2022/06/16 更新

写真a

ヤマシタ タケヒロ
山下 高明
YAMASHITA Takehiro
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療センター 感覚器センター 助教
職名
助教

学位

  • 博士(医学) ( 2002年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 眼解剖学

  • 網膜硝子体疾患

  • 緑内障

  • 近視

研究分野

  • ライフサイエンス / 眼科学

  • その他 / その他  / 薬理学

学歴

  • 鹿児島大学   眼科

    1998年4月 - 2002年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   医学科

    1992年4月 - 1998年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学    

    2008年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   助教

    2008年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本網膜硝子体学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本眼科手術学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本糖尿病眼学会

    2015年10月 - 現在

  • American Academy of Ophthalmology

    2015年10月 - 現在

  • 日本眼科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本緑内障学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2009年8月 - 2010年7月   モアフィールズ眼科病院   研究員

 

論文

  • Asano S, Yamashita T, Asaoka R*, Fujino Y, Murata H, Terasaki H, Yoshihara N, Kakiuchi N, Sakamoto T .  Retinal vessel shift and its association with axial length elongation in a prospective observation in Japanese junior high school students. .  PLoS One.16 ( 4 ) e0250233 - e0250233   2021年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250233.

  • Yamashita T, Terasaki H, Asaoka R, Yoshihara N, Kakiuchi N, Sakamoto T* .  Macular irregularities of optical coherence tomographic vertical cross sectional images in school age children. .  Sci Rep.11 ( 1 ) 5284 - 5284   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-021-84808-3.

  • Asano S, Murata H, Fujino Y, Yamashita T, Miki A, Ikeda Y, Mori K, Tanito M, Asaoka R* .  Investigating the clinical usefulness of definitions of progression with 10-2 visual field. .  Br J Ophthalmol.   2021年3月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2020-318188.

  • Omoto T, Murata H, Fujino Y, Matsuura M, Yamashita T, Miki A, Ikeda Y, Mori K, Tanito M, Asaoka R. .  Validating the usefulness of sectorwise regression of visual field in the central 10° .  Br J Ophthalmol.   Online ahe - Online ahe   2021年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2020-317391.

  • Sugihara K, Takai Y, Kawasaki R, Nitta K, Katai M, Kitaoka Y, Yokoyama Y, Omodaka K, Naito T, Yamashita T, Mizoue S, Iwase A, Nakazawa T, Tanito M .  Comparisons between retinal vessel calibers and various optic disc morphologic parameters with different optic disc appearances: The Glaucoma Stereo Analysis Study. .  PloS one16 ( 7 ) e0250245   2021年査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0250245

    PubMed

  • Asaoka R*, Murata H, Matsuura M, Fujino Y, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N .  Usefulness of data augmentation for visual field trend analyses in patients with glaucoma. .  Br J Ophthalmol.104 ( 12 ) 1697 - 1703   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2019-315027.

  • Noma S, Yamashita T, Asaoka R*, Terasaki H, Yoshihara N, Kakiuchi N, Sakamoto T. .  Sex judgment using color fundus parameters in elementary school students. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.258 ( 12 ) 2781 - 2789   2020年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-020-04969-1.

  • Sugimoto K, Murata H, Yamashita T, Asaoka R* .  Bleb plication: a minimally invasive repair method for a leaking ischemic bleb after trabeculectomy. .  Sci Rep.10 ( 1 ) 14978 - 14978   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-72056-w.

  • Omoto T, Murata H, Fujino Y, Matsuura M, Fujishiro T, Hirasawa K, Yamashita T, Kanamoto T, Miki A, Ikeda Y, Mori K, Tanito M, Inoue K, Yamagami J, Asaoka R* .  Relationship Between Macular Ganglion Cell Thickness and Ocular Elongation as Measured by Axial Length and Retinal Artery Position. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.61 ( 11 ) 16 - 16   2020年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.61.11.16.

  • Yamashita T, Terasaki H, Tanaka M, Nakao K, Sakamoto T* .  Relationship Between Peripapillary Choroidal Thickness and Degree of Tessellation in Young Healthy Eyes. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.258 ( 8 ) 1779 - 1785   2020年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-020-04644-5.

  • Shiihara H, Sonoda S, Terasaki H, Kakiuchi N, Yamashita T, Uchino E, Murao F, Sano H, Mitamura Y, Sakamoto T* .  Quantitative Analyses of Diameter and Running Pattern of Choroidal Vessels in Central Serous Chorioretinopathy by en Face Images. .  Sci Rep.10 ( 1 ) 9591 - 9591   2020年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-66858-1.

  • Asaoka R, Murata H, Matsuura M, Fujino Y, Yanagisawa M, Yamashita T .  The usefulness of the Deep Learning method of variational autoencoder to reduce measurement noise in glaucomatous visual fields. .  Sci Rep.10 ( 1 ) 7893 - 7893   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-64869-6.

  • Asaoka R*, Murata H, Matsuura M, Fujino Y, Yanagisawa M, Yamashita T .  Improving the Structure-Function Relationship in Glaucomatous Visual Fields by Using a Deep Learning-Based Noise Reduction Approach. .  Ophthalmol Glaucoma.3 ( 3 ) 210 - 217   2020年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ogla.2020.01.001.

  • Asano S, Asaoka R, Yamashita T, Aoki S, Matsuura M, Fujino Y, Murata H, Nakakura S, Nakao Y, Kiuchi Y .  Visualizing the dynamic change of Ocular Response Analyzer waveform using Variational Autoencoder in association with the peripapillary retinal arteries angle. .  Sci Rep.10 ( 1 ) 6592 - 6592   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-020-63601-8.

  • Hirasawa K, Matsuura M, Fujino Y, Yanagisawa M, Kanamoto T, Inoue K, Nagumo M, Yamagami J, Yamashita T, Murata H, Asaoka R* .  Comparing Structure-Function Relationships Based on Drasdo's and Sjöstrand's Retinal Ganglion Cell Displacement Models. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.61 ( 4 ) 10 - 10   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.61.4.10.

  • Asano S, Murata H, Matsuura M, Fujino Y, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N, Zangwill LM, Asaoka R* .  Validating the efficacy of the binomial pointwise linear regression method to detect glaucoma progression with multicentral database. .  Br J Ophthalmol.104 ( 4 ) 569 - 574   2020年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2019-314136.

  • Terasaki H, Yamashita T, Tanaka M, Nakao K, Sakamoto T* .  Relationship Between Funduscopic Conus and Optic Disc Factors Associated with Myopia in Young Healthy Eyes. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.61 ( 2 ) 40 - 40   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.61.2.40.

  • 斉之平 真弓, 山下 高明, 寺崎 寛人, 園田 祥三, 宮田 和典, 加茂 純子, 森本 壮, 不二門 尚, 遠藤 高生, 村上 祐介, 池田 康博, 坂本 泰二 .  網膜色素変性患者における視機能評価とquality of lifeの関係 .  日本眼科学会雑誌124 ( 2 ) 63 - 69   2020年2月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公財)日本眼科学会  

    目的:網膜色素変性(RP)患者において,視機能評価とquality of life(QOL)との関係を検討すること.対象と方法:多施設前向き横断研究.RP患者112例(女性66例,男性46例),60.7±15.4歳(平均値±標準偏差)において,全症例(全対象群)とbest corrected visual acuity(BCVA)のlogarithmic minimum angle of resolution(logMAR)≦0.15の症例(視力良好群)を厚生労働省のRP重症度分類でI度群,II度群に分け,BCVA,Functional Acuity Score(FAS),Functional Field Score(FFS),Functional Vision Score(FVS)とthe 25-item National Eye Institute Visual Function Questionnaire(NEI-VFQ25)総合スコア・下位尺度との相関を検討した.結果:全対象群においてBCVA,FAS,FFS,FVSとNEI-VFQ25総合スコアの間に有意な相関が認められた(0.55<|r|<0.68,p<0.001).視力良好群では,NEI-VFQ25総合スコアとの間に相関は認められなかったが,下位尺度ではFVS,FFS,BCVAの順で相関のみられた項目が多かった(0.38<|r|<0.80,p<0.05).結論:BCVA,FAS,FFS,FVSはRPの全対象群においてQOLの良い指標となるが,視力良好時期ではすべてのQOLを推測するには限界がある.(著者抄録)

  • Yamashita T, Asaoka R, Terasaki H, Murata H, Tanaka M, Nakao K, Sakamoto T* .  Factors in Color Fundus Photographs That Can Be Used by Humans to Determine Sex of Individuals. .  Trans Vis Sci Tec.9 ( 2 ) 4 - 4   2020年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: org/10.1167/tvst.9.2.4

  • Asano S, Asaoka R*, Yamashita T, Aoki S, Matsuura M, Fujino Y, Murata H, Nakakura S, Nakao Y, Kiuchi Y .  Correlation Between the Myopic Retinal Deformation and Corneal Biomechanical Characteristics Measured With the Corvis ST Tonometry. .  Transl Vis Sci Technol.8 ( 4 ) 26 - 26   2019年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/tvst.8.4.26.

  • Kakiuchi N, Terasaki H, Sonoda S, Shiihara H, Yamashita T, Tomita M, Shinohara Y, Sakoguchi T, Iwata K, Sakamoto T* .  Regional Differences of Choroidal Structure Determined by Wide-Field Optical Coherence Tomography. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.60 ( 7 ) 2614 - 2622   2019年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.18-24296.

  • Asano S, Asaoka R*, Yamashita T, Aoki S, Matsuura M, Fujino Y, Murata H, Nakakura S, Nakao Y, Kiuchi Y .  Relationship Between the Shift of the Retinal Artery Associated With Myopia and Ocular Response Analyzer Waveform Parameters. .  Transl Vis Sci Technol.8 ( 2 ) 15 - 15   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/tvst.8.2.15.

  • Tanito M*, Nitta K, Katai M, Kitaoka Y, Yokoyama Y, Omodaka K, Naito T, Yamashita T, Mizoue S, Iwase A, Nakazawa T .  Validation of formula-predicted glaucomatous optic disc appearances: the Glaucoma Stereo Analysis Study. .  Acta Ophthalmol.97 ( 1 ) e42 - e49   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aos.13816.

  • Yamashita T, Iwase A, Sakai H, Terasaki H, Sakamoto T*, Araie M .  Differences of body height, axial length, and refractive error at different ages in Kumejima study. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.257 ( 2 ) 371 - 378   2019年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-018-4192-5.

  • Sonoda S, Terasaki H, Kakiuchi N, Shiihara H, Sakoguchi T, Tomita M, Shinohara Y, Yamashita T, Uchino E, Sakamoto T* .  Kago-Eye2 software for semi-automated segmentation of subfoveal choroid of optical coherence tomographic images. .  Jpn J Ophthalmol.63 ( 1 ) 82 - 89   2019年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-018-0631-4

    PubMed

  • Yamashita T, Iwase A, Sakai H, Terasaki H, Sakamoto T*, Araie MKazunori Hirasawa, Takehiro Yamashita, Yuri Fujino, Masato Matsuura, Mieko Yanagisawa, Yuya Kii, Taiji Sakamoto, Hiroshi Murata, Ryo Asaoka* .  Relationship between the Vertical Asymmetry of the Posterior Pole of the Eye and the Visual Field Damage in Glaucomatous Eyes. .  Ophthalmology Glaucoma.2 ( 1 ) 28 - 35   2019年1月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ogla.2018.11.002

    PubMed

  • Kawano S, Takeuchi M, Tanaka S, Yamashita T, Sakamoto T, Kawakami K* .  Current status of late and recurrent intraocular lens dislocation: analysis of real-world data in Japan. .  Jpn J Ophthalmol63 ( 1 ) 65 - 72   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-018-0637-y.

  • Terasaki H, Sonoda S, Kakiuchi N, Shiihara H, Yamashita T, Sakamoto T* .  Ability of MultiColor scanning laser ophthalmoscope to detect non-glaucomatous retinal nerve fiber layer defects in eyes with retinal diseases. .  BMC Ophthalmol.18 ( 1 ) 324 - 324   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12886-018-0995-8.

  • Takahiro Yamashita, Aiko Iwase, Yuya Kii, Hiroshi Sakai, Hiroto Terasaki, Taiji Sakamoto*, Makoto Araie .  Location of ocular tessellations in Japanese: Population-based Kumejima Study. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.59 ( 12 ) 4963 - 4967   2018年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.18-25007.

  • Sainohira M, Yamashita T, Terasaki H, Sonoda S, Miyata K, Murakami Y, Ikeda Y, Morimoto T, Endo T, Fujikado T, Kamo J, Sakamoto T .  Quantitative analyses of factors related to anxiety and depression in patients with retinitis pigmentosa. .  PLoS One.13 ( 4 ) e0195983 - e0195983   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0195983.

  • Yamashita T, Terasaki H, Yoshihara N, Kii Y, Uchino E, Sakamoto T .  Relationship between retinal artery trajectory and axial length in Japanese school students. .  Jpn J Ophthalmol.62 ( 3 ) 315 - 320   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-018-0572-y.

  • Murata H, Zangwill LM, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Hirasawa K, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N, Asaoka R .  Validating Variational Bayes Linear Regression Method With Multi-Central Datasets. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.59 ( 5 ) 1897 - 1904   2018年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.17-22907.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Kakiuchi N, Shiihara H, Sakoguchi T, Tomita M, Yamashita T, Uchino E .  Semi-automated software to measure luminal and stromal areas of choroid in optical coherence tomographic images. .  Jpn J Ophthalmol.62 ( 2 ) 179 - 185   2018年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-017-0558-1.

  • Yanagisawa M, Yamashita T, Matsuura M, Fujino Y, Murata H, Asaoka R .  Changes in Axial Length and Progression of Visual Field Damage in Glaucoma. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.59 ( 1 ) 407 - 417   2018年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.17-22949.

  • Aoki S, Murata H, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Hirasawa K, Shoji N, Asaoka R. .  Investigating the usefulness of a cluster-based trend analysis to detect visual field progression in patients with open-angle glaucoma. .  Br J Ophthalmol.101 ( 12 ) 1658 - 1665   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2016-310069.

  • Takehiro Yamashita, Taiji Sakamoto, Naoya Yoshihara, Hiroto Terasaki, Minoru Tanaka, Yuya Kii, Kumiko Nakao .  Correlations between local peripapillary choroidal thickness and axial length, optic disc tilt, and papillo-macular position in young healthy eyes. .  PLoS One12 ( 10 ) e0186453. - e0186453   2017年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0186453.

  • Shiihara H, Sakamoto T, Terasaki H, Yamashita T, Yoshihara N, Okamoto F, Ogata N, Yamashita T, Sonoda S, Mitamura Y. .  Effect of fluid-air exchange on reducing residual silicone oil after silicone oil removal. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.255 ( 9 ) 1697 - 1704   2017年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-017-3701-2.

  • Shiihara H, Sakamoto T, Yamashita T, Kakiuchi N, Otsuka H, Terasaki H, Sonoda S. .  Reproducibility and differences in area of foveal avascular zone measured by three different optical coherence tomographic angiography instruments. .  Sci Rep.7 ( 1 ) 9853 - 9853   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-09255-5.

  • Asaoka R, Murata H, Fujino Y, Hirasawa K, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Miki A, Shoji N; Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) construction group. .  Effects of ocular and systemic factors on the progression of glaucomatous visual field damage in various sectors. .  Br J Ophthalmol.101 ( 8 ) 1071 - 1075   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1136/bjophthalmol-2016-309643.

  • Terasaki H, Yamashita T, Yoshihara N, Kii Y, Sakamoto T. .  Association of lifestyle and body structure to ocular axial length in Japanese elementary school children. .  BMC Ophthalmol.17 ( 1 ) 123 - 123   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/s12886-017-0519-y.

  • Yamashita T, Asaoka R, Kii Y, Terasaki H, Murata H, Sakamoto T. .  Structural parameters associated with location of peaks of peripapillary retinal nerve fiber layer thickness in young healthy eyes. .  PLoS One.12 ( 5 ) e0177247 - e0177247   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0177247.

  • Matsuura M, Murata H, Nakakura S, Nakao Y, Yamashita T, Hirasawa K, Fujino Y, Kiuchi Y, Asaoka R .  The relationship between retinal nerve fibre layer thickness profiles and CorvisST tonometry measured biomechanical properties in young healthy subjects. .  Sci Rep7 ( 1 ) 414 - 414   2017年3月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-00345-y

    PubMed

  • 斉之平真弓,藤田敦子,北 葉月,伊比健児,園田真也,福宿宏英,伊地知 洋,有村 昇,山下高明,園田祥三,宮田和典,坂本泰二 .  鹿児島版スマートサイト「さつまの輪」完成までの取り組み .  日本ロービジョン学会誌16   33 - 38   2017年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Sakamoto T, Yoshihara N, Terasaki H, Tanaka M, Kii Y, Nakao K. .  Correlations Between Retinal Nerve Fiber Layer Thickness and Axial Length, Peripapillary Retinal Tilt, Optic Disc Size, and Retinal Artery Position in Healthy Eyes. .  J Glaucoma26 ( 1 ) 34 - 40   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IJG.0000000000000550.

  • 斉之平真弓,藤田敦子,北 葉月,伊比健児,園田真也,福宿宏英,伊地知 洋,有村 昇,山下高明,園田祥三,宮田和典,坂本泰二 .  鹿児島版スマートサイト「さつまの輪」完成までの取り組み .  眼科臨床紀要9 ( 12 ) 1011 - 1016   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakazawa M, Terasaki H, Yamashita T, Uemura A, Sakamoto T. .  Changes in visual field defects during 10-year follow-up for indocyanine green-assisted macular hole surgery. .  Jpn J Ophthalmol60 ( 5 ) 383 - 387   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-016-0453-1.

  • Yamashita T, Sakamoto T, Yoshihara N, Terasaki H, Tanaka M, Kii Y, Nakao K. .  Peripapillary Nerve Fiber Elevation in Young Healthy Eyes. .  Invest Ophthalmol Vis Sci57 ( 10 ) 4368 - 4372   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.16-19484.

  • 山下 高明 .  近視の視神経形態と正常眼圧緑内障(近視性視神経症と緑内障性視神経症について) .  日本の眼科87 ( 8 ) 1076 - 1080   2016年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sonoda S, Sakamoto T, Kuroiwa N, Arimura N, Kawano H, Yoshihara N, Yamashita T, Uchino E, Kinoshita T, Mitamura Y. .  Structural Changes of Inner and Outer Choroid in Central Serous Chorioretinopathy Determined by Optical Coherence Tomography. .  PLoS One11 ( 6 ) e0157190 - e0157190   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0157190.

  • Terasaki H, Yamashita T, Yoshihara N, Kii Y, Tanaka M, Nakao K, Sakamoto T. .  Location of Tessellations in Ocular Fundus and Their Associations with Optic Disc Tilt, Optic Disc Area, and Axial Length in Young Healthy Eyes. .  PLoS One11 ( 6 ) e0156842 - e0156842   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0156842.

  • Fujino Y, Yamashita T, Murata H, Asaoka R. .  Adjusting Circumpapillary Retinal Nerve Fiber Layer Profile Using Retinal Artery Position Improves the Structure-Function Relationship in Glaucoma. .  Invest Ophthalmol Vis Sci57 ( 7 ) 3152 - 3158   2016年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.16-19461.

  • Fujino Y, Asaoka R, Murata H, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Shoji N; Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) Construction Group. .  Evaluation of Glaucoma Progression in Large-Scale Clinical Data: The Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG). .  Invest Ophthalmol Vis Sci57 ( 4 ) 2012 - 2020   2016年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.15-19046

    PubMed

  • Kawano H, Sonoda S, Yamashita T, Maruko I, Iida T, Sakamoto T. .  Relative changes in luminal and stromal areas of choroid determined by binarization of EDI-OCT images in eyes with Vogt-Koyanagi-Harada disease after treatment. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol254 ( 3 ) 421 - 426   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-016-3283-4.

  • Yamashita T, Sakamoto T, Terasaki H, Tanaka M, Kii Y, Uchino E, Hisatomi T, Nakao K. .  Association of retinal thickness and optic disc-to-fovea angle to axial length of young healthy eyes. .  Clinical Ophthalmology9   2235 - 2241   2015年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2147/OPTH.S93197.

  • Yamashita T, Nitta K, Sonoda S, Sugiyama K, Sakamoto T. .  Relationship between location of retinal nerve fiber layer defect and curvature of retinal artery trajectory in eyes with normal tension glaucoma. .  Invest Ophthalmol Vis Sci56 ( 10 ) 6190 - 6195   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.15-17119.

  • Terasaki H, Shirasawa M, Otsuka H, Yamashita T, Uchino E, Hisatomi T, Sonoda S, Sakamoto T. .  Different Effects of Thrombin on VEGF Secretion, Proliferation, and Permeability in Polarized and Non-polarized Retinal Pigment Epithelial Cells .  Curr Eye Res. 40 ( 9 ) 936 - 945   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02713683.2014.964417.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Yamashita T, Uchino E, Kawano H, Yoshihara N, Terasaki H, Shirasawa M, Tomita M, Ishibashi T .  Reply: To PMID 25790737. .  American journal of ophthalmology160 ( 2 ) 394 - 5   2015年8月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajo.2015.04.038

    PubMed

  • Sonoda S, Sakamoto T, Yamashita T, Uchino E, Kawano H, Yoshihara N, Terasaki H, Shirasawa M, Tomita M, Ishibashi T. .  Luminal and stromal areas of choroid determined by binarization method of optical coherence tomographic images .  Am J Ophthalmol159 ( 6 ) 1123 - 1131   2015年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajo.2015.03.005.

  • Yoshihara N, Sakamoto T, Yamashita T, Yamashita T, Yamakiri K, Sonoda S, Ishibashi T. .  Wider retinal artery trajectories in eyes with macular hole than in fellow eyes of patients with unilateral idiopathic macular hole. .  PLos One 10 ( 4 ) e0122876 - e0122876   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0122876.

  • Yamashita T, Sakamoto T, Yoshihara N, Terasaki H, Kii Y, Tanaka M, Nakao K. .  Circumpapillary course of retinal pigment epithelium can be fit to sine wave and amplitude of sine wave is significantly correlated with ovality ratio of optic disc. .  PLoS One10 ( 4 ) e0122191 - e0122191   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0122191.

  • 吉村 寿彦,山下 高明,喜井 裕哉,田中 実,坂本 泰二 .  水晶体融解緑内障を前房穿刺で治療した1例 .  臨床眼科69 ( 4 ) 575 - 578   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hisatomi T, Notomi S, Tachibana T, Oishi S, Asato R, Yamashita T, Murakami Y, Ikeda Y,Enaida H, Sakamoto T, Ishibashi T. .  Brilliant Blue G double staining enhances successful internal limiting membrane peeling with minimal adverse effect by low cellular permeability into live cells. .  Retina35 ( 2 ) 310 - 318   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IAE.0000000000000289.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Shirasawa M, Yamashita T, Uchino E, Terasaki H. .  Blood Components and OCT Reflectivity Evaluated in Animal Model. .  Curr Eye Res39 ( 12 ) 1200 - 1206   2014年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3109/02713683.2014.888454.

  • Shirasawa M, Sakamoto T, Terasaki H, Yamashita T, Uchino E, Sonoda S .  Objective Determination of Optimal Number of Spectral-Domain Optical Coherence Tomographic Images of Retina to Average. .  PLos One 9 ( 10 ) e110550 - e110550   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0110550.

  • Yamashita T, Kii Y, Tanaka M, Yoshinaga W, Yamashita T, Nakao K, Sakamoto T. .  Relationship between supernormal sectors of retinal nerve fibre layer and axial length in normal eyes .  Acta Ophthalmol.92 ( 6 ) e481 - e487   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/aos.12382.

  • 加藤 貴保子, 土居 範仁, 鎌田 哲郎, 山下 高明, 坂本 泰二, 宮田 和典, 安田 美穂, 石橋 達朗 .  2型糖尿病患者の血圧日内変動パターンと糖尿病網膜症との関連 .  あたらしい眼科31 ( 9 ) 1397 - 1402   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカル葵出版  

    2型糖尿病患者における血圧の日内変動パターンと網膜症との関連について検討した。2型糖尿病の患者84例(男性46例、女性38例)に対して、自由行動下で24時間血圧連続測定を行った。糖尿病網膜症なし(diabetic retinopathyなし:NDR)20例、非増殖糖尿病網膜症(nonproliferative diabetic retinopathy:NPDR)24例、増殖糖尿病網膜症(proliferative diabetic retinopathy:PDR)40例の3群間に分け、血圧の日内変動を比較した。拡張期血圧では有意差は認めなかったが、収縮期血圧は1日平均、夜間血圧ともにPDRが有意に高かった。日内変動パターンにおいて、NDRは、正常な日内変動が約半数にみられたが、NPDRでは夜間血圧が高くなるパターン(nondipper、riser)が多く、PDRではその傾向が顕著だった。網膜症のある患者では、降圧薬投与にもかかわらず、夜間の血圧も下がりにくく、血圧の日内変動障害が多くなることが示唆された。(著者抄録)

  • Yamashita T, Sakamoto T, Kakiuchi N, Tanaka M, Kii Y, Nakao K .  Posterior pole asymmetry analyses of retinal thickness of upper and lower sectors and their association with peak retinal nerve fiber layer thickness in healthy young eyes. .  Invest Ophthalmol Vis Sci55 ( 9 ) 5673 - 5678   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.13-13828.

  • 黒岩宣宏, 山下高明, 田中 実, 喜井裕哉, 坂本泰二 .  カラー臨床報告 先天瞳孔閉鎖による続発緑内障の1例. .  臨床眼科68 ( 8 ) 1201 - 1203   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Sakamoto T, Terasaki H, Tanaka M, Kii Y, Nakao K .  Quantification of retinal nerve fiber and retinal artery trajectories using second-order polynomial equation and its association with axial length. .  Invest Ophthalmol Vis Sci55 ( 8 ) 5176 - 5182   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.14-14105.

  • Yoshihara N, Yamashita T, Ohno-Matsui K, Sakamoto T .  Objective analyses of tessellated fundi and significant correlation between degree of tessellation and choroidal thickness in healthy eyes. .  PLoS One.9 ( 7 ) e103586 - e103586   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0103586.

  • Yamashita T, Sakamoto T, Yamashita T, Sonoda S, Yamakiri K, Otsuka H, Hisatomi T, Imaki H, Ishibashi T. Pravin U Dugel. .  Individualized, spectral domain-optical coherence tomography-guided facedown posturing after macular hole surgery: minimizing treatment burden and maximizing outcome .  Retina 34 ( 7 ) 1367 - 1375   2014年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IAE.0000000000000087.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Yamashita T, Otsuka H, Shirasawa M, Kakiuchi N, Uchino E, Terasaki H, Kawano H .  Effect of intravitreal triamcinolone acetonide or bevacizumab on choroidal thickness in eyes with diabetic macular edema. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.55 ( 6 ) 3979 - 3985   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.14-14188.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Yamashita T, Shirasawa M, Uchino E, Terasaki H, Tomita M. .  Choroidal structure in normal eyes and after photodynamic therapy determined by binarization of optical coherence tomographic images. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.55 ( 6 ) 3893 - 3899   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.14-14447.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Yamashita T, Shirasawa M, Otsuka H, Sonoda Y .  Retinal morphologic changes and concentrations of cytokines in eyes with diabetic macular edema .  Retina34 ( 4 ) 741 - 748   2014年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IAE.0b013e3182a48917.

  • Matsuo Y, Sakamoto T, Yamashita T, Tomita M, Shirasawa M, Terasaki H .  Comparisons of choroidal thickness of normal eyes obtained by two different spectral-domain OCT instruments and one swept-source OCT instrument. .  Invest Ophthalmol Vis Sci54 ( 12 ) 7630 - 7636   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.13-13135.

  • Yamashita T, Tanaka M, Kii Y, Nakao K, Sakamoto T .  Association between retinal thickness of 64 sectors in posterior pole determined by optical coherence tomography and axial length and body height. .  Invest Ophthalmol Vis Sci54 ( 12 ) 7478 - 7482   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.13-12586.

  • Lamparter J, Russell RA, Zhu H, Asaoka R, Yamashita T, Ho T, Garway-Heath DF .  The influence of intersubject variability in ocular anatomical variables on the mapping of retinal locations to the retinal nerve fiber layer and optic nerve head. .  Invest Ophthalmol Vis Sci54 ( 9 ) 6074 - 6082   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.13-11902.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Otsuka H, Yoshinaga N, Yamashita T, Ki-I Y, Okubo A, Yamashita T, Arimura N .  Responsiveness of eyes with polypoidal choroidal vasculopathy with choroidal hyperpermeability to intravitreal ranibizumab. .  BMC Ophthalmology13   43 - 43   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1186/1471-2415-13-43.

  • Yamashita T, Asaoka R, Tanaka M, Kii Y, Yamashita T, Nakao K, Sakamoto T. .  Relationship between position of peak retinal nerve fiber layer thickness and retinal arteries on sectoral retinal nerve fiber layer thickness .  Invest Ophthalmol Vis Sci54 ( 8 ) 5481 - 5488   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.12-11008.

  • Sonoda S, Sakamoto T, Shirasawa M, Yamashita T, Otsuka H, Terasaki H .  Correlation between reflectivity of subretinalfluid in OCT images and concentration of intravitrealVEGF in eyes with diabetic macular edema .  Invest Ophthalmol Vis Sci54 ( 8 ) 5367 - 5374   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.13-12382.

  • Shirasawa M, Sonoda S, Terasaki H, Arimura N, Otsuka H, Yamashita T, Uchino E, Hisatomi T, Ishibashi T, Sakamoto T. .  TNF-α disrupts morphologic and functional barrier properties of polarized retinal pigment epithelium. .  Exp Eye Res 110   59 - 69   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.exer.2013.02.012.

  • Yamashita T, Yamashita T, Kawano H, Sonoda Y, Yamakiri K, Sakamoto T .  Early imaging of macular hole closure: A diagnostic technique and its quality for gas-filled eyes with spectral domain optical coherence tomography. .  Ophthalmologica229 ( 1 ) 43 - 49   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1159/000343061.

  • Ki-I Y, Yamashita T, Uemura A, Sakamoto T. .  Long-term intraocular pressure changes after combined phacoemulsification, intraocular lens implantation, and vitrectomy. .  Jpn J Ophthalmol. 57 ( 1 ) 57 - 62   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-012-0207-7.

  • Terasaki H, Shirasawa M, Yamashita T, Yamashita T, Yamakiri K, Sonoda S, Sakamoto T. .  Comparison of Foveal Microstructure Imaging with Different Spectral Domain Optical Coherence Tomography Machines. .  Ophthalmology 119 ( 11 ) 2319 - 2327   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ophtha.2012.07.012.

  • Terasaki H, Shirasawa M, Yamashita T, Yamashita T, Yamakiri K, Sonoda S, Sakamoto T. .  Comparison of foveal microstructure imaging with different spectral domain optical coherence tomography machines. .  Ophthalmology. 119 ( 11 ) 2319 - 2327   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Yamashita T, Shirasawa M, Arimura N, Terasaki H, Sakamoto T. .  Repeatability and Reproducibility of Subfoveal Choroidal Thickness in Normal Eyes of Japanese Using Different SD-OCT Devices. .  Invest Ophthalmol Vis Sci. 53 ( 3 ) 1102 - 1107   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.11-8836.

  • Asaoka R, Crabb DP, Yamashita T, Russell RA, Wang YX, Garway-Heath DF .  Patients have two eyes!: binocular versus better eye visual field indices. .  Invest Ophthalmol Vis Sci.52 ( 9 ) 7007 - 7011   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1167/iovs.11-7643.

  • Terasaki H, Yamashita T, Tanaka M, Takahashi M, Sakamoto T .  Aniridia associated with aphakia and secondary glaucoma. .  Jpn J Ophthalmol54 ( 5 ) 504 - 505   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s10384-010-0852-7.

  • Yamashita T, Kodama Y, Tanaka M, Yamakiri K, Kawano Y, Sakamoto T .  Steroid-induced Glaucoma in Children With Acute Lymphoblastic Leukemia: A Possible Complication. .  Journal of Glaucoma. 19 ( 3 ) 188 - 190   2010年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IJG.0b013e3181af321d.

  • 田中最高, 山下高明, 山切啓太, 坂本泰二 .  眼内毛様体光凝固を施行した血管新生緑内障の3例 .  あたらしい眼科26 ( 1 ) 113 - 116   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Uemura A, Kita H, Nakao K, Sakamoto T .  Long-term outcomes of visual field defects after indocyanine green-assisted macular hole surgery. .  Retina 28 ( 9 ) 1228 - 1233   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IAE.0b013e31817b6b2e.

  • Yamashita T, Uemura A, Kita H, Sakamoto T .  Intraocular pressure after intravitreal injection of triamcinolone acetonide following vitrectomy for macular edema. .  Journal of Glaucoma16 ( 2 ) 220 - 224   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1097/IJG.0b013e31802d6e16.

  • Yamashita T,Uemura A,Kita H,Sakamoto T. .  Analysis of the retinal nerve fiber layer after indocyanine green-assisted vitrectomy for idiopathic macular holes. .  Ophthalmology113 ( 2 ) 280 - 284   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ophtha.2005.10.046.

  • 郷奈々子, 木村勝哲, 園田真也, 山下高明, 伊藤もと子, 上原文行, 坂本泰二 .  結膜無色素性悪性黒色腫の1例 .  眼科臨床医報100 ( 1 ) 12 - 15   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamakiri K,Yamashita T,Miyazaki M,Doi N,Uemura A,Sakamoto T. .  Fibrous Proliferation of the pre-papillary canal in proliferative diabetic retinopathy:Cloquet's canal as a scaffold for proliferative diabetic retinopathy. .  Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.243 ( 3 ) 204 - 209   2005年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-004-1001-0.

  • 北 葉月, 中野哲郎, 山下高明, 平川真由美, 上村昭典 .  網膜中心静脈閉鎖症の長期予後. .  日本眼科紀要56 ( 11 ) 921 - 924   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kanda S, Uemura A, Yamashita T, Kita H, Yamakiri K, Sakamoto T. .  Visual field defects after intravitreous administration of indocyanine green in macular hole surgery. .  Archives of Ophthalmology 122 ( 10 ) 1447 - 1451   2004年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/archopht.122.10.1447.

  • Yamashita T, Doi N, Sakamoto T. .  Weak symptoms of bacterial endophthalmitis after a triamcinolone acetonide-assisted pars plana vitrectomy. .  Graefe Clin Exp Arch Ophthalmol242 ( 8 ) 679 - 681   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00417-003-0834-2.

  • Sakamoto T, Enaida H, Kubota T, Nakahara M, Yamakiri K, Yamashita T, Yokoyama M, Hata Y, Murata T, Miyata K, Uemura A, Kimura W, Ishibashi T. .  Incidence of acute endophthalmitis after triamcinolone-assisted pars plana vitrectomy. .  American Journal of Ophthalmology138 ( 1 ) 137 - 138   2004年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.ajo.2004.02.072.

  • Yamashita T, Uehara F, Ozawa M, Ohba N. .  Further characterization of human mucin-like glycoprotein associated with photoreceptor cells by its introduction into Y79 retinoblastoma cells. .  Ophthalmic Research34 ( 2 ) 70 - 76   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamashita T, Uemara A, Uchino E, Doi N, Ohba N. .  Spontaneous closure of traumatic macular hole. .  Am J Ophthalmol.133 ( 2 ) 230 - 235   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/s0002-9394(01)01303-4.

  • 平川真由美, 上原文行, 堀川久美, 山下高明, 松根彰志, 大庭紀雄 .  眼窩内腫瘍摘出術における内視鏡併用の有効性の検討 .  眼科臨床医報95 ( 10 ) 995 - 997   2001年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山下高明, 上原文行, 大庭紀雄 .  ヌンチャク型シリコンチューブを用いた涙道形成術の経験 .  眼科臨床医報95 ( 5 ) 473 - 474   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • リムノッチングってどのように判断するのですか ここが知りたい緑内障眼底読影の基本. 査読

    山下高明

    眼科   63 ( 4 )   299 - 303   2021年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 【屈折矯正に関する話題】眼球形状の経年変化. 査読

    山下高明

    あたらしい眼科   37 ( 12 )   1467 - 1471   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Ⅲ緑内障.12.後眼部OCTを用いて緑内障性視神経症(強度近視眼を除く)を診断する方法を教えてください.【眼科イメージング2020 Q&A】 査読

    山下高明

    あたらしい眼科   37 ( 臨時増刊号 )   316 - 321   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • OCT活用術 病期に応じてどのように使うか?

    福地 健郎, 大久保 真司, 金森 章泰, 山下 高明

    Frontiers in Glaucoma   ( 52 )   103 - 113   2016年8月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • Glaucoma Q&A (Q1)OCT緑内障 (Q2)OCT緑内障 査読

    山下 高明

    Frontiers in Glaucoma   ( 48 )   158 - 163   2014年9月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)メディカルレビュー社  

  • 【眼科のリスクマネージメントQ&A】 眼科各疾患,検査のリスクマネージメントの実際 白内障 白内障術後眼内炎のリスク管理と対処法について教えてください 査読

    山下高明,坂本泰二

    あたらしい眼科   22 ( 臨時増刊 )   208 - 211   2006年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 硝子体の病態生理 硝子体の細胞反応 ヒアロサイトについて 査読

    坂本泰二, 園田康平, 畑快右, 江内田寛, 久冨智朗, 野田佳宏, 喬紅, 宮崎美穂, 松本博善, 上野暁史, 中村多賀雄, 山中一郎, 石橋達朗, 山下高明, 木村勝哲, 山切啓太, 内野英輔, 土居範仁, 中尾久美子, 上村昭典, 向野利寛

    日本眼科学会雑誌   107 ( 12 )   866 - 883   2003年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 斉之平真弓,山下高明,富田将利,園田祥三,坂本泰二 .  網膜色素変性における脈絡膜構造と視機能との検討 .  第59回日本網膜硝子体学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡国際会議場・福岡市  

  • 椎原秀樹,山下高明,田中実,坂本泰二 .  鹿児島大学における色素緑内障の特徴 .  第31回日本緑内障学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明,朝岡亮,岩瀬愛子,坂本泰二,酒井寛,新家眞 .  久米島スタディ健常眼の眼底写真パラメーターによる性別判定 .  第31回日本緑内障学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 横山悠,谷戸正樹,新田耕治,岩瀬愛子,溝上志朗,高井保幸,面高宗子,片井麻貴,北岡康史,内藤知子,山下高明,中澤徹 .  ステレオ眼底カメラにより計測した視神経乳頭形状パラメータの長期的変化 .  第31回日本緑内障学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 山田百合菜,横山悠,谷戸正樹,新田耕治,岩瀬愛子,溝上志朗,高井保幸,面高宗子,片井麻貴,北岡康史,内藤知子,山下高明,中澤徹 .  ニコレラ分類ごとにみたステレオ眼底カメラにより計測した視神経乳頭形状パラメータの長期的変化 .  第31回日本緑内障学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催   国名:日本国  

  • 山下高明,山上理央,芳原直也,柿内奈保子,坂本泰二 .  思春期前児童の眼底写真を用いた性別判定 .  第31回日本成長学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明,芳原直也,柿内奈保子,坂本泰二 .  中学生における乳頭周囲紋理程度と眼球形状パラメータとの関係 .  第74回日本臨床眼科学会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 寺﨑寛人,山下高明,船津諒,吉永就正,鮫島誠治,白澤誠,山下敏史,坂本泰二 .  65歳以上の高齢者正常眼の後極部眼球形状 .  第74回日本臨床眼科学会  2020年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明 .  Myopia and Glaucoma. Young wave of glaucoma in Asia .  Japan Asia Symposium講演 第31回日本緑内障学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

    開催地:Web開催  

  • 野元翔平,宇辰賢祐,田中実,山下高明,坂本泰二 .  有水晶体眼内レンズ挿入後に続発緑内障を発症した症例 .  第266回鹿児島眼科集談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県医師会館・鹿児島市  

  • 野元翔平,宇辰賢祐,田中実,山下高明,坂本泰二 .  有水晶体眼内レンズ挿入後に続発緑内障を発症した症例 .  第36回九州緑内障カンファレンス 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明 .  JIPSコーチングセミナー講演「OCT読影-落とし穴に気をつけろ!-」 .  第9回日本視野画像学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年6月

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明,山上理央,芳原直也,柿内奈保子,坂本泰二 .  中学生の眼底写真パラメーターによる性別判定 .  第9回日本視野画像学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 寺﨑寛人,山下敏史,濱田拓人,吉永就正,鮫島誠治,白澤誠,山下高明,園田祥三,坂本泰二 .  特発性黄斑円孔stage3,4における後極の眼球形状と黄斑部所見の相関 .  第124回日本眼科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月 - 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 濱田拓人,寺﨑寛人,山下敏史,吉永就正,鮫島誠治,白澤誠,山下高明,園田祥三,坂本泰二 .  特発性黄斑円孔stage3,4における円孔形状と術前視機能・黄斑部所見の相関 .  第124回日本眼科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月 - 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Web開催  

  • 山下高明,山上理央,芳原直也,柿内奈保子,坂本泰二 .  小学生の眼底写真パラメーターによる性別判定 .  第124回日本眼科学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年4月 - 2020年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Web開催  

  • 斉之平真弓,山下高明,寺﨑寛人,園田祥三,宮田和典,加茂純子,森本壮,遠藤高生,不二門尚,村上祐介,池田康博,坂本泰二 .  網膜色素変性におけるロービジョンケア開始時期の検討 .  第264回鹿児島眼科集談会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島県医師会館・鹿児島市  

  • Makoto Shirasawa, Hiroto Terasaki, Hiroki Kawano, Takehiro Yamashita, Shozo Sonoda, Taiji Sakamoto .  Comparison of foveal central thickness in using different spectral-domain OCT machines with manual measurements .  ARVO2013 Annual Meeting  ARVO2013 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Shozo Sonoda, Takehiro Yamashita, Makoto Shirasawa, Hiroki Otsuka, Yasushi Sonoda, Taiji Sakamoto. .  Correlations between Retinal Morphological Changes and Concentrations of Cytokines in Eyes with Diabetic Macular Edema. .  ARVO2013 Annual Meeting  ARVO2013 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Takehiro Yamashita, Yuya Kii, Minoru Tanaka, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto .  Retinal thickness with posterior pole analysis and its association with axial length and body height .  ARVO2013 Annual Meeting  ARVO2013 Annual Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 山下高明, 田中 実, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  若年成人における64分割網膜厚と眼軸長および身長との関係 .  第117回日本眼科学会総会  第117回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 白澤 誠, 寺﨑寛人, 川野浩輝, 山下敏史, 山下高明 ,内野英輔, 園田祥三, 坂本泰二 .  SD-OCT2機種間による健常者黄斑部微細構造の描出力の検討 .  第236回鹿児島眼科集談会  第236回鹿児島眼科集談会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Takehiro Yamashita, Ryo Asaoka, Minoru Tanaka, Yuya Kii, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto .  Relationship between retinal nerve fibre layer thickness and retinal artery position. .  UK and Eire Glaucoma Society Meeting  UK and Eire Glaucoma Society Meeting国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:英語  

    開催地:英国  

    国際学会

  • 寺﨑寛人, 白澤 誠, 山下高明, 山下敏史, 山切啓太, 園田祥三, 坂本泰二 .  SD-OCT2機種間での健常者黄斑部微細構造の描出力の比較検討 .  第51回日本網膜硝子体学会総会  第51回日本網膜硝子体学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:山梨  

    国内学会

  • 寺﨑寛人, 白澤 誠, 山下高明, 山下敏史, 山切啓太, 園田祥三, 坂本泰二 .  SD-OCT2機種間での健常者黄斑部微細構造の描出力の比較 .  第66回日本臨床眼科学会  第66回日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 白澤 誠, 寺﨑寛人, 山下敏史, 山下高明, 内野英輔, 山切啓太, 園田祥三, 坂本泰二 .  スプクトラルドメイン光干渉断層計2機種を用いた中心小窩における網膜厚の検討 .  第66回日本臨床眼科学会  第66回日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 山下高明, 田中 実, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  若年成人における硝子体長の性差 .  第66回日本臨床眼科学会  第66回日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 山下高明, 田中 実, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  若年成人における64分割黄斑部網膜厚の上下対称性の検討 .  第23回日本緑内障学会  第23回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    国内学会

  • 喜井裕哉, 山下高明, 田中 実, 中尾久美子, 坂本泰二 .  健常若年成人における12分割網膜神経線維層厚検査の偽陽性率 .  第23回日本緑内障学会  第23回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    国内学会

  • 白澤 誠, 寺﨑寛人, 有村 昇, 山下敏史, 山下高明, 園田祥三, 坂本泰二 .  SD-OCT2機種間における健常者の黄斑部微細構造の描出力の検討 .  第82回九州眼科学会  第82回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 白澤 誠, 寺﨑寛人, 有村 昇, 山下敏史, 山下高明, 園田祥三, 坂本泰二 .  若年成人における中心窩脈絡膜厚と眼軸長の関連 .  第82回九州眼科学会  第82回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 田中 実, 山下高明, 山下敏史, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  若年成人における中心窩脈絡膜厚と眼軸長の関連 .  第82回九州眼科学会  第82回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 庭田有理, 喜井裕哉, 山下高明, 田中 実, 坂本泰二 .  抗血管内皮増殖因子薬による新生血管緑内障の治療中に眼球癆に陥った2例 .  第28回九州緑内障カンファレンス  第28回九州緑内障カンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Takehiro Yamashita, Minoru Tanaka, Yuya Kii, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto. .  Sex-related Differences In Axial Length, Anterior Chamber Depth And Lens Thickness In Japanese Young Healthy Eyes. .  ARVO 2012  ARVO 2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 山下敏史, 山下高明, 白澤 誠, 有村 昇, 寺﨑寛人, 坂本泰二 .  3機種の光干渉断層計を用いた正常眼中心窩下脈絡膜厚の比較 .  第116回日本眼科学会総会  第116回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 喜井裕哉, 山下高明, 上村昭典, 坂本泰二 .  白内障・硝子体同時手術の眼圧に対する影響 .  第116回日本眼科学会総会  第116回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 山下高明, 田中 実, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  若年成人における眼軸長・前房深度・水晶体厚の性差 .  第116回日本眼科学会総会  第116回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Takehiro Yamashita, Yuya Kii, Minoru Tanaka, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto. .  Subfoveal choroidal thickness in relation to sex and axial length in healthyJapanese young participants. .  APAO/SOE Busan2012  APAO/SOE Busan2012国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • Yuya Kii, Takehiro Yamashita, Ryo Asaoka, Minoru Tanaka, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto .  The influence of the conus on the retinal nerve fibre layer thickness in Japanese normal eyes .  20th International Visual Field and Imaging Symposium  20th International Visual Field and Imaging Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Minoru Tanaka, Takehiro Yamashita, Ryo Asaoka, Yuya Kii, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto .  The relationship between the peak retinal nerve fibre layer position and the papillo-macular position in Japanese normal eyes .  20th International Visual Field and Imaging Symposium  20th International Visual Field and Imaging Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Takehiro Yamashita, Ryo Asaoka, Yuya Kii, Minoru Tanaka, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto. .  The variability of the peak retinal nerve fibre layer position in japanese normal eyes. .  20th International Visual Field and Imaging Symposium  20th International Visual Field and Imaging Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 喜井裕哉, 山下高明, 田中 実, 坂本泰二 .  抗血管内皮増殖因子(VEGF)薬による新生血管緑内障(NvG)の治療中に急速に眼球癆に陥った2例 .  厚生労働省難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成23年度班会議  厚生労働省難治性疾患克服研究事業 網膜脈絡膜・視神経萎縮症調査研究班 平成23年度班会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    研究会

  • 田中 実, 喜井裕哉, 山下高明, 坂本泰二 .  線維柱帯切除術後の自己眼球マッサージの効果 .  第23回日本緑内障学会  第23回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    国内学会

  • 寺﨑寛人, 山切啓太, 山下高明, 土居範仁, 上村昭典, 坂本泰二 .  小児の裂孔原性網膜剥離に対する強膜内陥術の術後屈折変化 .  TEAM2011  TEAM2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Takehiro Yamashita, Toshifumi Yamashita, Minoru Tanaka, Yuya Kii, Kumiko Nakao, Taiji Sakamoto .  The subfoveal choroidal thickness in Japanese young normal eyes .  The 4th joint meeting of Korea-China-Japan Ophthalmologists  The 4th joint meeting of Korea-China-Japan Ophthalmologists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国  

    国際学会

  • 水島 崇, 前之原茂穂, 山下高明, 坂本泰二 .  鹿児島県の健康診査における網膜静脈閉塞症に関する調査 .  第65回日本臨床眼科学会  第65回日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田中 実,山下高明, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  乳頭黄斑角と視神経乳頭周囲網膜神経線維層最厚部の関連 .  第22回日本緑内障学会  第22回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • 山下高明,田中 実, 喜井裕哉, 中尾久美子, 坂本泰二 .  視神経乳頭周囲網膜神経線維層厚における最厚部の近視性変化 .  第22回日本緑内障学会  第22回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • 喜井裕哉, 山下高明, 田中 実, 中尾久美子, 坂本泰二 .  コーヌスを含む視神経乳頭周囲網膜神経線維層厚測定 .  第22回日本緑内障学会  第22回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • akehiro Yamashita, Yuya Kii, Akinori Uemura, Taiji Sakamoto .  Long-term Intraocular Pressure After 20 Gauge Pars Plana Vitrectomy .  ARVO2011  ARVO2011国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 田中 実, 喜井裕哉, 山下高明, 坂本泰二 .  強膜トンネル併用円蓋部基底線維柱帯切除術単独と白内障手術併用の術後成績の検討 .  第81回九州眼科学会  第81回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 喜井裕哉, 田中 実, 山下高明, 坂本泰二, 松尾由紀子, 瀬戸 弘 .  両眼に発症した頸動脈海綿静脈洞瘻の1例 .  第81回九州眼科学会  第81回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • T Yamashita, R Asaoka, DF Garway-Heath .  Papillo-macular bundle rotation adjusted structure function relationship using optical coherence tomography and scanning laser polarimetry .  United Kingdom and Eire Glaucoma Society  United Kingdom and Eire Glaucoma Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年12月

    記述言語:英語  

    開催地:イギリス  

    国際学会

  • 山下敏史、園田祥三、山下高明、島内正樹、川井田 浩、坂本泰二 .  網膜中心動静脈閉塞症に血管新生緑内障を続発した2例 .  第49回 日本網膜硝子体学会  第49回 日本網膜硝子体学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • T Yamashita, R Asaoka, DF Garway-Heath .  Optic disc rotation adjusted structure function relationship using opticalcoherence tomography .  9th Congress European Glaucoma Society  9th Congress European Glaucoma Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:スペイン  

    国際学会

  • 田中 実,山下高明,園田祥三,坂本泰二 .  線維柱帯切除術におけるscleral lakeの大きさによる術後早期経過の検討 .  第26回九州緑内障カンファレンス  第26回九州緑内障カンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 田中 実,吉村寿彦,山下高明,坂本泰二 .  慢性の悪性緑内障に対し、硝子体カッターによる周辺虹彩切除、隅角癒着解離術が奏功した症例 .  第20回日本緑内障学会  第20回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 吉村寿彦, 中澤祐則, 田中 実, 山下高明, 山切啓太, 坂本泰二, 鵜木一彦 .  白内障手術後に毛様体浮腫による眼圧上昇をきたした1例 .  第79回九州眼科学会  第79回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 田中 実, 山下高明, 園田恭志, 坂本泰二 .  25ゲージ還流システムを用いた無硝子体眼に対する線維柱帯切除術の検討 .  第19回日本緑内障学会  第19回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 山下高明, 田中 実, 土屋有希, 坂本泰二 .  強膜が菲薄化した外傷性緑内障に線維柱帯切除切開術を施行した1例 .  第19回日本緑内障学会  第19回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 寺﨑寛人, 山下高明, 有村 昇, 坂本泰二 .  無虹彩症に水晶体融解を合併した緑内障の1例 .  第78回九州眼科学会  第78回九州眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • Yamashita T, Kodama Y, Kawano Y, Sakamoto T .  Intraocular Pressure Profile Of Children With Acute Lymphoblastic Leukemia On A Systemic Corticosteroid .  The Association for Research in Vision and Ophthalmology  The Association for Research in Vision and Ophthalmology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 山下高明,児玉祐一,河野嘉文,坂本泰二 .  小児急性リンパ性白血病の維持療法によるステロイド緑内障 .  112回日本眼科学会総会  112回日本眼科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 山下高明 .  インドシアニングリーン内境界膜剥離を行った黄斑円孔術後の視野欠損と網膜神経線維層 .  日本臨床眼科学会  日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田中最高, 山下高明, 山切啓太, 坂本泰二 .  眼内毛様体光凝固を施行した難治性血管新生緑内障の3例 .  第18回日本緑内障学会  第18回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岐阜  

    国内学会

  • 山下高明 .  ICGの毒性 .  眼創傷治癒研究会2nd OWHS Summer School  眼創傷治癒研究会2nd OWHS Summer School

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • Yamashita T, Uemura A, Kita H, Sakamoto T .  Long-Team Course of Visual Field Defects After Intravitreous Administration of Indocyanine Green in Macular Hole Surgery .  The Association for Reseach in Vision and ophthalmology  The Association for Reseach in Vision and ophthalmology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 田中最高, 山下高明 .  眼内毛様体光凝固術を施行した難治性血管新生緑内障の3例 .  第23回九州緑内障カンファレンス  第23回九州緑内障カンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Yamashita T, Uemura A, Kita H, Sakamoto T .  Intraocular Pressure After Intravitreal Injection of Triamcinolone Acetonide Following Vitrectomy for Macular Edema. .  The Association for Research in Vision and Ophthalmology  The Association for Research in Vision and Ophthalmology国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年4月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 山下高明 .  トリアムシノロンによる眼圧上昇 .  第22回九州緑内障カンファレンス  第22回九州緑内障カンファレンス

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年2月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 山下高明, 上村昭典, 北葉月, 坂本泰二 .  インドシアニングリーン内境界膜剥離手術後に生じた視野欠損の長期経過 .  第59回日本臨床眼科学会  第59回日本臨床眼科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 山下高明, 下長野由佳, 山切啓太, 北葉月, 上村昭典, 坂本泰二 .  トリアムシノロン硝子体内投与を併用した黄斑浮腫手術における術後眼圧の長期経過 .  第16回日本緑内障学会  第16回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 山下敏史, 山下高明, 中野哲郎, 北葉月, 上村昭典 .  後部硝子体剥離のない黄斑前膜症例における後部硝子体皮質と黄斑 前膜との関係 .  第28回日本眼科手術学会総会  第28回日本眼科手術学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 山下高明 .  糖尿病黄斑浮腫におけるトリアムシノロン硝子体内注入量と眼圧の関係、 .  第15回日本緑内障学会  第15回日本緑内障学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 山下高明 .  糖尿病黄斑浮腫に対する硝子体手術後トリアムシノロン投与量と網膜厚・眼圧の関係 .  第27回日本眼科手術学会  第27回日本眼科手術学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

▼全件表示

Works(作品等)

  • 第29回日本緑内障学会

    山下 高明

    2018年9月

     詳細を見る

    発表場所:朱鷺メッセ・新潟市  

    座長「ポスター発表:構造と機能」

  • 第3回AGTSの会

    山下 高明

    2018年7月

     詳細を見る

    発表場所:メルパルク仙台・仙台市  

    座長「セッション3:視野・眼圧」

  • 第2回日本近視学会総会

    山下 高明

    2018年5月

     詳細を見る

    発表場所:ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター・大阪市  

    座長「一般講演3:学童期の近視」

  • 鹿児島緑内障勉強会

    山下 高明

    2018年3月

     詳細を見る

    発表場所:ホテルウェルビューかごしま・鹿児島市  

    座長「鹿児島緑内障勉強会」

  • 「SymposiumⅠ」緑内障サマーキャンプ

    山下 高明

    2015年7月

     詳細を見る

    発表場所:京都市  

 

社会貢献活動

  • 第3回遠江眼科セミナー

    役割:講師

    TKPガーデンシティ鹿児島中央・鹿児島市(オンライン開催)  2021年6月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    講演「近視と緑内障」

  • 後眼部画像講座~緑内障編~

    役割:講師

    城山ホテル鹿児島・鹿児島市(オンライン開催)  2021年5月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    講演「緑内障の画像撮影のポイント」

  • 鹿児島緑内障勉強会

    役割:司会

    ホテルウェルビュ―かごしま・鹿児島市  2021年3月

     詳細を見る

    種別:セミナー・ワークショップ

    座長「鹿児島緑内障勉強会」

  • 第74回臨床眼科学会 ランチョンセミナー40

    役割:講師

    Web開催  2020年10月

     詳細を見る

    講演:強度近視眼における緑内障の診断~緑内障スペシャリストから

  • 第31回日本緑内障学会 イブニングセミナー2

    役割:講師

    Web開催(ライブ配信10/2)  2020年10月

     詳細を見る

    講演「OCTで評価する/誤る治療強化のタイミング」

  • 第31回日本緑内障学会 ランチョンセミナー4

    役割:講師

    Web開催(ライブ配信10/2)  2020年10月

     詳細を見る

    講演「眼底所見による緑内障診断:大分分かった?OCTに頼らない緑内障診断」

  • 第4回堺緑内障フォーラム~さくら~

    役割:講師

    ホテルアゴーラリージェンシー大阪堺・堺市  2020年9月

     詳細を見る

    講演「統計学と眼科学」

  • 興和株式会社社内研修会

    役割:講師

    興和株式会社鹿児島営業所・鹿児島市  2020年9月

     詳細を見る

    講演「緑内障と統計学について」

  • 第13回緑内障ワークショップ in 中部

    役割:講師

    名古屋マリオットアソシアホテル・名古屋市  2020年2月

     詳細を見る

    講演「統計学で緑内障診断を理解する」

  • 第1回鹿児島緑内障研究会

    役割:講師

    TKPガーデンシティ鹿児島中央・鹿児島市  2020年1月

     詳細を見る

    講演「緑内障治療 配合点眼役の時代」

▼全件表示

学術貢献活動

  • 第31回日本緑内障学会 一般口演17座長

    役割:パネル司会・セッションチェア等

    ( Web配信 ) 2020年11月

     詳細を見る

    種別:学会・研究会等 

    座長(一般口演17 画像2)