 4 ) 335 - 341   2003年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 牧原聡,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  聴覚刺激が体性感覚野に与える影響-SEP早期成分による評価 .  電子情報通信学会論文誌56 ( 6 ) 908 - 911   2003年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 牧原聡,末川博巳,塗木淳夫,湯ノ口 万友 .  聴覚刺激の運動・感覚系への干渉作用 .  電子情報通信学会技術研究報告102 ( 596 ) 13 - 16   2003年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Atsuo Nuruki, Ryoji Nagaoka, Gang Wang, Kazutomo Yunokuchi .  Characteristic frequency of muscle response to electrical stimulation in normal and hypokalemic rats .  IEEJ Transaction C122 ( 9 ) 1495 - 1499   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫,末川博巳,王鋼,湯ノ口万友 .  聴覚刺激に対する運動皮質の興奮性に関する時系列的評価 .  電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)122 ( 9 ) 1536 - 1541   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 湯ノ口万友,古市浩隆,塗木淳夫,保坂栄弘 .  筋疲労に対する磁気刺激の回復効果 .  生体・生理工学シンポジウム17   273 - 274   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塗木淳夫, 末川博巳, 湯ノ口万友 .  筋疲労時における筋および大脳皮質の組織酸素飽和度とヘモグロビン量の測定 .  生体・生理工学シンポジウム17   271 - 272   2002年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kazutomo Yunokuchi, Gang Wang, Atsuo Nuruki, Hiroshi Yoshida,Yuzou Tamari, Masao Saito .  Nerve Excitation of Bullfrog in An Inhomogeneous Medium Exposed by Pulsed Magnetic Field .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.   431 - 432   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Atsuo Nuruki, Hiromi Suekawa, Gang Wang, Kazutomo Yunokuchi .  Affect of different intensities and tones of auditory stimulation on motor cortex excitability .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.   423 - 424   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 木場為広,古市浩隆,玉利陽三,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激における刺激部位と仮想陰極の関係 .  電子情報通信学会技術研究報告101 ( 612 ) 1 - 6   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Atsuo Nuruki, Keita Tanaka, Gang Wang, Kazutomo Yunokuchi .  Modeling and simulation of frequency response of nerve-muscle .  IEICE Transactions on Information and SystemsE85-D ( 1 ) 199 - 202   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塗木淳夫,末川博巳,王鋼,湯ノ口万友 .  聴覚刺激に対する運動野応答の変化 .  電子情報通信学会技術研究報告101 ( 611 ) 7 - 12   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 白川幸平,中武洋,比良俊郎,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  強磁場中における温度変化の理論的検討 .  電子情報通信学会技術研究報告101 ( 612 ) 19 - 23   2002年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 湯ノ口万友,木場為広,塗木淳夫,王鋼,玉利陽三 .  ウシガエルの坐骨神経を用いた磁気刺激の局在性評価法 .  電気学会医用・生体工学研究会資料37 ( 43 ) 21 - 26   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 木場為広,塗木淳夫,王鋼,湯ノ口万友 .  カエル坐骨神経を用いた磁気刺激の局在性評価法の問題点 .  電気学会 医用・生体工学研究会   20 - 25   2001年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi, John C. Rothwell .  Affect of Visual Feedback on Motor Cortex Excitability during Voluntary Contraction .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.   563 - 564   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 中邨賢治,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激法を用いた大脳皮質運動野の興奮性に関する研究 .  電子情報通信学会技術研究報告99 ( 601 ) 55 - 61   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塗木淳夫,中邨賢治,川野宏規,王 鋼,湯ノ口万友 .  筋運動に関連した視覚情報に対する大脳皮質活動の研究 .  日本ME学会 生体情報の可視化技術研究会   26 - 31   2000年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Ryoji Nagaoka, Atsuo Nuruki, Shuichi Uchida, Kazutomo Yunokuchi, Norio Akaike .  Effects of Endurance Training on Lactate Threshold and Plasma K+ Concentration in Hypokalemic Rats .  Adv. Exerc. Sports Physiol.5 ( 4 ) 101 - 104   1999年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsuo Nuruki, Shuichi Uchida, Kazutomo Yunokuchi, Ryoji Nagaoka .  Frequency Response of evoked potential in Normal and Diseased Nerve Muscle Effects of fatigue and hypokalemia in Rats .  IEEE Engineering in Medicine and Biology18 ( 6 ) 27 - 32   1999年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsuo Nuruki, Shuichi Uchida, Kazutomo Yunokuchi, Ryoji Nagaoka .  Frequency Response of Nerve-muscles relating to Fatigue and Hypokalemia in Rats .  Proc. 20th Ann. Int. Conf. IEEE Engineering in Medicine and Biology Society20 ( 5 ) 2550 - 2553   1998年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 塗木淳夫,内田秀一,湯ノ口万友,長岡 良治 .  低カリウムラットの筋特性に関する研究 .  電気学会 医用・生体工学研究会98 ( 4 ) 17 - 20   1998年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塗木淳夫,丸山敦夫,湯ノ口万友 .  経頭蓋磁気刺激法による皮質運動野の応答性の変化 .  電気学会 マグネティックス研究会 97 ( 30 ) 11 - 15   1997年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 塗木淳夫,丸山敦夫,湯ノ口万友 .  筋疲労時における筋電図学的掲示-経頭蓋磁気刺激法による皮質応答性の変化 .  電子情報通信学会技術研究報告96 ( 501 ) 1 - 8   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

▼全件表示

MISC

  • 福祉の現場から 認知症発症予防を目指した共同行為課題システムの開発と本システムを用いた運動パフォーマンスの調査 1人よりも他者と共同で作業を遂行すると運動パフォーマンスが向上する

    塗木 淳夫, 高橋 恭平, 衛藤 誠二, 濱田 雅

    地域ケアリング   22 ( 9 )   49 - 53   2020年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)北隆館  

    高齢者にとって人とのつながりを多く持つことは、活力を得るだけでなく認知症の予防や健康寿命を延ばすためにとても重要である。近年、「社会とのつながり」や「家族との関わり」において多様な方法がインターネット、仮想・拡張現実、ヒューマンインターフェイスなどの技術の発展により可能となってきた。これらの技術を活用した共同行為課題システムが運動パフォーマンス向上に有効であることが明らかになれば、遠隔リハビリテーションや遠隔コミュニティの創出が期待される。(著者抄録)

  • 経頭蓋磁気刺激(TMS)の基礎:原理およびシミュレーション 査読

    湯ノ口万友、 塗木淳夫、 大岩孝輔、 神保泰彦

    計測と制御   54 ( 2 )   87 - 92   2015年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 生体磁気刺激における極在性と深部刺激 査読

    湯ノ口万友, 塗木淳夫, 大岩孝輔, 玉利陽三

    電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)   133 ( 3 )   532 - 535   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

    The magnetic stimulation is the way of stimulating the nervous and muscle tissue with the induced eddy current induced by the stimulation coil and is widely used in the evaluation of the nervous system and the field of the exercise physiology. It is more difficult to focally and deeply stimulate with magnetic stimulation. In this study, we used the 5 shell uniform head model and estimated the eddy current distribution by calculation. As the result, it is shown that the boundary between tissues which have different conductivity affects eddy current distribution.

講演・口頭発表等

  • 宮園拓斗,塗木淳夫 .  人差し指の感覚減衰量を増加させる手法の検討 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会   2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 平真大朗,塗木淳夫 .  VR環境下での模倣運動において観察時の時間変化が身体意識に及ぼす影響についての研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 矢野俊輔,塗木淳夫 .  HMDを用いた俯瞰的視点変換トレーニングシステムの開発 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 弘島陸,佐藤大輔,高橋恭平,塗木淳夫 .  疑似捕球課題を用いた運動スキル評価法の開発研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)  

  • 山崎智文,高橋恭平,塗木淳夫 .  重さ知覚と把持運動特性に関する研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 矢野豊久,塗木淳夫 .  つまみ運動における能動運動,受動運動が一次運動野の興奮性に及ぼす影響 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 川原大樹,塗木淳夫 .  運動イメージ能力と眼球運動特性の関係 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 塚田匠海,佐藤大輔,山代幸哉,濱田雅,高橋恭平,塗木淳夫 .  過剰学習に関する運動実験システムの構築についての研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 大迫将司,濱田雅,衛藤誠二,佐藤大輔,髙橋恭平,塗木淳夫 .  オープンスキルスポーツの経験が個人と共同行為の力発揮に与える影響 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 野辺知弘,佐藤大輔,山代幸哉,濱田雅,高橋恭平,塗木淳夫 .  運動の過剰学習に意図的抑制を組み込んだ運動学習システムの開発 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 大隅佑太郎,髙橋恭平,塗木淳夫 .  周期的に行う力調節の左右差が調整精度に与える影響 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 池田葵,髙橋恭平,塗木淳夫 .  予測不可能な質量変化における把持中の運動制御機能の調査 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 竹内渉悟,髙橋恭平,塗木淳夫 .  マルチモーダル効果がVR空間内における運動主体感へ与える影響の検討 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 竹中亜紀,高橋恭平,塗木淳夫 .  聴覚フィードバックを用いた指の感覚減衰量を変化させる研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 上川悠,塗木淳夫 .  運動予測と動作抑制に関する認知能力に着目した運動評価システムの構築 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2022年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    開催地:長崎大学(オンライン)   国名:日本国  

  • 丸山敦夫、佐藤大輔、山代幸哉、衛藤誠二、河村健太郎、宮良広大、塗木淳夫、末吉靖宏、下堂薗恵、濱田雅 .  MEP潜時の個人差は把持調整学習後の運動野皮質内抑制低下の反応差に影響する .  第51回日本臨床神経生理学会学術大会  2021年12月  日本臨床神経生理学

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年12月

    開催地:仙台国際センター   国名:日本国  

  • 竹内渉悟,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  モニター環境とVR環境でのクロスモーダル効果による疑似力覚の検討 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 二宮浩樹,塗木淳夫,髙橋恭平(鹿児島大) .  VR環境下での模倣運動と身体意識の想起に関するシステム開発 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 池田葵,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  予測不可能な質量変化に対する把持応答の調査 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 毛利拓哉(鹿児島大),是木明宏(溝下精神医療センター),髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  感覚の減衰と指の触覚感度の評価のためのシステム開発に関する研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 川原大樹,衛藤誠二,河村健太郎,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  マイクロサッカード検出のための視線計測システムの開発 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 大迫将司(鹿児島大),濱田雅(東大),衛藤誠二,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  共同行為における力発揮特性と運動主体感の研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 大隅佑太郎,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  周期的なつまみ運動における周波数と調整精度の関係 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 野瀬賢人,衛藤誠二,河村健太郎,髙橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大 .  高次脳機能障害に対するVRを用いた新たな評価法の開発研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 山崎智文,高橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  錯覚時における重さ知覚と把持運動の研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 弘島陸(鹿児島大),佐藤大輔(新潟医療福祉大),高橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  VRを用いた運動経験の有無による空間認識力の評価方法の開発研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 竹中亜紀,高橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  聴覚フィードバックによる人差し指の感覚減衰量の変化の研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会   2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 野辺知弘(鹿児島大),佐野大輔(新潟医療福祉大),濱田雅(東大),高橋恭平,塗木淳夫(鹿児島大) .  運動の過剰学習を組み込んだシステム開発研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会  2021年9月  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催(大会本部:佐賀大学本庄キャンパス)   国名:日本国  

  • 髙橋恭平,衛藤誠二,河村健太郎,塗木淳夫 .  脳血管障害による片麻痺患者の健側手指随意運動が麻痺側運動機能に与える効果 .  第75回日本体力医学会大会  日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学 郡元キャンパス  

    【背景】脳血管障害により四肢の運動機能に麻痺が生じた患者に対する,より効果的な運動療法の開発は重要な課題である. 【目的】脳血管障害による片麻痺患者の健側肢での随意的なレジスタンス運動が,麻痺側の運動機能を改善させるかどうか検証することを目的とした. 【方法】被験者は脳血管障害による片麻痺を患う男性患者3名であった.被験者は,通常リハビリテーションプログラム前に健側手指による随意的なレジスタンス運動課題を実施し,その前後で二重経頭蓋磁気刺激(TMS)による運動誘発電位(MEP)および麻痺側運動機能を測定した. 【結果】運動課題後の麻痺側ピンチ力は,運動課題前と比較して3名とも増加傾向を示した.また,TMSにより健側の第一背側骨間(FDI)筋から導出したMEP振幅値は,健側手指による随意運動課題前と比較して運動課題後において3名とも低下し,さらに,MEP振幅値に対する皮質内抑制の相対値は高値(いわゆる皮質内抑制の低下)を示す傾向であった. 【考察】麻痺側ピンチ力増加傾向へ導いたと考えられる健側手指による随意運動課題は,健側FDI筋のMEP振幅値および皮質内抑制の低下傾向を引き起こした.これは,筋疲労の影響によると考えられる. 【結論】脳血管障害による片麻痺患者の健側手指における随意的なレジスタンス運動は麻痺側運動機能を改善させる可能性が示唆された.

  • 野瀬賢人, 髙橋恭平, 塗木淳夫 .  仮想空間における3次元的課題を用いたリハビリテーション支援システムの検討 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 原田拓弥,藤原泰志,髙橋恭平,塗木淳夫 .  心理物理学実験と経頭蓋磁気刺激法をもちいた研究 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 毛利拓哉, 小畠雄一郎, 髙橋恭平, 塗木淳夫 .  指の違いにおける感覚減衰の応答特性についての研究 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 大隅佑太郎,江浜星也,熊川瑛至,髙橋恭平,塗木淳夫 .  力調節の速度がパフォーマンスに及ぼす影響 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 池田葵,山元弘道,髙橋恭平,塗木淳夫 .  把持運動課題における物体質量変化が運動制御機能に及ぼす影響の調査 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 小川明彦,髙橋恭平,塗木淳夫 .  下肢筋疲労時の指支配運動野の活動への影響 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 川原大樹,小寺正顕,衛藤誠二,河村健太郎,髙橋恭平,塗木淳夫 .  マイクロサッカード計測のための視線検出システムの検討 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 大迫将司,須賀原好孝,髙橋恭平,塗木淳夫 .  二者と三者による共同行為の力発揮安定性について .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 竹内渉悟, 髙橋恭平, 塗木淳夫 .  視聴覚相互作用によるクロスモーダル現象を用いた力覚の錯覚 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • 二宮浩樹, 末吉靖宏, 髙橋恭平, 塗木淳夫 .  仮想空間における視覚刺激の位置と姿勢制御の関係についての研究 .  第28回 電子情報通信学会九州支部 学生会講演会  一般社団法人電子情報通信学会九州支部、九州支部学生会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州産業大学  

  • Kyohei TAKAHASHI, Atsuo NURUKI .  Effects of transcranial magnetic stimulation on muscle performance during muscle fatigue .  The 2020 Yokohama Sports Conference  Japan Society of Physical Education, Health and Sport Sciences国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Yokohama, Japan  

    Introduction A recent study reported that muscle activity could be temporarily increased by activating pyramidal neurons in the primary motor cortex via transcranial magnetic stimulation (TMS) during voluntary contraction. Here, we examined the effects of TMS of the primary motor area innervating the biceps brachii muscles during voluntary elbow flexion with muscle fatigue on muscle performance and the recovery process. Methods Eight subjects who provided informed consent performed exercise tasks in both the exposure (with TMS) and control conditions (without TMS). Maximum voluntary contraction (MVC) measurements were obtained before and after the exercise task. The exercise task involved an isometric voluntary contraction for 30 seconds at 60% MVC of the right elbow flexion followed by 120 seconds of rest, which was repeated until 50% MVC could not be maintained. In the exposure condition, TMS was applied 5 times during the exercise task at 120% intensity of the resting motor threshold. Results We found that in the condition involving the application of TMS during exercise tasks, more exercise tasks could be performed when compared with the control condition. In addition, there was a faster recovery of the MVC after performing the exercise task in the exposure condition than in the control condition. Conclusion These results suggested that TMS during an exercise task facilitates earlier activation of previously inactive motor pathways and prevents excessive central fatigue.

  • 丸山敦夫、佐藤大輔、山代幸哉、塗木淳夫、衛藤誠二、濱田雅 .  異なる電流方向の経頭蓋磁気刺激によるMEP潜時と運動学習後の運動野皮質内抑制低下との関係について .  第49回日本臨床神経生理学会  臨床神経生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:ザ・セレクトン福嶋  

  • A. MARUYAMA, D. SATO, K. YAMASHIRO, K. KURIHARA, I. TOCHIKURA, Y. SUEYOSHI, A. NURUKI, S. ETOH, M. HAMADA .  Does latency of motor-evoked potentials influence changes in decreased short-interval intracortical inhibition and scores of force control practice? .  Neuroscience 2019  Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago  

  • Tochikura I, Sato D, Imoto D, Nuruki A, Yamashiro K, Funada R, Maruyama A .  The relationship between higher coincident timing task performance and eye movement in baseball experts .  Neuroscience 2019  Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Chicago  

  • 栃倉 郁実,佐藤 大輔,井本 大樹,塗木 淳夫,山代 幸哉,船田 廉,丸山 敦夫 .  タイミング調節能力と眼球運動の関連性-球技熟練者と未熟練者の比較- .  第74回 日本体力医学会  日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:つくば国際会議場  

  • 小川 明彦、髙橋 恭平、塗木 淳夫 .  対側の非運動筋を支配する第一次運動野の興奮性に 随意的局所筋疲労が及ぼす影響 .  九州体育学会  九州体育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 原田 拓弥、髙橋 恭平、塗木 淳夫 .  先行映像による把持運動と第一次運動野の興奮性の関係 .  九州体育学会  九州体育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月 - 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 丸山敦夫,佐藤大輔,山代幸哉,山崎雄大,栗原健太,栃倉郁美,塗木淳夫,衛藤誠二 .  筋疲労後の運動野皮質内抑制低下が短時間筋調整成績に及ぼす影響 .  第48回日本臨床神経生理学会  日本神経生理学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京ファッションタウンビル  

  • 江浜星也, 塗木淳夫 .  把持運動課題中の動的な視覚刺激が重さ知覚に与える影響 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 熊川瑛至, 塗木淳夫 .  等尺性つまみ運動における運動調節の周波数特性に関する研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 山元弘道, 塗木淳夫, 竹ノ内志帆 .  予期せぬ質量変化に対する把持応答の調査 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 竹ノ内志帆, 塗木淳夫 .  物体の質量予測の正確性が把持運動中の筋活動に及ぼす影響の研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 明日万弥, 塗木淳夫 .  随意収縮中の経頭蓋磁気刺激が筋疲労に与える影響 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 松下拓矢, 塗木淳夫 .  把持運動課題における視覚情報の遮断が重さ知覚と運動に与える影響の調査 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 竹ノ内志帆, 塗木淳夫 .  把持物体中の負荷変化を可能にした実験システムを用いた把持運動制御の研究 .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • Takuya Harada, Atsuo Nuruki .  Advancing output video signals relating to movements affect weight perception .  電子情報通信会九州支部 学生会講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大分大学  

  • 吉田はるか、塗木淳夫 .  フォースマッチング課題を用いた感覚減衰の左右差に関する研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • 竹ノ内志帆、塗木淳夫 .  物体の質量予想の正確性と把持運動の関係の研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • 熊川瑛至、塗木淳夫 .  等尺性つまみ運動における運動調節に関する研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • 山本雄大、塗木淳夫 .  バーチャル物体操作環境を用いた共同行為の運動特性及び力学特性に関する研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会委員会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:琉球大学 千原キャンパス  

  • 丸山敦夫, 倉部勇哉, 山代幸哉, 佐藤大輔,  市川浩, 塗木淳夫 .  球技者の異なる速度タイミング反応課題に対応する眼球運動の特性 .  第72回日本体力医学会  一般社団法人日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:松山大学 愛媛県  

  • Maruyama A,Ono K,Sato D,Yamashiro K,Nuruki A,Nakamura Y,Touge T,J. Rothwell .  Could Pinch force MVC be improved by training when coupled with pairs at 2.0ms of threshold TMS pulses? .  2nd International Brain Stimulation Conference (Brain Stimulation 2017)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:バルセロナ  

  • 藤眞輝,湯ノ口万友,塗木淳夫 .  運動誘発盲を用いた触覚刺激が視覚認知に与える影響 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    運動誘発盲(motion-induced blindness:MIB) とは周辺視野に呈示された比較的顕著なターゲットの上に回転運動するディストラクタが重ねられると,ターゲットが知覚的に消失と再現を繰り返す現象である.外部のMIBに関する研究では単一の感覚情報,特に視覚情報を操作した研究が多く行われている.しかし,我々の知覚は視覚情報だけでなく,聴覚や触覚といった複数の感覚情報を基に処理されている.本研究では触覚に着目し,触覚刺激がMIBによって消失したターゲットの知覚に影響を与えるかどうかについて調査を行った.その結果,触覚刺激を呈示しなかった場合と比較して触覚刺激を呈示した場合にターゲットの消失時間が減少した.また,これはターゲットと触覚刺激の呈示位置が空間的に一致していた場合のみ見られた.これらの結果から,触覚刺激が消失したターゲットの周辺に注意を再び割り当てたことによって,ターゲットの消失時間が減少したと示唆される.

  • 早瀬拡弥,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  コイル形状を変化させた経頭蓋磁気刺激の局在性と深部性の検討 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    磁気刺激法とは,コイルにパルス電流を流すことで生じる変動磁界による誘導電流で,生体を刺激する方法として近年様々な分野で広く用いられている.電気刺激による直接的な刺激に対し磁気刺激法は,生体を傷つけず非侵襲的に刺激ができるという長所がある一方,刺激の深部性の効率が劣る短所がある.局在性と深部性の検討を行うには,誘導電流分布の推定が必要であり,分布はコイルの形状やコイルの配置,導体の形状によって変化する.本研究の目的は,電磁界解析ソフトを用い,コイル間の角度を変えることで誘導電流密度分布の変化を調査し,局在性と深部性の検討を行うことである.その結果,局在性においてコイル間の角度が大きくなるにつれ局在性が良くなることが確認された.また,深部性において角度が狭いコイルは深部性が良いことが確認された.このことは,コイル間の角度において,局在性と深部性がトレードオフの関係にあることが示唆されました.

  • 内田隼希,湯ノ口万友,塗木淳夫 .  筋疲労時における経頭蓋磁気刺激が筋力パフォーマンスに与える影響 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    近年,医療分野では経頭蓋磁気刺激(Transcranial Magnetic Stimulation : TMS)が着目すされている.TMSは経頭蓋的・非浸襲的に痛みを伴わず大脳皮質を刺激することができ,医療現場やスポーツ科学など幅広く使用されている.最大発揮筋力(Maximum Volutary Contraction : MVC)中のTMSは一時的に筋力を向上させるという報告がある.しかし,筋疲労時におけるTMSの筋力の変化は検討されていない.TMSを与えることで筋疲労中においても筋力の向上が見られるのであれば医療・介護現場においてリハビリテーションの新たな手法となる可能性があると考えられる.本研究では,被験者に疲労タスク遂行中にTMSを与えることで筋力パフォーマンスにどのような変化が見られるのか調査を行った.また,疲労タスク終了後,一定時間後にMVCの計測を行うことでTMSの持続効果の検討を行った.

  • 小畠雄一郎,衛藤誠二,末吉靖宏,池田 亮,湯ノ口万友,塗木淳夫),山ノ上 卓,高橋恭平,濱田 雅,宮田葉月 .  バイオフィードバックに基く感覚減衰システムの構築 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    ヒトは, 自分自身の行動で生じた感覚を外部的に受けた感覚よりも弱く知覚する. この現象は感覚の減衰に基いて起こる現象であり, 現在もメカニズムの解明を行っている. 感覚の減衰量は, フォースマッチング課題というタスクを行うことで, 定量的に測定することができる. このタスクを行うことで, 統合失調症などの神経系疾患患者と健常者との感覚の減衰量に違いが生じることが明らかになっている. 生成メカニズムの解明を行っていく上で, 確定的な時間に基いた実験が必要である. 本研究では, 確定的な時間に基いた実験を行うために従来の実験システムをバイオフィードバックに基いたシステムの再構築を行った. その際に着目した点は, 従来のシステムであった汎用OSを用いたロボット制御を, リアルタイムOSを用いたモータ制御に代用する点である. 実験制御を汎用OSからリアルタイムOSに移すことで, 従来の実験タスクの再現を確定的な時間で行うことができる.

  • 宮田葉月,小畠雄一郎,池田 亮,湯ノ口万友,塗木淳夫,衛藤誠二,末吉靖宏,山之上 卓,高橋恭平,濱田 雅 .  ユビキタスな生体計測システム―リアルタイムフィードバックを目指して― .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    ユビキタスな機能を備えたデバイスの研究は進められているが一般的でない.病院等では専門知識を持たずして使用することができ,持ち運び可能な生体計測システムが求められている.また,データを処理しリアルタイムフィードバックを行うことは,リハビリにおける無線センサネットワークの課題とされている.本研究は、手首の運動に何らかの疾患を抱える患者の診断やリハビリに利用できるシステムの構築を行う.まず,手首に小型9軸ワイヤレスモーションセンサを装着し,内方・外方回旋を行う.次に,与えられた目標値を波形のピーク値が越えた回数をカウントし,USBにデータを保存するシミュレーションを行う.最後に,以上をふまえたプログラムを作成し,システムを構築していく.その結果、2つをふまえた実験では角速度のY軸方向のグラフの波形と、波形カウントの数に差が生じた.原因として,書き加えた処理に遅れが出ているためではないかと考える.

  • 原泰志,塗木淳夫,湯ノ口万友,丸山敦夫 .  視覚遅延を伴う把持運動における視覚・触力覚メカニズムの神経生理学的評価 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    今日,視覚フィードバックの操作による把持運動に伴う重さ知覚の錯覚に関する研究は数多く行われており“Material-Weight Illusion(MWI)”,“Size-Weight Illusion(SWI)”といった物体のサイズや材質による重さ知覚の錯覚に関する研究が代表的であるが,それらは物体の“見た目”の視覚情報の操作による研究である.そこで我々は,右利きの健常者を対象に触力覚デバイスを用いた立体視物体把持システムを使用し,仮想環境内の物体を「持ち上げる」運動情報と,物体が「持ち上がる」視覚情報との間に時間的な差(遅延/先行)を生じさせることで錯覚が起きることを確認した.しかし,把持運動中の把持力(GF),負荷力(LF)の変化は見られなかった.本研究では,経頭蓋磁気刺激法(TMS)により視覚遅延時における一次運動野の賦活状態を見ることで,重さ知覚の錯覚と脳の運動野の活動との関連を調査した.

  • 青屋雄祐,湯ノ口万友,塗木淳夫 .  把持運動課題における物体テクスチャが知覚と運動に与える影響の調査 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸  

    本研究では,バーチャル環境による新たな知見から運動制御の解明を目指している.そこで我々は,触覚デバイスとバーチャルリアリティを用い,運動に重要な情報である視覚と触覚の制御が可能なバーチャル環境による立体視把持運動システムを構築した.バーチャル環境で仮想物体表面にテクスチャを貼り付けることで材質を再現し,そのテクスチャが運動と重さの知覚へ及ぼす影響を調査した.結果,同じ重さ,大きさの「木」と「アルミ」の重さを比較した場合「木」の方を重いと知覚している事が分かった.しかし,把持力,負荷力に変化は見られなかった.これは,バーチャル環境においても重さ知覚はテクスチャによる視覚情報の影響を受けていることが示唆される

  • 倉部勇哉,大野果穂,山代幸哉,佐藤大輔,塗木淳夫,丸山敦夫 .  タイミング反応課題の速度変化とサッケード開始の視線推移について .  第67回日本体育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪体育大学  

  • 横田佑弥,塗木淳夫 .  骨格筋における疲労耐性と磁気刺激による回復効果の関係 .  第24回日本運動生理学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:熊本大学  

  • Kurabe Y,Ono K,Yamazaki Y,Ichikawa H,Yamashiro K,Sato D,Nuruki A,Maruyama A .  Effects of sprinter’s ability on gaze motion and cognition during sprint observation. .  21st annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オーストラリア  

  • Ono K,Sato D,Yamashiro K,Kurabe Y ,Yamashiro K,Nuruki A,Maruyama A .  How could the pinch force MVC be increased more with a training coupled with pairs of weak TMS pulses? .  21st annual Congress of the EUROPEAN COLLEGE OF SPORT SCIENCE  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 丸山敦夫, 佐藤大輔, 山代幸哉, 大野果穂, 倉部勇哉, 大西秀明, 塗木淳夫 .  両手筋疲労が補足運動野 ? 一次運動野連結に及ぼす影響 .  第45回日本臨床神経生理学会  日本臨床神経生理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • S. Hirata, A . Maruyama, K . Yunokuchi, A . Nuruki .  アスリートと非アスリートにおける下肢の感覚の減衰の比較 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • T. Nakama, K . Yunokuchi, A . Nuruki .  拡張現実技術を用いた仮想物体の持ち上げ動作における共同行為の研究 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • Y. Fujiwara, H . Hokazono, A . Maruyama, K . Yunokuchi, A . Nuruk .  把持運動課題における視覚情報の時間的な操作が運動と重さ知覚に与える影響 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • H. Miyata, T . Nakama, M . Goto, Y . Obata, R . Ikeda, K . Yunokuchi, A . Nuruki, S. Eto, T . Yamanoue, Y . Sueyoshi, K . Takahashi , M . Hamada .  ポータブルなマイコンを用いたユビキタスな生体計測システムの構築 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • Y. Aoya, K . Yunokuchi, A . Nuruki .  把持運動課題における物体テクスチャが知覚と運動に与える影響 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • Y. Obata, T . Nakama, M . Gotou, H . Miyata, S . Eotou, Y . Sueyoshi, K unokuchi, A . Nuruki , T . Yamanoue, K . Takahashi, M . Hamada, R . Ikeda .  バイオフィードバックに基づく感覚減衰システムの再構築 .  計測自動制御学会 ライフエンジニアリング部門シンポジウム  計測自動制御学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州工業大学  

  • 内田隼希,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  異なるパルス刺激強度が筋疲労回復に及ぼす影響 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長崎大学 文教キャンパス  

  • 吉松 裕貴、 塗木 淳夫、 湯ノ口 万友 .  大脳皮質の脳溝の形状が誘導電界分布に与える影響の考察 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学 文教キャンパス  

  • 倉部 勇哉, 大野 果穂, 瀬戸川 将, 浜野 礼奈, 山代 幸哉, 佐藤 大輔, 塗木 淳夫, 丸山 敦夫 .  20%可視率見越し反応課題による最小タイミング誤差の検討 .  日本体育学会第66回大会  一般社団法人 日本体育学会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国士舘大学  

  • Kyohei Takahashi, Atsuo Nuruki, Takaaki Nakama, Masaki Goto .  Suprathreshold TMS during maximal voluntary biceps brachii contraction improves muscle performanc .  21ST ANNUAL MEETING OF THE ORGANIZATION FOR HUMAN BRAIN MAPPING  21ST ANNUAL MEETING OF THE ORGANIZATION FOR HUMAN BRAIN MAPPING国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Hawak, USA  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki (Invited Lecture) .  Grasping Virtual Objects under Visuo-haptic Confliction .  11th International Conference on Ubiquitous Healthcare  11th International Conference on Ubiquitous Healthcare国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Gwangju, Korea  

    国際学会

  • 井川巧,濵野礼奈,塗木淳夫,丸山敦夫 .  スパイク動作観察時の視覚認知とレシーブ予測判断能力について .  第69回日本体力医学会大会  日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長崎大学文教キャンパス  

  • 内田 隼希, 塗木淳夫,湯ノ口万友 .  筋電図を用いた筋疲労時における筋硬度に関する研究 .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 稲田 紘子, 塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激による筋疲労回復に関する研究 .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 立山毅,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  中高年者の心拍変動に着目した研究 .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 後藤眞輝(学生会講演奨励賞受賞),塗木淳夫,湯ノ口万友 .  注意負荷タスクが運動誘発盲に及ぼす影響について .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 堂込 由真、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  脳波と視線解析による認知症早期診断に関する研究 .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 青屋雄祐、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  把持運動課題における物体テクスチャが知覚と運動に与える影響 .  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会  電子情報通信学会九州支部 第22回 学生会講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 中間貴昭、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  物体操作タスクにおける共同行為の研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 吉松裕貴、大岩孝輔、神保泰彦、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  モデルを用いた経頭蓋磁気刺激における脳内誘導電界分布に関する研究 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 平田翔(優秀論文発表賞)、塗木淳夫、湯ノ口万友、Edwards Mark、Parees Isabel、Rothwell John、衛藤誠二、丸山敦夫、濱田雅 .  異なる部位における感覚の減衰の比較 .  電気・情報関係学会九州支部連合大会  電気・情報関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 湯ノ口万友、塗木淳夫 .  微弱なパルス磁気刺激による筋疲労回復効果の研究 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会 電子・情報・システム部門大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:島根  

    国内学会

  • 塗木淳夫、外園洋輝、湯ノ口万友、丸山敦夫、Davare Marco、Lemon Roger、Rothwell John .  把持運動課題に視覚情報操作が引き起こす重さ知覚変化の研究 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会 電子・情報・システム部門大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:島根  

    国内学会

  • 瀬戸川将、塗木淳夫、丸山敦夫 .  異なるタイミングの小脳外乱刺激が見越し反応課題に及ぼす影響 .  第69回日本体力医学会  第69回日本体力医学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 丸山敦夫、 瀬戸川 将、佐藤 和也、山代 幸哉、佐藤 大輔、 塗木 淳夫 .  左右方向性とVisual-Motorのタイミング見越し反応について .  日本体育学会第65回大会  日本体育学会第65回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • Atsuo Nuruki, Shyo Hirata, Kazutomo Yunokuchi, Mark Edwards, Isabel Parees, John Rothwell, Seiji Etou, Atsuo Maruyama, Masashi Hamada .  A controlled study of sensory attenuation of the lower limbs .  ICME International Conference on Complex Medical Engineering  ICME International Conference on Complex Medical Engineering国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    国際学会

  • Hirotaka Yoshimatsu, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Consideration of the electric field strength distribution in a brain layer model for transcranial magnetic stimulation .  ICME International Conference on Complex Medical Engineering  ICME International Conference on Complex Medical Engineering国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    国際学会

  • Atsuo Maruyama, Yoko Horiyuchi, Sho Nakazawa, Koya Yamashiro, Daisuke Sato, Atsuo Nuruki .  Do different amplitudes of MEP evoked by test stimuli influence on inhibitory degrees of short interval intracortical inhibition? .  ICME International Conference on Complex Medical Engineering  ICME International Conference on Complex Medical Engineering国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Taipei, Taiwan  

    国際学会

  • Maruyama A, Higashihara A, Yamashiro K, Sato D, Nuruki A, JC Rothwell .  Effect of muscle fatigue on short-interval intracortical inhibition and short-interval facilitation in motor cortex .  International conference of clinical neurophysiology  Clinical neurophysiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Berlin  

  • A Maruyama,A Higashihara,K Yamashiro,D Sato,A Nuruki,J C Rothwell .  Differential effect of muscle fatigue on short-interval intracortical inhibition and short-interval intracortical facilitation in motor cortex .  30th International Congress on Clinical Neurophysiology  30th International Congress on Clinical Neurophysiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:英語  

    開催地:German  

    国際学会

  • 田中宏貴、原田英世、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  心拍変動から見るアスリートと非アスリートに関する研究 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 中間貴昭、湯ノ口万友、塗木淳夫 .  物体操作タスクにおける共同行為の研究 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 平田翔、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  触力覚提示装置を用いたsensory attenuationの計測 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 外園洋輝、湯ノ口万友、塗木淳夫 .  把持運動課題中の遅延視覚情報が重さ知覚にもたらす影響 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 吉松裕貴、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  磁気刺激における異なる導電率の境界面付近での誘導電流密度分布 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部連合大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 塗木淳夫、 外園洋輝、湯ノ口万友、丸山 敦夫、M. Davare、R. Lemon、J. Rothwell .  把持運動課題に視覚遅延が引き起こす重さ知覚変化の研究 .  Motor Control研究会  Motor Control研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    研究会

  • 吉松裕貴、 塗木淳夫、 湯ノ口万友 .  磁気刺激における異なる導電率の境界面付近で誘流密度分布の考察 .  生体医工学シンポジウム  生体医工学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 塗木 淳夫 .  力覚デバイスとTMSを用いた運動時における触覚の特性についての研究 .  磁気刺激法勉強会  磁気刺激法勉強会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 織田拓真、塗木淳夫、湯ノ口万友 .  パルス磁気刺激の急性筋疲労回復効果 .  マグネティックス研究会  マグネティックス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 岳藤佑輔,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  注意タスクに伴うオブジェクト置き換えマスキングの検討 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 山口智嗣,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  視覚認知の研究利用を目的とした視線検出システムの構築 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,加藤龍蔵,湯ノ口万友,玉利陽三 .  モデルを用いた経頭蓋磁気刺激における組織の形状の影響に関する検討 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • Marco Davare, Atsuo Nuruki, Roger N. Lemon, John C. Rothwell .  Effect of visuo-haptic conflicts on grasping movements .  Society for Neuroscience  Society for Neuroscience国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:英語  

    開催地:New Orleans  

    国際学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,湯ノ口万友,玉利陽三 .  TMSにおける脳内渦電流分布の検討に関する研究 .  電気学会 電子・情報・システム部門大会  電気学会 電子・情報・システム部門大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • Atsuo Nuruki, Takuro Kawabata, Kazutomo Yunokuchi, Hiroki Hokazono, Atsuo Maruyama, Marco Davare, Roger N. Lemon, J.C.Rothwell .  Rapid updating of sensorimotor memory in grasping virtual objects .  Motor Control Workshop  Motor Control Workshop

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:Aichi  

    研究会

  • 湯ノ口万友, 久保田耕平, 塗木淳夫, 玉利陽三 .  温熱磁気刺激による筋疲労回復に与える効果に関する研究 .  日本生体磁気学会大会  日本生体磁気学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,加藤龍蔵,湯ノ口万友,玉利陽三 .  4層均一頭部モデルを用いた磁気刺激による誘導電流分布の推定 .  日本生体磁気学会大会  日本生体磁気学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,加藤龍蔵,湯ノ口万友,玉利陽三 .  理論値計算を用いた磁気刺激における局在刺激および深部刺激に関する検討 .  日本生体医工学会大会  日本生体医工学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • S. Kawabata, T. Kawabata, M. Yamada, S. Yanagida, A. Nuruki, K. Yunokuchi, J.C. Rothwell .  Influence of auditory and haptic stimulation in visual perception .  12th International Multisensory Research Forum (IMRF)  12th International Multisensory Research Forum (IMRF)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:英語  

    開催地:Fukuoka, Japan  

    国際学会

  • 磁気刺激用コイルの形状に対する刺激の局在性の考察 .  磁気刺激用コイルの形状に対する刺激の局在性の考察 .  電気関係学会九州支部連合大会  電気関係学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:佐賀  

  • 織田拓真,内田公介,久保田耕平,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  局所筋疲労回復に対するパルス磁気刺激の作用に関する研究 .  生体・生理工学シンポジウム  生体・生理工学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • Shunichi Kawabata, Takuro Kawabata, Masafumi Yamada, Seika Yanagida, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi, John C. Rothwell .  A STUDY OF INTEGRATION OF VISUAL, AUDITORY AND SOMATOSENSORY INFORMATION USING A HAPTIC DEVICE .  16th annual Congress of the ECSS  16th annual Congress of the ECSS国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Liverpool- UK  

    国際学会

  • A. Maruyama, A. Nuruki, K. Yamashiro, D. Sato, J. C. Rothwel .  Change of short-intracortical inhibition during throwing visual observation in expert baseball players .  14th European Congress on Clinical Neurophysiology (ECCN) and 4th International Conference on Transcranial Magnetic and Direct Current Stimulation  14th European Congress on Clinical Neurophysiology (ECCN) and 4th International Conference on Transcranial Magnetic and Direct Current Stimulation国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:英語  

    開催地: Roma  

    国際学会

  • 大岩孝輔、塗木淳夫、湯ノ口万友、玉利陽三 .  磁気刺激コイルの配置に対する腕モデルにおける誘導電流分布の考察 .  日本生体医工学会大会  日本生体医工学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,湯ノ口万友,玉利陽三 .  磁気刺激用ダブルコイルの配置に対する誘導電流分布の考察 .  MEとバイオサイバネティックス研究会  MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス稲盛会館  

    研究会

  • 塗木淳夫,川端匠朗,川端俊一,湯ノ口万友,丸山敦夫,Marco Davare,John Rothwell .  触覚デバイスを用いた運動学と神経学に有用な実験システムの構築 .  MEとバイオサイバネティックス研究会  MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス稲盛会館  

    研究会

  • 川端俊一,川畑匠朗,山田正文,柳田聖香,塗木淳夫,湯ノ口万友,John Rothwell .  触覚と聴覚と視覚の相互作用の検討 .  MEとバイオサイバネティックス研究会  MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス稲盛会館  

    研究会

  • 瀬戸川将,丸山敦夫,塗木淳夫,前田雅人,湯ノ口万友 .  経頭蓋磁気刺激が見越し反応課題のタイミング時間に及ぼす影響について .  MEとバイオサイバネティックス研究会  MEとバイオサイバネティックス研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学郡元キャンパス稲盛会館  

    研究会

  • Atsuo Nuruki, Yoshinori Ishitobi, Sei-ichi Tsujimura, Kazutomo Yunokuchi .  Temporal aspects of object substitution masking studied by transcranial magnetic stimulation .  29th International Congress of Clinical Neurophysiology  29th International Congress of Clinical Neurophysiology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • 大岩孝輔,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激におけるコイル形状と配置に対する誘導電流分布の考察 .  第18回電子情報通信学会九州支部  第18回電子情報通信学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 塗木淳夫,川端俊一,川畑匠朗,山田正文,柳田聖香,湯ノ口万友 .  触覚・聴覚情報が視覚情報に及ぼす影響とそれらの相互作用の考察 .  生体医工学シンポジウム  生体医工学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 俣江忠,上堀内健二,上園友哉,塗木淳夫,湯ノ口万友,黒野明日嗣 .  Sternberg課題を用いた周波数解析による認知症早期診断法の検討 -その2- .  生体医工学シンポジウム2010  生体医工学シンポジウム2010

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • S. Setogawa, Atsuo Maruyama, Atsuo Nuruki, M. Maeda, John C. Rothwell .  Excitability of the Connection between left Dorsal Premotor cortex and Contralateral Motor Cortex during a Coincidence-Anticipation Timing Task .  15th Annual ECSS Congress  15th Annual ECSS Congress国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki, Atsuo Maruyama, John C. Rothwell .  Human cortical escitability during successive go/nogo tasks: A TMS study .  1st Workshop on synaptic plasticity: From Bench to Bed Side  1st Workshop on synaptic plasticity: From Bench to Bed Side国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Taormina Italy  

    国際学会

  • Atsuo Maruyama, Atsuo Nuruki, John C. Rothwell .  Effect of bimanual and unimanual piano playing on connectivity between dorsal premotor (PMD) and motor cortex (M1) .  1st Workshop on synaptic plasticity: From Bench to Bed Side  1st Workshop on synaptic plasticity: From Bench to Bed Side国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:英語  

    開催地:Taormina Italy  

    国際学会

  • 川端俊一,川端匠朗,山田正文,柳田聖香,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  触覚デバイスを用いた触覚・視覚・聴覚の相互作用の考察―感覚の統合について― .  O-14 第59回大会九州体育学会・スポーツ学会  O-14 第59回大会九州体育学会・スポーツ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 瀬戸川将,前田雅人,塗木淳夫,丸山敦夫 .  見越し反応課題中の左背側運動前野―右運動野間の興奮性変化 .  第18回日本運動生理学会大会  第18回日本運動生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 江崎龍洋,内田公介,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激による筋疲労抑制効果の研究―筋電図,筋音図および発揮筋力による評価― .  O-15 第59回大会九州体育学会・スポーツ学会  O-15 第59回大会九州体育学会・スポーツ学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 山田正文,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  OSM課題遂行中の脳波測定 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 内田公介,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  前腕部における磁気刺激を用いた筋疲労回復効果の検討 .  第18回日本運動生理学会大会  第18回日本運動生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 内田公介,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  磁気刺激による筋疲労回復効果の検討 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 久保田公平,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  温熱磁気刺激による末梢血流量および体表日温度の計測 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 上堀内健二,俣江忠,塗木淳夫,湯ノ口万友,黒野明日嗣 .  ワーキングメモリ課題遂行中の脳波を用いた認知症早期診断法に関する研究 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 俣江忠,上堀内健二,塗木淳夫,辻村誠一,湯ノ口万友,黒野明日嗣 .  脳波の周波数解析に基づく認知症早期診断法の研究 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 下園朋幸,塗木淳夫,湯ノ口万友,丸山敦夫 .  投球動作観察学習中の運動熟練度による視線特徴の検討 .  第18回日本運動生理学会大会  第18回日本運動生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 下園朋幸,塗木淳夫,湯ノ口万友,丸山敦夫 .  視線検出システムを用いた運動観察学習中の視線推移計測 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 川畑匠朗,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  触覚デバイスを用いた力覚による運動制御の評価 .  日本生体医工学会九州支部学術講演会  日本生体医工学会九州支部学術講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • 川畑匠朗,塗木淳夫,湯ノ口万友 .  触覚デバイスを用いた運動制御の評価:力と距離の運動知覚 .  第18回日本運動生理学会大会  第18回日本運動生理学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年1月

    記述言語:日本語  

    国内学会

  • Sei-ichi Tsujimura, K. Ukai, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Contribution of melanopsin-expressing retinal ganglion cells to pupillary control pathway studied with a receptor-silent substitution technique .  The 20th Symposium of the International Colour Vision Society  The 20th Symposium of the International Colour Vision Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Rupert M. Oliver, Atsuo Nuruki, R. GREENWOOD, John Rothwell .  Neuroplasticity in the parietal cortex demonstrated with 'theta burst' repetitive transcranial magnetic stimulation .  Neuroscience Meeting Planner  Neuroscience Meeting Planner国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Sei-ichi Tsujimura, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Pupil response to melanopsin-containing retinal ganglion cells studied with a multi-primary illumination system .  The 27th Pupil Colloquium  The 27th Pupil Colloquium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年10月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Sei-ichi Tsujimura, Daisuke Ohama, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Contribution of ipRGC to conscious visual perception .  11th Annual Meeting Association for the Scientific Study of Consciousness  11th Annual Meeting Association for the Scientific Study of Consciousness国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年6月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Nami Nakano, Tomomi Miyake, Sei-ichi Tsujimura, Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi .  Pupillary Iso-Response Contour in Cone-Contrast Space .  The Fourth Asian Conference on Vision  The Fourth Asian Conference on Vision国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年7月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Kazutomo Yunokuchi, Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Shima Fuchino, Hirotaka Furuich .  Investigation of the effect of weak pulsed magnetic stimulation for muscle fatigue .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki, Sei-ichi Tsujimura, Hirotaka Furuichi, Kazutomo Yunokuchi .  Sensitivities of weight discrimination task, Electromyogram and Mechanomyogram in Grip exercise .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki, Sou Makihara, Kazutomo Yunokuchi .  Effect of prepulse auditory stimulus on early components of somatosensory evoked potentials .  Int. Evoked Potentials Symposium  Int. Evoked Potentials Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年10月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki, Yuzi Ueno, Kazutomo Yunokuchi .  Changes of auditory tone modulates human EEG activity .  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.  Int. Soci. Electrophysiol. Kinesiol.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年6月

    記述言語:英語  

    国際学会

  • Atsuo Nuruki, Kazutomo Yunokuchi, John C. Rothwell .  Changes in excitability and inhibition of central nervous system before,during and after fatigue .  Clin. Neurophysiol.  Clin. Neurophysiol.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Prague Czech Republic  

    国際学会

  • Ryoji Nagaoka, Atsuo Nuruki, Shuichi Uchida, Kazutomo Yunokuchi, Norio Akaike .  Effects of Endurance Training on Intracellular Na+ and K+ Concentrations in the Muscle Tissue of Hypokalemic Rats .  4th Annual Congress of the European College of Sport Science  4th Annual Congress of the European College of Sport Science国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Rome  

    国際学会

  • 丸山 敦夫, 衛藤 誠二, 河村 健太郎, 宮良 広大, 塗木 淳夫, 末吉 靖宏, 下堂薗 恵, 濱田 雅 .  筋力調整学習後の運動野皮質内抑制低下率の差異とAP-LM潜時差およびcTBS後のMEP抑制率との関係について .  臨床神経生理学  2021年10月  (一社)日本臨床神経生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 丸山 敦夫, 佐藤 大輔, 山代 幸哉, 塗木 淳夫, 衛藤 誠二, 濱田 雅 .  異なる電流方向の経頭蓋磁気刺激によるMEP潜時と運動学習後の運動野皮質内抑制低下との関係について .  臨床神経生理学  2019年10月  (一社)日本臨床神経生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Takahashi Kyohei, Etoh Seiji, Kawamura Kentaro, Nuruki Atsuo .  脳血管障害片麻痺患者の非麻痺側での自発的運動が麻痺側の運動機能に及ぼす影響(Effects of voluntary exercise using the healthy side on motor function of the paralyzed side in hemiplegic patients with cerebrovascular disorder) .  The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine  2020年11月  (一社)日本体力医学会

     詳細を見る

    記述言語:英語  

  • 丸山 敦夫, 佐藤 大輔, 山代 幸哉, 山崎 雄大, 栗原 健太, 栃倉 郁美, 衛藤 誠二, 塗木 淳夫 .  筋疲労後の運動野皮質内抑制低下が短時間筋調整成績に及ぼす影響 .  臨床神経生理学  2018年10月  (一社)日本臨床神経生理学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • SICE Annual Conference Poster Presentation Award

    2019年9月   Society of Instrument and Control Engineers   Sensory Attenuation Characteristics for Periodic Force Variation

    Atsuo Nuruki

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

    This study aimed to clarify the physiological mechanisms of human perceptual recognition by measuring and evaluating the sensory attenuation response. Here, we have reconstructed an experimental system in order to improve the precision of quantitative measurement and evaluation of sensory attenuation, and in order to look for a novel indicator. Specifically, we have performed a sensory attenuation measurement experiment with periodic force sense variation and compared the response to that of static force sense variation. By comparing the results, we have showed that there is no difference in the level of sensory attenuation between periodic force sense variation and static force sense variation. This result indicates that the difference between receiving a static force and receiving a periodic force does not affect the level of sensory attenuation.

共同研究・競争的資金等の研究

  • 経頭蓋磁気刺激、末梢刺激、ロボットによる重度上肢麻痺の治療法と回復指標の開発

    研究課題/領域番号:22K11449  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

    衛藤 誠二 ,高橋 恭平,下堂薗 恵, 塗木 淳夫, 河村 健太郎, 丸山 敦夫

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円 ( 直接経費:3100000円 、 間接経費:930000円 )

  • アスリートのクローズド・オープンスキルに関する新たな評価システムの開発研究

    研究課題/領域番号:21H03323  2021年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

  • 皮質-基底核ループの抑制機能を高め、技能定着を促進する運動学習パラダイムの開発

    研究課題/領域番号:21H03310   2021年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  科学研究費補助金  基盤研究(B)

    佐藤大輔

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17680000円 ( 直接経費:13600000円 、 間接経費:4080000円 )

  • マイコン、センサ、モータを駆使して世界で自分だけのピタゴラスイッチ!!

    研究課題/領域番号:21HT0192  2021年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金   研究成果公開促進費(B)  研究成果公開促進費(B)ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI

    塗木淳夫

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:490000円 ( 直接経費:490000円 )

  • 色や素材のもたらす心理物理学的評価の測定機器開発及び商品開発手法の確立

    2019年10月 - 2021年3月

    民間企業  国内共同研究 

      詳細を見る

    色や素材の感触の心理物理学的評価可能な測定機器を開発し、人体工学、過去のデータ、経験、勘、等のみで選定されていた事項に数値的な根拠を与え、選定できる手法を確立する。

  • 他者とのつながりが高齢者を元気にする事ができるか?:共同行為中の脳活性に着眼して

    研究課題/領域番号:18K18459  2018年6月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)  挑戦的研究(萌芽)

    塗木 淳夫, 濱田 雅, 衛藤 誠二

      詳細を見る

    配分額:6240000円 ( 直接経費:4800000円 、 間接経費:1440000円 )

    本研究は、ネットワークを介した共同作業が脳の活性化に効果がある事を神経生理学的に解明することを目的とする。具体的には、今後飛躍的に発展する可能性のあるヒューマンインターフェイスの一つである触力覚提示装置を用い、ネットワークを介した遠隔地同士での環境を模擬した共同作業の実験を行う。この時の脳活動活性の状態を、脳全体の状況(脳波)と運動野の活動状態(経頭蓋磁気刺激法)によって評価し、新技術活用が他者とのつながりを強くすることを明らかにする。
    本研究で高速インターネットや仮想・拡張現実などの技術が認知症予防に有効であることが明らかになれば、元気で働くことのできる高齢者が増加し、支える社会負担の減少により活力ある社会の創出実現へとつながることが期待される。
    本研究の目的を達成するために、本年度は以下の研究を行った。
    触力覚、視覚、聴覚を提示可能な触力覚・3D-VRシステムを利用し、マルチモーダルな情報処理特性を調べる事の出来る、共同行為課題システムの開発を行った。2指(親指、人差し指)で行う物体把持システムを改良し、物体の立体視が可能で、実際の物体に触っているかの様な感覚も得る事が出来た。さらに、指の発揮力や位置座標も正確に計測する事が出来た。また、同一作業空間における共同行為課題とテレコミュニケーション(異なる作業場所)における共同行為課題の違いを調査するための実験システムの構築に取り掛かることが出来た。

  • 神経シナプス可塑性の反応variabilityが運動学習の個人差を規定するか?

    研究課題/領域番号:18H03170  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    丸山 敦夫, 佐藤 大輔, 山代 幸哉, 濱田 雅, 塗木 淳夫, 衛藤 誠二

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

  • 認知症早期診断のための身体運動・体性感覚評価システムの開発研究

    研究課題/領域番号:15H03055  2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    塗木 淳夫, 山之上 卓, 高橋 恭平, 末吉 靖宏, 濱田 雅, 衛藤 誠二

      詳細を見る

    配分額:16640000円 ( 直接経費:12800000円 、 間接経費:3840000円 )

    超高齢社会において、高齢者の早期認知症診断を目指した身体運動・体性感覚評価法の開発を進めることは重要である。本研究は、認知症リスク判定装置・ソフトウェアを設計した。このシステムによって、能動・受動的運動制御の特性について計測できた。運動調節の特性や、運動調節時の脳活動を確認することができる。また、視線検出システムを用いて、正常者並びに神経疾患患者のサッケード特徴についても計測することが出来た。早期の認知症リスクのサッケードなどの特徴抽出を行うための基礎データを得ることが出来た。

  • 運動技能習熟強化のための筋疲労の活用とその神経生理学的意義

    研究課題/領域番号:26282168  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)  基盤研究(B)

    丸山 敦夫, 山代 幸哉, 塗木 淳夫, 佐藤 大輔, 濱田 雅

      詳細を見る

    配分額:16380000円 ( 直接経費:12600000円 、 間接経費:3780000円 )

    本研究は運動技能習熟強化のための筋疲労の活用とその神経生理学的意義を明らかにした.課題1では大脳高次運動野の神経ネットワークの運動前野背側(PMd),補足運動野(SMA)と後頭頂葉(PPC)と第一運動野(M1)のそれぞれの連結に及ぼす筋疲労の影響は,PMd,SMAの興奮性低下がM1皮質内抑制を低下させたが,PPCからM1への影響は見られなかった.課題2では運動野皮質内抑制低下からみた至適筋疲労後10分の回復時に適応的および連続的運動学習行わせた結果,両学習で作業成績が向上することが明らかになり,筋疲労は運動技能の習熟強化に貢献することが示唆された.

  • 触力覚提示装置を用いた運動競技者と神経系疾患者の身体感覚の計測

    2013年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る


    フォースマッチング課題によって感覚の減衰を評価することで、統合失調症患者や心因性ジストニア患者の特徴抽出が可能なことが知られているが、手の指の感覚の減衰による測定しか行われていない。そこで我々は、足の指も測定できる検査・診断システムの開発し、正常人ならびにサッカー選手の足の指の感覚の減衰を測定し、違いがある事を明らかにした。これらの結果より、足に関する神経疾患の測定などが今後期待される。

  • 触覚と3次元仮想空間を利用した運動学習における視覚と運動感覚の役割の解明

    2011年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

      詳細を見る

    視覚的運動予測と触覚的運動予測に基づく運動予測の特徴を明らかにするために、脳活動を混乱させる非侵襲性手技である経頭蓋磁気刺激法(TMS)、触覚提示ロボット(把持力計測:GF)、バーチャル3次元空間を用いて研究を行った。その結果、視覚情報と運動学習・機能を研究するために有用で斬新な3Dバーチャル触力覚提示システムを開発することに成功した。さらに、開発したシステムを用いて、視覚的運動予測に基づく運動学習における運動皮質の興奮活動と運動力学的な把持運動の特性に関する基礎的な知見を得ることができた。

  • メラノプシンを含む神経節細胞の非視覚系および視覚系への寄与の解明

    2009年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    先行研究で用いた多原色光源刺激装置を改良し、メラノプシン神経節細胞の非撮像系経路および撮像系経路への寄与について調べた。非撮像系経路については、定常光および非定常光に対する瞳孔反応に関するメラノプシン神経節細胞の機能的役割についてその寄与を明らかにした。成果は論文にまとめ、学術雑誌に掲載された。撮像系経路については、成果を論文にまとめ、2012年6月に専門誌に掲載される予定である。

  • 筋疲労回復を目指した温熱磁気刺激装置の開発

    2009年4月 - 2011年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    近年、有訴者の症状で肩こりや腰痛は上位を占めるけれども、医療機関を受診する頻度は極端に低い現状である。そのため、申請者らはこの点に注目して、手軽に行える温熱と磁気刺激を組み込んだ筋疲労回復装置の開発を試みた。そして、筋疲労に対する温熱磁気刺激の回復効果を明確にすることを目指し、その結果、試作した温熱磁気刺激装置により、筋疲労の回復を促進させることが出来ることを確認した。測定には血流量、最大発揮筋力、皮膚温度および積分筋電図などのパラメータを用いた。温熱磁気刺激により血流量、最大発揮筋力、皮膚温度は増加傾向あり、一方積分筋電図の増加は抑制された。これらの結果は、温熱磁気刺激が筋疲労回復に有効であることを示唆している。これらの成果は、2編の論文と、7件の口頭発表にまとめた。

  • 二重経頭蓋磁気刺激法による運動前野・運動野の興奮性と運動観察の基礎的研究

    2009年4月 - 2010年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

      詳細を見る


    本研究は、実戦的な動作の運動観察や模倣が、運動技能獲得にいかに重要なのかを脳神経科学の面から明らかにすることである。特に、二重経頭蓋磁気刺激法(TMS)を用いて運動観察が初心者の運動技術獲得に重要であるかを腹側運動前野と運動野の興奮性から検討した。2年間の研究から以下のことが明らかになった。
    1) 投球動作観察においては、野球経験者の視線距離は未熟練者より短く、注視時間は顕著に長かった。野球経験者は投動作に対する視線軌跡に順序性が見られ動作の観察のための注視時間が長かった。しかし、未熟練者では動作の追従性が見られず視線距離も長く動作を熟視する時間が短いことが示された。2) 野球経験者の動作観察時には皮質内抑制はコントロール値より脱抑制し運動観察が熟練者の運動野の興奮性を変えたことが示された。未熟練者には皮質内抑制の低下を確認することができなかった。投動作観察中、腹側運動前野と運動野の抑制は野球経験者では低下する傾向にあったが未熟練者にはなかった。このことからミラーニューロンを多く持つ腹側運動前野と運動野の連携で起こる熟練者の抑制は動作観察中に低下するという傾向が示され、観察中に運動野の興奮性を変える可能性が見られた。しかし、腹側運動前野への刺激ポイントの同定が人によって異なり難しく、より明確に二重刺激による腹側運動前野から運動野への連携を見出すためにはMRIの活用などによる個人の同定法を開発する必要があると考える。
    以上の点から運動技能獲得のためには運動観察や模倣の重要性を明らかにしようと試みた。その結果かなりの成果を得て研究の目的を達成する結果に近づいたが、いくつかの問題点も明らかになった。それは二つのTMSコイルを用いた腹側運動前野刺激ポイントの同定を明確にする手段を考えるには、今後より充実した実験環境を整えて研究を進める必要がある点である。

  • Brain mechanisms involved in conscious visual perception, object substitution masking, and the interaction between different brain regions

    2008年4月 - 2008年10月

    海外  研究助成 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    Brain mechanisms involved in conscious visual perception, object substitution masking, and the interaction between different brain regions

  • in vivo計測によるラットの神経-筋を用いたパルス磁気刺激の影響に関する研究

    2006年4月 - 2008年3月

    その他機関  研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    in vivo計測によるラットの神経-筋を用いたパルス磁気刺激の影響に関する研究

  • 局所筋疲労回復を目指した磁気刺激装置の開発に関する研究

    2003年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る


    生体へのパルス磁気刺激法は、最近ではパーキンソン病などの治療やリハビリテーションの領域においても注目されている。しかし、磁気刺激の強度や刺激方法については明確な手法が確立されていない。もっぱら、強い磁気刺激が用いられている。しかも、磁気刺激の興奮部位についても極在性だけが問題とされているだけで、刺激効果のメカニズムについてはいまだ不明瞭である。本研究では、弱磁気刺激を局所筋疲労回復の治療に用いることを目的に、むしろ刺激の局在性よりも生体内に流れる渦電流の分布に着目して、新しい磁気刺激装置の開発を目指している。そのため、生体を模擬した物理的なモデルを用いて生体内の渦電流分布の解明と筋疲労回復に対する磁気刺激の効果の定量的解明を試みている。平成17年度は、平成15年、平成16年度の実績をもとに、被験者を増やし、特に男女間での発揮筋力に対する疲労の定量化を実現した。また、平成17年度においては弱磁気刺激によって筋疲労が回復されることを発揮筋力の測定から検討し、弱磁気刺激の局所筋疲労に対する回復効果が約90%の高い割合で認められた。筋疲労に対する弱磁気刺激は、筋肉を動かす強い刺激でのマッサージ効果を与えなくても、きわめて微弱な渦電流を生体に流すことによって筋疲労回復を促進することを示唆している。また、さらにこれらの結果をもとに新しい磁気刺激装置とフレキシブルなコイルを試作した。コイルは約100ミクロンの厚さの銅箔を用いて切り抜き、ラミネート加工したものである。刺激装置の電源部はIGBT素子を用い、パルス電流をコイルに流し、パルスの回数、時間等のパラメータを自由に変えられるようにした。しかしながら、試作した磁気刺激装置の評価までには到らなかった。今後は、この試作機を用いて、筋疲労回復効果について定量的な計測を進めていくつもりである。
    最後に、本科学研究費補助金の助成を受けましたことに深謝いたします。

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • グローバルサイエンスⅡ 講師

    役割:司会, 講師, 助言・指導, 企画, 実演

    2020年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • グローバルサイエンスⅡ 講師

    役割:講師

    池田学園 池田高等学校  鹿児島大学 共通教育棟4号館  2020年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    生体計測及び生体信号解析の研究,特に,脳神経や筋肉の働きを電気や運動などの生体信号を用いた新しい生体計測技術および,その技術を医学と融合・発展させることを目指した講義・実習を通して,科学技術への興味・関心を喚起する。そして,これからの日本を担う者としての役割を考える機会とする。

  • グローバルサイエンスⅡ 講師

    役割:講師

    池田学園 池田高等学校  池田学園 池田高等学校  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    生体計測及び生体信号解析の研究,特に,脳神経や筋肉の働きを電気や運動などの生体信号を用いた新しい生体計測技術および,その技術を医学と融合・発展させることを目指した講義・実習を通して,科学技術への興味・関心を喚起する。そして,これからの日本を担う者としての役割を考える機会とする。

  • 鹿児島陸上競技協会 医科学委員

    役割:助言・指導, 運営参加・支援

    2017年4月 - 現在

  • 鹿児島県健康づくり運動指導者協議会

    役割:講師

    鹿児島県健康づくり運動指導者協議会  鹿児島アリーナ 会議室  2016年7月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般, 行政機関

    種別:講演会

    市民ランナーのためのコンディショニング指導

  • 九州学生陸上競技連盟 評議員

    役割:運営参加・支援

    2012年4月 - 現在

▼全件表示