2023/08/21 更新

写真a

サトウ トモアキ
佐藤 友昭
SATO Tomoaki
所属
医歯学域歯学系 医歯学総合研究科 先進治療科学専攻 生体機能制御学講座 教授
職名
教授

学位

  • 博士(歯学) ( 1997年2月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • グルタミン酸

  • ペプチドホルモン

  • ステロイドホルモン

  • 学習

  • 記憶

研究分野

  • その他 / その他  / 神経薬理学

  • その他 / その他  / 歯科薬理学

学歴

  • 鹿児島大学

    1992年4月 - 1996年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学

    1986年4月 - 1992年4月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   教授

    2003年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   歯学部 歯学科 歯科応用薬理学    

    1996年4月 - 現在

所属学協会

  • 日本歯科薬物療法学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本硬組織研究技術学会

    2015年10月 - 現在

  • 歯科基礎医学会(代議員)

    2015年10月 - 現在

  • 日本薬理学会(評議委員)

    2015年10月 - 現在

 

論文

  • Kento Igarashi, Satoshi Kuchiiwa, Toshiko Kuchiiwa, Kazuo Tomita, Tomoaki Sato .  Comparative data on emotional (psychotic) aggressive biting behavior in mice of ddY strain measured by using two devices; Aggressive response meter and powerlab-compatible type aggressive response meter .  Data in Brief48 ( 109231 )   2023年5月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.dib.2023.109231

  • Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Kazuo Tomita, F. Scott Hall, Kento Igarashi, George R. Uhl, Tomoaki Sato .  Glycogen synthase kinase-3 inhibitors block morphine-induced locomotor activation, straub tail, and depression of rearing in mice via a possible central action .  Neurochemical Research   2023年3月査読 国際共著

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11064-023-03902-2

    DOI: 10.1007/s11064-023-03902-2

  • Amirsadegh Nikoo, Mehryar Habibi Roudkenar, Tomoaki Sato, Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Zahra Pourmohamadi-Bejarpasi, Nima Najafi-Ghalehlou, Amaneh Mohammadi Roushandeh .  Mitochondrial transfer in PC-3 cells fingerprinted in ferroptosis sensitivity: abrand new approach targeting cancer metabolism .  Human Cell   2023年3月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13577-023-00896-5

  • 富田和男、桑原義和、古川紗圭、野口和行、栗政明弘、佐藤友昭 .  エルゴチオネインとその生体内作用 .  東北医科薬科大学研究誌69 ( 1 )   2022年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K. .  Oxytocin ameliorates KCC2 decrease induced by oral bacteria-derived LPS that affect rat primary cultured cells and PC-12 cells .  Peptides150   170734   2022年4月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)   出版者・発行元:Peptides  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170734

    Scopus

    PubMed

  • Kuwahara Y, Tomita K, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Urushihara Y, Igarashi K, Kurimasa A, Sato T .  Decreased mitochondrial membrane potential is an indicator of radioresistant cancer cells. .  Life sciences286   120051   2021年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2021.120051

    PubMed

  • Valashedi MR, Nikoo A, Najafi-Ghalehlou N, Tomita K, Kuwahara Y, Sato T, Roushandeh AM, Roudkenar MH .  Pharmacological Targeting of Ferroptosis in Cancer Treatment. .  Current cancer drug targets   2021年12月査読 国際共著 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.2174/1568009621666211202091523

    PubMed

  • Chia Bamshad, Mehryar Habibi Roudkenar, Mahmoud abedinzade, Shahrokh Yousefzadeh Chabok, Zahra Pourmohmmadi-Bejarpasi, Nima Najafi-Ghalehlou, Tomoaki Sato, Kazuo Tomita, Ali Jahanian-Najafabadi, Alireza Feizkhah, Amaneh Mohammadi Roushandeh .  Human umbilical cord-derived mesenchymal stem cells-harvested mitochondrial transplantation improved motor function in TBI models through rescuing neuronal cells from apoptosis and alleviating astrogliosis and microglia activation .  Internationa Immunopharmacology118   2023年4月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: https://doi.org/10.1016/j.intimp.2023.110106

  • Kazuo Tomita, Hiroko P. Indo, Tomoaki Sato, Jitbanjon Tangpong, Hideyuki J. Majima .  Development of a sensitive double TaqMan probe-based qPCR angle-degree method to detect mutation frequencies .  Mitochondrion70   1 - 7   2023年2月招待 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.mito.2023.02.010

    DOI: 10.1016/j.mito.2023.02.010

  • Kuwahara Yoshikazu, Tomita Kazuo, Mehryar Habibi Roundenar, Amaneh Mohammadi Roushandeh, Tomoaki Sato, Akihiro Kurimasa .  The reversibility of cancer radioresistance: a novel potential way to identify factors contributing to tumor radioresistance .  Human Cell   2023年1月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13577-023-00871-0

    DOI: 10.1007/s13577-023-00871-0

  • Fukui R. .  Tumor radioresistance caused by radiation-induced changes of stem-like cell content and sub-lethal damage repair capability .  Scientific Reports12 ( 1 ) 1056   2022年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-022-05172-4

    Scopus

    PubMed

  • Chia Bamshad, Nima Najafi-Ghalehlou, Zahra Pourmohammadi-Bejarpasi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Tomoaki Sato, Alire Feizkhah, Amaneh Mohammadi Roushnadeh, Mehryar Habibi Roudkenar .  Mitochondria: how eminent in ageing and neurodegenerative .  Human Cell 36   41 - 61   2022年11月査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s13577-022-00833-y

    DOI: 10.1007/s13577-022-00833-y

  • Valashedi M.R. .  CRISPR/Cas9-mediated knockout of Lcn2 in human breast cancer cell line MDA-MB-231 ameliorates erastin-mediated ferroptosis and increases cisplatin vulnerability .  Life Sciences304   120704   2022年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Life Sciences  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2022.120704

    Scopus

    PubMed

  • Igarashi K. .  Neuroprotective effect of oxytocin on cognitive dysfunction, DNA damage, and intracellular chloride disturbance in young mice after cranial irradiation .  Biochemical and Biophysical Research Communications612   1 - 7   2022年7月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2022.04.099

    Scopus

    PubMed

  • Kitanaka N, Hall FS, Tanaka KI, Tomita K, Igarashi K, Nishiyama N, Sato T, Uhl GR, Kitanaka J .  Are histamine H3 antagonists the definitive treatment for acute methamphetamine intoxication? .  Current drug research reviews   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: 10.2174/2589977514666220414122847

    PubMed

  • Igarashi K. .  Kamishoyosan (a Japanese traditional herbal formula), which effectively reduces the aggressive biting behavior of male and female mice, and potential regulation through increase of Tph1, Tph2, and Esr2 mRNA levels .  Brain Research1768   147580   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Brain Research  

    DOI: 10.1016/j.brainres.2021.147580

    Scopus

    PubMed

  • Kitanaka N. .  Metoprine, a histamine N-methyltransferase inhibitor, attenuates methamphetamine-induced hyperlocomotion via activation of histaminergic neurotransmission in mice .  Pharmacology Biochemistry and Behavior209   173257   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Pharmacology Biochemistry and Behavior  

    DOI: 10.1016/j.pbb.2021.173257

    Scopus

    PubMed

  • Tomita K. .  Mitochondrial dysfunction in diseases, longevity, and treatment resistance: Tuning mitochondria function as a therapeutic strategy .  Genes12 ( 9 )   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Genes  

    DOI: 10.3390/genes12091348

    Scopus

    PubMed

  • Tomita K. .  MiR-7-5p is involved in ferroptosis signaling and radioresistance thru the generation of ROS in radioresistant hela and SAS cell lines .  International Journal of Molecular Sciences22 ( 15 )   2021年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:International Journal of Molecular Sciences  

    DOI: 10.3390/ijms22158300

    Scopus

    PubMed

  • Takashi Y. .  Mitochondrial dysfunction promotes aquaporin expression that controls hydrogen peroxide permeability and ferroptosis .  Free Radical Biology and Medicine161   60 - 70   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Free Radical Biology and Medicine  

    DOI: 10.1016/j.freeradbiomed.2020.09.027

    Scopus

    PubMed

  • Kuwahara Y, Tomita K, Sato T .  The effects of hydrogen peroxide and/or radiation on the survival of clinically relevant radioresistant cells .  Technology in Cancer Research & Treatmentin press   2020年11月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE  

  • Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Igarashi K, Nagasawa T, Nishitani Y, Sato T .  Mitochondrial dysfunction promotes aquaporin expression that controls hydrogen peroxide permeability and ferroptosis .  Free Radical Biology & Medicine161   60 - 70   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevia  

    DOI: 10.016/j.freeradbiomed.2020.09.027

  • Pourmohammadi-Bejarpasi Z, Roushandeh AM, Saberi A, Kheirandish-Rostami M, Toosi SMR, Jahanian-Najafabadi A,Tomita K, Kuwahara Y, Sato T, Roudkenar MH .  Mesenchymal stem cells-derived mitochondria transplantation mitigates I/R-induced injury, abolishes I/R-induced apoptosis, and restores motor function in acute ischemia stroke rat model. .  Brain Research Bulletin165   70 - 80   2020年10月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.brainresbull.2020.09.01

  • Roushandeh A.M. .  Transfer of healthy fibroblast-derived mitochondria to HeLa ρ<sup>0</sup> and SAS ρ<sup>0</sup> cells recovers the proliferation capabilities of these cancer cells under conventional culture medium, but increase their sensitivity to cisplatin-induced apoptotic death .  Molecular Biology Reports47 ( 6 ) 4401 - 4411   2020年6月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Molecular Biology Reports  

    DOI: 10.1007/s11033-020-05493-5

    Scopus

    PubMed

  • Kheirandish-Rostami M. .  Mitochondrial characteristics contribute to proliferation and migration potency of MDA-MB-231 cancer cells and their response to cisplatin treatment .  Life Sciences244   117339   2020年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Life Sciences  

    DOI: 10.1016/j.lfs.2020.117339

    Scopus

    PubMed

  • Roushandeh AM, Tomita K, Kuwahara Y, Jahanian-Najafabadi A, Igarashi K, Roudkenar MH, Sato T. .  Transfer of healthy fibroblast-derived mitochondria to HeLa ρ0 and SAS ρ0 cells recovers the proliferation capabilities of these cancer cells under conventional culture medium, but increase their sensitivity to cisplatin-induced apoptotic death .  Molecular Biology Reports47 ( 6 ) 4401 - 4411   2020年3月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kheirandish-Rostami M, Roudkenar MH, Jahanian-Najafabadi A, Tomita K, Kuwahara Y, Sato T, Roushandeh AM .  Mitochondrial characteristics contribute to proliferation and migration potency of MDA-MB-231 cancer cells and their response to cisplatin treatment .  Life Sciences   2020年2月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y. .  The Effects of Hydrogen Peroxide and/or Radiation on the Survival of Clinically Relevant Radioresistant Cells .  Technology in cancer research &amp; treatment19   1533033820980077   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Technology in cancer research &amp; treatment  

    DOI: 10.1177/1533033820980077

    Scopus

    PubMed

  • 五十嵐 健人, 富田 和男, 桑原 義和, 佐藤 友昭 .  精神疾患の応用に向けたアプローチ. .  東北医科薬科大学研究誌67   41 - 45   2020年査読

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭 .  細胞内鉄動態と酸化ストレス抵抗性 .  東北医科薬科大学研究誌66   25 - 31   2019年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑原 義和、富田 和男、高畠 貴志、漆原 佑介、五十嵐 健人、 佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  臨床的放射線耐性細胞のこれまでとこれから .  東北医科薬科大学研究誌66   19 - 24   2019年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomita K. .  MiR-7-5p is a key factor that controls radioresistance via intracellular Fe<sup>2+</sup> content in clinically relevant radioresistant cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications518 ( 4 ) 712 - 718   2019年10月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2019.08.117

    Scopus

    PubMed

  • Tomita K. .  Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA .  Cancer Science110 ( 9 ) 2856 - 2866   2019年9月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Cancer Science  

    DOI: 10.1111/cas.14132

    Scopus

    PubMed

  • Tomita Kazuo, Takashi Yuko, Ouchi Yuya, Kuwahara Yoshikazu, Igarashi Kento, Nagasawa Taisuke, Nabika Hideki, Kurimasa Akihiro, Fukumoto Manabu, Nishitani Yoshihiro, Sato Tomoaki .  mtDNAが欠落した癌細胞株では、脂質が過酸化を受けることで過酸化水素の透過性が増大し細胞死を生じる(Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA) .  Cancer Science110 ( 9 ) 2856 - 2866   2019年9月

     詳細を見る

    出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    ヒトの子宮頸癌細胞株および口腔扁平上皮癌細胞株を用いてミトコンドリアDNA(mtDNA)を持たない細胞を確立し、それらの細胞における活性酸素種の作用を調べた。これらのmtDNA欠落癌細胞株ではそれらの親株に比べ過酸化水素への感受性が高く、脂質過酸化物産生も高いレベルにあることが示された。酸化脂質の存在量によって過酸化水素の透過性は変化し、酸化脂質を添加すると過酸化水素処理後に生じる細胞死はより著しいことも明らかになった。mtDNA欠落癌細胞株ではリポキシゲナーゼ遺伝子類(ALOX5、ALOX12、ALOX15など)の発現レベルが上方制御されていた。本研究で得られた結果から、過酸化水素に対する感受性に関し脂質過酸化状態が重要であること、そしてALOX15は脂質過酸化状態に関与していることが明らかになった。

  • Tomita K, Fukumoto M, Itoh K, Kuwahara Y, Igarashi K, Nagasawa T, Suzuki M, Kurimasa A, Sato T .  MiR-7-5p is a key factor that controls radioresistance via intracellular Fe2+ content in clinically relevant radioresistant cells .  Biochemical and Biophysical Research Communications518 ( 4 ) 712 - 718   2019年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 長澤 大成, 西山 信好, 栗政 明弘, 佐藤 友昭, 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 髙 裕子, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 竹村 基彦 .  過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析 .  日本薬理学会年会要旨集92 ( 0 ) 2 - P-122   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>&lt;purpose&gt;</p><p>Hydrogen peroxide is known as one of ROS which gives oxidative stress to cells and induces apoptosis. However, details of the mechanism for cancer cells by hydrogen peroxide is still unknown.We have established "hydrogen peroxide resistant (HR) cancer cells" that are resistant to high concentration hydrogen peroxide. The mechanism of resistance to hydrogen peroxide acquired by HR cancer cells has not yet been elucidated, however if the mechanism becomes clear, it could be applied to cancer treatment. In this study, therefore, we aimed to elucidate its hydrogen peroxide resistance mechanism and carried out the following experiment.</p><p>&lt;method&gt;</p><p>Cell lines that continued to survive against graded hydrogen peroxide treatment of HeLa (up to 70 μM) and SAS (up to 35 μM) were subjected to hydrogen peroxide at the concentrations of 0, 25, 50, 75 and 100 μM respectively, and the cell viability was examined by WST assay. Subsequently, the endogenous catalase enzymatic activity of HR cancer cells was measured using Catalase Assey Kit (SIGMA).Furthermore, lipid peroxidation of HR cancer cells was analyzed by immunofluorescence using 4-hydroxynonenal (HNE) and 5-lipoxygenase (5-LOX) antibody. HNE is typical lipid peroxidation marker and 5-LOX is known as lipid peroxidase. </p><p>&lt;results and discussion&gt;</p><p>In HeLa and SAS parental cells, they survived to the extent of 25 μM by hydrogen peroxide treatment. On the other hand, stepwise hydrogen peroxide-treated cells survived up to100 μM (HeLa) and 50 μM (SAS), showingresistance to hydrogen peroxide. Analysis of catalase enzyme activity showed significant increase in HeLa HR cells compared with the HeLa parent, but there were no significant differences in SAS cells.</p><p>Furthermore, HNE and 5-LOX expression levels in HR cells were significantly decreased compared with the parental cells byimmunofluorescent staining. </p><p>As mentioned above, the membrane lipid peroxidation is regulated by the expression of 5-LOXrather than a catalase activity. The decreased 5-LOX expression may suppress lipids peroxidation in plasma membrane and leadto retention viability to hydrogen peroxide in HR cells.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_2-P-122

  • 富田 和男, 竹村 基彦, 西山 信好, 福本 学, 西谷 佳浩, 栗政 明弘, 佐藤 友昭, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 並河 英紀, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠 .  がんの治療抵抗性・感受性を制御する細胞膜酸化状態とALOXの関与 .  日本薬理学会年会要旨集92 ( 0 ) 2 - O-12   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Although radiation therapy is one of the choices to treat cancers and is an excellent local treatment method, existence of radiation resistant cell is a major problem. We established clinically relevant radioresistant (CRR) cells that can survive exposing to 2 Gy/day X-rays for more than 30 days. However, the mechanism to obtain resistance has not been elucidated yet. We investigated the relationships between resistant mechanism to hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>) and plasma membrane state in CRR cells. </p><p> CRR cells showed resistance to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>, but catalase enzyme activity was down-regulated. Plasma membrane potential were low, no internal H<sub>2</sub>O<sub>2 </sub>increase and no lipid peroxidation were seen even after 2 hours of H<sub>2</sub>O<sub>2 </sub>treatment in CRR cells. Administration of oxidized lipid led to further cell death after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment in CRR cells. The lipoxygenase (ALOX) gene and protein expressions were down-regulated in CRR cells. We also established stress-sensitive ρ<sup>0</sup> cells that lack mitochondrial DNA. Gene and protein expressions of ALOX were up-regulated in ρ<sup>0</sup> cells. Expression of cyclooxygenase-2 does not seem to be involved in this mechanism. </p><p> These results suggest that the involvement of ALOX in resistance or sensitivity of cancer treatment.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_2-O-12

  • 五十嵐 健人, 富田 和男, 佐藤 友昭 .  隔離飼育ストレス負荷マウスの噛みつき行動に対する加味逍遥散の作用について. .  鹿児島歯科医師会報149   11 - 13   2019年

  • 田中 康一, 富田 和男, 北中 順惠, 北中 純一, 佐藤 友昭, 竹村 基彦, 西山 信好 .  プリン・ピリミジンヌクレオシドの過酸化水素によるチミジン取り込みへの効果 .  日本薬理学会年会要旨集92 ( 0 ) 3-P-012   2019年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    DOI: 10.1254/jpssuppl.92.0_3-p-012

  • 富田 和男, 桑原 義和, 高 裕子, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  細胞膜鉄動態と酸化ストレス抵抗性 .  東北医科薬科大学研究誌66   25 - 31   2019年査読

  • Kuwahara Y. .  Association between radiation-induced cell death and clinically relevant radioresistance .  Histochemistry and Cell Biology150 ( 6 ) 649 - 659   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Histochemistry and Cell Biology  

    DOI: 10.1007/s00418-018-1728-z

    Scopus

    PubMed

  • 五十嵐健人、富田和男、桑原義和、山西沙祐里、古川みなみ、宮脇正一、栗政明弘、佐藤友昭 .  ストレス関連病態におけるGABA応答障害の関与. .  東北医科薬科大学研究誌65   7 - 10   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑原義和、富田和男、北原秀治、五十嵐健人、漆原雄介、齋藤陽平、佐藤友昭、栗政明弘、福本学 .  標準的放射線療法に抵抗を示すがん細胞の不思議な性質 .  東北医科薬科大学研究誌65   11 - 19   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Tomita K, Takahashi S, Urushihara Y, Saito Y, Roudkenar MH, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M. .  Mitochondrial dysfunction in cross-resistance of clinically relevant radioresistant cells to X-rays and docetaxel. .  J Cancer Sci & Therapy10 ( 12 ) 379 - 386   2018年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Nabika H, Igarashi K, Nagasawa T, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T .  Data on the aquaporin gene expression differences among ρ<sup>0</sup>, clinically relevant radioresistant, and the parental cells of human cervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma. .  Data in brief20   402 - 410   2018年10月

     詳細を見る

  • 1. Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Yuko Takashi, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Hideki Nabika, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, and Tomoaki Sato* .  Clinically relevant radioresistant cells exhibit resistance to H2O2 by decreasing internal H2O2 and lipid peroxidation. .  Tumor Biology40 ( 9 ) 1 - 11   2018年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:SAGE  

    DOI: 10.1177/1010428318799250

    Scopus

    PubMed

  • 2. Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Hideki Nabika, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato* .  Data on the aquaporine gene expression differences amoung rho0, clinically relevant radioresistant, and the parental cells of human cervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma .  Data in Brief20   402 - 410   2018年8月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevia  

    DOI: doi.org/j.dib.2018.08.025

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato .  Oxidative stress sensitivity of cancer cells could be altered by plasma membrane .  Atlas of Science   2018年3月招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: http://atlasofscience.org

  • 1. Yoshikazu Kuwahara, Kazuo Tomita, Yusuke Urushihara, Tomoaki Sato, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto .  Association between radiation-induced cell death and clinically relevant radioresistance .  Histochemistry and Cell Biology   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: doi.org/10.1007/s00418-018-1728-z

  • Kitanaka Junichi, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyuki, Hall F. Scott, Uhl George R., Takemura Motohiko, Kitanaka Nobue, Kubota Yoshiro, Mimura Yumi, Okada Yukiya, Ogura Sayaka, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao .  Memantine induces stereotyped behaviors in mice .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 1-54   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p><u>Background</u>: Memantine is an amantadine derivative that functions a voltage-dependent non-competitive antagonist for NMDA receptors. It is chronically administered to treat the symptoms of Parkinson's disease (PD) and Alzheimer's disease (AD). However, unlike other NMDA receptor-channel blockers such as phencyclidine, dizocilpine and ketamine, memantine, at doses equivalent to those that purportedly produce therapeutic effects in PD and AD, has been reported to possess no psychotomimetic effects. In mice, memantine decreases immobility time in the tail-suspension test, but the antidepressant effect of memantine is not accompanied by locomotor stimulation, and only a high dose of memantine induces stereotypical behavior. There are no reports regarding the characteristics of memantine-induced psychotomimetic effects, which are important to determine.</p><p><u>Methods</u>. We investigated memantine and methamphetamine (METH)-induced stereotypy in male ICR mice. Locomotor activity was measured by Animex Auto. Quantification of the incidence of stereotyped behavior was made by trained observers blinded to the experimental conditions.</p><p><u>Results</u>: A single administration of mice with memantine, an NMDA receptor antagonist, induced stereotyped behaviors in dose- and time-dependent manners. The predominant component of the stereotypy was continuous, exaggerated sniffing. In contrast, the psychostimulant METH predominantly induced stereotyped biting. Memantine-induced stereotyped sniffing was attenuated by pretreatment with haloperidol, a dopamine D<sub>2</sub> receptor antagonist, and betahistine, an agent for treatment of vertigo associated with Ménière's disease, which is an analogue of histamine with weak agonist properties at histamine H<sub>1</sub> receptors and more potent antagonistic effects at histamine H<sub>3</sub> receptors. Heart rate and systolic blood pressure were monitored at frequent intervals using a tail-cuff microsensor device. No altered heart rate or blood pressure were observed in mice treated with memantine (5 mg/kg) as compared control animals.</p><p><u>Conclusions</u>: These observations suggest that memantine might induce stereotypies through neuronal mechanisms that are somewhat different from those of METH, but still overlap to a certain extent, since memantine-induced stereotypies can be attenuated by the mechanisms that also suppress METH-induced stereotypy. Importantly, these data suggests that the effects of memantine may be more limited to the ventral striatum, including nucleus accumbens, than those of METH, which is associated with dorsal striatal stimulation at high doses.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-1-54

  • Tanaka Koh-ichi, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi .  Mechanism of thymidine incorporation into acid insoluble fraction via nucleoside transporters on oxidative stress DNA injury .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO4 - 1-86   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>We have found that cultured astrocytes pretreated with <i>N<sup>6</sup></i>, <i>2'</i>-<i>O</i>-dibutyryladenosine 3',5'-cyclic monophosphate (DBcAMP), a permeable analogue of cAMP, but not astrocytes pretreated without DBcAMP and neurons, have the ability to incorporate thymidine into acid insoluble fraction via nucleoside transporters at an early time for repair on hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>)-induced DNA injury.</p><p>We studied expression of equilibrative nucleoside transporter (ENT) and concentrative nucleoside transporter (CNT) and the relation between thymidine incorporation into intracellular spaces (membrane transport) and acid insoluble fraction (DNA repair) on cultured astrocytes pretreated with DBcAMP in the presence and absence of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. We concerned that astrocytes express ENT1, ENT2, and CNT2, CNT3, but not CNT1, by western blot, immunocytochemistry and RT-PCR, and H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> caused decrease in membrane transport of thymidine from extracellular spaces to intracellular spaces and increase in incorporation of thymidine into acid insoluble fraction to cultured astrocytes pretreated with DBcAMP.</p><p>These finding indicate that cultured differentiated astrocytes could incorporate thymidine effectively into acid insoluble fraction for repair on H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>-induced DNA injury, although the function of ENT2 and CNT3 might be impaired.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO4-1-86

  • Sato Tomoaki, Yamanishi Sayuri, Furukawa Minami, Tomita Kazuo, Miyawaki Shoichi .  Maternal separation delayed the timing of GABA switch and induced the behavior disorders in male mice .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 1-45   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Child neglect is an emerging social problem. Although it is reported that early life stress leads to psychiatric disorder, the cause is unclear. Early in life, the function of GABA(gamma-aminobutyric acid), an inhibitory neurotransmitter, changes from excitability to inhibitory (GABA switch). This GABA switch is mainly mediated by the up-regulation of KCC2(K-Cl-cotransporter). Moreover, the precise timing of GABA switch is indispensable for constructing normal neural circuits. Therefore, the purpose of this study is to examine the influence of early life stress on higher brain functions. Neonatal C57BL/6J male mice were divided into control group and experimental group. Experimental group was subjected to maternal separation for 3 hours a day from postnatal day 1 (P1) to P21. Then both groups were weaned at P22. We analyzed KCC2 expression at hippocampus. Next, we analyzed the timing of GABA switch by Ca2+imaging method. Behavioral analyzes were conducted from P35. KCC2 was decreased at P7, P14 and P35and the timing of GABA switch was delayed in experimental group. We also found cognition and attention defects in experimental group by behavioral analyzes. Taken together, maternal separation inhibited the expression of KCC2 for a long lasting period and delayed the timing of GABA switch.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-1-45

  • Tomita Kazuo, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Fukumoto Manabu, Nishitani Yoshihiro, Kurimasa Akihiro, Sato Tomoaki, Kuwahara Yoshikazu, Takashi Yuko, Yamanishi Sayuri, Nabika Hideki, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 7-32   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Radiation therapy is one of the choices to treat malignant tumors. Although radiation therapy has been established as an excellent local treatment for malignant tumors, existence of radiation resistant cell is a major problem to overcome. To reveal radioresistant mechanism, we investigated using clinically relevant radioresistant (CRR) cells that had been obtained by exposing to 2 Gy/day X-rays for more than 30 days. CRR cells show not only radioresistance but also resistant to anticancer drug docetaxel. CRR cells also show low frequency of DNA double strand breaks, low mitochondrial membrane potential and produce little amount of reactive oxygen species (ROS). However, the molecular mechanism to obtain radio-resistant is not clear. So, we try to reveal the resistant ability to other oxidative stress such as hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>). First, we investigated the resistance of CRR cells against H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> using WST assay. As a result, these cells showed resistant to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. Next, we examined gene expression and enzyme activity of catalase that is H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> catabolic enzyme. Catalase expression was up-regulated in CRR cells. However, catalase enzyme activity was down-regulated. We also investigated mitochondrial DNA (mtDNA) copy number. It was shown that the mtDNA copy number was decreased in CRR cells. In addition, the amount of ATP, ATPase gene expressions and plasma membrane potential were investigated in CRR cells. It was shown that the amount of ATP decreased, ATPase gene expressions were up regulated and plasma membrane potential were low in CRR cells. Furthermore, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation was investigated. As a result, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation were seen in parental cells 2h after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> administration. On the other hand, increase of internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount and lipid peroxidation were not seen in CRR cells 2h after H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> administration. These results suggest that the decrease of cell response through plasma membrane component is the main factor rather than internal oxidative stress scavenging enzyme activity to obtain resistance against oxidative stress in CRR cells.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-7-32

  • Takashi Yuko, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Nishitani Yoshihiro, Sato Tomoaki, Tomita Kazuo, Kuwahara Yoshikazu, Yamanishi Sayuri, Nabika Hideki, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ<sup>0</sup> cells and involvement of membrane status .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO4 - 6-14   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Mitochondria have been recognized as ¨Powerhouse of the Cell¨ for a long time. Lately, mitochondria have also been shown as the primary site of reactive oxygen species (ROS) generation and to be involved in apoptosis. Mitochondria have its own DNA (mtDNA) and mtDNA encodes 13 mitochondrial structure protein.It has been shown that mtDNA damage by ROS causes various types of diseases such as cancer. Therefore, these damaged cells will provide valuable cell models to study oxidative stress and overcome ROS derived diseases. We established mtDNA depleted ρ<sup>0</sup> cells from HeLa and SAS cell lines and investigated the effect of ROS, especially hydrogen peroxide (H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>) sensitivity. First, we performed H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment on HeLa and SAS ρ<sup>0</sup> cells at a concentration of 0 to 100 μM. Next, we investigated catalase gene expression and catalase enzyme activity. As a result, ρ<sup>0</sup> cells showed high sensitivity to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> compared with its parental cells, even though the catalase activity of ρ<sup>0</sup> cells were up-regulated. We investigated cell membrane potential by DiBAC4 (3), lipid peroxidation by HNE immunostaining, endogenous H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount by HYDROP and uptake of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> by stable isotope-containing H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. The result showed that the membrane potential of ρ<sup>0</sup> cells was lower than their parental cells, the amount of HNE was elevated in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells, internal H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> amount was significantly increased only in ρ<sup>0</sup> cells after 50 μM H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> treatment for 1 h and uptake of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> were increased in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells. These changes in the membrane state, particularly lipid peroxidation, occurred in ρ<sup>0</sup> cells as compared with their parental cells, leads to increase membrane permeability of H<sub>2</sub>O<sub>2</sub>. And the timing of the intracellular H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> concentration will be advanced. In conclusion, ρ<sup>0</sup> cells are considered to be more susceptible to H<sub>2</sub>O<sub>2</sub> than their parental cells because the membrane statuses change.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO4-6-14

  • Kitanaka Nobue, Nakamura Miyu, Tagami Kenta, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyuki, Hall F. Scott, Uhl George R., Takemura Motohiko, Kitanaka Junichi, Amatsu Yukie, Ozawa Rena, Sato Miho, Hashimoto Kotaku, Hisatomi Erina, Kitao Eri, Mimura Mari .  Histamine H<sub>3</sub> receptor inverse agonists alleviate methamphetamine-induced behavioral abnormalities in mice via histamine H<sub>1</sub> receptors .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 1-46   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p><u>Background</u>: Due to its highly addictive properties, and the adverse consequences associated with acute and chronic use of methamphetamine (METH), effective treatments for METH dependence are needed. Unfortunately, various attempts at pharmacotherapy trials have yielded unpromising and inconsistent results using medications developed to date. Several novel alternative approaches have been a matter of intense investigation more recently, including dopamine D<sub>3</sub> receptor antagonists and partial agonists, and manipulations of brain histamine systems. The later possibility is addressed in this presentation.</p><p><u>Methods</u>: We investigated whether pretreatment with histamine H<sub>3</sub> receptor inverse agonists such as pitolisant and JNJ-10181457 affected METH-induced hyperlocomotion and stereotypy in male ICR mice. Locomotor activity was measured by Animex Auto. Quantification of the incidence of stereotyped behavior was made by trained observers blinded to the experimental conditions.</p><p><u>Results</u>: A single administration with METH (3 mg/kg, i.p.) induced hyperlocomotion in mice. Pretreatment of mice with pitolisant or JNJ-10181457 showed a significant reduction of the hyperlocomotion induced by METH, as compared with vehicle- (saline) pretreated subjects. No significant change in locomotion was observed in mice pretreated with H<sub>3</sub> receptor inverse agonists alone. Pretreatment with pitolisant or JNJ-10181457 prior to a high-dose METH (10 mg/kg, i.p.) significantly decreased the intensity of stereotyped behaviors and increased its latency of onset in a dose-dependent manner. The pitolisant action on METH-induced hyperlocomotion was completely abolished by a histamine H<sub>1</sub> receptor antagonist pyrilamine, but not by a brain-penetrating histamine H<sub>2</sub> receptor antagonist zolantidine.</p><p><u>Conclusions</u>: These observations suggest that pretreatment with H<sub>3</sub> receptor inverse agonists attenuate METH-induced behavioral abnormalities via the histamine receptor subtype H<sub>1</sub>, but not H<sub>2</sub>, and support the idea that activation of brain histamine systems may be a good strategy for the development of agents which treat METH abuse and dependence.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-1-46

  • Furukawa Minami, Nishiyama Nobuyoshi, Nishitani Yoshihiro, Miyawaki Shouichi, Sato Tomoaki, Tsukahara Takao, Yamanishi Sayuri, Tomita Kazuo, Takashi Yuko, Tanaka Koh-ich, Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Takemura Motohiko .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice .  日本薬理学会年会要旨集2018 ( 0 ) PO3 - 1-49   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本薬理学会  

    <p>Early life stress leads to neurodevelopmental disorders. The excitatory-to-inhibitory functional switch of γ-aminobutyric acid (GABA switch) normally occurs on the up-regulation of K<sup>+</sup>-Cl<sup>-</sup> cotransporter-2 (KCC2) in the first to the second postnatal week. GABA switch is necessary for normal construction of neural circuit. Therefore, early life stress may induce behavioral abnormalities through the influence of GABA switch. </p><p> The purpose of this study is to examine the effect of maternal separation (MS) on the timing of GABA switch and on the adolescent behavior. </p><p> Neonatal C57BL/6J male mice were divided into control group (Ctl) and experimental group. Experimental (MS) group was subjected to maternal separation for 3 hours a day during postnatal day 1 (P1) to P21. Then both groups were weaned at P22. We conducted quantification of KCC2 immunoreactivity (IR) at P7, 14, 21 and 35, and analyzed the timing of GABA switch by Ca<sup>2+</sup> imaging method during P2 to P15. Behavioral analyzes such as open field, novel object recognition, elevated cross maze, attack action tests, were conducted from P35 to P38. MS resulted in a decrease in perimembrane KCC2-IR in the CA1 and CA3 regions at P7, 14, 21 and 35. NKCC1-IR in CA1 and CA3 were no significant difference between the Ctl and MS groups. Next, we analyzed the timing of GABA switch by Ca<sup>2+</sup> imaging method. 10 μM of muscimol induced Ca<sup>2+</sup> responses present in a higher percentage of neurons in the MS than in the Ctl on P8 and P11. The Ca<sup>2+</sup> responses induced by muscimol were completely inhibited by pre-treatment with 10 μM of bicuculline. Compared to mice in the Ctl group on P35, MS group had decreased amounts of perimembrane KCC2 in hippocampal CA1 and CA3. There were no significant differences in NKCC1 in both groups on P35. We also found cognition and attention defects in MS group by behavioral analyzes. </p><p> Taken together, neonatal MS inhibited the expression of perimembrane KCC2 for a long lasting period, leading to the delay timing of GABA switch in the hippocampus. The disrupted KCC2 expression could be associated with abnormal behaviors during adolescence.</p>

    DOI: 10.1254/jpssuppl.WCP2018.0_PO3-1-49

  • Kuwahara Y. .  Clinically relevant radioresistant cell line: a simple model to understand cancer radioresistance .  Medical Molecular Morphology50 ( 4 ) 195 - 204   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Medical Molecular Morphology  

    DOI: 10.1007/s00795-017-0171-x

    Scopus

    PubMed

  • 富田和男, 桑原義和, 高裕子, 並河英紀, 西谷佳浩, 漆原佑介, 山西沙祐里, 古川みなみ, 宮脇正一, 栗政明弘, 福本学, 佐藤友昭 .  ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態 .  東北医科薬科大学研究誌64   49 - 55   2017年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 桑原義和, 富田和男, 漆原佑介, 齋藤陽平, 佐藤友昭, 栗政明弘, 福本学 .  2Gy/日のX線分割照射に抵抗性を示すがん細胞の樹立と解析 .  東北医科薬科大学研究誌64   39 - 48   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Roudkenar MH, Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M .  Clinically relevant radioresistant cells: a simple model to understand cancer radioresistance .  Med Mol Morphol50 ( 4 ) 195 - 204   2017年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Springer  

  • Furukawa M. .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression .  Biochemical and Biophysical Research Communications493 ( 3 ) 1243 - 1249   2017年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.09.143

    Scopus

    PubMed

  • Kuwahara Y, Roudkenar MH, Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M .  X-Ray Induced Mutation Frequency at the Hypoxanthine Phosphoribosyltransferase Locus in Clinically Relevant Radioresistant Cells .  International Journal of Medical Physics Clinical Engineering and Radiation Oncology6 ( 4 ) 377 - 391   2017年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Research  

  • Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression .  Biochem. Biophys. Res. Comm. 493   1243 - 1249   2017年9月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Tomita K. .  Sensitivity of mitochondrial DNA depleted ρ0 cells to H<inf>2</inf>O<inf>2</inf> depends on the plasma membrane status .  Biochemical and Biophysical Research Communications490 ( 2 ) 330 - 335   2017年8月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Biochemical and Biophysical Research Communications  

    DOI: 10.1016/j.bbrc.2017.06.044

    Scopus

    PubMed

  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Tsukahara T, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T .  Sensitivity of mitochondrial DNA depleted ρ0 cells to H2O2 depends on the plasma membrane status .  Biochem. Biophys. Res. Comm.490   330 - 335   2017年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kuwahara Y, Roudkenar JR Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh MA, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M. .  Clinically relevant radioresistant cell line: a simple model to understand cancer radioresistance .  Med. Mol. Morphol.   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 富田 和男, 宮脇 正一, 佐藤 友昭 .  幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 .  日本顎口腔機能学会雑誌24 ( 1 ) 28 - 29   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本顎口腔機能学会  

    DOI: 10.7144/sgf.24.28

  • 桑原義和、鈴木正敏、漆原佑介、齋藤陽平、山本由美、富田和男、佐藤友昭、山本文彦、栗政明弘、福本学 .  放射線で誘発される細胞死: アポトーシス、オートファジー、ネクロプトーシス .  東北医科薬科大学研究誌63   63 - 70   2016年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 塚原飛央、増原正明、古川みなみ、宮脇正一、佐藤友昭 .  ストレスと精神病発症の可能性と関連性〜ストレスがCl-トランスポーターを介して及ぼす影響〜 .  鹿歯会報—TEETFULL127   9 - 11   2016年招待

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)  

  • Masuhara M, Tsukahara T, Tomita K, Furukawa M, Miyawaki S, Sato T .  A relation between osteoclastogenesis inhibition and membrane-type estrogen receptor GPR30 .  Biochem. Biophys. Rep.8   389 - 394   2016年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 4. Takao Tsukahara, Masaaki Masuhara, Haruki Iwai, Takahiro Sonomura, Tomoaki Sato .  The effect of repeated stress on KCC2 and NKCC1 immunoreactivity in the hippocampus of female mice .  Data in Brief6   521 - 525   2016年招待 査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevia  

    DOI: dx.doi.org/10.1016/j.dib.2015.12.041

  • Tsukahara T, Masuhara M, Iwai H, Sonomura T, Sato T .  Repeated stress-induced expression pattern alterations of the hippocampal chloride transporters KCC2 and NKCC1 associated with behavioral abnormalities in female mice .  Biochem. Biophsi. Res. Comm. 465   145 - 151   2015年査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 宮脇正一、佐藤 友昭 .  鹿児島大学歯学部カリキュラム改善ワーキンググループ活動報告 .  鹿児島大学歯学部紀要34   107 - 111   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • 田口則宏、佐藤友昭、松口徹也、宮脇正一 他 .  教員の教育能力開発ー鹿児島大学歯学部の取り組みー .  鹿児島大学歯学部紀要32   71 - 75   2012年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • 上川善昭、永山知宏、佐藤友昭 他 .  義歯床材料表面における口腔化粧品(オーラルバランスジェル)の抗真菌効果 .  歯科薬物療法雑誌31 ( 1 ) 1 - 6   2012年査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshiaki Kamikawa, Tetsuya Nitta, Tomohiro Nagayama, Kiyotsugu Kawasaki, Junichi Fujisaki, Daisuke Hirabayashi, Tomofumi Hamada, Ryoichi Sakamoto, Hiroshi Mukai, Ryoichi, Ryoichi Sakamoto, Hiroshi Mukai, Tomoaki Satoh and Kazumasa Sugihara .  An improved test paper (ITP) for analyzing the minor salivary gland secretory function .  Oral Therapeutics and Pharmacology29 ( 2 ) 77 - 82   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoaki Sato, Takashige Nishikawa .  Effects of neuroactive peptides, vasopressin, vasopressin fragments, and its analog (NC-1900) on learning and memory .  Ann. Kagoshima Univ. Dent. Sch. 28 ( 28 ) 19 - 25   2008年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Sato T, Ishida T, Irifune I, Tanaka K, Hirate K, Nakamura N, Nishikawa T. .  Effect of NC-1900, an active fragment analog of arginine vasopressin, and inhibitors of arachidonic acid metabolism on performance of a passive avoidance in mice. .  Eur J Pharmacol 233   36 - 41   2007年1月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tomoaki Sato, Takashige Nishikawa .  Inhibitory effect of several nitric oxide-generating compounds on purified Na+, K+-ATPase activity from porcine cerebral cortex .  Journal of Neurochemistry68 ( 3 ) 1312 - 1318   1997年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 現代歯科薬理学(第6版)

    佐藤友昭( 担当: 単著)

    医歯薬出版  2018年4月 

     詳細を見る

    総ページ数:279−293   記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 歯科漢方医学

    佐藤友昭( 担当: 監修)

    末永書店  2018年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 歯科薬理学各論 25章 抗感染症薬

    佐藤友昭( 担当: 分担執筆)

    現代歯科薬理学(第5版)  2011年12月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:教科書・概説・概論

  • 循環系治療薬、心不全治療薬、輸液、痛風治療薬歯科薬理学(第5版)

    佐藤友昭、西川殷維( 担当: 分担執筆)

    医歯学出版  2005年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 薬物療法1 抗菌剤先端医療シリーズ・歯科医学2 歯周病~新しい治療をもとめて~

    西川殷維、佐藤友昭( 担当: 共著)

    先端医療技術研究所  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • Effects of vasopressin fragment analog NC-1900 on learning and memoryIn: Frontiers of mechanisms of memory and dementia

    Sato T, Tanaka K, Nishikawa T et al.( 担当: 共著)

    Elsevier B.V. Amsterdam  2000年 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

▼全件表示

MISC

  • 細胞の形態変化から見た放射線で誘発される細胞死 招待 査読

    桑原 義和, 富田 和男, 千田 知佳, 漆原 佑介, 上条 桂樹, 佐藤 友昭, 福本 学, 栗政 明弘

    細胞   53 ( 12 )   767 - 771   2021年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:(株)ニュー・サイエンス社  

    筆者らは、放射線照射によってどのような細胞死が誘発されるのかを長期生細胞イメージングを行うことで解析し、放射線抵抗性の克服を目指している。これまでに、放射線照射後、培地中に浮遊する死細胞は、形態的特徴からType 1の細胞死であるapoptosis、Type 2の細胞死であるautophagic cell death、Type 3の細胞死であるnecrosis又はnecroptosisに分類できる可能性を見出した。さらに、放射線照射によって代謝は維持されているものの細胞死の一様式と考えられているMitotic Catastrophe(MC)も高頻度に誘発される事を確認した。放射線で誘発される細胞死は、直接Type 1〜3の細胞死を誘発する細胞は少なく、MCを介してType 1〜3の細胞死が散発的に誘発されると考えられる。一方、放射線抵抗性細胞ではMCの誘発頻度は低かった。従って、放射線抵抗性細胞に効率よくMCを誘発することができれば、放射線抵抗性の克服が可能であると考えられる。(著者抄録)

  • Non-coding RNAs in ferroptotic cancer cell death pathway: meet the new masters 招待 査読 国際共著 国際誌

    Valashedi M.R.

    Human Cell   35 ( 4 )   972 - 994   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Human Cell  

    DOI: 10.1007/s13577-022-00699-0

    Scopus

    PubMed

  • Pharmacological Targeting of Ferroptosis in Cancer Treatment

    Valashedi M.R.

    Current Cancer Drug Targets   22 ( 2 )   108 - 125   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Current Cancer Drug Targets  

    DOI: 10.2174/1568009621666211202091523

    Scopus

    PubMed

  • 放射線耐性におけるミトコンドリアの役割

    富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 福本 学, 佐藤 友昭

    放射線生物研究   55 ( 4 )   370 - 383   2020年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:放射線生物研究会  

    現在、2人に1人が人生で1度はがんに罹患するといわれている。がんの治療については、外科的手術、化学療法、放射線療法の3つの柱に加え、近年は分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤の開発も加わり、めざましい進歩を遂げてきている。しかしながら、放射線治療において耐性を示す細胞の出現は、がん患者に悪い予後をもたらす大きな問題のひとつである。そのため、放射線および薬物耐性のメカニズムを明らかにし、その性質を理解することができれば、治療効果が高まりがん克服へ大きな一歩が踏み出せると考えられる。そこで私たちは、複数のヒトがん細胞株から、従来の放射線治療で行われている2Gy/日の放射線照射に耐性を示す「臨床的放射線耐性がん細胞」(Clinically Relevant Radioresistant Cell:CRR細胞)を樹立し、その性質を解析してきた。現在までにCRR細胞は、放射線に耐性を示さない細胞に比べ、ミトコンドリアの膜状態やDNAコピー数、遊離の2価鉄量などが変化していることなどが示され、放射線耐性とミトコンドリアとの強い関連性が次第に明らかとなってきている。そこで本稿では、放射線耐性におけるミトコンドリアの役割について、CRR細胞の解析を中心に概説する。(著者抄録)

  • オキシトシンの精神作用と精神疾患治療への応用に向けたアプローチ 査読

    五十嵐 健人, 富田 和男, 桑原 義和, 栗政 明弘, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 67 )   41 - 45   2020年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    オキシトシンは末梢組織に対する作用の他にも、中枢・精神作用を有しており、繁殖行動および攻撃行動といった社会性行動や信頼関係の構築に関与していると考えられ、多様な精神疾患症状に対する治療効果が期待されている。1)オキシトシンの投与とヒトに対する作用、2)実験動物でのオキシトシンの作用および生理学的役割の解析、3)オキシトシンと類似したペプチドホルモンとの比較、4)攻撃行動解析装置を用いたアプローチ、について述べた。

  • 臨床的放射線耐性細胞のこれまでとこれから

    桑原 義和, 富田 和男, 高畠 貴志, 漆原 佑介, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学

    東北医科薬科大学研究誌   ( 66 )   19 - 24   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    放射線療法において、放射線に抵抗性を示す癌細胞の存在は解決すべき課題の一つである。筆者らは、2Gy/日のX線照射を行っても増殖する細胞株の樹立に成功し、これを臨床的放射線耐性(CRR)細胞と名付けた。しかし、樹立した全てのCRR細胞に共通する放射線抵抗性因子の特定にはいまだ至っていない。これは、ゲノム背景は同一であるものの、CRR細胞と親株を比較していることに問題があるのではないかと考え考察を行った。

  • 細胞内鉄動態と酸化ストレス抵抗性

    富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 66 )   25 - 31   2019年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    鉄代謝が異常となると様々な疾病が引き起こされる。近年、細胞内鉄動態により酸化ストレスへの感受性が変化することが報告されているが、これは細胞内の主たる鉄利用細胞内小器官であるミトコンドリアの鉄動態ともリンクしていることが明らかとなった。生体の鉄代謝メカニズムおよび放射線や過酸化水素などの酸化ストレスによってもたらされた鉄を介した細胞応答について、筆者らの研究成果を含め概説した。

  • 標準的放射線療法に抵抗性を示すがん細胞の不思議な性質

    桑原 義和, 富田 和男, 北原 秀治, 五十嵐 健人, 漆原 佑介, 齋藤 陽平, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学

    東北医科薬科大学研究誌   ( 65 )   11 - 19   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    臨床的放射線耐性(CRR)細胞は標準的放射線療法である2Gy/日のX線を照射し続けても増殖する。筆者らはCRRを複数のヒト由来癌細胞株から樹立し研究を行った。その結果、CRR腫瘍は血管密度が親株由来の腫瘍に比べて高く、酸素分圧が高いことから、CRR細胞が分割照射に抵抗性を示すためには酸素が必要不可欠であることが示唆された。CRR細胞のX線耐性メカニズムおよび放射線抵抗性腫瘍の不思議な性質について述べた。

  • ストレス関連病態におけるGABA応答障害の関与

    五十嵐 健人, 富田 和男, 桑原 義和, 山西 沙祐里, 古川 みなみ, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 65 )   7 - 10   2018年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    γ-アミノ酪酸(GABA)応答障害が様々な行動特性変化をもたらすとする仮説に基づき、社会的ストレスを模した負荷を経験したマウスのストレス応答について、行動生物学的手法および分子生物学的手法を用いて解析を進めている。GABA応答障害の改善は多くの疾患に共通するメカニズムを介して制御されていると考えられる。本稿では実験的ストレス負荷がどのように神経障害をきたすのか、成果を交えて概説した。

  • Oxidative stress sensitivity of cancer cells could be altered by plasma membrane status

    1. Y. Takashi, K. Tomita, Y. Kuwahara, A. Kurimasa, M. Fukumoto, Y. Nishitani, T. Sato

    Atlas of Science   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

    その他リンク: http://atlasofscience.org/

  • ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態

    富田 和男, 桑原 義和, 高 裕子, 並河 英紀, 西谷 佳浩, 漆原 佑介, 山西 沙祐里, 古川 みなみ, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭

    東北医科薬科大学研究誌   ( 64 )   49 - 55   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    生体内において、活性酸素種(ROS)の主な生成場所はミトコンドリア(mt)であり、mtおよびmtDNAの障害によりROS産生が亢進し疾病を引き起こす。筆者らの研究により、mtDNAを欠失した細胞は酸化ストレスに感受性であり、その感受性は内在性のカタラーゼの酵素活性よりもむしろ膜電位や膜の過酸化の状態によって規定される可能性が示唆された。放射線や過酸化水素によってもたらされた酸化ストレスによる細胞応答について、mtの関与や細胞膜の状態との関連についての知見を加え概説した。

  • 2Gy/日のX線分割照射に抵抗性を示すがん細胞の樹立と解析

    桑原 義和, 富田 和男, 漆原 佑介, 齋藤 陽平, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学

    東北医科薬科大学研究誌   ( 64 )   39 - 48   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:東北医科薬科大学  

    著者らは、放射線療法時に抵抗性を示す癌細胞を克服する研究を行うために、ゲノム背景が同一であり、2Gy/日のX線照射を30日行っても増殖する臨床的放射線耐性(CRR)細胞株の樹立に成功した。また、CRR細胞がX線に抵抗を示すメカニズムを調べたところ、ミトコンドリアのCRR形質への関与が示唆された。1)CRR細胞の樹立、2)in vivoでのCRR細胞、3)X線照射で生じたDNA損傷の修復能とX線抵抗性、4)オートファジー細胞死とX線抵抗性、5)X線抵抗性と抗癌剤、6)CRR細胞の今後、について概説した。

  • 幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 査読

    2. 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、宮脇正一、佐藤友昭

    日本顎口腔機能学会雑誌   24   28 - 29   2017年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 五十嵐 健人、富田 和男、田中 康一、桑原 義和、西山 信好、栗政 明弘、佐藤 友昭 .  放射線照射モデルにおける神経障害に対し、K+-Cl- トランスポーターであるKCC2は有効な薬物治療の標的となりうるか .  第93回日本薬理学会年会 2020年3月(誌上開催)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 桑原義和、富田和男、漆原佑介、佐藤友昭、栗政明弘 .  イメージングによる放射線生物学 .  第3回生体応答科学研究センターセミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 富田和男、桑原義和、五十嵐健人、福本学、栗政明弘、佐藤友昭 .  CRR細胞のストレス抵抗性に対する膜動態と遊離鉄の関与 .  第3回生体応答科学研究センターセミナー  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 五十嵐 健人、富田 和男、田中 康一、桑原 義和、西山 信好、佐藤 友昭な .  放射線照射により惹起される脳機能障害に対する、K+-Clトランスポーター KCC2を標的とした薬物療法の有用性 .  第72回日本薬理学会西南部会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:那覇市  

  • Igarashi K, Tomita K, Tanaka K, Kuwahara Y, Nishiyama N, Kurimasa A, Sato T. .  KCC2, a K+-Cl- co-transporter, is a possible target to attenuate the neuronal dysfunction that is associated with radiation therapy for brain tumor .  第6回アジア神経精神薬理学会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月 - 2109年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都府  

  • 富田和男、高裕子、五十嵐健人、西谷佳浩、佐藤友昭 .  ALOXはρ0細胞において脂質過酸化と過酸化水素取り込みを制御する .  第61回歯科基礎医学会学術大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年10月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京都  

  • 五十嵐健人、口岩俊子、口岩聡、富田和男、佐藤友昭 .  マウスの噛みつき行動に対する加味逍遙散の作用 .  第21回応用薬理シンポジウム  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田和男 桑原義和 五十嵐健人 福本学 佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞の膜動態 .  第2回放射線耐性研究セミナー  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  X線で誘発される細胞死 .  桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京都  

  • 長澤大成、富田和男、五十嵐健人、佐藤友昭 .  過酸化水素抵抗性がん細胞における過酸化水素抵抗メカニズムの解析 .  第1回南九州歯学会総会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年6月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、髙 裕子、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、竹村 基彦、西山 信好、福本 学、西谷 佳浩、栗政 明弘、佐藤 友昭 .  Involvement of ALOX in resistance or sensitivity of cancer treatment via plasma membrane oxidation state .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大阪  

  • 五十嵐 健人、富田和男、佐藤友昭 .  The usefulness of KCC2 to analyze the effect of irradiation on rodent neuron .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 北中純一、北中順惠、神取恭史、村上綾香、村谷和樹、中野多絵、田中康一、富田和男、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  Tetrabenazine attenuates morphine-induced hyperlocomotion, but not antinociception, in mice .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 北中順惠、北中純一、天津優紀恵、大澤礼奈、佐藤実歩、橋本紘卓、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、三村真梨、中村美裕、田上健太、田中康一、富田和男、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  Histamine H3 receptor inverse agonists attenuate methamphetamine-induced hyperlocomotion in mice via histamine H1 receptors .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 長澤大成、富田和男、桑原義和、五十嵐健人、高裕子、佐藤友昭 .  Analysis of hydrogen peroxide resistance mechanism on hydrogen peroxide resistant cancer cells .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 田中康一、富田和男、北中順惠、北中純一、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  Effects of purine and pyrimidine nucleosides on hydrogen peroxide-induced thymidine incorporation .  第92回日本薬理学会年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:大阪  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐健人、長澤大成、漆原 佑介、山西 沙祐里、宮脇 正一、西谷 佳浩、栗政 明弘、福本 学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における細胞膜酸化制御因子の検索 .  第4回 治療耐性がん細胞研究協議会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 桑原 義和、富田 和男、五十嵐 健人、齋藤 陽平、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  放射線耐性がん細胞の不都合な性質 .  第4回 治療耐性がん細胞研究協議会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 髙 裕子、富田 和男、桑原 義和、五十嵐 健人、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、西谷 佳浩、西山 信好、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理におけるρ0細胞の膜状態変化とアクアポリン3, 8, 9の発現 .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐健人、長澤 大成、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、栗政 明弘、西谷 佳浩、西山 信好、竹村 基彦、福本 学、佐藤 友昭 .  細胞膜酸化状態はがんの治療耐性を制御する .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 五十嵐健人、富田 和男、佐藤 友昭 .  X線照射後の初代培養神経細胞におけるCl-トランスポーター発現解析 .  第71回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 富田和男 .  放射線/薬剤耐性がん細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  平成30年度鹿児島大学歯学部同窓会学術講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島  

  • 大内 裕也、富田 和男、佐藤友昭 鵜浦 啓、並河 英紀 .  過酸化水素の脂質二重膜透過挙動に対する酸化脂質の影響 .  第69回コロイドおよび界面化学討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:茨城  

  • 大内 裕也、佐藤友昭、富田 和男、鵜浦 啓、並河 英紀 .  Effect of Oxidized lipid on permeation of hydrogen peroxide across lipid bilayer .  平成30年度化学系学協会東北大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:秋田  

  • 富田和男、髙裕子、五十嵐健人、西谷佳浩、佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞は親株に比べ内在性過酸化水素と過酸化脂質の上昇のタイミングの遅延により過酸化水素に耐性を示す .  第60回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 髙裕子 富田和男 五十嵐健人 西谷佳浩 佐藤友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性 .  第60回歯科基礎医学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 富田 和男、桑原 義和、髙 裕子、五十嵐 健人、長澤 大成、山西 沙祐里、大内 裕也、並河 英紀、田中 康一、北中 純一、北中 順惠、漆原 佑介、宮脇 正一、栗政 明弘、西谷 佳浩、福本 学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  第20回 応用薬理シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京  

  • 北中順惠、北中純一、天津優紀恵、大澤礼奈、佐藤実歩、橋本紘卓、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、三村真梨、中村美裕、田上健太、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  ヒスタミンH3受容体逆作動薬は覚せい剤によるマウスの異常行動を改善する .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 北中純一、北中順惠、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  アグマチンは脳ヒスタミンレベルを上昇し覚せい剤によるマウスの過運動や常同行動を減弱する .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 田中康一、富田和男、北中順惠、北中純一、塚原飛央、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  培養アストロサイトの酸化ストレスDNA障害におけるヌクレオシド輸送体を介したチミジン取り込みのメカニズム .  第41回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • Kazuo Tomita , Yoshikazu Kuwahara, Yuko Takashi, Sayuri Yamanishi, Hideki Nabika , Koh-ich Tanaka , Junichi Kitanaka , Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Shouichi Miyawaki, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Akihiro Kurimasa, Tomoaki Sato. .  Analysis of oxidative stress response in clinically relevant radioresistant cells. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Yoshiro Kubota, Yumi Mimuraa, Yukiya Okada, Sayaka Ogura, Koh-ichi Tanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Nobuyoshi Nishiyama, F. Scott Hall, George R. Uhl, Motohiko Takemura. .  Memantine induces stereotyped behaviors in mice. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Koh-ichi Tanaka, Nobue Kitanaka, Junichi Kitanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama. .  Mechanism of thymidine incorporation into acid insoluble fraction via nucleo-side transporters on oxidative stress DNA injury. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Nobue Kitanaka, Junichi Kitanaka, Yukie Amatsu, Rena Ozawa, Miho Sato, Kotaku Hashimoto, Erina Hisatomi, Eri Kitao, Mari Mimura, Miyu Nakamura, Kenta Tagami, Koh-ichi Tanaka, Kazuo Tomita, Takao Tsukahara, Tomoaki Sato, Nobuyoshi Nishiyama, F. Scott Hall, George R. Uhl, Motohiko Takemura. .  Histamine H3 receptor inverse agonists alleviate methamphetamine-induced behavioral abnormalities in mice via histamine H1 receptors .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Minami Furukawa, Takao Tsukahara, Sayuri Yamanishi, Kazuo Tomita, Yuko Takashi, Koh-ich Tanaka, Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Yoshihiro Nishitani, Shouichi Miyawaki, Tomoaki Sato. .  Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression and induces developmental disorders-like behaviors in mice. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Sayuri Yamanishi, Hideki Nabika, Koh-ichi Tanaka, Junichi Kitanaka, Nobue Kitanaka, Motohiko Takemura, Nobuyoshi Nishiyama, Shouichi Miyawaki, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato. .  Sensitivity for hydrogen peroxide in ρ0 cells and involvement of membrane status. .  WCP2018  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • 大内 裕也、富田 和男、佐藤 友昭、鵜浦 啓、並河 英紀 .  化学発光法を用いた過酸化水素の脂質二重膜透過の評価 .  日本化学会 第98回 春季年会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 富田和男、桑原義和、高裕子、五十嵐健人、漆原佑介、山西沙祐里、宮脇 正一、栗政明弘、西谷佳浩、福本学、佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性メカニズムの解析 .  第3回治療耐性がん細胞研究協議会 セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年2月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 高裕子、富田和男、桑原義和、並河英紀、塚原飛央、古川みなみ、田中康一、北中 純一、北中 順惠、西谷佳浩、宮脇 正一、西山 信好、竹村 基彦、佐藤 友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 富田和男、桑原義和、高裕子、並河英紀、塚原飛央、古川みなみ、田中康一、漆原佑介、北中 純一、北中 順惠、栗政明弘、西谷佳浩、宮脇 正一、西山 信好、竹村 基彦、福本学、佐藤 友昭 .  治療耐性がん細胞における過酸化水素耐性メカニズムの解析 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、高裕子、田中康一、北中 純一、北中 順惠、西谷佳浩、竹村 基彦、西山 信好、宮脇 正一、佐藤 友昭 .  母子分離雄性マウスに対するGABAスイッチを介した高次機能への影響 .  第70回日本薬理学会西南部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、高裕子、佐藤友昭 .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABA スイッチの時期を遅らせ,発達性障害様行動異常を誘発する .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長野  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、岩井治樹、高裕子、薗村貴弘、佐藤友昭 .  ストレスによるGPR30 過剰発現はAkt-WNK1 の過敏反応を惹起し,KCC2 を不活化させることで,GABA 抑制機能を低下させる .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:長野  

  • 富田和男、高裕子、塚原飛央、古川みなみ、西谷佳浩、佐藤友昭 .  治療耐性がん細胞における酸化ストレス応答機構の解析 .  第59回歯科基礎医学会学術大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:長野  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、佐藤友昭 .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABAスイッチの時期を遅らせ、発達性障害様行動異常を誘発する .  第10回鹿児島神経科学研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島  

  • 北中順惠、北中純一、中野多絵、神取恭史、村谷和樹、村上綾香、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  VMAT2阻害薬テトラベナジンはマウスにおけるモルヒネ誘導過運動を減弱するが鎮痛効果には影響しない .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉  

  • 田中康一、富田 和男、北中 順惠、北中 純一、塚原 飛央、佐藤 友昭、竹村 基彦、西山 信好 .  酸化ストレス障害におけるヌクレオシド輸送に対する細胞内カルシウムの影響 .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 北中純一、北中順惠、天津優紀恵、佐藤実歩、久富衣璃菜、喜多尾衣莉、中村美裕、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  ヒスタミンH3受容体逆作動薬ピトリサントは、マウスにおいてH1受容体を介して覚せい剤誘導過運動を減弱する .  第40回日本神経科学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、宮脇正一、佐藤友昭 .  幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 .  第58回日本口腔機能学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年4月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 古川みなみ、塚原飛央、富田和男、田中康一、北中順恵、北中純一、竹村基彦、西山信好、宮脇正一、佐藤友昭 .  母子分離はKCC2のダウンレギュレーションによりGABA機能変化の時期を遅延する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 田中康一、富田和男、北中順恵、北中純一、塚原飛央、佐藤友昭、竹村基彦、西山信好 .  酸化ストレス障害におけるチミジン取り込みへ細胞内カルシウムの影響 .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 塚原飛央、古川みなみ、富田和男、田中康一、北中順恵、北中純一、竹村基彦、西山信好、宮脇正一、佐藤友昭 .  17αエストラジオールは、反復ストレス負荷卵巣摘出マウスの海馬においてGPR30を介してSPAK-KCC2シグナルを制御する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 北中純一、北中順恵、中野多絵、神取恭史、村谷和樹、村上綾香、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  テトラベナジンはマウスにおけるモルヒネ誘導過運動を減弱する .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 北中順恵、北中純一、三村有美、久保田義朗、小倉紗耶香、岡田行矢、田中康一、富田和男、塚原飛央、佐藤友昭、西山信好、竹村基彦 .  マウスに対するメマンチンの中枢作用および末梢作用 .  第90回日本薬理学会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 桑原 義和、漆原 佑介、富田 和男、佐藤 友昭、栗政 明弘、福本 学 .  これまでに分かった放射線耐性細胞の特徴とX線照射で誘発される細胞死 .  第二回 治療耐性がん細胞研究協議会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 富田 和男、 桑原 義和、 塚原 飛央、古川 みなみ、佐藤 友昭 .  細胞の酸化ストレス応答およびミトコンドリア動態について .  第二回 治療耐性がん細胞研究協議会セミナー 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年2月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 増原正明、塚原飛央、佐藤友昭 .  Analysis of diazepam-induced inhibition of osteoclastogenesis in vitro .  第86回日本薬理学会年会  第86回日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 塚原飛央、増原正明、佐藤友昭 .  The alternations of behavior and GABAergic signal in ovariectomized mice by repeated forced administration stress .  第86回 日本薬理学会年会  第86回 日本薬理学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 田中康一、北中順恵、北中順一、山際友花、糸井正二郎、塚原飛央、佐藤友昭、竹村基彦、馬場明道、西山信好 .  Relation with decrease of thymidine incorporation and cell death by oxidative stress in cultured astrocytes .  第37回日本神経学大会  第37回日本神経学大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Takao Tsukahara, Masaaki Masuhara, Takahiro Sonomura, Masanori Uemura, Tomoaki Sato .  The alternation of emotional behavior induced by combination of repeated stress and ovariectomy mediated by GABAergic neuronal dysfunction in mice .  86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society  86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Fukuoka  

    国際学会

  • Takao Tsukahara, Masaaki Masuhara, Takahiro Sonomura, Masanori Uemura, Tomoaki Sato .  The alternation of emotional behavior induced by combination of repeated stress and ovariectomy mediated by GABAergic neuronal dysfunction in mice. .  The 86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society  The 86th Annual Meeting of The Japanese Pharmacological Society国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:英語  

    開催地:Fukuoka  

    国際学会

  • 高 裕子, 富田 和男, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  過酸化水素処理によるρ0細胞の膜状態変化とその感受性 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 富田 和男, 高 裕子, 塚原 飛央, 古川 みなみ, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  治療耐性がん細胞における酸化ストレス応答機構の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 富田 和男, 高 裕子, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  治療耐性がん細胞は親株に比べ内在性過酸化水素と過酸化脂質の上昇のタイミングの遅延により過酸化水素に耐性を示す .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2018年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi .  細胞内カルシウムイオンが酸化ストレス障害によって誘発されるthymidine取り込みに及ぼす影響(Influence of intracellular calcium ion on oxidative stress injury-induced thymidine incorporation) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭 .  細胞内遊離鉄がストレス抵抗性を制御する .  日本癌学会総会記事  2020年10月  (一社)日本癌学会

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 富田 和男, 高 裕子, 佐藤 友昭 .  母子分離ストレスは雄性マウスにおいてGABAスイッチの時期を遅らせ、発達性障害様行動異常を誘発する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Furukawa Minami, Tsukahara Takao, Tomita Kazuo, Tanaka Koh-ichi, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Sato Tomoaki .  新生児母子分離はKCC2ダウンレギュレーションを介して興奮から抑制へのGABAスイッチ時期を遅延させる(Neonatal maternal separation delays the timing of excitatory-to-inhibitory GABA switch via down-regulation of KCC2) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 宮脇 正一, 佐藤 友昭 .  幼少期ストレスと発達性障害との関係解明 矯正治療の効率化に向けた検討 .  日本矯正歯科学会大会プログラム・抄録集  2017年10月  (公社)日本矯正歯科学会

  • 古川 みなみ, 塚原 飛央, 富田 和男, 宮脇 正一, 佐藤 友昭 .  幼少期ストレスが高次機能に及ぼす影響 .  日本顎口腔機能学会雑誌  2017年9月  日本顎口腔機能学会

  • 富田 和男, 高 裕子, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  ミトコンドリアの機能不全は過酸化水素取り込みを制御するアクアポリン3, 5, 8の発現を亢進させ過酸化水素処理によるフェロトーシスを誘導する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2020年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Mimura Yumi, Kubota Yoshiro, Ogura Sayaka, Okada Yukiya, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyoshi, Takemura Motohiko .  マウスにおけるmemantineの中枢性および末梢性作用(The central and peripheral effects of memantine in mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 五十嵐 健人, 口岩 俊子, 口岩 聡, 富田 和男, 佐藤 友昭 .  マウスの噛みつき行動に対する加味逍遙散の作用 .  応用薬理  2019年7月  応用薬理研究会

  • Kitanaka Junichi, Kitanaka Nobue, Nakano Tae, Kandori Takashi, Muratani Kazuki, Murakami Ayaka, Tanaka Koh-ichi, Tomita Kazuo, Tsukahara Takao, Sato Tomoaki, Nishiyama Nobuyoshi, Takemura Motohiko .  マウスにおいてtetrabenazineはmorphineが誘発する自発運動亢進を減弱させる(Tetrabenazine attenuates morphine-induced hyperlocomotion in mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 塚原 飛央, 古川 みなみ, 富田 和男, 岩井 治樹, 高 裕子, 薗村 貴弘, 佐藤 友昭 .  ストレスによるGPR30過剰発現はAkt-WNK1の過敏反応を惹起し、KCC2を不活化させることで、GABA抑制機能を低下させる .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 桑原 義和, 富田 和男, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭, 栗政 明弘, 福本 学 .  X線照射で誘発されるがん細胞の細胞死(What is the mode of cell death after exposure to X-rays in cancer cells?) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 高 裕子, 富田 和男, 塚原 飛央, 古川 みなみ, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  ρ0細胞における酸化ストレス応答機構の解析 .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2017年9月  (一社)歯科基礎医学会

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 栗政 明弘, 福本 学, 佐藤 友昭 .  がんの治療抵抗性を制御する細胞膜動態とリポキシゲナーゼの関与(Involvement of lipoxygenase in resistance of cancer treatment through plasma membrane oxidation state) .  日本癌学会総会記事  2019年9月  (一社)日本癌学会

  • 富田 和男, 桑原 義和, 五十嵐 健人, 高 裕子, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 西谷 佳浩, 福本 学, 佐藤 友昭 .  miR-7-5pは細胞内Fe2+抑制を介して放射線抵抗性を制御する .  応用薬理  2019年7月  応用薬理研究会

  • 富田 和男, 桑原 義和, 高 裕子, 五十嵐 健人, 長澤 大成, 山西 沙祐里, 大内 裕也, 並河 英紀, 田中 康一, 北中 純一, 北中 順惠, 漆原 佑介, 宮脇 正一, 栗政 明弘, 西谷 佳浩, 福本 学, 佐藤 友昭 .  CRR細胞における過酸化水素耐性機構の解析 .  応用薬理  2018年7月  応用薬理研究会

  • 富田 和男, 高 裕子, 五十嵐 健人, 西谷 佳浩, 佐藤 友昭 .  ALOXはρ0細胞において脂質過酸化と過酸化水素取り込みを制御する .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2019年10月  (一社)歯科基礎医学会

  • Tsukahara Takao, Furukawa Minami, Tomita Kazuo, Tanaka Koh-ichi, Kitanaka Nobue, Kitanaka Junichi, Takemura Motohiko, Nishiyama Nobuyoshi, Miyawaki Shouichi, Sato Tomoaki .  17α-エストラジオールは繰り返しストレス下に置かれたOVXマウスの海馬においてGPR30を介したSPAK-KCC2活動を調節する(17α-estradiol regulates SPAK-KCC2 activity via GPR30 in the hippocampus of repeated stressed OVX mice) .  Journal of Pharmacological Sciences  2017年3月  (公社)日本薬理学会

  • 富田 和男, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭 .  歯周病菌由来LPS処理による神経系細胞のミトコンドリアへの影響(Effect on mitochondria by periodontal disease-derived LPS treatment in PC-12 cells) .  Journal of Oral Biosciences Supplement  2021年10月  (一社)歯科基礎医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 高 裕子, 遠山 祥子, 富田 和男, 星加 知宏, 佐藤 友昭, 西谷 佳浩 .  歯髄細胞へのストレスはアクアポリン9の発現を低下させる .  特定非営利活動法人日本歯科保存学会学術大会プログラムおよび講演抄録集  2022年5月  (NPO)日本歯科保存学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • 富田 和男, 松本 卓也, 五十嵐 健人, 佐藤 友昭 .  神経系細胞であるPC-12細胞において歯周病菌由来LPSによるKCC2減少は加味逍遙散と加味帰脾湯により回復する .  日本東洋医学雑誌  2022年5月  (一社)日本東洋医学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

▼全件表示

 

担当経験のある授業科目

  • 薬理学・歯科薬理学

    機関名:鹿児島大学

     詳細を見る

    科目区分:学部専門科目  国名:日本国