2024/04/29 更新

写真a

イチタニ カツユキ
一谷 勝之
ICHITANI Katsuyuki
所属
農水産獣医学域農学系 農学部 農学科 教授
職名
教授

学位

  • 博士(農学) ( 1998年9月   京都大学 )

  • 修士(農学) ( 1995年3月   京都大学 )

研究キーワード

  • foxtail millet

  • rice . Oryza

  • genetic diversity

  • 抵抗性育種

  • 遺伝的多様性

  • 生殖隔離現象,農業形質の遺伝

  • 遺伝的多様性

  • 遺伝子分析

  • 栽培植物化

  • Genetic Diversity

  • Genetic Analysis

  • Domestication

研究分野

  • ライフサイエンス / 遺伝学

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学

  • その他 / その他  / 植物育種学

  • 環境・農学 / 遺伝育種科学

学歴

  • 京都大学   農学研究科   農学

    - 1998年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 京都大学

    - 1998年

  • 京都大学   農学部   農学

    - 1993年

      詳細を見る

    国名: 日本国

  • 京都大学

    - 1993年

経歴

  • 鹿児島大学   農水産獣医学域農学系 農学部 農業生産科学科応用植物科学   教授

    2022年7月 - 現在

  • - 鹿児島大学農学部 准教授

    2007年

  • - 鹿児島大学農学部 助教授

    2004年

  • - Associate professor, Faculty of Agriculture, Kagoshima

    2004年

  • 鹿児島大学   作物生産学   准教授

    1998年4月 - 現在

  • - 鹿児島大学農学部 講師

    1998年

  • - Lecturer, Faculty of Agriculture, Kagoshima

    1998年

  • University

▼全件表示

所属学協会

  • Rice Genetics Cooporative

    2015年10月 - 現在

  • 日本熱帯農業学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本育種学会

    2015年10月 - 現在

  • 日本育種学会

  • 日本熱帯農業学会

  • Japanese society of breeding

  • Japanese society for tropical agriculture

▼全件表示

 

論文

  • Toyomoto Daiki, Shibata Yukika, Uemura Masato, Taura Satoru, Sato Tadashi, Henry Robert, Ishikawa Ryuji, Ichitani Katsuyuki .  Seed abortion caused by the combination of two duplicate genes in the progeny from the cross between <i>Oryza sativa</i> and <i>Oryza meridionalis</i> .  Breeding Scienceadvpub ( 0 )   2024年査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japanese Society of Breeding  

    <p>Seed development is an essential phenomenon for all sexual propagative plant species. The functional allele at <i>SEED DEVELOPMENT 1</i> (<i>SDV1</i>) or <i>SEED DEVELOPMENT 2</i> (<i>SDV2</i>) loci is essential for seed development for <i>Oryza sativa</i> and <i>Oryza meridionalis</i>. In the present study, we performed fine mapping of <i>SDV1</i>, narrowing down the area of interest to 333kb on chromosome 6. Haplotype analysis around the <i>SDV1</i> locus of <i>O. ‍meridionalis</i> accessions indicated that they shared the DNA polymorphism, suggesting that they have a common abortive allele at the <i>SDV1</i> locus. Linkage analysis of the candidate <i>SDV2</i> gene showed that it was located on chromosome 4. The candidate <i>SDV2</i> was confirmed using a population in which both the <i>SDV1</i> and <i>SDV2</i> genes were segregating. The chromosomal region covering the <i>SDV1</i> gene was predicted to contain 30 protein-coding genes in <i>O. ‍sativa</i>. Five of these genes have conserved DNA sequences in the chromosomal region of the <i>SDV2</i> gene on chromosome 4, and not on chromosome 6, of <i>O. ‍meridionalis</i>. These results suggest that these five genes could be candidates for <i>SDV1</i>, and that their orthologous genes located on chromosome 4 of <i>O. ‍meridionalis</i> could be candidates for <i>SDV2</i>.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.23084

  • Taura S., Ichitani K. .  Chromosomal Location of xa19, a Broad-Spectrum Rice Bacterial Blight Resistant Gene from XM5, a Mutant Line from IR24 .  Plants12 ( 3 )   2023年2月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:日本語   出版者・発行元:Plants  

    Bacterial blight is an important rice disease caused by bacteria named Xanthomonas oryzae pv. oryzae (Xoo). XM5 is an Xoo resistant mutant line with the genetic background of IR24, an Indica Xoo susceptible cultivar, induced by a chemical mutagen N-methyl-N-nitrosourea (MNU). XM5 carries a recessive Xoo resistant gene, xa19. Trisomic analysis was conducted using the cross between XM5 and the trisomic series under the genetic background of IR24, showing that xa19 was located on chromosome 7. The approximate chromosomal location was found using 37 surely resistant plants in the F2 population from XM5 × Kinmaze, which was susceptible to most Japanese Xoo races. The IAS44 line carries a Japonica cultivar Asominori chromosomal segment covering the xa19 locus under the IR24 genetic background. Linkage analysis using the F2 population from the cross between XM5 and IAS44 revealed that xa19 was located within the 0.8 cM region between RM8262 and RM6728. xa19 is not allelic to the known Xoo resistant genes. However, its location suggests that it might be allelic to a lesion-mimic mutant gene spl5, some alleles of which are resistant to several Xoo races. Together with xa20 and xa42, three Xoo resistant genes were induced from IR24 by MNU. The significance of chemical mutagen as a source of Xoo resistance was discussed.

    DOI: 10.3390/plants12030602

    Scopus

    PubMed

  • 東 弘菜, 西 修平, 一谷 勝之, 吉田 理一郎, 志水 勝好 .  コダチボタンボウフウ(<i>Peucedanum japonicum</i> Thunb. var. <i>latifolium</i> M.Hotta et Shiuchi)の発芽に影響を及ぼす環境要因 .  熱帯農業研究16 ( 1 ) 1 - 5   2023年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本熱帯農業学会  

    <p>アジアの亜熱帯から温帯の海岸に自生すると考えられるボタンボウフウの中で,鹿児島県南さつま市ではコダチボタンボウフウを用いて地域おこしを行っているが,現地農家から苗が不足しているという問題が挙げられ,その原因がコダチボタンボウフウの発芽率が著しく低いためであることが明らかとなった.そのため,本研究では発芽率の向上を目的とし,環境条件が発芽に及ぼす影響を調べた.直径9 cmのシャーレにコダチボタンボウフウの種子を100粒静置し,10 mLの蒸留水を加え恒温(20,25,および 30℃)および12時間毎の変温(10/25℃, 20/25℃, 20/30℃, および 25/30℃)での発芽試験を行った.光条件は24時間暗期および12時間毎の暗期と明期とした.加えて剥皮処理として外種皮(外殻)を剥離した処理区を各温度条件で設けた.発芽率はアークサイン変換を行った上で統計処理を行った.その結果,恒温条件(20,25および30℃)のコダチボタンボウフウの発芽率への影響を調べたところ,25℃で剥皮処理を施した区の発芽率が最も高く,約40%を推移し,20℃はやや低く推移した.また,30℃では発芽が見られなかった.変温条件では,10/25℃,20/30℃および25/30℃では発芽は見られなかったが, 20/25℃の対照区で約10%の発芽が見られた.一方,剥皮処理区の発芽率が, 40%以上と極めて高くなった.本研究の結果,コダチボタンボウフウの発芽率を向上させるためには変温条件で催芽させること,剥皮処理を施した上で, 20/25℃で発芽を促すことが有効と考えられた.</p>

    DOI: 10.11248/nettai.16.1

  • Shah S, Tsuneyoshi H, Ichitani K, Taura S .  QTL Analysis Revealed One Major Genetic Factor Inhibiting Lesion Elongation by Bacterial Blight (Xanthomonas oryzae pv. oryzae) from a japonica Cultivar Koshihikari in Rice .  Plants11 ( 7 ) 867   2022年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語  

    DOI: https://doi.org/10.3390/plants11070867

  • Ichitani K, Toyomoto D, Uemura M, Monda K, Ichikawa M, Henry R, Sato T, Taura S, Ishikawa R .  New Hybrid Spikelet Sterility Gene Found in Interspecific Cross between Oryza sativa and O. meridionalis .  Plants11 ( 3 )   2022年2月国際共著

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:Plants  

    Various kinds of reproductive barriers have been reported in intraspecific and interspecific crosses between the AA genome Oryza species, to which Asian rice (O. sativa) and African rice (O. glaberrima) belong. A hybrid seed sterility phenomenon was found in the progeny of the cross between O. sativa and O. meridionalis, which is found in Northern Australia and Indonesia and has diverged from the other AA genome species. This phenomenon could be explained by an egg-killer model. Linkage analysis using DNA markers showed that the causal gene was located on the distal end of chromosome 1. Because no known egg-killer gene was located in that chromosomal region, this gene was named HYBRID SPIKELET STERILITY 57 (abbreviated form, S57). In heterozygotes, the eggs carrying the sativa allele are killed, causing semi-sterility. This killer system works incompletely: some eggs carrying the sativa allele survive and can be fertilized. The distribution of alleles in wild populations of O. meridionalis was discussed from the perspective of genetic differentiation of populations.

    DOI: 10.3390/plants11030378

    Scopus

    PubMed

  • Msami Jessey Anderson, Kawaguchi Yoshiki, Ichitani Katsuyuki, Taura Satoru .  Linkage analysis of rice bacterial blight resistance gene <i>xa20</i> in XM6, a mutant line from IR24 .  breeding Science71 ( 2 ) 144 - 154   2021年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   出版者・発行元:日本育種学会  

    <p>Bacterial blight caused by <i>Xanthomonas oryzae</i> pv. <i>oryzae</i> (<i>Xoo</i>) is an important disease constraining rice (<i>Oryza sativa</i> L.) production worldwide. The XM6 line was induced by N-methyl-N-nitrosourea from IR24, an Indica cultivar that is susceptible to Philippine and Japanese <i>Xoo</i> races. XM6 was confirmed to carry a recessive gene named <i>xa20</i>, resistant to six Philippine and five Japanese <i>Xoo</i> races. The chromosomal gene location was found using 10 plants with the shortest lesion length in an F<sub>2</sub> population consisting of 298 plants from a susceptible Japonica variety Koshihikari × XM6. Analysis using PCR-based DNA markers covering the whole rice genome indicated the gene as located on the distal region of the long arm of chromosome 3. The IKC3 line carries IR24 genetic background with Koshihikari fragment on chromosome 3 where a resistance gene was thought to be located. The F<sub>2</sub> population from IKC3 × XM6 clearly showed a bimodal distribution separating resistant and susceptible plants. Further linkage analysis conducted using this F<sub>2</sub> population revealed that <i>xa20</i> is located within the 0.8 cM region flanked by DNA markers KIC3-33.88 (33.0 Mb) and KIC3-34.06 (33.2 Mb). This study yields important findings for resistance breeding and for the genetic mechanism of <i>Xoo</i> resistance.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.20104

    Scopus

    PubMed

  • K Fukunaga, MZ Nur, T Inoue, S Taketa, K Ichitani .  Phylogenetic analysis of the Si7PPO gene in foxtail millet, Setaria italica, provides further evidence for multiple origins of the negative phenol color reaction phenotype .  Genes and Genetic Systems95 ( 4 ) 191 - 199   2020年10月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本遺伝学会  

    <p>To elucidate the diversity and evolution of the <i>Si7PPO</i> gene that controls phenol color reaction (Phr) in foxtail millet, <i>Setaria italica</i>, we analyzed sequence polymorphisms of the <i>Si7PPO</i> gene in 39 accessions consisting of foxtail millet landraces (32 accessions) and their wild ancestor ssp. <i>viridis</i> (seven accessions) collected from various regions in Europe and Asia. The accessions included wild type (positive Phr) and three different types of loss-of-function phenotype (negative Phr), "stop codon type", "TE1-insertion type" and "6-bp duplication type", found in our previous study. We constructed a phylogenetic tree of the gene and found that accessions with positive Phr showed higher genetic diversity at the nucleotide sequence level. We also found that the three different loss-of-function types formed different clusters, suggesting that landraces with negative Phr have multiple origins from three different lineages including both landrace and ssp. <i>viridis</i> accessions with positive Phr.</p>

    DOI: 10.1266/ggs.20-00011

    Scopus

    PubMed

  • Lam DT, Ichitani K, Henry RJ, Ishikawa R .  Molecular and morphological divergence of Australian wild rice .  Plants9 ( 2 )   2020年2月招待 査読 国際共著

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Plants  

    DOI: 10.3390/plants9020224

    Scopus

    PubMed

  • Kodamatani H, Daiba Y, Morisaki S, Ichitani K, Kanzaki R, Tomiyasu T .  Detailed investigation of methylmercury accumulation in rice grain from Hg2+-spiked non-contaminated paddy field soils .  Chemosphere247   125827   2020年1月招待 査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Chemosphere  

    DOI: 10.1016/j.chemosphere.2020.125827

    Scopus

    PubMed

  • Shiragaki K, T Iizuka, K Ichitani, TKuboyama, T Morikawa, M Oda, T Tezuka .  HWA1- and HWA2-mediated hybrid weakness in rice involves cell death, reactive oxygen species accumulation, and disease resistance-related gene upregulation. .  Plants8 ( 11 )   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Toyomoto D, M Uemura, S Taura, T Sato, R Henry , R Ishikawa, K Ichitani .  Segregation distortion observed in the progeny of crosses between Oryza sativa and O. meridionalis caused by abortion during seed development .  Plants8 ( 10 )   2019年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 手塚 孝弘, 一谷 勝之, 松本 雄一, 何 海, 木下 哲, 宅見 薫雄, 久保山 勉 .  植物の生殖隔離機構解明に向けて ―多様性と統一性― .  育種学研究21 ( 1 ) 75 - 80   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   出版者・発行元:日本育種学会  

    DOI: 10.1270/jsbbr.21.W05

  • Suehiro S. .  Genotyping of the SiDREB2 gene in worldwide foxtail millet (Setaria italica (L.) P. Beauv.) genetic resources with special attention to Indian landraces .  Genetic Resources and Crop Evolution65 ( 6 ) 1 - 6   2018年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Genetic Resources and Crop Evolution  

    DOI: 10.1007/s10722-018-0645-2

    Scopus

  • Busungu Constantine, Taura Satoru, Sakagami Jun-Ichi, Anai Toyoaki, Ichitani Katsuyuki .  High-resolution mapping and characterization of <i>xa42</i>, a resistance gene against multiple <i>Xanthomonas oryzae</i> pv. <i>oryzae</i> races in rice (<i>Oryza sativa</i> L.) .  Breeding Science68 ( 2 ) 188 - 199   2018年4月

     詳細を見る

    出版者・発行元:日本育種学会  

    <p>Improvement of resistance against rice bacterial blight (BB) disease is an important breeding strategy in breeding programs across the world, especially in Africa and southern Asia where BB is more prevalent. This report describes a high-resolution map and characterization of <i>xa42</i> at <i>XA42</i> locus, a rice BB resistance gene in XM14, a mutant line originating from IR24. The candidate gene region was narrowed down from 582 kb, which had been obtained in our previous study, to 57 kb. XM14 shows brown spots in its leaves like lesion mimic mutants. This line also shows a shorter stature than the original cultivar IR24. In <i>XA42</i> gene segregating populations, homozygotes of <i>xa42</i> allele were consistently resistant to the six Japanese <i>Xanthomonas oryzae</i> pv. <i>oryzae</i> races used for this study. They also showed brown spots and markedly short stature compared with the other genotypes, suggesting that <i>xa42</i> gene exhibits pleiotropic effects.</p>

    DOI: 10.1270/jsbbs.17094

    Scopus

    PubMed

  • Ichitani K, S Taura, M Sato, T Kuboyama .  Distribution of Hwc2-1, a causal gene of a hybrid weakness, in the World Rice Core collection and the Japanese Rice Mini Core Collection: its implications for varietal differentiation and artificial selection .  Breeding Science66   776 - 789   2016年12月査読

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Busungu C, S Taura, J-I Sakagami, K Ichitani .  Identification and linkage analysis of a new rice bacterial blight resistance gene from XM14, a mutant line from IR24 .  Breeding Science66 ( 4 ) 636 - 645   2016年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kenji Fukunaga, Naoko Izuka, Takehiro Hachiken, Satoshi Mizuguchi, Hidemi Ito | Katsuyuki Ichitani .  A nucleotide substitution at the 5′ splice site of intron 1 of rice HEADING DATE 1 (HD1) gene homolog in foxtail millet, broadly found in landraces from Europe and Asia. .  The Crop Journal3   481 - 488   2015年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

    DOI: 10.1016/j.cj.2015.07.003

  • Takahiko Inoue , Takahisa Yuo, Takeshi Ohta, Eriko Hitomi, Katsuyuki Ichitani, Makoto Kawase , Shin Taketa , Kenji Fukunaga .  Multiple origins of the phenol reaction negative phenotypein foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv., were causedby independent loss-of-function mutations of the polyphenoloxidase (Si7PPO) gene during domestication .  Molecular Genetics and GenomicsDOI 10.1007/s00438-015-1022-x   2015年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsuyuki Ichitani, Daisuke Yamaguchi, Satoru Taura, Yasuo Fukutoku, Masahira Onoue, Keiichi Shimizu, Fumio Hashimoto, Yusuke Sakata, Muneharu Sato .  Genetic analysis of ion-beam induced extremely late heading mutants in rice .  Breeding Science64 ( 3 ) 222 - 230   2014年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Masahiro Sotowa, Kenta Ootsuka, Yuu Kobayashi, Yin Hao, Katsunori Tanaka, Katsuyuki Ichitani, Jonathan M Flowers, Michael D Purugganan, Ikuo Nakamura, Yo-Ichiro Sato, Tadashi Sato, Darren Crayn, Bryan Simon, Daniel LE Waters, Robert J Henry, Ryuji Ishikawa .  Molecular relationships between Australian annual wild rice, Oryza meridionalis, and two related perennial forms .  Rice, Springer6 ( 26 ) 1 - 18   2013年10月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Takehiro Hachiken, Kei Sato, Takahiro Hasegawa, Katsuyuki Ichitani, Makoto Kasase, Kenji Fukunaga .  Geographic distribution of Waxy gene SNPs and indels in foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv. .  Genetic Resources and Crop Evolution60 ( 4 ) 1559 - 1570   2013年4月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • M. Eda, A. Izumitani, K. Ichitani, M. Kawase, K. Fukunaga .  Geographical variation of foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv. Based on rDNA PCR-RFLP .  Genetic Resources and Crop Evolution60 ( 1 ) 265 - 274   2013年1月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • T. Hachiken, Y. Masunaga, Y. Ishii, T. Ohta, K. Ichitani, K. Fukunaga .  Deletion commonly found in Waxy gene of Japanese and Korean cultivars of Job’s tears (Coix lacryma-jobi L.) .  Molecular Breeding30   1747 - 1756   2012年11月査読

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsuyuki Ichitani, Yuma Takemoto, Kotaro Iiyama, Satoru Taura, and Muneharu Sato .  Chromosomal location of HCA1 and HCA2, hybrid chlorosis genes in rice .  International journal of Plant Genomics2012 ( Article ID 649081 ) 1 - 9   2012年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Kenji Fukunaga , Katsuyuki Ichitani, Makoto Kawase .  rDNA polymorphism of foxtail millet (Setaria italica ssp. italica) landraces in northern Pakistan and Afghanistan and in its wild ancestor (S.italica ssp. viridis) .  Genetic Resources and Crop Evolution58   825 - 830   2011年8月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Katsuyuki Ichitani, Satoru Taura,Takahiro Tezuka,Yuuya Okiyama,Tsutomu Kuboyama .  Chromosomal Location of HWA1 and HWA2,Complementary Hybrid Weakness Genes in Rice .  Rice4   29 - 38   2011年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tsutomu Kuboyama, Toshiya Saito, Takashi Matsumoto, Jianzhong Wu , Hiroyuki Kanamori, Satoru Taura, Muneharu Sato, Wataru Marubashi, Katsuyuki Ichitani .  Fine mapping of HWC2, a complementary hybrid weakness gene, and haplotype analysis around the locus in rice. .  Rice ・Springer Verlag2   93 - 103   2009年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Saito, T., K. Ichitani, T. Suzuki, W. Marubashi and T. Kuboyama .  Developmental observation and high temperature rescue from hybrid weakness in a cross between Japanese rice cultivars and Peruvian rice cultivar 'Jamaica' .  Breeding Science 日本育種学会発行2.375 ( 4 ) 281 - 288   2007年12月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • K. Ichitani, K. Namigoshi, M. Sato, S. Taura, M. Aoki, Y. Matsumoto, T. Saitou, W. Marubashi, T. Kuboyama .  Fine mapping and allelic dosage effect of Hwc1, a complementary hybrid weakness gene in rice .  Theoretical and Applied Genetics. Springer Verlag発行114   1407 - 1415   2007年5月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Fukunaga K,Ichitani K, Kawase M .  Phylogenetic analysis of the r DNA intergenic spacer subrepeats and its implication for the domestication history of foxtail millet, Setarica italica .  Theoretical and Applied Genetics113 ( 2 ) 261 - 269   2006年7月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 冨永茂人,日高哲志,遠城道雄,山本雅史,一谷勝之 .  南西諸島における農業の現状と展開 ー 与論島における土壌調査結果 ー .  南太平洋海域調査研究報告42   140 - 146   2005年3月

  • 一谷勝之,遠城道雄,松井隆 .  与論島における在来作物の遺伝変異 .  南太平洋海域調査研究報告42   126 - 130   2005年3月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者  

  • 遠城道雄,一谷勝之,冨永茂人,日高哲志 .  島嶼域におけるヤムイモ栽培とその品種保存 ー 南西諸島におけるヤムイモ類 .  南太平洋海域調査研究報告42   131 - 135   2005年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語  

  • Fukunaga K, Ichitani K, Taura S, Sato M and Kawase M .  Ribosomal DNA intergenic spacer sequence in foxtail millet, Setaria italica (L.) P. Beauv. and its characterization and application to typing of foxtail millet landraces. .  Hereditas142   38 - 44   2005年2月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichitani K., Nagao K., Narita Y., Fujikawa K., Samejima M., Taura S., Sato M. .  Genetic analysis of tillering and other agronomic characters in foxtail millet (Setaria italica (L.) P. Beauv.) using the progeny from the cross between the two diverse strains, Gai 53 and Kuromochi .  Mem. Fac. Agr. Kagoshima Univ.38   27 - 39   2003年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Y. Fukuta, S. Kobayashi, H. Tsunematsu, L.A. Ebron, H. Kato, T. Umemoto, S. Morita, T. Sato, T. Yamaya, T. Nagamine, T. Fukuyama, H. Sasahara, I. Ashikawa, K. Tamura, H. Nemoto, H. Maeda, K. Hamamura, T. Ogata, Y. Matsue, K. Ichitani, and A. Takagi .  Response of QTL for heading date in rice at different sites from tropical to temperate regions .  Advances in Rice Genetics   233 - 237   2003年国際共著

  • Ichitani K., Inoue H., Nishida H., Okumoto Y., Tanisaka T. .  Interactive effects of two heading-time loci, Se1 and Ef1, on pre-flowering developmental phases in rice (Oryza sativa L.) .  Euphytica126   227 - 234   2002年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichitani K., Fukuta Y., Taura S., Sato M. .  Chromosomal location of Hwc2, one of complementary hybrid weakness genes, in rice .  Plant Breeding120   523 - 525   2001年9月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Nishida H., Okumoto Y., Nakagawa H., Ichitani K., Inoue H., Tanisaka, T. .  Analysis of tester lines for rice (Oryza sativa L.) heading-time genes using reciprocal photoperiodic transfer treatments .  Annals of Botany88   527 - 536   2001年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichitani K., Okumoto Y.,Tanisaka T. .  Genetic analysis of low photoperiod sensitivity of rice cultivars for the northernmost regions of Japan .  Plant Breeding117   543 - 547   1998年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichitani K., Okumoto Y., Tanisaka T. .  Genetic analysis of the rice cultivar Kasalath with special reference to two photoperiod sensitivity loci, E1 and Se-1 .  Breeding Science48   51 - 57   1998年3月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ichitani K., Okumoto Y., Tanisaka T. .  Photoperiod sensitivity gene of Se-1 locus found in photoperiod insensitive rice cultivars of the northern limit region of rice cultivation. .  Breeding Science47   145 - 152   1997年6月査読

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

書籍等出版物

  • 人為突然変異によるイネ白葉枯病抵抗性の誘発

    一谷勝之( 担当: 単著)

    アグリバイオ Vol. 7 No.14(北隆館)  2023年12月 

     詳細を見る

    総ページ数:102   担当ページ:67-69   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • 作物遺伝資源の独自性

    一谷勝之( 担当: 単著)

    魅惑の島,奄美諸島ー農業・水産業編 (鹿児島大学島嶼研ブックレット16)(北斗書房)  2021年3月 

     詳細を見る

    総ページ数:80   担当ページ:24-27   記述言語:日本語 著書種別:一般書・啓蒙書

  • Genetics in Rice

    K Ichitani( 担当: 共編者(共編著者))

    MPDI  2020年9月 

     詳細を見る

    記述言語:英語 著書種別:学術書

  • イネを巡るバングラデシュの旅

    一谷勝之( 担当: 単著)

    アジア遊学55号(特集)風土と野生イネ,勉誠出版  2003年1月 

     詳細を見る

    記述言語:日本語 著書種別:調査報告書

MISC

  • プロテアーゼを高生産する黒麹菌の育種と芋焼酎醸造試験による評価

    瀬戸口翔, 瀬戸口翔, 益留綾菜, 一谷勝之, 橋本文雄, 吉田理一郎, 岡本繁久, 内海俊樹, 尾上昌平, 岩井謙一, 高瀬良和, 二神泰基, 玉置尚徳

    日本生物工学会大会講演要旨集   70th   2018年

     詳細を見る

  • ジャポニカ型イネと品種「Jamaica」との間で見られる雑種弱勢

    久保山勉,一谷勝之

    生物の科学 遺伝   別冊No. 21   230 - 233   2007年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • 志水 勝好, 一谷 勝之, 穴井 豊昭, 鈴木 章弘, 内海 俊樹, 岡本 繁久, 田浦 悟, 清水 圭一, 潟山 祐樹, 豊元 大希 .  人為突然変異によって誘発されたイネ白葉枯病抵抗性遺伝子系統の葉身の疑似病斑の特徴 .  日本作物学会第257 回講演会  2024年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:三重大学上浜キャンパス   国名:日本国  

    DOI: 10.14829/jcsproc.257.0_162

  • 柴田雪花,豊元大希,植村真郷,田浦悟,佐藤雅志,ヘンリーロバート,石川隆二,一谷勝之 .  AAゲノムOryza属種の種子発達に関与する重複遺伝子SDV1, SDV2 .  日本育種学会第145回講演会  2024年3月  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学  

  • 大槻日向子,仲村洋輔,一谷勝之,久保山勉 .  イネ雑種の初期成育においてバイサルファイトアンプリコンシークエンスで検出された18S rDNAのメチル化レベルのヘテロシス .  日本育種学会第145回講演会  2024年3月  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学  

  • 仲村洋輔,荻原周平,一谷勝之,久保山勉 .  BC1F1世代を用いたイネ品種台中65号とKasalathとの間の雑種第一代に見られた雑種強勢のQTL解析 .  日本育種学会第145回講演会  2024年3月  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東京大学  

  • 高橋龍成,加藤神成流,前田幸暉浩,柴田雪花,潟山祐樹,田浦悟,一谷勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ白葉枯病新規抵抗性系統の特性と抵抗性の遺伝様式 .  日本育種学会第145回講演会  2024年3月  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学   国名:日本国  

  • 前田 幸暉浩・高橋 龍成・柴田 雪花・田浦 悟・一谷 勝之 .  イネ突然変異白葉枯病抵抗性遺伝子がもたらすgrowth penaltyを日印交雑後の戻し交雑世代の選抜によって克服する可能性 .  第18回九州育種談話会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    開催地:佐賀大学本庄キャンパス   国名:日本国  

  • 柴田雪花・豊元大希・植村真郷,田浦悟,佐藤雅志,Robert Henry, 石川隆二,一谷勝之 .  O. sativaとO. meridionalisとの交雑後代で見出された受精後の種子発達に関わる遺伝子SDV2の連鎖分析 .  第18回九州育種談話会  2023年12月  国際共著

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    開催地:佐賀大学本庄キャンパス   国名:日本国  

  • 高橋龍成・加藤神成流・前田幸暉浩・柴田雪花・潟山祐樹・田浦悟・一谷勝之 .  イネ白葉枯病新規抵抗性突然変異系統の白葉枯病複数菌株に対する抵抗性評価 .  第18回九州育種談話会  2023年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年12月

    開催地:佐賀大学本庄キャンパス   国名:日本国  

  • 宇田津徹朗、一谷勝之、志水勝好、石川隆二 .  野生イネの生産量推定に関する基礎的研究(II) .  日本文化財科学会第40回大会  2023年10月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:なら歴史芸術文化村  

  • 高橋龍成,加藤神成流,前田幸暉浩,柴田雪花,潟山祐樹,田浦悟,一谷勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ白葉枯病新規抵抗性系統の特性と白葉枯病菌複数レースに対する反応 .  日本育種学会第144回講演会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸大学六甲台キャンパス  

  • 柴田雪花・片野航貴・高橋龍成・前田幸暉浩・田浦悟・ヘンリーロバート・石川隆二・一谷勝之 .  アジア栽培イネとオーストラリア産野生イネ系統との交雑後代に見出された第3染色体に座乗する分離歪み遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第144回講演会  2023年9月  国際共著

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:神戸大学六甲台キャンパス  

  • 前田幸暉浩・高橋龍成・柴田雪花・田浦悟・一谷勝之 .  イネ突然変異白葉枯病抵抗性遺伝子が農業形質に及ぼす影響 .  日本育種学会第144回講演会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸大学六甲台キャンパス  

  • 大槻 日向子, 高間 梨央, 仲村 洋輔, 一谷 勝之 久保山 勉 .  イネ雑種の初期生育において 18S rDNA の 5′領域に見られたメチル化レベルの上昇 .  日本育種学会第144回講演会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    会議種別:ポスター発表  

    開催地:神戸大学六甲キャンパス  

  • 村中 智明,横山 寛,松浦 萌華,田浦 悟,一谷 勝之,神田 英司 .  低価格タイムラプスカメラとYOLOX によるイネ開花時刻の推定 .  日本植物学会第87回大会  2023年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:北海道大学  

  • ⾼橋⿓成, 前⽥幸暉浩, 加藤神成流, 柴⽥雪花,潟⼭祐樹, ⼭本雅史, 吉⽥理⼀郎,岡本繁久,内海俊樹,⽟置尚徳, 志⽔勝好, 清⽔圭⼀, 尾上昌平, ⼆神泰基, ⽥浦悟, ⼀⾕勝之 .  インド型イネ品種IR24へのイオンビーム照射による突然変異誘発~特に白葉枯病抵抗性について~ .  第18回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会 日本原子力研究開発機構・量子科学技術研究開発機構施設利用共同研究、弥生研究会成果報告会  2023年8月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 高橋龍成・加藤神成流・前田幸暉浩・柴田雪花・潟山祐樹・田浦悟・一谷勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ白葉枯病新規抵抗性系統の特性 .  イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2023  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 柴田雪花・片野航貴・高橋龍成・前田幸暉浩・田浦悟・石川隆二・一谷勝之 .  種間交雑後代に見出された第3染色体に座乗する分離歪み遺伝子の連鎖分析 .  イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2023  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学伊都キャンパス  

  • 前田幸暉浩・高橋龍成・柴田雪花・田浦悟・一谷勝之 .  突然変異白葉枯病抵抗性遺伝子のgrowth penalty の評価 .  イネ遺伝学・分子生物学ワークショップ2023  2023年7月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学 伊都キャンパス  

  • 仲村洋輔・一谷勝之・Matthew Shenton・田中伸裕・久保山勉 .  WRC系統と台中65号の雑種におけるイネ初期生育ヘテロシスのGWASとBC1F1を用いたQTL解析 .  日本育種学会143回講演会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:静岡大学  

  • 岡本 凌太・潟山 祐樹・村中 智明・田浦 悟・一谷 勝之・内海 俊樹 .  脂肪酸合成酵素 KAS-II の変異とイネ白葉枯病抵抗性の関係 .  第64回日本植物生理学会年会  2023年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 柴田雪花・高橋龍成・前田幸暉浩・田浦悟・石川隆二・久保山勉・一谷勝之 .  イオンビーム照射で誘発される突然変異とゲノム情報を利用したイネ雑種弱勢原因遺伝子の特定に向けて .  第17回九州育種談話会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分県立農業大学校  

  • 高橋龍成・加藤神成流・前田幸暉浩・柴田雪花・潟山祐樹・田浦悟・一谷勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ白葉枯病新規抵抗性系統の白葉枯病菌複数レースに対する反応 .  第17回九州育種談話会  2022年12月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年12月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:大分県立農業大学校  

  • 須永若菜,上田ちほ,一谷勝之,石川隆二 .  オーストラリアの野生イネ種において25.1~28.2Mbに座乗する長粒遺伝子座の解析 .  第17回東北育種研究集会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 新青葉山キャンパス 青葉山コモンズ  

  • 佐々木瞭太,満壽利毅,一谷勝之,石川隆二 .  オーストラリアの野生イネ種において28.3-31.5Mbに座乗する長粒遺伝子座の解析 .  第17回東北育種研究集会  2022年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学 新青葉山キャンパス 青葉山コモンズ  

  • 仲村 洋輔,一谷 勝之,Shenton Matthew,田中 伸裕,久保山 勉 .  世界イネコアコレクションと台中 65 号の雑種における初期生育ヘテロシスの検討 .  日本育種学会第142回講演会  2022年9月  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:帯広畜産大学  

  • 児玉谷 仁、新田 晃大、一谷 勝之、神崎 亮、冨安 卓滋 .  稲の品種とコメのメチル水銀汚染 .  日本分析化学会第71年会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:岡山大学  

  • 宇田津徹朗,石川隆二,一谷勝之,志水勝好 .  野生イネの生産量推定に関する基礎的研究(I) .  日本文化財科学会第39回大会  2022年9月  日本文化財科学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:千葉大学  

  • 岡本 凌太,潟山 祐樹,村中 智明,田浦 悟,一谷 勝之,内海 俊樹 .  イネ白葉枯病抵抗性変異系統 XM14の病原抵抗性関連遺伝子の発現 .  植物微生物研究会第31回研究交流会  2022年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:オンライン  

  • 佐々木瞭太,木崎裕道,須永若菜,片野航貴 ,潟山祐樹,前田幸暉浩,高橋龍成, 一谷勝之,ヘンリーロバート, 石川隆二 .  オーストラリアに生息する特殊な野生イネ種において長粒性を支配する複合遺伝子座の遺伝解析 .  日本育種学会第141回講演会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Shameel Shah, Hiroaki Tsuneyoshi, Katsuyuki Ichitani, Satoru Taura .  QTL analysis related to lesion length elongation to Xanthomonas oryzae pv. oryzae pathogen in rice variety Koshihikari .  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 潟山 祐樹、田浦 悟、一谷 勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ白葉枯病新規抵抗性系統の作出 .  第16回九州育種談話会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 前田幸暉浩 、高橋龍成 、一谷勝之 .  籾数の限界を目指して、バケツイネ選手権への取り組み 2021 .  第16回九州育種談話会  2021年11月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン開催  

  • 潟山祐樹,穴井豊昭,志水勝好,田浦悟,一谷勝之 .  xa42によるイネ白葉枯病抵抗性は生殖成長開始後に増強される .  日本育種学会第140回講演会  2021年9月  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • Shameel Shah, 恒吉宏昭,一谷勝之,田浦悟 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する圃場抵抗性 .  日本育種学会第140回講演会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 一谷 勝之, 市川 真, 豊元 大希, 田浦 悟, ヘンリー ロバート, 石川 隆二 .  オーストラリア産野生イネとアジア栽培イネとの交雑後代で観察された種子半不稔による分離の歪み .  日本育種学会第139回講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 高間 梨央, 一谷 勝之, 久保山 勉 .  リアルタイム PCR を用いた日本晴と Kasalath のイネ品種間雑種幼苗期におけるオル ガネラゲノムと 18S rDNA のコピー数の検討 .  日本育種学会第139回講演会  2021年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:オンライン  

  • 萩山勇希,佐藤雅志,ヘンリーロバート,久保山勉,田浦悟,石川隆二,一谷勝之 .  オセアニア産AAゲノム野生イネの形態,生理学,遺伝的多様性 .  日本育種学会第138回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 高間梨央, 白澤健太 , 一谷勝之, 安達俊輔, 田中 淳一 , 久保山勉 .  日本晴と Kasalath のイネ品種間交雑 F2 集団にお けるプラスチドゲノムコピー数と生重量の QTL 解析 .  日本育種学会第138回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 三島木隆広, 片野航貴 一谷勝之, Henry Robert, 石川 隆二 .  オーストラリア野生イネにおける葯長を支配するQTL座とその表現型への効果に関する研究 .  日本育種学会第138回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 潟山祐樹,ブスング コンスタンティン,田浦悟,豊元大希,穴井豊昭,鈴木章弘,内海俊樹,志水勝好,岡本繁久,清水圭一,一谷勝之 .  Kas-II遺伝子の非同義置換がもたらすイネ白葉枯病抵抗性 .  日本育種学会第138回講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 片野航貴,三島木隆広,田浦悟,ヘンリーロバート,石川隆二,一谷勝之 .  野生イネ由来の長粒遺伝子周辺の分離歪み .  日本育種学会第138回講演会  日本育種学会第138回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン開催  

  • 潟山祐樹,萩山勇希,田浦悟, 一谷勝之 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統の生育段階の違いによる抵抗性の差異 .  日本育種学会第137回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学弥生/本郷キャンパス  

  • 高間 梨央,安達 俊輔,一谷 勝之,田中 淳一,久保山 勉 .  イネ品種日本晴とKasalathの正逆交雑によって得られた雑種の生育初期に見られるヘテロシスと光合成速度 .  日本育種学会第137回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Msami Jessey Anderson, 一谷勝之,Shah Shameel Ali, 阿部洋介, 潟山祐樹, 田浦悟 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統XM6の持つ抵抗性遺伝子XA20の連鎖解析 .  日本育種学会第137回講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京大学弥生/本郷キャンパス  

  • 東 弘菜・志水勝好・一谷勝之 .  ボタンボウフウの鹿児島県における分布に関する研究 1. 甑島,奄美大島および喜界島における分布 .  日本熱帯農業学会第127回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2020年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京農工大学  

  • Jessey A. Msami、阿部洋介、Shah Shameel、一谷勝之、田浦悟 .  Linkage analysis of bacterial blight resistance gene from XM6, a mutant line .  第14回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東海大学熊本キャンパス  

  • 阿部洋介、Jessey A. Msami、Shah Shameel、一谷勝之、田浦悟 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 Ⅵ. インド型感受性品種 IR24 にコシヒカリを交配して作成した組換え型自殖系統の病斑伸長に関するQTL解析 .  第14回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 豊元 大希,市川 真, 田浦 悟,石川隆二,一谷勝之 .  アジア栽培イネOryza sativaとオーストラリア野生イネO. meridionalisの交雑後代で観察された分離歪みに関する連鎖解析 .  第14回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東海大学熊本キャンパス本館  

  • 潟山祐樹,田浦悟,一谷勝之 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統の抵抗性発現時期の分析 .  第14回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東海大学熊本キャンパス本館  

  • 一谷勝之,清水圭一,橋本文雄,内海俊樹,玉置尚徳,山本雅史,吉田理一郎,岡本繁久, 二神泰基, 尾上昌平,久保山勉,田浦悟 .  イオンビーム照射によるHwa1-1, Hwa2-1が引き起こすイネ雑種弱勢克服の試みと突然変異キメラ研究の可能性 .  第14回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • Ishikawa, R., Takahiro Mishimaki, Daiki Toyomoto, Koki Katano, Katsuyuki Ichitani, R. Henry .  Introgression of large grain size from Australian wild rice and its agronomical importance. .  TROPAG (International Tropical Agricultural Conference)  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年11月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:Brisbane Convention & Exhibition Centre  

  • 中沢 裕哉,青木 梨乃,一谷 勝之,久保山 勉 .  日本晴とJamaicaのイネ雑種弱勢におけるプラスチドゲノムコピー数の低下 .  日本育種学会第136回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:近畿大学  

  • 高間梨央,田中淳一,一谷勝之,久保山勉 .  日本晴とKasalathのイネ品種間雑種における幼苗期の雑種強勢とプラスチドゲノムコピー数の増大 .  日本育種学会第136回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:近畿大学  

  • 福永健二, Meili Zakiyah Nur, 井上賢彦, 一谷勝之 .  アワSi7PPO遺伝子の塩基配列多型によるフェノール(-)型の起源の解明 .  日本育種学会第135回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 一谷勝之, 保木良太, 市川真, 田浦悟, 久保山勉, 石川隆二 .  野生イネ間の雑種第一代で見られる黄化現象の原因遺伝子の分布 .  日本育種学会第135回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:千葉大学  

  • 菅原魁人, 三島木隆広, 門田健太郎, 一谷勝之, 石川隆二 .  オーストラリアにおける野生イネ種間交雑の検証 .  日本育種学会第135回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 田浦悟, 川口祥輝, 一谷勝之 .  イネ品種PI231129のイネ白葉枯病に対する抵抗性. II. イネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa11の関与 .  日本育種学会第135回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2019年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 市川 真,田浦 悟,石川 隆二,一谷 勝之 .  アジア栽培イネOryza sativaとオーストラリア野生イネO. meridionalisの交雑後代に見られた半不稔現象の遺伝解析 .  第13回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 中山雄貴, 江崎亮太, 畠中京介, 一谷勝之, 田浦悟 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 Ⅴ. インド型感受性品種 IR24 にコシヒカリを交配して作成した組換え型自殖系統の病斑伸長に関する QTL 解析 2 .  第13回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

  • 江崎亮太, 中山雄貴, 一谷勝之, 田浦悟 .  イネ品種トヨニシキのイネ白葉枯病に対する圃場抵抗性のqtl解析 .  第13回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:南九州大学  

  • 豊元 大希,潟山 祐樹, 田浦 悟,一谷勝之 .  HWA1およびHWA2によるイネ雑種弱勢現象の緩和に関する遺伝解析 .  第13回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

  • 一谷勝之,久保山勉,手塚孝弘 .  イネ雑種弱勢の遺伝と病徴 .  日本育種学会第134回講演会  招待

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:岡山大学  

  • 田浦悟,田中孝尚,川口祥輝,一谷勝之 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病抵抗性 V. あそみのり部分置換IAS系統(CSSLs)とIR24のF2におけるQTL解析 .  日本育種学会第134回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岡山大学  

  • 宇田津徹朗,右田晋太郎,石川隆二,一谷勝之 .  プラント・オパール形状を利用した野生イネの分化と変遷に関する基礎的研究 .  日本文化財科学会第25回大会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年7月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:奈良女子大学  

  • 池本悠一郎,豊元大希,植村真郷,保木良太,田浦悟,一谷勝之 .  イネ品種SurjamukhiとKissinの雑種後代に見られる雑種崩壊現象の原因遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 田浦悟,畠中京介,Constantine Busungu, 川口祥輝,一谷勝之 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 IV. インド型感受性品種IR24にコシヒカリを交配して作成した組換え型自殖系統の病斑伸長に関するQTL解析 .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

  • 豊元大希,田浦悟,久保山勉,一谷勝之 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子HWA1, HWA2の連鎖分析ならびに量的効果 .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 久保山勉,一谷勝之 .  PacBioシーケンサーリードによるイネ雑種弱勢原因遺伝子HWA1領域contig作成の試み .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 西岡紀花,桝本尚人,髙木宏樹,一谷勝之,寺内良平,福永健二 .  DNAマーカーを用いたアワNEKODE1遺伝子のファインマッピング .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 保木良太,植村真郷,池本悠一郎,田浦悟,一谷勝之 .  アジアとオーストラリアの野生イネ間の雑種第一代で見出された雑種黄化原因遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第133回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2018年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:九州大学  

  • 植村真郷、保木良太、西帯野翼、池本悠一郎、豊元大希、田浦悟、佐藤雅志、石川隆二、一谷勝之 .  アジア栽培イネO.sativaとオーストラリア野生イネO.meridionalisの交雑後代における種子形成機能遺伝子の脱落 .  第12回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 畠中京介、川口祥輝、Constantione Busungu、一谷勝之、 田浦 悟 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 コシヒカリ×IR24の組換え型自殖系統の病徴反応 .  第12回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 川口祥輝、畠中京介、Constantione Busungu、 一谷 勝之、 田浦 悟 .  イネ品種PI231129のイネ白葉枯病に対する抵抗性 .  第12回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 池本悠一郎、大橋健二、保木良太、植村真郷、豊元大希、田浦悟、一谷勝之 .  イネ雑種崩壊原因遺伝子の連鎖解析 .  第12回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 豊元大希,植村真郷,保木良太,池本悠一朗,田浦悟,一谷勝之 .  イネ日印交雑後代に見られる新規雑種弱勢現象 .  第12回九州育種談話会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 保木良太、植村真郷、池本悠一郎、田浦悟、一谷勝之 .  アジアの野生イネとオーストラリアの野生イネの 雑種第一代で見出された雑種黄化原因遺伝子の連鎖分析 .  第12回九州育種談話会  

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:佐賀大学  

  • 小幡正彬,白柿薫平,一谷勝之,久保山勉,松村篤,森川利信,横井修司,手塚孝弘 .  高温条件がHWA1とHWA2を原因とするイネ雑種弱勢の表現型と遺伝子発現に及ぼす影響 .  日本育種学会第132回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学  

  • 吉津裕貴,一谷勝之,畠山勝徳,高畑義人,横井修司 .  イネ極晩生変異体t-65lateの原因遺伝子の探索と分子学的解析 .  日本育種学会第132回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学  

  • 菅原魁人,一谷勝之,石川隆二 .  O. rufipogonとO. meridionalisが同所的に生息するオーストラリア野生イネ集団における自然交雑の検証 .  日本育種学会第132回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学  

  • 白柿薫平,佐原敏基,一谷勝之,久保山勉,松村篤,森川利信,手塚孝弘 .  イネにおけるHWA1とHWA2およびHWC1とHWC2による雑種弱勢の比較解析 .  日本育種学会第132回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:岩手大学  

  • 一谷勝之,保木良太,植村真郷,田浦悟,吉津裕貴,畠山勝徳 .  イネ出穂期遺伝子FLT2の高密度連鎖解析 .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Busungu C., K. Ichitani, J. Sakagami, T. Anai, Y. Kawaguchi, K. Kawabe, S. Taura .  Fine mapping and characterization of XA42, a gene showing multiple resistance to rice bacterial blight strains .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  • 保木良太,植村真郷,田浦悟,久保山勉,一谷勝之 .  Hwa1-1とHwa2-1の補足作用によって引き起こされる雑種弱勢現象の系統間差異 .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  • 田浦悟,田中孝尚,Constantine Busungu, 川口祥輝,河邊弘太郎,一谷勝之 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病抵抗性  IV. 圃場抵抗性はどのように表現されるのか? .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:名古屋大学  

  • 鈴木大和,一谷勝之,渡部信義,久保山勉 .  PacBio シーケンサーリードによるイネ雑種弱勢原 因遺伝子HWA2 領域contig 作成の試み .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋大学  

  • 植村真郷,保木良太,西帯野翼,田浦悟,佐藤雅志,石川隆二,一谷勝之 .  アジア栽培イネO. sativa とオーストラリア野生イ ネO. meridionalis の交雑後代に見出された部分不 稔現象の遺伝子分析 .  日本育種学会第131回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2017年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • Constantine Busungu, 一谷勝之,坂上潤一,川口祥輝,河邊弘太郎,田浦悟 .  High-resolution mapping and characterization of xa42, a gene showing multiple resistance to rice bacterial blight strains .  第11回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 一谷勝之,田浦悟,佐藤宗治,久保山勉 .  イネ雑種弱勢遺伝子座HWC2周辺のハプロタイプ分析と白葉枯病抵抗性との関係 .  第11回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 植村真郷,保木良太,西帯野翼,田浦悟,石川隆二,一谷勝之 .  オーストラリア野生イネO. meridionalisとアジア栽培イネO. sativaの交雑後代に見出された分離の歪み .  第11回九州育種談話会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年12月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:九州大学  

  • 植村真郷,門田健太郎,田浦悟,石川隆二,佐藤雅志,一谷勝之 .  アジアイネ(Oryza sativa)を遺伝的背景にもつオーストラリア野生イネO. meridionalisのイントログレッションラインの開発 .  日本熱帯農業学会第120回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年10月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:鹿児島大学  

  • 田浦悟,田中孝尚,Constantine Busungu, 川口祥輝,西帯野翼,河邊弘太郎,一谷勝之 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病に対する抵抗性 III. 圃場抵抗性 .  日本育種学会第130回講演会 

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鳥取大学  

  • Katsuyuki Ichitani .  Genetics and distribution of hybrid weakness genes in rice .  Workshop on the nature of reproductive barrier in rice  招待 国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年9月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • 田浦悟,恒吉宏昭,Busungu Constantine Kwilasa, 川口祥輝,田中孝尚,一谷勝之,河邊弘太郎 .  日本イネ品種コシヒカリの白葉枯病に対する病斑の伸びに関与する遺伝子2 .  日本育種学会第129回講演会  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜市立大学  

  • Busungu, C., K. Ichitani, J. Sakagami, T. Anai, Y. Kawaguchi, T. Tanaka, K. Kawabe, S. Taura .  Mapping and characterization of rice bacterial blight of XM14 mutant gene .  日本育種学会第129回講演会  日本育種学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2016年3月

    記述言語:英語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:横浜市立大学  

  • Noriko Tamura, R. Henry, Katsuyuki Ichitani, Ryuji Ishikawa .  Endemic Oryza species in Australia as breeding resources to improve grain size .  Tropical Agriculture Conference 2015  国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:Brisbane Convention and Exhibition Centre, Brisbane, Australia  

  • 菅原魁人・加東未来・島田美理・一谷勝之・石川隆二 .  他種が同所的に生息するオーストラリア野生イネ集団における異質な個体の形質評価 .  第10回育種学会東北研究集会  育種学会東北研究集会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年11月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:東北大学  

  • 冨永拓臣,田浦悟,福徳康雄,尾上昌平,清水圭一,橋本文雄,岡本繁久,佐藤宗治,内海俊樹,玉置尚徳,吉田理一郎,一谷勝之 .  低線量のイオンビーム照射によるイネへの突然変異誘発 .  第10回九州育種談話会  九州育種談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 田中 孝尚、川口 祥輝、一谷 勝之、Constantine Busungu 、河邊 弘太郎、田浦 悟 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病に対する抵抗性. .  第10回九州育種談話会  九州育種談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • 川口祥輝、田中孝尚、一谷 勝之、Constantine Busungu 、河邊 弘太郎、田浦 悟. .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統XM6の抵抗性遺伝子xa20のマッピング. .  第10回九州育種談話会  九州育種談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年8月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:鹿児島大学  

  • 白柿薫平,一谷勝之,久保山勉,梁瀬雅則,森川利信,手塚孝弘 .  HWA1とHWA2によって生じるイネ雑種弱勢の遺伝子発現解析 .  日本育種学会第127回講演会  日本育種学会第127回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,渡部信義,久保山勉 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子Hwc1-1の原因SNPにおけるHWC1タンパク質親和性の低下 .  日本育種学会第127回講演会  日本育種学会第127回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 一谷勝之,古賀功明,坂口瑛進,田浦悟,石川隆二,手塚孝弘,久保山勉 .  生物研世界イネコアコレクションにおける雑種弱勢遺伝子Hwa1-1, Hwa2-1の分布 .  日本育種学会第127回講演会  日本育種学会第127回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 田浦悟, Kwilasa Constantine, 恒吉宏昭,河邊弘太郎,一谷勝之 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病抵抗性II. イネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa17の分離系統とコシヒカリの交配組合せによるXa17のマッピング .  日本育種学会第127回講演会  日本育種学会第127回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2015年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京  

    国内学会

  • 一谷勝之,坂口瑛進,古賀功明,山口大介,田浦悟,佐藤宗治 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ極晩生突然変異体KGM27のもつ晩生突然変異遺伝子の作用を修飾する遺伝子 .  日本育種学会第126回講演会  日本育種学会第126回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 田浦悟,一谷勝之,恒吉宏昭,河邊弘太郎 .  イネ白葉枯病抵抗性遺伝子xa8を有するイネ品種PI231129のイネ白葉枯病に対する抵抗性 1. PI231129の抵抗性に関与する複数の抵抗性遺伝子 .  日本育種学会第126回講演会  日本育種学会第126回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮崎  

    国内学会

  • 田浦悟,恒吉宏昭,有馬康平,河邊弘太郎,一谷勝之 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統XM6の抵抗性.2. 染色体部分置換系統あそみのり(IAS)を用いた抵抗性突然変異遺伝子xa20の染色体座乗位置の解析 .  日本育種学会第125回講演会  日本育種学会第125回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城県  

    国内学会

  • 外和昌大,一谷勝之,石川隆二 .  オーストラリア多年生野生イネの冠水ストレス適応戦略 .  日本育種学会第125回講演会  日本育種学会第125回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2014年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:宮城県  

    国内学会

  • 向成洋平,鈴木優紀,一谷勝之,福永健二 .  アワの小花付随形質変異体原因遺伝子stb1候補遺伝子の探索とマーカー作成 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 野副佑樹,一谷勝之,石川隆二,佐藤雅志,佐藤洋一郎,中村郁郎,田浦悟,佐藤宗治 .  アジアの野生イネとオーストラリアの野生イネの雑種第一代に見出された雑種弱勢様現象 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 恒吉宏昭,一谷勝之,佐藤宗治,河邊弘太郎,有馬康平,田浦悟 .  日本イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する病斑の伸びに関与する遺伝子 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 西裕平,田浦 悟, 福徳 康雄, 尾上 昌平, 清水 圭一, 橋本 文雄, 坂田 祐介, 佐藤 宗治,一谷勝之 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ極晩生突然変異体KGM25の遺伝解析. .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 一谷勝之,西裕平,野副佑樹,山口大介,田浦悟,佐藤宗治 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ極晩生突然変異体KGM26のもつ晩生突然変異遺伝子の作用を修飾する遺伝子 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:10  

    国内学会

  • 福永健二,枝芽以子,一谷勝之 .  南西諸島・台湾・フィリピンのアワ在来品種の系譜 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 有馬康平,恒吉宏昭,河邊弘太郎,一谷勝之,田浦悟 .  TILLING法を用いたイネ白葉枯病抵抗性遺伝子破壊系統の選抜の試み .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 外和昌大,一谷勝之,R.Henry, B. Simon, 石川隆二 .  野生イネの多様性評価に関する研究4. オーストラリア野生イネの特殊な多年生戦略 .  日本育種学会第124回講演会  日本育種学会第124回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 福永健二,井塚奈央子,一谷勝之 .  アワにおけるイネHD1(HEADING DATE 1)遺伝子ホモログのスプライシング変異と地理的分布 .  日本育種学会第123回講演会  日本育種学会第123回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 田浦悟,恒吉宏昭,一谷勝之,河邊弘太郎,佐藤宗治 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統XM6の抵抗性.1.抵抗性突然変異遺伝子xa20の座乗染色体 .  日本育種学会第123回講演会  日本育種学会第123回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 一谷勝之,浦田千恵子,田浦悟,手塚孝弘,沖山友哉,久保山勉 .  イネ雑種弱勢遺伝子HWA1, HWA2の高密度連鎖解析 .  日本育種学会第123回講演会  日本育種学会第123回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2013年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:東京都  

    国内学会

  • 福永健二,八軒雄大,益永優也,石井雄太,大田毅,一谷勝之 .  日本・韓国のハトムギ品種で共通して見出されたWaxy遺伝子における欠失. .  日本育種学会第122回講演会  日本育種学会第122回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 井上賢彦,大田毅,湯尾崇央,武田真,一谷勝之,河瀬眞琴,福永健二 .  アワポリフェノール酸化酵素(PPO)遺伝子の6bp挿入型変異とその地理的分布. .  日本育種学会第122回講演会  日本育種学会第122回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 武田純子,五十嵐千尋,沖山友哉,西村実,一谷勝之,渡部信義,久保山勉. .  ガンマ線受精卵照射によって得られた日本晴とJamaiaの雑種弱勢を緩和する変異体. .  日本育種学会第122回講演会  日本育種学会第122回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,熊丸敏博,渡部信義,久保山勉. .  一過性発現系におけるイネ雑種弱勢原因遺伝子HWC1の機能解析とTILLING法を用いたHWC1変異系統作出の試み. .  日本育種学会第122回講演会.  日本育種学会第122回講演会.

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 一谷 勝之, 山口 大介, 田浦 悟, 福徳 康雄, 尾上 昌平, 清水 圭一, 橋本 文雄, 坂田 祐介, 佐藤 宗治 .  イオンビーム照射によって誘発されたイネ極晩生突然変異体の遺伝解析. .  日本育種学会第122回講演会  日本育種学会第122回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • Katsuyuki Ichitani, Yuma Takemoto, Yu Kobayashi, Ryuji Ishikawa .  Reproductive barrier among wild rice species with AA genome distributed in Asia and Oceania .  The second Australian wild rice symposium  The second Australian wild rice symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • Ryuji Ishikawa, Yu Kobayashi, Kenta Otsuka, Masahiro Sotowa, Katsuyuki Ichiytani .  Molecular divergence of Australian and Asian wild rice .  The second Australian wild rice symposium  The second Australian wild rice symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年4月

    記述言語:英語  

    開催地:オーストラリア  

    国際学会

  • 飯塚貴大,一谷勝之,久保山勉,小田雅行,手塚孝弘 .  HWA1とHWA2を原因遺伝子とするイネ雑種弱勢における細胞死 .  日本育種学会第121回講演会  日本育種学会第121回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 外和昌大,小林雄,田中克典,一谷勝之,中村郁郎,佐藤洋一郎,佐藤雅志,石川隆二 .  オーストラリアの多年生野生イネ葉緑体多型評価と自然集団の多様性 .  日本育種学会第121回講演会  日本育種学会第121回講演会国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:英語  

    開催地:栃木  

    国際学会

  • 一谷勝之,竹本祐真,田浦悟,佐藤宗治 .  hca1-1, hca2-1遺伝子によるイネ雑種黄化現象によって引き起こされる染色体断片の消失 .  日本育種学会第121回講演会  日本育種学会第121回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 大塚健太,小林雄,田中克典,一谷勝之,中村郁郎,佐藤洋一郎,佐藤雅志,吉田健太郎,夏目俊,小杉俊一,寺内良平,石川隆二 .  形態,SSR,並びにWGSによるオーストラリア野生イネ系統分化程度の評価 .  日本育種学会第121回講演会  日本育種学会第121回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2012年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:栃木  

    国内学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,渡部信義,久保山勉 .  パーティクルガンを用いたイネ雑種弱勢遺伝子HWC1の一過性発現によるプログラム細胞死の誘導 .  日本育種学会第120回講演会  日本育種学会第120回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井  

    国内学会

  • 井上賢彦,人見えり子,一谷勝之,河瀬眞琴,福永健二 .  アワ在来品種におけるフェノール酸化酵素(PPO)遺伝子の変異とフェノール反応性との関係 .  日本育種学会第120回講演会  日本育種学会第120回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:福井  

    国内学会

  • 一谷勝之,田浦悟,手塚孝弘,沖山友哉,久保山勉 .  イネ雑種弱勢遺伝子HWA1, HWA2の連鎖分析 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,長谷川守文,渡部信義,久保山勉 .  HWC1とHWC2の相互作用によって生じるイネ雑種弱勢における病害抵抗性関連遺伝子の発現およびファイトアレキシンの蓄積 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 久保山勉,一谷勝之,沖山友哉,浜田和輝,本郷耕平,矢野健太郎,藤田雅丈,倉田のり,渡部信義 .  HWC1とHWC2によって生じるイネ雑種弱勢のマイクロアレイとGOによる遺伝子発現解析 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 小林雄,石川隆二,一谷勝之,田中克典,中村郁郎,佐藤洋一郎,佐藤雅志 .  オーストラリアにおける自生野生イネ集団の分子マーカーによる集団構造解析 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 泉谷鮎美,一谷勝之,河瀬眞琴,福永健二 .  rDNAのPCR-RFLPに基づくアワ在来品種の地理的変異の解析 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • 田浦悟,高須有希子,一谷勝之,河邊弘太郎,佐藤宗治 .  イネ第4染色体に座乗するイネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa1およびXa2の抵抗性の発現 .  日本育種学会第119回講演会  日本育種学会第119回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2011年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:神奈川  

    国内学会

  • ハオイン,小林雄,一谷勝之,田中克典,中村郁郎,佐藤雅志,佐藤洋一郎,石川隆二 .  アジアならびにオセアニア地区におけるO. rufipogon の遺伝的分化 .  日本育種学会第118回講演会  日本育種学会第118回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年9月

    記述言語:日本語  

    開催地:秋田  

    国内学会

  • Y. Okiyama, N. Katsunuma, K. Ichitani, A. Miyao ,H. Hirochika, T. Kuboyama .  Study of the causal amino-acid substitutions in HWC2 for a hybrid weakness in rice .  21st International Conference on Arabidopsis Research  21st International Conference on Arabidopsis Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • T. Kuboyama, K. Ichitani, Y. Okiyama, K. Namigoshi, T. Suzuki,S. Taura, M. Sato,H. Kanamori, J. Wu, T. Matsumoto, A. Miyao,H. Hirochika, N. Watanabe .  Epistatic interaction between an allele of a bacterial blight-resistance gene Xa1 and an allele of a putative transcriptional repressor HWC1 causes hybrid weakness of rice .  21st International Conference onArabidopsis Research  21st International Conference onArabidopsis Research国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年6月

    記述言語:英語  

    開催地:神奈川  

    国際学会

  • 石川隆二,本多剛志,ハオ イン,田中克典,一谷勝之,中村郁郎,佐藤雅志,佐藤洋一郎 .  Oryza属におけるオセアニア型とアジア型rufipogonの系統分化 .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 重山貴文,一谷勝之,河邊弘太郎,佐藤宗治,田浦悟 .  イネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa14のマッピング .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 沖山友哉・勝沼法朗・一谷勝之・宮尾安藝雄・廣近洋彦・渡部信義・久保山勉 .  HWC2におけるイネ雑種弱勢誘導原因変異の探索 .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 勝沼法朗,沖山友哉,一谷勝之,渡部信義,久保山勉 .  H587を生じる塩基置換がHWC1を雑種弱勢原因遺伝子にする .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 八軒雄大,長谷川貴大,一谷勝之,河瀬眞琴,福永健二 .  Waxy遺伝子の塩基配列多型からみたアワの系統分化 .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都,  

    国内学会

  • 福永健二,井上賢彦,八軒雄大,伊藤継生,長谷川貴大,一谷勝之,河瀬眞琴 .  ゲノムシークエンスを用いたアワ遺伝子の分子進化ーPPO遺伝子とHD1遺伝子のホモログ, .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 飯山光太郎,竹本祐真,田浦悟,佐藤宗治,一谷勝之 .  イネ品種JamaicaとIR36との交雑後代に見られた雑種崩壊現象に関わる遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • 竹本祐真,飯山光太郎,白田祐希,田浦悟,佐藤宗治,一谷勝之 .  イネ雑種黄化原因遺伝子hca1, hca2の高密度連鎖解析 .  日本育種学会第117回講演会  日本育種学会第117回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:京都  

    国内学会

  • K. Ichitani, Kuboyama T. .  Fine mapping of HWC2, a causal gene of hybrid weakness in rice, and the relationship between varietal differentiation and DNA polymorphism of the surrounding chromosomal region. .  International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization  International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: from pollination to fertilization国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2010年3月

    記述言語:英語  

    開催地:奈良  

    国際学会

  • S. Taura, D. Kawahara, M. Nakagawa, K. Ichitani, Y. Kodama, S. Inazaki, K. Kawabe, M. Sato, N. Endo, T. Ogawa .  Mapping of Resistance Genes to Bacterial Blight in Rice .  6th International Rice Genetics Symposium  6th International Rice Genetics Symposium国際会議

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年11月

    記述言語:英語  

    開催地:フィリピン  

    国際学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,勝沼法朗,金森裕之,呉健忠,松本隆,宮尾安藝雄,廣近洋彦,渡部信義,久保山勉 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子HWC2の相補性検定とTos17挿入を用いた解析 .  日本育種学会第116回講演会  日本育種学会第116回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 福永健二,一谷勝之,河瀬眞琴 .  パキスタン・アフガニスタンのアワ在来品種のrDNA変異 .  日本育種学会第115回講演会  日本育種学会第115回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 沖山友哉,一谷勝之,藤田雅丈,倉田のり,渡部信義,久保山勉 .  Hwc1, Hwc2によって生じるイネ雑種弱勢における細胞死 .  日本育種学会第115回講演会  日本育種学会第115回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2009年3月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 中河匡貴,川原大輔,一谷勝之,佐藤宗治,田浦悟 .  イネ白葉枯病抵抗性突然変異系統XM5の抵抗性遺伝子xa19の高密度連鎖解析 .  日本熱帯農業学会第104回講演会  日本熱帯農業学会第104回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 白田祐希,田浦悟,佐藤宗治,一谷勝之 .  イネ雑種黄化原因遺伝子hca1, hca2の連鎖分析 .  日本熱帯農業学会第104回講演会  日本熱帯農業学会第104回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:鹿児島  

    国内学会

  • 一谷勝之,前田勇介,柳瀬朱,沖山友哉,田浦悟,佐藤宗治,金森裕之,呉健忠,松本隆,渡部信義,久保山勉 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子Hwc2の高密度連鎖解析および候補遺伝子 .  日本育種学会第114回講演会  日本育種学会第114回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 高須有希子,一谷勝之,河邊弘太郎,佐藤宗治,田浦悟 .  イネ第4染色体に座乗するイネ白葉枯病抵抗性遺伝子Xa1, Xa2の位置関係 .  日本育種学会第114回講演会  日本育種学会第114回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 沖山友哉,金森裕之,呉健忠,松本隆,一谷勝之,渡部信義,久保山勉 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子Hwc2領域ORFの相補性検定と発現解析 .  日本育種学会第114回講演会  日本育種学会第114回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 斎藤大樹,浅野翔,濱田晋介,寺西健,一谷勝之,奥本裕,谷坂隆俊 .  Oryza rufipogonに見出された新規感光性遺伝子はSe1座に不感光性遺伝子が存在しても感光性を著しく増大させる .  日本育種学会第114回講演会  日本育種学会第114回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2008年10月

    記述言語:日本語  

    開催地:滋賀  

    国内学会

  • 一谷勝之 .  イネ雑種弱勢の遺伝解析 .  第1回九州育種談話会  第1回九州育種談話会

     詳細を見る

    開催年月日: 2006年12月

    記述言語:日本語  

    開催地:熊本  

    国内学会

  • 一谷勝之,木場一也,福田善通,田浦悟,佐藤宗治 .  イネ雑種弱勢遺伝子座Hwc-2の同定 .  日本育種学会第97回講演会  日本育種学会第97回講演会

     詳細を見る

    開催年月日: 2000年1月

    記述言語:日本語  

    開催地:茨城  

    国内学会

  • 豊元大希, 田浦悟, 久保山勉, 一谷勝之 .  イネ雑種弱勢原因遺伝子HWA1, HWA2の連鎖分析ならびに量的効果 .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

  • 一谷勝之, 久保山勉, 手塚孝弘 .  イネ雑種弱勢の遺伝と病徴 .  日本育種学会第134回講演会  2018年9月 

  • 畠中京介, 川口祥輝, Constantione Busungu, 一谷勝之, 田浦 悟 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 コシヒカリ×IR24の組換え型自殖系統の病徴反応 .  第12回九州育種談話会  2017年12月 

  • 田浦悟, 畠中京介, Constantine Busungu, 川口祥輝, 一谷勝之 .  イネ品種コシヒカリのイネ白葉枯病に対する反応 IV. インド型感受性品種IR24にコシヒカリを交配して作成した組換え型自殖系統の病斑伸長に関するQTL解析 .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

  • 田浦悟, 田中孝尚, 川口祥輝, 一谷勝之 .  イネ品種あそみのりのイネ白葉枯病抵抗性 V. あそみのり部分置換IAS系統(CSSLs)とIR24のF2におけるQTL解析 .  日本育種学会第134回講演会  2018年9月 

  • 池本悠一郎, 豊元大希, 植村真郷, 保木良太, 田浦悟, 一谷勝之 .  イネ品種SurjamukhiとKissinの雑種後代に見られる雑種崩壊現象の原因遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

  • 植村真郷, 保木良太, 西帯野翼, 池本悠一郎, 豊元大希, 田浦悟, 佐藤雅志, 石川隆二, 一谷勝之 .  アジア栽培イネO.sativaとオーストラリア野生イネO.meridionalisの交雑後代における種子形成機能遺伝子の脱落 .  第12回九州育種談話会  2017年12月 

  • 一谷 勝之 .  アジアとオーストラリアの野生イネ間の雑種第一代で見出された雑種黄化原因遺伝子の連鎖分析 .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

  • 久保山勉, 一谷勝之 .  PacBioシーケンサーリードによるイネ雑種弱勢原因遺伝子HWA1領域contig作成の試み .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

  • 西岡紀花, 桝本尚人, 髙木宏樹, 一谷勝之, 寺内良平, 福永健二 .  DNAマーカーを用いたアワNEKODE1遺伝子のファインマッピング .  日本育種学会第133回講演会  2018年3月 

▼全件表示

Works(作品等)

  • Studies on the expansion in the genetic variation in water yam

    2002年

  • ダイジョの遺伝変異拡大に関する研究

    2002年

  • Research on nematode resistance in sweetpotato

    1999年

  • サツマイモのセンチュウ抵抗性に関する研究

    1999年

受賞

  • 第10回日本育種学会九州育種談話会優秀発表賞

    2015年8月   日本育種学会九州育種談話会   Identificcation and linkage analysis of bacterial blight resistance gene from XM14, a mutant line

    Constantine Busungu、一谷 勝之、坂上 潤一、 穴井 豊昭、 川口 祥輝、田中 孝尚、 河邊 弘太郎、田浦  悟

     詳細を見る

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞  受賞国:日本国

共同研究・競争的資金等の研究

  • 「野生イネはいつどのように食糧となったのか?」に挑戦する

    研究課題/領域番号:21K18118  2021年7月 - 2027年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  挑戦的研究(開拓)

    宇田津 徹朗, 石川 隆二, 一谷 勝之, 志水 勝好

      詳細を見る

    配分額:25480000円 ( 直接経費:19600000円 、 間接経費:5880000円 )

    本研究では、世界的なインタレストである「野生イネの栽培化」に関する研究の現状と限界を打破するため、野生イネのプラント・オパール(細胞化石)の密度と形態からその生産性と栽培イネへの変化に関するデータを収集する手法の開発を目指している。
    今年度は、当該研究を構成する【取組1:プラント・オパールを活用し、野生イネに関する3つの調査分析手法の構築と基準づくり】および【取組2:構築した手法と基準の運用と効果の検証】の取組1について、生産量の推定方法の検討に必要な試料採取と予備実験といくつかの検討を行った。具体的には、以下のとおりである。
    ・2022年度以降の野生イネの生産性の実験に供試する野生イネ種子を増殖し、多年生野生イネの生産力に関する予備実験を行った。また、栽培イネのプラント・オパール形状の多様性を明らかにするため、世界イネコアコレクションを供試し、プラント・オパール分析用の試料を採取した。さらに、野生イネの雑種種子稔性に関する遺伝子座の一つを明らかにした。
    ・イネは一般的に、栽培化により種子の大粒化を生じる。そこで、野生種において種子の大粒化を生じるケースについて、GRAS-Diマーカーシステムによる遺伝解析を行った。その結果、野生種のようにゲノムが解析できていない場合でも多型マーカーを得ることが可能であり、野生イネと栽培イネでも1000以上のマーカーの分離が期待される結果を得た。
    ・鹿児島大学で栽培された東アジアの栽培イネO.sativaの祖先野生種であるO.rufipogonならびにO.meridionalisについて、各部の重量ならびに葉身中に形成された機動細胞由来のプラント・オパールの数を調査分析した。得られた生産量の推定に必要な各データについて、その特性と相互の関性を検討した。その結果、栽培イネの生産量推定手法を野生イネに適用できることを明らかにすることができた。

  • イネ幼苗期のプラスチドゲノムコピー数を指標とした雑種強勢評価法の検討

    研究課題/領域番号:21K05513  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(C)

    久保山 勉, 一谷 勝之

      詳細を見る

    配分額:4160000円 ( 直接経費:3200000円 、 間接経費:960000円 )

  • コメのメチル水銀汚染リスク低減のための土壌環境評価法の検討

    研究課題/領域番号:21H03621  2021年4月 - 2024年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    児玉谷 仁, 一谷 勝之, 山本 正浩, 武内 章記, 神崎 亮, 冨安 卓滋

      詳細を見る

    配分額:17550000円 ( 直接経費:13500000円 、 間接経費:4050000円 )

    鹿児島大学農学部付属農場の1枚の水田(土壌総水銀濃度:0.2 mg/kg)を利用し、遺伝子的に大きく異なるコメの品種(WRC系統59品種)を育て、各品種の玄米に含まれる水銀濃度を測定した。この結果、最高 7.1 ng/g 最低1.7 ng/g (平均値 3.2 ng/g, 中央値 3.0 ng/g, n = 59)となり、同一土壌で育成した稲であっても品種によって含まれる水銀濃度が異なることを確認した。一方、水銀汚染土(水田土壌に2015年に10 mg/kgとなるように水銀イオンを添加し、毎年稲の栽培に利用している土壌、土壌総水銀濃度:8 mg/kg)を利用し、予備的に選ばれた5品種についてポット栽培を行った。2週間に一度、土壌を採取し、土壌のメチル水銀濃度の変化および稲に含まれる水銀量を測定した。玄米の水銀濃度は、日本晴(WRC1)で0.25 mg/kg となり、含まれる水銀のほとんどがメチル水銀であることを確認した。土壌のメチル水銀濃度が、湛水から1ヵ月程度で最大(約0.1 mg/kg)となり、徐々に低下していくこと、一方、稲は品種により出穂までの育成期間やバイオマスが大きく異なることから、土壌メチル水銀の影響を受けやすい、受けにくいの差が生じ、玄米の水銀濃度に品種差が生じている可能性も示唆された。
    土壌におけるメチル水銀生成と、存在する無機水銀形態の関係を明らかにするため、土壌に含まれる無機水銀形態を簡易に分析する手法について検討を進めた。様々な水銀汚染地域で得た土壌試料を利用し、加熱温度を段階的に変化させつつ、気化する水銀量を評価することで、存在する水銀形態の判別を試みた。試料によっては特徴的な結果が得られたが、気化温度と水銀形態の関係は明確には確認できなかった。今後、試料数を増やしつつ、存在形態別分析法として一般的に用いられている逐次抽出法と比較していく予定である。

  • イネ人為突然変異白葉枯病抵抗性遺伝子の同定と抵抗性機構の解明

    研究課題/領域番号:19H02934  2019年4月 - 2023年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    一谷 勝之, 内海 俊樹, 岡本 繁久, 清水 圭一, 志水 勝好, 鈴木 章弘, 村中 智明, 穴井 豊昭, 田浦 悟

      詳細を見る

    配分額:17420000円 ( 直接経費:13400000円 、 間接経費:4020000円 )

    白葉枯病はイネの最重要病害の一つである.インド型イネ品種IR24はフィリピンの白葉枯病菌6レースと日本の6レースすべてに罹病性であるが,人為突然変異処理によりそれらすべてに抵抗性を示す系統XM5, XM6, XM14が得られている.各系統は劣性の1抵抗性遺伝子を持ち,それぞれxa19, xa20, xa42と命名された. 2021年度の実績を以下に示す.
    (1)イネ品種 日本晴に野生型のXa42遺伝子で形質転換した個体とXM14を交配し,得られたF1個体を自殖させてF2となる種子を得た.また,日本晴にゲノム編集を行い、野生型Xa42遺伝子が変異型遺伝子ホモ接合に変換された個体を複数得た。
    (2)XM14の擬似病斑の組織構造および発達経過を観察した.走査電子顕微鏡で観察したところ表面における異常は観察できなかった.病斑を表皮組織よりも深く分析できるX線解析顕微鏡で観察したところK,Si, CaおよびClについて分布に粗密が見られる試料が見られた.
    (3)通常栽培で播種後25日のXM14, IR24ではROSとNOの両方とも、XM14の方が有意に多かった。擬似病班が出現する条件で栽培して比較したところ、両系統ともに、NO量は通常栽培より有意に高い値を示した。PR1a、PR1b遺伝子の発現は、擬似病斑が出現したXM14で非常に高かった。
    (4)xa19, xa20の候補染色体領域におけるSNPを検出できるようなDNAマーカーを設計し,白葉枯病抵抗性とDNAマーカー遺伝子型の関係を調査した. xa19, xa20, xa42遺伝子 の日本型品種台中65号背景の準同質遺伝子系統,長稈遺伝子と3抵抗性遺伝子を組み合わせたIR24背景の準同質遺伝子系統作りを進め,BC3F1となる種子を得た.

  • 水田土壌における水銀の化学形態変化とコメのメチル水銀汚染に関する研究

    研究課題/領域番号:18H03392  2018年4月 - 2021年3月

    日本学術振興会  科学研究費助成事業  基盤研究(B)

    児玉谷 仁, 一谷 勝之, 山本 正浩, 武内 章記, 神崎 亮, 冨安 卓滋

      詳細を見る

    配分額:17810000円 ( 直接経費:13700000円 、 間接経費:4110000円 )

    コメのメチル水銀汚染の発生について調べるため,培養液に水銀を加えた水耕栽培実験により,稲の水銀取込み挙動を調べた.また水銀イオンを添加した土壌でのメチル水銀生成と,生成したメチル水銀の稲の取り込みについて検討を進めた.水耕栽培実験の結果,培養液に添加した水銀イオン,メチル水銀は根に蓄積し,特にメチル水銀のみが穂の成長とともに穂に移行していく結果が確認された.また,湛水条件とした土壌のメチル水銀濃度は,稲の有無によらず湛水期間の間に大きく変動することが明らかになり,特に土壌の酸化還元電位の低下に合わせ上昇した後,減少していくことを確認した.

  • Isolation of useful genes in rice

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • genetics of reproductive barrier in rice

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Breeding of foxtail millet with new traits

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • イネの有用遺伝子の単離

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Genome analysis of yam

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • Genome analysis of sweetpotato

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

  • イネの生殖隔離遺伝子に関する研究

      詳細を見る

    資金種別:競争的資金

▼全件表示