2022/10/17 更新

写真a

イトウ マサカズ
伊藤 昌和
ITO Masakazu
所属
総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 初年次教育・教養教育部門 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(工学) ( 1996年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • High pressure

  • Magnetic field

  • Magnetism

  • Super conductivity

  • 低温,超伝導,磁性,磁場,圧力,エネルギー材料

学歴

  • 九州大学   応用物理学

    1993年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学   応用物理学

    1991年4月 - 1993年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   総合科学域総合教育学系 総合教育機構 共通教育センター 初年次教育・教養教育部門   准教授

    2018年4月 - 現在

  • テキサス大学オースティン校   Department of Mechanical Engineering, John Goodenough group   研究員

    2010年8月 - 2011年3月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 物理・宇宙専攻 固体物理   准教授

    2006年8月 - 2018年3月

  • 鹿児島大学    

    2006年8月 - 2018年3月

  • カリフォルニア大学サンディエゴ校   Department of Physics and Institute for Pure and Applied Physical Sciences, M. Brian Maple group   研究員

    2005年2月 - 2005年9月

      詳細を見る

    国名:アメリカ合衆国

所属学協会

  • 日本熱電学会

    2013年4月 - 現在

  • 日本物理学会

    1992年10月 - 現在

取得資格

  • 高圧ガス製造保安責任者(化学機械・冷凍機械)

  • 中学校教諭1種免許

  • 高等学校教諭1種免許

  • エックス線作業主任者

 

論文

  • 伊藤昌和 川端訓代 大野裕史 冨山清升 .  「数理・データサイエンス・AI教育プログラム:リテラシーレベル」に対する 鹿児島大学の取り組みについて .  第70回九州地区大学教育研究協議会発表論文集   2023年

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Masakazu Ito, Keita Sakai, Yusuke Imamura, Ryota Kashima .  Thermodynamic and transport properties of thiospinel FeCr2S4 .  JPS Conference Proceedings   2023年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • Ito M., Onda K., Kashima R., Matsuo A., Kindo K. .  Magnetocaloric effect in the Ru-doped MnNiGe system .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials546   2022年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:Journal of Magnetism and Magnetic Materials  

    We investigated the magnetic properties of the Ru-doped MnNiGe system. The temperature dependence of magnetization, M(T), of Mn0.8Ru0.2NiGe shows a step-like anomaly at around Tt= 173 K (heating process) with a hysteresis of 9 K between the cooling and heating processes. The Mn0.8Ru0.2NiGe compound exhibits a first-order martensite structural change coupled with the ferromagnetic (FM) transition, as seen in the MnNiGe–CoNiGe system. Tt increases linearly with increasing the magnetic field B. The T dependence of the isothermal magnetic entropy change, ΔSM(T), peaks at around Tt, with values of −4.7, −15.1, −24.4, and −32.1 J kg−1 K−1 for ΔB=1, 3, 5, and 7 T, respectively. The three refrigerant capacities estimated from the ΔSM(T) curve show a linear dependence on ΔB. The calculated density of states, DOS, of Mn0.75Ru0.25NiGe in the paramagnetic-hexagonal austenite phase shows a peak at the Fermi energy, EF, and the Mn 3d orbitals contribute significantly to this peak. On the other hand, the DOS at the EF for the compound in the ferromagnetic-orthorhombic martensite phase is smaller than that of the compound in the austenite phase. As the total energy of the electron system, Ee, decreases with the structural change, the phase transition of this system at Tt is driven by the band-Jahn–Teller effect, where the Mn 3d orbitals play the main role.

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2021.168767

    Scopus

  • Ito M., Kuwahara S., Taira A., Matsuguma H., Kondo A., Kindo K. .  Ni deficiency effects on martensitic phase transition in Ni<inf>2</inf>MnGa .  Physica B: Condensed Matter611   2021年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:Physica B: Condensed Matter  

    We have investigated the magnetic, thermodynamic, and transport properties of Heusler material Ni2MnGa and the Ni deficiency system of it, Ni1.9MnGa. The temperature, T, dependence of magnetization, M(T), specific heat, CP(T), thermal expansion, ΔL(T)∕L300K, electrical resistivity, ρ(T), thermal conductivity, κ(T), and thermoelectric power, S(T), of Ni2MnGa show the obvious anomaly at the martensitic phase transition temperature TM = 238 K. Meanwhile, for Ni1.9MnGa, the anomalies of them are strongly suppressed. Especially, ΔL(T)∕L300K changes monotonically without showing the anomaly in the whole temperature range. By introducing Ni deficiency to Ni2MnGa, the martensitic phase transition temperature is reduced and the formation of twin variants is strongly suppressed.

    DOI: 10.1016/j.physb.2020.412794

    Scopus

  • Hiroi M., Nishiinoue S., Shigeta I., Ito M., Koyama K., Kondo A., Kindo K., Watanabe I., Fujii M., Kimura S., Manaka H., Terada N. .  High magnetic field properties in Ru2-xFexCrSi with antiferromagnetic and spin-glass states .  Physical Review B103 ( 9 )   2021年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Physical Review B  

    We report experimental studies on Ru2-xFexCrSi focusing on properties related to antiferromagnetism in Ru2CrSi and spin glass (SG) in Ru1.9Fe0.1CrSi. By measuring the temperature dependence of magnetization M(T), specific heat C(T), electrical resistivity ρ(T), and muon spin relaxation (μSR), we observed that Ru2CrSi exhibited an antiferromagnetic (AF) transition at a temperature TN of ∼13 K, and Ru1.9Fe0.1CrSi showed SG properties that could be interpreted as successive SG transitions, where the spin-freezing occurred at temperature Tg, and below that strong irreversibility in M(T) and a gradual peak of M(T) at T∗(>Tg) appeared. When the data for 0≤x≤0.1 were compared, by substituting Fe the AF order was rapidly destroyed and it appeared to change to two anomalies at T∗ and Tg. With increasing x, there was a slight change in Tg from TN for x=0; however, T∗ increased, suggesting that the AF and the SG states are closely related. Furthermore, the results of specific heat, resistivity, and magnetization in high fields were presented and compared. For Ru2CrSi in specific heat under high magnetic fields up to 14 T, the peak shape around TN and the TN value were constant. The resistivity and magnetization in pulsed fields suggested that TN of Ru2CrSi was constant up to over 50 T. These results demonstrated the unusual robustness of the AF transition to magnetic fields. In Ru1.9Fe0.1CrSi, unusual hysteresis in magnetoresistance was observed in static and pulsed magnetic fields, although their appearances differed. These hystereses were considered a manifestation of the curious properties of the SG state with strong irreversibility.

    DOI: 10.1103/PhysRevB.103.094428

    Scopus

  • Masakazu Ito, Yusuke Imamura, Ryota Kashima, Tatsuro Inomoto .  Transport properties of BaCo0.9Ni0.1S1.9 .  JPS Conference Proceedings   2020年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本物理学会  

  • S. Eto, Y. Fukuda, Y. Mitsui, M. Ito, K. Koyama, S. Fujii .  Stable Structure, Magnetic and Electronic Properties of (Mn,Cr)AlGe .  Journal of the Physical Society of Japan.88   0647091 - 0647095   2019年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本物理学会  

  • Masakazu Ito, Keijiro Onda, Atsushi Taira, Kazuki Sonoda, Masahiko Hiroi, and Yoshiya Uwatoko .  Magnetic and thermodynamic properties of Heusler alloys Ni55Mn26Al19 .  AIP Advances8   0557121 - 0557125   2018年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masakazu Ito, Keita kai, Tatsuya Furuta, Hirotaka Manaka, Norio Terada, Masahiko Hiroi, Akihiro Kondo, Koichi Kindo .  Thermodynamic Properties of Heusler Fe2VSi .  AIP Advances8   0557031 - 0557035   2018年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, K. Sonoda, S. Nagata .  Temperature Dependence of Thermodynamic Properties of spinel CuIr2S4 .  Solid State Communications265   23 - 26   2017年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.ssc.2017.07.021

  • M. Ito, A. Taira, K. Sonoda .  Superconducting parameters of spinel CuRh#D2#S#D4# under pressure .  Acta Physica Polonica A131 ( 6 ) 1450 - 1453   2017年6月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Institute of Physics of the Polish Academy of Sciences  

    DOI: 10.12693/APhysPolA.131.1450

  • M. Ito, T. Furuta, K. Kai, A. Taira, K. Onda, I. Shigeta, M. Hiroi .  Thermodynamic Properties of Heusler Fe2−x CoxMnSi .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials428   390 - 393   2017年4月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: DOI: 10.1016/j.jmmm.2016.12.070

  • 伊藤 昌和, 甲斐慶太, 桑原脩人, 松隈秀憲, 末廣渉, 重田出, 廣井政彦 .  液体窒素を使った演示実験の提案 : ピンポン玉の空中浮揚 .  九州地区国立大学教育系・文系研究論文集4 ( 1,2 )   2017年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:国立大学協会九州地区支部会議  

  • M. Hiroi, H. Sano, T. Tazoko, I. Shigeta, M. Ito, K. Koyama, H. Manaka, N. Terada, M. Fujii, A. Kondo, K. Kindo .  Magnetic and electrical properties of Heusler compounds Ru2Cr1-xXxSi (X=V, Ti) .  Journal of Alloys and Compounds694   1376 - 1382   2017年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田野辺浩一,末廣 渉,伊藤 昌和 .  学びの意義や有用性を実感させる理科学習指導の在り方 : 電気の性質を生かした「ものづくり」指導の工夫・改善を通して .  鹿児島大学理学部紀要49   23 - 30   2016年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学理学部  

  • Masakazu Ito, Shuji Ebisu, Shoichi Nagata .  Temperature dependence of thermodynamic and electrical properties of CuIrRhS4 .  JOURNAL OF MAGNETISM AND MAGNETIC MATERIALS 405   287 - 291   2016年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.jmmm.2015.12.097

  • M. Hiroi, T. Higashiuchi, T. Ogawa, I. Shigeta, M. Ito, H. Manaka, and N. TeradaA .  Substitution Effects in the Antiferromagnetic Heusler Compound Ru2CrSi J .  PS Conf. Proc.3,   014024,   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • H. SUWA, S. NISHIINOUE, K. KOSEKI, I. SHIGETA, M. ITO, M. HIROI, H. MANAKA, N. TERADA .  Study on the Half-Heusler Compounds Co1+δTiSb with Excess Cobalt .  JPS Conf. Proc.3   17017   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Iduru Shigeta*, Yuya Nishisako, Shinpei Urakawa, Osamu Murayama, Masakazu Ito, and Masahiko Hiroi .  Fabrication and Measurement of High-Temperature Superconductor YBa2Cu3O7?δ: Activity Report of Science Club .  JPS Conf. Proc. 1   017013-1 - -4   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Toshihiro Yamashita, ShujiEbisu, Shoich Nagata .  Thermodynamic and Electrical Properties of CuCrTiS$_4$ .  Journal of Alloys and Compounds598   133 - 136   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shigeta, I. Maeda, Y. ; Harumori, K. ; Nishisako, Y. ; Ito, M. ; Yamauchi, T. ; Hiroi, M. .  Spin Polarization Measurements of Heusler Alloy Ru0.2Fe1.8CrSi by Andreev Reflection Technique .  Magnetics, IEEE Transactions50   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Naotoshi Kado, Kazuyuki Matsubayashi, YoshiyaUwatoko, Norio Terada, Shuji Ebisu, Shoichi Nagata .  Magnetic properties of Spinel CuCrZrS4 under pressure .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials331   98 - 101   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Daisuke Shimada, Hiroki Orihashi, Daisuke Mitsunaga, Masakazu Ito, Masahiko Hiroi, Keiichi Koyama, Reisho Onodera, Kohki Takahashi, Kazuyuki Matsubayashi, Yoshiya Uwatoko .  Magnetic properties of Mn2Sb1-x Ge x (0.05 ? x ? 0.2) in high magnetic fields .  Journal of the Korean Physical Society63   747 - 750   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masahiko Hiroi, Kaori Uchida, Iduru Shigeta, Masakazu Ito, Keiichi Koyama, Shojiro Kimura, Kazuo Watanabe .  Antiferromagnetic Transition in Ru2CrSi in Magnetic Fields .  Journal of the Korean Physical Society 62   2068 - 2072   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Toru Hisamatsu, Tsugumi Rokkaku, Osamu Murayama, Iduru Shigeta, Masahiko Hiroi .  Thermodynamic and transport properties of Ru2-xFexCrSi (1.3<x<1.8) .  Journal of the Korean Physical Society 62   2063 - 2067   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 西迫 裕也, 大久保 亮成, 春森 浩平, 重田 出, 梅津 理恵, 伊藤 昌和, 小山 佳一, 貝沼 亮介, 廣井 政彦 .  アンドレーエフ反射法によるハーフメタル型ホイスラー合金Co2MnSiのスピン分極率 測定 .  鹿児島大学理学部紀要Reports of the Faculty of Science, Kagoshima University46   1 - 8   2013年

  • M. Ito, T. Ogawa, S. Urakawa, N. Kado, and N. Terada .  Magnetic and Thermodynamic Properties of FeCr2Se4 .  Journal of Physics: Conference Series 400   32029   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • I. Shigeta, S. Urakawa, M. Ito, M. Hiroi .  Magnetization and spin polarization of Co2-xFexMnSi Heusler alloys .  Journal of Physics: Conference Series   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masahiko Hiroi, Iori Yano, Kenta Sezaki, Iduru Shigeta, Masakazu Ito, Hirotaka Manaka and Norio Terada .  Substitution effect on the magnetic transitions of Fe2MnSi .  J. Phys.: Conf. Ser. 400   32021   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masahiko Hiroi, Haku Ko, Shingo Nakashima, Iduru Shigeta, Masakazu Ito, Hirotaka Manaka and Norio Terada .  Spin-glass and antiferromagnetic transitions in Ru2?xFexCrSi .  Journal of Physics: Conference Series 400   32020   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Tatsuya Furuta, Norio Terada, Shuji Ebisu, Shoich Nagata .  Relaxation of Magnetization in Spinel CuCrZrS4 .  Physica B 407   1272 - 1274   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Junji Awaka, Shuj iEbisu, Masakazu Ito, Shoichi Nagata .  Antiferromagnetic phase transition in garnet-type AgCa2Mn2V3O12 and NaPb2Mn2V3O12 .  Journal of Physics and Chemistry of Solids73   471 - 477   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, T. Hisamatsu, S. Nakashima, I. Shigeta, K. Matsubayashi, Y.Uwatoko, and M. Hiroi. .  Transport Properties of Heusler Compound Ru2-xFexCrSi under Pressure .  Journal of Physics: Conference Series266   12011 - 12014   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Hiroi, S. Nakashima, K. Nakao, T. Rokkaku, M. Ito, I. Shigeta, H.Manaka, N. Terada .  Magnetic Properties of Ru-rich Ru2-xFexCrZ (Z= Si,Ge) ” Journal of Superconductivity and Novel Magnetism .  Journal of Superconductivity and Novel Magnetism24   753 - 756   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • I. Shigeta, O. Murayama, T. Hisamatsu, M. Ito, M. Hiroi .  Spin Polarizationof Fe-Rich Ferromagnetic Compounds in Ru2-xFexCrSi Heusler Alloys .  Journal of Physics and Chemistry in Solids72   604 - 607   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, Y. Nagi, N. Kado, S. Urakawa, T. Ogawa, A. Kondo,K. Koyama, K. Watanabe, K. Kindo .  Magnetic properties of spinel FeCr2S4 in high magnetic field .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials323   3290 - 3293   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. MANAKA, T. ETOH, Y. HONDA, N. IWASHITA, K. OGATA, N. TERADA,T. HISAMATSU, M. ITO, Y. NARUMI1, A. KONDO, K. KINDO, and Y. MIURA .  Effects of Geometrical Spin Frustration on Triangular Spin TubesFormed in CsCrF4 and α-KCrF4 .  Journal of the Physical Society of Japan80   084714-1 - 084714-11   2011年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Yamanoue, Robert J. Fouser, Tomohito Wada, Masayasu Hidaka, Yusei Suzuki, Masaharu Terada, Akira Takenoshita, Yutoku Beppu, Yoko Nedachi, Koji Yukawa, Holmes Rodriguez, Katsuyuki Suenaga, Yuichi Yamanaka, Toshihiko Okamura, Anne Elizabeth Brasier, Hiroyuki Seto, Kazuhide Dogome, Takeshi Yamada, Noritaka Oto, Masakazu Ito, Munetomo Nedachi .  Information and Communication Technology Infrastructure and Management for Collaboration with Regional Universities and Colleges .  SIGUCCS '11 Proceedings of the 39th ACM annual conference on SIGUCCS, 2011   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, T. Hisamatsu, T. Rokkaku, I. Shigeta, H. Manaka, N. Terada, and M.Hiroi .  Low-temperature magnetic properties of Heusler compoundsRu2-xFexCrSi (x=0.1, 0.3, and 0.5) .  Phys. Rev. B82   244061   2010年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iduru Shigeta, Masakazu Ito .  Advanced experiments of high-temperature superconductors for undergraduate students .  Proceedings of the 4th International Symposium on Advances in Technology Education   1C6(1) - -7   2010年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • H. Manaka, Y. Hirai, Y. Hachigo, M. Mitsunaga, M. Ito and N. Terada .  Spin-Liquid State Study of Equilateral Triangle S =3/2 Spin TubesFormed in CsCrF4 .  J. Phys. Soc. Jpn78   937011   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Hiroi, T. Rokkaku, K. Matsuda, T. Hisamatsu, I. Shigeta, M. Ito, T. Sakon, K. Koyama, K. Watanabe, S. Nakamura, T. Nojima, T. Nakano, L. Chen, T. Fujiwara, Y. Uwatoko, H. Manaka, and N. Terada .  Ferromagnetism and spin-glass transitions in the Heusler compounds Ru2-xFexCrSi .  Phys. Rev. B79   224423   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Y. Kondo, I Yano, I Shigeta, M Ito, M Hiroi, H. Manaka and N. Terada .  Magnetic properties of the Heusler alloys Fe2-xCoxMnSi .  Journal of Physics: Conference Series150   42099   2009年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, K. Asada, Y. Nakamori, H. Fujii, T. Suzuki .  Specific heat of CeMg2(Cu1_xNix)9 with two-dimensional Ce atoms alignment .  Physica B: Physics of Condensed Matter・ELSEVIER403   815 - 817   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • A. Irizawa, M. Kobayashi, K. Satoh, T. Nanba, L. Chen, T. Matsumoto, M. Matsunami, M. Ito, T. Suzuki, and S. Nagata .  Study on Cross-over Change from Metal to Insulator in the Electronic States of Copper-spinel Compounds under High Pressure .  J. Phys. Soc. Jpn. 76   13 - 14   2007年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, H. Yamamoto, S. Nagata and T. Suzuki .  硫化スピネルCuCrZrS4の磁気的電気的特性(Magnetic and thermodynamic properties of the thiospinel compound CuCrZrS4) .  Physical Review B(Physical Review B)・American Physical Society74 ( ※ ) 214412-1 - 214412-5   2006年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takeshi Suzuyama, Junji Awaka, Hiroki Yamamoto, Shuji Ebisu, Masakazu Ito, Takashi Suzuki, Takao Nakama, Katsuma Yagasaki and Shoichi Nagata .  スピネル化合物CuCr2Te4の強磁性転移(Ferromagnetic-phase transition in the spinel-type CuCr2Te4) .  Journal of Solid State Chemistry( Journal of Solid State Chemistry)・ELSEVIER179 ( ※ ) 140 - 144   2006年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, K. Ishii, F. Nakamura and T. Suzuki. .  スピネル化合物CuRh2S4の圧力下磁化(Magnetization of Spinel Compound CuRh2S4 Under Pressure.) .  AIP Conference Proceedings(AIP Conference Proceedings)・The American Institute of Physics850, ( ※ ) 627 - 628   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito , H. Yamamoto, S. Nagata and T. Suzuki .  CuCrZrS4の比熱(Specific heat of CuCrZrS4) .  Physica B.(Physica B.)・ELSEVIER383 ( ※ ) 22 - 23   2006年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • J. Awaga, M. Ito, T. Suzuki and S. Nagata. .  ガーネット型化合物AgCa2Co2V3O12 と AgCa2Ni2V3O12の反強磁性転移(Antiferromagnetic phase transition in garnet-type AgCa2Co2V3O12 and AgCa2Ni2V3O12.) .  Journal of Physics and Chemistry of Solids( Journal of Physics and Chemistry of Solids)・ Physical Society of Japan66 ( ※ ) 851 - 860   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, H. Kurisaki, F. Nakamura, T. Fujita, T. Suzuki, J. Hori, H. Okada, H. Fujii. .  カルコゲナイドスピネル超伝導体 CuRh2S4の圧力下における電気伝導(Transport Properties of the chalcogenide spinel superconductor CuRh2S4 under pressure.) .  Journal of Applied Physics.(Journal of Applied Physics.)97 ( ※ ) 10B112-1 - 10B112-3   2005年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, K. Ishii, F. Nakamura, T. Suzuki. .  カルコゲナイドスピネルCuRh2Se4の圧力下における電気伝導(Transport Properties of chalcogenide spinel compound CuRh2Se4 under pressure.) .  Physica B.(Physica B.)・ELSEVIER359-361 ( ※ ) 1198 - 1200   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, K. Asada, Y. Nakamori, H. Fujii, F. Nakamura, T. Fujita, T. Suzuki. .  圧力下におけるCeMg2Cu9の磁気的電気的性質(Thermodynamic and Transport Properties of CeMg2Cu9 under Pressure.) .  Journal of The Physical Society of Japan( Journal of The Physical Society of Japan)・ Physical Society of Japan73 ( ※ ) 2252 - 2256   2004年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Muro, T. Nakagawa, K. Umeo, M. Ito, T. Suzuki, T. Takabatake. .  YbGaGeの二価状態(Divalent state in YbGaGe: Magnetic, Thermal, Transport and Structural Studies.) .  Journal of The Physical Society of Japan( Journal of The Physical Society of Japan)・ Physical Society of Japan73 ( ※ ) 61453 - 1456   2004年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, S. Sakamoto, K. Asada, T. Fujita, K. Kojima, K. Hiraoka, T. Suzuki .  価数揺動物質YbInCu4の圧力下比熱測定(Specific heat of mixed valence system YbInCu4 under pressure.) .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials( Journal of Magnetism and Magnetic Materials)・ELSEVIER272-276 ( ※ ) E37 - E38   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, T. Asano, T. Kawae, Y. Ajiro, K. Takeda. .  三角格子反強磁性体CsNiCl3における圧力による中間相の安定化(Pressure-induced stabilization of an intermediate phase in the triangular lattice antiferromagnet CsNiCl3.) .  Journal of Physics(Journal of Physics)・IOP15 ( ※ ) L681 - L686   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, J. Hori, H. Kurisaki, H. Okada, A. J. Perez Kuroki, N. Ogita, M. Udagawa, H. Fujii, F. Nakamura, T. Fujita, T. Suzuki. .  スピネル化合物CuRh2S4における圧力誘起超伝導絶縁体転移(Pressure-Induced Superconductor-Insulator Transition in the Spinel Compound CuRh2S4.) .  Physical Review Letters( Physical Review Letters)・American Physical Society91 ( ※ ) 077001(1) - 077001(4)   2003年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Nakamori, H. Fujii, T. Tsutaoka, T. Tokunaga, M. Ito, T. Suzuki and T. Fujita. .  Y7Rh3と La7Rh3の伝導性の相違.(Difference in the transport properties between Y7Rh3 and La7Rh3.) .  Physica B(Physica B)・ELSEVIER329-333 ( ※ ) 1087 - 1089   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • F. Nakamura, Y. Senoo, T. Goko, M. Ito, T. Suzuki, S. Nakatsuji, H. Fukazawa, Y. Maeno, P. Alireza and S. R. Julian. .  モット絶縁体Ca2RuO4における圧力誘起強磁性金属転移(Pressure-induced ferromagnetic metal for a Mott insulator Ca2RuO4.) .  Physica B(Physica B)・ELSEVIER329-333 ( ※ ) 803 - 804   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Ito, K. Asada, Y. Nakamori, H. Fujii, T. Fujita, T. Suzuki. .  二次元的Ce配列を持つCeMg2Cu9 の比熱(Specific heat of CeMg2Cu9 with a two-dimensional Ce arrangement.) .  Physica B( Physica B)・ELSEVIER329-333 ( ※ ) 482 - 483   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • F. Nakamura, T. Goko, M. Ito, T. Fujita, Y. maeno, P. Alireza, D. Forsythe, S. R. Jurian .  モット絶縁体から,強磁性金属へ.Ca2RuO4の圧力下物性(From Mott insulator to ferromagnetic metal: A pressure study of Ca2RuO4) .  Physical Review B(Physical Review B)・American Physical Society65 ( ※ ) 220402-1 - 220402-4   2002年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Nakamori, M. Ito, H. Fukuda, T. Suzuki, H. Fujii, T. Fujita, Y. Kitano. .  Ce二次元配列を持つCeMg2T9の異常な物性(Novel physical properties in CeMg2T9 (T=Ni, Cu) with two-dimensional alignment of Ce atoms.) .  Physica B( Physica B)・ELSEVIER312-313 ( ※ ) 235 - 236   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • O. Ivanov, T. Suzuki, N. Kikugawa, K. Yamane, M. Ito, A. Tamaki, T. Fujita. .  Nd1.85Ce0.15CuO4単結晶の弾性率における結晶場効果(Crystal electric field effect on elasticity of Nd1.85Ce0.15CuO4 single crystal.) .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials(Journal of Magnetism and Magnetic Materials)・ELSEVIER226-230 ( ※ ) 976 - 977   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Prokes, N. V. Mushnikov, T. Goto, T. Tahara, M. Ito, T. Goko, F. Nakamura, T. Fujita, F. Honda and G. Oomi. .  "Pressure-induced antiferromagnetism in UPt" .  Physical Review B62   11527   2000年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T, Fujita, N. Kikugawa, M. Ito, K. Yamane and Y. Matsumoto. .  "Transport properties of Nd2-yCeyCuO4-δ with y ~0.14" .  physica C 341-348   1937-1938.   2000年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Kawae, M. Ito, M. Mito and K. Takeda. .  "S=1 Excitations in Heat Capacity of the Haldane Compound TMNIN Doped with Nonmagnetic Impurity" .  Journal of Physical Society of Japan 68   740-743.   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Suzuki , Y. Matsumoto, F. Masaki, K. Izawa, M. Ito,K. Katoh, T. Takabatake and T. Fujita. .  "SpeciTc heat of YbPtSn" .  Physica B 259-261   146-147.   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • F. Iga, S. Hiura, J. Klijn, N. Shimizu, T. Takabatake, M. Ito, Y. Matsumoto, F. Masaki, T. Suzuki and T. Fujita. .  "Kondo-semiconductor to Kondo-impurity transition in the heat capacity of Yb1-xLuxB12" .  Physica B 259-261   312-314.   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Hideto Yamashita, Ttsuya Kawae and Kazuyoshi Takeda. .  "Pressure Effects on Heat Capacity of the Haldane System NENP" .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials177-181   673-674.   1998年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Kawae, M. Ito, M. Mito,M.Hitaka and K. Takeda. .  "Magnetic Properties of an S=1 Heisenberg Antiferromagnet TMNIN with Bond Impurity" .  Journal of Physical Society of Japan66   1892 - 1895   1997年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Takeda, M. Mito, M. Ito, T. Kawae, M. Hitaka, M. Matsubara ,and K. Mukai. .  "Pressure Effects on Intermolecular Interactions in Genuine Organic Radical Crystals" .  Mol. Cryst. Liq. Cryst 306   177-184.   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Masakazu Ito, Hideto Yamashita, Ttsuya Kawae and Kazuyoshi Takeda. .  "Pressure effect on the Haldane gap system NENP" .  Journal of The Physical Society of Japan66   1265 - 1267   1997年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M.Ito, M. Mito,T. Kawae, M. Hitaka and K. Takeda .  "Doping Effect of Non-magnetic and Magnetic Impurities on Magnetic Susceptibility of the Haldane System (CH3)4NNi(NO2)3" .  Journal of The Physical Society of Japan65   2610   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Kawae, M. Ito, M. Mito, M. Hitaka and K. Takeda. .  "Magnetic Properties of Haldane System TMNIN of Finite Chain Length" .  Czechoslovak Journal of Physics 46S4   1935   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Mito, T. Nakano, MIto, M. Hitaka, T. Kawae, K. Konishi, K. Mukai and K. Takeda. .  "Pressure Induced Enhancement of Ordering Temperature of a Ferromagnetic Organic Radical Crystal:p-CDTV" .  Czechoslovak Journal of Physics46S4   2107   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Aikawa, S. Takaki, M. Ito, K. Takeda and H. Deguchi. .  "Quantum-Classical Crossover of Edge Moments in the Diluted Haldane System (CH3)4NNi1-xZnx(NO2)3" .  Journal of The Physical Society of Japan65   2786   1996年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 池田 晃裕, 梅木 弘人, 伊藤 昌和, 黒木 幸令 .  水素プラズマ処理した薄いシリコン熱酸化膜の電気的特性 .  九州大学ベンチャービジネスラボラトリー年報   15   1996年

  • 池田 晃裕, 梅木 弘人, 伊藤 昌和, 黒木 幸令 .  整数のスピン量子数(S=1)をもつ一次元ハイゼンベルグ反強磁性体物質NENPにおける圧力効果 .  九州大学ベンチャービジネスラボラトリー年報   82 - 86   1996年

  • H. Deguchi, S. Takaki, M. Ito and K. Takeda. .  "Observation of Edge Moment S=1/2 in the Diluted Haldane System (CH3)4NNi1-xZnx(NO2)3" .  Journal of The Physical Society of Japan64   22   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Mito, M. Ito, T. Kawae, M. Hitaka, H. Deguchi, S. Takaki and K. Takeda. .  "Thermodynamic Properties of the One-Dimensional Ising System (CH3)4NCo(NO2)3, the Iso-Structural Compound with the Haldane System, TMNIN" .  Journal of The Physical Society of Japan64   4402   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Takeda, M. Mito, M. Ito, T. Kawae, H. Deguchi and S. Takaki. .  "Thermodynamic properties of the Haldane and non-Haldane system with the iso-structural compounds (CH3)4NM(NO2)3, M=Ni Co" .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials 140-144   1661   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • 伊藤昌和, 美藤正樹, 河江達也, 竹田和義 .  半整数及び整数の量子数をもつ一次元反強磁性ハイゼンベルグ系の低温励起 .  九州大学工学集報67   477 - -485   1994年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • M. Ito, M. Mito, H. Deguchi and K. Takeda. .  "The Numerical Comparison of Magnetic Susceptibility and Heat Capacity of TMNIN with the Result of a Quantum Monte Carlo Method for the Haldane System" .  Journal of The Physical Society of Japan 63   1123   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Kobayashi, A. Shoda,Y. Tabuchi, K. Amaya,R. Yoshida, H. Deguchi, M. Ito, K. Takeda, T. Asano, Y. Ajiro and M. Mekata. .  "Heat capacities in Haldane-Gap antiferromagnet NENP and TMNIN under magnetic field" .  Physica B 194-196   1259   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • T. Kobayashi, A. Shoda, K. Amaya, M. Ito, H. Deguchi, K. Takeda, T. Asano, Y. Ajiro and M. Mekata. .  "Low temperature Thermal and Magnetic Properties of Haldane-Gap Antiferromagnet TMNIN" .  Journal of The Physical Society of Japan 63   1961   1994年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Ito, H. Deguchi, K. Takeda and Y. Hashimoto .  "Magnetic Phase Diagram of DyNi2Si2 with Two-Dimensionally Modulated Spin Structures" .  Journal of The Physical Society of Japan62   3019   1993年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • N. Iwata, M. Ito, T. Kishino, H. Fujii, T. Shigeoka, K. Sugiyama and M. Date. .  Model for the magnetic transition in UPdIn .  Journal of Magnetism and Magnetic Materials. 104-107   27   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • H. Deguchi, M. Ito and K. Takeda. .  Thermal Excitation in the Haldane-Gap System (CH3)4NNi(NO2)3 .  Journal of The Physical Society of Japan.61   3470   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • ヘリウム液化装置

    廣井 政彦,小山 佳一,伊藤 昌和,重田 出

    鹿児島大学理学部紀要Reports of the Faculty of Science, Kagoshima University   44   27 - 32   2011年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 簡易型トランスファーチューブの製作

    伊藤昌和, 長崎太, 斉藤厚基

    広島大学低温センターだより   23 - 25   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)  

講演・口頭発表等

  • 伊藤昌和,恩田圭二朗 ,坂井奎太,松尾晶,金道浩一 .  Ru ドープ MnNiGe 系の磁気熱量効果 .  ⽇本物理学会 2022年秋季⼤会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京工業大学  

  • 伊藤昌和 川端訓代 大野裕史 冨山清升 .  「数理・データサイエンス・AI教育プログラム:リテラシーレベル」に対する鹿児島大学の取り組みについて .  第70回九州地区大学教育研究協議会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

  • Masakazu Ito, Keita Sakai, Yusuke Imamura, Ryota Kashima .  Thermodynamic and transport properties of thiospinel FeCr2S4 .  the 29th International Conference on Low Temperature Physics (LT29)   2022年8月  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

  • 伊藤昌和, 恩田圭二朗, 坂井奎太, 松尾晶, 金道浩一 .  MnNiGe-CoNiGe系化合物の強磁場磁化過程 .  日本物理学会 第77回年次大会  2022年3月  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月 - 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 坂井奎太, 井元達郎, 伊藤昌和 .  硫化スピネル FexCu1−xCr2S4の熱物性 .  第127回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 伊藤昌和, 今村有助, 鹿島頌太, 坂井奎太 .  スピネルCu(Cr1-xTix)2S4の熱物性 .  日本物理学会2021年秋季大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 坂井奎太, 今村有助, 鹿島頌太, 伊藤昌和 .  硫化スピネル Cu(Ir1−xRhx)2S4 の 熱輸送特性と無次元性能指数 .  第18回 日本熱電学会学術講演会  日本熱電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 伊藤昌和, 松隈秀憲, 坂井奎太 .  ホイスラー化合物 Fe2−xCo1+xGa の熱輸送特性 .  第18回 日本熱電学会学術講演会  日本熱電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 伊藤昌和, 鹿島頌太, 今村有助, 井元達郎 .  カルコゲナイドスピネル Cu(Ir1-xRhx)2S4の構造相転移と熱伝導 .  日本物理学会 第76回年次大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 鹿島頌太, 今村有助, 坂井奎太, 永田正一,伊藤昌和 .  Cu(Ir1-xRhx)2S4 系における金属-絶縁体転移の消失 .  第126回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今村有助, 鹿島頌太, 坂井奎太, 永田正一, 伊藤昌和 .  スピングラスを持つCu(Cr1-xTix)2S4 の熱輸送特性 .  第126回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 伊藤 昌和,今村 有助,鹿島 頌太 .  Ni2MnGa の熱電特性にお ける Ni 欠損効果 .  第17回 日本熱電学会学術講演会  日本熱電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン講演会  

  • 伊藤昌和,鹿島頌太,今村有助,井元達郎, 永田正一 .  カルコゲナイドスピネル Cu(Ir1-xRhx)2S4の熱輸送特性 .  日本物理学会 第75回年次大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学東山キャンパス  

  • 白濱透, 恩田圭二朗, 増満勇人, 小山圭一, 藤井伸平, 三井好古, 伊藤昌和 .  CrAlGe の輸送特性 .  第125回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 今村有助, 鹿島頌太, 伊藤昌和 .  CuCr2Te4 の輸送特性 .  第125回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 鹿島頌太 , 今村有助 , 伊藤昌和 .  CuIrRhS の輸送特性 .  第125回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Masakazu Ito, Yusuke Imamura,Ryota Kashima, Tatsuro Inomoto .  Transport properties of BaCo1-xNixS2-y .  The International Conference on Strongly Correlated Electron 2019  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Okayama, Japan  

  • 伊藤昌和, 今村有助,鹿島頌太, 井元達郎 .  BaCo0.9Ni0.1S1.9の輸送特性 .  第16回 日本熱電学会学術講演会  日本熱電学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋工業大学  

  • 伊藤昌和, 恩田圭二朗, 廣井政彦, 近藤晃弘, 金道浩一 .  Mn1-xCoxNiGeの磁場中物性 .  日本物理学会第73回年次大会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 恩田圭二朗, 佐藤佑汰, 廣井政彦 , 真中浩貴, 寺田教男, 近藤晃弘, 金道浩一 , 伊藤昌和 .  MnNiGe-CoNiGe 系の輸送特性 .  第124回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 白濱透, 恩田圭二朗, 増満勇人, 三井好古, 小山佳一,藤井伸平, 伊藤昌和 .  CrAlGe の磁性と熱物性 .  第124回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分大学  

  • 伊藤昌和, 園田一貴, 永田正一 .  スピネルCuIr2S4の輸送特性 .  日本物理学会2018年秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:同志社大学  

  • 伊藤昌和, 恩田圭二朗, 廣井政彦, 近藤晃弘, 金道浩一 .  Mn1-xCoxNiGeの磁場中物性 .  日本物理学会第73回年次大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京理科大  

  • 恩田圭二朗, 甲斐友也, 廣井政彦 , 真中浩貴, 寺田教男, 近藤晃弘, 金道浩一 , 伊藤昌和 .  MnNiGe-CoNiGe 系の磁気・熱物性 .  第123回日本物理学会九州支部例会  日本物理学会九州支部

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • M. Ito, K. Kai, T. Furuta, T. Yamashita, I. Shigeta, N. Terada, and M. Hiroi .  Structural and magnetic transition of Heusler compound Fe2VSi .  62nd Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  IEEE国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Pittsburgh, U.S.A  

  • K. Onda, M. Ito, A. Taira, K. Sonoda, Y. Uwatoko and M. Hiroi .  Magnetic And Thermodynamic Properties Of Heusler Alloys Ni55Mn26Al19 .  62nd Annual Conference on Magnetism and Magnetic Materials  IEEE国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Pittsburgh, U.S.A  

  • 伊藤昌和, 園田一貴, 上床美也, 真中浩貴, 寺田教男, 廣井政彦 .  ホイスラー化合物 Fe2-xNixAl の磁気・熱・輸送特性 .  日本物理学会秋季大会  日本物理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岩手大学  

  • 伊藤昌和, 松隈秀憲, 上床義也, 重田出, 真中浩貴, 寺田教男, 廣井政彦 .  ホイスラー化合物 Fe2-xCoxGa の磁気・熱・輸送特性 .  日本物理学会第72回年次大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

▼全件表示

受賞

  • 日本物理学会英文誌(JPSJ)注目論文

    2009年9月   日本物理学会 欧文誌   Spin-Liquid State Study of Equilateral Triangle S=3/2 Spin Tubes Formed in CsCrF4

     H. Manaka, Y. Hirai, Y. Hachigo, M. Mitsunaga, M. Ito and N. Terada.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 日本物理学会英文誌(JPSJ)注目論文

    2004年6月   日本物理学会 欧文誌   Divalent State in YbGaGe: Magnetic, Thermal, Transport and Structural Studies

    Y. Muro, T. Nakagawa, K. Umeo, M. Ito, T. Suzuki, T. Takabatake

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 構造相転移を持つスピネル化物を用いた熱整流素子の創生

    2017年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 低対称機能性物質の探索と機能特性の評価

    2017年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 磁場中状態図と強磁場反応促進効果を利用した強磁性磁材料の創出

    2016年4月 - 2020年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • スピングラス系物質における低温磁気比熱の温度依存性

    2011年4月 - 2015年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 機能性発現を目指した磁性金属合金の強磁場中状態図

    2010年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • ルテニウム2次元酸化物に圧力・磁場で誘起される新奇な量子状態

    2006年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

  • カルコゲナイドスピネルの圧力誘起絶縁体超伝導体転移機構の解明と新機能創成

    2005年4月 - 2008年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • カルコゲナイドスピネル化合物における圧力誘起超伝導-絶縁体転移の機構解明”

    2004年4月 - 2006年3月

    科学研究費補助金  若手研究(B)

  • 広島大学先端研プロジェクト

    2003年4月 - 2004年3月

    学内経費  学内共同研究 

    伊藤昌和

      詳細を見る

    スピネル硫化物超伝導体CuRh2S4における圧力誘起超伝導絶縁体転移の機構解明

  • 2次元強相関酸化物における圧力誘起強磁性・超伝導相の探索

    2002年4月 - 2003年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

  • 異方性を持つ圧力実験方法の確立と圧力誘起磁性・超伝導相の探索

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 銅酸化物における超伝導―絶縁体転移

    2001年4月 - 2004年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 電子ドープ系銅酸化物超伝導体の熱力学的特性

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  奨励A

  • 超高圧中における量子弾性測定法の開発

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  挑戦的萌芽研究

  • 低ドープ領域銅酸化物における実空間秩序と運動量空間秩序の競合

    2000年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  特定領域研究

  • 強相関少数キャリア系の多重極限物性

    1999年4月 - 2002年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

  • 複合極端条件を用いた強相関電子系化合物の物性研究

    1998年4月 - 2001年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(A)

  • スピンラダー系超伝導体におけるスピンギャップの圧力効果

    1998年4月 - 2000年3月

    科学研究費補助金  奨励A

▼全件表示

その他研究活動

  • 編集委員

    2018年8月
    -
    現在

  • 編集委員

    2014年6月
    -
    現在

  • 編集委員

    2007年9月
    -
    2014年5月

 

担当経験のある授業科目

  • 地域キャリア修了演習

    2022年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 物質基礎科学特別講義A

    2021年8月
    機関名:広島大学

  • 5研究科共同セミナー

    2021年8月
    機関名:広島大学

  • 物理学概説II

    2021年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 物理学実験I

    2021年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 地域キャリア・インターンシップ

    2021年
    機関名:鹿児島大学

  • 研究倫理(物理・宇宙)

    2021年
    機関名:鹿児島大学

  • 社会人基礎力演習

    2020年
    機関名:鹿児島大学

  • 基礎物理学実験

    2019年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 初年次セミナーI

    2018年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 基礎物理学入門

    2018年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 大学と地域

    2018年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 初年次セミナーII

    2018年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • かごしまフィールドスクール

    2018年
    -
    2020年
    機関名:鹿児島大学

  • かごしま教養プログラム

    2018年
    -
    2020年
    機関名:鹿児島大学

  • 電磁気学Ⅱ

    2016年
    -
    2019年
    機関名:鹿児島大学

  • 学問のすすめ

    2008年
    -
    2009年
    機関名:鹿児島大学

  • 磁性物理学特論

    2007年
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

  • 固体物理I

    2007年
    -
    2016年
    機関名:鹿児島大学

  • 極限環境物理学特論

    2007年
    -
    2008年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理科学汎論

    2007年
    -
    2008年
    機関名:鹿児島大学

  • 物性実験

    2006年
    -
    2019年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理計測実験

    2006年
    -
    2019年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理科学の世界

    2006年
    -
    2018年
    機関名:鹿児島大学

  • コンピュータ計測実験

    2006年
    -
    2018年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理学基礎AI

    2006年
    -
    2010年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理学基礎AII

    2006年
    -
    2010年
    機関名:鹿児島大学

  • 物理学セミナーA(学部1年生 専門書輪講)

    機関名:広島大学

  • 物理学実験

    機関名:広島大学

  • 物理科学セミナーC(電磁気学演習)

    機関名:広島大学

  • 力学演習

    機関名:広島大学

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2019年7月 - 現在   スーパーサイエンスハイスクール(SSH)アドバイザー

  • 2017年11月   「女子中高生のための鹿大科学体験塾」~理系女子(リケジョ)ってカッコイイ!~

  • 2016年11月   鹿児島大学  「女子中高生のための鹿大科学体験塾」~理系女子(リケジョ)ってカッコイイ!~   情“熱”をエネルギーに!

 

社会貢献活動

  • 科学の祭典 inかのや 2022

    役割:講師, 企画, 実演

    2022年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2021年11月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2020年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

  • 科学の祭典 inかのや 2019

    役割:講師, 企画, 実演

    2019年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

  • スーパーサイエンスハイスクール(SSH)アドバイザー

    鹿児島県立鹿児島中央高等学校  2019年

  • 高校生対象 プレゼンテーション講習会

    役割:助言・指導

    2018年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島県高等学校生徒理科研究発表会物理部門審査員

    役割:助言・指導

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 科学の祭典 inかのや 2018

    役割:講師, 企画, 実演

    2018年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2018年6月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 高等学校理科実験・実習講座. 題目:「温度と圧力をイメージする!」

    役割:講師

    鹿児島県総合教育センター  2018年6月

     詳細を見る

    高等学校理科実験助手向け.
    温度と圧力をテーマにした講義・実験を行った.

  • 高校生対象 プレゼンテーション講習会

    役割:助言・指導

    2017年12月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島大学  「女子中高生のための鹿大科学体験塾」~理系女子(リケジョ)ってカッコイイ!~   情“熱”をエネルギーに!

    役割:講師

    2017年11月

  • 科学の祭典 inかのや 2017

    役割:講師, 助言・指導, 企画, 実演

    2017年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

  • 鹿児島大学  「女子中高生のための鹿大科学体験塾」~理系女子(リケジョ)ってカッコイイ!~   情“熱”をエネルギーに!

    役割:講師

    2016年11月

  • 霧島市立日当山小学校土曜授業サポート

    役割:講師, 助言・指導

    2016年11月

     詳細を見る

    対象: 小学生

  • 科学の祭典 inかのや 2016

    役割:講師, 企画, 実演

    2016年11月

     詳細を見る

    対象: 幼稚園以下, 小学生, 中学生, 高校生, 保護者, 社会人・一般

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2016年6月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 高校生対象 プレゼンテーション講習会

    役割:助言・指導

    2016年1月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 霧島市立日当山小学校 土曜授業サポート

    役割:講師

    2015年12月

  • 鹿児島県高等学校生徒理科研究発表会物理部門審査員

    役割:助言・指導

    2015年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2015年6月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

  • 鹿児島県高等学校生徒理科研究発表会物理部門審査員

    役割:助言・指導

    2014年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島県立伊集院高校出張授業

    役割:講師

    2014年10月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島県教員免許状更新講習

    役割:講師

    2014年10月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

  • 鹿児島県立鹿児島中央高等学校出張授業

    役割:講師

    2014年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2014年5月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 鹿児島県高等学校生徒理科研究発表会物理部門審査員

    役割:助言・指導

    2013年11月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2013年5月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2012年5月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2011年5月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 鹿児島大学理数系教員養成拠点構築プログラム-物理Ⅴ エネルギーと科学技術分野

    役割:講師

    2010年5月

     詳細を見る

    対象: 大学院生, 教育関係者

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2009年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

  • 宮崎県立高鍋高等学校出張授業

    役割:講師

    2009年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 鹿児島県教員免許状更新講習:物理分野

    役割:講師

    鹿児島大学  2008年8月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    種別:その他

▼全件表示