2021/06/30 更新

写真a

ハマダ トシユキ
濵田 季之
Hamada Toshiyuki
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学) ( 1995年3月   東京大学 )

  • 修士(学術) ( 1992年3月   筑波大学 )

  • 学士(理学) ( 1990年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • 天然物 タンパク質 NMR 化学構造 

学歴

  • 東京大学

    1992年4月 - 1995年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 筑波大学   環境科学研究科

    1990年4月 - 1992年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 鹿児島大学   化学科

    1986年4月 - 1990年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 有機生化学   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学    

    2006年6月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 生命化学専攻 有機生化学   准教授

    2006年6月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本核磁気共鳴学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本化学会

    2015年10月 - 現在

留学歴

  • 1996年4月 - 1999年3月   イリノイ大学(University of Illinois) 米国   日本学術振興会海外特別研究員

 

論文

  • Toshiyuki Hamada, Kanako Harano, Rino Niihara, Hiromi Kitahara, Masashi Yamamoto, Charles S. Vairrapan, Fumito Tani, Satoaki Onitsuka and Hiroaki Okamura .  Composition and monthly changes of the volatile constituents in the sour Hetsuka-daidai citrus peel .  Journal of Oleo Science69 ( 6 ) 643 - 648   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:公益社団法人 日本油化学会  

    <p>Sour citrus are prized for their flavor and fragrance. This work identified the components of the peel oil of Hetsuka-daidai (<i>Citrus</i> sp. <i>hetsukadaidai</i>), a special sour citrus that is native to the southern part of the Osumi peninsula, Kagoshima, Japan. These compounds were compared to those identified from the peels of six other major sour citrus: lime (<i>Citrus latifolia</i>), lemon (<i>Citrus limon</i>), Yuzu (<i>Citrus junos</i>), Kabusu (<i>Citrus aurantium</i>), Kabosu (<i>Citrus sphaerocarpa</i>), and Sudachi (<i>Citrus sudachi</i>). Peel oil contents were analyzed for the duration of four months during harvest season to investigate the differences in peel oil/fragrance during ripening. These results could facilitate the development of preferred flavor and scent profiles using local species.</p>

    DOI: 10.5650/jos.ess19296

    Scopus

    PubMed

  • T. Kawahata, K. Kawahara, M. Shimokawa, A. Sakiyama, T. Shiraishi, K. Minami, M. Yamamoto, Y. Shinsato, K. Arima, T. Hamada, and T. Furukawa .  Involvement of ribosomal protein L11 expression in sensitivity of gastric cancer against 5-FU .  ONCOLOGY LETTERS19 ( 3 ) 2258 - 2264   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncology Letters  

    DOI: 10.3892/ol.2020.11352

    Scopus

    PubMed

  • S-Y Ng, C-S Phan, T Ishii, T. Kamada, T. Hamada, C. S. Vairappan .  Terpenoids from Marine Soft Coral of the Genus Xenia in 1977 to 2019 .  molecules25 ( 22 ) 5386   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Molecules (Basel, Switzerland)  

    DOI: 10.3390/molecules25225386

    Scopus

    PubMed

  • T. Hamada, K. Kobayashi, N. Arima, F. Tani, C. S. Vairappan, S. Onitsuka, H. Okamura .  Two cytotoxic squalene-derived polyethers from the Japanese red alga Chondria armata .  Natural Product Research   1 - 6   2020年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Natural Product Research  

    DOI: 10.1080/14786419.2020.1777411

    Scopus

    PubMed

  • Phan C. .  12-Epi-9-deacetoxyxenicin, new cytotoxic diterpenoid from a Bornean soft coral, Xenia sp. .  Natural Product Research33 ( 6 ) 808 - 813   2019年3月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Research  

    DOI: 10.1080/14786419.2017.1410812

    Scopus

    PubMed

  • Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Takahiro Ishii, Toshiyuki Hamada, Charles Santhanaraju Vairappan .  12-Epi-9-deacetoxyxenicin, new cytotoxic diterpenoid from a Bornean soft coral, Xenia sp. .  Natural Product Research33 ( 3 ) 808 - 813   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Satoaki Onitsuka, Toshiyuki Hamada, Hiroaki Okamura .  Preparation of antimicrobial gold and silver nanoparticles from tea leaf extracts. .  Colloids and Surfaces B: Biointerfaces173   242 - 248   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Takahiro Ishii, Toshiyuki Hamada and Charles Santhanaraju Vairappan .  Cytotoxic Sesquiterpenoids From Soft Soral Capnella imbricate. .  Natural Product Communications   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshiyuki Hamada, Yoshito Matsumoto, Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Satoaki Onitsuka, Hiroaki Okamura, Tetsuo Iwagawa, Naomichi Arima, Fumito Tani and Charles S. Vairappan .  Aaptamine-related Alkaloid from the Marine Sponge Aaptos aaptos. .  Natural Product Communications   2019年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phan C. .  Cytotoxic sesquiterpenoids from soft soral capnella imbricata .  Natural Product Communications14 ( 6 )   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Communications  

    DOI: 10.1177/1934578X19857494

    Scopus

  • Hamada T. .  Aaptamine-related alkaloid from the marine sponge aaptos aaptos .  Natural Product Communications14 ( 9 ) 1 - 3   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Communications  

    DOI: 10.1177/1934578X19863935

    Scopus

  • Phan C. .  Cytotoxic sesterterpenoids from bornean sponge Spongia sp .  Records of Natural Products12 ( 6 ) 643 - 647   2018年11月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Records of Natural Products  

    DOI: 10.25135/rnp.69.18.01.209

    Scopus

  • Phan C. .  15-deoxy-isoxeniolide-A, new diterpenoid from a bornean soft coral, Xenia sp. .  Natural Product Research32 ( 2 ) 202 - 207   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Research  

    DOI: 10.1080/14786419.2017.1346638

    Scopus

    PubMed

  • Phan C.S. .  A new guaiane-type sesquiterpenoid from a Bornean soft coral, Xenia stellifera .  Natural Product Communications13 ( 1 ) 15 - 16   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Communications  

    DOI: 10.1177/1934578x1801300105

    Scopus

  • Kamada T. .  Cytotoxic and antifungal terpenoids from bornean soft coral, sinularia flexibilis .  Natural Product Communications13 ( 1 ) 17 - 19   2018年1月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Natural Product Communications  

    DOI: 10.1177/1934578x1801300106

    Scopus

  • Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Takahiro Ishii, Toshiyuki Hamada, Charles Santhanaraju Vairappan .  A new guaiane-type sesquiterpenoid from a bornean soft coral, Xenia stellifera .  Natural Product Communications13 ( 1 ) 15 - 16   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • akashi Kamada,Chin-Soon Phan, Toshiyuki Hamada, Kishio Hatai, Charles Santhanaraju Vairappan .  Cytotoxic and antifungal terpenoids from bornean soft coral, Sinularia flexibilis .  Natural Product Communications13 ( 1 ) 17 - 19   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 濱田 季之,鬼束聡明,岡村浩昭 .  薩南諸島の天然資源に含まれる二次代謝産物に関する研究 .  南太平洋海域調査研究報告書59   67 - 70   2018年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Toshiyuki Hamada, Charles S. Vairappan .  Cytotoxic Sesterterpenoids from Bornean Sponge Spongia sp. .  Rec. Nat. Prod.12 ( 6 ) 643 - 647   2018年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Darwish Mahmoud Ibrahiem Mohieeldin, Takenoshita Yuto, Hamada Toshiyuki, Onitsuka Satoaki, Kurawaki Junich, Okamura Hiroaki .  ω-スルホニル化アルキルスルファニルアニリンで安定化した高度安定金ナノ粒子の自発調製(Spontaneous Preparation of Highly Stable Gold Nanoparticle Stabilized with ω-Sulfonylated Alkylsulfanylaniline) .  Journal of Oleo Science66 ( 12 ) 1349 - 1354   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:(公社)日本油化学会  

    ω-スルホニル化アルキルスルファニルアニリンで安定化した金ナノ粒子(AuNP)の調製、特性、安定性について検討した。4-アミノベンゼンチオールと1,6-ジブロモヘキサンから得たω-スルホニル化アルキルスルファニルアニリンと、テトラクロロ金(III)酸を沸騰水中で自発反応させ金ナノ粒子(1-AuNP)を得た。1-AuNPの粒子サイズおよび形状はpH依存性であり、pH8が平均サイズ11.2±5.9nmの安定なナノ粒子を調製するための最適条件であった。当該粒子溶液は広範囲のpH(3〜13)およびリン酸緩衝食塩水(PBS)溶液中で安定であった。本ナノ粒子は乾燥粉末として環境温度で少なくとも2週間保存可能であり、かつ水中またはPBS中で再乳化可能であった。さらにその溶液は、新たに調製した溶液とほぼ同じ吸収スペクトルが得られた。また1-AuNPの表面修飾は、チオール化合物による配位子交換反応により容易に達成可能であった。これらより1-AuNPは、クエン酸またはアスコルビン酸安定化AuNPの生物学的および医薬品適用において有望であることが示唆された。

  • Maeda K. .  Total Synthesis of the Claimed Structure of (±)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin .  Journal of Natural Products80 ( 5 ) 1446 - 1449   2017年5月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Journal of Natural Products  

    DOI: 10.1021/acs.jnatprod.6b01116

    Scopus

    PubMed

  • Maeda, Kazuto ; Hamada, Toshiyuki; Onitsuka, Satoaki ; Okamura, Hiroaki .  Total Synthesis of the Claimed Structure of (±)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin .  Journal of Natural Products   2017年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Mahmoud Ibrahiem Mohie, Yuto Takenoshita, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, Junich Kurawaki, and Hiroaki Okamura .  Spontaneous Preparation of Highly Stable Gold Nanoparticle Stabilized with ω-Sulfonylated alkylsulfanylaniline .  the Journal of Oleo Science66 ( 12 ) 1349 - 1354   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toshiyuki Hamada, Mami Hayasaki, Hiromi Kitahara, Keisuke Yamashita, Aya Kariyazaki, Satoaki Onitsuka, Hiroaki Okamura .  Essential oil composition of citrus peels in Kikai-jima Island, Japan .  American Journal of Essential Oils and Natural Products5 ( 3 ) 12 - 15   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chin-Soon Phan, Takashi Kamada, Kazushi Kobayashi, Toshiyuki Hamada, Charles Santhanaraju Vairappan .  15-deoxy-isoxeniolide-A, new diterpenoid from a bornean soft coral, Xenia sp. .  Natural Product Research32 ( 2 ) 202 - 207   2017年査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Darwish Mahmoud Ibrahiem Mohieeldin, Takenoshita Yuto, Hamada Toshiyuki, Onitsuka Satoaki, Kurawaki Junich, Okamura Hiroaki .  Spontaneous Preparation of Highly Stable Gold Nanoparticle Stabilized with <i>ω</i>-Sulfonylated Alkylsulfanylaniline .  日本油化学会誌66 ( 12 ) 1349 - 1354   2017年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本油化学会  

    <p>Preparation, characterization, and stability evaluation of gold nanoparticles stabilized by <i>ω-</i>sulfonylated alkylsulfanylaniline have been described. The particle solution was obtained by the spontaneous reaction of HAuCl<sub>4</sub> and <i>ω</i>-sulfonylated alkylsulfanylaniline in boiling water. It showed a deep red color, owing to surface plasmon resonance of the resulting gold nanoparticles. The size and shape of the nanoparticles were pH-dependent, and pH 8 was found to be the most suitable condition to prepare stable nanoparticles with an average size of 11.2 ± 5.9 nm. The resulting particle solution was stable for a wide range of pH (3–13) and in phosphate-buffered saline (PBS) solution. The nanoparticles were storable as dried powder for at least two weeks, and were redispersible in water or PBS to give almost the same absorption spectra as the freshly prepared solution. Nanoparticle modification was achieved by simply adding thiol molecules to the particle solution.</p>

    DOI: 10.5650/jos.ess17151

    Scopus

    PubMed

  • 濱田 季之 他 .  喜界島に自生する伝承薬用植物に含まれる二次代謝産物に関する研究 .  南太平洋海域調査研究報告書57   101 - 103   2016年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)  

  • Toshiyuki Hamada, Daisuke Harada, Mitsunobu Hirata, Keisuke Yamashita, Kishneth Palaniveloo, Hiroaki Okamura, Tetsuo Iwagawa, Naomichi Arima, Toshiyuki Iriguchi, Nicole J. de Voogd and Charles S. Vairappan .  Manoalide-related Sesterterpene from the Marine Sponge Luffariella variabilis .  Natural Product Communications10   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ryuji Ohira, Toshiyuki Hamada, Satoaki Onitsuka, and Hiroaki Okamura .  Base-catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction of N-Nosyl-3-hydroxy-2-pyridone with a Chiral Acrylate, and Its Application to the Synthesis of Aminocarbasugars .  Global Science and Technology Forum JChem2 ( 1 )   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuji Koyanagi, Toshiyuki Hamada, Tetsuo Iwagawa, and Hiroaki Okamura .  Asymmetric Synthesis of Ampelomin A and ent-Epiampelomin A .  J. Oleo Science   2015年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamada, Y. White, M. Nakashima, Y. Oiso, M. Fujita, H. Okamura, T. Iwagawa, N. Arima .  The bioassay-guided isolation of growth inhibitors of adult T-cell leukemia (ATL), from the Jamaican plant Hyptis verticillata, and NMR characterization of hyptoside. .  Molecules17   9931 - 9938   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡村 浩昭, 岩川 哲夫, 濱田 季之 .  ジエンの活性化を基盤とする触媒的Diels-Alder反応の開発と生理活性シクロヘキセンオキシド類およびカルバ糖類合成への応用 .  有機合成化学協会誌70 ( 3 ) 227 - 239   2012年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hiroaki Okamura, Fumiya Urabe, Toshiyuki Hamada, and Tetsuo Iwagawa .  Base-Catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction of 3-Hydroxy-2-pyrone and Simple Aryl Vinyl Sulfoxide: Asymmetric Synthesis of Carbaketopyranoses .  Bull. Chem. Soc. Jpn. in press.   2012年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. White, T. Hamada, M. Yoshimitsu, M. Nakashima, M.Hachiman, T. Kozako, K. Matsushita, K. Uozumi, S. Suzuki, H. Kofune, T. Furukawa, N. Arima .  Novel cytotoxic isolated from Jamaican Hyptis verticillata jacq induces apoptosis and overcomes multidrug resistance .  Anticancer Research31   4251 - 4258   2011年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kipassa N. T., Okamura H., Hamada T., Morimoto Y., Doe M., Iwagawa T., Nakatani M. .  Rings D-seco and B,D-seco tetranortriterpenoids from root bark of Entandrophragma angolense .  Phytochemistry72   1854 - 1858   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Iwagawa T., Kusatsu T., Tsuha K., Hamada T., Okamura H., Furukawa T., Akiyama S., Doe M., Morimoto Y., Iwase F., Takemura K. .  Cytotoxic eunicellin-type diterpenes from the soft coral Liophyton viscudium .  Heterocycles83   2149 - 2155   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamura H., Kurawaki J., Iwagawa T., Hamada T., Kawashima M. .  One-step Preparation of Gold Nanoparticles Using 4-Acylamindothiophenol as a Reductive Stabilizer. .  Chem. Lett.12   1258 - 1260   2010年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hirashima M., Tsuda K., Hamada T., Okamura H., Furukawa T., Akiyama S., Tajitsu Y., Ikeda R., Komatsu M., Doe M., Morimoto Y., Shiro M., van Soest R. W. M., Takemura K., and Iwagawa T. .  Cytotoxic isomalabaricane derivatives and a monocyclic triterpene glycoside from the sponge Rhabdastrella globostellata. .  J. Nat. Prod.73   1512 - 1518   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hamada T., Matsunaga S., Fujiwara M., Fujita K., Hirota H., Schmucki R., Guentert P., Fusetani N. .  Solution structure of polytheonamide B, a highly cytotoxic nonribosomal polypeptide from marine sponge. .  J. Am. Chem. Soc.132   12941 - 12945   2010年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Okamura, H., Iiji, H., Hamada, T., Iwagawa, T., and Furuno .  Diels-Alder reaction of a-tropolone and electron-deficient dienophiles prompted by Et3 or silica gel: a new synthetic method of highly functionalized homobarrelenone derivatives. .  Tetrahedron65   10709 - 10714   2009年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kipassa N. T., Okamura H., Kina K., Hamada T., Iwagawa T. .  Efficient short step synthesis of Corey's tamiflu intermediate. .  Organic Lett.10   815 - 816   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Ueki, K. Shintaku, Y. Yonekawa, N. Takatsu, H. Yamada, T. Hamada, H. Hiroshi, and H. Michibata .  Identification of Vanabin-interacting protein 1 (VIP1) from blood cells of the vanadium-rich ascidian Ascidia sydneiensis samea .  Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects1770巻 ( 6 ) 951 - 957   2007年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Takada, T. Hamada, H. Hirota, Y. Nakao, S. Matsunaga, R. W. M. van Soest, and N. Fusetani .  Asteropine A, a Sialidase-Inhibiting Conotoxin-like Peptide from the Marine Sponge Asteropus simplex .  Chemistry & Biology誌13巻 ( 6 ) 569 - 574   2006年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamada , Y. Ito, T. Abe, F. Hayashi, P. Guentert, M. Inoue, T. Kigawa, T. Terada, M. Shirouzu, M. Yoshida, A. Tanaka, S. Sugano, S. Yokoyama, and H. Hirota .  Solution structure of the antifreeze-like domain of human sialic acid synthase .  Protein Sci.15巻 ( 5 ) 1010 - 1016   2006年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Warabi, T. Hamada, Y. Nakao, S. Matsunaga, H. Hirota, R. W. M. van Soest, and N. Fusetani .  Axinelloside A, an Unprecedented Highly Sulfated Lipopolysaccharide Inhibiting Telomerase, from the Marine Sponge, Axinella infundibula .  J. Am. Chem. Soc.誌127巻 ( 38 ) 13262 - 13270   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamada, M. Asanuma, T. Ueki, F. Hayashi, N. Kobayashi, S. Yokoyama, H. Michibata, and H. Hirota .  Solution Structure of Vanabin2, a Vanadium(IV)-Binding Protein from the Vanadium-Rich Ascidian Ascidia sydneiensis samea .  J. Am. Chem. Soc.誌127巻 ( 12 ) 4216 - 4222   2005年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hamada, S. Matsunaga, G. Yano, and N. Fusetani .  Polytheonamides A and B, Highly Cytotoxic Linear Polypeptides of Unprecedented Structural Features, from the Marine Sponge Theonella swinhoei .  J. Am. Chem. Soc.誌127巻 ( 1 ) 110 - 118   2005年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 濱田季之 .  Studies on polytheonamides, highly cytotoxic novel polypeptides, isolated from the marine sponge Theonella Swinhoei .      1995年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 奄美群島の水生生物”コラム3 海の宝探し-海綿からの毒や薬となる化学物質の探索-

    濵田 季之( 担当: 共著)

    南方新社  2019年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • The Ohsumi Islands

    Toshiyuki Hamada, Satoaki Onituka, Hiroaki Okamura( 担当: 分担執筆)

    鹿児島大学国際島嶼教育研究センター出版  2017年3月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • 薬剤耐性を克服する新規抗がん剤の有用性 ―トロピカルプラント Hyptis verticillata Jacq由来の新規リグナム系化合物 hyposide-

    有馬直道、Yohann White, 吉満 誠、濱田季之( 担当: 共著)

    化学工業 (化学工業社)  2015年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • 最大の天然物ポリセオナミドBの構造 査読

    濱田 季之

    「化学と生物」誌   49 ( 11 )   755 - 761   2011年11月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 鶴丸広樹、小林和史、松山紘士、山元麗音、八木田颯都、谷文都、鬼束聡明、岡村浩昭、濵田季之 .  紅藻ハナヤナギ (Chondria armata)由来のトリテルペン類の構造と生物活性 .  第64回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 原野 加奈子、新原 吏乃、北原 ひろみ、山本 雅史、鬼束 聡明、岡村 浩昭、濵田 季之 .  辺塚ダイダイの果皮香気成分の特徴および時期別変化 .  第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • パンチンスン、鎌田 昂、濵田 季之、石井 貴広、バイラパンチャールズ .  マレーシアサバ州に分布する軟質サンゴ由来の新規テルペンとその生物活性 .  第63回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 澄川琳太郎,岡村浩昭,濱田季之,鬼束聡明 .  天然由来のジヒドロナフタレンリグナン類の構造修正と全合成 .  第56回化学関連支部合同九州大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Toshiyuki Hamada, Kazushi Kobayashi, Naomichi Arima, Fumito Tani, Charles S Vairappan, Satoaki Onitsuka, Hiroaki Okamura .  Squalene-derived polyethers, inhibiting Adult T-cell Leukemia cell, isolated from the red alga, Chondria armata .  23rd International Seaweed Symposium  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年4月 - 2019年5月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Korea  

  • 石川 拓巳、鬼束 聡明、濱田 季之、岡村 浩昭 .  2種の配位子を任意の比率で固定化した金ナノ粒子の簡便な調製法の開発と生じた金ナノ粒子のpH感受性および金属イオン感受性の検討 .  日本化学会第98春季年会2018 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 濱田 季之 .  植物からの医薬品リード化合物の探索 .  第52回植物化学調節学会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 前田 和人、鬼束 聡明、濱田 季之、岡村 浩昭 .  Hyptosideの全合成および天然dihydronaphthalenelignan類の構造訂正 .  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 5. 早崎 真美、山下 慧介、北原 ひろみ、仮屋崎 綾、鬼束 聡明、岡村 浩昭、濱田 季之 .  喜界島産柑橘の果皮に含まれる香気成分 .  香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 7. 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、上條 陽平、白石 岳大、朝日 汰一、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、武井 孝行、吉田 昌弘、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  分裂異常監視機構としての核小体の新たな役割 .  文部科学省新学術領域研究学術研究支援基盤形成 先端モデル動物支援プラットフォーム 若手支援技術講習会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 4. 下川 倫子、河原 康一、川畑 拓斗、上條 陽平、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体による細胞分裂監視 .  第21回日本がん分子標的治療学会学術集会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 3. 河原 康一、川畑 拓斗、下川 倫子、白石 岳大、濱田 季之、有馬 一成、古川 龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と腫瘍化進展制御 .  第69回日本細胞生物学大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田 和人、鬼束 聡明、濱田 季之、岡村 浩昭 .  Hyptininの全合成および構造訂正 Total synthesis of the Claimed Structure of (±)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin .  第27回万有福岡シンポジウム 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 1. 白石 岳大、有馬 一成、河原 康一、川畑 拓斗、下川 倫子、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体を起点とした新たな分裂制御機構の解明と癌治療戦略 .  平成29年度日本生化学会九州支部会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田和人・鬼束聡明・濱田季之・岡村浩昭 .  抗 ATL 活性を有するリグナン hyptoside の全合成研究 .  日本化学会第97春季年会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月 - 2017年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、白石 岳大、濱崎研悟、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、武井 孝行、吉田 昌弘、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体を起点として細胞分裂を監視する新たなストレス応答機構による腫瘍化進展制御 .  南九州腫瘍研究会第27回学術集会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、白石 岳大、濱崎研悟、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答による細胞分裂監視機構の解明と革新的抗がん剤の開発 .  第33回日本薬学会九州支部大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 下川 倫子、河原 康一、川畑 拓斗、上條 陽平、白石 岳大、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と癌治療薬の開発 .  第89回日本生化学大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、白石 岳大、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答の分裂期チェックポイント機構としての役割の解明とこの応答を標的とした新たな抗がん剤の開発 .  先端モデル動物支援 若手技術講習会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 有馬 直道、濱田 季之 .  多剤耐性も克服する新規抗がん剤ヒプトシドの有用性 .  イノベーション・ジャパン2016  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年8月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、下川 倫子、白石 岳大、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  エネルギー代謝を制御する核小体ストレス応答の分裂期チェックポイント機構としての新たな役割の解明 .  第4回がんと代謝研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、上條 陽平、白石 岳大、堀口 史人、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、濱田 季之、古川 龍彦 .  癌抑制因子p53を制御する核小体ストレス応答の可視化レポーターシステムの構築と新たな生理作用の解明 .  BMB2015(第38回日本分子生物学会年会 第88回日本生化学会大会 合同大会)   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Takuto Kawahata, Kohichi Kawahara, Fumito Horikuchi, Yohei Kamijyo, Takehiro Shiraishi, Masatatsu Yamamoto, Yoshinari Shinsato, Kentaro Minami, Kazunari Arima, Toshiyuki Hamada, Tatsuhiko Furukawa .  Discovery of Tumor Suppressive Function and Therapeutics by a Novel Reporter System for Nucleolar Stress Response .  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 濱田 季之 .  紫尾山麓に群生するキリエノキ由来の黒毛和牛食中毒死原因物質の探索 .  COC事業「火山と島嶼を有する鹿児島の地域再生プログラム」成果報告会   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、堀口 史人、上條 陽平、白石 岳大、有馬 一成、 田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答を標的とした新規可視化レポーターシステムの構築と抗癌剤の開発 .  2015年度日本生物工学会大会  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、 田 季之、河原 康一、堀口 史人、上條 陽平、白石 岳大、有馬 一成、鬼束 聡明、岡村 浩昭、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答を標的とした抗癌性天然有機化合物スクリーニングシステムの開発 .  第57回天然有機化合物討論会   国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、上條 陽平、白石 岳大、堀口 史人、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、 田 季之、古川 龍彦 .  核小体ストレス応答機構による腫瘍化進展制御とこれを標的とした新規抗癌剤の開発 .  平成27年度 文科省科研費 新学術領域研究『がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動』がん若手研究者ワークショップ  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗、河原 康一、上條 陽平、白石 岳大、堀口 史人、山本 雅達、新里 能成、南 謙太朗、有馬 一成、 田 季之、古川 龍彦 .  エネルギー代謝を制御する核小体ストレス応答と新たな抗がん治療の試み .  第3回がんと代謝研究会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑拓斗 入力準備中 .  入力準備中 .  第29回海洋生物活性談話会  第29回海洋生物活性談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡県  

    国内学会

  • 川畑 拓斗、 田 季之、河原 康一、古川 龍彦 .  核小体ストレスを標的とした抗がん性天然有機化合物の探索 .  第29回海洋生物活性談話会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 山下 慧介・平田 美信・原田 大輔・鬼束 聡明・岡村 浩昭・バイラッパン チャールス・濱田 季之 .  マレーシア産海綿Niphates caribica由来の二次代謝産物の研究 .  第95回日本化学会春季年会  第95回日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 仮屋崎 綾、平田 美信、鬼束 聡明、岡村 浩昭、濱田 季之 .  キダチトウガラシ由来のシガテラ解毒物質の探索 .  第95回日本化学会春季年会  第95回日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 川畑拓斗、河原康一、堀口史人、上条陽平、山本雅達、新里能成、南謙太郎、Moinuddin F.M.、田辺寛、藤本啓汰、土屋理佐子、有馬一成、濱田季之、古川龍彦 .  核小体ストレス応答による腫瘍進展制御と革新的抗癌治療法の創生 .  日本薬学会 第135回年会  日本薬学会 第135回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • Takuto Kawahata, Kohichi Kawahara, Fumito Horikuchi, Kazuma Arima, Toshiyuki Hamada, Tatsuro Furukawa .  Spatio-temporal assessment of nucleolar stress response by a novel visualized reporter system and its application of anti tumor drugs discovery .  細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング  細胞機能と分子活性の多次元蛍光生体イメージング国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年1月

    記述言語:英語  

    開催地:京都  

    国際学会

  • 平田 美信・原田 大輔・岩川 哲夫・岡村 浩昭・濱田 季之・Vairppan, Charles .  マレーシア産海綿由来の生物活性ペプチドの探索 .  日本化学会 第93回春季年会  日本化学会 第93回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 原田 大輔・平田 美信・岩川 哲夫・岡村 浩昭・濱田 季之・Vairappan, Charles .  マレーシア産海綿由来の二次代謝産物についての研究 .  日本化学会 第93回春季年会  日本化学会 第93回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 吉井 一史・西 一駿・平田 美信・原田 大輔・杉田 梨恵・岩川 哲夫・岡村 浩昭・濱田 季之 .  鹿児島県近海産フレリトゲアメフラシ由来の二次代謝産物の研究 .  日本化学会 第93回春季年会  日本化学会 第93回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 杉田 梨恵・田知行 紘太・岩川 哲夫・岡村 浩昭・濱田 季之 .  アサ科植物キリエノキの二次代謝産物の構造と生物活性 .  日本化学会 第93回春季年会  日本化学会 第93回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • ○森川 梓生・平田 美信・鳥塚 真璃亜・岩川 哲夫・岡村 浩昭・濱田 季之 .  シソ目植物由来の生物活性物質の探索 .  日本化学会 第93回春季年会  日本化学会 第93回春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 山下雅史、 岡村浩昭、 岩川哲夫、 濵田季之 .  日本近海産海洋無脊椎動物由来の生物活性物質の探索 .  2010年日本化学会西日本大会  2010年日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 前田祐一、 岡村浩昭、 岩川哲夫、 濵田季之 .  奄美大島産海綿由来の生物活性物質の探索 .  2010年日本化学会西日本大会  2010年日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 西一駿、宮内奈緒美、岡村浩昭、岩川哲夫、濱田季之 .  奄美大島近海産ツブツブコイボウミウシ Phyllidiopsis fissuratus に含まれる生物活性物質 .  2010年日本化学会西日本大会  2010年日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 濱田季之、平田美信、利光幸恵、鳥塚真璃亜、岡村浩昭、岩川哲夫 .  南方系薬用植物に含まれるシガテラ毒解毒活性物質の探索 .  第52回天然有機化合物討論会  第52回天然有機化合物討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡  

    国内学会

  • 平田美信、利光幸恵、鳥塚真璃亜、北村龍彦、岡村浩昭、岩川哲夫、濱田季之 .  南方系薬用植物に含まれるシガテラ毒解毒活性物質の探索研究 .  第24回海洋生物活性談話会  第24回海洋生物活性談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 東 和彦、田上 みなみ、利光 幸恵、岡村 浩昭、岩川 哲夫、濱 田 季之 .  奄美大島産海綿Petrosia sp.由来の生物活性物質の構造研究 .  第90回日本化学会春季年会  第90回日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 小松正治、近藤史典、有村 卓、利光幸恵、前田雄太、石川 学、吉川 毅、住澤知之、濱田季之、安藤清一 .  赤潮毒ブレベトキシン中毒に対する対処法の検討 .  平成21年度日本水産学会  平成21年度日本水産学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 利光 幸恵、濱田 季之 .  モンパノキ由来の「CTX/BTXによるNaチャンネル開放」抑制物質 .  第23回海洋生物活性談話会  第23回海洋生物活性談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 大磯佑介、黒木重俊、濱田季之、岡村浩明、岩川哲夫、中谷宗弘、土江松美、森本善樹、竹村薫 .  軟体サンゴ、ウミアザミ(Xenia sp.)由来のxenicane typeの新規ジテルペノイド .  第44回 化学関連支部合同九州大会  第44回 化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 草津大幾、津覇恵子、濱田季之、岡村浩明、岩川哲夫、中谷宗弘、土江松美、森本善樹、竹村薫 .  軟体サンゴ、ヌメリトサカ(Litophyton viscidum)に含まれるHL-60細胞増殖抑制成分の探索 .  第44回 化学関連支部合同九州大会  第44回 化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 平島雅、津田和臣、濱田季之、岡村浩明、岩川哲夫、中谷宗弘、土江松美、森本善樹、竹村薫 .  海綿Jaspis sp.由来の新規isomalabaricane型トリテルペノイド .  第44回 化学関連支部合同九州大会  第44回 化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • MOMEN A. Z. M. Ruhul・坪田裕輔・大貫裕之・濱田季之・林文晶・斉藤講平・小柴生造・木川隆則・横山茂之・廣田洋 .  ヒト由来の2種のアシルCoA結合タンパク質の溶液構造 .  日本化学会春季年会  日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • Kaoru Warabi, Toshiyuki Hamada, Shigeki Matsunaga, Hiroshi Hirota, Rob W. M. van Soest, Nobuhiro Fusetani .  Axinelloside A, a telomerase-inhibitory highly sulfated lipopolysaccharide from the marine sponge, Axinella infundibula .  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies  The 2005 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年12月

    記述言語:英語  

    開催地:Honoruru, Hawaii, USA  

    国際学会

  • Yoko Ito, Toshiyuki Hamada, Takamasa Abe, Fumiaki Hayashi, Peter Guntert, Makoto Inoue, Takanori Kigawa, Takaho Terada, Mikako Shirouzu, Mayumi Yoshida, Akiko Tanaka, Sumio Sugano, Shigeyuki Yokoyama, Hiroshi Hirota .  Structural and functional analyses of the antifreeze-like domain of human sialic acid synthase. .  The 1st Asia-Pacific NMR Symposium  The 1st Asia-Pacific NMR Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Yokohama, Japan  

    国際学会

  • 蕨薫、濱田季之、中尾洋一、松永茂樹、廣田洋、Rob W. M. van Soest、伏谷伸宏 .  式根島産海綿Axinella infundibula由来のテロメラーゼ阻害性新規硫酸化糖脂質axinelloside Aの単離と構造 .  第47回天然有機化合物討論会  第47回天然有機化合物討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:徳島  

    国内学会

  • 淺沼三和子、濱田季之、植木達也、横山茂之、道端斉、廣田洋 .  ESI-MSを用いたVanabin2のS-S結合様式の同定 .  第53回質量分析討論会  第53回質量分析討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 樋口雄一郎、阿部孝政、濱田季之、斉藤講平、小柴生造、木川隆則、泉顕也、好田真由美、白水美香子、寺田貴帆、井上真、関原明、篠崎一雄、横山茂之、廣田洋 .  シロイヌナズナ由来Ubiquitin Specific Protease 14 (AtUBP14) のUBAドメインの構造-機能解析 .  日本化学会春季年会  日本化学会春季年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜  

    国内学会

  • Toshiyuki Hamada, Miwako Asanuma, Tatsuya Ueki, Fumiaki Hayashi, Naohiro Kobayashi, Shigeyuki Yokoyama, Hitoshi Michibata, Hiroshi Hirota .  olution structure of vanadium-binding protein, Vanabin2, from a vanadium-rich ascidian, Ascidia sydneiensis samea .  International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS)・Hyderabad  International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems (ICMRBS)・Hyderabad国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:英語  

    開催地:India  

    国際学会

  • 濱田季之、淺沼三和子、植木達也、林文晶、小林直宏、横山茂之、道端斉、廣田洋 .  ホヤ由来バナジウム結合タンパク質Vanabin2の構造とバナジウムとの相互作用に関する研究 .  第43回NMR討論会  第43回NMR討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Toshiyuki Hamada, Miwako Asanuma, Tatsuya Ueki, Hitoshi Michibata, Hiroshi Hirota .  Solution structure of Vanabin2, a vanadium-binding protein in a vanadium-rich ascidian, Ascidia sydneiensis samea .  International Symposium on Marine Natural Products  International Symposium on Marine Natural Products国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Sorrento, Italy  

    国際学会

  • 濱田季之、淺沼三和子、植木達也、道端斉、廣田洋 .  スジキレボヤVanabin2の構造から言えること .  海洋生物活性談話会  海洋生物活性談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐渡  

    国内学会

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • 成人T細胞白血病治療薬を目指した新規天然有機化合物の探索と生物学的特性の解析

    2018年4月 - 現在

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

  • 海洋無脊椎動物からの成人T細胞白血病の治療薬リード化合物の探索

    2017年3月 - 2018年3月

    民間財団等  サンケイ科学振興財団研究助成金 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Trema属植物に含まれる家畜食中毒死の原因物質に関する研究

    2016年4月 - 2017年3月

    文部科学省  地域志向教育研究経費(COC事業) 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 薬用植物によるATL患者由来の癌細胞に対する増殖抑制活性及びシガテラ解毒活性化合物スクリーニング

    2015年11月 - 2019年3月

    政府機関  国内共同研究 

  • 薩南諸島の生物多様性とその保全に関する教育研究拠点整備

    2015年4月 - 現在

    文部科学省  文部科学省概算要求 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 重点領域研究(環境)

    2015年4月 - 現在

    文部科学省  鹿児島大学学長裁量経費 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • 難治性の慢性ウイルス疾患を対象とした医・理工連携による先端的発症予防・治療法確立を目指した基盤構築 -鹿児島県に多発するATL,HAM、およびAIDS,ウイルス肝炎に対する新規発症予防・治療法の開発に向けて―

    2013年4月 - 現在

    文部科学省  医・理工連携研究教育事業、文部科学省概算要求 

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示