2021/05/06 更新

写真a

エノキダ ヒデキ
榎田 英樹
ENOKIDA Hideki
所属
医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座 教授
職名
教授
プロフィール
泌尿器癌の病態、診断に関する研究膀胱、尿管の再生医療に関する研究
外部リンク

学位

  • 博士(医学) ( 2003年2月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 泌尿器科 癌 バイオマーカー 再生医療

  • 泌尿器癌

  • 再生医療

学歴

  • 鹿児島大学

    - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 泌尿器科   教授

    2021年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 腫瘍学講座   准教授

    2003年4月 - 2021年3月

所属学協会

  • 国際泌尿器科学会(SIU)

    2016年6月 - 現在

  • 日本内視鏡外科学会

    2014年4月 - 現在

  • 日本泌尿器腫瘍学会

    2014年4月 - 現在

  • 日本移植学会

    2012年4月 - 現在

  • アメリカ泌尿器科学会(AUA)

    2012年4月 - 現在

  • 日本泌尿器内視鏡学会

    2011年4月 - 現在

  • 日本癌治療学会

    2010年4月 - 現在

  • 日本癌学会

    2000年7月 - 現在

  • アメリカ癌学会(AACR)

    2000年2月 - 現在

  • 日本透析医学会

    1997年4月 - 現在

  • 日本泌尿器科学会

    1992年6月 - 現在

  • 西日本泌尿器科学会

    1992年6月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2003年4月 - 2005年7月   カリフォルニア大学サンフランシスコ校(University of California San Francisco)   Post doctral fellow

 

論文

  • Okamura S. .  EHHADH contributes to cisplatin resistance through regulation by tumor-suppressive microRNAs in bladder cancer .  BMC Cancer21 ( 1 ) 48   2021年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Cancer  

    DOI: 10.1186/s12885-020-07717-0

    Scopus

    PubMed

  • Kawamoto K, Okino ST, Place RF, Urakami S, Hirata H, Kikuno N, Kawakami T, Tanaka Y, Pookot D, Chen Z, Majid S, Enokida H, Nakagawa M, Dahiya R .  Editor's Note: Epigenetic Modifications of <i>RASSF1A</i> Gene through Chromatin Remodeling in Prostate Cancer. .  Clinical cancer research : an official journal of the American Association for Cancer Research27 ( 9 ) 2665   2021年5月

  • Tatarano S. .  Significance of preoperative screening of deep vein thrombosis and its indications for patients undergoing urological surgery .  Investigative and Clinical Urology62 ( 2 ) 166 - 171   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Investigative and Clinical Urology  

    DOI: 10.4111/icu.20200300

    Scopus

    PubMed

  • Minami M. .  A case of latent heterozygous Fabry disease in a female living kidney donor candidate .  CEN case reports10 ( 1 ) 30 - 34   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:CEN case reports  

    DOI: 10.1007/s13730-020-00510-9

    Scopus

    PubMed

  • Minami Masato, Mizuma Emiko, Nakahara Mai, Oda Yumi, Yoshimine Haruhito, Tokunaga Koki, Mitsuke Akihiko, Yamada Yasutoshi, Enokida Hideki, Masutani Kosuke, Goto Norihiko, Ido Akio .  A case of latent heterozygous Fabry disease in a female living kidney donor candidate(和訳中) .  CEN Case Reports10 ( 1 ) 30 - 34   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • 松岡 弘文, 坪内 和女, 田中 正利, 羽賀 宣博, 山口 孝則, 鯉川 弥須宏, 宮里 実, 斎藤 誠一, 木原 敏晴, 宮田 康好, 望月 保志, 酒井 英樹, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之, 森 健一, 秦 聡孝, 上村 敏雄, 向井 尚一郎, 賀本 敏行, 猪口 淳一, 江藤 正俊, 藤本 直浩, 末金 茂高, 松尾 光哲, 井川 掌, 東武 昇平, 野口 満, 西 一彦, 神波 大己, 石井 龍 .  逆流性腎症の術後長期予後に関わる要因の検討 第18回九州泌尿器科連合地方会共同研究 .  西日本泌尿器科82 ( 6 ) 570 - 578   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

  • Matsuoka H. .  Factors affecting the long-term postoperative prognosis of reflux nephropathy: 18Th Kyushu cooperative urological research .  Nishinihon Journal of Urology82 ( 86 ) 570 - 578   2021年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • 吉野 裕史, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之, 風呂井 敦, 松下 大輔, 有上 貴明 .  腎移植後リンパ嚢腫に対する開窓術術後に内ヘルニアを認めた1例 .  日本臨床腎移植学会雑誌8 ( 2 ) 286 - 289   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本臨床腎移植学会  

    今回われわれは、生体腎移植術術後に発症したリンパ嚢腫に対してリンパ嚢腫開窓術を行うも、開窓部に小腸が嵌頓し嵌頓解除を行った症例を経験した。症例は46歳、女性。幼少期より膀胱尿管逆流症に対して4回の手術を施行するも徐々に腎機能は低下し、42歳時に1ヵ月の維持血液透析を行ったのち、腹膜透析へ移行した。45歳時に実母をドナーとして、ABO血液型不適合の生体腎移植術+腹膜透析カテーテル抜去術を施行した。術後に後腹膜リンパ嚢腫を併発し、エコーガイド下に複数回の経皮的穿刺・吸引を行ったが、リンパ嚢腫はすぐに再増大したため、リンパ管塞栓術を2回行った。その後、リンパ嚢腫の増大を認めずに退院となったが、退院から8日目、腹痛のために緊急受診し、CTでリンパ嚢腫の再増大を指摘され再入院となった。リンパ嚢腫を複数回穿刺したあとも再増大を認めたため、入院9日目に腹腔鏡下リンパ嚢腫開窓術を施行し、20mmの開窓を3ヶ所設置した。術後1日目より嘔吐が出現するも保存的加療で軽快が得られず、術後3日目のCTで、リンパ嚢腫内への内ヘルニアが疑われた。腹腔鏡にて開窓部に内ヘルニアを認め、嵌頓解除術+嚢腫壁切除術を施行した。その後は軽快し、術後19日目に退院となった。リンパ嚢腫開窓術の窓の大きさは過去の報告では直径が10〜80mmとされているが、本症例より大きく開窓することの必要性が示唆された。(著者抄録)

  • Yoshino H. .  Characterization of PHGDH expression in bladder cancer: potential targeting therapy with gemcitabine/cisplatin and the contribution of promoter DNA hypomethylation .  Molecular Oncology14 ( 9 ) 2190 - 2202   2020年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Oncology  

    DOI: 10.1002/1878-0261.12697

    Scopus

    PubMed

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  両側副腎腫瘍症例の治療に関する検討 副腎部分切除術の適応について .  西日本泌尿器科82 ( 3 ) 357 - 363   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    【目的】両側副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術に関して、その適応や方法(全摘除または部分切除、1期的または2期的)については一定の見解は得られていない。当院における両側副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術について、手術の適応や方法について検討する。【方法】当院で2012年から2018年までの期間に、両側副腎腫瘍に対して腹腔鏡手術を施行した15症例(原発性アルドステロン症2例、クッシング症候群4例、褐色細胞腫3例、骨髄脂肪腫2例、非機能性副腎皮質腺腫2例、転移性副腎腫瘍2例)を対象とした。後ろ向きに手術成績、術後再発やステロイド補充が必要な副腎機能不全について解析した。【結果】手術の適応については原疾患の病態によって決められており、21副腎に対して腹腔鏡下手術が行われていた。1期的に行われたのは褐色細胞腫の1例のみで、他は2期的または片側は経過観察となっていた。開腹手術へ移行した症例はなかった。5例(8副腎)に部分切除が行われていたが、現在のところ局所再発はない。副腎機能不全によりステロイド補充が必要となったのは15例中5例であった。両側部分切除を行っても副腎機能不全となる症例もあった。【考察】両側副腎腫瘍に対する腹腔鏡手術は原疾患の病態、再発のリスク、副腎機能不全の可能性を考慮した上で治療方針を決めるべきである。部分切除術において、腫瘍の局在は術後副腎機能不全をきたす要因の1つとなる可能性がある。(著者抄録)

  • Tatarano S. .  Laparoscopic adrenal surgery for bilateral adrenal tumors: Indications for adrenal-sparing surgery .  Nishinihon Journal of Urology82 ( 3 ) 357 - 363   2020年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • Miyake M. .  A new risk stratification model for intravesical recurrence, disease progression, and cancer-specific death in patients with non-muscle invasive bladder cancer: the J-NICE risk tables .  International Journal of Clinical Oncology25 ( 7 ) 1364 - 1376   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1007/s10147-020-01654-5

    Scopus

    PubMed

  • Yoshino H. .  Targeting NPL4 via drug repositioning using disulfiram for the treatment of clear cell renal cell carcinoma .  PLoS ONE15 ( 7 ) e0236119   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0236119

    Scopus

    PubMed

  • Yamada Y. .  Successful Kidney Transplantation Alone With Severe Left Ventricular Systolic Dysfunction of Ejection Fraction 14%: A Case Report .  Transplantation Proceedings52 ( 6 ) 1919 - 1923   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Transplantation Proceedings  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2020.02.146

    Scopus

    PubMed

  • Miyake Makito, Matsuyama Hideyasu, Teramukai Satoshi, Kinoshita Fumie, Yokota Isao, Matsumoto Hiroaki, Shimada Keiji, Kinjyo Mitsuru, Shimokama Tatsuro, Okumura Koji, Yomenori Masaya, Enokida Hideki, Nakagawa Masayuki, Nakai Yasushi, Fujimoto Kiyohide, Nishinihon Uro-oncology Extensive Collaboration group .  A new risk stratification model for intravesical recurrence, disease progression, and cancer-specific death in patients with non-muscle invasive bladder cancer: the J-NICE risk tables(和訳中) .  International Journal of Clinical Oncology25 ( 7 ) 1364 - 1376   2020年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

  • Kuroshima K. .  Potential new therapy of Rapalink-1, a new generation mammalian target of rapamycin inhibitor, against sunitinib-resistant renal cell carcinoma .  Cancer Science111 ( 5 ) 1607 - 1618   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14395

    Scopus

    PubMed

  • Kuroshima Kazuki, Yoshino Hirofumi, Okamura Shunsuke, Tsuruda Masafumi, Osako Yoichi, Sakaguchi Takashi, Sugita Satoshi, Tatarano Shuichi, Nakagawa Masayuki, Enokida Hideki .  新世代のmammalian target of rapamycin阻害剤であるRapalink-1によってスニチニブ耐性腎細胞癌に対抗する新規治療法の可能性(Potential new therapy of Rapalink-1, a new generation mammalian target of rapamycin inhibitor, against sunitinib-resistant renal cell carcinoma) .  Cancer Science111 ( 5 ) 1607 - 1618   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    腎細胞癌(RCC)に対してRapalink-1(R1)が示す治療有効性をin vitro、in vivoの両方で評価した。さらに、小分子mammalian target of rapamycin(mTOR)阻害剤でありラパマイシン誘導体でもあるテムシロリムス(TML)の場合と比較した。スニチニブへの曝露歴がないRCCを用いた評価では、R1はその増殖、遊走、浸潤、コロニー形成に対抗する作用をTMLよりも有意に強く示した。そうした阻害作用はmTORシグナル経路に含まれる各種の基質分子のリン酸化を抑制することで達成されていた。さらに、スニチニブ耐性のヒトRCC細胞株4種でもR1はTMLより強い腫瘍抑制作用を示した。RNA配列解析の結果、R1はmTORシグナル伝達経路を抑制するのみならず、ある種の薬剤に対する耐性と関連しているMAPK経路、ErbB経路、ATP結合カセット(ABC)経路の一部も抑制していた。本研究により、スニチニブ感受性、耐性のいずれのRCC患者に対してもR1が新規治療選択肢となる可能性が示唆された。

  • Tsuruda M. .  Oncogenic effects of RAB27B through exosome independent function in renal cell carcinoma including sunitinib-resistant .  PLoS ONE15 ( 5 ) e0232545   2020年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:PLoS ONE  

    DOI: 10.1371/journal.pone.0232545

    Scopus

    PubMed

  • Enokida H. .  Promising drug therapies other than immune checkpoint inhibitors for the treatment of metastatic bladder cancer .  Nishinihon Journal of Urology82 ( 1 ) 52 - 60   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • Nishiyama H. .  Pembrolizumab versus chemotherapy in recurrent, advanced urothelial cancer in Japanese patients: a subgroup analysis of the phase 3 KEYNOTE-045 trial .  International Journal of Clinical Oncology25 ( 1 ) 165 - 174   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1007/s10147-019-01545-4

    Scopus

    PubMed

  • Nishiyama Hiroyuki, Yamamoto Yoshiaki, Sassa Naoto, Nishimura Kazuo, Fujimoto Kiyohide, Fukasawa Satoshi, Yokoyama Minato, Enokida Hideki, Takahashi Kenichi, Tanaka Yoshinobu, Imai Kentaro, Shimamoto Takashi, Perini Rodolfo, Frenkl Tara, Bajorin Dean, Bellmunt Joaquim .  再発性進行性尿路上皮癌日本人患者に対するペムブロリズマブ投与と標準的化学療法の比較検討 第III相KEYNOTE-045試験のサブグループ解析(Pembrolizumab versus chemotherapy in recurrent, advanced urothelial cancer in Japanese patients: a subgroup analysis of the phase 3 KEYNOTE-045 trial) .  International Journal of Clinical Oncology25 ( 1 ) 165 - 174   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    白金製剤併用によるファーストライン化学療法後の再発進行性/転移性尿路上皮癌(UC)日本人患者52例を対象に施行された第III相ランダム化試験(KEYNOTE-045試験)のサブグループ解析を行い、ペムブロリズマブ投与と標準的化学療法の治療成績を比較した。その結果、US患者52例中30例はペムブロリズマブ治療、22例が標準的化学療法を受け、追跡調査期間中央値は26.1ヵ月であった。また、標準的化学療法群と比べ、ペムブロリズマブ治療群の死亡リスクは19%低く、24ヵ月全生存(OS)率においても高値が認められた。一方、客観的応答率(ORR)に関しては両群とも同等であったが、持続性に関してはペムブロリズマブ治療群で高く認められ、67%の患者に、12ヵ月以上にわたる治療応答性が維持されていた。さらに、グレード3-5の有害事象発生率においても、標準的化学療法群に比べ低値が示されたが、無増悪生存期間(PFS)ではペムブロリズマブは2.0ヵ月、標準的化学療法では4.9ヵ月と差が認められた。これらの所見から総合的に判断し、白金製剤併用化学療法後の再発性進行性/転移性UC患者へのペムブロリズマブ投与は、持続的な抗腫瘍活性がもたらし、有用と判断された。

  • Enokida Hideki, Yamada Yasutoshi, Tatarano Shuichi, Yoshino Hirofumi, Yonemori Masaya, Sakaguchi Takashi, Nishimura Hiroaki, Eura Rumiko, Nakagawa Masayuki .  高リスク限局性前立腺癌の日本人患者に対するネオアジュバント低用量エストラムスチン+LHRHアゴニスト/アンタゴニスト療法後の拡大前立腺全摘除術による腫瘍学的転帰 前向き単一群研究(Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: a prospective single-arm study) .  Japanese Journal of Clinical Oncology50 ( 1 ) 66 - 72   2020年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oxford University Press  

    拡大前立腺全摘除術(RP)の放射線治療前にネオアジュバント化学ホルモン療法(NAC)を併用し、その有効性について検討した。NAC後に拡大RPの併用療法を受けた患者87例を対象とし、その殆どは黄体形成ホルモン放出ホルモン(LHRH)アゴニスト/アンタゴニストとともにエストラムスチンリン酸(EMP)140mg 1日2回を6ヵ月服用した。また切除断端陽性率を低下させるために開発した外科的術式は、直腸筋層が露出するまで肛門挙筋筋膜と直腸間膜筋膜を切除し、直腸筋層にアプローチする方法であった。追跡期間の中央値は37.7ヵ月で、3年間の生化学的再発(BCR)非再発生存率は74.9%であった。多変量コックス回帰分析により、50%以上の陽性コア率とpT3以上の病理学的病期がBCRを予測する独立因子であることが示された。救済療法によるアンドロゲン抑制療法と同時外照射療法を受けた23例のうち約17例で救済療法後の増悪が認められなかった。

  • Shiota M. .  Differential prognostic factors in low- and high-burden de novo metastatic hormone-sensitive prostate cancer patients .  Cancer Science   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14722

    Scopus

    PubMed

  • Enokida H. .  Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: A prospective single-Arm study .  Japanese Journal of Clinical Oncology50 ( 1 ) 66 - 72   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyz138

    Scopus

    PubMed

  • Saito S. .  Tumor-forming idiopathic retroperitoneal fibrosis in renal parenchyma: A case report .  Nishinihon Journal of Urology81 ( 6 ) 639 - 644   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • 斎藤 朗毅, 坂口 大, 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎実質内に発生した腫瘤形成性特発性後腹膜線維症の1例 .  西日本泌尿器科81 ( 6 ) 639 - 644   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は61歳、男性。検診で肝腫瘤と右腎萎縮を指摘され近医を受診した。近医にて施行された造影CT検査にて、肝血管腫と径2cmの淡い造影効果を伴う左腎腫瘍を認めた。左腎腫瘍については、MRI検査にて乳頭状腎癌を含めた腎細胞癌を否定できない所見であり、治療目的で当科紹介となった。当科では、左腎細胞癌cT1aN0M0、Stage I、R.E.N.A.L.Nephrometry Score 7pの臨床診断にて、腹腔鏡下左腎部分切除を施行した。病理組織検査結果はIdiopathic retroperitoneal fibrosisであり悪性所見は認めなかった。(著者抄録)

  • Yamada Y. .  Kidney transplantation with concomitant simple nephrectomy by thoracoabdominal approach for patients with huge autosomal dominant polycystic kidney disease (ADPKD): A case report .  Urology Case Reports26   100973   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Urology Case Reports  

    DOI: 10.1016/j.eucr.2019.100973

    Scopus

    PubMed

  • Tatarano S. .  Anatomical Variations of the Left Renal Vein During Laparoscopic Donor Nephrectomy .  Transplantation Proceedings51 ( 5 ) 1311 - 1313   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Transplantation Proceedings  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2019.01.132

    Scopus

    PubMed

  • Sugita S. .  Tumor‑suppressive microRNA‑223 targets WDR62 directly in bladder cancer .  International Journal of Oncology54 ( 6 ) 2222 - 2236   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Oncology  

    DOI: 10.3892/ijo.2019.4762

    Scopus

    PubMed

  • Yamada Y. .  Recipient surgical technique in kidney transplantation - Total iliac vein transposition can improve graft survival .  Nishinihon Journal of Urology81 ( 3 ) 336 - 340   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • Osako Y. .  Potential tumor-suppressive role of microRNA-99a-3p in sunitinib-resistant renal cell carcinoma cells through the regulation of RRM2 .  International Journal of Oncology54 ( 5 ) 1759 - 1770   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Oncology  

    DOI: 10.3892/ijo.2019.4736

    Scopus

    PubMed

  • Fukumoto W. .  Perirenal abscess of a transplanted kidney caused by Mycoplasma hominis: A case report .  Nishinihon Journal of Urology81 ( 1 ) 28 - 32   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • 福元 渉, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  生殖器外Mycoplasma hominisによる移植腎周囲膿瘍の1例 .  西日本泌尿器科81 ( 1 ) 28 - 32   2019年2月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    Mycoplasma hominisは婦人科領域の常在菌であり、それ以外の臓器での感染症の発祥は稀である。我々は生殖器外M.hominisが起因菌となった移植腎周囲膿瘍の1例を経験したので報告する。症例は58歳、女性。55歳時に糖尿病性腎症を指摘され、56歳時に透析導入、59歳時に夫をドナーとする血液型不適合生体腎移植を施行した。免疫学的には問題なく、免疫抑制療法はリツキシマブ、バシリキシマブ、タクロリムス水和物、ミコフェノール酸モフェチル、プレドニゾロンにて導入した。術後16日目に創周囲の発赤と膿汁を認めたため、創部開放洗浄を行い31日目にCr 1.16mg/dlまで改善を認め退院した。38日目外来受診時に全身倦怠感と発熱、創部腫脹を認め皮下膿瘍の再燃と診断し、入院下に創部開放洗浄、バンコマイシン塩酸塩の投与を開始した。創部の膿汁培養ではM.hominisを検出した。その後も創部の洗浄を続けたが微熱が継続し45日目には移植腎外側にエコーおよび造影CTで膿汁貯留を認めたため、エコーガイド下および透視下に腎周囲膿瘍に対してドレーンを挿入し洗浄施行した。培養検査にて腎周囲膿瘍もM.hominisが検出されたため、レボフロキサシン水和物を投与開始し、1ヵ月投与しその後は膿瘍再発を認めず経過良好である。以上のM.hominisを起因菌とする移植腎周囲膿瘍の病態、治療について、若干の文献的考察を含めて報告する。(著者抄録)

  • Itesako T. .  Oral Propranolol in a Child With Infantile Hemangioma of the Urethra .  Urology122   165 - 168   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Urology  

    DOI: 10.1016/j.urology.2018.06.002

    Scopus

    PubMed

  • Yonemori M. .  Salvage focal brachytherapy for locally advanced prostate cancer that recurred following protom beam radiotherapy: A case report .  Nishinihon Journal of Urology80 ( 12 ) 658 - 662   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Nishinihon Journal of Urology  

    Scopus

  • 米森 雅也, 榎田 英樹, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 山根 隆史, 中川 昌之 .  陽子線治療後の再発に対してsalvage focal brachytherapyを施行した局所進行性前立腺癌の1例 .  西日本泌尿器科80 ( 12 ) 658 - 662   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    症例は44歳、男性。2012年2月排尿困難を主訴に前医受診した。PSA 25.89ng/mlと高値にて前立腺針生検が施行され、グリソンスコア9の前立腺癌が診断された。また膀胱鏡検査では膀胱頸部浸潤が疑われ、cT4N0M0の病期診断であった。本人の希望で陽子線治療とCAB療法が選択され、経過良好のためCAB療法は2年で終了となった。陽子線治療後約3年経過した2015年4月頃から徐々にPSAが上昇し、今後の治療方針決定のため、当科を紹介受診された。CAB療法を再開するも6ヵ月後にPSAが再上昇した。MRIにて癌病巣が前立腺左葉尖部に限局していると考えられたため2017年2月10日salvage focal brachytherapyを施行した。局所進行性前立腺癌では手術による根治性が低いことから、放射線治療にCABを組み合わせた初回治療が提示されることも多い。今回我々は陽子線治療後に再発し去勢抵抗性となった若年局所進行性前立腺癌に対してsalvage focal brachytherapyを施行した症例について若干の考察を加えて報告する。(著者抄録)

  • Nishimura H. .  Long-term desensitization for ABO-incompatible living related kidney transplantation recipients with high refractory and rebound anti-blood type antibody: Case report 11 Medical and Health Sciences 1103 Clinical Sciences 11 Medical and Health Sciences 1107 Immunology .  BMC Nephrology19 ( 1 ) 254   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Nephrology  

    DOI: 10.1186/s12882-018-1053-8

    Scopus

    PubMed

  • Tatarano S. .  Living Kidney Donor With Small Lymphocytic Lymphoma at the Time of Donation: A Case Report .  Transplantation Proceedings50 ( 8 ) 2581 - 2582   2018年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Transplantation Proceedings  

    DOI: 10.1016/j.transproceed.2018.04.016

    Scopus

  • Nishimura H. .  Immunoadsorption plasmapheresis treatment for the recurrent exacerbation of neuromyelitis optica spectrum disorder with a fluctuating anti-aquaporin-4 antibody level .  Journal of Artificial Organs21 ( 3 ) 378 - 382   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Artificial Organs  

    DOI: 10.1007/s10047-018-1044-3

    Scopus

    PubMed

  • Nishimura Hiroaki, Enokida Hideki, Sakamoto Taiji, Takahashi Toshiyuki, Hayami Hiroshi, Nakagawa Masayuki .  抗アクアポリン-4抗体濃度が変動する視神経脊髄炎スペクトラム疾患の再発性増悪に対する免疫吸着プラスマフェレーシス療法(Immunoadsorption plasmapheresis treatment for the recurrent exacerbation of neuromyelitis optica spectrum disorder with a fluctuating anti-aquaporin-4 antibody level) .  Journal of Artificial Organs21 ( 3 ) 378 - 382   2018年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:シュプリンガー・ジャパン(株)  

    症例は36歳男性で、右目視力が20/250(0.08)まで低下したため当院に来院した。MRIにより、右視神経の膨張が認められたが、大脳や脳幹および脊髄病変はみられなかった。血清中抗アクアポリン-4(AQP4)抗体が検出されたことから、視神経脊髄炎スペクトラム疾患(NMOSD)と診断され、高用量のコルチコステロイド治療が投与された。また、症状の悪化を防ぐために免疫吸着プラスマフェレーシス(IAPP)を6回施行したところ、右目の視力は20/100(0.2)まで改善された。しかし、7ヵ月後に右目視力が20/125(0.16)に悪化し、眼痛も伴っていた。この時点では抗AQP4抗体は検出されなかったが、MRIにより右視神経炎の再発が確認されたため、2回目のIAPPを7回行い、1000mgメチルプレドニゾロンの同時投与を10日おきに30日間施行した。その結果、眼痛は改善されたが、右目視力は治療中に低下し続け、最終的には20/400(0.05)に維持された。本例から、IAPPは抗AQP4抗体陽性で、増悪したNMOSDの治療に有効であることが示された。

  • Sugita S. .  HRAS as a potential therapeutic target of salirasib RAS inhibitor in bladder cancer .  International Journal of Oncology53 ( 2 ) 725 - 736   2018年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:International Journal of Oncology  

    DOI: 10.3892/ijo.2018.4435

    Scopus

    PubMed

  • Enokida H. .  MicroRNA analysis in prostate cancer .  Hormone Therapy and Castration Resistance of Prostate Cancer   267 - 291   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Hormone Therapy and Castration Resistance of Prostate Cancer  

    DOI: 10.1007/978-981-10-7013-6_28

    Scopus

  • Sakaguchi T. .  Bromodomain protein BRD4 inhibitor JQ1 regulates potential prognostic molecules in advanced renal cell carcinoma .  Oncotarget9 ( 33 ) 23003 - 23017   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.25190

    Scopus

    PubMed

  • Sakaguchi T, Yoshino H, Yonemori M, Miyamoto K, Sugita S, Matsushita R, Itesako T, Tatarano S, Nakagawa M, Enokida H .  Regulation of ITGA3 by the dual-stranded microRNA-199 family as a potential prognostic marker in bladder cancer. .  British journal of cancer118 ( 6 ) e7   2018年3月

     詳細を見る

  • Yoshino H. .  Downregulation of microRNA-1274a induces cell apoptosis through regulation of BMPR1B in clear cell renal cell carcinoma .  Oncology Reports39 ( 1 ) 173 - 181   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncology Reports  

    DOI: 10.3892/or.2017.6098

    Scopus

    PubMed

  • Yoshino H. .  PHGDH as a key enzyme for serine biosynthesis in HIF2α-targeting therapy for renal cell carcinoma .  Cancer Research77 ( 22 ) 6321 - 6329   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Cancer Research  

    DOI: 10.1158/0008-5472.CAN-17-1589

    Scopus

    PubMed

  • Izumi K. .  Enzalutamide versus abiraterone as a first-line endocrine therapy for castration-resistant prostate cancer (ENABLE study for PCa): A study protocol for a multicenter randomized phase III trial .  BMC Cancer17 ( 1 ) 677   2017年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:BMC Cancer  

    DOI: 10.1186/s12885-017-3661-2

    Scopus

    PubMed

  • 鑪野 秀一, 見附 明彦, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  腹腔鏡下手術 安全に手術を遂行するために BMI 25kg/m2以上の肥満ドナーからの腹腔鏡下腎採取術の検討 .  西日本泌尿器科79 ( 8 ) 280 - 283   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    本邦の生体腎移植ドナー適応基準において、肥満に関してはBMI高値の場合に25kg/m2未満への減量が推奨されている。今回、当院における生体腎移植ドナーの中でBMI 25kg/m2未満の普通体重群とBMI 25kg/m2以上の肥満群に分けて周術期成績を比較検討した。対象は2010年8月から2016年11月までの間に当院で腹腔鏡下ドナー腎採取術を施行した81例。普通体重群60例のBMI中央値は22.4kg/m2(17.3〜24.9kg/m2)、肥満群21例は26.8kg/m2(25.2〜33.4kg/m2)であった。年齢、術前血清クレアチニン値およびeGFRは両群間で有意な差は認められなかった。術前合併症として、肥満群は耐糖能異常(24%)および脂質異常症(48%)が普通体重群と比べて多く認められた。普通体重群と肥満群の手術時間中央値はそれぞれ308分と323分(p=0.010)、気腹時間は223分と240分(p=0.021)と肥満群で有意に延長した。全症例で周術期に重篤な合併症は認められなかった。術後1年目の血清クレアチニン値とeGFRは両群間で有意差は認められなかったが、術後1年が経過すると術前に低下したBMIが術前と同程度に戻る症例が多く見られた。肥満は耐糖能異常や脂質異常などの合併も多く、腎機能障害のリスクファクターとなるので、術後フォローアップにおいても体重を指標とした長期的な生活習慣指導が必要であると考える。(著者抄録)

  • Sakaguchi T. .  Regulation of ITGA3 by the dual-stranded microRNA-199 family as a potential prognostic marker in bladder cancer .  British Journal of Cancer116 ( 8 ) 1077 - 1087   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:British Journal of Cancer  

    DOI: 10.1038/bjc.2017.43

    Scopus

    PubMed

  • Yoshino H. .  Is it safe to use the same scissors after accidental tumor incision during partial nephrectomy? Results of in vitro and in vivo experiments .  Journal of Endourology31 ( 4 ) 391 - 396   2017年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Endourology  

    DOI: 10.1089/end.2016.0848

    Scopus

    PubMed

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 五反田 丈徳, 松田 良一郎, 見附 明彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  ブタを用いた教育用心停止下腎採取術ビデオ作成の試み .  腎移植・血管外科27 ( 1 ) 13 - 16   2017年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:腎移植・血管外科研究会  

    近年の鏡視下手術・ロボット支援手術におけるビデオを用いた教育方法は一般的に行われているが、心停止下腎採取術ビデオは本邦において個人情報の問題で作成が困難である。そこで我々はブタによる心停止下腎採取術のトレーニングの際に手術動画を撮影してビデオ作成を行った。今後はビデオを用いて術式・手術器具・役割などについて確認し、手侵のシミュレーションや若手への教育を行うことで、近年減少傾向にある心停止下腎採取術を円滑に行えるものと考える。(著者抄録)

  • Yoshino H. .  microRNA-210-3p depletion by CRISPR/Cas9 promoted tumorigenesis through revival of TWIST1 in renal cell carcinoma .  Oncotarget8 ( 13 ) 20881 - 20894   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Oncotarget  

    DOI: 10.18632/oncotarget.14930

    Scopus

    PubMed

  • Kawamoto K, Okino ST, Place RF, Urakami S, Hirata H, Kikuno N, Kawakami T, Tanaka Y, Pookot D, Chen Z, Majid S, Enokida H, Nakagawa M, Dahiya R .  Epigenetic modifications of RASSF1A gene through chromatin remodeling in prostate cancer. .  Clinical Cancer Research   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enokida H, Gotanda T, Oku S, Imazono Y, Kubo H, Hanada T, Suzuki S, Inomata K, Kishiye T, Tahara Y, Nishiyama K, Nakagawa M .  Reversal of P-glycoprotein-mediated paclitaxel resistance by new synthetic isoprenoids in human bladder cancer cell line. .  Japanese Journal of Cancer Research93 ( 9 ) 1037   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

MISC

  • 【膀胱癌-最新の診断と治療-】診断と治療 切除不能あるいは転移性の進行膀胱癌に対する今後期待される薬物療法

    榎田 英樹, 鑪野 秀一, 吉野 裕史, 中川 昌之

    日本臨床   79 ( 1 )   88 - 97   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

  • Erratum: Oncological outcome of neoadjuvant low-dose estramustine plus LHRH agonist/antagonist followed by extended radical prostatectomy for Japanese patients with high-risk localized prostate cancer: A prospective single-arm study (Japanese Journal of Clinical Oncology (2020) 50:1 (66-72) DOI: 10.1093/jjco/hyz138)

    Enokida H.

    Japanese Journal of Clinical Oncology   50 ( 12 )   1484   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Japanese Journal of Clinical Oncology  

    DOI: 10.1093/jjco/hyaa227

    Scopus

    PubMed

  • 【泌尿器科診療の最新スタンダード-平成の常識は令和の非常識】腫瘍 部位別 腎盂尿管癌

    榎田 英樹, 中川 昌之

    臨床泌尿器科   74 ( 4 )   026 - 029   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <文献概要>以前の常識 ・プラチナ製剤による一次化学療法後の再発または転移性腎盂尿管癌では,確立された二次化学療法はなかった.・硬性・軟性腎盂尿管鏡は洗浄・滅菌し,何度も再使用するものであった.現在の常識 ・プラチナ製剤による一次化学療法後の再発または進行した腎盂尿管癌では,ペンブロリズマブが推奨されている.・単回使用の使い捨てビデオ軟性腎盂尿管鏡が登場し,選択肢が増えている.

  • 膀胱癌治療の変遷 膀胱温存後の転移性膀胱癌治療に求めるもの 今後期待される転移性膀胱癌における免疫チェックポイント阻害薬以外の薬物療法

    榎田 英樹, 中川 昌之

    西日本泌尿器科   82 ( 1 )   52 - 60   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    過去30年間、転移性膀胱癌の標準治療はシスプラチンを中心とした化学療法であったが、最近では免疫チェックポイント阻害薬(CPI)が承認され脚光を浴びている。しかし、これらの免疫療法の奏効率は約20%で、生存期間は10ヵ月程度と満足出来るものではない。さらに化学療法やCPI以降の治療手段は甚だ不十分である。これまで様々な抗癌剤や分子標的薬を組み合わせて数々の臨床試験が行われてきたがgemcitabine and cisplatin(GC)療法を凌駕することは出来なかった。その背景には患者の膀胱癌組織における標的遺伝子の発現が全く考慮されていなかったことが一因にあると考えられる。膀胱癌は腫瘍遺伝子変異量の多い腫瘍であり、最近molecular subtypeに基づいた分類により治療薬に対する反応が異なることが示唆されている。特に全体の約35%を占めるLuminal-papillary typeではfibroblast growth factor receptor 3(FGFR3)の変異・癒合が見られることが特徴であり、ErdafitinibをはじめとするFGFR阻害薬の有効性が示され、第3相試験が進行中である。もう1つの流れは抗体薬物複合体の登場である。腫瘍細胞に高発現する分子を標的に、抗癌剤を特異的に癌細胞内に取り込ませて抗腫瘍効果を発揮するいわゆるミサイル療法である。抗Nectin-4抗体とMonomethyl Auristatin Eの複合体であるEnfortumab Vedotinや抗Trop-2抗体とSN-38の複合体であるSacituzumab Govitecanなどが有望で臨床試験が進行している。これら新薬の特徴は、CPI治療の効果がなかった患者でもその半数以上に腫瘍縮小が観察されたことであり、CPIが有効な患者とは遺伝子的背景が異なることが明らかである。近い将来にはTURBTで得られた腫瘍サンプルの遺伝子学的解析により、最も活性化しているシグナル経路や腫瘍抗原タンパクを標的とした薬剤を選択する時代が到来するであろう。(著者抄録)

  • 【高齢者の安全な泌尿器科診療を目指して】(chapter 3)高齢者の泌尿器がん 高齢者に対する侵襲的がん手術治療の周術期管理の注意点

    榎田 英樹, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 吉野 裕史, 江浦 瑠美子, 山田 保俊, 中川 昌之

    Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   25 ( 2 )   224 - 229   2020年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 腎移植、明日への挑戦 腎移植レシピエント手術の残された課題 Total iliac vein transposition法

    山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之

    西日本泌尿器科   81 ( 3 )   336 - 340   2019年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    腎移植におけるレシピエント手術は完成型とされているが、腎移植手術手技を見直すことにより短期生着率のみならず長期生着率を改善する可能性が残されている。今回当院における手術手技の変遷と治療成績について報告するとともに、長期生着を目指した手術手技のポイントについて考察する。(著者抄録)

  • 地方会運営のあり方

    江藤 正俊, 中川 昌之, 武田 正之, 宮嶋 哲, 野島 道生, 榎田 英樹

    日本泌尿器科学会雑誌   109 ( Suppl. )   S37 - S42   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)日本泌尿器科学会  

  • これからの泌尿器科基礎研究 腎癌における新規分子標的治療に対する耐性化機序の解明

    吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之

    西日本泌尿器科   80 ( 6 )   262 - 267   2018年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:西日本泌尿器科学会  

    進行性腎癌に対してmTOR阻害剤や血管新生阻害剤が使用されるようになり一定の治療効果を上げているが、腎癌細胞は低酸素誘導因子(HIF)を活性化することで治療抵抗性を獲得し再発・転移に至る。しかしHIFを標的にした治療法の開発はその構造的な問題で難しかったため、これまでは他の遺伝子を標的にした分子標的治療薬の開発が先行していた。そのような背景の中、最近、HIF2αの拮抗薬(PT2399、PT2385)が開発され、それらがスニチニブを大きく上回る治療効果を示す結果が報告された。しかしながら癌細胞は薬剤の長期投与により例外なく治療抵抗性を獲得する。本研究ではHIF2α抑制下での、腎癌細胞における治療抵抗性獲得機序を解明することを目的とした。始めにスニチニブ耐性腎癌細胞株を樹立し、更にCRISPR/Cas9でHIF2αのノックアウト細胞を作成した。これらの細胞株を用いて、RNA次世代シークエンスを行い、HIF2αノックアウト細胞ではセリン合成に関わる酵素であるPHGDHが顕著に活性化することを確認した。さらにメタボローム解析によりHIF2αノックアウト細胞では解糖系の活性化(Warburg効果)からセリン合成経路へ代謝リプログラミングが生じ、セリン合成経路が治療標的となることが示された。腎癌治療抵抗時には代謝リプログラミングが生じ、活性化した代謝シグナルが治療標的になることが示唆された。(著者抄録)

  • 【まるごと 泌尿器科手術・周術期管理に役立つ解剖と生理】腎盂・尿管における解剖と生理の基本

    榎田 英樹

    Uro-Lo: 泌尿器Care & Cure   23 ( 2 )   144 - 147   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 【この1冊で安心! 泌尿器科当直医マニュアル<外来編>】がん薬物療法の副作用 尿路上皮癌 抗がん剤

    山根 隆史, 榎田 英樹, 中川 昌之

    臨床泌尿器科   72 ( 3 )   284 - 290   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)医学書院  

    <ポイント>・好中球減少,貧血,血小板減少などの骨髄抑制は,最も一般的に経験する抗がん剤治療の副作用であり,適切な対処法を熟知しておく必要がある.・抗がん剤治療はさまざまな臓器毒性を起こし,患者のQOL低下や,致死的な副作用を起こすこともまれではない.治療の継続にはスムーズな診断,対策が必要である.(著者抄録)

  • 【新腎・泌尿器癌(上)-基礎・臨床研究の進歩-】腎癌 臨床応用を目指した基礎研究 マイクロRNA機能解析による腎細胞癌研究

    榎田 英樹, 中川 昌之

    日本臨床   75 ( 増刊6 新腎・泌尿器癌(上) )   140 - 147   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 榎田 英樹 .  ネオアジュバントホルモン化学療法併用による開腹拡大前立腺全摘除術 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 大迫 洋一, 吉野 裕史, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  スニチニブ耐性腎細胞癌におけるmiR-99a-3pの機能解析 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 大迫 洋一, 吉野 裕史, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  スニチニブ耐性腎細胞がんにおけるmiRNA-99a-3pの機能解析(Functional analysis of microRNA 99a-3p in sunitinib-resistant renal cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  日本癌学会

  • 吉野 裕史, 岡村 俊介, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  スニチニブ耐性腎癌に対する新規治療法 .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 大迫 洋一, 吉野 裕史, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  スニチニブ抵抗性の淡明細胞型腎細胞癌におけるリボヌクレオチドレダクターゼサブユニットM2(RRM2)を標的としたmiRNA-99a-3pの腫瘍抑制機構(Tumor-suppressive function of miRNA-99a-3p through targeting ribonucleotide regulatory subunit M2 (RRM2) in sunitinib-resistant clear cell renal cell carcinoma) .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 坂口 大, 吉野 裕史, 杉田 智, 大迫 洋一, 米森 雅也, 宮元 一隆, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  スニチニブ感受性および耐性腎細胞癌に対するBET阻害剤JQ1の抗腫瘍効果 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

  • 米森 雅也, 吉野 裕史, 宮元 一隆, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  ゲノム編集技術(CRISPR/Cas9)を使用した腎癌における分子標的治療薬への耐性化機序の解明と革新的治療法の開発 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 吉野 裕史, 宮元 一隆, 米森 雅也, 杉田 智, 坂口 大, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  これからの泌尿器科基礎研究 腎癌における新規分子標的治療薬に対する耐性化機序の解明 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 下荒磯 裕, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  VUDSの結果を元に排尿管理を行った神経因性膀胱の2例 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 下荒磯 裕, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  VUDSの結果を元に排尿管理を行った神経因性膀胱の2例 .  日本排尿機能学会誌  2017年9月  (一社)日本排尿機能学会

  • 福元 渉, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  Mycoplasma hominisによる移植腎周囲膿瘍に対する治療経験 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹, 西村 博昭, 有馬 純矢, 米森 雅也, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 中川 昌之 .  MRI-PETで検出されたOligo-progressive CRPCに対して救済小線源治療を施行した1例 .  西日本泌尿器科  2020年6月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 宮内 大知, 石原 知明, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之, 富永 充彦, 速見 浩士, 八木 静男 .  EF14%の慢性腎不全患者に対する生体腎移植の経験 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 有馬 純矢, 宮内 大知, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  EF14%の慢性腎不全患者に対する生体腎移植の一例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 西村 博昭, 坂口 大, 米森 雅也, 吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  D-ダイマーによる生体腎ドナーの深部静脈血栓症スクリーニング .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 吉野 裕史, 米森 雅也, 宮元 一隆, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  CRISPR/Cas9を用いた泌尿器癌におけるmicroRNA編集の試み .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • Yoshino Hirofumi, Yonemori Masaya, Miyamoto Kazutaka, Enokida Hideki, Nakagawa Masayuki .  CRISPR/Cas9を用いたmicroRNAゲノム編集 腎細胞癌における進行機序を解明するための新規実験的アプローチ(MicroRNA genome editing by CRISPR/Cas9: a new experimental approach for elucidating tumor progression in renal cell carcinoma) .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 石原 知明, 山田 保俊, 福元 渉, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  Clamp injuryを合併した生体腎移植の一例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 米森 雅也, 下荒磯 裕, 鑪野 秀一, 中目 康彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  brachytherapy後の尿道直腸瘻に対して瘻孔閉鎖術を施行し、術後の排尿障害のコントロールに難渋した1例 .  日本排尿機能学会誌  2018年9月  (一社)日本排尿機能学会

  • 西村 博昭, 上野 貴大, 山田 保俊, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之 .  ADPKD血液透析症例の腎摘出術周術期における自己血貯血・輸血施行例報告 .  日本透析医学会雑誌  2018年5月  (一社)日本透析医学会

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 慶田 喜文, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  75歳以上の高齢者における腹腔鏡下腎腫瘍手術の周術期成績 .  Japanese Journal of Endourology  2017年11月  (一社)日本泌尿器内視鏡学会

  • 坂口 大, 吉野 裕史, 杉田 智, 大迫 洋一, 米森 雅也, 宮元 一隆, 鶴田 雅史, 黒島 和樹, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  ブロモドメイン蛋白BRD4制御を起点としたスニチニブ耐性腎細胞癌に対する新規治療戦略 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 江浦 瑠美子, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  鹿児島大学病院泌尿器科における陰茎癌の臨床検討 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  高齢者における泌尿器疾患の術前深部静脈血栓症についての検討 .  日本老年泌尿器科学会誌  2020年8月  日本老年泌尿器科学会

  • 榎田 英樹, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  高リスク前立腺癌に対するネオアジュバントホルモン化学療法後拡大前立腺全摘除術 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 斎藤 朗毅, 坂口 大, 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 松下 良介, 上野 貴大, 玉井 元規, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  集学的治療を行った前立腺小細胞癌の一例 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 大迫 洋一, 鑪野 秀一, 山根 隆史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  陽子線治療後の再発に対してsalvage focal brachytherapyを施行した局所進行性前立腺癌の1例 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 有馬 純矢, 山田 保俊, 古郷 修一郎, 石原 知明, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  限局性強皮症ドナーからの生体腎移植の一例 中期報告 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 江浦 瑠美子, 廣畑 ゆき子, 斎藤 朗毅, 大迫 洋一, 米澤 智一, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  長期の排尿管理を経て成人期に膀胱原発扁平上皮癌を発症した2例 .  日本小児泌尿器科学会雑誌  2020年12月  日本小児泌尿器科学会

  • 廣畑 ゆき子, 大迫 洋一, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 米森 雅也, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  診断に苦慮したIVC進展を伴う転移性腎腫瘍の1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 上野 貴大, 速見 浩士, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  視神経脊髄炎スペクトラム疾患<NMOSD>の急性増悪期における血液浄化療法の治療効果の検討 .  日本透析医学会雑誌  2017年5月  (一社)日本透析医学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  術後に小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma)の合併が判明した生体腎移植ドナーの1例 .  移植  2017年8月  (一社)日本移植学会

  • 坂口 大, 斎藤 朗毅, 宮内 大知, 米森 雅也, 石原 知明, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之 .  血液透析導入期に生じた両側同時性腎細胞癌の1例 .  日本透析医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本透析医学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  血液型不適合腎移植術前長期脱感作療法症例でのCMV感染の検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 榎田 英樹 .  膀胱癌治療の変遷 膀胱温存後の転移性膀胱癌治療に求めるもの 膀胱癌の化学療法の変遷と今後期待される免疫療法以外の治療法 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹 .  膀胱癌に対するナノミセル型薬物搬送システムを介した癌抑制型マイクロRNAによる新規核酸治療の開発 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 岡村 俊介, 吉野 裕史, 鶴田 雅史, 黒島 和樹, 坂口 大, 大迫 洋一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌にて、MicroRNA-486-5pはEHHADH調節し、シスプラチン抵抗性を抑制する(MicroRNA-486-5p overcome cisplatin resistance by regulating EHHADH in bladder cancer) .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹 .  膀胱癌における薬物療法の最前線 今後期待される膀胱癌における免疫チェックポイント阻害薬以外の薬物療法 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 宮元 一隆, 宮元 一隆, 吉野 裕史, 米森 雅也, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるRAS阻害剤やCRISPR/Cas9によるHRASノックアウトを用いた抗腫瘍効果の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 杉田 智, 吉野 裕史, 宮元 一隆, 大迫 洋一, 坂口 大, 米森 雅也, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるRAS阻害剤Salirasibを介した治療標的としてのHRAS .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 吉野 裕史, 大迫 洋一, 米森 雅也, 黒島 和樹, 鶴田 雅史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるPHGDHの治療標的の可能性と制御機構の解明 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鶴田 雅史, 吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるPHGDHの治療標的としての可能性とその発現制御機構の検討(The potential therapy targeting PHGDH and the mechanism underlying its expression in Bladder Cancer) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

  • 大迫 洋一, 吉野 裕史, 米森 雅也, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるPHGDHの機能解析 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 岡村 俊介, 吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるmicroRNA-486-5pの発現低下は脂肪酸代謝を介してシスプラチン耐性へ誘導する .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 坂口 大, 吉野 裕史, 米森 雅也, 宮元 一隆, 杉田 智, 松下 良介, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌におけるIntegrin α3(ITGA3)制御を介したmicroRNA-199 familyの癌抑制的作用 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 米森 雅也, 吉野 裕史, 宮元 一隆, 杉田 智, 坂口 大, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌においてセリン合成経路のホスホグリセリン酸デヒドロゲナーゼ(PHGDH)は治療標的となり得る .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 杉田 智, 吉野 裕史, 大迫 洋一, 坂口 大, 宮元 和隆, 米森 雅也, 松下 良介, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌においてmicroRNA-223はWDR62を制御し癌抑制的に機能する .  日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

  • 杉田 智, 宮本 和隆, 坂口 大, 米森 雅也, 松下 良介, 吉野 裕史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱癌においてmicroRNA-223はWD repeat domain 62(WDR62)を制御し癌抑制的に働く .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 江浦 瑠美子, 斎藤 朗毅, 森 威慈, 井手迫 俊彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  膀胱原発扁平上皮癌を発症したPrune belly症候群の1例 .  日本小児科学会雑誌  2020年1月  (公社)日本小児科学会

  • 吉野 裕史, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之 .  腹腔鏡下腎部分切除後AKIで血液透析導入となるも8ヵ月後に透析離脱できた一例 .  日本透析医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本透析医学会

  • 有馬 純矢, 森 威慈, 石原 知明, 坂口 大, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腰椎転移を来したSeminomaの1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • Yoshino Hirofumi, Miyamoto Kazutaka, Yonemori Masaya, Sugita Satoru, Sakaguchi Takashi, Enokida Hideki, Nakagawa Masayuki .  腎細胞癌の薬物耐性に対する治療標的としての代謝リプログラミング標的化(Targeting metabolism re-programming as a therapeutic target for drug resistance in renal cell carcinoma) .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 坂口 大, 吉野 裕史, 杉田 智, 大迫 洋一, 米森 雅也, 宮元 一隆, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎細胞癌における癌遺伝子型microRNA-1274aの機能解析 Bone morphogenetic protein receptor type 1B(BMPR1B)を介した癌遺伝子的機能 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 山田 保俊, 見附 明彦, 冨永 充彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 五反田 丈徳, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植患者の就業因子に関する検討 先行的腎移植は社会復帰を容易にする .  移植  2017年8月  (一社)日本移植学会

  • 吉野 裕史, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後リンパ嚢腫に対する開窓術術後に内ヘルニアを認めた1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 見附 明彦, 山田 保俊, 坂口 大, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後に発症した気管腺様嚢胞癌の1例 .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植前中時に透析療法およびC型肝炎治療施行症例の経過報告 .  日本透析医学会雑誌  2020年10月  (一社)日本透析医学会

  • 吉野 裕史, 大迫 洋一, 坂口 大, 杉田 智, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎癌における代謝リプログラミングを標的とした治療薬抵抗性獲得機序の解明と克服(Targeting metabolism re-programming in drug resistant renal cell carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2018年9月  日本癌学会

  • 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  脳転移を伴う転移性腎癌に対してニボルマブを使用した1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 上野 貴大, 速見 浩士, 古郷 修一郎, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  維持血液透析患者の重症虚血肢(CLI:Critical Limbs Ischemia)における創部感染の臨床検討 .  日本透析医学会雑誌  2017年5月  (一社)日本透析医学会

  • 宮本 達貴, 三宅 牧人, 西村 伸隆, 飯田 孝太, 堀 俊太, 中濱 智則, 中井 靖, 田中 宣道, 米森 雅也, 榎田 英樹, 中川 昌之, 松本 洋明, 松山 豪泰, 藤本 清秀 .  筋層非浸潤性膀胱癌新リスク分類の有用性 超高リスク群の予後及び中リスク群の細分化 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2020年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 西村 博昭, 坂口 大, 有馬 純矢, 石原 知明, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  直近10年間の当院における陰茎癌の臨床検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹 .  泌尿器科分野の最新医療について .  日本透析医会雑誌  2020年4月  (公社)日本透析医会

  • 榎田 英樹, 吉野 裕史, 中川 昌之 .  泌尿器科がん研究の最前線 膀胱癌進展におけるマイクロRNAの役割 .  日本癌学会総会記事  2017年9月  日本癌学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  泌尿器疾患における術前深部静脈血栓症スクリーニングについて .  西日本泌尿器科  2019年4月  西日本泌尿器科学会

  • 榎田 英樹, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  泌尿器がん研究の最前線 マイクロRNA解析に基づく尿路上皮がんの予後予測マーカーと治療法の開発(New insights in urologic oncology research Developing prognostic markers and therapeutic modalities based on microRNA expression profile of urothelial carcinoma) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  日本癌学会

  • 富永 充彦, 山田 保俊, 有馬 純矢, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  植込み型除細動器(ICD)植込み後に生体腎移植を施行した1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 鑪野 秀一, 見附 明彦, 廣畑 ゆき子, 大迫 洋一, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  採取側に小径副腎腫瘍を伴う生体腎ドナーについての検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  抗血液型抗体測定方法にマイクロタイピングシステム法を使用した血液型不適合腎移植の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  後腹膜鏡下ドナー腎採取術の初期経験 .  西日本泌尿器科  2018年6月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における高齢者の腎腫瘍手術の周術期成績 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 吉野 裕史, 井手迫 俊彦, 西村 博昭, 山田 保俊, 中川 昌之 .  当院における高リスク筋層非浸潤性膀胱癌の再発・進展についての検討 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 山崎 丈嗣, 慶田 喜文, 川平 秀一郎, 松田 良一郎, 五反田 丈徳, 繁田 正信, 榎田 英樹 .  当院における腹腔鏡下前立腺全摘除術(LRP)の工夫と成績 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 山田 保俊, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における腎移植啓発と腎移植成績 .  日本透析医学会雑誌  2017年5月  (一社)日本透析医学会

  • 山田 保俊, 見附 昭彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における腎移植レシピエント術式の工夫 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 富永 充彦, 米森 雅也, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之, 五反田 丈徳 .  当院における抗血液型抗体価リバウンド症例に対するABO血液型不適合生体腎移植の経験 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 廣畑 ゆき子, 西村 博昭, 冨永 充彦, 見附 明彦, 米森 雅也, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における前立腺癌再発に対する救済小線源療法を含んだ治療症例の経過報告 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 吉野 裕史, 西村 博昭, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における前立腺密封小線源療法治療の治療成績 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2019年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 西村 博昭, 鑪野 秀一, 有馬 純矢, 古屋敷 和歌子, 吉野 裕史, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之, 坂口 大, 伏谷 俊作, 井手迫 俊彦, 斉藤 朗毅, 杉田 智 .  当院における前立腺原発小細胞癌の検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 下荒磯 裕, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における人工尿道括約筋植込術の治療成績 .  日本排尿機能学会誌  2018年9月  (一社)日本排尿機能学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における両側副腎腫瘍に対する腹腔鏡下手術についての検討 .  西日本泌尿器科  2020年6月  西日本泌尿器科学会

  • 米森 雅也, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院における上部尿路上皮癌に対する腎尿管全摘出術後の膀胱内再発に関する検討 .  西日本泌尿器科  2017年10月  西日本泌尿器科学会

  • 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 米森 雅也, 慶田 喜文, 福元 渉, 森 威慈, 大迫 洋一, 中川 昌之 .  当院におけるロボット支援前立腺全摘除術の初期経験 .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院におけるC型肝炎ウイルス感染合併慢性腎不全患者の腎移植治療経過の報告 .  移植  2019年9月  (一社)日本移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 見附 明彦, 鑪野 秀一, 五反田 丈徳, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院での腎臓移植の膀胱尿管新吻合術における尿漏合併症の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 榎田 英樹, 速見 浩士, 中川 昌之, 東 龍太郎 .  当院での維持透析患者に対する前立腺癌密封小線源療法の治療経験 .  日本透析医学会雑誌  2019年5月  (一社)日本透析医学会

  • 西村 博昭, 有馬 純矢, 石原 知明, 井手迫 俊彦, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における鼠径部リンパ節生検および郭清術を施行した陰茎癌症例の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 米森 雅也, 鑪野 秀一, 井手迫 俊彦, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における腹腔鏡下副腎摘出術の検討 .  日本泌尿器科学会総会  2019年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 米森 雅也, 榎田 英樹, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 中川 昌之 .  当科における尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ使用の初期経験 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2018年10月  (一社)日本癌治療学会

  • 見附 明彦, 山田 保俊, 西村 博昭, 有馬 純矢, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当科における免疫抑制剤の適正化への取り組み .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2020年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 石原 知明, 坂口 大, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿細胞診と血中BKウイルス検査で経過をみたBKウイルス感染症検討 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 宮内 大知, 森 威慈, 川上 一誠, 石原 知明, 鑪野 秀一, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿管ステント留置の際に腎損傷をきたした生体腎移植の一例 .  西日本泌尿器科  2018年10月  西日本泌尿器科学会

  • 坂口 大, 山田 保俊, 宮内 大知, 森 威慈, 慶田 喜文, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  尿管ステントにより腎損傷をきたした生体腎移植の1例 .  日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集  2019年2月  (一社)日本臨床腎移植学会

  • 榎田 英樹, 西村 博昭, 有馬 純矢, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 中川 昌之 .  小線源治療後尿道直腸瘻に対する修復術後に生じた全尿失禁に対して人工尿道括約筋植込・置換術(AMS800)の再手術を行った1例 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 下荒磯 裕, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  子宮頸癌ワクチン接種後脳症に伴う下部尿路機能障害について .  日本泌尿器科学会総会  2017年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  副腎腫瘍に対する腹腔鏡下副腎部分切除術についての検討 .  西日本泌尿器科  2019年10月  西日本泌尿器科学会

  • 西村 博昭, 坂口 大, 見附 明彦, 枦木 太郎, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 山田 保俊, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  前立腺癌根治治療後のOligometastasisを含む再発例に対するSalvage小線源療法施行例の報告 .  西日本泌尿器科  2020年10月  西日本泌尿器科学会

  • Nishiyama Hiroyuki, Yamamoto Yoshiaki, Sassa Naoto, Nishimura Kazuo, Fujimoto Kiyohide, Fukasawa Satoshi, Yokoyama Minato, Enokida Hideki, Takahashi Kenichi, Tanaka Yoshinobu, Imai Kentaro, Shimamoto Takashi, Perini Rodolfo, Frenkl Tara, Bajorin Dean, Bellumunt for the KEYNOTE-045 Japanese investigators Joaquim .  再発性進行性尿路上皮癌(UC)におけるpembrolizumab(pembro)とpaclitaxel、docetaxel、vinflunineの比較 第3相KEYNOTE-045試験からの長期結果、日本人サブグループ解析とともに(Pembrolizumab(pembro) versus paclitaxel, docetaxel, or vinflunine in recurrent, advanced urothelial cancer(UC): Long-term results from the phase 3 KEYNOTE-045 trial with Japanese subgroup analysis) .  日本泌尿器科学会総会  2018年4月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 下荒磯 裕, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  人工尿道括約筋植込術後に直腸癌が発見された一例 .  日本老年泌尿器科学会誌  2018年11月  日本老年泌尿器科学会

  • 川上 一誠, 米森 雅也, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  上部尿路上皮癌における術後膀胱内再発に関する検討 .  西日本泌尿器科  2018年4月  西日本泌尿器科学会

  • 山田 保俊, 上野 貴大, 見附 明彦, 西村 博昭, 鑪野 秀一, 松田 良一郎, 五反田 丈徳, 川越 真理, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  レシピエント手術時の吻合部デザインに関するトラブルシューティング .  移植  2018年11月  (一社)日本移植学会

  • 黒島 和樹, 吉野 裕史, 岡村 俊介, 鶴田 雅史, 大迫 洋一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎細胞癌における新世代mTOR阻害剤Rapalink-1の治療効果の基礎的検討 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 西村 博昭, 山田 保俊, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 速見 浩士, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  腎移植後ステロイド離脱療法による免疫抑制療法施行症例の経過報告 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 鑪野 秀一, 米森 雅也, 見附 明彦, 大迫 洋一, 江浦 瑠美子, 吉野 裕史, 西村 博昭, 山田 保俊, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  泌尿器手術における術前深部静脈血栓症のスクリーニングについて .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 坂口 大, 西村 博昭, 斎藤 朗毅, 山田 保俊, 吉野 裕史, 鑪野 秀一, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  当院で経験したComposite pheochromocytoma-ganglioneuromaの2例 症例報告および考察 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

  • 岡村 俊介, 吉野 裕史, 大迫 洋一, 黒島 和樹, 鶴田 雅史, 榎田 英樹, 中川 昌之 .  シスプラチン耐性膀胱癌に対する治療標的型microRNAと標的遺伝子の探索 .  日本泌尿器科学会総会  2020年12月  (一社)日本泌尿器科学会総会事務局

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Acellular matrix graftによる膀胱拡大術や腎盂尿管形成術の研究。

    2005年

      詳細を見る

  • 泌尿器癌について発癌や浸潤転移の分子機構のメカニズムの解析。

    2005年

      詳細を見る