2021/06/30 更新

写真a

オキ トシミチ
沖 利通
OKI Toshimichi
所属
医歯学域医学系 医学部 保健学科 教授
職名
教授
プロフィール
不妊症治療、超音波診断子宮癌診断内視鏡手術技術の向上と教育

学位

  • 博士(医学) ( 2002年12月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • PCOS

  • 体外受精

  • 不妊症

  • 内視鏡手術

  • 子宮鏡

  • 東洋医学

  • 子宮内膜症

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学  / 内分泌 生殖医療 東洋医学 内視鏡

学歴

  • 鹿児島大学   医学部   医学科

    1979年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域医学系 医学部 保健学科 母性・小児看護学   教授

    2016年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域医学部・歯学部附属病院 医学部・歯学部附属病院 診療センター 女性診療センター 産科、婦人科   講師

    2003年4月 - 2016年3月

  • 鹿児島大学    

    1989年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本子宮鏡研究会

    2018年10月 - 現在

  • 日本東洋医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本内視鏡外科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本産婦人科内視鏡学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本臨床細胞学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本エンドメトリオージス学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本哺乳動物卵子研究会

    2015年10月 - 現在

  • 日本受精着床学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生殖医学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本産科婦人科学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生殖免疫学会

    1996年1月 - 現在

▼全件表示

委員歴

  • 日本生殖医学会   理事  

    2020年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本東洋医学会   評議員  

    2019年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本産科婦人科学会   評議員  

    2019年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本子宮鏡研究会   理事  

    2018年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本産婦人科内視鏡学会   評議員  

    2010年9月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本内視鏡外科学会   会員  

    2001年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本生殖免疫学会   評議員  

    2000年1月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 日本哺乳動物卵子研究会   会員  

    1997年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本臨床細胞学会   指導医  

    1997年7月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本受精着床学会   会員  

    1996年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

  • 日本エンドメトリオージス学会   会員  

    1987年6月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:その他

▼全件表示

 

論文

  • Kawaguchi R. .  Guideline for Gynecological Practice in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2020 edition .  Journal of Obstetrics and Gynaecology Research47 ( 1 ) 5 - 25   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  

    DOI: 10.1111/jog.14487

    Scopus

    PubMed

  • 内田 那津子, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 小林 裕明 .  当院における妊孕性温存を目的とした医学的適応の精子凍結保存の現状 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌28   15 - 19   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    医学的適応の妊孕性温存の目的で紹介された男性52症例について検討した。原疾患は血液腫瘍、精巣腫瘍、脳腫瘍が多く、精子凍結を希望した48例(平均年齢27±8歳)のうち28例が未婚であった。手術前後の精液所見および化学療法前の原疾患別の精液所見に有意差はなかったが、化学療法開始後は化学療法前に比して精子濃度、運動率が有意に低く、乏精子症あるいは精子無力症の割合が高かった。また、精子凍結後の原病死は5例(10%)で、凍結精子による顕微授精を行った6例(12%)中2例(33%)が妊娠成立し生児を得ており、原疾患治療後の自然妊娠も2例あった。

  • 沖 利通, 河村 俊彦, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 小林 裕明, 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 山口 孝二郎, 浅川 明弘 .  月経痛からみた婦人科良性疾患の漢方医学的特徴 .  産婦人科漢方研究のあゆみ   2019年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 鈴木 甫, 杉浦 剛, 網谷 真理恵, 沖 利通 .  漢方薬と唾液腺マッサージが奏効した口腔乾燥症の1症例 .  痛みと漢方   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 沖 利通, 河村 俊彦, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 小林 裕明, 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 山口 孝二郎, 浅川 明弘 .  月経痛からみた婦人科良性疾患の漢方医学的特徴 .  産婦人科漢方研究のあゆみ ( 36 ) 54 - 60   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:産婦人科漢方研究会  

    【目的】チョコレート嚢胞は血の異常をベースとして、月経痛の重症度と冷えの頻度は逆相関になることを報告してきた。子宮腺筋症(A群)、チョコレート嚢胞(C群)と子宮筋腫(M群)の月経痛の詳細を漢方医学的に検討した。【方法】当科で経験したA群28例、C群84例、M群52例である。月経痛の程度を、なし、軽度(鎮痛剤が不要)、中等度(鎮痛剤が必要だが日常生活に支障なし)、重度(鎮痛剤が必要で日常生活に支障が有り)と定義し、三群間で比較した。原則として、治療前と治療後1ヵ月、3ヵ月と6ヵ月後に、問診・切診・腹診の所見を記録した。【成績】各疾患群間で患者背景に差は無かった。月経痛が重度の割合はA:57.1%、C:51.8%、M:36.5%とMが低く、月経痛の程度が月経周期間で異なる割合は、A:0%、C:81.0%、M:5.7%とCで高かった。Aをびまん型(5例)局在型(19例)粘膜下型(4例)に分けると、重度月経痛の割合が20.0%、68.4%、25.0%で、局在型で高かった。Mを漿膜下(5例)筋層内(18例)粘膜下(29例)に分けると、重度月経痛の割合が20.0%、16:7%、51.7%と粘膜下で高く、1〜2ヵ月で急激に月経痛が悪化した例は粘膜下の23例(79.3%)だけにみられた。子宮腺筋症は熱が、チョコレート嚢胞は冷えが、月経痛の重症度と密接に関係していた。筋層内筋腫と粘膜下筋腫では、月経痛が重度な症例に実証が多く、筋層内筋腫で実証の率が高く、粘膜下筋腫では冷えがやや高い傾向がみられた。治療後は、実証が多くなり、気(特に粘膜下筋腫)と血の異常が改善され、冷えが少なくなる特徴があった。【結論】今回の研究で、漢方医学的には良性疾患によりそれぞれの特徴を持ち、西洋学的治療も漢方医学的所見の改善をすることが明らかになった。(著者抄録)

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 鈴木 甫, 杉浦 剛, 網谷 真理恵, 沖 利通 .  漢方薬と唾液腺マッサージが奏効した口腔乾燥症の1症例 .  痛みと漢方29   95 - 99   2019年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    今回我々は口腔内の乾燥による痛みに対して、五苓散と唾液腺マッサージの治療が奏効した症例を経験した。この症例にはリウマチの病歴があり、体内に慢性的な炎症が生じ、浸透圧バランスの異常による体液の偏在が生じたと考えられる。五苓散はAQP5に作用して体液バランスをコントロールする作用と抗炎症作用がある。これらの効果により唾液分泌量が回復したと考えられる。また、唾液腺マッサージも唾液分泌量を回復させた一助になったと考えられる。(著者抄録)

  • 沖 利通 .  【新時代のホルモン療法マニュアル】(第2章)生殖内分泌 多毛症 .  産科と婦人科   2019年4月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kawaguchi R. .  Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (JAOG) 2017 edition .  Journal of Obstetrics and Gynaecology Research45 ( 4 ) 766 - 786   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  

    DOI: 10.1111/jog.13831

    Scopus

    PubMed

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  通常と異なる妊娠経過のため診断に苦慮したART後の異所性妊娠の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  通常と異なる妊娠経過のため診断に苦慮したART後の異所性妊娠の一例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌27   29 - 35   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    39歳(未経妊)。原発性不妊症に対しICSI-ETを行い、妊娠4週0日の時点で血中hCG値の低値、多量の月経様出血があり、生化学的妊娠と診断された。妊娠6週1日目の経腹超音波では、右子宮角付近に直径2mmのGSを認め、子宮鏡所見より右子宮角に着床した稽留流産と診断され、子宮鏡下に切除した。病理学的に遺残絨毛の存在も否定できず、EP(エストロゲン・プロゲスチンデポー剤)を追加投与した。その後、妊娠9週0日目のMRIで右卵管間質部に着床の首座があり、一部の組織が右卵管口から子宮内腔へと突出している異所性妊娠の可能性が高いと判断された。治療は外科的に完全切除は難しく、血中hCGが高値で血流も豊富であることからMTX(メトトレキサート)の投与を2回行われたが、投与後、血流や血中hCGの低下がみられ、外科的処置による出血のリスクは低いと判断し、再度子宮鏡が行われた。所見では右子宮角にポリープ様の絨毛組織が認められ、子宮鏡下にこれを摘出したところ、病理学的に絨毛であることが確認された。以後、2回目の手術から3週間経過で完治が得られ、血中hCG値が陰性化した2ヵ月目より患者は不妊治療を再開、ホルモン補充周期の凍結胚盤胞移植で妊娠成立し、現在は妊娠継続中である。

  • Kawaguchi R, Matsumoto K, Akira S, Ishitani K, Iwasaku K, Ueda Y, Okagaki R, Okano H, Oki T, Koga K, Kido M, Kurabayashi T, Kuribayashi Y, Sato Y, Shiina K, Takai Y, Tanimura S, Chaki O, Terauchi M, Todo Y, Noguchi Y, Nose-Ogura S, Baba T, Hirasawa A, Fujii T, Fujii T, Maruyama T, Miyagi E, Yanagida K, Yoshino O, Iwashita M, Maeda T, Minegishi T, Kobayashi H .  Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (JAOG) 2017 edition. .  J Obstet Gynaecol Res.   2019年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 沖 利通 .  【内分泌症候群(第3版)-その他の内分泌疾患を含めて-】 .  日本臨床   2019年1月招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 新田 英明, 山口 孝二郎, 杉村 光隆, 杉浦 剛, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 園田 拓郎, 乾 明夫 .  持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して漢方薬が奏効した1症例 .  痛みと漢方28   113 - 118   2018年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本疼痛漢方研究会  

    持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対して補中益気湯と当帰芍薬散が奏効した症例を経験した。症例は70歳代女性で、下顎前歯部の難治性疼痛があり、歯科治療にも抵抗性があるため当科を受診した。東洋医学的に気血両虚、寒証、気鬱と診断し、補中益気湯7.5gと当帰芍薬散7.5gを併用し投与したところ、約2週でVASおよび口腔粘膜の平均表面温度の改善がみられ、3ヵ月で軟口蓋の挙上運動が良好となり、改善が認められた。持続性特発性顔面痛・特発性歯痛に対しては、冷えが関与する場合もあり、補気・補血による温裏、補陽を考えた方剤も有効な治療法の一つと考えられた。(著者抄録)

  • 岩元 一朗, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 沖 知恵, 小林 裕明 .  FSH投与中に自然排卵し妊娠・分娩に至ったクロミフェン抵抗性の多嚢胞性卵巣症候群の1例 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌26   25 - 28   2018年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島産科婦人科学会  

    32歳。主訴は挙児希望であった。不妊期間は約3年で、超音波検査で左卵巣が多嚢胞性卵巣であり、血中黄体ホルモンが高くインスリン抵抗性肥満であった。クロミフェン+メトロフミン療法で排卵せず、メトフォルミン+リコンビナントFSH(rFSH)療法の4回目で妊娠したが、子宮内胎児死亡であった。流産後の5回目の排卵誘発中day 25の首席卵胞径は8mmであり、患者の都合により卵巣刺激を隔日に下げday34まで経腟超音波検査で発育卵胞を全く観察できなかった。rFSH投与を続行し続け、day 46の血中プロゲステロン値(P4)高値のためFSHをヒト絨毛性ゴナドトロピンへ切り替え、day 53にP4高値が持続し妊娠が判明し、頭臀長からday 33を排卵日と推定した。その後の妊娠24週から妊娠糖尿病のためインスリン療法を開始し、分娩停止のため帝王切開分娩であったが、2532gの生児を得ることができた。

  • Matsuzaki T, Douchi T, Oki T, Ishihara O, Okagaki R, Kajihara T, Tamura M, Kotsuji F, Tajima K, Kawano M, Ishizuka B, Irahara M .  Weight reduction using a formula diet recovers menstruation in obese patients with an ovulatory disorder .  Reprod Med Biol.   2017年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Matsuzaki T. .  Weight reduction by using a formula diet recovers menstruation in obese patients with an ovulatory disorder .  Reproductive Medicine and Biology16 ( 3 ) 268 - 275   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Reproductive Medicine and Biology  

    DOI: 10.1002/rmb2.12034

    Scopus

    PubMed

  • Matsuzaki Toshiya, Douchi Tsutomu, Oki Toshimichi, Ishihara Osamu, Okagaki Ryugo, Kajihara Takeshi, Tamura Midori, Kotsuji Fumikazu, Tajima Kimihisa, Kawano Mika, Ishizuka Bunpei, Irahara Minoru .  排卵障害を伴う肥満患者における調整食を用いた減量による月経の回復(Weight reduction by using a formula diet recovers menstruation in obese patients with an ovulatory disorder) .  Reproductive Medicine and Biology16 ( 3 ) 268 - 275   2017年7月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    排卵障害を伴う肥満女性患者を対象に、減量と月経回復に対する調整食の影響を検討した。患者39名(平均29.5歳)に、3回の食事のうち1食または2食を1食当たり240kcalのマイクロダイエット(MD)に変更して24週間継続してもらい、体力的、内分泌学的、生化学的試験にてMD変更前と、MD変更後12および24週で比較した。その結果、39名中26名はクロミフェン(Clo)による治療を受けていなかった。患者を体重の結果に従って3群に分け、月経回復について調べたところ、39名中31名(81.5%)の患者で5%以上の体重減少が認められた。試験期間中に体重およびBMIが有意に減少した。Clo療法を受けていなかった26名中18名(69%)の患者が月経を回復し、5〜10%の体重減少と、10%以上の体重減少を示した群(併せて81.0%)では、5%未満の体重減少を示した群より月経回復率が有意に高かった。以上より、調整食は排卵障害を伴う肥満患者の体重を効果的に減少させ、月経回復をもたらすと考えられた。

  • 若松 美貴代, 中村 雅之, 春日井 基文, 肝付 洋, 沖 利通, 折田 有史, 戸上 真一, 小林 裕明, 佐野 輝, 堂地 勉 .  Postpartum Depression Predictors Inventory-RevisedPredictive validity of the Japanese version of Postpartum Depression Predictors Inventory-Revised(PDPI-R) during pregnancy and the postpartum period .  鹿児島大学医学雑誌   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 網谷 真理恵, 網谷 東方, 森永 明倫, 園田 拓郎, 沖 利通, 山口 孝二郎, 浅川 明弘, 乾 明夫 .  東洋心身医学の確立 心療内科学講座が担う漢方医学の臨床、研究、教育 鹿児島大学における漢方医学の臨床、研究、教育の展開 .  心身医学   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nagai S, Kobayashi H, Nagata T, Hiwatashi S, Kawamura T, Yokomine D, Orita Y, Oki T, Yoshinaga M, Douchi T. .  Clinical Usefulness of Bakri Balloon Tamponade in the Treatment of Massive Postpartum Uterine Hemorrhage. .  Kurume Med J.   2016年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 沖利通、沖知恵、河村俊彦、堂地勉 .  不妊治療において、西洋療法が漢方医学的所見に影響を与えるか? .  産婦人科漢方研究のあゆみ ( 31 ) 139 - 143   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Orita Y, Tajima M, Hiwatashi S, Terao S, Iwamoto I, Oki T, Douchi T. .  Decreasing full-term neonatal birthweight over the past 2 decades in a single institute in Japan. .  J Obstet Gynaecol Res.   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 樺山智子、簗詰伸太郎、沖利通、戸上真一、神尾真樹、吉永光裕、堂地つとむ .  初期子宮体癌・子宮内膜異型増殖症に対するMPA投与の検討 .  鹿児島産科婦人科学会雑誌21   20 - 23   2013年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 沖 利通、堀 新平、河村俊彦、堂地 勉 .  不妊治療における気の異常改善の重要性 .  産婦人科漢方研究のあゆみ29   86 - 92   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 沖利通、堂地勉 .  婦人科内視鏡手術と細胞診 子宮内病変診断における子宮鏡の役割 .  日本臨床細胞学会雑誌51 ( sup1 ) 129   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yamasaki H, Oki T, Iwamoto I, Douchi T. .  Fourteen-year-old girl with recurrent luteal-phase-dependent episodes of high fever. .  J Obstet Gynaecol Res37 ( 8 ) 1166 - 1168   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • アメリカ研修に関する報告(助産学コース大学院生) アメリカにおける周産期医療施設への訪問

    村野 陽菜, 山本 直子, 酒井 菜南子, 水谷 真央, 尾山 智美, 鶴川 千佳, 藤重 佑梨, 柳田 優依, 田中 一枝, 若松 美貴代, 沖 利通

    鹿児島大学医学部保健学科紀要   31 ( 1 )   47 - 52   2021年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

  • Guideline for Gynecological Practice in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists 2020 edition(和訳中)

    Kawaguchi Ryuji, Matsumoto Koji, Ishikawa Tetsuya, Ishitani Ken, Okagaki Ryugo, Ogawa Mariko, Oki Toshimichi, Ozawa Nobuaki, Kawasaki Kaoru, Kuwabara Yoshimitsu, Koga Kaori, Sato Yuichi, Takai Yasushi, Tanaka Kyoko, Tanebe Kyoko, Terauchi Masakazu, Todo Yukiharu, Nose-Ogura Sayaka, Noda Tsuneo, Baba Tsukasa, Fujii Eriko, Fujii Takuma, Miyazaki Hiroaki, Yoshino Osamu, Yoshimura Kazuaki, Maeda Tsugio, Kudo Yoshiki, Kobayashi Hiroshi, Japan Society of Obstetrics and Gynecology, Japan Association of Obstetricians and Gynecologists

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   47 ( 1 )   5 - 25   2021年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【新時代のホルモン療法マニュアル】(第2章)生殖内分泌 多毛症

    沖 利通

    産科と婦人科   86 ( Suppl. )   134 - 142   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)診断と治療社  

    <POINT!>◆男性型多毛の有無とその程度を的確に診断する。◆男性型多毛に潜む基礎疾患(特に多嚢胞性卵巣症候群)を見逃さない。◆治療の最終目標は女性が望む理想的体毛分布であることを忘れない。(著者抄録)

  • 日本の婦人科外来ガイドライン 日本産科婦人科学会(JSOG)および日本産科婦人科医会(JAOG)2017年版(Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology(JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists(JAOG) 2017 edition)

    Kawaguchi Ryuji, Matsumoto Koji, Akira Shigeo, Ishitani Ken, Iwasaku Kazuhiro, Ueda Yutaka, Okagaki Ryugo, Okano Hiroya, Oki Toshimichi, Koga Kaori, Kido Michiko, Kurabayashi Takumi, Kuribayashi Yasushi, Sato Yuichi, Shiina Kaori, Takai Yasushi, Tanimura Satoshi, Chaki Osamu, Terauchi Masakazu, Todo Yukiharu, Noguchi Yasuyuki, Nose-Ogura Sayaka, Baba Tsukasa, Hirasawa Akira, Fujii Takuma, Fujii Tsuneo, Maruyama Tetsuo, Miyagi Etsuko, Yanagida Kaoru, Yoshino Osamu, Iwashita Mitsutoshi, Maeda Tsugio, Minegishi Takashi, Kobayashi Hiroshi, Japan Society of Obstetrics and Gynecology(JSOG), Japan Association of Obstetricians and Gynecologists(JAOG)

    The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research   45 ( 4 )   766 - 786   2019年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

  • 【内分泌症候群(第3版)-その他の内分泌疾患を含めて-】女性性機能 月経異常症 多毛症

    沖 利通

    日本臨床   別冊 ( 内分泌症候群III )   211 - 217   2019年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(株)日本臨床社  

講演・口頭発表等

  • 野田 つくし, 沖 利通 .  胎児染色体検査の説明に対する医療者の意識調査と問題点 .  母性衛生  2019年9月  (公社)日本母性衛生学会

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  診断に苦慮したART後異所性妊娠の1例 .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

  • 樋渡 小百合, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通 .  診断に苦慮したART後異所性妊娠の一例 .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 川津 優, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  鹿児島大学における漢方教育カリキュラム評価の取り組み .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • Oki Toshimichi, Oki Chie, Uchida Natsuko, Nakajo Yukiko, Sakihama Mika, Kobayashi Hiroaki .  Appropriate examination to observe a uterine cavity and morphology(和訳中) .  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年8月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 樋渡 小百合 .  経腟超音波検査による中隔子宮の子宮内腔形態の観察 .  日本生殖医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本生殖医学会

  • Oki Chie, Oki Toshimichi, Uchida Natsuko, Nakajo Yukiko, Sakihama Mika, Kobayashi Hiroaki .  経腟超音波による子宮腔内異常の観察(Observation of abnormal uterine cavity by transvaginal ultrasound) .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

  • Oki Toshimichi, Oki Chie, Uchida Natsuko, Orita Yuji, Sakasegawa Taku, Kobayashi Hiroaki .  細くて硬い子宮鏡を用いた手術法に関する新規の教育プログラム(A new educational program of operative procedure with a slim and rigid hysteroscopy) .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 沖 利通 .  精子回収が困難であった精巣腫瘍の1例 .  日本生殖医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本生殖医学会

  • 中條 有紀子, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹 .  粘膜下に多発する子宮筋腫合併不妊患者の管理 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 中條 有紀子, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 沖 知恵 .  甲状腺機能低下症の管理に苦慮した不妊・不育症症例 .  日本生殖医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 宇都 奈々美, 山口 孝二郎, 新田 英明, 沖 利通, 浅川 明弘 .  漢方医学教育における模擬患者を用いたシミュレーション試験開発の試み .  日本東洋医学雑誌  2019年6月  (一社)日本東洋医学会

  • 網谷 真理恵, 鈴木 甫, 網谷 東方, 山口 孝二郎, 沖 利通, 宇都 奈々美, 新田 英明, 水間 喜美子, 下敷領 一平, 浅川 明弘, 大脇 哲洋 .  漢方医学教育におけるOSCE開発に向けた模擬患者の養成 .  医学教育  2019年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 沖 知恵, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 内田 那津子, 崎濱 ミカ, 新原 有一朗, 山崎 英樹, 田畑 亜希子, 小林 裕明 .  流産を繰り返すTurner症候群の一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 内田 那津子, 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 新原 有一朗, 崎濱 ミカ, 樋渡 小百合, 徳留 明夫, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  月経痛の特徴から腺筋症、チョコレート嚢胞、筋腫を推定できるか? .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 内田 那津子, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  採卵後に多量の水様性帯下が出現した広汎性子宮頸部摘出術後の不妊患者の1例 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 内田 那津子, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 沖 知恵 .  当院における医学的適応の妊孕性温存を目的とした精子凍結保存の現状 .  日本生殖医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通 .  当科における子宮内膜ポリープ治療について .  日本生殖医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本生殖医学会

  • 尾辻 葵, 太崎 友紀子, 新原 有一朗, 田代 英史, 折田 有史, 新谷 光央, 沖 利通, 小林 裕明 .  帝王切開術2ヵ月後に筋層内変性筋腫が子宮内腔へ穿破した一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 沖 知恵, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹 .  巨大な粘膜下筋腫を子宮鏡下に切除しえた不妊患者の一例 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  安全かつ簡便な子宮鏡下筋腫核出術のポイントは? .  産婦人科手術  2018年6月  (株)メジカルビュー社

  • 沖 利通 .  子宮鏡技術認定医をめざして 必要なスキルと経験 だれでもできる子宮鏡下子宮筋腫核出術のポイントと適応拡大に向けた工夫 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • 沖 利通 .  子宮鏡手術のニュートレンド 妊孕性温存を考慮した子宮鏡手術の管理 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 福田 美香, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 神尾 真樹, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫核出術の際に筋腫周囲の膜組織を認識することは重要である .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2018年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • 沖 知恵, 沖 利通, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 山崎 英樹, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫核出術の際に筋腫周囲の膜組織を認識することは重要である .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫摘出後に発生した子宮内腔狭小化が不妊原因となった症例の一考察 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 沖 利通, 酒瀬川 琢, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮鏡下筋腫摘出後に発生した子宮内腔狭小化が不妊原因となった症例の一考察 .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  子宮腺筋症と不妊 子宮鏡所見からみた子宮腺筋症不妊患者の臨床像と妊孕性 .  日本エンドメトリオーシス学会会誌  2018年7月  日本エンドメトリオーシス学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 河村 俊彦, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 裕明 .  子宮腔癒着症に対する外来硬性子宮鏡の術式と術後管理について .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • Oki Toshimichi, Oki Chie, Uchida Natsuko, Nakajo Yukiko, Sakihama Mika, Kobayashi Hiroaki .  子宮腔や子宮形態の観察に適切な検査(Appropriate examination to observe a uterine cavity and morphology) .  日本産科婦人科学会雑誌  2020年3月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 山口 孝二郎, 森永 明倫, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮動脈塞栓術後の子宮内膜や頸管の高度癒着に対する細径硬性鏡の有用性 .  日本生殖医学会雑誌  2017年4月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 中條 有紀子, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 山口 孝二郎, 森永 明倫, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮動脈塞栓術後の子宮内膜や頸管の高度癒着に対する細径硬性鏡の有用性 .  日本生殖医学会雑誌  2018年4月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 河村 俊彦, 簗詰 伸太郎, 戸上 眞一, 小林 裕明 .  子宮内膜癒着症の術後再癒着の管理について .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2019年8月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • 沖 利通, 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 沖 知恵 .  子宮内膜癒着による内膜菲薄化症例の管理について .  日本生殖医学会雑誌  2020年11月  (一社)日本生殖医学会

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  子宮内膜多発ポリープを伴う不妊症患者に薬物治療が奏効した一例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 折田 有史, 福田 美香, 簗詰 伸太郎, 戸上 真一, 小林 弘明 .  子宮内腔形態の観察に適した検査法の検討 .  日本産科婦人科内視鏡学会雑誌  2020年11月  (一社)日本産科婦人科内視鏡学会

  • 沖 知恵, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子 .  子宮と子宮内腔の客観的計測に子宮鏡は有用か? .  日本生殖医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 みか, 岩元 一朗, 山崎 英樹 .  妊孕性を考慮した安全かつ簡便な子宮鏡下筋腫核出術のポイントは? .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 知恵, 沖 利通, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 新原 有一朗, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  妊娠成立と同時に血中プロラクチン値が急激に上昇する流産症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • Oki Toshimichi, Oki Chie, Uchida Natsuko, Hiwatashi Sayuri, Nakajo Yukiko, Yamasaki Hideki, Iwamoto Ichiro, Kobayashi Hiroaki .  卵管妊娠の様々な病変に対する卵管線状切開術の臨床転帰(Clinical outcome of linear salpingotomy for a different lesion of tubal pregnancy) .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 岡村 玲奈, 沖 利通 .  加齢による妊孕性低下に関する認識と不妊治療開始までの期間との関連 .  母性衛生  2018年9月  (公社)日本母性衛生学会

  • 牧迫 飛雄馬, 田平 隆行, 沖 利通, 根路銘 安仁 .  保健系大学院におけるディプロマ・ポリシー到達度に対する学生自己評価とその関連要因 .  医学教育  2020年7月  (一社)日本医学教育学会

  • 酒瀬川 琢, 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠予後を左右する精液所見について .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 知恵, 沖 利通, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠を左右する精液所見について .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 酒瀬川 琢, 沖 利通, 沖 知恵, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  人工授精において妊娠を左右する精液所見について .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

  • 沖 利通, 沖 知恵, 徳留 明夫, 中條 有紀子, 樋渡 小百合, 内田 那津子, 崎濱 ミカ, 新原 有一朗, 山崎 英樹, 田畑 亜希子, 小林 裕明 .  中隔子宮に対する子宮鏡下中隔切除術の工夫 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 田中 亜矢, 沖 利通 .  不妊治療中の就労女性が抱えるストレスと支援のあり方に関する文献検討 .  母性衛生  2020年9月  (公社)日本母性衛生学会

  • 内田 那津子, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 岩元 一朗, 小林 裕明 .  下垂体性性腺機能低下の不妊患者に対する排卵誘発における成長ホルモン補充の意義 .  日本産科婦人科学会雑誌  2018年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通, 小林 裕明 .  下垂体性性腺機能低下における排卵誘発法の個別化について .  日本生殖医学会雑誌  2020年4月  (一社)日本生殖医学会

  • 内田 那津子, 酒瀬川 琢, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 沖 知恵, 沖 利通 .  下垂体性性腺機能低下における排卵誘発法の個別化について .  日本生殖医学会雑誌  2018年8月  (一社)日本生殖医学会

  • 山口 孝二郎, 新田 英明, 鈴木 甫, 園田 拓郎, 森永 明倫, 網谷 真理恵, 沖 利通, 乾 明夫 .  三叉神経痛の漢方治療に関する文献的考察 .  日本東洋医学雑誌  2017年4月  (一社)日本東洋医学会

  • 中條 有紀子, 沖 利通, 徳留 明夫, 沖 知恵, 樋渡 小百合, 崎濱 ミカ, 内田 那津子, 田畑 亜希子, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  レゼクトスコープ剥離術が無効な重症子宮内膜癒着に対して鋭的剥離を繰返すことにより妊娠に至った症例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2017年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 酒瀬川 琢, 沖 利通, 内田 那津子, 中條 有紀子, 沖 知恵 .  トリガー前の血清プロゲステロン値とART成績について .  日本生殖医学会雑誌  2019年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 内田 那津子, 沖 利通, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 沖 知恵, 小林 裕明 .  インスリン抵抗性のないクロミフェン抵抗性PCOSにメトホルミンが奏功した二例 .  日本産科婦人科学会雑誌  2019年2月  (公社)日本産科婦人科学会

  • 樋渡 小百合, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 岩元 一朗, 山崎 英樹, 小林 裕明 .  UAE後の子宮内膜癒着症に対して子宮鏡下に癒着剥離を施行した一例 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

  • 網谷 真理恵, 山口 孝二郎, 福 祐貴, 網谷 東方, 森永 明倫, 沖 利通, 浅川 明弘, 乾 明夫, 根路銘 安仁, 大脇 哲洋 .  PBL、シミュレーション教育、漢方煎じ体験を組み合わせた漢方医学教育の学習方略と学生の意識について .  医学教育  2017年8月  (一社)日本医学教育学会

  • Oki Chie, Oki Toshimichi, Uchida Natsuko, Nakajo Yukiko, Sakihama Mika, Kobayashi Hiroaki .  Observation of abnormal uterine cavity by transvaginal ultrasound(和訳中) .  The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research  2020年8月  John Wiley & Sons Australia, Ltd

  • 岩元 一朗, 沖 利通, 沖 知恵, 酒瀬川 琢, 内田 那津子, 樋渡 小百合, 中條 有紀子, 崎濱 ミカ, 山崎 英樹 .  FSH投与中に自然排卵し妊娠したクロミフェン抵抗性の多嚢胞性卵巣症候群不妊患者 .  日本生殖医学会雑誌  2017年10月  (一社)日本生殖医学会

▼全件表示