2024/02/27 更新

写真a

タマツ ユウイチ
田松 裕一
TAMATSU Yuichi
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1994年1月   東京歯科大学 )

研究キーワード

  • マイクロCT

  • 骨形態計測

  • 生体力学

  • 肉眼解剖学

  • 肉眼解剖学

  • 生体力学

  • Macro Anatomy

  • Biomechanics

研究分野

  • ライフサイエンス / 生体材料学

  • ライフサイエンス / 解剖学

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 常態系口腔科学

学歴

  • 東京歯科大学   大学院歯学研究科

    1989年4月 - 1994年1月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 岡山大学   歯学部

    1983年4月 - 1989年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   教授   博士(歯学)

    2016年3月 - 現在

      詳細を見る

    国名:日本国

  • 鹿児島大学   大学院医歯学総合研究科   教授

    2016年3月 - 現在

  • 鹿児島大学   医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 神経病学講座   准教授

    2003年4月 - 2016年2月

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 人体構造解剖学    

    1999年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本骨形態計測学会

    1995年7月 - 現在

  • 顎顔面バイオメカニクス学会

    1993年10月 - 現在

  • 歯科基礎医学会

    1989年4月 - 現在

  • 日本解剖学会

    1989年4月 - 現在

  • 顎顔面バイオメカニクス学会

  • 日本解剖学会

  • 日本骨形態計測学会

  • 歯科基礎医学会

  • 国際歯科研究学会(International Association for Dental Research)

▼全件表示

留学歴

  • 2001年9月 - 2002年9月   ルイジアナ州立大学   客員研究員

 

論文

  • Nitanda Atsuharu, Iwawaki Atsushi, Otaka Yusei, Tamatsu Yuichi, Ishii Takeru, Ochiai Akihiro, Otomo Yuko, Kito Shinji, Saka Hideki .  Fundamental research for dose control during supine dental panoramic radiography(タイトル和訳中) .  Journal of Oral Biosciences65 ( 4 ) 365 - 370   2023年12月国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(一社)歯科基礎医学会  

  • Nitanda A, Iwawaki A, Otaka Y, Tamatsu Y, Ishii T, Ochiai A, Otomo Y, Kito S, Saka H .  Fundamental research for dose control during supine dental panoramic radiography. .  Journal of oral biosciences65 ( 4 ) 365 - 370   2023年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:Journal of Oral Biosciences  

    Objective: This study aimed to control radiation doses when using a portable supine dental panoramic radiography system by measured the scattered doses. Method: The study used LPX7007 (Asahi Roentgen) for the panoramic radiography system. The subjects comprised a cylinder phantom (QualitA) and a RANDO Phantom (Alderson). The semiconductor dosimeter was an X2 survey sensor (RaySafe). The phantom was set at a height of 1 m from the floor, and the sensor was set at 1 m from the floor at the genital level and 1.5 m at the lens level. Measurements were taken at 30°intervals clockwise from 0°at distances of 0.5 m and 1 m in radius around the phantom. The occupational exposure range was defined as 0 ± 30° and the public exposure range was defined as the occupational exposure range and 30° to 150° and 210° to 330° as the public exposure range. Result: The highest doses were observed in the 120° and 240° directions, and the lowest in 0° ± 30° range. The lowest limit number of images taken in the occupational exposure range was 130 images at a distance of 0.5 m, 452 images at 1 m at the lens level for the cylinder phantom, and 320 images at 0.5 m and 1098 images at 1 m for the RANDO Phantom. In the public exposure range at the genital level, there was one image at 0.5 m and six images at 1 m for the cylinder phantom, and two images at 0.5 m and eight images at 1 m for the RANDO Phantom. Conclusion: We found that radiation exposure can be reduced by keeping a distance from the subject, avoiding working at 120° and 240° and staying within 0° ± 30° behind the panoramic radiography system.

    DOI: 10.1016/j.job.2023.09.003

    Scopus

    PubMed

  • Indo Hiroko, Ito Hiromu, Koriyama Chihaya, Majima Hideyuki J., Shimada Kazuyuki, Tamatsu Yuichi .  死後CT画像解析による胎児乳歯の発達(Deciduous teeth development in fetuses using postmortem computed tomography image analysis) .  Legal Medicine54   1 - 6   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    胎齢の推定法を確立するため、死後CT画像解析から胎児の乳歯歯胚、下顎皮質骨と鎖骨の石灰化速度を計測した。なお、本報では医学教育のため献体された胎児25体(男児13体、女児12体、死亡時胎齢13~33週齢)を用いて、関心領域の円周領域内CT値はソフトウェアで自動計算し、石灰化速度は単回帰分析から求めた。その結果、CT画像から、胎齢19週齢以上の胎児乳歯歯胚の石灰化が検出され、下顎皮質骨と鎖骨の石灰化は、乳歯の石灰化よりも早期に開始されていたが、下顎皮質骨と鎖骨の石灰化速度は、乳歯よりも遅かった。これらの所見から、CT値を用いた胎児石灰化速度が、胎齢の推定と乳歯歯胚発達の評価に有効で、法歯学領域での年齢推定に本法が有用と判断された。

  • Indo H, Ito H, Koriyama C, Majima HJ, Shimada K, Tamatsu Y .  Deciduous teeth development in fetuses using postmortem computed tomography image analysis. .  Legal medicine (Tokyo, Japan)54   101969   2022年2月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Legal Medicine  

    Fetal age is estimated widely by body length and weight and skeletal or dental development and maturation. Regarding dental development, dental development charts reported by Schour and Massler and Ubelaker are well known. We tried to calculate the calcification rate of the deciduous teeth, mandibular cortical bone, and clavicle in fetuses utilizing postmortem computed tomography (CT) image analysis. The CT values within the circumferential area of the region of interest were automatically calculated using a software, and the calcification rate was calculated by performing single regression analysis. Our results showed that deciduous tooth calcification could be detected in over 19-week-old fetuses using CT images. The calcification of bones (mandibular cortical bone and clavicle) started earlier than the calcification of deciduous teeth. However, the calcification rate of the bones was slower compared to that of the deciduous teeth. The calcification rate of the deciduous teeth in fetuses using CT value may be effective to estimate fetal age and evaluate deciduous teeth development, suggesting that our established method is effective for age estimation in forensic dentistry.

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2021.101969

    Scopus

    PubMed

  • Iwawaki A. .  Comparison of air dose and operator exposure from portable X-ray units .  Legal Medicine47   101787   2020年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Legal Medicine  

    DOI: 10.1016/j.legalmed.2020.101787

    Scopus

    PubMed

  • Iwawaki Atsushi, Otaka Yusei, Asami Ruri, Ishii Takeru, Kito Shinji, Tamatsu Yuichi, Aboshi Hirofumi, Saka Hideki .  Comparison of air dose and operator exposure from portable X-ray units(和訳中) .  Legal Medicine47   1 - 10   2020年11月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:エルゼビア・ジャパン(株)  

    携帯型X線撮影装置からの放射線曝露から術者を防護するため、4種類の携帯型口内法X線撮影装置、DEXICO DX3000、DEXICO ADX 4000Win(10DR Japan社)、NOMAD、NOMAD Pro(Aribex社)を用いて、空間線量と術者への水晶体および手指への放射線被曝線量を比較した。実験にはIEC規格の頭部CT線量測定用ファントムを用いて、作業領域の空間線量測定を行い、水晶体への被曝線量にはPitman 37Dと電離箱(Pitman社)、手指への被曝線量にはMyDosemini(ALOKA社)を用いて測定した。空間線量を比較した結果、NOMADモデル2モデルにおいては高線量を示す傾向が認められたが、手指への被曝線量では有意差はみられず、NOMADモデル2モデルとも低値が示された。また、シールドを使用した場合の手指への被曝線量は、シールド未使用の場合と比べ、DEXICO DX3000では検出限界以下にまで減少し、他のモデルでは約94〜96%もの減少が認められた。さらに、法律で定められた基準に基づき作業限界を算出したところ、シールドの使用により、シールド未使用の場合の最大で4.6倍、平均3.6倍の画像が撮影可能となることが示され、すべてのモデルにおいて、約100検体は撮影可能であることも確認されたことから、作業限界を考慮して、術者を交替する必要がないとも判断された。

  • 李 慧瑛, 下高原 理恵, 峰 和治, 田松 裕一, 緒方 重光 .  医学系文献データベース情報を使ったテキストマイニングの将来展望 .  情報の科学と技術70 ( 10 ) 515 - 521   2020年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(一社)情報科学技術協会  

    近年、医学系分野でテキストマイニングへの関心が高まっている。この手法は看護学領域においては、臨床で起こる現象を掴むための定性的調査手法として、アンケート調査の自由記述やインタビュー調査の逐語録分析に用いられることが多い。また、文献データベースから得られる情報を基に、研究動向を概観する研究にも使用される。本稿では、研究対象として医中誌Web上で検索可能なテキストマイニングを活用した全論文を挙げて、研究動向をテキストマイニングの手法を使って分析した。この過程を通して、具体的にどのような新知見が得られるかについて考究し、これをベースとした医学系分野におけるテキストマイニング全般の将来展望について概括する。(著者抄録)

  • 李 慧瑛, 下髙原 理恵, 峰 和治, 田松 裕一, 緒方 重光 .  医学系文献データベース情報を使ったテキストマイニングの将来展望 .  情報の科学と技術70 ( 10 ) 515 - 521   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:一般社団法人 情報科学技術協会  

    <p>近年,医学系分野でテキストマイニングへの関心が高まっている。この手法は看護学領域においては,臨床で起こる現象を掴むための定性的調査手法として,アンケート調査の自由記述やインタビュー調査の逐語録分析に用いられることが多い。また,文献データベースから得られる情報を基に,研究動向を概観する研究にも使用される。本稿では,研究対象として医中誌Web上で検索可能なテキストマイニングを活用した全論文を例に挙げて,研究動向をテキストマイニングの手法を使って分析した。この過程を通して,具体的にどのような新知見が得られるかについて考究し,これをベースとして医学系分野におけるテキストマイニング全般の将来展望について概括する。</p>

    DOI: 10.18919/jkg.70.10_515

  • Shimotakahara R, Lee H, Mine K, Ogata S, Tamatsu Y. .  Anatomy of the lingual nerve: Application to oral surgery. .  Clin Anat32 ( 5 ) 635 - 641   2019年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Clinical Anatomy  

    DOI: 10.1002/ca.23361.

    Scopus

    PubMed

  • 61. Shimotakahara R, Lee H, Ogata S, Mine K, Tamatsu Y .  Transition and trend of study on domestic and overseas anorexia and dysphagia .  Bull Sch Health Sci Kagoshima Univ29 ( 1 ) 113 - 119   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Mine K, Shimotakahara R, Lee H, Ogata S, Tamatsu Y .  The fine slips of cutaneous muscle extending from the ventrolateral trunk to the brachium in the rat .  Bull Sch Health Sci Kagoshima Univ29 ( 1 ) 97 - 101   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Mine Kazuharu, Shimotakahara Rie, Lee Hyeyong, Ogata Shigemitsu, Tamatsu Yuichi .  ラットの腹外側体幹から上腕に延びる皮筋の細い束(The fine slips of cutaneous muscle extending from the ventrolateral trunk to the brachium in the rat) .  鹿児島大学医学部保健学科紀要29 ( 1 ) 97 - 101   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

    ラットの腋窩部周囲で、皮幹筋の外表から分岐する細い筋束を解剖学的に検討した。この筋束は腹外側体幹から上腕筋膜まで延びていた。筋束は雌マウスの胸部乳腺、雄マウスの脂肪組織を覆っていた。後胸筋神経からの神経供給が予想されたが、確認できなかった。このタイプの筋はげっ歯類に共通すると推定された。この筋束に関する解剖学的知識は、ラットを用いて皮膚実験を行う際の不都合を軽減するために役立つと考えられた。

  • Shimotakahara Rie, Lee Hyeyong, Ogata Shigemitsu, Mine Kazuharu, Tamatsu Yuichi .  国内および海外の食欲不振および嚥下障害に関する研究の変遷と傾向(Transition and trend of study on domestic and overseas anorexia and dysphagia) .  鹿児島大学医学部保健学科紀要29 ( 1 ) 113 - 119   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学医学部保健学科  

    嚥下障害に関する学術誌である「Dysphagia」で過去33年間に公表された原著論文1638報のタイトルから、テキストマイニング法を用いて年代別に単語頻度分析および特徴語分析を行った。1980〜1990年代には嚥下検査法および嚥下機能評価に関する研究が多く、2000年代以降は嚥下トレーニングの症例報告およびシステマティックレビューが増加した。世界的な人口の高齢化に伴い、脳血管障害患者および癌患者に関するテーマが研究者の関心を集めており、日本では多数の専門家が嚥下支援システムに関わっていることが特徴であると考えられた。

  • Tamatsu Y, Tsukahara K, Sugawara Y, Shimada K. .  New finding that might explain why the skin wrinkles more on various parts of the face. .  Clin Anat28 ( 6 ) 745 - 752   2015年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ca.22571.

    PubMed

  • Daitoku S, Yuasa T, Tsunenari H, Maenohara S, Mine K, Tamatsu Y, Shimada K, Koriyama C, Ohishi M, Horiuchi M. .  Angle between the common and internal carotid arteries detected by ultrasound is related to intima-media thickness among those with atherosclerotic disease. .  Environ Health Prev Med20 ( 3 ) 216 - 223   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s12199-015-0453-7.

    PubMed

  • Matsunaga S, Naito H, Tamatsu Y, Takano N, Abe S, Ide Y. .  Consideration of shear modulus in biomechanical analysis of peri-implant jaw bone: accuracy verification using image-based multi-scale simulation. .  Dent Mater J32 ( 3 ) 425 - 432   2013年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tsukahara K, Tamatsu Y, Sugawara Y, Shimada K. .  Morphological study of the relationship between solar elastosis and the development of wrinkles on the forehead and lateral canthus. .  Arch Dermatol148 ( 8 ) 913 - 917   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/archdermatol.2012.157.

    PubMed

  • Nakahara K, Matsunaga S, Abe S, Tamatsu Y, Kageyama I, Hashimoto M, Ide Y. .  Evaluation of the palatal bone for placement of orthodontic mini-implants in Japanese adults. .  Cranio30 ( 1 ) 72 - 79   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tsukahara K, Tamatsu Y, Sugawara Y, Shimada K. .  Relationship between the depth of facial wrinkles and the density of the retinacula cutis. .  Arch Dermatol148 ( 1 ) 39 - 46   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/archdermatol.2011.727.

    PubMed

  • Ishibe K, Tamatsu Y, Miura M, Shimada K. .  Morphological study of the vasa nervorum in the peripheral branch of human facial nerve. .  Okajimas Folia Anat Jpn88 ( 3 ) 111 - 119   2011年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tsukahara K, Tamatsu Y, Sugawara Y, Shimada K. .  The relationship between wrinkle depth and dermal thickness in the forehead and lateral canthal region. .  Arch Dermatol147 ( 7 ) 822 - 828   2011年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1001/archdermatol.2011.158.

    PubMed

  • Ohashi T, Matsunaga S, Nakahara K, Abe S, Ide Y, Tamatsu Y, Takano N. .  Biomechanical role of peri-implant trabecular structures during vertical loading. .  Clin Oral Investig14 ( 5 ) 507 - 513   2010年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00784-009-0332-y.

    PubMed

  • Tamatsu Y, Tsukahara K, Shimada K. .  Findings of unique small muscle fibers at the superficial portion of the orbicularis oculi in the lateral canthal region of Japanese adult cadavers. .  Clin Anat23 ( 6 ) 637 - 641   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ca.20990.

    PubMed

  • Matsunaga S, Shirakura Y, Ohashi T, Nakahara K, Tamatsu Y, Takano N, Ide Y. .  Biomechanical role of peri-implant cancellous bone architecture. .  Int J Prosthodont23 ( 4 ) 333 - 338   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Sonoda N, Tamatsu Y. .  Observation on the attachment of muscles onto the hyoid bone in human adults. .  Okajimas Folia Anat Jpn85 ( 3 ) 79 - 90   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Okuda S, Abe S, Kim HJ, Agematsu H, Mitarashi S, Tamatsu Y, Ide Y. .  Morphologic characteristics of palatopharyngeal muscle. .  Dysphagia23 ( 3 ) 258 - 266   2008年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00455-007-9133-0.

    PubMed

  • Yoshii M, Sakiyama K, Abe S, Agematsu H, Mitarashi S, Tamatsu Y, Ide Y. .  Changes in the myosin heavy chain 2a and 2b isoforms of the anterior belly of the digastric muscle before and after weaning in mice. .  Anat Histol Embryol37 ( 2 ) 147 - 152   2008年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/j.1439-0264.2007.00813.x.

    PubMed

  • Tamatsu Y, Tsukahara K, Hotta M, Shimada K. .  Vestiges of vibrissal capsular muscles exist in the human upper lip. .  Clin Anat20 ( 6 ) 628 - 631   2007年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ichikawa J, Hara T, Tamatsu Y, Ide Y. .  Morphological changes in the internal structure of the articular eminence of the temporal bone during growth from deciduous to early mixed dentition. .  J Biomech40 ( 16 ) 3541 - 3547   2007年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Yanagisawa N, Abe S, Agematsu H, Sakiyama K, Usami A, Tamatsu Y, Ide Y. .  Myosin heavy chain composition of tongue muscle in microphthalmic (mi/mi) mice before and after weaning. .  Ann Anat188 ( 4 ) 329 - 336   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Takada H, Abe S, Tamatsu Y, Mitarashi S, Saka H, Ide Y. .  Three-dimensional bone microstructures of the mandibular angle using micro-CT and finite element analysis: relationship between partially impacted mandibular third molars and angle fractures. .  Dent Traumatol22 ( 1 ) 18 - 24   2006年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Maejima M, Abe S, Sakiyama K, Agematsu H, Hashimoto M, Tamatsu Y, Ide Y. .  Changes in the properties of mouse tongue muscle fibres before and after weaning. .  Arch Oral Biol50 ( 12 ) 988 - 993   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Terayama H, Naito M, Nakamura Y, Iimura A, Itoh M, Tamatsu Y, Shimada K. .  Corrosion casts of convoluted testicular arteries in mice and rats. .  Arch Androl51 ( 6 ) 471 - 480   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Sakiyama K, Abe S, Tamatsu Y, Ide Y. .  Effects of stretching stress on the muscle contraction proteins of skeletal muscle myoblasts. .  Biomed Res26 ( 2 ) 61 - 68   2005年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Shida T, Abe S, Sakiyama K, Agematsu H, Mitarashi S, Tamatsu Y, Ide Y. .  Superficial and deep layer muscle fibre properties of the mouse masseter before and after weaning. .  Arch Oral Biol50 ( 1 ) 65 - 71   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tohma A, Mine K, Tamatsu Y, Shimada K. .  Communication between the buccal nerve (V) and facial nerve (VII) in the human face. .  Ann Anat186 ( 2 ) 173 - 178   2004年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tamatsu Y, Gasser RF. .  Development of the sensory nerves to the dorsum of the tongue in staged human embryos. .  Clin Anat17 ( 2 ) 99   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Okuyama S, Okuyama J, Okuyama J, Tamatsu Y, Shimada K, Hoshi H, Iwai J. .  The arterial circle of Willis of the mouse helps to decipher secrets of cerebral vascular accidents in the human. .  Med Hypotheses63 ( 6 ) 997   2004年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Ogata S, Mine K, Tamatsu Y, Shimada K. .  Morphological study of the human chondroglossus muscle in Japanese. .  Ann Anat184 ( 5 ) 493 - 499   2002年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Yamaura T, Abe S, Tamatsu Y, Rhee S, Hashimoto M, Ide Y. .  Anatomical study of the maxillary tuberosity in Japanese men. .  Bull Tokyo Dent Coll39 ( 4 ) 287 - 292   1998年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Tamatsu Y, Kaimoto K, Arai M, Ide Y. .  Properties of the elastic modulus from buccal compact bone of human mandible. .  Bull Tokyo Dent Coll37 ( 2 ) 93   1996年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • Itoh I, Su MJ, Saitoh H, Tamatsu Y, Abe T, Hori H, Fujimura A, Nozaka Y. .  Studies on the development of the articular part of the temporal bone with special reference to the postglenoid process. .  Bull Tokyo Dent Coll36 ( 3 ) 145 - 158   1995年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

  • 田松裕一 .  ヒト下顎骨頬側緻密質の局所的縦弾性係数の測定に関する研究 .  歯科基礎医学会雑誌36 ( 3 ) 306 - 329   1995年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • Tamatsu Y, Hongo T, Nakajima K, Kawase M, Ide Y. .  Study of the internal structure of the infantile zygomatic bone. .  Dent Jpn (Tokyo)27 ( 1 ) 5 - 9   1990年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    PubMed

▼全件表示

書籍等出版物

  • グラント解剖学カラーリングブック, 第1版

    田松裕一( 担当: 共訳 ,  範囲: 7章 頭部)

    丸善出版  2021年7月  ( ISBN:978-4-621-30628-4

     詳細を見る

    総ページ数:402   担当ページ:262-311   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 図説 新歯牙解剖学 -歯牙解剖実習-, 第4版

    井出吉信,阿部伸一,田松裕一,坂英樹,松坂賢一,松永智,山本将仁( 担当: 編集)

    わかば出版  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • ライフステージに合わせた口腔機能への対応:MFTアップデート

    田松裕一, 高橋滋樹( 担当: 分担執筆 ,  範囲: MFTにかかわる筋肉)

    医歯薬出版株式会社  2018年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:168   担当ページ:39-50   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ネッター 頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス, 第3版

    田松裕一,島田和幸( 担当: 監修 ,  範囲: Chapter 5 頭皮と表情筋)

    医歯薬出版株式会社  2018年9月 

     詳細を見る

    担当ページ:151-184   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 口腔解剖学, 第2版

    田松裕一( 担当: 監修 ,  範囲: 第11章 頭頸部の筋)

    医歯薬出版株式会社  2017年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:121-129   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 口腔顎顔面解剖ノート, 第1版

    井出吉信 監修, 阿部伸一 他編集, 田松裕一 ( 担当: 監修)

    学建書院  2017年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:121-129   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ネッター 頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス, 第2版

    田松裕一,島田和幸( 担当: 共訳 ,  範囲: Capter 5 頭皮と表情筋)

    医歯薬出版株式会社  2014年4月  ( ISBN:978-4-263-45778-8

     詳細を見る

    担当ページ:153-184   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ネッター 頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス, 第1版

    田松裕一, 島田和幸( 担当: 共訳 ,  範囲: Chapter 5 頭皮と表情筋)

    医歯薬出版株式会社  2012年2月  ( ISBN:978-4-263-45653-8

     詳細を見る

    担当ページ:159-194   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • ボディセラピーのための トートラ標準解剖生理学, 第1版

    伊藤正裕, 早川大輔, 坂本 歩, 山村 聡 監訳・田松裕一( 担当: 監修 ,  範囲: 第22章 心臓血管系:心臓,第23章 循環器系:血管と循環)

    丸善出版株式会社  2011年2月 

     詳細を見る

    担当ページ:571-626   記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 口腔解剖学, 第1版

    島田和幸, 田松裕一( 担当: 監修 ,  範囲: 第11章 頭頸部の筋)

    医歯薬出版株式会社  2009年11月 

     詳細を見る

    担当ページ:75-83   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 図説 新歯牙解剖学 -歯牙解剖実習-, 第3版

    井出吉信,阿部伸一,上松博子,田松裕一,坂英樹,松坂賢一,原俊浩,宮地建夫,橘田博純,北村 晃,御手洗智( 担当: 編集)

    わかば出版  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

▼全件表示

MISC

  • 解剖と器具から道理を知る 眼科手術の礎石 点眼薬の歴史(幕末まで)

    園田 真也, 田松 裕一

    眼科グラフィック   6 ( 2 )   186 - 189   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)   出版者・発行元:(株)メディカ出版  

  • 顔のシワ深さと皮膚構造の関係

    田松 裕一

    鹿児島大学歯学部紀要   37   9 - 13   2017年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:鹿児島大学歯学部  

  • 歯の喪失に伴う顎骨の形態変化と偶発症予防のために知っておきたい血管・神経

    田松裕一

    鹿児島歯科医師会報   132 ( 712 )   9 - 11   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(その他)  

  • 顔のシワ深さと皮膚構造の関係

    田松裕一

    鹿児島大学歯学部紀要   37   9 - 13   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 涙道周辺の解剖

    園田真也, 田松裕一

    MB OCULI   35   17 - 25   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 涙道手術に必要な解剖

    宮崎千歌, 園田真也, 田松裕一

    眼科グラフィック   4 ( 2 )   202 - 205   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 『眼科新書』の解説

    園田真也, 安部郁子, 中泉行弘, 田松裕一

    日眼会誌   119 ( 10 )   720 - 726   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 篩骨から眼窩内組織にかけての解剖

    園田真也, 宮崎千歌, 田松裕一

    眼科グラフィック   4 ( 4 )   404 - 407   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • DCR鼻外法に関連する解剖

    宮崎千歌, 園田真也, 鶴丸修士, 田松裕一

    眼科グラフィック   4 ( 5 )   510 - 514   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 涙導機構を動かす仕組み

    宮崎千歌,園田真也, 田松裕一

    眼科グラフィック   4 ( 6 )   602 - 605   2015年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 軟口蓋を構成する筋群の形態・機能と口蓋裂の治療

    田松裕一, 中村典史

    日歯医師会誌   67 ( 4 )   19 - 27   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 涙道手術における麻酔

    園田真也, 田松裕一, 島田和幸

    眼科グラフィック   3 ( 4 )   425 - 430   2014年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 顔と口腔の血液循環

    島田和幸,田松裕一

    別冊 the Quintessence 臨床家のための矯正YEAR BOOK ’10   26 - 31   2010年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 表情筋は咀嚼にいかにかかわるか

    田松裕一,岩井治樹,島田和幸

    歯科臨床研究   3 ( 2 )   52 - 60   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 峰 和治,下髙原 理恵,田松 裕一 .  横筋筋膜と腸腰筋膜の移行部について .  第125回日本解剖学会全国学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語  

  • Shimotakahara R, Mine K, Tamatsu Y. .  Anatomy of the lingual nerve: Application to oral surgery. .  The 19th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists.  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年8月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 峰 和治、下高原理恵、田松裕一 .  深腸骨回旋動脈の通路について .  第124回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 下高原理恵、李 慧瑛、峰 和治、緒方重光、田松裕一 .  舌神経の走行に関する局所解剖学的研究 .  第124回日本解剖学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Mine K, Shimotakahara R, Tamatsu Y .  Drainage patterns of the deep circumflex iliac vein and their relationship to the neighboring vessels .  第123回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 壇 順司、菊池泰弘、峰 和治、田松裕一 .  ヒト三角筋における停止健の構造について .  第123回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Shimotakahara R, Mine K, Tamatsu Y .  The branches to the isthmus of fauces .  第123回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 161. 峰 和治、下高原理恵、田松裕一 .  ノウサギの胸骨肋骨筋について .  第122回日本解剖学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田松 裕一 .  再生医療のこれまでとこれから 顔面のシワ深さに関与する皮膚の構造因子 .  第8回日本再生歯科医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 園田真也、田松裕一 .  涙道手術と涙道、鼻腔の麻酔 .  第5回日本涙道・涙液学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 西 恭宏, 西山 毅, 松井 竜太郎, 村上 格, 田松 裕一, 杉浦 剛, 西村 正宏 .  導入した口腔ケアと摂食嚥下スクリーニングテストの実習に関するアンケート調査 .  日本歯科医学教育学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語  

  • 手塚 征宏, 緒方 祐子, 田松 裕一, 島田 和幸, 中村 典史 .  粘膜下口蓋裂における口蓋-咽頭筋三角の解析 新たな術後鼻咽腔閉鎖機能予後因子の確立を目指して .  (NPO)日本口腔科学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年1月

    記述言語:日本語  

  • 田松裕一, 塚原和枝, 菅原康志, 島田和幸 .  額と目尻における皮脂腺密度とシワ深さの関係についての形態学的研究 .  第117回日本解剖学会総会  第117回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:甲府  

    国内学会

  • 石部幸二, 田松裕一, 三浦真弘, 島田和幸 .  顔面神経末梢枝に分布する栄養血管の形態について .  第15回臨床解剖研究会  第15回臨床解剖研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田口則宏, 田松裕一, 鎌下祐次, 諏訪素子, 河野博史, 佐藤友昭, 松口 徹也, 宮脇正一, 杉原一正 .  鹿児島大学歯学部教員の教育活動に対するリフレクション - FD ワークショップの結果から - .  第30回日本歯科医学教育学会  第30回日本歯科医学教育学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Kazue Tsukahara, Yuichi Tamatsu, Yasushi Sugawara, Kazuyuki Shimada. .  Morphological study of the relationship between wrinkle and solar elastosis in the forehead and lateral canthal region .  116th Annual Meeting of the JAA  116th Annual Meeting of the JAA

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:Yokohama  

    国内学会

  • 塚原和枝, 田松裕一, 菅原康志, 島田和幸 .  額および目尻に形成されるシワの深さと真皮の厚みとの関係 .  第115回日本解剖学会総会  第115回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手  

    国内学会

  • 白倉由貴, 松永 智, 中原 賢, 田松裕一, 井出吉信 .  歯科インプラント周囲海綿骨の荷重伝達機構 .  第287回東京歯科大学学会(例会)  第287回東京歯科大学学会(例会)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 松永 智, 大橋卓史, 中原 賢, 田松裕一, 高野直樹, 井出吉信 .  インプラント周囲海綿骨の生体力学的役割 .  第29回日本骨形態計測学会  第29回日本骨形態計測学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • Yuichi Tamatsu, Koji Ishibe, Kazuyuki Shimada. .  The blood supply of the peripheral branch of the facial nerve .  Experimental Biology 2009  Experimental Biology 2009国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年4月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 松永 智, 大橋卓史, 中原 賢, 田松裕一, 高野直樹, 井出吉信 .  インプラント周囲骨梁構造が果たす力学的役割 .  第114回日本解剖学会総会  第114回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 塚原和枝, 田松裕一, 菅原康志, 島田和幸 .  額および目尻に形成されるシワの程度と皮下組織中の線維構造との関係 .  第114回日本解剖学会総会  第114回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 松永 智, 大橋卓史, 中原 賢, 田松裕一, 高野直樹, 井出吉信 .  骨梁構造を考慮した顎骨の大規模マルチスケール解析 .  第28回日本骨形態計測学会  第28回日本骨形態計測学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 石部幸二,田松裕一,島田和幸 .  顔面神経抹消枝における Vasa nervorum の走向形態 .  第112回日本解剖学会総会  第112回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 石部幸二,田松裕一,峰和治,緒方重光,島田和幸 .  顔面神経末梢枝における栄養動脈について .  第111回日本解剖学会総会  第111回日本解剖学会総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • Yuichi Tamatsu, Kazue Tsukahara, Kazuto Fukushige, Kazuyuki Shimada .  Arrector pili muscle with striated muscle remained in the human facial skin .  16th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists  16th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 田松 裕一 .  顎骨形態と歯の喪失に伴う変化 生体力学の視点も添えて .  特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2021年5月  (NPO)日本歯科保存学会招待

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等  

  • 下高原 理恵, 峰 和治, 田松 裕一 .  頭頸部肉眼解剖の新展開 舌神経の解剖学的研究 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

  • 下高原 理恵, 峰 和治, 田松 裕一 .  舌神経口峡枝の分布および舌下神経との交通枝 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • 壇 順司, 高濱 照, 峰 和治, 田松 裕一 .  肩挙上時の外旋角について 三角筋停止腱と上腕骨の形態的特徴 .  日本肩関節学会抄録集  2018年9月  (一社)日本肩関節学会

  • 田口 則宏, 岩下 洋一朗, 田松 裕一, 西村 正宏 .  アウトカム基盤型教育に基づくコンピテンシー評価システムの開発 .  日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2020年9月  (一社)日本歯科医学教育学会

  • 岩下 洋一朗, 田口 則宏, 田松 裕一, 西村 正宏 .  アウトカム基盤型教育に基づくコンピテンシー評価システムの開発 eポートフォリオシステムの操作性の改良 .  日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2021年11月  (一社)日本歯科医学教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 岩下 洋一朗, 田口 則宏, 田松 裕一, 西村 正宏 .  アウトカム基盤型教育に基づくコンピテンシー評価システムの開発 eポートフォリオの評価の可視化 .  日本歯科医学教育学会総会・学術大会プログラム・抄録集  2023年7月  (一社)日本歯科医学教育学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • Biomechanics of the jaw bones

    Cooperative Research 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 顎骨の生体力学

    共同研究 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 顎顔面領域の肉眼解剖学

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Morphometry of the jaw bones

    Cooperative Research 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Innervation of the tongue

    Basic Science Research Program 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

 

担当経験のある授業科目

  • 総合歯科学

    2019年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 国際医療人育成学Ⅳ

    2018年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 災害医療・法歯学

    2017年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 解剖学Ⅰ

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 口と顔の科学

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部教養科目  国名:日本国

  • 法医歯科学の理論と実践実験

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 法医歯科学の理論と実践演習

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面口腔領域の肉眼解剖学実験

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面口腔領域の肉眼解剖学演習

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 顎顔面生体力学

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:大学院専門科目  国名:日本国

  • 口腔解剖学Ⅰ

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 口腔解剖学Ⅱ

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 解剖学Ⅱ

    2015年4月
    -
    現在
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

  • 患者と医療

    2015年4月
    -
    2022年3月
    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国

▼全件表示

その他教育活動及び特記事項

  • 2019年4月 - 現在   歯学部教育委員会委員長

  • 2019年4月 - 2022年3月   先進治療科学専攻副専攻長

  • 2021年4月 - 現在   医歯学総合研究科教育委員会博士課程部会部会長

  • 2016年4月 - 現在   歯系災害対策支援検討委員会委員長

  • 2021年4月 - 現在   卒業生の生涯学習支援

  • 2020年4月 - 2022年3月   学生委員会委員

  • 2019年4月 - 現在   軍事的安全保障研究と見なされる可能性のある研究等に関する審査委員会委員

  • 2019年4月 - 2022年3月   ボランティア支援センター運営会議構成員

  • 2019年4月 - 2021年9月   歯学部生担任(1年次~3年次前期)

  • 2018年4月 - 現在   医歯学総合研究科教育委員会委員

  • 2018年4月 - 現在   共用試験CBT作問部会アドバイザー

  • 2018年4月 - 2022年3月   付属図書館運営委員会委員

  • 2018年4月 - 2022年3月   総合歯科学実施部会部会長

  • 2018年4月 - 2022年3月   附属図書館桜ヶ丘分館運営委員会委員

  • 2016年4月 - 現在   口腔先端科学教育研究センター運営委員会委員

  • 2016年4月 - 現在   歯学部ファカルティ・ディベロップメント委員会委員

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 戦没者の遺骨収集事業

    役割:調査担当, 報告書執筆

    厚生労働省  2020年8月 - 現在

  • 歯科的身元確認業務

    役割:調査担当, 報告書執筆

    鹿児島県警察、第10管区海上保安本部