2021/09/03 更新

写真a

アリマ カズナリ
有馬 一成
ARIMA Kazunari
所属
理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(情報工学) ( 1998年12月   九州工業大学 )

  • 情報工学修士 ( 1993年3月   九州工業大学 )

  • 理学士 ( 1991年3月   鹿児島大学 )

研究キーワード

  • タンパク質,酵素,プロテアーゼ,ククミシン,構造と機能,タンパク質分解,細胞外マトリックス,エラスチン

  • タンパク質化学

  • Protein Chemistry

  • 酵素化学

  • Molecular Biology

  • Enzymatic Chemistry

研究分野

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

  • ライフサイエンス / 構造生物化学

  • ライフサイエンス / 医化学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

経歴

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 理工学研究科(理学系) 理学専攻 化学プログラム 有機生化学   准教授

    2020年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   理工学域理学系 有機生化学   准教授

    2015年4月 - 2020年3月

所属学協会

  • 日本化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本生化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本ペプチド学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本植物バイオテクノロジー学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本病態プロテアーゼ学会

    2015年10月 - 現在

  • エラスチン研究会

    2015年10月 - 現在

  • 南九州化学工学懇話会

    2015年10月 - 現在

  • 環境情報科学センター(CEIS)

    2015年10月 - 現在

  • 日本農芸化学会

  • 日本病態プロテアーゼ学会

  • 日本生化学会

▼全件表示

留学歴

  • 1998年6月 - 2000年8月   University of California at Berkeley   博士研究員

教員組織審査実績

  • 2015年9月     Kagoshima University Graduate School of Science and Engineering   Associate Professor

 

論文

  • Sotokawauchi A. .  Structural basis of cucumisin protease activity regulation by its propeptide .  Journal of Biochemistry161 ( 1 ) 45 - 53   2017年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Journal of Biochemistry  

    DOI: 10.1093/jb/mvw053

    Scopus

    PubMed

  • Sotokawauchi Ami, Kato-Murayama Miyuki, Murayama Kazutaka, Hosaka Toshiaki, Maeda Iori, Onjo Michio, Ohsawa Noboru, Kato Dai-ichiro, Arima Kazunari, Shirouzu Mikako .  プロペプチドによるククミシンのプロテアーゼ活性制御の構造基盤(Structural basis of cucumisin protease activity regulation by its propeptide) .  The Journal of Biochemistry161 ( 1 ) 45 - 53   2017年1月査読 国際誌

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:(公社)日本生化学会  

    メロン果肉由来セリン型エンドペプチダーゼであるククミシン.プロペプチド複合体の結晶構造を分解能1.95Aで決定した.プロペプチドのβシートは疎水性相互作用と多数の水素結合でククミシンと結合しており,C末端はククミシンの活性サイトに挿入している形で複合体を形成していた.プロペプチドによるククミシンの阻害には活性サイトに結合しているC末端だけではなくプロペプチド本体も必須であることが示唆された.(著者抄録)

  • Kato D.i. .  Evaluation of the population structure and phylogeography of the Japanese Genji firefly, Luciola cruciata, at the nuclear DNA level using RAD-Seq analysis .  Scientific Reports10 ( 1 ) 1533   2020年12月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Scientific Reports  

    DOI: 10.1038/s41598-020-58324-9

    Scopus

    PubMed

  • Kawahata T. .  Involvement of ribosomal protein L11 expression in sensitivity of gastric cancer against 5–FU .  Oncology Letters19 ( 3 ) 2258 - 2264   2020年査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Oncology Letters  

    DOI: 10.3892/ol.2020.11352

    Scopus

    PubMed

  • Y. Kamijo, K. Kawahara, T. Yoshinaga, H. Kurata, K. Arima, T. Furukawa .  A novel isolation method for cancer prognostic factors via the p53 pathway by a combination of in vitro and in silico analyses .  Oncoscienc29 ( 5 ) 88 - 98   2018年4月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:PMC  

    Identifying new therapeutic target genes affecting the survival of patients with cancer is crucial for the development of new cancer therapies. Here, we developed a novel technology combining in vitro short hairpin RNA (shRNA) library screening and in silico analysis of the tumor transcriptome to identify prognostic factors via the p53 tumor-suppressor pathway. For initial screening, we screened 5,000 genes through selection of shRNAs in p53 wild-type tumor cells that altered sensitivity to the p53 activator actinomycin D (ActD) to identify p53 regulatory genes; shRNAs targeting 322 genes were obtained. Among these 322 genes, seven were prognostic factor candidates whose high expression increased ActD sensitivity while prolonging the survival period in patients with the p53 wild-type genotype. Conversely, we identified 33 genes as prognostic factor candidates among ActD-resistant genes related to a shortened survival period only in p53 wild-type tumors. These 40 genes had biological functions such as apoptosis, drug response, cell cycle checkpoint, and cell proliferation. The 40 genes selected by this method contained many known genes related to the p53 pathway and prognosis in patients with cancer. In summary, we developed an efficient screening method to identify p53-dependent prognostic factors with in vitro experimental data and database analysis.

    DOI: 10.18632/oncoscience.411

    PubMed

  • Maeda J. .  The complete mitochondrial genome sequence and phylogenetic analysis of Luciola lateralis, one of the most famous firefly in Japan (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B: Resources2 ( 2 ) 546 - 547   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Mitochondrial DNA Part B: Resources  

    DOI: 10.1080/23802359.2017.1365640

    Scopus

    PubMed

  • Maeda J. .  The complete mitogenome and phylogenetic analysis of Japanese firefly ‘Genji Botaru’ Luciola cruciata (Coleoptera: Lampyridae) .  Mitochondrial DNA Part B: Resources2 ( 2 ) 522 - 523   2017年12月

     詳細を見る

    出版者・発行元:Mitochondrial DNA Part B: Resources  

    DOI: 10.1080/23802359.2017.1365641

    Scopus

    PubMed

  • Maeda J, Kato DI, Okuda M, Takeo M, Negoro S, Arima K, Ito Y, Niwa K. .  Biosynthesis-inspired deracemizative production of d-luciferin by combining luciferase and thioesterase. .  Biochim Biophys Acta1861 ( 8 ) 2112 - 2118   2017年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:ELSEVIER  

    Due to the strict enantioselectivity of firefly luciferase, only d-luciferin can be used as a substrate for bioluminescence reactions. Unfortunately, luciferin racemizes easily and accumulation of nonluminous l-luciferin has negative influences on the light emitting reaction. Thus, maintaining the enantiopurity of luciferin in the reaction mixture is one of the most important demands in bioluminescence applications using firefly luciferase. In fireflies, however, l-luciferin is the biosynthetic precursor of d-luciferin, which is produced from the L-form undergoing deracemization. This deracemization consists of three successive reactions: l-enantioselective thioesterification by luciferase, in situ epimerization, and hydrolysis by thioesterase. In this work, we introduce a deracemizative luminescence system inspired by the biosynthetic pathway of d-luciferin using a combination of firefly luciferase from Luciola cruciata (LUC-G) and fatty acyl-CoA thioesterase II from Escherichia coli (TESB). The enzymatic reaction property analysis indicated the importance of the concentration balance between LUC-G and TESB for efficient d-luciferin production and light emission. Using this deracemizative luminescence system, a highly sensitive quantitative analysis method for l-cysteine was constructed. This LUC-G-TESB combination system can improve bioanalysis applications using the firefly bioluminescence reaction by efficient deracemization of D-luciferin.

    その他リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0304416517301356?via%3Dihub

  • Maeda J. .  Biosynthesis-inspired deracemizative production of D-luciferin by combining luciferase and thioesterase .  Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects1861 ( 8 ) 2112 - 2118   2017年8月査読 国際誌

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects  

    DOI: 10.1016/j.bbagen.2017.04.010

    Scopus

    PubMed

  • A. Sotokawauchi, M. Kato-Murayama, K. Murayama, T. Hosaka, I. Maeda, M. Onjo, N. Ohsawa, D. Kato, K. Arima, M. Shirouzu .  Structural Basis of Cucumisin Protease Activity Regulation by Its Propeptide .  Journal of Biochemistry   2016年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    その他リンク: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27616715

  • T. Matsui, S. Nakashima, Y. Nishino, A. Ojima, N. Nakamura, K. Arima, K. Fukami, S. Okuda, and S. Yamagishi .  Dipeptidyl peptidase-4 deficiency protects against experimental diabetic nephropathy partly by blocking the advanced glycation end products-receptor axis .  Laboratory Investigation95 ( 5 ) 525 - 533   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Minami, Y. Kamijo, Y. Nishizawa, S. Tabata, F. Horikuchi, M. Yamamoto, K. Kawahara, Y. Shinsato, T. Tachiwada, Z. Chen, K. Tsujikawa, M. Nakagawa, N. Seki, S. Akiyama, K. Arima, Y. Takeda, T. Furukawa .  Expression of ABCB6 Is Related to Resistance to 5-FU, SN-38 and Vincristine .  Anticancer Research34 ( 9 ) 4767 - 4774   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Anazawa, K. Arima .  Chemistry of Standing Water and Soils in TSUNAMI Inundation Area .  CEIS(環境情報科学学術研究論文集)26   213 - 218   2012年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Murayama, M. Kato-Murayama, T. Hosaka, A. Sotokawauchi, S. Yokoyama, K.Arima, M. Shirouzu .  Crystal Structure of Cucumisin, a Subtilisin-Like Endoprotease from Cucumis melo L. .  Journal of Molecular Biology423 ( 3 ) 386 - 396   2012年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 岡元孝二, 柿野賢一, 堀祐輔, 畠中登志也, 鎌田照男, 有馬一成, 市川悦央 .  エラスチン・コラーゲン併用摂取による肌質改善効果の検証 .  新薬と臨牀・医薬情報研究所60 ( 3 ) 639 - 650   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Yamaguchi, M. Miyazaki, T. Honda, M. P. Briones, K. Arima, H. Maeda .  Rapid and Efficient Proteolysis for Proteomic Analysis by Protease-immobilized Microreactor .  Electrophoresis30 ( 18 ) 3257 - 3264   2009年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • I. Maeda, S. Kishita, Y. Yamamoto, K. Arima, K. Ideta, J. Meng, N. Sakata, K. Okamoto .  Immunochemical and immunohistochemical studies using a polyclonal antibody to elastin-derived hexapeptide repeat .  The Journal of Biochemistry42 ( 5 ) 627 - 631   2007年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Miyazaki, J. Kaneno, S. Yamaori, T. Honda, M.P.P. Briones, M. Uehara, K. Arima, K. Kanno, K. Yamashita, Y. Yamaguchi, H. Nakamura, H. Yonezawa, M. Fujii, H. Maeda .  Efficient Immobilization of Enzymes on Microchannel Surface Through His-Tag and Application for Microreactor .  Protein and Peptide Letters12 ( 2 ) 207 - 210   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Okushima, P.J. Overvoorde, K. Arima, J.M. Alonso, A. Chan, C. Chang, J.R. Ecker, B. Hughes, A. Lui, D. Nguyen, C. Onodera, H. Quach, A. Smith, G. Yu, A. Theologis .  Functional Genomic Analysis of the AUXIN RESPONSE FACTOR Gene Family Members in Arabidopsis thaliana: Unique and Overlapping Functions of ARF7 and ARF19 .  Plant Cell17 ( 2 ) 444 - 463   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, S. Fukumoto, T. Itakura, M. Okubo, K.Tomokiyo, K. Arima, H. Yonezawa .  Detection of Hydrolytic Activity of Trypsin with a Fluorescence-chymotryptic Peptide on a TLC Plate .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry68 ( 1 ) 222 - 225   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, M. Okubo, K. Arima, and H. Yonezawa .  The Development of Cysteine Proteases In Freesia Corms During Responses to Chilling .  Journal of Thermal Biology28 ( 8 ) 555 - 562   2003年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, M. Okubo, K. Arima, and H. Yonezawa .  Isolation and Characterization of a Cysteine Protease of Freesia Corms .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry66 ( 2 ) 448 - 452   2002年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, T. Mase, K. Arima, H. Yonezawa, and M. Kaneda .  Isolation and Characterization of a Trypsin-like Protease from Trichoderma viride .  Biological Chemistry382 ( 10 ) 1509 - 1513   2001年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, N. Ichiki, H. Yonezawa, K. Arima, and M. Kaneda .  Detection of peptidase activity with 6-aminoquinolyl carbamate-angiotensin I .  J. Biochem. Biophys. Methods48 ( 3 ) 303 - 308   2001年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, S. Hosoyamada, M. Onjyo, K. Arima, H. Yonezawa, and M. Kaneda .  A Serine Endopeptidase from the Fruits of Melothria japonica (Thunb.) Maxim .  Phytochemistry57 ( 1 ) 1 - 5   2000年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, H. Yonezawa, K. Arima, and M. Kaneda .  Isolation and Characterization of a Serine Protease from the Sarcocarp of Cucumis metuliferus .  Journal of Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics ( 5 ) 251 - 259   2000年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, K. Arima, H. Yonezawa, M. Shimada, and M. Kaneda .  Amino Acid Sequence and Some Properties of Phytolacain G, a Cysteine Protease from Growing Fruit of Pokeweed, Phytolacca americana .  Biochimica Biophysica Acta1523 ( 42038 ) 254 - 260   2000年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Shimada, T. Uchikoba, H. Yonezawa, K. Arima, and M. Kaneda .  Isolation and Characterization of a Cucumisin-like Serine Protease from the Latex of Euphorbia pseudochamaesyce Fisch .  Journal of Biochemistry, Molecular Biology and Biophysics ( 4 ) 223 - 231   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Arima, T. Uchikoba, H. Yonezawa, M. Shimada, and M. Kaneda .  Isolation and Characterization of a Serine Protease from the Sprouts of Pleioblastus hindsii Nakai .  Phytochemistry54 ( 6 ) 559 - 565   2000年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Yonezawa, H. Kaizuka, T. Uchikoba, K. Arima, and M. Kaneda .  Substrate Specificity of Cucumisin on Synthetic Peptides .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry64 ( 10 ) 2100 - 2104   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Arima, T. Uchikoba, H. Yonezawa, M. Shimada, and M. Kaneda .  Cucumisin-like Protease from the Latex of Euphorbia supina .  Phytochemistry53 ( 6 ) 639 - 644   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Arima, H. Yonezawa, T. Uchikoba, M. Shimada, and M. Kaneda .  Cleavage Specificity of Cucumisin, a Serine Protease, with Synthetic Substrates .  Phytochemistry54 ( 5 ) 451 - 454   2000年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, H. Yonezawa, K. Arima, and M. Kaneda .  Detection of Protease Activity by Using a Fluorescence Labeling Peptide-Substrate on a TLC Plate .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry64 ( 6 ) 1285 - 1287   2000年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Arima, T. Uchikoba, M. Shimada, H. Yonezawa, and M. Kaneda .  Purification and Some Properties of an Aminopeptidase from the Seeds of Cannabis sativa .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry64 ( 5 ) 1055 - 1057   2000年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Uchikoba, K. Arima, M. Shimada, H. Yonezawa, and M. Kaneda .  Isolation and Some Properties of a Serine Protease from the Fruits of Cudrania cochinchinensis (Lour.) Kudo et Masam .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry64 ( 3 ) 623 - 624   1999年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Yonezawa, T. Uchikoba, K. Arima, and M. Kaneda .  Fluorogenic Substrates for Cathepsin D .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry63 ( 8 ) 1471 - 1474   1999年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • H. Yonezawa, T. Uchikoba, K. Arima, M. Shimada, and M. Kaneda .  Amino Acid Sequence and Some Properties of Phytolacain R, a Cysteine Protease from Full Growth Fruit of Pokeweed, Phytolacca americana .  Journal of Biochemistry126 ( 7 ) 26 - 33   1999年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Arima, Y. Nakamura, T. Takami, K. Mizusaki, N. Yoshida, and K. Okamoto .  An α2-Macroglobulin-Serine Proteinase Complex from Human Carcinomatous Ascites and Pleural Effusion: Isolation, Monoclonal Antibody Preparation, and Immunohistochemical Study .  Oncology Research10 ( 10 ) 499 - 507   1999年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • I. Maeda, S. Kishita, K. Ideta, K. Arima, J. Meng, N. Sakata, and K. Okamoto .  Preparation of Polyclonal Antibody Against Elastin Hexapeptide Sequence and Its Recognition Site .  Peptide Science   217 - 220   1999年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Arima, Y. Nakamura, T. Takami, K. Mizusaki, N. Yoshida, K. Okamoto .  An α2-Macrogloblin-Serine Proteinase Complex from Human Carcinamatous Ascites and Pleural Effusion: Isolation, Monoclonal Antibody Preparation, and Immunohistochemical Study. .  Oncology Research10 ( 10 ) 499 - 507   1998年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:学位論文(博士)  

  • K. Ideta, K. Arima, K. Okamoto, and M. Kondo .  Molecular Weight Determination of Synthetic Sequential Polypeptides in SDS-PAGE: Gel Staining Method Using Metal Chlorides .  Peptide Science   445 - 448   1998年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • K. Arima, M. Imanaka, S. Okazono, Y. Kazuta, and S. Kotani .  Evidence for Structural Differences Between the Two Highly Homologous Actin-regulatory Proteins, Destrin and Cofilin .  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry62 ( 2 ) 215 - 220   1997年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • S. Kamisato, Y. Uemura, K. Arima, and K. Okamoto .  Effect of Elastin Peptides on Macrophage Activation and Chemotaxis .  Peptide Chemistry   273 - 276   1994年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • M. Kaneda, K. Arima, H. Yonezawa, and T. Uchikoba .  Purification and Properties of a Protease from the Sarcocarp of Bead Tree Fruit .  Phytochemistry35 ( 6 ) 1395 - 1398   1993年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Okamoto, M. Kanematsu, K. Arima, Y. Uemura, K. Kaibara, H. Kodama, and M. Kondo .  Studies of Differential Scanning and Temperature Profile for Tubidity Formation on Self-Assembly of Elastin Peptides .  Peptide Chemistry   399 - 401   1993年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 生体高分子の基礎 ~はじめてのバイオ分子化学~

    長谷川慎,石水 毅,有馬一成,前田衣織( 担当: 共著)

    実教出版  2014年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 酵素利用技術体系 ~基礎・解析から改変・高機能化・産業利用まで~

    有馬 一成(監修 小宮山 眞)( 担当: 編集)

    NTS  2010年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

MISC

  • Handbook of Proteolytic Enzymes 3rd Edn. 718. Cucumisin 査読

    K. Arima, T. Uchikoba, H. Yonezawa, M. Kaneda

    Academic Press   1   3254 - 3257   2012年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 酵素固定化とマイクロリアクタ

    有馬 一成

    化学工業・化学工業社   61 ( 8 )   596 - 601   2010年8月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 第1編 生物の働きとバイオケミカルエンジニアリングの基礎特定研究08/マイクロリアクターを用いた酵素研究

    有馬 一成

    バイオプロセスハンドブック・NTS   104 - 110   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • トピックス/レビュー 酵素研究の新展開~マイクロリアクタ~

    有馬 一成

    BIONICS・オーム社   78 - 80   2005年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Handbook of Proteolytic Enzymes 2nd Edn.357. Melains and phytolacains 査読

    T. Uchikoba, K. Arima, H. Yonezawa, M. Kaneda

    Academic Press   1   1148 - 1149   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • Handbook of Proteolytic Enzymes 2nd Edn.569. Cucumisin 査読

    T. Uchikoba, K. Arima, H. Yonezawa, M. Kaneda

    Academic Press   1839 - 1841   2004年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 有馬一成 .  タンパク質分解酵素を中心とした構造解析とバイオインフォマティクスの活用 .  日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)九州地区部会セミナー鹿児島2018  日本バイオインフォマティクス学会(JSBi)招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年5月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:鹿児島大学工学部  

  • 白石岳大,有馬一成,河原康一,川畑拓斗,下川倫子,山本雅達,新里能成,南謙太朗,濵田季之,古川龍彦 .  核小体を起点とした新たな分裂制御機構の解明と癌治療戦略 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • 宅野美月,下長奏介,加藤太一郎,山口泰平,有馬一成 .  Streptococcus intermediusが産生する溶血毒素Intermedilysinのコレステロール認識機構 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • 中溝瑛久,有馬一成 .  メロン由来プロテアーゼ・ククミシンの発現系構築 .  平成29年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:宮崎市  

  • Sosuke Shimonaga, Ami Sotokawauchi, Yohey Kamizyo, Kazunari Arima, Taihei Yamaguchi .  Analysis of cholesterol recognition mechanism of hemolysis toxin Intermedilysin from Streptcoccus intermedius .  4th Protein Expression, Purification & Characterization, Protein Discovery Summit 2016  GTC Conferences国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hyatt Regemcy, Boston  

  • Akihisa Nakamizo, Ami Sotokawauchi , Yohey Kamijo, Kazunari Arima .  Functional and structural characterization of cucumisin-like protease from the sarcocarp of Trichosanthes bracteata .  4th Protein Expression, Purification & Characterization, Protein Discovery Summit 2016  GTC Conferences国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hyatt Regemcy, Boston  

  • Mizuki Takuno, Ami Sotokawauchi, Kazutaka Murayama, Miyuki Kato-Murayama, Toshiaki Hosaka, Iori Maeda, Michio Onzyo, Noboru Osawa, Daichiro Kato, Shirouzu Mikako, Kazunari Arima .  Structural Basis of Cucumisin Protease Activity Regulation by its Propeptide .  4th Protein Expression, Purification & Characterization, Protein Discovery Summit 2016  GTC Conferences国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Hyatt Regemcy, Boston  

  • 下長奏介,中村信孝,外川内亜美,上條陽平,有馬一成,山口泰平 .  Streptcoccus intermediusが産生する溶血毒素Intermedilysinのコレステロール認識機構の解析 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 中溝瑛久,外川内亜美,上條陽平,有馬一成 .  オオカラスウリ(Trichosanthes bracteata)果実由来ククミシン様プロテアーゼの構造と機能解析 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 濱崎研悟,河原康一,川畑拓斗,下川倫子,山本雅達,新里能成,南謙太郎,有馬一成,濵田季之,武井孝行,吉田昌弘,古川龍彦 .  核小体を起点としたストレス応答の新たな生理機能の解明と抗がん剤の開発 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 宅野美月,尾辻由衣,外川内亜美,上條陽平,有馬一成 .  アコウ(Ficus superba)乳液由来プロテアーゼの精製と性質 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 外川内亜美,村山(加藤)美幸,村山和隆, 保坂俊彰,前田衣織,遠城道雄,大沢登,加藤太一郎,白水美香子,有馬一成 .  タンパク質分解酵素ククミシンとそのプロペプチド複合体の結晶構造解析 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 白石岳大,有馬一成,河原康一,上條陽平,川畑拓斗,山本雅達,新里能成,南謙太朗,濵田季之,古川龍彦 .  バイオインフォマティクス技術を用いた急性リンパ性白血病の再発に関与する遺伝子の探索 .  平成28年度日本生化学会九州支部例会  日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年5月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島  

  • 川畑拓斗,河原康一,上條陽平,白石岳大,堀口史人,山本雅達,新里能成,南謙太朗,有馬一成,濵田季之,古川龍彦 .  核小体の完全性維持機構による細胞分裂制御と抗腫瘍薬の開発 .  日本薬学会 第136年会  日本薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神奈川  

  • Takuto Kawahata, Kohichi Kawahara, Fumito Horikuchi, Yohei Kamijyo, Takehiro Shiraishi, Masatatsu Yamamoto, Yoshinari Shinsato, Kentaro Minami, Kazunari Arima, Toshiyuki Hamada, Tatsuhiko Furukawa .  Discovery of Tumor Suppressive Function and Therapeutics by a Novel Reporter System for Nucleolar Stress Response .  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

  • Yohey Kamijo, Kohichi Kawahara, Takuto Kawahata, Takehiro Shiraishi, Fumito Horikuchi, Masatatsu Yamamoto, Yoshinari Shinsato, Kentaro Minami, Toshiyuki Hamada, Kazunari Arima, Tatsuhiko Furukawa .  Identification of novel regulatory genes on nucleolar stress response by combination analysis of shRNA library screening in vitro and cancer patient gene expression data base in silico .  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics  Tenth AACR-JCA Joint Conference on Breakthroughs in Cancer Research: From Biology to Therapeutics国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年2月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:アメリカ合衆国  

  • 川畑拓斗,河原康一,上條陽平,白石岳大,堀口史人,山本雅達,新里能成,南 謙太郎,有馬一成,濱田季之,古川龍彦 .  癌抑制遺伝子p53を制御する核小体ストレス応答の可視化レポーターシステムの構築と新たな生理作用の解明 .  第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会  日本分子生物学会/日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 上條陽平,河原康一,川畑拓斗,白石岳大,堀口史人,山本雅達,新里能成,南謙太郎,濵田季之,有馬一成,古川龍彦 .  shRNAライブラリーとがん患者遺伝子発現データベースを組み合わせた解析による核小体ストレス応答の制御基盤の解明 .  第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会  日本分子生物学会/日本生化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:兵庫  

  • 川畑拓斗,河原康一,堀口史人,上条陽平,山本雅達,新里能成,南 謙太郎,MOINUDDIN F.M,田辺 寛,藤本啓汰 ,土屋理佐子,有馬一成,濱田季之,古川龍彦 .  核小体ストレス応答による腫瘍進展制御と革新的抗癌治療薬の創生 .  日本薬学会第135年会  日本薬学会第135年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 外川内亜美,村山和隆,村山(加藤)美幸,保坂俊彰,伊東祐二,横山茂之,白水美香子,有馬一成 .  タンパク質分解酵素ククミシン-プロペプチド複合体の結晶構造 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 黒木隆生,瀬戸上徹,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成 .  サツマイモ(Ipomoea batatas L.)乳液由来プロテアーゼの精製と遺伝子解析 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 小峯卓士,小倉梨那,外川内亜美,上條陽平,伊東 祐二,有馬 一成 .  アコウ(Ficus superba var.japonica)乳液由来新規プロテアーゼの精製と性質 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 下長奏介,中村信孝,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成,山口泰平 .  コレステロール誘導体を用いたIntermedilysinのコレステロール認識機構の解析 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 堀口史人,河原康一,上條陽平,山本雅達,新里能成,南謙太郎,エフ・エム・モイヌディン,有馬一成,古川龍彦 .  Fluoppi技術を用いた核小体ストレス応答の生体イメージングとこれを利用した抗がん治療薬探索 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 河原康一,堀口史人,上條陽平,山本雅達,新里能成,南謙太郎,エフ・エム・モイヌディン,有馬一成,西尾美希,佐々木雅人,前濱朝彦,鈴木聡,古川龍彦 .  生体イメージング技術による核小体ストレス応答の制御基盤の解明 .  第87回日本生化学会大会  第87回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Ami Sotokawauchi, Kazutaka Murayama, Miyuki Kato-Murayama, Toshiaki Hosaka, Yuji Ito, Shigeyuki Yokoyama, Shirouzu Mikako. Kazunari Arima .  Purification, Characterization and Crystal Structure of Proteolytic Enzyme Cucumisin .  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Takao Kuroki, Tetsu Setoue, Ami Sotokawauchi, Yohei Kamijo1 Michio Onjo, Yuji Ito, Kazunari Arima .  Purification and characterization of a protease in latex of sweet potato(Ipomoea batatas L.) .  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Takahito Komine, Rina Ogura, Ami Sotokawauchi, Yohei Kamijo, Michio Onjo, Yuji Ito, Kazunari Arima .  Purification and characterization of novel protease from latex of Banyan tree (Ficus superba var. japonica) .  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference  Protein Discovery Summit 2014, 2nd Protein Expression, Purification & Characterization Conference国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • Kado K, Osuki K, Fukudome M, Kucho K, Kuroki T, Arima K, Abe M, Higashi S, Uchiumi T. .  Class 1 plant hemoglobin as a modulator of nitric oxide is involved in the infection process of Mesorhizobium loti to Lotus japonicus. .  The 3rd Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation.  The 3rd Asian Conference on Plant-Microbe Symbiosis and Nitrogen Fixation.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年10月

    記述言語:英語  

    開催地:中国  

    国際学会

  • 下長奏介,中村信孝,伊東祐二,山口泰平,有馬一成 .  Intermedilysinのコレステロール認識機構 .  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 小峯卓士,小倉梨那,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成 .  アコウ(Ficus superba var. japonica)乳液由来プロテアーゼの性質 .  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 黒木隆生,瀬戸上徹,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成 .  サツマイモ(Ipomoea batatas L.)乳液由来プロテアーゼの一次構造解析 .  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 外川内亜美,村山和隆,村山(加藤)美幸,保坂俊彰,前田衣織,伊東祐二,横山茂之,白水美香子,有馬一成 .  メロン由来プロテアーゼであるククミシンとそのプロペプチド複合体の構造 .  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム  日本農芸化学会西日本支部大会および特別講演・シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 堀口史人,河原康一,上條陽平,新里能成,南謙太郎,有馬一成,古川龍彦 .  核小体ストレス応答の新規制御機構の解明とこれを利用した抗癌治療薬探索系の構築 .  第18回日本がん分子標的治療学会  第18回日本がん分子標的治療学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 有馬一成 .  タンパク質分解酵素 ~研究の歴史と展望~ .  第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム  第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会・シンポジウム招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:北海道  

    国内学会

  • 中村信孝,赤瀬優也,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成 .  イヌビワ(Ficus erecta Thunb.)由来セリンプロテアーゼの構造解析 .  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 黒木隆生,岩下和樹,瀬戸上徹,上條陽平,外川内亜美,伊東祐二,有馬一成 .  オオイタビ(Ficus Pumila)乳液由来プロテアーゼの構造解析 .  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 小倉梨那,髙山亜衣,外川内亜美,上條陽平,伊東祐二,有馬一成 .  アコウ(Ficus superb var.japonica)乳液由来プロテアーゼの精製と性質 .  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部 2013年度 合同広島大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 小野美香,稲富太志,渡邊法子,外川内亜美,有馬一成,前田衣織 .  機能解析を目的としたククミシン阻害ペプチドの合成研究 .  第50回化学関連支部合同九州大会  第50回化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • Shuuichi Nakaya, Ami Sotokawauchi, Yohey Kamijo, Kazutaka Murayama, Kazunari Arima .  Glycosylation analysis of Cucumicin, a Subtilisin-Like serine protease from Cucumis melo L. using MALDI-QIT-TOF MS .  American Society for Mass Spectrometry (ASMS)  American Society for Mass Spectrometry (ASMS)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 穴澤活郎,有馬一成 .  津波浸水地域における滞留水と堆積物の化学的特徴 .  第26回環境情報科学学術研究論文発表会  第26回環境情報科学学術研究論文発表会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 村田和也,山折晋,本井睦也,真栄城正寿,伊東祐二,有馬一成,宮崎真佐也 .  イネ(Olyza sativa)由来乳酸脱水素酵素アイソザイムの構造および機能解析 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 中村信孝,山口泰平,伊東祐二,有馬一成 .  Intermedilysinのコレステロール認識機構 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 外川内亜美,村山和隆,村山(加藤)美幸,保坂俊彰,小野美香,渡邊法子,前田衣織,横山茂之,白水美香子,有馬一成 .  タンパク質分解酵素ククミシンの結晶構造と阻害ペプチドの結合解析 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 瀬戸上徹,岩下和樹,伊東祐二,有馬一成 .  オオイタビ(Ficus pumila)乳液由来プロテアーゼFicain Pの遺伝子解析および立体構造予測 .  第85回日本生化学会大会  第85回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 村田和也,有馬一成,山折晋,本井睦也,伊東祐二,真栄城正寿,宮崎真佐也 .  イネ(Oriza sativa)由来乳酸脱水素酵素の結晶化条件の検討 .  2012年日本化学会西日本大会  2012年日本化学会西日本大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀  

    国内学会

  • 村山和隆,村山-加藤美幸,保坂俊彰,外川内亜美,横山茂之,有馬一成,白水美香子 .  メロン由来セリンプロテアーゼククミシンの結晶構造 .  平成24年度日本結晶学会年会及び総会  平成24年度日本結晶学会年会及び総会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城  

    国内学会

  • 村田和也,有馬一成,山折晋,本井睦也,米丸智,伊東祐二,真栄城正寿,宮崎真佐也 .  イネ(Oryza sativa)由来乳酸脱水素酵素の機能解析および結晶化の試み .  第49回化学関連支部合同九州大会  第49回化学関連支部合同九州大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 有馬 一成 .  エラスチンの構造及び機能 .  機能性食品シンポジウム2011  機能性食品シンポジウム2011

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    研究会

  • 有馬一成,山折晋,本井睦也,米丸智,村田和也,伊東祐二 .  イネ(Oryza sativa)由来乳酸脱水素酵素アイソザイムの構造および機能解析 .  第84回日本生化学会大会  第84回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 岡元孝二,柿野賢一,畠中登志也,鎌田照男,有馬一成,市川悦央 .  エラスチン・コラーゲン併用摂取による肌質改善効果 .  第43回日本結合組織学会学術大会・第58回マトリックス研究会大会合同学術集会  第43回日本結合組織学会学術大会・第58回マトリックス研究会大会合同学術集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年6月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分  

    国内学会

  • 岡島陽日児,小野紗佑里,有馬一成,岡元孝二 .  コレステロール負荷家兎の脂質代謝異常に及ぼすメロン抽出物による抑制効果 .  第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会  第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 有馬 一成 .  酵素固定化とマイクロリアクタ .  日本化学会第90回春期年会  日本化学会第90回春期年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 岡島陽日児,小野紗佑里,有馬一成,岡元孝二 .  コレステロール負荷家兎の脂質代謝異常に及ぼすメロン抽出物による抑制効果 .  日本生化学会 第82回日本生化学会大会  日本生化学会 第82回日本生化学会大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 角久間隆文,仲井俊裕,宮崎真佐也,米澤弘夫,有馬一成 .  マイクロリアクタへの酵素タンパク質固定化の検討 .  第18回化学とマイクロ・ナノシステム研究会  第18回化学とマイクロ・ナノシステム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 中山幸亮,糸永仁,高見昇,中村康寛,前田衣織,有馬一成,岡元孝二 .  癌患者胸水中に含まれるα2‐マクログロブリン‐セリンプロテアーゼ様タンパク質複合体の単離・精製とその機能の解析 .  第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会  第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:兵庫  

    国内学会

  • 有馬一成,仲井俊裕,宮崎真佐也,前田英明,米澤弘夫 .  酵素固定化マイクロリアクタについて .  第10回生体触媒化学シンポジウム  第10回生体触媒化学シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    国内学会

  • 有馬一成 .  マイクロリアクタ ~酵素反応への応用~ .  第30回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム  第30回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    研究会

  • 有馬一成 .  種々のプロテアーゼの活性測定法 .  第5回国際バイオEXPO  第5回国際バイオEXPO

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 有馬一成 .  マイクロリアクターを用いた酵素の連続反応技術 .  第4回国際バイオEXPO  第4回国際バイオEXPO

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 渡辺則子,岩切泰貴,有馬一成,米澤弘夫 .  Ca2+非依存性を持つハブ膵臓トリプシノーゲンの一次構造 .  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会  日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 有馬一成,東裕介,中村康寛,内木場哲也,米澤弘夫,岡元孝二 .  癌組織に特異的に発現するα2マクログロブリン結合性タンパク質 .  第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会  第9回病態と治療におけるプロテアーゼとインヒビター研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:愛知  

    国内学会

  • 山折晋,有馬一成,宮崎真佐也,内木場哲也,前田英明,米澤弘夫 .  大腸菌発現系を用いたマイクロ酵素リアクターの簡易調製 .  第8回化学とマイクロ・ナノシステム研究会  第8回化学とマイクロ・ナノシステム研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 岩切泰貴, 有馬一成, 内木場哲也, 服部正策, 米澤弘夫 .  特異な性質を示すハブ膵臓由来トリプシノーゲン .  日本農芸化学会西日本支部,中国・四国支部鹿児島合同大会およびシンポジウム  日本農芸化学会西日本支部,中国・四国支部鹿児島合同大会およびシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 西田裕二,有馬一成,内木場哲也,服部正策,米澤弘夫 .  ハブ膵臓由来キモトリプシノーゲンの精製とその性質 .  日本農芸化学会西日本支部,中国・四国支部鹿児島合同大会およびシンポジウム  日本農芸化学会西日本支部,中国・四国支部鹿児島合同大会およびシンポジウム

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 小濱 亮,金野 潤,有馬一成,宮崎真佐也,米澤弘夫,藤井政幸,清水 肇,前田英明 .  ジスルフィド結合を介したマイクロチャネルへの酵素の可逆的固定化 .  マイクロリアクター技術研究会@九州第5回研究講演会  マイクロリアクター技術研究会@九州第5回研究講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡  

    研究会

  • 宮崎真佐也,渋江光邦,荻野和也,有馬一成,内木場哲也,中村浩之,米澤弘夫,前田英明 .  炭酸ガスとアセトアルデヒドを化学資源としたピルビン酸の合成 .  日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会  日本化学会中国四国支部・同九州支部合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:島根  

    国内学会

  • 有馬一成,内木場哲也,米澤弘夫,金田信 .  Bz-Arg-pNAを加水分解する新規プロテアーゼの精製と性質 .  日本農芸化学会関西・西日本・中国四国大会  日本農芸化学会関西・西日本・中国四国大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岡山  

    国内学会

  • 有馬一成,内木場哲也,米澤弘夫,金田信 .  イヌビワ(Ficus erecta)乳液由来のセリンプロテアーゼの性質 .  日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • 有馬一成,内木場哲也,米澤弘夫,金田信 .  スズメウリ果実由来のセリンエンドペプチダーゼ .  日本生化学会九州支部例会  日本生化学会九州支部例会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎  

    国内学会

  • Arima, K, Ideta, K, Uemura Y, Okamoto K. .  Staining of Polypeptides by Zinc and Copper Chlorides for Determining Molecular Weight on Sodium Dodecyl Sulfate-polyacrylamide Gels .  The 14th American Peptide Symposium  The 14th American Peptide Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年6月

    記述言語:英語  

    開催地:アメリカ合衆国  

    国際学会

  • 鶴田 篤弘, 加藤 太一郎, 有馬 一成, 伊東 祐二, 赤澤 陽子, 中島 芳浩 .  ホタルルシフェラーゼ生物発光活性制御におけるアルパカ抗体の利用 .  日本生物工学会大会講演要旨集  2018年8月  (公社)日本生物工学会

     詳細を見る

    会議種別:ポスター発表  

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 下川 倫子, 白石 岳大, 濱田 季之, 有馬 一成, 古川 龍彦 .  核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と腫瘍化進展制御 .  日本細胞生物学会大会講演要旨集  2017年5月  (一社)日本細胞生物学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川畑 拓斗, 河原 康一, 下川 倫子, 上條 陽平, 白石 岳大, 朝日 汰一, 山本 雅達, 新里 能成, 南 謙太朗, 武井 孝行, 吉田 昌弘, 有馬 一成, 濱田 季之, 古川 龍彦 .  細胞分裂の異常を監視する核小体の新たな役割 .  生命科学系学会合同年次大会  2017年12月  生命科学系学会合同年次大会運営事務局

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 河原 康一, 川畑 拓斗, 下川 倫子, 白石 岳大, 濱田 季之, 有馬 一成, 古川 龍彦 .  「それぞれの癌」癌治療標的の同定と臨床応用を目指して 核小体の再編成により細胞分裂を制御する新たなストレス応答と癌治療戦略 .  日本癌治療学会学術集会抄録集  2017年10月  (一社)日本癌治療学会

     詳細を見る

    会議種別:口頭発表(一般)  

▼全件表示

知的財産権

  • 新規なペプチド(又はその塩)並びにそれを含む線維芽細胞増殖促進剤及び線維芽細胞又は軟骨細胞におけるエラスチン産生促進剤

    白土絵理,宮成健司,有馬一成,山口泰平,小峯卓士,宅野美月

     詳細を見る

    出願人:鹿児島TLO

    出願番号:特願2017-199547  出願日:2017年10月

    出願国:国内  

  • 核小体ストレス応答を誘導する薬剤の探索のためのポリペプチドの組み合わせ及びスクリーニング方法

    河原康一,古川龍彦,有馬一成,上條陽平,堀口史人

     詳細を見る

    出願人:鹿児島TLO

    出願番号:特願2013-217200  出願日:2013年10月

    特許番号/登録番号:特許第6323868  登録日:2018年4月 

    出願国:国内  

  • 線維素溶解剤の製法

    内木場哲也,米澤弘夫,有馬一成,金田 信

     詳細を見る

    出願人:鹿児島TLO

    出願番号:特願2007-511256  出願日:2006年3月

    特許番号/登録番号:特許第5062565号  登録日:2012年8月 

    出願国:国内  

  • スギ花粉症予防乃至治療用物質スクリーニング用標的物質及びその製法

    内木場哲也,米澤弘夫,有馬一成

     詳細を見る

    出願人:鹿児島TLO

    出願番号:特願2005-105436  出願日:2005年3月

    特許番号/登録番号:特許第4831560号  登録日:2013年9月 

    出願国:国内  

Works(作品等)

  • NEDO大学発事業創出実用化研究開発事業事前調査事業(F/S)「ウリ科植物果実を原料とする血栓溶解剤開発」

    2005年

  • (財)鹿児島科学研究所研究助成事業「マイクロリアクターを用いた酵素の連続反応技術の応用」

    2005年

  • 地域新生コンソーシアム研究開発事業 「マイクロ化学プラントを用いた焼酎蒸留残渣の有効利用技術の開発」

    2002年

共同研究・競争的資金等の研究

  • エラスチンのバイオマテリアルとしての応用研究

    2010年

    共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • メロン成分の研究とその応用

    2010年

    共同研究 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Study on constituents of melon

    2010年

    Cooperative Research 

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • プロテアーゼの関与する疾患に関する研究

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • タンパク質(特に酵素)の構造と機能相関に関する研究

    2000年

      詳細を見る

  • Study on Proteases involved in human disease

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Study on Construction of expression system and its application of useful enzymes

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Studies on the relationship between structure and function of proteins (particularly enzymes)

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 有用酵素の発現系の構築とその応用に関する研究

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • マイクロリアクターを用いた酵素反応に関する研究

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:産学連携による資金

  • Protease-mediated mechanisms of host defense in plants

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • 植物におけるプロテアーゼを介した生体防御機構の解明

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

  • Applied Research of Elastin as a biomaterial

    2010年

    Cooperative Research 

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

  • Study on the enzymatic reaction using microreactors

    2000年

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者  資金種別:競争的資金

▼全件表示

 

社会貢献活動

  • 出張講義

    役割:講師

    鹿児島県立加世田高等学校  2021年7月

  • 出張授業

    役割:講師

    宮崎県立宮崎北高等学校  2021年7月

  • 出前講義

    役割:講師

    鹿児島県立加治木高等学校  2021年7月

  • 大学出前講義「可愛山大学セミナー」

    役割:講師

    鹿児島県立川内高等学校  2020年11月

  • 大学等出張講義「よらいきカレッジ」

    役割:講師

    鹿児島県立種子島高等学校  2019年8月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出張講座企画「第10回記念学問講座鳳雛」

    役割:講師

    熊本県立八代高等学校  2018年9月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 高大連携出張講座

    役割:講師

    熊本県立八代清流高等学校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出張講義

    役割:講師

    鹿児島県立加世田高等学校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 学部・学科研究会

    役割:講師

    2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出前授業

    役割:講師

    宮崎県立都城西高等学校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 第2学年大学・学部・学科説明会

    役割:講師

    熊本県立第二高等学校  2018年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 平成29年度短期研修講座

    役割:講師

    鹿児島県総合教育センター  鹿児島大学理学部  2017年10月

     詳細を見る

    対象: 教育関係者

    先端科学を授業に生かす中高等学校理科観察実験講座【大学連携】

  • 平成28年度生涯学習県民大学講座

    役割:講師

    かごしま県民大学中央センター  鹿児島県民交流センター  2016年10月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    酵素でわかる食品と医薬品

  • 平成28年度可愛山大学セミナー(出前授業)

    役割:講師

    鹿児島県立川内高等学校  2016年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

  • 未来共創プログラム(出前授業)

    役割:講師

    鹿児島県立武岡台高等学校  2016年7月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

  • 出張授業

    役割:講師

    鹿児島県立鶴翔高等学校  2016年6月

     詳細を見る

    対象: 高校生

    種別:出前授業

    健康食品のウソホント

  • 平成27年度生涯学習県民大学講座

    役割:講師

    かごしま県民大学中央センター  鹿児島県民交流センター  2015年12月

     詳細を見る

    対象: 社会人・一般

    酵素でわかる食品と医薬品

▼全件表示