2023/10/30 更新

写真a

ハシモト フミオ
橋本 文雄
HASHIMOTO Fumio
所属
学長・役員等 理事・副学長
農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 教授
職名
理事・副学長

学位

  • 薬学博士 ( 1988年3月   九州大学 )

  • 薬学修士 ( 1985年3月   九州大学 )

研究キーワード

  • 天然有機化合物

  • 茶ポリフェノールの化学

  • 植物化学分類学

  • 花き園芸

研究分野

  • その他 / その他  / 植物化学分類学

  • その他 / その他  / 天然物化学

  • その他 / その他  / 園芸学

学歴

  • 九州大学   生薬学

    1985年4月 - 1988年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 九州大学   生薬学

    1983年4月 - 1985年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 熊本大学   製薬学科

    1979年4月 - 1983年3月

      詳細を見る

    国名: 日本国

経歴

  • 鹿児島大学   事務局   副学長

    2023年4月 - 現在

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物生産学科 園芸生産学   教授

    2013年2月 - 2023年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 先端応用生命科学   教授

    2013年2月 - 2023年3月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 連合農学研究科 植物生産科学   准教授

    1998年4月 - 2013年1月

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 生物生産学科 園芸生産学   准教授

    1997年2月 - 2013年1月

所属学協会

  • 錦江湾高校SSH運営指導委員会委員(令和元年度)

    2019年9月 - 2020年3月

  • 令和元年度SSH生徒研究発表会審査会(1次審査委員)

    2019年7月

  • 天草高校SSH運営指導委員会委員(令和元年度)

    2019年6月 - 2020年3月

  • 鹿児島市農業振興協議会・会長

    2019年4月 - 2020年11月

  • 鹿児島県農業開発総合センター運営委員会委員(令和元年度)

    2019年4月 - 2020年3月

  • 第5回鹿児島市 景観まちづくり賞・審査会委員(緑化・園芸担当)

    2018年10月 - 2019年1月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2018年7月

  • 鹿児島市都市景観アドバイザー

    2018年6月 - 2020年6月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2017年7月

  • 第4回鹿児島市 景観まちづくり賞・審査会委員(緑化・園芸担当)

    2016年10月 - 2017年1月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2016年7月

  • 鹿児島市都市景観アドバイザー

    2016年6月 - 2018年6月

  • フラワーパークかごしま・農政部指定管理者選定委員会

    2015年8月 - 2016年3月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2015年7月

  • 第3回鹿児島市 景観まちづくり賞・審査会委員(緑化・園芸担当)

    2014年10月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2014年7月

  • 鹿児島市都市景観アドバイザー

    2014年6月 - 2016年6月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2013年7月

  • 第2回鹿児島市 景観まちづくり賞・審査会委員(緑化・園芸担当)

    2012年8月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2012年7月

  • 鹿児島県農業開発総合センター・試験研究課題検討(花き部門)

    2011年7月

  • 「かごしま起業家応援プログラム事業審査委員会」及び「かごしま産業おこし挑戦事業審査委員会」

    2009年6月

  • 「かごしま起業家応援プログラム事業審査委員会」及び「かごしま産業おこし挑戦事業審査委員会」

    2009年3月

  • 「かごしま起業家応援プログラム事業審査委員会」及び「かごしま産業おこし挑戦事業審査委員会」

    2008年9月

  • 米国園芸学会

    2000年4月 - 現在

  • 日本園芸学会

    1997年2月 - 現在

  • 国際園芸学会

    1997年2月 - 現在

  • 米国生薬学会

    1994年1月 - 現在

  • 日本生薬学会

    1984年4月 - 現在

▼全件表示

留学歴

  • 1993年12月 - 1994年11月   ノースカロライナ大学・チャペルヒル校   客員準教授

  • 1975年8月 - 1976年6月   ピッツバーグ・ウェストアリゲニー高等学校   交換留学生

取得資格

  • 薬剤師

 

論文

  • 橋本 文雄 .  花と健康 .  口腔衛生学会雑誌73 ( 2 ) 90 - 96   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:一般社団法人 口腔衛生学会  

    DOI: 10.5834/jdh.73.2_90

  • Wang Zitai, Okutsu Kayu, Yoshizaki Yumiko, Futagami Taiki, Tamaki Hisanori, Maruyama Takuro, Toume Kazufumi, Komatsu Katsuko, Hashimoto Fumio, Takamine Kazunori .  Massa Medicata Fermentataの酵素活性と揮発性に対する微生物発酵の影響(Effects of microbial fermentation on enzyme activity and volatile properties of Massa Medicata Fermentata) .  Traditional & Kampo Medicine9 ( 1 ) 10 - 17   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:John Wiley & Sons Australia, Ltd  

    Massa Medicata Fermentata(MMF)はAspergillus属やRhizopus属による微生物発酵でコムギと数種のハーブから調製されるので、微生物発酵の影響について検討した。National Standard for Chinese Patent Drugsに従ってMMFの原材料を混合し、Aspergillus oryzae培養で調製(MMF-A)またはRhizopus oryzae培養で調製(MMF-R)した。MMFの調製により酵素活性は上昇した。MMF-AはMMF-Rよりもα-アミラーゼとリパーゼの活性が高かった。プロテアーゼ活性はMMF-Rがわずかに高かった。テルペノイドは発酵で低下したが、2,3-ブタンジオール、アセトイン、グアヤコールはMMFだけで検出された。1-オクテン-3-オールのC8化合物はMMF-RよりもMMF-Aで高く、4-ビニルグアヤコールとピラジンの芳香族化合物はMMF-Rで高かった。

  • Wang Z., Okutsu K., Yoshizaki Y., Futagami T., Tamaki H., Maruyama T., Toume K., Komatsu K., Hashimoto F., Takamine K. .  Effects of microbial fermentation on enzyme activity and volatile properties of Massa Medicata Fermentata .  Traditional and Kampo Medicine9 ( 1 ) 10 - 17   2022年4月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Traditional and Kampo Medicine  

    Aim: Massa Medicata Fementata (MMF) is a crude drug used in East Asia to treat anorexia and dyspepsia. It is prepared from wheat and several herbs through microbial fermentation using Aspergillus sp. and Rhizopus sp. There is great difference in the quality of commercial MMF, and the microbes of MMF are suggested to affect its quality. We investigated the effects of microbial fermentation on the quality of MMF. Methods: Raw materials of MMF were mixed according to the ratio listed in the National Standard for Chinese Patent Drugs, and MMF was prepared using pure cultures of Aspergillus oryzae or Rhizopus oryzae. Digestive enzyme activities (α-amylase, protease, and lipase) and volatile compounds were measured using an analytical kit and GC–MS, respectively. Results: Enzyme activity increased in MMF. MMF prepared with A. oryzae (MMF-A) showed higher α-amylase and lipase activities than that prepared with R. oryzae (MMF-R). Protease activity was marginally higher in MMF-R than in MMF-A. GC–MS analysis revealed that terpenoids decreased with fermentation; however, 2,3-butanediol, acetoin, and guaiacol were detected in MMF only. C8 compounds such as 1-octen-3-ol were higher in MMF-A than MMF-R; however, aromatic compounds such as 4-vinylguaiacol and pyrazines were higher in MMF-R than MMF-A. Conclusion: Microbial fermentation contributes to increased enzyme activity and changes in MMF volatiles. These properties of MMF were considerably affected by the microbes used, and it is proposed in this study that it is important to have microbial control in the production of commercial MMF.

    DOI: 10.1002/tkm2.1303

    Scopus

  • Takatori Y., Shimizu K., Yauwapaksopon D., Nakamura Y., Oshima H., Hashimoto F. .  Flavonoid 3',5'-Hydroxylase (F3'5'H) Gene Polymorphisms Co-segregate with Variation in Anthocyanin Composition in the Flower Petals of Lisianthus [Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.] .  The Horticulture Journal91 ( 2 ) 229 - 239   2022年

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:一般社団法人 園芸学会  

    This study investigated genetic polymorphism related to anthocyanin composition variation in lisianthus (Eustoma grandiflorum) flower petals. Three different bands were detected by genomic polymerase chain reaction using specific primers based on the reported flavonoid 3',5'-hydroxylase (F3'5'H) gene sequence. Our genetic study revealed that they were allelic. They were named F3'5'H1-1, F3'5'H1-2, and f3'5'h1-2. F3'5'H1-1 and F3'5'H1-2 differed in the length of the intron. Allele f3'5'h1-2 possessed a retrotransposon insertion in the first exon, but otherwise, its gene sequence was almost identical to that of F3'5'H1-2. This retrotransposon is a Ty1-copia type retrotransposon and was designated as the retrotransposon of Eustoma grandiflorum 1 (rTeg1). The mauve flower line ‘ME’ and red-purple flower line ‘PRP’ were homozygous for F3'5'H1-1 and mostly accumulated cyanidin, with a small amount of delphinidin, in flower petals (the Cy major phenotype). The violet flower line ‘RV’ was homozygous for F3'5'H1-2 and accumulated only delphinidin (the Dp major phenotype). The pink-red flower line ‘AK’ was homozygous for f3'5'h1-2, accumulated pelargonidin, and lacked delphinidin (the Pg major-non Dp phenotype). Segregation analysis of the F2 population from ‘ME’ × ‘RV’ revealed that F3'5'H1-2 was associated with the Dp major phenotype, and the delphinidin major trait was dominant in the Cy major phenotype. All the Cy major phenotype plants in the F2 population possessed homozygous F3'5'H1-1. Genetic analysis of the F2 population from the cross between delphinidin-containing and delphinidin-lacking strains revealed that the homozygous f3'5'h1-2 genotype co-segregated with the Pg major-non Dp phenotype, which was recessive to the delphinidin-containing phenotypes. Expression analysis of the F3'5'H gene demonstrated that an abnormal mRNA was transcribed from the F3'5'H gene in the homozygous f3'5'h1-2 line by the insertion of rTeg1. Therefore, these F3'5'H gene polymorphisms can be used as DNA markers for breeding lisianthus based on flower color.

    DOI: 10.2503/hortj.utd-320

    Scopus

  • Zitai Wang, Kayu Okutsu*, Taiki Futagami, Yumiko Yoshizaki, Hisanori Tamaki, Takuro Maruyama, Kazufumi Toume, Katsuko Komatsu, Fumio Hashimoto and Kazunori Takamine. .  Microbial Community Structure and Chemical Constituents in Shinkiku, a Fermented Crude Drug Used in Kampo Medicine. .  Frontiers in Nutrition115 ( 7 )   2020年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 濵田延枝, 田浦一成, 野村哲也, 中野八伯, 橋本文雄, 清水圭一, 朴炳宰, 遠城道雄 .  トルコギキョウの鹿児島大学オリジナル品種作出をめざした育成系統の生育および切り花品質調査 .  鹿児島大学農場研究報告   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(大学,研究機関等紀要)   出版者・発行元:鹿児島大学附属農場  

  • Md. Abdur Rauf Sarkar, Wakana Otsu, Akihiro Suzuki, Fumio Hashimoto, Toyoaki Anai and Satoshi Watanabe*. .  Single-base deletion in GmCHR5 increases the genistein-to-daidzein ratio in soybean seed. .  Breeding Science70   265 - 276   2020年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Atsushi SHIMADA, Kaoru KURAMOTO, Byoung-Jae PARK, Fumio HASHIMOTO, and Masashi YAMAMOTO*. .  Relationship between Temperature and Fruit Quality during Ripening Period in Passion Fruit. .  Trop. Agr. Develop.64 ( 2 ) 47 - 53   2020年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sarkar Md. Abdur Rauf, Otsu Wakana, Suzuki Akihiro, Hashimoto Fumio, Anai Toyoaki, Watanabe Satoshi .  Single-base deletion in <i>GmCHR5</i> increases the genistein-to-daidzein ratio in soybean seed .  Breeding Science70 ( 3 ) 265 - 276   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本育種学会  

    <p>Novel mutant alleles related to isoflavone content are useful for breeding programs to improve the disease resistance and nutritional content of soybean. However, identification of mutant alleles from high-density mutant libraries is expensive and time-consuming because soybean has a large, complicated genome. Here, we identified the gene responsible for increased genistein-to-daidzein ratio in seed of the mutant line F333ES017D9. For this purpose, we used a time- and cost-effective approach based on selective genotyping of a small number of F<sub>2</sub> plants showing the mutant phenotype with nearest-neighboring-nucleotide substitution–high-resolution melting analysis markers, followed by alignment of short reads obtained by next-generation sequencing analysis with the identified locus. In the mutant line, <i>GmCHR5</i> harbored a single-base deletion that caused a change in the substrate flow in the isoflavone biosynthetic pathway towards genistein. Mutated <i>GmCHR5</i> was expressed at a lower level during seed development than wild-type <i>GmCHR5</i>. Ectopic overexpression of <i>GmCHR5</i> increased the production of daidzein derivatives in both the wild-type and mutant plants. The present strategy will be useful for accelerating identification of mutant alleles responsible for traits of interest in agronomically important crops.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.19134

    Scopus

    PubMed

  • SHIMADA Atsushi, KURAMOTO Kaoru, PARK Byoung-Jae, HASHIMOTO Fumio, YAMAMOTO Masashi .  Relationship between Temperature and Fruit Quality during Ripening Period in Passion Fruit .  Tropical Agriculture and Development64 ( 2 ) 47 - 53   2020年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    <p>The optimum temperature during fruit ripening period of passion fruit (<i>Passiflora edulis</i>) was elucidated in the present study. 'Summer Queen' (<i>P. edulis</i> × <i>P. edulis</i> f. <i>flavicarpa</i>) and 'Ruby Star' (<i>P. edulis</i> × <i>P. edulis</i> f. <i>flavicarpa</i>) showed a greenish fruit peel and low total soluble solids/titratable acidity (TSS/TA) ratio at 15°C. In 'Summer Queen', a high °Brix, low titratable acidity, and high TSS/TA ratio were observed at 25°C. In 'Ruby Star', the peel coloration was highly favorable at 25°C. In both cultivars, the peel tended to be yellowish and °Brix of the juice was low at 35°C. These results indicate that the optimal temperature for passion fruit ripening was 25°C. In addition, we elucidated the varietal differences in the ripening characteristics of fruit on and off the vine.</p>

    DOI: 10.11248/jsta.64.47

  • Wang Z, Okutsu K, Futagami T, Yoshizaki Y, Tamaki H, Maruyama T, Toume K, Komatsu K, Hashimoto F, Takamine K .  Microbial Community Structure and Chemical Constituents in <i>Shinkiku</i>, a Fermented Crude Drug Used in Kampo Medicine. .  Frontiers in nutrition7   115   2020年

     詳細を見る

  • Md. Abdur Rauf Sarkar, Satoshi Watanabe, Akihiro Suzuki, Fumio Hashimoto, Toyoaki Anai. .  Identification of novel MYB transcription factors involved in the isoflavone biosynthetic pathway by using the combination screening system with agroinfiltration and hairy root transformation. .  Plant Biotechnology36   241 - 251   2019年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sarkar Md. Abdur Rauf, Watanabe Satoshi, Suzuki Akihiro, Hashimoto Fumio, Anai Toyoaki .  Identification of novel MYB transcription factors involved in the isoflavone biosynthetic pathway by using the combination screening system with agroinfiltration and hairy root transformation .  Plant Biotechnology36 ( 4 ) 241 - 251   2019年

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本植物細胞分子生物学会  

    <p>Soybean isoflavones are functionally important secondary metabolites that are mainly accumulated in seeds. Their biosynthetic processes are regulated coordinately at the transcriptional level; however, screening systems for key transcription factors (TFs) are limited. Here we developed a combination screening system comprising a simple agroinfiltration assay and a robust hairy root transformation assay. First, we screened for candidate MYB TFs that could activate the promoters of the chalcone synthase (CHS) gene <i>GmCHS8</i> and the isoflavone synthase (IFS) genes <i>GmIFS1</i> and <i>GmIFS2</i> in the isoflavone biosynthetic pathway. In the agroinfiltration assay, we co-transformed a <i>LjUbi</i> (<i>Lotus japonicus</i> <i>polyubiquitin</i> gene) promoter-fused <i>MYB</i> gene with target promoter-fused <i>GUS</i> (β-glucuronidase) gene constructs, and identified three genes (<i>GmMYB102</i>, <i>GmMYB280</i>, and <i>GmMYB502</i>) as candidate regulators of isoflavone biosynthesis. We then evaluated the functional regulatory role of identified three MYB genes in isoflavone biosynthesis using hairy roots transformation assay in soybean for the accumulation of isoflavones. Three candidate MYB genes showed an increased accumulation of total isoflavones in hairy root transgenic lines. Accumulation of total isoflavones in the three MYB-overexpressing lines was approximately 2-to 4-folds more than that in the vector control, confirming their possible role to regulate isoflavone biosynthesis. However, the significant accumulation of authentic <i>GmCHS8</i>, <i>GmIFS1</i>, and <i>GmIFS2</i> transcripts could not be observed except for the GmMYB502-overexpressing line. Therefore, the analysis of isoflavone accumulation in transgenic hairy root was effective for evaluation of transactivation activity of MYB TFs for isoflavone biosynthetic genes. Our results demonstrate a simple and robust system that can potentially identify the function of orphan TFs in diverse plant metabolic pathways.</p>

    DOI: 10.5511/plantbiotechnology.19.1025a

    Scopus

    PubMed

  • Manikharda, Makoto Takahashi, Mika Arakaki, Kaoru Yonamine, Fumio Hashimoto, Kensaku Takara, Koji Wada. .  Influence of Fruit Ripening on Color, Organic Acid Contents, Capsaicinoids, Aroma Compounds, and Antioxidant Capacity of Shimatogarashi (Capsicum frutescens). .  J Oleo Science67 ( 1 ) 113 - 123   2018年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Manikharda, Takahashi Makoto, Arakaki Mika, Yonamine Kaoru, Hashimoto Fumio, Takara Kensaku, Wada Koji .  Influence of Fruit Ripening on Color, Organic Acid Contents, Capsaicinoids, Aroma Compounds, and Antioxidant Capacity of Shimatogarashi (<i>Capsicum frutescens</i>) .  日本油化学会誌67 ( 1 ) 113 - 123   2018年

     詳細を見る

    出版者・発行元:公益社団法人 日本油化学会  

    <p>Shimatogarashi (<i>Capsicum frutescens</i>) is a typical chili pepper domesticated in southern Japan. Important traits of Shimatogarashi peppers, such as color; proportion of organic acids, capsaicinoids, and aromatic compounds; and antioxidant activity in three stages of maturity (green (immature), orange (turning), and red (mature) stages) were characterized. The results indicated that the concentration of organic acids, including ascorbic, citric, and malic acid, increased during ripening. In addition, the amount of capsaicinoids, which are responsible for the pungent taste of chili peppers, increased as the fruit matured to the orange and red stages. The volatile compound profile of Shimatogarashi was dominated by the presence of esters, which mainly contributed to fruity notes. The total amount of volatile compounds analyzed by gas chromatography-headspace solid-phase microextraction (GC-HS-SPME), especially esters, decreased as the fruit changed in color from green to red. This was in contrast to the amount of terpenoids, especially limonene, which increased at the red stage, denoting a change in flavor from fruity to a more citrus-like aroma. Based on the total phenolic content (TPC), the oxygen radical absorbance capacity (ORAC) and the diphenylpicrylhydrazyl (DPPH) free radical method, the antioxidant capacity of Shimatogarashi showed an increase at the mature red stage. However, while the red stage showed higher pungency and antioxidant capacity as well as an attractive color, the results of aromatic compound analysis revealed that the immature green stage had the advantages of having pleasant fruity smell, making it suitable for use in condiments.</p>

    DOI: 10.5650/jos.ess17156

    Scopus

    PubMed

  • Su Xiaoqin, Zhang Gao-Ju, Ma Yan, Chen Mao, Chen Sheng-Hu, Duan Shuang-Mei, Wan Jin-Qiong, Fumio Hashimoto, Lin Zhi, Li Jia-Hua, Zhao Ming. .  Isolation, Identification, and Biotransformation of Teadenol A from Solid State Fermentation of Pu-erh tea and In Vitro Antioxidant Activity. .  Applied Sciences6   161   2016年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 髙取由佳, 櫟本裕太郎, 清水圭一, 橋本文雄 .  野生種トルコギキョウを起源とする二重咲き花形の遺伝様式 .  園芸学研究14 ( 4 ) 341 - 348   2015年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本園芸学会  

  • Kayu Okutsu, Yumiko Yoshizaki, Natsumi Ikeda, Tatsuro Kusano, Fumio Hashimoto, Kazunori Takamine .  Antioxidants in Heat-Processed Koji and Evaluation of Antioxidant Production Mechanisms. .  Food Chem.187   364 - 369   2015年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yuka Takatori, Keiichi Shimizu, Jun Ogata, Hiroki Endo, Kanji Ishimaru, Shigehisa Okamoto, Fumio Hashimoto .  Cloning of the Flavonoid 3'-Hydroxylase Gene of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. (EgF3'H) and Complementation of an F3'H-Deficient Mutant of Ipomoea nil (L.) Roth. by Heterologous Expression of EgF3'H. .  The Horticulture J.82 ( 4 ) 131 - 139   2015年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本園芸学会  

  • Phyu Phyu Khine Zar, Satoshi Yano, Kozue Sakao, Fumio Hashimoto, Takayuki Nakano, Makoto Fujii, De-Xing Hou. .  In vitro Anticancer Activity of Loquat Tea by Inducing Apoptosis in Human Leukemia Cells. .  Biosci. Biotechnol. Biochem.78 ( 10 ) 1731 - 1737   2014年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ayami Hisanaga, Hisako Ishida, Kozue Sakao, Takayuki Sogo, Takuma Kumamoto, Fumio Hashimoto and De-Xing Hou. .  Anti-inflammatory Activity and Molecular Mechanism of Oolong Tea Theasinensin .  Food and Function5   1891 - 1897   2014年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsuyuki Ichitani, Daisuke Yamaguchi, Satoru Taura, Yasuo Fukutoku, Masahira Onoue, Keiichi Shimizu, Fumio Hashimoto, Yusuke Sakata and Muneharu Sato. .  Genetic Analysis of Ion-Beam Induced Extremely Late Heading Mutants in Rice. .  Breeding Science64   222 - 230   2014年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 城戸麻里、野村哲也、田浦一成、遠城道雄、橋本文雄. .  冬季無加温栽培における種子冷蔵および電照処理がトルコギキョウ(Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.)の発芽、生育並びに開花に及ぼす影響. .  鹿児島大学農場研究報告(Bull. Exp. Farm Fac. Agr. Kagoshima Univ.)36   7 - 13   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Shimizu, K., Hashimoto, F. .  The Construction of Two New Activation-Tagging Vectors, pKANAC2H and pKANAC2K. .  Bull. Fac. Agr. Kagoshima Univ.64   37 - 43   2014年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Phyu Phyu Khine Zar, Akiko Morishita, Fumio Hashimoto, Kozue Sakao, Makoto Fujii, Koji Wada, De-Xing Hou. .  Anti-inflammatory Effects and Molecular Mechanisms of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  Journal of Functional Foods (JFF)6   523 - 533   2014年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Phyu Phyu Khine Zar, Kozue Sakao, Fumio Hashimoto, Akiko Morishita, Makoto Fujii, Koji Wada, De-Xing Hou. .  Antioxidant and Anti-inflammatory Activities of Loquat (Eriobotrya japonica) Tea. .  The Journal of Functional Foods in Health and Disease (FFHD)3   447 - 461   2013年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu, K., Hashimoto, F. .  A New Series of Activation-Tagging Vectors: pKANACB, pKANACK and pKANACH. .  Bull. Fac. Agr. Kagoshima Univ.63   39 - 47   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Kamizono, T., Ohtsuka, A., Hashimoto, F. Hayashi, K. .  Dibutoxybutane Suppresses Protein Degradation and Promotes Growth in Cultured Chicken Muscle Cells .  J Poultry Sci.50   37 - 43   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li, J.-B., Hashimoto, F., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Chemical Taxonomy of Red-Flowered Wild Camellia Species Based on Floral Anthocyanins .  Phytochemistry85   99 - 106   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 高峯和則, 吉崎由美子,山本優,吉竹一哉,橋本文雄,玉置尚徳,鮫島吉廣 .  サツマイモに含まれるモノテルペン配糖体の分布 .  日本醸造学会誌107   782 - 787   2012年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chen, J.-H., Qin, S., Xiao, J.-P., Tanigawa, S., Uto, T., Hashimoto, F., Fujii, M., Hou, D.-X. .  A Genome-Wide Microarray Highlights the Anti-Inflammatory Genes Targeted by Oolong Tea Theasinensin A in Microphages .  Nutrition and Cancer63 ( 7 ) 1064 - 1073   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu, K., Onishi, N., Morikawa, N., Ishigami, A., Otake, S., Rabah, I.O., Sakata, S., Hashimoto, F* .  A 94-bp Deletion of Anthocyanidin Synthase Gene in Acyanic Flower Lines of Lisianthus [Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.] .  J. Japan. Soc. Hortic. Sci.80 ( 4 ) 434 - 442   2011年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李家华, 邵宛芳, 张广辉, 坂田祐介, 根角厚司, 橋本文雄 .  Hereditary Analysis of Tea Polyphenols in Camellia sinensis F1 Hybrids Based on Principal Component and Cluster Analysis. (基于PCA和聚?分析的茶?F1代茶多???分析) .  Molecular Plant Breeding (分子植物育種)(In Chinese with English Abstract)9 ( 4 ) 491 - 497   2011年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Al-Dabbas, M. M., Al-Ishimail, K., Abu-Taleb, R., Hashimoto, F., Rabah, I.O., Kitahara, K., Fujita, K., Suganuma, T. .  Chemistry and Anti-proliferative Activities of 3-Methoxyflavones Isolated from Varthemia iphionoides .  Chemistry of Natural Compouds47 ( 1 ) 17 - 21   2011年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hou, D.-X., Masuzaki, S., Tanigawa, S., Hashimoto, F., He, X., He, J.-H., Fujii, M. .  Oolong Tea Theasinesins Attenuate Cyclooxygenase-2 Expression in Lipopolysaccharide (LPS)-Activated Mouse Macrophages: Structure-Activity Relationship and Molecular Mechanisms. .  J. Agr. Food Chem.58   12735 - 12743   2010年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li, J.-H., Nesumi, A., Shimizu, K., Sakata, Y., Liang, M.-Z., He, Q.-Y., Zhou, H.-Z., Hashimoto, F. .  Chemosystematics of tea trees based on tea leaf polyphenols as phenetic markers. .  Phytochemistry71 ( 42320 ) 1342 - 1349   2010年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Fukuda, S., Maeda, H., Tanaka, M., Shimizu, K., Chishaki, N., Sakata, Y. and Ishiguro, E. .  Determination of Flower Coloration in Delphinium spp. by Monitoring Sepal Anthocyanin in Vivo. .  Memoir of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University60   15 - 27   2010年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Li, J.-B., Hashimoto, F., Shimizu, K., Sakata, Y. .  A New Acylated Anthocyanin from the Red Flowers of Camellia hongkongensis and Characterization of Anthocyanins in the Section Camellia Species. .  Journal of the Integrative and Plant Biology51 ( 6 ) 545 - 552   2009年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li, J.-B., Hashimoto, F., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Anthocyanins from red flowers of Camellia cultivar ‘Dalicha.’ .  Phytochemistry69   3166 - 3171   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李 家華、周 紅傑、清水圭一、坂田祐介、橋本文雄. .  雲南プーアル茶の発酵過程におけるポリフェノールおよびカフェインの変化. .  農業生産技術管理学会誌15 ( 2 ) 63 - 69   2008年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li JB, Hashimoto F, Shimizu K, Sakata Y. .  Anthocyanins from the Red Flowers of Camellia saluenensis STAPF EX BEAN. .  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science77 ( 1 ) 75 - 79   2008年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 李家華、石黒悦爾、根角厚司、石川大太郎、清水圭一、坂田祐介、橋本文雄. .  肥料の違いが茶ポリフェノール類の含量に与える影響. .  農業生産技術管理学会誌14 ( 2 ) 87 - 92   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Li JB, Hashimoto F, Shimizu K, Sakata Y. .  Anthocyanins from Red Flowers of Camellia reticulata LINDL. .  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry71 ( 11 ) 2833 - 2836   2007年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hou DX, Luo D, Tanigawa S, Hashimoto F, Uto T, Masuzaki S, Fujii M, Sakata Y. .  Prodelphinidin B-4 3'-O-gallate, a tea polyphenol, is involved in the inhibition of COX-2 and iNOS via the downregulation of TAK1-NFkB pathway. .  Biochemical Pharmacology74   742 - 751   2007年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hou DX, Masuzaki S, Hashimoto F, Uto T, Tanigawa S, Fujii M, Sakata Y. .  Green Tea Proanthocyanidins Inhibit Cyclooxygenase-2 Expression in LPS-Activated Mouse Macrophages: Molecular Mechanisms and Structure-Activity Relationship. .  Archives of Biochemistry and Biophysics460   67 - 74   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu H, Nishida M, Hashimoto F, Tanaka M, Sakata Y, Okawa M, Nohara T. .  Chromone and Flavonol Glycosides from Delphinium hybridum cv. 'Belladonna Casablanca'. .  Journal of Natural Medicine61   334 - 338   2007年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Zhao XY, Yoshizawa T, Yan WM, Hashimoto F, Chi YC, Kinjo J, Nohara T. .  A Novel Macrocyclic Spermine Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  Journal of Asian Natural Product Research9 ( 2 ) 115 - 118   2007年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Al-Dabbas MM, Kitahara K, Suganuma T, Hashimoto F, Tadera K. .  Antioxidant and a-Amylase Inhibitory Compounds from Aerial Parts of Varthemia iphionoides Boiss. .  Bioscience, Biotechnology and Biochemistry70 ( 9 ) 2178 - 2184   2006年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Zhao XY, Yoshizawa T, Yan WM, Hashimoto F, Kinjo J, Nohara T, Sakurada S. .  Antinociceptive Activities of a-Truxillic Acid and b-Truxillic Acid Derivatives. .  Biological and Pharmaceutical Bulletin29 ( 3 ) 580 - 584   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Zhao XY, Yoshizawa T, Yan WM, Hashimoto F, Kinjo J, Nohara T, Sakurada S. .  Anti-inflamatory Activity of 4,4'-Dihydroxy-a-Truxillic Acid. .  Biological and Pharmaceutical Bulletin29 ( 3 ) 489 - 493   2006年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 山本雅史、河野留美子、上野景子、橋本文雄、小橋謙史、松本亮司、吉岡照高、冨永茂人. .  ケラジ(Citrus keraji)における果実品質の時期別変化とそれらの相互関係. .  熱帯農業49 ( 4 ) 280 - 287   2005年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Zhao XY, Yoshizawa T, Nakamura M, Yan WM, Hashimoto F, Chi YC, Kinjo J, Nohara T. .  Quantitative Determination of Incarvillateine in Incarvillea sinensis by Solid Phase Extraction and High Performance Liquid Chromatography. .  Chemical and Pharmaceutical Bulletin53 ( 11 ) 1472 - 1474   2005年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Yoshizawa T, Zhao XY. Yan WM, Hashimoto F, Kinjo J, Nohara T, Sakurada S. .  Pharmacological Study on the Novel Antinociceptive Agent, a Novel Monoterpene Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  Biological and Pharmaceutical Bulletin28 ( 10 ) 1989 - 1991   2005年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakai M, Fukui Y, Asami S, Toyoda-Ono Y, Iwashita T, Shibata H, Mitsunaga T, Hashimoto F, Kiso Y. .  Inhibitory Effects of Tea Polyphenols on Pancreatic Lipase in vitro. .  Journal of Agricultural and Food Chemistry53   4593 - 4598   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Yoshizawa T, Zhao XY, Yan WM, Hashimoto F, Kinjo J, Nohara T, Sakurada S. .  Anti-inflammatory Activities of a-Truxillic Acid Derivatives and Their Monomer Component. .  Biological and Pharmaceutical Bulletin28 ( 9 ) 1776 - 1778   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi YM, Nakamura M, Zhao XY, Yoshizawa T, Yan WM, Hashimoto F, Kinjo J, Nohara T. .  A Monoterpene Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  Chemical and Pharmaceutical Bulletin53 ( 9 ) 1178 - 1179   2005年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu K, Tokumura T, Hashimoto F, Sakata Y. .  In vitro Propagation of Sterile Mutant Strains in Japanese Morning Glory by Culture of Embryoid Derived from Immature Embryo. .  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science74 ( 4 ) 311 - 317   2005年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang JW, Yu YJ, Hashimoto F, Sakata Y, Fujii M, Hou DX. .  Baicalein induces apoptosis through ROS-mediated mitochondrial dysfunction pathway in HL-60 cells. .  International Journal of Molecular Medicine14   627 - 632   2004年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu K, Yogai T, Hashimoto F, Sakata Y. .  Plant Regeneration from Suspension Cell Culture of Delphinium. .  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science73 ( 5 ) 435 - 440   2004年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto F, Uddin AFM J, Shimizu K, Sakata Y. .  Multiple Allelism in Flavonoid Hydroxylation in Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. Flowers. .  Journal of the Japanese Society for Horticultural Science73 ( 3 ) 235 - 240   2004年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Monosaccharides and Chitosan Sensing in Bud Growth and Petal Pigmentation in Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. .  Scientia Horticulturae100 ( 42008 ) 127 - 138   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Miwa, T., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Effect of Plantlux Light on Coloration and Flavonoid Accumulation of Commercial Lisianthus Flowers (in vitro). .  Mem. Fac. Agric. Kagoshima. Univ.39   7 - 14   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Wang, L.-S., Hashimoto, F., Shiraishi, A., Aoki, N., Li, J.-J., Sakata, Y. .  Chemical Taxonomy of the Xibei Tree Peony from China by Floral Pigmentation. .  J. Plant Res.117 ( 1 ) 47 - 55   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西本慎一, 橋本文雄, 清水圭一, 坂田祐介. .  キンカチャ×ヤブツバキ種間雑種の花色. .  園学雑73 ( 2 ) 189 - 191   2004年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Miwa, T., Ohbo, K., Sakata, Y. .  Seasonal Variation in Pigmentation and Anthocyanidin Phenetics in Commercial Eustoma Flowers. .  Scientia Horticulturae100 ( 42008 ) 103 - 115   2004年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Shimizu, K., Hashimoto, M., Hashimoto, F., Sakata, Y. .  Plant Regeneration from Suspension Culture in Japanese Morning Glory. .  J. Jpn. Soc. Hortic. Sci.72 ( 5 ) 409 - 414   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Oku, N., Matsukawa, M., Yamakawa, S., Asai, T., Yahara, S., Hashimoto, F., Akizawa, T. .  Inhibitory Effect of Green Tea Polyphenols on Membrane-Type 1 Matrix Metalloproteinase, MT1-MMP. .  Biol. Pharm. Bull.26 ( 9 ) 1235 - 1238   2003年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 西本慎一, 清水圭一, 橋本文雄, 坂田祐介. .  胚珠培養によるツバキ属種間雑種(キンカチャ×ヤブツバキ)の作出. .  園学雑72 ( 3 ) 236 - 242   2003年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Sakata, Y. .  Mode of Inheritance and Allele Expression of Three Major Anthocyanidins in Eustoma grandiflorum Cultivars. .  Acta Horticulturae, XXVIth International Horticultural Congress, Elegant Science in Floriculture (Proceedings) ( 624 ) 51 - 59   2003年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(国際会議プロシーディングス)  

  • Hashimoto, F., Ono, M., Masuoka, C., Ito, Y., Sakata, Y., Shimizu, K., Nonaka, G., Nishioka, I., Nohara, T. .  Evaluation of the Anti-Oxidative Effect (in vitro) of Tea Polyphenols. .  Biosci. Biotechnol. Biochem.67 ( 2 ) 396 - 401   2003年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Tanaka, M., Maeda, H., Fukuda, S., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Changes in Flower Coloration and Sepal Anthocyanins of Cyanic Delphinium Cultivars during Flowering. .  Biosci. Biotechnol. Biochem.66 ( 8 ) 1652 - 1659   2002年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 王 亮生, 橋本文雄, 青木宣明, 劉 政安, 清水圭一, 白石 綾, 坂田祐介. .  促成栽培がボタンの花色と花弁の色素組成に及ぼす影響. .  農業生産技術管理学会誌9 ( 1 ) 77 - 85   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Nishimoto, S., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Flower Growth, Coloration and Petal Pigmentation in Four Lisianthus Cultivars. .  J. Jpn. Soc. Hortic. Sci.71 ( 1 ) 40 - 47   2002年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang, L.-S., Hashimoto, F., Shiraishi, A., Aoki, N., Li, J.-J., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Phenetics in Tree Peony Species from China by Flower Pigment Cluster Analysis. .  J. Plant Res.114 ( 1115 ) 213 - 221   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Suzuki, K., Yahara, S., Hashimoto, F., Uyeda, M. .  Inhibitory Activities of (-)-Epigallocatechin-3-O-gallate against Topoisomerase I and II. .  Biol. Pharm. Bull.24 ( 9 ) 1088 - 1090   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Kaketani, M., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Analysis of Light and Sucrose Potencies on Petal Coloration and Pigmentation of Lisianthus Cultivars (in vitro). .  Scientia Horticulturae89 ( 1 ) 73 - 82   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, M., Chi, Y.-M., Yan, W.-M., Yonezawa, A., Nakasugi, Y., Yoshizawa, T., Hashimoto, F., Kinjo, J., Nohara, T., Sakurada, S. .  Structure-Antinociceptive Activity Studies of Incarvillateine, a Monoterpene Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  Planta Medica67 ( 2 ) 114 - 117   2001年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Wang, L.-S., Shiraishi, A., Hashimoto, F., Aoki, N., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Analysis of Petal Anthocyanins to Investigate Flower Coloration of Zhongyuan (Chinese) and Daikon Island (Japanese) Tree Peony Cultivars. .  J. Plant Res.114 ( 1113 ) 33 - 43   2001年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Tanaka, M., Maeda, H., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Characterization of Cyanic Flower Color of Delphinium Cultivars. .  J. Jpn. Soc. Hortic. Sci.69 ( 4 ) 428 - 434   2000年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, M., Chi, Y. M., Yan, W. M., Nakasugi, Y., Yoshizawa, T., Irino, N., Hashimoto, F., Kinjo, J., Nohara, T., Sakurada, S. .  Strong Antinociceptive Effect of Incarvillateine, a Novel Monoterpene Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  J. Nat. Prod.62 ( 9 ) 1293 - 1294   1999年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Yoshimitsu, H., Nishida, M., Hashimoto, F., Nohara, T. .  Cycloartane-Type Glycosides from Aquilegia flabellata. .  Phytochemistry51 ( 3 ) 449 - 452   1999年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Sugaya, K., Hashimoto, F., Ono, M., Ito, Y., Masuoka, C., Nohara, T. .  Anti-Oxidative Constituents from Leonurii Herba (Leonurus japonicus). .  Food Sci. Technol. Int. Tokyo4 ( 4 ) 278 - 281   1998年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Kashiwada, Y., Cosentino, L. M., Chen, C.-H., Garrett, P. E., Lee, K.-H. .  Anti-AIDS Agents-XXVII. Synthesis and Anti-HIV Activity of Betulinic Acid and Dihydrobetulinic Acid Derivatives. .  Bioorg. Med. Chem.5 ( 12 ) 2133 - 2143   1997年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi, Y. M., Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T. .  Four Monoterpene Alkaloid Derivatives from Incarvillea sinensis. .  Phytochemistry46 ( 4 ) 763 - 769   1997年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi, Y. M., Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T. .  Five Novel Macrocyclic Spermine Alkaloids from Incarvillea sinensis. .  Tetrahedron Lett.38 ( 15 ) 2713 - 2716   1997年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 田中俊弘, 野呂征男, 川村智子, 池永敏彦, 磯田 進, 遠藤 豊, 沖 和行, 久保成行, 神田博史, 正山征洋, 白井英夫, 菅谷愛子, 谷口抄子, 橋本文雄, 早坂英記, 福井 賢, 御影雅幸, 邑田裕子, 柳沢市治, 山下善見, 渡辺高志. .  コガネバナの共同栽培試験. .  日本植物園協会誌31   62 - 67   1997年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Chi, Y. M., Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T., Yamashita, M., Marubayashi, N. .  Monoterpene Alkaloids from Incarvillea sinensis. VI. Absolute Stereochemistry of Incarvilline and Structure of a New Alkaloid, Hydroxyincarvilline. .  Chem. Pharm. Bull.45 ( 3 ) 495 - 498   1997年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Kashiwada, Y., Nonaka, G., Nishioka, I., Nohara, T., Cosentino, L. M., Lee, K. H. .  Evaluation of Tea Polyphenols As Anti-HIV Agents. .  Bioorg. Med. Chem. Lett.6 ( 6 ) 695 - 700   1996年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kashiwada, Y., Hashimoto, F., Cosentino, L. M., Chen, C. H., Garrett, P. E., Lee, K. H. .  Betulinic Acid and Dihydrobetulinic Acid Derivatives As Potent Anti-HIV Agents. .  J. Med. Chem.39 ( 5 ) 1016 - 1017   1996年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nakamura, T., Komori, C., Lee, Y. Y., Hashimoto, F., Yahara, S., Nohara, T., Ejima, A. .  Cytotoxic Activities of Solanum Steroidal Glycosides. .  Biol. Pharm. Bull.19 ( 4 ) 564 - 566   1996年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi, Y. M., Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T. .  Incarvine A, A Monoterpene Alkaloid from Incarvillea sinensis. .  Phytochemistry40 ( 1 ) 353 - 354   1995年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Chi, Y. M., Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T. .  Two Alkaloids from Incarvillea sinensis. .  Phytochemistry39 ( 6 ) 1485 - 1487   1995年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kinjo, J., Kishida, F., Watanabe, K., Hashimoto, F., Nohara, T. .  Five New Triterpene Glycosides from Russell Lupine. .  Chem. Pharm. Bull.42 ( 9 ) 1874 - 1878   1994年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lee, Y., Hashimoto, F., Yahara, S., Nohara, T., Yoshida, N. .  Steroidal Glycosides from Solanum dulcamara. .  Chem. Pharm. Bull.42 ( 3 ) 707 - 709   1994年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Nonaka, G., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. CXIV. Structures of Novel Fermentation Products, Theogallinin, Theaflavonin and Desgalloyl Theaflavonin from Black Tea, and Changes of Tea Leaf Polyphenols during Fermentation. .  Chem. Pharm. Bull.40 ( 6 ) 1383 - 1389   1992年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Fujii, Y., Toba, M., Okamatsu, H., Kohri, H. .  Determination of Absorption and Endogenous Excretion of Iron in Man by Monitoring Fecal Excretion of a Stable Iron Isotope (58Fe). .  J. Nutr. Sci. Vitaminol.38 ( 5 ) 435 - 449   1992年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kumemura, M., Hashimoto, F., Fujii, C., Matsuo, K., Kimura, H., Miyazoe, R., Okamatsu, H., Inokuchi, T., Ito, H., Oizumi, K., Oku, T. .  Effects of Administration of 4G-b-D-Galactosylsucrose on Fecal Microflora, Putrefactive Products, Short-Chain Fatty Acids, Weight, Moisture and pH, and Subjective Sensation of Defecation in the Elderly with Constipation. .  J. Clin. Biochem. Nutr.13 ( 3 ) 199 - 210   1992年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 藤井智恵美, 久米村 恵, 橋本文雄, 石田晋也, 松尾恵子, 木村弘之, 宮副玲子, 岡松 洋, 光岡知足. .  4G-b-D-Galactosylsucrose (ラクトスクロース) のヒト腸内細菌叢に及ぼす影響. .  ビフィズス6 ( 1 ) 31 - 41   1992年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(その他学術会議資料等)  

  • Taniguchi, M., Imamura, H., Shirota, T., Okamatsu, H., Fujii, Y., Toba, M., Hashimoto, F. .  Improvement in Iron Defeciency Anemia through Therapy with Ferric Ammonium Citrate and Vitamin C and the Effects of Aerobic Excercise. .  J. Nutr. Sci. Vitaminol.37 ( 2 ) 161 - 171   1991年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Nonaka, G., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. XC. 8-C-Ascorbyl (-)-Epigallocatechin 3-O-Gallate and Novel Dimeric Flavan-3-ols, Oolonghomobisflavans A and B, from Oolong Tea. (3). .  Chem. Pharm. Bull.37 ( 12 ) 3255 - 3263   1989年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Nonaka, G., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. LXXVII. Novel Chalcan-flavan Dimers, Assamicains A, B and C, and a New Flavan-3-ol and Proanthocyanidins from the Fresh Leaves of Camellia sinensis L. var. assamica KITAMURA. .  Chem. Pharm. Bull.37 ( 1 ) 77 - 85   1989年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Nonaka, G., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. LXIX. Isolation and Structure Elucidation of B,B'-Linked Bisflavanoids, Theasinensins D-G and Oolongtheanin from Oolong Tea. (2). .  Chem. Pharm. Bull.36 ( 5 ) 1676 - 1684   1988年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Hashimoto, F., Nonaka, G., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. LVI. Isolation of Four New Acylated Flavan-3-ols from Oolong Tea. (1). .  Chem. Pharm. Bull.35 ( 2 ) 611 - 616   1987年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nonaka, G., Hashimoto, F., Nishioka, I. .  Tannins and Related Compounds. XXXVI. Isolation and Structures of Theaflagallins, New Red Pigments from Black Tea. .  Chem. Pharm. Bull.34 ( 1 ) 61 - 65   1986年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • ユーストマの新品種作出法

    橋本文雄( 担当: 単著)

    農耕と園藝 10月号  2018年10月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 鹿児島の食環境と健康食材-鹿児島大学 食と健康プロジェクト「4 「ねじめびわ茶」の健康維持機能」

    侯 徳興・中野隆之・橋本文雄・藤井 信( 担当: 共著)

    南方新社  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 鹿児島の食環境と健康食材-鹿児島大学 食と健康プロジェクト「5 茶ポリフェノールの機能性-そして、チャ樹の起源を求めて」

    橋本文雄・侯 徳興( 担当: 共著)

    南方新社  2016年4月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 植物色素研究法,色素の構造解析法

    矢原正治, 橋本文雄( 担当: 共著)

    植物色素研究会編,大阪公立大学共同出版会  2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:学術書

  • 茶ポリフェノールの抗酸化作用について.

    橋本文雄. ( 担当: 共著)

    アジア動植物遺伝資源の有効利用と研究教育拠点形成に関わる国際共同研究.   2004年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 野菜類の生育と茶のポリフェノール成分に及ぼす土壌改良材投入の効果-.

    坂田祐介, 橋本文雄, 清水圭一. ( 担当: 共著)

    鹿児島大学全学合同プロジェクト-大地・食・人間の健康を保全する環境革命への試行. No. 3  2000年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 有機農法による作物の生育と品質評価-数種の野菜類の生育に及ぼす土壌改良資材投入の効果-.

    坂田祐介, 橋本文雄, 清水圭一. ( 担当: 共著)

    鹿児島大学全学合同プロジェクト-大地・食・人間の健康を保全する環境革命への試行.   1999年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

  • 鉢物・切り花など観賞植物の有機農法栽培の試み.

    坂田祐介, 橋本文雄. ( 担当: 共著)

    鹿児島大学全学合同プロジェクト-大地・食・人間の健康を保全する環境革命への試行. No. 1  1998年3月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

▼全件表示

MISC

  • 新花色育種法の開発研究.

    坂田祐介, 橋本文雄, 清水圭一.

    BIO九州-九州の農林水産業, 食品産業を支援する産学官連携・先端技術情報誌-, 九州バイオリサーチネット.   ( 193 )   15 - 19   2009年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 高取由佳, 米澤徹, 前島理奈, 清水圭一, 橋本文雄. .  Flavonoid 3',5'-hydroxylase (F3'5'H) 遺伝子の多型がトルコギキョウ花弁のアントシアニジン組成に及ぼす影響. .  植物色素研究会第26回集会(愛媛大学), ポスター P-20  植物色素研究会第26回集会(愛媛大学), ポスター P-20

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学  

    国内学会

  • Fumio Hashimoto, Masayoshi Nakayama, Toshiaki Tsuji, Osamu Urashima, Misae Taya-Kizu, Akiko Nagai, Keiichi Shimizu. .  Chemical Taxonomy of Tulip Cultivars by Tepal Anthocyanins. .  International Conference on Polyphenols (ICP2014), Abstracts, p263, T2.12  International Conference on Polyphenols (ICP2014), Abstracts, p263, T2.12国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Nagoya  

    国際学会

  • Fumio Hashimoto. .  Recent Research on Horticultural Plants. .  Seminar  Seminar国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Department of Agriculture, Ministry of Agriculture and Forests, Wengkhar, Mongar, Bhutan.  

    国際学会

  • 高取由佳, 米澤徹, 前島理奈, 清水圭一, 橋本文雄. .  Flavonoid 3',5'-hydroxylase (F3'5'H) 遺伝子の多型がトルコギキョウ花弁のアントシアニジン組成に及ぼす影響. .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第13巻(別冊2, P222)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第13巻(別冊2, P222)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀大学  

    国内学会

  • 橋本文雄, 巨秀?, 中山真義, 倉重祐二, 辻俊明, 浦嶋修, 田屋美佐絵, 永井明子, 清水圭一. .  チューリップの花被片アントシアニンによる化学分類. .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第13巻(別冊2, P223)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第13巻(別冊2, P223)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:佐賀大学  

    国内学会

  • 高取由佳, 清水圭一, 福山達也, 橋本文雄. .  トルコギキョウEustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. 品種‘スピカロマン’の斑入りには、F3H遺伝子へのトランスポゾン挿入により引き起こされる. .  園芸学会春季大会, 園芸学研究, 第13巻(別冊1, P172)  園芸学会春季大会, 園芸学研究, 第13巻(別冊1, P172)

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:筑波大学  

    国内学会

  • 橋本文雄. .  茶研究の展望. .  雲南農業大学・プーアル茶学院「学術交流セミナー」  雲南農業大学・プーアル茶学院「学術交流セミナー」国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:雲南農業大学  

    国際学会

  • Fumio Hashimoto .  Isolation and Structure Identification of Natural Products. .  雲南農業大学・全学学術交流セミナー  雲南農業大学・全学学術交流セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年12月

    記述言語:英語  

    開催地:雲南農業大学  

    国際学会

  • 高取由佳, 福山達也, 清水圭一, 橋本文雄. .  花弁に斑入りを持つトルコギキョウの品種‘スピカロマン’のF3H遺伝子に見つかったトランスポゾンの挿入. .  植物色素研究会第25回大会(つくば・国立科学博物館), ポスター P-3 (p14)  植物色素研究会第25回大会(つくば・国立科学博物館), ポスター P-3 (p14)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学  

    国内学会

  • 清水圭一, 平田千裕, 安丸公貴, 橋本文雄 .  観賞用トマト‘マイクロトム’(Solanum lycopersicum cv. Micro-Tom)の形質転換に及ぼす諸要因の検討 .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第12巻(別冊2, P194)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第12巻(別冊2, P194)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手大学  

    国内学会

  • 橋本文雄, 松本拓実, 李建賓, 清水圭一, 坂田祐介 .  ワビスケツバキのアントシアニン色素による化学分類 .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第12巻(別冊2, P187)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第12巻(別冊2, P187)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:岩手大学  

    国内学会

  • 清水圭一, 平田千裕, 安丸公貴, 橋本文雄 .  トマトの矮性品種‘Micro-Tom’ における同調的発芽系の開発と形質転換への応用 .  日本植物細胞分子生物学会, 第31回講演要旨集(P65, p307)  日本植物細胞分子生物学会, 第31回講演要旨集(P65, p307)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • Hashimoto, F., Ju, X.T., Nakayama, M., Kurashige, Y., Tsuji, T., Urashima, O, Taya-Kizu, M., Nagai, A., Shimizu, K. .  Phenetics of tulip cultivars based on tepal anthocyanins. .  The 7th International Workshop on Anthocyanins  The 7th International Workshop on Anthocyanins国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Porto, Portugal  

    国際学会

  • Nakayama, M., Hashimoto, F. .  Detection of a copigment to delphinidin 3-rutinoside responsible for deep-purple color of tulip flower by the cross-TLC method. .  The 7th International Workshop on Anthocyanins  The 7th International Workshop on Anthocyanins国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Porto, Portugal  

    国際学会

  • 池田なつみ, 吉﨑由美子, 奥津果優, 草野辰朗, 橋本文雄, 髙峯和則, 鮫島吉廣. .  高温液化麹における抗酸化物質の生成機構. .  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回), 講演要旨集 (p48)  日本応用糖質科学会平成25年度大会(第62回), 講演要旨集 (p48)

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島大学  

    国内学会

  • 福山達也、清水圭一、橋本文雄、坂田祐介 .  トルコギキョウの色素生合成関連遺伝子の解析 .  第24回植物色素研究会(ポスター)  第24回植物色素研究会(ポスター)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本大学  

    研究会

  • 清水圭一, 久保田翔平, 橋本文雄 .  観賞用トマト‘マイクロトム’(Solanum lycopersicum cv. Micro-Tom)におけるactivation taggingベクターを使用した形質転換からの変異体の作出 .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第11巻(別冊2, P191)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第11巻(別冊2, P191)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井県立大学  

    国内学会

  • 橋本文雄, 李建賓, 清水圭一, 坂田祐介 .  紅花ツバキのアントシアニンによる化学分類 .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第11巻(別冊2, P174)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第11巻(別冊2, P174)

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井県立大学  

    国内学会

  • Hashimoto F, Hou D-X, Shimizu K, Li J-H. .  Research on tea polyphenols, COX II expression of oolong tea theasinensins .  13th Congress of the International Society for Ethnopharmacology (ISE13), Abstract P213 (P355)  13th Congress of the International Society for Ethnopharmacology (ISE13), Abstract P213 (P355)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:The University of Graz, Austria  

    国際学会

  • Hou, D.X., Tanigawa, S., Chen, J.H., Qin, S., You, S.X., Kumamoto, T., Hashimoto, F., He, X., He, J.H. .  Molecular basis for medicinal plants: from gene expression profiling to molecule targeting .  13th Congress of the International Society for Ethnopharmacology (ISE13), Abstract P16 (SL2)  13th Congress of the International Society for Ethnopharmacology (ISE13), Abstract P16 (SL2)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:英語  

    開催地:The University of Graz, Austria  

    国際学会

  • 橋本文雄 .  花色育-研究-近百年的研究-史和成果- .  国際学術交流セミナー  国際学術交流セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:中国・雲南農業大学園林園芸学院  

    国際学会

  • 橋本文雄 .  茶多?研究 .  国際学術交流セミナー  国際学術交流セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:中国・雲南農業大学プーアル茶学院  

    国際学会

  • Shimizu, K., M. Kato, S. Kubota, F. Hashimoto and Y. Sakata. .  Regeneration of Mutant Plants from a Transformation Using Activation Tagging Vector in Model Cultivar of Tomato 'Micro-Tom'. .  SOL & ICuGI 2011 (8th Solanaceous and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference)  SOL & ICuGI 2011 (8th Solanaceous and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年11月

    記述言語:英語  

    開催地:Kobe Convention Center  

    国際学会

  • 大竹沙永子, 清水圭一, 緒方 潤, 遠藤大輝, 福田良絵, ウレドラバイセルモ, 坂田祐介, 橋本文雄. .  トルコギキョウのフラボノイド3'-水酸化酵素遺伝子のクローニングとアサガオでの異種性発現によるF3’H欠損変異の相補. .  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第9巻(別冊2, P184)  園芸学会秋季大会, 園芸学会雑誌, 第9巻(別冊2, P184)

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大分大学  

    国内学会

  • Fumio Hashimoto .  Isolation and Structure Elucidation of Natural Products. .  2010 International Symposium on Nature Bioactive Products: Advance in Human Health and Animal Performance. Proceedings, pp9-10.  2010 International Symposium on Nature Bioactive Products: Advance in Human Health and Animal Performance. Proceedings, pp9-10.国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Hunan Agricultural University, Changsha, Hunan, China.  

    国際学会

  • 橋本文雄, 一谷勝之, 清水圭一, 石黒悦爾, 坂田祐介, 佐藤宗治, 尾上昌平, 福徳康雄. .  イオンビーム累代照射による農作物変異体の作出 -平成18年4月~平成21年3月:トルコギキョウの花色変異-. .  平成22年度原-機構施設利-般共同研究成果報告会  平成22年度原-機構施設利-般共同研究成果報告会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城県那珂郡東海村 テクノ交流館リコッティ  

    その他

  • 橋本文雄. .  主要花き類の花色遺伝子型による花色育種法の開発. .  JST研究開発成果発表会2009inかごしま(公開)  JST研究開発成果発表会2009inかごしま(公開)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:JSTイノベーションサテライト宮崎・鹿児島東急イン2F「マーキュリー」.  

    その他

  • 橋本文雄. .  花色遺伝子型による花色育種法の開発. .  農林水産省・アグリビジネス創出フェア  農林水産省・アグリビジネス創出フェア

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:幕張メッセ6ホール(千葉)  

    その他

  • 大竹沙永子, 清水圭一, 大西奈々子, 森川典幸, 石神 愛, ウレドラバイセルモ, 坂田祐介, 橋本文雄. .  トルコギキョウの白色花で見出されたアントシアニジン合成酵素の欠失変異. .  園芸学会秋季大会  園芸学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田大学  

    国内学会

  • Hashimoto, F., Li, J-.B., Shimizu, K., Sakata, Y. .  Structure Identification of Anthocyanins from Red Flowers of Camellia Genus and Its Chemical Taxonomy. .  The 5th International Workshop on Anthocyanins  The 5th International Workshop on Anthocyanins国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Nagoya, Japan  

    国際学会

  • Fumio Hashimoto. .  Structure Identification of Anthocyanins from Delphinium and Camellia Flowers. .  Seminar  Seminar国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年8月

    記述言語:英語  

    開催地:Faculty of Agriculture, The Kasetsart University, Bangkok, Thailand  

    国際学会

  • 橋本文雄. .  主要花き類の花色遺伝子型による花色育種法の開発. .  平成18~20年度実施「育成研究」成果報告会(公開)  平成18~20年度実施「育成研究」成果報告会(公開)

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:JSTイノベーションサテライト宮崎, ホテルプラザ宮崎  

    その他

  • Jia-Hua Li, Atsushi Nesumi, Keiichi Shimizu, Yusuke Sakata, Ming-Zhi Liang, Qing-Yuan He, Hong-Jie Zhou, Fumio Hashimoto. .  Chemosystematics of Tea Trees Based on Green Tea Leaf Polyphenols. .  The 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy  The 50th Annual Meeting of the American Society of Pharmacognosy国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年6月

    記述言語:英語  

    開催地:Honolulu, HI, USA  

    国際学会

  • Fumio Hashimoto. .  The Isolation, Structure Elucidation and Utilization of Natural Products: Synthesis of DMSB, the Structure Identifications of Tea Polyphenols, and the Anthocyanins from Camellia Flowers. .  Joint Seminar  Joint Seminar国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:英語  

    開催地:School of Pharmacy, The University of Sydney, NSW Australia  

    国際学会

  • 相島康助, 橋本文雄, 清水圭一, 坂田祐介. .  秋咲き性ツツジの育種と花弁アントシアニジン色素の遺伝. .  第20回植物色素研究会  第20回植物色素研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本大学  

    研究会

  • 橋本文雄. .  紅花ツバキの食品利用. .  農林水産省・アグリビジネス創出フェア  農林水産省・アグリビジネス創出フェア

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京国際フォーラム展示ホール(有楽町)  

    その他

  • 橋本文雄, 李 建賓, 清水圭一, 坂田祐介. .  サルウィンツバキのアントシアニン色素. .  園芸学会秋季大会  園芸学会秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:三重大学  

    国内学会

  • 福井祐子, 岩下 孝, 浅見純生, 野中裕司, 前田 満, 橋本文雄, 木曽良信. .  烏龍茶重合ポリフェノールの構造・生理活性とLC-MS/MSによる定量. .  天然有機化合物討論会  天然有機化合物討論会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学  

    国内学会

  • 橋本文雄. .  茶ポリフェノールの機能性. .  第7回国際バイオEXPO  第7回国際バイオEXPO

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年7月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京ビッグサイト  

    その他

  • Hashimoto, F. .  Creation of a New Flower Color. .  The 1st International Technology Transfer Forum.  The 1st International Technology Transfer Forum.

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:Kagoshima University Silicon Valley Office  

    その他

  • ダララクヤウワパクソポン;○清水圭一;橋本文雄;緒方 潤;イセルモウレドラバ;坂田祐介. .  トルコギキョウの花色の多様化にはフラボノイド3',5'-水酸化酵素遺伝子へのレトロトランスポゾンの挿入が関係していた. .  植物色素研究会第19会集会(宮崎)  植物色素研究会第19会集会(宮崎)

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:南九州大学  

    研究会

  • 李家華;清水圭一;坂田祐介;橋本文雄. .  発酵過程における雲南プーアル茶のポリフェノールおよびカフェインの変化. .  農業生産技術管理学会  農業生産技術管理学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本県立大学  

    国内学会

  • ダララクヤウワパクソポン;清水圭一;橋本文雄;緒方 潤;イセルモウレドラバ;坂田祐介. .  トルコギキョウの花色の多様化にはフラボノイド3',5'-水酸化酵素遺伝子へのレトロトランスポゾンの挿入が関係していた. .  園芸学会平成19年度秋季大会  園芸学会平成19年度秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:香川大学  

    国内学会

  • Yauwapaksopon, D., Shimizu, K., Hashimoto, F., Ogata, J., Ould Raba, I., Sakata, Y. .  Insertion of a Novel Retrotransposon into Flavonoid 3',5'-hydroxylase Gene in Lisianthus (Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.). .  The American Society for Horticultural Science  The American Society for Horticultural Science国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Scottsdale, Arizona, USA  

    国際学会

  • 橋本文雄、坂田祐介. .  Research on Tea Polyphenols. .  国際学術交流セミナー  国際学術交流セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年3月

    記述言語:英語  

    開催地:中国・雲南農業大学プーアル茶学院  

    国際学会

  • Fumio Hashimoto. .  Natural Products, for Medicine, for Food, and for Flower Color. .  International Symposium on the Future to NSAID Development, BK21 - Research Team for Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs  International Symposium on the Future to NSAID Development, BK21 - Research Team for Nonsteroidal Anti-inflammatory Drugs国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2007年1月

    記述言語:英語  

    開催地:韓国・嶺南大学校 (Yeungnam Univ., Gyeongsan)、忠北大学校 (Chungbuk National Univ., Cheongju)  

    国際学会

  • 中野隆之、田代まゆみ、侯徳興、橋本文雄、坂田祐介、玉置博祥、藤井信. .  ねじめびわ茶のメタボリックシンドロームに対する効果. .  かごしま食と健康・バイオベンチャーフォーラム  かごしま食と健康・バイオベンチャーフォーラム

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    その他

  • 中野隆之、田代まゆみ、侯徳興、橋本文雄、坂田祐介、玉置博祥、藤井信. .  ビワ茶のメタボリックシンドロームに対する影響について. .  第11回日本フードファクター学会  第11回日本フードファクター学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:名古屋  

    国内学会

  • 橋本文雄; 福田祥子; 松尾寛子; 田中見佳; 清水圭一; 樗木直也; 石黒悦爾; 坂田祐介. .  青色系デルフィニウムの花色素と花色との数理的モデル解析. .  園芸学会平成18年度秋季大会  園芸学会平成18年度秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎大学  

    国内学会

  • 中野隆之、田代まゆみ、侯徳興、橋本文雄、坂田祐介、玉置博祥、藤井信. .  びわ茶の機能性について. .  日本食品科学工学会第53回大会  日本食品科学工学会第53回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年8月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 橋本文雄. .  花色の創成法. .  第5回国際バイオEXPO  第5回国際バイオEXPO

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京ビッグサイト  

    その他

  • 橋本文雄; 福田祥子; 松尾寛子; 田中見佳; 清水圭一; 坂田祐介. .  青色系デルフィニウムの新規花色素を含む交配種の作出. .  園芸学会平成17年度秋季大会  園芸学会平成17年度秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東北大学  

    国内学会

  • 侯徳興, 橋本文雄, 藤井信, 坂田祐介. .  癌細胞アポトーシスを誘導する茶ポリフェノール. .  第4回国際バイオEXPO  第4回国際バイオEXPO

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京ビッグサイト  

    その他

  • 橋本文雄. .  花色の最近の研究. .  国際学術交流セミナー  国際学術交流セミナー国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2005年4月

    記述言語:英語  

    開催地:中国科学院植物研究所北京植物園  

    国際学会

  • 益崎智子;宇都拓洋; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井信; 侯徳興. .  Theasinensin AによるCOX-2遺伝子発現の抑制およびその分子機構の解析. .  日本分子生物学会年会(神戸)  日本分子生物学会年会(神戸)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:神戸  

    国内学会

  • 橋本文雄; 清水圭一; 福田祥子; 矢原正治; 坂田祐介. .  デルフィニウム萼片の新規色素と花色遺伝. .  植物色素研究会第16会集会(大阪)  植物色素研究会第16会集会(大阪)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学  

    研究会

  • 李建賓; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  花色素による Camellia 節ツバキ野生種の類縁と系統発生の解明. .  植物色素研究会第16会集会(大阪)  植物色素研究会第16会集会(大阪)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学  

    研究会

  • 向坂佳代子; 清水圭一; 星野敦; 飯田滋; 橋本文雄; 坂田祐介. .  アサガオの組織培養と花色の変異. .  植物色素研究会第16会集会(大阪)  植物色素研究会第16会集会(大阪)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学  

    研究会

  • 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  アントシアニンの複対立遺伝. .  植物色素研究会第16会集会(大阪)  植物色素研究会第16会集会(大阪)

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪府立大学  

    研究会

  • 向坂佳代子; 清水圭一; 橋本文雄; 岡本繁久; 坂田祐介. .  アサガオ(Ipomoea nil)懸濁培養カルスを利用した効率的な形質転換. .  園芸学会平成16年度秋季大会  園芸学会平成16年度秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  秋咲き性ツツジの育種と花弁アントシアニジンの遺伝. .  園芸学会平成16年度秋季大会  園芸学会平成16年度秋季大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:静岡大学  

    国内学会

  • Nakai, M., Fukui, Y., Asami, S., Toyoda-Ono, Y., Shibata, H., Mitsunaga, T., Hashimoto, F., Kiso, Y. .  Inhibitory Effects of Oolong Tea Polymerized Polyphenols on Pancreatic Lipase In Vitro. .  XXII International Conference on Polyphenols  XXII International Conference on Polyphenols国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語  

    開催地:フィンランド、ヘルシンキ  

    国際学会

  • Hashimoto, F., Yahara, S., Sakata, Y. .  Delphinograndins A and B, the New Anthocyanins from Cyanic Delphinium Flowers and Mode of Inheritance of Flower Colors. .  XXII International Conference on Polyphenols  XXII International Conference on Polyphenols国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年8月

    記述言語:英語  

    開催地:フィンランド、ヘルシンキ  

    国際学会

  • Hashimoto, F., Sakata, Y. .  Multiple Allelism in Flavonoid Hydroxylation in Lisianthus (Eustoma grandiflorum Raf. Shinn.) Flowers and Colors. .  3rd International Workshop on Anthocyanins  3rd International Workshop on Anthocyanins国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2004年1月

    記述言語:英語  

    開催地:Sydney, Australia  

    国際学会

  • 松本貴子; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  トルコギキョウ花弁色素の複対立遺伝と花色. .  植物色素研究会第15回集会  植物色素研究会第15回集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    研究会

  • 福田祥子; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  デルフィニウムの花色と色素に関する研究. .  植物色素研究会第15会集会  植物色素研究会第15会集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    研究会

  • 橋本文雄 .  花弁中のフラボノイド水酸化の複対立遺伝と花色. .  平成15年度花き研究シンポジウム「トルコギキョウの生産と品質を巡る研究動向と現状」  平成15年度花き研究シンポジウム「トルコギキョウの生産と品質を巡る研究動向と現状」

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城県つくば市  

    国内学会

  • 益崎智子; 侯 徳興; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井 信. .  Theasinensin による COX-2 遺伝子発現の制御について. .  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 松本貴子; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  トルコギキョウの色素遺伝と花色育種(2). .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口大学  

    国内学会

  • 福田祥子; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  二色系デルフィニウム‘Bicolor’の効率的な作出方法. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口大学  

    国内学会

  • 徳村哲也; 清水圭一; 橋本文雄; 坂田祐介. .  組織培養による変化アサガオの増殖. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 松本貴子; 清水圭一; 坂田祐介. .  トルコギキョウ花弁のフラボノイド水酸化の複対立遺伝と花色(3). .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:山口大学  

    国内学会

  • 村上亜希子; 侯 徳興; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井 信. .  烏龍茶成分による COX-2 遺伝子発現の制御について. .  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 久保真弓; 侯 徳興; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井 信. .  HL-60 細胞における ampelopsin のアポトーシス誘導機構の解析. .  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • 森下暁子; 侯 徳興; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井 信. .  プロアントシアニジンによる HL-60 細胞のアポトーシス誘導および作用機構の解析. .  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • イセルモ ウレド ラバ; 笹平智子;小峯修一; 鮫島吉廣; 橋本文雄; 侯 徳興; 藤井 信. .  Baked Sweet Potato Indeced Apoptosis and Suppressed Cell Transformation. .  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会  平成15年度日本農芸化学会西日本支部、中国・四国支部、日本栄養・食糧学会西日本支部、日本食品科学工学会西日本支部鹿児島合同大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2003年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島市  

    国内学会

  • Jian-Wu Wang; Fumio Hashimoto; Yusuke Sakata; Makoto Fujii; De-Xing Hou. .  Induction of apoptosis by baicalein through an oxidation-mediated activation of caspases in human leukemia HL-60 cells. .  第25回日本分子生物学会年会  第25回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 今村いずみ; 橋本文雄; 坂田祐介; 藤井 信; 侯 徳興. .  Purpurogallinによるアポトーシス誘導およびその分子機構の解析. .  第25回日本分子生物学会年会  第25回日本分子生物学会年会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:横浜市  

    国内学会

  • 島田由香; 橋本文雄; 李 建賓; 清水圭一; 坂田祐介. .  野生型カメリア節ツバキのアントシアニン色素による表現型分類. .  第14回植物色素研究会  第14回植物色素研究会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎市  

    研究会

  • 松本貴子; 橋本文雄; ウディンA.F.M.ジャマル; 清水圭一; 坂田祐介. .  トルコギキョウのアントシアニジン色素と花色遺伝. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 福田祥子; 橋本文雄; 田中見佳; 前田寛子; 清水圭一; 坂田祐介. .  青色系デルフィニウムの花色に関する研究(第2報)開花に伴う花色の変化. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 西本慎一; ウディンA.F.M.ジャマル; 橋本文雄; 清水圭一; 坂田祐介. .  トルコギキョウの開花に伴う花色と花弁色素構成の変化. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 清水圭一; 橋本正行; 清水友絵; 橋本文雄; 坂田祐介. .  懸濁培養によるアサガオ(Ipomoea nil)の効率的な植物体再生. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • 島田由香; 橋本文雄; 李 建賓; 清水圭一; 坂田祐介. .  野生型カメリア節ツバキのアントシアニン色素による表現型分類. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本市  

    国内学会

  • Uddin, A. F. M. J., Hashimoto, F., Sakata, Y. .  Inheritance Model of Three Major Anthocyanidins in Eustoma grandiflorum Cultivars (学生ポスター賞受賞,花卉分野). .  XXVIth International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2002) (On-Site Program)  XXVIth International Horticultural Congress & Exhibition (IHC2002) (On-Site Program)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年7月

    記述言語:英語  

    開催地:Toronto, Canada  

    国際学会

  • 清水圭一; 橋本正行; 橋本文雄; 坂田祐介; 岡本繁久. .  Agrobacterium tumefaciens を用いたアサガオ (Ipomoea nil) の効率的な形質転換法の確立. .  日本育種学会第101回  日本育種学会第101回

     詳細を見る

    開催年月日: 2002年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:玉川大学  

    国内学会

  • 西本慎一; 清水圭一; 橋本文雄; 一谷勝之; 安部 匡; 坂田祐介. .  黄色ツバキの育種に関する研究. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:弘前大学  

    国内学会

  • 松添直隆; 坂田富美子; 川信修治; 橋本文雄. .  ナス属植物 (Sloanum toxicarium) の青枯病抵抗性. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:弘前大学  

    国内学会

  • ウディン A. F. M. ジャマル; ○橋本文雄; 懸谷美帆; 清水圭一; 坂田祐介. .  光とショ糖がトルコギキョウの花色と花弁の色素蓄積に与える影響. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:弘前大学  

    国内学会

  • 王 亮生; 橋本文雄; 白石 綾; 清水圭一; 青木宣明; 坂田祐介. .  花弁フラボノイドによる野生型中国ボタンの分類. .  日本植物学会第65回大会  日本植物学会第65回大会

     詳細を見る

    開催年月日: 2001年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京大学  

    国内学会

  • 橋本文雄. .  デルフィニウムのアントシアニン色素と花色. .  植物色素研究会第12会集会  植物色素研究会第12会集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本県阿蘇郡  

    研究会

  • 王 亮生; 橋本文雄; 白石 綾; 清水圭一; 青木宣明; 坂田祐介. .  フラボノイド色素構成から見た中国ボタンの系統発生. .  植物色素研究会第12会集会  植物色素研究会第12会集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本県阿蘇郡  

    研究会

  • 田中見佳; 橋本文雄; 前田寛子; 清水圭一; 坂田祐介. .  青色系デルフィニウムの花色に関する研究. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島市  

    国内学会

  • 秋澤俊史; 松川元美; 浦谷貴之; 橋本文雄; 矢原正治; 清木元治; 大柴幸男; 山田昌司. .  天然物資源からの癌転移阻害物質の探索:r-MMP-7とr-MT1-MMPに特異的阻害活性を示すポリフェノール類. .  日本生薬学会  日本生薬学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 王 亮生; 橋本文雄; 白石 綾; 清水圭一; 青木宣明; 坂田祐介. .  中国西北ボタン栽培品種群の花色と色素構成について. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島市  

    国内学会

  • 清水圭一; 用皆隆史; 橋本文雄; 坂田祐介. .  懸濁培養によるデルフィニウムの効率的な植物体再生. .  園芸学会  園芸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島市  

    国内学会

  • Hashimoto, F., Ono, M., Masuoka, C., Ito, Y., Sakata, Y., Shimizu, K., Nonaka G., Nishioka, I., and Nohara, T. .  Evaluation of Tea Polyphenols for Anti-Oxidative Effect. .  2nd ICoFF Satellite Symposium, Oxidative Stress and Disease Prevention  2nd ICoFF Satellite Symposium, Oxidative Stress and Disease Prevention国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Miyako Island, Okinawa  

    国際学会

  • 松川元美, 浦谷貴之, 秋澤俊史, 橋本文雄, 矢原正治, 大柴幸男, 山田昌司, 清木元治. .  天然物資源からのマトリックスメタロプロテイナーゼ (MMP) 阻害物質の探索:ポリフェノール類の MMP 阻害活性について. .  第12回天然薬物の開発と応用シンポジウム.  第12回天然薬物の開発と応用シンポジウム.

     詳細を見る

    開催年月日: 1999年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:広島  

    国内学会

  • 中村雄一; 李 的雲; 橋本文雄; 野原稔弘. .  26-アミノコレステロールの合成. .  日本生薬学会第45回年会  日本生薬学会第45回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1998年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 遅 玉明, 橋本文雄, 野原稔弘, 閻 文玖, 中村基之, 中杉優美子, 吉澤豊吉, 櫻田 忍. .  角蒿中の成分 Incarvillateine の鎮痛作用について. .  第11回天然薬物の開発と応用シンポジウム.  第11回天然薬物の開発と応用シンポジウム.

     詳細を見る

    開催年月日: 1997年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 遅 玉明, ○橋本文雄, 野原稔弘, 中村基之, 吉澤豊吉, 山下雅巳, 丸林信洋. .  Incarvilleae Alkaloids と鎮痛・鎮静活性成分. .  第38回天然有機化合物討論会.  第38回天然有機化合物討論会.

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • Chi, Y. M., ○Hashimoto, F., Yan, W. M., Nohara, T. .  Alkaloid Constituents from Anti-Rheumatic Herb, Incarvillea sinensis L. .  2nd International Congress on Phytomedicine  2nd International Congress on Phytomedicine国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:英語  

    開催地:Munich, Germany  

    国際学会

  • 鶴田涼子; 足利みどり; 橋本文雄; 野原稔弘; 松井正春. .  なす科植物の成分研究(64)S. muricatum(ペピーノ)の成分と摂食阻害活性. .  日本生薬学会第43回年会  日本生薬学会第43回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 遅 玉明; 橋本文雄; 野原稔弘. .  生薬・角蒿に関する研究 (IV). .  日本薬学会第116年会  日本薬学会第116年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 柏田良樹; 李 國雄; Cosentino, L. M.; 陳 清和; Garrett, P. E. .  抗HIV天然物に関する研究 (4)-ベツリン酸誘導体の抗HIV活性について- .  日本薬学会第116年会  日本薬学会第116年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢大学  

    国内学会

  • 渡辺圭祐; 橋本文雄; 野原稔弘; 橋本敏弘; 浅川義範 .  植物病毒素の研究.ベッコウタケについて. .  日本薬学会第116年会  日本薬学会第116年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1996年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢大学  

    国内学会

  • 遅 玉明; 野原稔弘; 橋本文雄; 閻 文攻. .  生薬・角蒿に関する化学的研究. .  日本生薬学会第42回年会  日本生薬学会第42回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福山大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野原稔弘; 柏田良樹; 李 國雄; Mark, C. L.; 野中源一郎; 西岡五夫. .  抗HIV活性化合物に関する研究-茶のポリフェノール成分について-. .  日本薬学会第115回年会  日本薬学会第115回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1995年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台市  

    国内学会

  • 遅 玉明; 野原稔弘; 橋本文雄; 閻 文玖. .  角蒿のアルカロイド. .  日本生薬学会第41回年会  日本生薬学会第41回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:札幌  

    国内学会

  • 遅 玉明; 野原稔弘; 橋本文雄; 閻 文玖. .  角蒿のアルカロイドに関する研究 モノテルペン-モノテルペンアルカロイドについて. .  日本薬学会第114回年会  日本薬学会第114回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1994年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 喜志多文子; 渡邊一貴; 橋本文雄; 金城順英; 野原稔弘. .  マメ科植物成分研究(62報)ラッセルルピナスのトリテルペン配糖体について(2). .  日本薬学会九州支部第10回  日本薬学会九州支部第10回

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 李 的雲; 矢原正治; 野原稔弘. .  Solasodine の開環反応. .  日本薬学会九州支部第10回  日本薬学会九州支部第10回

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学  

    国内学会

  • 李 的雲; 崔 宝良; 橋本文雄; 矢原正治; 野原稔弘; 吉田尚利. .  ナス科植物成分研究(56)Solanum dulcamara L. の配糖体について. .  日本薬学会九州支部第10回  日本薬学会九州支部第10回

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 渡邊一貴; 金城順英; 野原稔弘. .  ラッセルルピナスのカルス培養. .  日本薬学会九州支部第10回  日本薬学会九州支部第10回

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年11月

    記述言語:日本語  

    開催地:九州大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 矢原正治; 野原稔弘; 三原順一; 青木和年. .  ミシマサイコの栽培に関する研究-摘芯とサイコサポニン含量の関係について-. .  日本生薬学会第40回年会  日本生薬学会第40回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 渡邊一貴; 喜志多文子; 橋本文雄; 金城順英; 野原稔弘. .  マメ科植物成分研究(60報)ラッセルルピナスのトリテルペン配糖体について. .  日本生薬学会第40回年会  日本生薬学会第40回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 上野裕文; 正木恭介; 吉岡康幸; 久米村 恵; 藤井智恵美; 弓削聖子; 橋本文雄. .  食餌性ミネラル欠乏ラットの組織内ミネラルバランスに対するカリウム,マグネシウム摂取の影響. .  日本栄養・食糧学会総会第47回  日本栄養・食糧学会総会第47回

     詳細を見る

    開催年月日: 1993年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • Shirota, T.; Yoshizumi, E.; Nishihara, N.; Taniguchi, M.; Okamatsu, H.; Fujii, Y.; Toba, M.; Hashimoto, F. .  Dietary Intakes of Trace Elements and Iron-deficient Anemia in College Women Students. .  J. Trace Elements in Experimental Medicine  J. Trace Elements in Experimental Medicine国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年9月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • Taniguchi, M.; Shirota, T.; Okamatsu, H.; Fujii, Y.; Toba, M.; Hashimoto, F. .  Dietary Intake of Iron and Improvement of Iron-deficient Anemia by Iron Supplement. .  J. Trace Elements in Experimental Medicine  J. Trace Elements in Experimental Medicine国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1989年9月

    記述言語:英語  

    開催地:東京  

    国際学会

  • Hashimoto, F.; Nonaka, G.; Nishioka, I. .  Polyphenol Constituents in Green Tea, Oolong Tea, and Black Tea. .  JUC PHARM SCI '87 (日米合同薬学大会)  JUC PHARM SCI '87 (日米合同薬学大会)国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年12月

    記述言語:英語  

    開催地:USA, HI  

    国際学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  各種茶のポリフェノール類の高速液体クロマトグラフィーによる分離定量. .  日本生薬学会第34回年会  日本生薬学会第34回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:大阪  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  烏龍茶のタンニン及び関連化合物(4) -2種の新 flavan-3-ol の構造について-. .  日本薬学会第107年会  日本薬学会第107年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1987年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  烏龍茶のタンニン及び関連化合物(3) -proanthocyanidin 類の構造-. .  日本薬学会九州支部昭和61年度  日本薬学会九州支部昭和61年度

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  烏龍茶のタンニン及び関連化合物(2)-theasinensin 類の構造について-. .  日本生薬学会第33回年会  日本生薬学会第33回年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:埼玉  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  アッサムチャのタンニン及び関連化合物(2) -新chalcan-flavan dimer, assamicain A, B の構造について-. .  日本薬学会第106年会  日本薬学会第106年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1986年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:千葉  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  烏龍茶のタンニン及び関連化合物(1) 新 dimeric flavan-3-ol の構造について. .  日本薬学会九州支部大会昭和60年度  日本薬学会九州支部大会昭和60年度

     詳細を見る

    開催年月日: 1985年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  紅茶のタンニン及び関連化合物(2). .  日本薬学会第105年会  日本薬学会第105年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1985年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:金沢  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  アッサムチャ(紅茶)のタンニン及び関連化合物. .  日本薬学会九州支部大会昭和59年度  日本薬学会九州支部大会昭和59年度

     詳細を見る

    開催年月日: 1984年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:長崎大学  

    国内学会

  • 橋本文雄; 野中源一郎; 西岡五夫. .  紅茶のタンニン及び関連化合物(1). .  日本薬学会第104年会  日本薬学会第104年会

     詳細を見る

    開催年月日: 1984年4月

    記述言語:日本語  

    開催地:仙台  

    国内学会

  • 川原 修; 野中源一郎; ○橋本文雄; 西岡五夫. .  チャ葉のタンニン及び関連化合物(2). .  日本薬学会九州支部第127例会  日本薬学会九州支部第127例会

     詳細を見る

    開催年月日: 1983年5月

    記述言語:日本語  

    開催地:福岡大学  

    国内学会

▼全件表示

知的財産権

  • トルコギキョウの新品種作出方法

    橋本文雄、清水圭一、髙取由佳

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学、株式会社鹿児島TLO

    出願番号:特願2014-204695[特願2016‐552364(再出)]  出願日:2014年10月

    公開番号:WO2016052760  公開日:2016年4月

    特許番号/登録番号:特許第6153213号  登録日:2017年6月 

    出願国:国内  

  • 花色の予測方法

    橋本文雄、清水圭一、ヤウワパクソポンダララク、坂田祐介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願 2011-233392  出願日:2011年10月

    公開番号:特開 2012-044998  公開日:2012年3月

    特許番号/登録番号:特許第5648215号  登録日:2014年11月 

    出願国:国内  

  • 抗炎症剤または抗炎症作用を有する飲食品

    侯 徳興,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願 2011-218832  出願日:2011年10月

    公開番号:特開 2012-056952  公開日:2012年3月

    特許番号/登録番号:特許第5424423号、第5424424号、第5424425号  登録日:2013年12月 

    出願国:国内  

  • デルフィニウムから単離された配糖体化酵素とその利用

    橋本文雄、清水圭一、坂田祐介、ウレドラバイセルモ、緒方 潤、福田良枝

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2009-166995  出願日:2009年7月

    公開番号:特開2011-019447  公開日:2011年2月

    特許番号/登録番号:特許第5477619号  登録日:2013年2月 

    出願国:国内  

  • スイートピーから単離されたメチル化酵素

    橋本文雄、清水圭一、坂田祐介、ウレドラバイセルモ、緒方 潤、福田良絵

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2009-165623  出願日:2009年7月

    公開番号:特開2011-019420  公開日:2011年2月

    特許番号/登録番号:特許第5447806号  登録日:2014年1月 

    出願国:国内  

  • 白色花を生じるトルコギキョウ[Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn.]を選別する方法

    橋本文雄、清水圭一、坂田祐介、ウレドラバイセルモ

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願2011-518602  出願日:2009年6月

    公開番号:WO2010143749  公開日:2010年12月

    特許番号/登録番号:特許第5709140号  登録日:2015年3月 

    出願国:国内  

  • ツバキ由来のアントシアニン色素、その製造方法、及びツバキの品種識別方法

    橋本文雄、李建賓、坂田祐介、侯 徳興

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願 2007-302353  出願日:2007年11月

    公開番号:特開 2009-126810  公開日:2009年6月

    特許番号/登録番号:特許第5190926号  登録日:2013年2月 

    出願国:国内  

  • 花色の予測方法

    橋本文雄、清水圭一、ヤウワパクソポンダララク、坂田祐介

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願 2006-158794  出願日:2006年6月

    公開番号:特開 2007-325533  公開日:2007年12月

    特許番号/登録番号:特許第5039967号  登録日:2012年7月 

    出願国:国内  

  • 抗炎症剤または抗炎症作用を有する飲食品

    侯 徳興,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学

    出願番号:特願 2005-315406  出願日:2005年10月

    公開番号:特開 2007-119412  公開日:2007年5月

    特許番号/登録番号:第5076136号  登録日:2012年9月 

    出願国:国内  

  • ビワ茶抽出物を含有する飲食品及び医薬品

    坂田祐介,藤井 信,中野隆之,侯 徳興,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学,農業生産法人有限会社十津川農場

    出願番号:特願 2005-187133  出願日:2005年6月

    公開番号:WO2007001080  公開日:2007年1月

    特許番号/登録番号:特許第4974116号  登録日:2012年4月 

    出願国:国内  

  • 抗癌剤

    藤井 信,侯 徳興,橋本文雄,鮫島吉廣,小峯修一

     詳細を見る

    出願人:国立大学法人鹿児島大学,薩摩酒造株式会社

    出願番号:特願 2005-020090  出願日:2005年1月

    公開番号:特開 2006-206489  公開日:2006年8月

    特許番号/登録番号:特許第4693093号  登録日:2011年3月 

    出願国:国内  

  • リパーゼ阻害剤

    中井正晃,福井祐子,浅見純生,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:サントリー株式会社

    出願番号:特願 2004-198285  出願日:2004年7月

    公表番号:WO2006004110  公表日:2006年1月

    特許番号/登録番号:特許第5009619号  登録日:2012年6月 

    出願国:国内  

  • リパーゼ阻害剤

    中井正晃,福井祐子,浅見純生,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:サントリー株式会社

    出願番号:特願 2004-198303  出願日:2004年7月

    公表番号:WO2006004109  公表日:2006年1月

    特許番号/登録番号:EP1767205  登録日:2007年3月 

    出願国:国内  

  • リパーゼ阻害剤

    中井正晃,福井祐子,浅見純生,橋本文雄

     詳細を見る

    出願人:サントリー株式会社

    出願番号:特願 2004-198342  出願日:2004年7月

    公表番号:WO2006004114  公表日:2006年1月

    特許番号/登録番号:特許第5159108号  登録日:2012年12月 

    出願国:国内  

  • デルフィニウムの花色交配法

    橋本文雄,坂田祐介

     詳細を見る

    出願人:橋本文雄,坂田祐介

    出願番号:特願 2003-322518  出願日:2003年9月

    公表番号:PCT/JP2004/011979  公表日:2005年3月

    特許番号/登録番号:特許第4469796号  登録日:2010年3月 

    出願国:国内  

  • 変化アサガオの効率的な増殖法

    清水圭一,橋本文雄,坂田祐介

     詳細を見る

    出願人:清水圭一,橋本文雄,坂田祐介

    出願番号:特願 2003-322940  出願日:2003年9月

    公表番号:PCT/JP2004/013206  公表日:2005年3月

    特許番号/登録番号:特許第4420409号  登録日:2009年12月 

    出願国:国内  

  • 花き植物の作出法

    橋本文雄,坂田祐介

     詳細を見る

    出願人:株式会社鹿児島TLO

    出願番号:特願 2003-144406  出願日:2003年5月

    公表番号:WO2004103065  公表日:2004年12月

    特許番号/登録番号:特許第4314241号(日本), (NZ)、 (中国)  登録日:2009年5月 

    出願国:国内  

  • MMP阻害剤

    秋澤俊史,矢原正治,橋本文雄,山田昌司,須磨幸恵,河野哲也,内田勝幸,大柴幸男

     詳細を見る

    出願人:明治乳業株式会社,秋澤俊史

    出願番号:特願平11-192268  出願日:1999年7月

    公開番号:特開 2000-226329  公開日:2000年8月

    特許番号/登録番号:特許第4507027号  登録日:2010年5月 

    出願国:国内  

  • マトリックスメタロプロテアーゼ阻害剤

    秋澤俊史,矢原正治,橋本文雄,山田昌司,須磨幸恵,大柴幸男

     詳細を見る

    出願人:明治乳業株式会社,秋澤俊史

    出願番号:特願平11-150650  出願日:1999年5月

    公開番号:特開 2000-344672  公開日:2000年12月

    特許番号/登録番号:特許第4521894号  登録日:2010年6月 

    出願国:国内  

  • Betulinic Acid Derivatives and Uses Therefor

    Lee, K.-H., Kashiwada, Y., Hashimoto, F., Cosentino L. M., Manak, M.

     詳細を見る

    出願人:Biotech Research Labs, Inc.; University of North Carolina at Chapel Hill

    出願番号:US5679828  出願日:1995年6月

    公表番号:WO9639033  公表日:1996年12月

    特許番号/登録番号:US5679828  登録日:1997年10月 

    出願国:外国  

▼全件表示

受賞

  • 園芸学会九州支部賞技術賞

    2017年9月   日本園芸学会九州支部   トルコギキョウ由来シアニジン系色素関連遺伝子の単離と欠損型異種植物への導入による色素生合成機能の検証

    高取由佳、橋本文雄

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 園芸学会賞年間優秀論文賞

    2016年3月   日本園芸学会   Cloning of the Flavonoid 3'-Hydroxylase Gene of Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. (EgF3'H) and Complementation of an F3'H-Deficient Mutant of Ipomoea nil (L.) Roth. by Heterologous Expression of EgF3'H.

    Yuka Takatori, Keiichi Shimizu, Jun Ogata, Hiroki Endo, Kanji Ishimaru, Shigehisa Okamoto, Fumio Hashimoto.

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

  • 園芸学会賞年間優秀論文賞

    2005年10月   日本園芸学会   Multiple Allelism in Flavonoid Hydroxylation in Eustoma grandiflorum (Raf.) Shinn. Flowers. J. Jpn. Soc. Hortic. Sci., 73 (3), 235-240 (2004)

    橋本 文雄、ウディン ジャマル、清水 圭一、坂田 祐介

     詳細を見る

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • トルコギキョウの花色育種に関する研究

    2014年4月 - 2017年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    トルコギキョウの花色育種に関する研究

  • チューリップの化学分類に関する研究

    2011年4月 - 2014年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    チューリップの化学分類に関する研究