2021/03/23 更新

写真a

ウエノ シンイチ
上野 真一
UENO Shin'ichi
所属
医歯学域附属病院 附属病院 診療施設 腫瘍センター

学位

  • 博士(医学) ( 1994年11月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 肝切除,肝胆膵悪性腫瘍,肝切除シミュレーション

  • 外来化学療法

  • 臨床腫瘍学

研究分野

  • その他 / その他  / 肝胆膵の悪性腫瘍

  • その他 / その他  / 浸襲学

  • その他 / その他  / 緩和医療学

  • その他 / その他  / 消化器外科

  • その他 / その他  / 臨床腫瘍学

経歴

  • 鹿児島大学    

    2003年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 臨床腫瘍学講座   特任教授

    2003年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • International Liver Cancer Association

    2015年10月 - 現在

  • ESMO

    2015年10月 - 現在

  • ASCO

    2015年10月 - 現在

  • AASLD

    2015年10月 - 現在

  • 日本肝癌研究会

    2015年10月 - 現在

  • 日本膵臓学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本胆道学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本肝臓学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本内視鏡外科学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本肝胆膵外科学会(高度技能医、評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本消化器外科学会 (指導医、専門医、評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本外科学会(指導医,専門医)

    2015年10月 - 現在

  • 日本緩和医療学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本消化器癌発生学会(評議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本癌治療学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床腫瘍学会

    2015年10月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 2000年4月 - 2001年5月   ワシントン大学   研究者

 

論文

  • Hashiguchi M, Ueno S, Sakoda M, Iino S, Hiwatashi K, Minami K, Ando K, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Ishigami S, Natsugoe S .  Clinical implication of ZEB-1 and E-cadherin expression in hepatocellular carcinoma (HCC). .  BMC Cancer13   572   2013年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uenosono Y, Arigami T, Kozono T, Yanagita S, Hagihara T, Haraguchi N, Matsushita D, Hirata M, Arima H, Funasako Y, Kijima Y, Nakajo A, Okumura H, Ishigami S, Hokita S, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical significance of circulating tumor cells in peripheral blood from patients with gastric cancer. .  Cancer 119 ( 22 ) 3984 - 3991   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 又木雄弘, 新地洋之, 前村公成, 蔵原弘, 川崎洋太, 出先亮介, 上野真一, 迫田雅彦, 飯野聡, 東美智代, 高尾尊身, 夏越祥次 .  術前化学(放射線)療法を行った切除可能および境界膵癌の検討 .  癌と化学療法40 ( 12 ) 1637 - 1640   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 橋口真征, 上野真一, 迫田雅彦, 飯野聡, 南幸次, 安藤慶, 又木雄弘, 前村公成, 新地洋之, 夏越祥次 .  門脈枝塞栓術を併用した手術による両葉多発fibrolamellar hepatocellular carcinomaの長期生存の1例 .  日本消化器外科学会雑誌46 ( 11 ) 822 - 829   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hironori Sakita, Hiroshi Okumura, Sumiya Ishigami, Masataka Matsumoto, Yasuto Uchikado, Tetsuro Setoyama, Takaaki Arigami, Yoshikazu Uenosono, Yuko Kijima, Tetsuhiro Owaki, Hiroyuki Shinchi, Shinichi Ueno, Shoji Natsugoe .  Metachronous esophageal squamous cell cancer after gastrectomy for gastric cancer .  Esophagus10 ( 3 ) 129 - 134   2013年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Nakajo A, Arima H, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic breast surgery combining periareolar mammoplasty with volume displacement using a crescent-shaped cutaneous flap for early breast cancer in the upper quadrant. .  Surgery today43 ( 8 ) 946 - 953   2013年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Okumura H, Kurahara H, Uchikado Y, Setoyama T, Kita Y, Kijima Y, Nishizono Y, Nakajo A, Owaki T, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical implications of DLL4 expression in gastric cancer. .  Journal of Experimental & Clinical Cancer Research32 ( 1 ) 46   2013年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uchikado Y, Setoyama T, Kita Y, Sasaki K, Okumura H, Kurahara H, Kijima Y, Harada A, Ueno S, Natsugoe S. .  IL-32 expression is an independent prognostic marker for gastric cancer. .  Medical Oncology30 ( 2 ) 472   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 石神 純也、有上 貴明、上之園 芳一、奥村 浩、内門 泰斗、大脇 哲洋、喜島 祐子、中条 哲浩、前村 公成、上野 真一、帆北 修一、平木 嘉幸、中條 政敬、夏越 祥次 .  進行・再発胃癌に対する化学放射線療法の治療成績 .  癌と化学療法40 ( 6 ) 727 - 731   2013年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kita Y, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Omoto I, Matsumoto M, Setoyama T, Tanoue K, Mori S, Owaki T, Ishigami S, Ueno S, Kajiya Y, Natsugoe S. .  Clinical Significance of (18)F-fluorodeoxyglucose Positron Emission Tomography in Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma. .  Annals of surgical oncology20 ( 5 ) 1646 - 1652   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一、安藤慶、迫田雅彦、飯野聡、南幸次、橋口真征、又木雄弘、前村公正、新地洋之、夏越祥次 .  【粘液産生性胆道系腫瘍の再出発-エビデンスとしての画像と病理】 肝MCNの1例 WHO分類第4版に基づいて .  胆と膵34 ( 5 ) 397 - 401   2013年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakajo A, Arima H, Hirata M, Mizoguchi T, Kijima Y, Mori S, Ishigami S, Ueno S, Yoshinaka H, Natsugoe S. .  Trans-Oral Video-Assisted Neck Surgery (TOVANS). A new transoral technique of endoscopic thyroidectomy with gasless premandible approach. .  Surgical endoscopy27 ( 4 ) 1105 - 1110   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Arima H, Nakajo A, Ueno S, Natsugoe S. .  Immediate reconstruction using a modified inframammary adipofascial flap after partial mastectomy. .  Surgery today43 ( 3 ) 456 - 460   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakoda M, Ueno S, Iino S, Minami K, Ando K, Kawasaki Y, Kurahara H, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Natsugoe S. .  Pure laparoscopic subsegmentectomy of the liver using a puncture method for the target portal branch under percutaneous ultrasound with artificial ascites. .  Surgical Laparoscopy Endoscopy & Percutaneous Techniques23 ( 2 ) 45 - 48   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakoda M, Ueno S, Iino S, Minami K, Ando K, Kawasaki Y, Kurahara H, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Natsugoe S. .  Endoscopic versus Open Radiofrequency Ablation for Treatment of Small Hepatocellular Carcinoma. .  World journal of surgery37 ( 3 ) 597 - 601   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Arigami T, Uenosono Y, Yanagita S, Nakajo A, Ishigami S, Okumura H, Kijima Y, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical Significance of Lymph Node Micrometastasis in Gastric Cancer. .  Annals of surgical oncology20 ( 2 ) 515 - 521   2013年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Takao S, Maemura K, Mataki Y, Kuwahata T, Maeda K, Sakoda M, Iino S, Ishigami S, Ueno S, Shinchi H, Natsugoe S. .  M2-Polarized Tumor-Associated Macrophage Infiltration of Regional Lymph Nodes Is Associated With Nodal Lymphangiogenesis and Occult Nodal Involvement in pN0 Pancreatic Cancer. .  Pancreas42 ( 1 ) 155 - 159   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuko Kijima, Heiji Yoshinaka, Munetsugu Hirata, Akihiro Nakajo, Hideo Arima, Sumiya Ishigami, Shinichi Ueno, Shoji Natsugoe .  Histological Findings of a Local Adipofascial Flap That Was Implanted during Breast Conserving Surgery .  Modern Plastic Surgery3 ( 1 ) 43 - 46   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Owaki T, Okumura H, Uchikado Y, Sasaki K, Matsumoto M, Omoto I, Setoyama T, Kita Y, Sakurai T, Matsushita D, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Serum concentrations of antibiotics during severe invasive surgery such as esophagectomy for esophageal cancer. .  International Surgery98 ( 1 ) 1 - 5   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 橋口 真征, 上野 真一, 迫田 雅彦, 飯野 聡, 南 幸次, 又木 雄弘, 前村 公成, 新地 洋之, 平木 翼, 夏越 祥次 .  肝原発mucosa-assosiated lymphoid tissueリンパ腫の1切除例 .  日本消化器外科学会雑誌46 ( 1 ) 50 - 57   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Matsumoto M, Okumura H, Uchikado Y, Kita Y, Nishizono Y, Maemura K, Kijima Y, Nakajo A, Owaki T, Ueno S, Hokita S, Natsugoe S. .  Cancerous HLA class 1 expression and regulatory T cell infiltration in gastric cancer. .  Cancer Immunol Immunother. 61 ( 10 ) 1663 - 1669   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 又木 雄弘, 新地 洋之, 前村 公成, 蔵原 弘, 松下 大輔, 上野 真一, 迫田 雅彦, 飯野 聡, 高尾 尊身, 夏越 祥次 .  消化管出血を契機に発見された腎癌術後膵転移の一例 .  膵臓27 ( 4 ) 633 - 638   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Megumi K, Ishigami S, Uchikado Y, Kita Y, Okumura H, Matsumoto M, Uenosono Y, Arigami T, Kijima Y, Kitazono M, Shinchi H, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinicopathological Significance of BMP7 Expression in Esophageal Squamous Cell Carcinoma. .  Annals of surgical oncology19 ( 6 ) 2066 - 2071   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Takao S, Maemura K, Mataki Y, Kuwahata T, Maeda K, Ding Q, Sakoda M, Iino S, Ishigami S, Ueno S, Shinchi H, Natsugoe S. .  Epithelial-mesenchymal transition and mesenchymal-epithelial transition via regulation of ZEB-1 and ZEB-2 expression in pancreatic cancer. .  Journal of surgical oncology105 ( 7 ) 655 - 661   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 橋口 真征, 新地 洋之, 前村 公成, 又木 雄弘, 蔵原 弘, 上野 真一, 迫田 雅彦, 飯野 聡, 高尾 尊身, 夏越 祥次 .  嚢胞壁にFDG-PETの異常集積を認めたIntraductal Papillary Mucinous Carcinomaの1例 .  日本消化器外科学会雑誌45 ( 6 ) 637 - 643   2012年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kamikihara T, Ishigami S, Arigami T, Matsumoto M, Okumura H, Uchikado Y, Kita Y, Kurahara H, Kijima Y, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical implication of N-cadherin expression in gastric cancer. .  Pathology international62 ( 3 ) 161 - 166   2012年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 蔵原 弘、新地洋之、前村公成、又木雄弘、迫田雅彦、飯野 聡、上野真一、平木嘉幸、高尾尊身、夏越祥次. .  膵癌同時性転移に対して抗癌剤感受性試験に基づく化学療法と定位体幹放射線療法を用いた集学的治療により良好な腫瘍制御効果が得られた1例. .  癌と化学療法39 ( 2 ) 481 - 483   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Umekita Y, Sohda M, Koriyama C, Mizoguchi T, Arima H, Nakajo A, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Clinical and pathologic evaluation of implanted free dermal fat grafts after breast cancer surgery: A retrospective analysis. .  Surgery.151 ( 3 ) 444 - 455   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba K, Ishigami S, Arigami T, Uenosono Y, Okumura H, Matsumoto M, Kurahara H, Uchikado Y, Kita Y, Kijima Y, Kitazono M, Shinchi H, Ueno S, Natsugoe S. .  Mesothelin expression correlates with prolonged patient survival in gastric cancer. .  Journal of surgical oncology105 ( 2 ) 195 - 199   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Owaki T, Matsumoto M, Okumura H, Uchicado Y, Kita Y, Setoyama T, Sasaki K, Sakurai T, Omoto I, Shimada M, Sakamoto F, Yoshinaka H, Ishigami S, Ueno S, Natsugoe S. .  Endoscopic ultrasonography is useful for monitoring the tumor response of neoadjuvant chemoradiation therapy in esophageal squamous cell carcinoma. .  American journal of surgery203 ( 2 ) 191 - 197   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinchi H, Maemura K, Mataki Y, Kurahara H, Sakoda M, Ueno S, Hiraki Y, Nakajo M, Natsugoe S, Takao S. .  A phase II study of oral S-1 with concurrent radiotherapy followed by chemotherapy with S-1 alone for locally advanced pancreatic cancer. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic sciences19 ( 2 ) 152 - 158   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Maemura K, Shinchi H, Mataki Y, Kurahara H, Hayashi T, Kuwahata T, Sakoda M, Ueno S, Takao S, Natsugoe S. .  Advanced staging laparoscopy using single-incision approach for unresectable pancreatic cancer. .  Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques21 ( 6 ) 301 - 305   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Shinchi H, Maemura K, Mataki Y, Iino S, Sakoda M, Ueno S, Takao S, Natsugoe S. .  Delayed Gastric Emptying after Pancreatoduodenectomy. .  The Journal of surgical research171 ( 2 ) 187 - 192   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kaneko K, Ishigami S, Kijima Y, Funasako Y, Hirata M, Okumura H, Shinchi H, Koriyama C, Ueno S, Yoshinaka H, Natsugoe S. .  Clinical implication of HLA class I expression in breast cancer. .  BMC Cancer. 11   454   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Nakajo A, Arima H, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic surgery for Japanese patients with breast cancer of the lower pole. .  Surgery today41 ( 10 ) 1461 - 1465   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Arima H, Nakajo A, Ueno S, Natsugoe S. .  Immediate reconstruction using a modified thoracodorsal adipofascial cutaneous flap after partial mastectomy. .  Breast   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Ishigami S, Hirata M, Kaneko K, Mizoguchi T, Nakajo A, Arima H, Funasako Y, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic surgery for Japanese patients with ptotic breasts. .  Breast cancer   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Nakajo A, Arima H, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic surgery in Japanese patients with breast cancer close to the areola: partial mastectomy using periareolar mammoplasty: a case report. .  Case reports in surgery   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Shinchi H, Mataki Y, Maemura K, Noma H, Kubo F, Sakoda M, Ueno S, Natsugoe S, Takao S. .  Significance of M2-polarized tumor-associated macrophage in pancreatic cancer. .  The Journal of surgical research   2011年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Funasako Y, Kaneko K, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Arima H, Nakajo A, Ueno S, Natsugoe S. .  Immediate breast reconstruction using autologous free dermal fat grafts provides better cosmetic results for patients with upper inner cancerous lesions. .  Surgery today   2011年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Arima H, Nakajo A, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic surgery combining partial mastectomy with breast reconstruction using a free nipple-areola graft for ductal carcinoma in situ in a ptotic breast: report of a case. .  Surgery today   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aoki M, Ishigami S, Uenosono Y, Arigami T, Uchikado Y, Kita Y, Kurahara H, Matsumoto M, Ueno S, Natsugoe S. .  Expression of BMP-7 in human gastric cancer and its clinical significance. .  British journal of cancer   2011年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Hiwatashi K, Sakoda M, Iino S, Kurahara H, Minami K, Ando K, Maemura K, Mataki Y, Matsumoto M, Owaki T, Kitazono M, Ishigami S, Shinchi H, Natsugoe S .  Significance of high mobility group box-1 (HMGB1) expression in hepatocellular carcinoma. .  Med. J. Kagoshima Univ. 62   27 - 35   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一 .  肝細胞癌の現況とその展望:鹿児島肝癌研究会2700症例に基づいて .  鹿児島臨床外科学会誌22   68 - 76   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一、迫田雅彦、飯野 聡、蔵原 弘、南 幸次、安藤 慶、又木雄弘、喜島裕子、前村公成、大脇哲弘、北薗正樹、石神純也、新地洋之*、夏越祥次 .  小肝細胞癌の肉眼型分類からみた腫瘍特性:細胞増殖能とDoubling timeの観点から. .  鹿大医学雑誌63   21 - 35   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一, 樋渡清司, 迫田雅彦, 飯野 聡、蔵原弘, 前村公成、又木雄弘, 南幸次, 安藤慶, 松本正隆, 大脇哲弘, 北薗正樹, 石神純也, 新地洋之, 夏越祥次. .  肝細胞癌におけるHigh mobility group box-1(HMGB1)発現の意義(Significance of High Mobility Group Box-1(HMGB1) Expression in Hepatocellular Carcinoma) .  鹿大医学雑誌62   27 - 35   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Sakoda M, Kitazono M, Iino S, Kurahara H, Minami K, Ando K, Mataki Y, Maemura K, Ishigami S, Natsugoe S. .  Is delayed liver resection appropriate for patients with metachronous colorectal metastases? .  Annals of surgical oncology18 ( 4 ) 1104 - 1109   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Sakoda M, Kurahara H, Iino S, Minami K, Ando K, Mataki Y, Maemura K, Ishigami S, Shinchi H, Natsugoe S. .  Safety and efficacy of early postoperative hyperbaric oxygen therapy with restriction of transfusions in patients with HCC who have undergone partial hepatectomy. .  Langenbeck's archives of surgery396 ( 1 ) 99 - 106   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Ueno S, Kita Y, Arigami T, Uchikado Y, Arima H, Kurahara H, Okumura H, Matsumoto M, Kijima Y, Kitazono M, Natsugoe S. .  Normal delivery following R0 gastrectomy forStage IV gastric cancer. .  Med. J. Kagoshima Univ. 62   47 - 50   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 又木雄弘、新地洋之、前村公成、蔵原 弘、迫田雅彦、上野真一、高尾尊身、夏越祥次. .  胆道癌におけるFDG-PETの検討. .  胆道25   72 - 78   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Shinchi H, Maemura K, Mataki Y, Iino S, Sakoda M, Ueno S, Takao S, Natsugoe S .  Indicators of complications and drain removal aftyer pancreaticoduodenectomy. .  The Journal of surgical research170 ( 2 ) 211 - 216   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Nakajo A, Arima H, Ueno S, Natsugoe S. .  Immediate reconstruction using a modified thoracodorsal adipofascial cutaneous flap after partial mastectomy. .  Breast20   464 - 467   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Ueno S, Nishizono Y, Matsumoto M, Kurahara H, Arigami T, Uchikado Y, Setoyama T, Arima H, Yoshiaki K, Kijima Y, Kitazono M, Natsugoe S. .  Prognostic impact of CD168 expression in gastric cancer. .  BMC Cancer 24   106   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Ueno S, Arigami T, Arima H, Uchikado Y, Kita Y, Sasaki K, Nishizono Y, Omoto I, Kurahara H, Matsumoto M, Kijima Y, Natsugoe S. .  Clinical implication of CD166 expression in gastric cancer. .  Journal of surgical oncology   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Takao S, Shinchi H, Maemura K, Mataki Y, Sakoda M, Hayashi T, Kuwahata T, Minami K, Ueno S, Natsugoe S. .  Significance of lymphangiogenesis in primary tumor and draining lymph nodes during lymphatic metastasis of pancreatic head cancer. .  Journal of surgical oncology   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kurahara H, Takao S, Shinchi H, Mataki Y, Maemura K, Sakoda M, Ueno S, Natsugoe S. .  Subtotal stomach-preserving pancreaticoduodenectomy (SSPPD) prevents postoperative delayed gastric emptying. .  Journal of surgical oncology   2010年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Sakoda M, Kurahara H, Iino S, Minami K, Ando K, Mataki Y, Maemura K,Takumi K, Fukukura Y, Natsugoe S .  Preoperative segmentation of the liver, based on 3D CT images, facilitates laparoscopic anatomic hepatic resection for small nodular hepatocellular carcinoma in patients with cirrhosis .  Hepato-gastroenterology57   807 - 812   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一、迫田雅彦、蔵原 弘、南 幸次、又木雄弘、前村公成、松本正隆、大脇哲弘、北薗正樹、石神純也、新地洋之、夏越祥次 .  肝葉切除術における器械縫合器使用の実際:長期成績に基づいて .  鹿大医学雑誌62   23 - 26   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Baba Y, Hayashi S, Ueno K, Nakajo M, Ueno S, Kubo F, Baba Y, Hamanoue M, Hasegawa S, Tsubouchi H, Komorizono Y. .  Comparison of survival rates between patients treated with transcatheter arterial chemoembolization and hepatic resection for solitary hepatocellular carcinoma. .  Oncology letters   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Ueno S, Arigami T, Uchikado Y, Setoyama T, Arima H, Kita Y, Kurahara H, Okumura H, Matsumoto M, Kijima Y, Natsugoe S. .  Prognostic impact of CD133 expression in gastric carcinoma. .  Anticancer research   2010年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,南 幸次,樋渡清司,夏越祥二 .  門脈3D-CTシミュレーションに基づく腹腔鏡補助下系統的肝切除術 .  手術64 ( 5 ) 599 - 603   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Ueno S, Matsumoto M, Okumura H, Arigami T, Uchikado Y, Setoyama T, Arima H, Sasaki K, Kitazono M, Shinchi H, Kijima Y, Natsugoe S. .  Prognostic value of CD208-positive cell infiltration in gastric cancer. .  Cancer immunology, immunotherapy   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ishigami S, Aridome K, Nakajo A, Matsumoto M, Uchikado Y, Setoyama T, Arigami T, Arima H, Ueno S, Kijima Y, Aikou T, Natsugoe S. .  Roux-en-Y reconstruction with stapled distal jejunal pouch after total gastrectomy. .  The American surgeon   2010年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Natsugoe S, Matsumoto M, Okumura H, Uchikado Y, Setoyama T, Sasaki K, Sakurai T, Omoto I, Owaki T, Shinchi H, Ueno S, Ishigami S. .  Clinical course and outcome after esophagectomy with three-field lymphadenectomy in esophageal cancer. .  Langenbeck's archives of surgery   2010年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kijima Y, Yoshinaka H, Hirata M, Mizoguchi T, Ishigami S, Nakajo A, Arima H, Ueno S, Natsugoe S. .  Oncoplastic surgery in a Japanese patient with breast cancer in the lower inner quadrant area: partial mastectomy using horizontal reduction mammoplasty. .  Breast Cancer   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi K, Ueno S, Sakoda M, Kubo F, Tateno T, Kurahara H, Mataki Y, Maemura K, Ishigami S, Shinchi H, Natsugoe S. .  Strong Smad4 expression correlates with poor prognosis after surgery in patients with hepatocellular carcinoma. .  Annals of surgical oncology   2009年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,久保文武,迫田雅彦,平田宗嗣,樋渡清司,夏越祥二 .  皮膚筋炎を合併した肝細胞癌の1例 .  日本臨床外科学会雑誌70   486 - 490   2009年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sakoda M, Ueno S, Kubo F, Hiwatashi K, Tateno T, Kurahara H, Mataki Y, Shinchi H, Natsugoe S. .  Surgery for hepatocellular carcinoma located in the caudate lobe. .  World journal of surgery   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Sakoda M, Kubo, F Hiwatashi K, Tateno T, Baba Y, Hasegawa S, Tsubouchi H. .  Surgical Resection Versus Radiofrequency Ablation for Small Hepatocellular Carcinoma within Milan Criteria .  Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery16   359 - 366   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi K, Ueno S, Kubo F, Sakoda M, Tateno T, Hayashi T, Abeyama K, Natsugoe S. .  Relevance of apoptosis and tolerance to hypoxic stress in cells transfected with receptor for advanced glycation end products (RAGE). .  Anticancer research   2009年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tateno T, Ueno S, Hiwatashi K, Matsumoto M, Okumura H, Setoyama T, Uchikado Y, Sakoda M, Kubo F, Ishigami S, Shinchi H, Natsugoe S. .  Expression of receptor for advanced glycation end products (RAGE) is related to prognosis in patients with esophageal squamous cell carcinoma. .  Annals of surgical oncology   2009年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Kubo F, Sakoda M, Hiwatashi K, Tateno T, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Natsugoe S, Aikou T .  Efficacy of anatomic resection vs. non-anatomic resection for small nodular hepatocellular carcinoma based on tumor size and gross classification. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery15   493 - 500   2008年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tateno T, Ueno S, Sakoda M, Kubo F, Hiwatashi K, Baba Y, Baba Y, Hasegawa S, Tsubouchi H, Natsugoe S .  Prognostic factors of 10-year survivors after initial 713 Japanese patients in relation to indication of liver transplantation. .  Med J Kagoshima University60 ( 2 ) 45 - 53   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiwatashi K, Ueno S, Abeyama K, Kubo F, Sakoda M, Maruyama I, Hamanoue M, Natsugoe S, Aikou T. .  A novel function of the receptor for advanced glycation end-products (RAGE) in association with tumorigenesis and tumor differentiation of HCC. .  Annals of surgical oncology15 ( 3 ) 923 - 933   2008年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,北薗正樹,新地洋之,夏越祥二 .  腹腔鏡下肝嚢開窓術---1年以上の長期経過からみた有用性 .  日鏡外会誌13 ( 2 ) 209   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hayashi S, Baba K, Ueno M, Nakajo F, Kubo F, Ueno S, et al .  Acceleration of primary liver tumor growth rate in embolized hepatic lobe after portal vein embolization .  Acta Radiologica7   721 - 727   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 迫田雅彦,上野真一,久保文武,樋渡清司,愛甲孝 .  腹腔鏡下肝嚢胞開窓術にて走行異常の左肝管を切断し再手術を要した1例 .  日鏡外会誌12   379 - 383   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新地洋之,高尾尊身,前村公成,野間秀歳,又木雄弘,前田真一,上野真一,迫田雅彦,北薗正樹,石神純也,夏越 次,愛甲孝 .  腹膜播種を伴った膵体尾部癌に対し膵体尾部切除後TS-1が奏功し腹膜播種の消失を認めた1例 .  鹿児島大学医学雑誌59   9 - 12   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Campbell J, Fausto N .  Reactive Oxygen Species Derived from NADPH Oxidase System has little effect on Liver Regeneration after Partial Hepatectomy .  The Journal of surgical research136 ( 2 ) 260 - 265   2006年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 原口優清,上野真一,坂元史典,豊山博信,池田直徳,上門千哲,愛甲孝 .  外科的切除を含む集学的治療により長期生存が得られた直腸癌同時性多発肝転移(H3)の1例 .  癌と化学療法33   1473 - 1475   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 樋渡清司,新地洋之,前村公成,梅北善久,久保文武,迫田雅彦,上野真一,高尾尊身,愛甲孝 .  Gemcitabineが著明に奏功した切除不能胆嚢癌の1例 .  日本消化器外科学会雑誌39   1397 - 1402   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 前村公成,新地洋之,野間秀歳,前田真一,保清和,萩原貴彦,迫田雅彦,久保文武,上野真一,北薗正樹,高尾尊身,愛甲孝 .  小開腹と用手補助併用による腹腔鏡下脾温存膵体尾部切除例の2例 .  鹿児島大学医学雑誌58   23 - 29   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shinchi H, Takao S, Maemura K, Noma H, Kitazono M, Ueno S, Sakoda M, Kubo F, Aikou T .  A case of gemcitabine-based chemo-radiation therapy for locally advanced unresectable pancreatic cancer .  Gan To Kagaku Ryoho33   1653 - 1656   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,夏越 次,愛甲孝,前之原茂穂,今村也寸志 .  知っておくべき良性疾患に対する外科的処置および手術;食道静脈瘤の外科治療 .  外科・南江堂68 ( (12) 11月増刊号 ) 1442 - 1446   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sakoda M, Ueno S, Kubo F, Hiwatashi K, Kihara K, Shinchi H, Maemura K, Noma H, Aikou T .  Effects of early postoperative hyperbaric oxygen therapy on energy metabolism and hepatic regeneration after hepatectomy .  Med. J. Kagoshima Univ58   7 - 14   2006年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kihara K, Ueno S, Sakoda K, Aikou T .  Effects of hyperbaric oxygen exposure on experimental hepatic ischemia reperfusion injury: relationship between its timing and neutrophil sequestration .  Liver transplantation11 ( 12 ) 1574 - 1580   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kubo F, Ueno S, Hiwatashi K, Sakoda M, Kawaida K, Nuruki K, Aikou T .  Interleukin 8 in human hepatocellular carcinoma correlates with cancer cell invasion of vessels but not with tumor angiogenesis .  Annals of surgical oncology12 ( 10 ) 800 - 807   2005年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Aoki D, Kubo F, Hiwatashi K, Matsushita K, Oyama T, Maruyama I, Aikou T .  Roxithromycin Inhibits Constitutive Activation of Nuclear Factor {kappa}B by diminishing Oxidative Stress in a Rat Model of Hepatocellular Carcinoma .  Clinical cancer research11 ( 15 ) 5645 - 5650   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aoki D, Ueno S, Kubo F, Oyama T, Sakuta T, Matsushita K, Maruyama I, Aikou T .  Roxithromycin inhibits angiogenesis of human hepatoma cells in vivo by suppressing VEGF production .  Anticancer research25 ( 1A ) 133 - 138   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新地洋之,高尾尊身,前村公成,野間秀歳,上野真一,迫田雅彦,久保文武,夏越 次,平木嘉幸,中條政敬,愛甲孝 .  切除不能局所進行膵癌に対する治療戦略.とくに放射線化学療法の延命およびQOLに対する有用性について .  鹿児島大学医学雑誌57   59 - 65   2005年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,又木雄弘,愛甲孝 .  肝転移のすべて(微小転移) .  永井書店   113 - 117   2005年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Sakoda M, Ueno S, Kihara k, Arikawa K, Dogomori H, Nuruki K, Takao S, Aikou T .  A potential role of hyperbaric oxygen exposure through intestinal nuclear factor-kappaB .  Critical care medicine32 ( 8 ) 1722 - 1729   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 上野真一,塗木健介,川井田浩一,愛甲孝 .  器械吻合器を使用した肝葉切除術 .  手術58   77 - 80   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Aoki D, Maeda T, Kubo F, Hokotate H, Fukukura Y, Aikou T .  Preoperative assessment of multicentric occurrence in synchronous small and multiple hepatocellular carcinoma based on image-patterns and histological grading of non-cancerous region .  Hepatol Res29 ( 1 ) 24 - 30   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ikeda M, Natsugoe S, Ueno S, Baba M, Aikou T. .  Significant host- and tumor-related factors for predicting prognosis in patients with esophageal carcinoma. .  Annals of surgery   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Nuruki K, Hamanoue M, Komorizono Y, Oketani M, Hokotate H, Inoue H, Baba Y, Imamura Y, Aikou T. .  Prognostic performance of the new classification of primary liver cancer of Japan (4th edition) for patients with hepatocellular carcinoma: a validation analysis. .  Hepatology research   2002年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Nuruki K, Yoshidome S, Kubo F, Kihara K, Aoki D, Aikou T. .  Quality of life after hepatectomy in patients with hepatocellular carcinoma: implication of change in hepatic protein synthesis. .  Hepato-gastroenterology   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uchikura K, Ueno S, Takao S, Miyazono F, Nakashima S, Tokuda K, Nakajo A, Matsmoto M, Aikou T .  Perioperative detection of circulating cancer cells in patients with colorectal hepatic metastases .  Hepato-gastroenterology49 ( 48 ) 1611 - 1614   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Nuruki K, Oketani M, Komorizono Y, Hokotate H, Fukukura Y, Baba Y, Imamura Y, Aikou T. .  Prognosis of hepatocellular carcinoma associated with Child class B and C cirrhosis in relation to treatment: a multivariate analysis of 411 patients at a single center. .  Journal of hepato-biliary-pancreatic surgery   2002年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Sako K, Hiwaki T, Hokotate H, Fukukura Y, Baba Y, Imamura Y, Aikou T. .  Discrimination value of the new western prognostic system (CLIP score) for hepatocellular carcinoma in 662 Japanese patients. Cancer of the Liver Italian Program. .  Hepatology   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshidome S, Tanabe G, Yoshida A, Ueno S, Hamanoue M, Mitue S, Aikou T. .  Risk prediction using histology of noncancerous liver before hepatic resection for hepatocellular carcinoma. .  Hepato-gastroenterology   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanabe G, Ueno S, Maemura M, Kihara K, Aoki D, Yoshidome S, Ogura Y, Hamanoue M, Aikou T. .  Favorable quality of life after repeat hepatic resection for recurrent hepatocellular carcinoma. .  Hepato-gastroenterology   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iguchi A, Kitajima I, Yamakuchi M, Ueno S, Aikou T, Kubo T, Matsushima K, Mukaida N, Maruyama I. .  PEA3 and AP-1 are required for constitutive IL-8 gene expression in hepatoma cells. .  Biochemical and biophysical research communications   2000年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Yoshida A, Yoshidome S, Takao S, Aikou T. .  Postoperative prediction of and strategy for metastatic recurrent hepatocellular carcinoma according to histologic activity of hepatitis. .  Cancer   1999年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Kihara K, Aoki D, Arikawa K, Dogomori H, Aikou T. .  Early post-operative hyperbaric oxygen therapy modifies neutrophile activation. .  Hepato-gastroenterology   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanabe G, Kawaida K, Hamanoue M, Kihara K, Hirata S, Maemura M, Ueno S, Aikou T. .  Treatment for accidental occlusion of the hepatic artery after hepatic resection: report of two cases. .  Surgery today   1999年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nuruki K, Toyoyama H, Ueno S, Hamanoue M, Tanabe G, Aikou T, Ozawa M. .  E-cadherin but not N-cadherin expression is correlated with the intracellular distribution of catenins in human hepatocellular carcinomas. .  Oncology reports   1998年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Yamada H, Kusano C, Yoshidome S, Nuruki K, Yamamoto S, Aikou T. .  Response of patients with cirrhosis who have undergone partial hepatectomy to treatment aimed at achieving supranormal oxygen delivery and consumption. .  Surgery   1998年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Hanazono K, Ogawa H, Yoshidome S, Aikou T, Yoshida A. .  Postoperative management following massive hepatectomy in a patient with Dubin-Johnson syndrome: report of a case. .  Surgery today   1998年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Tanabe G, Sueyoshi K, Yoshinaka H, Yamamoto S, Kurita K, Yoshidome S, Nuruki K, Aikou T. .  Hepatic hemodynamics in a patient with nodular regenerative hyperplasia. .  The American journal of gastroenterology   1996年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Aikou T, Tanabe G, Kobayashi Y, Hamanoue M, Mitsue S, Kawaida K, Nakamura T. .  Induction of hepatocyte growth by intraportal infusion of HGF into beagle dogs. .  Biochemical and biophysical research communications   1996年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Aikou T, Tanabe G, Kobayashi Y, Hamanoue M, Mitsue S, Kawaida K, Nakamura T. .  Exogenous hepatocyte growth factor markedly stimulates liver regeneration following portal branch ligation in dogs. .  Cancer chemotherapy and pharmacology   1996年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ueno S, Kobayashi Y, Kurita K, Tanabe G, Aikou T. .  Effect of prior portosystemic shunt on early hepatic hemodynamics and sinusoids following 84% hepatectomy in dogs. .  Research in experimental medicine   1995年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tanabe G, Sakamoto M, Akazawa K, Kurita K, Hamanoue M, Ueno S, Kobayashi Y, Mitue S, Ogura Y, Yoshidome N .  Intraoperative risk factors associated with hepatic resection. .  The British journal of surgery   1992年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 早期乳癌症例に対する乳房縮小手術を応用したOncoplastic Suregry. 査読

    喜島祐子,吉中平次、平田宗嗣、有馬豪男、中条哲弘、石神純也、上野真一、夏越祥次.

    乳癌の臨床   27 ( 1 )   45 - 55   2012年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Perspective of the treatment for small hepatocellular carcinoma: hepatic resection or radiofrequency ablation? 査読

    Ueno S, Sakoda M, Kurahara H, Natsugoe S

    Med J Kagoshima Univ   62   15 - 22   2009年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • CLIP scoreと自験例の成績:肝切除例 査読

    上野真一,久保文武,愛甲孝

    肝胆膵   48   9 - 12   2004年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 上野真一 .  腹腔鏡下肝切除のトラブルシューティングとチーム医療" .  第26回日本内視鏡外科学会総会  第26回日本内視鏡外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 上野 真一, 迫田 雅彦, 飯野 聡, 南 幸次, 安藤 慶, 又木 雄弘, 前村 公成, 石神 純也, 新地 洋之, 夏越 祥次 .  80歳以上超高齢者における肝細胞癌治療:外科治療をどう考えるか .  第67回日本消化器外科学会総会  第67回日本消化器外科学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:富山  

    国内学会

  • 上野 真一, 迫田 雅彦, 飯野 聡, 南 幸次, 安藤 慶, 又木 雄弘, 前村 公成, 橋口 真征, 蔵原 弘, 新地 洋之, 夏越 祥次 .  肝細胞癌における系統的切除の意義と問題点 .  第24回日本肝胆膵外科学会・学術集会  第24回日本肝胆膵外科学会・学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,大脇哲弘、石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  亜区域同定に人工腹水を用いた腹腔鏡下亜区域切除術. .  第24回日本内視鏡外科学会  第24回日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,喜島祐子、大脇哲弘、石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  肝切除周術期輸血量軽減のための術後早期高気圧酸素療法. .  第73回日本臨床外科学会  第73回日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ueno S, Sakoda M, Iino S, Kurahara H, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Natsugoe S. .  Preoperative segmentation of the liver, based on 3D CT images, facilitates laparoscopic anatomic hepatic resection for small nodular hepatocellular carcinoma in patients with cirrhosis. .  44th ISW  44th ISW国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Yokohama  

    国際学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  術後合併症経験に基づいた肝左3区域切除術. (要望ビデオ20) .  第66回日本消化器外科学会  第66回日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  HCCや転移性病変に対する肝左3区域切除の実際と注意点. (要望ビデオ) .  第23回日本肝胆膵外科学会  第23回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  切除可能症例に対する肝切除タイミング:Delayed resectionをどう考えるか? .  第23回日本肝胆膵外科学会  第23回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,飯野 聡、蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,石神純也,新地洋之,夏越祥次 .  肝切除周術期輸血量軽減の代替策としての術後早期高気圧酸素療法(HBOT) .  第111回日本外科学会  第111回日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Ueno S, Sakoda M, Iino S, Kurahara H, Mataki Y, Maemura K, Shinchi H, Natsugoe S. .  Preoperative segmentation of the liver, based on 3D CT images, facilitates laparoscopic anatomic hepatic resection for small nodular hepatocellular carcinoma in patients with cirrhosis .  44th ISW  44th ISW国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Yokohama  

    国際学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,松本正隆, 大脇哲弘, 新地洋之,夏越祥次 .  小肝細胞癌の肉眼分類からみた腫瘍特性:細胞増殖能とDoubling timeの観点から .  第72回日本臨床外科学会  第72回日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,飯野 聡, 樋渡清司, 立野太郎, 南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,北薗正樹, 石神純也, 新地洋之,夏越祥次 .  大腸癌異時性肝転移切除にもDelayed resectionは有用か? .  第72回日本臨床外科学会  第72回日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,飯野 聡, 樋渡清司, 立野太郎, 南 幸次,安藤 慶、又木雄弘,前村公成,北薗正樹, 石神純也, 新地洋之,夏越祥次 .  肝内胆管癌におけるリンパ節微小転移の意義 .  第48回日本癌治療学会  第48回日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,飯野 聡, 南 幸次,安藤 慶、辺木文平、又木雄弘,前村公成,石神純也, 新地洋之,帆北修一, 夏越祥次 .  基礎疾患のない若年者に発生したFibrolamellar carcinoma(FLC)の2例 .  第48回日本癌治療学会  第48回日本癌治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,飯野 聡, 南 幸次,又木雄弘,前村公成,松本正隆,大脇哲弘, 北薗正樹, 石神純也, 新地洋之,夏越祥次 .  HCCに対する腹腔鏡補助下系統的切除の短期成績:とくに侵襲性・QOLの面から .  第23回日本内視鏡外科学会  第23回日本内視鏡外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,蔵原 弘,南 幸次,又木雄弘,前村公成,樋渡清司,新地洋之,夏越祥次 .  肝内胆管癌リンパ節転移・再発状況からみたリンパ節郭清の意義 .  第65回日本消化器外科学会  第65回日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:下関市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,南 幸次,樋渡清司,立野太郎,久保文武,又木雄弘,前村公成,新地洋之,夏越祥次 .  若年者多発肝細胞癌(術前Stage IVb)の治療方針をめぐって (パネルデイスカッション) .  第22回日本肝胆膵外科学会  第22回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,久保文武,樋渡清司,立野太郎,又木雄弘,前村公成,新地洋之,夏越祥次 .  門脈3D-CTシミュレーションに基づく腹腔鏡補助下系統的肝切除術の試み (シンポジウム) .  第22回日本肝胆膵外科学会  第22回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,蔵原 弘,樋渡清司,立野太郎,南 幸次,又木雄弘,前村公成,石神純也,新地洋之,浜之上雅博,夏越祥次 .  初回肝細胞癌治療の変遷と成績ならびに今後の展望:地域基幹病院のコーホート的変遷を中心に .  第110回日本外科学会  第110回日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,又木雄弘,蔵原 弘,新地洋之,夏越祥次,愛甲 孝,浜之上雅弘 .  門脈3D-CTシミュレーションによる腹腔鏡補助下系統的肝切除術(ビデオシンポジウム) .  第71回日本臨床外科学会  第71回日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次 .  肝細胞癌に対する系統的切除の妥当性と問題点.(指定シンポジウム) .  第34回日本外科系連合学会  第34回日本外科系連合学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次 .  門脈3D-CTシミュレーションによる腹腔鏡補助下系統的肝切除術. (ミニシンポジウム) .  第21回日本肝胆膵外科学会  第21回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,林 知美,北薗正樹,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次 .  大腸癌肝転移肝切除における術前waiting timeの評価 .  第109回日本外科学会  第109回日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,又木雄弘,蔵原 弘,新地洋之,夏越祥次,愛甲 孝,浜之上雅弘 .  鏡視下併用小切開(開胸or開腹)による系統的切除術の可能性 .  第70回日本臨床外科学会  第70回日本臨床外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次 .  肝予備能低下小肝癌症例に対する腹腔鏡と3D-CT画像を応用した低侵襲的系統的肝切除術 .  第63回日本消化器外科学会  第63回日本消化器外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次 .  長期予後からみたミラノ基準内小肝癌に対する外科的切除とラジオ波焼灼療法 .  第20回日本肝胆膵外科学会  第20回日本肝胆膵外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:山形市  

    国内学会

  • 上野真一,迫田雅彦,久保文武,樋渡清司,立野太郎,蔵原 弘,又木雄弘,新地洋之,夏越祥次,愛甲 孝 .  硬変肝合併小肝癌に対する肝門部グリソン分離後亜区域切除術と門脈3D-CT画像に基づく腹腔鏡下亜区域切除術 .  第108回日本外科学会  第108回日本外科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎市  

    国内学会

  • Ueno S, Sakoda M, Kubo F, Hiwatashi K, Tateno T, Kurahara H, Mataki Y, Shinchi H, Natsugoe S, Aikou T .  Comparison of noninvasive diagnosis of hepatic fibrosis and portal vein pressure: serum PⅢP vs CDS vs APRI. .  8th World Congress of the International Hepato Pancreatico Biliary Association  8th World Congress of the International Hepato Pancreatico Biliary Association国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年2月

    記述言語:英語  

    開催地:Mumbai  

    国際学会

  • Ueno S, Sakoda M, Kubo F, Hiwatashi K, Tateno T, Noma H, Mataki Y, Shinchi H, Aikou T .  Laparoscopic fenestration for the patients with liver cysts .  1st Asia-Pacific Hepato Pancreatico Biliary Association  1st Asia-Pacific Hepato Pancreatico Biliary Association国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Fukuoka  

    国際学会

  • Ueno S, Kubo F, Sakoda M, Hiwatashi K, Sasaki K, Noma H, Maemura K, Shinchi H, Aikou T .  Laparoscopic fenestration for cystic liver disease .  7th World Congress of Int HBPA  7th World Congress of Int HBPA国際会議

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    開催地:Edinburgh (Scotland)  

    国際学会

  • 上野真一,久保文武,愛甲孝 .  本邦肝細胞癌症例に対するCLIPscore, BCLCstaging および JISscoreの有用性に関する比較検討 .  第46回日本消化器病学会大会  第46回日本消化器病学会大会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡市  

    国内学会

  • 上野真一, 久保文武,樋渡清司,保清和,愛甲孝 .  肝細胞癌の治療:mJISスコアからみた外科の守備範囲 .  第105回日本外科学会  第105回日本外科学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋市  

    国内学会

▼全件表示