2023/12/05 更新

写真a

マエダ アヤ
前田 綾
MAEDA-IINO Aya
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座 講師
職名
講師

学位

  • 博士(歯学) ( 2007年4月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 口唇裂・口蓋裂治療に関する臨床研究

  • 炎症性メディエーター(サイトカイン,ケモカイン)

  • 機械的刺激に関する基礎研究

  • 歯科矯正学

  • 全身と顎口腔機能との関連

研究分野

  • その他 / その他  / 歯科矯正学

  • ライフサイエンス / 成長、発育系歯学

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   講師

    2019年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 発達系歯科センター   講師

    2018年12月 - 2019年3月

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 歯科矯正学   診療講師

    2017年6月 - 2018年11月

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 健康科学専攻 発生発達成育学講座   助教

    2007年5月 - 2018年11月

所属学協会

  • 日本矯正歯科学会編集幹事

    2014年4月 - 現在

  • 日本口蓋裂学会

    2008年5月 - 現在

  • 日本矯正歯科学会

    2003年5月 - 現在

  • 九州矯正歯科学会

    2003年5月 - 現在

委員歴

  • 九州矯正歯科学会   評議員  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本矯正歯科学会   代議員  

    2020年 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本矯正歯科学会編集幹事   幹事  

    2014年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

    日本矯正歯科学会

取得資格

  • 歯科医師

  • 日本矯正歯科学会認定医

  • 日本矯正歯科学会指導医

  • 口唇裂・口蓋裂認定師(矯正歯科分野)

 

論文

  • Maeda-Iino A, Osako Y, Nakagawa S, Takahashi K, Oga Y, Furukawa-Sainoki M, Harada M, Fukushima M, Miyawaki S. .  Relationship between masseter muscle activity during wakefulness and temporomandibular disorder (TMD)-related symptoms .  Journal of Oral Rehabilitation. IN PRESS   2023年査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishimaru T, Yamaguchi T, Saito T, Hattori Y, Ono T, Arai Y, Hasegawa Y, Shiga H, Tamaki K, Tanaka J, Tsuga K, Abekura H, Miyawaki S, Maeda-lino A, Mikami S, Gotouda A, Satoh K, Shimizu K, Kato Y, Namita T .  Actual state of the diurnal masseteric electromyogram: Differences between awareness and non-awareness of awake bruxism .  Journal of Prosthodontic Research. IN PRESS   2023年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamagata K, Oga Y, Kwon S, Maeda-Iino A, Ishikawa T, Miyawaki S. .  A novel auxiliary device enhances the miniscrew stability under immediate heavy loading simulating orthopedic treatment. .  Angle Orthod.93 ( 1 ) 71 - 78   2023年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishihata Kiyohide, Kibe Toshiro, Tezuka Masahiro, Seong Chang-Hwan, Maeda-Iino Aya, Nozoe Etsuro, Nakamura Norifumi .  Postoperative stability following orthognathic surgery and final skeletal morphology in class III patients with cleft lip and palate .    34 ( 6 ) 704 - 712   2022年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hino S., Maeda-Iino A. (The first two authors contributed equally to this study), Yagi T., Nakagawa S., Miyawaki S. .  Effects of sex, age, choice of surgical orthodontic treatment, and skeletal pattern on the psychological assessments of orthodontic patients .  Scientific Reports12 ( 1 ) 9114   2022年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    We aimed to examine the effects of sex, age, choice of surgical orthodontic treatment, and skeletal pattern on psychological assessment scores of orthodontic patients before edgewise treatment. They completed the State-Trait Anxiety Inventory (STAI), Beck Depression Inventory (BDI)-II, and the psychological domain of the World Health Organization Quality of Life 26 (Psych-QOL) for assessment of anxiety, depression, and body image, respectively. No significant effects on psychological assessment scores due to sex or age differences were found. Surgical orthodontic treatment patients and patients with skeletal Class III had significantly higher STAI-Trait and/or BDI-II scores and lower Psych-QOL score. Based on the linear mixed-effects model, the choice of surgical orthodontic treatment had a significant effect on the STAI-Trait, BDI-II, and Psych-QOL scores. No significant interaction effect was found between the choice of surgical orthodontic treatment and the skeletal pattern by ANB angle. Patients with skeletal Class I or III who chose surgical orthodontic treatment had higher STAI-Trait and/or BDI-II scores and/or lower body image score, respectively. These results suggest that patients who chose surgical orthodontic treatment, particularly those with skeletal Class I and III, may be more prone to experience anxiety and depression and have body image dissatisfaction.

    DOI: 10.1038/s41598-022-12129-0

    Scopus

    PubMed

  • Kibe T, Maeda-Iino A, Takahashi T, Kamakura S 4, Suzuki O, Nakamura N. .  A Follow-Up Study on the Clinical Outcomes of Alveolar Reconstruction Using Octacalcium Phosphate Granules and Atelocollagen Complex .    79 ( 12 ) 2462 - 2471   2021年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.joms.2021.09.017

    Scopus

    PubMed

  • Maeda‐Iino A, Nakagawa S, Nakamura N, Miyawaki S. .  An adolescent patient with bilateral cleft lip and palate treated with late bone grafting and edgewise appliance for mesial movement of the maxillary molars and improvement of the retroclined maxillary central incisor .  AJO-DO Clinical Companion1 ( 1 ) 55 - 72   2021年6月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: https://doi.org/10.1016/j.xaor.2021.01.006

  • Aya Maeda-Iino, Mika Fukushima, Yoko Sakoguchi, Haruhito Omure, Akihito Oishi, Yasuhiko Oga, Minami Furukawa-Sainoki, Shuji Kanmura, Akio Ido, and Shouichi Miyawaki. .  Effects of intra-esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness .  Journal of Oral Rehabilitation47 ( 5 ) 567 - 576   2020年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/joor.12947

  • Nakagawa S, Maeda-Iino A (The first two authors contributed equally to this study), Miyawaki S. .  Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. .  Orthodontics & Craniofacial Research22 ( 3 ) 159- - 167   2019年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/ocr.12306.

  • Takao Fuchigami、Namiko Kimura, Masahiro Tezuka, Toshiro Kibe, Muhammad Subhan Amir, Toshiya Tsujii, Hokuto Suga, Makiko Hashiguchi, Aya Maeda-Iino, Norifumi Nakamura. .  Comparison of short-term effects of presurgical nasoalveolar molding and Hotz's plate on maxillary arch form in unilateral cleft lip and palate. .  Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology   2019年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maeda-Iino A, Marutani K, Furukawa M, Nakagawa S, Kwon S, Kibe T, Tezuka M, Nakamura N, Miyawaki S. .  Evaluation of maxillary central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 1: Relationship between root length and orthodontic tooth movement. .  Angle Orthodontist87 ( 6 ) 855 - 862   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/031317-188.1.

  • Maeda-Iino A, Furukawa M, Kwon S, Marutani K, Nakagawa S, Fuchigami T, Nakamura N, Miyawaki S. .  Evaluation of maxillary central incisors on the non-cleft and cleft sides in patients with unilateral cleft lip and palate — Part 2: Relationship of root resorption with horizontal tooth movement and quantity of grafted autogenous bone. .  Angle Orthodontist87 ( 6 ) 863 - 870   2017年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/031317-189.1.

  • Maeda A, Bandow K, Kusuyama J, Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T. .  Induction of CXCL2 and CCL2 by pressure force requires IL-1β-MyD88 axis in osteoblasts. .  Bone74   76 - 82   2015年5月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bone.2015.01.007.

  • Maeda A, Uehara S, Suga M, Nishihara K, Nakamura N, Miyawaki S. .  Changes in Grafted Autogenous Bone during Edgewise Treatment in Patients with Unilateral Cleft lip/palate or Alveolus .    51 ( 5 ) 525 - 531   2014年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1597/12-281.

  • Maeda A, Sakoguchi Y, Miyawaki S. .  Patient with oligodontia treated with a miniscrew for unilateral mesial movement of maxillary molars and alignment of an impacted third molar .  American Journal of Orthodontics and Dentofacial Orthopedics144 ( 3 ) 430 - 440   2013年9月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajodo.2012.08.032.

  • Uehara S, Maeda A (The first two authors contributed equally to this study), Tomonari H, Miyawaki S. .  Relationships between the root-crown ratio and the loss of occlusal contact and high mandibular plane angle in open-bite patients .    83 ( 1 ) 36 - 42   2013年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/042412-341.1.

  • Maeda A, Tomonari H, Takada H, Miyawaki S. .  Class II high angle case for which titanium screws were added after mandibular posterior rotation .    71 ( 2 ) 70 - 77   2012年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bandow K, Maeda A, Kakimoto K, Kusuyama J, Shamoto m, Ohnishi T, Matsuguchi T. .  Molecular mechanisms of the inhibitory effect of lipopolysaccharide (LPS) on osteoblast differentiation .  Biochem. Biophys. Res. Commun26 ( 402 ) 755 - 761   2010年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2010.10.103.

  • Maeda A, Soejima K, Ogura M, Ohmure H, Sugihara K, Miyawaki S .  Orthodontic treatment combined with mandibular distraction osteogenesis and changes in stomatognathic function .  The Angle Orthodontist78   1125 - 1132   2008年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2319/111907-539.1.

  • Maeda A, Soejima K, Bandow K, Kuroe K, Kakimoto K, Miyawaki S, Okamoto A, Matsuguchi T. .  Force-induced IL-8 from periodontal ligament cells requires IL-1 .  Journal of Dental Research86   629 - 634   2007年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1177/154405910708600709.

  • 楠元淳也,前田綾,福嶋美佳,宮脇正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて上下顎歯列を遠心移動した上下顎前突症例 .  九州矯正歯科学会誌   2023年査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:日本語  

  • 才ノ木 みなみ, 八木 孝和, 楠元 淳也, 大賀 泰彦, 前田 綾, 宮脇 正一 .  顎口腔機能の改善が認められた顔面非対称を有する骨格性I級ハイアングル症例 .  Clinical and Investigative Orthodontics (Japanese Edition)81 ( 2 ) 87 - 94   2022年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    オトガイの右方偏位と口裂の右上がりを主訴に来院した初診時年齢25歳3ヵ月の女性にマルチブラケット装置を使用して上下顎同時移動術を含めた外科的矯正治療を行い,良好な治療結果を得たので報告する.患者は下顎左側第二大臼歯を欠如しており,咬合平面の右上がりの傾斜,オトガイの右方偏位を呈していた.右側顎関節はクリッキングと関節円板の前外方転位を認めた.術前矯正治療にて,上顎両側第一小臼歯,下顎右側第一小臼歯を抜去し,上顎骨はLe Fort I型骨切り術,下顎骨は下顎枝矢状分割術を行い,非対称の改善を行った.治療後,最大開閉口時の右方偏位は改善し,保定期間中に咬合力の増加が認められた.保定3年7ヵ月を経過しているが,良好な咬合を維持している.(著者抄録)

  • 前田 綾, 才ノ木 みなみ, 日野 沙耶佳, 南 弘之, 宮脇 正一 .  外傷で喪失した上顎左側中切歯の空隙を矯正歯科治療で閉鎖した開咬を伴う骨格性III級症例 .  Clinical and Investigative Orthodontics (Japanese Edition)81 ( 1 ) 19 - 26   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:(公社)日本矯正歯科学会  

    交通事故による前歯部審美障害を主訴に来院した初診時年齢24歳5ヵ月の女性にマルチブラケット装置による矯正歯科治療および補綴治療を行い、良好な治療結果を得たので報告する。患者は交通事故で上顎前歯を脱臼し、上顎左側中切歯は喪失しており、開咬を伴う骨格性III級を呈していた。矯正歯科治療により、上顎は左側側切歯を中切歯の位置に排列し、右側は第二小臼歯を抜去して臼歯を近心移動した。下顎は左側第一小臼歯と右側第二小臼歯を抜去し、前歯の舌側移動を行った。動的治療後に上顎前歯の補綴治療を行い、保定5年3ヵ月を経過しているが、良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 石川 崇典, 前田 綾, 中川 祥子, 迫口 陽子, 宮脇 正一 .  上顎歯列弓幅径を維持しながら矯正歯科治療を行った軟口蓋裂を伴うアングルI級叢生症例 .  九州矯正歯科学会雑誌17 ( 1 ) 1 - 6   2021年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    口蓋形成術を受けた患者は、術後の瘢痕に起因する上顎骨の劣成長や上顎歯列弓の狭窄を生じやすい。我々は、軟口蓋裂に対する口蓋形成術後に上顎歯列弓の拡大を行った症例に対し、エッジワイズ法にて治療を行い、良好な咬合が得られたため報告する。患者は第二期治療開始時年齢が12歳5ヵ月の女子で、上下顎歯列の叢生を主訴としていた。上下顎第一小臼歯抜去を伴うエッジワイズ法での治療の際、クワドヘリックス装置を併用して排列した結果、上顎歯列弓形態を維持しつつ緊密な咬合が獲得された。エッジワイズ装置撤去後はクリアリテーナーによる保定を行っており、保定開始から2年後も上顎歯列弓幅径は変化がなく良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 石丸 智也, 山口 泰彦, 服部 佳功, 小野 高裕, 荒井 良明, 長谷川 陽子, 志賀 博, 玉置 勝司, 田中 順子, 津賀 一弘, 安部倉 仁, 宮脇 正一, 前田 綾, 三上 紗季, 後藤田 章人, 佐藤 華織 .  日中覚醒時ブラキシズムの自覚の有無と咬筋活動の実態に関する検討 .  日本顎口腔機能学会雑誌27 ( 1-2 ) 24 - 27   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

  • 中川 祥子, 前田 綾, 福嶋 美佳, 石畑 清秀, 宮脇 正一 .  舌癌治療後に歯列弓の側方拡大を行った鞍状歯列弓を伴うAngle I級不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会雑誌16 ( 1 ) 7 - 13   2021年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    舌癌の原因として、鞍状歯列弓による舌への機械的刺激が疑われた症例に対して、歯列弓の側方拡大による矯正歯科治療を行い、良好な結果を得たので報告する。患者は上皮内癌に対する舌部分切除術を行った27歳0ヵ月の女性で、舌癌の要因の一つと考えられる下顎歯列の叢生の改善を希望して受診した。患者の下顎歯列は鞍状歯列弓を呈しており、舌癌発症部位に近接する下顎臼歯部は著しく舌側傾斜していた。歯列弓の側方拡大および非抜歯による矯正歯科治療を行い、下顎歯列の叢生および鞍状歯列弓を改善した。動的治療2年後、クリアリテーナーによる保定を行った。保定4年を経過しているが、舌癌の再発は認めず、良好な咬合を維持している。(著者抄録)

  • 前田 綾,丸谷 佳菜子,中川 祥子,渡邉 温子,大賀 泰彦,宮脇 正一 .  鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療 .  鹿児島県歯科医師会報   2020年4月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • 才ノ木 みなみ[古川], 前田 綾, 國則 貴玄, 楠元 淳也, 宮脇 正一 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎歯列の遠心移動を行った骨格性III級ローアングル症例 .  九州矯正歯科学会雑誌15 ( 1 ) 40 - 44   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:九州矯正歯科学会  

    初診時年齢15歳2ヵ月の女性で、切端咬合を伴う骨格性III級ローアングル症例に対して、エッジワイズ装置と歯科矯正用アンカースクリューを併用した矯正歯科治療を行った。下顎両側第一大臼歯近心に歯科矯正用アンカースクリューを埋入し、下顎両側第三大臼歯を抜去して、下顎歯列の遠心移動による前歯部の被蓋および臼歯関係の改善を行った。動的治療期間は1年5ヵ月であり、良好な咬合が獲得された。保定開始から2年経過後、明らかな後戻りは認められず、安定した咬合が維持されている。(著者抄録)

  • 小栁 宏太郎, 前田 綾, 石畑 清秀, 宮脇 正一. .  外科的矯正治療により下顎運動が改善した前歯部叢生と下顎前歯の著しい舌側傾斜を伴う骨格性下顎前突症例 .  Orthodontic Waves-Japanese Edition   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田 綾,丸谷 佳菜子,中川 祥子,渡邉 温子,大賀 泰彦,宮脇 正一 .  鹿児島大学病院における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の矯正歯科治 .  南九州歯学会雑誌   2020年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dwi Ariawan, Iwan Tofani, Harun Asjiq Gunawan, Muhammad Syafrudin Hak, Ariadna A. Djais, Agoeng Tjahajani, Aya Maeda-Iino, Shoko Nakagawa, Takuya Yoshimura, Takao Fuchigami, Norifumi Nakamura. .  Correlation of Basic Fibroblast Growth Factor Expression in Palatal Mucoperiosteal Tissue with Dental Arch Relationships in Operated Unilateral Cleft Lip and Palate Patients .  Journal of International Dental and Medical Research12 ( 1 ) 61 - 70   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fuchigami T, Kimura N., Kibe T, Tezuka M, Amir M. S, Suga H, Takemoto Y, Hashiguchi M, Maeda-Iino A, Nakamura N. .  Effects of pre-surgical nasoalveolar moulding on maxillary arch and nasal form in unilateral cleft lip and palate before lip surgery. .  Orthodontics & Craniofacial Research20 ( 4 ) 209 - 215   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takako Okawachi, Etsuro Nozoe, Kiyohide Ishihata, Kouta Shimomatsu, Aya Maeda, Norifumi Nakamura .  Comparison of Postoperative Stability and Complications Following Orthogenetic Surgery between Patients with Skeletal Class III Deformity with/without Cleft Lip and Palate .  Oral Health and Dental Management16 ( 1 )   2017年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 福重雅美, 前田 綾, 上原沢子, 植田紘貴, 帆北友紀, 中村典史, 宮脇正一. .  矯正治療中の口唇顎裂もしくは口唇口蓋裂を伴う患者の保護者における心理状態と関心事. .  日本口蓋裂学会雑誌40 ( 1 ) in press   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮脇正一, 植田紘貴, 大牟禮治人, 八木孝和, 山本芳丈, 友成 博, 前田 綾, 上村裕希, 永山邦宏, 国則貴玄, 高田寛子, 上原沢子, 吉田礼子, 島田和幸. .  鹿児島大学歯学部とエアランガ大学歯学部との国際交流①. 鹿児島大学歯学部紀要 .  鹿児島大学歯学部紀要34   79 - 82   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sakaguchi K, Yagi T, Maeda A, Nagayama K, Uehara S, Sakoguchi Y, Kanematsu K, Miyawaki S. .  Association of problem behavior with sleep problem and gastroesophageal reflux symptom .  Pediatrics International 56 ( 1 ) 24 - 30   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮脇正一、八木孝和、池森宇泰、前田 綾、友成 博 .  歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の基本と応用 .  鹿歯会報105 ( 684 ) 9 - 11   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 高田寛子、友成 博、前田 綾、八木孝和、宮脇正一 .  顎矯正手術後にチタンスクリューを用いて顎間固定を行った骨格性下顎前突症例の1治験例 .  九州矯正歯科学会雑誌7 ( 1 ) 49 - 54   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 迫口陽子, 前田綾, 吉田礼子, 高田寛子, 宮脇正一. .  矯正治療後に顎関節症状が改善した下顎の側方への機能的偏位と咬筋肥大を伴うアングルⅡ級ローアングル症例 .  九州矯正歯科学会雑誌8 ( 1 ) 61 - 68   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishihara K, Nozoe E, Meada A, Hirahara N, Okawachi T, Miyawaki S, Nakamura N. .  Outcome Following Secondary Autogenous Bone Grafting Before and After Canine Eruption in Patients with Complete Unilateral Cleft Lip and Palate .  The Cleft Palate - Craniofacial Journal in press   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田綾、野添悦郎、今村晴幸、杉原一正、中村典史、馬嶋秀行、宮脇正一 .  鹿児島大学病院顎変形症外来における外科的矯正治療について .  鹿歯会報98 ( 677 ) 11 - 13   2011年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 戸川玲奈,飯野祥一朗,前田 綾,大河内孝子,野添悦郎,中村典史,宮脇正一. 34: 299-312, 2009 .  上顎歯列の側方拡大と骨移植後にLe Fort I型骨切り術を行った片側性唇顎口蓋裂を伴う骨格性下顎前突症例の1治験例 .  日本口蓋裂学会雑誌34   299 - 312   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前田 綾 .  機械的刺激を加えたときの歯根膜細胞によるケモカイン発現・産生の動態とその細胞内シグナル伝達機構の解明 .  鹿児島大学歯学部紀要29   27 - 27   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Okamoto A, Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Chiba N, Maeda A, Fukunaga T, Miyawaki S, Matsuguchi T. .  Reduction of orthodontic tooth movement by experimentally induced periodontal inflammation in mice, European Journal of Oral Sciences .  European Journal of Oral Sciences117   238 - 247   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuroe K, Tomonari H, Soejima K, Maeda A. .  Surgical repositioning of the developing maxillary permanent central incisor in a horizontal position: Spontaneous eruption and root formation. .  European journal of Orthodontics27   206 - 209   2006年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/ejo/cji099.

▼全件表示

書籍等出版物

  • 月刊「デンタルハイジーン」別冊 まるごとわかるブラキシズム

    馬場一美, 西山 暁, 宮脇正一, 前田 綾, 渡邉温子, 中川祥子, 成 昌建( 担当: 共著)

    医歯薬出版株式会社  2022年 

     詳細を見る

    総ページ数:6  

  • 新よくわかる顎口腔機能.

    宮脇正一,永山邦広,前田 綾. ( 担当: 共著)

    顎口腔機能学会編.  2017年2月 

     詳細を見る

    総ページ数: 83-85   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 矯正治療を受けている唇顎口蓋裂を伴う児童の保護者の心理状態と関心事の解明.

    福重雅美,前田 綾,植田紘貴,上原沢子,帆北友紀,下田平貴子,宮脇 正一.( 担当: 共著)

    かごしま口腔保健協会会報   2013年8月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 増える逆流性食道炎-逆流性食道炎と歯科

    宮脇正一,植田紘貴,前田 綾.( 担当: 共著)

    歯科衛生士  2013年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 【まるごとわかるブラキシズム】(Chapter 2)睡眠時ブラキシズム 小児の睡眠時ブラキシズム

    宮脇 正一, 前田 綾, 渡邉 温子, 中川 祥子, 成 昌建

    デンタルハイジーン   別冊 ( まるごとわかるブラキシズム )   74 - 79   2022年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:医歯薬出版(株)  

  • 口腔機能の異常と早期治療の必要性

    宮脇 正一, 古川 みなみ, 丸谷 佳菜子, 福嶋 美佳, 石川 崇典, 渡邉 温子, 中川 祥子, 高橋 広太郎, 大賀 泰彦, 前田 綾

    東京矯正歯科学会雑誌   31 ( 2 )   140 - 147   2021年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:東京矯正歯科学会  

  • 鹿児島大学病院における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の矯正歯科治療

    前田 綾, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 大賀 泰彦, 宮脇 正一

    南九州歯学会雑誌   1 ( 1 )   19 - 26   2020年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:南九州歯学会  

    口唇裂・口蓋裂は,顔面の形成不全や口腔の機能障害を伴う先天性疾患であり,上顎骨の劣成長や上顎歯列の狭窄を伴う反対咬合,顎裂に隣接した歯の萌出位置の異常を認めるなど,重度の不正咬合を呈することが多い.口唇裂・口蓋裂治療の中でも,矯正歯科治療は長い期間を要する治療である.鹿児島大学病院矯正歯科における乳歯列期および混合歯列期に行う第一期治療では,主に上顎骨の前方成長促進や上顎歯列の拡大,顎裂部骨移植後の顎裂部に隣接する犬歯・側切歯などの萌出誘導もしくは矯正学的歯の移動を行っている.永久歯列期に行う第二期治療では,マルチブラケット装置による最終的な咬合の確立を行うが,上下顎骨の不調和が大きい場合は,外科的矯正治療を選択している.マルチブラケット装置撤去後は,必要に応じて補綴治療を行い,咬合の安定のため長期間の保定を行う.このように,治療が長期間に及ぶことから,患者や保護者の心理状態を把握し,多職種連携を強化したチーム医療を提供することが重要である.鹿児島大学病院矯正歯科では,長期的評価による臨床研究や症例報告を行うことで,治療成績の向上に努めてきた.今回,我々は,鹿児島大学矯正歯科で行っている口唇裂・口蓋裂治療の概要を紹介するとともに,当科で報告してきた臨床研究や症例報告について紹介する.(著者抄録)

  • 酸蝕症とブラキシズム

    宮脇正一, 植田紘貴, 前田 綾.

    小児歯科臨床   19 ( 5 )   38 - 42   2014年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療の有用性

    宮脇正一、八木孝和、池森宇泰、前田 綾、友成 博

    季刊歯科医療   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 睡眠時ブラキシズムの関連因子 査読

    宮脇正一、永田順子、大牟禮治人、坂口勝義、前田 綾、戸川玲奈、福永智宏

    心身内科   11 ( 4 )   278 - 284   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 前田 綾 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後の顎裂部における骨再生の長期経過 .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会(ランチョンセミナー)  2022年5月  日本口蓋裂学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 前田 綾,中川 祥子,丸谷 佳菜子,岐部 俊郎,中村 典史,宮脇 正一 .  鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  第46回日本口蓋裂学会総会・学術集会(シンポジウム)  日本口蓋裂学会招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島   国名:日本国  

  • 福嶋 美佳, 前田 綾, 大牟禮 治人, 迫口 陽子, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 中川 祥子, 大迫 佑季, 高橋 広太郎, 成 昌建, 原田 真利那, 上村 修司, 井戸 章雄, 宮脇 正一 .  覚醒時の食道内酸刺激は精神的ストレスより咬筋活動と自律神経活動に強く影響する .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2021年11月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 岐部 俊郎, 菅 真有, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 中村 典史, 宮脇 正一 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萠出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2019年11月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Osako Yuki, Maeda-Iino Aya, Nakagawa Shoko, Oga Yasuhiko, Takahashi Kotaro, Fukushima Mika, Marutani Kanako, Miyawaki Shouichi. .  The relationships between the subjective symptoms of awake bruxism, masseter muscle activity in wakefulness, and temporomandibular disorders. .  The 9th International Orthodontic Congress  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Takahashi Kotaro, Maeda-Iino Aya, Oga Yasuhiko, Osako Yuki, Nakagawa Shoko, Fukushima Mika, Marutani Kanako, Miyawaki Shouichi. .  Relationships between upper gastrointestinal symptoms and symptoms of temporomandibular disorders. .  The 9th International Orthodontic Congress.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 渡邉温子,前田 綾,岐部俊郎,中村典史,宮脇正一 .  唇顎口蓋裂を伴う患者に対して後期顎裂部骨移植を行った3症例. .  第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 症例展示 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾,中川祥子,大石章仁,渡邉温子,丸谷佳菜子,渕上貴央,手塚征宏,岐部俊郎,中村典史,宮脇正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎前方牽引装置による治療効果の長期的評価. .  第44回日本口蓋裂学会総会・学術集会 症例展示 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 大迫佑季,前田綾,中川祥子,古川みなみ,大賀泰彦,髙橋広太郎,大石章仁,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一. .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会 口演  

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 髙橋広太郎,前田綾,大石章仁,大賀泰彦,大迫佑季,古川みなみ,中川祥子,福嶋美佳,丸谷佳菜子,宮脇正一. .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について. .  第15回九州矯正歯科学会学術大会 口演 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中川祥子,前田綾,宮脇正一. .  成人女性における顎顔面形態および不正咬合と握力との関連性. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 迫口陽子,前田綾,福嶋美佳,大牟禮治人,大石章仁,大賀泰彦,古川みなみ,髙橋広太郎,大迫佑季,丸谷佳菜子,中川祥子,宮脇正一. .  覚醒時の食道内酸刺激後の咬筋活動と自律神経活動の経時的変化. .  第78回日本矯正歯科学会学術大会 学術展示 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田綾,權 相豪,渡邉温子,中川祥子,古川みなみ,岐部俊郎,手塚征宏,渕上貴央,中村典史,宮脇正一. .  上顎前方牽引装置で治療した片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における顎顔面形態の長期的評価 .  第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 岐部俊郎,大河内孝子,前田 綾,渕上貴央,手塚征宏,木村菜美子,石畑清秀,宮脇正一,中村典史. .  新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた片側性唇顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性 .  第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中川祥子,前田 綾,宮脇正一. .  不正咬合患者における顎顔面形態、不正咬合および握力との関連性について .  第14回九州矯正歯科学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 福嶋美佳,前田綾,大牟禮治人,迫口陽子,宮脇正一. .  覚醒時のストレス負荷と食道内酸刺激が咬筋活動へ及ぼす影響の比較 .  日本顎口腔機能学会第61回学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 丸谷 佳菜子,友成 博,前田 綾,西原 一秀,手塚 征宏,中村 典史,宮脇 正一. .  顎間骨整位術と骨移植後に歯の移植を行った両側性唇顎口蓋裂を伴う患者の一貫治療例 .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 古川 みなみ, 權 相豪, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎中切歯の歯根吸収と水平的な歯の移動および移植骨との関連. .  第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会 示説 2018年5月24-25日 大阪 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 渡邉 温子, 友成 博, 前田 綾, 手塚 征宏, 中村 典史, 宮脇 正一. .  上顎骨の劣成長と片側性唇顎口蓋裂を伴う患者に対して上顎前方牽引を含む一貫治療を行った長期経過症例. .  第42回口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中川祥子,前田 綾,宮脇正一. .  不正咬合患者における握力と身体測定値、顎顔面形態および咬合力との関連性. .  第76回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月 - 2018年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 丸谷 佳菜子,古川 みなみ, 權 相豪,中川 祥子, 渡邉 温子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一. .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長と矯正治療による歯の移動との関連:健側と顎裂側の比較. .  第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田綾,福嶋美佳,宮脇正一. .  歯科矯正用アンカースクリューを用いて上下顎歯列を遠心移動した上下顎前突症例. .  第75回日本矯正歯科学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田綾, 髙田寛子, 宮脇正一. .  歯根の外部吸収を認める上顎右側中切歯と側切歯を抜去して上顎左側切歯を右方へ移動させた上下顎前突症例 .  第73回日本矯正歯科学会大会  第73回日本矯正歯科学会大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:千葉  

    国際学会

  • 前田 綾,上原沢子,菅真 有,西原一秀,中村典史,宮脇正一. .  歯科矯正治療による片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の移植骨の変化:過去30年間における治療結果の長期的評価. .  第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会  第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年5月

    記述言語:英語  

    開催地:札幌  

    国際学会

  • 前田 綾,坂東健二郎,宮脇正一,松口徹也. .  自然免疫に重要なMyd88とIL-1βは機械的刺激による骨芽細胞のケモカインの発現誘導に関与する. .  .第72回日本矯正歯科学会大会  .第72回日本矯正歯科学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:長野  

    国内学会

  • 福重雅美,帆北友紀,前田 綾,植田紘貴,上原沢子,下田平貴子,宮脇 正一. .  唇顎口蓋裂を伴う矯正患者の保護者における 心理状態と関心事. .  第8回日本歯科衛生学会学術大会  第8回日本歯科衛生学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 前田 綾,窪田健司,宮脇正一. .  上顎前方牽引装置による治療を行った重度の成長期骨格性下顎前突症例抜歯症例. .  第8回九州矯正歯科学会学術大会  第8回九州矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:北九州  

    国内学会

  • 前田 綾,迫口陽子,宮脇正一. .  矯正用インプラントアンカー(仮称)を用いて上顎臼歯の近心移動を行った多数歯欠如症例. .  第71回日本矯正歯科学会大会  第71回日本矯正歯科学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 前田 綾,兼松恭子,上原沢子,宮脇正一. .  下顎臼歯部の遠心移動により反対咬合の改善を図った片側性唇顎裂症例. .  第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会  第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 前田 綾,上原沢子,菅 真有,西原一秀,中村典史,宮脇正一. .  片側性唇口蓋裂患者の骨移植と歯科矯正治療後の骨架橋と切歯の評価. .  第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会  第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 八木孝和,前田綾,植田紘貴,菅 真有,宮脇正一 .  歯周病原性因子存在下における培養ヒト歯根膜線維芽細胞への物理的刺激による細胞内シグナル伝達系の動態検討 .  日本矯正歯科学会学術大会  日本矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 上原沢子,前田綾,友成博,宮脇正一 .  開咬患者における歯冠歯根比と咬合接触について .  日本矯正歯科学会学術大会  日本矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 前田綾, 坂東健二郎, 上原沢子, 宮脇正一, 松口徹也 .  MyD88シグナル経路は骨牙細胞において機械的刺激によるケモカインの発現を誘導する .  日本矯正歯科学会学術大会  日本矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • 前田綾,友成博,高田寛子,宮脇正一 .  チタンスクリューを用いて下顎臼歯の垂直的コントロールと近心移動を行った骨格性 II 級ハイアングル症例 .  日本矯正歯科学会学術大会  日本矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 水溜美香,坂口勝義,大牟禮治人,前田 綾,戸川玲奈,及川紀佳子,高田寛子,兼松恭子,齋藤陽子,永田順子,岩崎智憲,山崎要一,宮脇正一 .  質問紙を用いた小児の睡眠障害実態調査 .  九州矯正歯科学会学術大会  九州矯正歯科学会学術大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 前田 綾,友成 博,飯野祥一朗,岡本敦子,西原一秀,平原成浩,大河内孝子,野添悦郎,中村典史,宮脇正一 .  一貫治療を行った唇顎口蓋裂3症例の形態と機能の評価. .  日本口蓋裂学会学術集会  日本口蓋裂学会学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 前田綾,副島和久,坂東健二郎,黒江和斗,岡本敦子,宮脇正一,松口徹也 .  機械的刺激による歯根膜細胞のIL-8産生にIL-1βは必要である .  日本矯正歯科学会  日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 前田綾,副島和久,小椋幹記,大牟禮治人,宮脇 正一 .  下顎骨延長術を行った骨格性Ⅱ級不正咬合症例 .  九州矯正歯科学会  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 副島和久,黒江和斗,友成博,前田綾 .  形成過程の水平埋伏上顎中切歯の外科的整位術-術後の萌出と歯根形成 .  九州矯正歯科学会  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 前田綾,副島和久,西川嘉昭,坂東健二郎,松口徹也,黒江和斗 .  ヒト歯根膜細胞の機械的刺激におけるケモカイン産生の動態 .  日本矯正歯科学会  日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 大迫 佑季, 前田 綾, 中川 祥子, 古川 みなみ, 大賀 泰彦, 高橋 広太郎, 大石 章仁, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  顎関節・咀嚼筋疼痛と覚醒時咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌  2021年2月  九州矯正歯科学会国際会議

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 迫口 陽子, 前田 綾, 福嶋 美佳, 大牟禮 治人, 大石 章仁, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 高橋 広太郎, 大迫 佑季, 丸谷 佳菜子, 中川 祥子, 宮脇 正一 .  覚醒時の食道内酸刺激後の咬筋活動と自律神経活動の経時的変化 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2019年11月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 川野 美来, 福重 雅美, 下田平 貴子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  リンガルブラケット矯正法で治療中の患者における清掃補助用具のプラーク除去効果に関する検討 .  九州矯正歯科学会雑誌  2019年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大石 章仁, 大賀 泰彦, 大迫 佑季, 古川 みなみ, 中川 祥子, 福嶋 美佳, 丸谷 佳菜子, 宮脇 正一 .  上部消化器症状と咬筋活動との関連性について .  九州矯正歯科学会雑誌  2021年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 大石 章仁, 權 相豪, 渡邉 温子, 中川 祥子, 古川 みなみ, 岐部 俊郎, 渕上 貴央, 中村 典史, 宮脇 正一 .  上顎前方牽引装置で治療した片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における顎顔面形態の長期的評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 中村 典史, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 前田 綾 .  口蓋裂の手術時期と手術法 .  日本口蓋裂学会雑誌  2020年5月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 渡邉 温子, 前田 綾, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  唇顎口蓋裂を伴う患者に対して後期顎裂部骨移植を行った3症例 .  日本口蓋裂学会雑誌  2020年5月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 石畑 清秀, 野添 悦郎, 大河内 孝子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 渕上 貴央, 木村 菜美子, Subhan Amir Muhammad, 古閑 崇, 前田 綾, 宮脇 正一, 中村 典史 .  唇顎口蓋裂患者における顎矯正手術術後の安定性と顎顔面骨格形態の評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2019年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 中川 祥子, 前田 綾, 宮脇 正一 .  成人女性における顎顔面形態および不正咬合と握力との関連性 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2019年11月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 山形 勁太, 大賀 泰彦, 權 相豪, 前田 綾, 石川 崇典, 菅 真有, 宮脇 正一 .  新規骨固定装置は即時荷重された歯科矯正用アンカースクリューの安定性を向上させる .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2021年11月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 大石 章仁, 渡邉 温子, 丸谷 佳菜子, 渕上 貴央, 手塚 征宏, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者における上顎前方牽引装置による治療効果の長期的評価 .  日本口蓋裂学会雑誌  2020年5月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 丸谷 佳菜子, 前田 綾, 古川 みなみ, 中川 祥子, 權 相豪, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の上顎中切歯歯根長の長期的評価 .  九州矯正歯科学会雑誌  2020年2月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 中村 典史, 宮脇 正一 .  骨移植を伴う矯正歯科治療 鹿児島大学における顎裂部骨移植に関連する矯正歯科治療のプロトコールならびに新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植6年後の治療結果について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 椎木 彩乃, 石畑 清秀, 前田 綾, 中川 祥子, Ratman Mohammad Farid, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 宮脇 正一, 中村 典史 .  片側性唇顎口蓋裂患者の唇裂手術時における鼻前庭拡張が硬・軟組織の成長に与える影響の長期的観察 .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 丸谷 佳菜子, 前田 綾, 大賀 泰彦, 中川 祥子, 渡邉 温子, 石畑 清秀, 中村 典史, 宮脇 正一 .  片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の顎裂を含む顎骨の形態と鼻腔の形態・通気性との関連について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾 .  新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後の顎裂部における骨再生の長期経過および第一期治療の結果について .  日本口蓋裂学会雑誌  2022年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大賀 泰彦, 福嶋 美佳, 中川 祥子, 大迫 佑季, 古川 みなみ, 原田 真利那, 成 昌建, 上村 修司, 井戸 章雄, 宮脇 正一 .  酸刺激時の食道知覚が咀嚼筋活動と嚥下回数に及ぼす影響について .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2022年10月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 高橋 広太郎, 前田 綾, 大賀 泰彦, 古川 みなみ, 福嶋 美佳, 中川 祥子, 大迫 佑季, 原田 真利那, 成 昌建, 上村 修司, 井戸 章雄, 宮脇 正一 .  酸刺激による食道の知覚が咀嚼筋活動に及ぼす影響について .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 大迫 佑季, 前田 綾, 中川 祥子, 古川 みなみ, 大賀 泰彦, 高橋 広太郎, 福嶋 美佳, 原田 真利那, 成 昌建, 丸谷 佳菜子, 石川 崇典, 宮脇 正一 .  覚醒時の咬筋活動と疼痛関連顎関節症との関連性 .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 日野 沙耶佳, 前田 綾, 八木 孝和, 中川 祥子, 宮脇 正一 .  矯正歯科治療患者の心理評価に性別、年齢、外科的矯正治療適用の有無および顎顔面形態が与える影響 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2022年10月  (公社)日本矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 前田 綾, 中川 祥子, 渡邉 温子, 丸谷 佳菜子, 岐部 俊郎, 手塚 征宏, 西原 一秀, 中村 典史, 宮脇 正一 .  異なるプロトコールで治療した顎裂部二次的骨移植後の骨架橋の比較 .  日本口蓋裂学会雑誌  2023年4月  (一社)日本口蓋裂学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 日野 沙耶佳, 前田 綾, 八木 孝和, 中川 祥子, 宮脇 正一 .  マルチブラケット装置による治療開始前における患者の性別,年齢,外科的矯正治療の適用の有無および顎顔面形態が心理評価に与える影響 .  九州矯正歯科学会雑誌  2022年12月  九州矯正歯科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

受賞

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞

    2021年11月   日本矯正歯科学会   覚醒時の食道内酸注入は精神的ストレスより咬筋活動と自律神経活動により強く影響する

    福嶋美佳、前田綾、大牟禮治人、迫口陽子、大賀泰彦、古川みなみ、中川祥子、大迫佑季、高橋広太郎、成昌建、原田 真利那、上村 修司、井戸 章雄、宮脇正一

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 第80回日本矯正歯科学会学術大会&第5回国際会議 優秀演題賞

    2021年5月   日本矯正歯科学会   新規骨固定装置は即時荷重された歯科矯正用アンカースクリューの安定性を向上させる.

    山形 勁太,大賀 泰彦,權 相豪,前田 綾,石川 崇典,菅 真有,宮脇 正一.

     詳細を見る

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞 

  • 日本矯正歯科学会 学術大会優秀発表賞

    2019年11月   日本矯正歯科学会   新規骨再生誘導材OCP/Collagen移植後に顎裂部の骨再生および歯の萌出と移動を認めた片側性唇顎裂の2治験例

    前田 綾, 岐部俊郎, 菅 真有, 丸谷佳菜子, 中川祥子, 中村典史, 宮脇正一

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞

    2019年5月   第43回日本口蓋裂学会総会・学術集会   新規骨再生誘導材OCP/Collagenを用いた片側性口顎口蓋裂に対する顎裂治療への有効性

    岐部俊郎,大河内孝子,前田 綾,渕上貴央,手塚征宏,木村菜美子,石畑清秀,宮脇正一,中村典史.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 2017年度鹿児島大学歯学部 ベストリサーチャー賞

    2018年10月   鹿児島大学歯学部  

    前田 綾

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成27年度鹿児島大学歯学部 ベストリサーチャー賞

    2016年7月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科  

    前田 綾

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 口腔先端科学奨励賞

    2015年12月   鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 口腔先端科学教育研究センター   矯正学的歯の移動における炎症反応の細胞シグナル伝達経路の解明 ―圧刺激による骨芽細胞のケモカインの発現誘導にはIL-1βとMyD88シグナル伝達系が必要である―

    前田 綾

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 歯学部同窓会奨励賞

    2015年11月   鹿児島大学歯学部同窓会   矯正学的歯の移動における炎症反応の細胞シグナル伝達経路の解明 ―圧刺激による骨芽細胞のケモカインの発現誘導にはIL-1βとMyD88シグナル伝達系が必要である―

    前田 綾

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 第74回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞

    2015年11月   日本矯正歯科学会   圧刺激による骨芽細胞のケモカインの発現誘導にはIL-1βとMyD88シグナル伝達系が必要である.

    前田綾,坂東健二郎,宮脇正一,松口徹也.

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

  • 第38回日本口蓋裂学会総会・学術集会 優秀ポスター賞

    2014年5月   日本口蓋裂学会   歯科矯正治療による片側性唇顎口蓋裂を伴う患者の移植骨の変化:過去30年間における治療結果の長期的評価

    前田 綾

     詳細を見る

    受賞国:日本国

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 胃食道逆流はなぜ咬筋活動を増加させるのか:ストレス物質に着目したメカニズムの解明

    研究課題/領域番号:23K09442  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田 綾、宮脇正一、大賀泰彦、中川祥子、古川 みなみ、上村修司、井戸章雄

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円

  • 炎症性メディエーターの動態が食道知覚の変化とブラキシズムの発症に与える影響の

    研究課題/領域番号:19K10409  2019年4月 - 現在

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田 綾、宮脇正一、大賀泰彦、古川みなみ、菅真有、井戸章雄、上村修司

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円

  • 不正咬合に起因する“顎口腔サルコペニア”の実態と内分泌・免疫系因子との関連

    研究課題/領域番号:16K11791  2016年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田 綾、八木孝和、植田紘貴、宮脇正一

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円

  • 歯周病原因子と過大な機械的刺激が歯の移動の細胞シグナリング機構に及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:23593037  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田 綾、宮脇正一、八木孝和、友成 博、松口徹也

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円

  • MyD88ノックアウトマウスを用いた矯正学的歯の移動における炎症様反応機構の解明

    研究課題/領域番号:20592407  2008年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    前田 綾、福永智広、松口徹也、宮脇正一、吉田礼子、友成 博

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:4550000円

  • 非侵襲的な耳介迷走神経刺激は唾液分泌の促進とGERDとブラキシズムの抑制に有効か

    研究課題/領域番号:23K09420  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    宮脇正一、前田 綾、植田 紘貴、大賀 泰彦、井戸 章雄、上村 修司、中川 祥子、 丸谷 佳菜子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円

  • 歯の整列と歯周組織再生の同時確立に挑むメカノバイオリジェネレーション法の基盤確立

    研究課題/領域番号:23K09217  2023年4月 - 2026年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    白方良典、前田 綾、末廣史雄、中村利明

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4810000円

  • 消化管促進作用を有するグレリンの動態が睡眠時ブラキシズムに及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:22K10251  2022年4月 - 2025年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    高橋 広太郎、宮脇正一、丸谷 佳菜子、前田 綾、大賀泰彦、井戸章雄、上村修司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円

  • プロバイオティクスが覚醒時ブラキシズムと顎関節症に及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:22K10252  2022年3月 - 2025年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    大迫佑季、渡邉温子、中田匡宣、宮脇正一、前田 綾、福嶋美佳、大賀泰彦、井戸章雄、上村修司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4030000円

  • 長鎖非コードRNAによる骨細胞メカニカルストレス応答制御機構の解明

    研究課題/領域番号:21K10189  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    石川崇典、宮脇正一、前田 綾、大賀泰彦、久保田 聡、西田 崇、服部高子、高江洲 かずみ

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円

  • 食道知覚過敏が中枢性感作を介してブラキシズムと顎関節症関連疼痛に与える影響の解明

    研究課題/領域番号:21K10190  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業科学  基盤研究(C)

    大賀泰彦、宮脇正一、前田 綾、井戸章雄、上村修司、高橋 広太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円

  • 顎顔面形態異常や不正咬合に関連する咀嚼筋痛障害が骨格筋力の低下に及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:21K10164  2021年3月 - 2024年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    中川祥子、宮脇正一、前田 綾、大賀泰彦、大迫佑希

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    配分額:4160000円

  • 新たな食道疾患の発症機序の解明:不正咬合と咀嚼筋障害に起因する口腔機能低下の影響

    研究課題/領域番号:20K10232  2020年4月 - 現在

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業 

    大賀泰彦、宮脇正一、前田 綾、中川祥子、菅 真有、福嶋美佳、丸谷 佳菜子、井戸章雄、上村修司

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円

  • 胃内と口腔内の常在細菌叢、ブラキシズム及び胃食道逆流との関連性の解明

    研究課題/領域番号:19K10389  2019年4月 - 現在

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    丸谷 佳菜子、宮脇正一、八木孝和、前田 綾、井戸章雄、上村修司、小松澤 均、松尾美樹

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4290000円

  • ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:19K10390  2019年4月 - 2022年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    福嶋美佳、前田 綾、井戸 章雄、大賀 泰彦、菅 真有、上村 修司、宮脇 正一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円

  • ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明

    研究課題/領域番号:19K10390  2019年3月 - 現在

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    福嶋美佳、前田 綾、井戸章雄、大賀泰彦、菅 真有、上村修司、宮脇正一

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円

  • 脳腸ペプチドによるストレス起因性顎口腔機能異常の改善に対する効果の検証

    研究課題/領域番号:18K09838  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    八木孝和、宮脇正一、浅川明弘、齋藤 充、安宅弘司、倉本 恵梨子、前田 綾、菅 真有、小栁 宏太郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4420000円

  • マルチセンターリサーチによる日中覚醒時ブラキシズムの診断基準確立への挑戦

    研究課題/領域番号:17H04386  2017年4月 - 2020年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    山口泰彦、 服部佳功、小野高裕、 荒井良明、玉置勝司、志賀 博、倉澤郁文、 田中昌博、津賀一弘、 安部倉 仁、 宮脇 正一、 前田 綾、加藤祐次、 清水孝一、浪田 健、 三上紗季、後藤田 章人、 佐藤華織、 永山邦宏

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円

  • 視床下部-下垂体-副腎軸・脳腸相関によるストレス調整と顎口腔機能の関連性の解明

    研究課題/領域番号:15K11349  2016年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    八木孝和、宮脇正一、乾 明夫、浅川明弘、安宅弘司、前田 綾、植田紘貴

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円

  • 成長期の矯正治療が睡眠時無呼吸、胃食道逆流及び呼吸器疾患に及ぼす効果の解明

    研究課題/領域番号:15K15758  2015年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    宮脇正一、大牟禮治人、國則貴玄、前田 綾、永山邦宏、友成博

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3640000円

  • 新たな自動皮質骨埋入型アンカースクリューを用いた顎整形力付与治療システムの考案

    研究課題/領域番号:26463099  2014年4月 - 2017年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    友成 博、宮脇正一,八木孝和,國則貴玄,前田 綾

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4940000円

  • 咽頭・食道・胃の知覚異常と運動機能の低下が不正咬合を引き起こす仮説の検証

    研究課題/領域番号:25670879  2013年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  挑戦的萌芽研究

    宮脇正一、前田 綾、永山邦宏、大牟禮 治人、八木孝和、植田紘貴、上原沢子

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:3770000円

  • 脳-腸相関を軸とした顎口腔と胃食道との間の知覚-運動制御機構と関連疾患の解明

    研究課題/領域番号:24390464  2012年4月 - 2015年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    宮脇正一、大牟禮 治人 、八木孝和 、植田紘貴 、永山邦宏、 前田 綾、 上原沢子 坪内 博仁井戸 章雄

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:18200000円

  • 食道粘膜感受性が顎口腔系のパラファンクションに与える影響の解明

    研究課題/領域番号:23593036  2011年4月 - 2014年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    友成 博、宮脇正一、八木孝和、上村裕希、前田 綾、植田紘貴、原田秀逸

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:5070000円

  • 下顎頭軟骨の形成、成長、機能維持におけるTen-m/Odz3の役割に関する研究

    研究課題/領域番号:20592408  2008年4月 - 2011年3月

    日本学術振興会(科学研究費助成事業)  科学研究費助成事業 

    福永智広、前田綾,山本芳丈,宮脇正一 ,飯野 祥一朗 ,竹下 信郎

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

    配分額:4680000円

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 歯科医学

    2019年5月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目 

  • 歯科矯正学

    2010年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学臨床修練【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 顎顔面咬合育成学実験

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 顎顔面咬合育成学演習

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 顎顔面咬合育成学【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 顎顔面咬合育成学演習【高度歯科専門臨床医養成コース】

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

  • 咬合育成論A

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 咬合育成論B

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面咬合育成学

    2008年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目 

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2020年   OSCE実施部会 実施副責任者

  • 2019年6月   共用試験歯学系OSCE外部評価者養成ワークショップⅡ

  • 2014年11月   歯科医師臨床研修指導歯科医講習会

  • 2012年11月   共用試験歯学系OSCE外部評価者養成ワークショップⅠ

  • 2012年   CBT作問部会 委員

  • 2012年   OSCE実施部会 委員

  • 2011年   学生支援部会 委員

  • 2011年   臨床教育部会 委員

  • OSCE 内部評価者

▼全件表示