Updated on 2022/10/07

写真a

 
NAKAMURA Naoko
 
Organization
Research Field in Cooperation, Integrated Arts and Sciences Area Research Center for Archaeology Professor
Title
Professor
External link

Degree

  • Master (Arts) ( 1989.3   Kagoshima University )

Research Interests

  • living

  • kiln site

  • Sue ware

  • pottery

  • Archaeology of Japan

Research Areas

  • Humanities & Social Sciences / Archaeology

Education

  • Kagoshima University

    - 1989

      More details

    Country: Japan

    researchmap

  • Kagoshima University   Faculty of Law, Economics and the Humanities   Department of Humanities

    - 1987

      More details

    Country: Japan

    researchmap

Research History

  • Kagoshima University   Research Field in Cooperation, Integrated Arts and Sciences Area Research Center for Archaeology   Professor

    2015.4

Professional Memberships

  • Society for East Asian Archaelogy

    2018.6

  • 日本考古学協会

    2015.10

  • 日本文化財科学会

    2008.6

  • 日本植生史学会

    2015.10

  • 鹿児島県考古学会

    2015.10

  • 九州考古学会

    2015.10

  • 九州前方後円墳研究会

    2015.10

  • 東南アジア考古学会

    2015.10

  • 考古学研究会

    2017.4

  • 日本考古学協会

      More details

  • 東南アジア考古学会

      More details

  • 鹿児島県考古学会

      More details

▼display all

Committee Memberships

  • 鹿児島県文化財保護審議会   鹿児島県文化財保護審議会委員  

    2004.5   

      More details

    Committee type:Other

    鹿児島県教育委員会

 

Papers

  • Naoko Nakamura .  Nakadake Sanroku: The Southernmost Sue-Ware Kiln Site Center in Ancient Japan .  Kilns in East and North Asia, Archaeology of East Asia ( 7 ) 203 - 221   2022Reviewed International journal

     More details

    Authorship:Lead author   Language:English   Publishing type:Part of collection (book)   Publisher:BAR Publishing, Oxford, UK  

    DOI: https://doi.org/10.30861/9781407358901

  • Jarosz A., Robbeets M., Fernandes R., Takamiya H., Shinzato A., Nakamura N., Shinoto M., Hudson M. .  Demography, trade and state power: A tripartite model of medieval farming/language dispersals in the Ryukyu Islands .  Evolutionary Human Sciences4   2022.1

     More details

    Language:Japanese   Publisher:Evolutionary Human Sciences  

    Hunter-gatherer occupations of small islands are rare in world prehistory and it is widely accepted that island settlement is facilitated by agriculture. The Ryukyu Islands contradict that understanding on two counts: not only did they have a long history of hunter-gatherer settlement, but they also have a very late date for the onset of agriculture, which only reached the archipelago between the eighth and thirteenth centuries AD. Here, we combine archaeology and linguistics to propose a tripartite model for the spread of agriculture and Ryukyuan languages to the Ryukyu Islands. Employing demographic growth, trade/piracy and the political influence of neighbouring states, this model provides a synthetic yet flexible understanding of farming/language dispersals in the Ryukyus within the complex historical background of medieval East Asia.

    DOI: 10.1017/ehs.2022.1

    Scopus

  • TAKAMIYA H. and NAKAMURA N .  The Beginning of Agriculture in the Ryukyu Archipelago .  South Pacific Studies 41 ( 1,2 ) 1 - 34   2021.3The Beginning of Agriculture in the Ryukyu ArchipelagoReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子 .  成川式土器に関する研究現状と課題 .  鹿児島考古 ( 50 ) 85 - 90   2021.3成川式土器に関する研究現状と課題Reviewed

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村 直子 .  鹿児島県 中岳山麓窯跡群 .  考古学研究66 ( 4 ) 120 - 122   2020.3鹿児島県 中岳山麓窯跡群

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:考古学研究会  

  • Michael Doneu, Maria Shinoto, Irmela Herzog, Naoko Nakamura, Hideyuki Haijima, Tomokazu Ōnishi, Shōhei Kita'ichi, Baoquan Song .  UAV-based Airborne Laser Scanning in densely vegetated areas: Detecting Sue pottery kilns in Nakadake Sanroku, Japan .  New Global Perspectives on Archaeological Prospection   220 - 223   2019.9UAV-based Airborne Laser Scanning in densely vegetated areas: Detecting Sue pottery kilns in Nakadake Sanroku, JapanInvited International coauthorship

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)   Publisher:Archaeopress Publishing Ltd  

    DOI: 10.32028/9781789693072

    Other Link: http://www.archaeopress.com/ArchaeopressShop/Public/displayProductDetail.asp?id={9ED30272-7D87-40E6-8B56-333B1F5CE2D9}

  • 中村 直子 .  南さつま市中岳山麓窯跡群発掘調査報告 .  令和元年度鹿児島県考古学会総会研究発表会   25 - 26   2019.7南さつま市中岳山麓窯跡群発掘調査報告

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:鹿児島県考古学会  

  • 篠藤マリア・I.ヘルツォーグ・M.ドネウス・蓜島秀行・B.ソン・大西智和・中村直子・北市将平 .  地下の遺構を地形から発見する-森林内須恵器窯跡群探査における航空レーザー測量のフィルターや可視化について- .  日本文化財科学会第36回大会研究発表要旨集.   290 - 291   2019.6地下の遺構を地形から発見する-森林内須恵器窯跡群探査における航空レーザー測量のフィルターや可視化について-

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:日本文化財科学会  

  • 畠山唯達・北原優・望月信竜・下岡順直・鐘ケ江賢二・中村直子 .  鹿児島県南さつま市中岳山麓窯跡群における磁気による埋没古窯探査, .  日本文化財科学会第36回大会研究発表要旨集.   94 - 95   2019.6鹿児島県南さつま市中岳山麓窯跡群における磁気による埋没古窯探査,

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:日本文化財科学会  

  • 鐘ケ江賢二・篠藤マリア・中村直子・七村和彰 .  須恵器製作における材料調整技術の検討 .  日本文化財科学会第36回大会研究発表要旨集.   322 - 323   2019.6須恵器製作における材料調整技術の検討International coauthorship

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:日本文化財科学会  

  • 篠藤マリア・大西智和・I.ヘルツォーグ・M.ドネウス・B.ソン・中村直子・蓜島秀行・北市将平 .  航空レーザー探査による須恵器窯跡分布の探求, .  日本文化財科学会第36回大会研究発表要旨集.   96 - 97   2019.6航空レーザー探査による須恵器窯跡分布の探求,International coauthorship

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:日本文化財科学会  

  • 中村直子 .  敷領遺跡出土品 .  鹿児島県文化財調査報告書 第65集   48 - 54   2019.3敷領遺跡出土品

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)   Publisher:鹿児島県教育委員会  

  • 中村直子 .  成川式土器大壺の装飾の変遷と地域色 .  中山清美と奄美学-中山清美氏追悼論集-   547 - 556   2019.2成川式土器大壺の装飾の変遷と地域色

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:奄美考古学会  

  • 中村直子・シュトレータロベルト .  中岳山麓窯跡採集の硯について .  九州考古学 ( 92 )   2017.11中岳山麓窯跡採集の硯についてInternational coauthorship

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    古代須恵器窯跡群で発見された硯について報告した。また、硯を生産していた事から、中岳山麓窯跡群が官衙もしくは寺院への供給を行っていたと推定した。

  • 篠藤マリア, 大西智和, ホッフバウアー・ラデグント, ライト・ミハエル, シュテル バ・ヨハネス, クニップラート・ウーテ, 中村直子, 鐘ヶ江健一 .  須恵器窯跡の総合的な自然科学分析による構造の理解 ―鹿児島県南さつま市中岳山麓 窯跡群の発掘と分析の報告― .  日本文化財科学会第32回大会発表要旨集   2016.7須恵器窯跡の総合的な自然科学分析による構造の理解 ―鹿児島県南さつま市中岳山麓 窯跡群の発掘と分析の報告―International coauthorship

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)  

  • 中村直子・小畑弘己 .  上針谷・下針谷遺跡出土土器の圧痕調査報告 .  上針谷・下針谷遺跡   73 - 75   2016.3上針谷・下針谷遺跡出土土器の圧痕調査報告Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • Hiroshi Moriwaki, Naoko Nakamura, Toshiro Nagasako, David J. Lowe, Tomoe Sangawa .  The role of tephras in developing a high-precision chronostratigraphy for palaeoenvironmental reconstruction and archaeology in southern Kyushu, Japan, since 30,000 cal. BP: An integration .    397   79 - 92   2016.3Reviewed International coauthorship

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: 10.1016/j.quaint.2015.05.069

  • SHITAOKA Yorinao, MORIWAKI Hiroshi, AKAI Fumito. NAKAMURA Naoko, MIYOSHI Masaya and YAMAMOTO Junji .  Eruption Age of Sakurajima-Satsuma Tephra Using Thermoluminescence Dating .  地球環境研究 ( 18 ) 29 - 35   2016Reviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:立正大学地球環境科学研究所  

  • 中村直子 .  成川式土器の時代 .  成川式土器ってなんだ?   25 - 30   2015.9成川式土器の時代Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:鹿児島大学総合研究博物館  

  • 中村直子 .  鹿児島県域の台付甕と器台 .  有明海とその周辺をめぐる弥生時代の交流   79 - 90   2015.7鹿児島県域の台付甕と器台Invited

     More details

    Authorship:Lead author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (conference, symposium, etc.)   Publisher:長崎県考古学会・九州考古学会  

  • 中村直子 .  種子島土器圧痕調査からみた弥生・古墳時代並行期の食用植物 .  Archaeology from the South ( 3 ) 161 - 168   2015.3種子島土器圧痕調査からみた弥生・古墳時代並行期の食用植物

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子, Radegund HOFFBAUER, Johannes STERBA, Michael RAITH, 篠藤マリア, 鐘ヶ江賢二, 大西智和 .  中岳山麓窯跡産須恵器の生産過程と産地同定に関する鉱物学的分析 .  日本文化財科学会第31回大会発表要旨集   234 - 235   2014.7中岳山麓窯跡産須恵器の生産過程と産地同定に関する鉱物学的分析International coauthorship

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 中村直子 .  中岳山麓窯跡群に関する研究現状と課題 .  Archaeology from the South Ⅱ -新田栄治先生退職記念論文集‐ ・新田栄治先生退職記念事業会   279 - 287   2014.3中岳山麓窯跡群に関する研究現状と課題

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子,真邉彩,大西智和,寒川朋枝,福井俊彦,桒畑光博 .  都城市における土器圧痕調査 -栽培植物の導入に関連して- .  宮崎考古 ( 24 ) 15 - 29   2013.6都城市における土器圧痕調査 -栽培植物の導入に関連して-

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子 .  ナガラ原東貝塚出土の成川式土器の位置づけ .  ナガラ原東貝塚の研究 : 5世紀から7世紀前半の沖縄伊江島・熊本大学   259 - 268   2013.3ナガラ原東貝塚出土の成川式土器の位置づけ

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子・真邉彩・小畑弘己・大西智和・福井俊彦・山野ケン陽次郎・惠島瑛子・松﨑大嗣・寒川朋枝 .  宮崎県都城市土器圧痕調査からみたアワとキビ .  日本植生史学会 第27回大会講演要旨集   44 - 45   2012.11宮崎県都城市土器圧痕調査からみたアワとキビ

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 大西智和・真邉彩・寒川朋枝・鐘ヶ江賢二・中村直子 .  微小物・微小痕跡の分析に基づく食用植物利用の調査 -とくにSLWでの取り組みを中心に- .  鹿児島考古 ( 42 ) 99 - 108   2012.7微小物・微小痕跡の分析に基づく食用植物利用の調査 -とくにSLWでの取り組みを中心に-Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子・鷹野光行・新田栄治・荒木志伸 .  9世紀における南九州南端地域の土器製作技術 .  日本考古学協会第78回総会・日本考古学協会   198 - 199   2012.59世紀における南九州南端地域の土器製作技術

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 中村直子 .  大隅諸島・甑島における埋葬遺跡 .  日本考古学協会第78回総会研究発表用要旨集・日本考古学協会   118 - 119   2012.5大隅諸島・甑島における埋葬遺跡

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 中村直子 .  井手上A遺跡(2次)SJ2出土土器について .  井手上A遺跡(1・2次)・志布志市教育委員会   148 - 149   2012.3井手上A遺跡(2次)SJ2出土土器について

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子・寒川朋枝・真邉彩・大西智和・福井俊彦・桒畑光博 .  宮崎県都城市縄文時代晩期土器の圧痕調査からみた食用植物 .  日本植生史学会第26回大会講演要旨集   80 - 81   2011.11宮崎県都城市縄文時代晩期土器の圧痕調査からみた食用植物

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • 中村直子・長尾聡子 .  「チョコ層」による土器作り実験レポート .  南九州縄文通信 ( 21 ) 79 - 89   2011.10「チョコ層」による土器作り実験レポートReviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子、三辻利一、鐘ヶ江賢二 .  蛍光X線分析と偏光顕微鏡観察による土器胎土の分類について .  日本文化財科学会第28回大会発表要旨   190 - 191   2011.6蛍光X線分析と偏光顕微鏡観察による土器胎土の分類について

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (other academic)  

  • Hiroki Obata, Aya Manabe, Naoko Nakamura, Tomokazu Onishi, Yasuko Senba .  A New Light on the Evolution and Propagation of Prehistoric Grain Pests: The World's Oldest Maize Weevils Found in Jomon Potteries, Japan .  PLoS ONE6 ( 3 ) e14785   2011.2A New Light on the Evolution and Propagation of Prehistoric Grain Pests: The World's Oldest Maize Weevils Found in Jomon Potteries, JapanReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • Naoko NAKAMURA, Tomoe SANGAWA, Rumiko WADA, Mitsuhiro KUWAHATA and Hiroshi MORIWAKI .  Tephra and archaeology in southern Kyushu, Japan .  International Field Conference and Workshop on Tephrochronology, Volcanism and Human Activity   71 - 71   2010.5Tephra and archaeology in southern Kyushu, JapanReviewed

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (international conference proceedings)  

  • 中村直子 .  南九州における木製品模倣土器について .  地域の考古学:佐田茂先生佐賀大学退任記念論文集   59 - 67   2009.1南九州における木製品模倣土器について

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子 .  7・8世紀の成川式土器 .  南の縄文・地域文化論考中巻   119 - 128   2009.17・8世紀の成川式土器

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子(NAKAMURANAOKO) .  居住遺跡からみた南九州弥生・古墳時代の人口変動(Population Change in the Yayoi and the Kofun period in South Kyushu from the Fluctuation of the Habitaion Sites) .  Archaeoloty from the South(Archaeoloty from the South)※ ( ※ ) 151 - 160   2006.3居住遺跡からみた南九州弥生・古墳時代の人口変動(Population Change in the Yayoi and the Kofun period in South Kyushu from the Fluctuation of the Habitaion Sites)

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 竹中正己・新里貴之・中村直子・新里亮人・義憲和 .  徳之島伊仙町面縄第1貝塚出土人骨の風習的抜歯 .  鹿児島女子短期大学紀要 ( 40 ) 33 - 36   2005.3徳之島伊仙町面縄第1貝塚出土人骨の風習的抜歯

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子(NAKAMURANAOKO) .  貝符に類似する土器文様の検討(The study of KAIFU and KANEKU type pottery design) .  東南アジア考古学会研究報告(Japan society for Southeast Asian Archaeology)※ ( 2 ) 19 - 30   2004.11貝符に類似する土器文様の検討(The study of KAIFU and KANEKU type pottery design)

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子(NAKAMURANAOKO) .  住居跡およびその周辺における土器出土状況の特殊な事例について-南九州古墳時代を中心として- .  鹿児島考古※ ( 38 ) 65 - 80   2004.7住居跡およびその周辺における土器出土状況の特殊な事例について-南九州古墳時代を中心として-

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子(NAKAMURANAOKO) .  古墳時代における南部九州在地土器と土師器との関係性 .  新しい関係性を求めて鹿児島大学全学プロジェクト報告書※ ( ※ ) 47 - 62   2004.3古墳時代における南部九州在地土器と土師器との関係性

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 中村直子(NAKAMURANAOKO) .  食器としての弥生土器器種組成の解釈-南九州を素材として- .  HOMINIDS(HOMINIDS)※ ( 3 ) 21 - 36   2003食器としての弥生土器器種組成の解釈-南九州を素材として-Reviewed

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 中岳山麓窯跡群の研究 International journal

    中村直子, 篠藤マリア, 大西智和, 鐘ヶ江 賢二,吉元 美咲, 松﨑 大嗣, 古環境研究所, STERBA Johannes, H. RAITH Michael, HOFFBAUER Radegund, BECKER Holger, HARTKE Georg, KNIPPRATH Ute( Role: Joint author)

    鹿児島大学埋蔵文化財調査センター  2015.3 

     More details

    Total pages:122   Language:Japanese Book type:Report

  • 瀬戸内町内の遺跡3 奄美大島要塞跡及び大島防備隊基地跡内容確認調査編

    中村直子( Role: Contributor ,  地中レーダー探査結果)

    瀬戸内町教育委員会  2022.3 

     More details

    Total pages:264   Responsible for pages:164-167   Language:Japanese Book type:Report

  • 原田古墳(原田古墳群第1分冊)

    中村直子( Role: Contributor ,  原田古墳周辺の地中レーダー探査結果)

    鹿児島県志布志市教育委員会  2022.3 

     More details

    Total pages:86   Responsible for pages:54-58   Language:Japanese Book type:Report

  • Excavation Reports of Kadai-Konai Site

    NAKAMURA Naoko,SANGAWA Tomoe( Role: Joint editor)

    Kagoshima University Research Center for Archaeology   2022.3 

     More details

    Total pages:56   Responsible for pages:1-56   Language:Japanese Book type:Report

  • Kagoshima University Research Center for Archaeology Report Vol. 36

    NAKAMURA Naoko, SANGAWA Tomoe( Role: Joint editor)

    Kagoshima University Research Center for Archaeology   2022.3 

     More details

    Total pages:35   Responsible for pages:1-35   Language:Japanese Book type:Report

  • 脇田亀ヶ原遺跡 鹿児島大学埋蔵文化財調査センター調査報告書 第17集

    新里貴之・中村直子

    鹿児島大学埋蔵文化財調査センター  2021.3 

     More details

    Total pages:105   Language:Japanese Book type:Report

  • Kagoshima University Research Center for Archaeology Report Vol.35

    N. Nakamura and T. Shinzato( Role: Joint editor)

    Kagoshima University Research Center for Archaeology   2021.3 

     More details

    Total pages:65   Language:Japanese Book type:Report

  • 鹿児島大学構内遺跡郡元団地J・K-9・10区(理工系総合研究棟)

    中村直子・新里貴之・寒川朋枝( Role: Edit)

    鹿児島大学埋蔵文化財調査センター  2019.3 

     More details

    Total pages:112   Responsible for pages:1-112   Language:Japanese Book type:Report

  • 鹿児島大学構内遺跡郡元団地J・K-10・11区(工学部校舎新営工事)

    中村直子・新里貴之・寒川朋枝( Role: Edit)

    鹿児島大学埋蔵文化財調査センター  2015.3 

     More details

    Total pages:69   Responsible for pages:1-69   Language:Japanese Book type:Report

  • 鹿児島大学構内遺跡桜ヶ丘団地F・G-10区(中央機械棟)

    中村直子・寒川朋枝・新里貴之( Role: Edit)

    鹿児島大学埋蔵文化財調査室調査報告書・鹿児島大学埋蔵文化財調査室  2012.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

  • 鹿児島大学構内遺跡郡元団地Q-10区・郡元団地K・L-5・6区

    新里貴之・中村直子( Role: Joint author)

    鹿児島大学埋蔵文化財調査室  2007.3 

     More details

    Language:Japanese Book type:Report

▼display all

MISC

  • 書評『奇跡の島々の先史学 琉球列島先史。原始時代の島嶼文明』

    中村直子

    鹿児島考古   ( 51 )   143 - 144   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Book review, literature introduction, etc.  

  • A Prompt Report of the Fourth Excavation on 2021 Season at Narikawa site, Kagoshima

    竹中正巳, 大西智和, 鐘ヶ江賢二, 中村直子, 松崎大嗣, 中摩浩太郎, 新垣匠

    鹿児島女子短期大学紀要   ( 59 )   2022

  • Tephras and archaeology in southern Kyushu, Reviewed

    Hiroshi MORIWAKI , Naoko NAKAMURA and Tomoe SANGAWA

    INTRA-CONFERENCE FIELD TRIP GUIDES, Active Tephra in Kyusyu, 2010, International Field Conference and Workshop on Tephrochronology, Volcanism and Human Activity   71 - 75   2010.5

     More details

    Language:English   Publishing type:Article, review, commentary, editorial, etc. (scientific journal)  

Presentations

  • Michael Doneus, Maria Shinoto, Irmela Herzog, Naoko Nakamura, Hideyuki Haijima, Tomokazu ?nishi, Sh?hei Kita'ichi, Baoquan Song   UAV-based Airborne Laser Scanning in densely vegetated areas: Detecting Sue pottery kilns in Nakadake Sanroku, Japan   International conference

    13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ARCHAEOLOGICAL PROSPECTION  Archaeopress

     More details

    Event date: 2019.8 - 2019.9

    Language:English   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:SLIGO, IRELAND  

  • SHINOTO Maria, ONISHI Tomokazu, HERZOG Imela, DONEUS Micheal, SONG Baoquan, NAKAMURA Naoko, HAIJIMA Hideyuki, KITAICHI Shohei   Detecting Sue kilns with LiDAR technology: Visualizations and results from the kiln site cluster in Nakadake Sanroku, Kagoshima prefecture  

    JSSSCP2019  APAN SOCIETY FOR SCIENTIFIC STUDIES ON CULTURAL PROPERTIES

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Tokyo University of The Arts  

  • Naoko Nakamura   Exploring cultivated plants on Tanegashima from impression on potteries  

    2021.10  Kagoshima University Research Center for the Pacific Islands

     More details

    Event date: 2021.10

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

    Venue:Nishinoomote City  

  • 中村直子   南さつま市中岳山麓窯跡群発掘調査報告  

    令和元年度鹿児島県考古学会総会・研究発表会  鹿児島県考古学会

     More details

    Event date: 2019.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:鹿児島県立歴史資料センター黎明館  

  • 畠山唯達・北原優・望月信竜・下岡順直・鐘ケ江賢二・中村直子   鹿児島県南さつま市中岳山麓窯跡群における磁気による埋没古窯探査  

    日本文化財科学会第36回大会  日本文化財科学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:東京藝術大学, 東京  

  • 鐘ケ江賢二・篠藤マリア・中村直子・七村和彰   須恵器製作における材料調整技術の検討  

    日本文化財科学会第36回大会  日本文化財科学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京藝術大学, 東京  

  • 篠藤マリア・I.ヘルツォーグ・M.ドネウス・蓜島秀行・B.ソン・大西智和・中村直子・北市将平   地下の遺構を地形から発見する-森林内須恵器窯跡群探査における航空レーザー測量のフィルターや可視化について  

    日本文化財科学会第36回大会  日本文化財科学会

     More details

    Event date: 2019.6

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:東京藝術大学, 東京  

  • 下岡順直, 中村直子, 畠山唯達   南さつま市の中岳山麓窯跡群における熱ルミネッセンス年代測定  

    日本文化財科学会第35回大会  日本文化財科学会

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良女子大学  

  • 畠山唯達, 北原優, 望月伸竜, 下岡順直, 中村直子   南さつま市中岳山麓窯跡群の考古地磁気学的研究  

    日本文化財科学会第35回大会  日本文化財科学会

     More details

    Event date: 2018.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:奈良女子大学  

  • Naoko Nakamura   Appearance and Development of Japan's Southernmost Sue Kilns in Kagoshima   International conference

    Eighth Worldwide SEAA Conference  Society for East Asian Archaeology (SEAA)

     More details

    Event date: 2018.6

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:Nanjing, Chaina  

    The Nakadake Sanroku Kiln Site Cluster is the southernmost production center for Sue ware in Japan, it dates to the 9th century and is thought to have been run under political administration. Earlier studies and a new, integrated research project produced evidence that pottery produced in these kilns was distributed to the islands in the south of Kyūshū, that were not part of the ancient Japanese state. This talk shall introduce the recent research at the kiln site cluster and our findings about the production techniques and their transition as well as the relation to politics in the peripheries.

  • 中村直子・大西智和・篠藤マリア・鐘ケ江賢二・新里貴之   古代須恵器中岳山麓窯跡群の調査  

    日本考古学協会第84回総会  日本考古学協会

     More details

    Event date: 2018.5

    Language:Japanese   Presentation type:Poster presentation  

    Venue:明治大学  

    日本列島最南端に位置する古代須恵器窯跡群の調査について、考古学的成果を中心に解説を行った。

  • Naoko Nakamura, Tomokazu Onishi   Complementary interdisciplinary research design at the Sue ware kiln site cluster in Nakadake Sanroku, Japan   International conference

    WAC-8  World Archaeology Congress

     More details

    Event date: 2016.8 - 2016.9

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:同志社大学  

    Archaeology has always borrowed and developed methods and research questions from other disciplines, sometimes in cooperation with them. This paper evaluate the merits and problems of complementary interdisciplinary research design at the Sue ware kiln site cluster in Nakadake Sanroku, Japan.

  • 中村直子   鹿児島県域の台付甕と器台   Invited

    長崎県考古学会・九州考古学会合同研究大会 有明海とその周辺をめぐる弥生時代の交流  長崎県考古学会・九州考古学会

     More details

    Event date: 2015.7

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (keynote)  

    Venue:長崎大学文教キャンパス  

  • 中村直子、松﨑大嗣、吉本美咲   種子島土器圧痕調査からみた弥生・古墳時代の栽培植物  

    第29回日本植生史学会大会  第29回日本植生史学会大会

     More details

    Event date: 2014.11

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子, Radegund HOFFBAUER, Johannes STERBA, Michael RAITH, 篠藤マリア, 鐘ヶ江賢二, 大西智和   中岳山麓窯跡産須恵器の生産過程と産地同定に関する鉱物学的分析  

    日本文化財科学会第31回大会  日本文化財科学会第31回大会

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese  

    Venue:奈良  

    国内学会

  • 中村直子   鹿児島大学構内遺跡郡元団地C-4区の調査概要  

    平成26年度鹿児島県考古学会総会・研究発表会  平成26年度鹿児島県考古学会総会・研究発表会

     More details

    Event date: 2014.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子・真邉彩・大西智和・寒川朋枝・福井俊彦・桒畑光博   南九州先史時代における食用植物利用について―都城盆地の栽培植物導入に関連して―  

    鹿児島県考古学会  鹿児島県考古学会

     More details

    Event date: 2013.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子・真邉彩・小畑弘己・大西智和・福井俊彦・山野ケン陽次郎・惠島瑛子・松﨑大嗣・寒川朋枝   宮崎県都城市土器圧痕調査からみたアワとキビ  

    日本植生史学会第27回大会  日本植生史学会第27回大会

     More details

    Event date: 2012.11

    Language:Japanese  

    Venue:新潟  

    国内学会

  • 中村直子   南さつま市中岳山麓窯跡群の研究現状と課題  

    第59回鹿大史学会大会  第59回鹿大史学会大会

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子   南九州先史時代食用植物検出状況について  

    琉球環境文化史研究会  琉球環境文化史研究会

     More details

    Event date: 2012.7

    Language:Japanese  

    Venue:沖縄  

    研究会

  • 中村直子   大隅諸島・甑島における埋葬遺跡  

    日本考古学協会第78回総会  日本考古学協会第78回総会

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 中村直子・鷹野光行・新田栄治・荒木志伸   9世紀における南九州南端地域の土器製作技術  

    日本考古学協会第78回総会  日本考古学協会第78回総会

     More details

    Event date: 2012.5

    Language:Japanese  

    Venue:東京  

    国内学会

  • 中村直子   大陸系穀物の流入を考えるー南九州の状況ー  

    第7回九州古代種子研究会宮崎大会  第7回九州古代種子研究会宮崎大会

     More details

    Event date: 2012.3

    Language:Japanese  

    Venue:宮崎  

    国内学会

  • 中村直子、寒川朋枝、真邉彩、大西智和、福井智彦、桒畑光博   宮崎県都城市縄文時代晩期土器の圧痕調査からみた食用植物  

    日本植生史学会第26回大会  日本植生史学会第26回大会

     More details

    Event date: 2011.11

    Language:Japanese  

    Venue:青森  

    国内学会

  • 中村直子、三辻利一、鐘ヶ江賢二   蛍光X線分析と偏光顕微鏡観察による土器胎土の分類について  

    日本文化財科学会第28回大会  日本文化財科学会第28回大会

     More details

    Event date: 2011.6

    Language:Japanese  

    Venue:茨城  

    国内学会

  • 中村直子   弥生時代・古墳時代(鹿児島県)  

    九州古代種子研究会  九州古代種子研究会

     More details

    Event date: 2011.2

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    研究会

  • 大西智和・真邉 彩・中村直子・寒川朋枝・鐘ヶ江賢二   鹿児島県甑島の弥生・古墳時代における食用植物に関する考察  

    植生史学会第25回大会  植生史学会第25回大会

     More details

    Event date: 2010.11

    Language:Japanese  

    Venue:愛知  

    国内学会

  • Naoko NAKAMURA, Tomoe SANGAWA, Rumiko WADA, Mitsuhiro KUWAHATA and Hiroshi MORIWAKI   Tephra and archaeology in southern Kyushu, Japan   International conference

    Active Tephra in Kyusyu, 2010, International Field Conference and Workshop on Tephrochronology, Volcanism and Human Activity  Active Tephra in Kyusyu, 2010, International Field Conference and Workshop on Tephrochronology, Volcanism and Human Activity

     More details

    Event date: 2010.5

    Language:English  

    Venue:鹿児島  

    国際学会

  • 中村直子   8世紀の成川式土器  

    隼人研究会  隼人研究会

     More details

    Event date: 2009.12

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    研究会

  • 中村直子、寒川朋枝、真邉彩、大西智和、鐘ヶ江賢二   南九州における食用植物の利用―とくに古墳文化周縁部の事例について-  

    第24回日本植生史学会大会  第24回日本植生史学会大会

     More details

    Event date: 2009.11

    Language:Japanese  

    Venue:熊本  

    国内学会

  • 中村直子、三辻利一、新里貴之、寒川朋枝   蛍光X線分析を用いた笹貫式土器胎土の分類と型式との関係について  

    日本文化財科学会第26回大会  日本文化財科学会第26回大会

     More details

    Event date: 2009.6

    Language:Japanese  

    Venue:愛知  

    国内学会

  • 中村直子   鹿児島県における種子研究の現状  

    九州古代種子研究会  九州古代種子研究会

     More details

    Event date: 2009.3

    Language:Japanese  

    Venue:熊本  

    研究会

  • 中村直子   鹿児島大学構内遺跡郡元団地(共通教育棟)の発掘調査について-古墳時代の住居跡群と出土遺物を中心に-  

    第55回鹿大史学会大会  第55回鹿大史学会大会

     More details

    Event date: 2009.2

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子・新里貴之・寒川朋枝・河野裕次・真邊彩・三辻利一   蛍光X線分析による鹿児島大学構内遺跡出土須恵器の胎土的特徴について  

    日本文化財科学会第25回大会  日本文化財科学会第25回大会

     More details

    Event date: 2008.6

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子・新里貴之・寒川朋枝・河野裕次・真邊彩・三辻利一   蛍光X線分析による鹿児島大学構内遺跡出土笹貫式土器の胎土的特徴について  

    日本文化財科学会第25回大会  日本文化財科学会第25回大会

     More details

    Event date: 2008.6

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子(NAKAMURA NAOKO)   種子島小浜遺跡発掘調査報告  

    九州考古学会  九州考古学会

     More details

    Event date: 2004.11

    Language:Japanese  

    Venue:福岡  

    国内学会

  • 中村直子(NAKAMURA NAOKO)   住居跡およびその周辺における土器出土状況の特殊な事例についてー南九州古墳時代を中心としてー  

    鹿児島県考古学会  鹿児島県考古学会

     More details

    Event date: 2004.7

    Language:Japanese  

    Venue:鹿児島  

    国内学会

  • 中村直子(NAKAMURA NAOKO)   薩摩・大隅  

    第5回九州前方後円墳研究会  第5回九州前方後円墳研究会

     More details

    Event date: 2002.6

    Language:Japanese  

    Venue:佐賀  

    国内学会

▼display all

Research Projects

  • 南限の古代窯須恵器の生産と流通‐考古学的手法と自然科学分析の補完的研究‐

    Grant number:15H01902  2015.4 - 2020.3

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

  • 成川遺跡の研究-薩摩半島南端の弥生・古墳時代の人と埋葬文化を探る-

    Grant number:22K00992  2022.4 - 2025.3

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)  基盤研究(C)

    竹中 正巳, 大西 智和, 中村 直子, 寒川 朋枝, 宮城 弘樹

      More details

    Grant amount:\4160000 ( Direct Cost: \3200000 、 Indirect Cost:\960000 )

    researchmap

  • 「ボカシの文化」にメスを入れる

    Grant number:21H04362  2021.4 - 2024.3

    科研費  基盤研究(A)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s)  Grant type:Competitive

  • 島の食資源利用解明の方法論的研究―古墳時代の南九州甑島列島を対象として―

    Grant number:19K01102  2019.4 - 2022.3

    科研費  基盤研究(C)

      More details

    Authorship:Coinvestigator(s) 

  • 南限の古代窯須恵器の生産と流通‐考古学的手法と自然科学分析の補完的研究‐

    2015.4 - 2019.3

    鹿児島国際大学, ハイデルベルク大学   国際共同研究 

    中村直子、大西智和, 鐘ケ江賢二, 新里貴之, 篠藤マリア

      More details

    本研究は,南限の古代須恵器窯である南さつま市中岳山麓窯跡群産須恵器の生産と流通についての解明を進めるものである。 中岳山麓産須恵器は古代において,南九州を中心に南西諸島にまで広域に流通していると推定され,南の古代日本国家領域の集団関係の解明に重要な役割を果たすと期待されるが,発掘調査による 基本的資料やデータが不足している事から,不明な点が多く残されている。
    本研究では,中岳山麓窯跡群の発掘・踏査,須恵器の編年などの考古学的調査検討と,自然科学的 分析による学際的国際共同研究を実施し,中岳山麓窯跡群産須恵器の生産と流通の解明とともに,考 古学における自然科学的分析の応用とその発展を目指すものである。

  • 南九州の古代須恵器に関する学際的研究‐その生産技術の導入と展開‐

    Grant number:25580170  2013.4 - 2015.3

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 貝塚時代後期南西諸島の研究

    2003

      More details

    Grant type:Competitive

    researchmap

▼display all