2021/06/23 更新

写真a

フジタ キヨタカ
藤田 清貴
FUJITA Kiyotaka
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 食料生命科学科 准教授
農水産獣医学域農学系 連合農学研究科  
職名
准教授
ホームページ
外部リンク

学位

  • 博士(農学) ( 2001年3月   愛媛大学 )

研究キーワード

  • endo-α-N-acetylgalactosaminidase

  • β-アラビノオリゴ糖鎖

  • β-L-arabinopyranosidase

  • β-L-arabinobiosidase

  • β-L-arabinofuranosidase

  • exo-β-1,3-galactanase

  • アラビアガム

  • endo-β-N-acetylglucosaminidase

  • 食物繊維

  • 酵素工学

  • 腸内細菌

  • 糖質科学

  • 糖質分解酵素

研究分野

  • ライフサイエンス / 応用生物化学  / 糖質科学

経歴

  • 鹿児島大学   生命機能化学   准教授

    2004年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   生物機能化学    

    2004年4月 - 現在

所属学協会

  • American Society for Microbiology

    2015年10月 - 現在

  • 日本応用糖質科学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本糖質学会

  • 日本生物工学会

委員歴

  • 農学部FD委員長  

    2020年4月 - 2022年3月   

 

論文

  • Sasaki Y, Horigome A, Odamaki T, Xiao JZ, Ishiwata A, Ito Y, Kitahara K, Fujita K .  Novel 3-O-α-D-galactosyl-α-L-arabinofuranosidase for the assimilation of gum arabic arabinogalactan protein in Bifidobacterium longum subsp. longum .  Appl. Environ. Microbiol.87 ( 10 ) e02690 - 02620   2021年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/AEM.02690-20

    PubMed

  • Sasaki Yuki, Uchimura Yumi, Kitahara Kanefumi, Fujita Kiyotaka .  Characterization of a GH36 α-D-Galactosidase Associated with Assimilation of Gum Arabic in Bifidobacterium longum subsp. longum JCM7052 .  J. Appl. Glycosci.68 ( 2 ) 47 - 52   2021年6月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本応用糖質科学会  

    <p>We recently characterized a 3-<i>O</i>-α-D-galactosyl-α-L-arabinofuranosidase (GAfase) for the release of α-D-Gal-(1→3)-L-Ara from gum arabic arabinogalactan protein (AGP) in <i>Bifidobacterium longum </i>subsp.<i> longum</i> JCM7052. In the present study, we cloned and characterized a neighboring α-galactosidase gene (BLGA_00330; <i>blAga3</i>). It contained an Open Reading Frame of 2151-bp nucleotides encoding 716 amino acids with an estimated molecular mass of 79,587 Da. Recombinant BlAga3 released galactose from α-D-Gal-(1→3)-L-Ara, but not from intact gum arabic AGP, and a little from the related oligosaccharides. The enzyme also showed the activity toward blood group B liner trisaccharide. The specific activity for α-D-Gal-(1→3)-L-Ara was 4.27- and 2.10-fold higher than those for melibiose and raffinose, respectively. The optimal pH and temperature were 6.0 and 50 °C, respectively. BlAga3 is an intracellular α-galactosidase that cleaves α-D-Gal-(1→3)-L-Ara produced by GAfase; it is also responsible for a series of gum arabic AGP degradation in <i>B. longum</i> JCM7052.</p>

    DOI: 10.5458/jag.jag.JAG-2021_0004

    CiNii Article

  • Yamamoto I, Ueno Y, Geshi M, Inagaki Y, Odamaki T, Fujita K. .  Complete genome sequence of Bifidobacterium longum subsp. longum JCM7052 .  Microbiol. Resour. Announc.10   e01193-011   2021年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1128/MRA.01193-20

  • Saito K, Viborg AH, Sakamoto S, Arakawa T, Yamada C, Fujita K, Fushinobu S. .  Crystal structure of β-L-arabinobiosidase belonging to glycoside hydrolase family 121 .  PLoS ONE15 ( 6 ) e0231513   2020年6月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    © 2020 Saito et al. This is an open access article distributed under the terms of the Creative Commons Attribution License, which permits unrestricted use, distribution, and reproduction in any medium, provided the original author and source are credited. Enzymes acting on α-L-arabinofuranosides have been extensively studied; however, the structures and functions of β-L-arabinofuranosidases are not fully understood. Three enzymes and an ABC transporter in a gene cluster of Bifidobacterium longum JCM 1217 constitute a degradation and import system of β-L-arabinooligosaccharides on plant hydroxyproline-rich glycoproteins. An extracellular β-L-arabinobiosidase (HypBA2) belonging to the glycoside hydrolase (GH) family 121 plays a key role in the degradation pathway by releasing β-1,2-linked arabinofuranose disaccharide (β-Ara2) for the specific sugar importer. Here, we present the crystal structure of the catalytic region of HypBA2 as the first three-dimensional structure of GH121 at 1.85 Å resolution. The HypBA2 structure consists of a central catalytic (α/α)6 barrel domain and two flanking (N- and C-terminal) β-sandwich domains. A pocket in the catalytic domain appears to be suitable for accommodating the β-Ara2 disaccharide. Three acidic residues Glu383, Asp515, and Glu713, located in this pocket, are completely conserved among all members of GH121; site-directed mutagenesis analysis showed that they are essential for catalytic activity. The active site of HypBA2 was compared with those of structural homologs in other GH families: GH63 α-glycosidase, GH94 chitobiose phosphorylase, GH142 β-L-arabinofuranosidase, GH78 α-L-rhamnosidase, and GH37 α,α-trehalase. Based on these analyses, we concluded that the three conserved residues are essential for catalysis and substrate binding. β-L-Arabinobiosidase genes in GH121 are mainly found in the genomes of bifidobacteria and Xanthomonas species, suggesting that the cleavage and specific import system for the β-Ara2 disaccharide on plant hydroxyproline-rich glycoproteins are shared in animal gut symbionts and plant pathogens.

    DOI: 10.1371/journal.pone.0231513

    Scopus

    PubMed

  • Miyake M, Terada T, Shimokawa M, Sugimoto N, Arakawa T, Shimizu K, Igarashi K, Fujita K, and Fushinobu, S. .  Structural analysis of β-L-arabinobiose-binding protein in the metabolic pathway of hydroxyproline-rich glycoproteins in Bifidobacterium longum. .  FEBS J.287 ( 23 ) 5114 - 5129   2020年4月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    Bifidobacterium longum is a symbiotic human gut bacterium that has a degradation system for β-arabinooligosaccharides, which are present in the hydroxyproline-rich glycoproteins of edible plants. Whereas microbial degradation systems for α-linked arabinofuranosyl carbohydrates have been extensively studied, little is understood about the degradation systems targeting β-linked arabinofuranosyl carbohydrates. We functionally and structurally analyzed a substrate-binding protein (SBP) of a putative ABC transporter (BLLJ_0208) in the β-arabinooligosaccharide degradation system. Thermal shift assays and isothermal titration calorimetry revealed that the SBP specifically bound Araf-β1,2-Araf (β-Ara2 ) with a Kd of 0.150 μm, but did not bind L-arabinose or methyl-β-Ara2 . Therefore, the SBP was termed β-arabinobiose-binding protein (BABP). Crystal structures of BABP complexed with β-Ara2 were determined at resolutions of up to 1.78 Å. The findings showed that β-Ara2 was bound to BABP within a short tunnel between two lobes as an α-anomeric form at its reducing end. BABP forms extensive interactions with β-Ara2 , and its binding mode was unique among SBPs. A molecular dynamics simulation revealed that the closed conformation of substrate-bound BABP is stable, whereas substrate-free form can adopt a fully open and two distinct semi-open states. The importer system specific for β-Ara2 may contribute to microbial survival in biological niches with limited amounts of digestible carbohydrates. DATABASE: Atomic coordinates and structure factors (codes 6LCE and 6LCF) have been deposited in the Protein Data Bank (http://wwpdb.org/).

    DOI: 10.1111/febs.15315

    Scopus

    PubMed

  • Katayama K. .  New Sweetpotato Lines have High Amylose and Resistant Starch Contents .  Starch/Staerke71 ( 3-4 )   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Starch/Staerke  

    DOI: 10.1002/star.201800180

    Web of Science

    Scopus

  • Fujita K, Sakamoto A, Kaneko S, Kotake T, Tsumuraya Y, Kitahara K .  Degradative enzymes for type II arabinogalactan side chains in Bifidobacterium longum subsp. longum. .  Appl. Microbiol. Biotech.103   1299 - 1310   2019年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00253-018-9

  • M. Komeno, H. Hayamizu, K. Fujita, H. Ashida .  Two Novel α-L-Arabinofuranosidases from Bifidobacterium longum subsp. longum Belonging to Glycoside Hydrolase Family 43 Cooperatively Degrade Arabinan. .    85   e02582-18   2019年1月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wade Abbott, Orly Alber, Ed Bayer, Jean-Guy Berrin, Alisdair Boraston, Harry Brumer, Ryszard Brzezinski, Anthony Clarke, Beatrice Cobucci-Ponzano, Darrell Cockburn, Pedro Coutinho, Mirjam Czjzek, Bareket Dassa, Gideon John Davies, Vincent Eijsink, Jens Eklof, Alfons Felice, Elizabeth Ficko-Blean, Geoff Pincher, Thierry Fontaine, Zui Fujimoto, Kiyotaka Fujita, Shinya Fushinobu, Harry Gilbert, Tracey Gloster, Ethan Goddard-Borger, Ian Greig, Jan-Hendrik Hehemann, Glyn Hemsworth, Bernard Henrissat, Masafumi Hidaka, Ramon Hurtado-Guerrero, Kiyohiko Igarashi, Takuya Ishida, Stefan Janecek, Seino Jongkees, Nathalie Juge, Satoshi Kaneko, Takane Katayama, Motomitsu Kitaoka, Naotake Konno, Daniel Kracher, Anna Kulminskaya, Alicia Lammerts van Bueren, Sine Larsen, Junho Lee, Markus Linder, Leila LoLeggio, Roland Ludwig, Ana Luis, Mirko Maksimainen, Brian Mark, Richard McLean, Gurvan Michel, Gurvan Michel, Cedric Montanier, Marco Moracci, Haruhide Mori, Hiroyuki Nakai, Wim Nerinckx, Takayuki Ohnuma, Richard Pickersgill, Kathleen Piens, Tirso Pons, Etienne Rebuffet, Peter Reilly, Magali Remaud-Simeon, Brian Rempel, Kyle Robinson, David Rose, Juha Rouvinen, Wataru Saburi, Yuichi Sakamoto, Mats Sandgren, Fathima Shaikh, Yuval Shoham, Franz St John, Jerry Stahlberg, Michael Suits, Gerlind Sulzenbacher, Tomomi Sumida, Ryuichiro Suzuki, Birte Svensson, Toki Taira, Ed Taylor, Takashi Tonozuka, Breeanna Urbanowicz, Gustav Vaaje-Kolstad, Wim Van den Ende, Annabelle Varrot, Maxime Versluys, Florence Vincent, David Vocadlo, Warren Wakarchuk, Tom Wennekes, Rohan Williams, Spencer Williams, David Wilson, Stephen Withers, Katsuro Yaoi, Vivian Yip, Ran Zhang .  Ten years of CAZypedia: a living encyclopedia of carbohydrate-active enzymes .  GLYCOBIOLOGY28 ( 1 ) 3 - 8   2018年1月国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:OXFORD UNIV PRESS INC  

    CAZypedia was initiated in 2007 to create a comprehensive, living encyclopedia of the carbohydrate active enzymes (CAZymes) and associated carbohydrate-binding modules involved in the synthesis, modification and degradation of complex carbohydrates. CAZypedia is closely connected with the actively curated CAZy database, which provides a sequence-based foundation for the biochemical, mechanistic and structural characterization of these diverse proteins. Now celebrating its 10th anniversary online, CAZypedia is a successful example of dynamic, community-driven and expert-based biocuration. CAZypedia is an open-access resource available at URL http://www.cazypedia.org.

    DOI: 10.1093/glycob/cwx089

    Web of Science

  • Sasaki, Y., Togo, N., Kitahara, K., and Fujita, K. .  Characterization of a GH36 β-L-Arabinopyranosidase in Bifidobacterium adolescentis .  J. Appl. Glycosci.65 ( 2 ) 23 - 30   2018年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.5458/jag.jag.JAG-2018_001

    Web of Science

    CiNii Article

  • Nakamura, M., Yasukawa, Y., Furusawa, A., Fuchiwaki, T., Honda, T., Okamura, Y., Fujita, K., Iwai, H. .  Functional characterization of unique enzymes in Xanthomonas euvesicatoria related to degradation of arabinofurano-oligosaccharides on hydroxyproline-rich glycoproteins. .  PLoS One9   e0201982   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura M, Yasukawa Y, Furusawa A, Fuchiwaki T, Honda T, Okamura Y, Fujita K, Iwai H .  Functional characterization of unique enzymes in Xanthomonas euvesicatoria related to degradation of arabinofurano-oligosaccharides on hydroxyproline-rich glycoproteins. .  PloS one13 ( 8 ) e0201982   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0201982

    Scopus

    PubMed

  • Shimokawa, M., Kitahara, K., and Fujita, K. .  Characterization of a β-L-arabinopyranosidase from Bifidobacterium longum subsp. longum. .  J. Appl. Glycosci.62   1 - 6   2015年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitahara, K., yamasaki T., Fujita, K., and Suganuma, T. .  Physicochemical Properties of Starches from Recently Bred Sweetpotatoes in Japan. .  J. Appl. Glycosci.61   81 - 88   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 時村金愛,下園英俊,久米隆志,西原悟,小山田耕作,福元伸一,藤田清貴,北原兼文 .  栽培条件の異なるサツマイモ新品種「こなみずき」塊根の澱粉品質 .  応用糖質科学4 ( 3 ) 234 - 240   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Sakaguchi, T., Sakamoto, A., Shimokawa, M., and Kitahara, K. .  Bifidobacterium longum subsp. longum exo-β-1,3-galactanase, an enzyme for the degradation of type II arabinogalactan. .  Appl. Environ. Microbiol.80 ( 15 ) 4577 - 4584   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Takashi, Y., Obuchi, E., Kitahara, K., and Suganuma, T. .  Characterization of a novel β-L-arabinofuranosidase in Bifidobacterium longum: Functional elucidation of a DUF1680 protein family member. .  J. Biol. Chem.289   5240 - 5249   2014年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ito, T., Saikawa, K., Kim, S., Fujita, K., Ishiwata, A., Kaeothip, S., Arakawa, T., Wakagi, T., Beckham G. T., Ito, Y., and Fushinobu, S. .  Crystal structure of glycoside hydrolase family 127 β-L-arabinofuranosidase from Bifidobacterium longum. .  Biochem. Biophys. Res. Commun.447   32 - 37   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaeothip, S., Ishiwata, A., Ito, T., Fushinobu, S., Fujita, K., Ito., Y. .  Preparation of p-nitrophenyl β-L-arabinofuranoside as a substrate of β-L-arabinofuranosidase. .  Carbohydr. Res.382   95 - 100   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitahara, K., Takahata, Y., Otani, M., Tanaka, M., Katayama, K., Yoshinaga, M., Fujita, K., and Suganuma, T. .  Starch properties of transgenic sweetpotato plants modified by RNA interference of the starch synthase II gene. .  J. Appl. Glycosci.58 ( 3 ) 85 - 90   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Sakamoto, S., Ono, Y., Wakao, M., Suda, Y., Kitahara, K., and Suganuma, T. .  Molecular cloning and characterization of a β-L-arabinobiosidase in Bifidobacterium longum that belongs to a novel glycoside hydrolase family. .  J. Biol. Chem.286 ( 7 ) 5143 - 5150   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Al-Dabbas, M. M., Al-Ismail, K., Abu-Taleb, R., Hashimoto, F., Rabah, I. O., Kitahara, K. Fujita, K., and Suganuma, T. .  Chemistry and antiproliferative activities of 3-methoxyflavones isolated from Varthemia iphionoides. .  Chem. Nat. Comp.47   17 - 21   2011年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ashida H, Ozawa H, Fujita K, Suzuki S, Yamamoto K. .  Syntheses of mucin-type O-glycopeptides and oligosaccharides using transglycosylation and reverse-hydrolysis activities of Bifidobacterium endo-α-N-acetylgalactosaminidase. .  Glycoconj. J.27   125 - 132   2010年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Umekawa, M., Huang, W., Li, B., Fujita, K., Ashida, H., Wang, L. X., and Yamamoto, K. .  Mutants of Mucor hiemalis endo-β-N-acetylglucosaminidase show enhanced transglycosylation and glycosynthase-like activities. .  J. Biol. Chem.283   4469 - 4479   2008年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Sato, R., Toma, K., Kitahara, K., Suganuma, T., Yamamoto, K., and Takegawa, K. .  Identification of the catalytic acid-base residue of Arthrobacter endo-b-N-acetylglucosaminidase by chemical rescue of an inactive mutant. .  J. Biochem.142 ( 3 ) 301 - 306   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kitahara, K., Hamasuna, K., Nozuma, K., Otani, M., Hamada, T., Shimada, T., Fujita, K., and Suganuma, T. .  Physicochemical properties of amylose-free and high-amylose starches from transgenic sweetpotatoes modified by RNA interference. .  Carbohydrate Polymers69   233 - 240   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., and Yamamoto, K. .  A remodeling system for the oligosaccharide chains on glycoproteins with microbial endo-b-N-acetylglucosaminidases. .  Biochim. Biophis. Acta.・ELSEVIER1760 ( 11 ) 1631 - 1635   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Oura, F., Nagamine, N., Katayama, T., Hiratake, J., Sakata, K., Kumagai, H., and Yamamoto, K .  Identification and molecular cloning of a novel glycoside hydrolase family of core 1 type O-glycan-specific endo-a-N-acetylgalactosaminidase from Bifidobacterium longum. .  J. Biol. Chem.・HighWire Press280 ( 45 ) 37415 - 37422   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanoi, T., Yoshida, N., Oda, Y., Akaike, E., Tsutsumida, M., Kobayashi, N., Osumi, K., Yamamoto, K., Fujita, K., Takahashi, K., and Hattori, K. .  Synthesis of mono-glucose-branched cyclodextrins with a high inclusion ability for doxorubicin and their efficient glycosylation using Mucor hiemalis endo-β-N-acetylglucosaminidase .  Bioorg. Med. Chem. Lett.15   1009 - 1013   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Takami, H., Yamamoto, K., and Takegawa, K. .  Characterization of endo-β-N-acetylglucosaminidase from alkaliphilic Bacillus halodurans C-125 .  Biosci. Biotechnol. Biochem., ・JSBA68 ( 5 ) 41 - 49   2004年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Kobayashi, K., Iwamatsu, A., Takeuchi, M., Kumagai, H., and Yamamoto, K. .  Molecular cloning of Mucor hiemalis endo-b-N-acetylglucosaminidase and some properties of the recombinant enzyme. .  Arch. Biochem. Biophys., ・ELSEVIER432 ( 1 ) 1059 - 1066   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Akaike, E., Tsutsumida, M., Osumi, K., Fujita, M., Yamanoi, T., Yamamoto, K., and Fujita, K. .  High efficiency of transferring a native sugar chain from a glycopeptide by a microbial endoglycosidase in organic solvents .  Carbohydr. Res.339   719 - 722   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Osumi, K., Makino, Y., Akaike, E., Yamanoi, T., Mizuno, M., Noguchi, M., Inazu, T., Yamamoto, K., and Fujita, K. .  Mucor hiemalis endo-β-N-acetylglucosaminidase can transglycosylate a bisecting hybrid-type oligosaccharide from an ovalbumin glycopeptide .  Carbohydr. Res.339   2633 - 2635   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamanoi, T., Tsutsumida, M., Oda, Y., Akaike, E., Osumi, K., Yamamoto, K., and Fujita, K. .  Transglycosylation reaction of Mucor hiemalis endo-β-N-acetylglucosaminidase using sugar derivatives modified at C-1 or C-2 as oligosaccharide acceptors .  Carbohydr. Res.339   1403 - 1406   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mizutani, K., Okamoto, I., Fujita, K., Yamamoto, K., and Hirose, M. .  Structural and functional characterization of ovotransferrin produced by Pichia pastoris .  Biosci. Biotechnol. Biochem.68   376 - 383   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Tsuyoshi, M., Sano, M., Kato, I., and Takegawa, K. .  Transfer of high-mannose-type oligosaccharides to disaccharides by endo-β-N-acetylglucosaminidase from Arthrobacter protophormiae .  J. Biosci. Bioeng.93 ( 6 ) 614 - 617   2002年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kato, T., Fujita, K., Takeuchi, M., Kobayashi, K., Natsuka, S., Ikura, K., Kumagai, H., and Yamamoto, K. .  Identification of an endo-β-N-acetylglucosaminidase gene in Caenorhabditis elegans and its expression in Escherichia coli .  Glycobiology12   581 - 587   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., and Takegawa, K. .  Chemoenzymatic synthesis of neoglycoproteins using transglycosylation with endo-β-N-acetylglucosaminidase A .  Biochem. Biophys. Res. Commun.2825   678 - 682   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., and Takegawa, K. .  Tryptophan-216 is essential for the transglycosylation activity of endo-β-N-acetylglucosaminidase A .  Biochem. Biophys. Res. Commun.283   680 - 686   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Nakatake, R., Yamabe, K., Watanabe, A., Asada, Y., and Takegawa, K. .  Identification of amino acid residues essential for the substrate specificity of Flavobacterium sp. endo-β-N-acetylglucosaminidase .  Biosci. Biotechnol. Biochem.65   1542 - 1548   2001年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Asada, Y., Yamamoto, K., and Takegawa, K. .  Plate assay for endo-β-N-acetylglucosaminidase activity using a chromogenic substrate synthesized by transglycosylation with Arthrobacter endo-β-N-acetylglucosaminidase .  J. Biosci. Bioeng.90 ( 4 ) 462 - 464   2000年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fujita, K., Tanaka, N., Sano, M., Kato, I., Asada, Y., and Takegawa, K. .  Synthesis of neoglycoenzymes with homogeneous N-linked oligosaccharides using immobilized endo-β-N-acetylglucosaminidase A .  Biochem. Biophys. Res. Commun.267   134 - 138   2000年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Bhuiyan, M. S., Ito, Y., Nakamura, A., Tanaka, N., Fujita, K., Fukui, H.,and Takegawa, K. .  Nystatin effects on vacuolar function in Saccharomyces cerevisiae .  Biosci. Biotechnol. Biochem.63   1075 - 1082   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanaka, N., Awai, A., Bhuiyan, M. S., Fujita, K., Fukui, H., and Takegawa, K. .  Cell surface galactosylation is essential for nonsexual flocculation in Schizosaccharomyces pombe .  J. Bacteriol.181   1356 - 1359   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takegawa, K., Fujita, K., Fan, J. Q., Tabuchi, M., Tanaka, N., Kondo, A., Iwamoto, H., Kato, I., Lee, Y. C., and Iwahara, S. .  Enzymatic synthesis of a neoglycoconjugate by transglycosylation with Arthrobacter endo-β-N-acetylglucosaminidase: A substrate for colorimetric detection of endo-β-N-acetylglucosaminidase activity. .  Anal. Biochem.257   218 - 223   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takegawa, K., Yamabe, K., Fujita, K., Tabuchi, M., Mita, M., Izu, H., Watanabe, A., Asada, Y., Sano, M., Kondo, A., Kato, I., and Iwahara, S. .  Cloning, sequencing, and expression of Arthrobacter protophormiae endo-β-N-acetylglucosaminidase in Escherichia coli .  Arch. Biochem. Biophys.338   24 - 28   1997年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 第7章 エンドAの構造から糖タンパク質合成の最適条件を探る

    竹川薫、藤田清貴( 担当: 共著)

    「バイオ医薬品開発における糖鎖技術」早川堯夫・掛樋一晃・平林 淳監修・シーエムシー出版  2011年11月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 酵素的切断法・(2)O-グリコシド結合の酵素分解

    藤田清貴,山本憲二( 担当: 共著)

    「糖質II糖タンパク質実験法」生物薬科学実験講座4卷・川嵜敏祐編・廣川書店  2011年7月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Remodeling of Sugar Chains by Endo-M, in: Endo, M., Hase, S., Yamamoto, K., and Takagaki, K. (Eds.),

    Fujita, K., and Yamamoto, K.( 担当: 共著)

    Endoglycosidases: Biochemistry, Biotechnology, Application ・Kodansha  2006年1月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

MISC

  • 食物繊維が育む“大人”のビフィズス菌 査読

    藤田清貴

    バイオミディア,生物工学会誌   97 ( 12 )   736 - 736   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • バイオミディア 食物繊維が育む"大人"のビフィズス菌

    藤田 清貴

    生物工学会誌   97 ( 12 )   736 - 736   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本生物工学会  

  • 食物繊維が育む“大人”のビフィズス菌

    藤田 清貴

    バイオミディア,生物工学会誌   97 ( 12 )   736   2019年12月

  • Degradation of plant arabinogalactan proteins by intestinal bacteria: characteristics and functions of the enzymes involved. 査読

    Fujita, K., Sasaki, Y., and Kitahara, K.

    Appl. Microbiol. Biotech.   103   7451 - 7457   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビフィズス菌が持つ糖タンパク質糖鎖の分解代謝システム:ビフィズス菌を増やすプレバイオティック糖タンパク質 査読

    藤田清貴

    化学と生物   55 ( 4 )   242 - 248   2017年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビフィズス菌がもつ糖タンパク質糖鎖の分解代謝システム ビフィズス菌を増やすプレバイオティック糖タンパク質

    藤田 清貴

    化学と生物   55 ( 4 )   242 - 248   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本農芸化学会  

  • 糖タンパク質糖鎖の加水分解酵素に関する研究 査読

    藤田清貴

    応用糖質科学   6 ( 1 )   30 - 36   2016年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:応用糖質科学  

  • Functional analysis of degradative enzymes for hydroxyproline-linked β-L-arabinofuranosides in Bifidobacterium longum. 査読

    Fujita, K., Kitahara, K., and Suganuma, T.

    Trends Glycosci. Glycotechnol.   24 ( 139 )   215 - 224   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • ビフィズス菌由来β-L-アラビノビオシダーゼの機能解析 査読

    藤田清貴、坂元志帆、小野祐樹、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文、菅沼俊彦

    応用糖質科学   1 ( 2 )   153 - 158   2011年5月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Functions of Novel Glycosidases Isolated from Bifidobacteria. 査読

    Katayama, T., Wada, J., Fujita, K., Kiyohara, M., Ashida, H., and Yamamoto, K.

    J. Appl. Glycosci.   55   101 - 109   2008年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • さつまいも食物繊維の糖分析と食品素材化-南九州の未利用糖質資源の活用-

    菅沼俊彦、北原兼文、藤田清貴

    FFI Journal   213   699 - 707   2008年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Some distinguishable properties between acid-stable and neutral types of α-amylases from acid-producing koji. 査読

    Suganuma, T., Fujita, K., and Kitahara, K

    J. Biosci. Bioeng.   104 ( 5 )   353 - 362   2007年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Novel bifidobacterial glycosidases acting on sugar chains of mucin glycoproteins.

    Katayama, T., Fujita, K., and Yamamoto, K.

    J. Biosci. Bioeng.   99   457 - 465   2005年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 微生物酵素を用いた糖タンパク質糖鎖の自由なモデリング

    藤田清貴,山本憲二

    化学と生物   41   244 - 249   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 糸状菌の糖鎖工学・糖鎖生物学

    山本憲二,青木一弘,牧村 裕,藤田清貴

    日本農芸化学会誌   77   42 - 44   2003年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 佐々木 優紀、柳田真言、吉田圭祐、小田巻 俊孝、清水(肖) 金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  アラビノガラクタンプロテインに対する成人型ビフィズス菌の二糖遊離酵素の機能解析. .  日本応用糖質科学会2020年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 鹿島騰真、奥村公喜、荒川孝俊、山田千早、石渡明弘、伊藤幸成、藤田清貴、伏信進矢 .  カラメル化糖に作用するビフィズス菌の新規exo-α-D-fructofuranosidaseの構造解析 .  日本応用糖質科学会2020年度大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 77. 佐々木 優紀、内村 祐美、堀米 綾子、小田巻 俊孝、清水(肖) 金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  アラビアガム資化性を持つビフィズス菌由来のGH36 α-D-galactosidaseの機能解析. .  日本応用糖質科学会2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴, 田中悠暉, 石渡明弘, 伊藤幸成, 隅田泰生, 北原兼文 .  Microbacterium arabinogalactanolyticum由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析. .  日本農芸化学会 2019年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐々木 優紀、堀米 綾子、小田巻 俊孝、清水(肖)金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  ビフィズス菌由来アラビアガム分解酵素3-O-α-D-galactosyl-α-L-arabinofuranosidaseの機能解析. .  第25回日本生物工学会九州支部鹿児島大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐々木 優紀、堀米 綾子、小田巻 俊孝、清水(肖) 金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  アラビアガム資化性ビフィズス菌由来Gal-α1,3-Ara/Arap-β1,3-Ara分解酵素の機能解析. .  日本応用糖質科学会平成29年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴,石渡明弘,伊藤幸成,若尾雅広,隅田泰生,北原兼文 .  Aureobacterium sp. M2由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析. .  第91回日本生化学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌が持つ植物糖タンパク質糖鎖の分解代謝システム. .  セルラーゼ研究会 第32回大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 佐々木 優紀、堀米 綾子、小田巻 俊孝、清水(肖) 金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  Bifidobacterium longumにコードされたアラビアガム資化性の鍵を握る酵素の機能解析. .  2018年度 乳酸菌学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐々木 優紀、堀米 綾子、小田巻 俊孝、清水(肖) 金忠、北原 兼文、藤田清貴 .  ビフィズス菌のアラビアガム資化性の鍵を握る酵素endo-1,3-α-L-arabinofuranosidaseの機能解析 .  日本農芸化学会 2018年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴、嵩下 愛果、東郷 奈未、福元 諒、角町 華子、佐々木 優紀、北原 兼文 .  Bifidobacterium adolescentisのアラビノガラクタン-プロテイン分解酵素群をコードする遺伝子クラスターの解析 .  日本農芸化学会 2018年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴,石渡明弘,伊藤幸成,若尾雅広,隅田泰生,北原兼文 .  Lipoarabinomannanに作用する新規D-アラビナン分解酵素 .  第2回 抗酸菌研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:国立感染症研究所戸山庁舎  

  • 藤田清貴 .  Bifidobacterium longum subsp. longumが持つ植物HRGP分解酵素群の役割. .  第8回グライコバイオロジクス研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 澤井未視, 下川倫子, 石渡明弘, 伊藤幸成, 若尾雅広, 隅田泰生, 北原兼文, 藤田清貴 .  Aureobacterium sp. M2由来endo-D-arabinaseの基質特異性の解析. .  日本応用糖質科学会平成29年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 佐々木優紀, 東郷奈未, 北原兼文, 藤田清貴 .  Bifidobacterium adolescentis由来の新規β-L-アラビノピラノシダーゼの機能解析 .  日本応用糖質科学会平成29年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌が持つ植物糖タンパク質糖鎖分解酵素の役割 .  第31回キチンキトサン学会大会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 藤田清貴、石渡明弘、伊藤幸成、北原兼文 .  Bifidobacterium longum subsp. longum由来のβ-L-アラビノフラノシダーゼの機能解析 .  第36回日本糖質学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴、坂本 彩美、嵩下 愛果、東郷 奈未、北原兼文 .  Bifidobacterium longum subsp. longumのII型アラビノガラクタン分解酵素群の解析 .  日本農芸化学会 2017年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 藤田清貴、角町華子、石渡明弘、伊藤幸成、北原兼文 .  β-1,3-結合に作用するβ-L-アラビノフラノシダ―ゼの機能解析 .  日本応用糖質科学会平成28年度大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Fujita, K. .  Characterization of a β-1,3 specific β-L-arabinofuranosidases from subsp.Bifidobacterium longum subsp. longum .  International Carbohydrate Symposium 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • Fujita, K., Tsunomachi, H., Ishiwata, A., Ito, I., and Kitahara, K. .  Characterization of novel β-L-arabinofuranosidases acting on HRGPs. .  10th Georgia Glycoscience Symposium / Plant Polysaccharide Workshop 2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 藤田清貴、福元諒、北原兼文 .  Bifidobacterium adolescentis由来のGH27 β-L-アラビノピラノシダーゼ/α-D-ガラクトピラノシダーゼの機能解析. .  日本農芸化学会 2016年度大会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:札幌  

  • Fujita, K., Tsunomachi, H., and Kitahara, K. .  The mechanism by which the plant HRGPs have prebiotic effect on Bifidobacterium longum. .  Food for Health International Conference (FOHIC2016)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Kagoshima, Japan  

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌由来の植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の機能解析. .  応用糖質九州支部 第18回特別講演会  日本応用糖質科学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

  • 58. 澤井未視、下川倫子、石渡明弘、伊藤幸成、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文、藤田清貴 .  Aureobacterium sp. M2由来のエンド-D-アラビナーゼの精製と諸性質の解析 .  第67回日本生物工学会大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 藤田清貴 .  糖タンパク質糖鎖の加水分解酵素に関する研究 .  日本応用糖質科学会平成27年度大会  日本応用糖質科学会平成27年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:奈良  

    国内学会

  • 藤田清貴、亀山恭平、下川倫子、伏信進矢、石渡明弘、Sophon Kaeothip、伊藤幸成、北原兼文 .  βーアラビノオリゴ糖鎖に作用するβ-L-アラビノフラノシダーゼの機能解析 .  第34回日本糖質学会年会  第34回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂本彩美、下川倫子、金子 哲、北原兼文 .  HRGPの分解に関与するBifidobacterium longum由来α-L-アラビノフラノシダーゼの機能解析 .  日本農芸化学会 2015年度大会  日本農芸化学会 2015年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 坂本彩美、下川倫子、小竹敬久、円谷陽一、北原兼文、藤田清貴 .  Bifidobacterium longum由来のβ-1,6-ガラクタン側鎖分解酵素群の機能解析 .  日本応用糖質科学会平成26年度大会  日本応用糖質科学会平成26年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 藤田清貴、川原由義、下川倫子、伏信進矢、石渡明弘、Sophon Kaeothip、伊藤幸成、北原兼文 .  Bifidobacterium longumにコードされたβ-L-アラビノフラノシダーゼホモログの機能解析 .  日本応用糖質科学会平成26年度大会  日本応用糖質科学会平成26年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂本彩美、下川倫子、北原兼文 .  Bifidobacterium longumのⅡ型アラビノガラクタン分解代謝経路の解析 .  第33回日本糖質学会年会  第33回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 伊藤 佑、齋川 匡、Seonah Kim、藤田 清貴、石渡 明弘、Sophon Kaeothip、荒川 孝俊、若木 高善、Gregg T. Beckham、伊藤 幸成、伏信 進矢 .  ビフィズス菌由来GH127 β-L-アラビノフラノシダ―ゼの新規な活性中心 .  日本農芸化学会 2014年度大会  日本農芸化学会 2014年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 藤田清貴、吉嶺良平、下川倫子、北原兼文 .  Bifidobacterium longumにおけるβ-アラビノオリゴ糖鎖分解酵素群の転写解析 .  日本農芸化学会 2014年度大会  日本農芸化学会 2014年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 坂本彩美、坂口武則、下川倫子、藤田清貴、北原兼文、菅沼俊彦 .  Bifidobacterium longum由来のエンド-β-1,6-ガラクタナーゼの機能解析 .  日本応用糖質科学会平成25年度大会  日本応用糖質科学会平成25年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 下川倫子、藤田清貴、北原兼文、菅沼俊彦 .  Bifidobacterium longum由来のβ-L-アラビノピラノシダーゼの機能解析 .  日本応用糖質科学会平成25年度大会  日本応用糖質科学会平成25年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂本彩美、坂口武則、下川倫子、北原兼文 .  ビフィズス菌由来のⅡ型アラビノガラクタン分解酵素群の機能解析 .  第32回日本糖質学会年会  第32回日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂口武則、北原兼文、菅沼俊彦 .  Bifidobacterium longum由来のエキソ-β-1,3-ガラクタナーゼの機能解析 .  日本農芸化学会 2013年度大会  日本農芸化学会 2013年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌が生産する植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の解析 .  第2回新潟大学国際糖質科学シンポジウム  第2回新潟大学国際糖質科学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:新潟  

    その他

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌が持つ植物糖タンパク質糖鎖分解酵素 .  第36回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第36回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    その他

  • 藤田清貴、奥山千代美、坂口武則、北原兼文、菅沼俊彦 .  Bifidobacterium longumのハイドロキシプロリンに富む糖タンパク質の分解メカニズムの解明 .  第16回腸内細菌腸内細菌学会  第16回腸内細菌腸内細菌学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 藤田清貴、奥山千代美、北原兼文、菅沼俊彦 .  β-アラビノオリゴ糖鎖のBifidobacterium longumに対する増殖促進効果 .  日本農芸化学会 2012年度大会  日本農芸化学会 2012年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌が生産するβ-アラビノオリゴ糖鎖の分解酵素群の解析 .  日本農芸化学会西日本支部奨励賞講演会  日本農芸化学会西日本支部奨励賞講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    その他

  • 安川結野、中村正幸、藤田清貴、岩井 久 .  Xanthomonas campestris pv. campestris ATCC33913株由来β-L-アラビノフラノシダーゼのクローニングと機能解析 .  日本植物病理学会九州部会  日本植物病理学会九州部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 藤田清貴、大渕衣里子、五反田孝平、北原兼文、菅沼俊彦 .  ビフィズス菌によるβ-アラビノオリゴ糖鎖の資化性と関連酵素群の解析 .  日本応用糖質科学会平成23年度大会  日本応用糖質科学会平成23年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 藤田清貴、五反田孝平、大渕衣里子、北原兼文、菅沼俊彦 .  ビフィズス菌由来β-L-アラビノフラノシダーゼのGlu366残基の役割 .  平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会  平成23年度日本農芸化学会西日本支部・中四国支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • Fujita, K., Sakamoto, S., Takashi, Y., Ono, Y., Obuchi, E., Kitahara, K., and Suganuma, T. .  Characterization of novel glycosidases involved in the degradation of Hyp-linked oligoarabinosides. .  9th Carbohydrate Bioengineering Meeting (CBM9)  9th Carbohydrate Bioengineering Meeting (CBM9)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年5月

    記述言語:英語  

    開催地: Portugal  

    国際学会

  • 藤田清貴 .  ビフィズス菌によるβ-アラビノオリゴ糖鎖の分解と代謝 .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂元志帆、高 由香里、小野祐樹、大渕衣里子、北原兼文、菅沼俊彦 .  β-アラビノオリゴ糖鎖の分解に関わる新規糖質分解酵素群の機能解析 .  日本生物工学会2010年度大会  日本生物工学会2010年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 藤田清貴、高 由香里、大渕衣里子、北原兼文、菅沼俊彦 .  ビフィズス菌由来新規β-L-アラビノフラノシダーゼのクローニングと機能解析 .  日本応用糖質科学会平成22年度大会  日本応用糖質科学会平成22年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂元志帆、高 由香里、小野祐樹、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文、菅沼俊彦 .  ビフィズス菌由来β-L-アラビノビオシダーゼの機能解析 .  第17回糖質関連酵素化学シンポジウム  第17回糖質関連酵素化学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂元志帆、高 由香里、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文、菅沼俊彦 .  β-アラビノオリゴ糖鎖の分解に関わる新規β-L-アラビノビオシダーゼの機能解析 .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 坂元志帆、藤田清貴、若尾雅広、隅田泰生、北原兼文、菅沼俊彦 .  β-1,2-L-アラビノビオースを遊離させる新規糖質分解酵素の機能解析 .  日本応用糖質科学会  日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂元志帆、高 由香里、金子 哲、北原兼文、菅沼俊彦 .  ポテトレクチンの糖鎖部分に作用するGH43 α-L-arabinofuranosidaseの機能解析 .  日本応用糖質科学会  日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:青森  

    国内学会

  • 中本 政勝,藤田清貴,北原兼文,菅沼俊彦 .  部位特異的変異導入による焼酎白麹菌由来中性α-amylase Leu232の機能解析 .  日本応用糖質科学会  日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 藤田清貴、坂元志帆、北原兼文、菅沼俊彦 .  Bifidobacterium longum由来の新規アラビナン分解酵素の機能解析 .  日本応用糖質科学会  日本応用糖質科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:沖縄  

    国内学会

  • 藤田清貴 .  ペクチンのビフィズス菌に対するプレバイオティクス効果とグリコシダーゼの関係 .  第7回KAGAWA機能糖鎖フォーラム  第7回KAGAWA機能糖鎖フォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川  

    その他

  • 藤田清貴、北原兼文、菅沼俊彦、山本憲二、竹川薫 .  部位特異的変異導入によるendo-β-N-acetylglucosaminidase A(Endo-A)の糖転移効率の向上 .  日本糖質学会  日本糖質学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 梅川碧里、藤田清貴、Wei Huang、Lai-Xi Wang、芦田久、山本憲二 .  Mucor hiemalis 由来 endo-β-N-acetylglucosaminidase (Endo-M)の糖転移機能の改変とその反応解析 .  日本応用糖質科学会 2007年度大会  日本応用糖質科学会 2007年度大会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年8月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 梅川碧里、藤田清貴、Wei Huang、加藤紀彦、芦田久、Lai-Xi Wang、山本憲二 .  Mucor hiemalis 由来 endo-β-N-acetylglucosaminidase (Endo-M) が有する特異な糖転移機能の改変及び解析 .  日本農芸化学会関西支部 第449回 講演会  日本農芸化学会関西支部 第449回 講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 梅川碧里、藤田清貴、加藤紀彦、芦田久、山本憲二 .  Mucor hiemallis 由来 Endo-β-N-acetylglucosaminidase (Endo-M) の糖転移機能の改変 .  日本農芸化学会 2007 年度大会  日本農芸化学会 2007 年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 中本 政勝、藤田 清貴、北原 兼文、菅沼 俊彦 .  焼酎麹由来耐酸性α-アミラーゼの酵母での発現と機能解析 .  日本生物工学会九州支部大会(第13回)  日本生物工学会九州支部大会(第13回)

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 梅川碧里、藤田清貴、加藤紀彦、芦田久、山本憲二 .  Mucor hiemalis由来エンド-β-N-アセチルグルコサミニダーゼ(Endo-M)の大腸菌における発現 .  日本応用糖質科学会平成 18 年度大会  日本応用糖質科学会平成 18 年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Fujita, K., Oura F., Nagamine N., Hiratake J., Ozawa H., Yamaguchi M., Katayama T., and Yamamoto K. .  Identification and Molecular Cloning of a Novel Endo-α- N-acetylgalactosaminidase from Bifidobacterium longum. .  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.  20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年6月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 藤田 清貴、瀬口 智恵、北原 兼文、菅沼 俊彦 .  各種変異酵素を用いた焼酎麹耐酸性α-アミラーゼの機能解析 .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 藤田 清貴、佐藤 玲子、戸澗 一孔、片山 高嶺、竹川 薫、山本 憲二 .  Chemical rescueを用いたendo-b-N-acetylglucosaminidase Aの触媒残基の同定. .  日本糖質学会年会  日本糖質学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:大津  

    国内学会

  • 藤田 清貴、枇榔 誠、北原 兼文、菅沼 俊彦 .  焼酎麹α-アミラーゼのPichia pastorisでの発現と耐酸性の解析. .  日本農芸化学会  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 久保 留理子、藤田 清貴、北原 兼文、菅沼 俊彦 .  組換えペクチン分解酵素系を用いたサツマイモデンプン粕の分解様式 .  日本農芸化学会 2005年度大会  日本農芸化学会 2005年度大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 鹿島 騰真, 奥村 公喜, 荒川 孝俊, 山田 千早, 石渡 明弘, 伊藤 幸成, 藤田 清貴, 伏信 進矢 .  カラメル化糖に作用するビフィズス菌の新規exo-α-D-fructofuranosidaseの構造解析 .  応用糖質科学  2020年11月  (一社)日本応用糖質科学会

  • 佐々木 優紀, 柳田 真言, 吉田 圭祐, 小田巻 俊孝, 清水 金忠[肖], 北原 兼文, 藤田 清貴 .  アラビノガラクタンプロテインに対する成人型ビフィズス菌の二糖遊離酵素の機能解析 .  応用糖質科学  2020年11月  (一社)日本応用糖質科学会

  • 澤野 孝太, 丸山 瞬, 荒川 孝俊, 中村 正幸, 石渡 明弘, 伊藤 幸成, 藤田 清貴, 伏信 進矢 .  Xanthomonas属細菌由来β-L-アラビノフラノシダーゼの結晶構造 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

  • 佐々木 優紀, 堀米 綾子, 小田巻 俊孝, 清水 金忠[肖], 北原 兼文, 藤田 清貴 .  Bifidobacterium longumにコードされたアラビアガム資化性の鍵を握る酵素の機能解析 .  日本乳酸菌学会誌  2018年7月  日本乳酸菌学会

  • 藤田 清貴, 石渡 明弘, 伊藤 幸成, 若尾 雅広, 隅田 泰生, 北原 兼文 .  Aureobacterium sp.M2由来の組み換えendo-D-arabinaseの機能解析 .  日本生化学会大会プログラム・講演要旨集  2018年9月  (公社)日本生化学会

▼全件表示

知的財産権

  • 新規D−アラビナン分解酵素

    藤田 清貴, 隅田 泰生

     詳細を見る

    出願人:株式会社スディックスバイオテック

    出願番号:特願2017-141706  出願日:2017年7月

    公開番号:特開2019-017358  公開日:2019年2月

    J-GLOBAL

  • 新規アラビアガム資化性ビフィズス菌

    藤田 清貴, 小田巻 俊孝, 堀米 綾子

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人 鹿児島大学, 森永乳業株式会社

    出願番号:特願2017-138371  出願日:2017年7月

    公開番号:特開2019-017292  公開日:2019年2月

    J-GLOBAL

受賞

  • 平成27年度日本応用糖質科学会奨励賞

    2015年9月   日本応用糖質科学会   糖タンパク質糖鎖の加水分解酵素に関する研究

    藤田 清貴

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 2012年度食創会 第17回 安藤百福賞 発明発見奨励賞

    2013年3月   安藤スポーツ・食文化振興財団   植物糖タンパク質糖鎖が有するビフィズス菌増殖促進効果の発見

    藤田 清貴

     詳細を見る

    受賞国:日本国

  • 平成23年度日本農芸化学会西日本支部奨励賞(一般)

    2012年1月   日本農芸化学会西日本支部   ビフィズス菌が生産するβーアラビノオリゴ糖鎖の分解酵素群の解析

    藤田 清貴

     詳細を見る

    受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 結核菌の細胞壁多糖に存在する鏡像体アラビナンとその分解酵素群の分子解析

    研究課題/領域番号:19H00929  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    伏信 進矢, 藤田 清貴, 石渡 明弘, 隅田 泰生, 新地 浩之

      詳細を見る

    配分額:45240000円 ( 直接経費:34800000円 、 間接経費:10440000円 )

  • 新規アラビノビオース遊離酵素により解き明かすビフィズス菌のAGP分解メカニズム

    2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 微生物のシステイングリコシダーゼの構造機能解析と反応機構解明

    研究課題/領域番号:15H02443  2015年4月 - 2019年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(A)  基盤研究(A)

    伏信 進矢, 藤田 清貴, 石渡 明弘

      詳細を見る

    配分額:42120000円 ( 直接経費:32400000円 、 間接経費:9720000円 )

    我々はGH127およびGH146に分類されるβ-L-アラビノフラノシダーゼの結晶構造解析に成功し、その求核触媒が亜鉛に結合したCysであることを示した。これは糖質加水分解酵素では前例のない発見であったために、その反応機構についてはさらなる検証が必要である。本研究ではβ-L-アラビノフラノシド結合に作用する酵素の反応機構の詳細を明らかにするために、新規に開発する自殺基質や特異的阻害剤、反応中間体を模した擬似基質などを利用して構造機能解析を行った。
    植物病原菌由来の酵素XCCの構造解析の結果、当初の予想に反し、全く機能未知の新規な糖質結合ドメインとみられる存在が明らかになった。研究遂行上、このドメインの機能をみきわめることが不可欠であることから、まず新規ドメインの機能解析を行った後に、基質アナログ合成および布告剛体構造解析を行った。0.5 % アラビノキシラン(ビーチウッドキシラン)、0.5 % ガムアラビナン、0.5 % 脱分岐アラビナンを用いてアフィニティーゲル電気泳動を行った。このうち、脱分岐アラビナンに関しては、相同酵素であるBT0349での活性が確認されている。アフィニティーゲル電気泳動の結果、コントロールとして用いたウシ血清アルブミンと移動度の変化が見られなかったため、XCCの新規ドメインはこれらの多糖には結合しないことが明らかとなった。このことから、この新規ドメインが糖質結合能力ではなく、基質結合部位を覆うことによるsteric hindranceの効果で基質特異性に関与していることが推察された。

  • 植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の解析から明らかにするビフィズス菌間の共生関係

    2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 植物糖タンパク質糖鎖分解酵素群の解析から明らかにするビフィズス菌間の共生関係

    研究課題/領域番号:15K07397  2015年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    藤田 清貴

      詳細を見る

    配分額:5070000円 ( 直接経費:3900000円 、 間接経費:1170000円 )

    アラビナンやアラビノキシラン等の植物多糖及び、エクステンシンやアラビノガラクタン・プロテイン(AGP)等の植物糖タンパク質の末端の多くはL-アラビノース(L-Ara)で修飾されている。本研究では、B. adolescentis JCM1275のL-アラビノース分解酵素遺伝子クラスターにコードされたβ-L-アラビノピラノシダーゼ、α-L-アラビノフラノシダーゼ、β-L-アラビノフラノシダーゼの諸性質の機能解析に成功した。これらの酵素は共生関係にある他のビフィズス菌によって遊離された植物多糖及び糖タンパク質由来のオリゴ糖や二糖の分解代謝を担う酵素であると予想される。

  • 植物由来の新規な活性中心を持つグリコシダーゼの構造機能解析

    研究課題/領域番号:26660083  2014年4月 - 2018年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究  挑戦的萌芽研究

    伏信 進矢, 藤田 清貴, 石渡 明弘, 伊藤 幸成

      詳細を見る

    配分額:3900000円 ( 直接経費:3000000円 、 間接経費:900000円 )

    DUF1680に分類される植物由来の機能未知酵素の構造と機能を明らかにすることを当初の目的として研究を行った。シロイヌナズナとイネの遺伝子について異種発現を行い、多数の条件を試みたが、いずれも発現しないか不溶性でしか発現しなかった。新規ファミリーGH146に分類される植物病原菌(Xanthomonas属)由来のβ-L-アラビノフラノシダーゼについて立体構造を決定し、その活性中心がビフィズス菌由来のGH127酵素(HypBA1)と同様にシステインであることを明らかにした。さらに、本酵素が新規な糖質結合ドメインを有することがわかった。

  • ビフィズス菌のL-アラビノース含有オリゴ糖の分解に関わる菌体内酵素群の解析

    2013年4月 - 2017年3月

    その他機関  競争的研究資金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ビフィズス菌のL-アラビノース含有オリゴ糖の分解に関わる菌体内酵素群の解析

  • ビフィズス菌のアラビノガラクタンープロテイン代謝機構に関わる糖質分解酵素群の解析

    2012年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • ビフィズス菌におけるL-アラビノースの輸送体と代謝酵素の同定

    2012年4月 - 2014年3月

    その他機関  競争的研究資金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    ビフィズス菌におけるL-アラビノースの輸送体と代謝酵素の同定

  • 大豆食品廃棄物のビフィズス菌増殖促進効果の検証

    2011年4月 - 2012年3月

    その他機関  競争的研究資金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

    大豆食品廃棄物のビフィズス菌増殖促進効果の検証

  • ビフィズス菌のβーアラビノオリゴ糖鎖代謝機構に関わる糖質分解酵素群の解析

    2010年4月 - 2012年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

▼全件表示